図面 (/)

技術 4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法、ユーザ機器、および基地局

出願人 華為技術有限公司
発明者 呉強張雷鳴劉江華
出願日 2017年10月25日 (3年1ヶ月経過) 出願番号 2017-205943
公開日 2018年2月1日 (2年9ヶ月経過) 公開番号 2018-019434
状態 特許登録済
技術分野 無線伝送方式一般(ダイバーシチ方式等)
主要キーワード 設計ソリューション 技術的ソリューション 送出モジュール 設計制約条件 作業プロセス 空間量 アンテナコード 物理ユニット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法、ユーザ機器、および基地局を提供する。

解決手段

方法は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定し、ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIと第2のPMIとを決定し、前記第1のPMIと第2のPMIとを基地局に送出する。本発明により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないことが保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

概要

背景

多入力多出力(Multiple Input Multiple Output、略して「MIMO」)無線ステムは、ビームフォーミング(BeamForming、略して「BF」)/プリコーディングを送信し、信号の組み合わせを受信することにより、ダイバーシティおよびアレイ利得を得ることができる。BFまたはプリコーディングを使用する典型的なシステムによって受信された信号ベクトルは、以下の式(1)、
y=HVs+n (1)
によって表され得、yは、受信された信号ベクトルを表し、Hは、チャネルマトリックスを表し、Vは、プリコーディングマトリックスを表し、sは、送信されたシンボルベクトルを表し、nは、測定された雑音を表す。

最適なプリコーディングは一般的に、チャネル状態情報(Channel State Information、略して「CSI」)を完全に知っていることを送信機に要求する。一般的な方法は、ユーザ機器(User Equipment、略して「UE」)が瞬間CSIを量子化し、CSIを発展型ノードB(evolved NodeB、略して「eNB」)にフィードバックすることである。既存のロングタームエボリューション(Long Term Evolution、略して「LTE」)システムのリリース8(R8)では、UEによってフィードバックされるCSI情報は、ランクインジケータ(Rank Indicator、略して「RI」)、プリコーディングマトリックスインジケータ(Precoding Matrix Indicator、略して「PMI」)、およびチャネル品質インジケータ(Channel Quality Indicator、略して「CQI」)のような情報を含み得、RIおよびPMIはそれぞれ、使用されるレイヤの数およびプリコーディングマトリックスを示す。LTE R8のコードブックは、主にシングルユーザMIMO(Single User MIMO、略して「SU-MIMO」)のために設計されており、プリコーディングマトリックスまたはコードワードが、8相シフトキーイング(8 Phase Shift Keying、略して「8PSK」)の制約を満たす必要があり、これは、空間量子化の精度を制限する。これは、マルチユーザMIMO(Multiple User MIMO、略して「MU-MIMO」)のような、空間量子化の精度に敏感な送信手法のパフォーマンスに深刻な制限をもたらす。

より高いシステム要件を満たすために、第3世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project、略して「3GPP」)LTEシステムは、MU-MIMOのパフォーマンスをさらに向上させる必要があり、さらに、協調マルチポイント(Coordinated Multi-Point、略して「CoMP」)送信技術がシステムにさらに導入される。現在、CoMP技術は、シングルセルフィードバックに基づいているので、上記2つの技術の両方は、フィードバックパフォーマンスについてのより高い要件を生じる。フィードバックチャネルの容量が制限されるので、コードブックセットのサイズもまた制限され、これは、コードブック設計についてのより高い要件を生じる。

3GPPLTER8システムは、単一のコードブックを使用し、プリコーディングマトリックスは、RIおよびPMIによって示される。4アンテナシステムに関し、RI、PMI、およびコードブックにおけるコードワード間の対応が、以下の表1に示される。

ここで、



は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスであり、unは、上記表1において与えられる。

R8システムのコードブックでは、そのランク(Rank)が1であるプリコーディングマトリックスに関し、そのインデックスが0から7であるプリコーディングマトリックスは、離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform、略して「DFT」)ベクトルであり、DFTベクトルは、ユニフォームリニアアレイ(Uniform Linear Array、略して「ULA」)アンテナに適用可能である。DFTベクトルは、T×1のプリコーディングマトリックスを表し、DFTベクトルvは一般的に、式(2)、



(2)において示された形態を有し、
Nおよびmは、整数であり、N=2xであり、xは、負でない整数であり、すなわち、Nは、xの累乗に累乗された2であり、DFTベクトルvのt番目の要素は、



(t=1, 2, …, T)である。

3GPPLTEシステムのリリース10(R10)において、8アンテナシステムによって使用されるコードブックは、DFTベクトルvmの2つのグループによって形成され、DFTベクトルの2つのグループは、位相差φnを有し、DFTベクトルvmおよび位相差は、以下の式(3)、



(3)によって表される。

以下は、8アンテナシステムのコードブック構造を提供する。コードブック構造は、偏波共用アンテナのために設計されている。表2は、ランクが1である(すなわち、送信レイヤの数が1レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示し、表3は、ランクが2である(すなわち、送信レイヤの数が2レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示し、表4は、ランクが3である(すなわち、送信レイヤの数が3レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示し、表5は、ランクが4である(すなわち、送信レイヤの数が4レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示す。

8アンテナプリコーディングマトリックスのインデックスは、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2によって表され得、そのランクが1である8アンテナコードブックに関し、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2の両方は、4ビットによって表される必要がある。フィードバックリソースオーバーヘッドを節約するために、PMIは、4ビットによって表され得る。これは、サブサンプリング(subsampling)がPMIまたは8アンテナコードブックについて行われることを要求し、8アンテナシステムの物理上りリンク制御チャネル(Physical Uplink Control Channel、略して「PUCCH」)モード1-1のサブモード2におけるサンプリングコードブックが、表6に示される。

エンハンスド4アンテナコードブックに関し、コードブック設計およびフィードバックの複雑性を増大させずにシステムパフォーマンスを改善するために、8アンテナシステムのコードブック構造設計ソリューションが使用され得、プリコーディングマトリックスのインデックスもまた、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2によって表され得る。フィードバックリソースのオーバーヘッドを節約するために、PMIもまた、4ビットによって表され得、これはまた、サブサンプリング(subsampling)がPMIまたは4アンテナコードブックについて行われることを要求する。

しかしながら、3GPPLTEシステムによって使用される最新の4アンテナコードブックに関し、モードがPUCCHモード1-1のサブモード2である場合、ランクが1である場合にサブサンプリングが表6に示された8アンテナサブサンプリングテーブルにしたがってコードブックについて行われた後、プリコーディングマトリックスは、2つのDFTベクトルのみを有する。しかしながら、R8システムの4アンテナコードブックは、8つのDFTベクトルを有する。したがって、構成されたアンテナがユニフォームリニアアレイULAアンテナである場合、PUCCHモード1-1のサブモード2におけるエンハンスド4アンテナコードブックについて、ULAアンテナに適用可能なプリコーディングマトリックスは、R8システムのプリコーディングマトリックスよりも少ないので、パフォーマンスの劣化が深刻である。

概要

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法、ユーザ機器、および基地局を提供する。方法は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定し、ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIと第2のPMIとを決定し、前記第1のPMIと第2のPMIとを基地局に送出する。本発明により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないことが保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

目的

一般的な方法は、ユーザ機器(User Equipment、略して「UE」)が瞬間CSIを量子化し、CSIを発展型ノードB(evolved NodeB、略して「eNB」)にフィードバックすることである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法であって、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するステップと、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMIと第2のPMIとを決定するステップであって、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される前記第1のPMIと前記第2のPMIとを基地局に送出するステップとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である、方法。

請求項2

前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を備え、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、であり、Aは、定数である、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記ランクが1であると決定された場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項2に記載の方法。

請求項6

前記ランクが2であると決定された場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項3に記載の方法。

請求項7

前記ランクが1であると決定された場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項1から6のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

前記ランクが2であると決定された場合、nの前記値の範囲は、前記セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}である、請求項1から6のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法であって、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するステップと、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応する第1のコードブックインデックスの値を決定するステップであって、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される、決定するステップと、前記ランクと前記第1のコードブックインデックスの前記値とに対応するジョイントコーディングされた値を決定するステップであって、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクは、第1の対応を有し、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定するステップと、前記ジョイントコーディングされた値を基地局に送出するステップとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である、方法。

請求項10

前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項9に記載の方法。

請求項11

前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項9に記載の方法。

請求項12

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項9から11のいずれか一項に記載の方法。

請求項13

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項9から11のいずれか一項に記載の方法。

請求項14

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法であって、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するステップと、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMIを決定するステップであって、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される前記第2のPMIを基地局に送出するステップとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、前記ランクが2であると決定された場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックスに対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックスに対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックスは、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックスは、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である、方法。

請求項15

前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項14に記載の方法。

請求項16

前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項14に記載の方法。

請求項17

前記ランクが2であると決定された場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項14から16のいずれか一項に記載の方法。

請求項18

前記ランクが3または4であると決定された場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、は、マトリックスの列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである、請求項14から16のいずれか一項に記載の方法。

請求項19

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法であって、ユーザ機器によって送出された、送信レイヤの数を示すために使用されるランク、第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、および第2のPMIを受信するステップと、前記第1のPMIと前記第2のPMIとにしたがって前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定するステップとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である、方法。

請求項20

前記受信されたランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項19に記載の方法。

請求項21

前記受信されたランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項19に記載の方法。

請求項22

前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を備え、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、であり、Aは、定数である、請求項19に記載の方法。

請求項23

前記受信されたランクが1である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項20に記載の方法。

請求項24

前記受信されたランクが2である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項21に記載の方法。

請求項25

前記受信されたランクが1である場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項19から24のいずれか一項に記載の方法。

請求項26

前記受信されたランクが2である場合、nの前記値の範囲は、前記セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}である、請求項19から24のいずれか一項に記載の方法。

請求項27

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法であって、ユーザ機器によって送出されたジョイントコーディングされた値を受信するステップと、前記ジョイントコーディングされた値に応じた第1のコードブックインデックスの値と送信レイヤの数を示すために使用されるランクと、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の対応と、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の対応とを決定するステップとを備え、前記第1のコードブックインデックスの前記値は、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応し、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である、方法。

請求項28

前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項27に記載の方法。

請求項29

前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項27に記載の方法。

請求項30

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数は、4であり、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項27から29のいずれか一項に記載の方法。

請求項31

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項27から29のいずれか一項に記載の方法。

請求項32

4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法であって、ユーザ機器によって送出された第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、第1のコードブックインデックス、および送信レイヤの数を示すために使用されるランクを受信するステップと、前記第2のPMIと前記第1のコードブックインデックスとにしたがって前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定するステップとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、前記受信されたランクが2である場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックスに対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックスに対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックスは、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックスは、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である、方法。

請求項33

前記受信されたランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項32に記載の方法。

請求項34

前記受信されたランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項32に記載の方法。

請求項35

前記受信されたランクが2である場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項32から34のいずれか一項に記載の方法。

請求項36

前記受信されたランクが3または4である場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、は、マトリックスの列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである、請求項32から34のいずれか一項に記載の方法。

請求項37

ユーザ機器であって、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するように構成され、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するようにさらに構成され、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMIと第2のPMIとを決定するようにさらに構成され、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定モジュールと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用され、前記決定モジュールによって決定された前記第1のPMIと前記第2のPMIとを基地局に送出するように構成された送出モジュールとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である、ユーザ機器。

請求項38

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項37に記載のユーザ機器。

請求項39

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項37に記載のユーザ機器。

請求項40

前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を備え、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、であり、Aは、定数である、請求項37に記載のユーザ機器。

請求項41

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項38に記載のユーザ機器。

請求項42

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項39に記載のユーザ機器。

請求項43

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項37から42のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項44

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、nの前記値の範囲は、前記セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}である、請求項37から42のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項45

ユーザ機器であって、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するように構成され、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応する第1のコードブックインデックスの値を決定するようにさらに構成され、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記ランクと前記第1のコードブックインデックスの前記値とに対応するジョイントコーディングされた値を決定するようにさらに構成され、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクは、第1の対応を有し、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定モジュールと、前記決定モジュールによって決定された前記ジョイントコーディングされた値を基地局に送出するように構成された送出モジュールとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である、ユーザ機器。

請求項46

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項45に記載のユーザ機器。

請求項47

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項45に記載のユーザ機器。

請求項48

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項45から47のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項49

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項45から47のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項50

ユーザ機器であって、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するように構成され、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するようにさらに構成され、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMIを決定するようにさらに構成され、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定モジュールと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用され、前記決定モジュールによって決定された前記第2のPMIを基地局に送出するように構成された送出モジュールとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックスに対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックスに対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックスは、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックスは、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である、ユーザ機器。

請求項51

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項50に記載のユーザ機器。

請求項52

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項50に記載のユーザ機器。

請求項53

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項50から52のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項54

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが3または4である場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、は、マトリックスの列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである、請求項50から52のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項55

基地局であって、ユーザ機器によって送出された、送信レイヤの数を示すために使用されるランク、第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、および第2のPMIを受信する受信モジュールと、前記受信モジュールによって受信された前記第1のPMIと前記第2のPMIとにしたがって、前記受信モジュールによって受信された前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定モジュールとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である、基地局。

請求項56

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項55に記載の基地局。

請求項57

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項55に記載の基地局。

請求項58

前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を備え、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、であり、Aは、定数である、請求項55に記載の基地局。

請求項59

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項56に記載の基地局。

請求項60

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項57に記載の基地局。

請求項61

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項55から60のいずれか一項に記載の基地局。

請求項62

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、nの前記値の範囲は、前記セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}である、請求項55から60のいずれか一項に記載の基地局。

請求項63

基地局であって、ユーザ機器によって送出されたジョイントコーディングされた値を受信する受信モジュールと、前記受信モジュールによって受信された前記ジョイントコーディングされた値に応じた第1のコードブックインデックスの値と送信レイヤの数を示すために使用されるランクと、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の対応と、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の対応とを決定する、決定モジュールとを備え、前記第1のコードブックインデックスの前記値は、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応し、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である、基地局。

請求項64

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項63に記載の基地局。

請求項65

前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項63に記載の基地局。

請求項66

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項63から65のいずれか一項に記載の基地局。

請求項67

前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す、請求項63から65のいずれか一項に記載の基地局。

請求項68

基地局であって、ユーザ機器によって送出された第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、第1のコードブックインデックス、および送信レイヤの数を示すために使用されるランクを受信する受信モジュールと、前記受信モジュールによって受信された前記第2のPMIと前記第1のコードブックインデックスとにしたがって、前記受信モジュールによって受信された前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定モジュールとを備え、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、およびn=0, 1, …, 15であり、前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、前記受信されたランクが2である場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックスに対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックスに対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックスは、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックスは、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である、基地局。

請求項69

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、を満たし、であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である、請求項68に記載の基地局。

請求項70

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、またはを満たし、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である、請求項68に記載の基地局。

請求項71

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す、請求項68から70のいずれか一項に記載の基地局。

請求項72

前記受信モジュールによって受信された前記ランクが3または4である場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、は、マトリックスの列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである、請求項68から70のいずれか一項に記載の基地局。

技術分野

0001

本発明は、通信分野に関し、特に、通信分野における4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法、ユーザ機器、および基地局に関する。

背景技術

0002

多入力多出力(Multiple Input Multiple Output、略して「MIMO」)無線ステムは、ビームフォーミング(BeamForming、略して「BF」)/プリコーディングを送信し、信号の組み合わせを受信することにより、ダイバーシティおよびアレイ利得を得ることができる。BFまたはプリコーディングを使用する典型的なシステムによって受信された信号ベクトルは、以下の式(1)、
y=HVs+n (1)
によって表され得、yは、受信された信号ベクトルを表し、Hは、チャネルマトリックスを表し、Vは、プリコーディングマトリックスを表し、sは、送信されたシンボルベクトルを表し、nは、測定された雑音を表す。

0003

最適なプリコーディングは一般的に、チャネル状態情報(Channel State Information、略して「CSI」)を完全に知っていることを送信機に要求する。一般的な方法は、ユーザ機器(User Equipment、略して「UE」)が瞬間CSIを量子化し、CSIを発展型ノードB(evolved NodeB、略して「eNB」)にフィードバックすることである。既存のロングタームエボリューション(Long Term Evolution、略して「LTE」)システムのリリース8(R8)では、UEによってフィードバックされるCSI情報は、ランクインジケータ(Rank Indicator、略して「RI」)、プリコーディングマトリックスインジケータ(Precoding Matrix Indicator、略して「PMI」)、およびチャネル品質インジケータ(Channel Quality Indicator、略して「CQI」)のような情報を含み得、RIおよびPMIはそれぞれ、使用されるレイヤの数およびプリコーディングマトリックスを示す。LTE R8のコードブックは、主にシングルユーザMIMO(Single User MIMO、略して「SU-MIMO」)のために設計されており、プリコーディングマトリックスまたはコードワードが、8相シフトキーイング(8 Phase Shift Keying、略して「8PSK」)の制約を満たす必要があり、これは、空間量子化の精度を制限する。これは、マルチユーザMIMO(Multiple User MIMO、略して「MU-MIMO」)のような、空間量子化の精度に敏感な送信手法のパフォーマンスに深刻な制限をもたらす。

0004

より高いシステム要件を満たすために、第3世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project、略して「3GPP」)LTEシステムは、MU-MIMOのパフォーマンスをさらに向上させる必要があり、さらに、協調マルチポイント(Coordinated Multi-Point、略して「CoMP」)送信技術がシステムにさらに導入される。現在、CoMP技術は、シングルセルフィードバックに基づいているので、上記2つの技術の両方は、フィードバックパフォーマンスについてのより高い要件を生じる。フィードバックチャネルの容量が制限されるので、コードブックセットのサイズもまた制限され、これは、コードブック設計についてのより高い要件を生じる。

0005

3GPPLTER8システムは、単一のコードブックを使用し、プリコーディングマトリックスは、RIおよびPMIによって示される。4アンテナシステムに関し、RI、PMI、およびコードブックにおけるコードワード間の対応が、以下の表1に示される。

0006

0007

ここで、



は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスであり、unは、上記表1において与えられる。

0008

R8システムのコードブックでは、そのランク(Rank)が1であるプリコーディングマトリックスに関し、そのインデックスが0から7であるプリコーディングマトリックスは、離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform、略して「DFT」)ベクトルであり、DFTベクトルは、ユニフォームリニアアレイ(Uniform Linear Array、略して「ULA」)アンテナに適用可能である。DFTベクトルは、T×1のプリコーディングマトリックスを表し、DFTベクトルvは一般的に、式(2)、



(2)において示された形態を有し、
Nおよびmは、整数であり、N=2xであり、xは、負でない整数であり、すなわち、Nは、xの累乗に累乗された2であり、DFTベクトルvのt番目の要素は、



(t=1, 2, …, T)である。

0009

3GPPLTEシステムのリリース10(R10)において、8アンテナシステムによって使用されるコードブックは、DFTベクトルvmの2つのグループによって形成され、DFTベクトルの2つのグループは、位相差φnを有し、DFTベクトルvmおよび位相差は、以下の式(3)、



(3)によって表される。

0010

以下は、8アンテナシステムのコードブック構造を提供する。コードブック構造は、偏波共用アンテナのために設計されている。表2は、ランクが1である(すなわち、送信レイヤの数が1レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示し、表3は、ランクが2である(すなわち、送信レイヤの数が2レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示し、表4は、ランクが3である(すなわち、送信レイヤの数が3レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示し、表5は、ランクが4である(すなわち、送信レイヤの数が4レイヤである)場合の8アンテナコードブックを示す。

0011

0012

0013

0014

0015

8アンテナプリコーディングマトリックスのインデックスは、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2によって表され得、そのランクが1である8アンテナコードブックに関し、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2の両方は、4ビットによって表される必要がある。フィードバックリソースオーバーヘッドを節約するために、PMIは、4ビットによって表され得る。これは、サブサンプリング(subsampling)がPMIまたは8アンテナコードブックについて行われることを要求し、8アンテナシステムの物理上りリンク制御チャネル(Physical Uplink Control Channel、略して「PUCCH」)モード1-1のサブモード2におけるサンプリングコードブックが、表6に示される。

0016

0017

エンハンスド4アンテナコードブックに関し、コードブック設計およびフィードバックの複雑性を増大させずにシステムパフォーマンスを改善するために、8アンテナシステムのコードブック構造設計ソリューションが使用され得、プリコーディングマトリックスのインデックスもまた、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2によって表され得る。フィードバックリソースのオーバーヘッドを節約するために、PMIもまた、4ビットによって表され得、これはまた、サブサンプリング(subsampling)がPMIまたは4アンテナコードブックについて行われることを要求する。

0018

しかしながら、3GPPLTEシステムによって使用される最新の4アンテナコードブックに関し、モードがPUCCHモード1-1のサブモード2である場合、ランクが1である場合にサブサンプリングが表6に示された8アンテナサブサンプリングテーブルにしたがってコードブックについて行われた後、プリコーディングマトリックスは、2つのDFTベクトルのみを有する。しかしながら、R8システムの4アンテナコードブックは、8つのDFTベクトルを有する。したがって、構成されたアンテナがユニフォームリニアアレイULAアンテナである場合、PUCCHモード1-1のサブモード2におけるエンハンスド4アンテナコードブックについて、ULAアンテナに適用可能なプリコーディングマトリックスは、R8システムのプリコーディングマトリックスよりも少ないので、パフォーマンスの劣化が深刻である。

0019

本発明の実施形態は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法、ユーザ機器、および基地局を提供し、これらは、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずにユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスを示すことができる。

課題を解決するための手段

0020

第1の態様は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を提供し、この方法は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するステップと、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMIと第2のPMIとを決定するステップであって、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される前記第1のPMIと前記第2のPMIとを基地局に送出するステップとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、









および

n=0, 1, …, 15であり、
であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0021

第1の態様に関し、第1の態様の第1の可能な実現手法において、前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0022

第1の態様に関し、第1の態様の第2の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0023

第1の態様に関し、第1の態様の第3の可能な実現手法において、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を含み、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、















であり、Aは、定数である。

0024

第1の態様の第1の可能な実現手法に関し、第1の態様の第4の可能な実現手法において、前記ランクが1であると決定された場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、

0025

0026

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0027

第1の態様の第2の可能な実現手法に関し、第1の態様の第5の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、

0028

0029

0030

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0031

第1の態様または第1の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第1の態様の第6の可能な実現手法において、前記ランクが1であると決定された場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、

0032

0033

0034

0035

0036

IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0037

第1の態様または第1の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第1の態様の第7の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、nの前記値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり得る。

0038

第2の態様は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を提供し、この方法は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するステップと、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応する第1のコードブックインデックスの値を決定するステップであって、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される、決定するステップと、前記ランクと前記第1のコードブックインデックスの前記値とに対応するジョイントコーディングされた値を決定するステップであって、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクは、第1の対応を有し、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定するステップと、前記ジョイントコーディングされた値を基地局に送出するステップとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である。

0039

第2の態様に関し、第2の態様の第1の可能な実現手法において、前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0040

第2の態様に関し、第2の態様の第2の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0041

第2の態様または第2の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第2の態様の第3の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、

0042

0043

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0044

第2の態様または第2の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第2の態様の第4の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、

0045

0046

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0047

第3の態様は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を提供し、この方法は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するステップと、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMIを決定するステップであって、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定するステップと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される前記第2のPMIを基地局に送出するステップとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、
前記ランクが2であると決定された場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックス



に対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックス



に対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である。

0048

第3の態様に関し、第3の態様の第1の可能な実現手法において、前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0049

第3の態様に関し、第3の態様の第2の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0050

第3の態様または第3の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第3の態様の第3の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、

0051

0052

0053

IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0054

第3の態様または第3の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第3の態様の第4の可能な実現手法において、前記ランクが3または4であると決定された場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、
表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、

0055

0056

は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである。

0057

第4の態様は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を提供し、この方法は、ユーザ機器によって送出された、送信レイヤの数を示すために使用されるランク、第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、および第2のPMIを受信するステップと、前記第1のPMIと前記第2のPMIとにしたがって前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定するステップとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0058

第4の態様に関し、第4の態様の第1の可能な実現手法において、前記受信されたランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0059

第4の態様に関し、第4の態様の第2の可能な実現手法において、前記受信されたランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0060

第4の態様に関し、第4の態様の第3の可能な実現手法において、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を含み、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、















であり、Aは、定数である。

0061

第4の態様の第1の可能な実現手法に関し、第4の態様の第4の可能な実現手法において、前記受信されたランクが1である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、

0062

0063

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0064

第4の態様の第2の可能な実現手法に関し、第4の態様の第5の可能な実現手法において、前記受信されたランクが2である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、

0065

0066

0067

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0068

第4の態様または第4の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第4の態様の第6の可能な実現手法において、前記受信されたランクが1である場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、

0069

0070

0071

0072

0073

IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0074

第4の態様または第4の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第4の態様の第7の可能な実現手法において、前記受信されたランクが2である場合、nの前記値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり得る。

0075

第5の態様は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を提供し、この方法は、ユーザ機器によって送出されたジョイントコーディングされた値を受信するステップと、前記ジョイントコーディングされた値に応じた第1のコードブックインデックスの値と送信レイヤの数を示すために使用されるランクと、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の対応と、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の対応とを決定するステップとを含み、前記第1のコードブックインデックスの前記値は、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応し、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である。

0076

第5の態様に関し、第5の態様の第1の可能な実現手法において、前記ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0077

第5の態様に関し、第5の態様の第2の可能な実現手法において、前記ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0078

第5の態様または第5の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第5の態様の第3の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、

0079

0080

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0081

第5の態様または第5の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第5の態様の第4の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、

0082

0083

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0084

第6の態様は、4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を提供し、この方法は、ユーザ機器によって送出された第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、第1のコードブックインデックス、および送信レイヤの数を示すために使用されるランクを受信するステップと、前記第2のPMIと前記第1のコードブックインデックスとにしたがって前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するステップであって、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定するステップとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、
前記受信されたランクが2である場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックス



に対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックス



に対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である。

0085

第6の態様に関し、第6の態様の第1の可能な実現手法において、前記受信されたランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0086

第6の態様に関し、第6の態様の第2の可能な実現手法において、前記受信されたランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0087

第6の態様または第6の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第6の態様の第3の可能な実現手法において、前記受信されたランクが2である場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、

0088

0089

0090

IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0091

第6の態様または第6の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第6の態様の第4の可能な実現手法において、前記受信されたランクが3または4である場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、
表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、

0092

0093

は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである。

0094

第7の態様は、ユーザ機器を提供し、このユーザ機器は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するように構成され、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するようにさらに構成され、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMIと第2のPMIとを決定するようにさらに構成され、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定モジュールと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用され、前記決定モジュールによって決定された前記第1のPMIと前記第2のPMIとを基地局に送出するように構成された送出モジュールとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0095

第7の態様に関し、第7の態様の第1の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0096

第7の態様に関し、第7の態様の第2の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0097

第7の態様に関し、第7の態様の第3の可能な実現手法において、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を含み、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、















であり、Aは、定数である。

0098

第7の態様の第1の可能な実現手法に関し、第7の態様の第4の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、

0099

0100

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0101

第7の態様の第2の可能な実現手法に関し、第7の態様の第5の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、

0102

0103

0104

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0105

第7の態様または第7の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第7の態様の第6の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、

0106

0107

0108

0109

0110

IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0111

第7の態様または第7の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第7の態様の第7の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、nの前記値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり得る。

0112

第8の態様は、ユーザ機器を提供し、このユーザ機器は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するように構成され、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応する第1のコードブックインデックスの値を決定するようにさらに構成され、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記ランクと前記第1のコードブックインデックスの前記値とに対応するジョイントコーディングされた値を決定するようにさらに構成され、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクは、第1の対応を有し、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定モジュールと、前記決定モジュールによって決定された前記ジョイントコーディングされた値を基地局に送出するように構成された送出モジュールとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である、ユーザ機器。

0113

第8の態様に関し、第8の態様の第1の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0114

第8の態様に関し、第8の態様の第2の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0115

第8の態様または第8の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第8の態様の第3の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、

0116

0117

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0118

第8の態様または第8の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第8の態様の第4の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、

0119

0120

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0121

第9の態様は、ユーザ機器を提供し、このユーザ機器は、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定するように構成され、前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するようにさらに構成され、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMIを決定するようにさらに構成され、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定モジュールと、前記第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用され、前記決定モジュールによって決定された前記第2のPMIを基地局に送出するように構成された送出モジュールとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、
前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックス



に対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックス



に対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である。

0122

第9の態様に関し、第9の態様の第1の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0123

第9の態様に関し、第9の態様の第2の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0124

第9の態様または第9の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第9の態様の第3の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、

0125

0126

0127

IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0128

第9の態様または第9の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第9の態様の第4の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが3または4である場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、
表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、

0129

0130

は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである。

0131

第10の態様は、基地局を提供し、この基地局は、ユーザ機器によって送出された、送信レイヤの数を示すために使用されるランク、第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、および第2のPMIを受信するように構成された受信モジュールと、前記受信モジュールによって受信された前記第1のPMIと前記第2のPMIとにしたがって、前記受信モジュールによって受信された前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するように構成され、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第1のPMIと前記第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する、決定モジュールとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0132

第10の態様に関し、第10の態様の第1の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0133

第10の態様に関し、第10の態様の第2の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0134

第10の態様に関し、第10の態様の第3の可能な実現手法において、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を含み、前記プリコーディングマトリックスU1およびU2は、前記第2のコードブックインデックスによって示され、















であり、Aは、定数である。

0135

第10の態様の第1の可能な実現手法に関し、第10の態様の第4の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、

0136

0137

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0138

第10の態様の第2の可能な実現手法に関し、第10の態様の第5の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、

0139

0140

0141

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0142

第10の態様または第10の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第10の態様の第6の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、前記第1のPMI、前記第2のPMI、前記第1のPMIに対応する前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のPMIに対応する前記第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、

0143

0144

0145

0146

0147

IPMI1は、前記第1のPMIを表し、IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0148

第10の態様または第10の態様の第1から第5の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第10の態様の第7の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、nの前記値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり得る。

0149

第11の態様は、基地局を提供し、この基地局は、ユーザ機器によって送出されたジョイントコーディングされた値を受信するように構成された受信モジュールと、前記受信モジュールによって受信された前記ジョイントコーディングされた値に応じた第1のコードブックインデックスの値と送信レイヤの数を示すために使用されるランクと、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の対応と、前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の対応とを決定するように構成された、決定モジュールとを含み、前記第1のコードブックインデックスの前記値は、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応し、前記コードブックセットは、前記ランクに対応し、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である。

0150

第11の態様に関し、第11の態様の第1の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0151

第11の態様に関し、第11の態様の第2の可能な実現手法において、前記決定モジュールによって決定された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0152

第11の態様または第11の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第11の態様の第3の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Dにしたがって決定され、

0153

0154

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0155

第11の態様または第11の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第11の態様の第4の可能な実現手法において、前記ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、前記ジョイントコーディングされた値と前記ランクとの間の前記対応および前記ジョイントコーディングされた値と前記第1のコードブックインデックスとの間の前記対応は、以下の表Eにしたがって決定され、

0156

0157

IRI/PMI1は、前記ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、前記ランクを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表す。

0158

第12の態様は、基地局を提供し、この基地局は、ユーザ機器によって送出された第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、第1のコードブックインデックス、および送信レイヤの数を示すために使用されるランクを受信するように構成された受信モジュールと、前記受信モジュールによって受信された前記第2のPMIと前記第1のコードブックインデックスとにしたがって、前記受信モジュールによって受信された前記ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定するように構成され、前記コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、前記第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、前記第2のPMIと前記第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、前記第2のPMIの値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスの値の範囲は、前記第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである、決定モジュールとを含み、前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
前記第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、
前記受信されたランクが2である場合、前記第1のコードブックインデックスと前記第2のPMIの前記値の範囲に対応する前記第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックス



に対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックス



に対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、前記第1のコードブックインデックス



は、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である。

0159

第12の態様に関し、第12の態様の第1の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0160

第12の態様に関し、第12の態様の第2の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0161

第12の態様または第12の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第12の態様の第3の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが2である場合、前記第2のPMI、前記第1のコードブックインデックス、および前記第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、

0162

0163

0164

IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0165

第12の態様または第12の態様の第1から第2の可能な実現手法のいずれかの可能な実現手法に関し、第12の態様の第4の可能な実現手法において、前記受信モジュールによって受信された前記ランクが3または4である場合、前記ランクに対応する前記コードブックセットに含まれる前記プリコーディングマトリックスは、
表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、

0166

0167

は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである。

0168

上記技術的ソリューションに基づいて、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法、ユーザ機器、および基地局により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないことが保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0169

本発明の実施形態における技術的ソリューションをより明確に説明するために、以下は、本発明の実施形態を説明するために必要とされる添付図面を簡潔紹介する。明らかに、以下の説明における添付図面は単に本発明のいくつかの実施形態を示したものにすぎず、当業者は、これらの添付図面から創造的な努力なしに他の図面をさらに導き出すことができる。

図面の簡単な説明

0170

本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法の概略的なフローチャートである。
本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法の別の概略的なフローチャートである。
本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法のさらなる別の概略的なフローチャートである。
本発明の別の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法の概略的なフローチャートである。
本発明の別の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法の別の概略的なフローチャートである。
本発明の別の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法のさらなる別の概略的なフローチャートである。
本発明の実施形態に係るユーザ機器の概略的なブロック図である。
本発明の実施形態に係るユーザ機器の別の概略的なブロック図である。
本発明の実施形態に係るユーザ機器のさらなる別の概略的なブロック図である。
本発明の実施形態に係る基地局の概略的なブロック図である。
本発明の実施形態に係る基地局の別の概略的なブロック図である。
本発明の実施形態に係る基地局のさらなる別の概略的なブロック図である。
本発明の別の実施形態に係るユーザ機器の概略的なブロック図である。
本発明の別の実施形態に係るユーザ機器の別の概略的なブロック図である。
本発明の別の実施形態に係るユーザ機器のさらなる別の概略的なブロック図である。
本発明の別の実施形態に係る基地局の概略的なブロック図である。
本発明の別の実施形態に係る基地局の別の概略的なブロック図である。
本発明の別の実施形態に係る基地局のさらなる別の概略的なブロック図である。

実施例

0171

以下は、本発明の実施形態における添付図面を参照して本発明の実施形態における技術的ソリューションを明確かつ完全に説明する。明らかに、説明される実施形態は、本発明の実施形態の全部というよりもむしろ一部である。本発明の実施形態に基づいて創造的な努力なしに当業者によって得られるすべての他の実施形態が、本発明の保護範囲内に入るものとする。

0172

本発明の実施形態の技術的ソリューションが、モバイル通信の全世界システム(Global System of Mobile communication、略して「GSM登録商標)」)システム、符号分割多元接続(Code Division Multiple Access、略して「CDMA」)システム、ワイドバンド符号分割多元接続(Wideband Code Division Multiple Access、略して「WCDMA(登録商標)」)システム、汎用パケット無線サービス(General Packet Radio Service、略して「GPRS」)、ロングタームエボリューション(Long Term Evolution、略して「LTE」)システム、LTE周波数分割複信(Frequency Division Duplex、略して「FDD」)システム、LTE時分割複信(Time Division Duplex、略して「TDD」)、ユニバーサルモバイル電気通信システム(Universal Mobile Telecommunication System、略して「UMTS」)、ワールドワイドインターオペラビリティフォーマクロウェーブアクセス(Worldwide Interoperability for Microwave Access、略して「WiMAX」)通信システム、等といった、さまざまな通信システムに適用され得ることが理解されるべきである。

0173

本発明の実施形態において、ユーザ機器(User Equipment、略して「UE」)は、端末(Terminal)、モバイル局(Mobile Station、略して「MS」)、モバイル端末(Mobile Terminal)、等のことを言い得る、ということもまた理解されるべきである。ユーザ機器は、無線アクセスネットワーク(Radio Access Network、略して「RAN」)によって1つ以上のコアネットワークと通信し得る。たとえば、ユーザ機器は、モバイルフォン(「セルラーフォンとも呼ばれる)、またはモバイル端末を有するコンピュータであり得る。たとえば、ユーザ機器はまた、無線アクセスネットワークと音声および/またはデータを交換する、ポータブルな、ポケットサイズの、ハンドヘルドの、コンピュータに組み込まれた、または車載の、モバイル装置であり得る。

0174

本発明の実施形態において、基地局は、GSMもしくはCDMAにおける基地局(Base Transceiver Station、略して「BTS」)であり得るか、またはWCDMAにおけるノードB(NodeB、略して「NB」)であり得るか、またはLTEにおける発展型ノードB(Evolutional Node B、略して「eNB」もしくは「e-NodeB」)であり得るが、これは、本発明において限定されない。しかしながら、説明の容易化のために、以下の実施形態は、eNBを例として使用することにより説明される。

0175

図1は、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法10の概略的なフローチャートを示す。方法10は、たとえば、ユーザ機器によって行われ得る。図1に示されているように、方法10は以下を含む。

0176

S11.送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定する。

0177

S12.ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される。

0178

S13.第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMIと第2のPMIとを決定し、第1のPMIと第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、第2のPMIと第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する。

0179

S14.第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIと第2のPMIとを基地局に送出する。

0180

コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0181

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0182

特に、S11において、ユーザ機器は、たとえば、チャネル状態情報(Channel State Information、略して「CSI」)に基づいて、送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定し得る。UEが当業者に周知の方法を使用することによりランクを決定し得ることが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにここではこれ以上説明されない。

0183

S12において、ユーザ機器UEは、ランクに対応するコードブックセットにおいて、たとえば、CSIに基づいて、UEがeNBが下りリンクデータを送出する際にeNBに使用して欲しいと思う第1のプリコーディングマトリックスを決定し得る。ランクに対応するコードブックセットに含まれるすべてのプリコーディングマトリックスは、たとえば、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2によって表され得る。

0184

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のコードブックインデックスi1の値の範囲は、0≦i1≦15であり、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、0≦i2≦L2-1であり、L2は、正の整数である。たとえば、L2の値の範囲は、1≦L2≦15であり、すなわち、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、たとえば、0≦i2≦15である。

0185

S13において、UEは、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIおよび第2のPMIを決定し得る。すなわち、本発明のこの実施形態において、ランクに対応するコードブックセットに含まれるすべてのプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスi1および第2のコードブックインデックスi2によってだけでなく、第1のPMIIPMI1および第2のPMI IPMI2によっても表され得る。

0186

本発明のこの実施形態において、第1のPMIIPMI1および第1のコードブックインデックスi1は、第1の対応を有し得、第1の対応は、機能関係またはマッピング関係であり得、たとえば、



である。第2のPMI IPMI2および第2のコードブックインデックスi2は、第2の対応を有し得、第2の対応は、機能関係またはマッピング関係であり得、たとえば、第2のPMI IPMI2は、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲における値の通し番号を示すために使用される。

0187

本発明のこの実施形態において、第1のPMIIPMI1および第2のPMI IPMI2によって表されるプリコーディングマトリックスによって形成されるセットは、コードブックセットの適切なサブセットであり、すなわち、本発明のこの実施形態において、送信される4アンテナプリコーディングマトリックスは、サブサンプリング(subsampling)が行われた4アンテナプリコーディングマトリックスである、ということが理解されるべきである。

0188

S14において、ユーザ機器は、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIおよび第2のPMIを、チャネル、たとえば、PUCCHチャネル物理上りリンク共有チャネル(Physical Uplink Shared Channel、略して「PUSCH」)、または別のチャネルで基地局に送出する。

0189

オプションで、本発明のこの実施形態において、ユーザ機器は、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIおよび第2のPMIを1つの上りリンクチャネルで基地局に送出する。上りリンクチャネルは、PUCCHまたはPUSCHのようなチャネルであり得る。たとえば、ユーザ機器は、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIおよび第2のPMIを1つのPUCCHで送信するか、またはユーザ機器は、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIおよび第2のPMIを1つのPUSCHで送信する。ユーザ機器はまた、第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第1のPMIおよび第2のPMIを基地局に別個送出し得るが、本発明のこの実施形態はこれに限定されない、ということが理解されるべきである。

0190

本発明のこの実施形態において、ランクに対応するコードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式(4)、
W=W1×W2 (4)
を満たし、






およびn=0, 1, …, 15である。

0191

本発明のこの実施形態において、1つの第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0192

オプションで、本発明のこの実施形態において、第1のコードブックインデックスとnは、同一の値を有する。たとえば、第1のコードブックインデックスの値が1である場合、nの値もまた1であり、すなわち、i1=1である場合、n=1である。本発明のこの実施形態は、単に例として第1のコードブックインデックスとnが同一の値を有するケースを使用することにより説明されるが、本発明は、nの値が第1のコードブックインデックスの値にしたがって一意に決定される限りこれに限定されない、ということが理解されるべきである。

0193

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが2であると決定された場合、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}である。

0194

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式(5)、



(5)を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0195

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、

0196

0197

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0198

本発明のこの実施形態において、オプションで、UEによって決定されたランクが2である場合、W2は、以下の式(6)、



(6)を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0199

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式(7)、



(7)を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0200

すなわち、本発明のこの実施形態において、ユーザ機器が、送信レイヤの数を示すために使用されるランクが2であると決定する場合、W2は式(6)を満たすか、または、W2は式(7)を満たす。

0201

本発明のこの実施形態において、オプションで、UEによって決定されたランクが2である場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、

0202

0203

0204

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0205

本発明のこの実施形態において、表A、表B1、および表B21は、本発明によって特許請求されるプリコーディングマトリックスWの1つの提示手法を提供するだけである、ということが理解されるべきであり、i1は、プリコーディングマトリックスW=W1×W2におけるW1に対応し得、i2は、W2に対応し得る。本発明のこの実施形態は、単に例として第1のコードブックインデックス、第2のコードブックインデックス、および表A、表B1、および表B2におけるその値を使用することにより説明されるが、本発明はこれに限定されない。表A、表B1、および表B2において決定されるプリコーディングマトリックスWは、別のインデックスまたは別のインデックス値を使用することによりさらに表され得る。

0206

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を含み、プリコーディングマトリックスU1およびU2は、第2のコードブックインデックスによって示され、















であり、Aは、定数である。

0207

本発明のこの実施形態において、「mod」は、モジュロ演算を表す、ということが理解されるべきである。

0208

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0209

本発明のこの実施形態において、3GPPにおいて提案され、そのランクが1である4アンテナプリコーディングマトリックスを分析することにより、図7に示されているように、全部で16個のDFTベクトルが、そのランクが1であるすべての4アンテナプリコーディングマトリックス/ベクトルに含まれることがわかる。

0210

0211

表7によると、第1のコードブックインデックスの値i1またはnが与えられる場合、すなわち、W1が与えられる場合、DFTベクトルが、4つのビーム方向または4つのベクトルの1つのみで形成され得る。さらに、i1=0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7である、i1およびi1+8について、W1におけるXnは、同一の4つのビーム方向を含み、それらの間の差は、α(i)の値が同一のビーム方向について異なる、という点にある。

0212

たとえば、i1=0に関し、



であり、i1=8に関し、



である。すなわち、i1=0である場合、X0の第1のベクトルは、



であり、i1=8である場合、X8の第1のベクトルは、



である。したがって、列シフトが、X0およびX8の2つについて行われるが、X0およびX8に含まれるベクトルは同一である。

0213

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は、関連づけ関係を有する。オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が関連づけ関係を有することは、第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値および/または値の範囲にしたがって一意に決定されることを含む。

0214

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が関連づけ関係を有することは、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第1の値のセットを含み、第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第2の値のセットを含み、少なくとも2つの第1の値のセットと少なくとも2つの第2の値のセットが1対1の対応を有することを含む。

0215

第1の値のセットの数は、第2の値のセットの数と同等である、ということが理解されるべきである。第1の値のセットにおける要素が互いに異なり、第2の値のセットにおける要素もまた互いに異なる、ということがさらに理解されるべきである。

0216

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が関連づけ関係を有することは、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第1の値のセットを含み、第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第2の値のセットを含み、少なくとも2つの第1の値のセットと少なくとも2つの第2の値のセットが1対1の対応を有することを含む。

0217

第1の値のセットの数は、第2の値のセットの数と同等である、ということが理解されるべきである。第1の値のセットにおける要素が互いに異なり、第2の値のセットにおける要素もまた互いに異なる、ということがさらに理解されるべきである。

0218

オプションで、少なくとも2つの第1の値のセットの各々の第1の値のセットは、少なくとも2つの値を含み、少なくとも2つの第2の値のセットの各々の第2の値のセットは、少なくとも2つの値を含む。

0219

本発明のこの実施形態において、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は関連づけ関係を有するので、本発明のこの実施形態に係るプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0220

以下の説明は、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの間の相互関係を例として使用する。

0221

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスは、表C1にしたがって決定され、

0222

0223

IPMI1は、第1のPMIを表し、IPMI2は、第2のPMIを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0224

表7に関し、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスが、表C1に示された相互関係を有する場合、サブサンプリングが行われた16個のプリコーディングマトリックスを含むコードブックが、全部で8つのDFTベクトルを有し、このケースでは、表C1に示されているように、第2のコードブックインデックスi2の対応する値は、0、1、6、7、8、9、14、および15である、ということが分かり得る。

0225

したがって、プリコーディングマトリックスがPUCCHモード1-1のサブモード2を使用することによって送信される場合、本発明のこの実施形態に係る4アンテナコードブックは、3GPPLTER8のコードブックと同程度に良好であり、さらに、本発明のこの実施形態に係る4アンテナコードブックに含まれる各々のプリコーディングマトリックスは、偏波共用アンテナに適用可能である。表C1において、全部で4ビットが、第1のプリコーディングマトリックスを送信するために使用され得、3ビットが第1のPMI、



を表し、1ビットが第2のPMIを表すために使用され、i2および第2のPMIIPMI2は、たとえば、以下の式(8)、



(8)を満たし、
「mod」はモジュロを表し、



は、切り捨てを表す。

0226

表C1に関し、IPMI1の値の範囲またはi1が0である場合、i2の対応する値の範囲は、(0, 2)であり、IPMI1の値の範囲が1である場合、i2の対応する値の範囲は、(4, 6)であり、IPMI1の値の範囲が2である場合、i2の対応する値の範囲は、(8, 10)であり、IPMI1の値の範囲が3である場合、i2の対応する値の範囲は、(12, 14)であり、IPMI1の値の範囲が4である場合、i2の対応する値の範囲は、(1, 3)であり、IPMI1の値の範囲が5である場合、i2の対応する値の範囲は、(5, 7)であり、IPMI1の値の範囲が6である場合、i2の対応する値の範囲は、(9, 11)であり、IPMI1の値の範囲が7である場合、i2の対応する値の範囲は、(13, 15)である。すなわち、IPMI2に対応するi2の値または値の範囲は、IPMI1に対応するi1の値または値の範囲に関連づけられる。

0227

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずにコードブックサブサンプリング中に示されることができ、サブサンプリング後のコードブックセットにおける各々のプリコーディングマトリックスが、偏波共用アンテナに適用可能であり、これは、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないことを保証し得、システムパフォーマンスを改善し得、ユーザ経験を向上させ得る。

0228

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスは、表C2にしたがって決定され、

0229

0230

IPMI1は、第1のPMIを表し、IPMI2は、第2のPMIを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0231

表C2において、第2のコードブックインデックスi2および第2のPMIIPMI2は、たとえば、以下の式(9)、



(9)を満たし、
「mod」は、モジュロを表し、



は、切り捨てを表す、ということが理解されるべきである。

0232

同様に、表C2には、全部で8つのDFTベクトルが存在し、このケースにおいて、第2のコードブックインデックスi2の対応する値は、2、3、4、5、10、11、12、および13である。

0233

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスは、表C3にしたがって決定され、

0234

0235

IPMI1は、第1のPMIを表し、IPMI2は、第2のPMIを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0236

表7に関し、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスが、表C3に示された相互関係を有する場合、サブサンプリングが行われた16個のプリコーディングマトリックスを含むコードブックが、全部で8つのDFTベクトルを有し、このケースでは、表C3に示されているように、第2のコードブックインデックスi2の対応する値は、0、1、2、3、8、9、10、および11である、ということが分かり得る。

0237

したがって、プリコーディングマトリックスがPUCCHモード1-1のサブモード2を使用することによって送信される場合、本発明のこの実施形態に係る4アンテナコードブックは、3GPPLTER8のコードブックと同程度に良好であり、さらに、本発明のこの実施形態に係る4アンテナコードブックに含まれる各々のプリコーディングマトリックスは、偏波共用アンテナに適用可能である。表C3において、全部で4ビットが、第1のプリコーディングマトリックスを送信するために使用され得、3ビットが第1のPMI、



を表し、1ビットが第2のPMIを表すために使用され、i2および第2のPMIIPMI2は、たとえば、以下の式(10)、



(10)を満たし、
「mod」はモジュロを表し、



は、切り捨てを表す。

0238

表C3に関し、IPMI1の値の範囲が(0, 4)である場合、i1の対応する値の範囲は、(0, 8)であり、i2の対応する値の範囲は、(0, 2)であり、IPMI1の値の範囲が(1, 5)である場合、i1の対応する値の範囲は、(2, 10)であり、i2の対応する値の範囲は、(8, 10)であり、IPMI1の値の範囲が(2, 6)である場合、i1の対応する値の範囲は、(4, 12)であり、i2の対応する値の範囲は、(1, 3)であり、IPMI1の値の範囲が(3, 7)である場合、i1の対応する値の範囲は、(6, 14)であり、i2の対応する値の範囲は、(9, 11)である。すなわち、IPMI2に対応するi2の値または値の範囲は、IPMI1に対応するi1の値または値の範囲に関連づけられる。

0239

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスは、表C4にしたがって決定され、

0240

0241

IPMI1は、第1のPMIを表し、IPMI2は、第2のPMIを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0242

同様に、表C4には、全部で8つのDFTベクトルが存在し、このケースにおいて、第2のコードブックインデックスi2の対応する値は、4、5、6、7、12、13、14、および15である。

0243

第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスが、表C1、C2、C3、またはC4に示された相互関係を有する場合、第1のコードブックインデックスi1と第2のコードブックインデックスi2とにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され得る、ということが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにここでこれ以上説明されない。

0244

基地局(eNB)はまず、UEのためにチャネル状態情報参照信号(Channel State Information Reference Signal、略して「CSI-RS」)を構成し得る、ということが理解されるべきである。特に、基地局のNt個のアンテナまたはNt個のアンテナポートに関し、基地局は、UEのためにNt個のCSI-RSのアンテナポートのリソースを構成し、ここで、Ntは自然数であり、たとえば、Ntは4と同等である。このケースにおいて、UEは、対応するCSI-RSリソースのチャネル品質を測定し得、基地局が下りリンクデータを送出する際にUEがeNBに使用して欲しいと思うRI、PMI、CQI、等を決定し得る。RI、PMI、およびCQIといったチャネル状態情報(Channel State Information、略して「CSI」)を決定した後、UEは、UEのためにeNBによって構成されたフィードバックリソースで基地局にCSIをフィードバックし得る。たとえば、UEのためにeNBによって構成されたフィードバックモードは、PUCCHモード1-1のサブモード2であり、これに応じて、UEは、RIをフィードバックするためのサブフレームでRIをフィードバックし、IPMI1、IPMI2、およびCQIを、第1のPMI IPMI1、第2のPMI IPMI2、およびCQIをフィードバックするためのサブフレームで別個にフィードバックし、これは、簡潔さのためにここでこれ以上説明されない。

0245

本発明のこの実施形態において、プリコーディングマトリックスセットは、コードブックと呼ばれ得、プリコーディングマトリックスセットにおける各々のプリコーディングマトリックスは、コードワードと呼ばれ得るが、本発明はこれに限定されない、ということがさらに理解されるべきである。

0246

上記プロセスの通し番号は、本発明のさまざまな実施形態における実行順序を意味するものではない、ということがさらに理解されるべきである。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部回路にしたがって決定されるべきであり、本発明の実施形態の実現プロセスについてのいずれの限定としても解釈されるべきではない。

0247

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法において、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲と第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は、関連づけ関係を有するので、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずにコードブックサブサンプリング中に示されることができ、サブサンプリング後のコードブックセットにおける各々のプリコーディングマトリックスが、偏波共用アンテナに適用可能であり、これは、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないことを保証し得、システムパフォーマンスを改善し得、ユーザ経験を向上させ得る。

0248

図2は、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法20の別の概略的なフローチャートを示す。方法20は、たとえば、ユーザ機器によって行われ得る。図2に示されているように、方法20は以下を含む。

0249

S21.送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定する。

0250

S22:コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスに対応する第1のコードブックインデックスの値を決定し、コードブックセットは、ランクに対応し、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される。

0251

S23:ランクと第1のコードブックインデックスの値とに対応するジョイントコーディングされた値を決定し、ジョイントコーディングされた値とランクは、第1の対応を有し、ジョイントコーディングされた値と第1のコードブックインデックスは、第2の対応を有する。

0252

S24:ジョイントコーディングされた値を基地局に送出する。

0253

コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である。

0254

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0255

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のコードブックインデックスi1の値の範囲は、0≦i1≦15であり、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、0≦i2≦L2-1であり、L2は、正の整数である。たとえば、L2の値の範囲は、1≦L2≦15であり、すなわち、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、たとえば、0≦i2≦15である。

0256

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式(5)、



(5)を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0257

本発明のこの実施形態において、オプションで、UEによって決定されたランクが2である場合、W2は、以下の式(6)、



(6)を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0258

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式(7)、



(7)を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0259

すなわち、本発明のこの実施形態において、ユーザ機器が、送信レイヤの数を示すために使用されるランクが2であると決定する場合、W2は式(6)を満たすか、または、W2は式(7)を満たす。

0260

本発明のこの実施形態において、4アンテナコードブックがPUCCHモード1-1のサブモード1で送信される場合、ランクRIとi1とをジョイントコーディングするために使用されるソリューションが設計される必要がある。ランクが2である場合、表B1(式(6)に対応)または表B2(式(7)に対応)にしたがって決定された4アンテナコードブックは、多くの繰り返されたプリコーディングマトリックスを含む。

0261

特に、式(6)によって表されたソリューション(以下、略してソリューション1と呼ぶ)および式(7)によって表されたソリューション(以下、略してソリューション2と呼ぶ)について、W1は、以下の式、



を満たし、



および



(n=0, 1, …, 15)である。

0262

したがって、XnおよびXn+8(このケースでは、n=0から7)に含まれる4つのビーム方向または列ベクトルは、同一である。たとえば、



および



である場合、X0およびX8に含まれるビーム方向または列ベクトルが同一であること、および列ベクトルの順序のみが異なることが明らかである。結果として、ランクが2である場合、いくつかのコードワードが、W=W1・W2に基づいて生成されたコードブックにおいて繰り返される。いくつかのコードワードが繰り返される問題は、ソリューション1とソリューション2の両方に存在する。

0263

例として、ソリューション1およびソリューション2の両方について、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、eiおよびekは、4×1の次元を有する1つの列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は1であり、すべての他の要素は0である。

0264

n=0および



である場合、



であり、n=8および



である場合、



である。

0265

nが0と同等である場合とnが8と同等である場合に表される2つのコードワードは同一である、ということが明らかである。大量の繰り返されるコードワードがコードブックの効率を減じ得るので、システムパフォーマンスは劣化する。したがって、サブサンプリングがコードブックについて行われる場合、サブサンプリングが行われた後のコードブックが繰り返されたコードワードまたは繰り返されたプリコーディングマトリックスを含まないことが要求される。上記分析はこの実施形態に限定されないことが理解されるべきである。

0266

R12において、そのランクが3または4である4アンテナコードブックは、R8におけるコードブックである。したがって、そのランクが3または4であるコードブックに関し、i1に対応するW1は、識別マトリックスであり、ビットによって表される必要がない。プリコーディングマトリックスのランクおよびPMIがPUCCHモード1-1のサブモード1で送信される場合、ランクとi1がジョイントコーディングされ、サブサンプリングがi1について行われるが、このケースにおいてサブサンプリングはi2について行われない。

0267

そのランクが2であるコードブックに関し、i1がサブサンプリング後に3ビットによって表される場合、サブサンプリングが行われたi1に対応するXnにおけるnの値の範囲が0から7または8から15であることが要求され、nの値の範囲が0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14または1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15であることは要求されない。これは、繰り返されたマトリックスの発生を防止し得る。さらに、そのランクが1であるコードブックに関し、Xnにおけるnの値の範囲は、ランクが2である状況における値の範囲と同一であるように、0から7または8から15であり、すべての方向を含み得る。

0268

そのランクが1または2であるコードブックに関し、i1についてサブサンプリングが行われた後にi1の4つの状態が2ビットによって表される場合、全部で3ビットのPUCCHリソースがプリコーディングマトリックスを表すために必要とされる。このケースにおいて、サブサンプリングが行われた後のi1に対応するXnにおけるnが(0, 2, 4, 6)、(1, 3, 5, 7)、(8, 10, 12, 14)、または(9, 11, 13, 15)であることが要求される。このケースにおいて、Xnにおけるすべてのベクトルについて、空間およびビーム方向は均等に分割され得る。

0269

加えて、そのランクが1または2であるコードブックに関し、i1についてサブサンプリングが行われた後の状態の数がxの累乗に累乗された2でない場合(xは整数である)、i1に対応するnおよびn+8が同時に存在することが可能な限り防止されるべきである。たとえば、i1についてサブサンプリングが行われた後の状態の数Zが8>Z>4を満たし、Yが整数である場合、nの値の範囲は、(0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14)におけるZ個の値または(1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15)におけるZ個の値である。

0270

Xnにおける1つのベクトル



は1つの方向を表し、これは、



によって表され得、xは、整数であり、xの値の範囲は、0から31である。



であるので、



である。たとえば、nの値の範囲が(0, 2, 4, 6)である場合、Xnにおけるすべての方向(ベクトル)は、



によって表され、これは、16個の方向、0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20, 22, 24, 26, 28であり得るので、空間が均等に分割され得る。

0271

特に、本発明のこの実施形態において、オプションで、ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、ジョイントコーディングされた値とランクとの間の対応およびジョイントコーディングされた値と第1のコードブックインデックスとの間の対応は、以下の表Dにしたがって決定され、

0272

0273

IRI/PMI1は、ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、ランクを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表す。

0274

オプションで、本発明のこの実施形態において、ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、ジョイントコーディングされた値とランクとの間の対応およびジョイントコーディングされた値と第1のコードブックインデックスとの間の対応は、以下の表Eにしたがって決定され、

0275

0276

IRI/PMI1は、ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、ランクを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表す。

0277

本発明のこの実施形態において、ランクが1であると決定された場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定される、ということが理解されるべきであり、

0278

0279

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0280

本発明のこの実施形態において、UEによって決定されたランクが2である場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定される、ということがさらに理解されるべきであり、

0281

0282

0283

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0284

本発明のこの実施形態において、ジョイントコーディングされた値は、ランクと第1のPMIとのジョイントコーディングを行うことにより生成された値を表す、ということが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにこれ以上ここで説明されない。

0285

上記プロセスの通し番号は、本発明のさまざまな実施形態における実行順序を意味するものではない、ということがさらに理解されるべきである。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部回路にしたがって決定されるべきであり、本発明の実施形態の実現プロセスについてのいずれの限定としても解釈されるべきではない。

0286

したがって、プリコーディングマトリックスがPUCCHモード1-1のサブモード1で送信される場合、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0287

図3は、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法30のさらなる別の概略的なフローチャートを示す。方法30は、たとえば、ユーザ機器によって行われ得る。図3に示されているように、方法30は以下を含む。

0288

S31.送信レイヤの数を示すために使用されるランクを決定する。

0289

S32.ランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表される。

0290

S33:第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMIを決定し、第2のPMIと第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、第2のPMIの値の範囲に対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は、第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである。

0291

S34:第1のプリコーディングマトリックスを示すために使用される第2のPMIを基地局に送出する。

0292

コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、
ランクが2であると決定された場合、第1のコードブックインデックスと第2のPMIの値の範囲に対応する第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックス



に対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックス



に対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、第1のコードブックインデックス



は、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、第1のコードブックインデックス



は、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である。

0293

プリコーディングマトリックスがPUCCHモード2-1で送信されるケースにおいて、ランクが1である場合、サブサンプリングはコードブックについて行われず、ランクが2である場合、サブサンプリングは第1のコードブックインデックスについて行われないが、サブサンプリングは第2のコードブックインデックスについて行われ、第2のコードブックインデックスは、サブサンプリング後、元の4ビットによってではなく、2ビットによって表される。

0294

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0295

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のコードブックインデックスi1の値の範囲は、0≦i1≦15であり、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、0≦i2≦L2-1であり、L2は、正の整数である。たとえば、L2の値の範囲は、1≦L2≦15であり、すなわち、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、たとえば、0≦i2≦15である。

0296

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式(5)、



(5)を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0297

本発明のこの実施形態において、オプションで、UEによって決定されたランクが2である場合、W2は、以下の式(6)、



(6)を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0298

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式(7)、



(7)を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0299

すなわち、本発明のこの実施形態において、ユーザ機器が、送信レイヤの数を示すために使用されるランクが2であると決定する場合、W2は式(6)を満たすか、または、W2は式(7)を満たす。

0300

本発明のこの実施形態において、コードワードが重複する問題を防止するために、オプションで、ランクが2であると決定された場合、第2のPMI、第1のコードブックインデックス、および第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、

0301

0302

0303

IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0304

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得、サブサンプリング後にコードワードが重複する問題が防止され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0305

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが3または4であると決定された場合、ランクに対応するコードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、
表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、

0306

0307

は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである。

0308

特に、ランクが3または4であると決定され、ランクに対応するコードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスが、表Gにおけるコードブックインデックス0から3または4から7を有する4つのプリコーディングマトリックスである場合に、ランクの後退が行われてランクがランク1に後退する場合、4つの均一なDFTベクトルが得られ得る。これらのDFTベクトルは、ULAアンテナに適用可能であり、4つのDFTベクトルはまた、偏波共用アンテナに適用可能である。

0309

ランクが3または4であると決定され、ランクに対応するコードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスが、表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスである場合、4つのプリコーディングマトリックスは、開ループプリコーディングマトリックスであり、4つのプリコーディングマトリックスは、大きな弦距離を有する。

0310

本発明のこの実施形態において、ランクが1であると決定された場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定される、ということが理解されるべきであり、

0311

0312

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0313

本発明のこの実施形態において、UEによって決定されたランクが2である場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定される、ということがさらに理解されるべきであり、

0314

0315

0316

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0317

上記プロセスの通し番号は、本発明のさまざまな実施形態における実行順序を意味するものではない、ということがさらに理解されるべきである。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部回路にしたがって決定されるべきであり、本発明の実施形態の実現プロセスについてのいずれの限定としても解釈されるべきではない。

0318

したがって、プリコーディングマトリックスがPUCCHモード2-1で送信される場合、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0319

本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、図1から図3を参照し、ユーザ機器に基づいて上に詳細に説明されている。以下は、図4から図6を参照し、基地局に基づいて、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法を説明する。

0320

図4に示されているように、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法60は、基地局によって行われ得る。方法60は以下を含む。

0321

S61:ユーザ機器によって送出された、送信レイヤの数を示すために使用されるランク、第1のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、および第2のPMIを受信する。

0322

S62:第1のPMIと第2のPMIとにしたがってランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、第1のPMIと第1のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、第2のPMIと第2のコードブックインデックスは、第2の対応を有する。

0323

コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14}、または{1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15}である。

0324

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0325

本発明のこの実施形態において、基地局は、UEによって送出されたCSI情報により、UEによって送出されたPMIを受信し得、CSI情報は、RI、CQI、等をさらに含み得る、ということが理解されるべきである。基地局は、RIとPMIとにしたがって、UEによりフィードバックされたプリコーディングマトリックスを得ることができ、CQIにしたがって、プリコーディングマトリックスが使用された場合のチャネル品質を得ることができる。基地局がUEのためにシングルユーザMIMO送信を行う場合、基地局は、プリコーディングマトリックスを使用することにより、UEの下りリンクデータについてのプリコーディングを行い得、CQIにしたがって、下りリンクデータを送出するための変調およびコーディングスキームを決定し得る。基地局が、UEのためのマルチユーザMIMO送信、たとえば、2人のユーザのためのマルチユーザMIMOを行う場合、基地局は、UEによってフィードバックされたプリコーディングマトリックスと、UEをペアリングすることとゼロフォーカシング(Zero Forcing、略して「ZF」)方法を使用することとによってフィードバックされたプリコーディングマトリックスとにしたがって、マルチユーザ干渉を解消するプリコーディングマトリックスを得ることができる。したがって、eNBは、プリコーディングマトリックスを使用することによりマルチユーザMIMOの下りリンクデータについてのプリコーディングを行い得、さらに、基地局は、2人のユーザによってフィードバックされたCQIにしたがって、2人のユーザのためのマルチユーザMIMO送信を行うための変調およびコーディングスキームを決定し得、これは、簡潔さのためにこれ以上ここで説明されない。

0326

本発明のこの実施形態において、オプションで、受信されたランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0327

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定され、

0328

0329

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0330

本発明のこの実施形態において、オプションで、UEによって決定されたランクが2である場合、W2は、以下の式、



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0331

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0332

本発明のこの実施形態において、オプションで、UEによって決定されたランクが2である場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定され、

0333

0334

0335

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0336

本発明のこの実施形態において、オプションで、受信されたランクが2である場合、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}または{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}である。

0337

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスに対応するプリコーディングマトリックスセットは、プリコーディングマトリックスU1およびU2を含み、プリコーディングマトリックスU1およびU2は、第2のコードブックインデックスによって示され、















であり、Aは、定数である。

0338

本発明のこの実施形態において、「mod」は、モジュロ演算を表す、ということが理解されるべきである。

0339

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0340

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は、関連づけ関係を有する。オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が関連づけ関係を有することは、第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値および/または値の範囲にしたがって一意に決定されることを含む。

0341

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が関連づけ関係を有することは、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第1の値のセットを含み、第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第2の値のセットを含み、少なくとも2つの第1の値のセットと少なくとも2つの第2の値のセットが1対1の対応を有することを含む。

0342

第1の値のセットの数は、第2の値のセットの数と同等である、ということが理解されるべきである。第1の値のセットにおける要素が互いに異なり、第2の値のセットにおける要素もまた互いに異なる、ということがさらに理解されるべきである。

0343

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が関連づけ関係を有することは、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第1の値のセットを含み、第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲が、異なる要素を有する少なくとも2つの第2の値のセットを含み、少なくとも2つの第1の値のセットと少なくとも2つの第2の値のセットが1対1の対応を有することを含む。

0344

第1の値のセットの数は、第2の値のセットの数と同等である、ということが理解されるべきである。第1の値のセットにおける要素が互いに異なり、第2の値のセットにおける要素もまた互いに異なる、ということがさらに理解されるべきである。

0345

オプションで、少なくとも2つの第1の値のセットの各々の第1の値のセットは、少なくとも2つの値を含み、少なくとも2つの第2の値のセットの各々の第2の値のセットは、少なくとも2つの値を含む。

0346

本発明のこの実施形態において、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は関連づけ関係を有するので、本発明のこの実施形態に係るプリコーディングマトリックスを送信するための方法により、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずに示されることができ、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないこともまた保証され得るので、システムパフォーマンスが改善され得、ユーザ経験が向上させられ得る。

0347

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、第1のPMI、第2のPMI、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックス、および第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスは、表C1、C2、C3、またはC4にしたがって決定され、

0348

0349

0350

0351

0352

IPMI1は、第1のPMIを表し、IPMI2は、第2のPMIを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0353

基地局サイドで説明された基地局およびユーザ機器のインタラクションおよび関連する特徴および機能は、図1に関するユーザ機器サイドでの説明に対応する、ということが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにこれ以上ここで説明されない。

0354

上記プロセスの通し番号は、本発明のさまざまな実施形態における実行順序を意味するものではない、ということがさらに理解されるべきである。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部回路にしたがって決定されるべきであり、本発明の実施形態の実現プロセスについてのいずれの限定としても解釈されるべきではない。

0355

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法において、第1のPMIに対応する第1のコードブックインデックスの値の範囲と第2のPMIに対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は、関連づけ関係を有するので、ユニフォームリニアアレイアンテナに適用可能なより多くのプリコーディングマトリックスが、フィードバックモードまたはフィードバックビットを変化させずにコードブックサブサンプリング中に示されることができ、サブサンプリング後のコードブックセットにおける各々のプリコーディングマトリックスが、偏波共用アンテナに適用可能であり、これは、偏波共用アンテナの応用例のためのパフォーマンスが影響を及ぼされないことを保証し得、システムパフォーマンスを改善し得、ユーザ経験を向上させ得る。

0356

図5は、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法70の別の概略的なフローチャートを示す。方法70は、たとえば、基地局によって行われ得る。図5に示されているように、方法70は以下を含む。

0357

S71:ユーザ機器によって送出されたジョイントコーディングされた値を受信する。

0358

S72:ジョイントコーディングされた値に応じた第1のコードブックインデックスの値と送信レイヤの数を示すために使用されるランクと、ジョイントコーディングされた値とランクとの間の対応と、ジョイントコーディングされた値と第1のコードブックインデックスとの間の対応とを決定する。

0359

第1のコードブックインデックスの値は、コードブックセットにおける1つのプリコーディングマトリックスセットに対応し、コードブックセットは、ランクに対応し、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}、{8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}、{0, 2, 4, 6}、{1, 3, 5, 7}、{8, 10, 12, 14}、または{9, 11, 13, 15}である。

0360

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0361

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが1であると決定された場合、W2は、以下の式



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0362

本発明のこの実施形態において、オプションで、ランクが2であると決定された場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0363

本発明のこの実施形態において、オプションで、ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が4である場合、ジョイントコーディングされた値とランクとの間の対応およびジョイントコーディングされた値と第1のコードブックインデックスとの間の対応は、以下の表Dにしたがって決定され、

0364

0365

IRI/PMI1は、ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、ランクを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表す。

0366

本発明のこの実施形態において、オプションで、ジョイントコーディングされた値を運ぶビットの数が3である場合、ジョイントコーディングされた値とランクとの間の対応およびジョイントコーディングされた値と第1のコードブックインデックスとの間の対応は、以下の表Eにしたがって決定され、

0367

0368

IRI/PMI1は、ジョイントコーディングされた値を表し、RIは、ランクを表し、i1は、第1のコードブックインデックスを表す。

0369

本発明のこの実施形態において、ランクが1であると決定された場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定される、ということが理解されるべきであり、

0370

0371

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0372

本発明のこの実施形態において、UEによって決定されたランクが2である場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定される、ということがさらに理解されるべきであり、

0373

0374

0375

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0376

本発明のこの実施形態において、ジョイントコーディングされた値は、ランクと第1のPMIとのジョイントコーディングを行うことにより生成された値を表す、ということが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにこれ以上ここで説明されない。

0377

基地局サイドで説明された基地局およびユーザ機器のインタラクションおよび関連する特徴および機能は、図2に関するユーザ機器サイドでの説明に対応する、ということが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにこれ以上ここで説明されない。

0378

上記プロセスの通し番号は、本発明のさまざまな実施形態における実行順序を意味するものではない、ということがさらに理解されるべきである。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部回路にしたがって決定されるべきであり、本発明の実施形態の実現プロセスについてのいずれの限定としても解釈されるべきではない。

0379

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0380

図6は、本発明の実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法80のさらなる別の概略的なフローチャートを示す。方法80は、たとえば、基地局によって行われ得る。図6に示されているように、方法80は以下を含む。

0381

S81:ユーザ機器によって送出された第2のプリコーディングマトリックスインジケータPMI、第1のコードブックインデックス、および送信レイヤの数を示すために使用されるランクを受信する。

0382

S82:第2のPMIと第1のコードブックインデックスとにしたがってランクに対応するコードブックセットにおける第1のプリコーディングマトリックスを決定し、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、第1のコードブックインデックスと第2のコードブックインデックスとによって表され、第2のPMIと第2のコードブックインデックスは、第1の対応を有し、1つの所与の第1のコードブックインデックスについて、第2のPMIの値の範囲に対応する第2のコードブックインデックスの値の範囲は、第2のコードブックインデックスの値の範囲の適切なサブセットである。

0383

コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、以下の式、W=W1×W2を満たし、






およびn=0, 1, …, 15であり、
第1のコードブックインデックスは、nの1つの値に対応し、nの値の範囲は、セット{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15}であり、
受信されたランクが2である場合、第1のコードブックインデックスと第2のPMIの値の範囲に対応する第2のコードブックインデックスとにしたがって決定されたプリコーディングマトリックスセットにおいて、第1のコードブックインデックス



に対応する第1のプリコーディングマトリックスセットおよび第1のコードブックインデックス



に対応する第2のプリコーディングマトリックスセットは、相互に排他的であり、第1のコードブックインデックス



は、その値がaであるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、第1のコードブックインデックス



は、その値がa+8であるnに対応する第1のコードブックインデックスを表し、a∈{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}である。

0384

したがって、本発明のこの実施形態に係る4アンテナプリコーディングマトリックスを送信するための方法は、プリコーディングマトリックスがサブサンプリング後に繰り返される問題を防止することにより、システムパフォーマンスを改善し、ユーザ経験を向上させ得る。

0385

本発明のこの実施形態において、オプションで、第1のコードブックインデックスi1の値の範囲は、0≦i1≦15であり、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、0≦i2≦L2-1であり、L2は、正の整数である。たとえば、L2の値の範囲は、1≦L2≦15であり、すなわち、第2のコードブックインデックスi2の値の範囲は、たとえば、0≦i2≦15である。

0386

本発明のこの実施形態において、オプションで、受信されたランクが1である場合、W2は、以下の式、



を満たし、



であり、Yがe1である場合、α(i)は、α(1)であり、Yがe2である場合、α(i)は、α(2)であり、Yがe3である場合、α(i)は、α(3)であり、Yがe4である場合、α(i)は、α(4)であり、eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Aは、定数である。

0387

本発明のこの実施形態において、オプションで、受信されたランクが2である場合、W2は、以下の式、



または



を満たし、
eiは、4×1の次元を有する列ベクトルを表し、eiにおけるi番目の要素は、1であり、すべての他の要素は、0であり、i∈{1, 2, 3, 4}であり、Bは、定数である。

0388

本発明のこの実施形態において、オプションで、受信されたランクが2である場合、第2のPMI、第1のコードブックインデックス、および第2のコードブックインデックスの間の相互関係は、表F1またはF2にしたがって決定され、

0389

0390

0391

IPMI2は、前記第2のPMIを表し、i1は、前記第1のコードブックインデックスを表し、i2は、前記第2のコードブックインデックスを表す。

0392

本発明のこの実施形態において、ランクが1であると決定された場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表Aにしたがって決定される、ということが理解されるべきであり、

0393

0394

であり、mおよびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0395

本発明のこの実施形態において、UEによって決定されたランクが2である場合、コードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスWは、表B1またはB2にしたがって決定される、ということがさらに理解されるべきであり、

0396

0397

0398

であり、m、m'、およびkは、負でない整数であり、i1は、第1のコードブックインデックスを表し、i2は、第2のコードブックインデックスを表す。

0399

本発明のこの実施形態において、オプションで、受信されたランクが3または4である場合、ランクに対応するコードブックセットに含まれるプリコーディングマトリックスは、
表Gにおけるコードブックインデックス0から3を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス4から7を有する4つのプリコーディングマトリックス、または
表Gにおけるコードブックインデックス12から15を有する4つのプリコーディングマトリックスであり、

0400

0401

は、マトリックス



の列セット{s}によって形成されたマトリックスを表し、Iは、4×4の識別マトリックスである。

0402

基地局サイドで説明された基地局およびユーザ機器のインタラクションおよび関連する特徴および機能は、図3に関するユーザ機器サイドでの説明に対応する、ということが理解されるべきであり、これは、簡潔さのためにこれ以上ここで説明されない。

0403

上記プロセスの通し番号は、本発明のさまざまな実施形態における実行順序を意味するものではない、ということがさらに理解されるべきである。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部回路にしたがって決定されるべきであり、本発明の実施形態の実現プロセスについてのいずれの限定としても解釈されるべきではない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ