図面 (/)

技術 二重駆動電動機械

出願人 楊泰和
発明者 楊泰和
出願日 2017年11月20日 (4年0ヶ月経過) 出願番号 2017-222607
公開日 2018年3月1日 (3年8ヶ月経過) 公開番号 2018-033315
状態 特許登録済
技術分野 減速機2 電動機,発電機と機械的装置等との結合
主要キーワード 導電装置 摩擦輪 外燃エンジン 軌道車 ボディシェル 水上船舶 メカニカルアーム 風力発電用ブレード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

入出力端負荷との離脱のときの動力損失を低減する二重駆動電動機械を提供する。

解決手段

遊星歯車列(DG101)は、ケーシング(H100)に固設されており電機内旋回部(EM101)および電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、太陽歯車(W101)、外輪(W102)、ならびに、遊星歯車(W103)を有する。入出力端の回転軸(S101)は、電機内旋回部(EM101)に固定されている。入出力端の回転軸(S102)は、外輪(W102)に固定されている。スリーブ回転軸(AS101)は、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されている。制御可能な制動装置(BK101)は、スリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に単独で設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する。

概要

背景

従来、入出力端負荷との間に、摩擦式電磁クラッチ装置を設置し、摩擦式電磁クラッチ装置に対して通電または断電を通して、ロックまたはリリースすることによって、負荷と連結または解放される回転電機が知られている。

概要

入出力端と負荷との離脱のときの動力損失を低減する二重駆動電動機械を提供する。遊星歯車列(DG101)は、ケーシング(H100)に固設されており電機内旋回部(EM101)および電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、太陽歯車(W101)、外輪(W102)、ならびに、遊星歯車(W103)を有する。入出力端の回転軸(S101)は、電機内旋回部(EM101)に固定されている。入出力端の回転軸(S102)は、外輪(W102)に固定されている。スリーブ回転軸(AS101)は、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されている。制御可能な制動装置(BK101)は、スリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に単独で設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する。

目的

本発明は、上記問題に鑑みてなされたものであり、その目的は、入出力端と負荷との離脱のときの動力損失を低減する二重駆動電動機械を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設置されている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられている外輪(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する遊星歯車列(DG101)と、電機内旋回部(EM101)に固定されている入出力端回転軸(S101)と、外輪(W102)に固定されている入出力端の回転軸(S102)と、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されているスリーブ回転軸(AS101)と、電機外旋回部(EM102)に固定されており、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられているロッカアーム(A101)と、スリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に単独で設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK101)と、を備えることを特徴とする二重駆動電動機械。

請求項2

ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設置されている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられており電機外旋回部(EM102)に固定されている外輪歯車(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪歯車(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する遊星歯車列(DG101)と、電機内旋回部(EM101)に固定されている入出力端の回転軸(S101)と、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられているロッカアーム(A101)と、ロッカアーム(A101)に固定されている入出力端の回転軸(S102)と、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されているスリーブ回転軸(AS101)と、スリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に単独で設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK101)と、を備えることを特徴とする二重駆動電動機械。

請求項3

ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設けられている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されているロッカーアーム(A101)に沿って回転する遊星歯車(W103)と相対回転可能に設けられている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられており電機外旋回部(EM102)に固定されている外輪(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する遊星歯車列(DG101)と、太陽歯車(W101)に固定されており、電機内旋回部(EM101)及びロッカーアーム(A101)と相対回転可能に設置されている入出力端の回転軸(S101)と、電機内旋回部(EM101)に固定されている入出力端の回転軸(S102)と、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されているスリーブ回転軸(AS101)と、電機内旋回部(EM101)の周りに固定されており、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられているロッカアーム(A101)と、スリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に単独で設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK101)と、を備えることを特徴とする二重駆動電動機械。

請求項4

入出力端の回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK102)、又は、入出力端の回転軸(S101)とケーシング(H100)との間に設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK103)のいずれか一方をさらに備えることを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項に二重駆動電動機械。

請求項5

ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設置されている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられている外輪(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する遊星歯車列(DG101)と、電機内旋回部(EM101)に固定されている入出力端の回転軸(S101)と、外輪(W102)に固定されている入出力端の回転軸(S102)と、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されているスリーブ回転軸(AS101)と、電機外旋回部(EM102)に固定されており、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられているロッカアーム(A101)と、入出力端の回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に設けられており前記回転軸(S102)の両方向の回転に対してブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK102)、又は、入出力端の回転軸(S101)とケーシング(H100)との間に設けられており前記回転軸(S101)の両方向の回転に対してブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK103)のいずれか一方と、を備えることを特徴とする二重駆動電動機械。

請求項6

ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設置されている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられており電機外旋回部(EM102)に固定されている外輪歯車(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪歯車(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する遊星歯車列(DG101)と、電機内旋回部(EM101)に固定されている入出力端の回転軸(S101)と、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられているロッカアーム(A101)と、ロッカアーム(A101)に固定されている入出力端の回転軸(S102)と、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されているスリーブ回転軸(AS101)と、入出力端の回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に設けられており前記回転軸(S102)の両方向の回転に対してブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK102)、又は、入出力端の回転軸(S101)とケーシング(H100)との間に設けられており前記回転軸(S101)の両方向の回転に対してブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK103)のいずれか一方と、を備えることを特徴とする二重駆動電動機械。

請求項7

ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設けられている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されているロッカーアーム(A101)に沿って回転する遊星歯車(W103)と相対回転可能に設けられている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられており電機外旋回部(EM102)に固定されている外輪(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する遊星歯車列(DG101)と、太陽歯車(W101)に固定されており、電機内旋回部(EM101)及びロッカーアーム(A101)と相対回転可能に設置されている入出力端の回転軸(S101)と、電機内旋回部(EM101)に固定されている入出力端の回転軸(S102)と、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されているスリーブ回転軸(AS101)と、電機内旋回部(EM101)の周りに固定されており、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられているロッカアーム(A101)と、入出力端の回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に設けられており前記回転軸(S102)の両方向の回転に対してブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK102)、又は、入出力端の回転軸(S101)とケーシング(H100)との間に設けられており前記回転軸(S101)の両方向の回転に対してブレーキロックまたはリリース機能を有する制御可能な制動装置(BK103)のいずれか一方と、を備えることを特徴とする二重駆動電動機械。

技術分野

0001

本発明は、遊星歯車列を備える二重駆動電動機械に関する。

背景技術

0002

従来、入出力端負荷との間に、摩擦式電磁クラッチ装置を設置し、摩擦式電磁クラッチ装置に対して通電または断電を通して、ロックまたはリリースすることによって、負荷と連結または解放される回転電機が知られている。

先行技術

0003

特開2006−123903号公報

発明が解決しようとする課題

0004

従来の回転電機は、離脱するときに、常に残留トルクによって、動力損失と効率の悪いシステム稼動とを来たす問題がある。
本発明は、上記問題に鑑みてなされたものであり、その目的は、入出力端と負荷との離脱のときの動力損失を低減する二重駆動電動機械を提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明において、遊星歯車列(DG101)は、ケーシング(H100)に固設されており、電機内旋回部(EM101)、および、電機内旋回部(EM101)と相対回転可能に設置されている電機外旋回部(EM102)からなる二重駆動電動機械(EM100)、電機内旋回部(EM101)に固定されている太陽歯車(W101)、太陽歯車(W101)の径方向外側に設けられている外輪(W102)、ならびに、太陽歯車(W101)と外輪(W102)との間に設けられている遊星歯車(W103)を有する。
入出力端の回転軸(S101)は、電機内旋回部(EM101)に固定されている。
入出力端の回転軸(S102)は、外輪(W102)に固定されている。
スリーブ回転軸(AS101)は、入出力端の回転軸(S101)と相対回転可能であり、電機外旋回部(EM102)に固定されている。
ロッカアーム(A101)は、電機外旋回部(EM102)に固定されており、遊星歯車(W103)の回転軸として設けられている。
制御可能な制動装置(BK101)は、スリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に単独で設けられておりブレーキロックまたはリリース機能を有する。

図面の簡単な説明

0006

本発明の第1実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第2実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第3実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第4実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第5実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第6実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第7実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第8実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第9実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第10実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第11実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第12実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第13実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第14実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第15実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第16実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第17実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第18実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第19実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第20実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。
本発明の第21実施形態による二重駆動電動機械を示す模式図。

実施例

0007

本発明の制御可能な遊星歯車列と結合する二重駆動電動機械は、一種の二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)に結合し、及び二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、外輪(W102)と連結する回転軸(S102)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合して入出力端とし、また上述した3つの入出力端の一部または全部を別々に属する制御可能な制動装置の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置の別の作動側をケーシング(H100)に結合し、制御可能な制動装置の操作を通して、ブレーキロックまたはリリースすることによって、遊星歯車列(DG101)の入出力端の回転軸(S101)と入出力端の回転軸(S102)と入出力端のスリーブ回転軸(AS101)の三者を作動させることにより、連結駆動または離脱機能を行い、及び二重駆動電動機械(EM100)と入出力端との間を稼動させる。
本発明の複数の実施形態による二重駆動電動機械の結合構造等を以下に説明する。

0008

(第1実施形態)
本発明の第1実施形態による二重駆動電動機械を図1に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、及びスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側と遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。
図1に示す本実施形態の主な構成は下記の通りである。

0009

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0010

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力水力空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0011

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流ブラシレスブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0012

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。更に太陽歯車(W101)を回転軸(S101)と連結して入出力端とする。
図1に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0013

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0014

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷制動外部入力回転運動エネルギートルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0015

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0016

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0017

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0018

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0019

(第2実施形態)
本発明の第2実施形態による二重駆動電動機械を図2に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、及び回転軸(S101)に重ね合わせるスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図2に示す本実施形態の主な構成は下記の通りである。

0020

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。

0021

−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0022

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0023

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0024

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とする。

0025

−−遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図2に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0026

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0027

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0028

−−制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0029

−−制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0030

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0031

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0032

(第3実施形態)
本発明の第3実施形態による二重駆動電動機械を図3に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側と遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。
図3に示す本実施形態の主な構成は下記の通りである。

0033

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。

0034

−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0035

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0036

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0037

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)の二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0038

−−遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、更に太陽歯車(W101)を回転軸(S101)に連結して入出力端とする。
図3に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0039

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0040

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0041

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0042

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0043

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0044

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。
図4図1に示した回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に制御可能な制動装置(BK102)を追加設置する構造模式図を示す。

0045

(第4実施形態)
本発明の第4実施形態による二重駆動電動機械を図4に示す。
第4実施形態は、図1に示した第1実施形態の回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に制御可能な制動装置(BK102)を追加設置する構成である。図4に示す第4実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側と遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、及び回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。その主な構成は下記の通りである。

0046

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。

0047

−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、スリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0048

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0049

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0050

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0051

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を回転軸(S102)に結合して入出力端とし、また遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。及び回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図4に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0052

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0053

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0054

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0055

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0056

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0057

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S101)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0058

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)の二者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)との間のブレーキが全てロックされる。

0059

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。
上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0060

(第5実施形態)
本発明の第5実施形態による二重駆動電動機械を図5に示す。
第5実施形態は、図2に示した第2実施形態の回転軸(S101)とケーシング(H100)との間に制御可能な制動装置(BK103)を追加設置する構成である。

0061

図5に示す第5実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側と遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、及び回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。その主な構成は下記の通りである。

0062

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。

0063

−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0064

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0065

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0066

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0067

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)と結合して入出力端とし、制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とする。
図5に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0068

−−制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0069

−−制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0070

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0071

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0072

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0073

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S101)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0074

−−制御可能な制動装置(BK103)、制御可能な制動装置(BK102)の二者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)との間のブレーキが全てロックされる。

0075

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0076

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0077

(第6実施形態)
本発明の第6実施形態による二重駆動電動機械を図6に示す。
第6実施形態は、図3に示した第3実施形態のスリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に制御可能な制動装置(BK101)を追加設置する構成である。
図6に示す第6実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、回転軸(S101)に結合して回転するスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。その主な構成は下記の通りである。

0078

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。

0079

−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0080

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0081

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0082

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0083

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0084

−−遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。
図6に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0085

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0086

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0087

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0088

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0089

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0090

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0091

−−制御可能な制動装置(BK103)と制御可能な制動装置(BK102)の二者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)との間のブレーキが全てロックされる。

0092

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0093

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0094

(第7実施形態)
本発明の第7実施形態による二重駆動電動機械を図7に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。構造模式図を示す。

0095

図7に示す第7実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。及び回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。その主な構成は下記の通りである。

0096

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。

0097

−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端は回転軸(S101)を軸方向に延伸させ、電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)、回転軸(S102)の二者またはその中の1つに重ね合わせ、その上で回転する。

0098

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0099

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0100

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0101

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)をロッカアーム(A101)に結合する。

0102

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0103

−−遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図7に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0104

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の三者が全て解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0105

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の三者が全て解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0106

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0107

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0108

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0109

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S101)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0110

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0111

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S102)及びスリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0112

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の三者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)との間のブレーキが全てロックされる。

0113

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0114

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0115

本発明の制御可能な遊星歯車列と結合する二重駆動電動機械は、更に一歩進んで二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)に結合し、及び二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)と連結する回転軸(S102)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合し、及びスリーブ回転軸(AS101)に結合して入出力端とする。また上述した3つの入出力端の一部または全部を別々に属する制御可能な制動装置の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置の別の作動側をケーシング(H100)に結合し、制御可能な制動装置を通して、ブレーキロックまたはリリースすることによって、遊星歯車列(DG101)の入出力端にある回転軸(S101)と入出力端にある回転軸(S102)と入出力端のスリーブ回転軸(AS101)の三者を作動させ、連結駆動または離脱機能を行い、及び二重駆動電動機械(EM100)と入出力端との間を稼動する。

0116

(第8実施形態)
本発明の第8実施形態による二重駆動電動機械を図8に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、及びスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。
図8に示す第8実施形態の主な構成は下記の通りである。

0117

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0118

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0119

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0120

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。更に太陽歯車(W101)を回転軸(S101)と連結して入出力端とする。
図8に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0121

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0122

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0123

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0124

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0125

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0126

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0127

(第9実施形態)
本発明の第9実施形態による二重駆動電動機械を図9に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、及び回転軸(S101)に重ね合わせるスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図9に示す第9実施形態の主な構成は下記の通りである。

0128

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0129

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0130

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0131

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また外輪(W102)によって動かされるロッカアーム(A101)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とする。

0132

−−遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図9に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0133

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0134

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0135

−−制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0136

−−制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0137

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0138

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0139

(第10実施形態)
本発明の第10実施形態による二重駆動電動機械を図10に示す。
本実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)とスリーブ回転軸(AS101)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。
図10に示す第10実施形態の主な構成は下記の通りである。

0140

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0141

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0142

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0143

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)の二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0144

−−遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、また回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、更に太陽歯車(W101)を回転軸(S101)に連結して入出力端とする。
図10に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0145

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0146

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0147

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0148

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0149

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0150

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0151

(第11実施形態)
本発明の第11実施形態による二重駆動電動機械を図11に示す。
第11実施形態は、図8に示した第8実施形態の回転軸(S102)とケーシング(H100)との間に、制御可能な制動装置(BK102)を追加設置する構成である。
図11に示す第11実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側と遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の外輪(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、及び回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。その主な構成は下記の通りである。

0152

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0153

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0154

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する

0155

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0156

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を回転軸(S102)に結合して入出力端とし、外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)で回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、及び回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図11に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0157

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0158

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0159

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0160

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0161

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0162

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)の間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S101)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0163

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)の二者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)の間のブレーキが全てロックされる。

0164

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0165

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0166

(第12実施形態)
本発明の第12実施形態による二重駆動電動機械を図12に示す。
第12実施形態は、図9に示した第9実施形態の回転軸(S101)とケーシング(H100)との間に制御可能な制動装置(BK103)を追加設置する構成である。
図12に示す第12実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側と遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)でロッカアーム(A101)を動かし、及び電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、及び回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。その主な構成は下記の通りである。

0167

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0168

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0169

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0170

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0171

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)を回転軸(S102)に結合して入出力端とし、回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とする。
図12に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0172

−−制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0173

−−制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0174

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0175

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0176

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0177

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)の間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S101)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0178

−−制御可能な制動装置(BK103)、制御可能な制動装置(BK102)の二者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)の間のブレーキが全てロックされる。

0179

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0180

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0181

(第13実施形態)
本発明の第13実施形態による二重駆動電動機械を図13に示す。
第13実施形態は、図10に示した第10実施形態のスリーブ回転軸(AS101)とケーシング(H100)との間に制御可能な制動装置(BK101)を追加設置する構成である。

0182

図13に示す第13実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、回転軸(S101)に結合して回転するスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。遊星歯車列(DG101)のボディシェルをケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。その主な構成は下記の通りである。

0183

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0184

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0185

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する

0186

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0187

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0188

−−遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。
図13に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0189

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0190

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)の二者が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0191

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0192

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0193

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0194

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)の間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0195

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)の二者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)の間のブレーキが全てロックされる。

0196

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0197

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0198

(第14実施形態)
本発明の第14実施形態による二重駆動電動機械を図14に示す。
第14実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0199

図14に示す第14実施形態は、遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び回転軸(S102)を駆動して入出力端とし、及び回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。その主な構成は下記の通りである。

0200

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を回転軸(S102)に連結する。

0201

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0202

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0203

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する

0204

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S101)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0205

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)と二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を通して、二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0206

−−遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。また遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)でロッカアーム(A101)を動かし、及び回転軸(S102)を駆動して入出力端とする。回転軸(S102)またはロッカアーム(A101)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図14に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0207

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の三者が全て解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0208

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の三者が全て解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0209

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0210

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0211

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0212

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)の間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、また回転軸(S101)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0213

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0214

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキがロックされ、制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)の間、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S102)及びスリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0215

−−制御可能な制動装置(BK101)と制御可能な制動装置(BK102)と制御可能な制動装置(BK103)の三者のブレーキがロックされるとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の間のブレーキが全てロックされる。

0216

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0217

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0218

本発明の制御可能な遊星歯車列と結合する二重駆動電動機械は、更に一歩進んで二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)を遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)に結合し、及び二者が共用する回転軸(S101)を入出力端とし、遊星歯車(W103)によって動かされるロッカアーム(A101)と連結する回転軸(S102)を入出力端とし、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合し、及びスリーブ回転軸(AS101)に結合して入出力端とする。また上述した3つの入出力端の一部または全部を別々に属する制御可能な制動装置の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置の別の作動側をケーシング(H100)に結合し、制御可能な制動装置を通して、ブレーキロックまたはリリースすることによって、遊星歯車列(DG101)の入出力端にある回転軸(S101)と入出力端にある回転軸(S102)と入出力端のスリーブ回転軸(AS101)の三者を作動させ、連結駆動または離脱機能を行い、及び二重駆動電動機械(EM100)と入出力端との間を稼動する。

0219

(第15実施形態)
本発明の第15実施形態による二重駆動電動機械を図15に示す。
本実施形態は、二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)と遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)とロッカアーム(A101)を通して、共同して回転軸(S102)に連結して入出力端とし、及び太陽歯車(W101)によって回転軸(S101)に連結して入出力端とし、また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)に結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)に結合し、及びスリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、また制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設する。
図15に示す第15実施形態の主な構成は下記の通りである。

0220

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を電機内旋回部(EM101)及び回転軸(S102)に連結する。

0221

−−制御可能な制動装置(BK101):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側をスリーブ回転軸(AS101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0222

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S102)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0223

−−二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)と遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)とロッカアーム(A101)を通して、共用して回転軸(S102)に結合して入出力端とし、及び太陽歯車(W101)を回転軸(S101)に結合して入出力端とし、また外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)及びスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、スリーブ回転軸(AS101)を制御可能な制動装置(BK101)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK101)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。更に太陽歯車(W101)を回転軸(S101)と連結して入出力端とする。
図15に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0224

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)とスリーブ回転軸(AS101)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0225

−−制御可能な制動装置(BK101)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0226

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0227

−−制御可能な制動装置(BK101)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)と回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0228

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0229

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0230

(第16実施形態)
本発明の第16実施形態による二重駆動電動機械を図16に示す。
本実施形態は、二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)と遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)とロッカアーム(A101)を通して、共同して回転軸(S102)に連結して入出力端とし、及び太陽歯車(W101)によって回転軸(S101)に連結して入出力端とし、外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、及び回転軸(S101)に重ね合わせるスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とし、回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図16に示す第16実施形態の主な構成は下記の通りである。

0231

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を電機内旋回部(EM101)と回転軸(S102)に連結する。

0232

−−制御可能な制動装置(BK102):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S102)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0233

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S102)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0234

−−二重駆動電動機械(EM100)の電機内旋回部(EM101)と遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)とロッカアーム(A101)を通して、共用して回転軸(S102)に連結して入出力端とし、太陽歯車(W101)によって回転軸(S101)に連結して入出力端とし、外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、及び回転軸(S101)に重ね合わせるスリーブ回転軸(AS101)を入出力端とする。

0235

−−遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)とロッカアーム(A101)と電機内旋回部(EM101)が共同して回転軸(S102)に連結して入出力端とし、回転軸(S102)を制御可能な制動装置(BK102)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK102)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。
図16に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0236

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とロッカアーム(A101)と回転軸(S102)の三者の駆動関係はアイドル状態である。

0237

−−制御可能な制動装置(BK102)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさによって、回転速度の速さや回転方向に対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0238

−−制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機以外の機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0239

−−制御可能な制動装置(BK102)のブレーキがロックされ、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)との間は、発電機機能またはモータ機能として動作し、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

0240

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の電気エネルギーの駆動制御を受け、モータ機能として独自で負荷を駆動し、または外部入力の回転運動エネルギーと共同して負荷を駆動することを含む。

0241

上述した二重駆動電動機械(EM100)に対応する機能が互いに稼動し、外部入力の回転運動エネルギーの駆動または負荷慣性運動エネルギーの駆動により発電機機能として動作してから、電気エネルギーを出力することによって、外部電気エネルギーの負荷を駆動し、または外部蓄電装置に対して充電する。

0242

(第17実施形態)
本発明の第17実施形態による二重駆動電動機械を図17に示す。
本実施形態は、二重駆動電動機械(EM100)と電機内旋回部(EM101)と遊星歯車列(DG101)の遊星歯車(W103)とロッカアーム(A101)を通して、共同して回転軸(S102)に連結して入出力端とし、及び太陽歯車(W101)によって回転軸(S101)に連結して入出力端とし、回転軸(S101)を制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)をケーシング(H100)に固設し、遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)に結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)に結合し、スリーブ回転軸(AS101)を入出力端とする。
図17に示す第17実施形態の主な構成は下記の通りである。

0243

−−遊星歯車列(DG101):太陽歯車(W101)、外輪(W102)及び少なくとも1個の遊星歯車(W103)によって構成されることを含む。歯車が互いに噛合うことにより遊星歯車列の機能を形成し、または摩擦輪が互いに摩擦駆動することにより遊星歯車列の機能を形成し、更に回転軸(S101)、回転軸(S102)、ロッカアーム(A101)、スリーブ回転軸(AS101)及び軸受によって構成され、かつボディシェルを配置し、ケーシング(H100)に結合することを含む。
−−ロッカアーム(A101):一端は遊星歯車(W103)を回転または動かし、別端を電機内旋回部(EM101)と回転軸(S102)に連結する。

0244

−−制御可能な制動装置(BK103):人力または機械力、水力、空気力、または、電磁力により制御する制動装置であり、2つの制御できる作動側を備え、閉合するブレーキロック状態または分離・解放状態で稼動させ、その1つの作動側を回転軸(S101)に連結し、別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0245

−−二重駆動電動機械(EM100):交流または直流、ブラシレス、ブラシ、同期または非同期の二重駆動電動機械によって構成され、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)を備え、及び端のカバー、軸受、電気エネルギーを導入する導電装置を設け、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)を同軸に沿って回転させ、その中の電機内旋回部(EM101)を回転軸(S102)に結合し、電機外回旋部(EM102)を外輪(W102)に結合する。

0246

−−遊星歯車列(DG101)の太陽歯車(W101)を回転軸(S101)と連結し、回転軸(S101)を制御可能な制動装置(BK103)の1つの作動側に連結し、制御可能な制動装置(BK103)の別の作動側をケーシング(H100)に固設する。

0247

−−遊星歯車列(DG101)の外輪(W102)を電機外回旋部(EM102)と結合してから、またスリーブ回転軸(AS101)と結合し、スリーブ回転軸(AS101)を回転軸(S101)に重ね合わせて回転して入出力端とし、更に太陽歯車(W101)を回転軸(S101)に連結して入出力端とする。
図17に示す実施形態は、下記の一種または一種以上の機能を含む。

0248

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、回転軸(S101)とスリーブ回転軸(AS101)及びと回転軸(S102)三者の駆動関係はアイドル状態である。

0249

−−制御可能な制動装置(BK103)が解放され、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)及び電機外回旋部(EM102)の間、によって回転軸(S101)、回転軸(S102)、スリーブ回転軸(AS101)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーのトルクの大きさ、回転速度の速さや回転方向、また対応する発電機機能またはモータ機能に対応して稼動する。

0250

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキロック、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、スリーブ回転軸(AS101)と回転軸(S102)の駆動関係は駆動可能な連結である。

0251

−−制御可能な制動装置(BK103)のブレーキロック、また二重駆動電動機械(EM100)の電機機能が稼動するとき、電機内旋回部(EM101)と電機外回旋部(EM102)の間、発電機機能またはモータ機能として動作し、スリーブ回転軸(AS101)、回転軸(S102)が受ける外部負荷の制動/外部入力の回転運動エネルギーに対応して稼動する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アイシン精機株式会社の「 ディファレンシャル装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】ディファレンシャル装置は、デフケースと、該デフケースに支持され、第1軸及び第1軸に直交する第2軸上に配置された複数のピニオンシャフトと、それらピニオンシャフトにそれぞれ回転自在に支持... 詳細

  • 日本電産株式会社の「 モータユニット」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】本発明のモータユニットの一つの態様は、車両に搭載され車両を駆動させるモータユニットである。モータユニットは、モータおよびモータを収容するハウジングを有する本体部と、モータに電力を供給... 詳細

  • フレニ・ブレンボエス・ピー・エーの「 改良されたブレーキ用電気油圧式アクチュエータ」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】本発明は、ブレーキキャリパを作動する電気油圧式アクチュエータ(100)に関する。アクチュエータは、ドライブシャフト(2)を備えた電気モータ(1)、ドライブシャフトの回転運動をブレーキ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ