図面 (/)

技術 自動梱包機の結束フィルム誘導装置

出願人 株式會社トヨシマ
発明者 吉野末文
出願日 2016年8月23日 (4年3ヶ月経過) 出願番号 2016-162718
公開日 2018年3月1日 (2年8ヶ月経過) 公開番号 2018-030600
状態 特許登録済
技術分野 基本的包装技術6(結束)
主要キーワード 可動支柱 巻き締め状態 誘導位置 アーチ構造 傾斜ガイド面 極薄フィルム 口金具 誘導路内
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

自動梱包機結束フィルム誘導装置において巻き締めのためのフィルム引き戻し行程において結束フィルム先端側が引き戻し側の結束フィルムによって巻き込まれるトラブルを無くすことを課題としている。

解決手段

結束フィルムFを送り出す送り出し兼引き戻し機構4とフィルム誘導アーチ3と切断溶着機構8を具備する自動梱包機の結束フィルム誘導装置の前記切断溶着機構8に含まれるシールプレート8aにそのシールプレートの前面に開放する切欠き部14を設け、さらに、フィルム誘導アーチ3のフィルム出口6から出た結束フィルムFの先端側を前記切欠き部14に導くガイドブロック15をフィルム誘導アーチのアーチ本体3aに固定して設けた。

概要

背景

被梱包物熱可塑性樹脂結束フィルムで巻き締め、この結束フィルムの両端を熱溶着させて巻き締め状態を維持する自動梱包機の従来技術として、例えば、下記特許文献1に記載されたものがある。

特許文献1に記載された自動梱包機のアーチ構造は、本出願人が開発して提案したものである。

この特許文献1に記載された自動梱包機のアーチ構造は、結束フィルムをフィルム誘導アーチで誘導して被梱包物の周囲に配置する。結束フィルムは、テープ状であり、ランチパックの蓋と本体を結束する用途などでは、横幅が30mm〜50mm程度で厚みが80μmとか、40μmと言った極薄フィルムが使用されることがある。

前記フィルム誘導アーチを含んだ自動梱包機の結束フィルム誘導装置の従来例を図7及び図8に示す。図中3は、フィルム誘導アーチ、4は、結束フィルムFの送り出しと引き戻しを行う送り出し兼引き戻し機構、7は、結束フィルムFをフィルム入口5に案内する入口ガイドである。

フィルム誘導アーチ3は、下部を切り離した長円形のアーチ本体3aと、そのアーチ本体に添ってアーチ本体の外周に配置される、これも下部を切り離した長円形のアーチレール3bを組み合わせて構成されている。

アーチ本体3aとアーチレール3bは、それらの間(アーチ本体3aの外周)にフィルム誘導路11を作りだす。そのフィルム誘導路11内をサプライロール(図示せず)から供給される結束フィルムFがアーチ本体3aとアーチレール3bのそれぞれに対して線接触して走行する。

サプライロールから供給される結束フィルムFは、フィルム誘導路11の入口近くに配置された送り出し兼引き戻し機構4によって送り出される。

アーチ本体3aは、フィルム誘導位置からフィルム開放位置(誘導した結束フィルムの内側から抜け出す位置に)に移動して退避可能である。アーチレール3bは、定位置固定のレールであって、起立したアーチ後カバー(図示せず)に取り付けられている。

このフィルム誘導アーチ3のフィルム誘導路11に誘導されて結束フィルムFが被梱包物Aの周囲を1周する。

次に、結束フィルムの供給側先端が定位置まで移動したら、結束フィルムFの送り出しを停止し、アーチ本体3aをフィルム誘導位置から退避させて送り出した結束フィルムFを被梱包物が巻き締められるところまで引き戻す。

そして、その結束フィルムFの両端(先端部と被梱包物の周りを1周した部分)を熱溶着させ、余長部を切り離して結束作業を完了する。

20は、結束フィルムFの先端を検知して送り出し兼引き戻し機構4に送り出しの停止指令を出すリミットスイッチ、8は結束フィルムFの溶着と余長部の切断を行う切断溶着機構である。

切断溶着機構8には、加圧器8dやその加圧器8dとの間に結束フィルムFの両端を挟みつけて熱させるシールプレート8aが含まれている。結束フィルムFの先端は、前記シールプレート8aとアーチ本体3aとの間の空間に誘導されてシールプレート8aを通り越した位置で停止する。

概要

自動梱包機の結束フィルム誘導装置において巻き締めのためのフィルム引き戻し行程において結束フィルム先端側が引き戻し側の結束フィルムによって巻き込まれるトラブルを無くすことを課題としている。結束フィルムFを送り出す送り出し兼引き戻し機構4とフィルム誘導アーチ3と切断溶着機構8を具備する自動梱包機の結束フィルム誘導装置の前記切断溶着機構8に含まれるシールプレート8aにそのシールプレートの前面に開放する切欠き部14を設け、さらに、フィルム誘導アーチ3のフィルム出口6から出た結束フィルムFの先端側を前記切欠き部14に導くガイドブロック15をフィルム誘導アーチのアーチ本体3aに固定して設けた。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

熱可塑性樹脂で形成された結束フィルム(F)をフィードローラ(4a)で送り出す送り出し兼引き戻し機構(4)と、送り出された結束フィルム(F)をフィルム入口(5)からフィルム誘導路(11)に受け入れ被梱包物(A)の周りを1周するように案内するフィルム誘導アーチ(3)と、前記結束フィルム(F)の先端部と被梱包物(A)の周りを1周した部分を前記フィルム入口(5)の直上に配置されるシールプレート(8a)と前記フィルム入口(5)の手前側の下部に配置される加圧器(8d)とで挟みつけて熱溶着させ、なおかつ、結束フィルム(F)の余長部を切り離す切断溶着機構(8)を具備し、前記フィルム誘導アーチ(3)は、フィルム誘導位置からフィルム開放位置に退避可能な下部の切り離された長円形のアーチ本体(3a)と、定位置固定のアーチ後カバー(10)に保持されて前記アーチ本体(3a)の外周に配置される、下部の切り離された長円形のアーチレール(3b)を組み合わせて構成され、前記アーチ本体(3a)の外周とアーチレール(3b)の内周との間に前記フィルム誘導路(11)が作り出された自動梱包機の結束フィルム誘導装置であって、前記シールプレート(8a)に、そのシールプレートの前面に開放して形成される切欠き部(14)と、前記フィルム誘導アーチ(3)のフィルム出口(6)から出た前記結束フィルム(F)の先端側を前記切欠き部(14)に導くガイドブロック(15)を有し、前記ガイドブロック(15)が前記アーチ本体(3a)に固定された自動梱包機の結束フィルム誘導装置。

請求項2

前記ガイドブロック(15)が、前記アーチ本体(3a)の内周面から斜めに立ち上がる傾斜ガイド面(15a)を具備し、その傾斜ガイド面(15a)が前記シールプレート(8a)と前記アーチ本体(3a)との間の空間に進入した前記結束フィルム(F)の先端側を斜め上向きに方向転換させて前記切欠き部(14)に導くように構成された請求項1に記載の自動梱包機の結束フィルム誘導装置。

技術分野

0001

この発明は、熱可塑性樹脂で形成された結束フィルム被梱包物の外周に案内する自動梱包機の結束フィルム誘導装置、詳しくは、被梱包物の外周に巻いた結束フィルムを引き締める際に、引き戻される結束フィルムが被梱包物の周りを一周しているその結束フィルムの先端付近と重なって結束フィルムの先端側を巻き込むトラブルを無くした結束フィルム誘導装置に関する。

背景技術

0002

被梱包物を熱可塑性樹脂の結束フィルムで巻き締め、この結束フィルムの両端を熱溶着させて巻き締め状態を維持する自動梱包機の従来技術として、例えば、下記特許文献1に記載されたものがある。

0003

特許文献1に記載された自動梱包機のアーチ構造は、本出願人が開発して提案したものである。

0004

この特許文献1に記載された自動梱包機のアーチ構造は、結束フィルムをフィルム誘導アーチで誘導して被梱包物の周囲に配置する。結束フィルムは、テープ状であり、ランチパックの蓋と本体を結束する用途などでは、横幅が30mm〜50mm程度で厚みが80μmとか、40μmと言った極薄フィルムが使用されることがある。

0005

前記フィルム誘導アーチを含んだ自動梱包機の結束フィルム誘導装置の従来例を図7及び図8に示す。図中3は、フィルム誘導アーチ、4は、結束フィルムFの送り出しと引き戻しを行う送り出し兼引き戻し機構、7は、結束フィルムFをフィルム入口5に案内する入口ガイドである。

0006

フィルム誘導アーチ3は、下部を切り離した長円形のアーチ本体3aと、そのアーチ本体に添ってアーチ本体の外周に配置される、これも下部を切り離した長円形のアーチレール3bを組み合わせて構成されている。

0007

アーチ本体3aとアーチレール3bは、それらの間(アーチ本体3aの外周)にフィルム誘導路11を作りだす。そのフィルム誘導路11内をサプライロール(図示せず)から供給される結束フィルムFがアーチ本体3aとアーチレール3bのそれぞれに対して線接触して走行する。

0008

サプライロールから供給される結束フィルムFは、フィルム誘導路11の入口近くに配置された送り出し兼引き戻し機構4によって送り出される。

0009

アーチ本体3aは、フィルム誘導位置からフィルム開放位置(誘導した結束フィルムの内側から抜け出す位置に)に移動して退避可能である。アーチレール3bは、定位置固定のレールであって、起立したアーチ後カバー(図示せず)に取り付けられている。

0010

このフィルム誘導アーチ3のフィルム誘導路11に誘導されて結束フィルムFが被梱包物Aの周囲を1周する。

0011

次に、結束フィルムの供給側先端が定位置まで移動したら、結束フィルムFの送り出しを停止し、アーチ本体3aをフィルム誘導位置から退避させて送り出した結束フィルムFを被梱包物が巻き締められるところまで引き戻す。

0012

そして、その結束フィルムFの両端(先端部と被梱包物の周りを1周した部分)を熱溶着させ、余長部を切り離して結束作業を完了する。

0013

20は、結束フィルムFの先端を検知して送り出し兼引き戻し機構4に送り出しの停止指令を出すリミットスイッチ、8は結束フィルムFの溶着と余長部の切断を行う切断溶着機構である。

0014

切断溶着機構8には、加圧器8dやその加圧器8dとの間に結束フィルムFの両端を挟みつけて熱させるシールプレート8aが含まれている。結束フィルムFの先端は、前記シールプレート8aとアーチ本体3aとの間の空間に誘導されてシールプレート8aを通り越した位置で停止する。

先行技術

0015

特許第5561640公報

発明が解決しようとする課題

0016

図7に示した従来の結束フィルム誘導装置は、被梱包物Aの外周に巻いた結束フィルムFを引き締める際に、図9に示すように、引き戻される結束フィルムFがフィルム誘導アーチ3を1周した結束フィルムFの先端側に対してシールプレート8aのエッジ部で重なる。

0017

そのため、極薄結束フィルム、中でも特に、摩擦力の大きな結束フィルムが使用される場合には、引き戻される結束フィルムFによりその結束フィルムFの先端側が摩擦による静電気などで吸着されて巻き込まれ、正常な結束フィルムの切断とフィルム両端の正常な溶着がなされないことがある。

0018

そこで、この発明は、自動梱包機の結束フィルム誘導装置において巻き締めのためのフィルム引き戻し行程において発生していた結束フィルム先端側の巻き込みのトラブルを無くすことを課題としている。

課題を解決するための手段

0019

上記の課題を解決するため、この発明においては、熱可塑性樹脂で形成された結束フィルムをフィードローラで送り出す送り出し兼引き戻し機構と、送り出された結束フィルムをフィルム入口からフィルム誘導路に受け入れて被梱包物の周りを1周するように案内するフィルム誘導アーチと、前記結束フィルムの先端部と被梱包物の周りを1周した部分を前記フィルム入口の直上に配置されるシールプレートと前記フィルム入口の手前側の下部に配置される加圧器とで挟みつけて熱溶着させ、なおかつ、結束フィルムの余長部を切り離す切断溶着機構を具備し、
前記フィルム誘導アーチは、フィルム誘導位置からフィルム開放位置に退避可能な下部の切り離された長円形のアーチ本体と、定位置固定のアーチ後カバーに保持されて前記アーチ本体の外周に配置される、下部の切り離された長円形のアーチレールを組み合わせて構成され、前記アーチ本体の外周とアーチレールの内周との間に前記フィルム誘導路が作り出された自動梱包機の結束フィルム誘導装置を以下の通りに構成した。

0020

即ち、前記シールプレートに、そのシールプレートの前面に開放して形成される切欠き部と、前記フィルム誘導アーチのフィルム出口から出た前記結束フィルムの先端側を前記切欠き部に導くガイドブロックを有し、前記ガイドブロックが前記アーチ本体に固定されたものにした。

0021

この自動梱包機の結束フィルム誘導装置は、前記ガイドブロックに、前記アーチ本体の内周面から斜めに立ち上がる傾斜ガイド面を具備させ、その傾斜ガイド面で前記シールプレートと前記アーチ本体との間の空間に進入した前記結束フィルムの先端側を斜め上向きに方向転換させて前記切欠き部に導く構造にすると好ましい。

0022

また、前記送り出し兼引き戻し機構のフィードローラの駆動を回転制御の可能なモータで行い、そのモータによるフィードローラの回転制御によって前記結束フィルムの送り出し長さを調整すると好ましい。

0023

その送り出し長さの調整は、前記フィルム誘導アーチに前記フィルム誘導路内を走行中の結束フィルムの先端位置や結束フィルムに印刷されたマークなどを検出する非接触式センサを設置し、その非接触式センサによる結束フィルム先端や印刷マークの検出時から設定時間経過後に前記フィードローラを停止させるタイマーを前記モータの駆動回路付属させてフィードローラの回転制御によってなされるようにするとよい。

発明の効果

0024

この発明によれば、被梱包物の外周を1周した結束フィルムの先端がシールプレートに形成された切欠き部に誘導される。これにより、シールプレートの切欠き部からエッジまでの領域がセパレータとして機能し、シールプレートの下側エッジに接する結束フィルムの引き締め側がその結束フィルムの先端付近に接触することが無くなる。

0025

そのため、結束フィルムの引き締め時の引き締め側結束フィルムによる結束フィルム先端側の巻き込みが起こらず、その巻き込みに起因した結束フィルムの切断不良、溶着不良が防止される。

図面の簡単な説明

0026

この発明の自動梱包機の結束フィルム誘導装置の一例の概要を示す正面図である。
図1の結束フィルム誘導装置のフィルム誘導アーチの分解斜視図である。
図1のX−X線に沿った断面図である。
図1の結束フィルム誘導装置の要部の拡大正面図である。
図1の結束フィルム誘導装置が備えるシールプレートとガイドブロックの斜視図である。
図1の結束フィルム誘導装置での結束フィルム引き締め状態を示す説明図である。
従来の結束フィルム誘導装置の要部を簡略化して示す正面図である。
図7の結束フィルム誘導装置が備えるシールプレートの斜視図である。
図7の結束フィルム誘導装置での結束フィルム引き締め状態を示す説明図である。

実施例

0027

以下、添付図面の図1図6に基づいて、この発明の自動梱包機の結束フィルム誘導装置の実施の形態を説明する。

0028

図1に示すように、例示の結束フィルム誘導装置1は、被梱包物Aを載置するテーブル2上に起立配置のフィルム誘導アーチ3を有する。

0029

また、結束フィルムFの送り出しと引き戻しを行う送り出し兼引き戻し機構4と、その送り出し兼引き戻し機構4によって送り出された結束フィルムFをフィルム入口5に案内する入口ガイド7と、被梱包物Aを巻き締めた後に結束フィルムFの巻締め箇所を後続箇所から切り離し、巻き締めた結束フィルムFの先端と後端を溶着させる切断溶着機構8を有する。

0030

フィルム誘導アーチ3は、下部を切り離した長円形のアーチ本体3aと、そのアーチ本体3aに添ってアーチ本体の外周に配置される、これも下部を切り離した長円形のアーチレール3bを組み合わせて構成されている。

0031

アーチ本体3aは、外周に配置されるアーチ取付け台9(図1図2参照)によって保持されている。

0032

アーチ取付け台9は、テーブル2内に配置されたガイド機構17に支持されており、駆動機構(図示せず)によって移動させることができる。

0033

その移動によりアーチ取付け台9に保持されたアーチ本体3aは、フィルム誘導位置から、誘導した結束フィルムFの内側から抜け出すフィルム開放位置に移動して退避することができる。このアーチ本体3aの移動は、後述するアーチ後カバー10に対して接近、離反するようになされ、離反方向の移動がフィルム開放位置への退避となる。

0034

アーチレール3bは、起立したアーチ後カバー10に取り付けられている。アーチ後カバー10は、テーブル2上に固定配置されており、このため、アーチレール3bは、定位置固定のレールとなっている。

0035

図示の装置のアーチレール3bは、図3に示すように、薄板で構成された2本のレールr1、r2を一定間隔を保って並列に配置したものになっている。

0036

フィルム誘導位置に移動したアーチ本体3aとアーチレール3bは、それらの間にフィルム入口5からフィルム出口6(図1参照)に至るフィルム誘導路11を作り出す。

0037

アーチレール3bを構成する2本のレールr1、r2は、図3に示すように、スペーサ12を用いて設定したその2者の設置間隔wを結束フィルムFの横幅Wよりも小さくしている。その2本のレールr1、r2は、結束フィルムFの外面を線接触して誘導する。

0038

アーチ本体3aには、アーチレールの2本のレールr1、r2間の幅方向中間付近において結束フィルムFの外面を線接触して誘導する突条が形成されている。

0039

結束フィルムFは、ポリプロピレンなどの熱可塑性樹脂で形成されたフィルムであって
横幅が30mm〜50mm程度のものがよく用いられている。その結束フィルムFは、厚みが例えば40μm〜80μm程度の極薄いフィルムである。

0040

送り出し兼引き戻し機構4は、結束フィルムFを挟んで送り出すフィードローラ4aとピンチローラ4bを有する。ピンチローラ4bは、フィードアーム4cに取り付けられており、フィードアーム4cを支え支軸4dを支点にして回動することができる。そのピンチローラ4bは、フィードテンションスプリング4eによってフィードローラ4a側に向けて付勢されている。

0041

切断溶着機構8は、シールプレート8aと、そのシールプレートの下方に配置される2個のクランプ8b、8cと、その2個のクランプ8b、8c間に配置した加圧器8dを組み合わせたものが設置されている。

0042

この切断溶着機構8のシールプレート8aは、そのシールプレートを前後動させるプレート抜き取り機構13の可動支柱13aに取り付けられており、その可動支柱13aの揺動によりシールプレート8aをフィルム融着点から後退させて、結束フィルムFの溶着後に巻き締められた結束フィルムから外れる位置に移動させることができる。

0043

そのシールプレート8aには、図5に示すように、そのシールプレートのアーチ後カバー10の前面に開放した切欠き部14が設けられている。また、アーチ本体3aの内周面の切欠き部14に対応した位置には、結束フィルムFの先端を前記切欠き部14に案内するガイドブロック15が固定されている。

0044

ガイドブロック15は、アーチ本体3aの下側直線部の内周面から斜めに立ち上がる傾斜ガイド面15aを有しており、その傾斜ガイド面15aが、シールプレート8aとアーチ本体3aとの間の空間に進入した結束フィルムFの先端側を斜め上向きに方向転換させて前記切欠き部14に導く。

0045

図2の10aは、アーチ後カバーに設けた窓孔である。その窓孔10aは、テーブル2上に対する被梱包物Aの出し入れを可能にする。

0046

なお、例示の結束フィルム誘導装置1は、フィードローラ4aの駆動がパルスモータステッピングモータサーボモータなどの回転制御が可能なモータによって行われるようになっている。

0047

パルスモータ、ステッピングモータ、サーボモータなどによるフィードローラ4aの回転制御を伴った駆動は、フィルム誘導アーチ3の適当な箇所にフィルム誘導路11内を走行する結束フィルムの先端位置や結束フィルムに印刷されたマークなどを検出する非接触式センサ光電管マークセンサなど)16を設置し、そのセンサ16による結束フィルム先端やマークの検出時から設定時間経過後にモータの駆動回路に含ませたタイマー回路から指令信号を送り出してフィードローラ4aを停止させるようにしている。

0048

図1図2の18はアーチ入口金具、19はアーチカバーである。

0049

以上の如く構成した例示の自動梱包機の結束フィルム誘導装置1は、送り出し兼引き戻し機構4によって送り出される結束フィルムFがフィルム誘導路11に誘導されてフィルム誘導アーチ3に装填される。

0050

このとき、結束フィルムFの先端は、フィルム出口6を通過した後にシールプレート8aとアーチ本体3aとの間の空間に進入し、ガイドブロック15の傾斜ガイド面15aに案内されて斜め上向きに方向転換し、シールプレート8aに設けられた切欠き部14に入り込む。

0051

そこまで結束フィルムFが送り込まれると、タイマー回路からの信号によってフィードローラ4aによる結束フィルムFの送り出しが停止する。

0052

その後、フィルム誘導アーチのアーチ本体3aがフィルム開放位置に退避し、フィードローラ4aの逆転による結束フィルムFの引き締めのための引き戻しが行われる。

0053

結束フィルムFは、フィードテンションスプリング4eに付勢されたピンチローラ4bによって所定の張力が付与されるところまで引き戻され、これにより、被梱包物Aの外周に巻いた結束フィルムFがしっかりと巻き締められる。

0054

このとき、結束フィルムFの先端は図6に示すように、シールプレート8aの切欠き部14内にあり、一方、結束フィルムFの引き戻される側はシールプレート8aの下側にある。

0055

この状況では、シールプレート8aの一部がセパレータとして機能して結束フィルムFの引き戻される側と先端側が互いに隔離される。そのために、結束フィルムFの引き戻される側と先端側が重なることがなく、静電気による吸着も防止されて結束フィルムの引き締め側による先端側の巻き込みが無くなる。

0056

結束フィルムFの巻き締めが済むと、フィルム余長部の切り離しと、巻締めた結束フィルムの両端の溶着がなされて結束作業が完了する。

0057

1結束フィルム誘導装置
2 テーブル
3フィルム誘導アーチ
3a アーチ本体
3bアーチレール
r1、r2レール
4送り出し兼引き戻し機構
4aフィードローラ
4bピンチローラ
4cフィードアーム
4d支軸
4eフィードテンションスプリング
5フィルム入口
6 フィルム出口
7入口ガイド
8 切断溶着機構
8aシールプレート
8b,8cクランプ
8d加圧器
9 アーチ取付け台
10アーチ後カバー
11 フィルム誘導路
12スペーサ
13プレート抜き取り機構
13a可動支柱
14切欠き部
15ガイドブロック
15a傾斜ガイド面
16センサ
17ガイド機構
18 アーチ入口金具
19アーチカバー
20リミットスイッチ
w レールr1、r2の設置間隔
W 結束フィルムの横幅
A被梱包物
F 結束フィルム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • マックス株式会社の「 結束機」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】一対の送り部材の軸方向の相対位置を規制できるようにした結束機を提供する。【解決手段】鉄筋結束機1Aは、ワイヤを送るワイヤ送り部3Aを備える。ワイヤ送り部3Aは、回転動作でワイヤWを送る第1の送... 詳細

  • マックス株式会社の「 結束機」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】2本のワイヤが並ぶ向きを誘導できるようにした鉄筋結束機を提供する。【解決手段】鉄筋結束機1Aは、ワイヤを送るワイヤ送り部3Aと、ワイヤを係止する係止部材70と、ワイヤ送り部3Aで送られるワイヤ... 詳細

  • マックス株式会社の「 結束機」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】誘導ガイドに進入するワイヤの進入角度の大小によらず、ワイヤを誘導できるようにした鉄筋結束機を提供する。【解決手段】鉄筋結束機1Aは、ワイヤを送るワイヤ送り部3Aと、ワイヤを捩じる結束部7Aと、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ