図面 (/)

技術 旅行情報提供装置、旅行情報提供方法、旅行情報提供プログラム、および情報表示プログラム

出願人 ヤフー株式会社
発明者 岡田義一
出願日 2016年7月6日 (3年8ヶ月経過) 出願番号 2016-133862
公開日 2018年1月11日 (2年2ヶ月経過) 公開番号 2018-005703
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 旅行予約システム スキーリフト ウェブ画像 マリンスポーツ 交通手段情報 専用通信線 スケジュール作成処理 旅行目的
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

便性を向上させることができる旅行情報提供装置などを提供すること。

解決手段

本発明の一態様は、少なくとも旅行予算を含み、更に地域以外の条件を含む絞込情報受け付ける受付部と、前記受付部により受け付けられた前記絞込情報に対し、複数の旅行プランから、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出し、抽出した旅行プランに関する情報を、地図上の前記抽出した旅行プランに含まれる移動先施設の位置に対応した位置に表示するための情報を提供する提供部と、を備える、旅行情報提供装置である。

概要

背景

ユーザの出発地位置情報に基づいて、データベースに格納された複数の目的地までの所要時間を算出し、複数の目的地のうち、算出した所要時間が許容する時間に適合する目的地を選出する旅行計画システムが知られている(特許文献1参照)。この旅行計画システムは、選出した目的地の位置情報を地図上にマッピングすることで目的地を提示している。

概要

便性を向上させることができる旅行情報提供装置などを提供すること。本発明の一態様は、少なくとも旅行予算を含み、更に地域以外の条件を含む絞込情報受け付ける受付部と、前記受付部により受け付けられた前記絞込情報に対し、複数の旅行プランから、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出し、抽出した旅行プランに関する情報を、地上の前記抽出した旅行プランに含まれる移動先施設の位置に対応した位置に表示するための情報を提供する提供部と、を備える、旅行情報提供装置である。

目的

本発明は、このような事情を考慮してなされたものであり、利便性を向上させることができる旅行情報提供装置、旅行情報提供方法、旅行情報提供プログラム、および情報表示プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも旅行予算を含み、更に地域以外の条件を含む絞込情報受け付ける受付部と、前記受付部により受け付けられた絞込情報に対し、複数の旅行プランから、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出し、抽出した旅行プランに関する情報を、前記抽出した旅行プランに含まれる移動先施設の位置に対応した地図上の位置に表示するための情報を提供する提供部と、を備える、旅行情報提供装置

請求項2

前記提供部は、抽出した旅行プランの数に相当する情報を、地図上の地域に対応付けて表示するための情報を提供する、請求項1に記載の旅行情報提供装置。

請求項3

前記提供部は、抽出した旅行プランの数に相当する情報として、前記旅行プランの数をグラフ化した画像を、地図上の地域を表す画像に対応付けて表示するための情報を提供する、請求項2に記載の旅行情報提供装置。

請求項4

前記受付部は、前記地域以外の条件として、前記移動先施設への到着時刻を含む絞込情報を受け付け、前記提供部は、前記移動先施設に前記到着時刻以前に到着することが可能な旅行プランを抽出する、請求項1から3のうちいずれか1項に記載の旅行情報提供装置。

請求項5

前記受付部は、前記地域以外の条件として、旅行中に行われる活動に関する絞込情報を受け付け、前記提供部は、前記受付部により受け付けた前記活動に関連する旅行プランを抽出する、請求項1から4のうちいずれか1項に記載の旅行情報提供装置。

請求項6

前記受付部は、前記地域以外の条件として、前記活動に割り当てる費用を含む絞込情報を受け付け、前記提供部は、前記活動に割り当てる費用を差し引いた金額の範囲内で旅行プランを抽出する、請求項5に記載の旅行情報提供装置。

請求項7

前記受付部は、前記提供部により旅行プランに関する情報を提供した場合において、前記地域を指定する絞込情報を受け付けた場合に、指定された地域に対応付けて提供した旅行プランに含まれる交通手段および/または移動先施設を含む詳細情報を提供する、請求項1から6のうちいずれか1項に記載の旅行情報提供装置。

請求項8

前記提供部は、前記提供部により前記詳細情報を提供した場合において、提供した旅行プランに含まれる前記交通手段および/または移動先施設に関連する選択肢がある場合に、前記選択肢を表す情報を提供し、前記受付部により選択肢を選択する操作を受け付けたことに応じて旅行プランを変更する、請求項7に記載の旅行情報提供装置。

請求項9

前記提供部は、前記提供部により前記詳細情報を提供した場合において、前記受付部により旅行を予約する要求を受け付けた場合、予約した旅行プランに含まれる交通手段を利用するための時刻情報を含むスケジュール情報を作成する、請求項7または8に記載の旅行情報提供装置。

請求項10

前記提供部は、前記時刻情報に基づいて、アラート通知する、請求項9に記載の旅行情報提供装置。

請求項11

少なくとも旅行の予算を含み、地域以外の条件を含む絞込情報を受け付け、受け付けた絞込情報に対し、複数の旅行プランから、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出し、抽出した旅行プランに関する情報を、抽出した旅行プランに含まれる移動先施設の位置を含む地域に対応付けて表示するための情報を提供する、旅行情報提供方法

請求項12

コンピュータに、少なくとも旅行の予算を含み、地域以外の条件を含む絞込情報を受け付けさせ、受け付けた絞込情報に対し、複数の旅行プランから、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出させ、抽出した旅行プランに関する情報を、抽出した旅行プランに含まれる移動先施設の位置を含む地域に対応付けて表示するための情報を提供させる、旅行情報提供プログラム

請求項13

コンピュータに、少なくとも旅行の予算を含み、更に地域以外の条件を含む絞込情報の入力を受け付けさせ、通信部を制御して、受け付けた絞込情報を旅行予約サーバに送信させ、前記通信部により、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランに関する情報を前記旅行予約サーバから取得させ、表示部を制御して、前記受信した旅行プランに関する情報に基づく移動先施設の位置を、地図上の前記受信した旅行プランに含まれる移動先施設の位置に対応した位置に表示させる、情報表示プログラム

技術分野

0001

本発明は、旅行情報提供装置旅行情報提供方法、旅行情報提供プログラム、および情報表示プログラムに関する。

背景技術

0002

ユーザの出発地位置情報に基づいて、データベースに格納された複数の目的地までの所要時間を算出し、複数の目的地のうち、算出した所要時間が許容する時間に適合する目的地を選出する旅行計画システムが知られている(特許文献1参照)。この旅行計画システムは、選出した目的地の位置情報を地図上にマッピングすることで目的地を提示している。

先行技術

0003

特開2004−185461号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1に記載された旅行計画システムは、ユーザが許容する所要時間に適合した目的地を選出しているので、目的地までの所要時間を重視しないユーザにとっては利便性が高いとは言えない場合があった。また、既存の旅行予約サービスは、予算の範囲内で予約することができる旅行先を検討する場合、旅行先ごとに予算を調べる必要があるため、利便性が高いとは言えない場合があった。

0005

本発明は、このような事情を考慮してなされたものであり、利便性を向上させることができる旅行情報提供装置、旅行情報提供方法、旅行情報提供プログラム、および情報表示プログラムを提供することを目的の一つとする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の一態様は、少なくとも旅行の予算を含み、更に地域以外の条件を含む絞込情報受け付ける受付部と、前記受付部により受け付けられた前記絞込情報に対し、複数の旅行プランから、前記予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出し、抽出した旅行プランに関する情報を、地図上の前記抽出した旅行プランに含まれる移動先施設の位置に対応した位置に表示するための情報を提供する提供部と、を備える、旅行情報提供装置である。

発明の効果

0007

本発明の一態様によれば、利便性を向上させることができる旅行情報提供装置などを提供することができる。

図面の簡単な説明

0008

第1実施形態の旅行予約システム1の機能構成の一例を示すブロック図である。
旅行プランデータベース221の一例を示す図である。
ユーザ情報データベース222の一例を示す図である。
予約情報データベース223の一例を示す図である。
スケジュールデータベース224の一例を示す図である。
旅行条件入力画面120の一例を示す図である。
旅行条件に対する検索結果を含む検索結果コンテンツ130の一例を示す図である。
地域を選択した検索結果の一覧を含む一覧コンテンツ140の一例を示す図である。
モデルを変更させ、または予約を確定させるための予約フォームコンテンツ150の一例を示す図である。
旅行予約サーバ200により旅行の予約を確定させる処理の流れの一例を示すフローチャートである。
予算を調整した場合における検索結果コンテンツ130の変化の一例を示す図である。
旅行中に行われる活動を推薦するための情報を含む一覧コンテンツ140Aの一例を示す図である。
旅行中に行われる活動に割り当てる費用を選択させる一覧コンテンツ140Bの一例を示す図である。
旅行中に行われる活動に割り当てる費用を選択させる一覧コンテンツ140Cの一例を示す図である。
スケジュール作成処理およびアラート通知処理の流れの一例を示すフローチャートである。
第2実施形態の旅行予約システム1Aの機能構成の一例を示すブロック図である。
ユーザ端末100Aにより旅行の予約を確定させるための処理の流れの一例を示すフローチャートである。
ユーザ端末100、および旅行予約サーバ200のハードウェア構成の一例を示す図である。

実施例

0009

以下、図面を参照し、本発明の旅行情報提供装置、旅行情報提供方法、旅行情報提供プログラム、および情報表示プログラムの実施形態について説明する。実施形態の旅行予約システムは、少なくとも旅行の予算を指定した絞込情報を受け付けた場合に、予算の範囲内で利用可能な旅行プランを、旅行先の地域に対応付けて提示するものである。これにより、実施形態の旅行予約システムは、例えば予算があるが旅行先が知りたいというニーズや、予算内でどのような旅行プランがあるかを知りたいというユーズに応えることで、より利便性の高い旅行予約サービスを提供するものである。

0010

<第1実施形態>
(旅行予約システム1の構成)
図1は、第1実施形態の旅行予約システム1の機能構成の一例を示すブロック図である。第1実施形態の旅行予約システムは、例えば、ユーザ端末100と、旅行予約サーバ200とを備える。図1の例では、1以上のユーザ端末100と、旅行予約サーバ200とが、ネットワークNWに接続されている。ネットワークNWは、例えば、無線基地局、Wi−Fiアクセスポイント通信回線プロバイダインターネットなどを含む。なお、これらの構成要素の全ての組み合わせが相互に通信可能である必要はなく、ネットワークNWは、一部にローカルなネットワークを含んでもよい。

0011

ユーザ端末100は、ユーザ(一般利用者)によって使用される装置である。ユーザ端末100は、例えば、スマートフォンなどの携帯電話タブレット端末パーソナルコンピュータなどのコンピュータ装置通信装置)である。ユーザ端末100は、例えば、通信部110と、UA(User Agent)部112と、表示部114とを備える。通信部110は、NIC(Network Interface Card)や無線通信モジュールなどの通信インターフェースである。UA部112は、ウェブブラウザなどのUA(User Agent)により実現される機能部である。UA部112は、ユーザによって所定の操作がなされることで、旅行予約サーバ200に対して要求を含むHTTP(Hypertext Transfer Protocol)リクエストを送信する。そして、UA部112は、旅行予約サーバ200から返信された検索結果を含むウェブページ(コンテンツ)に基づいてウェブ画面を生成し、表示部114に表示させる。表示部114は、液晶ディスプレイや、タッチパネルなどにより実現される。なお、コンテンツを取得して表示するための手段として、ウェブブラウザに代えて、任意のアプリケーションプログラムが使用されてもよい。

0012

旅行予約サーバ200は、旅行に関する要求を受け付けたことに対し、処理結果を応答する旅行予約サービスを提供する。旅行予約サーバ200は、例えば、通信部210と、記憶部220と、サービス提供部230とを備える。通信部210は、NICや無線通信モジュールなどの通信インターフェースである。

0013

記憶部220は、HDD(Hard Disk Drive)やフラッシュメモリ、RAM(Random Access Memory)、ROM(Read Only Memory)、或いはこれらのうち複数を組み合わせたハイブリッド型記憶装置により実現される。記憶部220には、旅行プランデータベース221と、ユーザ情報データベース222と、予約情報データベース223と、スケジュールデータベース224とが記憶される。

0014

図2は、旅行プランデータベース221の一例を示す図である。旅行プランデータベース221は、旅行プランID(PID)に、旅行代金エリア、交通手段、交通費宿泊施設宿泊代、温泉の有無、食事の有無を対応づけた情報である。交通手段は、ユーザが利用して宿泊施設まで到着するための交通機関の種類を表す情報である。宿泊施設は、移動先施設の一例である。旅行プランデータベース221は、移動先施設として、スキー場ゴルフ場などの施設を含んでもよい。なお、旅行プランは、図2に示したように、交通手段を利用して移動して移動先施設を利用するための情報に加えて、アクティビティ情報または特典情報などの他の情報を含んでいてもよい。アクティビティ情報は、例えば、旅行先において推薦するアクティビティである。特典情報は、旅行プランに付随する無料券などの情報である。

0015

図3は、ユーザ情報データベース222の一例を示す図である。ユーザ情報データベース222は、例えば、ユーザID(UID)に、ユーザ名、メールアドレス、アプリケーションプログラムのインストールの有無、自宅住所、およびその他のユーザの属性を対応付けた情報である。

0016

図4は、予約情報データベース223の一例を示す図である。予約情報データベース223は、例えば、予約ID(RID)に、ユーザID、旅行期間、および旅行プランIDを対応づけた情報である。

0017

図5は、スケジュールデータベース224の一例を示す図である。スケジュールデータベース224は、例えば、ユーザIDに、旅行プランID、起床時刻出発時刻交通手段情報、および到着時刻を対応づけた情報である。交通手段情報は、旅行プランデータベース221に含まれる利用対象の交通機関の情報に加えて、交通機関における乗り換え情報を含んでいるものとする。スケジュールデータベース224における交通手段情報は、例えば、Eにおける1番線で、FF時FF分発の電車に乗る、という情報を含む。

0018

サービス提供部230は、例えば、検索部231と、コンテンツ生成部232と、予約部233と、スケジュール作成部234と、アラート通知部235とを備える。これらの構成要素は、例えば、CPU(Central Processing Unit)などのプロセッサが、記憶部220などに記憶された旅行予約用のプログラムを実行することにより実現される。また、これらの構成要素は、LSI(Large Scale Integration)やASIC(Application Specific IntegratedCircuit)、FPGA(Field-Programmable Gate Array)などのハードウェア回路部;circuitry)によって実現されてもよいし、ソフトウェアとハードウェアの協働によって実現されてもよい。

0019

検索部231は、旅行プランデータベース221に登録された旅行プランの中から、ユーザ端末100から受信した絞込情報を満たす旅行プランを抽出する検索処理を行う。コンテンツ生成部232は、検索部231により検索された結果に基づいて、ユーザに提供するコンテンツを生成する。予約部233は、ユーザ端末100から受信した絞込情報に基づく予約が確定した場合に、確定した予約に関する旅行プラン等を予約情報データベース223に追加する。スケジュール作成部234は、旅行プランのスケジュールを、スケジュールデータベース224に追加する。アラート通知部235は、スケジュールデータベース224に格納された各種の時刻到来した場合に、アラートをユーザ端末100に送信する。

0020

(旅行条件の入力処理
図6は、旅行条件入力画面120の一例を示す図である。旅行条件入力画面120は、例えば、予算入力欄チェックイン日およびチェックアウト日の入力欄と、部屋数・利用人数の入力欄と、検索ボタンと、出発地入力欄と、出発時刻入力欄と、到着時刻入力欄と、交通手段入力欄と、旅行目的入力欄とを含む。ユーザ端末100は、表示部114により旅行条件入力画面120を表示させる。ユーザ端末100は、各入力欄を指定して各種の旅行条件を入力する操作を受け付ける。ユーザ端末100は、検索ボタンに対する操作を受け付けた際に入力されている旅行条件を表す情報を生成する。ユーザ端末100は、生成された旅行条件を表す情報を含む絞込情報を旅行予約サーバ200に送信する。

0021

(検索結果の提供処理
図7は、旅行条件に対する検索結果を含む検索結果コンテンツ130の一例を示す図である。検索結果コンテンツ130は、例えば、検索された旅行プランの数を表すバー画像132を、地図画像134における地域に対応付けて表示させるための情報である。検索結果コンテンツ130における地域は、検索された旅行プランに含まれる宿泊施設の位置を含む地域である。バー画像132は、旅行プランの数をグラフ化した画像であって、同じ地域で検索された旅行プランの数に対応した長さで描画される。また、検索結果コンテンツ130は、バー画像132の上部に配置された旅行プランの数を含む。なお、地図画像134は、正確なものでなくてもよく、模式的またはデフォルメされた地図でもよい。

0022

検索結果コンテンツ130における地域の広さの初期値は、例えば都道府県である。バー画像132の長さは、同じ都道府県で検索された旅行プランの数により決定される。ユーザ端末100は、検索結果コンテンツ130の縮尺を変更する操作を受け付けた場合に、図7の右図に示すように、地図画像134の縮尺を変更するとともに、バー画像132を配置する地域の縮尺を変更する。これにより、バー画像132は、縮尺変更された地域で検索された旅行プランの数に応じた長さで、宿泊施設の位置に対応した地域に再描画される。

0023

図8は、地域を選択した検索結果の一覧を含む一覧コンテンツ140の一例を示す図である。ユーザ端末100は、検索結果コンテンツ130のうちいずれかのバー画像132または地図画像134における地域が選択された場合、図8に示す一覧コンテンツ140を表示する。一覧コンテンツ140は、例えば、検索された旅行プラン番号に、エリア、交通手段、交通費、宿泊施設、宿泊代、温泉の有無、および食事の有無という項目を対応づけた情報の一覧を示すための情報である。これにより、旅行予約システム1は、指定された地域に対応付けて提供した旅行プランに含まれる交通手段および宿泊施設を含む詳細情報を提供する。なお、ユーザ端末100は、一覧コンテンツ140を表示した状態で、ソートする操作を受け付けた場合、ソートする条件に基づいて旅行プランまたは項目を並び替えてもよい。また、ユーザ端末100は、一覧コンテンツ140に含まれる旅行プランに含まれる項目をカスタママイズする操作を受け付けた場合に、操作に応じた要求を旅行予約サーバ200に送信することで、一覧コンテンツ140をカスタマイズ可能にしてもよい。

0024

予約受付処理
図9は、モデルを変更させ、または予約を確定させるための予約フォームコンテンツ150の一例を示す図である。ユーザ端末100は、一覧コンテンツ140のうちいずれかの旅行プランが選択された場合、図9に示す予約フォームコンテンツ150を表示する。予約フォームコンテンツ150は、例えば、旅行プラン番号、エリア、交通手段、交通手段の選択枠ホテル名、食事プランの選択枠、予約ボタン、およびモデル内容変更ボタンを含む情報である。予約フォームコンテンツ150は、交通手段または食事プランに選択肢がある場合、三角マークおよび選択肢を選択枠中に表示させる。予約フォームコンテンツ150は、選択枠が選択された場合に、全部または所定数の選択肢を表示させる。ユーザ端末100は、選択肢のうちいずれかが選択された場合、選択された選択肢を選択枠に表示させる。なお、選択肢は、検索結果コンテンツ130をダウンロードした場合に同時にダウンロードしてもよく、選択枠が選択された場合に、選択肢の送信要求を旅行予約サーバ200に送信してもよい。なお、交通手段または食事プランに選択肢がない場合、選択枠を表示させずに、一つの交通手段または食事プランを表示させてもよい。

0025

ユーザ端末100は、モデル内容変更ボタンを選択する操作を受け付けた場合、操作を受け付けた時に選択されている交通手段および食事プランを含む旅行プランの情報を旅行予約サーバ200に送信する。ユーザ端末100は、予約ボタンを選択する操作を受け付けた場合、操作を受け付けた時に選択されている旅行プランの予約を完了させる要求を旅行予約サーバ200に送信する。

0026

(旅行予約サーバ200の予約処理
以下、旅行予約サーバ200により旅行の予約する予約処理について説明する。図10は、旅行予約サーバ200により旅行の予約を確定させる処理の流れの一例を示すフローチャートである。

0027

旅行予約サーバ200は、ユーザ端末100から要求を受け付けたか否かを判定する(S100)。旅行予約サーバ200は、要求を受け付けたと判定した場合、要求に付加された旅行条件を解釈する(S102)。次に、旅行予約サーバ200は、予め旅行プランデータベース221に登録された複数の旅行プランから、予算の範囲内で交通手段を利用して移動して移動先施設を利用することが可能な旅行プランを抽出する(S106)。次に、旅行予約サーバ200は、抽出した旅行プランに含まれるエリアの情報に基づいて、検索結果コンテンツ130を生成する(S108)。旅行予約サーバ200は、生成した検索結果コンテンツ130を、要求を送信したユーザ端末100宛てに送信する(S110)。

0028

旅行予約サーバ200は、予算の範囲内で抽出できる旅行プランがない場合、検索結果として旅行プランが無いと判定し、該当する旅行プランがないことを含むコンテンツを、要求を送信したユーザ端末100宛てに送信する(S112)。

0029

旅行予約サーバ200は、他の旅行条件を受け付けたか否かを判定する(S114)。旅行予約サーバ200は、他の旅行条件を受け付けた場合、S106において抽出した旅行プランのうち、他の旅行条件に該当する旅行プランを含むコンテンツを送信する(S116)。検索結果コンテンツ130のうち選択された地域の情報は、他の旅行条件の一例である。旅行予約サーバ200は、地域を指定した旅行条件を受け付けた場合、一覧コンテンツ140を送信する。また、一覧コンテンツ140における選択した一つの旅行プランの情報は、他の旅行条件の一例である。旅行予約サーバ200は、一つの旅行プランを指定した旅行条件を受け付けた場合、予約フォームコンテンツ150を送信する。

0030

旅行予約サーバ200は、予約確定の要求を受け付けたか否かを判定する(S118)。旅行予約サーバ200は、予約確定の要求を受け付けた場合、予約情報データベース223に旅行プランに関する情報を追加する予約処理を実行する(S120)。

0031

(旅行プランの絞り込み処理
以下、旅行予約サーバ200の予約処理において、旅行プランを絞り込む処理の他の例について説明する。図11は、予算を調整した場合における検索結果コンテンツ130の変化の一例を示す図である。旅行条件入力画面120において地域を指定せず予算を指定して検索した場合、旅行予約サーバ200は、図11(A)に示す検索結果コンテンツ130Aを作成する。旅行予約サーバ200は、予算を増額させる旅行条件を受け付けた場合、増額された予算を旅行条件として旅行プランを抽出して、図11(B)に示す検索結果コンテンツ130Bを作成する。この結果、旅行予約サーバ200は、検索結果コンテンツ130Aよりも多くの旅行プランを推薦することができる。一方、旅行予約サーバ200は、予算を減額する旅行条件を受け付けた場合、減額された予算を旅行条件として旅行プランを抽出して、図11(C)に示す検索結果コンテンツ130Cを作成する。この結果、旅行予約サーバ200は、検索結果コンテンツ130Aよりも少ない旅行プランを推薦することができる。

0032

図12は、旅行中に行われる活動を推薦するための情報を含む一覧コンテンツ140Aの一例を示す図である。旅行予約サーバ200は、旅行プランの一覧に、旅行中に行われる活動としての旅行の目的を追加した一覧コンテンツ140Aを提供してもよい。一覧コンテンツ140Aには、旅行の目的に加えて、さらに検索するための検索ボタンが含まれている。旅行の目的は、例えば、スキーゴルフマリンスポーツ、温泉である。旅行予約サーバ200は、例えば、旅行プランデータベース221において旅行プランに対応付けられたアクティビティ情報または特典情報に基づいて旅行の目的を推薦する。旅行予約サーバ200は、例えば、アクティビティ情報として、例えば、スキー場に隣接している立地条件アピールする情報や、特典情報として、例えば、無料のスキーリフト券などが旅行プランデータベース221に含まれている場合、スキーを推薦する。

0033

一覧コンテンツ140Aに含まれる旅行の目的は、旅行の目的を推薦する情報の一例である。旅行の目的を推薦する情報は、検索結果コンテンツ130において地図上に表示されたスキーの絵柄や温泉の絵柄のようなアイコンであってもよい。

0034

図13は、旅行の目的に割り当てる費用を選択させる一覧コンテンツ140Bの一例を示す図である。旅行予約サーバ200は、例えば旅行の目的として「スキー」を選択する情報を受け付けた場合において、旅行の目的に割り当てる費用を含む一覧コンテンツ140Bを提供してもよい。図13における「スキーのレンタル有り」を表す情報は、旅行の目的に割り当てる費用の一例である。一覧コンテンツ140Bには、検索ボタンが含まれる。旅行予約サーバ200は、スキーのレンタル有りが選択されたことに基づく絞込情報を受け付けた場合、予算からスキーのレンタル料を差し引いた金額の範囲内で旅行プランを抽出する。これにより、旅行予約サーバ200は、減額された予算を旅行条件として旅行プランを抽出して、再度検索結果コンテンツ130を提供する処理などを行うことができる。

0035

図14は、旅行中に行われる活動に割り当てる費用を選択させる一覧コンテンツ140Cの一例を示す図である。旅行予約サーバ200は、旅行プランの一覧に、旅行中に行われる活動としての旅行の目的に割り当てる費用を選択させる情報を追加した一覧コンテンツ140Cを提供してもよい。旅行プランの一覧の下方における上限金額を選択させる情報は、旅行の目的に割り当てる費用を選択させる情報の一例である。一覧コンテンツ140Cには、検索ボタンが含まれる。旅行予約サーバ200は、上限金額が選択されたことに基づく絞込情報を受け付けた場合、予算から上限金額を差し引いた金額の範囲内で旅行プランを抽出する。これにより、旅行予約サーバ200は、減額された予算に基づいて旅行プランを抽出して、再度検索結果コンテンツ130を提供する処理などを行うことができる。旅行中に行われる活動または旅行中に行われる活動に割り当てる費用が選択された場合、旅行予約サーバ200は、例えば、旅行プランの数を増減させると共に、図11に示したように検索結果コンテンツ130を切り替えてもよい。

0036

また、旅行予約サーバ200は、宿泊施設への到着時刻を含む絞込情報を受け付けた場合、宿泊施設に到着時刻以前に到着することが可能な旅行プランを抽出する。旅行予約サーバ200は、到着時刻が前倒しに設定された場合、図11(C)に示すように旅行プランの数を減らした検索結果コンテンツ130Cに切り替える。一方、到着時刻が遅い時間にずらされた場合、旅行予約サーバ200は、図11(B)に示すように旅行プランの数を増やした検索結果コンテンツ130Bに切り替える。

0037

さらに、旅行の目的としてスキーが選択された場合、旅行の目的に割り当てる費用が高くなるので、旅行予約サーバ200は、図11(C)に示すように旅行プランの数を減らした検索結果コンテンツ130Cに切り替える。一方、旅行の目的として温泉が選択された場合、旅行の目的に割り当てる費用が高くないので、旅行予約サーバ200は、図11(B)に示すように旅行プランの数を増やした検索結果コンテンツ130Bに切り替える。

0038

(スケジュール作成処理およびアラートの通知処理)
以下、旅行の予約が完了した場合において、予約した旅行プランに基づいてスケジュール情報を作成し、アラートを通知することについて説明する。図15は、スケジュール作成処理およびアラートの通知処理の流れの一例を示すフローチャートである。

0039

まず、旅行予約サーバ200は、予約が完了したか否かを判定する(S200)。旅行予約サーバ200は、予約が完了した場合、スケジュール情報を作成する(S202)。旅行予約サーバ200は、スケジュールデータベース224に完了した予約に関するスケジュール情報を追加する。このとき、旅行予約サーバ200は、旅行プランにおける交通手段の出発時刻、ユーザの自宅住所から交通手段までの距離に基づく移動時間、および所定の準備時間に基づいて、自宅からの出発時刻、および起床時刻を算出する。また、旅行予約サーバ200は、交通手段の移動時間、および宿泊施設の位置情報に基づいて、宿泊施設への到着時刻を算出する。

0040

次に、旅行予約サーバ200は、作成したスケジュール情報をユーザ端末100に送信する。これにより、旅行予約サーバ200は、旅行のスケジュールをユーザに提示することができる。次に、旅行予約サーバ200は、起床時刻が到来したか否かを判定する(S206)。旅行予約サーバ200は、起床時刻が到来した場合、アラートを送信する(S208)。次に、旅行予約サーバ200は、出発時刻が到来したか否かを判定する(S210)。旅行予約サーバ200は、出発時刻が到来した場合、アラートを送信する(S212)。次に、旅行予約サーバ200は、乗り換え案内イミングが到来したか否かを判定する(S214)。旅行予約サーバ200は、乗り換え案内タイミングが到来した場合、アラートを送信する(S216)。これにより、旅行予約サーバ200は、起床時刻、出発時刻、および乗り換え案内タイミングが到来した場合に、ユーザ端末100を用いてアラートを通知する。

0041

以上説明した第1実施形態の旅行予約システム1によれば、少なくとも予算を含み、地域以外の条件に対し、予め登録された複数の旅行プランから予算の範囲内の旅行プランを抽出し、抽出した旅行プランに関する情報を、旅行プランに含まれる移動先施設の位置に対応した地図上の位置に表示するための検索結果コンテンツ130を提供するので、予算内で予約することができる旅行先を提示することができ、特定の旅行先がなく旅行先を検討しているユーザの利便性を向上させることができる。旅行予約システム1は、例えば、ユーザが旅行先として想定していなかったエリアを旅行先とした旅行プランを提示することにより、旅行先として検討させ、予約を確定させることができる。

0042

また、第1実施形態の旅行予約システム1によれば、抽出した旅行プランの数に相当する情報を、地図上の地域に対応付けて表示する情報を提供する。また、旅行予約システム1によれば、抽出した旅行プランの数に相当する情報として、旅行プランの数をグラフ化した画像を、地図上の地域を表す画像に対応付けて表示する情報を提供する。これにより、旅行予約システム1によれば、予算の範囲内で予約することができる旅行プランを一目で知らせることができ、ユーザの利便性を向上させることができる。

0043

また、第1実施形態の旅行予約システム1によれば、移動先施設への到着時刻を含む絞込情報を受け付け、移動先施設に到着時刻以前に到着することが可能な旅行プランを抽出するので、予算に加えて到着時間という大凡のスケジュールを持っているユーザに対して予約することができる旅行先を提示することができ、利便性をさらに向上させることができる。

0044

さらに、第1実施形態の旅行予約システム1によれば、旅行中に行われる活動に関する情報を受け付けた場合に、旅行中に行われる活動に関連する旅行プランを抽出するので、旅行中に行われる活動を検討しているユーザの利便性を向上させることができる。

0045

さらに、第1実施形態の旅行予約システム1によれば、旅行中に行われる活動に割り当てる費用を含む絞込情報を受け付けた場合に、予算から旅行中に行われる活動に割り当てる費用を差し引いた金額の範囲内で旅行プランを抽出するので、ユーザが指定した予算内で、旅行中に行われる活動に割り当てる費用を含めて予約をすることができる旅行プランを提示することができ、ユーザの利便性を向上させることができる。

0046

さらに、第1実施形態の旅行予約システム1によれば、旅行を予約する要求を受け付けた場合、予約した旅行モデルに含まれる交通手段を利用するための時刻情報を含むスケジュール情報を作成するので、スケジュール情報をユーザに提示することでユーザの利便性をさらに向上させることができる。

0047

さらに、第1実施形態の旅行予約システム1によれば、スケジュール情報における時刻情報に基づいて、アラートを通知するので、ユーザの利便性をさらに向上させることができる。

0048

<第2実施形態>
以下、第2実施形態について説明する。第2実施形態は、ユーザ端末100に、旅行予約サーバ200が提供する旅行予約サービスに関連するアプリケーションプログラム(情報表示プログラム)をインストールし、ユーザ端末100によりコンテンツを作成する処理を行う点で第1実施形態とは異なる。図16は、第2実施形態の旅行予約システム1Aの機能構成の一例を示すブロック図である。コンテンツを作成する処理は、第1実施形態では、ウェブ画像を生成する処理として旅行予約サーバ200によって行われていたものである。第2実施形態では、例えばアプリ画像のように旅行予約サーバ200Aにおいて生成される画像を生成するための各種パラメータを旅行予約サーバ200Aからユーザ端末100Aに送信し、画像の描画をユーザ端末100Aにより行う。

0049

第2実施形態の旅行予約サーバ200Aは、コンテンツ生成部232に代えて、パラメータ生成部236を備える。パラメータ生成部236は、ユーザ端末100Aにインストールされたアプリケーションプログラムによってアプリ画像を生成するためのパラメータを生成する。

0050

第2実施形態のユーザ端末100Aは、通信部110および表示部114に加えて、UI(User Interface)部116と、描画処理部118とを備える。UI部110は、例えばユーザに各種情報を提示する共にユーザの操作を受け付けるタッチパネルであるが、これに限定されず、操作ボタン、またはマウス等のポインティングデバイスであってもよい。描画処理部118は、表示部114を制御して、表示部114にアプリ画像を表示させるための描画処理を行う。ユーザ端末100Aにおいて、通信部110、UI部116、描画処理部118、および表示部114がアプリケーションプログラムにより制御される。

0051

図17は、ユーザ端末100Aにより旅行の予約を確定させるための処理の流れの一例を示すフローチャートである。まず、ユーザ端末100Aは、旅行予約サーバ200Aが提供する旅行予約サービスにアクセスすることで(S300)、旅行条件の入力画面を表示させる。ユーザ端末100Aは、ユーザ端末100Aに予め設定された条件入力用のテンプレート画像を読み出すことで旅行条件の入力画面を表示させる。次に、ユーザ端末100Aは、旅行条件の入力画面に対して旅行条件を入力する操作を受け付ける(S302)。次に、ユーザ端末100Aは、旅行条件に基づいて旅行プランを検索する操作を受け付けたか否かを判定する(S304)。

0052

ユーザ端末100Aは、旅行プランを検索する操作を受け付けた場合、旅行条件を含む絞込情報を旅行予約サーバ200Aに送信する(S306)。次に、ユーザ端末100Aは、送信した絞込情報に対する結果(パラメータ)を受信したか否かを判定する(S308)。ユーザ端末100Aは、予め内部に記憶した結果表示用の地図画像に、旅行予約サーバ200Aから受信した結果を重畳して表示する(S310)。ユーザ端末100Aは、例えば、予め地図画像134を記憶しておき、旅行予約サーバ200Aから地域に対応する検索件数を表すパラメータを受信する。ユーザ端末100Aは、検索件数に対応するバー画像132を生成し、生成したバー画像132と地図画像134とを合成させることで検索結果コンテンツ130を作成する。

0053

次にユーザ端末100Aは、検索結果コンテンツ130における地域を選択する操作を受け付けたか否かを判定する(S312)。ユーザ端末100Aは、地域を選択する操作を受け付けた場合、選択された地域における旅行プランの一覧および旅行プランの一覧に含まれる詳細情報(パラメータ)を旅行予約サーバ200Aからダウンロードし、一覧コンテンツ140を表示する(S314)。これにより、ユーザ端末100Aは、一覧コンテンツ140に含まれる旅行プランが選択された場合、予約フォームコンテンツ150を作成することができる。ユーザ端末100Aは、予め設定された旅行プランの一覧および予約フォームのテンプレート画像を読み出し、ダウンロードしたパラメータに基づいて一覧コンテンツ140および予約フォームコンテンツ150を表示させる。

0054

次に、ユーザ端末100Aは、予約が確定したか否かを判定する(S316)。ユーザ端末100Aは、予約フォームコンテンツ150における予約ボタンが選択された場合、予約が確定したと判定する。ユーザ端末100Aは、予約が確定したと判定した場合、予約確定の要求を旅行予約サーバ200Aに送信する(S318)。

0055

以上説明したように、第2実施形態の旅行予約システム1Aによれば、ユーザ端末100Aにより検索結果コンテンツ130を作成することにより、予算内で予約することができる旅行先を提示することができ、旅行先を検討しているユーザの利便性を向上させることができる。

0056

なお、第2実施形態においては、ユーザ端末100Aが旅行条件入力画面120、検索結果コンテンツ130、一覧コンテンツ140、および予約フォームコンテンツ150を作成することについて説明したが、これに限定されず、一部のコンテンツを旅行予約サーバ200A側で作成してもよい。

0057

<ハードウェア構成>
図18は、ユーザ端末100、および旅行予約サーバ200のハードウェア構成の一例を示す図である。本図は、ユーザ端末100がスマートフォンなどの携帯電話である例を示している。ユーザ端末100は、例えば、CPU101、RAM102、ROM103、フラッシュメモリなどの二次記憶装置104、タッチパネル105、および無線通信モジュール106が、内部バスあるいは専用通信線によって相互に接続された構成となっている。旅行予約サービスに関連するアプリケーションプログラムは、ネットワークNWを介してダウンロードされ、二次記憶装置104に格納される。

0058

旅行予約サーバ200は、例えば、NIC201、CPU202、RAM203、ROM204、フラッシュメモリやHDDなどの二次記憶装置205、およびドライブ装置206が、内部バスあるいは専用通信線によって相互に接続された構成となっている。ドライブ装置206には、光ディスクなどの可搬型記憶媒体が装着される。二次記憶装置205、またはドライブ装置206に装着された可搬型記憶媒体に記憶されたプログラムがDMAコントローラ(不図示)などによってRAM203に展開され、CPU202によって実行されることで、旅行予約サーバ200の機能部が実現される。

0059

以上、本発明を実施するための形態について実施形態を用いて説明したが、本発明はこうした実施形態に何等限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々の変形及び置換を加えることができる。

0060

1…旅行予約システム、100…ユーザ端末、110…通信部、112…UA部、114…表示部、116…UI部、118…描画処理部、120…旅行条件入力画面、130…検索結果コンテンツ、132…バー画像、134…地図画像、140…一覧コンテンツ、150…予約フォームコンテンツ、200…旅行予約サーバ、210…通信部、220…記憶部、221…旅行プランデータベース、222…ユーザ情報データベース、223…予約情報データベース、224…スケジュールデータベース、230…サービス提供部、231…検索部、232…コンテンツ生成部、233…予約部、234…スケジュール作成部、235…アラート通知部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社日立製作所の「 電力系統連系制御装置及び方法」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】 蓄電装置を用いることなく無停電で自立運転へ移行するための技術を提供する。【解決手段】 上記課題を解決するために、本発明に係る電力系統連系制御装置は、基幹系統から独立して自立運転可能な電力... 詳細

  • 日本電気株式会社の「 充電設備案内システム、充電設備案内方法及びプログラム」が 公開されました。( 2019/06/20)

    【課題】電力系統の安定化への貢献。【解決手段】充電設備案内システムは、電気自動車のバッテリーの充電状態を取得する手段と、複数の配電エリアに配置された充電設備の情報を記憶する手段と、前記複数の配電エリア... 詳細

  • 株式会社インテックの「 情報処理装置及びプログラム」が 公開されました。( 2019/06/20)

    【課題】相同組み換えを抑制し、目的タンパク質の生産量を高めることが可能な情報処理装置及びプログラムを提供する。【解決手段】アミノ酸配列、遺伝子数及びコドン頻度表を表すデータに基いて生成されたデータであ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ