図面 (/)

技術 二重容器

出願人 株式会社吉野工業所
発明者 坂本智桑原和仁
出願日 2016年6月30日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2016-131102
公開日 2018年1月11日 (2年10ヶ月経過) 公開番号 2018-002239
状態 特許登録済
技術分野 内容物取出用特殊手段をもつ容器・包装体 容器の蓋 剛性または準剛性容器の細部 一体成形容器
主要キーワード 口部周壁 内層体 傾倒姿勢 接着帯 外層体 外気導入弁 外気導入路 外気導入孔
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

簡素な構成で外気導入弁の機能を有する二重容器を提供する。

解決手段

本発明に係る二重容器100は、内容物を注出する注出孔を有し、外層体4の口部4aに装着されるキャップ本体10と、注出孔と内層体3との連通を遮断する一方、外層体4のスクイズによる内層体3内の圧力上昇によって注出孔と内層体3とを連通させる逆止弁と、外層体4及びキャップ本体10を外側から覆うシュリンクフィルム60とを備え、外層体4は、外層体4の外周面と、外層体4と内層体3との間の空間とを連通する外気導入孔4cを有し、キャップ本体10の外周面に沿って外気導入溝14が設けられ、外気導入溝14は外気導入孔4aに連通すると共に一部がシュリンクフィルム60に覆われて外気導入路を形成し、シュリンクフィルム60の端部を越えて延在して外部に開放され、外気導入溝14及び外気導入孔4aの双方を経由して、外層体4と内層体3との間の空間に外気が導入されることを特徴とする。

概要

背景

化粧水などの化粧料や、シャンプーリンス或いは液体石鹸、また食品調味料などを収容する容器としては、このような内容物を収容すると共に減容変形可能に設けられる内層体と、この内層体を内側に収めると共に容器の外殻を形成する外層体とを備える二重容器が知られている。この二重容器には、外層体と内層体とを最初から積層させて形成するデラミ容器積層剥離容器)と、外層体と内層体とを個別に形成して組み付けるタイプの容器が存在する。また、デラミ容器は、加熱溶融された積層パリソン金型で挟み、内部に空気を吹き込んで積層容器を形成するEBM(Extrusion Blow Molding:押出しブロー成形)によるものと、外側層内側層とを備えた有底筒状に形成されたプリフォーム容器素材)から積層容器を形成する二軸延伸ブロー成形によるものがある。このような二重容器においては、通常外層体の口部に、内容物を注出する注出筒を備えるとともに内層体への外気侵入を防止する逆止弁を設けた二重容器用キャップが装着される。そして、外層体を押圧することで、外層体と内層体との間の空気を介して内層体内を加圧し、これによって逆止弁の弁体開放させて内容物を注出する。また外層体には、内層体との間に外気を取り込む貫通孔を設けていて、注出後、外層体が元の形状に復元する際は、この貫通孔から外気が取り込まれ、内層体は減容変形したままで外層体のみが復元する。

ところで、上記の二重容器において、キャップに設けた外気導入孔から外気を導入する場合には、流路内に、例えば特許文献1のような薄肉の環状をなす弁体を有する外気導入弁が用いられている。外層体を押圧して内層体内部の圧力を高めて内容物を吐出する際には、この外気導入弁の弁体が注出栓内面に当接して閉塞状態に維持され、空気が通過することができない。また、内容物の注出後に外層体が元の形状に復元する際には、外層体と内層体との間の空間の圧力が低下して負圧となり、外気導入弁は開放状態となる。これによって、外気導入孔から外層体と内層体との間の空間に空気が導入され、内層体が減容変形を維持したまま、外層体は元の形状へと復元することができる。

概要

簡素な構成で外気導入弁の機能を有する二重容器を提供する。本発明に係る二重容器100は、内容物を注出する注出孔を有し、外層体4の口部4aに装着されるキャップ本体10と、注出孔と内層体3との連通を遮断する一方、外層体4のスクイズによる内層体3内の圧力上昇によって注出孔と内層体3とを連通させる逆止弁と、外層体4及びキャップ本体10を外側から覆うシュリンクフィルム60とを備え、外層体4は、外層体4の外周面と、外層体4と内層体3との間の空間とを連通する外気導入孔4cを有し、キャップ本体10の外周面に沿って外気導入溝14が設けられ、外気導入溝14は外気導入孔4aに連通すると共に一部がシュリンクフィルム60に覆われて外気導入路を形成し、シュリンクフィルム60の端部を越えて延在して外部に開放され、外気導入溝14及び外気導入孔4aの双方を経由して、外層体4と内層体3との間の空間に外気が導入されることを特徴とする。

目的

本発明は、このような問題点を解決することを課題とするものであり、その目的は、簡素な構成で外気導入弁の機能を有する二重容器を提案することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

内容物を収容する内層体と該内層体を収容するスクイズ可能な外層体とを備える二重容器であって、前記内層体からの内容物を注出する注出孔を有し、前記外層体の口部に装着されるキャップ本体と、前記注出孔と前記内層体との間に位置し、該注出孔と該内層体との連通を遮断する一方、前記外層体のスクイズによる前記内層体内の圧力上昇によって前記注出孔と前記内層体とを連通させる逆止弁と、前記外層体及び前記キャップ本体の少なくとも一部を外側から覆うシュリンクフィルムとを備え、前記外層体は、該外層体の外周面と、該外層体と前記内層体との間の空間とを連通する外気導入孔を有し、前記外層体又は前記キャップ本体の外周面に沿って外気導入溝が設けられ、該外気導入溝は前記外気導入孔に連通すると共に一部が前記シュリンクフィルムに覆われて外気導入路を形成し、前記シュリンクフィルムの端部を越えて延在して外部に開放され、前記外気導入溝及び前記外気導入孔の双方を経由して、前記外層体と前記内層体との間の空間に外気が導入されることを特徴とする二重容器。

請求項2

前記外気導入孔は、前記外気導入溝のみを経由して外部と連通する、請求項1に記載の二重容器。

請求項3

前記外気導入孔は前記外層体の口部に配置され、前記シュリンクフィルムは、前記キャップ本体の下端部と前記外層体との隙間をブリッジするように外側から覆い、前記外気導入溝は、前記下端部から前記キャップ本体の外周面に沿って上方に延び、前記二重容器の使用時における前記シュリンクフィルムの上端部を越えて延在する、請求項1又は2に記載の二重容器。

請求項4

前記外気導入孔は前記外層体の拡径部又は胴部に配置され、前記外気導入溝は、前記外気導入孔から前記外層体に沿って下方に延び、前記シュリンクフィルムの下方における端部を越えて延在する、請求項1又は2に記載の二重容器。

請求項5

前記シュリンクフィルムは、前記外層体の胴部全体及び底部の外周部を覆い、前記外気導入溝は、前記外層体の底部において前記シュリンクフィルムの前記端部を越えて延在する、請求項4に記載の二重容器。

請求項6

前記二重容器の使用前において、前記シュリンクフィルムは、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目と、上下方向に並び周方向に延びる複数のストッパ用ミシン目とを有し、前記フィルム除去用ミシン目は、下端において該複数のストッパ用ミシン目のうち最も上方のストッパ用ミシン目とのみ連結されている、請求項1乃至5のいずれか一項に記載の二重容器。

請求項7

前記キャップ本体の外周壁には、周方向に延びる周溝が設けられ、前記二重容器の使用前において、前記シュリンクフィルムは、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目と、周方向に延びるストッパ用ミシン目とを有し、前記フィルム除去用ミシン目は、下端において該ストッパ用ミシン目と連結され、該ストッパ用ミシン目は、前記周溝と重なる領域に配置されている、請求項1乃至5のいずれか一項に記載の二重容器。

請求項8

前記二重容器の使用前において、前記シュリンクフィルムは、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目と、周方向に延びるストッパ用ミシン目と、該ストッパ用ミシン目の下方に隣接して配置され前記キャップ本体と接着固定するための接着領域とを有し、前記フィルム除去用ミシン目は、下端において前記ストッパ用ミシン目と連結されている、請求項1乃至5のいずれか一項に記載の二重容器。

請求項9

前記フィルム除去用ミシン目は、上端から下方に向かって螺旋状に延びる、請求項6乃至8のいずれか一項に記載の二重容器。

技術分野

0001

本発明は、減容変形可能な内層体とこの内層体を内側に配置した外層体とを備える二重容器に関する。

背景技術

0002

化粧水などの化粧料や、シャンプーリンス或いは液体石鹸、また食品調味料などを収容する容器としては、このような内容物を収容すると共に減容変形可能に設けられる内層体と、この内層体を内側に収めると共に容器の外殻を形成する外層体とを備える二重容器が知られている。この二重容器には、外層体と内層体とを最初から積層させて形成するデラミ容器積層剥離容器)と、外層体と内層体とを個別に形成して組み付けるタイプの容器が存在する。また、デラミ容器は、加熱溶融された積層パリソン金型で挟み、内部に空気を吹き込んで積層容器を形成するEBM(Extrusion Blow Molding:押出しブロー成形)によるものと、外側層内側層とを備えた有底筒状に形成されたプリフォーム容器素材)から積層容器を形成する二軸延伸ブロー成形によるものがある。このような二重容器においては、通常外層体の口部に、内容物を注出する注出筒を備えるとともに内層体への外気侵入を防止する逆止弁を設けた二重容器用キャップが装着される。そして、外層体を押圧することで、外層体と内層体との間の空気を介して内層体内を加圧し、これによって逆止弁の弁体開放させて内容物を注出する。また外層体には、内層体との間に外気を取り込む貫通孔を設けていて、注出後、外層体が元の形状に復元する際は、この貫通孔から外気が取り込まれ、内層体は減容変形したままで外層体のみが復元する。

0003

ところで、上記の二重容器において、キャップに設けた外気導入孔から外気を導入する場合には、流路内に、例えば特許文献1のような薄肉の環状をなす弁体を有する外気導入弁が用いられている。外層体を押圧して内層体内部の圧力を高めて内容物を吐出する際には、この外気導入弁の弁体が注出栓内面に当接して閉塞状態に維持され、空気が通過することができない。また、内容物の注出後に外層体が元の形状に復元する際には、外層体と内層体との間の空間の圧力が低下して負圧となり、外気導入弁は開放状態となる。これによって、外気導入孔から外層体と内層体との間の空間に空気が導入され、内層体が減容変形を維持したまま、外層体は元の形状へと復元することができる。

先行技術

0004

特開2013−151316号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、上記の二重容器では、外気導入弁の機能を有する部材を新たにキャップに組み込んだり容器本体に装着する必要があるため、部品点数が増加したり部品の構成が複雑になる傾向にある。

0006

本発明は、このような問題点を解決することを課題とするものであり、その目的は、簡素な構成で外気導入弁の機能を有する二重容器を提案することである。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、内容物を収容する内層体と該内層体を収容するスクイズ可能な外層体とを備える二重容器であって、
前記内層体からの内容物を注出する注出孔を有し、前記外層体の口部に装着されるキャップ本体と、
前記注出孔と前記内層体との間に位置し、該注出孔と該内層体との連通を遮断する一方、前記外層体のスクイズによる前記内層体内の圧力上昇によって前記注出孔と前記内層体とを連通させる逆止弁と、
前記外層体及び前記キャップ本体の少なくとも一部を外側から覆うシュリンクフィルム
を備え、
前記外層体は、該外層体の外周面と、該外層体と前記内層体との間の空間とを連通する外気導入孔を有し、
前記外層体又は前記キャップ本体の外周面に沿って外気導入溝が設けられ、該外気導入溝は前記外気導入孔に連通すると共に一部が前記シュリンクフィルムに覆われて外気導入路を形成し、前記シュリンクフィルムの端部を越えて延在して外部に開放され、
前記外気導入溝及び前記外気導入孔の双方を経由して、前記外層体と前記内層体との間の空間に外気が導入されることを特徴とする二重容器である。

0008

また、前記外気導入孔は、前記外気導入溝のみを経由して外部と連通することが好ましい。

0009

また、前記外気導入孔は前記外層体の口部に配置され、前記シュリンクフィルムは、前記キャップ本体の下端部と前記外層体との隙間をブリッジするように外側から覆い、前記外気導入溝は、前記下端部から前記キャップ本体の外周面に沿って上方に延び、前記二重容器の使用時における前記シュリンクフィルムの上端部を越えて延在することが好ましい。

0010

また、前記外気導入孔は前記外層体の拡径部又は胴部に配置され、前記外気導入溝は、前記外気導入孔から前記外層体に沿って下方に延び、前記シュリンクフィルムの下方における端部を越えて延在することが好ましい。

0011

また、前記シュリンクフィルムは、前記外層体の胴部全体及び底部の外周部を覆い、前記外気導入溝は、前記外層体の底部において前記シュリンクフィルムの前記端部を越えて延在することが好ましい。

0012

また、前記二重容器の使用前において、前記シュリンクフィルムは、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目と、上下方向に並び周方向に延びる複数のストッパ用ミシン目とを有し、前記フィルム除去用ミシン目は、下端において該複数のストッパ用ミシン目のうち最も上方のストッパ用ミシン目とのみ連結されていることが好ましい。

0013

また、前記キャップ本体の外周壁には、周方向に延びる周溝が設けられ、前記二重容器の使用前において、前記シュリンクフィルムは、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目と、周方向に延びるストッパ用ミシン目とを有し、前記フィルム除去用ミシン目は、下端において該ストッパ用ミシン目と連結され、該ストッパ用ミシン目は、前記周溝と重なる領域に配置されていることが好ましい。

0014

また、前記二重容器の使用前において、前記シュリンクフィルムは、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目と、周方向に延びるストッパ用ミシン目と、該ストッパ用ミシン目の下方に隣接して配置され前記キャップ本体と接着固定するための接着領域とを有し、前記フィルム除去用ミシン目は、下端において前記ストッパ用ミシン目と連結されていることが好ましい。

0015

また、前記フィルム除去用ミシン目は、上端から下方に向かって螺旋状に延びることが好ましい。

発明の効果

0016

本発明の二重容器によれば、簡素な構成で外気導入弁の機能を有することが可能となる。

図面の簡単な説明

0017

(a)は、本発明の第1実施形態に係る二重容器を示す正面一部断面図であり、(b)は、(a)の矢印Aに沿う矢視図である。
キャップ本体を覆うシュリンクフィルムの構成例を示す図である。
キャップ本体を覆うシュリンクフィルムの構成例を示す図である。
キャップ本体を覆うシュリンクフィルムの構成例を示す図である。
キャップ本体を覆うシュリンクフィルムの構成例を示す図である。
本発明の第2実施形態に係る二重容器を示す正面図である。

実施例

0018

以下、図面を参照して、本発明をより具体的に説明する。

0019

図1(a)は、本発明の第1実施形態である二重容器100の構成を示す正面一部断面図である。二重容器100は、二重容器本体2、キャップ本体10、中栓20、蓋体50、及びシュリンクフィルム60で構成されている。また、二重容器本体2は、内層体3、及び外層体4で構成されている。なお、本明細書、特許請求の範囲、要約書および図面では、後述する蓋体50が位置する側を上方(図1(a)における上側)とし、二重容器本体2の底部が位置する側を下方(図1(a)における下側)とする。

0020

まず、二重容器本体2について説明する。本実施形態では、二重容器本体2は、内層体3の合成樹脂素材と外層体4の合成樹脂素材とを積層して形成されるパリソンに対し、押出しブロー成形を行うことによって積層剥離容器を形作っている。そして、二重容器本体2を構成する内層体3の材料にはエチレンビニルアルコール共重合樹脂EVOH)又はナイロンを用いている。内層体3にEVOHを用いる場合には、EVOHの内側にポリエチレン樹脂アドマー登録商標)等の変性ポリオレフィン樹脂を更に積層して内層体3を形成してもよい。また、外層体4の材料には、低密度ポリエチレン(LDPE)又は高密度ポリエチレン樹脂(HDPE)を用いており、特にLDPEを用いた場合には高いスクイズ性を付与することができる。しかし、この態様に限定されず、例えば二軸延伸ブロー成形を行うことによって積層剥離容器を形成する場合には、内層体3の材料にはポリプロピレン(PP)を用い、外層体4の材料にはポリエチレンテレフタレート(PET)を用いてもよい。また、内層体3及び外層体4の材料には、相互に相溶性が低い他の樹脂を用いることができる。更に、二重容器本体2は、積層剥離容器ではなく、外層体4と内層体3とを個別に形成して組み付けるものであってもよい。また、図示は省略するが、内層体3と外層体4との間に、上下方向に延在して内層体3と外層体4とを部分的に接合する、1本或いは複数本接着帯を設けてもよい。

0021

内層体3は、減容変形可能に形成されるものであって、本実施形態では、積層状態で形成された二重容器本体2に対し、外層体4から剥離させることで得られるものである。内層体3は、その内側に内容物を収容する収容空間Sと、この収容空間Sにつながる上部開口3aを備えている。

0022

外層体4は、円筒状の口部周壁4a(口部)と、該口部周壁4aに連なり下方に向かって拡径する拡径部と、該拡径部に連なり円筒状をなす、復元自在な可撓性を有する胴部と、該胴部の下端を閉鎖する底部とを連結したものである。口部周壁4aの外周面には雄ねじ部4bを設けている。また、口部周壁4aには、内層体3との相互間に空気を取り込むための貫通孔4cを設けていて、更に、貫通孔4cを設けた外周面には、上下方向に雄ねじ部4bを切り欠く溝部4dを設けている。

0023

次に、二重容器100を構成するキャップ本体10について説明する。キャップ本体10は、口部周壁4aを取り囲む外周壁11を備えていて、外周壁11の内周面には、口部周壁4aの雄ねじ部4bに対応する雌ねじ部12が形成されている。また、外周壁11の上部には、図示しない頂壁が一体に連結している。頂壁の上面には、注出筒が設けられており、注出筒の内周面には、内容物を注出する注出孔が形成されている。

0024

キャップ本体10の外周壁11の下端部11bは、図1(a)に示すように二重容器本体2の拡径部との間に僅かな隙間Gを形成している。後述するように、二重容器100は、外周壁11に形成された外気導入溝14及びこの隙間Gを経由して、貫通孔4cから外層体4と内層体3との間の空間に外気を導入することができる。なお、本実施形態では、外周壁11が口部周壁4aの外周側を全て覆うように構成しているが、この態様には限定されず、外周壁11が口部周壁4aの一部のみを覆うように構成してもよい。

0025

キャップ本体10の内周側には、中栓20が設けられている。中栓20は、注出孔と内層体3との間に位置し、その中央には図示しない逆止弁が設けられている。外層体4のスクイズによって内層体3内の圧力が高まると、その圧力によって逆止弁の弁体が図1(a)の上方に持ち上げられて弁座から離間し、逆止弁は開放状態となる。外層体4のスクイズが解除されると、弁体は、弁体の自重及び弁体を支持する逆止弁アーム弾性力によって再び弁座に着座し、逆止弁は閉塞する。中栓20の下面には、外層体4との間で内層体3を挟み込む環状のシール壁26が設けられている。

0026

蓋体50は、図1(a)に示すように、ヒンジ51を介してキャップ本体10の外周壁11に連結していて、ヒンジ51で折り曲げることで、注出孔を覆い隠すことができる。より詳細には、蓋体50は、平板状の上壁52と、上壁52の縁部に連結するとともに外周壁11に連なる形状となる蓋体周壁53とを備えている。周上のヒンジ51とは対向する側の蓋体周壁53の上端には、外周方向に突出する把持部58が設けられている、利用者は、この把持部58を把持して蓋体50を上方に持ち上げて開放したり、下方に押し下げて閉塞することができる。なお、蓋体50は、ヒンジ51を設けずにキャップ本体10とは別体のものとし、ねじやアンダーカットでキャップ本体10に装着するように構成してもよい。

0027

シュリンクフィルム60は、熱で収縮するプラスチックフィルムで形成されており、外層体4を包んで加熱することにより、外層体4の外周面に密着させている。シュリンクフィルム60は、二重容器本体2を汚れや傷から保護したり、強度や形状を維持する目的で用いられる他、シュリンクフィルム60自体に商標や需要者注意喚起印象付けるデザイン印刷することによって、商品市場価値を向上させることができる。また、図2に示すように、未使用の状態において、二重容器100の蓋体50を含めてシュリンクフィルム60で覆うことによって、バージンシール機能(未開封保証機能)を有することができる。

0028

図1(a)に示す本実施形態において、シュリンクフィルム60は、キャップ本体10の一部、並びに外層体4の拡径部、胴部、及び底部の一部を覆っている。なお、図1(a)は、利用者がキャップ本体10の上部及び蓋体50を覆うシュリンクフィルム60を除去して、内容物を注出可能とした状態を示している。そして、シュリンクフィルム60は、前述の外周壁11の下端部11bと二重容器本体2の拡径部との隙間G部分を覆っている。本実施形態では、口部周壁4aと外周壁11との間の空間は、上端が中栓20によってシールされる一方、下端はシュリンクフィルム60によってシールされている。従って、貫通孔4cは、外周壁11に形成された外気導入溝14のみを通じて外部と連通している。外気導入溝14は外周壁11の下端部11bから外周面に沿って上方に向かって延びている。図1(a)、(b)に示すように、外気導入溝14は、上端部を除いてシュリンクフィルム60によって外側から覆われることにより、外気導入路を形成している。そして、外気導入溝14は、使用時(図1(a)の状態)におけるシュリンクフィルム60の上端部を越えて延在し、外部と連通している。また、外気導入溝14は、二重容器本体2の胴部を押圧しても、外層体4と内層体3との間の空間の空気を僅かしか外部に排出しない程度の微小な断面を有する溝である。外気導入溝14を円周上に1つのみ設ける場合、外気導入溝14の断面は、例えば幅約1.5ミリメートル未満の溝であることが望ましく、好適には1.0ミリメートル未満であるのがよい。外気導入溝14の断面が大き過ぎると、外層体4の胴部を押下しても外層体4と内層体3との間の空気が外気導入溝14から外部に多く排出されてしまい、収容空間Sへの加圧が阻害されることになる。なお、外気導入溝14は、溝の大きさ等に応じて任意の数だけ設けることができる。また、外気導入溝14を複数設ける場合は、例えば円周上に等間隔で設けることができる。しかし、これらの態様に限定されるものではない。

0029

シュリンクフィルム60は、使用前の初期状態において、キャップ本体10全体、及び蓋体50の一部を覆っている(図2を参照)。そして、後述のように利用者が、使用時にシュリンクフィルム60のフィルム除去用ミシン目65、及びストッパ用ミシン目67aに沿ってキャップフィルム63を除去することによって、図1(a)に示すように蓋体50及びキャップ本体10の一部が露出するので(このとき、外気導入溝14の上端部も外部に露出する)、蓋体50を開放して内容物を注出孔から吐出可能な状態となる。

0030

シュリンクフィルム60は、例えばポリスチレン(PS)フィルム、ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム、ポリプロピレン(PP)フィルム、又はポリ塩化ビニルPVC)フィルム等によって形成することができる。

0031

上記のように構成される二重容器100から内容物を吐出するにあたっては、利用者は、図1(a)の状態から蓋体50を開き、二重容器本体2を起立姿勢から傾倒姿勢姿勢変更して、外層体4の胴部を押圧(スクイズ)する。これにより、内層体3と外層体4との間の空気を介して収容空間Sが加圧される。なお、上述のように、外気導入溝14の断面は微小な溝であるため、外層体4の胴部を押圧しているとき、貫通孔4c及び隙間Gを経由して、外気導入溝14からは僅かな空気しか外部に排出されない。従って、外層体4を押圧しても、内層体3と外層体4との間の空気のうち、外気導入溝14から漏れ出す空気は少ないため、収容空間Sへの加圧が阻害されることはない。そして、収容空間S内の正圧が、逆止弁の弁体を持ち上げるため、内容物は逆止弁を通過して流出し、注出孔から外部に注出される。

0032

所要量の内容物を注出した後は、利用者は外層体4の胴部への押圧を解除する。これによって収容空間S内の正圧が外気圧へと戻り、逆止弁が再び閉鎖するので、収容空間S内への外気の入り込みが防止できる。また、外層体4は、それ自身の復元力により元の形状に戻ろうとするため、内層体3と外層体4との間の空間は負圧となる。これによって、貫通孔4c及び隙間Gの内部も負圧となる。この負圧によって外気導入溝14を通じて少しずつ外気が導入される。導入された外気は、隙間G及び貫通孔4cを経由して、外層体4と内層体3の間の空間に供給される。これにより、内層体3を減容変形させたまま外層体4が復元することができる。

0033

ところで、上述のように、シュリンクフィルム60は、使用前の初期状態においては、キャップ本体10全体、及び蓋体50の一部を覆っている。図2に、使用前の初期状態におけるシュリンクフィルム60の構成の一例を示す。

0034

図2の例では、シュリンクフィルム60のうち、外周壁11の上方部分、蓋体周壁53全体及び上壁52の外周部分を覆い、使用前に除去すべきキャップフィルム63部分には、上下方向に延びるフィルム除去用ミシン目65が2本設けられている。また、フィルム除去用ミシン目65の下端は、周方向に延びるストッパ用ミシン目67aに連結されている。ストッパ用ミシン目67aの下方には、更にストッパ用ミシン目67b、67cが2本設けられている。3本のストッパ用ミシン目67a〜67cは、上下方向に僅かに離間しつつ、互いに平行な状態で周方向に延びている。外気導入溝14(図1(a)参照)の上端部は、ストッパ用ミシン目67a〜67cのうち最も上方に配置されているストッパ用ミシン目67aよりも僅かに上方まで延びている。

0035

利用者は、シュリンクフィルム60の上端を把持し、フィルム除去用ミシン目65、及びストッパ用ミシン目67aに沿ってキャップフィルム63を除去する。これによって、図1(a)に示すように蓋体50及びキャップ本体10の一部が露出する(このとき、外気導入溝14の上端部も外部に露出する)ので、利用者は、蓋体50を開放して内容物を注出孔から吐出することができる。また、利用者は、キャップフィルム63の有無により二重容器100が未開封の状態であるか否かを判別することができる。

0036

なお、利用者がフィルム除去用ミシン目65に沿ってシュリンクフィルム60を勢いよく下方に切断した場合、フィルム除去用ミシン目65の下端からストッパ用ミシン目67aに沿って周方向に亀裂が走る代わりに、ストッパ用ミシン目67aを越えて下方に亀裂が走ることがある。しかし、そのような場合であっても、利用者がシュリンクフィルム60を下方に引く勢いは、亀裂がストッパ用ミシン目67a、67b間の強固な部分を走ることにより弱められるため、亀裂がストッパ用ミシン目67bに到達した後は、ストッパ用ミシン目67bに沿ってキャップフィルム63を周方向に除去することができる。本実施形態では、更に予備的にストッパ用ミシン目67bの下方にストッパ用ミシン目67cを設けているため、亀裂がストッパ用ミシン目67cを越えて下方に及ぶことがない。従って、利用者が二重容器100を初めて使用する前にキャップフィルム63を除去する際に、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0037

なお、シュリンクフィルム60の上端から下方に延びるフィルム除去用ミシン目65は、鉛直方向に延びるものに限定されない。フィルム除去用ミシン目65が鉛直方向に対して傾きをもっていても、フィルム除去用ミシン目65の下端がストッパ用ミシン目67aと連結されていれば、キャップ本体10の下端部11bまで影響を与えることなくキャップフィルム63部分を同様に除去することができるからである。

0038

また、本実施形態では、ストッパ用ミシン目67a〜67cが水平方向且つ周方向に延びるように構成したが、この態様には限定されない。ストッパ用ミシン目67a〜67cに沿って周方向に1周分切断したときにキャップフィルム63部分を取り除くことができれば、水平方向に対して傾斜していてもよい。

0039

図3は、使用前の初期状態におけるシュリンクフィルム70の他の構成例を示す。図3の例では、図2と比較して、フィルム除去用ミシン目75が鉛直方向に対して傾斜を有しており、螺旋を描きながら下方に延びてストッパ用ミシン目77aと連結している。また、ストッパ用ミシン目77aの直下には、ストッパ用ミシン目77bが平行に延びている。なお、図3の例においても、外気導入溝14(図1(a)参照)の上端部は、ストッパ用ミシン目77a、77bのうち上方に配置されているストッパ用ミシン目77aよりも僅かに上方まで延びている。

0040

利用者は、シュリンクフィルム70の上端を把持し、フィルム除去用ミシン目75、及びストッパ用ミシン目77aに沿ってキャップフィルム73を除去する。これによって、図1(a)に示すように蓋体50及びキャップ本体10の一部が露出する(このとき、外気導入溝14の上端部も外部に露出する)ので、利用者は、蓋体50を開放して内容物を注出孔から吐出することができる。また、利用者は、キャップフィルム73の有無により二重容器100が未開封の状態であるか否かを判別することができる。

0041

なお、図3の例では、利用者がフィルム除去用ミシン目75に沿ってシュリンクフィルム70を勢いよく下方に切断した場合であっても、フィルム除去用ミシン目75とストッパ用ミシン目77aとが図2の例と比較して浅い角度で連結されているため、比較的スムーズにフィルム除去用ミシン目75に沿った切断からストッパ用ミシン目77aに沿った切断へと移行することができる。そして万が一、ストッパ用ミシン目77aに沿って周方向に亀裂が走る代わりに、ストッパ用ミシン目77aを越えて下方に亀裂が走った場合であっても、利用者がシュリンクフィルム70を下方に引く勢いは、亀裂がストッパ用ミシン目77a、77b間の強固な部分を走ることにより弱められるため、亀裂がストッパ用ミシン目77bに到達した後は、ストッパ用ミシン目77bに沿ってキャップフィルム73を周方向に除去することができる。従って、利用者が二重容器100を初めて使用する前にキャップフィルム73を除去する際に、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0042

図4は、使用前の初期状態におけるシュリンクフィルム80の他の構成例を示す。図4の例では、図2と比較して、ストッパ用ミシン目87aが1本のみ設けられ、当該ストッパ用ミシン目87aが、キャップ本体10の外周壁11に設けられた周溝18aと重なるように配置されている。図4の例においても、外気導入溝14の上端部は、ストッパ用ミシン目87aよりも僅かに上方まで延びている。

0043

利用者は、シュリンクフィルム80の上端を把持し、フィルム除去用ミシン目85、及びストッパ用ミシン目87aに沿ってキャップフィルム83を除去する。これによって、図1(a)に示すように蓋体50及びキャップ本体10の一部が露出する(このとき、外気導入溝14の上端部も外部に露出する)ので、利用者は、蓋体50を開放して内容物を注出孔から吐出することができる。また、利用者は、キャップフィルム83の有無により二重容器100が未開封の状態であるか否かを判別することができる。

0044

なお、図4の例では、利用者がフィルム除去用ミシン目85に沿ってシュリンクフィルム80を勢いよく下方に引いて切断した場合であっても、周溝18aにおいてフィルム除去用ミシン目85が内周方向に方向付けされるため、シュリンクフィルム80を引く方向とフィルム除去用ミシン目85が走る方向に角度が生じる。従って、周溝18aにおいてフィルム除去用ミシン目85を裂く力が弱まるため、亀裂がストッパ用ミシン目87aに到達した後は、更に下方に向かって亀裂が生じることがなく、ストッパ用ミシン目87aに沿ってキャップフィルム83を周方向に除去することができる。従って、利用者が二重容器100を初めて使用する前にキャップフィルム83を除去する際に、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0045

なお、図4の例では、周溝18aの下方に平行に走る更なる周溝18bが設けられているが、周溝18bに重なるように付加的なストッパ用ミシン目を設けるようにしてもよい。これによって、シュリンクフィルム80が誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去されることによる外気導入弁の機能の喪失を更に確実に抑制することができる。

0046

図5は、使用前の初期状態におけるシュリンクフィルム90の他の構成例を示す。図5の例では、図2と比較して、ストッパ用ミシン目67b、67cの代わりに接着領域19が設けられている。すなわち、図5に示すように、フィルム除去用ミシン目95の下端がストッパ用ミシン目97aに連結されると共に、ストッパ用ミシン目97aの下方に隣接して接着領域19が設けられている。シュリンクフィルム90と外周壁11とは接着領域19において接着固定されている。なお、図5の例においても、外気導入溝14の上端部は、ストッパ用ミシン目97aよりも僅かに上方まで延びている。なお、接着領域19における外気導入溝14の周囲は、外気の流路を確実に確保するために接着剤を塗布しないことが望ましい。

0047

利用者は、シュリンクフィルム90の上端を把持し、フィルム除去用ミシン目95、及びストッパ用ミシン目97aに沿ってキャップフィルム93を除去する。これによって、図1(a)に示すように蓋体50及びキャップ本体10の一部が露出する(このとき、外気導入溝14の上端部も外部に露出する)ので、利用者は、蓋体50を開放して内容物を注出孔から吐出することができる。また、利用者は、キャップフィルム93の有無により二重容器100が未開封の状態であるか否かを判別することができる。

0048

なお、図5の例では、利用者がフィルム除去用ミシン目95に沿ってシュリンクフィルム90を勢いよく下方に引いて切断した場合であっても、ストッパ用ミシン目97aの下方には接着領域19が設けられているため、亀裂が接着領域19を縦断して更に下方に向かって走ることがない。従って、亀裂がフィルム除去用ミシン目95の下端に達した後は、ストッパ用ミシン目97aに沿ってキャップフィルム93を周方向に除去することができる。そのため、利用者が二重容器100を初めて使用する前にキャップフィルム93を除去する際に、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0049

以上のように、本実施形態によれば、内容物を収容する内層体3と該内層体3を収容するスクイズ可能な外層体4とを備える二重容器100において、外層体4に貫通孔4c(外気導入孔)を設けると共に、該貫通孔4cに連通しキャップ本体10の外周壁11に沿う外気導入溝14を設け、外気導入溝14が外層体4を覆うシュリンクフィルム60の端部から更に延在して外部と連通するよう構成した。これによって、外気導入溝14及び貫通孔4cの双方を経由して外層体4と内層体3との間の空間に外気が導入されるので、外気導入弁の機能を有する部材を新たに組み込む必要がなく、キャップ本体10及びシュリンクフィルム60に外気導入弁の機能を持たせることができるため、部品点数を抑えて安価に製造することができる。

0050

また、本実施形態によれば、貫通孔4cが外気導入溝14のみを経由して外部と連通するように構成したので、胴部の押圧時に内層体3と外層体4との間の空気の漏出を極力抑えることができるため、収容空間Sを効率よく加圧して内容物を吐出することができる。

0051

また、本実施形態によれば、貫通孔4cを口部周壁4aに設けると共に、シュリンクフィルム60がキャップ本体10の下端部11bと外層体4との隙間Gをブリッジするように構成し、外気導入溝14が外周壁11の下端部11bから外周面に沿って上方に延び、二重容器100の使用時におけるシュリンクフィルム60の上端部を超えて延在するようにした。これによって、外気導入弁の機能を簡素な構成で口部周辺集約できるので、胴部の押圧等に影響を与えないようにすることができる。

0052

また、本実施形態では、外層体4に外気導入溝14を設けるのみでよく、シュリンクフィルム60は通常の二重容器と同一のものを用いることができるので、何ら二重容器100の製造工程を変更することなく、外気導入弁の機能を持たせることができる。

0053

また、本実施形態によれば、使用前の状態において、シュリンクフィルム60の上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目65と、周方向に延びる3本のストッパ用ミシン目67a〜67cを備え、フィルム除去用ミシン目65の下端がストッパ用ミシン目67aと接続され、外気導入溝14の上端部がストッパ用ミシン目67aよりも上方まで延びるように構成した。これによって、利用者がシュリンクフィルム60を下方に勢いよく引いて切断した場合でも、シュリンクフィルム60を下方に引く勢いは、亀裂がストッパ用ミシン目67a、67b間の強固な部分を走ることにより弱められるため、亀裂がストッパ用ミシン目67bに到達した後は、ストッパ用ミシン目67bに沿ってキャップフィルム63を周方向に除去することができる。従って、フィルム除去用ミシン目65、及びストッパ用ミシン目67a又は67bに沿ってキャップフィルム63を除去することができ、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0054

また、本実施形態によれば、キャップ本体10の外周壁11には、周方向に延びる周溝18aが設けられ、シュリンクフィルム80は、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目85と、周方向に延びるストッパ用ミシン目87aとを有し、フィルム除去用ミシン目85は、下端においてストッパ用ミシン目87aと連結し、ストッパ用ミシン目87aは、周溝18aと重なる領域に配置され、外気導入溝14の上端部がストッパ用ミシン目87aよりも上方まで延びるように構成した。これによって、利用者がシュリンクフィルム80を下方に勢いよく引いて切断した場合でも、周溝18a部分においてシュリンクフィルム80を引く方向とフィルム除去用ミシン目85が走る方向に角度が生じるため、周溝18aにおいてフィルム除去用ミシン目85を裂く力が弱まる。従って、亀裂がストッパ用ミシン目87aに到達した後は、更に下方に向かって亀裂が生じることなく、フィルム除去用ミシン目85、及びストッパ用ミシン目87aに沿ってキャップフィルム83を除去することができる。そのため、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0055

また、本実施形態によれば、シュリンクフィルム90は、上端から下方に向かって延びるフィルム除去用ミシン目95と、周方向に延びるストッパ用ミシン目97aと、ストッパ用ミシン目97aの下方に隣接して配置されキャップ本体10と接着固定するための接着領域19とを有し、フィルム除去用ミシン目95は、下端においてストッパ用ミシン目97aと連結され、外気導入溝14の上端部がストッパ用ミシン目97aよりも上方まで延びるように構成した。これによって、利用者がフィルム除去用ミシン目95に沿ってシュリンクフィルム90を勢いよく下方に引いて切断した場合であっても、ストッパ用ミシン目97aの下方には接着領域19が設けられているため、亀裂が接着領域19を縦断して更に下方に向かって走ることがない。従って、フィルム除去用ミシン目95、及びストッパ用ミシン目97aに沿ってキャップフィルム93を除去することができる。そのため、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0056

また、本実施形態によれば、フィルム除去用ミシン目75は、上端から下方に向かって螺旋状に延びるように構成した。これによって、フィルム除去用ミシン目75とストッパ用ミシン目77aとが浅い角度で連結されているため、比較的スムーズにフィルム除去用ミシン目75に沿った切断からストッパ用ミシン目77aに沿った切断へと移行することができる。従って、フィルム除去用ミシン目75、及びストッパ用ミシン目77aに沿ってキャップフィルム73を除去することができ、誤ってキャップ本体10の下端部11bまで除去して外気導入弁の機能を損ねることがない。

0057

次に本発明の第2実施形態である二重容器200について、図6を参照して、具体的に説明する。なお、第2実施形態に係る二重容器200は、第1実施形態と比較して、貫通孔104c及び外気導入溝104gを二重容器本体2の口部周壁に設ける代わりに拡径部に設けている他は、第1実施形態の構成と近似している。従って、ここでは第1実施形態との差異点に絞って詳説する。

0058

図6は、本発明の第2実施形態に係る二重容器200を示す正面図である。外層体104の拡径部には、内層体3との相互間に空気を取り込むための貫通孔104cが設けられている。また、外層体104の外周面には、図6に示すように貫通孔104cから下方に延びる外気導入溝104gが設けられている。また、外層体104の外周面には、シュリンクフィルム60が熱収縮により密着固定されている。シュリンクフィルム60は、キャップ本体10の一部、並びに外層体104の拡径部、胴部、及び底部の一部(外周部)を覆っている。そして、下方に延びる外気導入溝104gの端部は、外層体104の胴部から更に底部へと延び、底部におけるシュリンクフィルム60の端部を越えて延在し、外部に連通している。すなわち、外気導入溝104gは、下端部を除いてシュリンクフィルム60によって外側から覆われることにより、外気導入路を形成している。貫通孔104cは、外気導入溝104gのみを通じて外部と連通している。そして、外気導入溝104gの断面は、外層体104の胴部を押圧しても、外層体104と内層体3との間の空間の空気を僅かしか外部に排出しない程度の微小な溝である。

0059

上記のように構成される二重容器200から内容物を吐出するにあたっては、利用者が図6の状態から蓋体50を開き、二重容器本体102を起立姿勢から傾倒姿勢に姿勢変更して、外層体104の胴部を押圧(スクイズ)する。これにより、内層体3と外層体104との間の空気を介して収容空間Sが加圧される。なお、上述のように、外気導入溝104gの断面は微小な溝であるため、外層体104の胴部を押圧しているとき、貫通孔104cを経由して、外気導入溝104gからは僅かな空気しか排出されない。従って、外層体104を押圧しても、内層体3と外層体104との間の空気のうち、外気導入溝104gから漏れ出す空気は少ないため、収容空間Sへの加圧が阻害されることはない。そして、収容空間S内の正圧が、逆止弁の弁体を持ち上げるため、内容物は逆止弁を通過して流出し、注出孔から外部に注出される。

0060

所要量の内容物を注出した後は、利用者が外層体104の胴部への押圧を解除する。これによって収容空間S内の正圧が外気圧へと戻り、逆止弁が再び閉鎖するので、収容空間S内への外気の入り込みが防止できる。また、外層体104は、それ自身の復元力により元の形状に戻ろうとするため、内層体3と外層体104との間の空間は負圧となる。これによって、貫通孔104c及び外気導入溝104g内も負圧となる。この負圧によって外気導入溝104gを通じて少しずつ外気が導入される。導入された外気は、貫通孔104cを経由して、外層体104と内層体3の間の空間に供給される。これにより、内層体3を減容変形させたまま外層体104が復元することができる。

0061

なお、本実施形態では、貫通孔104cを外層体104の拡径部に設けたが、この態様には限定されず、外層体104の胴部に設けるなど、シュリンクフィルム60で覆われる任意の領域に設けることができる。

0062

また、本実施形態では、下方に延びる外気導入溝104gが、底部において外部と連通するように構成したが、この態様には限定されない。例えば、シュリンクフィルム60の下端部が胴部内に配置され、外気導入溝104gが胴部において外部と連通してもよい。また、外気導入溝14が貫通孔104cから上方に延び、シュリンクフィルム60の上端部において外部と連通していてもよい。

0063

以上のように、本実施形態の二重容器200によれば、外層体104の拡径部に内層体3と連通する貫通孔104cを設け、微小な断面を有する外気導入溝104gが貫通孔104cから底部まで下方に向かって延び、外層体104を覆うシュリンクフィルム60の下端を越えて延在することで外気と連通するように構成した。これによって、外気導入弁の機能を有する部材を新たに組み込む必要がなく、外気導入溝104g及びシュリンクフィルム60に外気導入弁の機能を持たせることができるため、部品点数を抑えて安価に製造することができる。

0064

また、本実施形態によれば、外層体104に外気導入溝104gを設けるのみでよく、シュリンクフィルム60は通常の二重容器と同一のものを用いることができるので、何ら二重容器200の製造工程を変更することなく、外気導入弁の機能を持たせることができる。

0065

また、本実施形態によれば、外層体104の拡径部に設けた貫通孔104c、外気導入溝104g、及びシュリンクフィルム60によって外気導入弁の機能を実現しているので、使用前にシュリンクフィルム60を上端から勢いよく切断した場合でも、貫通孔104cや外気導入溝104g周辺のシュリンクフィルム60まで除去されて外気導入弁の機能が損なわれることがない。

0066

なお、図2図5に記載のキャップ本体を覆うシュリンクフィルムの構成例を第1実施形態に係る二重容器100に適用できる旨を説明したが、この組み合わせに限定されない。図2図5に記載のキャップ本体を覆うシュリンクフィルムの構成例は、第2実施形態に係る二重容器200にも適用することができる。この場合、ストッパ用ミシン目がキャップ本体の外周壁を覆う位置に設けられていれば、使用時にシュリンクフィルムを上端から下方に向かって切断しても、貫通孔及び外気導入溝周辺のシュリンクフィルムを除去することがない。従って、外気導入弁の機能を損ねることがない。

0067

本発明を諸図面や実施例に基づき説明してきたが、当業者であれば本開示に基づき種々の変形や修正を行うことが容易であることに注意されたい。従って、これらの変形や修正は本発明の範囲に含まれることに留意されたい。例えば、各構成部に含まれる機能などは論理的に矛盾しないように再配置可能であり、複数の構成部を1つに組み合わせたり、或いは分割したりすることが可能である。本発明の範囲にはこれらも包含されるものと理解されたい。

0068

本発明によれば、簡素な構成で外気導入弁の機能を有する二重容器100を提供することが可能となる。

0069

2二重容器本体
3内層体
3a 上部開口
4外層体
4a口部周壁(口部)
4b雄ねじ部
4c貫通孔(外気導入孔)
4d 溝部
10キャップ本体
11外周壁
11b下端部
12雌ねじ部
14外気導入溝
18a,18b周溝
19接着領域
20中栓
26シール壁
50蓋体
51ヒンジ
52上壁
53蓋体周壁
58把持部
60シュリンクフィルム
63キャップフィルム
65フィルム除去用ミシン目
67a,67b,67cストッパ用ミシン目
70 シュリンクフィルム
73 キャップフィルム
75 フィルム除去用ミシン目
77a,77b ストッパ用ミシン目
80 シュリンクフィルム
83 キャップフィルム
85 フィルム除去用ミシン目
87a ストッパ用ミシン目
90 シュリンクフィルム
93 キャップフィルム
95 フィルム除去用ミシン目
97a ストッパ用ミシン目
100 二重容器
102 二重容器本体
104 外層体
104c 貫通孔(外気導入孔)
104g 外気導入溝
200 二重容器
G 隙間
S 収容空間

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ