図面 (/)

技術 転写用紙

出願人 三菱製紙株式会社
発明者 名越応昇中村淳浦崎淳高田秀樹
出願日 2016年8月17日 (2年11ヶ月経過) 出願番号 2016-160090
公開日 2018年2月22日 (1年5ヶ月経過) 公開番号 2018-027635
状態 特許登録済
技術分野 インクジェット記録方法及びその記録媒体 インクジェット(インク供給、その他) 転写による装飾
主要キーワード カーブフィッテング 巻き物 天然繊維材料 加圧機 電子写真印刷方式 ローラー型 乾燥固形分量 エアフロート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

本発明により、耐画像劣化性が良好であり、発色性が非常に良好であり、耐捺染ムラ性を有し、およびカブリ抑制性が非常に良好である転写用紙を提供することである。

解決手段

課題は、昇華型捺染インクを用いる転写捺染法に使用される転写用紙であって、原紙と、前記原紙の少なくとも片面上に1層以上の塗工層とを有し、前記塗工層中、原紙を基準として最外に位置する最外塗工層顔料としてカオリンおよび炭酸カルシウム、並びに水溶性カルシウム塩を少なくとも含有し、カオリンおよび炭酸カルシウムの合計が最外塗工層中の顔料に対して80質量%以上を占め、転写用紙の前記塗工層を有する側において、イオン交換水に対する接触角がイオン交換水と接触1秒後で40°以上70°以下である転写用紙によって達成される。

概要

背景

繊維材料などの被印刷物に図柄を形成させる方法として、昇華型捺染インクを用いて転写用紙に図柄を印刷して転写紙を作製し、転写紙を被印刷物に密着させて、昇華型捺染インクを被印刷物に転写させる転写捺染法が公知である(例えば、特許文献1および特許文献2参照)。

転写捺染法に用いる転写用紙は公知である。
例えば、水性インクの吸収性に優れて滲みなどのない鮮明な記録画像を得ることができ、昇華転写の際の転写対象物へのインク転写効率にも優れた昇華転写用シートとして、シート状基材と、前記シート状基材の片面又は両面に設けられるインク受理層とを包含し、インク受理層には顔料バインダーカチオン性樹脂とが含まれ、前記バインダーとしては、デンプンデンプン誘導体ポリビニルアルコール変性ポリビニルアルコールの何れか1種又はそれら2種以上の混合物が使用されることを特徴とする昇華転写用シートが公知である(例えば、特許文献3参照)。
また、昇華型捺染インクを用いたインクジェット印刷において優れたインク吸収乾燥性を有しており作業性が良好であるとともに、転写紙表面での画像再現性加熱転写時の耐熱性、転写後の被転写物表面での画像再現性や転写効率の点でも良好な特性を有する昇華型インクジェット捺染転写紙として、基材上に昇華型捺染インク受容層を有し、前記昇華型捺染インク受容層は、水溶性樹脂微細粒子を含有し、前記微細粒子として、合成非晶質シリカを含有し、前記昇華型インクジェット捺染転写紙の昇華型捺染インク受容層側における超音波透過強度相対値における最小値ピークを、測定時間3秒以内に有し、前記昇華型捺染インク受容層の表面の、JIS R 3257に準拠したぬれ性試験方法の静滴法による接触角が50〜85度である昇華型インクジェット捺染転写紙が公知である(例えば、特許文献4参照)。

昇華型染料を含有するインクや昇華型捺染インクを用いて転写用紙に図柄を印刷して転写紙を作製する方法としては、特許文献3および特許文献4に記載されるように、インクジェット印刷方式がよく用いられる。

概要

本発明により、耐画像劣化性が良好であり、発色性が非常に良好であり、耐捺染ムラ性を有し、およびカブリ抑制性が非常に良好である転写用紙を提供することである。課題は、昇華型捺染インクを用いる転写捺染法に使用される転写用紙であって、原紙と、前記原紙の少なくとも片面上に1層以上の塗工層とを有し、前記塗工層中、原紙を基準として最外に位置する最外塗工層が顔料としてカオリンおよび炭酸カルシウム、並びに水溶性カルシウム塩を少なくとも含有し、カオリンおよび炭酸カルシウムの合計が最外塗工層中の顔料に対して80質量%以上を占め、転写用紙の前記塗工層を有する側において、イオン交換水に対する接触角がイオン交換水と接触1秒後で40°以上70°以下である転写用紙によって達成される。なし

目的

特許文献3の昇華転写用シートや特許文献4の昇華型インクジェット捺染転写紙の品質は必ずしも十分とはいえず、特に、捺染ムラおよびカブリ抑制性に関して向上が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

昇華型捺染インクを用いる転写捺染法に使用される転写用紙であって、原紙と、前記原紙の少なくとも片面上に1層以上の塗工層とを有し、前記塗工層中、原紙を基準として最外に位置する最外塗工層顔料としてカオリンおよび炭酸カルシウム、並びに水溶性カルシウム塩を少なくとも含有し、カオリンおよび炭酸カルシウムの合計が最外塗工層中の顔料に対して80質量%以上を占め、転写用紙の前記塗工層を有する側において、イオン交換水に対する接触角がイオン交換水と接触1秒後で40°以上70°以下である転写用紙。

請求項2

前記水溶性カルシウム塩が、塩化カルシウムおよび硝酸カルシウムからなる群から選ばれる少なくとも1種である請求項1に記載の転写用紙。

技術分野

0001

本発明は、繊維材料などの被印刷物へ図柄を形成する転写捺染法において、図柄を転写するために使用される転写用紙に関する。

背景技術

0002

繊維材料などの被印刷物に図柄を形成させる方法として、昇華型捺染インクを用いて転写用紙に図柄を印刷して転写紙を作製し、転写紙を被印刷物に密着させて、昇華型捺染インクを被印刷物に転写させる転写捺染法が公知である(例えば、特許文献1および特許文献2参照)。

0003

転写捺染法に用いる転写用紙は公知である。
例えば、水性インクの吸収性に優れて滲みなどのない鮮明な記録画像を得ることができ、昇華転写の際の転写対象物へのインク転写効率にも優れた昇華転写用シートとして、シート状基材と、前記シート状基材の片面又は両面に設けられるインク受理層とを包含し、インク受理層には顔料バインダーカチオン性樹脂とが含まれ、前記バインダーとしては、デンプンデンプン誘導体ポリビニルアルコール変性ポリビニルアルコールの何れか1種又はそれら2種以上の混合物が使用されることを特徴とする昇華転写用シートが公知である(例えば、特許文献3参照)。
また、昇華型捺染インクを用いたインクジェット印刷において優れたインク吸収乾燥性を有しており作業性が良好であるとともに、転写紙表面での画像再現性加熱転写時の耐熱性、転写後の被転写物表面での画像再現性や転写効率の点でも良好な特性を有する昇華型インクジェット捺染転写紙として、基材上に昇華型捺染インク受容層を有し、前記昇華型捺染インク受容層は、水溶性樹脂微細粒子を含有し、前記微細粒子として、合成非晶質シリカを含有し、前記昇華型インクジェット捺染転写紙の昇華型捺染インク受容層側における超音波透過強度相対値における最小値ピークを、測定時間3秒以内に有し、前記昇華型捺染インク受容層の表面の、JIS R 3257に準拠したぬれ性試験方法の静滴法による接触角が50〜85度である昇華型インクジェット捺染転写紙が公知である(例えば、特許文献4参照)。

0004

昇華型染料を含有するインクや昇華型捺染インクを用いて転写用紙に図柄を印刷して転写紙を作製する方法としては、特許文献3および特許文献4に記載されるように、インクジェット印刷方式がよく用いられる。

先行技術

0005

特開2015−168705号公報
特開2015−124324号公報
特開2010−158875号公報
特開2010−058335号公報

発明が解決しようとする課題

0006

図柄が印刷される前の白紙である転写用紙と、転写用紙に図柄が印刷されて得られる転写紙との間では、相反する2つの特性を有する必要がある。すなわち、転写用紙では、昇華型捺染インクを上手受容する能力を要求され、転写紙では、昇華型捺染インクを被印刷物に上手く転写する能力を要求される。
転写用紙は、被印刷物に形成された図柄の画質劣化しないよう鮮鋭な画像を有する転写紙になるために昇華型捺染インクに対する受容性を向上する必要がある。さらに、転写用紙は、鮮鋭な画像を有する転写紙から被印刷物に形成される図柄の画質を劣化させない必要がある。
一方、転写紙は、昇華型捺染インクに対する転写用紙の受容性が向上すると、被印刷物に図柄を形成する転写時において昇華型捺染インクの転写が不十分となる場合がある。その結果、被印刷物では発色性の低下が起こる。

0007

また、被印刷物に形成された図柄の発色とは別に、色に関しては被印刷物の捺染ムラの問題もある。捺染ムラは、転写紙において均一な色である領域が最終的な被印刷物において部分的に発色が低下する現象である。図柄の発色が低下する前記現象が、転写紙から画像全体的に昇華型捺染インクの転写が不十分になる現象に対して、捺染ムラは、転写紙から画像部分的に昇華型捺染インクの転写が不十分になる現象である。捺染ムラは、特に、ロール状にした転写紙を用いて連続的に被印刷物に転写する場合、発生する傾向にある。

0008

また、転写捺染法において、被印刷物に形成された図柄の画質が劣化することと異なる画質の問題としてカブリがある。カブリとは、昇華型捺染インクが転写紙から被印刷物へ転写する際に、昇華型捺染インクが図柄とは異なる領域へ昇華して転写する現象である。代表的には、白地斑点汚れが発生する現象である。昇華型捺染インクの技術によってカブリを抑制する方法が検討されているものの、転写用紙によってカブリを抑制する方法も求められている。

0009

特許文献3の昇華転写用シートや特許文献4の昇華型インクジェット捺染転写紙の品質は必ずしも十分とはいえず、特に、捺染ムラおよびカブリ抑制性に関して向上が望まれている。

0010

上記を鑑みて本発明の目的は、下記の項目満足する転写用紙を提供することである。
(1)被印刷物において画像の劣化が無く、耐画像劣化性が良好であること。
(2)被印刷物において発色の低下が無く、発色性が良好であること。
(3)被印刷物において捺染ムラが抑えられ、耐捺染ムラ性を有すること。
(4)被印刷物においてカブリの発生が抑制でき、カブリ抑制性が良好であること。

課題を解決するための手段

0011

本発明者らは、上記の課題を解決するために鋭意研究を重ねた結果、本発明の目的は、以下により達成される。
[1]昇華型捺染インクを用いる転写捺染法に使用される転写用紙であって、原紙と、前記原紙の少なくとも片面上に1層以上の塗工層とを有し、前記塗工層中、原紙を基準として最外に位置する最外塗工層が顔料としてカオリンおよび炭酸カルシウム、並びに水溶性カルシウム塩を少なくとも含有し、カオリンおよび炭酸カルシウムの合計が最外塗工層中の顔料に対して80質量%以上を占め、転写用紙の前記塗工層を有する側において、イオン交換水に対する接触角がイオン交換水と接触1秒後で40°以上70°以下である転写用紙。

0012

[2]前記水溶性カルシウム塩が、塩化カルシウムおよび硝酸カルシウムからなる群から選ばれる少なくとも1種である前記[1]に記載の転写用紙。

発明の効果

0013

本発明により、耐画像劣化性が良好であり、発色性が非常に良好であり、耐捺染ムラ性を有し、およびカブリ抑制性が非常に良好である転写用紙を提供することができる。

0014

以下に本発明を詳細に説明する。
本発明において、「転写用紙」とは、転写する図柄が印刷される前の白紙状態にある用紙をいう。「転写紙」とは、転写用紙に対して転写する図柄が印刷された状態にある用紙をいう。

0015

転写用紙は、原紙と、前記原紙の少なくとも片面上に1層以上の塗工層とを有する。塗工層中、原紙を基準として最も外側に位置する塗工層を最外塗工層という。塗工層が1層の場合は該塗工層が最外塗工層になる。塗工層が2層以上の場合において、原紙と最外塗工層との間に存在する塗工層は、顔料およびバインダーを含有する塗工層または顔料を含有しない塗工層のいずれであってよく、特に限定しない。
製造コストの点から、塗工層は1層が好ましい。また塗工層は、原紙の片面上または両面上に有してよい。転写用紙は、本発明に係る最外塗工層が原紙の片面上に有する場合、原紙の裏面に従来公知のバックコート層を有してよい。

0016

塗工層の塗工量は特に限定されない。転写用紙の製造コストや被印刷物に対する密着させ易い点から、塗工量は、片面あたり乾燥固形分量で2g/m2以上70g/m2以下が好ましい。前記塗工量の範囲において、塗工量の上限は、30g/m2以下がより好ましく、10g/m2以下がさらに好ましい。さらに、転写紙と被印刷物との密着時において最外塗工層の欠落を防止し易い点から、塗工量の上限は8g/m2以下が最も好ましい。塗工量は、片面あたり塗工層が複数存在する場合、それら合計の値である。

0017

原紙は、LBKP(Leaf Bleached Kraft Pulp)、NBKP(Needle Bleached Kraft Pulp)などの化学パルプ、GP(Groundwood Pulp)、PGW(Pressure GroundWood pulp)、RMP(Refiner Mechanical Pulp)、TMP(ThermoMechanical Pulp)、CTMP(ChemiThermoMechanical Pulp)、CMP(ChemiMechanical Pulp)、CGP(ChemiGroundwood Pulp)などの機械パルプ、およびDIP(DeInked Pulp)などの古紙パルプから選ばれる少なくとも1種のパルプに、炭酸カルシウム、タルククレー、カオリンなどの各種填料、さらに、サイズ剤定着剤歩留まり剤、カチオン化剤紙力剤などの各種添加剤を必要に応じて配合した紙料抄造した抄造紙である。さらに原紙には、抄造紙にカレンダー処理澱粉やポリビニルアルコール等で表面サイズ処理、あるいは表面処理等を施した上質紙が含まれる。さらに原紙には、表面サイズ処理や表面処理を施した後にカレンダー処理した上質紙が含まれる。

0018

抄造は、紙料を酸性中性またはアルカリ性に調整して、従来公知の抄紙機を用いて行われる。抄紙機の例としては、長網抄紙機ツインワイヤー抄紙機コンビネーション抄紙機、円網抄紙機ヤンキー抄紙機等を挙げることができる。

0019

紙料中には、その他の添加剤として顔料分散剤増粘剤流動性改良剤消泡剤抑泡剤離型剤発泡剤浸透剤着色染料着色顔料蛍光増白剤紫外線吸収剤酸化防止剤防腐剤、防バイ剤、耐水化剤湿潤紙力増強剤乾燥紙力増強剤などの1種または2種以上を、本発明の所望の効果を損なわない範囲で、適宜配合することができる。

0020

原紙の坪量は特に限定されない。転写紙と被印刷物との密着時の取扱い易さの点から、原紙の坪量は10g/m2以上100g/m2以下が好ましく、40g/m2以上90g/m2以下がさらに好ましい。また、転写用紙の厚さは特に限定されない。転写紙と被印刷物との密着時の取扱い易さの点から、転写用紙の厚さは0.01mm以上0.5mm以下が好ましく、0.05mm以上0.3mm以下がさらに好ましい。

0021

転写用紙は、原紙の少なくとも片面上に1層以上の塗工層を有する。
塗工層または最外塗工層は、原紙上または塗工層上に、各塗工層塗工液を塗工および乾燥することによって設けることができる。設ける方法は特に限定されない。例えば、製紙分野で従来公知の塗工装置および乾燥装置を用いて塗工および乾燥する方法を挙げることができる。従来公知の塗工装置の例としては、サイズプレスゲートロールコーターフィルムトランスファーコーター、ブレードコーターロッドコーターエアナイフコーターコンマコーターグラビアコーターバーコーター、Eバーコーター、カーテンコーター等を挙げることができる。乾燥装置の例としては、直線トンネル乾燥機アーチドライヤーエアループドライヤー、サインカーブエアフロートドライヤー等の熱風乾燥機赤外線加熱ドライヤー、マイクロ波等を利用した乾燥機等の各種乾燥装置を挙げることができる。

0022

転写用紙は、最外塗工層を有する側において、イオン交換水に対する接触角が接触1秒後では40°以上70°以下である。
接触角の測定は、イオン交換水の液滴1μlを滴下し、液滴が転写用紙の紙面に接触してから1秒後の接触時間において、市販の接触角測定装置を用いた画像データ解析により求められる。画像データ解析は、液滴の形状を真球あるいは楕円体の一部と仮定して計算されるカーブフィッテング法により行う。このような接触角測定装置には、例えば、協和界面科学社製自動接触角計CA−VP300がある。本発明において液滴1μlとしては、1μl±20%の範囲であればよく、この範囲であれば測定に支障はない。イオン交換水に対する接触角が接触1秒後で40°未満であると、発色性およびカブリ抑制性を得ることができない。イオン交換水に対する接触角が接触1秒後で70°超であると、耐画像劣化性、耐捺染ムラ性またはカブリ抑制性を得ることができない。

0023

イオン交換水に対する接触角は、例えば、特開2014−80715号公報や国際公開第2011/001955号パンフレット等に記載されているように製紙分野で従来公知の物理量であって、製紙分野で従来公知の方法によって調節できる。例えば、転写用紙に用いる内添サイズ剤や澱粉やポリビニルアルコールなどの表面サイズ剤の種類と量、原紙のカレンダー処理の有無やその処理条件、塗工層を設けた後のカレンダー処理の有無やその処理条件、塗工層の顔料の種類や量あるいはバインダーの種類や量、塗工量などによって、適宜調節することができる。例えば、原紙のサイズ剤量の減量、原紙のカレンダー処理無、塗工量の減量、塗工層のバインダー量の減量あるいは塗工後のカレンダー処理無はイオン交換水に対する接触角が小さくなる傾向を示す。

0024

転写用紙の最外塗工層は、顔料としてカオリンおよび炭酸カルシウム、並びに水溶性カルシウム塩を少なくとも含有する。この理由は、転写用紙が前記接触角を有することと且つ最外塗工層が顔料としてカオリンおよび炭酸カルシウム、並びに水溶性カルシウム塩を少なくとも含有することとの相乗効果によって、耐画像劣化性が良好に、発色性が非常に良好に、耐捺染ムラ性を有し、並びにカブリ抑制性が非常に良好になるからである。

0025

最外塗工層中のカオリンと炭酸カルシウムとの含有質量比は、カオリン:炭酸カルシウム=9:1〜5:5が好ましい。転写用紙に図柄を印刷する方法においてインクジェット印刷方式を用いる場合、インクジェット印刷方式に対する印刷適性の点から、炭酸カルシウムは重質炭酸カルシウムが好ましい。

0026

最外塗工層は、カオリンおよび炭酸カルシウム以外に従来公知の顔料を含有することができる。従来公知の顔料の例としては、タルク、サチンホワイトリトポン酸化チタン酸化亜鉛シリカアルミナ水酸化アルミニウム、酸化亜鉛、活性白土珪藻土などの無機顔料、およびプラスチック顔料などの有機顔料を挙げることができる。最外塗工層は、これら顔料から1種または2種以上を組み合わせて、カオリンおよび炭酸カルシウムと併用して含有することができる。
最外塗工層の顔料中、カオリンおよび炭酸カルシウムが占める割合は80質量%以上である。

0027

水溶性カルシウム塩とは、最終的に20℃の水に1質量%以上溶解することができるカルシウム塩である。水溶性カルシウム塩の例としては、硝酸カルシウム、塩化カルシウム、ギ酸カルシウム酢酸カルシウム乳酸カルシウム等の塩化合物、またはエチレンジアミン四酢酸カルシウム等の錯塩化合物を挙げることができる。水溶性カルシウム塩は、これらからなる群から1種または2種以上を選択する。これらの中で、水溶性カルシウム塩は、塩化カルシウムおよび硝酸カルシウムからなる群から選ばれる1種以上が好ましい。

0028

最外塗工層中の水溶性カルシウム塩の含有量は、最外塗工層中の顔料100質量部に対して2質量部以上30質量部以下が好ましい。含有量の下限は、5質量部以上がより好ましく、10質量部以上がさらに好ましい。含有量の上限は、25質量部以下がより好ましく、20質量部以下がさらに好ましい。

0029

最外塗工層は、塗工紙分野で従来公知のバインダーを含有することが好ましい。
従来公知のバインダーの例としては、澱粉およびその各種変性澱粉カルボキシメチルセルロースヒドロキシエチルセルロース等のセルロース誘導体カゼインゼラチン大豆蛋白プルランアラビアゴムカラヤゴムアルブミン等の天然高分子樹脂またはその誘導体ポリビニルピロリドン、ポリビニルアルコールおよびその各種変性ポリビニルアルコール、ポリアクリルアミドポリエチレンイミンポリプロピレングリコールポリエチレングリコール無水マレイン酸樹脂アクリル系樹脂メタクリル酸エステルブタジエン共重合体スチレン−ブタジエン共重合体、エチレン酢酸ビニル共重合体あるいはこれらの各種共重合体カルボキシ基等の官能基含有単量体による官能基変性共重合体メラミン樹脂尿素樹脂等の熱硬化合成樹脂等のバインダー、ポリウレタン樹脂不飽和ポリエステル樹脂ポリビニルブチラールアルキッド樹脂ラテックス等を挙げることができる。最外塗工層は、これらバインダーからなる群から選ばれる1種または2種以上を含有することができる。
耐画像劣化性の点から、バインダーは、澱粉およびその各種変性澱粉、並びにポリビニルアルコールおよびその各種変性ポリビニルアルコールからなる群から選ばれる少なくとも1種が好ましい。

0030

最外塗工層中のバインダーの含有量は、最外塗工層中の顔料100質量部に対して5質量部以上60質量部以下が好ましく、20質量部以上40質量部以下がより好ましい。

0031

最外塗工層は、必要に応じて塗工紙分野で従来公知の各種添加剤を含有することができる。添加剤の例としては、分散剤、定着剤、増粘剤、流動性改良剤、消泡剤、離型剤、発泡剤、浸透剤、着色顔料、着色染料、蛍光増白剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤、防腐剤、防バイ剤等を挙げることができる。
また、最外塗工層は、転写捺染法で従来公知の各種助剤を含有することができる。助剤は、最外塗工層塗工液の各種物性を最適化する、あるいは転写される昇華型捺染インクの染着性を向上させるため等に加えられるものである。助剤は、例えば、各種界面活性剤保湿剤湿潤剤pH調整剤アルカリ剤濃染化剤、脱気剤および還元防止剤等を挙げることができる。

0032

転写紙は、昇華型捺染インクを備える従来公知の各種印刷方法を用いて、転写用紙の最外塗工層を有する面側に図柄を印刷することによって得ることができる。
転写用紙に図柄を印刷する各種印刷方法は、従来公知の印刷方法であって、特に限定されない。印刷方法は、例えば、グラビア印刷方式、インクジェット印刷方式、電子写真印刷方式およびスクリーン印刷方式などを挙げることができる。中でも、画質の高精細化および装置の小型化の点でインクジェット印刷方式が好ましい。

0033

昇華型捺染インクを用いた転写捺染法は、転写用紙に図柄を印刷して転写紙を得る工程と、転写紙を被印刷物に密着させる工程とを有する方法である。密着させる工程には、必要に応じて、加熱および加圧が含まれる。密着させる工程における加熱および加圧の条件は、転写捺染法で従来公知の条件である。密着させる工程は、例えば、プレス機加熱ドラムなどにより転写紙を被印刷物に密着させ加熱および加圧する方法を挙げることができる。

0034

被印刷物は、繊維材料であって、特に限定されない。繊維材料は、天然繊維材料および合成繊維材料のいずれでも構わない。天然繊維材料は、例えば、綿、リヨセルレーヨンアセテート等のセルロース系繊維材料羊毛獣毛等の蛋白質系繊維材料等を挙げることができる。合成繊維材料は、例えば、ポリアミド繊維ナイロン)、ビニロンポリエスエルポリアクリル等を挙げることができる。繊維材料の構成としては、織物編物、不織布等の単独、混紡混繊または交織などを挙げることができる。さらに、これらの構成が複合化してもよい。また、必要に応じて、染着促進に効果のある薬剤などで被印刷物を前処理してもよい。

0035

以下、実施例によって本発明をさらに詳細に説明する。なお、本発明は、これらの実施例に限定されない。ここで「質量部」および「質量%」は、乾燥固形分量あるいは実質成分量の各々「質量部」および「質量%」を表す。塗工層の塗工量は乾燥固形分量を表す。

0036

<原紙>
濾水度380mlcsfのLBKP100質量部からなるパルプスラリーに、填料として炭酸カルシウム20質量部、両性澱粉1.2質量部、硫酸バンド0.8質量部、内添サイズ剤を添加して、長網抄紙機で抄造し、サイズプレス装置で両面に表面サイズ剤を付着させ、マシンカレンダー処理をして原紙を作製した。
得られる転写用紙のイオン交換水に対する接触角が接触1秒後で所定の値になるように、内添サイズ剤にはアルキルケテンダイマーを用いて配合量を適宜変更、また、表面サイズ剤には種々の澱粉およびこれらの各種変性澱粉を用いて付着量を適宜変更した。また、得られる転写用紙のイオン交換水に対する接触角が接触1秒後で所定の値になるように、カレンダー条件も適宜変更した。

0037

<最外塗工層塗工液>
最外塗工層塗工液は、下記の内容により調製した。
カオリン部数は表1に記載
重質炭酸カルシウム部数は表1に記載
シリカ部数は表1に記載
燐酸エステル化澱粉15質量部
ポリビニルアルコール10質量部
水溶性塩種類および部数は表1に記載
上記の内容で配合し、水で混合・分散して、濃度48質量%に調整した。

0038

<転写用紙>
転写用紙を以下の手順にて作製した。
原紙上に、表1に記載の最外塗工層塗工液をエアナイフコーターにて両面塗工し、乾燥させた後、得られる転写用紙のイオン交換水に対する接触角が接触1秒後で所定の値になるようにカレンダー処理をして各実施例および各比較例の転写用紙を得た。塗工量は、片面あたり6g/m2とした。

0039

<転写紙>
以上により得られた転写用紙に、昇華型捺染インクを使用したインクジェットプリンター(JV2−130II、ミマキエンジニアリング社製)を用いて、昇華型捺染インク(シアンマゼンタイエローブラック)による評価用図柄を印刷し、転写紙を得た。

0040

<捺染(カット紙)>
被印刷物としてポリエステル布を用いた。得られた転写紙とポリエステル布とを密着させ、熱転写用プレス機手動ワイドインガーModel221、INSTA社製)を用いて200℃、60秒間加熱し、昇華型捺染インクをポリエステル布へ転写した。その後転写紙をポリエステル布から剥離して、図柄が形成されたポリエステル布を得た。

0041

<耐画像劣化性の評価>
図柄が形成された被印刷物に対して、図柄の鮮鋭性の点から、耐画像劣化性を下記の基準により画質を官能評価した。本発明において、転写用紙は、評価がAまたはBであれば耐画像劣化性が良好であるものとする。
A:良好なレベル
B:画質の劣化がほとんど認められず、概ね良好なレベル。
C:画質の劣化が認められるが、実用上問題の無いレベル。
D:実用上不可になる画像の劣化が認められるレベル。

0042

<発色性の評価>
被印刷物において、昇華型捺染インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー)のベタ画像部を光学濃度計(X−rite530、サカタインクスエンジニアリング社製)を用いて色濃度を測定し、3色の色濃度値を合計した。発色性を下記の基準により判断した。本発明において、転写用紙は、評価がAであれば発色性が非常に良好であるものとする。
A:合計の値が4.8以上
B:合計の値が4.5以上4.8未満
C:合計の値が4.2以上4.5未満
D:合計の値が4.2未満

0043

<捺染(ロール紙)>
被印刷物として巻き物のポリエステル布を用いた。得られたロール紙状の転写紙とポリエステル布とを密着させ、加熱および加圧機(190℃、0.5MPa、2.5m/min、ローラー型)を用いて、昇華型捺染インクをポリエステル布へ転写した。その後転写紙をポリエステル布から剥離して、図柄が形成されたポリエステル布を得た。

0044

<耐捺染ムラ性の評価>
50点の図柄を印刷して常温でロール状に巻き取られた転写紙を使用し、上記のように、50点の図柄が形成された巻き物の被印刷物を作製した。得られた被印刷物について、捺染ムラの発生程度目視にて下記の基準により官能評価した。
X:捺染ムラがほとんど認められず、形成された図柄は良好である。
Y:捺染ムラがわずかに認められるが、形成された図柄は実用上問題無い。
Z:捺染ムラが認められ、形成された図柄は実用上問題になる。
官能評価した結果から、XおよびZに該当する被印刷物の件数を求め、下記の基準により評価した。本発明において、評価がAまたはBであれば耐捺染ムラ性を有するものとする。
A:Zの件数が2件未満であり、且つXの件数が30件以上である。
B:Zの件数が2件未満であり、且つXの件数が30件未満である。
C:Zの件数が2件以上6件未満である。
D:Zの件数が6件以上である。

0045

評価結果を表1に示す。

0046

<カブリ抑制性の評価>
カブリ抑制性は、被印刷物上の斑点汚れの有無を拡大鏡および目視で観察し、下記の基準によって官能評価した。本発明において、転写用紙は、評価Aであればカブリ抑制性が非常に良好であるものとする。
A:拡大鏡にて、斑点汚れが認められず、良好なレベル。
B:目視では、斑点汚れが認められず、概ね良好なレベル。
C:目視にて、不具合にならない斑点汚れが認められるものの実用下限レベル。
D:目視にて、不具合になる斑点汚れが認められ、実用不可のレベル。

0047

実施例

0048

表1の評価結果から、本発明に該当する実施例1〜11は、耐画像劣化性が良好であり、発色性が非常に良好であり、耐捺染ムラ性を有し、およびカブリ抑制性が非常に良好であることが分かる。しかしながら、本発明の構成を満足しない比較例1〜8は、これら効果を得ることができないと分かる。
また主に、実施例1〜5と実施例6との対比から、水溶性カルシウム塩は、塩化カルシウムおよび硝酸カルシウムからなる群から選ばれる少なくとも1種が好ましいと分かる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ