図面 (/)

技術 噴出器

出願人 ライオン株式会社
発明者 小磯晶子阪口孝士
出願日 2016年9月15日 (4年2ヶ月経過) 出願番号 2016-180824
公開日 2018年3月22日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2018-043777
状態 特許登録済
技術分野 容器の蓋 手動噴霧装置
主要キーワード 液体ガイド 合成樹脂成型 ハンドリング位置 短手方向両側 引き動作 トリガータイプ 往復ポンプ ピストン機構
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

本発明は、トリガーの長さが従来より長いトリガーであっても引き圧を重く感じさせず、トリガーの操作性を改善することのできる噴出器を提供する。

解決手段

本発明の噴出器は、液体組成物を収容する容器と当該容器に装着されるディスペンサーとを備える噴出器において、ディスペンサーは、トリガー操作部と、前記トリガー操作部の操作に応じて前記容器内に収容された液体組成物を噴出するノズル部と、を有した噴出器本体と、噴出器本体に外装されるシュラウドと、を備え、シュラウドは、上壁と、上壁の両側に設けられた一対の側壁と、を有し、側壁におけるノズル部側の側辺から延びる第1延長線と、下辺から延びる第2延長線とによって囲まれた領域の内側に、側辺と下辺とを繋ぐ接続辺が存在し、接続辺は、側辺の端部と下辺の端部とを結ぶ直線よりも外側に位置する。

概要

背景

従来、台所風呂場ガラス等を清掃する場合などに、洗剤等の液体組成物を定量的に噴出するピストン機構を有するトリガータイプ液体噴出器が多用されている。
このようなトリガー式噴出器においては、トリガーを繰り返し牽曳することによって容器内に収容された液体組成物を噴出器本体に設けたピストン機構(ポンプ)により吸引・圧送し、噴出器本体のノズルを通じて噴出させる構造が多く用いられている。ピストン機構は、シリンダー及びピストンを有してなり、トリガーに連動してピストンがシリンダー内を往復移動する。噴出器本体は、ノズルを除く大部分がシュラウドによって覆われており、ピストン機構やその周辺の複雑な構造を隠すことで美観を高めるために、シュラウドが設けられている。

このような噴出器を使用する際には、シュラウド付き噴出器本体が装着された容器の上位を握って全体を持ち、人差し指1本、あるいは人差し指と中指の2本の指でトリガー操作を行う。また、トリガーの長さは、トリガー操作時に掛ける1本或いは1本の指の幅等を考慮して一般に50mm〜60mm前後が採用されている。

従来の構成において液体組成物の噴出量を増やした場合、例えば1ccから2ccへ増量すると、シリンダー径が大きくなるか、ピストンのストロークが長くなる。すると、トリガーの引き圧が大きくなり、操作性が低下してしまう。そこで、大容量噴出によるトリガーの引き圧の増大を軽減するために、一般的なトリガーの長さよりも長いロングレバーが採用されている(例えば、特許文献1〜3)。

概要

本発明は、トリガーの長さが従来より長いトリガーであっても引き圧を重く感じさせず、トリガーの操作性を改善することのできる噴出器を提供する。本発明の噴出器は、液体組成物を収容する容器と当該容器に装着されるディスペンサーとを備える噴出器において、ディスペンサーは、トリガー操作部と、前記トリガー操作部の操作に応じて前記容器内に収容された液体組成物を噴出するノズル部と、を有した噴出器本体と、噴出器本体に外装されるシュラウドと、を備え、シュラウドは、上壁と、上壁の両側に設けられた一対の側壁と、を有し、側壁におけるノズル部側の側辺から延びる第1延長線と、下辺から延びる第2延長線とによって囲まれた領域の内側に、側辺と下辺とを繋ぐ接続辺が存在し、接続辺は、側辺の端部と下辺の端部とを結ぶ直線よりも外側に位置する。

目的

本発明の一つの態様は、上記従来技術の問題点に鑑み成されたものであって、トリガーの長さが従来より長いトリガーであっても引き圧を重く感じさせず、トリガーの操作性を改善することのできる噴出器を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

液体組成物を収容する容器と当該容器に装着されるディスペンサーとを備える噴出器において、前記ディスペンサーは、トリガー操作部と、前記トリガー操作部の操作に応じて前記容器内に収容された液体組成物を噴出するノズル部と、を有した噴出器本体と、前記噴出器本体に外装されるシュラウドと、を備え、前記シュラウドは、上壁と、上壁の両側に設けられた一対の側壁と、を有し、前記側壁における前記ノズル部側の側辺から延びる第1延長線と、下辺から延びる第2延長線とによって囲まれた領域の内側に、前記側辺と前記下辺とを繋ぐ接続辺が存在し、前記接続辺は、前記側辺の端部と前記下辺の端部とを結ぶ直線よりも外側に位置する、噴出器。

請求項2

前記接続辺と前記ノズル部側の側辺との交点は、前記ノズル部の下端よりも前記容器側に位置している、請求項1に記載の噴出器。

請求項3

前記接続辺は、前記ディスペンサー及び前記容器の装着位置よりも前記ノズル部側に位置している、請求項1または2に記載の噴出器。

請求項4

前記接続辺は、外側に凸状に湾曲した辺である、請求項1から3のいずれか一項に記載の噴出器。

技術分野

0001

本発明は、噴出器に関する。

背景技術

0002

従来、台所風呂場ガラス等を清掃する場合などに、洗剤等の液体組成物を定量的に噴出するピストン機構を有するトリガータイプ液体噴出器が多用されている。
このようなトリガー式の噴出器においては、トリガーを繰り返し牽曳することによって容器内に収容された液体組成物を噴出器本体に設けたピストン機構(ポンプ)により吸引・圧送し、噴出器本体のノズルを通じて噴出させる構造が多く用いられている。ピストン機構は、シリンダー及びピストンを有してなり、トリガーに連動してピストンがシリンダー内を往復移動する。噴出器本体は、ノズルを除く大部分がシュラウドによって覆われており、ピストン機構やその周辺の複雑な構造を隠すことで美観を高めるために、シュラウドが設けられている。

0003

このような噴出器を使用する際には、シュラウド付き噴出器本体が装着された容器の上位を握って全体を持ち、人差し指1本、あるいは人差し指と中指の2本の指でトリガー操作を行う。また、トリガーの長さは、トリガー操作時に掛ける1本或いは1本の指の幅等を考慮して一般に50mm〜60mm前後が採用されている。

0004

従来の構成において液体組成物の噴出量を増やした場合、例えば1ccから2ccへ増量すると、シリンダー径が大きくなるか、ピストンのストロークが長くなる。すると、トリガーの引き圧が大きくなり、操作性が低下してしまう。そこで、大容量噴出によるトリガーの引き圧の増大を軽減するために、一般的なトリガーの長さよりも長いロングレバーが採用されている(例えば、特許文献1〜3)。

先行技術

0005

特開2014−233679号公報
特開2007−186242号公報
特開2006−130416号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、従来の構成では、例えば図7に示すように、シュラウド91のノズル92近傍の下端側が内側へくり抜かれたような形状となっている(特許文献1〜3)。図7においては、辺94が内側へ凹状に湾曲している。このため、例えば図8に示すように、シュラウド91の下端(辺94)側を握って全体を持った状態でトリガー操作を行う人も多い。
この場合、トリガー93を握っている人差し指とその付け根との位置関係が、水平もしくは人差し指が親指よりも上方に位置し、自ずとトリガー93の根元に人差し指がかかるようになり、トリガー93を引く際に引き圧が重く感じてしまうという問題があった。

0007

本発明の一つの態様は、上記従来技術の問題点に鑑み成されたものであって、トリガーの長さが従来より長いトリガーであっても引き圧を重く感じさせず、トリガーの操作性を改善することのできる噴出器を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明の一形態に係る噴出器は、液体組成物を収容する容器と当該容器に装着されるディスペンサーとを備える噴出器において、前記ディスペンサーは、トリガー操作部と、前記トリガー操作部の操作に応じて前記容器内に収容された液体組成物を噴出するノズル部と、を有した噴出器本体と、前記噴出器本体に外装されるシュラウドと、を備え、前記シュラウドは、上壁と、上壁の両側に設けられた一対の側壁と、を有し、前記側壁における前記ノズル部側の側辺から延びる第1延長線と、下辺から延びる第2延長線とによって囲まれた領域の内側に、前記側辺と前記下辺とを繋ぐ接続辺が存在し、前記接続辺は、前記側辺の端部と前記下辺の端部とを結ぶ直線よりも外側に位置する。

0009

本発明の一形態に係る噴出器において、前記接続辺と前記ノズル部側の側辺との交点は、前記ノズル部の下端よりも前記容器側に位置している構成としてもよい。

0010

本発明の一形態に係る噴出器において、前記接続辺は、前記ディスペンサー及び前記容器の装着位置よりも前記ノズル部側に位置している構成としてもよい。

0011

本発明の一形態に係る噴出器において、前記接続辺は、外側に凸状に湾曲した辺である構成としてもよい。

発明の効果

0012

本発明によれば、トリガーの長さが従来より長いトリガーであっても引き圧を重く感じさせず、トリガーの操作性を改善することのできる噴出器を提供することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明に係る一態様の噴出器の全体構成を示す斜視図。
本発明に係る一態様の噴出器の構成を示す分解図。
本発明に係る一態様の噴出装置を示す側面図。
本発明に係る一態様の噴出装置を示す上面図。
本発明に係る一態様の噴出装置を示す背面図。
本発明に係る一態様の噴出装置を使用時の様子を示す図。
従来の噴出装置の構成を説明するための図。
従来の噴出装置の使用時の様子を示す図。
本発明に係るシュラウドの他の例を示す側面図。

実施例

0014

[一実施形態]
以下、本発明の一実施形態の噴出器について説明する。
なお、以下の各図面においては、各構成要素を見やすくするため、構成要素によって寸法の縮尺を異ならせて示すことがある。
なお、説明においてはXYZ座標系を設定し、このXYZ座標系を参照しつつ各部材の位置関係を説明する。この際、鉛直方向をZ方向、液体組成物が噴出する噴出方向をY方向(+Y方向)、Y方向とZ方向の両方と直交する方向をX方向とする。

0015

図1は、本発明に係る一態様の噴出器の全体構成を示す斜視図である。図2は、本発明に係る一態様の噴出器の構成を示す分解図である。図3は、本発明に係る一態様の噴出装置を示す側面図である。図4は、本発明に係る一態様の噴出装置を示す上面図である。図5は、本発明に係る一態様の噴出装置を示す背面図である。

0016

本実施形態の噴出器10は、図1に示すように、容器31と、この容器31の上位に取り付けられ、容器31に収容された液体組成物を噴出するためのトリガー式の噴出装置(ディスペンサー)11と、を備えている。噴出装置11は、噴出器本体12と、噴出器本体12に外装されるシュラウド13と、容器31に装着するための装着キャップ8と、を備えている。

0017

噴出器10は、図2に示すように、噴出装置11を構成する噴出器本体12の内部にトリガー操作部14によって作動される往復ポンプ15を内蔵しており、トリガー操作部14の操作に連動して往復ポンプ15を作動させることによって容器31内の液体組成物を吸引して噴出させる。
容器31(図1)の形状は液体組成物を収容できる範囲内において、特に限定されず、どのような形状であってもよい。

0018

噴出器本体12は、トリガー操作部14、送液チューブ16、ノズル部20の他、ボディ4、バルブ(不図示)、往復ポンプ15、通液部18及び液体ガイド栓体19を備えている。

0019

送液チューブ16は、一端側がバルブ(不図示)を介して往復ポンプ15に接続され、他端側が容器31内に挿入されている。
往復ポンプ15は、上記バルブ(不図示)に接続されたシリンダー21と、シリンダー21内を摺動するピストン22(図2)とを有し、ボディ4に接続されている。往復ポンプ15は、トリガー操作部14が操作されることによって容器31内から液体組成物を吸引し、バルブ(不図示)を介してボディ4側へ加圧、圧送する。

0020

トリガー操作部14は、往復ポンプ15に隣接して設けられている。図2に示すように、トリガー操作部14は、復帰バネ6を介してボディ4に連結され、回転軸7を支点Aとして搖動可能に設けられている。トリガー操作部14は、操作されていない状態において、噴出方向(+Y方向)に向かうに従って、鉛直方向下方側(−Z側)に向かって延びている。トリガー操作部14の引き動作により復帰バネ6が変形し、トリガー操作部14の引き動作が解除されると同時に復帰バネ6の弾発力によってトリガー操作部14が元の位置に復帰する。

0021

ボディ4は、合成樹脂(例えば、PP、PE、Ny、PET、PS、POM、PAN、ABS等)により成形されたもので、内部にバルブと往復ポンプ15とを有する。ボディ4の上部には、バルブ内とシリンダー21内とを連通させる通液部18を有する。ボディ4には、通液部18の先端に液体ガイド栓体19が嵌着されており、液体ガイド栓体19の先端にノズル部20が装着されている。また、ボディ4の外側には、合成樹脂成型されたシュラウド13が被着されている。

0022

シュラウド13は、噴出器本体12に対して、その後方から前方に向けてスライドさせることで装着される。図3図4及び図5に示すように、シュラウド13は、上壁13aと、上壁13aの短手方向両側からそれぞれ垂下する側壁13b,13bと、上壁13aとは反対側の底壁13fと、上壁13a、側壁13b,13b、底壁13fの各一端側に位置し且つこれらを接続する背壁13gと、を有している。

0023

本実施形態のシュラウド13は、側壁13b、13bにおけるノズル部20側の側辺13cから延びる第1延長線101と、下辺13dから延びる第2延長線102とによって囲まれた領域Rの内側に、側辺13cと下辺13dとを繋ぐ接続辺13eが存在している。この接続辺13eは、側辺13cの端部と下辺13dの端部とを結ぶ直線103よりも外側で凸状に湾曲した辺である。なお、接続辺13eの曲率は、適宜設定される。

0024

ノズル部20側の側辺13cと接続辺13eとの交点Sは、ノズル部20の下端20bよりも下方(容器31側)に位置している。また、接続辺13eは、噴出装置11及び容器31の装着位置、例えば装着キャップ8よりもノズル部20側に位置している。

0025

このようなシュラウド13の両側壁13b,13bには、図2に示すように、噴出器本体12側の内面ガイド部17,17が設けられている。一方、噴出器本体12側には、シュラウド13のガイド部17,17をスライド方向へ案内する案内溝23,23が設けられている。シュラウド13に設けられたガイド部17,17を噴出器本体12に設けられた案内溝23,23に挿入し、+Y方向へ沿ってスライドさせることにより、シュラウド13を噴出器本体12に装着させることができる。

0026

本実施形態の構成によれば、シュラウド13の接続辺13eが、従来のシュラウドの接続辺(図3中の破線で示す)の位置よりも外側に位置し、さらに外側へ湾曲した形状となっている。そのため、トリガー操作部14を握って噴出操作を行う際に、図6に示すように、手の位置が接続辺13eに倣って自ずと下方へ移動することとなり、ユーザーは、シュラウド13の接続辺13eと側辺13cとの交点Sから離れた位置を握ることになる。この場合、トリガー操作部14を握っている人差し指とその付け根との位置関係は、人差し指が親指よりも下方に位置し、自ずとトリガー操作部14の根元から離れた位置に人差し指がかかるようになる。
これにより、シュラウド13の形状によってユーザーの噴出器10のハンドリング位置規制及び誘導することで、トリガー操作部14の引き圧を軽く感じさせることができ、トリガー操作性を改善することができる。

0027

このため、本実施形態の噴出器10において、噴出定量を1ccから2ccへ増量し、シリンダー21の径が大きくなってピストン22のストロークが長くなった場合でも、トリガー操作部14を握って噴出操作を行う際、梃子原理からトリガー操作部14の回転軸7を支点Aよりも遠い下端側を握ることになるため、トリガー操作部14を引く力が小さくて済む。

0028

このように、トリガー操作部14を容易に操作することができるので、液体組成物を一度に多量に使用する場合であっても、噴出回数が多くても手が疲れることもなく、長時間のハンドリングで手が痛くなることもなくなる。
よって、本実施形態によれば、トリガー操作部14の引き圧を重く感じさせず、トリガー操作部14の操作性を改善することのできる噴出器10を提供することができる。

0029

以上、添付図面を参照しながら本発明に係る好適な実施形態について説明したが、本発明は係る例に限定されないことは言うまでもない。当業者であれば、特許請求の範囲に記載された技術的思想範疇内において、各種の変更例または修正例に想到し得ることは明らかであり、それらについても当然に本発明の技術的範囲に属するものと了解される。

0030

例えば、シュラウド13における接続辺13eは上述した形状及び位置に限られず、適宜変更が可能である。具体的には、第1延長線101、第2延長線102及び直線103で囲まれた領域Rの内側に位置していれば、形状及び位置は特に問わない。或いは、図9に示すように、接続辺13eを凹凸形状とすることで、ユーザーの指の違和感を生じさせて、ユーザーのハンドリング位置をトリガー操作部14の下端側へ自ずと導くことができるような形状とすることもできる。

0031

10…噴出器、11…噴出装置(ディスペンサー)、12…噴出器本体、13,91…シュラウド、13a…上壁、13b…側壁、13c…側辺、13d…下辺、13e…接続辺、20…ノズル部、20b…下端、31…容器、101…第1延長線、102…第2延長線、103…直線、R…領域、S…交点

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 四国化工機株式会社の「 吐出ポンプ付き液体充填容器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】詰め替え方式の吐出ポンプ付き液体充填容器として、容器の構成および構造を単純化する。【解決手段】吐出ポンプ付き液体充填容器1は、開口周縁にフランジ23を有しかつ内容物として液体Cが充填された容器... 詳細

  • 雪印メグミルク株式会社の「 容器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】容器本体の口部の開口を覆うシートを設けることができ、初期開封にてシートを取り除いた後も、再度封止する場合に、蓋体が容器本体の所定位置に装着されたことを認識させるタイミングと、密封が行われるタイ... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 複合容器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 本発明の複合容器10Aは安定に内容物を吐出することができると共に、プラスチック容器本体を容易に減容化して廃棄することができる。【解決手段】 複合容器10Aにおいて、内部に内容物が充填され... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ