図面 (/)

技術 計算装置、計算方法、及びプログラム

出願人 カシオ計算機株式会社
発明者 高島敏文有川和彦吉澤博明吉川裕紀玉本真一
出願日 2016年6月30日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2016-131052
公開日 2018年1月11日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2018-005530
状態 特許登録済
技術分野 電卓等
主要キーワード 計算キー 丸め方 表示数値 状態表示エリア 端数処理 計算処理プログラム 計算モード 最大桁
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

簡単な操作で、複数の税率に基づいた各込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能な計算装置を提供する。

解決手段

数値を入力して税込1計算キー11bが操作されると、税率1で計算された税込額が税率1合計メモリに記憶されて表示され、数値入力して税込2計算キー11cが操作されると、税率2で計算された税込額が税率2合計メモリに記憶されて表示される。税計算合計キー11fが操作されると、前記税率1合計メモリに記憶された税率1の税込額の合計額(第1税込合計額)と前記税率2合計メモリに記憶された税率2の税込額の合計額(第2税込合計額)とを合計した税込総合計額が表示されお釣り計算用合計メモリに記憶される。預り金としての数値を入力してお釣りキー11xが操作されると、当該預り金としての数値から前記税込総合計額を減算した結果の数値がお釣りとして表示される。

概要

背景

従来、購入品価格の合計計算、預り金額等の入力指示釣り銭等の計算、金額等の表示を行なう電子キャッシュレジスタが考えられている(例えば、特許文献1参照。)。

また、電卓であっても、計算式を入力して計算結果を表示した後に、預かり金額を入力して[CHANGE](お釣りキーを操作するだけで、お釣りの計算を行ない表示する製品が開発されている。

概要

簡単な操作で、複数の税率に基づいた各込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能な計算装置を提供する。数値を入力して税込1計算キー11bが操作されると、税率1で計算された税込額が税率1合計メモリに記憶されて表示され、数値入力して税込2計算キー11cが操作されると、税率2で計算された税込額が税率2合計メモリに記憶されて表示される。税計算合計キー11fが操作されると、前記税率1合計メモリに記憶された税率1の税込額の合計額(第1税込合計額)と前記税率2合計メモリに記憶された税率2の税込額の合計額(第2税込合計額)とを合計した税込総合計額が表示されお釣り計算用合計メモリに記憶される。預り金としての数値を入力してお釣りキー11xが操作されると、当該預り金としての数値から前記税込総合計額を減算した結果の数値がお釣りとして表示される。

目的

本発明は、このような課題に鑑みなされたもので、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各税込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能になる計算装置、計算方法、及びその制御プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の込額の数値データを算出する第1税込額算出手段と、ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出する第2税込額算出手段と、ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記第1税込額算出手段により算出された第1の税込額の数値データと前記第2税込額算出手段により算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させる税込総合計額表示手段と、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段と、を備えたことを特徴とする計算装置

請求項2

前記税込総合計額表示手段により税込総合計額の数値データが表示された後、ユーザによる前記第1税計算キーの操作に応じて前記第1の税込額を合計した第1税込合計額の数値データを表示させる第1税込合計額表示手段と、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力された後に、ユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記第1税込合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる第1税込合計お釣り表示手段と、を備えたことを特徴とする請求項1に記載の計算装置。

請求項3

前記税込総合計額表示手段により税込総合計額の数値データが表示された後、ユーザによる前記第2税計算キーの操作に応じて前記第2の税込額を合計した第2税込合計額の数値データを表示させる第2税込合計額表示手段と、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力された後に、ユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記第2税込合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる第2税込合計お釣り表示手段と、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記第1税込合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段と、を備えたことを特徴とする請求項2に記載の計算装置。

請求項4

前記第3税計算キーの操作毎に、前記税込総合計額表示手段により表示された前記税込総合計額の数値データと当該税込総合計額に対応する税抜総合計額の数値データと当該税込総合計額に対応する税総合計額の数値データとを切り替えて表示させる総合計切り替え表示手段を備え、前記税込総合計お釣り表示手段は、前記総合計切り替え表示手段により前記税込総合計額の数値データが表示された後に、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる、ことを特徴とする請求項1乃至請求項3の何れか1項に記載の計算装置。

請求項5

ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の税込額の数値データを算出し、ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出し、ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記算出された第1の税込額の数値データと前記算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させ、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる、ようにした計算方法

請求項6

コンピュータを、ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の税込額の数値データを算出する第1税込額算出手段と、ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出する第2税込額算出手段と、ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記第1税込額算出手段により算出された第1の税込額の数値データと前記第2税込額算出手段により算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させる税込総合計額表示手段と、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段、として機能させるためのコンピュータ読み込み可能なプログラム

技術分野

0001

本発明は、お釣り計算機能を備えた計算装置計算方法、及びその制御プログラムに関する。

背景技術

0002

従来、購入品価格の合計計算、預り金額等の入力指示釣り銭等の計算、金額等の表示を行なう電子キャッシュレジスタが考えられている(例えば、特許文献1参照。)。

0003

また、電卓であっても、計算式を入力して計算結果を表示した後に、預かり金額を入力して[CHANGE](お釣り)キーを操作するだけで、お釣りの計算を行ない表示する製品が開発されている。

先行技術

0004

特開平09−035143号公報

発明が解決しようとする課題

0005

前記従来の電子キャッシュレジスタや電卓では、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことはできない。

0006

本発明は、このような課題に鑑みなされたもので、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各税込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能になる計算装置、計算方法、及びその制御プログラムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明に係る計算装置は、ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の税込額の数値データを算出する第1税込額算出手段と、ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出する第2税込額算出手段と、ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記第1税込額算出手段により算出された第1の税込額の数値データと前記第2税込額算出手段により算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させる税込総合計額表示手段と、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段と、を備えたことを特徴としている。

発明の効果

0008

本発明によれば、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各税込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能になる。

図面の簡単な説明

0009

計算装置の実施形態に係る電卓10(電卓10A,10B)の外観構成を示す正面図。
本実施形態における電卓10の電子回路の構成を示すブロック図。
本実施形態における電卓10の計算機能の動作(その1)を説明するためのフローチャート
本実施形態における電卓10の計算機能の動作(その2)を説明するためのフローチャート。
本実施形態における電卓10の計算機能の動作(その3)を説明するためのフローチャート。
本実施形態における電卓10の計算機能の動作(その4)を説明するためのフローチャート。
本実施形態における電卓10の計算機能の税率設定処理を説明するためのフローチャート。
本実施形態における電卓10の税計算機能の説明で使用する入力される数値(税抜額)、税込額、税額の例を示す図。
本実施形態における電卓10の税計算機能を説明するための入力操作と表示の具体例(その1)を示す図。
本実施形態における電卓10のお釣り計算機能の説明で使用する入力される数値(税抜額)、税込額、税額の例を示す図。
本実施形態における電卓10のお釣り計算機能を説明するための入力操作と表示の具体例を示す図。
本実施形態における電卓10の税計算機能を説明するための入力操作と表示の具体例(その2)を示す図。

実施例

0010

以下、図面により本発明の実施の形態について説明する。

0011

図1(A)(B)は、本実施形態に係る計算装置の外観構成を示す正面図である。本実施形態では、計算装置を計算専用の電卓10A,10Bとして実現している。

0012

なお、計算装置は、電卓10A,10Bとして構成する他、計算機能を有する(計算処理プログラム実装された)パーソナルコンピュータタブレット型コンピュータスマートフォン携帯電話機タッチパネル式PDA(personal digital assistants)、電子ブック携帯ゲーム機等として構成することができる。なお、電卓10のような物理的なキー(ボタン)が実装されていない計算装置は、電卓10のキーと同様なソフトウェアキーボードを表示し、このソフトウェアキーボードに対するキー操作に応じて計算処理を実行する。

0013

図1(A)(B)に示す電卓10A,10Bは、筐体に実装されるキーが異なるだけで、実質的に同じ処理を実行可能である。図1(A)はジャストタイプの電卓10Aを示し、図1(B)はミニジャストタイプの電卓10Bを示している。電卓10Aと電卓10Bは、電卓10Aに、端数処理(数値の丸め方法)について設定するためのラウンドセレクタ11yと小数点セレクタ11zが設けられている点が異なる。

0014

図1(A)に示す電卓10Aについて説明する。本実施形態における電卓10Aは、複数の税率(以下では税率1(例えば「10%」)と税率2(例えば「8%」)の2つの税率)に基づいた税計算をする税計算機能、前記税計算機能により計算された複数の税率の各税込額の総合計額を対象に預り金からお釣り計算をするお釣り計算機能が設けられている。

0015

電卓10Aの筐体正面には、複数のキーを含むキー入力部11および表示部12が設けられる。キー入力部11には、数値キー演算キー、税計算機能キー、お釣り計算機能キー、機能キー、が設けられる。数値キーには、例えば[00][0]〜[9]のそれぞれに対応する複数のキーを含む。演算キーには、例えば[+](加算)キー、[−](減算)キー、[×](乗算)キー、[÷](除算)キー11h、[=]キーのそれぞれに対応する複数のキーを含む。税計算機能キーには、税計算キー(第1税計算キー)11b、税込2計算キー(第2税計算キー)11c、税抜1計算キー11d、税抜2計算キー11e)、税計算合計キー11fが設けられる。お釣り計算機能キーには、お釣りキー11xが設けられる。機能キーには、例えばオールクリアキー([AC]キー11a)、クリアキー([C]キー)、複数のメモリキー([MC][MR][M−][M+])、グランドトータルキー([GT]キー)、ルートキー([√]キー)、[%]キー11gなどが含まれる。

0016

ラウンドセレクタ11yは、端数処理の計算方法を設定する。例えば、「F」設定は、表示部12に小数点以下を含む表示可能な最大桁の表示を指定する。「CUT」設定は、小数点セレクタ11zで指定された桁の切り捨てを指定する。「UP」設定は、小数点セレクタ11zで指定された桁の切り上げを指定する。「5/4」設定は、小数点セレクタ11zで指定した桁の四捨五入を指定する。小数点セレクタ11zは、小数点以下を何桁まで表示部12に表示させるかを設定する。なお、「ADD」設定は、入力された数値に対して所定の桁数への小数点設定を指定する。

0017

表示部12は、ドットマトリクス型の液晶表示ユニットからなる。表示部12には、キー入力部11のキーに対する操作により入力された数値が表示される。表示部12には、限られた行数分(例えば1行)の数値が表示される。また、表示部12の辺に沿って設けられた状態表示エリアには、設定中の計算モードや各種設定状態を示す文字記号シンボル)が表示される。

0018

図1(B)に示す電卓10Bは、図1(A)に示す電卓10Aと同じ機能が割り当てられたキーが設けられている。電卓10Aと同じ機能が割り当てられたキーには、電卓10Aと同じ符号を付して説明を省略する。

0019

図2は、本実施形態における電卓10(電卓10A,10B)の電子回路の構成を示すブロック図である。電卓10の電子回路は、CPU21を含む、コンピュータを構成する複数のユニットを備えている。

0020

CPU21は、メモリ22に記憶された計算処理プログラム22aを実行することにより、回路各部の動作を制御する。入力操作が行われると、CPU21は、キー入力部11からのキー入力信号により入力操作がされたキーを検出し、検出された各キーに応じた各種の演算処理を実行する。電卓10は、CPU21が計算処理プログラム22aに記述された命令に従い回路各部の動作を制御し、ソフトウェアハードウェアとが協働して動作することにより、以下の動作説明で述べる計算機能による処理を含む計算処理を実現する。

0021

計算処理プログラム22aは、予めメモリ22に記憶されていても良いし、記録媒体読取部23を介してメモリカード等の外部記録媒体23から読み込まれても良いし、あるいは通信部25を介して通信ネットワークN(インターネット等を含む)上のサーバ30からダウンロードされても良い。

0022

メモリ22には、計算処理プログラム22aが記憶される他に、税率1合計メモリエリア22b、税率2合計メモリエリア22c、税合計メモリエリア22d、税合計後モードデータ22e、お釣り計算用合計メモリエリア22fなど各データを記憶するエリアが設けられる。

0023

税率1合計メモリエリア22bは、税率1に基づいた税計算により算出されるデータを記憶するためのエリアである。税率1合計メモリエリア22bには、キー入力部11の入力操作により入力された税抜額(第1税抜額)を示す数値に対して、税率1を用いて計算された税込額(第1税込額)、税額(第1税額)、及び税抜額(第1税抜額)が、少なくとも1つの数値について記憶される。また、税率1合計メモリエリア22bには、少なくとも1つの数値に対応する第1税込額の合計を示す第1税込合計額、第1税込合計額に対応する第1税抜合計額、第1税込合計額に対応する第1税合計額が記憶される。

0024

税率2合計メモリエリア22cは、税率2に基づいた税計算により算出されるデータを記憶するためのエリアである。税率2合計メモリエリア22cには、キー入力部11の入力操作により入力された税抜額(第2税抜額)を示す数値に対して、税率2を用いて計算された税込額(第2税込額)及び税額(第2税額)と、税抜額(第2税抜額)が、少なくとも1つの数値について記憶される。また、税率2合計メモリエリア22cには、少なくとも1つの数値に対応する第2税込額の合計を示す第2税込合計額、第2税込合計額に対応する第2税抜合計額、第2税込合計額に対応する第2税合計額が記憶される。

0025

税合計メモリエリア22dは、税率1に基づいた税計算により算出される数値と、税率2に基づいた税計算により算出される数値の合計を示すデータを記憶するためのエリアである。税合計メモリエリア22dには、税計算合計キー11fの入力操作に応じて、第1税込合計額と第2税込合計額とを合計した税込総合計額、税込総合計額に対応する税抜総合計額、税込総合計額に対応する税総合計額が記憶される。

0026

税合計後モードデータ22eは、税計算合計キー11fの入力操作に応じて税込総合計額が算出された後の状態にあるか否か(税合計後モードオンオフ)を示すデータである。

0027

税合計後モードは、税込総合計額が算出された時にオンされ、税込1計算キー11b及び税込2計算キー11c及びお釣りキー11x以外のキー、例えば[AC]キー11aが操作された場合や数値キーが操作されることにより新たな数値入力が行われた場合にオフされる。

0028

税合計後モードがオン状態(税込総合計額の算出後の状態)の場合には、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cに対する操作が行われると、(第1/第2)税込合計額が表示される(税込合計額表示制御処理)。なお、税合計後モードは、前記税込総合計額が算出表示された直後と、第1税込合計額が表示された直後と、第2税込合計額が表示された直後とにおいては、数値キーの操作により新たな数値入力が行われた場合でもオフされない。そして同じキー(税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11c)が操作される毎に、(第1/第2)税込合計額に対応する税抜合計額、(第1/第2)税込合計額に対応する税合計額を切り替えて順次表示させる。

0029

また、税合計後モードがオフ状態の場合(つまり税込総合計額の算出後でない状態)に、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cに対する操作が行われると、表示数値を税抜額とした場合の(第1/第2)税込額が表示される(税込額表示制御処理)。そして同じキー(税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11c)が操作されると、(第1/第2)税額が表示される。

0030

お釣り計算用合計メモリエリア22fには、前記税計算合計キー11fが操作される毎に計算された税込総合計額が上書きされて記憶され、また、前記税計算合計キー11fの操作に応じてオンされた税合計後モードでは、税込1計算キー11bの操作により第1税込合計額が表示される毎に当該第1税込合計額が上書きされて記憶され、税込2計算キー11cの操作により第2税込合計額が表示される毎に当該第2税込合計額が上書きされて記憶される。

0031

次に、本実施形態における電卓10の動作について説明する。図3図4図5図6及び図7は、本実施形態における電卓10の計算機能の動作を説明するためのフローチャートである。図8図9図10図11及び図12は、本実施形態における電卓10の税計算機能及びお釣り計算機能を説明するための入力操作と表示の具体例を示す図である。

0032

ここでは、先ず一連の税計算機能を説明した後に、税込合計額を対象とするお釣り計算機能について説明する。

0033

(税計算機能)
まず、ユーザは、計算を開始前に表示をクリアするため、[AC]キー11aを操作(押下)する。CPU21は、[AC]キー11aが操作されると(ステップA1、Yes)、税計算に使用するメモリ22の各エリア、すなわち税率1合計メモリエリア22b、税率2合計メモリエリア22c、及び税合計メモリエリア22dを全てクリアする(ステップA2)。また、CPU21は、税合計後モードデータ22eに記憶された税合計後モードをオフする(ステップA3)。図9(A1)は、[AC]キー11aが操作された場合の表示例を示している。また、先の税計算結果などの数値が図12(A1)のように表示された状態で[AC]キー11aが操作された場合には、CPU21は、図12(A2)に示すように、先に表示された数値をクリアして「0」を表示する。

0034

[AC]キー11aの入力操作の直後に、税込1計算キー11bに対する入力操作を検出した場合(ステップA8、A9、Yes)、CPU21は、税込1計算キー11bに対して設定された税率1を表示部12において表示させる(ステップA10)。本実施形態では、初期設定において、税率1として「10%」が設定されている。同様にして、[AC]キー11aの入力操作の直後に、税込2計算キー11cに対する入力操作を検出した場合(ステップA26、A27、Yes)、CPU21は、税込2計算キー11cに対して設定された税率2を表示部12において表示させる(ステップA38)。本実施形態では、初期設定において、税率2として「8%」が設定されている。

0035

次に、計算の対象とする数値を入力するためにユーザにより数値キーが操作されると(ステップA4、Yes)、CPU21は、入力操作された数値キーに応じた数値(数値コード)を入力し、入力された数値を表示部12において表示させる(ステップA5)。また、CPU21は、税合計後モードデータ22eに記憶された税合計後モードをオフする(ステップA3)。続いて、演算キーが操作されると(ステップA6、Yes)、CPU21は、入力操作された演算キーに応じた演算演算コード)を入力して、入力された演算の演算(記号)シンボルを表示部12の状態表示エリアにおいて表示させる(ステップA7)。また、CPU21は、税合計後モードデータ22eに記憶された税合計後モードをオフする(ステップA3)。また、CPU21は、入力された演算コードと入力済みの数値コードをもとに演算を実行し、演算途中の結果を表示部12に表示させる。以下、同様にして、数値コードと演算コードの入力が繰り返されることにより、CPU21は、入力された数値コードと演算コードとを順次記憶していく。そして、ユーザ操作により「=」(イコール)キーが操作されると、CPU21は、入力操作された演算キー(「=」キー)に応じた演算コードを入力し、それまでに入力された数値コードと演算コード(「=」コード)に応じた計算を実行し、計算結果を表示部12に表示させる(ステップA4〜A7)。

0036

こうして、表示部12に数値が表示された状態において、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cの入力操作を検出した場合、CPU21は、表示部12に表示された税抜額を示す数値に対して、入力操作がされた税計算キーに応じた税率をもとに税計算を実行する。なお、前述した説明では、表示部12に表示された数値は、演算によって入力(表示)されているが、単に数値キーの入力操作により入力された数値を税計算の対象とすることができる。

0037

例えば、CPU21は、税込1計算キー11bの入力操作を検出した場合(ステップA8、Yes)、税合計後モードがオフ状態にあるため(ステップA11、Yes)、税計算の対象とする表示中の数値について、税率1(例えば「10%」)をもとに税込額及び税額を計算して、表示中の数値が示す税抜額と共に税率1合計メモリエリア22bに記憶させる(ステップA12)。また、CPU21は、税率1をもとに計算した税込額を表示部12に表示させる(ステップA13)。同様にして、数値キーの操作により入力された数値(あるいは演算により算出された数値)を表示部12に表示させた状態で(ステップA4〜A7)、税込1計算キー11bの入力操作を検出した場合(ステップA8、Yes)、CPU21は、表示部12に表示中の数値について税率1をもとに税計算をして、計算結果を税率1合計メモリエリア22bに記憶させると共に税込額を表示部12に表示させる(ステップA8〜A13)。すなわち、複数の数値に対する税計算を続けて指示することができる。

0038

また、CPU21は、税込2計算キー11cの入力操作を検出した場合(ステップA26、Yes)、税合計後モードがオフ状態にあるため(ステップA29、Yes)、税計算の対象とする表示中の数値について、税率2(例えば「8%」)をもとに税込額及び税額を計算して、表示中の数値が示す税抜額と共に税率2合計メモリエリア22cに記憶させる(ステップA30)。また、CPU21は、税率2をもとに計算した税込額を表示部12に表示させる(ステップA31)。同様にして、数値キーの操作により入力された数値(あるいは演算により算出された数値)を表示部12に表示させた状態で(ステップA4〜A7)、税込2計算キー11cの入力操作を検出した場合(ステップA26、Yes)、CPU21は、表示部12に表示中の数値について税率2をもとに税計算をして、計算結果を税率2合計メモリエリア22cに記憶させると共に税込額を表示部12に表示させる(ステップA26〜A31)。

0039

以下、具体的な数値の入力と税計算の例について説明する。図8は、以下の税計機能の説明で使用する入力される数値(税抜額)、税込額、税額の例を示す図である。図9(B1)〜図9(B7)には、図8に示す複数の数値(税抜額)が入力され、それぞれに対する税率が税込1計算キー11bまたは税込2計算キー11cにより指定されたことを示している。

0040

例えば図9(B1)に示すように、数値「1000」が入力された後、税込1計算キー11bが操作されると、CPU21は、税率1をもとに算出した税込額「1100」を表示させる。また、CPU21は、税率1をもとに算出した税込額を表示していることを表すシンボル「税1」を表示させる。同様にして、数値「200」「5000」「1500」が入力され、それぞれに対して税込1計算キー11bが操作されると、CPU21は、図9(B2)〜(B4)に示すように、各数値に対して税率1をもとに算出した税込額を表示させる。各数値に対する税計算の結果は、税率1合計メモリエリア22bに記憶される。

0041

また、例えば図9(B5)に示すように、数値「2000」が入力された後、税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、税率2をもとに算出した税込額「2160」を表示させる。また、CPU21は、税率2をもとに算出した税込額を表示していることを表すシンボル「税2」を表示させる。同様にして、数値「3000」「400」が入力され、それぞれに対して税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、図9(B6)(B7)に示すように、各数値に対して税率2をもとに算出した税込額を表示させる。各数値に対する税計算の結果は、税率2合計メモリエリア22cに記憶される。

0042

こうして、本実施形態における電卓10は、入力された数値に対する税計算に用いる税率を、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cの操作によって任意に指定することができる。従って、例えば適用税率が異なる複数の商品の税込総合計額を算出する場合に、適用税率が異なる複数の商品について、個々に税率を指定して税込額を入力することができるため入力作業を容易にすることができる。図9(B1)〜図9(B7)では、税率1を適用する数値と税率2を適用する数値について、それぞれ連続して税計算を実行しているが、税率1と税率2を混在して指定して税計算を実行することができる。

0043

なお、税込額が表示されている状態において、税計算を指示するために操作したキー(税込1計算キー11bまたは税込2計算キー11c)を続けて操作すると、税込額表示を税額表示に切り替えて表示させる。例えば、税率1をもとに算出された税込額が表示されている時(ステップA13)、税込1計算キー11bが操作された場合(ステップA14、Yes)、CPU21は、税率1をもとに算出した税額を税率1合計メモリエリア22bから読み出して表示させる(ステップA15)。さらに、続けて税込1計算キー11bが操作された場合(ステップA16,Yes)、CPU21は、税率1をもとに算出された税込額を表示させる(ステップA13)。また、税率2をもとに算出された税込額が表示されている時(ステップA31)、税込2計算キー11cが操作された場合(ステップA32、Yes)、CPU21は、税率2をもとに算出した税額を税率2合計メモリエリア22cから読み出して表示させる(ステップA33)。さらに、続けて税込2計算キー11cが操作された場合(ステップA34,Yes)、CPU21は、税率2をもとに算出された税込額を表示させる(ステップA31)。すなわち、電卓10は、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cの操作に応じて税込額を算出した後、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cに対する操作毎に、税込額の表示と税額の表示を交互に切り替えて表示させることができる。よって、税込額と税額とを容易に確認することができる。

0044

次に、税込額あるいは税額が表示された状態において、税計算合計キー11f(第3税計算キー)が操作された場合(ステップA44、Yes)、CPU21は、税合計後モードデータ22eに記憶された税合計後モードをオンする(ステップA55)。また、CPU21は、税率1合計メモリエリア22bに記憶された税率1をもとに算出された税込額の合計(第1税込合計額)と、税率2合計メモリエリア22cに記憶された税率2をもとに算出された税込額の合計(第2税込合計額)とを合計した税込総合計額を算出して、税合計メモリエリア22dに記憶させると共に表示部12に表示させる(ステップA45)。

0045

ここで、前記算出表示された税込総合計額は、お釣り計算用合計メモリエリア22fに上書きされて記憶される(ステップA45a)。

0046

また、電卓10は、税込総合計額が表示されている状態において、税計算合計キー11fを続けて操作することで、税込総合計額の表示を、税抜総合計額、税総合計額に順次切り替えて表示させることができる(税抜税総合計額表示制御処理)。

0047

税込総合計額が表示されている時(ステップA45)、税計算合計キー11f(第3税計算キー)が操作された場合(ステップA46、Yes)、CPU21は、税率1合計メモリエリア22bと税率2合計メモリエリア22cに記憶されたデータをもとに、税込総合計額に対応する税抜総合計額を算出して税合計メモリエリア22dに記憶させる。また、CPU21は、税合計メモリエリア22dから税抜総合計額を読み出して表示させる(ステップA47)。

0048

さらに、税抜総合計額が表示されている時(ステップA47)、税計算合計キー11f(第3税計算キー)が操作された場合(ステップA48,Yes)、CPU21は、税率1合計メモリエリア22bと税率2合計メモリエリア22cに記憶されたデータをもとに、税込総合計額に対応する税総合計額を算出して税合計メモリエリア22dに記憶させる。また、CPU21は、税合計メモリエリア22dから税総合計額を読み出して表示させる(ステップA49)。

0049

さらに、税計算合計キー11fが操作された場合、CPU21は、税込総合計額を表示部12において表示させる。すなわち、電卓10は、税計算合計キー11fの操作に応じて税込総合計額を算出した後、税計算合計キー11f(第3税計算キー)に対する操作毎に、税込総合計額、税込総合計額に対応する税抜総合計額、税込総合計額に対応する税総合計額の表示を交互に切り替えることができる。よって、税込総合計額、税抜総合計額、税総合計額を容易に確認することができる。

0050

図9(C1)〜図9(C3)には、税計算合計キー11f(第3税計算キー)が操作された場合の表示例を示している。図9(B1)〜(B7)に示す複数の数値について税計算がされた後、税計算合計キー11fが操作されると、CPU21は、図9(C1)に示すように、税率1と税率2をそれぞれ適用した税込額の総合計額を示す税込総合計額「14302」を表示させる。ここで、税計算合計キー11fが操作されると、CPU21は、図9(C2)に示すように、税抜総合計額「13100」を表示させる。さらに、税計算合計キー11fが操作されると、CPU21は、図9(C3)に示すように、税総合計額「1202」を表示させる(税抜税総合計額表示制御処理)。さらに、税計算合計キー11fが操作されると、CPU21は、図9(C1)に示す表示に戻り、税込総合計額「14302」を表示させる。

0051

次に、税合計後モードがオン状態にされた後(税込総合計額が算出された後)、税込1計算キー11bまたは税込2計算キー11cが操作された場合について説明する。

0052

図9(C1)〜図9(C3)に示すように、税込総合計額、税抜総合計額、あるいは税総合計額が表示された状態において、税込1計算キー11bが操作された場合(ステップA8、Yes)、CPU21は、税合計後モードがオン状態にあるため(ステップA11、No)、少なくとも1つの数値に対応する第1税込額の合計を示す第1税込合計額を税率1合計メモリエリア22bから読み出して表示部12に表示させる(ステップA17)。ここで、前記表示された第1税込合計額は、お釣り計算用合計メモリエリア22fに上書きされて記憶される(ステップA17a)。さらに、第1税込合計額が表示されている状態において(ステップA17)、税込1計算キー11bが操作された場合(ステップA18,Yes)、CPU21は、税率1合計メモリエリア22bから第1税込合計額に対応する第1税抜合計額を読み出して表示させる(ステップA19)。さらに、第1税抜額が表示された状態において、税込1計算キー11bが操作された場合(ステップA20、Yes)、CPU21は、税率1合計メモリエリア22bから第1税込合計額に対応する第1税合計額を読み出して表示させる(ステップA21)。すなわち、電卓10は、税込総合計額が算出された後では、税込1計算キー11bに対する操作毎に、税率1をもとに算出された第1税込合計額、第1税抜合計額、第1税合計額の何れかの表示に切り替えることができる。よって、第1税込合計額、第1税抜合計額、第1税合計額を容易に確認することができる。

0053

図9(D1)〜図9(D3)には、税込1計算キー11bが操作された場合の表示例を示している。図9(C1)〜図9(C3)に示す表示がされている状態において税込1計算キー11bが操作されると、CPU21は、図9(D1)に示すように、税率1をもとに算出された第1税込合計額「8470」を表示させる。ここで、税込1計算キー11bが操作されると、CPU21は、図9(D2)に示すように、第1税抜合計額「7700」を表示させる。さらに、税込1計算キー11bが操作されると、CPU21は、図9(D3)に示すように、第1税合計額「770」を表示させる。さらに、税込1計算キー11bが操作されると、CPU21は、図9(D1)に示す表示に戻り、第1税込合計額「8470」を表示させる。

0054

なお、図9(D1)〜図9(D3)に示す表示状態において税込2計算キー11cが操作された場合には(ステップA23、A24、A25、Yes)、CPU21は、以下に説明する図9(E1)〜図9(E3)に示す第2税込合計額の表示に切り替える(ステップA35)。また、図9(D1)〜図9(D3)に示す表示状態において税計算合計キー11fが操作された場合には(ステップA56、Yes)、CPU21は、前述した税込総合計額の表示状態に移行する(ステップA45)。

0055

一方、図9(C1)〜図9(C3)に示すように、税込総合計額、税抜総合計額、あるいは税総合計額が表示された状態において、税込2計算キー11cが操作された場合(ステップA26、Yes)、CPU21は、税合計後モードがオン状態にあるため(ステップA29、No)、少なくとも1つの数値に対応する第2税込額の合計を示す第2税込合計額を税率2合計メモリエリア22cから読み出して表示部12に表示させる(ステップA35)。ここで、前記表示された第2税込合計額は、お釣り計算用合計メモリエリア22fに上書きされて記憶される(ステップA35a)。さらに、第2税込合計額が表示されている状態において(ステップA35)、税込2計算キー11cが操作された場合(ステップA36,Yes)、CPU21は、税率2合計メモリエリア22cから第2税込合計額に対応する第2税抜合計額を読み出して表示させる(ステップA37)。さらに、第2税抜額が表示された状態において、税込2計算キー11cが操作された場合(ステップA38、Yes)、CPU21は、税率2合計メモリエリア22cから第2税込合計額に対応する第2税合計額を読み出して表示させる(ステップA39)。すなわち、電卓10は、税込総合計額が算出された後では、税込2計算キー11cに対する操作毎に、税率2をもとに算出された第2税込合計額、第2税抜合計額、第2税合計額の何れかの表示に切り替えることができる。よって、第2税込合計額、第2税抜合計額、第2税合計額を容易に確認することができる。

0056

図9(E1)〜(E3)には、税込2計算キー11cが操作された場合の表示例を示している。図9(C1)〜図9(C3)に示す表示がされている状態において税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、図9(E1)に示すように、税率2をもとに算出された第2税込合計額「5832」を表示させる。ここで、税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、図9(E2)に示すように、第2税抜合計額「5400」を表示させる。さらに、税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、図9(E3)に示すように、第2税合計額「432」を表示させる。さらに、税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、図9(E1)に示す表示に戻り、第2税込合計額「5832」を表示させる。

0057

なお、図9(E1)〜図9(E3)に示す表示状態において税込1計算キー11bが操作された場合には(ステップA41、A42、A43、Yes)、CPU21は、図9(D1)〜図9(D3)に示す第1税込合計額の表示に切り替える(ステップA17)。また、図9(E1)〜図9(E3)に示す表示状態において税計算合計キー11fが操作された場合には(ステップA57、Yes)、CPU21は、前述した税込総合計額の表示状態に移行する(ステップA45)。

0058

すなわち、電卓10は、税合計後モードがオン状態にある間、税込1計算キー11bと税込2計算キー11cの操作による簡単な操作により、税率1と税率2のそれぞれに対応する合計表示(図9(D1)〜図9(D3)、図9(E1)〜図9(E3))を、相互に切り替えて表示させることができる。また、電卓10は、税計算合計キー11fの操作により総合計表示(図9(C1)〜図9(C3))に切り替えて表示させることができる。

0059

こうして、本実施形態における電卓10では、複数の税率のそれぞれに対応する税込1計算キー11bと税込2計算キー11cを用いた簡単な操作で複数の税率に基づいた税計算をし、税計算の内容を容易に確認することができる。

0060

次に、税込1計算キー11bと税込2計算キー11cに対して税率を設定する税率設定処理について説明する。前述した説明では、税込1計算キー11bには税率1として「10%」、税込2計算キー11cには税率2として「8%」がそれぞれ初期設定されているとしている。本実施形態における電卓10では、税込1計算キー11bと税込2計算キー11cに対して、任意に税率を設定することができる。

0061

例えば、[AC]キー11aの操作の後に(ステップA1)、例えば[%]キー11gを長押しする操作(例えば3秒間、押し続ける操作)がされた場合(ステップA51、A52)、CPU21は、税率設定処理を起動する。

0062

図7は、本実施形態における税率設定処理を説明するためのフローチャートである。図12(B)は、税率設定処理時の表示例を示す図である。まず、税率1の設定を変更する場合について説明する。

0063

CPU21は、[AC]キー11aと[%]キー11gの操作により税率設定処理を起動すると、図12(B1)に示すように、税率設定用画面を表示させる。ここで、税込1計算キー11bが操作されると(ステップB1)、CPU21は、図12(B2)に示すように、税込1計算キー11bに設定された税率1(「10」)と「税1」のシンボルを表示部12に表示させる(ステップB2)。次に、図12(B3)に示すように、新たに設定する税率1を示す数値(例えば「8」)が入力された後(ステップB3)、[%]キー11gが操作されると、CPU21は、入力された数値(「8」)を表示させると共に、税込1計算キー11bに適用する税率1として設定(登録)(メモリ22へ記憶)する(ステップB4)。

0064

同様にして、図12(C1)に示すように税率設定処理を起動した後、税込2計算キー11cが操作されると、CPU21は、図12(C2)に示すように、税込2計算キー11cに設定された税率2(「8」)と「税2」のシンボルを表示部12に表示させる。次に、図12(C3)に示すように、新たに設定する税率2を示す数値(例えば「10」)が入力された後、[%]キー11gが操作されると、CPU21は、入力された数値(「10」)を表示させると共に、税込2計算キー11cに適用する税率2として設定(登録)(メモリ22へ記憶)する。

0065

このようにして、本実施形態における電卓10では、税込1計算キー11b及び税込2計算キー11cに対して任意の税率を設定することができる。CPU21は、前述した図3乃至図6に示す処理において、税込1計算キー11bあるいは税込2計算キー11cが操作された場合、新たに設定(登録)された税率1,2を用いて税計算を実行する。

0066

税込1計算キー11bに対して設定(登録)された税率1は、前述したように(ステップA10)、[AC]キー11aの直後に税込1計算キー11bを操作することで、図12(D1)にように表示させることができる。同様にして、税込2計算キー11cに対して設定(登録)された税率2は、前述したように(ステップA28)、[AC]キー11aの直後に税込2計算キー11cを操作することで、図12(E1)にように表示させることができる。

0067

(お釣り計算機能)
図10は、以下のお釣り計算機能の説明で使用する入力される数値(税抜額)、税込額、税額の例を示す図である。図11(A)〜図11(I)には、図10に示す複数の数値(税抜額)が入力され、それぞれに対する税率が税込1計算キー11bまたは税込2計算キー11cにより指定されたことを示している。

0068

例えば図11(A)に示すように、税率1「10%」が適用される商品の税抜額の数値「1000」が入力された後(ステップA4,A5)、図11(B)に示すように、税込1計算キー11bが操作されると(ステップA8、Yes)、CPU21は、税合計後モードはオフ状態にあるため(ステップA11、Yes)、税率1をもとに算出して税率1合計メモリエリア22bに記憶した税込額「1100」を表示させる(ステップA12,A13)。この際、税率1の税込額であることを示すシンボル「税込」「税1」も表示させる。

0069

ここで、図11(C)に示すように、税込1計算キー11bが操作されると(ステップA14、Yes)、CPU21は、税率1をもとに算出した税額「100」を税率1合計メモリエリア22bから読み出して表示させる(ステップA15)。この際、税率1の税額であることを示すシンボル「税」「税1」も表示させる。

0070

また、前記同様に、図11(D)に示すように、税率1「10%」が適用される商品の税抜額の数値「3000」が入力された後(ステップA4,A5)、図11(E)に示すように、税込1計算キー11bが操作されると(ステップA8、Yes)、CPU21は、税率1をもとに算出して税率1合計メモリエリア22bに記憶した税込額「3300」を表示させる(ステップA11、Yes、A12,A13)。

0071

続けて、図11(F)に示すように、税率2「8%」が適用される商品の税抜額の数値「400」が入力された後(ステップA4,A5)、図11(G)に示すように、税込2計算キー11cが操作されると(ステップA26、Yes)、CPU21は、税合計後モードはオフ状態にあるため(ステップA29、Yes)、税率2をもとに算出して税率2合計メモリエリア22cに記憶した税込額「432」を表示させる(ステップA30,A31)。この際、税率2の税込額であることを示すシンボル「税込」「税2」も表示させる。

0072

また、前記同様に、図11(H)に示すように、税率2「8%」が適用される商品の税抜額の数値「700」が入力された後(ステップA4,A5)、図11(I)に示すように、税込2計算キー11cが操作されると(ステップA26、Yes)、CPU21は、税率2をもとに算出して税率2合計メモリエリア22cに記憶した税込額「756」を表示させる(ステップA29、Yes、A30,A31)。

0073

ここで、図11(J)に示すように、税計算合計キー11fが操作されると(ステップA44、Yes)、CPU21は、税合計後モードをオンにし(ステップA55)、税率1合計メモリエリア22bに記憶された各商品の税込額「1100」「3300」の合計「4400」(第1税込合計額)と、税率2合計メモリエリア22cに記憶された各商品の税込額「432」「756」の合計「1188」(第2税込合計額)とを合計した税込総合計額「5588」を算出して、税合計メモリエリア22dに記憶させると共に表示部12に表示させる(ステップA45)。この際、各税率の税込総合計額であることを示すシンボル「税合計」「税込」も表示させる。

0074

この際、前記算出表示された税込総合計額「5588」は、お釣り計算用合計メモリエリア22fに上書きされて記憶される(ステップA45a)。

0075

ここで、図11(K)に示すように、預り金としての数値「10000」が入力されて表示され(ステップA45b、Yes、A45)、図11(L)に示すように、お釣りキー11xが操作されると(ステップA45d、Yes)、前記入力された数値(預り金)「10000」から前記お釣り計算用合計メモリエリア22fに記憶されている税込総合計額「5588」が減算され、減算結果の数値「4412」がお釣りとして表示される(ステップA45e)。

0076

これにより、前記電卓10では、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各税込額の総合計額を計算、表示できるばかりでなく、そのお釣りの計算、表示も容易に行なうことができる。

0077

ここで、前記複数の税率に基づいた各税込額の総合計額「5588」のうち、税率1「10%」が適用された分の各税込額の合計(第1税込合計額)を見るため、図11(M)に示すように、税込1計算キー11bが操作されると(ステップA8、Yes)、CPU21は、税合計後モードがオン状態にあるため(ステップA11、No)、税率1合計メモリエリア22bから第1税込額の合計を示す第1税込合計額「4400」を読み出して表示部12に表示させる(ステップA17)。この際、税率1の税込合計額であることを示すシンボル「税合計」「税1」も表示させる。

0078

この際、前記表示された第1税込合計額「4400」は、お釣り計算用合計メモリエリア22fに上書きされて記憶される(ステップA17a)。

0079

そして、図11(N)に示すように、預り金としての数値「5000」が入力されて表示され(ステップA17b、Yes、A17c)、図11(O)に示すように、お釣りキー11xが操作されると(ステップA17d、Yes)、前記入力された数値(預り金)「5000」から前記お釣り計算用合計メモリエリア22fに記憶されている第1税込合計額「4400」が減算され、減算結果の数値「600」がお釣りとして表示される(ステップA17e)。

0080

また、前記複数の税率に基づいた各税込額の総合計額「5588」のうち、税率2「8%」が適用された分の各税込額の合計(第2税込合計額)を見るため、図11(P)に示すように、税込2計算キー11cが操作されると(ステップA26、Yes)、CPU21は、税合計後モードがオン状態にあるため(ステップA29、No)、税率2合計メモリエリア22cから第2税込額の合計を示す第2税込合計額「1188」を読み出して表示部12に表示させる(ステップA35)。この際、税率2の税込合計額であることを示すシンボル「税合計」「税込2」も表示させる。

0081

この際、前記表示された第2税込合計額「1188」は、お釣り計算用合計メモリエリア22fに上書きされて記憶される(ステップA35a)。

0082

そして、図11(Q)に示すように、預り金としての数値「2000」が入力されて表示され(ステップA35b、Yes、A35c)、図11(R)に示すように、お釣りキー11xが操作されると(ステップA35d、Yes)、前記入力された数値(預り金)「2000」から前記お釣り計算用合計メモリエリア22fに記憶されている第2税込合計額「1188」が減算され、減算結果の数値「812」がお釣りとして表示される(ステップA35e)。

0083

これにより、前記電卓10では、複数の税率に基づいた各税込額の総合計額のうち、簡単な操作で、個別の税率に基づいた税込合計額を表示できるばかりでなく、そのお釣りの計算、表示も容易に行なうことができる。

0084

したがって、前記構成の電卓10によれば、数値データを入力して税込1計算キー11bが操作されると、税率1で計算された税込額と税額と税抜額が税率1合計メモリエリア22bに記憶されて表示され、また、数値データを入力して税込2計算キー11cが操作されると、税率2で計算された税込額と税額と税抜額が税率2合計メモリエリア22cに記憶されて表示される。税計算合計キー11fが操作されると、前記税率1合計メモリエリア22bに記憶された税率1の税込額の合計額(第1税込合計額)と前記税率2合計メモリエリア22cに記憶された税率2の税込額の合計額(第2税込合計額)とを合計した税込総合計額が表示されお釣り計算用合計メモリ22fに記憶される。そして、預り金としての数値データを入力してお釣りキー11xが操作されると、当該預り金の数値データから前記税込総合計額を減算した結果の数値データが当該税込総合計額のお釣りとして表示される。

0085

これにより、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各税込額の総合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能になる。

0086

また、前記構成の電卓10によれば、前記税計算合計キー11fの操作により税込総合計額を表示させた後に、税込1計算キー11bが操作されると、前記税率1合計メモリエリア22bに記憶されている第1税込合計額が表示されお釣り計算用合計メモリ22fに記憶される。そして、預り金としての数値データを入力してお釣りキー11xが操作されると、当該預り金の数値データから前記第1税込合計額を減算した結果の数値データが当該第1税込合計額のお釣りとして表示される。

0087

さらに、前記税計算合計キー11fの操作により税込総合計額を表示させた後に、税込2計算キー11cが操作されると、前記税率2合計メモリエリア22cに記憶されている第2税込合計額が表示されお釣り計算用合計メモリ22fに記憶される。そして、預り金としての数値データを入力してお釣りキー11xが操作されると、当該預り金の数値データから前記第2税込合計額を減算した結果の数値データが当該第2税込合計額のお釣りとして表示される。

0088

これにより、簡単な操作で、各個別の税込合計額についてお釣りの計算を行なうことが可能になる。

0089

また、前記構成の電卓10によれば、前記税率1合計メモリエリア22bに記憶された税率1の税込額/税抜額/税額の各合計額(第1税込合計額/第1税抜合計額/第1税額)と前記税率2合計メモリエリア22cに記憶された税率2の税込額/税抜額/税額の各合計額(第2税込合計額/第2税抜合計額/第2税額)とに基づいて、前記税計算合計キー11fが操作される毎に、各税込合計額を合計した税込総合計額と各税抜合計額を合計した税抜総合計額と各税額を合計した税総合計額とが切り替えられて表示される。そして、前記税込総合計額を表示させた状態で、預り金としての数値データを入力してお釣りキー11xが操作されると、当該預り金の数値データから前記税込総合計額を減算した結果の数値データが当該税込総合計額のお釣りとして表示される。

0090

これにより、簡単な操作で、複数の税率に基づいた各税込額の税込総合計額と各税抜額の税抜総合計額と各税額の税総合計額とを切り替えて確認することができ、この確認の後、当該税込総合計額について容易にお釣りの計算を行なうことが可能になる。

0091

なお、前記実施形態のお釣り計算機能では、税計算合計キー11fの操作に応じて税合計後モードをオンにし、税込総合計額を表示させた直後は、数値キーの操作により数値データを入力した場合でも前記税合計後モードをオフにしない。これにより、前記図11(K)(L)で示したように、前記税込総合計額に対する預り金の入力とお釣りの計算を行なっても、その後の税込1計算キー11b(又は税込2計算キー11c)の操作に応じて第1税込合計額(又は第2税込合計額)を表示させお釣りの計算が行える構成とした。

0092

これに対し、例えば、数値キーの操作により数値データを入力したときには例外なく前記税合計後モードをオフにする構成とした場合でも、図11(J)に示すように、前記税計算合計キー11fの操作に応じて税込総合額を表示させた直後であれば、図11(M)〜(O)に示すように、税込1計算キー11bの操作に応じて第1税込合計額を表示させてお釣り計算を行なったり、図11(P)〜(R)に示すように、税込2計算キー11cの操作に応じて第2税込合計額を表示させてお釣り計算を行なったりすることができる。

0093

なお、前述した説明では、税込1計算キー11bと税込2計算キー11cに対する入力操作がある場合を例にしているが、税抜1計算キー11dと税抜2計算キー11eに対する入力操作がある場合についても同様の処理を実行することも可能である。ただし、税抜1計算キー11dあるいは税抜2計算キー11eが操作された場合、CPU21は、税抜額を税込額よりも優先して表示させるものとする。その他は、税込1計算キー11bまたは税込2計算キー11cが操作された場合と同様に処理する。

0094

また、実施形態において記載した手法、すなわち図3図7のフローチャートに示す処理等の各手法は、コンピュータに実行させることができるプログラムとして、メモリカード(ROMカード、RAMカード等)、磁気ディスクフレキシブルディスクハードディスク等)、光ディスクCD−ROM、DVD等)、半導体メモリ等の記録媒体に格納して配布することができる。そして、コンピュータは、外部記録媒体に記録されたプログラムを読み込み、このプログラムによって動作が制御されることにより、実施形態において説明した機能と同様の処理を実現することができる。

0095

また、各手法を実現するためのプログラムのデータは、プログラムコードの形態としてネットワーク(インターネット)上を伝送させることができ、このネットワーク(インターネット)に接続されたコンピュータ(サーバ装置等)からプログラムデータを取り込み、前述した実施形態と同様の機能を実現することもできる。

0096

なお、本願発明は、実施形態に限定されるものではなく、実施段階ではその要旨を逸脱しない範囲で種々に変形することが可能である。さらに、実施形態には種々の段階の発明が含まれており、開示される複数の構成要件における適宜な組み合わせにより種々の発明が抽出され得る。例えば、実施形態に示される全構成要件から幾つかの構成要件が削除されたり、幾つかの構成要件が組み合わされても、発明が解決しようとする課題の欄で述べた課題が解決でき、発明の効果の欄で述べられている効果が得られる場合には、この構成要件が削除されたり組み合わされた構成が発明として抽出され得るものである。

0097

以下に、本願出願の当初の特許請求の範囲に記載された発明を付記する。

0098

[1]
ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の税込額の数値データを算出する第1税込額算出手段と、
ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出する第2税込額算出手段と、
ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記第1税込額算出手段により算出された第1の税込額の数値データと前記第2税込額算出手段により算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させる税込総合計額表示手段と、
ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段と、
を備えたことを特徴とする計算装置。

0099

[2]
前記税込総合計額表示手段により税込総合計額の数値データが表示された後、ユーザによる前記第1税計算キーの操作に応じて前記第1の税込額を合計した第1税込合計額の数値データを表示させる第1税込合計額表示手段と、
ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力された後に、ユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記第1税込合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる第1税込合計お釣り表示手段と、
を備えたことを特徴とする[1]に記載の計算装置。

0100

[3]
前記税込総合計額表示手段により税込総合計額の数値データが表示された後、ユーザによる前記第2税計算キーの操作に応じて前記第2の税込額を合計した第2税込合計額の数値データを表示させる第2税込合計額表示手段と、
ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力された後に、ユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記第2税込合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる第2税込合計お釣り表示手段と、
ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記第1税込合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段と、
を備えたことを特徴とする[2]に記載の計算装置。

0101

[4]
前記第3税計算キーの操作毎に、前記税込総合計額表示手段により表示された前記税込総合計額の数値データと当該税込総合計額に対応する税抜総合計額の数値データと当該税込総合計額に対応する税総合計額の数値データとを切り替えて表示させる総合計切り替え表示手段を備え、
前記税込総合計お釣り表示手段は、前記総合計切り替え表示手段により前記税込総合計額の数値データが表示された後に、ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる、
ことを特徴とする[1]乃至[3]の何れかに記載の計算装置。

0102

[5]
ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の税込額の数値データを算出し、
ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出し、
ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記算出された第1の税込額の数値データと前記算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させ、
ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる、
ようにした計算方法。

0103

[6]
コンピュータを、
ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第1税計算キーの操作に応じて第1税率に基づき第1の税込額の数値データを算出する第1税込額算出手段と、
ユーザ操作に応じて入力された数値データに対して、ユーザによる第2税計算キーの操作に応じて第2税率に基づき第2の税込額の数値データを算出する第2税込額算出手段と、
ユーザによる第3税計算キーの操作に応じて、前記第1税込額算出手段により算出された第1の税込額の数値データと前記第2税込額算出手段により算出された第2の税込額の数値データとを合計した税込総合計額の数値データを表示させる税込総合計額表示手段と、
ユーザ操作に応じて預かりの数値データが入力され、その後のユーザによるお釣りキーの操作に応じて、前記預かりの数値データから前記税込総合計額の数値データを減算した数値データをお釣りの数値データとして表示させる税込総合計お釣り表示手段、
として機能させるためのコンピュータ読み込み可能なプログラム。

0104

10(10A,10B)…電卓、11…キー入力部、11b…税込1計算キー、11c…税込2計算キー、11f…税計算合計キー、11x…お釣りキー、12…表示部、21…CPU、22…メモリ、22a…計算処理プログラム、22b…税率1合計メモリエリア、22c…税率2合計メモリエリア、22d…税合計メモリエリア、22e…税合計後モードデータ、22f…お釣り計算用合計メモリエリア。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ