図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2018年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

写真から取り込んだ画像や入力された画像の色味を変更してプリント出力する。

解決手段

本実施形態による画像プリント装置は、写真の画像を取り込む画像取込装置17と、画像取込装置17が取り込んで取得した取得画像内の背景画像を選択し、前記背景画像の色を変更する背景色変更部22と、前記取得画像のカラー調整を行うカラー調整部23と、前記背景画像の色変更及び前記カラー調整の少なくともいずれか一方の加工編集処理が行われた処理画像のプリント出力を行うプリンタ13と、を備える。

概要

背景

写真フィルムでの撮影現像によって得られた写真は、経時変化により色褪せて変色(退色)する。写真フィルムを保存していない場合は、焼き増しを行うことができず、鮮明な色の写真を再度入手することはできなかった。そのため、退色した写真の色味を変更し、新たなプリント物として作成・出力することが求められている。また、古い白黒写真からカラー写真を作成することに対する要求は多い。

概要

写真から取り込んだ画像や入力された画像の色味を変更してプリント出力する。本実施形態による画像プリント装置は、写真の画像を取り込む画像取込装置17と、画像取込装置17が取り込んで取得した取得画像内の背景画像を選択し、前記背景画像の色を変更する背景色変更部22と、前記取得画像のカラー調整を行うカラー調整部23と、前記背景画像の色変更及び前記カラー調整の少なくともいずれか一方の加工編集処理が行われた処理画像のプリント出力を行うプリンタ13と、を備える。

目的

本発明は、上記従来の実状に鑑みてなされたものであり、写真から取り込んだ画像や入力された画像の色味を変更してプリント出力できる画像プリント装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

写真の画像を取り込む画像取込装置と、前記画像取込装置が取り込んで取得した取得画像内の背景画像を選択し、前記背景画像の色を変更する背景色変更部と、前記取得画像のカラー調整を行うカラー調整部と、前記背景画像の色変更及び前記カラー調整の少なくともいずれか一方の加工編集処理が行われた処理画像プリント出力を行うプリンタと、を備える画像プリント装置

請求項2

前記取得画像におけるプリント範囲を選択するプリント範囲選択部をさらに備えることを特徴とする請求項1に記載の画像プリント装置。

請求項3

前記カラー調整部は、色味の変更、又はモノクロ画像からカラー画像への変換を行うことを特徴とする請求項1又は2に記載の画像プリント装置。

請求項4

前記処理画像のデータをサーバ装置に送信して保存する保存処理部をさらに備えることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の画像プリント装置。

請求項5

前記サーバ装置から、保存データに対応する識別番号を受信し、前記識別番号を出力し、利用者から入力された識別番号を前記サーバ装置に通知して対応する画像データを取得し、前記サーバ装置から取得した画像データに対して前記加工編集処理を行うことを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載の画像プリント装置。

請求項6

画像データの入力を受け付けデータ入力部をさらに備え、前記データ入力部を介して入力された画像データに対して前記加工編集処理を行うことを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載の画像プリント装置。

請求項7

前記プリンタは筐体内に収容され、前記筐体の前面には、写真載置領域を含む凹部が設けられ、前記画像取込装置は、前記凹部に載置された写真を撮像する撮像装置を含むことを特徴とする請求項1乃至6のいずれかに記載の画像プリント装置。

技術分野

0001

本発明は、写真色味を変更してプリント出力する画像プリント装置に関する。

背景技術

0002

写真フィルムでの撮影現像によって得られた写真は、経時変化により色褪せて変色(退色)する。写真フィルムを保存していない場合は、焼き増しを行うことができず、鮮明な色の写真を再度入手することはできなかった。そのため、退色した写真の色味を変更し、新たなプリント物として作成・出力することが求められている。また、古い白黒写真からカラー写真を作成することに対する要求は多い。

先行技術

0003

特開2002−101313号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、上記従来の実状に鑑みてなされたものであり、写真から取り込んだ画像や入力された画像の色味を変更してプリント出力できる画像プリント装置を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明による画像プリント装置は、写真の画像を取り込む画像取込装置と、前記画像取込装置が取り込んで取得した取得画像内の背景画像を選択し、前記背景画像の色を変更する背景色変更部と、前記取得画像のカラー調整を行うカラー調整部と、前記背景画像の色変更及び前記カラー調整の少なくともいずれか一方の加工編集処理が行われた処理画像のプリント出力を行うプリンタと、を備えるものである。

0006

本発明の一態様では、前記取得画像におけるプリント範囲を選択するプリント範囲選択部をさらに備える。

0007

本発明の一態様では、前記カラー調整部は、色味の変更、又はモノクロ画像からカラー画像への変換を行う。

0008

本発明の一態様では、前記処理画像のデータをサーバ装置に送信して保存する保存処理部をさらに備える。

0009

本発明の一態様では、前記サーバ装置から、保存データに対応する識別番号を受信し、前記識別番号を出力し、利用者から入力された識別番号を前記サーバ装置に通知して対応する画像データを取得し、前記サーバ装置から取得した画像データに対して前記加工編集処理を行う。

0010

本発明の一態様では、画像データの入力を受け付けデータ入力部をさらに備え、前記データ入力部を介して入力された画像データに対して前記加工編集処理を行う。

0011

本発明の一態様では、前記プリンタは筐体内に収容され、前記筐体の前面には、写真載置領域を含む凹部が設けられ、前記画像取込装置は、前記凹部に載置された写真を撮像する撮像装置を含む。

発明の効果

0012

本発明によれば、写真から取り込んだ画像や入力された画像の色味を変更してプリント出力できる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の実施形態による画像プリント装置のブロック構成図である。
同実施形態による画像プリント装置の斜視図である。
画像処理プログラムを実行することで実現される機能ブロック図である。
同実施形態による画像プリント方法を説明するフローチャートである。
画像入力方法選択画面の例を示す図である。

実施例

0014

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。

0015

図1は実施形態による画像プリント装置のブロック構成図であり、図2は画像プリント装置の斜視図である。図1に示すように、画像プリント装置は、タッチパネル(表示部、操作部)10A、10B、データ入力部11、課金部12、プリンタ13、CPU(中央処理部)14、ディスク装置(記憶部)15、メインメモリ16、画像取込装置17、及び通信装置18を有する。画像プリント装置の各部はバスを介して接続されている。

0016

タッチパネル10A、10Bは、画像を含む情報を表示したり、利用者から各種指示の入力を受け付けたりする。例えば、タッチパネル10A、10Bは、利用者から、画像データにおけるプリント範囲の選択、画像の色変更、プリント枚数プリントサイズの指定などを受け付ける。

0017

図2に示すように、タッチパネル10Bは、画像プリント装置の筐体1の上部に設けられ、ディスプレイ画面は略垂直に立った状態となっている。タッチパネル10Aは、筐体1の天板1A部分に設けられている。タッチパネル10Aへの入力操作を行い易いように、天板1A及びタッチパネル10Aの画面は、手前側が低く奥側が高くなるようにやや傾斜している。本実施形態では、2つのタッチパネルを搭載した例について説明するが、タッチパネルは1つでもよい。

0018

データ入力部11は、画像データが記憶された記憶媒体から画像データを読み取ることで、画像データの入力を受け付ける。データ入力部11は、様々な記憶媒体に対応したデータ読取装置を有している。また、データ入力部11は、無線通信により携帯端末から画像データの入力を受け付けることができる。図2に示すように、データ入力部11はタッチパネル10Aとタッチパネル10Bとの間に設けられている。

0019

図2に示すように、課金部12は、筐体1の前面側に設けられた硬貨投入口12A、紙幣投入口12B、釣銭返却口12Cを有し、硬貨投入口12A及び紙幣投入口12Bから投入された貨幣識別計数し、釣銭を釣銭返却口12Cから放出する。また、課金部12は、電子マネーによる決済機能を有していてもよい。また、課金部12は、プリント枚数、単価請求金額投入金額釣銭額等をレシート印字して出力するレシートプリンタ(図示略)を有する。

0020

プリンタ13は、昇華型熱転写方式高解像度カラープリンタであり、注文内容に基づいて、画像データをプリントして出力する。筐体1内にプリンタ13を複数台収容していてもよい。プリンタ13は、後述する制御部20から画像データが転送されると、指定された印画紙、プリントサイズ及びプリント枚数に基づいて、プリント処理を行う。シール基材に画像を形成するプリンタ13が設けられていてもよい。

0021

筐体1の前面側には、開閉扉2が開閉自在に設けられている。開閉扉2の裏面側には、プリンタ13から排出されたプリント物が集積される集積部(図示略)が設けられており、開閉扉2を開けると集積部に集積されたプリント物が取り出せるようになっている。

0022

画像取込装置17は、利用者が持参した写真Pの画像を取り込むものであり、例えばデジタルカメラ(撮像装置)が用いられる。写真Pは、例えばフィルム現像で得られるモノクロ写真やカラー写真、プリンタで作製された写真などである。

0023

タッチパネル10Aとタッチパネル10Bとの間の筐体1の前面には後面側へ凹んだ凹部3が設けられており、写真Pを載置できる領域が設けられている。画像取込装置17のカメラは、凹部3に載置された写真Pの画像を取り込む。凹部3を開閉する蓋(シャッター)を設け、画像取込時の明るさ(光量)を調整し易くしてもよい。

0024

通信装置18は、図示しないサーバ装置と通信を行い、画像データをサーバ装置に保存したり、サーバ装置に保存されている画像データを取得したりする。後述するように、サーバ装置に保存されている画像データには、それぞれ識別番号が割り当てられている。利用者が、タッチパネル10A又は10Bから識別番号を入力すると、通信装置18はサーバ装置に識別番号を通知して、対応する画像データを取得する。

0025

ディスク装置15は、例えばハードディスクドライブであり、制御プログラム及び画像処理プログラムを格納する。CPU14は、ディスク装置15内の制御プログラムをメインメモリ16にロードして、制御プログラムを実行する。CPU14は、制御プログラムを実行することで、画像プリント装置の各部を制御する制御部20として機能する。

0026

CPU14は、ディスク装置15内の画像処理プログラムをメインメモリ16にロードして実行する。画像処理プログラムの実行に伴い、メインメモリ16には、取得画像データや注文内容などを格納する領域が確保されると共に、図3に示すように、プリント範囲選択部21、背景色変更部22、カラー調整部23、プリント処理部24、及び保存処理部25が実現される。取得画像データは、画像取込装置17で取り込んだ写真Pの画像、データ入力部11を介して入力された画像、又は通信装置18がサーバ装置から取得した画像のデータである。取得画像データはタッチパネル10Aに表示される。

0027

プリント範囲選択部21は、利用者から、タッチパネル10Aを介して、取得画像のうちプリント出力する範囲の選択指示を受け付ける。プリント範囲として、取得画像の全範囲デフォルト設定されている。

0028

背景色変更部22は、取得画像が人物画像を含むものである場合、画像から人物を抽出し、人物画像と背景画像とを切り分け、背景画像の色を変更する。画像からの人物抽出方法については特に限定しないが、例えば、顔のモデルを用いた特徴点抽出や体型を用いたテンプレートマッチングと、背景差分法分割併合法などを組み合わせることで実現可能である。

0029

背景色変更部22は、利用者から人物画像と背景画像との境界の指示を受け付けてもよい。

0030

背景色変更部22は、タッチパネル10A又は10Bにカラーチャートを表示し、利用者から背景色の選択指示を受け付ける。背景色変更部22は、利用者から指示された色に背景色を変更する。例えば、背景単色ベタ画像に変更される。

0031

カラー調整部23は、取得画像の色味を変更したり、モノクロ画像をカラー画像に変換したりする。色味の変更は、例えば色調補正であり、カラー調整部23は、取得画像と共に、濃淡明暗を調整する操作ボタンをタッチパネル10A又は10Bに表示し、利用者から指示を受け付ける。カラー調整部23は、色調補正された画像をタッチパネル10A又は10Bに表示する。

0032

また、カラー調整部23は、色調補正を自動で行って色調の異なる複数パターンの画像を作成し、タッチパネル10A又は10Bに表示してもよい。利用者は、好みの色調の画像を選択する。

0033

モノクロ画像からカラー画像への変換は、利用者が色と着色領域を順次選択・指定して行ってもよいし、カラー調整部23が自動で行ってもよい。モノクロ画像からカラー画像への自動変換方法は特に限定されず、例えば、白黒とカラーが組となった多数の画像を準備し、取得画像と特徴の似ている画像を参照し、色付けを行うことができる。白黒とカラーの画像の組み合わせデータをサーバ装置に保存し、カラー画像生成の際は、通信装置18がサーバ装置と通信を行い、サーバ装置内のデータを参照するようにしてもよい。

0034

利用者が着色領域を指定する場合は、例えば、利用者がモノクロ画像上の1点を選択すると、カラー調整部23は、選択された箇所の近傍で濃淡が同じ(又は近似している)領域を抽出する。利用者が、カラーチャートから色を選択すると、その色を抽出領域に着色する。

0035

プリント処理部24は、印画紙種類、プリントサイズ、プリント枚数の選択画面をタッチパネル10A又は10Bに表示し、利用者から指示を受け付ける。プリント処理部24は、利用者から指示を受け付け、注文内容が確定すると、プリンタ13へ画像データを転送し、注文内容に基づいてプリント出力するように制御する。

0036

保存処理部25は、プリント範囲選択、背景色変更、カラー調整等の加工編集処理が施された画像データの保存要求を、通信装置18を介してサーバ装置へ送信する。サーバ装置は、保存処理部25から画像データ保存要求を受け取ると、保存処理部25へ識別番号を通知する。保存処理部25は、識別番号と共に画像データをサーバ装置へ送信し、保存する。

0037

保存処理部25がサーバ装置へ送信するデータは、加工編集処理後の画像データでもよいし、加工編集処理前の画像データと加工編集処理の内容(編集履歴)とを組み合わせたものでもよい。

0038

保存処理部25は、識別番号をタッチパネル10A又は10Bに表示する。また、上述のレシートプリンタが出力するレシートに識別番号を印字してもよい。

0039

保存処理部25は、利用者から識別番号が入力されると、通信装置18を用いてサーバ装置に通知し、サーバ装置から、通知した識別番号に対応する画像データを取得する。

0040

次に、この画像プリント装置を用いてカラー調整等の処理を行い、プリント物を作成する方法を、図4に示すフローチャートを用いて説明する。

0041

画像プリント装置のタッチパネル10Aに、図5に示すような画像入力方法の選択画面が表示される。利用者がフィルム現像で得られるモノクロ写真やカラー写真、プリンタで作製された写真などを持参している場合は(ステップS102_No)、選択画面のボタン31を押し、写真を画像プリント装置の筐体1の前面に設けられた凹部3にセットする(ステップS104)。画像取込装置17のカメラが、凹部3に載置された写真を撮像し、画像を取り込む(ステップS106)。

0042

利用者が、画像プリント装置で以前に作成してサーバ装置に保存している画像データを再利用する場合は(ステップS108_Yes)、選択画面のボタン33を押す。ボタン33を押すと、タッチパネル10Aに識別番号入力画面が表示される。利用者が識別番号を入力すると(ステップS110)、保存処理部25が識別番号をサーバ装置に通知して、対応する画像データを取得する(ステップS112)。

0043

利用者が画像データを有している場合は(ステップS108_No)、選択画面のボタン32を押す。利用者は、データ入力部11から画像データを入力する。

0044

画像プリント装置は、画像取込装置17による画像取込、サーバ装置からの画像取得、又はデータ入力部11からのデータ入力により処理対象の画像データを取得すると、取得画像データをタッチパネル10Aに表示し、プリント範囲を指定するか否かの選択画面を表示する。取得画像の全範囲がプリント範囲として初期設定されている。

0045

プリント範囲を指定する場合(ステップS116_Yes)、利用者は、タッチパネル10Aで所望の範囲をドラッグしてプリント範囲を選択する(ステップS118)。プリント範囲選択部21は、取得画像のうち、利用者から選択された範囲をプリント範囲として切り出す。これにより、例えば、人物全体が含まれる画像から上半身のみを切り出すことができる。

0046

画像プリント装置は、背景色を変更するか否かの選択画面をタッチパネル10Aに表示する。背景色を変更する場合(ステップS120_Yes)、背景色変更部22は、画像から人物を抽出し、人物画像と背景画像とを切り分ける。利用者から、背景色変更部22が抽出した人物画像と背景画像との境界の修正指示を受け付けるようにしてもよい。

0047

背景色変更部22は、タッチパネル10A又は10Bにカラーチャートを表示する。利用者が、カラーチャートから好みの色を選択すると、背景色変更部22は背景部分の色を変更する(ステップS122)。

0048

画像プリント装置は、色味の変更や、モノクロ画像からカラー画像への変換等のカラー調整を行うか否かの選択画面をタッチパネル10Aに表示する。カラー調整を行う場合(ステップS124_Yes)、カラー調整部23は濃淡や明暗を調整する操作ボタンを表示し、利用者から色調補正の指示を受け付け、色調補正した画像を表示する(ステップS126)。

0049

また、カラー調整部23は、利用者から、モノクロからカラーへの変更指示を受け付けると、モノクロ画像をカラー画像へ自動変換する。利用者が色と着色領域を順次選択・指定して、モノクロ画像からカラー画像を作成してもよい。

0050

画像プリント装置は、画像編集を終えると、印画紙タイプの選択画面を表示する(ステップS128)。例えば、「写真」又は「シール」を選択することができる。また、プリントの仕上がりを「マット」又は「光沢」にするかを選択できるようにしてもよい。

0051

さらに、画像プリント装置は、プリントサイズの選択画面、及びプリント枚数の選択画面を表示する。利用者は、選択画面からプリントサイズやプリント枚数を指示する(ステップS130、S132)。

0052

プリント注文が完了したか否かの確認画面がタッチパネル10Aに表示される。注文内容を変更する場合(ステップS134_No)、利用者は、やり直すステップを選択する(ステップS136)。やり直しステップを選択できるため、注文内容の変更が容易である。

0053

注文内容が確定した場合(ステップS134_Yes)、編集した画像データをサーバ装置に保存するか否かの選択画面が表示される。画像データの保存が選択されると(ステップS138)、保存処理部25はサーバ装置に画像データを保存する。サーバ装置から通知された識別番号がタッチパネル10Aに表示される(ステップS140)。

0054

課金部12が、注文内容や画像データの保存有無等に基づいて料金を計算し、課金処理を行う(ステップS142)。

0055

料金支払い後、画像データがプリンタ13へ転送され、プリンタ13がプリント物を出力する(ステップS144)。

0056

このように、本実施形態によれば、写真から取り込んだ画像や、電子データとして入力された画像の色味を変更してプリント出力できる。例えば、古いモノクロ写真からカラー写真を作成することができる。利用者が色と着色領域を順次選択する場合は、モノクロ画像の一部分のみをカラーにした画像を作成することもできる。

0057

また、例えば、自分の気に入った表情の写真を持参して画像を取り込み、プリント範囲の選択でから上の範囲を選択し、背景色を変更することで、証明写真を容易に作成することができる。

0058

上記実施形態において、レシートプリンタは、サーバ装置に保存されている画像データに紐付けられた識別番号だけでなく、この識別番号を示す二次元コードをレシートにプリントしてもよい。画像プリント装置の凹部3にレシートを載置し、デジタルカメラがレシート上の二次元コードを読み取り、識別番号を取得するようにしてもよい。これにより、識別番号入力の手間を省くことができる。

0059

サーバ装置で画像データを保存する期間に制限を設けてもよい。サーバ装置に画像データを保存する際に、利用者のEメールアドレスの入力を受け付けて登録しておき、保存期限が近付いたらメールで通知するようにしてもよい。

0060

上記実施形態では、画像の表示や、利用者からの指示受け付けにタッチパネルを用いる構成について説明したが、画像を表示するディスプレイと、マウスやボタン等の操作部とで構成してもよい。

0061

上記実施形態では、画像取込装置17としてデジタルカメラを用いる例について説明したが、フラットベッドスキャナ等を用いてもよい。

0062

なお、本発明は上記実施形態そのままに限定されるものではなく、実施段階ではその要旨を逸脱しない範囲で構成要素を変形して具体化できる。また、上記実施形態に開示されている複数の構成要素の適宜な組み合わせにより、種々の発明を形成できる。例えば、実施形態に示される全構成要素から幾つかの構成要素を削除してもよい。さらに、異なる実施形態にわたる構成要素を適宜組み合わせてもよい。

0063

1筐体
1A天板
2開閉扉
10A、10Bタッチパネル
11データ入力部
12課金部
13プリンタ
14 CPU
15ディスク装置
16メインメモリ
17 画像取込装置
18通信装置
20 制御部
21プリント範囲選択部
22背景色変更部
23カラー調整部
24プリント処理部
25保存処理部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ