図面 (/)

技術 ロール紙ニアエンド検出システムおよびプリンタ

出願人 NECプラットフォームズ株式会社
発明者 入内島一成
出願日 2017年9月11日 (3年2ヶ月経過) 出願番号 2017-173813
公開日 2018年2月1日 (2年9ヶ月経過) 公開番号 2018-016079
状態 特許登録済
技術分野 連続用紙の取扱い 付属装置、全体制御 シート,ウェブの制御
主要キーワード 収容部カバー 開口容器状 光照射端 終端センサ 外設機 設置済み 識別条件 ロール紙終端
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出ステムを提供する。

解決手段

印字データに基づいてロール紙に印字を行うプリンタ10と、プリンタ10に印字データを送信するPOS端末装置100とを備えている。プリンタ10内に収容されたロール紙の紙面LEDランプ16によって照明光照射しつつ紙面をカメラ17によって撮像し、撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマーク識別して検出する。

概要

背景

一般に、セルフ給油所における外設機等をも含むPOS(Point Of Sales)端末装置に内蔵あるいは併設されるプリンタは、ロール紙に印字を行い、印字済みのロール紙をレシートチケット等として出力する。

ロール紙が終端部付近であることを検出してPOS端末装置オペレータ等に報知するために、ロール紙の終端部付近にニアエンドマークを予め印刷または貼り付けておくと共に、プリンタにニアエンドマークの検出機能を持たせた技術がある。ニアエンドマークの検出機能を有するプリンタとしては、例えば、プリンタの機能部、即ち、用紙の搬送を行う用紙搬送部、もしくは、印字を行う印字部に光センサを設け、ロール紙のニアエンドマークを光学的に検出するものがある。ロール紙のニアエンドマークを光学的に検出する技術は、例えば、特許文献1に開示されている。特許文献1に開示された画像記録装置は、ロール用紙の搬送部のうちのガイドローラ6とセットローラ対7a、7bとの間に終端センサ20を有している。終端センサ20は、発光ダイオード45からの光がロール紙の終端近傍に設けられたニアエンドマーク(黒シール)によって反射された反射光フォトトランジスタ47によって受光し、反射率相違に基づいてニアエンドマークを検出する光センサである。

ところで、ロール紙を使用するプリンタには、ロール紙を軸支せずに、ロール紙をロール紙収容部に収容するだけのタイプ(投げ込み式とも呼ばれる)のものがある。このタイプのプリンタのうち、ロール紙が終端部付近であることを検出するものは、例えば、特許文献2、3に開示されている。特許文献2に開示されたプリンタは、ロール紙収容部に隣接する所定寸法の搬送路内に設けたスイッチにより、ロール紙収容部に収容されたロール紙が消費に伴い、ロール紙が終端部付近であることに相当する直径にまで小径化したことを検出する。特許文献3に開示されたプリンタは、ロール紙収容部に設けられた光センサにより、ロール紙収容部に収容されたロール紙が消費に伴い、ロール紙が終端部付近であることに相当する直径にまで小径化したことを検出する。

概要

ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出ステムを提供する。印字データに基づいてロール紙に印字を行うプリンタ10と、プリンタ10に印字データを送信するPOS端末装置100とを備えている。プリンタ10内に収容されたロール紙の紙面LEDランプ16によって照明光照射しつつ紙面をカメラ17によって撮像し、撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出する。

目的

本発明の目的は、ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

印字データに基づいてロール紙に印字を行うプリンタと、プリンタに印字データを送信するPOS端末装置とを備え、印字が終了する毎に、前記プリンタ内に収容されたロール紙の紙面照明光照射しつつ紙面を撮像し、撮像後、撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマーク識別して検出するロール紙ニアエンド検出ステムであって、前記プリンタは、開口部を備えた筐体と、前記筐体内に設けられ、該筐体の前記開口部に連通する開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙を収容するロール紙収容部と、前記筐体の前記開口部に開閉可能に取り付けられたロール紙収容部カバーと、前記ロール紙収容部に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部と、用紙搬送部、印字部、および用紙切断部を含む機能部と、前記機能部の動作全般を制御する制御部とを有し、前記照明部および前記撮像部はそれぞれ、前記ロール紙収容部カバーの内側面上に取り付けられており、前記機能部と、前記照明部および前記撮像部とは、前記筐体の前方側後方側とで離隔していることを特徴とするロール紙ニアエンド検出システム。

請求項2

前記プリンタの前記制御部が、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ニアエンドマークを識別して検出する請求項1に記載のロール紙ニアエンド検出システム。

請求項3

前記プリンタは、印字が終了する毎に、前記プリンタ内に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射しつつ紙面を撮像し、撮像後、前記照明光を消灯する請求項1または2に記載のロール紙ニアエンド検出システム。

請求項4

開口部を備えた筐体と、前記筐体内に設けられ、該筐体の前記開口部に連通する開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙を収容するロール紙収容部と、前記筐体の前記開口部に開閉可能に取り付けられたロール紙収容部カバーと、前記ロール紙収容部に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部と、用紙搬送部、印字部、および用紙切断部を含む機能部と、前記機能部の動作全般を制御する制御部とを有し、印字が終了する毎に、前記ロール紙収容部内に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射しつつ紙面を撮像し、撮像後、前記撮像部によって撮像した画像データを上位装置に出力する、もしくは、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出し、検出結果を示す信号を上位装置に出力するプリンタであって、前記照明部および前記撮像部はそれぞれ、前記ロール紙収容部カバーの内側面上に取り付けられており、前記機能部と、前記照明部および前記撮像部とは、前記筐体内の前方側と後方側とで離隔していることを特徴とするプリンタ。

請求項5

前記制御部が、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ニアエンドマークを識別して検出する請求項4に記載のプリンタ。

請求項6

印字が終了する毎に、前記ロール紙収容部に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射しつつ紙面を撮像し、撮像後、前記照明光を消灯する請求項4または5に記載のプリンタ。

技術分野

0001

本発明は、ロール紙のニアエンドマークを検出するロール紙ニアエンド検出ステムプリンタ、ロール紙ニアエンド検出ユニットおよびロール紙ニアエンド検出方法に関する。

背景技術

0002

一般に、セルフ給油所における外設機等をも含むPOS(Point Of Sales)端末装置に内蔵あるいは併設されるプリンタは、ロール紙に印字を行い、印字済みのロール紙をレシートチケット等として出力する。

0003

ロール紙が終端部付近であることを検出してPOS端末装置オペレータ等に報知するために、ロール紙の終端部付近にニアエンドマークを予め印刷または貼り付けておくと共に、プリンタにニアエンドマークの検出機能を持たせた技術がある。ニアエンドマークの検出機能を有するプリンタとしては、例えば、プリンタの機能部、即ち、用紙の搬送を行う用紙搬送部、もしくは、印字を行う印字部に光センサを設け、ロール紙のニアエンドマークを光学的に検出するものがある。ロール紙のニアエンドマークを光学的に検出する技術は、例えば、特許文献1に開示されている。特許文献1に開示された画像記録装置は、ロール用紙の搬送部のうちのガイドローラ6とセットローラ対7a、7bとの間に終端センサ20を有している。終端センサ20は、発光ダイオード45からの光がロール紙の終端近傍に設けられたニアエンドマーク(黒シール)によって反射された反射光フォトトランジスタ47によって受光し、反射率相違に基づいてニアエンドマークを検出する光センサである。

0004

ところで、ロール紙を使用するプリンタには、ロール紙を軸支せずに、ロール紙をロール紙収容部に収容するだけのタイプ(投げ込み式とも呼ばれる)のものがある。このタイプのプリンタのうち、ロール紙が終端部付近であることを検出するものは、例えば、特許文献2、3に開示されている。特許文献2に開示されたプリンタは、ロール紙収容部に隣接する所定寸法の搬送路内に設けたスイッチにより、ロール紙収容部に収容されたロール紙が消費に伴い、ロール紙が終端部付近であることに相当する直径にまで小径化したことを検出する。特許文献3に開示されたプリンタは、ロール紙収容部に設けられた光センサにより、ロール紙収容部に収容されたロール紙が消費に伴い、ロール紙が終端部付近であることに相当する直径にまで小径化したことを検出する。

先行技術

0005

特許第2562491号公報
特開平11−157716号公報
特開2012−056641号公報

発明が解決しようとする課題

0006

特許文献1に開示されたニアエンドマークを光センサによって検出するものや、特許文献2、3に開示されたロール紙の直径を検出するものをも含め、本発明の関連技術によるプリンタは、その機能部やロール紙収容部に、ニアエンドマークやロール紙の直径を検出するための構造や部材を設けている。

0007

即ち、この種のプリンタにおいては、機能部やロール紙収容部といったプリンタ本来の構造と、ロール紙のニアエンドを検出するための構造や部材とが、一箇所に集中して、もしくは、過密に設けられることになる。その結果、プリンタの設計の自由度が小さくなる恐れがある。

0008

それ故、本発明の目的は、ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出システムを提供することである。

0009

本発明の他の目的は、ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいプリンタを提供することである。

0010

本発明のさらに他の目的は、ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出ユニットを提供することである。

0011

本発明のさらに他の目的は、上記のようなロール紙ニアエンド検出システム、プリンタまたはロール紙ニアエンド検出ユニットの実現に貢献するロール紙ニアエンド検出方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0012

本発明の一実施態様によれば、印字データに基づいてロール紙に印字を行うプリンタと、プリンタに印字データを送信するPOS端末装置とを備え、前記プリンタ内に収容されたロール紙の紙面照明光照射しつつ紙面を撮像し、撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出することを特徴とするロール紙ニアエンド検出システムが得られる。

0013

本発明の他の実施態様によれば、印字を行うべきロール紙を収容するロール紙収容部と、前記ロール紙収容部に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部とを有し、前記撮像部によって撮像した画像データを上位装置に出力する、もしくは、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出し、検出結果を示す信号を上位装置に出力することを特徴とするプリンタが得られる。

0014

本発明のさらに他の実施態様によれば、プリンタの内部、外部または内外に亘って装着して使用され、ロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部とを有し、前記撮像部によって撮像した画像データを上位装置に出力する、もしくは、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出し、検出結果を示す信号を上位装置に出力することを特徴とするロール紙ニアエンド検出ユニットが得られる。

0015

本発明の他の実施態様によれば、印字を行うべきロール紙の紙面に照明光を照射する照明工程と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像工程と、前記撮像工程において撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出するマーク識別工程とを有することを特徴とするロール紙ニアエンド検出方法が得られる。

発明の効果

0016

本発明によれば、ロール紙が終端部付近であることを検出可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出システムが得られる。

0017

本発明によればまた、ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいプリンタが得られる。

0018

本発明によればさらに、ロール紙のニアエンドを検出することが可能で、設計の自由度が大きいロール紙ニアエンド検出ユニットが得られる。

0019

本発明によればまた、上記のようなロール紙ニアエンド検出システム、プリンタまたはロール紙ニアエンド検出ユニットの実現に貢献する、ロール紙ニアエンド検出方法が得られる。

図面の簡単な説明

0020

本発明の実施形態によるロール紙ニアエンド検出システムを示す斜視図である。
本発明の実施形態1によるロール紙ニアエンド検出システムにおけるプリンタの内部を概略的に示す断面図である。
本発明の実施形態1によるロール紙ニアエンド検出システムの構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態1によるロール紙ニアエンド検出システムの動作を説明するためのフロー図である。
本発明の実施形態2によるロール紙ニアエンド検出システムの構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態2によるロール紙ニアエンド検出システムの動作を説明するためのフロー図である。
本発明の実施形態3によるロール紙ニアエンド検出ユニットの構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態3によるロール紙ニアエンド検出ユニットの動作を説明するためのフロー図である。
本発明の実施形態4によるロール紙ニアエンド検出システムの構成を示す図である。
本発明の実施形態4によるロール紙ニアエンド検出システムの動作を説明するためのフロー図である。
ロール紙の終端部付近の紙面を示す図である。

実施例

0021

本発明の実施形態によるプリンタは、ロール紙収容部と、照明部と、撮像部と、マーク識別部とを有している。

0022

ロール紙収容部は、開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙を収容する。照明部は、ロール紙収容部に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射する。撮像部は、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する。マーク識別部は、撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別する。

0023

上記のように、本プリンタにおいては、照明部および撮像部とのどちらも、プリンタの機能部(用紙の搬送を行う用紙搬送部や印字を行う印字部)やロール紙収容部には設けられていない。即ち、本プリンタにおいては、プリンタの機能部やロール紙収容部といったプリンタ本来の構造と、照明部および撮像部とが、一箇所に集中して、もしくは、過密に設けられていない。したがって、本プリンタは、要部(機能部やロール紙収容部)の構造に関して、設計の自由度が大きい。また、設計および製造された本プリンタは、その要部の構造が比較的簡素なものとなる。

0024

以下、図面を参照して、本発明によるプリンタならびにプリンタのより具体的な実施形態を説明する。

0025

[実施形態1]
図1図3を参照すると、本発明の実施形態1によるプリンタ(印刷装置)10は、POS端末装置100に搭載されている。逆に言えば、POS端末装置100は、プリンタ10を有している。POS端末装置100とプリンタ10とにより、ロール紙ニアエンド検出システムが構成される。

0026

図3に示すように、POS端末装置100は、プリンタ10の他に、自装置の動作全般を制御する端末制御部110と、データを入力する入力部120と、少なくとも自装置に関わる情報を表示する表示部130とを有している。尚、図示はしないが、POS端末装置100は、スピーカまたはブザー等を備えていてもよい。

0027

図2図3に示すように、プリンタ10は、筐体21と、ロール紙収容部カバー23と、用紙搬送部12、印字部13および用紙切断部14等のプリンタの機能部と、ロール紙収容部22とを有している。

0028

ロール紙収容部22は、開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙600を収容する。尚、本実施形態において、ロール紙収容部22は、ロール紙600を軸支することなく、ロール紙600の外周面を支持する所謂投げ込み式である。

0029

筐体21は、ロール紙収容部22内に連通する開口部と、POS端末装置100に搭載されたときに後方側となる壁部21Aを備えている。ロール紙収容部カバー23は、筐体21の開口部に、図2中紙面に垂直な方向に延びる軸23aを回動支点として開閉可能に取り付けられている。

0030

ここで、図11に示すように、ロール紙600の終端部付近には、紙面の幅方向両側に、帯状のニアエンドマーク600Aが所定の長さに亘って予め印刷されている。ニアエンドマーク600Aは薄赤色に限らず、黒色等であってもよい。また、薄赤色や黒色等の薄手のシールを貼り付けるものでもよい。本実施形態において、ロール紙600の幅は58mm、対のニアエンドマーク600Aそれぞれの幅は約5mmである。尚、ニアエンドマーク600Aは、ロール紙の幅方向の左右どちらか一方の側のみに付されていてもよい。

0031

さらに、プリンタ10は、LED(Light Emitting Diode)ランプ16と、カメラ17と、マーク識別部11Aとを有している。

0032

LEDランプ16は、ロール紙収容部22に収容されたロール紙600の紙面の幅方向全域に照明光を照射する照明部である。

0033

カメラ17は、LEDランプ16によって照明光が照射されたロール紙600の紙面の幅方向全域を撮像する撮像部である。

0034

マーク識別部11Aは、カメラ17によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙600の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別する。尚、本実施形態において、マーク識別部11Aは、POS端末装置100の端末制御部110からの命令により、プリンタ機能部の動作全般を制御するプリンタ制御部11の一部として構成されている。

0035

尚、LEDインジケータを外部から視認可能に設け、マーク識別部11Aによる識別結果がニアエンドマーク有りである場合に、ロール紙600が終端部付近である旨を発光表示で報知するニアエンド報知部としてもよい。また、プリンタ10は、ニアエンド報知部として、ロール紙600が終端部付近である旨を音声で報知するスピーカまたはブザー等を備えていてもよい。

0036

LEDランプ16およびカメラ17は、ロール紙収容部カバー23の内側の面上に取り付けられている。

0037

尚、図2においては、LEDランプ16、カメラ17とマーク識別部11A(プリンタ制御部11)とを接続する配線は、図示を省略している。それら配線の少なくともプリンタ制御部11側の端部は、コネクタを使用する接続形式とすることが好ましい。

0038

また、LEDランプ16およびカメラ17の少なくとも一方が、筐体21の後方側の壁部21Aの内壁面上に取り付けられてもよい。その場合にも、プリンタ機能部やロール紙収容部22とは離れた箇所に取り付けることが好ましい。

0039

次に、プリンタ10の動作、特に、プリンタ制御部11が実行する処理について説明する。

0040

図4のステップS11において、プリンタ10のプリンタ制御部11は、POS端末装置100の端末制御部110から印字データを受信したか確認し、受信すると(ステップS11のYES)、ステップS12に移行する。受信しない場合(ステップS11のNO)は、ステップS11を繰り返す。

0041

ステップS12において、プリンタ制御部11は、用紙搬送部12によってロール紙600を搬送しつつ、印字データに基づいて印字部13によって印字を行う。印字後、用紙切断部14によってロール紙600を切断する。用紙の切断後、ステップS13に移行する。

0042

ステップS13において、プリンタ制御部11は、LEDランプ16を点灯し、ロール紙600の紙面の幅方向全域に照明光を照射する。

0043

ステップS14において、プリンタ制御部11は、カメラ17によってロール紙600の紙面の幅方向全域を撮像する。

0044

ステップS15において、プリンタ制御部11は、LEDランプ16を消灯する。

0045

続いて、プリンタ制御部11は、マーク識別部11Aにより、撮像した画像を画像解析する。その結果として、ニアエンドマーク600Aが有りの場合(ステップS16のYES)は、ステップS17に移行する。解析結果がニアエンドマーク600A無しの場合(ステップS16のNO)は、ステップS11に戻る。

0046

ここで、ニアエンドマーク600Aの検出は、例えば、以下のいずれかの場合、ニアエンドマーク600Aを検出したものとする。マーク識別部11A(プリンタ制御部11)のメモリには、予め、例えば以下のような識別条件を記憶させておく。

0047

(識別条件1)カメラ17がカラー画像を撮像するものである場合は、画像内に所定の色が認められたとき。上記のロール紙600では、薄赤色が認められたときである。

0048

(識別条件2)カメラ17が白黒画像を撮像するものである場合は、所定の幅の黒色領域に挟まれた所定の幅の白色領域が認められたとき。上記のロール紙600では、5mm幅程度の対の黒色領域に挟まれた48mm程度の白色領域が認められたときである。あるいは、実寸ではなく、5mm幅程度の黒色領域に挟まれた48mm程度の白色領域と同じ比率(5:48:5)の画像を識別するものであってもよい。

0049

(識別条件3)ニアエンドマークがロール紙600の左右の端部に帯状に付されるものではなく、特定の文字や特定の形状のマークである場合は、その特定の文字や特定の形状の印が認められたとき。

0050

ステップS17において、プリンタ制御部11は、ロール紙600が終端部付近である旨(ロール紙の交換時期である旨)を、POS端末装置100に通知し、ステップS11に戻る。POS端末装置100の端末制御部110は、ニアエンドの通知を受けて、ロール紙600が終端部付近である旨(ロール紙の交換時期である旨)を表示部130に表示する。POS端末装置100が、スピーカまたはブザー等を備え、ロール紙600が終端部付近である旨を音声で報知するようにしてもよい。また、上述したように、ステップS17において、プリンタ制御部11は、POS端末装置100の端末制御部110に通知すると共に、もしくは、POS端末装置100の端末制御部110に通知せずに、LEDインジケータによる発光表示での報知やスピーカまたはブザー等による音声での報知を行うようにしてもよい。

0051

尚、LEDランプ点灯からニアエンドの通知までのニアエンドマークを検出して通知する工程は、印字工程終了後ではなく、印字工程開始前に実行するようにしてもよい。

0052

また、マーク識別部11Aを、プリンタ10のプリンタ制御部11ではなく、POS端末装置100の端末制御部110に設け、プリンタ制御部11からは撮像したロール紙600の紙面の画像データを端末制御部110に出力し、端末制御部110のマーク識別部11Aで画像解析を行ってニアエンドマーク600Aの検出し、ロール紙600が終端部付近である旨(ロール紙の交換時期である旨)を表示部130に表示するようにしてもよい。

0053

尚、実施形態1では、プリンタ制御部がニアエンドマークを検出したか否かを判断し、ニアエンドマークを検出した場合、上位装置であるPOS端末装置にニアエンドを通知しているが、プリンタ制御部は、画像データをPOS端末装置ではない上位装置(例えば、通信線で接続されてPOS端末装置を管理するホスト装置)に出力するのみで、上位装置の制御部が、ニアエンドマークを検出したか否かを判断し、ニアエンドマークを検出した場合、オペレータにロール紙の交換時期であることを知らせるようにしてもよい。

0054

実施形態1によれば、プリンタ機能部やロール紙収容部22の構造に影響を与えることなく、ロール紙のニアエンドを検出することが可能なプリンタを提供することができる。

0055

[実施形態2]
本発明の実施形態2は、POS端末装置がLEDランプとカメラの動作を制御する点で、実施形態1と異なる。

0056

図5を参照すると、本発明の実施形態2によるPOS端末装置100’は、プリンタ10’を有している。POS端末装置100’とプリンタ10’により、ロール紙ニアエンド検出システムが構成される。

0057

図5に示すように、POS端末装置100’は、プリンタ10’の他に、自装置の動作全般を制御する端末制御部110’と、データを入力する入力部120と、少なくとも自装置に関わる情報を表示する表示部130とを有している。

0058

プリンタ10’は、実施形態1のプリンタ10と同様に、筐体と、ロール紙収容部カバーと、用紙搬送部12、印字部13および用紙切断部14等のプリンタ機能部と、ロール紙収容部とを有している。

0059

ロール紙収容部は、開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙600(図11に終端部付近のみを示す)を収容する。尚、本実施形態においても、ロール紙収容部は、ロール紙600を軸支することなく、ロール紙600の外周面を支持する所謂投げ込み式である。

0060

図示はしないが、筐体は、ロール紙収容部内に連通する開口部と、POS端末装置100’に搭載されたときに後方側となる壁部を備えている。ロール紙収容部カバーは、筐体の開口部に、軸を回動支点として開閉可能に取り付けられている。

0061

図11に示すように、ロール紙600の終端部付近には、紙面の幅方向両側に、帯状のニアエンドマーク600Aがロール紙終端から所定の長さに亘って予め印刷されている。ニアエンドマーク600Aは薄赤色に限らず、黒色等であってもよい。また、薄赤色や黒色等の薄手のシールを貼り付けるものでもよい。本実施形態において、ロール紙600の幅は58mm、対のニアエンドマーク600Aそれぞれの幅は約5mmである。尚、ニアエンドマーク600Aは、ロール紙の幅方向の左右どちらか一方の側のみに付されていてもよい。

0062

さらに、プリンタ10’は、ロール紙収容部に収容されたロール紙600の紙面の幅方向全域に照明光を照射する照明部であるLEDランプ16と、LEDランプ16によって照明光が照射されたロール紙600の紙面の幅方向全域を撮像する撮像部であるカメラ17とを有している。

0063

本実施形態において、マーク識別部は、POS端末装置100’の端末制御部110’にマーク識別部110Aとして具備されている。

0064

マーク識別部110Aは、実施形態1のマーク識別部11Aと同様に、カメラ17によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙600の紙面に予め付されているニアエンドマーク600A(図11)を識別する。

0065

表示部130は、POS端末装置100’の動作等に関する情報を表示する以外に、マーク識別部110Aによる識別結果がニアエンドマーク有りである場合に、ロール紙600が終端部付近である旨を画面表示で報知する。尚、図示はしないが、POS端末装置100’は、ニアエンド報知部として、ロール紙600が終端部付近である旨を音声で報知するスピーカまたはブザー等を備えていてもよい。

0066

LEDランプ16およびカメラ17は、実施形態1と同様に、ロール紙収容部カバーの内側の面上に取り付けられている。即ち、LEDランプ16、カメラ17およびロール紙収容部カバーは、単体ユニットをなしていると言える。

0067

したがって、既存のプリンタのロール紙収容部カバーの代わりに、当該ユニットを装着すると共に、既存のPOS端末装置の端末制御部のプログラムを変更してマーク識別部を設けることにより、既存の構成に手を加えることなく、POS端末装置に本発明を適用することが可能である。

0068

尚、LEDランプ16およびカメラ17の少なくとも一方が、プリンタの筐体の後方側の内壁面上に取り付けられてもよい。その場合にも、プリンタ機能部やロール紙収容部とは離れた箇所に取り付けることが好ましい。

0069

次に、POS端末装置100’の動作、特に、端末制御部110’が実行する処理について説明する。

0070

図6のステップS21において、POS端末装置100’の端末制御部110’は、プリンタ制御部11’に印字データを出力して印字を行わせ、プリンタ制御部11’から印字処理終了の通知を受信すると、ステップS22に移行する。

0071

ステップS22において、端末制御部110’は、LEDランプ16を点灯し、ロール紙600の紙面の幅方向全域に照明光を照射する。

0072

ステップS23において、端末制御部110’は、カメラ17によってロール紙600の紙面の幅方向全域を撮像する。

0073

ステップS24において、端末制御部110’は、LEDランプ16を消灯する。

0074

続いて、端末制御部110’は、マーク識別部110Aにより、撮像した画像を画像解析する。その結果として、ニアエンドマーク600Aが有りの場合(ステップS25のYES)は、ステップS26に移行する。識別結果がニアエンドマーク600A無しの場合(ステップS25のNO)は、ステップS21に戻る。

0075

ここで、ニアエンドマーク600Aの識別は、実施形態1で例示したものと同じ識別条件で行うことができる。

0076

ステップS26において、端末制御部110’は、表示部130に表示することにより、ロール紙600が終端部付近である旨(ロール紙の交換時期である旨)をPOS端末装置100’のオペレータに報知し、ステップS21に戻る。

0077

尚、LEDランプ点灯からニアエンドの報知までのニアエンドマークを検出して報知する工程は、印字処理終了後ではなく、印字処理開始前に実行するようにしてもよい。

0078

実施形態2によれば、実施形態1と同様に、プリンタ機能部やロール紙収容部の構造に影響を与えることなく、ロール紙のニアエンドを検出することが可能なプリンタを有するPOS端末装置を提供することができる。さらに、プリンタのプリンタ制御部の動作プログラム書き換え不可能である一方、POS端末装置の装置制御部の動作プログラムは書き換え可能である場合がある。本実施形態によれば、マーク識別部がプリンタ制御部ではなく、POS端末装置の装置制御部の一部として構成されているため、装置制御部の動作プログラムを書き換えることによってマーク識別部を構成することができる。そのため、本発明を既存のPOS端末装置およびプリンタに適用しようとする場合に好適である。

0079

[実施形態3]
本発明の実施形態3は、プリンタとは別に、照明部、撮像部、ユニット制御部および通信部を備えたロール紙ニアエンド検出ユニットが設けられ、プリンタに取り付けられて使用される点で、実施形態1とは異なる。

0080

本実施形態のプリンタには、ロール紙ニアエンド検出ユニットが取り付けられる。プリンタにはロール紙ニアエンド検出ユニットの照明部と撮像部が取り付けられているが、プリンタの制御部は、ロール紙ニアエンド検出ユニットの照明部と撮像部の制御は行わない。

0081

図7は、本実施形態のロール紙ニアエンド検出ユニットの構成を示すブロック図である。図7において、本ユニットと共にロール紙ニアエンド検出システムを構成するプリンタならびに上位装置(例えば、POS端末装置)は、図示していない。

0082

図7を参照すると、ロール紙ニアエンド検出ユニットAは、照明部としてのLEDランプA16と、撮像部としてのカメラA17と、LEDランプA16およびカメラA17を制御するユニット制御部A11と、通信部A19とを備えている。

0083

ユニット制御部A11は、LEDランプA16およびカメラA17の制御を含め、ロール紙ニアエンド検出ユニットA全体の制御を行う。通信部A19は、有線もしくは無線で、図示しない上位装置(例えば、POS端末装置)との通信を行う。LEDランプA16は、プリンタに収容されているロール紙の紙面に照明光を照射する。カメラA17は、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する。

0084

図8は、本実施形態のロール紙ニアエンド検出ユニットAのユニット制御部A11が稼働中に実行する処理のフロー図である。以下、図8を参照して、ロール紙ニアエンド検出ユニットAのユニット制御部A11が実行する処理について説明する。

0085

図8のステップS41において、ロール紙ニアエンド検出ユニットAのユニット制御部A11は、上位装置から印字処理終了通知を受信したか監視し、受信する(ステップS41のYES)と、ステップS42に移行する。受信しない場合(ステップS41のNO)は、ステップS41を繰り返す。

0086

尚、プリンタは、上位装置から印字データを受信し、ロール紙を搬送しつつ、印字データに基づいて印字し、印字後、ロール紙を切断する印字処理を行い、印字処理を終了するとその旨を上位装置に通知する。

0087

ステップS42において、ユニット制御部A11は、LEDランプA16を点灯し、プリンタ内のロール紙の紙面の幅方向全域に照明光を照射する。

0088

ステップS43において、ユニット制御部A11は、カメラA17によってロール紙の紙面の幅方向全域を撮像する。

0089

ステップS44において、ユニット制御部A11は、LEDランプA16を消灯する。

0090

続いて、ロール紙ニアエンド検出ユニットAは、撮像した画像を画像解析する。その結果として、ニアエンドマークが有りの場合(ステップS45のYES)は、ステップS46に移行する。識別結果がニアエンドマーク無しの場合(ステップS45のNO)は、ステップS41に戻る。

0091

ここで、ニアエンドマークの識別は、実施形態1で例示したものと同じ識別条件で行うことができる。

0092

ステップS46において、ユニット制御部A11は、通信部A19を介して上位装置にニアエンドを通知し、ステップS41に戻る。

0093

ロール紙ニアエンド検出ユニットAからニアエンドの通知を受けた上位装置は、表示部でニアエンドであることを表示する、ニアエンドである旨のメッセージ送出する、警報音を送出する等して、オペレータにロール紙が終端部付近である旨(ロール紙の交換時期である旨)を知らせる。

0094

尚、LEDランプ点灯からニアエンドの通知までのニアエンドマークを検出して通知する工程は、印字処理終了後ではなく、印字処理開始前に実行するようにしてもよい。

0095

実施形態3の発明によれば、プリンタの主要部やロール紙収容部の構造に影響を与えることなく、ロール紙のニアエンドを検知することが可能なロール紙ニアエンド検出ユニットを提供することができる。

0096

さらに、本実施形態の発明によれば、ニアエンド検出機能を有さない設置済みや既存のプリンタであっても、ロール紙ニアエンド検出ユニットを取り付け、上位装置の制御部でロール紙ニアエンド検出ユニットを制御するように上位装置のソフトウェアを変更することによって、ニアエンド検出機能を有するプリンタとすることができる。

0097

また、実施形態3では、ロール紙ニアエンド検出ユニットのユニット制御部がニアエンドマークを検出したか否かを判断し、ニアエンドマークを検出した場合、上位装置にニアエンドを通知しているが、ロール紙ニアエンド検出ユニットの制御部は、画像データを上位装置(例えば、POS端末装置)に出力するのみで、上位装置の制御部が、ニアエンドマークを検出したか否かを判断し、ニアエンドマークを検出した場合、オペレータにロール紙の交換時期であることを知らせるようにしてもよい。

0098

また、本実施形態では、ロール紙ニアエンド検出ユニットは、上位装置と通信を行っているが、上位装置とではなく、プリンタと通信を行うものであってもよい。

0099

また、本実施形態では、上位装置をPOS端末装置としたが、給油所用システムの外設機であってもよい。

0100

尚、本実施形態において、ロール紙ニアエンド検出ユニットは、プリンタの内部に組み込まれる例を挙げたが、本発明において、ロール紙ニアエンド検出ユニットは、プリンタの外部に取り付けられてもよい(照明部の光照射端と撮像部の画像入射端を除く)。

0101

また、ロール紙ニアエンド検出ユニットとしては、撮像部によって撮像して画像データを出力するのみとし、POS端末装置で画像解析するようにしてもよい。

0102

[実施形態4]
本発明の実施形態4は、POS端末装置がマーク識別部を有すると共に、ホスト装置がニアエンド報知部を有する点とで、実施形態2と異なる。

0103

図9を参照すると、本発明の実施形態4によるPOS端末装置100”は、プリンタ10’を有している。

0104

POS端末装置100”は、図9中左側に示すように、ネットワーク(有線LANや無線LAN等)を介して上位装置であるホスト装置300に接続されている。他のPOS端末装置も同様に、ネットワークを介してホスト装置300に接続されている。図9に示したホスト装置300と、ネットワークを介して接続されたPOS端末装置100”および他のPOS端末装置とにより、POSシステムが構成される。また、ホスト装置300と、ネットワークを介して接続された、プリンタ10’を含むPOS端末装置100”、および、プリンタ10’を含む他のPOS端末装置とにより、ロール紙ニアエンド検出システムが構成される。

0105

図9に示すように、POS端末装置100”は、プリンタ10’の他に、自装置の動作全般を制御する端末制御部110”と、データを入力する入力部120”と、少なくとも自装置に関わる情報を表示する表示部130と、ネットワークを介してホスト装置300と通信を行う通信部140とを有している。

0106

また、ホスト装置300は、自装置の動作全般を制御し、自装置の配下にあるPOS端末装置100”を管理するシステム制御部310と、ネットワークを介してPOS端末装置100”ならびに他のPOS端末装置と通信を行う通信部320と、ホスト装置300の配下にあるPOSシステムに関わる情報を表示する表示部330とを有している。さらに、ホスト装置300は、データを入力する入力部を備えていてもよい。

0107

プリンタ10’は、実施形態1、2のプリンタ10、10’と同様に、筐体と、ロール紙収容部カバーと、用紙搬送部12、印字部13および用紙切断部14等のプリンタ機能部と、ロール紙収容部とを有している。

0108

ロール紙収容部は、開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙600(図11に終端部付近のみを示す)を収容する。尚、本実施形態においても、ロール紙収容部は、ロール紙600を軸支することなく、ロール紙600の外周面を支持する所謂投げ込み式である。

0109

図示はしないが、筐体は、ロール紙収容部内に連通する開口部と、POS端末装置100”に搭載されたときに後方側となる壁部を備えている。ロール紙収容部カバーは、筐体の開口部に、軸を回動支点として開閉可能に取り付けられている。

0110

図11に示すように、ロール紙600の終端部付近には、紙面の幅方向両側に、帯状のニアエンドマーク600Aがロール紙終端から所定の長さに亘って予め印刷されている。ニアエンドマーク600Aは薄赤色に限らず、黒色等であってもよい。また、薄赤色や黒色等の薄手のシールを貼り付けるのでもよい。本実施形態において、ロール紙600の幅は58mm、対のニアエンドマーク600Aそれぞれの幅は約5mmである。尚、ニアエンドマーク600Aは、ロール紙の幅方向の左右どちらか一方の側のみに付されていてもよい。

0111

さらに、プリンタ10’は、ロール紙収容部に収容されたロール紙600の紙面の幅方向全域に照明光を照射する照明部であるLEDランプ16と、LEDランプ16によって照明光が照射されたロール紙600の紙面の幅方向全域を撮像する撮像部であるカメラ17とを有している。

0112

本実施形態において、マーク識別部は、実施形態2と同様に、POS端末装置100”の端末制御部110”にマーク識別部110Aとして具備されている。

0113

マーク識別部110Aは、実施形態2と同様に、カメラ17によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙600の紙面に予め付されているニアエンドマーク600A(図11)を識別する。

0114

本実施形態においては、ニアエンド報知部は、実施形態2とは異なり、ホスト装置300の表示部330として具備されている。

0115

表示部330は、ホスト装置300の配下にあるPOS端末装置に関わる情報を表示する以外に、マーク識別部110Aによる識別結果がニアエンドマーク有りである場合に、ロール紙600が終端部付近である旨を画面表示で報知する。尚、図示はしないが、ホスト装置300は、ニアエンド報知部として、ロール紙600が終端部付近である旨を音声で報知するスピーカまたはブザー等を備えていてもよい。

0116

LEDランプ16およびカメラ17は、実施形態2と同様に、ロール紙収容部カバーの内側の面上に取り付けられている。即ち、LEDランプ16、カメラ17およびロール紙収容部カバーは、単体のユニットをなしていると言える。

0117

したがって、既存のプリンタのロール紙収容部カバーの代わりに、当該ユニットを装着すると共に、既存のPOS端末装置の端末制御部のプログラムを変更するか、あるいは、追加の回路基板を追加することによってマーク識別部を設けることにより、既存の構成に手を加えることなく、POS端末装置に本発明を適用することが可能である。

0118

尚、LEDランプ16およびカメラ17の少なくとも一方が、プリンタの筐体の後方側の内壁面上に取り付けられてもよい。その場合にも、プリンタ機能部やロール紙収容部とは離れた箇所に取り付けることが好ましい。

0119

次に、本実施形態のPOSシステムの動作、特に、POS端末装置100”の端末制御部110”が実行する処理について説明する。

0120

図10のステップS31において、POS端末装置100’の端末制御部110”は、プリンタ制御部11’に印字データを出力して印字を行わせ、プリンタ制御部11’から印字処理終了の通知を受信すると、ステップS32に移行する。

0121

ステップS32において、端末制御部110”は、LEDランプ16を点灯し、ロール紙600の紙面の幅方向全域に照明光を照射する。

0122

ステップS33において、端末制御部110”は、カメラ17によってロール紙600の紙面の幅方向全域を撮像する。

0123

ステップS34において、端末制御部110”は、LEDランプ16を消灯する。

0124

続いて、端末制御部110”は、マーク識別部110Aにより、撮像した画像を画像解析する。その結果として、ニアエンドマーク600Aが有りの場合(ステップS35のYES)は、ステップS36に移行する。解析結果がニアエンドマーク600A無しの場合(ステップS35のNO)は、ステップS31に戻る。

0125

ここで、ニアエンドマーク600Aの識別は、実施形態1で例示したものと同じ識別条件で行うことができる。

0126

ステップS36において、端末制御部110”は、ロール紙が終端部付近である旨の情報を、通信部120”からネットワークを介してホスト装置300に送信した後、ステップS31に戻る。

0127

POS端末装置100”からロール紙が終端部付近である旨の情報を受信したホスト装置300のシステム制御部310は、受信した情報に基づき、表示部330に表示することにより、ロール紙600が終端部付近である旨(ロール紙の交換時期である旨)をホスト装置300のオペレータに報知する。

0128

尚、ホスト装置300に複数のPOS端末装置が接続されている場合には、プリンタのロール紙がニアエンドとなったのは、どのPOS端末装置であるかも、通信ならびに報知するようにする。

0129

また、LEDランプ点灯からニアエンドの報知までのニアエンドマークを検出して報知する工程は、印字処理終了後ではなく、印字処理開始前に実行するようにしてもよい。

0130

また、上記ではプリンタを含むPOS端末装置を実施形態2のPOS端末装置としたが、実施形態1や実施形態3の通信部を設けた、プリンタを含むPOS端末装置としてもよいし、実施形態1〜3のプリンタを含むPOS端末装置が混在するものであってもよい。

0131

実施形態4によれば、実施形態1〜3と同様に、プリンタ機能部やロール紙収容部の構造に影響を与えることなく、ロール紙のニアエンドを検出することが可能なプリンタを有するPOS端末装置を提供することができる。さらに、POS端末装置がセルフ給油所用システムの外設機である場合、セルフ給油所の従業員は、常時外設機付近に居るとは限らず、ホスト装置を設置してある事務所等の中に居ることも多い。本実施形態によれば、セルフ給油所の従業員は、ホスト装置が設置されている事務所等において、プリンタのロール紙が終端部付近であることを知ることができるため、そのような場合に好適である。

0132

尚、以上説明した実施形態においては、図1に示すようなレジスタとも呼ばれるPOS端末装置の構成ユニットとして使用されるプリンタを例に挙げて説明したが、本発明のプリンタは、給油所の外設機のようなPOS端末装置の構成ユニットとして使用されるプリンタであってもよい。

0133

また、本発明のプリンタは、POS端末装置に内蔵されるプリンタに限らず、POS端末装置に併設されるプリンタであってもよい。

0134

さらに、本発明のプリンタは、ロール紙を使用する投げ込み式のプリンタに限らず、ロール紙を使用する軸支式のプリンタであってもよい。

0135

さらにまた、本発明のプリンタは、POS端末装置と組み合わせて使用されるプリンタに限らず、ロール紙タイプのプリンタを使用する電子機器用のプリンタ全般であってもよい。

0136

上記の実施形態の一部または全部は、以下の付記のようにも記載され得るが、以下には限られない。

0137

(付記1)印字データに基づいてロール紙に印字を行うプリンタと、プリンタに印字データを送信するPOS端末装置とを備え、
前記プリンタ内に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射しつつ紙面を撮像し、撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出することを特徴とするロール紙ニアエンド検出システム。

0138

(付記2)前記プリンタは、ロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部とを有する付記1に記載のロール紙ニアエンド検出システム。

0139

(付記3)前記プリンタが、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ニアエンドマークを識別して検出する付記2に記載のロール紙ニアエンド検出システム。

0140

(付記4)前記プリンタの内部、外部または内外に亘って装着して使用するロール紙ニアエンド検出ユニットを有し、
前記ロール紙ニアエンド検出ユニットは、前記照明部と、前記撮像部と、該照明部および該撮像部を制御する制御部とを有する付記2に記載のロール紙ニアエンド検出システム。

0141

(付記5)前記ロール紙ニアエンド検出ユニットが、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ニアエンドマークを識別して検出する付記4に記載のロール紙ニアエンド検出システム。

0142

(付記6)前記プリンタは、前記ロール紙収容部内に連通する開口部を備えた筐体と、前記筐体内に設けられ、該筐体の前記開口部に連通する開口容器状を呈し、印字を行うべきロール紙を収容するロール紙収容部と、前記筐体の前記開口部に開閉可能に取り付けられたロール紙収容部カバーとをさらに有し、
前記照明部および前記撮像部はそれぞれ、前記筐体の後方側の内壁面上または前記ロール紙収容部カバーの内側面上に取り付けられている付記2乃至5のいずれかに記載のロール紙ニアエンド検出システム。

0143

(付記7)印字を行うべきロール紙を収容するロール紙収容部と、前記ロール紙収容部に収容されたロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部とを有し、
前記撮像部によって撮像した画像データを上位装置に出力する、もしくは、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出し、検出結果を示す信号を上位装置に出力することを特徴とするプリンタ。

0144

(付記8)プリンタの内部、外部または内外に亘って装着して使用され、
ロール紙の紙面に照明光を照射する照明部と、照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像部とを有し、
前記撮像部によって撮像した画像データを上位装置に出力する、もしくは、前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出し、検出結果を示す信号を上位装置に出力することを特徴とするロール紙ニアエンド検出ユニット。

0145

(付記9)印字を行うべきロール紙の紙面に照明光を照射する照明工程と、
照明光が照射されたロール紙の紙面を撮像する撮像工程と、
前記撮像部によって撮像した画像を画像解析することにより、ロール紙の紙面に予め付されているニアエンドマークを識別して検出するマーク識別工程とを有することを特徴とするロール紙ニアエンド検出方法。

0146

(付記10)印字が終了する毎に、前記照明工程、前記撮像工程および前記マーク識別工程を実行することを特徴とする付記9に記載のロール紙ニアエンド検出方法。

0147

(付記11)前記照明部は、ロール紙の紙面の幅方向全域に照明光を照射し、
前記撮像部は、照明光が照射されたロール紙の紙面の幅方向全域を撮像することを特徴とする付記7に記載のプリンタ。

0148

(付記12)前記ロール紙収容部は、収容したロール紙の外周面を支持する付記7または11に記載のプリンタ。

0149

(付記13)前記照明部は、前記ロール紙収容部カバーの内側面上に取り付けられ、前記撮像部は、前記筐体の後方側の内壁面上に取り付けられることを特徴とする付記7、11および12のいずれかに記載のプリンタ。

0150

(付記14)前記マーク識別工程における識別結果がニアエンドマーク有りである場合に、ロール紙が終端付近である旨を表示および音声の少なくとも一方で報知するニアエンド報知工程をさらに有することを特徴とする付記9または10に記載のロール紙ニアエンド検出方法。

0151

(付記15)前記照明工程においては、ロール紙の紙面の幅方向全域に照明光を照射し、
前記撮像工程においては、照明光が照射されたロール紙の紙面の幅方向全域を撮像することを特徴とする付記9、10および14のいずれかに記載のロール紙ニアエンド検出方法。

0152

10、10’プリンタ
11、11’プリンタ制御部
11Aマーク識別部
12 用紙搬送部
13印字部
14用紙切断部
16、A16LEDランプ
17、A17カメラ
21筐体
21A 壁部
22ロール紙収容部
23 ロール紙収容部カバー
23a 軸
100、100’、100”POS端末装置
110、110’、110”端末制御部
110A マーク識別部
120、120” 入力部
130 表示部
140通信部
300ホスト装置
310システム制御部
320 通信部
330 表示部
600 ロール紙
600Aニアエンドマーク
A ロール紙ニアエンド検出ユニット
A11ユニット制御部
A19 通信部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シチズン時計株式会社の「 プリンタ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 ファンで発生した風を無駄なくサーマルヘッドの狙いの位置に当てることができるプリンタを提供する。【解決手段】 ケース2の縦壁に配置されるファン41と、ケース2の開口部2aを開閉するカバー(... 詳細

  • 東芝テック株式会社の「 画像処理装置および画像処理方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 本発明が解決しようとする課題は、所定の条件を満たした場合に宛先やアドレスを全桁表示することで適切な宛先を選択できるようにすることである。【解決手段】 上記課題を解決するために、本実施形態... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 媒体搬送装置、画像読取装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】原稿を検出するセンサーとして、上流センサーと下流センサーの双方を設けることが好ましいが、この場合コストアップを招く。【解決手段】媒体搬送装置は、搬送ローラー対が設けられた第1媒体搬送経路と、搬... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ