図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2018年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

解決手段

イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する固形製剤(但し、1錠(200mg)当たり、イブプロフェン75mg、ブチルスコポラミン臭化物5mg、ヒドロキシプロピルセルロース10mg、クロスカルメロースナトリウム20mg、軽質無水ケイ酸10mg、結晶セルロース70mg及びタルク10mgを含有する錠剤、及び1包(1.2g)当たり、イブプロフェン150mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg、結晶セルロース610mg、カルメロースカルシウム200mg、ヒドロキシプロピルセルロース30mg及びオイドラギットL200mgを含有する細粒剤を除く)。

概要

背景

イブプロフェンは、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)の一種であり、関節リウマチ関節痛関節炎神経痛神経炎、背腰痛頸腕症候群子宮付属器炎、月経困難症急性上気道炎、手術後・外傷後等の消炎鎮痛解熱に有効な医療用医薬品として知られている。また、イブプロフェンはいわゆるスイッチOTC化された化合物でもあり、OTC医薬品としても汎用されている。そして、アリイソプロピル尿素イソプロピルアンチピリンエテンザミドブロモワレリル尿素、酸化マグネシウム等の種々の薬物を配合したOTC医薬品としての解熱鎮痛剤総合感冒薬が本邦において市販されている(非特許文献1及び2)。

一方で、イブプロフェンはNSAIDsの一種ということもあって、副作用として、イブプロフェンに起因する消化管障害等が生じる可能性がある。
このため、十分な解熱鎮痛効果を得るために、イブプロフェン投与の増量を企図しても、投与量を増量することができないという問題が生じている。
この問題に対し、鎮痛・鎮痙作用を有するブチルスコポラミン臭化物をイブプロフェンとともに服用すると、低用量でも優れた鎮痛作用を示すことが知られている(特許文献1)。また、ブチルスコポラミン臭化物も、スイッチOTC化された化合物で、胃痛腹痛、さしこみ(疝痛、癪)、胃酸過多胸やけ効能・効果を有するOTC医薬品が本邦において市販されている(非特許文献3)。

イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を配合した製剤については、特許文献1に記載の錠剤及び細粒剤が知られている。
しかしながら、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが相互作用を示すか否か知られていない。

概要

イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含有する安定な医薬組成物の提供。イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する固形製剤(但し、1錠(200mg)当たり、イブプロフェン75mg、ブチルスコポラミン臭化物5mg、ヒドロキシプロピルセルロース10mg、クロスカルメロースナトリウム20mg、軽質無水ケイ酸10mg、結晶セルロース70mg及びタルク10mgを含有する錠剤、及び1包(1.2g)当たり、イブプロフェン150mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg、結晶セルロース610mg、カルメロースカルシウム200mg、ヒドロキシプロピルセルロース30mg及びオイドラギットL200mgを含有する細粒剤を除く)。なし

目的

本発明は、イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する医薬組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

イブプロフェンブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する固形製剤(但し、1錠(200mg)当たり、イブプロフェン75mg、ブチルスコポラミン臭化物5mg、ヒドロキシプロピルセルロース10mg、クロスカルメロースナトリウム20mg、軽質無水ケイ酸10mg、結晶セルロース70mg及びタルク10mgを含有する錠剤、及び1包(1.2g)当たり、イブプロフェン150mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg、結晶セルロース610mg、カルメロースカルシウム200mg、ヒドロキシプロピルセルロース30mg及びオイドラギットL200mgを含有する細粒剤を除く)。

請求項2

吸湿性高分子が、吸湿性を有するセルロース誘導体又はその塩、吸湿性を有する1−ビニル2−ピロリドン重合物、及び吸湿性を有するスターチ誘導体又はその塩からなる群より選ばれる1種又は2種以上である請求項1記載の固形製剤。

請求項3

吸湿性高分子が、カルメロース、カルメロースカリウム、カルメロースカルシウム、カルメロースナトリウム、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネートポリビニルピロリドンK17、ポリビニルピロリドンK25、ポリビニルピロリドンK30、ポリビニルピロリドンK90、クロスポビドン及びカルボキシメチルスターチナトリウムからなる群より選ばれる1種又は2種以上である請求項1又は2記載の固形製剤。

請求項4

イブプロフェンを1日あたり10〜3000mg服用できる量含み、且つブチルスコポラミン臭化物を1日あたり3〜1000mg服用できる量含む請求項1〜3いずれか1項記載の固形製剤。

請求項5

剤形が、カプセル剤丸剤顆粒剤、細粒剤、散剤、錠剤、ドライシロップ剤経口ゼリー剤又は坐剤である請求項1〜4いずれか1項記載の固形製剤。

請求項6

イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないように含有する固形製剤(但し、1錠(200mg)当たり、イブプロフェン75mg、ブチルスコポラミン臭化物5mg、ヒドロキシプロピルセルロース10mg、クロスカルメロースナトリウム20mg、軽質無水ケイ酸10mg、結晶セルロース70mg及びタルク10mgを含有する錠剤、及び1包(1.2g)当たり、イブプロフェン150mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg、結晶セルロース610mg、カルメロースカルシウム200mg、ヒドロキシプロピルセルロース30mg及びオイドラギットL200mgを含有する細粒剤を除く)。

請求項7

イブプロフェンを含む粒状物とブチルスコポラミン臭化物とを含有し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが、実質的に互いに接しないように含まれているものである請求項6記載の固形製剤。

請求項8

ブチルスコポラミン臭化物を含む粒状物とイブプロフェンとを含有し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが、実質的に互いに接しないように含まれているものである請求項6記載の固形製剤。

請求項9

イブプロフェンを含む粒状物とブチルスコポラミン臭化物を含む粒状物とを含有し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが、実質的に互いに接しないように含まれているものである請求項6記載の固形製剤。

請求項10

更に、吸湿性高分子を含有する請求項6〜9いずれか1項記載の固形製剤。

請求項11

イブプロフェンを1日あたり10〜3000mg服用できる量含み、且つブチルスコポラミン臭化物を1日あたり3〜1000mg服用できる量含む請求項6〜10いずれか1項記載の固形製剤。

請求項12

剤形が、カプセル剤、丸剤、顆粒剤、細粒剤、散剤、錠剤、ドライシロップ剤、経口ゼリー剤又は坐剤である請求項6〜11いずれか1項記載の固形製剤。

請求項13

吸湿性高分子を含有するイブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用改善剤

技術分野

0001

本発明は、解熱鎮痛に有用なイブプロフェン及びブチルスコポラミンを含有する医薬組成物に関する。

背景技術

0002

イブプロフェンは、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)の一種であり、関節リウマチ関節痛関節炎神経痛神経炎、背腰痛頸腕症候群子宮付属器炎、月経困難症急性上気道炎、手術後・外傷後等の消炎・鎮痛・解熱に有効な医療用医薬品として知られている。また、イブプロフェンはいわゆるスイッチOTC化された化合物でもあり、OTC医薬品としても汎用されている。そして、アリイソプロピル尿素イソプロピルアンチピリンエテンザミドブロモワレリル尿素、酸化マグネシウム等の種々の薬物を配合したOTC医薬品としての解熱鎮痛剤総合感冒薬が本邦において市販されている(非特許文献1及び2)。

0003

一方で、イブプロフェンはNSAIDsの一種ということもあって、副作用として、イブプロフェンに起因する消化管障害等が生じる可能性がある。
このため、十分な解熱鎮痛効果を得るために、イブプロフェン投与の増量を企図しても、投与量を増量することができないという問題が生じている。
この問題に対し、鎮痛・鎮痙作用を有するブチルスコポラミン臭化物をイブプロフェンとともに服用すると、低用量でも優れた鎮痛作用を示すことが知られている(特許文献1)。また、ブチルスコポラミン臭化物も、スイッチOTC化された化合物で、胃痛腹痛、さしこみ(疝痛、癪)、胃酸過多胸やけ効能・効果を有するOTC医薬品が本邦において市販されている(非特許文献3)。

0004

イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を配合した製剤については、特許文献1に記載の錠剤及び細粒剤が知られている。
しかしながら、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが相互作用を示すか否か知られていない。

0005

特許第4153124号公報

先行技術

0006

OTCハンドブック2008−09製品集 株式会社学術情報流通センター第2−9頁
OTCハンドブック 2008−09 製品集 株式会社学術情報流通センター 第16−39頁
OTCハンドブック 2008−09 製品集 株式会社学術情報流通センター 第142−151頁

発明が解決しようとする課題

0007

本発明者は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含有する医薬組成物を固形製剤化すべく検討したところ、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を混合して保存すると、意外にもこれら化合物の間に相互作用が生じ、この相互作用により変色や湿潤等が生じ、保存に際する安定な状態が保たれにくいことを見出した。
従って、本発明の課題は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含有する安定な医薬組成物、及び該医薬組成物を含有する安定な固形製剤の提供にある。

課題を解決するための手段

0008

そこで、本発明者らは、上記課題を解決すべく、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含有する医薬組成物の保存安定性について鋭意検討したところ、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との接触が前記相互作用の原因であることが明らかとなり、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物に加えて、吸湿性高分子共存せしめることにより、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用が抑制されることを見出した。また、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが実質的に接触しないように医薬組成物中に含有せしめることにより、相互作用が抑制されることを見出した。

0009

したがって、本発明は、イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する医薬組成物を提供するものである。

0010

また、本発明は、イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する固形製剤を提供するものである。

0011

更に、本発明は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないように含有する医薬組成物を提供するものである。

0012

更に、本発明は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないように含有する固形製剤を提供するものである。

0013

更に、本発明は、吸湿性高分子を含有するイブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用改善剤を提供するものである。

0014

更に、本発明は、吸湿性高分子を用いるイブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用改善方法を提供するものである。

0015

更に、本発明は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用を改善するための吸湿性高分子の使用を提供するものである。

0016

更に、本発明は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用を改善するために用いる吸湿性高分子を提供するものである。

発明の効果

0017

本発明によれば、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用を改善できる。したがって、保存安定性が優れた、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含む医薬組成物を提供することができる。
また、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を含有する錠剤を小型化することができ、従来、イブプロフェン150mgとブチルスコポラミン10mgを服用するに際しては、1回あたり2錠服用しなければならなかったところ、1回あたり1錠の服用で済む。したがって、服用コンプライアンスを大きく改善できる。

0018

まず、イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を含有する医薬組成物(以下、組成物Aともいう)について説明する。
上記医薬組成物で用いられるイブプロフェンは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。本発明においては、国や地域等で制定された公定書等に収載されているイブプロフェンが好ましい。公定書としては、日本薬局方、米国薬局方、英国薬局方、欧州薬局方、中国薬局方等が挙げられる。なお、日本薬局方イブプロフェン性状は、白色の結晶性粉末である。

0019

また、上記医薬組成物中のイブプロフェンの含有量は、服用者性別年齢、症状等に応じて、1日あたりの服用量を適宜検討して決定すればよいが、1日あたり、イブプロフェンとして、10〜3000mg服用できる量が好ましく、30〜2000mg服用できる量がより好ましく、100〜600mg服用できる量がさらに好ましい。1日あたりの服用量は、1〜4回に分けて服用すればよく、3回に分けて服用するのが好ましい。1回あたりの服用量としては、イブプロフェンとして60〜200mgが好ましく、150mgと200mgがさらに好ましい。

0020

上記医薬組成物で用いられるブチルスコポラミン臭化物は公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。本発明においては、国や地域等で制定された公定書等に収載されているブチルスコポラミン臭化物が好ましい。公定書としては、日本薬局方、米国薬局方、英国薬局方、欧州薬局方、中国薬局方等が挙げられる。なお、日本薬局方ブチルスコポラミン臭化物の性状は、白色の結晶又は結晶性の粉末である。

0021

また、上記医薬組成物中のブチルスコポラミン臭化物の含有量は、服用者の性別、年齢、症状等に応じて1日あたりの服用量を適宜検討して決定すればよいが、1日あたり、ブチルスコポラミン臭化物として、3〜1000mg服用できる量が好ましく、5〜500mg服用できる量がより好ましく、1日あたり、30〜100mg服用できる量がさらに好ましい。1日あたりの服用量は、1〜5回に分けて服用すればよく、3回に分けて服用するのが好ましい。1回あたりの服用量としては、ブチルスコポラミン臭化物として、1回10〜20mgが好ましく、10mgと20mgがさらに好ましい。

0022

上記医薬組成物中に含まれるイブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との含有比は、上述した各成分の1日あたりの服用量に応じて、適宜検討して決定すればよいが、イブプロフェン1質量部に対し、ブチルスコポラミン臭化物を0.0125〜1質量部含有するものが好ましく、0.022〜1質量部含有するものがより好ましい。
また、上記医薬組成物中のイブプロフェンの含有量としては、医薬組成物全質量に対し、35〜95質量%が好ましく、40〜95質量%がより好ましく、45〜90質量%がさらに好ましく、50〜85質量%が特に好ましい。
また、上記医薬組成物中のブチルスコポラミン臭化物の含有量の下限としては、医薬組成物全質量に対し、0.1質量%以上が好ましく、0.5質量%以上がより好ましく、1質量%以上がさらに好ましく、2質量%以上がさらに好ましく、3質量%以上がさらに好ましく、3.2質量%以上がさらに好ましく、3.4質量%以上がさらに好ましい。一方、上限としては、10質量%以下が好ましく、8質量%以下がより好ましく、6.5質量%がさらに好ましく、6質量%がさらに好ましい。

0023

本発明において、吸湿性高分子は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用を改善する。
上記医薬組成物に含まれる吸湿性高分子とは、吸湿性を有し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用を改善する効果を有する高分子であれば、特に限定されない。例えば、吸湿性を有するセルロース誘導体又はその塩、吸湿性を有する1−ビニル2−ピロリドン重合物、吸湿性を有するスターチ誘導体又はその塩等の高分子等が挙げられる。この中でも、吸湿性を有するセルロース誘導体又はその塩が好ましい。

0024

上記吸湿性を有するセルロース誘導体又はその塩としては、セルロース中のヒドロキシ基エーテル化したもの、エーテル化したセルロースのエステル、これらの架橋重合物やそれらの塩等が挙げられる。具体的には、カルメロース、カルメロースカリウムカルメロースカルシウムカルメロースナトリウムクロスカルメロースナトリウムヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート等が挙げられる。この中でも、カルメロース、カルメロースカリウム、カルメロースカルシウム、カルメロースナトリウム、クロスカルメロースナトリウムが好ましい。
これらは公知の化合物であり、公知の方法により製造できるほか、市販のものを用いることができる。

0025

また、吸湿性を有する1−ビニル−2−ピロリドン重合物としては、1−ビニル−2−ピロリドンの直鎖重合物及び1−ビニル−2−ピロリドンの架橋重合物等が挙げられる。1−ビニル−2−ピロリドン重合物としては、具体的には、ポリビニルピロリドンK17、ポリビニルピロリドンK25、ポリビニルピロリドンK30、ポリビニルピロリドンK90、クロスポビドン等が挙げられる。また、吸湿性を有するスターチ誘導体又はその塩としては、でんぷんカルボキシメチルエーテル又はその塩等が挙げられ、具体的には、カルボキシメチルスターチナトリウム等が挙げられる。

0026

また、上記医薬組成物中の吸湿性高分子の含有量は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用の改善において、用いる吸湿性高分子の種類等に基づき、適宜検討して決定すればよいが、例えば、イブプロフェン1質量部に対して、吸湿性高分子を0.01〜3質量部含有するものが好ましく、0.02〜2質量部含有するものがより好ましい。

0027

上記医薬組成物は、第十五改正ないし第十六改正日本薬局方製剤総則等に記載の公知の方法にしたがって、適宜製剤添加物を用いることにより、種々の剤形に製剤化することができる。
上記医薬組成物の剤形は、特に限定されないが、服用の簡便性薬物服用量の管理等の観点から、固形製剤が好ましい。固形製剤の具体例としては、例えば、カプセル剤丸剤顆粒剤、細粒剤、散剤、錠剤(口腔内崩壊錠チュアブル錠分散錠溶解錠トローチ剤舌下錠バッカル錠、付着錠、ガム剤等の口腔用錠剤も含む)、ドライシロップ剤経口ゼリー剤等の経口投与製剤坐剤等の非経口投与製剤が挙げられるが、経口固形製剤が好ましい。また、斯かる医薬組成物は、公知の方法により、糖衣フィルムコーティング等により、被覆されていてもよい。

0028

次に、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないように含有する医薬組成物(以下、組成物Bともいう)について説明する。
上記「実質的に互いに接しないように含有する」とは、医薬組成物中、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが相互作用を発現しない程度に接触しないよう含有することを意味するが、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが接触しないように含有することが好ましい。また、組成物Bに含まれるイブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物やその含有量等については上記組成物Aと同様である。

0029

また、上記医薬組成物(組成物B)は、第十五改正ないし第十六改正日本薬局方製剤総則等に記載の公知の方法にしたがって、適宜製剤添加物を用いることにより、種々の剤形に製剤化することができる。

0030

また、上記医薬組成物(組成物B)の剤形は、特に限定されないが、服用の簡便性や薬物服用量の管理等の観点から、固形製剤が好ましい。固形製剤の具体例としては、例えば、カプセル剤、丸剤、顆粒剤、細粒剤、散剤、錠剤(口腔内崩壊錠、チュアブル錠、分散錠、溶解錠、トローチ剤、舌下錠、バッカル錠、付着錠、ガム剤等の口腔用錠剤も含む)、ドライシロップ剤、経口ゼリー剤等の経口投与製剤や坐剤等の非経口投与製剤が挙げられるが、経口固形製剤が好ましい。また、斯かる医薬組成物は、公知の方法により、糖衣やフィルムコーティング等により、被覆されていてもよい。

0031

イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないように含有する固形製剤としては、(A)イブプロフェンそのもの、若しくはイブプロフェンを含有する固形組成物と、(B)ブチルスコポラミン臭化物そのもの、若しくはブチルスコポラミン臭化物を含有する固形組成物とを含有し、これらの固形組成物を構成する成分によって、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが互いに接しないように配置されているものが挙げられる。これらの固形組成物の形態は、粉状、粒状、錠剤状のような形態である。
上記のイブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが互いに接しないように配置されている固形製剤の具体的な形態として、以下の(I)〜(VIII)等を例示することができ、これらは前述のとおり公知の方法、例えば、第十五改正ないし第十六改正日本薬局方製剤総則等に記載の公知の方法により、適宜製剤添加物を用いて、製造、製剤化することができる。

0032

(I)イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のうちいずれか一方を適当な方法で造粒して粒状物とし、これに他方のイブプロフェン又はブチルスコポラミン臭化物を造粒せずに含有せしめて製した固形製剤(例えば、散剤や顆粒剤等、並びに当該粒状物を更に適当な方法で被覆した製剤)。
(II)イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物をそれぞれ適当な方法で別個に造粒して粒状物とし、これらを含有せしめして製した固形製剤(例えば、散剤や顆粒剤等、並びに当該粒状物を更に適当な方法で被覆した製剤)。
(III)上記(I)又は(II)で製した散剤や顆粒剤等をカプセル充填したカプセル剤。
(IV)上記(I)又は(II)で製した粒状物等を適当な方法で製錠して得た錠剤。製錠は、圧縮法のほか、適当な方法により一定の形状に成形することでも達成できる。

0033

(V)イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが実質的に互いに接触しないように製した多層錠、並びに当該多層錠を更に適当な方法で被覆した製剤。当該多層錠としては、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物を、互いに異なる層に位置させたものが好ましく、三層以上の多層錠として、イブプロフェンを含む層とブチルスコポラミン臭化物を含む層が互いに接しないように位置させたものがより好ましい。なお、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物として、上記(I)や(II)で製した粒状物を用いることができる。

0034

(VI)イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方を核錠(芯錠、中心錠ともいう)に配置し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが実質的に互いに接触しないように製した有核錠、並びに当該有核錠を更に適当な方法で被覆した製剤。なお、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物として、上記(I)や(II)で製した粒状物を用いることができる。
(VII)上記(I)や(II)の粒状物に換えて、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方又は両方をα−シクロデキストリン、β−シクロデキストリンやγ−シクロデキストリン等のシクロデキストリン類等で包接した包接化合物を用いた製剤。
(VIII)イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方を通常の方法で製した製剤中に含有し、糖衣層フィルムコーティング層を設けた製剤であって、当該糖衣層やコーティング層に他方を含有し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが実質的に互いに接しないように製した製剤(剤形が錠剤である場合、糖衣錠フィルムコーティング錠と称される。)。

0035

上記(I)や(II)等における粒状物は、押し出し造粒転動造粒、撹拌造粒流動層造粒噴霧乾燥造粒、破砕造粒、溶融造粒等の公知の造粒方法により、適宜製剤添加物を用いて製すればよい。本発明においては、イブプロフェンを含有する粒状物、及びブチルスコポラミン臭化物を含有する粒状物のいずれもが同一の造粒方法により製されていてもよいし、相異なる造粒方法により製されていてもよい。

0036

例えば、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のうちいずれかを含有する粒状物は、イブプロフェン又はブチルスコポラミン臭化物、流動化剤(例えば、軽質無水ケイ酸含水二酸化ケイ素等)、結合剤(例えば、ヒドロキシプロピルセルロースヒプロメロース等)等を含む混合物を用いて造粒することにより製することができる。
また、イブプロフェン又はブチルスコポラミン臭化物を、流動化剤等を分散させた結合剤溶液を用いて造粒することによっても製することができる。あるいは、常温時には固体であって、加熱により溶融又は軟化するような融点凝固点)が低く、かつイブプロフェン又はブチルスコポラミン臭化物の融点(凝固点)よりも低い結合剤(例えば、マクロゴール類(例えば、マクロゴール4000マクロゴール6000マクロゴール20000等);油脂類(例えば、牛脂硬化油硬化油水素添加植物油ダイズ硬化油、カルナウバロウサラシミツロウミツロウモクロウ等);炭化水素類(例えば、パラフィンマイクロクリスタリンワックス等);高級アルコール類(例えば、セチルアルコールステアリルアルコール等);脂肪酸類(例えば、ステアリン酸等);脂肪酸エステル類(例えば、アセチルグリセリン脂肪酸エステルグリセリン脂肪酸エステルショ糖脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルモノステアリン酸グリセリン等)等)を用いて、溶融造粒することにより製することもできる。
なお、上記流動化剤の使用量は、固形製剤1質量部に対し、通常、0.001〜1質量部、好ましくは0.002〜0.5質量部である。また、上記結合剤の使用量は、固形製剤1質量部に対し、通常、0.001〜3質量部、好ましくは0.005〜2質量部、より好ましくは0.01〜1質量部である。
また、イブプロフェンを含有する粒状物は、市販品を用いることもでき、例えば、本邦においては、イブプロフェン顆粒20%「タツミ」(辰巳化学株式会社)、ブルフェン登録商標)顆粒20%(科研製薬株式会社製)、ランデールン(登録商標)顆粒20%(鶴原製薬株式会社製)等を挙げることができる。なお、イブプロフェンをブチルスコポラミン臭化物に替えることにより、上記と同様にしてブチルスコポラミン臭化物を含有する粒状物を製することができ、市販品も用いることができる。

0037

また、上記医薬組成物(組成物B)に、吸湿性高分子を更に共存せしめたものも本発明の一つの態様として挙げることができる。後述する実施例に記載のように吸湿性高分子は相互作用抑制作用を示すため、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物を実質的に互いに接しないように含有せしめた医薬組成物としては、更に吸湿性高分子を含有するものが好ましい。なお、斯かる吸湿性高分子やその含有量等については組成物Aと同様である。

0038

この場合において、吸湿性高分子を含有する医薬組成物(組成物B)の中でも、医薬組成物の剤形が固形製剤であるときの具体的な形態としては、以下の(i)〜(viii)等を例示することができ、これらは前述の(I)〜(VIII)等の方法を基礎としたものである。具体的な製剤化等については、前述と同様、例えば、第十五改正ないし第十六改正日本薬局方製剤総則等に記載の公知の方法により、適宜製剤添加物を用いて、製造、製剤化することができる。

0039

(i)イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を用い、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のうちいずれか一方を適当な方法で造粒して粒状物とし、これに他方のイブプロフェン又はブチルスコポラミン臭化物を造粒せずに含有せしめて製した固形製剤(例えば、散剤や顆粒剤等、並びに当該粒状物を更に適当な方法で被覆した製剤)。吸湿性高分子は当該粒状物中に含有させてもよいし、粒状物とは別に含有させてもよい。

0040

(ii)イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を用い、イブプロフェン、及びブチルスコポラミン臭化物をそれぞれ適当な方法で別個に造粒して粒状物とし、これらを含有せしめて製した固形製剤(例えば、散剤や顆粒剤等、並びに当該粒状物を更に適当な方法で被覆した製剤)。吸湿性高分子は、いずれか一方の粒状物中に含有させてもよいし、両方の粒状物中に含有させてもよいし、また、これら粒状物とは別に含有させてもよい。
(iii)上記(i)又は(ii)で製した散剤や顆粒剤等をカプセルに充填したカプセル剤。
(iv)上記(i)又は(ii)で製した粒状物等を適当な方法で製錠して得た錠剤。製錠は、圧縮法のほか、適当な方法により一定の形状に成形することでも達成できる。

0041

(v)イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を用い、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが実質的に互いに接触しないように製した多層錠、並びに当該多層錠を更に適当な方法で被覆した製剤。当該多層錠としては、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物を、互いに異なる層に位置させたものが好ましく、三層以上の多層錠として、イブプロフェンを含む層とブチルスコポラミン臭化物を含む層が互いに接しないように位置させたものがより好ましい。なお、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物として、上記(i)や(ii)で製した粒状物を用いることができる。多層錠において、吸湿性高分子は、イブプロフェンを含む層及びブチルスコポラミン臭化物を含む層のいずれかに位置させてもよいし、両方の層に位置させてもよい。さらに、いずれかの層の中間層に位置させてもよい。
(vi)イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を用い、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方を核錠(芯錠、中心錠ともいう)に配置し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とが実質的に互いに接触しないように製した有核錠、並びに当該有核錠を更に適当な方法で被覆した製剤。なお、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物として、上記(i)や(ii)で製した粒状物を用いることができる。有核錠において、吸湿性高分子は、核錠に位置させてもよいし、外殻に位置させてもよいし、核錠と外殻のいずれにも位置させてもよい。

0042

(vii)イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を用い、上記(i)又は(ii)の粒状物に換えて、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方又は両方をα−シクロデキストリン、β−シクロデキストリンやγ−シクロデキストリン等のシクロデキストリン類等で包接した包接化合物を用いた製剤。吸湿性高分子はいずれか一方の包接化合物の近傍に位置させてもよいし、両方の包接化合物の近傍に位置させてもよい。
(viii)イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物及び吸湿性高分子を用い、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物のいずれか一方を通常の方法で製した製剤中に含有し、糖衣層やフィルムコーティング層を設けた製剤であって、当該糖衣層やコーティング層に他方を含有し、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物が実質的に互いに接しないように製した製剤(剤形が錠剤である場合、糖衣錠やフィルムコーティング錠と称される。)。吸湿性高分子は、通常の方法で製した製剤中に位置させてもよいし、糖衣層やフィルムコーティング層に位置させてもよいし、糖衣層やフィルムコーティング層のいずれにも位置させてもよいし、さらには、製剤中、糖衣層及びフィルムコーティング層のいずれにも位置させてもよい。

0043

また、本発明の医薬組成物(組成物A及び組成物B)は、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物以外の薬物、例えば、解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤鎮咳剤ノスカピン類、気管支拡張剤去痰剤催眠鎮静剤ビタミン類抗炎症剤胃粘膜保護剤抗コリン剤生薬類、漢方処方キサンチン系成分等からなる群より選ばれる1種又は2種以上を含んでいてもよい。

0044

解熱鎮痛剤としては、例えば、アスピリンアスピリンアルミニウムアセトアミノフェン、イソプロピルアンチピリン、エテンザミド、サザピリンサリチルアミドサリチル酸ナトリウムチアラミド塩酸塩ラクチルフェネチジンロキソプロフェンナトリウム水和物等が挙げられる。

0045

抗ヒスタミン剤としては、例えば、アゼラスチン塩酸塩アリメマジン酒石酸塩イソチペンジル塩酸塩、イプロヘプチン塩酸塩、エピナスチン塩酸塩エメダスチンフマル酸塩カルビノキサミンジフェニルジスルホン酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩クレマスチンフマル酸塩、dl−クロルフェニラミンマレイン酸塩、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、ケトチフェンフマル酸塩ジフテロール塩酸塩、ジフェテロールリン酸塩ジフェニルピラリン塩酸塩ジフェニルピラリンテオクル酸塩ジフェンヒドラミン塩酸塩ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、ジフェンヒドラミンタンニン酸塩トリプロリジン塩酸塩、トリレナミン塩酸塩、トンルアミン塩酸塩、フェネタジン塩酸塩、プロメタジン塩酸塩、プロメタジンメチレン二サリチル酸塩、メキタジンメトジラジン塩酸塩、メブヒドロリンナパジシル酸塩、エメダスチンフマル酸塩等が挙げられる。

0047

ノスカピン類としては、例えば、ノスカピン塩酸塩、ノスカピン等が挙げられる。

0048

気管支拡張剤としては、例えば、トリメトキノール塩酸塩、フェニルプロパノールアミン塩酸塩、フェニレフリン塩酸塩、プソイドエフェドリン塩酸塩プソイドエフェドリン硫酸塩、メチルエフェドリン、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、l−メチルエフェドリン塩酸塩、dl−メチルエフェドリンサッカリン塩、メトキシフェナミン塩酸塩等が挙げられる。

0050

催眠鎮静剤としては、例えば、アリルイソプロピルアセチル尿素ブロムワレリル尿素等が挙げられる。

0054

抗コリン薬としては、例えば、オキシフェンサイクリミン塩酸塩、ジサイクロミン塩酸塩、メチキセン塩酸塩、スコポラミン臭化水素酸塩ダツラエキス、チペピジウム臭化物メチルアトロピン臭化物、メチルアニトロピン臭化物、メチルスコポラミン臭化物、メチル−l−ヒヨスチアミン臭化物、メチルベナクチジウム臭化物、ピレンゼピン塩酸塩、ベラドンナアルカロイドベラドンナエキスベラドンナ総アルカロイドヨウ化イソプロパミドヨウ化ジフェニルピペリジノメチルジオキソランロートエキスロート根、ロート根総アルカロイドクエン酸塩等が挙げられる。

0055

生薬類としては、例えば、アカメガシワ(赤柏)、アセンヤク阿仙薬)、インヨウカク淫羊霍)、ウイキョウ(茴香)、ウコン鬱金)、エンゴサク延胡索)、エンメイソウ延命草)、オウゴン黄岑)、オウセイ(黄精)、オウバク(黄柏)、オウヒ(桜皮)、オウレン(黄連)、オンジ(遠志)、ガジュツ(我朮)、カノコソウ鹿子草)、カミツレカロニン(か楼)、カンゾウ甘草)、キキョウ(桔梗)、キョウニン杏仁)、クコシ(枸杞子)、クコヨウ(枸杞葉)、ケイガイ(荊芥)、ケイヒ(桂皮)、ケツメイシ決明子)、ゲンチアナゲンノショウコ(現証拠)、コウブシ(香附子)、ゴオウ(牛黄)、ゴミシ(五味子)、サイシン細辛)、サンショウ山椒)、シオン(紫苑)、ジコッピ地骨皮)、シャクヤク芍薬)、ジャコウ麝香)、シャジン(沙参)、シャゼンシ(車前子)、シャゼンソウ(車前草)、獣胆(ユウタン(熊胆)を含む)、ショウキョウ(生姜)、ジリュウ(地竜)、シンイ(辛夷)、セキサン(石蒜)、セネガセンキュウ川きゅう)、ゼンコ(前胡)、センブリ(千振)、ソウジュツ(蒼朮)、ソウハクヒ桑白皮)、ソヨウ(蘇葉)、タイサン(大蒜)、チクセツニンジン(竹節人参)、チョウジ(丁子)、チンピ(陳皮)、トウキ当帰)、トコン(吐根)、ナンテンジツ南天実)、ニンジン(人参)、バイモ(母)、バクモンドウ(麦門)、ハッカ薄荷)、ハンゲ(半夏)、バンコウカ(番紅花)、ハンピ(反)、ビャクシ(白し)、ビャクジュツ(白朮)、ブクリョウ茯苓)、ボタンピ(牡丹皮)、ボレイ(牡蠣)、マオウ(麻黄)、ロクジョウ(鹿茸)等の生薬及びこれらの抽出物エキスチンキ乾燥エキス等)等が挙げられる。

0056

漢方処方としては、例えば、葛根湯、枝湯、香蘇散、柴胡桂枝湯、小柴胡湯、小青竜湯、麦門冬湯、半夏厚朴湯麻黄湯等が挙げられる。

0058

キサンチン系成分としては、例えば、アミノフィリンジプロフィリンテオフィリンプロキシフィリン等が挙げられる。

0059

本発明においては、医薬組成物(組成物A及び組成物B)が、解熱鎮痛剤や総合感冒薬等として用いられる観点から、アセトアミノフェン、イソプロピルアンチピリン、エテンザミド等の解熱鎮痛剤;抗ヒスタミン剤;アリルイソプロピルアセチル尿素やブロムワレリル尿素等の催眠鎮静剤;乾燥水酸化アルミニウムゲル、合成ヒドロタルサイト、酸化マグネシウム等の胃粘膜保護剤;安息香酸ナトリウムカフェイン、カフェイン水和物、無水カフェイン等のカフェイン類等の薬物が好ましいものとして挙げられる。

0060

本発明は、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物との相互作用改善技術に関するものであるが、医薬組成物(組成物A及び組成物B)としては、1錠(200mg)当たり、イブプロフェン75mg、ブチルスコポラミン臭化物5mg、ヒドロキシプロピルセルロース10mg、クロスカルメロースナトリウム20mg、軽質無水ケイ酸10mg、結晶セルロース70mg及びタルク10mgを含有する錠剤、当該錠剤にヒドロキシプロピルメチルセルロース(2910)10質量部及びクエン酸トリエチル1質量部を精製水115質量部に溶解させ、これに酸化チタン2質量部を分散させた液をコーティングしたフィルムコーティング錠(5mgのフィルム層を有し、1錠が205mg)及び1包(1.2g)当たり、イブプロフェン150mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg、結晶セルロース610mg、カルメロースカルシウム200mg、ヒドロキシプロピルセルロース30mg及びオイドラギットL200mgを含有する細粒剤でないものが好ましい。
上述の1錠200mgの錠剤は、1回にイブプロフェン150mg及びブチルスコポラミン臭化物75mgを服用するに際して2錠を要するところ、本発明に係る医薬組成物(錠剤)は、1回1錠を服用することで達成し得、服用コンプライアンスの観点で優れたものである。

0061

なお、本発明の相互作用改善剤中の吸湿性高分子は、上記組成物Aと同様であり、その使用されるときの濃度は、イブプロフェン1質量部に対して、0.01〜3質量部が好ましく、0.02〜2質量部がより好ましい。

0062

以下に実施例を挙げて本発明を詳細に説明するが、本発明はこれら実施例に何ら限定されるものではない。

0063

試験例1相互作用の検討(1)
イブプロフェン150質量部及びブチルスコポラミン臭化物10質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、50℃で保存した(参考例1)。比較対照として、イブプロフェン単独(対照例1)、ブチルスコポラミン臭化物単独(対照例2)を同様にガラス瓶に入れ、50℃で保存した。保存開始直後、2週間後、4週間後のガラス瓶内各々の状態を評価し、結果を表1に示した。

0064

0065

表1から明らかなように、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物の混合物を保存すると、混合物は湿潤し、さらに変色することがわかった(参考例1)。一方、イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物を各々単独で保存したものには変化は生じなかった(対照例1及び2)。このことから、混合物の状態変化は、イブプロフェとブチルスコポラミン臭化物が相互作用を生じた結果であることが判明した。

0066

試験例2相互作用の検討(2)
イブプロフェン150質量部及びブチルスコポラミン臭化物10質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、40℃で保存した(参考例2)。比較対照として、イブプロフェン単独(対照例3)、ブチルスコポラミン臭化物単独(対照例4)を同様にガラス瓶に入れ、40℃で保存した。
イブプロフェン150質量部、ブチルスコポラミン臭化物10質量部、及び本発明の吸湿性高分子の一例であるクロスカルメロースナトリウム20質量部を混合し、同様にガラス瓶に入れ、40℃で保存した(実施例1)。
また、クロスカルメロースナトリウム20質量部の代わりに、吸湿性を示さない低置換度ヒドロキシプロピルセルロース20質量部を混合し、同様にガラス瓶に入れ、40℃で保存した(比較例1)。
保存開始直後、6ヶ月後のガラス瓶内各々の状態を評価し、結果を表2に示した。

0067

0068

表2から明らかなように、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物の混合物を6ヶ月保存すると、混合物は湿潤し、かつ変色した状態であった(参考例2)。一方、イブプロフェン、ブチルスコポラミン臭化物を各々単独で保存したものは、保存開始直後の状態を保ち、変化は生じなかった(対照例3及び4)。これらより、混合物の状態変化は、イブプロフェとブチルスコポラミン臭化物が相互作用を生じた結果であることが判明した。
また、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物の混合物にクロスカルメロースナトリウムをさらに加えたものは、保存開始直後の状態を保ち、変化は生じなかった(実施例1)。一方、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物の混合物に低置換度ヒドロキシプロピルセルロースをさらに加えたものは、6ヶ月保存すると、混合物は湿潤した(比較例1)。
クロスカルメロースナトリウム及び低置換度ヒドロキシプロピルセルロースはいずれもセルロース誘導体系の高分子であるが、前者は吸湿性を示す一方、後者は吸湿性を示さないものである。したがい、実施例1と比較例1の結果の比較から、吸湿性高分子であれば、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物の相互作用をより改善することができることが判明した。

0069

試験例3相互作用の検討(3)
イブプロフェン150質量部及びブチルスコポラミン臭化物10質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、60℃で保存した(参考例3)。
イブプロフェン150質量部、ヒドロキシプロピルメチルセルロース15質量部及び軽質無水ケイ酸6質量部を混合し、精製水を用いて練合・造粒して造粒物を得た。得られた造粒物にブチルスコポラミン臭化物10質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、60℃で保存した(実施例2)。
ブチルスコポラミン臭化物10質量部、ヒドロキシプロピルセルロース1質量部及び乳糖水和物25.5質量部を混合し、精製水を用いて練合・造粒して造粒物を得た。得られた造粒物にイブプロフェン150質量部を混合し、ガラス瓶に入れ、60℃で保存した(実施例3)。
イブプロフェン150質量部、ヒドロキシプロピルメチルセルロース15質量部及び軽質無水ケイ酸6質量部を混合し、精製水を用いて練合・造粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物10質量部、ヒドロキシプロピルセルロース1質量部及び乳糖水和物25.5質量部を混合し、精製水を用いて練合・造粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物を混合し、ガラス瓶に入れ、60℃で保存した(実施例4)。
保存開始直後及び1週間後のガラス瓶内各々の状態を評価し、結果を表3に示した。

0070

0071

表3から明らかなように、イブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物の混合物を保存すると、1週間後には、混合物は固化した状態となった(参考例3)。
一方、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないように含有したものは、保存開始直後の状態を保ち、変化は生じなかった(実施例2〜4)。
したがって、参考例3と実施例2〜4の結果から、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを実質的に互いに接しないようにすることによって、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物の相互作用を改善することができることが判明した。

0072

製造例1
イブプロフェン150質量部、ヒドロキシプロピルメチルセルロース12質量部、クロスカルメロースナトリウム25質量部及び軽質無水ケイ酸6質量部を混合し、精製水を用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物10質量部、ヒドロキシプロピルセルロース1質量部及び乳糖水和物36質量部を混合し、エタノールを用いて練合し、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にタルク10質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1錠当たりイブプロフェンを150mg、ブチルスコポラミン臭化物を10mg含有する錠剤を得た。

0073

製造例2
ヒドロキシプロピルメチルセルロース10質量部及びクエン酸トリエチル1質量部を精製水115質量部に溶解させ、これに酸化チタン2質量部を分散させて、フィルムコーティング液を調製した。コーティング装置を用いてコーティング液噴霧し、製造例1で得た錠剤(素錠)に10mgのフィルム層を有するフィルムコーティング錠を得た。

0074

製造例3
クロスカルメロースナトリウムの代わりにカルメロースを用いる以外は製造例1と同様にして、1錠当たりイブプロフェンを150mg、ブチルスコポラミン臭化物を10mg含有する錠剤を得た。

0075

製造例4
製造例2と同様にして、製造例3で得た錠剤(素錠)に10mgのフィルム層を有するフィルムコーティング錠を得た。

0076

試験例4相互作用の検討(4)
製造例1及び製造例3で得た錠剤(素錠)、製造例2及び製造例4で得たフィルムコーティング錠を各々ガラス瓶に入れ、40℃で保存した。
保存開始直後、6ヶ月後のガラス瓶内における各錠剤の状態を評価し、結果を表4に示した。

0077

0078

表4から明らかなように、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物と吸湿性を示すセルロース誘導体であるクロスカルメロースナトリウムを含有する錠剤(素錠)は、6ヶ月保存後も保存開始直後の状態を保ち、変化は生じなかった(製造例1)。同様に、クロスカルメロースナトリウムの換わりに吸湿性を示すセルロース誘導体であるカルメロースを含有する錠剤(素錠)も、6ヶ月保存後も保存開始直後の状態を保ち、変化は生じなかった(製造例3)。
また、製造例1及び製造例3各々の素錠にフィルムコーティングした錠剤は、6ヶ月保存後であっても保存開始直後の状態を保ち、変化を生じなかった(製造例2及び製造例4)。

0079

製造例5
イブプロフェン200質量部、ヒドロキシプロピルメチルセルロース12質量部、カルメロース25質量部及び軽質無水ケイ酸6質量部を混合し、精製水を用いて練合して、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物10質量部、ヒドロキシプロピルセルロース1質量部及び乳糖水和物36質量部を混合し、エタノールを用いて練合して、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にタルク10質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1錠当たりイブプロフェンを200mg、ブチルスコポラミン臭化物を10mg含有する錠剤を得た。

0080

製造例6
ヒドロキシプロピルメチルセルロース10質量部及びクエン酸トリエチル1質量部を精製水115質量部に溶解させ、これに酸化チタン2質量部を分散させて、フィルムコーティング液を調製した。コーティング装置を用いて、コーティング液を噴霧し、製造例5で得た錠剤(素錠)に10mgのフィルム層を有するフィルムコーティング錠を得た。

0081

製造例7
カルメロース25質量部の代わりにクロスカルメロースナトリウムを用いる以外は製造例5と同様にして、1錠当たりイブプロフェンを200mg、ブチルスコポラミン臭化物を10mg含有する錠剤を得た。

0082

製造例8
製造例6と同様にして、製造例7で得た錠剤(素錠)に10mgのフィルム層を有するフィルムコーティング錠を得た。

0083

製造例9
イブプロフェン200質量部、ヒドロキシプロピルメチルセルロース12質量部、カルメロース25質量部及び軽質無水ケイ酸6質量部を混合し、精製水を用いて練合して、造粒した後、整粒して造粒物を得た。一方、ブチルスコポラミン臭化物20質量部、ヒドロキシプロピルセルロース1質量部及び乳糖水和物26質量部を混合し、エタノールを用いて練合して、造粒した後、整粒して造粒物を得た。得られた2種類の造粒物にタルク10質量部を加えて混合し、打錠用顆粒を得た。
得られた打錠用顆粒を打錠し、1錠当たりイブプロフェンを200mg、ブチルスコポラミン臭化物を20mg含有する錠剤を得た。

0084

製造例10
ヒドロキシプロピルメチルセルロース10質量部及びクエン酸トリエチル1質量部を精製水115質量部に溶解させ、これに酸化チタン2質量部を分散させて、フィルムコーティング液を調製した。コーティング装置を用いて、コーティング液を噴霧し、製造例9で得た錠剤(素錠)に10mgのフィルム層を有するフィルムコーティング錠を得た。

0085

製造例11
カルメロース25質量部の代わりにクロスカルメロースナトリウムを用いる以外は製造例9と同様にして、1錠当たりイブプロフェンを200mg、ブチルスコポラミン臭化物を20mg含有する錠剤を得た。

実施例

0086

製造例12
製造例10と同様にして、製造例11で得た錠剤(素錠)に10mgのフィルム層を有するフィルムコーティング錠を得た。

0087

本発明によれば、保存安定なイブプロフェン及びブチルスコポラミン臭化物を含有する医薬組成物を提供することができる。
また、1回服用量としての常用量(イブプロフェン150mg又は200mg、ブチルスコポラミン臭化物10mg又は20mg)を含有しうる医薬組成物(例えば、1錠中に各々成分の常用量を含有する錠剤等)とすることができるので、服用者のコンプライアンスが良好である。また、イブプロフェンとブチルスコポラミン臭化物とを簡便に併用することができるため、優れた鎮痛作用を有し、副作用が軽減された解熱鎮痛薬や総合感冒薬として優れたものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ