図面 (/)

技術 噴水モップ

出願人 嘉興捷順旅遊製品有限公司
発明者 朱雪林
出願日 2017年8月29日 (2年10ヶ月経過) 出願番号 2017-164732
公開日 2018年3月8日 (2年3ヶ月経過) 公開番号 2018-033962
状態 特許登録済
技術分野 床,カーペット,家具,壁等の清掃用具
主要キーワード 係着機構 内ポール 位置固定溝 凸リング 噴射効果 方向位置決め機構 液体噴射機構 連結ヘッド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

本発明は、配管構造が簡単であり、設計が合理的で、噴水モップ噴水管を効果的に保護し、配管の円滑性を有効に確保することができる。

解決手段

噴水モップは、噴水システムを更に含み、噴水システムは、水タンクと、水ポンプと、水タンクを駆動するための動力機構を有し、水タンクは、モップヘッドに設けられ、水ポンプは、モップポールに連結され、自在連結機構は、上連結ヘッド及び下連結ヘッドを有し、上連結ヘッドの一端はモップポールと固定連結され、上連結ヘッドの他端は下連結ヘッドの一端とヒンジ連結され、下連結ヘッドの他端はモップヘッドとヒンジ連結され、モップヘッドには導管出し入れ可能な孔が配置され、噴水システムの注水口は吸水導管を用いて孔を通して水タンクと連結され、下連結ヘッド中部には吸水導管が差し込まれる第1の通路が配置されている。

概要

背景

中国特許公開番号CN204541992Uで公開される噴水モップは、モップ柄を含み、当該モップ柄の下端モップヘッドに連結し、当該モップヘッドの下部にモップ布が配置され、同時に当該モップ柄の下部にスプレー装置が配置され、当該スプレー装置はスプレーノズル貯水容器を有し、当該モップ柄の上端にはグリップが配置され、当該グリップには当該スプレー装置からの噴水を制御するスイッチが配置されており、上記スプレーノズルは高圧細霧ノズルであり、かつその噴射方向は当該モップヘッド前方に向けられている。当該噴水モップを使用する際、モップ柄とモップヘッドの回転と折り曲げを必要とし、従来の設計では回転及び折れ曲げた際には、噴水管が押し出されやすく、これにより円滑に噴射できず、噴射効果が安定しない等の問題がある。

概要

本発明は、配管構造が簡単であり、設計が合理的で、噴水モップの噴水管を効果的に保護し、配管の円滑性を有効に確保することができる。 噴水モップは、噴水システムを更に含み、噴水システムは、水タンクと、水ポンプと、水タンクを駆動するための動力機構を有し、水タンクは、モップヘッドに設けられ、水ポンプは、モップポールに連結され、自在連結機構は、上連結ヘッド及び下連結ヘッドを有し、上連結ヘッドの一端はモップポールと固定連結され、上連結ヘッドの他端は下連結ヘッドの一端とヒンジ連結され、下連結ヘッドの他端はモップヘッドとヒンジ連結され、モップヘッドには導管出し入れ可能な孔が配置され、噴水システムの注水口は吸水導管を用いて孔を通して水タンクと連結され、下連結ヘッド中部には吸水導管が差し込まれる第1の通路が配置されている。

目的

本発明の主要目的は、従来の噴水モップに見られる実施上の問題点を解決し、簡単な構造でありながらもモップを使用する際に円滑かつ安定して水を噴射させる噴水モップを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

モップヘッドと、モップポールと、前記モップヘッドと前記モップポールとを回転自在に連結する自在連結機構と、を含む噴水モップであって、噴水システムを更に含み、前記噴水システムは、水タンクと、水ポンプと、水タンクを駆動するための動力機構と、を有し、前記水タンクは、前記モップヘッドに設けられ、前記水ポンプは、前記モップポールに連結され、前記自在連結機構は、上連結ヘッド及び下連結ヘッドを有し、前記上連結ヘッドの一端は前記モップポールと固定連結され、前記上連結ヘッドの他端は前記下連結ヘッドの一端とヒンジ連結され、前記下連結ヘッドの他端は前記モップヘッドとヒンジ連結され、前記モップヘッドには導管出し入れ可能な孔が配置され、前記噴水システムの注水口は吸水導管を用いて前記孔を通して前記水タンクと連結され、前記下連結ヘッド中部には前記吸水導管が差し込まれる第1の通路が配置されていることを特徴とする噴水モップ。

請求項2

前記上連結ヘッド中部には吸水導管の差し込まれる第2の通路が配置されることを特徴とする請求項1に記載の噴水モップ。

請求項3

排水導管ノズルが含まれ、前記排水導管の一端は前記水ポンプの出水口に連結され、他端は前記第1の通路に差し込まれて前記モップヘッドに配置された前記ノズルに連結されることを特徴とする請求項2に記載の噴水モップ。

請求項4

排水導管、ノズルが含まれ、前記排水導管の一端は前記水ポンプの出水口に連結され、他端は前記第1の通路と前記第2の通路に差し込まれて前記モップヘッドに配置された前記ノズルに連結されることを特徴とする請求項2に記載の噴水モップ。

請求項5

前記モップポールには上部のポール体と下部のポール体が含まれ、前記上部のポール体と前記下部のポール体の間には両者を着脱するポール連結機構が配置され、前記上部のポール体内には前記上部の内ポールが差し込まれ、前記下部のポール体内には前記下部の内ポールが差し込まれ、前記上部のポール体と前記上部の内ポールの間には前記上部の内ポールを軸方向に動かす制御機構が配置され、前記下部のポール体と前記下部の内ポールの間には軸方向を下へ移動させた後の前記下部の内ポールがリセットされる弾性復位機構が配置され、前記ポール連結機構で前記上部のポール体と前記下部のポール体が連結されると、前記上部の内ポールと前記下部の内ポールの動きが相互に伝わるようになることを特徴とする請求項1に記載の噴水モップ。

請求項6

前記下部のポール体下端側部に操作孔が開けられており、前記下部のポール体内には横向きに配置した操作体があり、前記操作体の一端は前記操作孔に通され、前記下部の内ポールと前記操作体が連結されることを特徴とする請求項5に記載の噴水モップ。

請求項7

前記操作孔が前記下部のポール体の軸方向に沿って伸びる長い孔であり、前記操作体が前記操作孔に差し込まれると、前記操作体が前記操作孔の長さ方向の間に動く空間を有することを特徴とする請求項6に記載の噴水モップ。

請求項8

前記弾性復位機構には前記下部のポール体内に配置されるスプリングを含み、前記スプリングの下端は前記下部のポール体に作用して、上端は前記操作体下部に作用し、前記下部の内ポール下端は前記操作体上部に作用することを特徴とする請求項6に記載の噴水モップ。

請求項9

前記モップポールにはポンプ装着に用いる噴液台が配置され、前記噴液台と前記モップポールの間には前記モップポールに対し前記噴液台を周方向の単方向に位置決めしてノズルの方向に固定する第1の周方向の単方向位置固定機構が配置され、バンドル体と前記モップポールの間には前記モップポールに対し前記バンドル体を周方向の単方向に位置決めして引き金の方向を前記ノズルとは反対方向に向かせる第2の周方向の単方向位置固定機構が配置されることを特徴とする請求項5に記載の噴水モップ。

請求項10

前記モップポールは上部のポール体と下部のポール体を含み、前記上部のポール体と前記下部のポール体の間には下柄体に対して上柄体を周方向の単方向に位置決めする第3の周方向の単方向位置固定機構が配置されることを特徴とする請求項9に記載の噴水モップ。

請求項11

前記第1の周方向の単方向位置固定機構、前記第2の周方向の単方向位置固定機構及び前記第3の周方向の単方向位置固定機構はそれぞれ凹凸位置決め機構、単方向係着機構、単方向差込連結機構及び単方向ピン連結機構のいずれか又はその組み合わせであることを特徴とする請求項10に記載の噴水モップ。

請求項12

前記第1の周方向の単方向位置固定機構には前記噴液台上端に配置される位置固定筐体を含み、前記モップポール下端は前記位置固定筐体内に差し込まれ、前記位置固定筐体内側又は前記モップポール下端には第1の位置固定凸部が配置され、前記位置固定筐体内側又は前記モップポール下端には前記第1の位置固定凸部と周方向に位置決めされる第1の位置固定凹部が配置されることを特徴とする請求項11に記載の噴水モップ。

請求項13

前記第1の周方向の単方向位置固定機構は前記噴液台上部と位置固定筐体周方向外側に配置される転結シリンダを含み、かつ前記転結シリンダは単方向位置固定モジュールと通して前記噴液台と着脱が可能であることを特徴とする請求項12に記載の噴水モップ。

請求項14

前記単方向位置固定モジュールには少なくとも1つの噴液台上の弾性位置固定止め部を含み、前記転結シリンダ上には前記弾性位置固定止め部と係合する位置固定孔が設置され、前記位置固定筐体の周方向には転結シリンダ軸方向に沿って伸びる若干数の位置固定溝が配置され、かつ前記転結シリンダの周方向には前記位置固定溝と係合する若干数の位置固定凸ストライプが配置されることを特徴とする請求項13に記載の噴水モップ。

請求項15

前記第2の周方向の単方向位置固定機構は少なくとも前記バンドル体内又は前記モップポール上部に配置される第2の位置固定凸部をモップポールを含み、前記バンドル体又は前記モップポール上部は少なくとも前記第2の位置固定凸部と係合する第2の位置固定凹部を1つ有することを特徴とする請求項9に記載の噴水モップ。

請求項16

前記モップポールにはポンプ装着に用いる噴液台が配置され、前記噴液台と前記モップポールの間には前記モップポールに対し前記噴液台を周方向の単方向に位置決めしてノズルの方向に固定する第1の周方向の単方向位置固定機構が配置され、バンドル体と前記モップポールの間には前記モップポールに対し前記バンドル体を周方向の単方向に位置決めして引き金の方向を前記ノズルとは反対方向に向かせる第2の周方向の単方向位置固定機構が配置されることを特徴とする請求項1に記載の噴水モップ。

請求項17

前記モップポールには、前記モップポールに対し軸方向に沿って移動することが可能な水絞り器が配置され、前記水絞り器には前記モップヘッドを通すチャネルがあり、及び前記チャネルに配置され、かつ前記モップヘッドが前記チャネルを通したときに前記モップに向かい合う水絞り部があることを特徴とする請求項1に記載の噴水モップ。

技術分野

0001

本発明は清掃用品に関し、より詳細には、自洗式の噴水モップに関する。

背景技術

0002

中国特許公開番号CN204541992Uで公開される噴水モップは、モップ柄を含み、当該モップ柄の下端モップヘッドに連結し、当該モップヘッドの下部にモップ布が配置され、同時に当該モップ柄の下部にスプレー装置が配置され、当該スプレー装置はスプレーノズル貯水容器を有し、当該モップ柄の上端にはグリップが配置され、当該グリップには当該スプレー装置からの噴水を制御するスイッチが配置されており、上記スプレーノズルは高圧細霧ノズルであり、かつその噴射方向は当該モップヘッド前方に向けられている。当該噴水モップを使用する際、モップ柄とモップヘッドの回転と折り曲げを必要とし、従来の設計では回転及び折れ曲げた際には、噴水管が押し出されやすく、これにより円滑に噴射できず、噴射効果が安定しない等の問題がある。

先行技術

0003

中国実用新案第204541992号明細書

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の主要目的は、従来の噴水モップに見られる実施上の問題点を解決し、簡単な構造でありながらもモップを使用する際に円滑かつ安定して水を噴射させる噴水モップを提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明にかかる噴水モップは、モップヘッドと、モップポールと、モップヘッドとモップポールとを回転自在に連結する自在連結機構と、を含む噴水モップであって、噴水システムを更に含み、噴水システムは、水タンクと、水ポンプと、水タンクを駆動するための動力機構を有し、水タンクは、モップヘッドに設けられ、水ポンプは、モップポールに連結され、自在連結機構は、上連結ヘッド及び下連結ヘッドを有し、上連結ヘッドの一端はモップポールと固定連結され、上連結ヘッドの他端は下連結ヘッドの一端とヒンジ連結され、下連結ヘッドの他端はモップヘッドとヒンジ連結され、モップヘッドには導管出し入れ可能な孔が配置され、噴水システムの注水口は吸水導管を用いて孔を通して水タンクと連結され、下連結ヘッド中部には吸水導管が差し込まれる第1の通路が配置されている。

0006

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、上連結ヘッド中部には吸水導管の差し込まれる第2の通路が配置される。

0007

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、排水導管ノズルが含まれ、排水導管の一端は水ポンプの出水口に連結され、他端は第1の通路に差し込まれてモップヘッドに配置されたノズルに連結される。

0008

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、排水導管、ノズルが含まれ、排水導管の一端は水ポンプの出水口に連結され、他端は第1の通路と第2の通路に差し込まれてモップヘッドに配置されたノズルに連結される。

0009

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、モップポールには上部のポール体と下部のポール体が含まれ、上部のポール体と下部のポール体の間には両者を着脱するポール連結機構が配置され、上部のポール体内には上部の内ポールが差し込まれ、下部のポール体内には下部の内ポールが差し込まれ、上部のポール体と上部の内ポールの間には上部の内ポールを軸方向に動かす制御機構が配置され、下部のポール体と下部の内ポールの間には軸方向を下へ移動させた後の下部の内ポールがリセットされる弾性復位機構が配置され、ポール連結機構で上部のポール体と下部のポール体が連結されると、上部の内ポールと下部の内ポールの動きが相互に伝わるようになる。

0010

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、下部のポール体下端側部に操作孔が開けられており、下部のポール体内には横向きに配置した操作体があり、操作体の一端は操作孔に通され、下部の内ポールと操作体が連結される。
より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、操作孔が下部のポール体の軸方向に沿って伸びる長い孔であり、操作体が操作孔に差し込まれると、操作体が操作孔の長さ方向の間に動く空間を有する。

0011

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、弾性復位機構には下部のポール体内に配置されるスプリングを含み、スプリングの下端は下部のポール体に作用して、上端は操作体下部に作用し、下部の内ポール下端は操作体上部に作用する。

0012

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、モップポールにはポンプ装着に用いる噴液台が配置され、噴液台とモップポールの間にはモップポールに対し噴液台を周方向の単方向に位置決めしてノズルの方向に固定する第1の周方向の単方向位置固定機構が配置され、バンドル体とモップポールの間にはモップポールに対しバンドル体を周方向の単方向に位置決めして引き金の方向をノズルとは反対方向に向かせる第2の周方向の単方向位置固定機構が配置される。

0013

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、モップポールは上部のポール体と下部のポール体を含み、上部のポール体と下部のポール体の間には下柄体に対して上柄体を周方向の単方向に位置決めする第3の周方向の単方向位置固定機構が配置される。

0014

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、第1の周方向の単方向位置固定機構、第2の周方向の単方向位置固定機構及び第3の周方向の単方向位置固定機構はそれぞれ凹凸位置決め機構、単方向係着機構、単方向差込連結機構及び単方向ピン連結機構のいずれか又はその組み合わせである。

0015

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、第1の周方向の単方向位置固定機構には噴液台上端に配置される位置固定筐体を含み、モップポール下端は位置固定筐体内に差し込まれ、位置固定筐体内側又はモップポール下端には第1の位置固定凸部が配置され、位置固定筐体内側又はモップポール下端には第1の位置固定凸部と周方向に位置決めされる。

0016

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、第1の周方向の単方向位置固定機構は噴液台上部と位置固定筐体周方向外側に配置される転結シリンダを含み、かつ転結シリンダは単方向位置固定モジュールと通して噴液台と着脱が可能である。

0017

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、単方向位置固定モジュールには少なくとも1つの噴液台上の弾性位置固定止め部を含み、転結シリンダ上には弾性位置固定止め部と係合する位置固定孔が設置され、位置固定筐体の周方向には転結シリンダ軸方向に沿って伸びる若干数の位置固定溝が配置され、かつ転結シリンダの周方向には位置固定溝と係合する若干数の位置固定凸ストライプが配置される。

0018

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、第2の周方向の単方向位置固定機構は少なくともバンドル体内又はモップポール上部に配置される第2の位置固定凸部をモップポールを含み、バンドル体又はモップポール上部は少なくとも第2の位置固定凸部と係合する第2の位置固定凹部を1つ有する。

0019

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、モップポールにはポンプ装着に用いる噴液台が配置され、噴液台とモップポールの間にはモップポールに対し噴液台を周方向の単方向に位置決めしてノズルの方向に固定する第1の周方向の単方向位置固定機構が配置され、バンドル体とモップポールの間にはモップポールに対しバンドル体を周方向の単方向に位置決めして引き金の方向をノズルとは反対方向に向かせる第2の周方向の単方向位置固定機構が配置される。

0020

より好ましくは、本発明にかかる噴水モップは、モップポールには、モップポールに対し軸方向に沿って移動することが可能な水絞り器が配置され、水絞り器にはモップヘッドを通すチャネルがあり、及びチャネルに配置され、かつモップヘッドがチャネルを通したときにモップに向かい合う水絞り部がある。

発明の効果

0021

本発明は先行技術との対比において以下の特徴を有する。

0022

1.配管構造が簡単であり、設計が合理的で、噴水モップの噴水管を効果的に保護し、配管の円滑性を有効に確保することができる。

0023

2.モップ柄の第1周方向の単方向位置決め機構と第2周方向の単方向位置決め機構により装着の正確性、効率性を高め、誤装着の発生率を低減することができる。単方向位置決め機構の配置によりモップ柄とスプレー台の間の連結安定性強化されている。

図面の簡単な説明

0024

本発明の実施例1の構造概略図である。
図1の断面を示した構造概略図である。
本発明に記載する連結部の構造概略図である。
本発明の実施例2の構造概略図である。
図4Aの拡大図である。
図4Bの拡大図である。
図4Cの拡大図である。
本発明の実施例2に提供する液体噴射機構がモップ下部に配置された時の構造概略図である。
本発明の実施例2に提供する液体噴射機構がモップ下部に配置された時の、更に別の概略図である。
本発明の実施例3の構造概略図である。
本発明の実施例3の図10に示すA部の局部を拡大した構造概略図である。
本発明の実施例3の図10に示すB部の局部を拡大した構造概略図である。
本発明の実施例3の図10に示すC部の局部を拡大した構造概略図である。
本発明の実施例3に記載する第1単方向周方向位置決め機構で凹凸式位置決め機構を採用した構造概略図である。
本発明の実施例3に記載する第1単方向周方向位置決め機構で単方向ピン連結機構を採用した構造概略図である。
本発明の実施例3に記載するモップ柄の構造概略図である。
本発明の実施例3に記載する連結筒体の構造概略図である。
本発明の実施例3に記載する位置決め筒体の構造概略図である。

実施例

0025

本発明の詳細な説明及び技術内容について、図示しながら以下に説明する。
[第一実施形態]

0026

図1から図3は、本実施例に記載する噴水モップであり、モップヘッド130、モップポール1、噴水ポンプ31、自在連結機構を含み、前記モップヘッド130内に水タンク111が配置され、モップヘッド130はモップポール1に連結され、モップポール1に噴水ポンプ31が配置され、モップポール1は自在連結機構によってモップヘッド130に連結される。前記自在連結機構には上連結ヘッド41及び下連結ヘッド42を含み、上連結ヘッド41の一端はモップポール1と固定連結され、上連結ヘッド41の他端は下連結ヘッド42の一端とヒンジ連結され、即ち上連結ヘッド41と下連結ヘッド42の間は回転自在であり、前記下連結ヘッド42の他端はモップヘッド130とヒンジ連結され、上連結ヘッド41両端のヒンジ連結の方向は互いに垂直であり、これにより自在な動きが可能となっている。前記モップヘッド130には導管に出し入れ可能な孔101が配置され、噴水ポンプ31の注水口は吸水導管51を用いて孔101を通して水タンク111と連結され、外部から噴水ポンプ31に力を加えられると、噴水ポンプ31は水タンク111から水を抽出して噴出する。前記下連結ヘッド42中部には吸水導管51の差し込まれる第1の通路420が配置される。吸水導管51は第1の通路420に差し込まれ、吸水導管51の外周の一部は第1の通路420に包まれ、これは吸水導管51のストッパーとして機能する。

0027

本実施例に記載する上連結ヘッド41中部には吸水導管51の差し込まれる第2の通路410が配置される。吸水導管51は同時に第1の通路420と第2の通路410によって位置決めされ、安定性がさらに高まり、外見も清潔に保たれる。

0028

本実施例にはまた排水導管71、ノズル61が含まれ、排水導管71の一端は噴水ポンプ31の出水口に連結され、他端は第1の通路420に差し込まれてモップヘッド130に配置されたノズル61に連結される。モップヘッド130上にはノズル61が配置され、噴射位置の正確性を高めている。

0029

本実施例にはまた排水導管71、ノズル61が含まれ、排水導管71の一端は噴水ポンプ31の出水口に連結され、他端は第1の通路420に差し込まれてモップヘッド130に配置されたノズル61に連結される。前記吸水導管51と排水導管71は共に第1の通路420又は/及び第2の通路410内に装着することができ、全体としてさっぱりとした配置となり、導管の外周が保護され、使用上の安定性が良好である。

0030

モップポール1を垂直に立てると、前記の孔の中心、第モップポール1チャネルの中心、第モッブ台2チャネルの中心が同一直線上に並ぶ。孔の中心、第モップポール1チャネルの中心、第モッブ台2チャネルの中心はいずれも吸水導管51と排水導管71の通過ルートであり、三者が一直線上に並ぶと、配管がより滑らかに、より整ったものになる。
[第二実施形態]

0031

図4〜9に示すように、噴水モップのモップポール1はジョイント式型機構であり、モップポール1には上部のポール体21と下部のポール体22が含まれ、上部のポール体21と下部のポール体22の間には両者を着脱するポール連結機構26が配置され、上部のポール体21内には上部の内ポール23が差し込まれ、下部のポール体22内には下部の内ポール24が差し込まれ、上部のポール体21と上部の内ポール23の間には上部の内ポール23を軸方向に動かす制御機構27が配置され、下部のポール体22と下部の内ポール24の間には軸方向を下へ移動させた後の下部の内ポール24がリセットされる弾性復位機構30が配置され、ポール連結機構26で上部のポール体21と下部のポール体22が連結されると、上部の内ポール23と下部の内ポール24の動きが相互に伝わるようになる。ここで、上部のポール体21と下部のポール体22は、ポール連結機構26を通して着脱され、搬送時にはモップの長さを短くすることができて便利であり、かつ両者の連結後上部のポール体21は制御機構27を経由して上部の内ポール23で下部の内ポール24を押すことで水を噴射させることができ、上部の内ポール23で押した後に弾性復位機構30によって下部の内ポール24の軸方向が上へ移動されてリセットされ、制御機構27と弾性復位機構30が本構造の伝動を安定させ、操作を便利にしている。

0032

具体的には、当該噴水モップのジョイント式柄型機構の下部のポール体22下端側部に操作孔28が開けてあり、下部のポール体22内には横向きに配置した操作体29があり、操作体29の一端は操作孔28に通され、下部の内ポール24と操作体29が連結され、かつ操作孔28が下部のポール体22の軸方向に沿って伸びる長い孔であり、操作体29が操作孔28に差し込まれると、操作体29が操作孔28の長さ方向の間に動く空間があり、操作孔28の長さ方向に生じる空間により、操作体29が下部の内ポール24の軸方向に沿って下へ移動した際に、下部の内ポール24の作用による操作体29の動きがよりスムーズになり、動きが伝わってからの安定感が増す。なお、弾性復位機構30には下部のポール体22内に配置されるスプリング159’を含み、スプリング159’下端は下部のポール体22に作用して、上端は操作体29下部に作用し、下部の内ポール24下端は操作体29上部に作用する。

0033

さらに、下部のポール体22内には筒状のスプリング159’シートが配置され、操作体29上にはスプリング159’孔が配置され、スプリング159’の一端はスプリング159’シート内に配置され、他端はスプリング159’孔内に配置され、スプリング159’の一端がスプリング159’シート内に配置されることにより下部の内ポール24のリセット過程におけるスプリング159’の下部の内ポール24に作用する力がより均等に分布するようになる。操作体29が下部の内ポール24と接触する一端には噴液台3引き金7が配置され、当該噴液台3引き金7の配置により操作体29の回転の安定性を高めている。

0034

また、制御機構27には引き金7を含み、引き金7の内端は上部のポール体21内に位置し、外端は上部のポール体21外に位置し、引き金7中部は上部のポール体21と回転連結され、引き金7内端は上部の内ポール23と繋がって、引き金7が動くと連動して上部の内ポール23が軸方向に移動するようになっており、引き金7を引くと上部の内ポール23を軸方向に移動させて上部の内ポール23が下部の内ポール24を軸方向へ移動するように押し動かすことで操作体29の動きと操作上の利便性が実現されている。上部の内ポール23下端と下部の内ポール24上端の間には上部のポール体21と下部のポール体22の連結後上部の内ポール23と下部の内ポール24の伝動を安定させる保護構造が配置されている。

0035

さらに、保護構造には上部のポール体21下端及び/又は下部のポール体22上端内に配置される内管体35を含み、上部の内ポール23下端と下部の内ポール24上端はいずれも内管体35内に位置し、かつ上部の内ポール23下端と下部の内ポール24上端は相互に当接し、上部の内ポール23下端及び/又は下部の内ポール24上端と内管体35内壁との間にはそれぞれ径方向凸リング36が配置され、上部の内ポール23と下部の内ポール24の一部は径方向の凸リング36を通して内管体35内に配置され、連結後の上部の内ポール23下端と下部の内ポール24上端とが相互に当接した際の伝動の安定性が高められ、連結後の構造の強度が強化されている。ここで、上部のポール体21と上部の内ポール23の間には、上部のポール体21からの上部の内ポール23の離脱を防止する第モップポール1軸方向行程リミット機構、及び上部のポール体21内での上部の内ポール23のぐらつきを防止する第モップポール1径方向リミット機構が配置されている。下部のポール体22と下部の内ポール24の間には、下部のポール体22からの下部の内ポール24の離脱を防止する第モッブ台2軸方向行程リミット機構、及び下部のポール体22内での下部の内ポール24のぐらつきを防止する第モッブ台2径方向リミット機構が配置されている。

0036

好ましくは、ここで弾性復位機構30には下部の内ポール24下方に配置される内嵌合噴液機構51aを含み、前記内嵌合噴液機構51aにはバルブコア・スプリング2aと押圧部3aを含み、押圧部3aは下部の内ポール24と当接しており、下部の内ポール24が下方へ移動すると、前記内嵌合噴液機構51aから出水して前記下部の内ポール24は上方への動きが生じるようになり、この構造によりモップ下部の体積を小さくし、清掃時のモップの機動性が高められる。あるいは前記バルブコア・スプリング2aをピストン4a内に配置し、この構造によりバルブコア・スプリング2aの径方向のぐらつきを抑えることができる。

0037

ここに記載する特定の実施例は本発明の趣旨を例示的な説明に過ぎないものである。本発明が属する技術分野における通常の知識を有する者は、本発明の趣旨から逸脱することなく、あるいは添付の本特許請求の範囲に定義される範囲を越えることなく、ここに記載する特定の実施例に様々な変更や補充を行い、あるいは類似の方式でこれを置換することができる。

0038

ここに使用する用語は上部のポール体21、下部のポール体22、ポール連結機構26、上部の内ポール23、下部の内ポール24、制御機構27、操作孔28、操作体29、弾性復位機構30、スプリング159’、スプリング159’シート、スプリング159’孔、引き金7、内管体35、径向凸リング36、噴液台3引き金7、内嵌合噴液機構51a、バルブコア・スプリング2a、押圧部3a、ピストン4a等、多数にわたるが、その他の用語の使用可能性を排除するものではない。これらの用語は本発明の本質をより分かりやすく記述・説明するために使用するものに過ぎず、これらを追加的な制限事項として解釈することは本発明の趣旨に反するものである。
[第三実施形態]

0039

図10〜18に示すように、前記モップポール1にはポンプ装着に用いる噴液台3が配置され、前記噴液台3とモップポール1の間にはモップポール1に対し噴液台3を周方向の単方向に位置決めしてノズル4の方向に固定する第1の周方向の単方向位置固定機構8が配置され、かつ噴液台3上にはノズル4を有する噴液機構5が配置され、他端にはバンドル体6が連結され、バンドル体6の片側には可動の引き金7が配置され、当該噴液台3とモップポール1の間にはモップポール1に対し噴液台3を周方向の単方向に位置決めしてノズル4の方向に固定する第1の周方向の単方向位置固定機構8が配置され、バンドル体6とモップポール1の間にはモップポール1に対しバンドル体6を周方向の単方向に位置決めして引き金7の方向をノズル4とは反対方向に向かせる第2の周方向の単方向位置固定機構9が配置され、組み立てるとき、まず噴液台3を第1の周方向の単方向位置固定機構8とモップポール1下端を通して組み立て、その後バンドル体6を第2の周方向の単方向位置固定機構9とモップポール1上端を通して組み立て、この時引き金7とノズル4は反対方向を向き、装着時に引き金7とノズル4が同じ方向を向く誤装着を防ぎ、装着の正確性と効率性を高めている。

0040

具体的に、モップポール1には上部のポール体21と下部のポール体22を含み、上部のポール体21と下部のポール体22の間には下柄体に対して上柄体を周方向の単方向に位置決めする第3の周方向の単方向位置固定機構25が配置され、第噴液台3単方向位置決め機構第3の周方向の単方向位置固定機構25は上部のポール体21と下部のポール体22を位置決め連結させ、かつ第1の周方向の単方向位置固定機構8、第2の周方向の単方向位置固定機構9及び第3の周方向の単方向位置固定機構25はそれぞれ凹凸式位置決め機構、単方向係着機構、単方向差込連結機構及び単方向ピン連結機構のいずれか又はその組み合わせであり、その中、第1の周方向の単方向位置固定機構8には噴液台3上端に配置される位置固定筐体10を含み、モップポール1下端は位置固定筐体10内に差し込まれ、位置固定筐体10内側又はモップポール1下端には第1の位置固定凸部11が配置され、位置固定筐体10内側又はモップポール1下端には第1の位置固定凸部11と周方向に位置決めされる第1の位置固定凹部12が配置され、装着過程においては第1の位置固定凸部11と第1の位置固定凹部12の周方向位置を正確に合わせることで初めて噴液台3とモップポール1を連結することができるようになっており、装着の正確性が確保されている。好ましくは、第1の周方向の単方向位置固定機構8と第2の周方向の単方向位置固定機構9が単方向ピン連結機構である場合には、モップ柄の上端と下端にそれぞれモップ柄上の径方向に相対して配置されるモッブ台2つのピンホールを有し、かつモップ柄上の径方向に相対して配置され、当該ピンホールは一方が大きく、別の一方が小さくなっており、まず直径の大きいピンホールの周方向位置を仮決めしてから、直径の小さいピンホールで最終的に位置決めする。

0041

さらに、第1の周方向の単方向位置固定機構8にはまた噴液台3上部と位置固定筐体10周方向外側に配置される転結シリンダ13を含み、かつ転結シリンダ13は単方向位置固定モジュール14と通して噴液台3と着脱が可能であり、転結シリンダ13は位置固定筐体10と噴液台3を周方向に包み込んでモップポール1と噴液台3の径方向の離脱を防止することができ、連結の安定性を高めている。単方向位置固定モジュール14には少なくともモップポール1つの噴液台3上の弾性位置固定止め部15を含み、転結シリンダ13上には弾性位置固定止め部15と係合する位置固定孔16が設置され、位置固定筐体10の周方向には転結シリンダ13軸方向に沿って伸びる若干数の位置固定溝17が配置され、かつ転結シリンダ13の周方向には位置固定溝17と係合する若干数の位置固定凸ストライプ18aが配置され、位置固定溝17と位置固定凸ストライプ18aは使用時の周方向のぐらつきを防止することができる。単方向位置固定モジュール14は一方で転結シリンダ13と噴液台3の間の着脱を可能にしてスプレー台のメンテナンスの利便性を高め、他方で弾性位置固定止め部15と位置固定孔16は転結シリンダ13を周方向に位置決めして、連結の安定性を強化している。

0042

また、第2の周方向の単方向位置固定機構9は少なくともバンドル体6内又はモップポール1上部に配置される第2の位置固定凸部18をモップポール1つ含み、バンドル体6又はモップポール1上部は少なくとも第2の位置固定凸部18と係合する第2の位置固定凹部19をモップポール1つ有する。噴液機構5は制御機構20を通して引き金7と連動し、かつノズル4の噴射方向はモッブ台2上へのプロジェクションがモッブ台2の長軸方向と互いに垂直になり、噴射方向とモッブ台2の長軸方向とが垂直であることにより噴射時のモップの面積を広くし、清掃効率を高めている。

0043

上記に記載する制御機構20は、ジョイント式連結でモップ柄を形成する上部のポール体21と下部のポール体22を含み、上部のポール体21内にはトリガーと連動する上部の内ポール23を有し、下部のポール体22内には液体噴射機構と連動する下部の内ポール24を有し、かつ上部のポール体21と下部のポール体22の連結時に上部の内ポール23と下部の内ポール24は互いに当接する。

0044

ここに記載する特定の実施例は本発明の趣旨を例示的な説明に過ぎないものである。本発明が属する技術分野における通常の知識を有する者は、本発明の趣旨から逸脱することなく、あるいは添付の本特許請求の範囲に定義される範囲を越えることなく、ここに記載する特定の実施例に様々な変更や補充を行い、あるいは類似の方式でこれを置換することができる。

0045

ここに使用する用語はモップポール1、モッブ台2、噴液台3、ノズル4、噴液機構5、バンドル体6、引き金7、第1の周方向の単方向位置固定機構8、第2の周方向の単方向位置固定機構9、位置固定筐体10、第1の位置固定凸部11、第1の位置固定凹部12、転結シリンダ13、単方向位置固定モジュール14、弾性位置固定止め部15、位置固定孔16、位置固定溝17、位置固定凸ストライプ18a、第2の位置固定凸部18、第2の位置固定凹部19、制御機構20、上部のポール体21、下部のポール体22、上部の内ポール23、下部の内ポール24、第3の周方向の単方向位置固定機構25等、多数にわたるが、その他の用語の使用可能性を排除するものではない。これらの用語は本発明の本質をより分かりやすく記述・説明するために使用するものに過ぎず、これらを追加的な制限事項として解釈することは本発明の趣旨に反するものである。

0046

以上、本発明について詳細に説明してきたが、以上に述べてきたものは、本発明の好適な実施例の1つに過ぎず、これを以って本発明の実施の範囲を限定することはできないのであり、本発明に基づく特許請求の範囲を同等に変更及び修飾するものは須らく本発明の特許請求の範囲内に帰する。

0047

420 第1の通路
410 第2の通路
101 孔
130モップヘッド
111水タンク
159’スプリング
10位置固定筐体
11 第1の位置固定凸部
12 第1の位置固定凹部
13 転結シリンダ
14 単方向位置固定モジュール
15弾性位置固定止め部
16位置固定孔
17位置固定溝
18a 位置固定凸ストライプ
18 第2の位置固定凸部
19 第2の位置固定凹部
21 上部のポール体
22 下部のポール体
23 上部の内ポール
24 下部の内ポール
25 第3の周方向の単方向位置固定機構
26ポール連結機構
31噴水ポンプ
41 上連結ヘッド
42 下連結ヘッド
51 吸水導管
71排水導管
61ノズル
27制御機構
29操作体
30 弾性復位機構
35内管体
36凸リング
28操作孔
32スプリングシート
33スプリング孔
7引き金
37弧形
1a 内嵌合噴液機構
2aバルブコア・スプリング
3a押圧部
4aピストン
1モップポール
2 モッブ台
3 噴液台

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アズマ工業株式会社の「 清掃具」が 公開されました。( 2020/04/16)

    【課題】清掃時に手から脱落し難く、且つ、平坦面であっても曲面であっても確実に清掃することができる、使用性に勝れた清掃具を提供する。【解決手段】ヘッド本体3は、非圧縮性で且つ可撓性のある合成樹脂で形成さ... 詳細

  • 山崎産業株式会社の「 処理用パイル保持体」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】対象物の比較的凹凸等の変化の少ない部分に対し、効率良く処理することができると共に、対象物の凹凸や起伏等の変化が比較的多い部分に対し、細部に行き渡りつつ効果的に処理することができる処理用パイル保... 詳細

  • 日本製紙クレシア株式会社の「 複合不織布を用いたウエットティシューおよび複合不織布の製造方法」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】スパンボンド不織布とパルプ繊維ウエブとによる複合不織布を使用して製造コストを抑え、保水性や湿潤強度だけでなく外観、風合い、拭取り性なども改善されているウエットティシューを提供する。【解決手段】... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ