図面 (/)

技術 金型分離反転装置

出願人 パスカルエンジニアリング株式会社
発明者 北浦一郎
出願日 2016年8月5日 (4年9ヶ月経過) 出願番号 2016-154177
公開日 2018年2月8日 (3年3ヶ月経過) 公開番号 2018-020366
状態 特許登録済
技術分野 金型の交換、取付、製造
主要キーワード 受入れ空間 昇降用流体圧シリンダ 小間隔おき 規制窓 受け入れ空間 ピン保持板 厚板部材 鍔付きローラ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

金型セットから上型を分離し反転する金型分離反転装置であって、能率的に分離と反転を行うことができ、製作費を低減可能な金型分離反転装置を提供する。

解決手段

金型分離反転装置1は、両端部に円弧状の1対の回転体支持部11a,11bを有する基台10と、1対の回転体支持部に回転自在に夫々支持された平行な1対の回転板20a,20bを含む回転体20と、回転体を回転駆動可能な回転駆動機構30と、1対の回転板の間の金型受入れ空間20Sに回転板の回転軸心と直交する水平方向から搬入される金型セットを載置可能に回転体に設けられた載置部40と、回転体の上部に固定的に設けられた天板と、天板の下側に昇降可能に配置されて金型を保持可能な金型保持手段60と、天板に装備されて金型保持手段を昇降駆動可能な金型昇降手段61とを備えている。

概要

背景

プレス機械等で用いる金型は、上型下型を組み合わせた金型セットとして使用され、この金型を補修する際には、金型セットを所定の補修場所まで搬送し、天井クレーン等で上型を吊り上げることで上型と下型とを分離してから上型を180°反転し、上型と下型に対して補修を施す。この場合、多くの時間とを労力がかかる。

そこで、種々の金型反転装置や金型分離反転装置が提案されている。
特許文献1に開示されたダイセット反転装置(図4、図5)においては、1対のコラムに1対のラム昇降可能に装備し、1対のラムに金型を取り付ける回転枠を回転自在に取り付け、回転枠に金型を取り付けた状態で、回転枠を上昇させてから回転させることで
金型を反転させることができる。

特許文献2に開示された金型分離反転装置においては、4本の支柱のうち、2本ずつの各組の支柱に昇降可動体を昇降可能に設け、これら1対の昇降可動体に設けた回転軸可動腕を連結し、1対の可動腕の先端に金型を固定可能な取付け基板を連結し、この取付け基板の下側に金型セットを搬入後、上型を固定装置により取付け基板を固定した状態で、1対の昇降可動体を上昇させてから、下型を搬出し、その後前記の回転軸を回転させることで、取付け基板及び上型を180°反転させる。

概要

金型セットから上型を分離し反転する金型分離反転装置であって、能率的に分離と反転を行うことができ、製作費を低減可能な金型分離反転装置を提供する。金型分離反転装置1は、両端部に円弧状の1対の回転体支持部11a,11bを有する基台10と、1対の回転体支持部に回転自在に夫々支持された平行な1対の回転板20a,20bを含む回転体20と、回転体を回転駆動可能な回転駆動機構30と、1対の回転板の間の金型受入れ空間20Sに回転板の回転軸心と直交する水平方向から搬入される金型セットを載置可能に回転体に設けられた載置部40と、回転体の上部に固定的に設けられた天板と、天板の下側に昇降可能に配置されて金型を保持可能な金型保持手段60と、天板に装備されて金型保持手段を昇降駆動可能な金型昇降手段61とを備えている。

目的

本発明の目的は、金型セットから上型を分離し反転する金型分離反転装置であって、能率的に分離と反転を行うことができ、製作費を低減可能な金型分離反転装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

上型下型を含む金型セット受け入れて分離し180°反転可能な金型分離反転装置において、所定距離離隔した両端部に円弧状の1対の回転体支持部を有する基台と、前記1対の回転体支持部に回転自在に夫々支持され且つ複数の連結材で連結された平行な1対の回転板を含む回転体と、前記回転体を回転駆動可能な回転駆動機構と、前記1対の回転板の間の金型受入れ空間に前記回転板の回転軸心と直交する水平方向から搬入される金型セットを載置可能に前記回転体に設けられた載置部と、前記回転体の上部に固定的に設けられた天板と、前記天板の下側に昇降可能に配置されて金型を保持可能な金型保持手段と、前記天板に装備されて金型保持手段を昇降駆動可能な金型昇降手段と、を備えたことを特徴とする金型分離反転装置。

請求項2

前記回転駆動機構は、一方の回転板の外面に固定され且つ所定隙間を空けて対向させた半円状の1対のピン保持板と、これらピン保持板の外周近傍部に周方向に所定小間隔おきに固定され且つ前記回転軸心と平行な複数のピンと、1対のピン保持板の外周側1個所に設けられて複数のピンに係合するスプロケットと、このスプロケットを回転駆動可能な駆動モータとを備えたことを特徴とする請求項1に記載の金型分離反転装置。

請求項3

前記回転体支持部は、複数の遊転ローラを有することを特徴とする請求項1に記載の金型分離反転装置。

請求項4

前記金型保持手段は、天板の下側に昇降可能に配置されたマグネットクランプを備えたことを特徴とする請求項1又は2に記載の金型分離反転装置。

請求項5

前記金型保持手段は、天板の下側に昇降可能に配置された保持板と、この保持板に固定されたマグネットクランプを備え、前記金型昇降手段は、前記天板に装備されてピストンロッドが保持板に連結された昇降用流体圧シリンダと、前記保持板に下端部が固定され且つ天板側の案内部で案内される複数のガイドロッドとを備えたことを特徴とする請求項1〜3の何れかに記載の金型分離反転装置。

請求項6

前記載置部は、金型を搬送可能に支持する複数のローラを有することを特徴とする請求項5に記載の金型分離反転装置。

請求項7

前記金型保持手段の保持板に、前記回転体を180°反転した状態で金型を搬送可能に支持する複数のローラを設けたことを特徴とする請求項5に記載の金型分離反転装置。

技術分野

0001

本発明は、上型下型を含む金型セット受け入れて分離し180°反転可能な金型分離反転装置に関する。

背景技術

0002

プレス機械等で用いる金型は、上型と下型を組み合わせた金型セットとして使用され、この金型を補修する際には、金型セットを所定の補修場所まで搬送し、天井クレーン等で上型を吊り上げることで上型と下型とを分離してから上型を180°反転し、上型と下型に対して補修を施す。この場合、多くの時間とを労力がかかる。

0003

そこで、種々の金型反転装置や金型分離反転装置が提案されている。
特許文献1に開示されたダイセット反転装置(図4図5)においては、1対のコラムに1対のラム昇降可能に装備し、1対のラムに金型を取り付ける回転枠を回転自在に取り付け、回転枠に金型を取り付けた状態で、回転枠を上昇させてから回転させることで
金型を反転させることができる。

0004

特許文献2に開示された金型分離反転装置においては、4本の支柱のうち、2本ずつの各組の支柱に昇降可動体を昇降可能に設け、これら1対の昇降可動体に設けた回転軸可動腕を連結し、1対の可動腕の先端に金型を固定可能な取付け基板を連結し、この取付け基板の下側に金型セットを搬入後、上型を固定装置により取付け基板を固定した状態で、1対の昇降可動体を上昇させてから、下型を搬出し、その後前記の回転軸を回転させることで、取付け基板及び上型を180°反転させる。

先行技術

0005

特開平5−200455号公報
特開平5−293632号公報

発明が解決しようとする課題

0006

特許文献1の金型反転装置は、1つの金型(例えば、上型)を取り付けて反転させることが可能であるが、上型と下型を組み合わせた金型セットを上型と下型とに分離する機能を有するものではない。

0007

特許文献2の金型分離反転装置は、金型セットを上型と下型とに分離してから、上型を反転させることが可能である。しかし、この金型分離反転装置は、4本の支柱、1対の昇降可動体、取付け基板、固定装置、昇降可動体を昇降させる昇降手段などからなる複雑な構造のものであるから、製作費が高価になる。しかも、固定装置は手動操作で上型を固定する構造のものであるため、上型の固定を能率的に行うことができず、作業能率を高めることが困難である。

0008

本発明の目的は、金型セットから上型を分離し反転する金型分離反転装置であって、能率的に分離と反転を行うことができ、製作費を低減可能な金型分離反転装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0009

請求項1の金型分離反転装置は、上型と下型を含む金型セットを受け入れて分離し180°反転可能な金型分離反転装置において、所定距離離隔した両端部に円弧状の1対の回転体支持部を有する基台と、前記1対の回転体支持部に回転自在に夫々支持され且つ複数の連結材で連結された平行な1対の回転板を含む回転体と、前記回転体を回転駆動可能な回転駆動機構と、前記1対の回転板の間の金型受入れ空間に前記回転板の回転軸心と直交する水平方向から搬入される金型セットを載置可能に前記回転体に設けられた載置部と、前記回転体の上部に固定的に設けられた天板と、前記天板の下側に昇降可能に配置されて金型を保持可能な金型保持手段と、前記天板に装備されて金型保持手段を昇降駆動可能な金型昇降手段とを備えたことを特徴としている。

0010

請求項2の金型分離反転装置は、請求項1の発明において、前記回転駆動機構は、一方の回転板の外面に固定され且つ所定隙間を空けて対向させた半円状の1対のピン保持板と、これらピン保持板の外周近傍部に周方向に所定小間隔おきに固定され且つ前記回転軸心と平行な複数のピンと、1対のピン保持板の外周側1個所に設けられて複数のピンに係合するスプロケットと、このスプロケットを回転駆動可能な駆動モータとを備えたことを特徴としている。

0011

請求項3の金型分離反転装置は、請求項1の発明において、前記回転体支持部は、複数の遊転ローラを有することを特徴としている。

0012

請求項4の金型分離反転装置は、請求項1又は2の発明において、前記金型保持手段は、天板の下側に昇降可能に配置されたマグネットクランプを備えたことを特徴としている。

0013

請求項5の金型分離反転装置は、請求項1〜3の何れかの発明において、前記金型保持手段は、天板の下側に昇降可能に配置された保持板と、この保持板に固定されたマグネットクランプを備え、
前記金型昇降手段は、天板に装備されてピストンロッドが保持板に連結された昇降用流体圧シリンダと、前記保持板に下端部が固定され且つ天板側の案内部で案内される複数のガイドロッドとを備えたことを特徴としている。

0014

請求項6の金型分離反転装置は、請求項5の発明において、前記載置部は、金型を搬送可能に支持する複数のローラを有することを特徴としている。
請求項7の金型分離反転装置は、請求項5の発明において、前記金型保持手段の保持板に、前記回転体を180°反転した状態で金型を搬送可能に支持する複数のローラを設けたことを特徴としている。

発明の効果

0015

請求項1の発明によれば、1対の回転板の間の金型受け入れ空間に金型セットを搬入して載置部に載置し、金型昇降手段で金型保持手段を下降させて上型を保持してから上型を上昇させ、その後下型を搬出し、回転体と上型とを180°回転させると、反転状態にした上型を金型受け入れ空間から外部へ搬出することができる。こうして、金型セットを上型と下型とに分離し、上型を反転することができる。

0016

基台の1対の回転体支持部に回転自在に支持された回転体と、回転駆動機構を用いて回転体と金型を回転させる構造としたので、金型を回転するための構造を簡単化することができた。金型昇降手段で昇降可能な金型保持手段で金型を保持する構造にしたため、金型を保持する構造を簡単化することができた。それ故、金型分離反転装置の製作費を低減することができた。

0017

金型セットを金型受け入れ空間に搬入後、金型保持手段の下降、保持、上型の上昇、下型の搬出、回転体と上型の180°回転、上型の搬出の一連の作業を能率的に行うことができるため、生産性に優れる金型分離反転装置が得られる。

0018

請求項2の発明によれば、回転駆動機構は、半円状の1対のピン保持板と、これらピン保持板の外周近傍部に設けた複数のピンと、複数のピンに係合するスプロケットと、スプロケットを回転駆動可能な駆動モータとで簡単な構造の安価に製作可能なものとなる。

0019

請求項3の発明によれば、回転体支持部が複数の遊転ローラを有する簡単な構造のものとすることができる。

0020

請求項4の発明によれば、金型保持手段が天板の下側に昇降可能に配置されたマグネットクランプを備えているため、簡単な構成の金型保持手段とすることができる。

0021

請求項5の発明によれば、金型保持手段は、天板の下側に昇降可能に配置された保持板と、この保持板に固定されたマグネットクランプを備え、金型昇降手段は、天板に装備されて金型保持手段を昇降させる昇降用流体圧シリンダと、1対のガイドロッドを有するため、簡単な構造で円滑に作動する金型昇降手段を実現することができる。

0022

請求項6の発明によれば、前記載置部は、金型を搬送可能に支持する複数のローラを有するため、載置部への金型の搬出入を能率的に行うことができる。
請求項7の発明によれば、金型保持手段の保持板に、回転体を180°反転した状態で金型を搬送可能に支持する複数のローラを設けたため、反転後の金型の搬出を能率的に行うことができる。

図面の簡単な説明

0023

本発明の実施例1に係る金型分離反転装置の正面図である。
図1のII−II線断面図である。
金型分離反転装置の右側面図である。
図1のIV部の拡大図である。
金型セット搬入状態の正面図である。
図4のVI−VI線断面図である。
マグネットクランプ下降状態を示す正面図である。
図6のVIII−VIII線断面図である。
上型を上昇させた状態の正面図である。
図8のX −X 線断面図である。
下型搬出状態を示す正面図である。
図10のXII −XII 線断面図である。
回転体と上型を90°回転させた状態の図2相当図である。
回転体と上型を180°回転させた状態の正面図である。
図14のXV−XV線断面図である。
実施例2に係る金型分離反転装置の正面図である。
図16のXVII−XVII線断面図である。
回転体を180°反転した状態における金型分離反転装置の側面図である。
ダイローラの側面図である。
ダイローラの平面図である。
ダイリフタの断面図である。
図21のXX1 −XXI 線断面図である。

0024

本発明を実施するための形態について実施例に基づいて説明する。

0025

最初に、図1図4に基づいて、金型分離反転装置1の構造について説明し、その後、図5図15 に基づいて、金型分離反転装置1の動作について説明する。図1は金型分離反転装置1の正面図であり、符号Lは左方を示し、符号Rは右方を示す。

0026

この金型分離反転装置1は、上型D1と下型D2を含む金型セットDを受け入れて上型D1を分離後180°反転可能な装置である。この金型分離反転装置1は、基台10と、1対の回転板20a,20bを含む回転体20と、回転駆動機構30と、金型セットDを載置可能な載置部40と、天板50と、マグネットクランプ61を含む金型保持手段60と、この金型保持手段60を昇降させる金型昇降手段61などを備えている。

0027

最初に、基台10について説明する。
基台10は、左右方向に所定距離離隔した両端部に円弧状の1対の回転体支持部11a,11bを有する。この基台10は、鉛直姿勢左右1対基板12a,12bをベース板13で連結したものである。回転体支持部11a,11bは、基板12a,12bの円弧状の上端近傍部に所定間隔おきに取り付けた複数の遊転ローラ14を備えている。

0028

基板12a,12bは、2枚の板部材を遊転ローラ14の長さだけの間隔を空けて対向させ、ベース板13、複数のボルト15、複数のローラ軸16で連結した構造である。複数の遊転ローラ14のローラ軸16は2枚の板部材で両端支持されている。回転板20a,20bがローラ14から脱落しないように、基板12a,12bの上端部は遊転ローラ14の上面よりも所定高さ突出している。

0029

次に、回転体20について説明する。
回転体20は、1対の回転体支持部11a,11bに回転自在に夫々支持される平行な左右1対の回転板20a,20bを複数の連結材で連結した構造のものである。

0030

右側の回転板20bは、図4に示すように、例えば4枚の薄鋼板密着状態にして複数のピン部材等で連結したものであり、左側の回転板20aも同様である。回転板20a,20bは、フォークリフト爪材を挿入し易くするため、円の前端部(D形部分)を切除して直線部20Lを形成している。回転板20a,20bの外周部には、約300°開角の円弧に相当する被支持部20pであって回転体支持部11a,11bで支持可能な被支持部20pが形成されている。

0031

上記の複数の連結材は、上部の6本の連結ロッド21と、上部連結板である天板50と、下部の10本のスペーサ付き連結材22とを含む。連結ロッド21はタイロッドであってその両端部に回転板20a,20bの外側でナット21aが螺合されている。
天板50は回転体20の上部に水平姿勢に配設され、この天板50は所定の前後幅を有する厚板部材である。天板50の左端部は回転板20aに固着され、天板50の右端部は回転板20bに固着されている。

0032

10本のスペーサ付き連結材22は、回転板20a,20bの下部同士を連結すると共に載置部40を回転体20に連結するものである。1対の回転板20a,20bの間の金型受入れ空間20Sは、通常のサイズの金型セットDを収容し得るだけの幅と高さを有する。

0033

ここで、載置部40について説明する。
載置部40は、金型受入れ空間20Sに回転板20a,20bの回転軸心Xと直交する水平方向(直線部20Lの側)からフォークリフト等で搬入される金型セットDを載置可能に回転体20に設けられている。載置部40は、左右方向に適当間隔を空けて配置された鉛直の前後方向向きの4枚の板部材40aで構成され、各板部材40aは複数の薄鋼板を密着させて連結したものである。

0034

載置部40は、スペーサ付き連結材22の上端から所定高さ突出しているため、フォークリフトの爪部材で支持した金型セットDを搬入して載置可能である。
しかも、載置部40の上端とマグネットクランプ60の間の間隔は、通常のサイズの金型セットDを受け入れ可能な間隔となっている。

0035

10本のスペーサ付き連結材22は、図2に示す側面視にて2行5列のマトリックス状に接近状に水平に配置されている。各スペーサ付き連結材22は、回転板20a,20bを連結するタイロッド22aと、このタイロッド22aに外嵌されて回転板20a,20bと板部材40aの間の間隔と、板部材40a同士間の間隔とを規制する5本のスペーサ22bとで構成されている。タイロッド22aの両端部には回転板20a,20bの外側でナット22cが螺合されている。

0036

以上の回転体20の1対の回転板20a,20bが1対の回転体支持部11a,11bで回転自在に支持されているため、回転体20はその回転軸心X回りに回転自在であるが、図3の状態から時計回り方向へ180°回転可能に構成されている。

0037

次に、回転体を回転駆動可能な回転駆動機構30について説明する。
回転駆動機構30は、1対のピン保持板31と、複数のピン32と、スプロケット33と、駆動モータ34とを備えている。図4に示すように、各ピン保持板31は2枚の薄鋼板を密着させて連結したものである。1対のピン保持板31は、所定隙間を空けて対向させて複数のピン32により連結されると共に、これら1対のピン保持板31は一方の回転板20bの外面に所定間隔あけて複数のボルト35とナット35aで固定されている。尚、ピン保持板31は、半円状の形状であるが、半円よりも僅かに大きく形成されている。

0038

複数のピン32は、これらピン保持板31の外周近傍部に周方向に所定小間隔おきに固定され且つ前記回転軸心Xと平行に配設されている。
スプロケット33は、1対のピン保持板31の外周側1個所に設けられて複数のピン32に係合している。駆動モータ34(減速機付き電動モータ)はスプロケット33を回転駆動可能なものであり、スプロケット33を回転駆動することで、複数のピン32と1対のピン保持板31を介して回転体20を回転駆動するように構成してある。駆動モータ34は搭載台36の上に固定され、図示外の制御駆動部に接続されている。

0039

次に、金型保持手段60と金型昇降手段61について説明する。
金型保持手段60は、天板50の下側に昇降可能に配設されて金型(上型D1)を保持可能なものであり、上型D1を吸着可能なマグネットクランプ61で構成されている。
上記のマグネットクランプ61は、天板50の下側に昇降可能に配置されている。このマグネットクランプ61は、上型D1を強力に吸着する状態と吸着解除状態とに切換え可能である。マグネットクランプ61は、制御駆動部に接続されている。

0040

金型昇降手段62は、天板50に装備されてマグネットクランプ61を昇降駆動可能である。この金型昇降手段62は、天板50に装備されてピストンロッド63aがマグネットクランプ61に連結された昇降用流体圧シリンダ63と、マグネットクランプ61に下端部が固定され且つ天板50側の案内部64aで昇降自在に案内される例えば4本のガイドロッド64とを備えている。尚、流体圧シリンダ63は流体圧供給源に接続されている。

0041

次に、以上説明した金型分離反転装置1を用いて金型セットDから上型D1を分離し、その上型D1を180°反転する分離反転方法について説明する。
第1工程において、図5図6に示すように、マグネットクランプ61を上昇位置に保持し、上型D1と下型D2とからなる金型セットDを正面側(直線部20Lの側)からフォークリフト等により金型受け入れ空間20Sに搬入し、載置部40の上に載置する。

0042

第2工程において、図7図8に示すように、マグネットクランプ61を金型昇降手段62により下降させて、マグネットクランプ61で上型D1を吸着する。第3工程において、図9図10に示すように、金型昇降手段62によりマグネットクランプ61と上型D1を上昇位置へ切換えて下型D2から分離する。

0043

第4工程において、図11図12に示すように、下型D2をフォークリフト等で前方(直線部20Lの側)へ搬出する。第5工程において、図13に示すように、上型D1と回転体20を時計回り方向へ90°回転させ、更に、図14図15に示すように、上型D1と共に回転体20を時計回り方向へ90°回転させる。

0044

その結果、上型D1は反転状態になるため、その上型D1をフォークリフト等で後方(直線部20Lの側)へ搬出する。以上のようにして、金型セットDから上型D1を分離し、その上型D1を180°反転させることができる。

0045

以上説明した金型分離反転装置1の作用、効果について説明する。
1対の回転板20a,20bの間の金型受け入れ空間20Sに金型セットDを搬入して載置部40に載置し、金型昇降手段62でマグネットクランプ61を下降させて上型D1を吸着し、次に上型D1を上昇させて下型D2から分離し、その後下型D2を搬出し、回転体20と上型D1とを180°回転させると、反転状態にした上型D1を金型受け入れ空間20Sから外部へ搬出することができる。こうして、金型セットDを上型D1と下型D2とに分離し、上型D1を反転することができる。

0046

基台10の1対の回転体支持部11a,11bに回転自在に支持された回転体20と、回転駆動機構30を用いて回転体20と金型D1を回転させるように構成したので、上型D1を回転するための構造を簡単化することができた。金型昇降手段62で昇降可能なマグネットクランプ61で上型D1を吸着する構造にしたため、上型D1をクランプし、昇降させる構造を簡単化することができた。

0047

金型セットDを金型受け入れ空間20Sに搬入後、マグネットクランプ61の下降、吸着、上型D1の上昇、下型D2の搬出、回転体20と上型D1の180°回転の一連の動作を能率的に行うことができるため、生産性に優れる金型分離反転装置1が得られる。反転後の上型D1は、金型受け入れ空間20Sからフォークリフト等で搬出するものとする。

0048

回転駆動機構30は、半円状の1対のピン保持板31と、これらピン保持板31の外周近傍部に設けた複数のピン32と、複数のピン32に係合するスプロケット33と、スプロケット33を回転駆動可能な駆動モータ34とで簡単な構造で安価に製作可能なものとすることができる。

0049

金型昇降手段62は、天板50に装備されてマグネットクランプ61を昇降させる昇降用流体圧シリンダ63と、4本のガイドロッド64を有するため、簡単な構造で円滑に作動する金型昇降手段62を実現することができる。

0050

この実施例2に係る金型分離反転装置1Aについて、図16図20に基づいて説明する。但し、実施例1の金型分離反転装置1と同様の部材に同じ符号を付して説明を省略する。この金型分離反転装置1Aにおいては、載置部40Aが変更され、この載置部40Aに例えば3条のダイローラ45が装備されている。また、天板50の下側の金型保持手段60Aが変更され、この金型保持手段60Aに3条のダイローラ66が装備されている。

0051

この金型分離反転装置1Aの前面側には、金型セットDを前後方向に搬送可能な複数の遊転ローラ41aが設けられた台板42と、この台板42の搬送レベルを調整するレベル調節機構43を有する金型搬送台41が設置されている。レベル調節機構43は、側面視X形フレームを介して油圧シリンダにより搬送レベルを調節可能である。

0052

載置部40Aは、縦向きの4枚の板部材40aと、これら板部材40aの上端に固定された水平なベース板44と、このベース板44の上面に設けられた2条以上のダイローラ45とを備えている。板部材40aの上下幅が拡大されてその上端は、基台10の上端とほぼ一致するレベルに設定され、複数の板部材40aの上に水平の前後幅が大きなベース板44が固定されている。このベース板44の上に前後方向向きの例えば3条のダイローラ45が設けられている。

0053

図19図20に示すように、ダイローラ45は、鋼板製の断面門形のフレーム46に複数の遊転ローラ46aをその頂部がフレーム46の上端外へ突出するように取り付け、フレーム46をコイルスプリング弾性力弾性支持する複数の弾性支持機構47を組み込んだものであり、弾性支持機構47の規制板47aがフレーム46の規制窓46bに係合され、この規制窓46bの許す範囲で、フレーム46及び複数の遊転ローラ46aが複数の弾性支持機構47に対して昇降可能である。この2条以上のダイローラ45により金型セットDを前後方向に搬送可能である。尚、ここに用いるダイローラ45においては、弾性支持機構47は省略可能である。

0054

金型保持手段60Aは、天板50の下側に昇降可能に装備されている。この金型保持手段60Aは、天板50の下側に昇降可能に配置された水平な保持板65と、この保持板65の下面に固定された2つのマグネットクランプ61Aと、3条のダイローラ66とを備えている。

0055

保持板65は、この保持板65のレベルにおける回転板20a,20bの前後幅に近い前後幅を有し、保持板65は、天板50に設けた金型昇降手段62で支持されている。即ち、金型昇降手段62の油圧シリンダ63のピストンロッドの下端が保持板65に連結され、複数のガイドロッド64の下端が保持板65に連結され、複数のガイドロッド64は天板50に設けた案内部64aで昇降自在に案内されている。

0056

マグネットクランプ61Aは、実施例1のマグネットクランプ61と同様に、金型を吸着する状態と吸着解除状態とに切換え可能なものである。
3条のダイローラ66は、図19図20に示すダイローラと同様のものであり、マグネットクランプ61Aで金型(上型D1)を吸着する際には、3条のダイローラ66は弾性支持機構47の圧縮変形を介して天板50側へ沈み込んで、マグネットクランプ61Aが金型の上面に面接触状態で吸着する。

0057

次に、金型分離反転装置1Aの作用(動作)について説明する。
図16図17に示すように、金型搬送台41上の金型セットDを複数の遊転ローラ41a,46aを介して載置部40Aへ搬入する。

0058

次に、実施例1と同様に、金型昇降手段62により金型保持手段60Aを下降させ、マグネットクランプ61Aで金型(上型D1)を吸着してから金型保持手段60Aを上昇させる。次に、下型D2を金型搬送台41上へ搬出してから、回転体20を図17にて180°時計回りに回転させると、図18に示す状態になる。

0059

図18の反転状態において、マグネットクランプ61Aを吸着解除状態に切換えると、3条のダイローラ66が弾性支持機構47の弾性復原力で僅かに浮上し、上型D1を搬送可能に支持する状態になるので、3条のダイローラ66で支持された上型D1を前方へ移動させて金型搬送台41上へ搬出することができる。

0060

この金型分離反転装置1Aにおいては、金型搬送台41と載置部40Aとの間で遊転ローラ41a,46aを介して金型セットDや金型を搬出入可能である。また、回転体20を反転状態にしたとき、金型保持部60Aと金型搬送台41との間で遊転ローラ41a,46aを介して金型(上型D1)を搬出入可能である。そのため、フォークリフトを用いることなく、金型セットDや金型の搬出入が可能である。その他、実施例1の金型分離反転装置1と同様の効果が得られる。

0061

前記ダイローラ45,66の代わりに、図21図22に示すダイリフタ70を採用してもよい。このダイリフタ70は、条材71の上半部に形成した溝内に複数の遊転ローラ72が取り付けられ、条材71の下半部に複数の油圧シリンダ73と、これら油圧シリンダ73に油圧を供給する油路74が形成されている。

0062

条材71は基材75の溝内に収容され、油圧シリンダ73のピストンロッド73aの先端が基材75の溝の底面に当接している。油圧を供給しない状態では、ピストンロッド73aが退入しているため条材71は下降状態を維持し、油圧を供給すると、ピストンロッド73aが伸長して条材71が上昇状態になり、遊転ローラ72の搬送面が基材75の上面よりも突出した状態になる。

0063

次に、前記実施形態を部分的に変更する例について説明する。
1)回転板20a,20b、板部材40a、ピン保持板31等を複数枚の薄鋼板ではなく、1枚の鋼板で構成してもよい。

0064

2)回転駆動機構30について、1対のピン保持板31に代えて1つのギヤ部材を設け、スプロケット33の代わりにギヤ部材に噛合するピニオンを設けてもよい。
3)回転体支持部11a,11bのローラ14の代わりに、両鍔付きローラを採用してもよい。

0065

4)金型保持手段60Aのマグネットクランプ61Aの代わりに電動又は流体圧駆動式の複数のクランプ装置を採用することも可能である。
5)回転体20の回転板20a,20bを、回転駆動機構30のピン保持板31と同様に、1対の板部材を小間隔空けて対向状に配置し、それらの外周部を周方向に小間隔おきの複数のピン部材で連結し、その複数のピン部材に両鍔付きローラを夫々回転自在に外装した構成とする。

0066

基台10の基板12a,12bの回転体支持部11a,11bの複数の遊転ローラ14の代わりに、前記複数の両鍔付きローラを支持する円弧状の回転体支持部であって基板の上端部で構成した回転体支持部を設ける。また、回転駆動機構30は、上記の複数の両鍔付きローラに係合するスプロケットを駆動モータで回転駆動するように構成する。

実施例

0067

6)金型分離反転装置1は、プレス機械用の金型セット以外に、鋳造用の金型セット、射出成形用金型セット等の種々の金型セットにも適用することができる。
7)その他、当業者ならば、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、前記実施形態に種々の変更を付加した形態で実施可能で、本発明はそのような変更形態包含するものである。

0068

本発明は、種々の用途の金型セットを分離し反転する装置を提供するものである。

0069

D1上型
D2下型
D金型セット
1,1A金型分離反転装置
10基台
11a,11b回転体支持部
14遊転ローラ
20 回転体
20a,20b回転板
20S 金型受け入れ空間
21連結ロッド(連結材)
22スペーサ付き連結材
30回転駆動機構
31ピン保持板
32ピン
33スプロケット
34駆動モータ
40,40A 載置部
45ダイローラ
46a 遊転ローラ
50天板
60,60A 金型保持手段
61,61Aマグネットクランプ
62 金型昇降手段
63流体圧シリンダ
64ガイドロッド
66 ダイローラ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ