図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2018年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

作業現場モニタリングし、作業者等へ効率面や安全面の懸念がある場合、警報を発生する。

解決手段

環境条件モニタするためのシステム10は、作業者14に装着されるウェアラブルデバイス20と、作業環境12に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一以上の環境条件のモニタリングに基づいて環境サンプリング情報確定するよう構成された、一以上の環境サンプリングセンサとを含む。このシステム10は、作業者の所在地情報を確定するよう構成された所在地センサを更に含み、作業者の所在地情報は、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む。システム10は、環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、かつ、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一以上の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成された、コントローラを含む。

概要

背景

作業環境は、多くの場合、同時に発生する多種多様な活動を含み、これらの活動により、各人が望ましくない条件に曝露されることがある。かかる作業環境(例えば製造環境)は、同一の作業環境において、数ある中でも特に、複数の複雑な工程、この環境内に存在する作業者及び/又は傍観者、この環境の中の設備、この環境の中の製品、及びこの環境の中のプロセスが、同時に存在することにより、上記の条件をモニタする上での独自の課題を提示しうる。数ある中でも特に、気候地形通風状態化学物質及び物質の存在といった、追加的な環境要因も、作業環境の条件を変化させ、追加的な課題をもたらしうる。

作業環境のこのような環境要因は、環境、その環境内の物質、及び作業者自身に対して、様々な影響を及ぼしうる。効率面及び/又は安全面への懸念から、かかる環境条件を効果的にモニタすることが望ましい。これらの環境条件は、作業環境の中の一又は複数の作業者に関連するからである。

概要

作業現場モニタリングし、作業者等へ効率面や安全面の懸念がある場合、警報を発生する。環境条件をモニタするためのシステム10は、作業者14に装着されるウェアラブルデバイス20と、作業環境12に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一以上の環境条件のモニタリングに基づいて環境サンプリング情報確定するよう構成された、一以上の環境サンプリングセンサとを含む。このシステム10は、作業者の所在地情報を確定するよう構成された所在地センサを更に含み、作業者の所在地情報は、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む。システム10は、環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、かつ、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一以上の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成された、コントローラを含む。

目的

コントローラは、一又は複数の環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定し、かつ、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものである場合に、一又は複数の出力デバイス出力信号を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

作業環境(12)に関連付けられた一又は複数の環境条件モニタするためのシステム(10)であって、前記作業環境の中で作業者に装着されるよう、かつ、前記作業環境の中で前記作業者と共に移動するよう構成された、ウェアラブルデバイス(20)と、前記ウェアラブルデバイス(20)に作動可能に関連付けられた一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)であって、各々が、前記作業環境に関連付けられた前記一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、前記一又は複数の環境条件の前記モニタリングに基づいて、環境サンプリング情報確定するよう構成された、一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)と、前記ウェアラブルデバイス(20)に作動可能に関連付けられ、かつ、前記作業者の所在地情報であって、前記作業環境(12)に対する前記作業者の所在地についての情報を含む、前記作業者の所在地情報を確定するよう構成された、所在地センサ(22)と、プロセッサを含むコントローラ(26)であって、前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)から前記環境サンプリング情報を受信し、前記所在地センサ(22)から前記所在地情報を受信し、かつ、前記環境サンプリング情報及び前記所在地情報に基づいて、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成された、コントローラ(26)とを備える、システム(10)。

請求項2

前記ウェアラブルデバイス(20)及び前記コントローラ(26)に作動可能に関連付けられており、前記コントローラ(26)から出力信号を受信するよう、かつ、前記出力信号に基づいて前記作業者に通知を提示するよう構成された、一又は複数の出力デバイス(28)を更に備え、前記コントローラ(26)は、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものである場合に、前記出力信号を生成するよう更に構成される、請求項1に記載のシステム。

請求項3

前記コントローラ(26)に作動可能に関連付けられ、かつ、前記作業者からの入力に基づいて入力信号を生成するよう構成された、一又は複数の入力デバイス(32)を更に備え、前記コントローラ(26)が、前記出力信号に応じる前記入力信号を受信するよう更に構成される、請求項2に記載のシステム。

請求項4

前記一又は複数の出力デバイス(28)が、視覚出力デバイス音声出力デバイス触覚出力デバイス、及びそれらの任意の組み合わせのうちの少なくとも1つを含み、前記通知が、視覚通知、音声通知触覚通知、及びそれらの任意の組み合わせのうちの少なくとも1つを含む、請求項2に記載のシステム。

請求項5

前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)のうちの少なくとも1つが、前記システム(10)に追加され、前記システム(10)から取り外されるよう構成されたモジュール式センサである、請求項1から4のいずれか一項に記載のシステム。

請求項6

第2所在地情報を確定するよう構成された第2所在地センサと、第2コントローラとに作動可能に関連付けられた第2ウェアラブルデバイス(20b)であって、前記作業環境(12)の中で第2作業者に装着され、かつ、前記作業環境の中で前記第2作業者と共に移動するよう構成された、第2ウェアラブルデバイス(20b)と、前記ウェアラブルデバイス(20)及び前記第2ウェアラブルデバイス(20b)をそれぞれ介して、前記作業者と前記第2作業者との間の通信を提供するよう構成され、かつ、前記ウェアラブルデバイス(20)と前記第2ウェアラブルデバイス(20b)の一方に関連付けられた一又は複数の無線トランシーバ(34)を含む、無線ネットワーク(130)とを更に備える、システムであって、前記コントローラ(26)が、前記第2所在地情報に基づいて前記第2作業者の所在地を確認するよう更に構成される、請求項1から5のいずれか一項に記載のシステム。

請求項7

前記第2ウェアラブルデバイス(20b)が、一又は複数の第2環境サンプリングセンサ(24)であって、各々が、前記第2作業者に関連する前記作業環境に関連付けられた一又は複数の第2環境条件をモニタし、かつ、前記一又は複数の環境条件の前記モニタリングに基づいて、第2環境サンプリング情報を確定するよう構成された、一又は複数の第2環境サンプリングセンサ(24)に、作動可能に更に関連付けられており、前記コントローラ(26)が、前記第2環境サンプリング情報及び前記第2所在地情報に基づいて、前記一又は複数の第2環境条件が、前記第2作業者に支援が必要であることを示す支援警報の前記作業者への提示を要するものであるか否かを判定するよう、更に構成される、請求項6に記載のシステム。

請求項8

前記ウェアラブルデバイス(20)に作動可能に関連付けられ、かつ、前記作業者に関連付けられた健康情報を生成するよう構成された、一又は複数のユーザセンサ(30)を更に備え、前記コントローラ(26)は、前記健康情報に基づいて、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう、更に構成される、請求項1から7のいずれか一項に記載のシステム。

請求項9

前記ウェアラブルデバイス(20)に作動可能に関連付けられ、かつ、前記作業者に関連付けられた健康情報を記憶するよう構成された、健康情報データベース(134)を更に備え、前記コントローラ(26)は、前記健康情報に基づいて、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう、更に構成される、請求項1から8のいずれか一項に記載のシステム。

請求項10

前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)が、化学ベースの環境条件を検出するよう構成された化学センサを含み、前記コントローラ(26)が、前記化学センサから前記化学ベースの環境条件を受信し、かつ、前記化学ベースの環境条件及び前記所在地情報に基づいて、前記化学ベースの環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、請求項1から9のいずれか一項に記載のシステム。

請求項11

前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)が、電気的環境条件を検出するよう構成された電気センサを含み、前記コントローラ(26)が、前記電気センサから前記電気的環境条件を受信し、かつ、前記電気的環境条件及び前記所在地情報に基づいて、前記電気的環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、請求項1から10のいずれか一項に記載のシステム。

請求項12

前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)が、高温ベースの環境条件を検出するよう構成された温度センサを含み、前記コントローラ(26)が、前記温度センサから前記高温ベースの環境条件を受信し、かつ、前記高温ベースの環境条件及び前記所在地情報に基づいて、前記高温ベースの環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、請求項1から11のいずれか一項に記載のシステム。

請求項13

前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)が、放射線ベースの環境条件を検出するよう構成された放射線センサを含み、前記コントローラ(26)が、前記放射線センサから前記放射線ベースの環境条件を受信し、かつ、前記放射線ベースの環境条件及び前記所在地情報に基づいて、前記放射線ベースの環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、請求項1から12のいずれか一項に記載のシステム。

請求項14

作業環境(12)に関連付けられた環境条件をモニタするためのウェアラブルデバイス(20)であって、作業者に装着されるよう、かつ、前記作業者と共に移動するよう構成された、装着可能物品と、前記装着可能物品に作動可能に関連付けられた一又は複数のモジュール式環境サンプリングセンサ(24)であって、各々が、前記作業環境(12)に関連付けられた前記一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、前記一又は複数の環境条件の前記モニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定するよう構成された、一又は複数のモジュール式環境サンプリングセンサ(24)と、前記装着可能物品に作動可能に付加され、かつ、前記作業者の所在地情報であって、前記作業環境に対する前記作業者の所在地についての情報を含む、前記作業者の所在地情報を確定するよう構成された、所在地センサ(22)と、前記装着可能物品に作動可能に関連付けられており、出力信号を受信するよう、かつ、前記出力信号に基づいて前記作業者に通知を提示するよう構成された、一又は複数の出力デバイス(28)と、プロセッサを含み、前記モジュール式環境サンプリングセンサ(24)、前記所在地センサ(22)、及び、前記一又は複数の出力デバイス(28)に作動可能に関連付けられたコントローラ(26)であって、前記一又は複数のモジュール式環境サンプリングセンサ(24)から前記環境サンプリング情報を受信し、前記所在地センサ(22)から前記所在地情報を受信し、前記環境サンプリング情報及び前記所在地情報に基づいて、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定し、かつ、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものである場合に、前記一又は複数の出力デバイス(28)に前記出力信号を提供するよう構成された、コントローラ(26)とを備える、ウェアラブルデバイス(20)。

請求項15

作業環境(12)の中の作業者に関連する、前記作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするための方法であって、一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)であって、各々が、前記作業環境(12)の中で前記作業者に装着されるよう構成されたウェアラブルデバイス(20)に作動可能に関連付けられている、一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)を使用して、一又は複数の前記環境条件をモニタすることと、前記一又は複数の環境サンプリングセンサ(24)を使用する前記一又は複数の環境条件の前記モニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定することと、前記ウェアラブルデバイス(20)に作動可能に関連付けられた所在地センサ(22)を使用して、前記作業者の所在地情報であって、前記作業環境(12)に対する前記作業者の所在地についての情報を含む、所在地情報を確定することと、プロセッサを有するコントローラ(26)によって、前記環境サンプリングセンサ(24)から前記環境サンプリング情報を受信することと、前記コントローラ(26)によって、前記所在地センサ(22)から前記所在地情報を受信することと、前記コントローラ(26)によって、前記環境サンプリング情報及び前記所在地情報に基づいて、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定することと、前記一又は複数の環境条件が前記作業者への前記警報の提示を要するものである場合に、前記作業者に前記警報を提供することとを含む、方法。

請求項16

一又は複数の第2環境サンプリングセンサであって、各々が、前記作業環境(12)の中で第2作業者に装着されるよう構成された第2ウェアラブルデバイス(20b)に作動可能に関連付けられている、一又は複数の第2環境サンプリングセンサを使用して、前記第2作業者に関連する一又は複数の第2環境条件をモニタすることと、前記一又は複数の第2環境サンプリングセンサ(24)を使用する前記一又は複数の第2環境条件の前記モニタリングに基づいて、第2環境サンプリング情報を確定することと、前記第2ウェアラブルデバイス(20b)に作動可能に関連付けられた第2所在地センサ(22)を使用して、前記第2作業者の第2所在地情報であって、前記作業環境(12)に対する前記第2作業者の所在地についての情報を含む、第2所在地情報を確定することと、前記コントローラ(26)によって、前記第2環境サンプリング情報及び前記第2所在地情報に基づいて、前記一又は複数の第2環境条件が、前記第2作業者に支援が必要であることを示す支援警報の前記作業者への提示を要するものであるか否かを判定することと、前記一又は複数の第2環境条件が前記作業者への前記支援警報の提示を要するものである場合に、前記作業者に前記支援警報を提示することとを更に含む、請求項15に記載の方法。

技術分野

0001

本開示は概して、作業現場モニタリングに関し、より具体的には、作業現場に関連付けられた環境条件の、場所ベースのモニタリングのためのシステム、方法、及び装置に関する。

背景技術

0002

作業環境は、多くの場合、同時に発生する多種多様な活動を含み、これらの活動により、各人が望ましくない条件に曝露されることがある。かかる作業環境(例えば製造環境)は、同一の作業環境において、数ある中でも特に、複数の複雑な工程、この環境内に存在する作業者及び/又は傍観者、この環境の中の設備、この環境の中の製品、及びこの環境の中のプロセスが、同時に存在することにより、上記の条件をモニタする上での独自の課題を提示しうる。数ある中でも特に、気候地形通風状態化学物質及び物質の存在といった、追加的な環境要因も、作業環境の条件を変化させ、追加的な課題をもたらしうる。

0003

作業環境のこのような環境要因は、環境、その環境内の物質、及び作業者自身に対して、様々な影響を及ぼしうる。効率面及び/又は安全面への懸念から、かかる環境条件を効果的にモニタすることが望ましい。これらの環境条件は、作業環境の中の一又は複数の作業者に関連するからである。

0004

一例により、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタするためのシステムが開示される。このシステムは、作業環境の中で作業者に装着されるよう、かつ、作業環境の中で作業者と共に移動するよう構成された、ウェアラブルデバイスを含む。システムは、ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられた一又は複数の環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報確定するよう構成された、環境サンプリングセンサを更に含む。システムは、ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられ、かつ、作業者の所在地(positioning)情報を確定するよう構成された、所在地センサを更に含み、作業者の所在地情報は、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む。システムは、プロセッサを含むコントローラを更に含む。このコントローラは、一又は複数の環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、かつ、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう、構成される。

0005

別の例により、作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするためのウェアラブルデバイスが開示される。このウェアラブルデバイスは、作業者に装着されるよう、かつ、作業者と共に移動するよう構成された、装着可能物品を含む。ウェアラブルデバイスは、装着可能物品に作動可能に関連付けられた一又は複数のモジュール式環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定するよう構成された、モジュール式環境サンプリングセンサを更に含む。ウェアラブルデバイスは、装着可能物品に作動可能に付加され、かつ、作業者の所在地情報を確定するよう構成された、所在地センサを更に含み、作業者の所在地情報は、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む。ウェアラブルデバイスは、装着可能物品に作動可能に関連付けられ、かつ、出力信号を受信するよう、また、この出力信号に基づいて作業者に通知を提示するよう構成された、一又は複数の出力デバイスを更に含む。ウェアラブルデバイスはコントローラを更に含み、このコントローラは、プロセッサを含み、かつ、モジュール式環境サンプリングセンサ、所在地センサ、及び一又は複数の出力デバイスに、作動可能に関連付けられる。コントローラは、一又は複数の環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定し、かつ、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものである場合に、一又は複数の出力デバイスに出力信号を提供するよう、構成される。

0006

更に別の例により、作業環境の中の作業者に関連する、作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするための方法が開示される。この方法は、一又は複数の環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境の中で作業者に装着されるよう構成されたウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられている、環境サンプリングセンサを使用して、一又は複数の環境条件をモニタすることを含む。方法は、一又は複数の環境サンプリングセンサを使用する一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定することを更に含む。方法は、ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられた所在地センサを使用して、作業者の所在地情報を確定することを更に含み、この所在地情報は、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む。方法は、プロセッサを有するコントローラによって、環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信することと、所在地センサから所在地情報を受信することとを、更に含む。方法は、コントローラによって、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定することと、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものである場合に、作業者に警報を提供することとを、更に含む。

0007

上記の態様及び特徴、並びにその他の態様及び特徴は、添付図面と併せて以下の詳細説明読むことで、より容易に明らかになろう。加えて、特定の例に関連して様々な特徴が開示されているが、これらの様々な特徴は、本開示の範囲から逸脱することなく、様々な例のうち任意のもので、互いに組み合わされうるか、又は単独で使用されうることが、理解されよう。

図面の簡単な説明

0008

本開示による、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタするためのシステムの概略図である。
図1及び本開示による、図1のシステムによって使用されるウェアラブルデバイスの要素、又は、かかるウェアラブルデバイスに関連付けられた要素を示す、概略ブロック図である。
本開示による、ウェアラブルデバイスとして使用されるリストバンドの図である。
本開示による、ウェアラブルデバイスとして使用されるベルトの図である。
本開示による、ウェアラブルデバイスとして使用されるモジュール式スリーブの図である
本開示による、ウェアラブルデバイスとして使用されるかぶり物の図である。
本開示による、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件であって、作業環境に複数の作業者がいる環境条件をモニタするためのシステムの概略図である。
本開示による、作業環境の中の作業者に関連する、作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするための方法の、例示的なフロー図である。
本開示の例示的なシステム及び方法を提供するための指令を実行しうる、例示的なコンピュータの概略図である。

実施例

0009

本開示は様々な変形例及び代替構造を許容しうるが、そのある種の具体例について、下記で詳細に示し、説明する。本開示は、開示されている特定の例に限定されるのではなく、かかる例の変形例、代替構造、及び均等物の全てを含む。

0010

これより、添付図面に示す特定の例又は特徴に、詳細に言及していく。概括的に、同一部品又は相当部品を参照するために、対応する参照番号が図面全体を通じて使用される。

0011

図1は、作業者14に関する、作業環境12の環境条件をモニタするための例示的なシステム10を示している。作業者14は、本書の定義では、あらゆる役割の(例えば、作業、製造、管理、監視報告、モニタリング、休憩、或いは、それ以外の任意の能動的活動又は受動的活動を行っている)作業環境12の中の任意の人間である。本書の定義では、「作業者に関する環境条件」は、作業環境12の中の任意の条件又は出来事であって、何らかの様態で作業者14に影響を与えうる条件又は出来事であってよく、健康関連条件、安全関連条件、近接度関連条件、又は他の任意の条件でありうる。非限定的な一例では、環境条件は、機械16の作動、又は機械16の点検中の作動によって生成される電気フィードバックを含む。環境条件の別の例は、可動式作業用機械18への作業者14の近接度である。更に、一部の例では、ユーザに関する環境条件は、作業者14の健康に影響を与えうる環境要因を含む。

0012

作業環境12におけるかかる環境条件のモニタリングに関与するために、システム10はウェアラブルデバイス20を含む。ウェアラブルデバイス20は、人間の作業者14が作業環境12の中にいる時に、その作業者14に装着されるよう構成される。ウェアラブルデバイス20は、作業者14に、作業環境12の中で任意の能動的タスク又は受動的タスクを実施する時に装着されるものであることから、ウェアラブルデバイス20の所在地は、作業環境12における作業者14の所在地に関連付けられる。ウェアラブルデバイス20は、より詳細に後述するように、様々な装着可能物品(装身具ブレスレット、かぶり物、装備品アイウエア、機能性衣類など)の形態をとりうるか、又は、かかる装着可能物品に付加されうる。加えて、一部の例では、ウェアラブルデバイス20は、より詳細に後述するように、有線又は無線の任意の手段を介して、システム10のその他の要素と通信するよう構成され、かつ/又は、そのように構成可能である。

0013

図1の参照を続けつつ図2を見るに、ウェアラブルデバイス20の概略図が示されている。図2の要素は、一部の例においてウェアラブルデバイス20に概略的に包含されるものとして図示されているが、ウェアラブルデバイス20のこの概略図における一部の要素は、ウェアラブルデバイス20上に物理的に配置されるわけでも、ウェアラブルデバイス20の一部として実装されるわけでもなく、ウェアラブルデバイス20及び/又はウェアラブルデバイス20を使用している作業者14に、作動可能に関連付けられる。そのため、図2のウェアラブルデバイス20の概略図は、ウェアラブルデバイス20の要素、又はウェアラブルデバイス20に関連付けられた要素であって、システムを具現化するため、及び、本開示の方法を実施するために、共に使用される要素を示すことを、目的としている。

0014

ウェアラブルデバイス20は、少なくとも、所在地センサ(複数可)22と、環境サンプリングセンサ(複数可)24と、コントローラ26と、出力デバイス(複数可)28とを含む。一部の例では、ウェアラブルデバイス20は、ユーザセンサ(複数可)30、入力デバイス(複数可)32、無線トランシーバ(複数可)34、及びメモリ36のうちの一又は複数を含む。ウェアラブルデバイス20の要素を利用することによって、システム10は、一又は複数の環境条件の存在、及び作業者14の所在地を、確認することが可能になる。一部の例では、前記情報を使用することによって、システム10は、一又は複数の環境条件のうちの少なくとも1つが存在し、かつ、この一又は複数の環境条件に応じて作業者14に警報を発することが必要とみなされる場合に、出力信号を生成する。

0015

環境サンプリングセンサ24は、ウェアラブルデバイス20に作動可能に関連付けられる。環境サンプリングセンサ24は、システム10の必要に基づいてシステム10に追加され、システム10から取り外されるよう構成された、一又は複数のモジュール式センサ(例えば「挿抜(plug−and−play)」型センサ)を含む。環境サンプリングセンサ24にモジュール式センサを利用することで、システム10によって実施される環境条件モニタリングのカスタマイズ可能性が許容されうる。追加的又は代替的には、環境サンプリングセンサ24が、ウェアラブルデバイス20に恒久的に付加された一又は複数のセンサを含んでよく、かつ/又は、環境サンプリングセンサ24のうちの一又は複数は、ウェアラブルデバイス20に付加されないが、作業環境12内に作業者がいる際にウェアラブルデバイス20と通信しうる。更に、一部の例では、環境サンプリングセンサ24のうちの一又は複数は、「モノインターネット(Internet of Things:IoT)」センサに分類されるセンサでありうる。

0016

環境サンプリングセンサ24の各々は、作業環境12に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一又は複数の環境条件のかかるモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定するよう、構成される。環境サンプリングセンサは、個別に、協働して、又はその両方で、作動しうる。例えば、環境サンプリングセンサ24の温度センサ38が温度関連の(例えば高温べ—ス又は低温べ—スの)環境条件(例えば作業者14に近接した高温又は低温)をモニタしてよく、前記条件は、作業者14への警報の提示を要する、作業環境12の中の温度関連環境状態(例えば、作業環境12の中の作業者14及び/又は設備を害しうる、作業環境12の中の過度の高温又は低温)を表示しうる。

0017

一部の例では、環境サンプリングセンサ24は、追加的又は代替的に、作業環境の中の化学物質、及び化学物質に関連する条件を、作業者14への警報の提示を要する化学べ—スの環境条件(例えば、その環境における平方インチあたりの過剰な化学物質、大気中又は地中の過剰なレベルの化学物質、酸素欠乏一酸化炭素の存在、二酸化炭素超過、又は、作業環境12における他の任意の化学的条件)として検出するよう構成されている、化学センサ(複数可)40も含みうる。

0018

上述の環境サンプリングセンサに加えて、又はそれらに代えて、他の例示的な環境サンプリングセンサ24が、電気センサ42、放射線センサ44、生体センサ46、及び/又は、他の任意のセンサ48を含むが、それらに限定されるわけではない。電気センサ42は、作業環境12の中の電気的条件(例えば電場電流など)の存在を確認するよう構成される。したがって、電気センサ42は、作業環境の中の電流/電場、並びに、作業者14への警報の提示を要する、電気に関連する条件及び電気べ—スの環境条件(例えば、ある環境における電流又は電場の増大、電気的特性の増強を引き起こす露出した電気配線の存在など)を検出するよう、構成される。一例では、作業環境12の機械16が、作業者14がいる時には望ましくない、大電流を発生させうる。かかる例では、電気センサ42が、作業環境12又はその部分における過剰な電流を検出し、作業者14に、機械16から距離を保つよう警告しうる。

0019

追加的又は代替的には、環境サンプリング24は、放射線及び/又は放射性物質の存在を確認し、かつ、放射線及び/又は放射性物質に関連付けられた条件を評価するよう構成されている、放射線センサ44を含みうる。したがって、放射線センサ44は、作業者14に関して、ユーザに対する当面の放射線の存在と、累積的な放射線の存在の一方又は両方を確認する。作業者14に関して、当面の放射線の存在又は累積的な放射線の存在のいずれかが許容不可なレベルになると、次いで、かかる存在は、作業者14への警報の提示を要する放射線ベースの環境条件となる。

0020

作業者14に関連付けられた所在地情報を確定するために、システム10は、所在地センサ(複数可)22を含む。所在地センサ22は、関連作業環境12に対する作業者14の位置を感知する。所在地センサ22は、作業環境12の中の、作業者14の位置を示し、かつ/又は、作業者14の動作の特徴を確定するために、協働してコントローラ26に信号を提供する、一又は複数の個別のセンサを含む。一部の例では、所在地センサ(複数可)22は、作業環境12に対する作業者14の所在地を検出するための、一又は複数の全地球測位システム(GPS)センサ50を含む。一部の例では、所在地センサ22は、加速度計52と歩数計54の一方又は両方を含む。言うまでもなく、作業環境12に対する作業者14の所在地の検出を支援する他の要素も含まれうる。

0021

作業者14、特に作業者14の健康に関連付けられた情報を収集するために、システム10は、一部の例では、ユーザセンサ30を含む。ユーザセンサ30は、作業者14に関連付けられた健康情報など(ただしそれに限定されるわけではない)の、作業者14に直接関連付けられた条件をモニタするように構成された、任意のセンサである。そのため、ユーザセンサ30は、作業者14に関連付けられた健康情報を生成するよう構成される。

0022

本書で提示されている非限定的な例では、ユーザセンサ30は、数ある中でも特に、心拍モニタ56、皮膚電気反応センサ(GSR)58、及び睡眠モニタ60を含む。かかるユーザセンサ30は全て、作業者14に関連付けられた健康条件(数ある中でも特に、心拍モニタ56からの心拍情報、GSRセンサ58からの皮膚電位、睡眠モニタ60からの睡眠持続時間データ及び/又は睡眠品質データなど)を示すデータを捕捉するよう、構成される。言うまでもなく、ユーザセンサ30によって収集される健康情報は、作業者14の体温情報、作業者14の血中アルコール濃度(BAC)情報、作業者14の血圧、及び、作業者14に関連付けられた他の任意の健康条件を含むことが可能である。

0023

プロセッサ27を含むコントローラ26は、少なくとも、環境サンプリングセンサ24によって確定された環境サンプリング情報、及び、所在地センサ22によって確定された所在地情報を、信号として受信する。オプションで、一部の例では、コントローラ26は、ユーザセンサ30によって確定された健康情報を受信するか、又は、健康情報データベースに記憶された健康情報を受信する。環境サンプリング情報、所在地情報、及びオプションの健康情報に基づいて、コントローラ26は、一又は複数の環境条件が、例えば出力デバイス(複数可)28を介する、ユーザへの警報の提示を要するものであるか否かを判定する。例えば、コントローラ26によって受信された環境サンプリング情報は、作業者14が身体に高レベルの電流を受けていることを示すことがあるが、この環境条件と共に提供される所在地情報に基づいて、コントローラ26は、その作業者14が機械16に接近しすぎていると判定する。したがって、コントローラ26は、この環境条件が作業者14についての警報を要するものであると判定する。一部の例では、環境条件についての警報を作業者24に提供するために、コントローラ26によって、出力デバイス28に出力信号が提供される(例えば前記電流の場合、コントローラが、例としては、作業者14が機械16に接近しすぎていることを示す。)。一部の例では、出力デバイス(複数可)28が警報を発すると、コントローラ26は、作業者14が警報を受信したこと及び/又はその警報にこたえたことを示す、入力デバイス(複数可)32からの、出力信号に応じる入力信号を受信する。

0024

コントローラ26は、作動を実施し、制御アルゴリズムを実行し、データを記憶し、データを読み出し、データを収集し、かつ/又は、他の任意の望ましい演算タスク又は制御タスクを実施するプロセッサ(例えばプロセッサ27)を含む、任意の電子コントローラ又は演算システムである。コントローラ26は、単一のコントローラでありうるか、又は、システム10の様々な機能及び/又は特徴を制御するよう配置された、1を上回る数のコントローラを含みうる。コントローラ26の機能は、ハードウェア及び/又はソフトウェアにおいて実装されてよく、システム10の機能に関連する一又は複数のデータマップに依存しうる。そのためには、コントローラ26は、内部メモリ36を含んでよく、かつ/またさもなければ、有線又は無線の任意のネットワークを介して、データベース又はサーバなどの外部メモリに接続されうる。メモリ36は、読み取り専用メモリ(ROM)、ランダムアクセスメモリ(RAM)、ポータブルメモリなどのうちの一又は複数を含みうるが、それらを含むものに限定されるわけではない。かかるメモリ媒体は、非一時的メモリ媒体の例である。

0025

コントローラ26は、作業者14の居場所を、所在地データと、オプションで前記居場所のデータのタイムスタンピングとを使用して、登録することが可能である。コントローラ26は、一部の例では、現行タスクにしたがって作業者14を登録することもできる。更に、コントローラ26は、一部の例では、タスクのために作業者14を認証する機能、作業者14が作業環境12にいる時間又はいない時間、或いは、タスクを行っている時間又は行っていない時間を、計時する機能、作業者14のトレーニング記録をチェックする機能、及び/又は、作業環境12においてタスクを実施する、作業者の適格性認定する機能のうちの、一又は複数を実施するよう構成される。かかる例では、上記のタスクは、メモリ36と通信可能なコントローラ26で実施されるか、若しくは、ネットワークを介してコントローラ26と通信可能な、一又は複数の他のコントローラ、データベース、サーバなどとともに、コントローラ26によって実施される。

0026

上述のように、一部の例では、一又は複数の環境条件がモニタされ、かつ、コントローラ26が、前記条件(複数可)は作業者14への警報の提示を要するものであると判定すると、この警報が、一又は複数の出力デバイス28を介して作業者14に提示される。出力デバイス28は、音声出力デバイス62、視覚出力デバイス64、触覚出力デバイス66、又はそれらの組み合わせのうちの、一又は複数を含む。音声出力デバイス62は、例えばスピーカーなどの、作業者14に可聴信号を提供することが可能な任意の音声デバイスである。かかる可聴信号は、コントローラ26からの出力信号に応じて、作業者14に警告するよう構成された、任意の振幅の任意の可聴ノイズでありうる。視覚出力デバイス64は、コントローラ26からの出力信号に応じて、任意の形態の視覚的刺激を作業者14に提供するよう構成されうる、任意の光、スクリーン、又は視覚デバイスである。

0027

更に、触覚出力デバイス66は、オペレータ警報信号に応じて、一又は複数の振動を介して作業者14に警告するよう構成された、任意の振動デバイス及び/又は触感デバイスである。触覚出力デバイス66は、触覚出力デバイス66が、ウェアラブルデバイス20を介して作業者14に振動警報を提供するように、ウェアラブルデバイス20に埋め込まれる。言うまでもなく、追加的又は代替的には、触覚出力デバイス66は、このデバイスからの振動信号が作業者14に届く場所であれば、作業環境12の中のどこにでも配置されうる。加えて、触覚出力デバイス66の出力は、任意の振動パターン振動レベル増減リズミカルな振動、或いは、一又は複数の環境条件を示す他の任意の通知用振動でありうる。

0028

システム10の一部の例では、作業者14が出力デバイス(複数可)28によって提供される通知に応じることが望ましい。かかる例では、システム10は、通知信号を作業者14が認識したことに応じる、作業者14からの入力信号を生成するよう構成された、一又は複数の入力デバイス32を更に含みうる。例えば、音響出力デバイス62は、ユーザに「停止せよ」と告げる可聴信号を発生させてよく、それに応じて、マイク68などの入力デバイス32が、作業者14が停止したことを裏付ける、その作業者が話した言葉から、入力信号を生成する(例えば、作業者14が、音響出力デバイス62からの「停止せよ」に、「オーケー」と応じる)。一部の例では、入力デバイス32は、他にもある使用可能な入力デバイスの中でも特に、マイク68、タッチスクリーン70、及び触覚入力センサ72のうちの一又は複数を含む。

0029

上述のように、ウェアラブルデバイス20は、様々な装着可能物品の形態をとりうるか、又は、様々な装着可能物品に付加されうる。かかる装着可能物品の例について、図3図6に示し、かつ、より詳細に後述する。図3図6の例は、4つの異なる装着可能物品のための例を示しているが、本開示のシステム及び方法を、ウェアラブルデバイス20を実装することが可能な任意の装着可能物品の利用によって実現することも、もちろん可能である。

0030

初めに図3を参照するに、リストバンド80が図示されており、この図では、リストバンド80が、ウェアラブルデバイス20を包含し、収納し、包み込み、またさもなければ、ウェアラブルデバイス20に機能的に関連付けられるよう、実装されている。ウェアラブルデバイス20は、リストバンド80に装着され、取り付けられ、包含され、またさもなければ付加される。図示しているように、リストバンド80は、作業者14の手首82、又は腕84の他の部分に、作業者14によって装着されるよう構成される。

0031

したがって、リストバンド80は、そのリストバンド80を装着している作業者14の所在地を正確に追跡するために、ウェアラブルデバイス20の位置センサ(複数可)22に作動可能に関連付けられる。加えて、リストバンド80は、一又は複数の環境サンプリングセンサ24に作動可能に関連付けられる。環境サンプリングセンサ24は、モジュール式センサ86を含みうる。一部の例では、モジュール式センサ86は、モジュール式センサポート88に挿抜されて、環境サンプリングセンサ24の「挿抜」態様を可能にする。加えて、ウェアラブルデバイス20の出力デバイス(複数可)28は、リストバンド80に作動可能に関連付けられ、かつ、例えば視覚出力デバイス64及び音響出力デバイス62を含む。

0032

ここで図4を参照するに、ベルト100が図示されており、この図では、ベルト100が、ウェアラブルデバイス20を包含し、収納し、包み込み、またさもなければ、ウェアラブルデバイス20に機能的に関連付けられるよう、実装されている。ウェアラブルデバイス20は、ベルトに装着され、取り付けられ、包含され、またさもなければ付加される。図示しているように、ベルト100は、作業者14の中央部位102(例えばウエスト、又はそれらの任意の部分)に装着されるよう構成される。一部の例では、ベルト100は、作業者14に装着されるズボン104と共に装着され、オプションで、ベルトループ106によって支持される。

0033

ベルト100を装着している作業者14の所在地を追跡するために、ベルト100は、ウェアラブルデバイス20の位置センサ(複数可)22に作動可能に関連付けられる。加えて、ベルト100は、一又は複数の環境サンプリングセンサ24に作動可能に関連付けられる。一部の例では、環境サンプリングセンサ24はモジュール式センサ86を含む。一部の例では、モジュール式センサ86は、モジュール式センサポート88に挿抜されて、環境サンプリングセンサ24の「挿抜」態様を可能にする。加えて、ウェアラブルデバイス20の出力デバイス(複数可)28は、リストバンド80に作動可能に関連付けられ、かつ、例えば視覚出力デバイス64及び音響出力デバイス62を含む。

0034

図5は、ウェアラブルデバイス20と共に、又はウェアラブルデバイス20として使用される、装着可能物品の更に別の例を示しており、この図には、モジュール式スリーブ110が図示されている。モジュール式スリーブ110は、ウェアラブルデバイス20を包含し、収納し、包み込み、またさもなければ、ウェアラブルデバイス20に機能的に関連付けられるよう、実装されている。一部の例では、ウェアラブルデバイス20は、モジュール式スリーブ110に装着され、取り付けられ、包含され、またさもなければ付加される。図示しているように、モジュール式スリーブ110は、作業者14の腕84に、作業者14によって装着されるよう構成される。モジュール式スリーブ110は、腕84のサイズ、及び/又は腕84の動きの変化に応じて、拡張又は縮小するよう構成される。

0035

したがって、モジュール式スリーブ110は、そのモジュール式スリーブ110を装着している作業者14の所在地を正確に追跡するために、ウェアラブルデバイス20の位置センサ(複数可)22に作動可能に関連付けられる。加えて、モジュール式スリーブ110は、一又は複数の環境サンプリングセンサ24(図示せず)に作動可能に関連付けられる。更に、ウェアラブルデバイス20の出力デバイス(複数可)28は、モジュール式スリーブ110に作動可能に関連付けられ、かつ、例えば視覚出力デバイス64を含む。モジュール式スリーブ110は、タッチスクリーン112などの入力デバイス(複数可)32を含みうる。タッチスクリーン112は、視覚出力デバイス64などの出力デバイス(複数可)28を介して提示された警報に応じかつ/又はこたえるために、使用される。

0036

図6には、ヘルメット安全帽、又は他の任意のかぶり物といったかぶり物120が図示されており、この図では、かぶり物120が、ウェアラブルデバイス20を包含し、収納し、包み込み、またさもなければ、ウェアラブルデバイス20に機能的に関連付けられるよう、実装されている。ウェアラブルデバイス20は、かぶり物120に装着され、取り付けられ、包含され、またさもなければ付加される。図示しているように、かぶり物120は、作業者14の頭部122に、作業者14によって装着されるよう構成される。

0037

したがって、かぶり物120は、そのかぶり物120を装着している作業者14の所在地を正確に追跡するために、ウェアラブルデバイス20の位置センサ(複数可)22に作動可能に関連付けられる。加えて、かぶり物120は、一又は複数の環境サンプリングセンサ24に作動可能に関連付けられる。一部の例では、環境サンプリングセンサ24はモジュール式センサ86を含む。一部の例では、モジュール式センサ86は、モジュール式センサポート88に挿抜されて、環境サンプリングセンサ24の「挿抜」態様を可能にする。更に、かぶり物120は、一部の例では、出力デバイス28に作動可能に関連付けられる。かぶり物120と共に実装される一部の例示的な出力デバイス28は、作業者14が自分の頭部122にかぶり物120を装着している時に作業者14の近位に配置される音響出力デバイス62、かぶり物120内に埋めこまれた触覚出力デバイス66、及び、コントローラ26からの警報に応じて作業者14に視覚的刺激を提示するよう構成された、光124などの視覚出力デバイス64を含むが、それらを含むものに限定されるわけではない。

0038

ここで再度図1を参照するに、ウェアラブルデバイス20及び/又はコントローラ26は、無線ネットワーク130を介して、システム10の他の要素に接続される。無線ネットワーク130は、作業者14を、数ある中でもとりわけ、自身のウェアラブルデバイス20を有する他の任意の作業者14に、ユーザ情報データベース132及びユーザ健康情報データベース134などの任意のデータベースに、及び、作業者キオスク136に、ウェアラブルデバイス20を介して接続するよう構成される。作業者キオスク136は、ウェアラブルデバイス20を介して、作業環境12に入る作業者14をチェックするよう構成され、かつ、無線ネットワーク130を介してデータを記憶し、伝送するよう構成される。

0039

上述のように、作業環境12は、多くの場合、同じ又は異なるタスクを実施している複数の作業者14を含む。かかる例では、図7のシステム10を用いる例示的な作業環境12のように、複数の作業者14a、14b、14cが、無線ネットワーク130で、自身のウェアラブルデバイス20a、20b、20cそれぞれを介して接続される。ウェアラブルデバイス20a、20b、20cの各々は、詳細に上述したウェアラブルデバイス20の教示に機能的に包含される。作業環境12に複数の作業者14がいるという状況では、各ウェアラブルデバイス20が、他のウェアラブルデバイス20に関連付けられた所在地情報を受信しうる。例えば、第2作業者14bは第2ウェアラブルデバイス20bを装着しており、第2ウェアラブルデバイス20bが、第1ウェアラブルデバイス20のコントローラ26に所在地情報を提供する。無線ネットワーク130を介して第2ウェアラブルデバイス20bからかかる所在地情報を受信し、それを利用することによって、第1ウェアラブルデバイス20aのコントローラ26が、第2作業者14bに関連付けられた所在地情報を確定する。加えて、コントローラ26は、第2ウェアラブルデバイス20bから、第2ウェアラブルデバイス20bの環境サンプリングセンサ24により確定された環境サンプリング情報を受信しうる。第2ウェアラブルデバイス20bからの所在地情報及び環境サンプリング情報を利用することで、第1ウェアラブルデバイス20aのコントローラ26は、第2作業者14bに影響を与えている環境条件が、第1作業者14aへの支援警報の提示を要するものであるか否かを判定する。この支援警報は、第2作業者14bに支援が必要であること(例えば、第2作業者14bが動けない、第2作業者14bが有害条件に接近しすぎている、など)を示す。

0040

ここで図8を参照するに、作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするための方法200の、例示的なフロー図が示されている。方法200について、システム10の要素、及び、これらの要素それぞれの機能を参照して本書で説明している。しかし、方法200は、もちろん、システム10及びそれに含まれる要素を介して実装されるものに限定されるわけではない。

0041

方法200は、ブロック210〜230で始まる。ブロック210において、環境サンプリングセンサ24は、一又は複数の環境条件をモニタし、前記モニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定する。ブロック220において、所在地センサ(複数可)22を使用して、作業者14の所在地情報であって、作業環境12に対する作業者14の所在地についての情報を含む所在地情報が、確定される。オプションのブロック230において、方法200は、一又は複数のユーザセンサ30を使用して、作業者14の健康情報を確定することを含む。追加的又は代替的には、一部の例では、健康情報がデータベースから提供される。

0042

ブロック240において、コントローラ26は、環境サンプリング情報、所在地情報、及びオプションの健康情報を受信する。受信した情報を使用することで、コントローラ26は、ブロック250に示しているように、一又は複数の環境条件が、作業者14への警報の提示を要するものであるか否かを判定する。一又は複数の環境条件が、作業者14への警報の提示を要するものであると判定されると、次いで、ブロック260に示しているように、例えば一又は複数の出力デバイス28を介して、作業者14に警報が提供される。一部の例では、方法200は、ブロック270に示しているように、例えば警報が受信されたことを知らせる、作業者14からの、警報に応じる入力を受信することを更に含む。

0043

図8のフロー図は、単に、開示されているシステム及び技法の特徴の開示を支援するための一例として示され、説明されていること、及び、開示されているシステムの上述の様々な特徴に対応するプロセスには、本開示の範囲を逸脱することなく、図示されているよりも多い又は少ない数のステップが含まれうることを、理解されたい。

0044

図9は、図2に示している、システム10のコントローラ26を実装するために使用されうる例示的な要素の組み合わせを、概略的に図示している。例示的なコントローラ26は、システム10の機能を実現するための指令の実行、及び/又は、図8を参照して上述した方法200を実施するための指令の実行が可能である。コントローラ26は、例えば、サーバ、パソコン、又は他の任意の種類のコンピューティングデバイスでありうる。取り上げられている例のコントローラ26は、プロセッサ27を含む。例えば、プロセッサ27は、任意の望ましい系列会社又は製造業者による、一又は複数のマイクロプロセッサ或いはコントローラによって実装されうる。

0045

プロセッサ27は、メモリ36に関連付けられ、かつ、バス226を介して、読み取り専用メモリ222及びランダムアクセスメモリ224を含む他のメモリと通信可能である。ランダムアクセスメモリ224は、同期型ダイナミックランダムアクセスメモリ(SDRAM)、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、RAMBUSダイナミックランダムアクセスメモリ(RDRAM)、及び/又は、他の任意の種類のランダムアクセスメモリデバイスによって、実装されうる。読み取りメモリ222は、ハードドライブフラッシュメモリ、及び/又は、他の任意の望ましい種類のメモリデバイスによって実装されうる。

0046

一部の例では、コントローラ26はインターフェース回路228を含む。インターフェース回路128は、例えばイーサネットインターフェースユニバーサルシリアルバス(USB)、及び/又は、PCIエクスプレスインターフェースなどの、任意の種類のインターフェース標準によって実装されうる。一又は複数の入力デバイス227は、インターフェース回路128に接続される。入力デバイス(複数可)227は、ユーザがデータ及びコマンドをプロセッサ27に入力することを可能にする。入力デバイス(複数可)227は、例えば、キーボードマウス、タッチスクリーン、トラックパッドトラックボール、及び/又は音声認識システムによって、実装されうる。例えば、入力デバイス(複数可)227は、上述のように、警報に応じて入力データをコントローラ26に接続するための、任意の有線デバイス又は無線デバイスを含みうる。

0047

出力デバイス229も、インターフェース回路228に接続される。出力デバイス229は、上述のように、任意の例示的な出力デバイス(例えば出力デバイス(複数可)28)によって実装される。

0048

更に、一部の例では、コントローラ26は、インターネット、WLAN、LAN、パーソナルネットワーク、又は、コントローラ26を一又は複数の他のコントローラ又はネットワーク対応デバイスに接続するための他の任意のネットワークといったネットワーク130に接続するための、一又は複数の無線トランシーバ34を含む。そのため、コントローラ26は、システム10の様々な要素を制御するための複数のコントローラ26によって、具現化されうる。

0049

上述のように、コントローラ26は、機械可読指令を実行するために使用されうる。例えば、コントローラ26は、図8のブロック図に示している方法200を実施するために、機械可読指令を実行する。かかる例では、機械可読指令は、例示的なコントローラ26内に図示されているプロセッサ27などのプロセッサによって実行される、プログラムを含む。このプログラムは、CD−ROMフロッピーディスク、ハードドライブ、デジタル多用途ディスク(DVD)、ブルーレイディスク、又は、コントローラ26に関連付けられたメモリなどの、有形のコンピュータ可読媒体上に記憶されたソフトウェアに内蔵されてよいが、代替的には、プログラムの全体及び/又は部分が、プロセッサ27以外のデバイスによって実行されること、及び/或いは、ファームウェア又は専用ハードウェアに内蔵されることも可能である。更に、図8に示すフロー図を参照して例示的なプログラムが説明されているが、本開示の例を実装する他の多くの方法も、代替的に使用されうる。例えば、ブロックの実行順序は変更されてよく、かつ/又は、記載されているブロックの一部は変更されうるか、消去されうるか、又は組み合わされうる。

0050

さらに、本開示は下記の条項による例を含む。

0051

条項1.作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタするためのシステムであって、作業環境の中で作業者に装着されるよう、かつ、作業環境の中で作業者と共に移動するよう構成された、ウェアラブルデバイスと、ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられた一又は複数の環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定するよう構成された、環境サンプリングセンサと、ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられ、かつ、作業者の所在地情報であって、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む所在地情報を確定するよう構成された、所在地センサと、プロセッサを含むコントローラであって、一又は複数の環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、かつ、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成された、コントローラとを備える、システム。

0052

条項2.ウェアラブルデバイス及びコントローラに作動可能に関連付けられており、コントローラから出力信号を受信するよう、かつ、出力信号に基づいて作業者に通知を提示するよう構成された、一又は複数の出力デバイスを更に備え、コントローラは、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものである場合に、出力信号を生成するよう更に構成される、条項1に記載のシステム。

0053

条項3.コントローラに作動可能に関連付けられ、かつ、作業者からの入力に基づいて入力信号を生成するよう構成された、一又は複数の入力デバイスを更に備え、コントローラが、出力信号に応じる入力信号を受信するよう更に構成される、条項2に記載のシステム。

0054

条項4.一又は複数の出力デバイスが、視覚出力デバイス、音声出力デバイス、触覚出力デバイス、及びそれらの任意の組み合わせのうちの少なくとも1つを含み、通知が、視覚通知、音声通知触覚通知、及びそれらの任意の組み合わせのうちの少なくとも1つを含む、条項2に記載のシステム。

0055

条項5.一又は複数の環境サンプリングセンサのうちの少なくとも1つが、システムに追加され、システムから取り外されるよう構成されたモジュール式センサである、条項1から4のいずれか一項に記載のシステム。

0056

条項6.第2所在地情報を確定するよう構成された第2所在地センサと、第2コントローラとに作動可能に関連付けられた第2ウェアラブルデバイスであって、作業環境の中で第2作業者に装着され、かつ、作業環境の中で第2作業者と共に移動するよう構成された、第2ウェアラブルデバイスと、ウェアラブルデバイス及び第2ウェアラブルデバイスをそれぞれ介して、作業者と第2作業者との間の通信を提供するよう構成され、かつ、ウェアラブルデバイスと第2ウェアラブルデバイスの一方に関連付けられた一又は複数の無線トランシーバを含む、無線ネットワークとを更に備えるシステムであって、コントローラが、第2所在地情報に基づいて第2作業者の所在地を確認するよう更に構成される、条項1から5のいずれか一項に記載のシステム。

0057

条項7.第2ウェアラブルデバイスが、一又は複数の第2環境サンプリングセンサであって、各々が、第2作業者に関連する、作業環境に関連付けられた一又は複数の第2環境条件をモニタし、かつ、一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて第2環境サンプリング情報を確定するよう構成された、第2環境サンプリングセンサに、作動可能に更に関連付けられており、コントローラが、第2環境サンプリング情報及び第2所在地情報に基づいて、一又は複数の第2環境条件が、第2作業者に支援が必要であることを示す支援警報の作業者への提示を要するものであるか否かを判定するよう、更に構成される、条項6に記載のシステム。

0058

条項8.ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられ、かつ、作業者に関連付けられた健康情報を生成するよう構成された、一又は複数のユーザセンサを更に備え、コントローラは、健康情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう更に構成される、条項1から7のいずれか一項に記載のシステム。

0059

条項9.ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられ、かつ、作業者に関連付けられた健康情報を記憶するよう構成された、健康情報データベースを更に備え、コントローラは、健康情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう更に構成される、条項1から8のいずれか一項に記載のシステム。

0060

条項10.一又は複数の環境サンプリングセンサが、化学ベースの環境条件を検出するよう構成された化学センサを含み、コントローラが、化学センサから化学ベースの環境条件を受信し、かつ、化学ベースの環境条件及び所在地情報に基づいて、化学ベースの環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、条項1から9のいずれか一項に記載のシステム。

0061

条項11.一又は複数の環境サンプリングセンサが、電気的環境条件を検出するよう構成された電気センサを含み、コントローラが、電気センサから電気的環境条件を受信し、かつ、電気的環境条件及び所在地情報に基づいて、電気的環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、条項1から10のいずれか一項に記載のシステム。

0062

条項12.一又は複数の環境サンプリングセンサが、高温ベースの環境条件を検出するよう構成された温度センサを含み、コントローラが、温度センサから高温ベースの環境条件を受信し、かつ、高温ベースの環境条件及び所在地情報に基づいて、高温ベースの環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、条項1から11のいずれか一項に記載のシステム。

0063

条項13.一又は複数の環境サンプリングセンサが、放射線ベースの環境条件を検出するよう構成された放射線センサを含み、コントローラが、放射線センサから放射線ベースの環境条件を受信し、かつ、放射線ベースの環境条件及び所在地情報に基づいて、放射線ベースの環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定するよう構成される、条項1から12のいずれか一項に記載のシステム。

0064

条項14.作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするためのウェアラブルデバイスであって、作業者に装着されるよう、かつ、作業者と共に移動するよう構成された装着可能物品と、装着可能物品に作動可能に関連付けられた一又は複数のモジュール式環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境に関連付けられた一又は複数の環境条件をモニタし、かつ、一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定するよう構成された、モジュール式環境サンプリングセンサと、装着可能物品に作動可能に付加され、かつ、作業者の所在地情報であって、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む所在地情報を確定するよう構成された、所在地センサと、装着可能物品に作動可能に関連付けられており、出力信号を受信するよう、かつ、この出力信号に基づいて作業者に通知を提示するよう構成された、一又は複数の出力デバイスと、プロセッサを含み、モジュール式環境サンプリングセンサ、所在地センサ、及び、一又は複数の出力デバイスに作動可能に関連付けられたコントローラであって、一又は複数のモジュール式環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信し、所在地センサから所在地情報を受信し、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定し、かつ、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものである場合に、一又は複数の出力デバイスに出力信号を提供するよう構成された、コントローラとを備える、ウェアラブルデバイス。

0065

条項15.装着可能物品は、作業者の腕に装着されるよう構成されたリストバンドである、条項14に記載のウェアラブルデバイス。

0066

条項16.装着可能物品は、作業者の腕に装着されるよう構成されたモジュール式スリーブである、条項15に記載のウェアラブルデバイス。

0067

条項17.装着可能物品は、作業者の中央部位に装着されるよう構成されたベルトである、条項15に記載のウェアラブルデバイス。

0068

条項18.装着可能物品は、作業者の頭部に装着されるよう構成されたかぶり物である、条項15に記載のウェアラブルデバイス。

0069

条項19.作業環境の中の作業者に関連する、作業環境に関連付けられた環境条件をモニタするための方法であって、一又は複数の環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境の中で作業者に装着されるよう構成されたウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられている、環境サンプリングセンサを使用して、一又は複数の環境条件をモニタすることと、一又は複数の環境サンプリングセンサを使用する一又は複数の環境条件のモニタリングに基づいて、環境サンプリング情報を確定することと、ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられた所在地センサを使用して、作業者の所在地情報であって、作業環境に対する作業者の所在地についての情報を含む所在地情報を確定することと、プロセッサを有するコントローラによって、環境サンプリングセンサから環境サンプリング情報を受信することと、コントローラによって、所在地センサから所在地情報を受信することと、コントローラによって、環境サンプリング情報及び所在地情報に基づいて、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものであるか否かを判定することと、一又は複数の環境条件が作業者への警報の提示を要するものである場合に、作業者に警報を提供することとを含む、方法。

0070

条項20.一又は複数の第2環境サンプリングセンサであって、各々が、作業環境の中で第2作業者に装着されるよう構成された第2ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられている、第2環境サンプリングセンサを使用して、第2作業者に関連する一又は複数の第2環境条件をモニタすることと、一又は複数の第2環境サンプリングセンサを使用する一又は複数の第2環境条件のモニタリングに基づいて、第2環境サンプリング情報を確定することと、第2ウェアラブルデバイスに作動可能に関連付けられた第2所在地センサを使用して、第2作業者の第2所在地情報であって、作業環境に対する第2作業者の所在地についての情報を含む第2所在地情報を確定することと、コントローラによって、第2環境サンプリング情報及び第2所在地情報に基づいて、一又は複数の第2環境条件が、第2作業者に支援が必要であることを示す支援警報の作業者への提示を要するものであるか否かを判定することと、一又は複数の第2環境条件が作業者への支援警報の提示を要するものである場合に、作業者に支援警報を提示することとを更に含む、条項19に記載の方法。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ