図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2017年12月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題・解決手段

タッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品であって、該タッチディスプレイモジュールはインセル型タッチディスプレイパネル(4)と第1のFPC(9)とを備え、前記第1のFPC(9)はタッチFPC部(6)とキーFPC部(7)とを備え、前記タッチFPC部(6)が前記インセル型タッチディスプレイパネル(4)のタッチ信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ機能を実現することに用いられ、前記キーFPC部(7)が非表示領域タッチキーのタッチ機能を実現することに用いられる。該タッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品は元々独立して設置されたタッチFPC、キーFPCを一体に集積することができ、材料コスト及び人件費を低減させ、生産効率を向上させる。

概要

背景

フレキシブル回路基板(ソフトプレート又はFPCと略称)はポリイミド又はポリエステルフィルム基材として製造された高信頼性、優れた可撓性を有するプリント回路基板であり、配線密度が高く、軽量で、厚みが小さいという特徴を有し、主に携帯電話ノートパソコン、PDA、デジタルカメラ等の製品に用いられる。

インセル型タッチディスプレイパネルを用いる一般的な携帯電話等の製品について、図1に示すように、主に、タッチFPC66(インセル型液晶セルタッチ信号に接続される)、キーFPC77(キーのタッチ信号に接続される)、及びキーランプFPC88(キーに光源を供給する)を備える。一般的には、タッチFPC66及びキーFPC77はモジュールメーカにより設計製造されてタッチディスプレイモジュールに組み立てられ、キーランプFPC88は携帯電話メーカにより設計製造されてケースに組み立てられる。

現在、インセル型タッチディスプレイパネルを用いる携帯電話等の製品の更新がますます速くなる背景には、異なるメーカがそれぞれタッチFPC66、キーFPC77及びキーランプFPC88を設計製造し、次に組み立てて、共にタッチ機能及びキー機能を実現するという方式は、低コスト、高生産効率需要を満たすことができなくなっている。

概要

タッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品であって、該タッチディスプレイモジュールはインセル型タッチディスプレイパネル(4)と第1のFPC(9)とを備え、前記第1のFPC(9)はタッチFPC部(6)とキーFPC部(7)とを備え、前記タッチFPC部(6)が前記インセル型タッチディスプレイパネル(4)のタッチ信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ機能を実現することに用いられ、前記キーFPC部(7)が非表示領域タッチキーのタッチ機能を実現することに用いられる。該タッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品は元々独立して設置されたタッチFPC、キーFPCを一体に集積することができ、材料コスト及び人件費を低減させ、生産効率を向上させる。

目的

本発明は上記いずれかのタッチディスプレイモジュールを備える電子ディスプレイ製品をさらに提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

インセル型タッチディスプレイパネルと第1のFPCとを備えるタッチディスプレイモジュールであって、前記第1のFPCがタッチFPC部とキーFPC部とを備え、前記タッチFPC部が前記インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ機能を実現することに用いられ、前記キーFPC部が非表示領域タッチキーのタッチ機能を実現することに用いられるタッチディスプレイモジュール。

請求項2

前記第1のFPCがさらにキーランプFPC部を備え、前記キーランプFPC部がキーランプと前記キーランプに接続される線路とを備える、請求項1に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項3

さらに導光フィルムを備え、前記キーランプ及び前記導光フィルムが前記タッチキーに均一なバックライトを供給し、前記キーランプが導光フィルムの長辺側又は短辺側に設置される、請求項2に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項4

前記第1のFPCが、相互接続される接続領域、タッチ機能領域、配線領域、屈曲領域素子領域及び結合領域を備える、請求項1に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項5

前記接続領域内に前記インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ信号線に接続された端子が設置され、前記タッチ機能領域内に前記タッチキーの機能モジュールが設置され、前記素子領域内にタッチチップ及び関連部品が設置され、前記結合領域内に信号を出力するための端子が設置される、請求項4に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項6

前記接続領域が前記タッチ機能領域の一側に設置される、請求項4又は5に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項7

前記第1のFPCが前記屈曲領域で折られ、前記素子領域を前記インセル型タッチディスプレイパネルの裏面に組み立てる、請求項4又は5に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項8

前記配線領域、前記屈曲領域、前記素子領域及び前記結合領域が順に相互接続され、且つ前記接続領域、前記タッチ機能領域にそれぞれ接続される、請求項4又は5に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項9

さらに第2のFPCを備え、前記第2のFPCが前記インセル型タッチディスプレイパネルの表示信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルの表示機能を実現することに用いられ、前記第1のFPCが前記結合領域の端子によって前記第2のFPCに接続される、請求項4又は5に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項10

前記インセル型タッチディスプレイパネルがインセル型液晶ディスプレイパネル又はインセル型有機発光ディスプレイパネルである、請求項1から5のいずれか一項に記載のタッチディスプレイモジュール。

請求項11

請求項1から5のいずれか一項に記載のタッチディスプレイモジュールを備える電子ディスプレイ製品

技術分野

背景技術

0002

フレキシブル回路基板(ソフトプレート又はFPCと略称)はポリイミド又はポリエステルフィルム基材として製造された高信頼性、優れた可撓性を有するプリント回路基板であり、配線密度が高く、軽量で、厚みが小さいという特徴を有し、主に携帯電話ノートパソコン、PDA、デジタルカメラ等の製品に用いられる。

0003

インセル型タッチディスプレイパネルを用いる一般的な携帯電話等の製品について、図1に示すように、主に、タッチFPC66(インセル型液晶セルタッチ信号に接続される)、キーFPC77(キーのタッチ信号に接続される)、及びキーランプFPC88(キーに光源を供給する)を備える。一般的には、タッチFPC66及びキーFPC77はモジュールメーカにより設計製造されてタッチディスプレイモジュールに組み立てられ、キーランプFPC88は携帯電話メーカにより設計製造されてケースに組み立てられる。

0004

現在、インセル型タッチディスプレイパネルを用いる携帯電話等の製品の更新がますます速くなる背景には、異なるメーカがそれぞれタッチFPC66、キーFPC77及びキーランプFPC88を設計製造し、次に組み立てて、共にタッチ機能及びキー機能を実現するという方式は、低コスト、高生産効率需要を満たすことができなくなっている。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明はタッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品を提供し、元々独立して設置されたタッチFPC、キーFPCを一体に集積することができ、材料コスト及び人件費を低減させ、生産効率を向上させる。

課題を解決するための手段

0006

本発明の少なくとも1つの実施例はタッチディスプレイモジュールを提供し、インセル型タッチディスプレイパネルと第1のFPCとを備え、前記第1のFPCにタッチFPCとキーFPCとの機能が集積され、即ち、前記第1のFPCはタッチFPC部とキーFPC部とを備え、前記タッチFPC部が前記インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ機能を実現することに用いられ、前記キーFPC部が非表示領域タッチキーのタッチ機能を実現することに用いられる。

0007

例えば、前記第1のFPCにさらにキーランプFPCが集積され、即ち、前記第1のFPCはさらにキーランプFPC部を備え、前記キーランプFPC部がキーランプと前記キーランプに接続される線路とを備える。

0008

例えば、前記タッチディスプレイモジュールはさらに導光フィルムを備え、前記キーランプ及び前記導光フィルムが前記タッチキーに均一なバックライトを供給し、前記キーランプが導光フィルムの長辺側又は短辺側に設置される。

0009

例えば、前記第1のFPCは、相互接続される接続領域、タッチ機能領域、配線領域、屈曲領域素子領域及び結合領域を備える。

0010

例えば、前記接続領域内に前記インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ信号線に接続された端子が設置され、前記タッチ機能領域内に前記タッチキーの機能モジュールが設置され、前記素子領域内にタッチチップ及び関連部品が設置され、前記結合領域内に信号を出力するための端子が設置される。

0011

例えば、前記接続領域が前記タッチ機能領域の一側に設置される。

0012

例えば、前記第1のFPCは前記屈曲領域で折られ、前記素子領域をインセル型タッチディスプレイパネルの裏面に組み立てる。

0013

例えば、前記配線領域、前記屈曲領域、前記素子領域及び前記結合領域は順に相互接続され、且つ前記接続領域、前記タッチ機能領域にそれぞれ接続される。

0014

例えば、前記タッチディスプレイモジュールはさらに第2のFPCを備え、前記第2のFPCは前記インセル型タッチディスプレイパネルの表示信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルの表示機能を実現することに用いられ、前記第1のFPCが前記結合領域の端子によって前記第2のFPCに接続される。

0015

例えば、前記インセル型タッチディスプレイパネルはインセル型液晶ディスプレイパネル又はインセル型有機発光ディスプレイパネルである。

0016

本発明は上記いずれかのタッチディスプレイモジュールを備える電子ディスプレイ製品をさらに提供する。

図面の簡単な説明

0017

本発明の実施例の技術案をより明確に説明するために、以下、実施例の図面を簡単に説明する。勿論、以下説明される図面は本発明のいくつかの実施例であり、本発明を限定するものではない。

0018

携帯電話のインセル型タッチモジュール断面模式図である。
本発明の実施例に係るタッチモジュールの構造1である。
図2に示される構造1のセカンダリFPCの平面構造図1である。
図2に示される構造1のセカンダリFPCの平面構造図2である。
本発明の実施例に係るタッチモジュールの構造2である。
図5に示される構造2のセカンダリFPCの平面構造図1である。
図5に示される構造2のセカンダリFPCの平面構造図2である。
本発明の実施例に係るタッチモジュールの構造3である。
図8に示される構造3のセカンダリFPCの平面構造図である。
本発明の実施例に係るタッチモジュールの構造4である。
図10に示される構造4のセカンダリFPCの平面構造図である。

実施例

0019

本発明の実施例の目的、技術案及び利点をより明確にするために、以下、本発明の実施例の図面を参照しながら、本発明の実施例の技術案を明確かつ完全に説明する。勿論、説明される実施例は本発明の一部の実施例であり、すべての実施例ではない。説明される本発明の実施例に基づき、当業者が進歩性のある労働を必要とせずに得られるほかの実施例は、いずれも本発明の保護範囲に属する。

0020

ただし、本発明の実施例の以下の説明において、セカンダリFPCは第1のFPCで、プライマリFPCは第2のFPCである。

0021

なお、特に断らない限り、明細書に使用される技術用語又は科学技術用語は、当業者が理解できる一般的な意味を有する。本願に使用される「第1」、「第2」及び類似する用語は、順序、数量や重要性を示すものではなく、異なる構成要素を区別するためのものにすぎない。

0022

本発明の実施例はタッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品を提供し、元々独立して設置されたタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCを一体に集積することができ、又は製品設計にキーランプを備えなければ、タッチFPC、キーFPCを一体に集積し、このようにして材料コスト及び人件費を低減させ、生産効率を向上させる。

0023

本発明の実施例はタッチディスプレイモジュールを提供し、インセル型タッチディスプレイパネル及びセカンダリFPCを備え、該セカンダリFPCはタッチFPC部とキーFPC部とを備え、即ち、該セカンダリFPCにタッチFPCとキーFPCとの機能が集積され、本実施例のセカンダリFPCのタッチFPC部がインセル型タッチディスプレイパネルのタッチ信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネルのタッチ機能を実現することに用いられ、本実施例のセカンダリFPCのキーFPC部が非表示領域のタッチキーのタッチ機能を実現することに用いられる。

0024

携帯電話、腕時計タブレットパソコン電子ブック携帯情報端末等のタッチスクリーン端末装置に対して、主にタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCを独立して設置するという方式を採用し、一般的に、タッチFPC及びキーFPCはモジュールメーカにより設計製造されてタッチディスプレイモジュールに組み立てられ、キーランプFPCは製品メーカにより設計製造されてケースに組み立てられる。本実施例のセカンダリFPCにタッチFPCとキーFPCとの機能が集積され、且つ製品設計にさらにキーランプを備えれば、さらに、該セカンダリFPCにキーランプFPCが集積されてもよく、即ち、該セカンダリFPCはさらにキーランプFPC部を備え、該キーランプFPC部がキーランプとキーランプに接続される線路とを備え、キーランプがタッチキーにバックライト光源を供給する。本発明の実施例に係るタッチディスプレイモジュールは、集積度が高く、且つ1回のみの組み立てを必要とし、材料コストと人件費を低減させ、生産効率を向上させる。

0025

当業者に本発明の実施例に係るタッチディスプレイモジュールの構造をよりよく理解させるために、以下、携帯電話を例として、具体的な実施例によって本発明に係る技術案を詳しく説明する。理解しやすいために、以下の説明において対照とする技術案が記載される。

0026

図1は携帯電話に適用できるタッチディスプレイモジュールであり、対照技術案として、主な構成部材カバープレート1、インセル型タッチディスプレイパネル4(例えば、液晶セル、偏光板及びチップICを備える液晶パネルであり、COGAと略称)、ディスプレイスクリーンバックライト光源5、プライマリFPC(図示せず、ディスプレイスクリーンの表示機能を実現することに用いられる)、タッチFPC66、キーFPC77及びキーランプFPC88を備える。キーランプFPC88はキーランプ3とキーランプに接続される線路とを備える。タッチディスプレイモジュールはさらに導光フィルム2を備え、キーランプ3及び導光フィルム2がタッチキーに均一なバックライトを供給する。図1に示される携帯電話のインセル型タッチモジュールの組み立て方式は、タッチFPC66を液晶パネル(COGA)に圧接し、キーFPC77を導光フィルム2に接着し、次に溶接によって又はコネクターによってタッチFPC66に接続し、キーランプFPC88を独立して設計し、携帯電話のケースに独立して組み立て、次に溶接によって又はコネクターによって携帯電話のマザーボードに接続することである。

0027

図2に示すように、本発明の一実施例に係る携帯電話に適用できるタッチディスプレイモジュールの構造1であり、主な構成部材はカバープレート1、インセル型タッチディスプレイパネル4(例えば、液晶セル、偏光板、及びチップICを備える液晶パネル(COGA))、ディスプレイスクリーンバックライト光源5、プライマリFPC(即ち、第2のFPC、図示せず)及びセカンダリFPC9(即ち、第1のFPC)を備える。セカンダリFPC9にタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCの機能が集積され、即ち、セカンダリFPC9はタッチFPC部6、キーFPC部7及びキーランプFPC部8を備える。

0028

例えば、タッチFPC部6はインセル型タッチディスプレイパネル4のタッチ信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネル4のタッチ機能を実現することに用いられ、キーFPC部7は非表示領域のタッチキーのタッチ機能を実現することに用いられ、キーランプFPC部8はキーランプ3とキーランプ3に接続される線路とを備える。タッチディスプレイモジュールはさらに導光フィルム2を備え、キーランプ3及び導光フィルム2がタッチキーに均一なバックライトを供給する。

0029

例えば、セカンダリFPC9にタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCの機能が集積され、図3及び図4に示すように、セカンダリFPC9は、相互接続される接続領域90、タッチ機能領域91、配線領域92、屈曲領域93、素子領域94及び結合領域95を備える。接続領域90内にインセル型タッチディスプレイパネル4のタッチ信号線に接続された端子が設置され、タッチ機能領域91内にタッチキーの機能モジュールが設置され、素子領域94内にタッチチップ及び関連部品が設置され、結合領域95内に信号を出力するための端子が設置される。キーランプ3は、図3に示すように導光フィルム2の長辺側に設置されてもよく、図4に示すように導光フィルム2の短辺側に設置されてもよい。セカンダリFPC9は屈曲領域93で折られ、素子領域94をインセル型タッチディスプレイパネル4の裏面に組み立てる。

0030

具体的に実施する際に、当業者は、実際の必要に応じて上記接続領域90、タッチ機能領域91、配線領域92、屈曲領域93、素子領域94及び結合領域95のセカンダリFPC9における分布位置を設定することができることを理解できるだろう。図3及び図4に示されることは解釈説明するためのものに過ぎず、制限するものではない。例えば、接続領域90はタッチ機能領域91の一側に設置され、例えば、タッチ機能領域91の上方に設置され、配線領域92、屈曲領域93、素子領域94及び結合領域95は順に相互接続され、且つ接続領域90、タッチ機能領域91にそれぞれ接続される。接続領域90及びタッチ機能領域91から導出される線路が配線領域92で配線され、次に素子領域94及び結合領域95に入る。

0031

本発明の実施例は携帯電話用のタッチディスプレイモジュールを提供し、セカンダリFPC9はキーFPC部7、キーランプFPC部8及びタッチFPC部6を備え、即ち、キーFPC、キーランプFPC及びタッチFPCを一体に集積してセカンダリFPC9が形成され、モジュールに組み立てられ、セカンダリFPC9におけるキー機能部が屈曲せず、組み立て工程を省くことができる。例えば、組み立て方法は、セカンダリFPC9とインセル型タッチディスプレイパネル4である液晶パネル(COGA)とを圧接装置によって圧接し、カバープレート1と液晶パネル(セカンダリFPC9を圧接済み)とをOCA/OCRフレームグルーによって一体に圧接し、セカンダリFPC9をカバープレート1における導光フィルム2に接着し、キーランプ3(LED)をカバープレート1に接着することである。ここで、OCA(Optically Clear Adhesive)は固態光学用透明接着剤であり、OCR(Optically Clear Resin)は液態光学用透明樹脂又は紫外線硬化樹脂であり、一般的にウォーターゲルと称され、液態光学用透明接着剤(LOCA、Liquid Optically Clear Adhesive)とも称される。

0032

図5に示すように、本発明の実施例に係る携帯電話に適用できるタッチディスプレイモジュールの構造2であり、主な構成部材は同様にカバープレート1、インセル型タッチディスプレイパネル4である液晶パネル、ディスプレイスクリーンバックライト光源5、プライマリFPC(図示せず)及びセカンダリFPC9を備える。セカンダリFPC9にタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCの機能が集積され、即ち、セカンダリFPC9はキーFPC部7、キーランプFPC部8及びタッチFPC部6を備える。構造1との相違点は、本実施例に係るタッチモジュールがタッチ機能領域91をセカンダリFPC9の正面(観察側)に屈曲させることである。図6及び図7に示すように、構造2のセカンダリFPC9の平面構造図であり、図6においてキーランプ3は導光フィルム2の短辺側に設置され、図7においてキーランプ3は導光フィルム2の長辺側に設置される。構造2の技術案はA.A領域(即ち、表示領域)のエッジとタッチキーとの距離を短縮することができる。

0033

例えば、組み立て方法は、セカンダリFPC9とインセル型タッチディスプレイパネル4である液晶パネルとを圧接装置によって圧接し、セカンダリFPC9のタッチ機能領域91を折ってセカンダリFPC9本体に接着し、カバープレート1と液晶パネル(セカンダリFPC9を圧接済み)とをOCA/OCR/フレームグルーによって一体に圧接し、セカンダリFPC9をカバープレート1における導光フィルム2に接着し、キーランプ3をカバープレート1に接着することである。

0034

図8に示すように、本発明の実施例に係る携帯電話に適用できるタッチディスプレイモジュールの構造3であり、主な構成部材は同様にカバープレート1、インセル型タッチディスプレイパネル4である液晶パネル、ディスプレイスクリーンバックライト光源5、プライマリFPC10及びセカンダリFPC9を備える。構造1との相違点は、本実施例に係るタッチディスプレイモジュールがキーランプを有せず、セカンダリFPC9にキーFPCとタッチFPCとの機能のみが集積され、即ち、セカンダリFPC9がキーFPC部7とタッチFPC部6とを備え、セカンダリFPC9のタッチ機能領域91の部分が屈曲せず、キーランプを有しないインセル型タッチディスプレイモジュールに適用できることであり、組み立て工程を省き、材料コストを低減させることができる。

0035

図9に示すように、構造3のセカンダリFPC9の平面構造図である。構造3の組み立て方法は、セカンダリFPC9と液晶パネルとを圧接装置によって圧接し、カバープレート1と液晶パネル(セカンダリFPC9圧接済み)とをOCA/OCR/フレームグルーによって一体に圧接する。

0036

図10に示すように、本発明の実施例に係る携帯電話に適用できるタッチディスプレイモジュールの構造4であり、主な構成部材は同様にカバープレート1、インセル型タッチディスプレイパネル4である液晶パネル、ディスプレイスクリーンバックライト光源5、プライマリFPC10及びセカンダリFPC9を備える。同様に、本実施例に係るタッチディスプレイモジュールはキーランプを有せず、セカンダリFPC9にキーFPCとタッチFPCとの機能のみが集積され、即ち、セカンダリFPC9がキーFPC部7とタッチFPC部6とを備え、キーランプを有しないインセル型タッチディスプレイモジュールに適用できる。

0037

図11に示すように、構造4のセカンダリFPCの平面構造図である。構造3との相違点は、タッチ機能領域91の部分がセカンダリFPC9の正面に屈曲されることである。最大限に材料コストを低減させ、A.A領域のエッジとタッチキーとの距離を短縮することができる。組み立て方法は、セカンダリFPC9と液晶パネルとを圧接装置によって圧接し、セカンダリFPC9のタッチ機能領域の部分を折ってセカンダリFPC9の本体に接着し、カバープレート1と液晶パネル(セカンダリFPCを9圧接済み)とをOCA/OCR/フレームグルーによって一体に圧接し、セカンダリFPC9をカバープレート1における導光フィルム2に接着することである。

0038

さらに、上記タッチディスプレイモジュールに備えられるプライマリFPC10(図8及び図10を参照)はインセル型タッチディスプレイパネル4の表示信号線に接続され、インセル型タッチディスプレイパネル4の表示機能を実現することに用いられ、セカンダリFPC 9は結合領域95の端子によってプライマリFPCに接続される。

0039

さらに、本実施例は上記インセル型タッチディスプレイパネルの具体的な表示モードを限定せず、例えば、インセル型液晶ディスプレイパネルであってもよく、又はインセル型有機発光ディスプレイパネルであってもよい。

0040

本発明の実施例の目的は具体的に携帯電話に適用できるタッチディスプレイモジュールを提供することであり、一般的なインセル型タッチディスプレイモジュールに比べて、本発明の実施例においてセカンダリFPC9が一体化設計を採用し、通常のインセル型タッチディスプレイモジュールのタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCを集積し、又はタッチFPCとキーFPCのみを集積し、合理的な組み立てによって従来のモジュールと同じ機能を実現する。

0041

本発明の実施例は、FPCの数を効果的に減少させることができ、FPCのコストを削減するとともに、組み立て工程を減少させ、生産効率と歩留りを効果的に向上させることができるという効果を有する。

0042

ただし、本発明の実施例の技術案は携帯電話のFPC設計に適用できるだけでなく、腕時計、タブレットパソコン、電子ブック、携帯情報端末等のタッチスクリーン端末装置のFPC設計に適用できる。

0043

本発明の実施例のセカンダリFPCにはタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCの機能が集積されるが、その具体的な外形が実例に限定されず、セカンダリFPCが他の規則的な図形又は不規則な図形に設計されてもよく、LEDの数及び配置位置の具体的な状況に応じて変更してもよく、同様に、セカンダリFPCにおける素子レイアウト配線設計等は具体的な状況に応じて変更してもよく、上記の説明に限定されない。

0044

本発明の実施例はさらに上記いずれかのタッチディスプレイモジュールを備える電子製品を提供する。本発明の実施例に係る電子製品は集積度が高く、コストが低い。表示装置は、液晶ディスプレイ電子ペーパーOLEDディスプレイ、携帯電話、腕時計、タブレットパソコン、テレビディスプレイ、ノートパソコン、デジタルフォトフレームナビゲータ等のいずれかの表示機能を有する製品又は部材であってもよい。

0045

本明細書における各実施例は漸進的方式で説明され、各実施例の同じ又は類似する部分は互いに参照することができる。

0046

本発明の実施例に係るタッチディスプレイモジュール及び電子ディスプレイ製品は、元々独立して設置されたタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCを一体に集積し、又は製品設計にキーランプを備えなければ、タッチFPC、キーFPCを一体に集積し、それにより材料コストを低減させるとともに、生産の組み立て工程に対して、独立するタッチFPC、キーFPC及びキーランプFPCを採用すれば、3回の組み立てを必要とし、且つ異なるメーカにより組み立てられ、本発明の実施例は1つの一体化されたセカンダリFPCに簡略化され、このようにして1回のみの組み立てを必要とし、人件費を低減させ、生産効率を向上させる。

0047

本発明の保護範囲は特許請求の範囲を基準とすべきである。

0048

本願は、2014年11月10日に出願された中国特許出願番号201410645381.9の優先権を主張し、ここで、上記中国特許出願に開示されている内容の全体が本願の一部として援用される。

0049

1カバープレート
2導光フィルム
3キーランプ
4インセル型タッチディスプレイパネル
5バックライト光源
6タッチFPC部
7キーFPC部
8 キーランプFPC部
9セカンダリFPC(第1のFPC)
10プライマリFPC(第2のFPC)
66 タッチFPC
77 キーFPC
88 キーランプFPC
90 接続領域
91タッチ機能領域
92配線領域
93屈曲領域
94素子領域
95 結合領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • セイコーエプソン株式会社の「 電気光学装置及び電子機器」が 公開されました。( 2019/05/30)

    【課題】高解像度で多階調の高品位な画像を低消費電力で表示でき、より高速で動作しより明るい表示が得られる電気光学装置を実現すること。【解決手段】電気光学装置10は、走査線42と、信号線43と、走査線42... 詳細

  • シャープ株式会社の「 入力装置及びプログラム」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】利用者によるタッチ操作が継続している場合にタッチ状態が変化しても、入力モードが維持されることで、利用者による操作を適切に実行することが可能な入力装置等を提供すること。【解決手段】タッチ操作を検... 詳細

  • アルプスアルパイン株式会社の「 入力装置およびその製造方法」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】導電パターンが所望の場所に配置されるように位置決めを正確に行うことができる3次元形状の入力装置を提供する。【解決手段】入力操作が可能なシート状の入力部材10を備え、入力部材10が、柔軟性および... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ