図面 (/)

技術 乗客コンベア

出願人 株式会社日立製作所
発明者 松本健司高橋哲也
出願日 2016年8月3日 (3年6ヶ月経過) 出願番号 2016-152422
公開日 2018年2月8日 (2年0ヶ月経過) 公開番号 2018-020878
状態 特許登録済
技術分野 エスカレータ,移動歩道
主要キーワード 経年化 歯溝底 リンクピッチ 硬質プラスチック製 ローラ幅 外リンクプレート 内リンクプレート 静音性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ステップチェーンローラが片摩耗することを防ぐことのできる乗客コンベアの提供。

解決手段

ステッチェーン13が、対となって配置される複数の外リンクプレート14と、これらの外リンクプレート14の内側で対となって配置される複数の内リンクプレート15と、外リンクプレート14及び内リンクプレート15をそれぞれの長さ方向両端部にあって相互に連結するピン16と、対となる内リンクプレート15間に配置され、ピン16に回転自在に支持されるローラ17とを有し、かつローラ17の幅寸法が、ローラ17の外周部17aと係合するステップスプロケット(11)の歯溝19の幅寸法より大きく設定された乗客コンベアにおいて、ローラ17の外周部17aに、その両側端から中央方向にわたって延在し、ステップスプロケット(11)の歯溝19の角部19a、19bと外周部17aとの当接を回避するR部20を設けたものである。

概要

背景

乗客コンベアには、無端状に連結されて乗降口間循環移動する複数のステップと、これらのステップと同期して移動するハンドレールと、乗降口間に跨って設置される本体枠と、この本体枠の長手方向両端部にそれぞれ配置されるステップスプロケットと、これらのステップスプロケット間掛け渡されるステップチェーンとが備えられている。

そして、ステップチェーンにおける省スペース化と耐高荷重との双方の要求を満たすものとして、特開2008−120513号公報(特許文献1)に記載されるものがある。この文献には、多数のステップを連結するステップチェーンを、間隔をおいて左右一対をなすように配置され、ピンによって回動自在に連結された多数のリンクプレートと、ピンを軸心として左右一対のリンクプレート間に回転自在に配置され、ステップの荷重を支持する多数の金属製のローラ、又は硬質プラスチック製のローラとで構成し、このローラでステップの荷重を支持する構造とすると共に、ステップの移動をガイドする案内レールには、ローラが転動する転動面に緩衝材を設け、かつステップスプロケットのチェーンが噛み合う歯溝には、ローラが接触したときに弾性変形する緩衝部材を設けたものが示されている。

概要

ステップチェーンのローラが片摩耗することを防ぐことのできる乗客コンベアの提供。ステッチェーン13が、対となって配置される複数の外リンクプレート14と、これらの外リンクプレート14の内側で対となって配置される複数の内リンクプレート15と、外リンクプレート14及び内リンクプレート15をそれぞれの長さ方向両端部にあって相互に連結するピン16と、対となる内リンクプレート15間に配置され、ピン16に回転自在に支持されるローラ17とを有し、かつローラ17の幅寸法が、ローラ17の外周部17aと係合するステップスプロケット(11)の歯溝19の幅寸法より大きく設定された乗客コンベアにおいて、ローラ17の外周部17aに、その両側端から中央方向にわたって延在し、ステップスプロケット(11)の歯溝19の角部19a、19bと外周部17aとの当接を回避するR部20を設けたものである。

目的

本発明の目的は、ステップチェーンのローラが片摩耗することを防ぐことのできる乗客コンベアを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無端状に連結されて乗降口間循環移動する複数のステップと、前記乗降口間に跨って設置される本体枠と、この本体枠の長手方向両端部にそれぞれ配置されるステップスプロケットと、これらのステップスプロケット間掛け渡されるステップチェーンとを備えると共に、前記ステッチェーンは、対となって配置される複数の外リンクプレートと、これらの外リンクプレートの内側で対となって配置される複数の内リンクプレートと、前記外リンクプレート及び前記内リンクプレートをそれぞれの長さ方向両端部にあって相互に連結するピンと、対となる前記内リンクプレート間に配置され、前記ピンに回転自在に支持されるローラとを有し、かつ前記ローラの幅寸法が、前記ローラの外周部と係合する前記ステップスプロケットの歯溝の幅寸法より大きく設定された乗客コンベアにおいて、前記ローラの前記外周部に、その両側端から中央方向にわたって延在し、前記ステップスプロケットの前記歯溝の角部と前記外周部との当接を回避するR部を設けたことを特徴とする乗客コンベア。

請求項2

前記外周部の前記R部間に、フラット部を設けたことを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベア。

請求項3

前記ローラがプラスチックまたはゴムで形成されたものにあって、前記R部の大きさを、2,600 N/m2~3600N/m2の積載荷重時に、前記R部の前記歯溝の角部との対向位置が曲面を維持する値に設定したことを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベア。

請求項4

前記ローラがプラスチックまたはゴムで形成されたものにあって、前記ローラの弾性率を、2,600 N/m2~3600N/m2の積載荷重時に、前記R部の前記歯溝の角部との対向位置が曲面を維持する値に設定したことを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベア。

技術分野

0001

本発明は、乗客コンベアに関し、特に乗客コンベアのステップを駆動するステップチェーンの構造に関する。

背景技術

0002

乗客コンベアには、無端状に連結されて乗降口間循環移動する複数のステップと、これらのステップと同期して移動するハンドレールと、乗降口間に跨って設置される本体枠と、この本体枠の長手方向両端部にそれぞれ配置されるステップスプロケットと、これらのステップスプロケット間掛け渡されるステップチェーンとが備えられている。

0003

そして、ステップチェーンにおける省スペース化と耐高荷重との双方の要求を満たすものとして、特開2008−120513号公報(特許文献1)に記載されるものがある。この文献には、多数のステップを連結するステップチェーンを、間隔をおいて左右一対をなすように配置され、ピンによって回動自在に連結された多数のリンクプレートと、ピンを軸心として左右一対のリンクプレート間に回転自在に配置され、ステップの荷重を支持する多数の金属製のローラ、又は硬質プラスチック製のローラとで構成し、このローラでステップの荷重を支持する構造とすると共に、ステップの移動をガイドする案内レールには、ローラが転動する転動面に緩衝材を設け、かつステップスプロケットのチェーンが噛み合う歯溝には、ローラが接触したときに弾性変形する緩衝部材を設けたものが示されている。

先行技術

0004

特開2008−120513号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、乗客コンベアにあっては、耐高荷重が求められる場合は、ステップスプロケットに噛み合ってステップの荷重を支持するローラを金属製としたもの、一方、設置スペースの省スペース化や静音性が求められる場合は、ローラをプラスチック製又はゴム製としたものとしている。

0006

また、一般に、ローラの外周部と係合するステップスプロケットの溝部の幅寸法は、ローラの幅寸法より小さく、ローラ幅の半分程とした物もある。これは基本的に重量物であるステップスプロケットの幅寸法を抑え、軽量化、原価低減及び加工性向上を図るためである。

0007

しかしながら、ローラの外周部は、一般に面取りされた角部を除きフラットな構造であると共に、ローラの幅寸法はステップスプロケットの歯溝の幅寸法より大きなものであることから、歯溝の角部がローラの外周部に当接し、経年的にローラの外周部が片摩耗して段付きができてしまい、特にローラをプラスチック製又はゴム製とした乗客コンベアでは、顕著なものとなる。なお、前述した特許文献に記載される歯溝底部に設けた緩衝部材は、ステップスプロケットとローラとの噛み合い時の騒音低減を目的としてローラを金属製としている。したがって、緩衝部材はローラとの接触に応じて弾性変形してしまい、ステップスプロケットの歯溝の角部がローラの摺動面に当接することを防ぐことはできない。また、ステップスプロケット側に何らかの緩衝部材を設けると、ステップスプロケットの構造が複雑になり、コストアップを招く。

0008

そこで、本発明の目的は、ステップチェーンのローラが片摩耗することを防ぐことのできる乗客コンベアを提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

上述の課題の少なくとも一を解決するために、本発明の一態様は、無端状に連結されて乗降口間を循環移動する複数のステップと、乗降口間に跨って設置される本体枠と、この本体枠の長手方向両端部にそれぞれ配置されるステップスプロケットと、ステップスプロケット間に掛け渡されるステップチェーンとを備えると共に、ステッチェーンは、対となって配置される複数の外リンクプレートと、これらの外リンクプレートの内側で対となって配置される複数の内リンクプレートと、外リンクプレート及び内リンクプレートをそれぞれの長さ方向両端部にあって相互に連結するピンと、対となる前記内リンクプレート間に配置され、ピンに回転自在に支持されるローラとを有し、かつローラの幅寸法が、ローラの外周部と係合する前記ステップスプロケットの歯溝の幅寸法より大きく設定された乗客コンベアにおいて、ローラの外周部に、その両側端から中央方向にわたって延在し、ステップスプロケットの歯溝の角部と外周部との当接を回避するR部を設けた。

発明の効果

0010

本発明の一態様によれば、ステップチェーンのローラが片摩耗することを防ぐことができる。なお、前述した以外の課題、構成及び効果は、以下の実施形態の説明により明らかにされる。

図面の簡単な説明

0011

本実施例が適用される乗客コンベアの概略構成図である。
本実施例の乗客コンベアのステップチェーンとステップの連結部を示す上面図である。
本実施例の乗客コンベアのステップスプロケットとステップチェーンの噛み合い部を示す側面図である。
本実施例の乗客コンベアの一実施例を示すステップスプロケットとステップチェーンの噛み合い部の拡大正面図である。

0012

以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。

0013

図1は、本実施例が適用される乗客コンベアの概略構造図である。

0014

乗客コンベアの一例であるエスカレータは、下階床に連なる一方の乗降口である下部乗降口1Fから上階床に連なる他方の乗降口である上部乗降口2Fにかけて、無端状に連結されて循環移動する複数のステップ1と、これらのステップ1と同期して移動するハンドレール2と、一方の乗降口から他方の乗降口に跨って傾斜して設置される本体枠3と、本体枠3の上階側の端部に設けられた機械室4に配置され、電動機5及び減速機6を有する駆動装置7と、減速機6の出力軸に固定された減速機側スプロケット8と、この減速機側スプロケット8により駆動チェーン9を介して駆動される図示しない駆動スプロケットと、機械室4に配置され、駆動スプロケットと同軸に設けられた第1のステップスプロケット11と、本体枠3の下階側の端部に配置された第2のステップスプロケット12と、複数のステップ1が連結されるとともに、第1、第2のステップスプロケット11、12間に掛け渡されるステップチェーン13とを備えている。なお、図1では機械室4や駆動装置7を上階側に設けているが、これに限られず、機械室4や駆動装置7を下階側や中間部に設けてもよい。下階側に機械室4や駆動装置7を設けた場合、駆動スプロケット及び第1のステップスプロケット11が下階側に配置され、第2のステップスプロケット12が上階側に配置される。また、駆動装置7の減速機6は、図示しない主ブレーキを有している。

0015

図2は、本実施例の乗客コンベアのステップチェーンとステップの連結部を示す上面図である。

0016

ステップ1を連結するステッチェーン13は、対となって配置される複数の外リンクプレート14と、これらの外リンクプレート14の内側で対となって配置される複数の内リンクプレート15と、これらの外リンクプレート14及び内リンクプレート15をそれぞれの長さ方向両端部にあって相互に連結するピン16と、対となる内リンクプレート15間にあって、ピン16に回転自在に支持されるローラ17とを有して構成されている。

0017

複数の外リンクプレート14と複数の内リンクプレート15とを連結する複数のピン16の一部は、その先端部がステップ1側に延長されており、ステップ1に取り付けられた前輪軸18と一体になっている。

0018

外リンクプレート14と内リンクプレート15とを連結するピン16の外周側には、それぞれ硬質プラスチック製のローラ17が装着されている。ローラ17は、ピン16を軸心として回転自在となるように、図示しないベアリングを介してピン16の外周部に取り付けられ、左右一対の内リンクプレート14の間に位置して、ピン16の数に対応して複数配置されている。本実施例のものでは、これら左右一対の内リンクプレート15の間に配置された複数のローラ17のうちで、ステップ1の前輪軸18と一体とされたピン16の外周側に配置されたローラがステップ1の前輪となり、ステップ1の荷重を支持する。

0019

図3は、本実施例の乗客コンベアのステップスプロケットとステップチェーンの噛み合い部を示す側面図である。

0020

ステップ1が連結されたステッチェーン13は、第1のステップスプロケット11に巻き掛けられ、第1のステップスプロケット11の回転が駆動力として伝達されて本体枠3内を周回することで、複数のステップ1を循環移動させる。第1のステップスプロケット11の周縁部には、図3に示すように、ステップチェーン13に組み込まれたローラ17の外周部に係合する歯溝19が、ステップチェーン13におけるローラ17の間隔、すなわちリンクピッチに相当する間隔をおいて周方向に並ぶように形成されている。なお、図3はステッチェーン13と第1のステップスプロケット11との噛み合い部を図示したものだが、ステッチェーン13と第2のステップスプロケット12との噛み合い部においても同等の構造となっている。

0021

図4は、本発明の乗客コンベアの一実施例を示すステップスプロケットとステップチェーンの噛み合い部の拡大正面図である。

0022

そして、本実施例の乗客コンベアでは、ステップチェーン13の硬質プラスチック製のローラ17が片摩耗することを防ぐために工夫が施されている。具体的には、図4に示すように、ローラ17の外周部17aに、その両側端から中央にわたって延在し、第1のステップスプロケット11の歯溝19の角部19a、19bと外周部17aとの当接を回避するR部20を設けている。なお、本実施例のローラ17の幅寸法L1は、ローラ17の外周部17aと係合する第1のステップスプロケット11の歯溝19の幅寸法L2より大きく設定されている。

0023

また、R部20の大きさを、エスカレーター満載時に相当する2,600N/m2〜3600N/m2の積載荷重時に、R部20の歯溝19の角部19a、19bとの対向位置が曲面を維持する値に設定することで、荷重がかかってローラ17が撓んでも、角部19a、19bが外周部17aに当接することを防ぐことができる。又は、ローラ17の弾性率を、2,600N/m2~3600N/m2の積載荷重時に、R部20の歯溝19の角部19a、19bとの対向位置が曲面を維持する値に設定することで、荷重がかかってローラ17が撓んでも、角部19a、19bが外周部17aに当接することを防ぐことができる。

0024

なお、本実施例のR部20は、ローラ17の一方の側端から他方の側端にわたり連続してR部20が形成された形状となっているが、本発明はこれに限らず、ローラ17の両側端から中央に向かって所定距離、R部を形成すると共に、これらのR部間にフラット部を設け、このフラット部で荷重を受けつつ、歯溝19の角部19a、19bがローラ17の外周部17aに当接することを回避するようにすることもできる。

0025

本実施例にあっては、ステップチェーン13は、第1のステップスプロケット11の周縁部に形成された歯溝19にローラ17が係合することによって第1のステップスプロケット11に噛み合い、第1のステップスプロケット11の回転が駆動力として伝達される。このとき、第1のステップスプロケット11の先端部11aは隣接するローラ17の間隔に位置すると共に、ローラ17の外周部17a中央は歯溝19の底部19cに当接し、荷重を受ける。一方、ローラ17の外周部17aに設けたR部20により、外周部17a側方が歯溝19の角部19a、19bに当接することはない。

0026

本実施例によれば、ローラ17の外周部17aに、その両側端から中央にわたって延在し、第1のステップスプロケット11の歯溝19の角部19a、19bと外周部17aとの当接を回避するR部20を設けたことにより、歯溝19の角部19a、19bがローラ17の外周部17aに当接し、外周部17aが片摩耗することを防ぐことができ、これによって、ローラ17の高経年化を図ることができる。

0027

また、ローラ17に形成するR部20の大きさを、2,600 N/m2〜3600N/m2の積載荷重時に、R部20の歯溝19の角部19a、19bとの対向位置が曲面を維持する値に設定したり、ローラ17の弾性率を、2,600 N/m2 〜3600N/m2の積載荷重時に、R部20の歯溝19の角部19a、19bとの対向位置が曲面を維持する値に設定することで、荷重がかかってローラ17が撓んでも、角部19a、19bが外周部17aに当接することを防ぐことができる。

0028

さらに、ローラ17の両側端から中央に向かって所定距離、R部を形成すると共に、これらのR部間にフラット部を設けることにより、より耐高荷重に適したローラ17とすることもできる。

0029

さらにまた、R部20を設けたローラ17にあって、歯溝19の角部19a、19bがその外周部17aに当接し、片摩耗が生じていることが確認された場合、異常荷重が発生していることを示すものであり、非常停止等を招く故障事故に至る前に、その原因を究明し、解決することができる。

実施例

0030

なお、本発明は、上述した実施例に限定するものではなく、様々な変形例が含まれる。例えば、上述した実施例は本発明を分かり易く説明するために詳細に説明したものであり、必ずしも説明した全ての構成を備えるものに限定するものではない。

0031

1 ステップ
2ハンドレール
3 本体枠
11 第1のスプロケット
12 第2のスプロケット
13ステップチェーン
14外リンクプレート
15内リンクプレート
16ピン
17ローラ
17a 外周部
18前輪軸
19歯溝
19a、19b 角部
19c 底部
20 R部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東芝エレベータ株式会社の「 診断装置及び診断方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】チェーンの伸びを正確に診断する。【解決手段】本実施形態に係る診断装置は、複数のプレートからなるチェーンに沿って配置され、ピンの通過に同期して値が変化する第1信号を出力する第1センサと、第1セン... 詳細

  • 東芝エレベータ株式会社の「 手摺りベルトの製造方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】意匠的に優れた手摺りベルト及びその製造方法を提供する。【解決手段】縦断面C字型の無端状の表面ベルト80と、表面ベルト80の内周側に配された無端状の平ベルト82とを有した手摺りベルト38において... 詳細

  • 東芝エレベータ株式会社の「 エスカレータ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】ガード板の破損を簡単に測定できるエスカレータを提供する。【解決手段】狭角部7に配されたガード板70と、ガード板70までの距離を測定する距離センサ78と、距離センサ78が、測定した距離Lが、基準... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ