図面 (/)

技術 集積回路

出願人 サンパテントトラスト
発明者 高岡辰輔鈴木秀俊西尾昭彦岩井敬
出願日 2017年12月12日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2017-237896
公開日 2018年3月8日 (3年4ヶ月経過) 公開番号 2018-038096
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 優先度ルール 依存値 優先度順位 トリガー情報 後続サブフレーム オフセットパラメータ 多値振幅変調 電力スペクトラム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

CI多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示すること。

解決手段

送信電力計算部(107)において、複数CCの複数ULチャネルの送信電力を計算する。電力スケーリング検出部(108)において、複数CCで送信されるULチャネルの送信電力合計値UE固有最大送信電力を超えるか否かを検出する。電力スケーリング制御部(109)において、Pcell及びScellを用いて、複数SRSを同時送信する場合において、電力スケーリングが発生した場合には、同時送信複数SRSの中で、ScellのSRSより、PcellのSRSの送信電力を優先して電力割当を行う。

概要

背景

3GPP (3rd Generation Partnership Project)において、LTE-advanced(以下、「LTE−A」と省略する)の検討が進められている。LTE−Aでは、キャリアアグリゲーション(CA:Carrier Aggregation)という帯域拡張技術の導入の検討がなされている。LTE−AのCAでは、20MHz等から構成される1つの単位キャリア(CC:Component Carrier)を複数束ねることにより複数のキャリアをアグリゲーションし、高速伝送の実現を図るアプローチダウンリンンク(DL:Downlink)及びアップリンク(UL:Uplink)チャネルで取られる。LTE−Aでは、5個のCCの導入、つまり、100MHzまでの帯域拡張を視野に検討がなされている。

そこで、UL CAを対象とした送信電力制御方法の検討も同時になされている。LTE−AのUL送信電力制御の検討において、以下の事項(A)〜(C)が合意されている。(A)CC個別(CC-specific)に送信電力の制御が行われる。(B)CC個別の(各ULチャネルに対する)最大送信電力Pcmax,c、及び、UE(User Equipment)固有の(UE-specific)最大総送信電力Pcmax(複数CCでの合計最大送信電力上限値)を設けている。そして、1CC内で送信される各ULチャネルの送信電力が、CC個別の(各ULチャネルに対する)最大送信電力を超えた場合、また、複数ULチャネルの同時送信時に、複数(全)CCで送信されるULチャネル送信電力合計値UE固有の最大送信電力を超えた場合には、ULチャネルの送信電力を低減する電力スケーリングという制御が行われる。(C)UL CAにおいて、複数ULチャネルの同時送信時に電力スケーリングが発生した場合における、複数ULチャネルに対する電力割当優先度ルールは以下のように合意されている。
PUCCH>PUSCH with UCI>PUSCH without UCI

ここで、PUCCHはPhysical Uplink Control CHannel、PUSCHはPhysical Uplink Shared CHannelである。UCIはUplink Control Informationの略語であり、具体的には以下の制御情報等がある。ACK/NACK(Acknowledgment/Non Acknowledgment)、RI(Rank Indicator)、CQI(Channel Quality Information)、PMI(Pre-coding Matrix Indicator)、CSI(Channel State Information)等があり、CSI、CQI等の情報の送信には、ピリディック(periodic)とアペリオディック(aperiodic)な送信方法がある。

また、PUSCH with UCIは、UCIを多重するPUSCHのことを示し、PUSCH without UCIは、UCIを多重しないPUSCHのことを示す。従って、複数ULチャネルの同時送信時に電力スケーリングが発生した場合には、第1にPUCCHの送信電力、第2にUCIを多重するPUSCHの送信電力、第3にUCIを多重しないPUSCHの送信電力に順番に送信電力を割り当てる。このルールは、これらの各チャネルが同一CC内に存在するか、または異なるCCに存在するかにかかわらず適用される。

一方で、CQI等の伝搬路品質を測定する(sounding)ために用いられる、ピリオディックSRS又はアペリオディックSRS(Sounding Reference Symbol)に関連する電力スケーリング発生時の電力割当ルールも検討されている。例えば、以下の3つの場合(A)〜(C)に分類することができる。

(A)(ピリオディック/アペリオディック)SRSと他ULチャネル(PUCCH、PUSCH等)間の優先度。すなわち、非文献文献1において、以下に示すような電力スケーリング発生時の優先度が記載されている。
PUCCH>SRS>PUSCH

従って、電力スケーリングが発生した場合には、第1にPUCCH、第2にSRS、第3にPUSCHの順番に端末の送信電力の割り当てを優先する。

(B)ピリオディックSRSとアペリオディックSRS間の優先度。すなわち、非文献文献2において、以下に示すような電力スケーリング発生時の優先度が記載されている。
アペリオディックSRS>ピリオディックSRS

従って、ピリオディックSRSとアペリオディックSRSの同時送信時に電力スケーリングが発生した場合には、第1にアペリオディックSRSの送信電力、第2にピリオディックSRSの送信電力の割り当てを優先する。

(C)複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRS間の優先度。

非特許文献1において、複数ピリオディックSRSを複数CC間で同時送信する場合における、電力割当優先度ルールが記載されている。具体的には、図1に示すように、UL CC ID番号に応じて、ピリオディックSRSの送信電力の優先度を決定する方法が開示されている。図1では、3個のCCでピリオディックSRSを同時に送信する場合に電力スケーリングが発生する場合おいて、UL CC ID番号が大きい順に大きな送信電力を割り当てる概念図を示している。これにより、複数CCでのピリオディックSRS同時送信時に電力スケーリングが発生した場合においても、このルールに従い、端末は各CCのピリオディックSRSの送信電力を適切に決定することができる。

概要

UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示すること。送信電力計算部(107)において、複数CCの複数ULチャネルの送信電力を計算する。電力スケーリング検出部(108)において、複数CCで送信されるULチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えるか否かを検出する。電力スケーリング制御部(109)において、Pcell及びScellを用いて、複数SRSを同時送信する場合において、電力スケーリングが発生した場合には、同時送信複数SRSの中で、ScellのSRSより、PcellのSRSの送信電力を優先して電力割当を行う。

目的

本発明の目的は、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示できる集積回路を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

1つまたは複数のコンポーネントキャリアセルから構成されるプライマリセルグループ、および、1つまたは複数のコンポーネントキャリア/セルから構成されるセカンダリセルグループからなる、キャリアアグリゲーションを構成する複数のコンポーネントキャリア/セルを用いる無線通信方法を制御する集積回路であって、前記キャリアアグリゲーションを構成する複数のコンポーネントキャリア/セルの複数の上り回線チャネル送信電力を計算する処理と、計算された前記送信電力を用いて、前記複数のコンポーネントキャリア/セルで送信される上り回線チャネルの送信電力の合計値が自装置に固有最大送信電力を超えず、前記複数のコンポーネントキャリア/セルの複数の上り回線チャネルの同時送信が発生するか否か、又は、前記複数のコンポーネントキャリア/セルの上り回線チャネルの送信電力値が複数あるか否か、を検出する電力スケーリング検出を行う処理と、同時送信が発生する、又は、送信電力値が複数ある、と検出され、前記プライマリセルグループおよび前記セカンダリセルグループの複数のコンポーネントキャリア/セルを用いて、上り制御情報多重する前記プライマリセルグループの上り回線チャネルと複数の参照信号を同時に送信する場合、前記複数の参照信号より前記上り制御情報を多重する前記プライマリセルグループの上り回線チャネルに優先して送信電力の割り当てを行う電力スケーリング制御を行う処理と、前記電力スケーリング制御において、前記複数の参照信号のうち、前記セカンダリセルグループの参照信号の送信電力を一様に低減する制御を行う処理と、を制御する集積回路。

請求項2

前記参照信号は、ピリディック/アペリオディック参照信号である、請求項1に記載の集積回路。

請求項3

前記電力スケーリング検出は、前記複数のコンポーネントキャリア/セルを用いて送信される上り回線チャネルの送信電力の合計値が自装置に固有の最大送信電力を超え、電力スケーリングが発生するか否かを検出し、前記電力スケーリング制御は、電力スケーリングが発生すると検出され、前記プライマリセルグループと前記セカンダリセルグループの複数のコンポーネントキャリア/セルを用いて、上り制御情報を多重する上り回線チャネルと複数の参照信号を同時に送信する場合、前記複数の参照信号のうち、前記セカンダリセルグループの参照信号の送信を停止若しくは送信電力を0に設定する、又はドロップする制御を行う、請求項1に記載の集積回路。

請求項4

前記電力スケーリング制御は、前記複数の参照信号の送信を停止若しくは送信電力を0に設定する、又はドロップする制御を、前記セカンダリセルグループの参照信号の全ての参照信号に対して行う、請求項3に記載の集積回路。

請求項5

前記電力スケーリング制御は、前記複数の参照信号に含まれる参照信号の送信電力が所定の閾値以下である場合、前記所定の閾値以下の送信電力である参照信号のうち、前記セカンダリセルグループの参照信号の送信を停止若しくは送信電力を0に設定する、又はドロップする制御を行う、請求項1に記載の集積回路。

請求項6

前記電力スケーリング制御は、前記プライマリセルグループと前記セカンダリセルグループの複数のコンポーネントキャリア/セルを用いて、複数の参照信号を送信する場合、前記セカンダリセルグループの参照信号より、前記プライマリセルグループの参照信号に優先して送信電力を割り当てる、請求項1に記載の集積回路。

請求項7

前記上り回線チャネルはPUCCH、又は、PUSCHである、請求項1に記載の集積回路。

請求項8

前記プライマリセルグループと前記セカンダリセルグループの複数のコンポーネントキャリア/セルは、上位層シグナリング通知される、請求項1に記載の集積回路。

請求項9

前記上り制御情報は、ACK/NACK、アペリオディック/ピリオディックChannelStateInformation(CSI)である、請求項1に記載の集積回路。

請求項10

前記電力スケーリング制御において、前記複数の参照信号のうち、前記セカンダリセルグループの参照信号の送信を停止若しくは送信電力を0に設定する、又はドロップする処理を、サブフレーム最終シンボル位置について行う、請求項3に記載の集積回路。

技術分野

0001

本発明は、集積回路に関する。

背景技術

0002

3GPP (3rd Generation Partnership Project)において、LTE-advanced(以下、「LTE−A」と省略する)の検討が進められている。LTE−Aでは、キャリアアグリゲーション(CA:Carrier Aggregation)という帯域拡張技術の導入の検討がなされている。LTE−AのCAでは、20MHz等から構成される1つの単位キャリア(CC:Component Carrier)を複数束ねることにより複数のキャリアをアグリゲーションし、高速伝送の実現を図るアプローチダウンリンンク(DL:Downlink)及びアップリンク(UL:Uplink)チャネルで取られる。LTE−Aでは、5個のCCの導入、つまり、100MHzまでの帯域拡張を視野に検討がなされている。

0003

そこで、UL CAを対象とした送信電力制御方法の検討も同時になされている。LTE−AのUL送信電力制御の検討において、以下の事項(A)〜(C)が合意されている。(A)CC個別(CC-specific)に送信電力の制御が行われる。(B)CC個別の(各ULチャネルに対する)最大送信電力Pcmax,c、及び、UE(User Equipment)固有の(UE-specific)最大総送信電力Pcmax(複数CCでの合計最大送信電力上限値)を設けている。そして、1CC内で送信される各ULチャネルの送信電力が、CC個別の(各ULチャネルに対する)最大送信電力を超えた場合、また、複数ULチャネルの同時送信時に、複数(全)CCで送信されるULチャネル送信電力合計値UE固有の最大送信電力を超えた場合には、ULチャネルの送信電力を低減する電力スケーリングという制御が行われる。(C)UL CAにおいて、複数ULチャネルの同時送信時に電力スケーリングが発生した場合における、複数ULチャネルに対する電力割当優先度ルールは以下のように合意されている。
PUCCH>PUSCH with UCI>PUSCH without UCI

0004

ここで、PUCCHはPhysical Uplink Control CHannel、PUSCHはPhysical Uplink Shared CHannelである。UCIはUplink Control Informationの略語であり、具体的には以下の制御情報等がある。ACK/NACK(Acknowledgment/Non Acknowledgment)、RI(Rank Indicator)、CQI(Channel Quality Information)、PMI(Pre-coding Matrix Indicator)、CSI(Channel State Information)等があり、CSI、CQI等の情報の送信には、ピリディック(periodic)とアペリオディック(aperiodic)な送信方法がある。

0005

また、PUSCH with UCIは、UCIを多重するPUSCHのことを示し、PUSCH without UCIは、UCIを多重しないPUSCHのことを示す。従って、複数ULチャネルの同時送信時に電力スケーリングが発生した場合には、第1にPUCCHの送信電力、第2にUCIを多重するPUSCHの送信電力、第3にUCIを多重しないPUSCHの送信電力に順番に送信電力を割り当てる。このルールは、これらの各チャネルが同一CC内に存在するか、または異なるCCに存在するかにかかわらず適用される。

0006

一方で、CQI等の伝搬路品質を測定する(sounding)ために用いられる、ピリオディックSRS又はアペリオディックSRS(Sounding Reference Symbol)に関連する電力スケーリング発生時の電力割当ルールも検討されている。例えば、以下の3つの場合(A)〜(C)に分類することができる。

0007

(A)(ピリオディック/アペリオディック)SRSと他ULチャネル(PUCCH、PUSCH等)間の優先度。すなわち、非文献文献1において、以下に示すような電力スケーリング発生時の優先度が記載されている。
PUCCH>SRS>PUSCH

0008

従って、電力スケーリングが発生した場合には、第1にPUCCH、第2にSRS、第3にPUSCHの順番に端末の送信電力の割り当てを優先する。

0009

(B)ピリオディックSRSとアペリオディックSRS間の優先度。すなわち、非文献文献2において、以下に示すような電力スケーリング発生時の優先度が記載されている。
アペリオディックSRS>ピリオディックSRS

0010

従って、ピリオディックSRSとアペリオディックSRSの同時送信時に電力スケーリングが発生した場合には、第1にアペリオディックSRSの送信電力、第2にピリオディックSRSの送信電力の割り当てを優先する。

0011

(C)複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRS間の優先度。

0012

非特許文献1において、複数ピリオディックSRSを複数CC間で同時送信する場合における、電力割当優先度ルールが記載されている。具体的には、図1に示すように、UL CC ID番号に応じて、ピリオディックSRSの送信電力の優先度を決定する方法が開示されている。図1では、3個のCCでピリオディックSRSを同時に送信する場合に電力スケーリングが発生する場合おいて、UL CC ID番号が大きい順に大きな送信電力を割り当てる概念図を示している。これにより、複数CCでのピリオディックSRS同時送信時に電力スケーリングが発生した場合においても、このルールに従い、端末は各CCのピリオディックSRSの送信電力を適切に決定することができる。

先行技術

0013

R1-105376, Discussion on multiplexingSRSand PUSCH in an SC-FDMAsymbol in carrier-aggregated system, 3GPP TSG RAN WG1 #62bs, Xi’an, China, October 11 - 15, 2010
R1-105508, Power control for SRS transmission in CA, 3GPP TSG RAN WG1 #62bs, Xi’an, China, October 11 - 15, 2010
3GPP TS 36.213 V8.8.0 (2009-09)

発明が解決しようとする課題

0014

しかしながら、上記非特許文献1に開示の技術では、以下に示す課題がある。すなわち、複数ピリオディックSRSを複数CCで同時送信する際に、電力スケーリングが発生した場合の電力割当優先度に、再送が適用されない重要なUCIを多重するCC選択方法の影響が考慮されていない。UCIは、低遅延で端末からeNBに通知する必要があるため、1回の送信での伝送だけがサポートされる。

0015

従って、上記非特許文献1に開示の技術に基づいて設定された電力割当優先度の低いCC(eNBでの、CQI測定誤差が大きくなる可能性の高いCC)がUCIを多重するCCに該当する場合、該当CCでは、電力スケーリング(送信電力が低減)されたSRSを用いて導出された通信品質(例えば、SINR:Signal-to-Interference plus Noise power Ratio)測定誤差が大きいため、eNBは後続サブフレームで伝送するUCIに対して適切な送信電力(または、MCS:Modulation and channel Coding Scheme)値を通知できない。なお、電力スケーリングは、eNBが知ることができないUE固有のPA(Power Amplifier)に関連した送信電力制御情報、例えば、UE毎、又は、UEのCC毎の最大送信電力を決定するパラメータ(MPR:Maximum Power Reduction等)によって生じるため、基本的にeNBは電力スケーリングの発生が分からない。

0016

例えば、複数SRSの複数CCでの同時送信時にUE固有の最大送信電力を超えたため、そのUEが、上記非特許文献1に開示の技術に基づいて、あるUL CC ID番号の小さいCCのSRSに対して電力スケーリング(送信電力の低減)を行った場合、eNBは、受信レベルが低下した受信SRSを用いて該当CCの通信品質の測定を行う。しかしながら、上記したように、eNBは端末の電力スケーリングがいつ発生したか等の情報を基本的には持ち合わせないため、SRSの受信レベル低下理由を、端末での電力スケーリングの発生ではなく、時間的に変動しやすい移動通信伝搬チャネルの品質が劣悪になったと誤認識する。そして、後続の(UCIが多重された)PUSCH等のULチャネルの伝送において、所定受信品質を満たすのに必要な値以上の大きな送信電力値(低いMCS値)を用いるように通知してしまう。つまり、この場合、後続のPUSCH等のULチャネルにおいて、過剰な品質のULチャネルの伝送が行われてしまう(送信電力を大きくするように指示した場合は、他セルへの同一チャネル干渉を増加させてしまう。また、端末の消費電力を不必要に増加させてしまう等の新たな課題を引き起こす)。

0017

本発明の目的は、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示できる集積回路を提供することである。

課題を解決するための手段

0018

本発明の一態様に係る集積回路は、1つまたは複数のコンポーネントキャリア/セルから構成されるプライマリセルグループ、および、1つまたは複数のコンポーネントキャリア/セルから構成されるセカンダリセルグループからなる、キャリアアグリゲーションを構成する複数のコンポーネントキャリア/セルを用いる無線通信方法を制御する集積回路であって、前記キャリアアグリゲーションを構成する複数のコンポーネントキャリア/セルの複数の上り回線チャネルの送信電力を計算する処理と、計算された前記送信電力を用いて、前記複数のコンポーネントキャリア/セルで送信される上り回線チャネルの送信電力の合計値が自装置に固有の最大送信電力を超えず、前記複数のコンポーネントキャリア/セルの複数の上り回線チャネルの同時送信が発生するか否か、又は、前記複数のコンポーネントキャリア/セルの上り回線チャネルの送信電力値が複数あるか否か、を検出する電力スケーリング検出を行う処理と、同時送信が発生する、又は、送信電力値が複数ある、と検出され、前記プライマリセルグループおよび前記セカンダリセルグループの複数のコンポーネントキャリア/セルを用いて、上り制御情報を多重する前記プライマリセルグループの上り回線チャネルと複数の参照信号を同時に送信する場合、前記複数の参照信号より前記上り制御情報を多重する前記プライマリセルグループの上り回線チャネルに優先して送信電力の割り当てを行う電力スケーリング制御を行う処理と、前記電力スケーリング制御において、前記複数の参照信号のうち、前記セカンダリセルグループの参照信号の送信電力を一様に低減する制御を行う処理と、を制御する。

0019

本発明の一態様に係る集積回路において、前記参照信号は、ピリオディック/アペリオディック参照信号である。

発明の効果

0020

本発明によれば、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示できる。

図面の簡単な説明

0021

非特許文献1に開示の送信電力の優先度を決定する方法を示す図
本発明の実施の形態1及び2に係る無線通信端末装置の構成を示すブロック図
1サブフレームの後端にSRSを多重する構成を示す図
電力スケーリング方法1の概要を示す図
電力スケーリング方法2の概要を示す図
電力スケーリング方法3の概要を示す図
2つのSRSをドロップする様子を示す図
ピリオディックSRSをドロップする様子を示す図
電力スケーリング方法4の概要を示す図
電力スケーリング方法5の概要を示す図
電力スケーリング方法6の概要を示す図
電力スケーリング方法7の概要を示す図
電力スケーリング方法8の概要を示す図
電力スケーリング方法11の概要を示す図
電力スケーリング方法12の概要を示す図
サブフレーム内でPUCCHとピリオディックSRSを多重する構成を示す図
電力スケーリング方法13の概要を示す図
本発明の実施の形態1に係る無線通信端末装置の構成を示すブロック図
1サブフレーム内でPUSCHとピリオディックSRSを多重する構成を示す図
電力スケーリング方法14の概要を示す図
電力スケーリング方法15の概要を示す図

実施例

0022

本発明者は、以下の点に着眼して本発明をなすに到った。すなわち、LTE−Aでは、Pcell(Primary Cell)、又は、PCC(Primary Component Carrier)にPUSCHがスケジューリングされる(送信される、送信割当(UL grant)ありの)場合、Pcell(PCC)のPUSCHにUCIを多重することが、UCIを多重するCC(PUSCH)の選択方法として用いられる。また、(UCIだけを多重する)PUCCHを送信するCCはPcell(PCC)だけに限定される。従って、Scell(Secondary cell)、または、SCC(Secondary Component Carrier)と比較すると、Pcell(PCC)で再送が適用されない重要度の高いUCIが送信される確率が高い。

0023

また、システムオペレーションする場合においてトラフィックが少ない場合には、一般にPcellのみを優先して使う(長時間で見て通信しやすいセルとしてPcellを選択する)ことにより、システム帯域幅(CC間全体)での利用効率を向上させる。また、Pcellを使用する場合には、PUCCHがLTERel.8と後方互換性(compatible)を有する送信のため、UCIだけが送信されるPUCCH上においても効率が良い伝送が可能となる(なお、LTE−AはRel.10とリリースされる予定である)。

0024

また、Pcell(PCC)、及び、Scell(SCC)は、eNBにより、UE個別(UE-specific)に設定(configure)され、eNBから端末に(例えば、伝送誤り確率の極めて低い上位レイヤシグナリングを用いて)通知するため、eNB及び各UE間で、Pcell(PCC)、及び、Scell(SCC)の設定(configuration)を事前に認識できる。

0025

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0026

(実施の形態1)
図2は、本発明の実施の形態1に係る無線通信端末装置(以下、「端末」という)100の構成を示すブロック図である。以下、図2を用いて端末100の構成について説明する。

0027

無線受信処理部102は、基地局(eNB)から送信されたOFDM信号アンテナ101から受信し、受信したOFDM信号にダウンコンバート、A/D変換等の所定のRF処理を施してOFDM復調部103に出力する。

0028

OFDM復調部103は、無線受信処理部102から出力されたOFDM信号のガードインターバルGI)を除去し、GIを除去したOFDM信号に対して離散フーリエ変換DFT:Discrete Fourier Transform)を施して周波数領域信号に変換する。次に、OFDM復調部103は、周波数領域の各成分に対して、周波数領域等化FDE:Frequency-domain Equalization)を施し、信号の歪を取り除き、復調部104に出力する。

0029

復調部104は、OFDM復調部103から出力された信号に対して、QPSK、16QAM(Quadrature Amplitude Modulation)等の変調方式に対する所定の復調処理を施してチャネル復号部105に出力する。

0030

チャネル復号部105は、復調部104から出力された信号に、ターボ符号化畳み込み符号化等の誤り訂正符号化に対する復号処理(繰り返しMAP復号、ビタビ復号)を施して制御情報抽出部106に出力する。

0031

制御情報抽出部106は、チャネル復号部105から出力された信号から、ULグラント(UL grant)情報(割当帯域幅MCSセット、PUSCHやSRSやPUCCH等の送信電力情報TPC command、MCS等の送信フォーマット既存値ΔTF等、SRS用のオフセット値PSRS_offset)、アペリオディックSRSトリガー情報など)、DLグラント(DL grant)情報(PUCCH等の送信電力情報、アペリオディックSRSトリガー情報など)、UCI要求(トリガー)情報、Pcell/Scell、PCC/SCCなどのCC/cell情報等、制御情報を抽出して送信電力計算部107に出力する。

0032

送信電力計算部107は、制御情報抽出部106から出力された制御情報、CC個別(各ULチャネル)最大送信電力(PAのパワクラス、MPR等)、パスロス推定値)情報、上位層での送信電力関連通知情報(パスロス補償係数、P_o(ターゲット受信レベル値)等)などを用いて、複数ULチャネル(CC毎)の送信電力を計算する。具体的な計算方法は、非特許文献3に記載のPUSCH、PUCCH及びSRSの送信電力計算式などを用いる。送信電力計算部107は、複数ULチャネル(CC毎)の送信電力値を電力スケーリング検出部108及び電力スケーリング制御部109に出力する。

0033

電力スケーリング検出部108は、送信電力計算部107から出力された複数ULチャネルの送信電力値から複数CC(全ULチャネル)の総送信電力を計算し、計算した総送信電力と、入力されるUE固有の最大送信電力(Pcmax)との比較を行う。総送信電力がUE固有の最大送信電力より小さければ、「電力スケーリングの必要なし」という制御情報を電力スケーリング制御部109に出力する。逆に、総送信電力がUE固有の最大送信電力より大きければ、「電力スケーリングの必要あり」という制御情報を電力スケーリング制御部109に出力する。

0034

電力スケーリング制御部109では、電力スケーリング検出部108から出力された電力スケーリング発生の有無情報「電力スケーリングの必要なし、または、あり」に従って、「電力スケーリングの必要あり」の場合は各ULチャネル(SRS、PUSCH、PUCCHなど)に対して送信電力のスケーリングを行い、複数ULチャネル(CC)毎の送信電力を決定する。電力スケーリング後の送信電力情報を送信電力設定部112−1〜112−Nに出力する。なお、SRSの電力スケーリング方法の詳細は後述する。

0035

符号化及び変調部110−1〜110−Nは、入力されるCC毎のトランスポートブロック(TB:Transport Block)に対して、ターボ符号化等の誤り訂正符号化及びQPSKや16QAM等の所定の変調処理を施して多重部111−1〜111−Nに出力する。

0036

多重部111−1〜111−Nは、入力されるピリオディックSRS(上位層の制御情報によってトリガーされた場合)、または、アペリオディックSRS(物理層制御チャネルのPDCCHによってトリガーされた場合)を変調シンボル系列に多重して送信電力設定部112−1〜112−Nに出力する。LTE(LTE−A)では、図3(PUSCHにSRSを時間多重する場合)に示すように、14SC−FDMAシンボルから構成される1サブフレームの最終シンボルだけにSRSが多重されるため、そのような時間軸多重が行えるようにSRSを変調シンボルの後端に多重する。なお、図3では、1サブフレームの中心部分に3シンボル復調用参照信号DMRS:DeModulation Reference Symbol)が多重されている場合を示している。

0037

送信電力設定部112−1〜112−Nは、電力スケーリング制御部109から出力された複数ULチャネル(CC)毎の送信電力情報を用いて、各ULチャネル(SRS、PUSCH、PUCCHなど)の送信電力を設定してSC−FDMA変調部113−1〜113−Nに出力する。

0038

SC−FDMA変調部113−1〜113−Nは、送信電力設定部112−1〜112−Nから出力された送信電力設定後のシンボル系列に対して、DFTを施すことにより、プレコーディングを行う。そして、eNBから指示された所定の周波数リソースにDFTプレコーディング信号をマッピングした後、IDFTで時間領域信号に変換する。最後に、ガードインターバルを付加して合成部114に出力する。

0039

合成部114は、SC−FDMA変調部113−1〜113−Nから出力された複数のSC−FDMA信号を合成し、無線送信処理部115に出力する。

0040

無線送信処理部115は、合成部114から出力された信号にD/A変換、増幅処理アップコンバート等の所定のRF処理を施し、アンテナ101より送信する。

0041

次に、複数SRS同時送信時のSRSに対する電力スケーリング方法1〜12について説明する。

0042

電力スケーリング方法1
電力スケーリング方法1では、まず、送信電力計算部107において、複数CCの複数ULチャネルの送信電力を計算する。

0043

次に、電力スケーリング検出部108において、複数CCで送信されるULチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えるか否か(電力スケーリングが発生するか否か)を検出する。

0044

次に、電力スケーリング制御部109において、Pcell(PCC)及びScell(SCC)を用いて、複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRSを同時送信する場合において、電力スケーリングが発生した場合には、同時に送信する複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRSの中で、ScellのSRSより、PcellのSRSの送信電力を優先して電力割当を行う。

0045

図4に、電力スケーリング方法1の概要を示す。図4では、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信している。例えば、1サブフレームの最終シンボル位置図3)において、3CCでSRSだけ送信している。そして、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、Scellに設定されているCC#0及びCC#2より、Pcellに設定されているCC#1のSRSに対して送信電力を優先的に割り当てる動作を示している。

0046

これにより、電力割当優先度の低いSRSのCC(CQI測定誤差が大きくなる確率の高いCC)が、UCIを多重するCCと同一のCCとなる確率を低減できる。例えば、図4に示すように、電力割当優先度の低いScellのCC#0とCC#2が、UCIが多重されるCCと同一のCCとなる可能性を低減できる。従って、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報(CQI:Channel Quality Indicator)を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネル(例えば、データとUCI多重ありのPUSCH、UCIを多重するPUCCHなど)に対して適切な送信電力(MCS)を指示できる。すなわち、UCIを送信するULチャネルに用いる送信フォーマットを過剰品質にすることなく送信することができる。また、他セルへの同一チャネル干渉、端末の消費電力を不必要に増加させずに伝送することができる。

0047

電力スケーリング方法2
電力スケーリング方法2では、電力スケーリング制御部109において、PcellのSRSの送信電力を、CC個別の(各ULチャネルに対する)最大送信電力以下に設定し(CC個別な最大送信電力の条件は満たしつつ)、PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず)、Scellの送信電力を低減することにより、電力スケーリングを行う。

0048

図5に、電力スケーリング方法2の概要を示す。図5では、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、Pcellに設定されているCC#1のSRS電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#0及びCC#2のSRSの送信電力を低減させることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0049

これにより、PcellのSRSの送信電力を、CC毎(各ULチャネル)の最大送信電力以下にするという条件を満たすことにより、CC毎の他セルへの同一チャネル干渉をある所定値以下に維持でき、各eNBでCC毎のスケジューリングやクロスキャリアスケジューリングを行いやすくできる。また、PcellのSRSの送信電力レベルは確実に保持する(変化させない)ことにより、電力スケーリング方法1の場合と比較して、Pcellの(ピリオディック又はアペリオディック)SRSの伝搬チャネル品質測定を更に高精度に行うことができる。

0050

つまり、Pcellの受信SRSから求めたPcellの通信品質情報を、端末での電力スケーリングの影響を受けていない情報にすることができる(eNBとUE間で、UEの送信電力に関する誤認識を生じさせない)ため、eNBは、UCIが送信される可能性の高いPcellにおいて、後続するスケジューリング(リソース割当)、送信電力(AMC:Adaptive Modulation channel Coding)制御において、更に適切に動作させることができる。よって、送信電力(AMC)制御などにおいて大きなマージンを取るような消極的な制御を行わなくてもよいという効果が得られる。

0051

電力スケーリング方法3
電力スケーリング方法3では、電力スケーリング制御部109において、PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず)、ScellのSRSをドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定する)ことにより、電力スケーリングを行う。

0052

図6に、電力スケーリング方法3の概要を示す。図6では、図4及び図5と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、Pcellに設定されているCC#1のSRS電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#2のSRSをドロップすることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0053

これにより、ScellのSRSをドロップすることにより、電力スケーリング方法1の効果に加えて、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。また、LTE−Aでは、SRSを送信する場合は、14シンボルから構成される1サブフレームの最終シンボルだけにSRSが多重されるため、そのシンボルだけをドロップしても、spectrum efficiencyに与える影響は小さい。例えば、1CCだけでSRSを送信する場合においては1/14=7%のインパクトで済む。更に、SRSが送信される頻度周期)は、例えば、ピリオディックSRSの場合は10msに1回程度であり、データが送信される頻度に比べて大幅に小さいため、spectrum efficiencyに与える影響は更に小さくなる(データの場合、最小1msに1回の伝送が可能である)。

0054

また、SRSをドロップすることにより、eNBでのSRS受信電力ブラインド検出処理において、端末での電力スケーリング発生を検出しやすくすることができる。これは、複数SRS同時送信時に電力スケーリングが発生した場合に、Scell(SCC)のSRSの送信電力をゼロに設定する(送信しない)ことにより、例えば、eNBは、SRSを受信する区間において雑音レベルと同等の受信SRSレベルしか測定できない場合には、容易に、電力スケーリングが発生したと判断することができるためである。これにより、後続サブフレームの端末への送信電力(MCS)の誤った指示(過剰品質となる指示など)を回避できる。例えば、eNBがSRS受信レベルの大幅な低下(雑音レベルと同等の値)を検出した場合、eNBは、端末に対して、SRSに対する適切な送信電力値を新たに指示すると共に、SRSの再送信(トリガー)を指示することが可能となる。

0055

なお、本実施の形態においては、複数CCでの複数SRSの同時送信、かつ、電力スケーリングが発生した場合に電力スケーリング方法3を適用することを述べたが、電力スケーリングが発生せずとも、PcellとScellでのSRS同時送信が発生した場合において、ScellのSRSをドロップしてもよい。更に、一律に、複数Scellの全SRSをドロップしてもよい。図7では、CC#0〜CC#2で同時にSRSを送信する場合において、ScellのCC#0とCC#2の2つのSRSをドロップする場合を示している。これにより、CC間での電力割当処理に必要な演算を省略でき、上記と同様の効果を得つつ、LTE−Aの商用化において不可欠な、電力スケーリングに関する端末(又はeNB)のテスト工数を大幅に削減できる。

0056

また、ScellでピリオディックSRSとアペリオディックSRSが送信される場合には、アペリオディックSRSよりピリオディックSRSを優先的にドロップしてもよい。また、この方法を、(A)複数CCでの複数SRSの同時送信、かつ、電力スケーリングが発生した場合、また、(B)電力スケーリングが発生せず、かつ、PcellとScellでのSRS同時送信が発生した場合、どちらの場合に適用してもよい。

0057

アペリオディックSRSは、LTE−Aで新たに導入されるSRSであり、eNBが新しい品質情報を低遅延で測定するために、物理層のダウンリンク制御チャネルであるPDCCHによってトリガーされる。一方、ピリオディックSRS(の送信周期、トリガー、タイマー等)は、上位層のシグナリングでconfigurationされるため、低速な制御しか行うことができない。従って、このアペリオディックSRSの特長(SRSを用いたCQI測定に関するeNBの直近の判断)を電力スケーリング処理に反映しつつ、上記と同様の効果が得られる。また、上記(B)の場合においては、電力スケーリングに関する端末(又はeNB)のテスト工数を削減できるという効果が得られる。

0058

図8は、同一サブフレーム同一シンボル位置(例えば、サブフレームの最終シンボル位置)において、ScellのCC#0にアペリオディックSRSがトリガーされ、ScellのCC#2にピリオディックSRSがトリガーされ、PcellのCC#1では何も送信されない場合において、ScellのCC#2におけるピリオディックSRSがドロップされる様子を示している。

0059

電力スケーリング方法4
電力スケーリング方法4では、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、(PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず))送信電力が小さい(又は最小の)ScellのSRS送信電力から順番に、送信電力を低減(ドロップ、送信電力=0設定(送信しない))する。

0060

図9に、電力スケーリング方法4の概要を示す。図9では、図4及び図5と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。また、電力スケーリング前のScellのSRSの送信電力は、CC#0のSRSよりCC#2のSRSの方が大きい。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、送信電力が小さい(又は最小の)Scellに設定されている送信CC#0のSRSを優先的にドロップすることにより、電力スケーリングを行う。

0061

これにより、送信電力が小さいSRSほど、eNBにおいて受信可能なSRS検出レベル(例えば、eNBでの雑音レベル)を下回る可能性が高いため、Scellの送信電力が小さいSRSの送信電力を優先的に低減することで、Pcellでの高精度品質測定を維持しつつ、送信電力を低減しないScellのSRSを用いた測定精度を維持できる。

0062

電力スケーリング方法5
電力スケーリング方法5では、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、(PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず))Scellの複数SRS送信電力を一様に低減(同一の送信電力値の低減、同一のスケーリング(ウェイト)を適用)する。

0063

図10に、電力スケーリング方法5の概要を示す。図10では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、Scellに設定されているCC#0及びCC#2の送信電力を一様に低減している様子を示している。一様に送信電力を低減する方法としては、同一の送信電力値(真値デシベル値)の低減、同一の(LTE−Aで適用される)スケーリング(ウェイト)を適用する方法などを用いてもよい。なお、SRSの送信電力低減に用いるスケーリングウェイトとして、SRS用のスケーリングウェイトを用いてもよいし、他のULチャネル(例えば、PUSCH)と同一のスケーリングウェイトをSRSに用いてもよい。なお、スケーリングウェイトは、eNBから端末へ事前に通知するパラメータである。

0064

これにより、Pcellでの高精度品質測定を維持しつつ、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。

0065

電力スケーリング方法6
電力スケーリング方法6では、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、Scellの全SRS(ScellのSRSを一律に)ドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定)。

0066

図11に、電力スケーリング方法6の概要を示す。図11では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、Scellに設定されているCC#0及びCC#2のSRSを一律にドロップする様子を示している。

0067

これにより、上記電力スケーリング方法3と同様の効果を得つつ、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。また、LTE−Aの商用化において、不可欠な端末(又はeNB)のテスト工数を大幅に削減できる。例えば、複数ScellのSRSの全ての送信組合せに対してテストを行うための仕様などを決定しなければならないが、そのテスト自体、テスト仕様の策定の工数自体を削減することができる。

0068

なお、Scellに複数SRSがある場合に、一律に全てのSRSをドロップせずに、CC(cell)番号の順(昇順降順)にドロップしてもよい。

0069

電力スケーリング方法7
電力スケーリング方法7では、電力スケーリング制御部109は、複数SRSの中で最大送信電力を有するSRSの送信電力から、ScellのSRS送信電力が所定の閾値以上の場合に、ScellのSRSの送信電力を低減又はドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定)。

0070

図12に、電力スケーリング方法7の概要を示す。図12では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、複数SRSの中で最大送信電力を有するSRSの送信電力と、ScellのSRS送信電力との差が所定の閾値以上の場合に、ScellのSRSをドロップする様子を示している。図12では、ScellのCC#2のSRSが、PcellのCC#1のSRSの最大送信電力から所定値以上の場合に該当している。

0071

CC間でのSRSの送信電力差が大きい場合、送信電力の大きいCCのSRSの相互変調歪が、異なるCCのSRSの送信電力より大きくなる場合が生じる。この相互変調歪は、送信フィルタで取り除くことができない。すなわち、このような場合にそのまま送信してしまうと、eNBは相互変調歪の影響を受けたSRSで該当CCの通信品質を測定してしまい、正しいスケジューリング、送信電力制御ができない。従って、SRSの最大送信電力からScellのSRS送信電力が所定の閾値以上の場合に、ScellのSRSをドロップすることにより、上記課題を回避することができる。

0072

なお、閾値の設定方法として、パスロス(測定)値等に応じて適応的にその値を変化させてもよい。

0073

また、基準値として、複数SRSの最大送信電力を有するSRSの送信電力ではなく、同時送信ULチャネル中で最大送信電力を有するチャネルの送信電力としてもよい。これにより、同様の効果が得られる。

0074

電力スケーリング方法8
電力スケーリング方法8では、電力スケーリング制御部109は、ScellのSRS送信電力がある閾値以下の場合に、ScellのSRSの送信電力を低減又はドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定)。

0075

図13に、電力スケーリング方法8の概要を示す。図13では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される3CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、複数SRSの中で、ScellのSRS送信電力がある閾値以下の場合に、ScellのSRSをドロップする様子を示している。

0076

CCのSRSの送信電力が小さすぎる場合には、端末(送信側)のD/A(Digital/Analog)変換器解像度において、送信信号を正しく表現することができなくなる。しかしながら、閾値を導入し、閾値以下の送信電力を有するSRSをドロップすることにより、無駄な送信処理(低い送信電力値まで考慮(カバー)したD/Aの複雑な設計)を回避することができる(無駄な送信電力の消費を回避することができる)。

0077

電力スケーリング方法9
電力スケーリング方法9では、電力スケーリング制御部109は、ピリオディックSRSの送信周期の長さに応じて、ドロップする(電力割当優先度を低くする、送信電力を低減する、送信しない、送信電力をゼロに設定する)CCのSRSを選択する。具体的には、送信周期が長いピリオディックSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択するか、または、送信周期が短いピリオディックSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択する。

0078

送信周期が長いSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択する場合、電力スケーリング方法3と同様の効果を維持しつつ、短区間チャネル変動に優先的に追随し、短区間フェージング変動に応じた適応変復調(AMC:Adaptive Modulation and channel Coding)、時間−周波数領域スケジューリングを高精度に制御することが可能となり、UE個別のスループットマルチユーザダイバーシチによるシステムスループットを改善することができる。

0079

また、送信周期が短いSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択する場合、電力スケーリング方法3と同様の効果を維持しつつ、長区間のチャネル測定精度を高精度化することが可能となり、データ及び制御情報を送信するのに用いるCCの選択を適応的に行う、クロスキャリアスケジューリング制御を高精度に行うことが可能となる。

0080

電力スケーリング方法10
電力スケーリング方法10では、電力スケーリング制御部109は、SRSの帯域幅に応じて、ドロップする(電力割当優先度を低くする、送信電力を低減する、送信しない、送信電力をゼロに設定する)CCのSRSを選択する。具体的には、狭い帯域幅を有するSRSより、広い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップするか、または、広い帯域幅を有するSRSより、狭い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップする。

0081

狭い帯域幅を有するSRSより、広い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップする場合、以下の効果が得られる。LTE−A(LTE)のULチャネル(PUSCH及びSRS等)の送信電力は、送信帯域幅電力スペクトラム密度PSD:Power Spectrum Density)によって決定される。従って、総送信電力の大きさへ与える影響が大きい帯域幅の広いSRSの送信電力割当優先度を低くすることにより、できるだけ少ないドロップSRS数を可能とする。例えば、複数CCでのSRS総帯域幅がBという条件下で、1CCのSRSの帯域幅がBの場合と、2CCで各CCのSRS帯域幅がB/2の場合を比較した場合、1CCのSRSの帯域幅がBを優先的にドロップするほうが、ドロップするCC数を削減できる。これは、データや制御情報などを伝送するCCを選択するために、SRSを用いてできるだけ多くのCCのサウンディング(sounding)を行う場合に、非常に有用である。また、帯域幅が広いほど相互変調歪の広がりも大きくなるため、帯域幅が広いSRSの電力割当優先度を低くすることにより、他CCへの広範囲にわたる帯域外漏洩電力(相互変調歪)の影響を軽減できる。

0082

なお、ここで、帯域幅の判定に閾値を導入し、SRS間の帯域幅、又は、それらの差が閾値を超えた場合に該当SRSを優先的にドロップするようにしてもよい。

0083

また、CC毎の帯域幅とSRS帯域幅の比(例えば、SRS帯域幅/CC毎の帯域幅)が大きいほど、該当するCCのSRSの電力割当優先度を下げてもよい。

0084

一方、広い帯域幅を有するSRSより、狭い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップする場合、以下の効果が得られる。1CC内だけの広い帯域幅にわたって伝搬チャネルの測定を行い、品質のよい周波数リソースに割り当てを行う場合において、広範囲の周波数帯の測定を一度に実施することができる。

0085

なお、ここで、帯域幅の判定に閾値を導入し、SRS間の帯域幅、又は、それらの差が閾値を超えた場合に該当SRSを優先的にドロップするようにしてもよい。

0086

また、CC毎の帯域幅とSRS帯域幅の比(例えば、SRS帯域幅/CC毎の帯域幅)が小さいほど、該当するCCのSRSの電力割当優先度を下げてもよい。

0087

電力スケーリング方法11
電力スケーリング方法11では、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、複数ScellのSRSの中で、物理層の制御チャネルPDCCHに含まれる制御情報(UL又はDLグラント)、または、上位層のシグナリングで通知された(される)制御情報でUCIがトリガーされた(される)CCのSRS電力割当優先度を高くする。例えば、アペリオディックCSI等のUCIがトリガーされた、CCのSRS電力割当優先度を高くする。反対に、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、物理層の制御チャネルPDCCHに含まれる制御情報(UL又はDLグラント)、または、上位層のシグナリングで通知された(される)制御情報でUCIがトリガーされない(されていない)CCのSRS電力割当優先度を低くする(優先的にドロップする、送信電力を低減する、送信停止、または送信電力をゼロに設定する)。例えば、ULグラントでアペリオディックCSI等のUCIがトリガーされない(されていない)CCのSRS電力割当優先度を低くする。

0088

図14に、電力スケーリング方法11の概要を示す。図14では、Scellの2CC(CC#0、CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信される2CCのSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、2Scellの2SRSの中で、ULグラントでアペリオディックCSI等のUCIがトリガーされた(される)CCのSRS電力割当優先度を高くする。図14では、ScellのCC#2において、過去のサブフレームにおいて、UCIがトリガーされており、CC#0はUCIがトリガーされていない場合を示している。

0089

これにより、電力スケーリング方法1及び電力スケーリング方法3と同様の効果を、複数Scell(SCC)の中で得ることができる。

0090

なお、トリガーされたScellはある所定の期間、その優先度を保持してもよい。また、新たに別CCでUCIがトリガーされるまでその優先度を維持してもよい。また、UCIがトリガーされたScellが複数ある場合は、直近のトリガー情報に従って、SRSの電力スケーリングを行ってもよい。また、UCIがトリガーされたScellが複数あり、同一時点でそれらがトリガーされた場合は、UL CC ID番号(昇順・降順)に応じて電力スケーリング優先度を決定してもよい。

0091

電力スケーリング方法12
電力スケーリング方法12では、電力スケーリング制御部109は、高いPSDを有するSRSより、低いPSDのSRSを優先的にドロップする(電力割当優先度を低くする、送信電力を低減する、送信しない、送信電力をゼロに設定する)。

0092

CC間でのSRSのPSDの差が大きい場合、PSDの大きいCCのSRSの相互変調歪が、異なるCCのSRSのPSDより大きくなる場合が生じる。この相互変調歪は、送信フィルタで取り除くことができない。すなわち、このような場合にそのまま送信してしまうと、eNBは相互変調歪の影響を受けたSRSで該当CCの通信品質を測定してしまい、正しいスケジューリング、送信電力制御ができない。この課題に対して、相互変調歪みの影響を受けにくい高いPSDを持つSRSだけを送信することにより、該当CCを精度よく測定できる。

0093

図15に、電力スケーリング方法12の概要を示す。図15では、Scellの2CC(CC#0、CC#1)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はScellに設定されている。図15では、高調波歪(相互変調歪み)を点線で示している。このような状況下において、相互変調歪みの影響を受けやすい低いPSDを持つSRSをドロップする。

0094

なお、PSDの値を計算するのに関連する(PUSCH、SRS)送信電力制御パラメータに基づいてもよい。例えば、TPCコマンド累積値トランスポートブロックサイズMCSレベルに関連するオフセットパラメータ(TF)、PUSCHの送信電力に対するSRSオフセット値、1RE当たりのビット数(TBサイズ/割当RE数)など、これらの値が大きいほど、高いPSDを有するSRSとなるため、これらの値に基づいて、ドロップするSRSを選択してもよい。また、割当RE(Resource Element)数、または、割当サブキャリア数が少ないほど、高いPSDを有するSRSとなるため、これらの値に基づいて、ドロップするSRSを選択してもよい。

0095

また、PSDや、上記各パラメータに対して、閾値を導入し、それらの値が閾値を超えた場合に該当SRSを優先的にドロップするようにしてもよい。

0096

このように、実施の形態1によれば、Pcell及びScellを用いて複数SRSを同時送信する際、電力スケーリングが発生した場合、ScellのSRSよりPcellのSRSを優先して送信電力割当を行うことにより、電力割当優先度の低いSRSのCCが、UCIを多重するCCと同一のCCとなる確率を低減することができる。よって、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定することができ、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示することができる。

0097

なお、上記では、CC間の場合について説明したが、CC内の複数SRSに上記方法を適用してもよい。

0098

また、上記各電力スケーリング方法を組み合わせて使用してもよい。

0099

また、上記複数Scellの複数SRSへの適用を前提に述べた方法を、Pcellに複数SRS、複数Pcellに複数SRSが存在する場合には、同様に適用することができる。

0100

また、上記した、電力割当優先度の低いSRSの送信電力を低減する方法として、eNBから端末へ(上位レイヤのシグナリングで)通知されるSRS用のスケーリングウェイトを用いて、送信電力を低減してもよい。w_Pcell_SRSをPcellのSRSに適用するスケーリングウェイト、w_Scell_SRSをScellのSRSに適用するスケーリングウェイトとした場合、w_Pcell_SRS>w_Scell_SRSと設定(定義)すればよい。また、w_Pcell_SRS=1、w_Scell_SRS<1と定義してもよい。

0101

また、上記では、電力スケーリング発生時の、複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRS間の優先度に関して述べたが、(ピリオディック/アペリオディック)SRSと他ULチャネル(PUCCH、PUSCH等)間の電力優先度に関しては、以下に述べる方法を用いればよい。

0102

電力スケーリング方法13
電力スケーリング方法13では、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUCCHを同時送信する場合、Rel.8LTEにおいて、20MHz等の帯域を有する1CCだけでの運用である。1CC内でのSRSとPUCCHの同時送信時には、送信信号のPAPR(Peak-to-Average Power Ratio)の増加(マルチキャリア送信)を避けるため、PUCCHに対しては、レートマッチングにより1サブフレームの最終SC−FDMAシンボルを送信しないshorten formatのPUCCHが用いられ、1サブフレームの最終SC−FDMAシンボルでは、ピリオディックSRSだけが送信される(図16参照)。

0103

一方、複数CCを用いるLTE−Aでは、PUCCHを送信するCCとSRSを送信するCCの複数CCでの同時送信の導入の検討が行われている。従って、1サブフレームの最終SC−FDMAシンボルでのCC間でのPUCCHとSRSの同時送信時に、UE個別の最大送信電力を超えた場合においては、電力スケーリングを行う必要がある。すなわち、PUCCHとSRSの電力割当優先度を決める必要がある。

0104

非文献文献1において、以下に示すような電力スケーリング発生時の優先度が記載されている。
PUCCH>SRS>PUSCH

0105

しかしながら、非文献文献1には、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUCCHを同時送信する場合において、以下に示す課題がある。すなわち、PUCCHの送信電力よりSRSの送信電力の電力割当優先度を低くするというルールに基づき、UE個別の最大送信電力を満たすように、SRSの送信電力を(中途半端に)低減した場合、上記したように、eNBは端末の電力スケーリングがいつ発生したか等の情報を基本的には持ち合わせない。このため、SRSの受信レベル低下理由を、端末での電力スケーリングの発生ではなく、時間的に変動しやすい移動通信の伝搬チャネルの品質が劣悪になったと誤認識する。そして、後続の(UCIが多重された)PUSCH等のULチャネルの伝送において、所定受信品質を満たすのに必要な値以上の大きな送信電力値(低いMCS値)を用いるように通知してしまう。つまり、この場合、後続のPUSCH等のULチャネルにおいて、過剰な品質のULチャネルの伝送が行われてしまう(送信電力を大きくするように指示した場合は、他セルへの同一チャネル干渉を増加させてしまう。また、端末の消費電力を不必要に増加させてしまう等の新たな課題を引き起こす)。

0106

そこで、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUCCHを同時送信する場合の電力スケーリング方法では、電力スケーリング制御部109において、PcellのPUCCHの送信電力は保持し(変化させず)、ScellのSRSをドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定する)ことにより、電力スケーリングを行う。

0107

図17に、電力スケーリング方法13の概要を示す。図17では、CC#0では送信なし、CC#1ではPUCCH、CC#2ではSRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信されるPUCCHとSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、Pcellに設定されているCC#1のPUCCH電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#2のSRSをドロップすることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0108

図18に、PUCCHとSRSを異なるCC間で同時送信する場合の送信機構成を示す。図18では、符号化及び変調部110−1にPUCCH上で送信する制御情報(ACK/NACK、CQI等)が入力され、上記実施例と同様に処理が行われ、送信電力設定部112−1において、電力スケーリング制御部109から入力された情報に基づいてPUCCHの送信電力が設定される。以降の処理(図2の場合)は上記と同じため省略する。また、SRSが送信されるCCでは、送信電力設定部112−NにSRSが入力され、電力スケーリング制御部109から入力された情報に基づいてSRSの送信電力が設定される。

0109

これにより、ScellのSRSをドロップすることにより、電力スケーリング方法3と同様の効果が得られるのに加えて、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。また、上記と同様にテスト工数を削減することもできる。

0110

また、LTE−Aで新たに導入される、物理層の制御チャネルPDCCHで通知されるアペリオディックSRSのトリガー情報をUEがmiss detectionした場合には、UEはSRSを送信しない(該当CC(リソース)での送信電力=0)。すなわち、電力スケーリング発生した場合とUEのmiss detectionが発生した場合とを、等価的に同じUE動作にすることができる(簡略化できる)。従って、電力スケーリングが発生した場合及びUEのmiss detectionが発生した場合の両方の場合に対して、eNBでのSRS受信電力のブラインド検出処理において、例えば、eNBは、SRSを受信する区間において雑音レベルと同等の受信SRSレベルしか測定できない場合には、eNBは、端末に対して、SRSに対する適切な送信電力値を新たに指示すると共に、SRSを再送信(トリガー)する指示を行うという1つの動作で対応することが可能となる。

0111

なお、複数Scellに複数SRSがある場合においては、Scellの全てのSRSをドロップしてもよい。また、上記の複数Scellに複数SRSがある場合の電力スケーリング方法を、適用してもよい。

0112

なお、上記では、SRSとPUCCHを同時送信する場合において、電力スケーリングが発生する場合に関して述べたが、発生しない場合においては、SRSとPUCCHを複数CC間で同時送信すればよい。

0113

電力スケーリング方法14
電力スケーリング方法14では、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUSCHを同時送信する場合、Rel.8LTEにおいて、20MHz等の帯域を有する1CCだけでの運用であるため、1CC内でのSRSとPUSCHの同時送信時には、送信信号のPAPR(Peak-to-Average Power Ratio)の増加(マルチキャリア送信)を避けるため、PUSCHに対しては、レートマッチング(パンクチャリング)により1サブフレームの最終SC−FDMAシンボルを送信しないPUSCHが用いられ、1サブフレームの最終SC−FDMAシンボルでは、ピリオディックSRSだけが送信される(図19参照)。

0114

一方、複数CCを用いるLTE−Aでは、PUSCHを送信するCCとSRSを送信するCCの複数CCでの同時送信の導入が検討されている。従って、1サブフレームの最終SC−FDMAシンボルでのCC間でのPUSCHとSRSの同時送信時に、UE個別の最大送信電力を超えた場合においては、電力スケーリングを行う必要がある。すなわち、PUSCHとSRSの電力割当優先度を決める必要がある。

0115

上記したように、非文献文献1において、以下に示すような電力スケーリング発生時の優先度が記載されている。
PUCCH>SRS>PUSCH

0116

しかしながら、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUSCHを同時送信する場合おいて、非文献文献1には以下に示す課題がある。すなわち、SRSの送信電力よりPUSCHの送信電力の電力割当優先度を低くするというルールに基づき、UE個別の最大送信電力を満たすようにPUSCHの送信電力を(中途半端に)低減した場合、PUSCHで送信するデータ(又は、制御情報)に16QAMや64QAM等の多値振幅変調を用いる場合においては、eNBは電力スケーリングされた多値振幅変調を正しく受信できない確率が増加する。例えば、電力スケーリングにより、送信時点においてすでに、電力スケーリングされた多値変調信号変調精度EVM(Error Vector Magnitude)が所定条件を満たしていなくなる確率が増加する。また、例えば、16QAM等の多値振幅変調は振幅(電力の平方根)に情報を載せているが、上記したように、eNBは端末の電力スケーリングがいつ発生したか等の情報を基本的には持ち合わせないため、eNBは、PUSCHが電力スケーリングされていないものと仮定して復調及び復号するため、正しく受信できなくなる確率も増加する。

0117

そこで、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUSCHを同時送信する場合の電力スケーリング方法14では、電力スケーリング制御部109において、PUSCHの送信電力は保持し(変化させず)、(Scellの)SRSの送信電力をドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定する)ことにより、電力スケーリングを行う。

0118

これにより、SRSをドロップすることにより、電力スケーリング方法3と同様の効果が得られるのに加えて、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。また、上記と同様にテスト工数を削減することもできる。また、PUSCHの上記問題が発生することを回避でき、16QAM等の多値振幅変調も正しく送信できる確率が増加する。

0119

図20に、電力スケーリング方法14の概要を示す。図20では、CC#0では送信なし、CC#1ではPUSCH(with UCI)、CC#2ではSRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信されるPUSCH(with UCI)とSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、CC#1のPUSCH(with UCI)電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#2のSRSをドロップすることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0120

上記電力スケーリング方法14は、PUSCHにUCIを多重する場合、すなわち、UCI多重ありのPUSCHと(ピリオディック/アペリオディック)SRSを同時送信する場合の電力スケーリング方法として用いるのが望ましい。これにより、再送に適用されない重要度の高いUCIを正しくeNBに伝送できる確率を高めることができる。

0121

電力スケーリング方法15
PUSCHにUCIを多重しない場合においては、電力スケーリング方法14とは反対に、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとPUSCHを同時送信する場合の電力スケーリング方法15として、電力スケーリング制御部109において、SRSの送信電力は保持し(変化させず)、PUSCHの送信電力をドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定する)ことにより、電力スケーリングを行ってもよい。UCI多重なしのPUSCH、つまり、再送が適用されるUCI多重なしのPUSCHに対しては、SRSの優先度を高めてもよい。これにより、シンプルなCC間での電力割当処理を行いつつ、上記方法3と同様にSRSの測定精度を高められる。

0122

図21に、電力スケーリング方法15の概要を示す。図21では、CC#0では送信なし、CC#1ではSRS、CC#2ではPUSCH(without UCI)を同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信されるPUSCH(without UCI)とSRSチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合、CC#1のSRS電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#2のPUSCH(without UCI)をドロップすることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0123

なお、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとUCI多重ありPUSCHを同時送信する場合には、電力スケーリング方法14を、(ピリオディック/アペリオディック)SRSとUCI多重なしPUSCHを同時送信する場合には、電力スケーリング方法15を、切り替えて使用してもよい。換言すると、図20に示すように、PcellでPUSCH with UCIを送信し、ScellでSRSを送信する場合には電力スケーリング方法14を用い、図21に示すように、PcellでSRSを送信し、ScellでPUSCH without UCIを送信する場合には電力スケーリング方法15を用いればよい。これにより、UCIの高品質な伝送を維持しつつ、上記電力スケーリング方法3と同様にSRSの測定精度を高めることができる。

0124

なお、上記では、SRSとPUSCHを同時送信する場合において、電力スケーリングが発生する場合に関して述べたが、発生しない場合においては、SRSとPUSCHを複数CC間で同時送信すればよい。

0125

また、上記各電力スケーリング方法を組み合わせて使用してもよい。

0126

(実施の形態2)
実施の形態1では、複数アップリンクチャネル(SRS、PUSCH、PUCCH等)を同時送信する場合において、複数CC(cell)で送信される複数アップリンクチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えた場合の電力スケーリング方法を述べた。しかしながら、実施の形態1に記載の全ての電力スケーリング方法は、複数CC(cell)で送信される複数アップリンクチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えない場合、かつ、複数cell(例えば、Pcell及び複数Scell)、又は、複数CC(例えば、PCC及び複数SCC)での複数アップリンクチャネル同時送信(SRSの同時送信、SRSとPUSCHの同時送信、SRSとPUCCHの同時送信など)が発生した場合にも用いることができる。

0127

実施の形態2では、複数cell(例えば、Pcell及び複数Scell)、又は、複数CC(例えば、PCC及び複数SCC)で複数アップリンクチャネル同時送信(SRSの同時送信、SRSとPUSCHの同時送信、SRSとPUCCHの同時送信など)が発生した場合における、実施の形態1に記載の電力スケーリング方法に関して改めて詳述する。

0128

まず、実施の形態2の背景を簡単に述べる。

0129

端末からの複数ULチャネルの送信信号の増幅のために、各ULチャネルに対して1つの増幅器(PA:Power Amplifier)を用い、複数のPAを端末に搭載すると、端末のコストを増加させ、また、端末の小型化を妨げる(端末サイズを増加させる)要因となるため、複数ULチャネル(CC、Cell、搬送波周波数帯域など)を1つのPAでカバー、即ち、複数のULチャネルの送信信号を1つのPAで増幅するという端末の実装方法も用いられる。この場合、複数のULチャネルの同時送信(マルチキャリア送信)信号の大きなPAPR(Peak-to-Average Power Ratio)が、電力(電圧)の入出力特性非線形性を有するPAに大きな影響を与える。例えば、PAの電力効率劣化させる。または、増幅後の信号に大きな非線形歪を発生させる。特に、大きな送信電力を必要とする、送信電力に余力のない(PHR(Power Head Room)の値が小さい)セルエッジ端末などへの影響が大きい。

0130

従って、複数ULチャネルの同時送信時に、複数ULチャネルの送信信号がPAへ与える影響を和らげる(送信信号のPAPRの増加を避ける)ため、複数ULチャネルの中で、あるULチャネルの送信電力を低減する方法、送信しないULチャネルを設定する方法が用いられる。即ち、複数cell(例えば、Pcell及び複数Scell)、又は、複数CC(例えば、PCC及び複数SCC)での複数アップリンクチャネル同時送信(SRSの同時送信、SRSとPUSCHの同時送信、SRSとPUCCHの同時送信など)が発生した場合に、複数ULチャネルに対して電力スケーリングを適用する。

0131

従って、複数CC(cell)で送信される複数アップリンクチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えない場合においても、複数cell、又は、複数CCでの複数アップリンクチャネル同時送信が発生した場合には、上記した実施の形態1と同様の課題が発生する。つまり、上記非特許文献1に開示の技術では、以下に示す課題がある。すなわち、複数ピリオディックSRSを複数CCで同時送信する際に、電力スケーリングを適用する場合の電力割当優先度に、再送が適用されない、重要度の高いUCIを多重するCC選択方法の影響が考慮されていない。UCIは、低遅延で端末からeNBに通知する必要があるため、1回の送信での伝送だけがサポートされる。

0132

従って、上記非特許文献1に開示の技術に基づいて設定された電力割当優先度の低いCC(eNBでの、CQI測定誤差が大きくなる(測定精度が悪くなる)可能性の高いCC)がUCIを多重するCCに該当する場合、該当CCでは、電力スケーリング(送信電力が低減)されたSRSを用いて導出された通信品質(例えば、SINR:Signal-to-Interference plus Noise power Ratio)測定誤差が大きい(測定精度が悪い)ため、eNBは後続のサブフレームで伝送するUCIに対して適切な送信電力(または、MCS:Modulation and channel Coding Scheme)値を通知できない。

0133

例えば、複数SRSの複数CCでの同時送信時に、UEが、上記非特許文献1に開示の技術に基づいて、あるUL CC ID番号の小さいCCのSRSに対して電力スケーリング(送信電力の低減)を行った場合、eNBは、受信レベルが低下した受信SRSを用いて該当CCの通信品質を測定する。

0134

しかしながら、eNBはSRSの受信レベル低下理由を、端末での電力スケーリングの影響ではなく、時間的に変動しやすい移動通信の伝搬チャネルの品質が劣悪になったと誤認識する可能性がある。また、各ULチャネル用の送信電力制御によって、受信品質測定のために必要な所定の要求条件値を満たすように、正しく送信電力が制御されているSRSに対して、電力スケーリング(送信電力の低減)を行った場合、その要求条件を満たさなくなる。

0135

従って、eNBは、誤認識した、または、所定の要求値を満たしていない受信SRSから得られた通信品質測定値を用いて、後続の、PUSCH等のULチャネルの伝送に対して、所定受信品質を満たすのに必要な値以上の大きな送信電力値(低いMCS値)を用いるように端末に通知してしまう。つまり、この場合、後続のPUSCH等のULチャネルにおいて、過剰な品質のULチャネルの伝送が行われてしまう(送信電力を大きくするように指示した場合は、他セルへの同一チャネル干渉を増加させてしまう。また、端末の消費電力を不必要に増加させてしまう等の新たな課題を引き起こす)。特に、eNBが所定の要求値を満たしていない受信SRSから得られた通信品質測定値を用いて、重要度の高いUCIが多重されたPUSCHやPUCCHに対して適切ではない送信電力値(MCS値)を通知した場合には、UCIには再送が適用されないため、システムの制御に大きな影響を与える。

0136

つまり、実施の形態1と同様の課題が発生する。従って、実施の形態2でも、上記した着眼点に基づいて、実施の形態1と同様の電力スケーリング方法の発明をなすに到った。

0137

以下、図2を用いて、実施の形態2の端末100の構成および処理について説明する。ただし、実施の形態1と実施の形態2の相違する点に焦点を当てて説明する。

0138

制御情報抽出部106までの一連の処理は、実施の形態1と同様の処理が行われ、制御情報抽出部106は、チャネル復号部105から出力された信号から、ULグラント(UL grant)情報(割当帯域幅、MCSセット、PUSCHやSRSやPUCCH等の送信電力情報(TPC command、MCS等の送信フォーマット依存値ΔTF、SRS用のオフセット値PSRS_offset等)、アペリオディックSRSトリガー情報など)、DLグラント(DL grant)情報(PUCCH等の送信電力情報、アペリオディックSRSトリガー情報など)、UCI要求(トリガー)情報、Pcell/Scell、PCC/SCCなどのCC/cell情報等、制御情報を抽出して送信電力計算部107に出力する。

0139

送信電力計算部107は、制御情報抽出部106から出力された制御情報、CC個別(各ULチャネル)最大送信電力(PAのパワクラス、MPR等)、パスロス(推定値)情報、上位層での送信電力関連通知情報(パスロス補償係数、P_o(ターゲット受信レベル値)等)などを用いて、複数ULチャネル(CC毎)の送信電力を計算する。具体的な計算方法は、非特許文献3に記載のPUSCH、PUCCH及びSRSの送信電力計算式などを用いる。送信電力計算部107は、複数ULチャネル(CC毎)の送信電力値を電力スケーリング検出部108及び電力スケーリング制御部109に出力する。

0140

電力スケーリング検出部108は、送信電力計算部107から出力されたULチャネルの送信電力値が複数あるか否かの検出を行う(複数ULチャネルの同時送信が発生するか否かを検出する)。ULチャネルの送信電力値が複数ない(単数の)場合は、「電力スケーリングの必要なし」という制御情報を電力スケーリング制御部109に出力する。逆に、ULチャネルの送信電力値が複数ある場合は、「電力スケーリングの必要あり」という制御情報を電力スケーリング制御部109に出力する。

0141

電力スケーリング制御部109では、電力スケーリング検出部108から出力された電力スケーリング発生の有無情報「電力スケーリングの必要なし、または、あり」に従って、「電力スケーリングの必要あり」の場合は各ULチャネル(SRS、PUSCH、PUCCHなど)に対して送信電力のスケーリングを行い、複数ULチャネル(CC)毎の送信電力を決定する。電力スケーリング後の送信電力情報を送信電力設定部112−1〜112−Nに出力する。なお、SRSの電力スケーリング方法の詳細は後述する。

0142

以降の処理(図2の場合)、符号化及び変調部110−1〜110−Nから無線送信処理部115までの一連の処理は、実施の形態1と同じため省略する。SRSが送信されるCCでは、送信電力設定部112−1〜112−NにSRSが入力され、電力スケーリング制御部109から入力された情報に基づいてSRSの送信電力が設定される。

0143

複数SRS同時送信時のSRSに対する電力スケーリング方法1−A〜12−Aについて説明する。

0144

電力スケーリング方法1−A
電力スケーリング方法1−Aでは、まず、送信電力計算部107において、複数CCの複数ULチャネルの送信電力を計算する。

0145

次に、電力スケーリング検出部108において、複数CCで送信されるULチャネルの送信電力値が複数あるか否かの検出を行う(複数ULチャネルの同時送信が発生するか否かを検出する)。すなわち、電力スケーリングが発生するか否かを検出する。

0146

次に、電力スケーリング制御部109において、Pcell(PCC)及びScell(SCC)を用いて、複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRSを同時送信する場合において、電力スケーリング(複数ULチャネルの同時送信)が発生した場合には、同時に送信する複数(ピリオディック又はアペリオディック)SRSの中で、ScellのSRSより、PcellのSRSの送信電力を優先して電力割当を行う。

0147

図4に、電力スケーリング方法1−Aの概要を示す。図4では、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信している。例えば、1サブフレームの最終シンボル位置(図3)において、3CCでSRSだけ送信している。そして、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、Pcell及びScellから構成される、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数SRSチャネルの同時送信が発生する)場合、Scellに設定されているCC#0及びCC#2より、Pcellに設定されているCC#1のSRSに対して送信電力を優先的に割り当てる動作を示している。

0148

これにより、電力割当優先度の低いSRSのCC(CQI測定誤差が大きくなる確率の高いCC)が、UCIを多重するCCと同一のCCとなる確率を低減できる。例えば、図4に示すように、電力割当優先度の低いScellのCC#0とCC#2が、UCIが多重されるCCと同一のCCとなる可能性を低減できる。従って、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報(CQI:Channel Quality Indicator)を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定でき、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネル(例えば、データとUCI多重ありのPUSCH、UCIを多重するPUCCHなど)に対して適切な送信電力(MCS)を指示できる。すなわち、UCIを送信するULチャネルに用いる送信フォーマットを過剰品質にすることなく送信することができる。また、他セルへの同一チャネル干渉、端末の消費電力を不必要に増加させずに伝送することができる。つまり、eNBは、所定の要求値を満たしたPcellの受信SRSから得られた通信品質測定値を用いて、重要度の高いUCIが多重されたPUSCHやPUCCHに対して適切な送信電力値(MCS値)を通知でき、再送が適用されないUCIを正しく伝送することができる。

0149

電力スケーリング方法2−A
電力スケーリング方法2では、電力スケーリング制御部109において、PcellのSRSの送信電力を、CC個別の(各ULチャネルに対する)最大送信電力以下に設定し(CC個別な最大送信電力の条件は満たしつつ)、PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず)、Scellの送信電力を低減することにより、電力スケーリングを行う。

0150

図5に、電力スケーリング方法2−Aの概要を示す。図5では、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、Pcell及びScellから構成される、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数SRSチャネルの同時送信が発生する)場合、Pcellに設定されているCC#1のSRS電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#0及びCC#2のSRSの送信電力を低減させることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0151

これにより、端末毎に設定されるPcellのSRSの送信電力を、CC毎(各ULチャネル)の最大送信電力以下にするという条件を満たすことにより、優先して使われるPcellに設定されるCCの他セルへの同一チャネル干渉をある所定値以下に維持でき、各eNBでCC毎のスケジューリングやクロスキャリアスケジューリングを行いやすくできる。また、PcellのSRSの送信電力レベルは確実に保持する(変化させない)ことにより、電力スケーリング方法1−Aの場合と比較して、Pcellの(ピリオディック又はアペリオディック)SRSの伝搬チャネル品質測定を更に高精度に行うことができる。

0152

つまり、Pcellの受信SRSから求めたPcellの通信品質情報を、端末での電力スケーリングの影響を受けていない情報にすることができる(eNBとUE間で、UEの送信電力に関する誤認識を生じさせない、または、所定の要求値を満たした受信SRSから得られた通信品質測定値を用いることができる)ため、eNBは、UCIが送信される可能性の高いPcellにおいて、後続するスケジューリング(リソース割当)、送信電力(AMC:Adaptive Modulation channel Coding)制御において、更に適切に動作させることができる。よって、送信電力(AMC)制御などにおいて大きなマージンを取るような消極的な制御を行わなくてもよいという効果が得られる。

0153

電力スケーリング方法3−A
電力スケーリング方法3−Aでは、電力スケーリング制御部109において、PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず)、ScellのSRSをドロップする(送信しない、または、送信電力=0に設定する)ことにより、電力スケーリングを行う。

0154

図6に、電力スケーリング方法3−Aの概要を示す。図6では、図4及び図5と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、Pcell及びScellから構成される、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数SRSチャネルの同時送信が発生する)場合、Pcellに設定されているCC#1のSRS電力は維持し(変化させずに)、Scellに設定されているCC#2のSRSをドロップすることにより、電力スケーリングを行う動作を示している。

0155

これにより、ScellのSRSをドロップすることにより、電力スケーリング方法1−Aの効果に加えて、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。また、LTE−Aでは、SRSを送信する場合は、14シンボルから構成される1サブフレームの最終シンボルだけにSRSが多重されるため、そのシンボルだけをドロップしても、spectrum efficiencyに与える影響は小さい。例えば、1CCだけでSRSを送信する場合においては1/14=7%のインパクトで済む。更に、SRSが送信される頻度(周期)は、例えば、ピリオディックSRSの場合は10msに1回程度であり、データが送信される頻度に比べて大幅に小さいため、spectrum efficiencyに与える影響は更に小さくなる(データの場合、最小1msに1回の伝送が可能である)。

0156

また、SRSをドロップすることにより、eNBが伝搬チャネルの品質が劣悪になったと誤認識する可能性を低減でき、また、受信品質測定のための所定の要求条件値を満たさなくなる、(スケーリングされた)無駄なSRSの送信を回避することができる。つまり、端末の不必要な電力消費を低減することができる。

0157

なお、実施の形態2において、一律に、複数Scellの全SRSをドロップしてもよい。図7では、CC#0〜CC#2で同時にSRSを送信する場合において、ScellのCC#0とCC#2の2つのSRSをドロップする場合を示している。これにより、CC間での電力割当処理に必要な演算を省略でき、上記と同様の効果を得つつ、LTE−Aの商用化において不可欠な、電力スケーリングに関する端末(又はeNB)のテスト工数を大幅に削減できる。また、端末の不必要な電力消費を更に低減することができる。

0158

また、ScellでピリオディックSRSとアペリオディックSRSが送信される場合には、アペリオディックSRSよりピリオディックSRSを優先的にドロップしてもよい。

0159

アペリオディックSRSは、LTE−Aで新たに導入されるSRSであり、eNBが新しい品質情報を低遅延で測定するために、物理層のダウンリンク制御チャネルであるPDCCHによってトリガーされる。一方、ピリオディックSRS(の送信周期、トリガー、タイマー等)は、上位層のシグナリングでconfigurationされるため、低速な制御しか行うことができない。従って、このアペリオディックSRSの特長(SRSを用いたCQI測定に関するeNBの直近の判断)を電力スケーリング処理に反映しつつ、上記と同様の効果が得られる。

0160

図8は、同一サブフレームの同一シンボル位置(例えば、サブフレームの最終シンボル位置)において、ScellのCC#0にアペリオディックSRSがトリガーされ、ScellのCC#2にピリオディックSRSがトリガーされ、PcellのCC#1では何も送信されない場合において、ScellのCC#2におけるピリオディックSRSがドロップされる様子を示している。

0161

電力スケーリング方法4−A
電力スケーリング方法4−Aでは、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、(PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず))送信電力が小さい(又は最小の)ScellのSRS送信電力から順番に、送信電力を低減(ドロップ、送信電力=0に設定(送信しない))する。

0162

図9に、電力スケーリング方法4−Aの概要を示す。図9では、図4及び図5と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。また、電力スケーリング前のScellのSRSの送信電力は、CC#0のSRSよりCC#2のSRSの方が大きい。このような状況下において、Pcell及びScellから構成される、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数ULチャネルの同時送信が発生する)場合、送信電力が小さい(又は最小の)Scellに設定されている送信CC#0のSRSを優先的にドロップすることにより、電力スケーリングを行う。

0163

これにより、送信電力が小さいSRSほど、eNBにおいて受信可能なSRS検出レベル(例えば、eNBでの雑音レベル)を下回る可能性が高いため、Scellの送信電力が小さいSRSの送信電力を優先的に低減することで、Pcellでの高精度品質測定を維持しつつ、送信電力を低減しないScellのSRSを用いた測定精度を維持できる。

0164

電力スケーリング方法5−A
電力スケーリング方法5−Aでは、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、(PcellのSRSの送信電力は保持し(変化させず))Scellの複数SRS送信電力を一様に低減(同一の送信電力値の低減、同一のスケーリング(ウェイト)を適用)する。

0165

図10に、電力スケーリング方法5−Aの概要を示す。図10では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、Pcell及びScellから構成される、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数ULチャネルの同時送信が発生する)場合、Scellに設定されているCC#0及びCC#2の送信電力を一様に低減している様子を示している。一様に送信電力を低減する方法としては、同一の送信電力値(真値、デシベル値)の低減、同一の(LTE−Aで適用される)スケーリング(ウェイト)を適用する方法などを用いてもよい。なお、SRSの送信電力低減に用いるスケーリングウェイトとして、SRS用のスケーリングウェイトを用いてもよいし、他のULチャネル(例えば、PUSCH、PUSCH with UCI、PUSCH without UCI)と同一のスケーリングウェイトをSRSに用いてもよい。ここで、スケーリングウェイトとは、eNBから端末へ事前に通知するパラメータである。

0166

これにより、Pcellでの高精度品質測定を維持しつつ、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。

0167

電力スケーリング方法6−A
電力スケーリング方法6−Aでは、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、Scellの全SRS(ScellのSRSを一律に)ドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定)。

0168

図11に、電力スケーリング方法6−Aの概要を示す。図11では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、Pcell及びScellから構成される、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数ULチャネルの同時送信が発生する)場合、Scellに設定されているCC#0及びCC#2のSRSを一律にドロップする様子を示している。

0169

これにより、上記電力スケーリング方法3−Aと同様の効果を得つつ、CC間での複雑な電力割当制御を簡単化できる。また、LTE−Aの商用化において、不可欠な端末(又はeNB)のテスト工数を大幅に削減できる。例えば、複数ScellのSRSの全ての送信組合せに対してテストを行うための仕様などを決定しなければならないが、そのテスト自体、テスト仕様の策定の工数自体を削減することができる。また、端末の不必要な電力消費を低減することができる。

0170

なお、Scellに複数SRSがある場合に、一律に全てのSRSをドロップせずに、CC(cell)番号の順(昇順/降順)にドロップしてもよい。

0171

電力スケーリング方法7−A
電力スケーリング方法7−Aでは、電力スケーリング制御部109は、複数SRSの中で最大送信電力を有するSRSの送信電力から、ScellのSRS送信電力が所定の閾値以上の場合に、ScellのSRSの送信電力を低減又はドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定)。

0172

図12に、電力スケーリング方法7−Aの概要を示す。図12では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数ULチャネルの同時送信が発生する)場合、複数SRSの中で最大送信電力を有するSRSの送信電力から、ScellのSRS送信電力が所定の閾値以上の場合に、ScellのSRSをドロップする様子を示している。図12では、ScellのCC#2のSRSが、PcellのCC#1のSRSの最大送信電力から所定値以上の場合に該当している。

0173

CC間でのSRSの送信電力差が大きい場合、送信電力の大きいCCのSRSの相互変調歪が、異なるCCのSRSの送信電力より大きくなる場合が生じる。この相互変調歪は、送信フィルタで取り除くことができない。すなわち、このような場合にそのまま送信してしまうと、eNBは相互変調歪の影響を受けたSRSで該当CCの通信品質を測定してしまい、正しいスケジューリング、送信電力制御ができない。従って、SRSの最大送信電力からScellのSRS送信電力が所定の閾値以上の場合に、ScellのSRSをドロップすることにより、上記課題を回避することができる。

0174

なお、閾値の設定方法として、パスロス(測定)値等に応じて適応的にその値を変化させてもよい。

0175

また、基準値として、複数SRSの最大送信電力を有するSRSの送信電力ではなく、同時送信ULチャネル中で最大送信電力を有するチャネルの送信電力としてもよい。これにより、同様の効果が得られる。

0176

電力スケーリング方法8−A
電力スケーリング方法8−Aでは、電力スケーリング制御部109は、ScellのSRS送信電力がある閾値以下の場合に、ScellのSRSの送信電力を低減又はドロップする(送信しない、または送信電力=0に設定)。

0177

図13に、電力スケーリング方法8−Aの概要を示す。図13では、上記と同様に、3CC(CC#0〜CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、3CCで送信されるSRSチャネルの送信電力値が複数ある(複数ULチャネルの同時送信が発生する)場合、複数SRSの中で、ScellのSRS送信電力がある閾値以下の場合に、ScellのSRSをドロップする様子を示している。

0178

CCのSRSの送信電力が小さすぎる場合には、端末(送信側)のD/A(Digital/Analog)変換器の解像度において、送信信号を正しく表現することができなくなる。しかしながら、閾値を導入し、閾値以下の送信電力を有するSRSをドロップすることにより、無駄な送信処理(低い送信電力値まで考慮(カバー)したD/Aの複雑な設計)を回避することができる(無駄な送信電力の消費を回避することができる)。

0179

電力スケーリング方法9−A
電力スケーリング方法9−Aでは、電力スケーリング制御部109は、ピリオディックSRSの送信周期の長さに応じて、ドロップする(電力割当優先度を低くする、送信電力を低減する、送信しない、送信電力をゼロに設定する)CCのSRSを選択する。具体的には、送信周期が長いピリオディックSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択するか、または、送信周期が短いピリオディックSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択する。

0180

送信周期が長いSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択する場合、電力スケーリング方法3−Aと同様の効果を維持しつつ、短区間チャネル変動に優先的に追随し、短区間フェージング変動に応じた適応変復調(AMC:Adaptive Modulation and channel Coding)、時間−周波数領域スケジューリングを高精度に制御することが可能となり、UE個別のスループット、マルチユーザダイバーシチによるシステムスループットを改善することができる。

0181

また、送信周期が短いSRSを優先的にドロップするCCのSRSとして選択する場合、電力スケーリング方法3−Aと同様の効果を維持しつつ、長区間のチャネル測定精度を高精度化することが可能となり、データ及び制御情報を送信するのに用いるCCの選択を適応的に行う、クロスキャリアスケジューリング制御を高精度に行うことが可能となる。

0182

電力スケーリング方法10−A
電力スケーリング方法10−Aでは、電力スケーリング制御部109は、SRSの帯域幅に応じて、ドロップする(電力割当優先度を低くする、送信電力を低減する、送信しない、送信電力をゼロに設定する)CCのSRSを選択する。具体的には、狭い帯域幅を有するSRSより、広い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップするか、または、広い帯域幅を有するSRSより、狭い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップする。

0183

狭い帯域幅を有するSRSより、広い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップする場合、以下の効果が得られる。LTE−A(LTE)のULチャネル(PUSCH及びSRS等)の送信電力は、送信帯域幅と電力スペクトラム密度(PSD:Power Spectrum Density)によって決定される。従って、総送信電力の大きさへ与える影響が大きい帯域幅の広いSRSの送信電力割当優先度を低くすることにより、できるだけ少ないドロップSRS数を可能とする。例えば、複数CCでのSRS総帯域幅がBという条件下で、1CCのSRSの帯域幅がBの場合と、2CCで各CCのSRS帯域幅がB/2の場合を比較した場合、1CCのSRSの帯域幅がBを優先的にドロップするほうが、ドロップするCC数を削減できる。これは、データや制御情報などを伝送するCCを選択するために、SRSを用いてできるだけ多くのCCのサウンディング(sounding)を行う場合に、非常に有用である。また、帯域幅が広いほど相互変調歪の広がりも大きくなるため、帯域幅が広いSRSの電力割当優先度を低くすることにより、他CCへの広範囲にわたる帯域外漏洩電力(相互変調歪)の影響を軽減できる。

0184

なお、ここで、帯域幅の判定に閾値を導入し、SRS間の帯域幅、又は、それらの差が閾値を超えた場合に該当SRSを優先的にドロップするようにしてもよい。

0185

また、CC毎の帯域幅とSRS帯域幅の比(例えば、SRS帯域幅/CC毎の帯域幅)が大きいほど、該当するCCのSRSの電力割当優先度を下げてもよい。

0186

一方、広い帯域幅を有するSRSより、狭い帯域幅を有するSRSを優先的にドロップする場合、以下の効果が得られる。1CC内だけの広い帯域幅にわたって伝搬チャネルの測定を行い、品質のよい周波数リソースに割り当てを行う場合において、広範囲の周波数帯の測定を一度に実施することができる。

0187

なお、ここで、帯域幅の判定に閾値を導入し、SRS間の帯域幅、又は、それらの差が閾値を超えた場合に該当SRSを優先的にドロップするようにしてもよい。

0188

また、CC毎の帯域幅とSRS帯域幅の比(例えば、SRS帯域幅/CC毎の帯域幅)が小さいほど、該当するCCのSRSの電力割当優先度を下げてもよい。

0189

電力スケーリング方法11−A
電力スケーリング方法11−Aでは、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、複数ScellのSRSの中で、物理層の制御チャネルPDCCHに含まれる制御情報(UL又はDLグラント)、または、上位層のシグナリングで通知された(される)制御情報でUCI(CQI、PMI等)報告がトリガーされた(される)CCのSRS電力割当優先度を高くする。例えば、アペリオディックCSI等のUCI報告がトリガーされた、CCのSRS電力割当優先度を高くする。また、例えば、eNBからRRC(Radio Resource Control)などの上位層のシグナリングで指示された、ピリオディックCQI(PMI)報告に使用するScellの優先順位に基づいて、その優先順位が高いScellに設定されたCCのSRS電力割当優先度を高くする。

0190

つまり、UCIをPUSCHと共に(UCIをPUSCHに多重して)送信するようにeNBに指示されたCell(CC)、または、UCIをPUSCHと共に(UCIをPUSCHに多重して)送信するCell(CC)の中で、eNBから指示された優先順位の高いCell(CC)のSRS電力割当優先度を高くする。

0191

反対に、ScellのSRSが複数ある場合において、電力スケーリング制御部109は、物理層の制御チャネルPDCCHに含まれる制御情報(UL又はDLグラント)、または、上位層のシグナリングで通知された(される)制御情報でUCI(CQI、PMI等)報告がトリガーされない(されていない)CCのSRS電力割当優先度を低くする(優先的にドロップする、送信電力を低減する、送信停止、または送信電力をゼロに設定する)。例えば、ULグラントでアペリオディックCSI等のUCI報告がトリガーされない(されていない)CCのSRS電力割当優先度を低くする。また、例えば、eNBからRRCなどの上位層のシグナリングで指示された、ピリオディックCQI(PMI)報告などに使用するScellの優先順位に基づいて、その優先順位が低いScellに設定されたCCのSRS電力割当優先度を低くする。

0192

つまり、UCIをPUSCHと共に(UCIをPUSCHに多重して)送信しないようにeNBに指示されたCell(CC)、または、UCIをPUSCHと共に(UCIをPUSCHに多重して)送信するCell(CC)の中で、eNBに指示された優先順位の低いCell(CC)のSRS電力割当優先度を低くする。

0193

これは、eNBからRRCなどの上位層のシグナリングで指示された、ピリオディックCQI(PMI)報告などに使用するScellの優先順位が高いCCでは、UCIを送信する前にそのCell(CC)の品質測定を高精度に行う必要があるために、(例えば、アペリオディック)SRSを送信する確率が高い。これは、そのCCで送信する(アペリオディック)SRSの電力割当て優先度を低くする(又は、ドロップしてしまう)と、後続サブフレームで送信するUCIに対するMCS選択や送信電力制御が正しく行われないためである。

0194

図14に、電力スケーリング方法11−Aの概要を示す。図14では、Scellの2CC(CC#0、CC#2)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(RRCなどの上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はPcell、CC#2はScellに設定されている。このような状況下において、複数CCで送信されるSRSの送信電力値が複数ある(複数SRSの同時送信が発生する)場合、2Scellの2SRSの中で、ULグラントでアペリオディックCSI等のUCIがトリガーされた(される)CCのSRS電力割当優先度を高くする。図14では、ScellのCC#2において、過去のサブフレームにおいて、UCIがトリガーされており、CC#0はUCIがトリガーされていない場合を示している。

0195

これにより、電力スケーリング方法1−Aと同様の効果を、複数Scell(SCC)の中で得ることができる。

0196

なお、トリガーされたScellはある所定の期間、その優先度を保持してもよい。また、新たに別CCでUCIがトリガーされるまでその優先度を維持してもよい。また、UCIがトリガーされたScellが複数ある場合は、直近のトリガー情報に従って、SRSの電力スケーリングを行ってもよい。また、UCIがトリガーされたScellが複数あり、同一時点でそれらがトリガーされた場合は、UL CC ID番号(昇順・降順)に応じて電力スケーリング優先度を決定してもよい。

0197

また、上位層のシグナリングで通知(指示)された、複数Scellの中でのUCIを送信するCCの優先度順位情報を、ある所定の期間保持してもよい(ある所定期間その情報に従って、電力スケーリングを行ってもよい)。また、上位層のシグナリングに依り、eNBから新たに上記した優先順位などが通知(指示)されるまで、その優先度を維持してもよい。新たな優先順位が通知(指示)されれば、その新たな優先順位に従って、電力スケーリングを行えばよい。

0198

また、上記したように、eNBからRRC(Radio Resource Control)などの上位層のシグナリングで指示された、ピリオディックCQI(PMI)報告などに使用するScellの優先順位に基づいて、CCのSRS電力割当優先度を設定してもよい。例えば、複数Scellの中で、UCIをPUSCHと共に送信するようにeNBに指示されたCell(CC)、または、複数Scellにおいて、UCIをPUSCHと共に送信するCell(CC)の中で、eNBに指示された優先順位の高いCell(CC)のSRS電力割当優先度を高くする。反対に、複数Scellの中で、UCIをPUSCHと共に送信しないようにeNBに指示されたCell(CC)、または、複数Scellにおいて、UCIをPUSCHと共に送信するCell(CC)の中で、eNBに指示された優先順位の低いCell(CC)のSRS電力割当優先度を低くする。

0199

これにより、上記と同様の効果を得ることができる。

0200

また、eNBからRRCなどの上位層のシグナリングで指示された、ピリオディックCQI(PMI)報告などに使用するScellの優先順位に基づいて、優先順位の最も高いScellのSRSの送信電力(PSD)を、電力スケーリング処理において、保持してもよい(変化させなくてもよい)。

0201

これにより、上記と同様の効果を得つつ、UCIが送信される確率の高いScellの品質測定を高精度化することができ、eNBはUCIの伝送に用いる適切な送信電力(MCS)を端末に通知することができる。

0202

また、eNBからRRCなどの上位層のシグナリングで指示された、ピリオディックCQI(PMI)報告などに使用するScellの優先順位に基づいて、優先順位の低いScellをドロップするSRSとして選択してもよい。例えば、優先順位の最も高いScellのSRSの送信電力(PSD)を保持し(変化させずに)、それ以外の全ScellのSRSの送信電力(PSD)を全てドロップ(送信電力=0、送信停止、PSD=0、送信電力を低減)してもよい。

0203

これにより、電力スケーリング方法3−Aと同様の効果を複数Scellの中で得ることができる。即ち、Pcell及び複数Scellで複数SRSを同時送信する全ての場合において、同様の効果を得ることができるようになる。また、優先順位の低いScell(CC)から順番に、ScellのSRSをドロップ(送信電力=0、送信停止、PSD=0に設定)してもよい。これにより、上記と同様の効果を得ることができる。

0204

なお、上記の方法において、(図示していない)eNBでは、各端末に設定したScellおよびPcell情報やCC(Cell)毎のアップリンク被干渉状況などを用いて、複数Scellの中でピリオディックCQI(PMI)報告等に使用するScellの端末毎の優先順位の決定、又は、複数Scellの中でUCIをPUSCHと共に(UCIをPUSCHに多重して)送信する端末毎のcell(CC)の選択などを行う。そして、決定、選択した優先順位などの情報を上位レイヤの(RCC)シグナリングを用いて、端末に通知する。上記情報を受信した端末は、複数ULチャネル(SRS等)の同時送信が生じた場合において、その情報を電力スケーリングに用いる。

0205

電力スケーリング方法12−A
電力スケーリング方法12−Aでは、電力スケーリング制御部109は、高いPSDを有するSRSより、低いPSDのSRSを優先的にドロップする(電力割当優先度を低くする、送信電力を低減する、送信しない、送信電力をゼロに設定する)。

0206

CC間でのSRSのPSDの差が大きい場合、PSDの大きいCCのSRSの相互変調歪が、異なるCCのSRSのPSDより大きくなる場合が生じる。この相互変調歪は、送信フィルタで取り除くことができない。すなわち、このような場合にそのまま送信してしまうと、eNBは相互変調歪の影響を受けたSRSで該当CCの通信品質を測定してしまい、正しいスケジューリング、送信電力制御ができない。この課題に対して、相互変調歪みの影響を受けにくい高いPSDを持つSRSだけを送信することにより、該当CCを精度よく測定できる。

0207

図15に、電力スケーリング方法12−Aの概要を示す。図15では、Scellの2CC(CC#0、CC#1)において、SRSを同時に送信しており、基地局から(上位レイヤシグナリングで)通知される制御信号により、CC#0はScell、CC#1はScellに設定されている。図15では、高調波歪(相互変調歪み)を点線で示している。このような状況下において、相互変調歪みの影響を受けやすい低いPSDを持つSRSをドロップする。

0208

なお、PSDの値を計算するのに関連する(PUSCH、SRS)送信電力制御パラメータに基づいてもよい。例えば、TPCコマンド累積値、トランスポートブロックサイズ、MCSレベルに関連するオフセットパラメータ(TF)、PUSCHの送信電力に対するSRSオフセット値、1RE当たりのビット数(TBサイズ/割当RE数)など、これらの値が大きいほど、高いPSDを有するSRSとなるため、これらの値に基づいて、ドロップするSRSを選択してもよい。また、割当RE(Resource Element)数、または、割当サブキャリア数が少ないほど、高いPSDを有するSRSとなるため、これらの値に基づいて、ドロップするSRSを選択してもよい。

0209

また、PSDや、上記各パラメータに対して、閾値を導入し、それらの値が閾値を超えた場合に該当SRSを優先的にドロップするようにしてもよい。

0210

このように、実施の形態2によれば、Pcell及びScellを用いて複数SRSを同時送信する場合に、ScellのSRSよりPcellのSRSを優先して送信電力割当を行うことにより、電力割当優先度の低いSRSのCCが、UCIを多重するCCと同一のCCとなる確率を低減することができる。よって、UCIが多重される確率の高いPcellの伝搬チャネル品質情報を電力割当優先度の高いSRSにより高精度に推定することができ、eNBは後続のUCIを伝送するULチャネルに対して適切な送信電力を指示することができる。

0211

なお、上記では、CC間の場合について説明したが、CC内の複数SRSに上記方法を適用してもよい。

0212

また、上記各電力スケーリング方法を組み合わせて使用してもよい。

0213

また、上記複数Scellの複数SRSへの適用を前提に述べた方法を、Pcellに複数SRS、複数Pcellに複数SRSが存在する場合には、同様に適用することができる。

0214

また、上記に述べた、電力割当優先度の低いSRSの送信電力を低減する方法として、eNBから端末へ(上位レイヤのシグナリングで)通知されるSRS用のスケーリングウェイトを用いて、送信電力を低減してもよい。w_Pcell_SRSをPcellのSRSに適用するスケーリングウェイト、w_Scell_SRSをScellのSRSに適用するスケーリングウェイトとした場合、w_Pcell_SRS>w_Scell_SRSと設定(定義)すればよい。また、w_Pcell_SRS=1、w_Scell_SRS<1と定義してもよい。また、ドロップ(送信停止、送信電力=0)する場合には、w_Scell_SRS=0と設定してもよい。

0215

また、上記各電力スケーリング方法を組み合わせて使用してもよい。
実施の形態1及び実施の形態2に記載の各電力スケーリング方法を組み合わせることにより、複数CC(cell)で送信される複数アップリンクチャネルの送信電力合計値がUE固有の最大送信電力を超えない場合、かつ、複数cell、又は、複数CCでの複数アップリンクチャネル同時送信が発生した場合における、電力スケーリングを行うこともできる。以下に、実施の形態1(2)に記載の電力スケーリング方法3(3−A)及び12(12−A)を組み合わせた場合の一例(電力スケーリング方法16−A)を示す。

0216

電力スケーリング方法16−A
電力スケーリング方法16−Aでは、電力スケーリング制御部109は、複数Scellに複数SRSがある場合に、eNBから端末へ通知されるULグラントに含まれる、PUSCHのトランスポートブロック(TB:Transport Block)サイズの大きさに基づいて、SRSの電力優先度を決定する。

0217

UCIのサイズが大きい(ビット数が多い)場合には、TBサイズが小さいPUSCHに、CQIやPMIのUCIが多重することができなくなる問題が生じる。複数CCのCQIやPMI情報を1つのScellのPUSCHでeNBに報告する場合にその問題が更に大きくなる。なお、複数PUSCHにUCIを分割してeNBに報告する方法は、ULマルチキャリア送信になるために、上記したようにPAへ与える影響などを考慮すると望ましくない。従って、複数Scellに複数PUSCHが割当てられた場合においては、TBサイズの大きいPUSCHにUCIを多重する方法を取ることが望ましい。

0218

従って、電力スケーリング方法16−Aにおいては、例えば、複数Scellにおいて、TBサイズが大きいTBがマッピングされるPUSCHが送信されるCC(Cell)の、SRS送信電力の優先度を高くする。反対に、TBサイズが小さいTBがマッピングされるPUSCHが送信されるCC(Cell)の、SRS送信電力の優先度を低くする。

0219

なお、上記方法において、TBサイズが最も大きいPUSCHが送信されるCC(Cell)の、SRS送信電力の優先度を高くし、それ以外のScell(CC)のSRS送信電力優先度を低くしてもよい。

0220

また、TBサイズが最も大きいPUSCHが送信されるCC(Cell)の、SRS送信電力は保持し(変化させず)、それ以外のScell(CC)のSRS送信電力を低減してもよい。

0221

また、TBサイズが最も大きいPUSCHが送信されるCC(Cell)の、SRS送信電力は保持し(変化させず)、それ以外のScell(CC)のSRSをドロップ(送信電力=0、送信停止、PSD=0に設定する)してもよい。

0222

また、TBサイズが小さいPUSCHが送信されるScell(CC)から順番に、該当CCのSRSをドロップ(送信電力=0、送信停止、PSD=0に設定)してもよい。

0223

これにより、上記の実施の形態に記載の各方法と同様の効果を得ることができる。

0224

なお、上記電力スケーリング方法16−Aに依って設定されたSRSの電力優先度は、ある所定の期間、その優先度を保持してもよい。また、新たに複数Scell間で異なる複数TBサイズの組合せが送信されるまで、その優先度を複数Scell間で維持してもよい。また、上記電力スケーリング方法16−Aに依って設定されたSRSの電力優先度は、直近の優先度に従って、SRSの電力スケーリングを行ってもよい。

0225

上記各実施の形態では、本発明をハードウェアで構成する場合を例にとって説明したが、本発明はハードウェアとの連携においてソフトウェアによって実現することも可能である。

0226

また、上記各実施の形態の説明に用いた各機能ブロックは、典型的には集積回路であるLSIとして実現される。これらは個別に1チップ化されてもよいし、一部又は全てを含むように1チップ化されてもよい。ここでは、LSIとしたが、集積度の違いにより、IC、システムLSIスーパーLSI、ウルトラLSIと呼称されることもある。

0227

また、集積回路化の手法はLSIに限るものではなく、専用回路又は汎用プロセッサで実現してもよい。LSI製造後に、プログラムすることが可能なFPGA(Field Programmable Gate Array)や、LSI内部の回路セルの接続や設定を再構成可能なリコンフィギュラブルプロセッサを利用してもよい。

0228

さらには、半導体技術の進歩又は派生する別技術によりLSIに置き換わる集積回路化の技術が登場すれば、当然、その技術を用いて機能ブロックの集積化を行ってもよい。バイオ技術の適用等が可能性としてありえる。

0229

なお、上記各実施の形態ではアンテナとして説明したが、本発明はアンテナポート(antenna port)でも同様に適用できる。

0230

アンテナポートとは、1本または複数の物理アンテナから構成される、論理的なアンテナを指す。すなわち、アンテナポートは必ずしも1本の物理アンテナを指すとは限らず、複数のアンテナから構成されるアレイアンテナ等を指すことがある。

0231

例えば3GPPLTEにおいては、アンテナポートが何本の物理アンテナから構成されるかは規定されず、基地局が異なる参照信号(Reference signal)を送信できる最小単位として規定されている。

0232

また、アンテナポートはプリコーディングベクトル(Precoding vector)の重み付け乗算する最小単位として規定されることもある。

0233

2010年11月5日出願の特願2010−249005及び2010年11月18日出願の特願2010−258360の日本出願に含まれる明細書、図面及び要約書開示内容は、すべて本願に援用される。

0234

本発明にかかる無線通信端末装置及び電力割当方法は、LTE−Aなどの移動通信システム等に適用できる。

0235

101アンテナ
102無線受信処理部
103OFDM復調部
104復調部
105チャネル復号部
106制御情報抽出部
107送信電力計算部
108電力スケーリング検出部
109 電力スケーリング制御部
110−1〜110−N 符号化及び変調部
111−1〜111−N多重部
112−1〜112−N送信電力設定部
113−1〜113−N SC−FDMA変調部
114 合成部
115無線送信処理部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ