図面 (/)

技術 水中油型乳化唇用化粧料

出願人 株式会社資生堂
発明者 湊彩や香冨田希子蛭間有喜子中田博子
出願日 2016年6月29日 (4年0ヶ月経過) 出願番号 2016-129445
公開日 2018年1月11日 (2年5ヶ月経過) 公開番号 2018-002626
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード サンケミカル社製 塗布色 サンジェロース 白色系顔料 外観色 油性増 日本精化社製 セラミックパウダー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

みずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳唇用化粧料を提供する。

解決手段

次の(A)、(B)を含むことを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。(A)(a1)および(a2)を含む油相(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油5〜70質量% (a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーン5〜70質量%(B)(b1)および(b2)を含む水相(b1)水性成分 10〜80質量% (b2)色材0.01〜10質量%

概要

背景

従来の唇用化粧料は、つやを付与するため、油性化粧料が数多く開発されている。しかし、油分中に色材を入れると、油分の透明性が下がるという欠点があった。
一方、みずみずしさを付与するため、水中油型乳化唇用化粧料も開発されている。例えば、水、アルキルセルロース、C10〜C26アルコール、特定のエステル不揮発性油、安定剤を含む化粧品組成物が知られている(特許文献1)。この化粧品組成物は、水性成分が揮発した後に、つやが持続しないという欠点があった。

概要

みずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳化唇用化粧料を提供する。 次の(A)、(B)を含むことを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。(A)(a1)および(a2)を含む油相(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油5〜70質量% (a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーン5〜70質量%(B)(b1)および(b2)を含む水相(b1)水性成分 10〜80質量% (b2)色材0.01〜10質量% なし

目的

本発明は前記従来技術の課題に鑑み行われたものであり、みずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳化唇用化粧料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次の(A)、(B)を含むことを特徴とする水中油型乳唇用化粧料。(A)(a1)および(a2)を含む油相(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油5〜70質量%(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーン5〜70質量%(B)(b1)および(b2)を含む水相(b1)水性成分10〜80質量%(b2)色材0.01〜10質量%

請求項2

請求項1に記載の化粧料において、(A)油相中に(a3)油溶性増粘剤を含み、その配合量が化粧料中1質量%以下であることを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。

請求項3

請求項1または2に記載の化粧料において、水添ポリイソブテンの配合量が、非揮発性炭化水素油中15質量%以上であることを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。

請求項4

請求項1〜3のいずれかに記載の化粧料において、(a2)メチルフェニルシリコーンがジフェニルジメチコンまたはトリメチルペンタフェニルトリシロキサンであることを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。

請求項5

請求項1〜4のいずれかに記載の化粧料において、(b2)色材に水溶性染料を含むことを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。

請求項6

請求項1〜5のいずれかに記載の化粧料において、親水性ポリマーまたは親水性界面活性剤を含み、(b2)成分に有機顔料を含むことを特徴とする水中油型乳化唇用化粧料。

技術分野

0001

本発明は水中油型乳唇用化粧料に関し、特にみずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳化唇用化粧料に関する。

背景技術

0002

従来の唇用化粧料は、つやを付与するため、油性化粧料が数多く開発されている。しかし、油分中に色材を入れると、油分の透明性が下がるという欠点があった。
一方、みずみずしさを付与するため、水中油型乳化唇用化粧料も開発されている。例えば、水、アルキルセルロース、C10〜C26アルコール、特定のエステル不揮発性油、安定剤を含む化粧品組成物が知られている(特許文献1)。この化粧品組成物は、水性成分が揮発した後に、つやが持続しないという欠点があった。

先行技術

0003

特表2013−537214号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は前記従来技術の課題に鑑み行われたものであり、みずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳化唇用化粧料を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らが前述の問題を解決すべく鋭意研究を行った結果、(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油、(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーンを含む油相と、(b1)水性成分、(b2)色材を含む水相乳化することにより、みずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳化唇用化粧料を得られることを見出し、本発明を完成するに至った。

0006

すなわち、本発明にかかる水中油型乳化唇用化粧料は、次の(A)、(B)を含むことを特徴とする。
(A)(a1)および(a2)を含む油相
(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油5〜70質量%
(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーン5〜70質量%
(B)(b1)および(b2)を含む水相
(b1)水性成分 10〜80質量%
(b2)色材0.01〜10質量%
前記化粧料において、(A)油相中に(a3)油溶性増粘剤を含み、その配合量が化粧料中1質量%以下、さらに好ましくは0.1質量%未満、配合しないことが最も好適である。
前記化粧料において、水添ポリイソブテンの配合量が、非揮発性炭化水素油中15質量%以上であることが好ましく、40質量%以上であることがさらに好ましく、55質量%以上であることが特に好ましい。
前記化粧料において、(a2)メチルフェニルシリコーンがジフェニルジメチコンまたはトリメチルペンタフェニルトリシロキサンであることが好適である。
前記化粧料において、(b2)色材に水溶性染料を含むことが好適である。
前記化粧料において、親水性ポリマーまたは親水性界面活性剤を含み、(b2)成分に有機顔料を含むことが好適である。

発明の効果

0007

本発明にかかる水中油型乳化唇用化粧料は、(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油、(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーンを含む油相と、(b1)水性成分、(b2)色材を含む水相を乳化した化粧料であり、みずみずしさ、べたつきのなさ、つや、透明性、つやの持続性に優れた水中油型乳化唇用化粧料を提供することができる。

0008

((A)油相)
(A)油相は、(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油、(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーン、を特定量含むことが必要である。

0009

(a1)非揮発性炭化水素油は、唇用化粧料塗布後、(b1)水性成分が揮発した後に、密着し、つやを与える油分である。
非揮発性炭化水素油として、水添ポリイソブテンを含むことが必要である。

0010

水添ポリイソブテンの配合量は、非揮発性炭化水素油中15質量%以上であることが好ましく、40質量%以上であることがさらに好ましく、55質量%以上であることが特に好ましい。非揮発性炭化水素油中の水添ポリイソブテンの配合量が少なすぎると、密着性に劣る場合がある。

0011

水添ポリイソブテン以外の非揮発性炭化水素油としては、例えば、ポリブテンポリイソブチレンポリイソプレン流動パラフィンスクワラン水添ポリデセンワセリンポリエチレンワックスマイクロクリスタリンワックス等が挙げられる。

0012

水添ポリイソブテン以外の非揮発性炭化水素油としては、液状非揮発性炭化水素油が好ましい。また、液状非揮発性炭化水素油の粘度は、10,000〜100,000mPa・sであることが好ましい。粘度が10,000mPa・s未満では、密着性に劣る場合がある。粘度が100,000mPa・sを超えると、使用性が重くなる場合がある。

0013

(a1)非揮発性炭化水素油の配合量は、化粧料全量に対して5〜70質量%であることが必要である。また、10質量%以上が好ましい、さらに15%以上が最も好ましい。(a)成分の配合量が5質量%未満では、密着性が劣り、つや持続がしにくくなる場合がある。また、65質量%以下が好ましい。70質量%を超えると、べたつきが生じる場合がある。

0014

(a2)メチルフェニルシリコーンは、25℃で(a1)と混合した時に分離することが必要である。(a2)成分は、唇用化粧料塗布後、(b1)水性成分が揮発した後に、(a1)成分と分離して表層を形成してべたつきを抑えると共に、つやを持続させるものである。

0015

「分離」の有無は、以下の条件で測定された。
測定条件
(a1)と(a2)を、(a1):(a2)=1:1(質量比)で用いて、90℃に加温し、攪拌混合し、次いで静置し、混合物が25℃になった場合に、境界が均一に2層に分離しているものを「分離する」とし、半透明な状態、または、境界がなく透明な相溶した状態を「分離しない」とした。

0016

なお、(a2)成分として二種以上のメチルフェニルシリコーンを用いる場合、分離の有無は、それらの配合割合により異なる。このため、分離の有無は、(a2)成分の配合割合に応じて確認する必要がある。

0017

メチルフェニルシリコーンとしては、例えば、ジフェニルジメチコン、トリメチルペンタフェニルトリシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンフェニルトリメチコン等が挙げられる。これらのうち、ジフェニルジメチコンまたはトリメチルペンタフェニルトリシロキサンを含むことが好ましい。
そして、これらのメチルフェニルシリコーンを、(a2)成分全体として上記分離条件を満たすような割合で配合したものであれば良い。

0018

本発明の唇用化粧料を唇に塗布した後、外相の(B)相中の(b2)成分は唇を色づけし、(b1)成分は揮発する。その後、唇用化粧料と唇のシェアにより、ただちに(a1)成分と(a2)成分は分離し、(a1)成分は唇上に密着し、(a2)成分は表層に分離するため、色移りしにくく、つや持続効果発現する。このような唇用化粧料が物についた際には、通常透明である(a2)成分のみが付着する。したがって、本発明にかかる唇用化粧料は、長時間にわたってつや持続効果を発現することもできる。

0019

(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーンの配合量は、化粧料全量に対して5〜70質量%であることが必要である。また、10質量%以上が好ましく、15%以上がさらに好ましい。(a2)成分の配合量が5質量%未満では、塗布時に分離しにくくなりつや持続効果を発現しない場合がある。また、65質量%以下が好ましい。70質量%を超えると、(a1)成分の配合量が少なすぎて、唇との密着性が劣り、つや持続効果が発現しない場合がある。

0020

(a1)、(a2)以外のほかの油分が混合されてもその量がある範囲内であれば、使用温度範囲相分離状態を維持することができる。したがって、相分離した状態を維持できる範囲において、また、つや持続効果を損なわない範囲において、水添ポリイソブテンと相溶する油分を配合することができる。好ましくは、密着性とつや持続効果の観点から(A)相全量中40質量%以下が好ましく、20質量%以下であることがより好ましい。

0022

(a3)油溶性増粘剤は、一般的な油性の唇用化粧料に安定剤として用いられる成分である。しかし、本発明にかかる水中油型乳化唇用化粧料において、(a3)油溶性増粘剤を配合する場合、配合量は、化粧料全量に対して1質量%以下が好ましく、0.1質量%未満がさらに好ましく、配合しないことが特に好ましい。(a3)成分を配合すると、(a1)成分と(a2)成分がうまく分離せず、つや持続効果を発現しない場合がある。

0023

油溶性増粘剤としては、パルミチン酸デキストリンミリスチン酸デキストリン、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン等のデキストリン脂肪酸エステルエチルセルロース等のアルキルセルロース、(ベヘン酸エイコサン二酸)グリセリル等が挙げられる。

0024

((B)水相)
(B)水相は、(b1)水性成分と(b2)色材を特定量含むことが必要である。

0025

(b1)水性成分は、通常化粧料に配合可能な成分を配合することができる。
(b1)水性成分としては、例えば、水、水膨潤性増粘剤、保湿剤防腐剤分散剤pH調整剤消泡剤、保湿剤等が挙げられる。

0026

(b1)水性成分の配合量は、化粧料全量に対して10〜80質量%であることが必要である。また、15質量%以上が好ましい。(b1)成分の配合量が10質量%未満では、みずみずしさ等の使用感に劣る場合や、(b2)色材を配合しづらくなる場合がある。また、60質量%以下が好ましい。80質量%を超えると、(A)油相が少なすぎてつやに劣る場合がある。

0027

(b2)色材は、油相に配合すると油相の透明性を損なってしまうため、本願発明では水相に配合することを必要としている。油相に配合した場合、油相の透明性が下がる、また、外観と塗布の色差が大きくなる傾向にある。
(b2)色材としては、例えば、水溶性染料、無機顔料、有機顔料等が挙げられる。

0028

水溶性染料としては、赤色227号、黄色4号、黄5号、青色1号、赤色230(1)号等が挙げられる。

0030

有機顔料としては、例えば、赤色202号、赤色205号、赤色220号、赤色228号、赤色405号、橙色203号、橙色204号、黄色205号、黄色401号、青色404号、赤色3号、赤色104号、赤色227号、赤色401号、橙色205号、黄色4号、黄色202号、緑色3号、青色1号等のジルコニウムバリウムアルミニウムレーキ等が挙げられる。

0031

(b2)色材として有機顔料を配合する場合、分散剤として、親水性ポリマーまたは親水性界面活性剤を配合することが必要である。分散剤がない場合には、水相中に有機顔料をうまく配合することができない。

0032

親水性ポリマーとしては、例えば、ヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースヒドロキシエチルセルロースポリビニルアルコールポリビニルピロリドン等が挙げられる。
親水性界面活性剤としては、例えば、ポリソルベート20、ポリソルベート60、ポリソルベート80ステアリン酸PEG−40、ステアリン酸PEG−55、ベヘネス−10、ベヘネス−20、ベヘネス−30等が挙げられる。
これらの分散剤のうち、ポリビニルアルコール、ポリソルベート60、ベヘネス−20、ステアリン酸PEG−55を配合することが好ましい。

0033

(b2)色材の配合量は、化粧料全量に対して0.01〜10質量%であることが必要である。また、0.1質量%以上が好ましい。(b2)成分の配合量が0.01質量%未満では、十分に唇が色づかない場合や、外観と塗布の差が大きくなる場合がある。また、5質量%以下が好ましい。10質量%を超えると、みずみずしさが劣る場合がある。

0034

本発明の水中油型乳化唇用化粧料の水相に、(b1)成分および(b2)成分以外に、高級アルコールを配合すると、安定性が向上するため、配合することが好ましい。水中油型化粧料において、通常、高級アルコールは油相に添加されるが、本発明の水中油型乳化唇用化粧料では、油相に添加した場合には、優れたつや持続効果が得られない。

0035

高級アルコールは、炭素数6以上の1価のアルコールである。これらのうち、炭素数12以上の1価のアルコールを配合することが好ましい。具体的には、べヘニルアルコール、セチルアルコールステアリルアルコール等が挙げられる。

0036

高級アルコールの配合量は、化粧料全量に対して0.1〜3質量%であることが好ましい。また、0.5質量%以上が好ましい。高級アルコールの配合量が少なすぎると、配合による安定化効果が得られない場合がある。また、2質量%以下が好ましい。高級アルコールの配合量が多すぎると、みずみずしさが劣る場合がある。

0037

(A)および(B)以外の成分として、好ましく配合される界面活性剤としては、油相の相分離への影響が少ないHLB4以上の活性剤が挙げられる。
HLB4以上の活性剤としては、ポリソルベート60、ポリオキシエチレンベヘニルエーテルショ糖脂肪酸エステル、ポリソルベート20、ポリソルベート80、ステアリン酸PEG−40、ステアリン酸PEG−55、ベヘネス−10、ベヘネス−20、ベヘネス−30、モノステアリン酸ソルビタンステアリン酸グリセリル(SE)、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸PEG−5グリセリル等が好ましい。

0038

界面活性剤の配合量は、化粧料全量に対して1〜10質量%であることが好ましい。また、2質量%以上が好ましい。界面活性剤の配合量が少なすぎると、うまく乳化できない場合がある。また、8質量%以下が好ましい。界面活性剤の配合量が多すぎると、みずみずしさに劣る場合がある。

0039

本発明の水中油型乳化唇用化粧料は、リップグロス等の液状口紅固形口紅リップ美容液、リップコンシーラーなどに応用することができる。

0040

本発明について以下に実施例を挙げてさらに詳述するが、本発明はこれにより何ら限定されるものではない。なお、以下の実施例において、配合量は特記しない限り質量%で示す。
はじめに、本発明で用いた評価方法について示す。

0041

評価(1):分離性
90℃に加温し、攪拌混合し、該油分混合物が25℃になって、一定期間経過後の油分混合状態を、以下の評価基準で評価した。
(評価基準)
○:境界がはっきりとした2層に分離している。
△:境界がぼんやりとした2層に分離している。
×:境界がなく相溶した状態である。

0042

評価(2):使用感(透明性、みずみずしさ、べたつきのなさ、つや)
専門パネル20名が唇に試料を塗布し、塗布直後の透明性、みずみずしさ、べたつきのなさ、つやを評価した。
(評価基準)
◎:専門パネル20名中15名以上が使用感に優れていると評価した。
○:専門パネル20名中10名以上、15名未満が使用感に優れていると評価した。
△:専門パネル20名中5名以上、10名未満が使用感に優れていると評価した。
×:専門パネル20名中5名未満が使用感に優れていると評価した。

0043

評価(3):つや持続効果
専門パネル20名が唇に試料を塗布し、塗布2時間後に、つや持続効果を評価した。
(評価基準)
◎:専門パネル20名中15名以上がつや持続効果を有すると評価した。
○:専門パネル20名中10名以上、15名未満がつや持続効果を有すると評価した。
△:専門パネル20名中5名以上、10名未満がつや持続効果を有すると評価した。
×:専門パネル20名中5名未満がつや持続効果を有すると評価した。

0044

評価(4):高温安定性
50℃の恒温槽に4週間保管し、分離等の異常が見られないか評価を行った。
○:分離等は見られない。
△:若干の油浮き離水が見られる。
×:油浮き・離水が多く見られる。

0045

評価(5):外観色塗布色の色差
専門パネル20名が唇に試料を塗布し、試料の外観の色と、塗布した唇の色を評価した。
○:専門パネル20名中15名以上が外観色と塗布色の差がないと評価した。
×:専門パネル20名中15名未満が外観色と塗布色の差がないと評価した。

0046

水中油型乳化化粧料は、油性化粧料よりもみずみずしさを有する一方、配合可能な油相の量が少なくなってしまう。そこで、唇用化粧料とした際、唇へのつやを付与するための油性成分の種類について検討を行った。
本発明者らは、下記表1に示す各試料を、上記評価基準(1)〜(3)に基づき評価した。結果を表1に示す。

0047

0048

(*1):NJ COL 200A(新日本理化社製)
(*2):脱臭ポリブテンP(日興リカ社製)
(*3):KF−54(信越化学工業社製)
(*4):DOW CORNING(R) PH-1555 HRICOSMETICFLUID (東レ・ダウコーニング社製)
(*5):BELSILDM20(旭化成ワッカシリコーン社製)
(*6):AQUALON N22 0100 ethylcellulose(アシランド社製)

0049

表1に示した通り、油性成分の種類により、有する使用感が異なっていた。
非揮発性炭化水素油であるアルコールと、シリコーン油油性増粘剤(エチルセルロース)を混合した場合には、組み合わせにより分離性に劣るもの(試験例1−6、1−8)、つやに劣るもの(試験例1−6、1−8等)、べたつきのなさに劣るもの(試験例1−8)となってしまった。
しかしながら、非揮発性炭化水素油である水添ポリイソブテンとジフェニルジメチコンやトリメチルペンタフェニルトリシロキサンの組み合わせでは、分離性および使用性に優れていた(試験例1−9、1−10)。

0050

したがって、本発明にかかる水中油型乳化唇用化粧料において、油相中に(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油と、(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーンを含むことが必要である。

0051

次に、水性成分の(a1)成分および非揮発性炭化水素油(b1)、メチルフェニルシリコーン(b2)の配合量が使用感、つや持続効果に与える影響について、検討を行った。
本発明者らは、下記表2、3に示す各試料(液状口紅)を常法で製造し、上記評価方法(2)、(3)で評価した。結果を表2、3に示す。

0052

0053

(*7):DKESTERS-160N (第一工業製薬社製)
(*8):NIKKOLSS-10V (日本サーファクタント工業社製)
(*9):P.V.A EG-40 (日本合成化学社製)
(*10):D&C RED#7 CA LAKEC19-011 (サンケミカル社製)
(*11):DIPROPYLENE GLYCOL (誠興物産社製)

0054

0055

水性成分・非揮発性炭化水素油・メチルフェニルシリコーンの配合量により、つや、つや持続効果、みずみずしさ、べたつきのなさに差が見られた。これら成分を最適条件で組み合わせた場合にのみ、みずみずしさ・べたつきのなさ・つや・つや持続に優れることがわかった。

0056

以上のことから、水性成分は、10〜80質量%であることが必要であり、15質量%以上60質量%以下が好ましいこと、非揮発性炭化水素油の配合量は、化粧料全量に対して5〜70質量%であることが必要であり、10〜65質量%が好ましく、さらに15〜65質量%が好ましいこと、メチルフェニルシリコーンの配合量は、化粧料全量に対して5〜70質量%であることが必要であり、10〜65質量%が好ましく、さらに15〜65質量%が好ましいこと、がわかった。

0057

次に、非揮発性炭化水素油中の水添ポリイソブテンの配合量が使用感、つや持続効果に与える影響について、検討を行った。
本発明者らは、下記表4、5に示す各試料を、上記評価方法(1)〜(3)で評価した。結果を表4、5に示す。

0058

0059

0060

(*12):KAYDOL (日本ヴォパック社製)
(*13):SYNCELANE 4(日光ケミカルズ社製)
(*14):VASELINE-E(日興リカ社製)

0061

表4、表5によれば、水添ポリイソブテンの配合量が少なくなるほどつや持続効果が低くなる傾向が見られた。

0062

以上のことから、水添ポリイソブテンの配合量は、非揮発性炭化水素油中15質量%以上であることが好ましく、40質量%以上であることがさらに好ましく、55質量%以上であることが特に好ましい。

0063

次に、油性増粘剤が(a1)成分および(a2)成分の分離性に与える影響について、検討を行った。
本発明者らは、下記表6に示す各試料を、上記評価方法(1)で評価した。結果を表6に示す。

0064

0065

(*15):レオパールKL(千葉製粉社製)

0066

表6に示した通り、油相中の油性増粘剤の配合量を多くするにつれて、(a1)成分および(a2)成分の分離性に影響を与えることが明らかになった。

0067

次に、(a3)油性増粘剤を実際の水中油型乳化唇用化粧料へ配合した場合について、検討を行った。
本発明者らは、下記表7に示す各試料(液状口紅)を、常法で調製した。そして、各試料を上記評価方法(3)で評価した。結果を表7に示す。

0068

0069

(*17):SYNTHETICALCOHOL 99 DEGREE OF ALCOHOLICITY(日本合成アルコール工業社製)
(*18):HISOLVEEPH (東邦化学工業社製)
(*19):SODIUM METAPHOSPHATE(国産化学社製)
(*20):BENTONE 38VCG(エレメンティス社製)
(*21):BEHENYL ALCOHOL 65(日光ケミカルズ社製)
(*22):NIKKOL TS-10V (日本サーファクタント工業社製)

0070

試験例5−1によると、水中油型乳化唇用化粧料に油性増粘剤を大量に配合すると、つや持続効果が下がってしまうことがわかった。これは、表6に示した通り、油性増粘剤が(a1)成分および(a2)成分の分離性を悪くしたためである。
これに対して、油性増粘剤が配合されていない試験例5−2の水中油型乳化唇用化粧料は、みずみずしさ、つや、つや持続、透明性に優れていた。

0071

以上のことから、本発明にかかる水中油型乳化唇用化粧料は、(a1)水添ポリイソブテンを含む非揮発性炭化水素油、(a2)25℃で(a1)と混合した時に分離するメチルフェニルシリコーンを含む水相と、(b1)水性成分、(b2)色材を含む水相を含むことが必要である。
また、表6および表7および本発明者らの検討の結果、本発明にかかる水中油型乳化化粧料において、(a3)油性増粘剤を配合する場合、その配合量は、1質量%以下が好ましく、0.1質量%未満が好ましく、配合しないことが特に好ましいことがわかった。

0072

次に、水中油型乳化唇用化粧料において、水溶性増粘剤の配合量や、高級アルコールを配合する場合の添加位置に関する検討を行った。
本発明者らは、下記表8に示す各試料(液状口紅)を、常法で調製した。そして、各試料を上記評価方法(4)で評価した。結果を表8に示す。

0073

0074

(*23):SODIUM METAPHOSPHATE(国産化学社製)

0075

水溶性増粘剤を0.6質量%以上と多く配合した場合には、高温安定性に優れていることがわかった(試験例6−1)。
また、水溶性増粘剤を多く配合しなくても、高級アルコールを水相に添加した場合には、高温安定性に優れていることがわかった(試験例6−4)。
これに対して、高級アルコールを油相に添加した場合には、水相に添加した場合と比較して高温安定性にやや劣ることがわかった(試験例6−3)。

0076

したがって、本願発明にかかる水中油型乳化唇用化粧料において、高級アルコールを配合する場合、(B)水相に添加することが好適である。

0077

次に、水中油型乳化唇用化粧料において、(b2)色材の添加位置に関する検討を行った。
本発明者らは、下記表9に示す各試料(液状口紅)を、常法で調製した。そして、各試料を上記評価方法(2)で評価した。また、(A)相の透明性について、上記評価方法(5)に基づき評価した。結果を表9に示す。

0078

0079

(b2)色材を水相に添加した場合には、外観と塗布の色差が少なく、つやの透明性が高いことがわかった(試験例7−2)。これに対して、色材を油相に添加した場合には、外観と塗布の色差が大きくなることがわかった(試験例7−1)。

0080

以下に、本発明の水中油型乳化唇用化粧料の処方例を挙げる(処方例1〜12:液状口紅、処方例13:固形口紅)。本発明はこれらの処方例によって限定されるものではない。

0081

0082

実施例

0083

(*24):マイクロクリスタリンワックスP(日興リカ社製)
(*25):エルデュウPS−203R(味の素社製)
(*26):LUSPLAN PI-DA (日本精化社製)
(*27):コスモール222(S)(日清オイリグループ社製)
(*28):1.3−ブチレングリコールダイセル化学工業社製
(*29):KELTROL T (CPケルコ社製)
(*30):アデカノールGT−700(株式会社アデカ社製)
(*31):サンジェロース90L(大同化成工業社製)
(*32):ノムコートHK-P(日清オイリオグループ社製)
(*33):ステアリルアルコールNX(高級アルコール工業社製)
(*34):コノール 30RC(新日本理化社製)
(*35):MYS−40V(日本サーファクタント工業社製)
(*36):ニッコールBB−20 (日本サーファクタント工業社製)
(*37):NIKKOL テギンTV (日本サーファクタント工業社製)
(*38):エステモール 182V(日清オイリオグループ社製)
(*39):エマレックスGM−5(日本エマルジョン社製)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 丸善製薬株式会社の「 皮膚化粧料、頭髪化粧料および飲食品」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】天然物由来の化合物の中から抗肥満作用、サイクリックAMPホスホジエステラーゼ活性阻害作用、ジペプチジルペプチダーゼIV活性阻害作用、抗老化作用、育毛作用、抗男性ホルモン作用、美白作用、または抗... 詳細

  • ユニ・チャーム株式会社の「 化粧用シート」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】肌触りの向上と、吸液性及び液戻りの向上と、を両立できる化粧用シートを提供する。【解決手段】化粧用シート(1)は、一方側の面に配置されたスパンレース不織布(20)と、スパンレース不織布(20)に... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 整髪剤組成物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】アレンジ力に優れながらも、毛髪に硬さを付与し、整髪後は乾いた仕上がりとなる整髪剤組成物を提供する。【解決手段】下記成分(A)、下記成分(B)、下記成分(C)、及び下記成分(D)を含有し、前記成... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ