図面 (/)

技術 ステアリングホイールカバー

出願人 株式会社ボンフォーム
発明者 西脇保彦
出願日 2016年9月23日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2016-185444
公開日 2018年3月29日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2018-047829
状態 特許登録済
技術分野 操向制御装置
主要キーワード 枚構造 レザー調 滑り止め加工 滑り止め材 ステアリングホイールカバー 店頭展示 把持面 滑り止め効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

ステアリングホイールに取り付けたときに、ステアリングホイールの太さが大きく変えることなく、容易に取り付け可能なステアリングホイールカバーを提供すること。

解決手段

伸縮性と可撓性を有する帯状部材の両端が連結されたリング状のカバー本体10を有し、カバー本体10は、ステアリングホイールに装着したときにステアリングホイールの形状に沿って変形する。カバー本体10は、ステアリングホイールの外周面及び側面を被覆するので、ステアリングホイールの内周面に設けられたスポーク干渉することがない。

概要

背景

自動車ステアリングホイールカバーは、ステアリングホイールの装飾や操作性の改善等の目的で広く用いられている。自動車のステアリングホイールカバーとしては、例えば、断面C型の円環状に形成されてなるゴムウレタン等の伸縮性及び緩衝性を有する部材からなるベース層と、該ベース層の上表面に被覆される表面層とを備えた自動車用ステアリングホイールカバーが提案されている(例えば、特許文献1参照)。係る自動車用ステアリングホイールカバーは、断面C型の開口からステアリングホイールに引き延ばしつつ嵌め込んで取り付けることができる。

しかし、このような自動車用ステアリングホイールカバーは厚みがあるため、ステアリングホイールに取り付けると太さが大きく増してしまう。このため、手の小さい運転者や、ステアリングホイールカバーを付けていない状態の太さを好む運転者等、太さが増大することを理由にステアリングホイールカバーを取り付けることに躊躇する者も少なくない。

概要

ステアリングホイールに取り付けたときに、ステアリングホイールの太さが大きく変えることなく、容易に取り付け可能なステアリングホイールカバーを提供すること。伸縮性と可撓性を有する帯状部材の両端が連結されたリング状のカバー本体10を有し、カバー本体10は、ステアリングホイールに装着したときにステアリングホイールの形状に沿って変形する。カバー本体10は、ステアリングホイールの外周面及び側面を被覆するので、ステアリングホイールの内周面に設けられたスポーク干渉することがない。

目的

本発明は、ステアリングホイールに簡単に取り付けることができ、かつ取り付けた状態でも太さが大きく変わらないステアリングホイールカバーを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自動車ステアリングホイールに装着されるステアリングホイールカバーであって、該ステアリングホイールカバーは、伸縮性と可撓性を有する帯状部材の端部同士が接合されたリング状のカバー本体を有し、該カバー本体は、前記ステアリングホイールに装着した場合に前記ステアリングホイールの外周面及び側面を被覆することを特徴とするステアリングホイールカバー。

請求項2

前記カバー本体は、前記ステアリングホイールの円周長さの60%から85%の円周長さを有することを特徴とする請求項1に記載のステアリングホイールカバー。

請求項3

該カバー本体は、前記ステアリングホイールの垂直断面の円周長さの60%から80%の幅長さを有することを特徴とする請求項1または2に記載のステアリングホイールカバー。

請求項4

前記カバー本体は、把持面となる表地と、前記ステアリングホイールの外周面及び側面に密着する面となる裏地とからなることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載のステアリングホイールカバー。

請求項5

前記裏地は、表面に滑り止めが施されていることを特徴とする請求項4記載のステアリングホイールカバー。

請求項6

前記カバー本体は、周縁に二つ巻き縫い、三つ巻き縫いまたは四つ巻き縫いが施されていることを特徴とする請求項1から5のいずれか1項に記載のステアリングホイールカバー。

技術分野

0001

本発明は、自動車ステアリングホイールに取り付けるカバーに関するものである。

背景技術

0002

自動車のステアリングホイールカバーは、ステアリングホイールの装飾や操作性の改善等の目的で広く用いられている。自動車のステアリングホイールカバーとしては、例えば、断面C型の円環状に形成されてなるゴムウレタン等の伸縮性及び緩衝性を有する部材からなるベース層と、該ベース層の上表面に被覆される表面層とを備えた自動車用ステアリングホイールカバーが提案されている(例えば、特許文献1参照)。係る自動車用ステアリングホイールカバーは、断面C型の開口からステアリングホイールに引き延ばしつつ嵌め込んで取り付けることができる。

0003

しかし、このような自動車用ステアリングホイールカバーは厚みがあるため、ステアリングホイールに取り付けると太さが大きく増してしまう。このため、手の小さい運転者や、ステアリングホイールカバーを付けていない状態の太さを好む運転者等、太さが増大することを理由にステアリングホイールカバーを取り付けることに躊躇する者も少なくない。

先行技術

0004

特開2007−62422号公報

発明が解決しようとする課題

0005

そこで、本発明は、ステアリングホイールに簡単に取り付けることができ、かつ取り付けた状態でも太さが大きく変わらないステアリングホイールカバーを提供することを課題とするものである。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するために本発明が採った手段は、自動車のステアリングホイールに装着されるステアリングホイールカバーであって、該ステアリングホイールカバーは、伸縮性と可撓性を有する帯状部材の端部同士が接合されたリング状のカバー本体を有し、該カバー本体は、前記ステアリングホイールに装着した場合に前記ステアリングホイールの外周面及び側面を被覆することを特徴とするステアリングホイールカバー、である。

0007

なお、本明細書及び特許請求の範囲にて使用される用語は、下記の意味で使用される。「接合」とは、帯状部材の両端をつなぎ合わせて形成することだけでなく、つなぎ目が生じない状態に形成されることも示す。「リング状」とは、ステアリングホイールカバーの全体の輪の形状を示す。「外周面」とは、ステアリングホイールのスポークが取り付けられている面(内周面)とは反対側の外側に位置する面を示し、「側面」とは、ステアリングホイールの外周面と内周面との間に位置する面を示す。また、「円周長さ」とは、ステアリングホイールあるいはステアリングホイールの垂直断面の外周長さ、又はカバー本体の外周長さを示す。また、「垂直断面」とは、ステアリングホイールの直径に沿って切断した場合の切断面を示す。

0008

このように、カバー本体を伸縮性と可撓性を有する帯状部材の端部を連結してなるリング状とすることで、カバー本体の厚みを薄くすることができる。このため、ステアリングホイールに取り付けたときに、その太さにほとんど影響を及ぼすことがない。また、厚みを薄くすることでステアリングホイールの外面形状に沿って容易に変形するので、ステアリングホイールに密着させて取り付けることができる。さらに、カバー本体をステアリングホイールに取り付けたとき、カバー本体はステアリングホイールの外周面と側面だけを被覆するので、内周面に形成されているスポークに干渉することがない。

0009

なお、カバー本体を構成する伸縮性と可撓性を有する帯状部材の材質は、当該性質を有するものであれば特に限定されるものではなく、例えば、ポリ塩化ビニルポリウレタン等を用いることができる。

0010

さらに、前記カバー本体は、前記ステアリングホイールの円周長さの60%から85%の円周長さを有するようにしてもよい。このように、カバー本体の円周長さをステアリングホイールの円周長さよりも短くすることで、カバー本体をステアリングホイールの外周面及び側面に密着させることができる。

0011

さらに、前記カバー本体は、前記ステアリングホイールの垂直断面の円周長さの60%から80%の幅長さを有するようにしてもよい。このように、カバー本体の幅長さをステアリングホイールの垂直断面の円周長さよりも短く設定すると、ステアリングホイールに取り付けた際に、カバー本体の周縁同士が離隔してステアリングホイールの内周面側に開口が形成されるので、カバー本体がステアリングホイールのスポークと干渉することがなくなる。

0012

さらに、前記カバー本体は、把持面となる表地と、前記ステアリングホイールの外周面及び側面に密着する面となる裏地とからなるようにしてもよい。こうすることで、カバー本体の表地と裏地とを異なる素材で形成することが可能となる。

0013

表地及び裏地の材質は特に限定されるものではなく、例えば、ポリ塩化ビニルやポリウレタン等を用いることができる。

0014

さらに、前記裏地は、その表面に滑り止めが施されてもよい。こうすることで、ステアリングホイールの操作中にカバー本体がステアリングホイール上でずれることを防ぐことが可能となる。

0015

なお、「滑り止め」には、裏地の表面に滑り止め加工を施すことのみならず、裏地そのものを滑り止め効果のある素材から形成することも含む。

0016

さらに、前記カバー本体は、リング状の周縁に二つ巻き縫い、三つ巻き縫いまたは四つ巻き縫いが施されていてもよい。

0017

こうすることで、周縁をきれいに仕上げることができるので、装飾性を高めることができる。

発明の効果

0018

本発明に係るステアリングホイールカバーによれば、カバー本体を伸縮性と可撓性を有する帯状部材の端部同士を接合してリング状とすることで、カバー本体の厚みを薄くすることができるので、ステアリングホイールの太さにほとんど影響を及ぼすことがない。また、ステアリングホイールの外面形状に沿って容易に変形させることができるので、ステアリングホイールに密着させて取り付けることができるだけでなく、特殊形状のステアリングホイールにも対応させることができる。さらに、カバー本体をステアリングホイールに取り付けたときに、カバー本体がステアリングホイールの外周面と側面だけを被覆するので、ステアリングホイールの内周面に設けられているスポークに干渉することがない。

図面の簡単な説明

0019

実施例に係るステアリングホイールカバーの斜視図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーの正面図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーの平面図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーの底面図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーにおける帯状部材の端部同士の接合状態を示す図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーを畳んだ状態の平面図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーを畳んだ状態の底面図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーをステアリングホイールに取り付けた状態を示す図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーをステアリングホイールに取り付けた状態における内周面を示す図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーの取り付け方法を説明する図である。
実施例に係るステアリングホイールカバーを取り付け可能なステアリングホイールの一例を示す図である。
ステアリングホイールカバーの他の実施形態を示す図である。

0020

以下、本発明の実施形態について、図面に基づいて説明する。

0021

図1から図4には、本実施例に係るステアリングホイールカバー1が示されている。ステアリングホイールカバー1は、カバー本体10を有する。カバー本体10は、図5に示されているように、帯状部材の端部10a、10b同士を接合することによってリング状に形成される。端部10a、10b同士は、図5に示すように千鳥縫いによって接合されており、さらに、その接合の境目表裏面には、縫い目を隠しつつ補強を行うテープ20が、端部10aと端部10bとを跨ぐようにして縫着されている。

0022

こうしてリング状に形成されたカバー本体10は、伸縮性と可撓性とを有し、ステアリングホイールに取り付けた場合に、ステアリングホイールの外面形状に沿って変形するように形成される。本実施例では、カバー本体10は、ステアリングホイールに取り付けた場合に把持される面を形成する表地11と、ステアリングホイールの表面に密着する面を形成する裏地12とを有する。表地11はパンチング加工が施されたレザー調のポリ塩化ビニルより形成され、裏地12は滑り止め効果のあるウレタンより形成されている。そして、これらの表地12と裏地13とが接着剤によって接着されてカバー本体10が形成されている。

0023

カバー本体10は、直径が365mm〜379mm、円周長さが1146〜1190mmのステアリングホイールに適合するように、その円周長さが920mm(ステアリングホイールの円周長さのおよそ80%〜77%)に設定されている。カバー本体10の円周長さをこのような寸法に設定することで、ステアリングホイールに取り付ける際にカバー本体10を引き伸ばしながら、ステアリングホイールに密着するように取り付けることができるようになる。

0024

また、カバー本体10の幅長さは、一般的なステアリングホイールの垂直断面の円周長さよりも70%〜80%短い87mmに設定されている。カバー本体10の幅長さをこのような寸法に設定することで、ステアリングホイールに取り付けた際に、カバー本体の周縁10c同士が離隔してステアリングホイールの内周面側に開口Aが形成されるようになる。なお、上記の各寸法はあくまでも一例にすぎず、適宜設定することが可能である。

0025

リング状のカバー本体10の周縁10cには、三つ巻き縫いが施されている。これにより、カバー本体10の柔軟性を確保しつつ、表地11と裏地12とが容易に剥離することを防止することができるとともに、装飾性を高めることができる。

0026

図6及び図7には、ステアリングホイールカバー1を畳んだ状態が示されている。このように、カバー本体10は自在に折り畳むことができる。このため、コンパクトパッケージングが可能となって、流通過程において取り扱い易く、また、店舗にて展示する際においても場所をとらない。

0027

図8には、ステアリングホイールSにステアリングホイールカバー1を取り付けた状態が示されている。このように、リング状のカバー本体10は、ステアリングホイールSに取り付けられるとステアリングホイールSの外周形状に沿って変形して密着する。すなわち、ステアリングホイールSを垂直断面方向から見た場合に、カバー本体10が略U字型をなしてステアリングホイールSの外周面と側面とに密着した状態となる。一方、図8及び図9に示すように、カバー本体10の一対の周縁10cは離隔してステアリングホイールの内周面側に開口Aが形成される。このような開口Aが形成されることで、カバー本体がステアリングホイールSのスポークS1と干渉することがなくなるのである。

0028

図10には、ステアリングホイールカバー1の取り付け方法を説明する図が示されている。ステアリングホイールカバー1は、次のような手順で取り付けられる。まず、図10(a)に示されているように、カバー本体10をステアリングホイールSの上部(A部分)から半分くらいまで被せる。このとき、A部分は、図10(b)に示すように、ステアリングホイールSの中心軸Xよりもやや奥となる位置に引っかけるようにする。次に、B部分をステアリングホイールSに被せたら、C部分、D部分の順にカバー本体10を引っ張りながら被せる。そして最後に全体のねじれを整えて取り付けが完了する。なお、ここで示す取り付け方法はあくまでも一例に過ぎず、これに限定されるものではない。

0029

本実施例に係るステアリングホイールカバー1によれば、カバー本体10を伸縮性と可撓性を有する帯状部材の端部10a、10bを連結してなるリング状としているので、カバー本体10の厚みを薄くすることができる。このため、ステアリングホイールの太さにほとんど影響を及ぼすことがない。また、ステアリングホイールSの外面形状に沿って容易に変形させることができるので、ステアリングホイールの外周面と側面にぴったり密着させることができる。さらに、図11(a)に示すような一般的な円形状のステアリングホイールだけでなく、図11(b)に示すような下部を平らにしたような特殊形状のステアリングホイールにも対応させることもできる。また、付随的な効果として、カバー本体10は自在に折り畳むことができることから、コンパクトなパッケージングが可能となって、流通過程における取り扱い易さの向上や店頭展示の際の省スペース化を図ることができる。

0030

尚、本発明は上記実施例の形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された範囲、実施形態の範囲で、種々の変形例、組み合わせが可能であり、これらの変形例、組み合わせも権利範囲に含むものである。

実施例

0031

例えば、上記実施例では、表地をレザー調に形成しているが、図11に示すようなカーボン調としてもよい。また、上記実施例では、カバー本体10を表地11と裏地12とからなる2枚構造としているが、1枚構造としてもよい。また、上記実施例では、カバー本体10の円周長さ及び幅長さの範囲を特定しているが、これにとらわれることなく、ステアリングホイールの円周長さ及び垂直断面の円周長さに応じて適宜変更することができる。また、上記実施例では、裏地12の滑り止めとして、裏地12そのものを滑り止め効果のあるウレタンから形成しているが、これに替えて、例えば、滑り止め効果のない裏地の表面にゴムやウレタン等の滑り止め材を線状やドット状等に配置してもよい。また、上記実施例では、カバー本体のリング状の周縁に三つ巻き縫いが施されているが、これに替えて、例えば、二つ巻き縫い、四つ巻き縫いとしてもよいし、または巻き縫いではなく周縁を被覆する別部材を取り付けてもよいし、あるいは、これらを省略してもよい。

0032

1ステアリングホイールカバー
10カバー本体
10a、10b 端部
10c周縁部
11表地
12 裏地

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社クボタの「 作業車両」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】自動操舵に関わる複数のスイッチの誤操作を確実に防ぐことができる作業車両を提供することを目的とする。【解決手段】作業車両は、ステアリングハンドルと、前記ステアリングハンドルを回転可能に支持するス... 詳細

  • 日本精工株式会社の「 ステアリングコラム装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】アウタコラムの加工性を良好にするともに、その強度を確保しやすい構造を実現する。離脱ブラケット12は、アウタコラム16のスリット19の内側に配置され、かつ、インナコラム15に対して支持固定される... 詳細

  • 株式会社東海理化電機製作所の「 車両用心電検出装置」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】高精度の心電波形の検出を可能にする。【解決手段】差動増幅器30には、ステアリング電極12が接続されていると共に、シート電極16の電極部40、42が切替部46を介して接続されており、切替部46は... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ