図面 (/)

技術 デジタル画像のアップロードシステム

出願人 応用地質株式会社
発明者 吉兼理説寺田悠祐
出願日 2016年8月1日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2016-150995
公開日 2018年2月8日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2018-022940
状態 特許登録済
技術分野 TV信号の記録 スタジオ装置 記録のためのテレビジョン信号処理
主要キーワード サイズ容量 アップロードシステム 災害地 入力数値 送信場所 砂防堰堤 情報集約 現地調査
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

通信環境が悪い遠隔地災害地現場においても、効率的に撮影した画像を送信してその状況を迅速に伝達することが可能になるデジタル画像アップロードシステムを提供する。

解決手段

端末機1の送信用アプリケーションソフトが、カメラ機能で撮影したデジタル画像とこれを100kB以下の容量に縮小した縮小済み画像とを、同じIDを付与して保存するステップと、上記デジタル画像および上記縮小済み画像を個別に送信するステップとを端末機に実行させる。また、コンピュータ2の受信用アプリケーションソフトは、受信した上記縮小済み画像を上記IDとともに記憶装置に保存するステップと、上記縮小済み画像を受信した後に上記デジタル画像を受信した際に、これを同じ上記IDの上記縮小済み画像に上書きして保存するステップとをコンピュータに実行させる。

概要

背景

従来、山間部等の現場における砂防堰堤等の点検地盤調査等を行う場合や、災害地の状況を把握する場合には、一般的に図2に示すように、現場において撮影した写真撮影者情報集約場所に持ち帰り手動で地図上に登録する等の方法が採られていた。

一方、近年においては、スマートフォン等の携帯端末機に組み込まれたカメラ機能の向上から、図3に示すように、上記端末機で撮影したデジタル画像(以下、単に画像と略す。)を、当該端末機が有する通信機能を利用してパーソナルコンピュータに送信し、データベース化する方法が広く用いられている(例えば、下記特許文献1)。

ところで、このような端末機のカメラ機能および通信機能を利用して、山間部等の現場における砂防堰堤等の点検や地盤調査等を行う場合には、通信環境が悪いために、円滑に上記画像を送信することができないことが多々生じている。特に、上記カメラ機能の向上に伴って撮影画像の容量が数MB以上になった結果、上記通信環境下においては一層送信が難しくなっている。

また、災害時の現場の状況を把握するために上記端末機を利用しようとしても、通信インフラ破壊や大量の情報が一度に流れることによる通信環境の悪化により、通常時よりも送信が困難になる可能性が高い。

概要

通信環境が悪い遠隔地や災害地の現場においても、効率的に撮影した画像を送信してその状況を迅速に伝達することが可能になるデジタル画像のアップロードシステムを提供する。端末機1の送信用アプリケーションソフトが、カメラ機能で撮影したデジタル画像とこれを100kB以下の容量に縮小した縮小済み画像とを、同じIDを付与して保存するステップと、上記デジタル画像および上記縮小済み画像を個別に送信するステップとを端末機に実行させる。また、コンピュータ2の受信用アプリケーションソフトは、受信した上記縮小済み画像を上記IDとともに記憶装置に保存するステップと、上記縮小済み画像を受信した後に上記デジタル画像を受信した際に、これを同じ上記IDの上記縮小済み画像に上書きして保存するステップとをコンピュータに実行させる。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、通信環境が悪い遠隔地や災害地の現場においても、効率的に撮影した画像を送信してその状況を迅速に伝達することが可能になるデジタル画像のアップロードシステムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

カメラ機能および通信機能を備えるとともに上記カメラ機構によって撮影したデジタル画像を上記通信機能によって送信する送信用アプリケーションソフトが格納された端末機と、上記端末機と通信可能な通信機能を備えるとともに上記端末機から送信された上記デジタル画像を受信する受信用アプリケーションソフトが格納されたコンピュータと、このコンピュータに接続された記憶装置とを有するデジタル画像のアップロードシステムにおいて、上記送信用アプリケーションソフトは、カメラ機能で撮影した上記デジタル画像および当該デジタル画像を100kB以下の容量に縮小した縮小済み画像を同じIDを付与して保存するステップと、上記デジタル画像および上記縮小済み画像を個別に送信するステップとを上記端末機に実行させるとともに、上記受信用アプリケーションソフトは、受信した上記縮小済み画像を上記IDとともに上記記憶装置に保存するステップと、上記縮小済み画像を受信した後に上記デジタル画像を受信した際に、当該デジタル画像を同じ上記IDの上記縮小済み画像に上書きして上記記憶装置に保存するステップとを上記コンピュータに実行させることを特徴とする写真のアップロードシステム。

請求項2

上記送信用アプリケーションソフトは、上記デジタル画像または縮小済み画像に、入力された撮影場所の情報を付加して送信するステップを上記端末機に実行させることを特徴とする請求項1に記載の写真のアップロードシステム。

技術分野

0001

本発明は、遠隔地災害地の状況を撮影したデジタル画像を、情報集約場所にアップロードするためのシステムに関するものである。

背景技術

0002

従来、山間部等の現場における砂防堰堤等の点検地盤調査等を行う場合や、災害地の状況を把握する場合には、一般的に図2に示すように、現場において撮影した写真撮影者が情報集約場所に持ち帰り手動で地図上に登録する等の方法が採られていた。

0003

一方、近年においては、スマートフォン等の携帯端末機に組み込まれたカメラ機能の向上から、図3に示すように、上記端末機で撮影したデジタル画像(以下、単に画像と略す。)を、当該端末機が有する通信機能を利用してパーソナルコンピュータに送信し、データベース化する方法が広く用いられている(例えば、下記特許文献1)。

0004

ところで、このような端末機のカメラ機能および通信機能を利用して、山間部等の現場における砂防堰堤等の点検や地盤調査等を行う場合には、通信環境が悪いために、円滑に上記画像を送信することができないことが多々生じている。特に、上記カメラ機能の向上に伴って撮影画像の容量が数MB以上になった結果、上記通信環境下においては一層送信が難しくなっている。

0005

また、災害時の現場の状況を把握するために上記端末機を利用しようとしても、通信インフラ破壊や大量の情報が一度に流れることによる通信環境の悪化により、通常時よりも送信が困難になる可能性が高い。

先行技術

0006

特開2012−208768号公報

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、通信環境が悪い遠隔地や災害地の現場においても、効率的に撮影した画像を送信してその状況を迅速に伝達することが可能になるデジタル画像のアップロードシステムを提供することを課題とするものである。

課題を解決するための手段

0008

上記課題を解決するため、請求項1に記載の発明は、カメラ機能および通信機能を備えるとともに上記カメラ機構によって撮影したデジタル画像を上記通信機能によって送信する送信用アプリケーションソフトが格納された端末機と、上記端末機と通信可能な通信機能を備えるとともに上記端末機から送信された上記デジタル画像を受信する受信用アプリケーションソフトが格納されたコンピュータと、このコンピュータに接続された記憶装置とを有するデジタル画像のアップロードシステムにおいて、上記送信用アプリケーションソフトは、カメラ機能で撮影した上記デジタル画像および当該デジタル画像を100kB以下の容量に縮小した縮小済み画像を同じIDを付与して保存するステップと、上記デジタル画像および上記縮小済み画像を個別に送信するステップとを上記端末機に実行させるとともに、上記受信用アプリケーションソフトは、受信した上記縮小済み画像を上記IDとともに上記記憶装置に保存するステップと、上記縮小済み画像を受信した後に上記デジタル画像を受信した際に、当該デジタル画像を同じ上記IDの上記縮小済み画像に上書きして上記記憶装置に保存するステップとを上記コンピュータに実行させることを特徴とするものである。

0009

また、請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、上記送信用アプリケーションソフトは、上記デジタル画像または縮小済み画像に、入力された撮影場所の情報を付加して送信するステップを上記端末機に実行させることを特徴とするものである。

発明の効果

0010

一般的に、山間部等における点検や調査あるいは災害地の現地調査において、速報としての情報を得るためには、ひとまず高解像度の画像は必要なく、100kB以下の容量に縮小された画像であっても十分に概略の状況を把握することができる。

0011

このような観点から、請求項1または2に記載の発明にあっては、先ず山間部や災害地等の通信環境が悪い現場において、端末機に保存されている送信が容易な100kB以下の容量の縮小済み画像を情報集約場所に設置されているコンピュータに送信することにより、上記現場における概略の状況を迅速に伝達することができる。

0012

そして、撮影者が、より通信環境のよい場所や上記コンピュータの設置場所に移動した後に、撮影した画像をWi-Fi やLAN等を通じてコンピュータに送信し、当該コンピュータにおいて同じIDの縮小済み画像に上書きして保存することにより、以降は解像度の高い撮影時の画像に基づいて詳細な状況を確認することが可能になる。

0013

この結果、通信環境が悪い遠隔地や災害地の現場においても、効率的に撮影した画像を送信してその状況を迅速に伝達することができるとともに、最終的には撮影時の高解像度の画像に基づいて詳細な状況を確認することが可能になる。

図面の簡単な説明

0014

本発明の一実施形態の作用を説明するためのフロー図である。
従来の写真のアップロード方法を示すフロー図である。
従来のデジタル画像のアップロード方法を示すフロー図である。

実施例

0015

以下、図1に基づいて、本発明に係るデジタル画像のアップロードシステムの一実施形態について説明する。
このアップロードシステムは、通信環境が悪い遠隔地や災害地等の現場において写真を撮る作業者携帯するスマートフォン等の携帯端末機1と、撮影した画像の情報集約場所となる会社内に設置したコンピュータ2とから概略構成されたものである。

0016

ここで、携帯端末機1は、カメラ機能とこのカメラ機能で撮影した画像を送信可能な通信機能を備えたものであり、上記カメラ機能は、撮影する際に適宜設定することによって複数段階の容量の画像ファイルに保存可能な機能を有している。また、この携帯端末機1には、撮影した画像を送信するための送信用アプリケーションソフトが格納されている。

0017

この送信用アプリケーションソフトは、カメラ機能を起動させるステップと、当該カメラ機能によって撮影した画像およびこの画像を数十kB程度の容量に縮小した縮小済み画像の2枚のデータを保存するステップと、撮影場所の位置情報撮影日時入力およびIDなどの付帯情報を保存するステップと、撮影状況に関するコメント報告すべき数値等データなどの付与情報を入力させて保存するステップと、上記撮影画像および縮小済み画像に上記付帯情報および付与情報を付加して個別に送信するステップとを上記携帯端末機1に実行させる機能を有している。

0018

他方、上記コンピュータ2は、全体を統括制御するCPU(主制御部)に入出力制御部を介して、RAMやハードディスク等の記憶装置、キーボードマウス等の入力装置、および入出力データを表示するモニタ(表示手段)が接続された周知のものである。また、このコンピュータ2は、インターネットを介して送受信を行う通信機能を有している。

0019

そして、上記記憶装置には、携帯端末機1から送信された上記撮影画像または縮小済み画像を受信して保存する受信用アプリケーションソフトが格納されている、

0020

この受信用アプリケーションソフトは、携帯端末機1から受信した上記縮小済み画像を上記IDとともに記憶装置に保存するステップと、この縮小済み画像を受信した後に上記撮影画像を受信した際に、この撮影画像を同じ上記IDの縮小済み画像に上書きして記憶装置に保存するステップとをコンピュータ2に実行させる機能を有している。

0021

次いで、図1に基づいて、上記構成からなる画像のアップロードシステムの作用について説明する。
山間部等の現場における砂防堰堤等の点検や地盤調査等を行う場合や、災害地の状況を把握する場合に、各々の現場において、携帯端末機1によって写真撮影を行う作業者は、先ず当該携帯端末機1の送信用アプリケーションソフトを起動する。

0022

そして、上記カメラ機能によって必要とされる現場の状況等を撮影する。すると、上記送信用アプリケーションソフトによって、撮影時のサイズ容量(数MB程度)の画像と、この撮影画像を数十kB程度に縮小した縮小済み画像の両方および携帯端末機1が取得した付帯情報(撮影場所の位置情報、撮影日時入力およびID等)が保存される。

0023

次いで、上記送信用アプリケーションソフトが表示する記入欄に、撮影状況に関するコメントや報告すべき数値等データ等の情報を入力して(付与情報)、縮小済み画像を送信するボタンを押下する。すると、送信用アプリケーションソフトは、縮小済み画像と付帯情報(撮影位置情報、撮影日時、ID等)と付与情報(撮影状況コメント、入力数値等)をコンピュータ2に送信する。

0024

この際に、通信が可能な環境であれば送信が終了するが、例えば山の中での利用や災害時の利用においては、当該送信場所から送信できるとは限らない。このため、送信できなかった場合には、数分置き、または接続できた状態になった場合、あるいは場所を変えて再送信を試みる

0025

このようにして、携帯端末機1からコンピュータ2への送信が完了すると、受信したコンピュータ2において、上記縮小済み画像と付帯情報(撮影位置情報、撮影日時、ID等)と付与情報(撮影状況コメント、入力数値等)が記憶装置に自動登録される。

0026

このコンピュータ2の記憶装置に登録された縮小済み画像、付帯情報および付与情報は、初期情報として集計することや印刷出力することで利用可能になる。これにより、現場で得られた情報がすぐに情報集約場所で情報共有することが可能となり、災害時などの緊急時や刻一刻と変化する状況を伝えるのに役立つ。

0027

次いで、作業者は、現場から移動して、良好な通信環境が整えられている拠点事務所宿泊所などに到達した後に、再度携帯端末機1の送信用アプリケーションソフトを起動して、容量の大きい撮影画像を上記IDと共にコンピュータ2に送信する。あるいは、コンピュータ2の設置場所に戻った後に、Wi-Fi やLANを通じて上記撮影画像をIDと共にコンピュータに送信する。

0028

すると、これを受信したコンピュータ2においては、受信用アプリケーションソフトによって上記IDが参照され、当該撮影画像が、先に受信して同じIDで既に登録されている縮小済み画像に上書き保存される。

0029

これにより、以降、情報集約場所においては、コンピュータ2の記憶装置に保存されている解像度が高い撮影画像を閲覧することにより、レポート作成や詳細な災害分析を行うことが可能になる。

0030

このように、上記構成からなる画像のアップロードシステムによれば、山間部や災害地等の通信環境が悪い現場において、携帯端末機1に保存されている送信が容易な100kB以下の容量の縮小済み画像を情報集約場所に設置されているコンピュータ2に送信することにより、上記現場における概略の状況を迅速に伝達することができる。

0031

そして、作業者が、より通信環境のよい場所やコンピュータ2の設置場所に移動した後に、容量が大きい撮影画像をWi-Fi やLANを通じてコンピュータに送信し、当該コンピュータ2において同じIDの縮小済み画像に上書きして保存することにより、以降は解像度に優れる撮影画像に基づいて詳細な状況を確認することができる。

0032

この結果、通信環境が悪い遠隔地や災害地の現場においても、効率的に撮影した画像を送信してその概況を迅速に伝達することができるとともに、最終的には撮影時の高解像度の撮影画像に基づいて詳細な状況を確認することが可能になる

0033

1携帯端末機
2 コンピュータ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ