図面 (/)

技術 内装材

出願人 株式会社SUBARU
発明者 沼澤浩二鈴木智明
出願日 2016年9月26日 (4年3ヶ月経過) 出願番号 2016-186572
公開日 2018年4月5日 (2年8ヶ月経過) 公開番号 2018-052136
状態 特許登録済
技術分野 計器板 車両用空気調和 車両用車体構造
主要キーワード ハニカム構造状 送出範囲 HVAC装置 線ファスナー 固定態様 突張り 空調気流 足元用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年4月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

従来のダクト部材及びステアリングサポートビームを設けない場合に、運転席及び助手席前方の耐荷重性の低下を抑制し、インパネの軽量化、インパネ内の構造の合理化に寄与する内装材を提供すること。

解決手段

内装材1は、車両の運転席の前方に配置される内装材1であって、車両幅方向に延在する本体部8と、本体部8の内面に設けられ、車両幅方向に延在する筒状の高剛性部9と、高剛性部9に支持されて本体部8内に配置される空調装置5と、を備え、高剛性部9の少なくとも一部と空調装置5とは連通し、本体部8は高剛性部9の一部を開放する開口部7を有する。

概要

背景

内装材の一つとして、空調装置からの空気の吸込口及び吹出口を有し、車両室内全幅に亘る中空状で二重構造に構成されるステアリングメンバが知られている(特許文献1参照)。このようなステアリングメンバを用いることで、原価低減車室内前部の内装材の軽量化等が可能となっている。

概要

従来のダクト部材及びステアリングサポートビームを設けない場合に、運転席及び助手席前方の耐荷重性の低下を抑制し、インパネの軽量化、インパネ内の構造の合理化に寄与する内装材を提供すること。内装材1は、車両の運転席の前方に配置される内装材1であって、車両幅方向に延在する本体部8と、本体部8の内面に設けられ、車両幅方向に延在する筒状の高剛性部9と、高剛性部9に支持されて本体部8内に配置される空調装置5と、を備え、高剛性部9の少なくとも一部と空調装置5とは連通し、本体部8は高剛性部9の一部を開放する開口部7を有する。

目的

本発明が解決しようとする課題は、従来のダクト部材及びステアリングサポートビームを設けない場合に、運転席及び助手席前方の耐荷重性の低下を抑制し、インパネの軽量化、インパネ内の構造の合理化に寄与する内装材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両の運転席の前方に配置される内装材であって、車両幅方向に延在し、外面を形成する本体部と、前記本体部の内面に設けられ、車両幅方向に延在する筒状の高剛性部と、前記高剛性部に支持されて前記本体部内に配置される空調装置と、を備え、前記高剛性部の少なくとも一部と前記空調装置とは連通し、前記本体部は前記高剛性部の一部を車室側に開放する開口部を有する、内装材。

請求項2

前記開口部が車両幅方向に沿って延在する、請求項1に記載の内装材。

請求項3

前記高剛性部は、複数設けられ、前記空調装置を複数方向から支持する、請求項1又は2に記載の内装材。

請求項4

前記高剛性部は、前記空調装置を支持する支持部と、前記本体部の内側に配置される内側部材取付けられる取付部と、を有し、前記支持部と前記取付部とは車両幅方向に沿って当接している、請求項1〜3のいずれかに記載の内装材。

請求項5

前記本体部は、筒形状を有し、車両幅方向に沿って複数に分割されている、請求項1〜4のいずれかに記載の内装材。

技術分野

0001

本発明は、内装材、特にインストルメントパネル(以下、単に「インパネ」と称する)に関し、中でもステアリングサポートビームを設けない場合に、運転席及び助手席前方の耐荷重性の低下を抑制し、インパネの軽量化、及び、インパネ内部の構造の合理化に寄与する内装材に関する。

背景技術

0002

内装材の一つとして、空調装置からの空気の吸込口及び吹出口を有し、車両室内全幅に亘る中空状で二重構造に構成されるステアリングメンバが知られている(特許文献1参照)。このようなステアリングメンバを用いることで、原価低減車室内前部の内装材の軽量化等が可能となっている。

先行技術

0003

特開2003−165323号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、従来のインパネでは上述したステアリングメンバのような配風のためのダクト部材を配設する必要があった。ダクト部材は車両幅方向だけでなく、前後方向及び上下方向にも大きな配置領域が必要となる。また、インパネの内側に配置される部材(以下、単に「内側部材」と称する)のうちダクト部材以外の他の内側部材の形状、大きさ及び配置がダクト部材により制限が生じることとなる。これに鑑みて、インパネ内の構造及び内側部材の配置の合理化、整理等が求められていた。

0005

更に、インパネ内の構造の合理化だけでなく、上述のステアリングメンバでも目的とされていたように、内装材等の軽量化も様々な手法により併せて試みられていた。内装材等の軽量化を図る場合、例えば重量物撤廃という手法が挙げられる。車室内前部の内装材、例えばインパネ及びその内部搭載部品の軽量化という観点から、例えば重量物であるステアリングサポートビームの撤廃が検討されてきた。

0006

なお、ステアリングサポートビームは、側突時の車両幅方向の荷重を吸収及び分散が可能なように、太径金属製部材であることが多い。また、インパネ自体は樹脂製の板材であるので強度は低い。これにより、インパネの外表面とは独立してインパネ内に配置されるステアリングサポートビームが、車室内における運転席及び助手席前方の耐荷重性能、及び内側部材の固定支持を担うこととなる。
このように、インパネの構成及び性能は、ステアリングサポートビームに依存していたので、ステアリングサポートビームの撤廃は実用的とは言えなかった。

0007

よって、本発明が解決しようとする課題は、従来のダクト部材及びステアリングサポートビームを設けない場合に、運転席及び助手席前方の耐荷重性の低下を抑制し、インパネの軽量化、インパネ内の構造の合理化に寄与する内装材を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

前記課題を解決するための手段として、本発明に係る内装材は、車両の運転席の前方に配置される内装材であって、車両幅方向に延在し、外面を形成する本体部と、本体部の内面に設けられ、車両幅方向に延在する筒状の高剛性部と、高剛性部に支持されて本体部内に配置される空調装置と、を備え、高剛性部の少なくとも一部と空調装置とは連通し、本体部は高剛性部の一部を車室側に開放する開口部を有する。

0009

本発明に係る内装材において、開口部が車両幅方向に沿って延在することが好ましい。

0010

本発明に係る内装材において、高剛性部は、複数設けられ、空調装置を複数方向から支持することが好ましい。

0011

本発明に係る内装材において、高剛性部は、空調装置を支持する支持部と、本体部の内側に配置される内側部材が取付けられる取付部と、を有し、支持部と取付部とは車両幅方向に沿って当接していることが好ましい。

0012

本発明に係る内装材において、本体部は、筒形状を有し、車両幅方向に沿って複数に分割されていることが好ましい。

発明の効果

0013

本発明によると、筒状の高剛性部が本体部を車両幅方向に沿って支持することで運転席及び助手席前方の耐荷重性を確保することができるので、ステアリングサポートビームを撤廃可能となると共に、高剛性部が空調装置からの空調気流の配風を行う流通路としても機能するので、従来のダクト部材を撤廃可能となってインパネの軽量化、インパネ内の構造の合理化に寄与する内装材を提供することができる。

図面の簡単な説明

0014

図1は、本発明に係る内装材の一実施形態であるインパネを備えた車両を示す斜視概略図である。
図2は、図1の内装材のみを示す斜視概略図である。
図3は、図2に示した内装材の断面I−Iにおける断面概略図である。
図4は、本発明の他の実施形態に係る内装材のみを示す斜視概略図である。
図5は、本発明の更に他の実施形態に係る内装材の断面概略図である。
図6は、本発明の更に別の実施形態に係る内装材のみを示す斜視概略図である。
図7は、図6に示した内装材の断面II−IIにおける断面概略図である。

実施例

0015

(基本実施形態の概要
本発明に係る内装材の一実施形態について、図1図3を参照しつつ説明する。
なお、図1は、本発明に係る内装材の一実施形態であるインパネ1を備えた車両100を示す斜視概略図である。また、図2は、図1の内装材1のみを示す斜視概略図である。図3は、図2に示した内装材1の断面I−Iにおける断面概略図である。

0016

図1に示すように、車両100の車室前部には、フロントサイドフレーム101、フロントピラー102、及びサイドシル103が車体の骨格部材として左右両側にそれぞれ配置されている。フロントサイドフレーム101は、車両100の前室から車室前端部まで延在している。フロントピラー102は、フロントサイドフレーム101より上側で斜め後方に延在すると共に、フロントサイドフレーム101より下側で上下に延在している。フロントピラー102の上下に延在している領域においては、車両100の前室と車室とを仕切るために、板状部材であるトーボード104が一対のフロントピラー102の間に左右に渡されて設けられている。フロントサイドフレーム101の後端部と、フロントピラー102の前端部とが接続されている。また、サイドシル103は、フロントピラー102の下端部から略水平方向に沿って後方に延在している。

0017

インパネ1は、トーボード104の後側において左右一対のフロントピラー102の間に渡されるように、固定的に配置される。なお、インパネ1の固定態様としては、例えばフロントピラー102への固定、及び、トーボード104への固定等が挙げられる。接合又は溶接されて組み上がった状態の上記骨格部材及びトーボード104に対して、インパネ1等の内装材が係止部材係合部材リベット又はボルト等により固定されることとなる。

0018

インパネ1は、内部に空間を有し、機器類配線類、及びエアバッグ等が内部に配置可能となっている。インパネ1の表面には、複数の吹出口2、表示部材3、及びメータパネル4等が設けられている。吹出口2は、インパネ1内に配置される暖房換気空調(以下、「HVAC」と称する)装置5から供給される空調気流が吹き出す部位である。表示部材3は、ナビ情報及び車両の駆動情報等を表示可能な部材であり、本実施形態では接触操作ナビ操作だけでなく空調操作等も可能な液晶パネルを採用している。メータパネル4は、車両の速度情報等を示す表示用の部材である。なお、HVAC装置5については、インパネ1の構造と共に図2及び図3を参照しつつ後述する。

0019

インパネ1の左右両端部には内部の機器類等を隠すための蓋部材6が取付けられ、本実施形態では蓋部材6の前側部分と車両100の骨格部材とが接続されている。また、インパネ1には開口部7が形成されている。開口部7については、図2及び図3を参照しつつ後述する。

0020

ここで、図2及び図3を参照してインパネ1の構造について詳述する。なお、図2及び図3では、インパネ1の内部構造を示すために蓋部材6を取外した状態で図示している。
図2は、図1に示したインパネ1の斜視概略図である。図3は、図2に示した断面I−Iにおけるインパネ1の断面概略図である。

0021

図2に示すように、インパネ1は、本体部8と高剛性部9とHVAC装置5とを備える。

0022

本体部8は、車両幅方向に延在する筒状部材である。本体部8は、インパネ1の外面を構成する部材であり、基本的に板状である。本体部8の車両幅方向に直交する断面での断面形状は、図3に示すように略円形状の一部を変形させた形状を有している。
なお、本発明における本体部の断面形状としては、車室内の内装材の意匠に応じて様々な形状が採用可能であり、例えば円形状、楕円形状、及び多角形状等を挙げることができる。

0023

図2に示すように、本体部8には複数の開口部7が形成されている。開口部7として具体的には、吹出口用開口部71、表示部材用開口部72、メータパネル用開口部73、運転席側開口部74、及び助手席側開口部75等が設けられている。

0024

吹出口用開口部71は、車室側からは上記吹出口2の風向及び風量の調整のためのルーバーが取付けられると共に、インパネ1の内側からは空調気流を吹出口2まで案内する後述の高剛性部9が取付けられる。表示部材用開口部72は、上記表示部材3を嵌め込むように固定的に支持するための支持部材と、表示部材3に電力を供給し、適宜の電気信号入出力を行うためのハーネスとが付設される。メータパネル用開口部73は、上記メータパネル4を固定的に支持するための支持部材と、メータパネル4に電力を供給し、適宜の電気信号の入出力を行うためのハーネスとが付設される。

0025

運転席側開口部74は、ステアリングコラム等のステアリング装置の一部が挿入配置される。また、助手席側開口部75は、適宜の物を収容可能なグローブボックス装荷される。図2に示す開口部の配置はいわゆる右ハンドル車用の配置となっているが、本発明を左ハンドル車に適用する場合は車両幅方向の中央部を対称軸として逆配置となる。
なお、ステアリングコラム及びグローブボックスは、本発明における本体部の内側に配置される内側部材の一例である。

0026

HVAC装置5は、車室内の温度調整のために冷気又は暖気を生成して送出する部材であり、本実施形態で用いるHVAC装置5は既存の車両のHVAC装置を採用することができる。HVAC装置5は、高剛性部9に固定的に支持されて、インパネ1の車両幅方向、前後方向及び上下方向で略中央部に配置される。なお、HVAC装置5は、本発明における空調装置の一例である。

0027

高剛性部9は、車両幅方向に延在するように本体部8の内面に設けられ、外面の少なくとも一部を本体部8の内面と共有する筒体である。高剛性部9は、本体部8を車両幅方向に沿って支持する。更に具体的には、高剛性部9は、支持部91及び取付部92を有している。高剛性部9は、HVAC装置5の支持、内側部材の取付け、及び、インパネ1の剛性確保等を目的として設けられる部材であり、剛性の高い構造及び/又は材料が採用される。

0028

支持部91はHVAC装置5を支持する。特に図3に示すように、支持部91は本体部8の断面形状略中心部に向かって複数方向から突出するように複数個設けられ、HVAC装置5を複数方向から支持する。また、支持部91はHVAC装置5に連通するように直接取付けられている。具体的には、支持部91は、HVAC装置5の空調気流が送出される送風口及びその周辺部位を支持し、支持部91におけるHVAC装置5の送風口と当接する部位に該送風口と連通する開口部Oが設けられている。これにより、HVAC装置5から送出された空調気流が筒体である支持部91内に流入可能となる。

0029

更に、本体部8は支持部91の一部を車室側に開放する開口部7を有する。つまり、本体部8において支持部91の外面に相当する又は対応する部位に、吹出口用開口部71が形成される。これにより、支持部91内を流通するHVAC装置5からの空調気流が吹出口用開口部71を介して車室内に流入可能となる。

0030

本実施形態では吹出口2及び吹出口用開口部71が、フロントウィンドウ沿いの気流を形成するフロントデフロスタ用、主に乗員の上体に向かう気流を形成するフロントベント用、主に乗員の下肢に向かう気流を形成する足元用の3方向に向けて3箇所に形成されている。本体部8の内側ではこれら吹出口用開口部71に対応する位置に支持部91を配設している。

0031

取付部92は、内側部材が取付けられる部材であり、図2及び図3に示すように支持部91と略同一形状に形成されている。取付部92はHVAC装置5及び支持部91とは連通しないように形成されているので、上述の表示部材3及びメータパネル4のハーネス等を取付部92に取付けた場合でも、ハーネスが空調気流に直接曝されて結露等を生じるということは無い。なお、取付部92は、支持部91と略同形状の筒体に代えて、本発明において本体部8の内面から内側に張り出すように突設されるフランジ状板体であっても良い。本実施形態では取付部92を1つ設けているが、本発明においては複数設けても良い。

0032

また、取付部92は、図3に示した実施形態ではHVAC装置5に当接しないように形成されているが、HVAC装置5の支持部91による支持に加えて補強支持を行っても良い。補強支持を行う場合、取付部92は、HVAC装置5に連通しない構成を維持しつつ支持部91と同様にHVAC装置5に対して周方向から当接する形状及び大きさとすることができる。これにより、HVAC装置5のガタつき等を抑制可能となる。

0033

図2に示すように、本実施形態において、運転席側開口部74と助手席側開口部75とが略同一高さに形成されていると共に、本体部8におけるこれらの開口部7に近接した上側部位に取付部92が設けられている。これらの開口部7を介してインパネ1に取付けられる内側部材は、開口部7近傍に配置される取付部92に対して固定的に取付けられる。

0034

取付部92は、内側部材の支持だけでなく、本体部8内における内側部材の配置領域を分画することができる。具体的に、取付部92は、内側部材である適宜の機器類に接続されるハーネス等の引き回し通路として利用することができる。また、例えば取付部92が略水平方向に沿って設けられるフランジ状の板体である場合は、上側に内側部材を載置すると共に、下側に別の内側部材を懸架することができる。取付部92は、内側部材同士が接触しないための仕切り板、並びに、内側部材同士の摩擦、接触及び近接による電波ノイズの発生、伝達を抑制する保護壁等として用いることもできる。

0035

本実施形態における本体部8と支持部91及び取付部92とは、樹脂材料を用いて一体成形等によりそれぞれ一体的に形成されている。なお、支持部91と取付部92とは、一方が断熱性能、他方が電波遮断性能等、それぞれに求められる性能が異なるので、異種の樹脂材料を用いることもできる。

0036

既存のインパネでは配風のために、前後方向及び上下方向に大きな配置領域を要するダクト部材が設けられていた。また、大きなダクト部材により他の内側部材の形状、大きさ及び配置等に制限が生じていた。なお、従来のHVAC装置は、インパネ内の吹出口から離れた位置に、例えばステアリングサポートビーム等に固定的に取付けられて支持されていた。

0037

これに対して、本実施形態で示した支持部91を設けることで、配風のための部材とHVAC装置5の支持のための部材とを一元化することができる。また、本体部8の内面に沿った配置により、従来のダクト部材に比べて前後方向及び上下方向の配置領域を削減することができると共に、支持部91の形状が単純なので他の内側部材の取り回し性が向上する。更に、支持部91とは別体に取付部92を設けることで、配風領域と内側部材の配置領域とを分けつつ整理することが可能となる。

0038

よって、本実施形態に係るインパネ1によると、インパネ1内の構造及び内側部材の配置の合理化、整理等が達成される。インパネ1の構成が合理化等されることで取付用ブラケット等の様々な部材の最適化も図ることができる。

0039

既存のステアリングサポートビームは様々な内側部材が取付けられ、それらを支持している。つまり、既存のステアリングサポートビームは内側部材の支持機能を有している。

0040

これに対して、本実施形態で示す支持部91にHVAC装置5を支持させると共に取付部92に他の内側部材を取付けることで、既存のステアリングサポートビームにおける内側部材の支持機能を、支持部91及び取付部92から成る高剛性部9が担うことができるようになる。

0041

また、既存の車両であれば、インパネの車両幅方向の強度は、ステアリングサポートビームによって確保されている。すなわち、車両幅方向に沿った荷重、例えば側突等で生じる荷重が車室前部に生じた場合、ステアリングサポートビームによる車両幅方向の突張り作用で耐荷重性能に寄与していた。この場合、ステアリングサポートビームという一本の棒状部材のみで耐荷重性を確保するために、ステアリングサポートビームは強度の高い金属材料を用い、ある程度の径を有する棒状又は筒状部材として形成される。更に、インパネの乗員側に臨む樹脂製の表面部位、及び多数の内側部材を取付けるために、複数の固定部材、ブラケット等がステアリングサポートビームに取付けられることとなる。これにより、ステアリングサポートビームは重量物となっていた。

0042

なお、既存のインパネの表面部位は、ステアリングサポートビームにブラケット等を介して内側部材の上側から被せるように単に係止されているに過ぎず、インパネの表面部位自体には耐荷重性を持たせるような補強がなされていないことが多かった。また、従来では強度確保のためのステアリングサポートビームと、内側部材の配置領域及び通路等を確保する部材とが別部材として設けられ、結果として衝突時にはステアリングサポートビームのみで耐荷重性能を担うこととなっていた。

0043

これに対して、本実施形態では本体部8及び高剛性部9によってインパネ1全体の車両幅方向に沿った耐荷重性を確保することができる。つまり、本体部8の筒形状という形状由来の強度と、良好な車両幅方向に沿った剛性を有する高剛性部9による本体部8の支持とによって、インパネ1の各部材が相互に一体的に構成されるので、車両幅方向に沿った強度を確保し易くなる。これにより、車室前部の車両幅方向の耐荷重性は、ステアリングサポートビームを設けていた従来と比較して、ステアリングサポートビームを設けない本実施形態であっても低減し難い又はしない。更に、本実施形態は、ステアリングサポートビームを設けないことでインパネ1の軽量化に寄与することもできる。

0044

更に、本実施形態においては支持部91がHVAC装置5を直接支持することでHVAC装置5からの空調気流が直接流入可能であるので、従来のダクト部材のような他の内側部材を迂回する等の配置を採る必要が無く、HVAC装置5から各吹出口2までの通風路の効率的な配置が可能である。ダクト部材を支持部91に置換することでも軽量化に寄与している。

0045

(変形例)
以下に、本発明の変形例及び好適例等について説明する。
図4図7には、本発明に係る内装材の変形例を示した。
なお、図4は、他の実施形態に係る内装材であるインパネ21を示す斜視概略図である。図5は、更に他の実施形態に係る内装材であるインパネ31の断面概略図である。図6は、別の実施形態に係る内装材であるインパネ41を示す斜視概略図である。図7は、図6に示したインパネ41の断面II−IIにおける断面概略図である。図4図7に示すインパネと、図1図3に示したインパネ1とにおいて共通する部材については、共通の参照符号を付すこととし、詳細な説明を省略する。

0046

図4に示す内装材であるインパネ21と上記インパネ1との相違点は、吹出口用開口部71に代えて、形状及び配置領域を変更した吹出口用開口部701と吹出口201とを設けたことである。

0047

上記インパネ1における吹出口2と吹出口用開口部71とは略同一の大きさ及び形状を有していたのに対して、インパネ21における吹出口201と吹出口用開口部701とは特に車両幅方向の大きさ及び形状が異なるように形成されている。

0048

具体的には、吹出口用開口部701は、本体部8の車両幅方向に沿って略左右両端部に亘る範囲に設けられた、長尺状の開口部である。本体部8における吹出口用開口部701の内側には高剛性部9の支持部91が設けられ、支持部91を車室側に開放可能となっている。

0049

また、上記吹出口2は風量及び風向を調整可能なルーバーが位置を固定されて吹出口用開口部71に嵌め込まれていたのに対して、吹出口201はこのルーバーが車両幅方向に沿って吹出口用開口部701に対して摺動可能なように設けられている。更に、吹出口201に設けられる摺動ルーバーは、この摺動ルーバーのみから空調気流が送出可能にするために、吹出口用開口部701が摺動ルーバー部分のみ開放され、かつ残りの部分は閉鎖される開閉機構を有する。この開閉機構としては、例えば線ファスナー状部材を挙げることができる。線ファスナー状部材を採用する場合、吹出口用開口部701の上側及び下側に務歯状の相互に歯合可能部位を設けると共に、摺動ルーバーの車両幅方向両側スライダー状部材として務歯の開閉規制部位を設けることができる。なお、摺動ルーバーを有する吹出口201は、2つ設けることで、運転席側及び助手席側の乗員それぞれ別の空調気流を割り当てることができるようになっている。もっとも、吹出口201は1つであっても良く、3つ以上であっても良い。

0050

摺動ルーバーを取付けた吹出口201は、乗員が吹出口用開口部701が形成された一定の範囲内であれば車両幅方向の適宜の位置に移動させて空調気流を任意の位置から送出させることができる。このとき、残りの吹出口用開口部701は閉鎖されて空調気流が漏出しない。

0051

既存の車両であればダクト部材の端部が本体部8に局所的に取付けられることで、図1図3に示したような局所的な吹出口2の配置しか実現し得なかった。これに対して、本変形例では空調気流を案内する支持部91が本体部8の内面に設けられると共に、吹出口用開口部701が支持部91に沿って車両幅方向に長手方向を有するように形成されるので、吹出口201の位置の固定化という制限を外すことができるようになる。例えば乗員が運転席に一人着座しているだけという場合、又は、運転者は空調が不要であるが助手席側の乗員のみが空調を利用したい場合等は、空調を必要とする位置まで2つの吹出口201を共に移動させて空調気流を集中させることができる。このように、乗員は既存の空調環境よりも更に大きく変化に富んだ所望の空調環境を実現可能となる。

0052

なお、図4に示す変形例の更なる変形形態としては、吹出口201のみから空調気流を送出可能に限定していた形態に代えて、スライダー状部材を複数設けて該スライダー状部材間を吹出口とすることで空調気流の送出範囲を任意の車両幅方向の大きさに設定可能な形態を挙げることができる。これにより、既存の車両では実現が困難であった車両幅方向に沿ったスリット状の吹出口が形成可能となり、空調気流も幅広帯状気流が実現可能となる。

0053

続いて図5に示すインパネ31における上記インパネ1との相違点は、高剛性部9に代えて、高剛性部90を採用した点である。具体的には、図5に示すように高剛性部90は、本体部8の断面である略円形状の周方向に沿って隙間無く配置された支持部901及び取付部902を有する。

0054

本変形例では、支持部901及び取付部902は、一の支持部901又は取付部902と隣接する別の支持部901又は取付部902とが側壁面を共有して形成され、周方向に沿って隙間が生じないように並列されている。支持部901は、上記支持部91と同様に、HVAC装置5を本体部8の略中央部分において支持している。これにより、本体部8及び高剛性部90は、ハニカム構造と略同様の構造を有している。

0055

隙間無く高剛性部90が設けられたインパネ31は、一の支持部901又は取付部902と隣接する別の支持部901又は取付部902とが相互に支持し合うのでインパネ1に比べて高剛性部90の車両幅方向に沿った強度の向上を図ることができて好ましい。また、高剛性部90は、ハニカム構造状に形成されていることで、本体部8の断面形状が変形する方向、例えば車両前後方向又は車両上下方向等に沿った耐荷重性も向上させることができる。

0056

図6及び図7に示すインパネ41における上記インパネ1との相違点は、本体部80が分割されていることである。具体的には、図6及び図7に示すように、本体部80は、車両幅方向に沿って上側本体部801と下側本体部802とに分割されている。

0057

本変形例では、車両前方側の分割部位が取付部92の下側に設定されると共に、車両後方側の分割部位が支持部91の下側でかつ開口部7の上端部に設定される。なお、該分割部位は本変形例のように必ずしも開口部7の上端部でなくとも良い。

0058

インパネ41を車両本体に組付ける場合は、例えば下側本体部802を先ず車両本体に取付ける。次に、下側本体部802の内面に設けられている支持部91にHVAC装置5を載置すると共に、取付部92に適宜の内側部材を取付ける。このとき、上側本体部801の内面にも取付部92が設けられている場合はその取付部92にも適宜の内側部材を配置しておく。更に、上側本体部801を下側本体部802の上から被せるようにして車両本体に取付ける。上側本体部801と下側本体部802とは、インパネ41として使用する際にガタつき無く使用することができるように、相互に固定状態とすることが好ましい。この場合、係止又は係合する部位を上側本体部801及び下側本体部802にそれぞれ設けて係止又は係合させる形態、本体部80の分割部位に接着剤を用いて接着する形態、又は溶着する形態等、様々な固定形態を採ることができる。

0059

本体部80が分割されて成るインパネ41は、上記インパネ1に比べてHVAC装置5及び内側部材の配置が容易となることで、組付け性が向上するので好ましい。また、本体部80は車両幅方向に沿って分割されることで、高剛性部9による車両幅方向に沿った本体部80の支持性能の低下、及び、インパネ41全体の車両幅方向の耐荷重性の低下を防止可能となる。

0060

以上のように図示した実施形態以外にも、本発明の目的を達成可能な範囲で様々な形態を採用することができる。

0061

上述した実施形態では、本体部8と高剛性部9とが一体成形で形成されているが、一体成形に代えて別体で形成し、内装材の組付け作業時に各部材同士の固定的な取付作業を行うようにしても良い。この場合、車両幅方向のインパネ1の強度を一体成形時と同等にするために、車両幅方向に沿った線状、面状又は複数箇所の点状の固定点によって、本体部8と高剛性部9とを固定するようにするのが好ましい。インパネの各部材を別体に作製して後で組付けることで、一体成形に比べて複雑な形状の部材が成形可能となるので、本発明を様々な構造を有する内装材に適用し易くなる。

0062

本発明において本体部と高剛性部とは材料を変えて形成しても良い。具体的には例えば、ハーネス等が挿通される取付部を電波遮断効果を有する材料で形成する形態、及び、温度コントロールが必要な内側部材が配置される取付部を断熱性を有する材料で形成する形態等が挙げられる。異種材料であっても一体的に成形可能であれば一体成形を採用しても良く、一体成形が困難であれば別体成形した上で締結部材取付治具又はブラケット等で固定しても良い。

0063

本発明における高剛性部は、図2及び図3に示した高剛性部9のように、車両幅方向に沿って車両左右両端に亘る範囲で直線的かつ連続的に形成されることにより、車両の全幅に亘る連続した耐荷重性能が得られることとなり、好ましい。

0064

もっとも、本発明においては高剛性部の一部を湾曲又は屈曲させても良い。例えば図2に示したステアリングコラムが挿入される運転席側開口部74が図2に示したよりも上側、つまりメータパネル4側により近接して設けられる場合、運転席側の取付部92を上側に湾曲させて運転席側開口部74を上方に迂回する形態を採ることができる。

0065

また、既存の車両ではインパネが運転席部分とセンターコンソール部分と助手席部分とで大きく3分割された構成及び意匠となっていることがある。この場合、本発明において例えば本体部のみを3分割して形成すると共に、高剛性部は分割せずに車両左右両端に亘る長尺部材として形成するのが良い。3つの本体部を車両幅方向に並べて接合した上で内側に高剛性部を取付けることで、高剛性部による本体部の車両幅方向に沿った支持形態を実現することができる。

0066

なお、本体部及び高剛性部を共に3分割しても良い。このとき、それぞれ3つの本体部及び高剛性部を車両幅方向に並べて接合する際に高剛性部が車両幅方向に亘って固定的に接続されることで、車両幅方向に沿った荷重の入力が生じたときに高剛性部全体での荷重の伝達が可能となり、耐荷重性能の低下が抑制される。

0067

以上、本発明者によってなされた発明を適用した実施形態について説明したが、この実施形態による本発明の開示の一部をなす論述及び図面により、本発明は限定されることはない。すなわち、この実施形態に基づいて当業者等によりなされる他の実施形態、実施例及び運用技術等は全て本発明の範疇に含まれることは勿論であることを付け加えておく。

0068

1、21、31、41:インパネ、2、201:吹出口、3:表示部材、4:メータパネル、5:HVAC装置、6:蓋部材、7:開口部、71、701:吹出口用開口部、72:表示部材用開口部、73:メータパネル用開口部、74:運転席側開口部、75:助手席側開口部、8、80:本体部、801:上側本体部、802:下側本体部、9、90:高剛性部、91、901:支持部、92、902:取付部、100:車両、101:フロントサイドフレーム、102:フロントピラー、103:サイドシル、104:トーボード、O:開口部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本精機株式会社の「 ヘッドアップディスプレイ装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】斜めに配置されたスクリーンについて、拡散光の輝度の差異を抑制するヘッドアップディスプレイ装置を提供すること。スクリーン(40)は、投射光(41)の光軸(41a)に直交する直交面(43... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 車両用冷凍機器」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】連通配管を用いることなく、異常高圧の冷媒から冷凍サイクルを保護するようにした車両用空調装置1を提供する。【解決手段】電子制御装置60は、冷凍サイクル20の運転時に、冷凍サイクル20の内部に冷媒... 詳細

  • トヨタ自動車株式会社の「 空調制御システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】車載電池が適正温度範囲で使用されないことに起因する車両のエネルギー効率の低下を抑制することができる空調制御システムを提供する。【解決手段】空調装置30により電池の温度を調整可能に構成される車両... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ