図面 (/)

技術 監視及び制御システムとアクセスと禁止区域への立ち入り法

出願人 ディジコンソシエダーヂアノニマコントローレエレトロニコパラメカニカ
発明者 エルブリング,ピーターリチャードアランド,マリオ
出願日 2014年8月20日 (5年5ヶ月経過) 出願番号 2016-562019
公開日 2017年12月7日 (2年2ヶ月経過) 公開番号 2017-536587
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード キャッチ装置 電子処理ユニット 物理属性 視覚アラーム 回転タブ 複合運動 公共交通システム 許可ユーザー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年12月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題・解決手段

このような大量輸送システムとして、本明細書中で制限された領域へのアクセスの制御および監視ステムおよび方法を記載(地下鉄鉄道空港船舶など)、処理ユニットは(10)商業ビル、学校、工場データセンターやその他からなる、人の動きの場所は、ユーザ認証装置(20)と画像取込装置(40)から情報を受信します。この情報を処理する処理ユニット(10)は、囲まれた領域内のユーザカテゴリ(GA)、の位置、速度および移動方向を決定します。次に、処理ユニット(10)が障壁に配置された(30)バーの1つ以上の光素子(31)の動作をトリガし、囲まれた領域(GA)を制限して各ユーザを割り当てる(許可ユーザー[AU]、許可のないユーザー[UU]または特別なユーザ[SU] ユーザカテゴリウィンドウ(311、312、313)が囲まれた領域(GA)内のユーザーの動きを追従する)ロック装置(50)は、処理ユニット(10)を活性化して、囲まれた領域内(GA)ユーザの位置、速度および移動方向に比例した速度で、全開または部分的に開閉することが可能。

概要

背景

概要

このような大量輸送システムとして、本明細書中で制限された領域へのアクセスの制御および監視ステムおよび方法を記載(地下鉄鉄道空港船舶など)、処理ユニットは(10)商業ビル、学校、工場データセンターやその他からなる、人の動きの場所は、ユーザ認証装置(20)と画像取込装置(40)から情報を受信します。この情報を処理する処理ユニット(10)は、囲まれた領域内のユーザカテゴリ(GA)、の位置、速度および移動方向を決定します。次に、処理ユニット(10)が障壁に配置された(30)バーの1つ以上の光素子(31)の動作をトリガし、囲まれた領域(GA)を制限して各ユーザを割り当てる(許可ユーザー[AU]、許可のないユーザー[UU]または特別なユーザ[SU] ユーザカテゴリウィンドウ(311、312、313)が囲まれた領域(GA)内のユーザーの動きを追従する)ロック装置(50)は、処理ユニット(10)を活性化して、囲まれた領域内(GA)ユーザの位置、速度および移動方向に比例した速度で、全開または部分的に開閉することが可能。

目的

この場合、(UU)
無許可のユーザーへのアクセス制限エリア(RA)ユーザーカテゴリーウィンドウが提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

制限区域へのアクセス方式及び制御システム監視囲まれた領域によって特徴づけられる(GA)制限エリア(RA)の直前にこの囲まれた領域(GA)障壁によって制限されます(30)発光素子バーを持つ要素(31)処理ユニットを受信するか否かを認証することによって活性化される(10)ユーザ・カテゴリユーザ認証装置(20)。この領域の上に囲まれた、画像キャッチ装置(40)常に囲まれた領域でのユーザープレゼンス識別します(GA)で、処理ユニットに、その情報を送信します(10)囲まれた領域内のユーザの位置、速度、移動方向を算出します(GA)。この情報は、ユーザカテゴリウィンドウを活性化するために使用される(311、312、313)発光素子バーによって(31)バレイラスに位置する(30)ユーザーのカテゴリごとに設定された色:許可ユーザー(AU)特定の色カテゴリウィンドウで(311)許可のないユーザー(UU)特定の色カテゴリの窓(312)と、特別なユーザ(SU)特定のカテゴリ色の窓を持った(313)。これらのユーザー・カテゴリーの窓(311、312、313)囲まれた領域内の各ユーザーの動き追従(GA)画像取込装置から受信した情報に基づいて(40)処理ユニットによって処理されます(10)。ロック装置(50)処理ユニットによって部分的に又は完全に開いたり閉じたり、(10)、画像取込装置によって受信されたデータに基づいて(40)処理ユニットによって処理されます(10)。制限区域へのアクセス(RA)許可のないユーザーのために(UU)これは、ロック装置の全体的または部分的閉塞によって防止されます(50)。制限エリアへのアクセスが許可されています(RA)許可ユーザーへ(AU)および/または特別なユーザ(SU)開放位置においてロック装置(50)を保ちます。

請求項2

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視1と呼ばれる制限区域へのアクセスは、事実によって特徴付けられる発光素子ブーム(31)これらは、ダイオードLED);レーザビームランプ;または明るいLCDスクリーン液晶ディスプレイ)、プラズマ、LED等よって備えることができます。

請求項3

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視制限区域へのアクセス、事実によって特徴付けられる、1と呼ばれるユーザ認証装置(20)生物測定識別要素によってユーザの識別を可能にする任意の装置を含む(指紋虹彩、顔、手のひら、など)および/または非生物測定識別機能(バーコードRFIDバッジおよび/またはタグと磁気ストライプカード、など)。

請求項4

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視事実によって特徴付けられる、いわゆる1に従って制限区域へのアクセス、そのユーザ画像キャッチ装置(40)これは、画像領域内の静的または動的な画像を認識する任意の装置とすることができます。このような画像キャプチャデバイスの例(40)耐熱カメラビデオ遠距離キャッチ装置とイメージ領域内代表画像の組み立てを可能にする囲まれた領域内の装置も含みます(GA)。

請求項5

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視事実によって特徴付けられる、いわゆる1に従って制限区域へのアクセス、そのユーザロック装置(50)、処理ユニットによって制御されます(10)、可変速度に応じて全部または部分的に閉じます:a)は、許可のないユーザーの速度(UU)囲まれた領域内で移動(GA)制限エリアに向かって(RA);とb)は、許可のないユーザーの位置(UU)囲まれたエリアの中にいます(GA)。同様に、ロック装置(50)処理ユニットによって制御されます(10)、可変速度に応じて、部分的または全開いa)は、許可のないユーザーの速度(UU)囲まれた領域内で移動(GA)制限エリア外への方向(RA)およびb)は許可のないユーザーの位置(UU)囲まれたエリアの中(GA)。処理ユニット(10)、絶えず更新された画像取込装置から受信したプレゼンス情報に基づいて(40)許可無しユーザーの速度、位置と移動方向を電子的に算出します(UU)。

請求項6

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視事実によって特徴付けられる、いわゆる1に従って制限区域へのアクセス、そのユーザロック装置(50)は、必要に応じてシステムから除去することができることを特徴とします。

請求項7

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視事実によって特徴付けられる、いわゆる1に従って制限区域へのアクセス、そのユーザロック装置は、必要に応じて画像キャッチ装置(40)処理ユニットと一緒に(10)オブジェクトが許可できるかどうかを決定するために、オブジェクトの特徴の幾何学的関係を介してオブジェクトを検証するために、または制限エリアに入るために(RA)このように発光素子バーをを活性化し(31)、そのユーザーカテゴリウィンドウを設定します(311、312または313)。

請求項8

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視制限区域へのアクセスは次の手順を観察することによって特徴付けられます:次の手順を観察することによって特徴付けられます:a)は、ユーザは通常囲まれた領域の入り口に位置するユーザ認証装置(20)で同定、またはされていません(GA)。b)ユーザー認証とユーザーカテゴリはユーザ認証装置から、送信または送信されていません(20)処理ユニットへ(10)、c)処理ユニットは(10、)有効な認証およびユーザの関連するカテゴリを受け取るかどうか。d)画像取込装置(40)する囲まれた領域内のユーザーのプレゼンスを識別(GA)ユーザのプレゼンスに関する情報を常に処理ユニット送信します(10)。この情報は、処理ユニット(10)によって囲まれた領域内のユーザの位置、速度、移動方向を算出する為に使用されます(GA)。e)ユーザーカテゴリの有効性または無効性認証情報で、そして、ユーザーの速度、位置およびユーザーのユーザー移動方向、処理ユニット(10)ユーザのこのカテゴリに設定した色でユーザカテゴリーウィンドウを活性化にします(311、312、313)。許可ユーザー(AU)特定のウィンドウを持つカテゴリー(311)許可のないユーザー(UU)特定のウィンドウを持つカテゴリー(312)、と、特別なユーザ(SU)カテゴリー固有の窓(313)。このユーザーカテゴリウィンドウ(311、312、313)は、発光素子バーによって形成された(31)障壁に配置(30)が囲まれた領域制限(GA);f)ユーザーのカテゴリウィンドウ,(311,312,313)許可ユーザーの対応する動きを追従(AU)許可のないユーザー(UU)および/または特殊ユーザ(SU)囲まれエリア内に(GA)画像キャッチ装置によって受信された情報に基づいて(40)及び処理ユニットによって処理され、(10)g)グラム)制限区域でのユーザ入力(RA)ロック装置(50)により、許可またはされない、処理ユニット(10)によって活性化される。

請求項9

制限区域へのアクセス方式及び制御システムと監視許可ユーザー(AU)の機会によって特徴づけられる、いわゆる8に従って制限区域へのアクセス、権限のないユーザー(UU)または特別なユーザ(SU)囲まれた領域内に位置する(GA)追い超て、囲まれた領域へ向かうか又は離れる(GA)他のユーザー(AU、UUまたはSU)また囲まれた領域内に位置する(GA)対応するウィンドウ(311、312、313)追い越されたユーザーは、追い越した対応ユーザに追随していく、その時点とその後。

発明の詳細な説明

0001

〔本発明の分野〕
本発明は、監視及び制御システムと、制限領域へのアクセスの方法を記載し、
公共交通システム地下鉄鉄道駅空港など)、商業ビル、学校、工場データセンターやその他人の移動が激しい場所を禁止区域として制御されなければならない。監視システム及び処理ユニットへのアクセスを認証ユニットと画像取込装置からユーザ情報を受信し、活性化、一方1つ以上の光バーが、禁止区域を制限するバリアに配置されています。各ユーザーカテゴリ許可ユーザー、無許可ユーザーまたは特別なユーザ)は、特定の色を示すウィンドウに関連付けられており、禁止区域内の無許可ユーザーの動きを伴い、視覚識別によるセキュリティ担当者行動を促進し、無許可ユーザーへのアプローチを可能とし、制限区域認定し、許可ユーザー、特別ユーザ立ち入りを可能とする。

0002

〔本発明の背景
人の流れの制御を必要とする用途では、それらに、複数の形態検証又は権限のない人の予防アクセスが使用されています。
最も一般的にはデバイスロックとして知られているラチェット機械的なアームで構成され90°(4本のアーム)または120°(3支店)の角度で配置されている。この場合、ユーザは、物理的に腕と相互作用し、それらを押して、デバイスを回転させ、アクセスが検証された場合ユーザの通過を可能にする。
ラチェットは、ユーザによって、または、インストール電動機構のによって物理的に回転させることができます。チケットが検証されていない場合は、機構は回転をロックし、不正なユーザの通過を防止する。

0003

文書US2006101716は、制限区域や輸送車両へのアクセスを防止または許可する自動ゲートについて説明します。
この自動ゲートは、閉鎖位置に回転タブ装備されおり、権限のないユーザの通過を防止するバリアを形成します、そしてオープンの場合、認証デバイスカードを挿入することによって確認されたアクセスを有していた者の通過を可能にします。このような自動ゲートは、ロック装置との物理的なユーザーの操作を必要としません。

0004

最新の技術とソリューションでは機器とユーザーとの物理的なコンタクトの必要はありません。制限区域でのユーザー権限アクセスのブロックまたはスライドドアーフラップの活性化は、通常、ユーザの通過を監視する赤外線センサを用いて実行されチケットが検証されたドアやフラップを開いたり、アクセスが検証されていないときにそれらを閉じておくために、高度なユニットにこの情報を送信します。

0005

文書CN103295301は、制限領域へのアプローチで、ユーザを識別する赤外線センサと識別モジュールを備えたアクセス制御システムを開示しています。

0006

ユーザが機器との物理的接触を持たないデバイスの場合には、2つの主な機能が探求されています:許可なしユーザーの通過ブロックおよび「乗車」ユーザーの監視または「バックドアを通って入った「ピッタリ者」制限領域への出入りを許可されたアクセス権を持つユーザーとの「乗車」ユーザーまたは「バックドアを通って一緒に入った「ピッタリ者」の監視。

0007

権限のないユーザーが許可されたユーザと一緒に入ると、システムは、不正ユーザを検出し、自動的にロック要素を活性化、でも、権限のないユーザーによって、このような行動に強制されている可能性があり、時には承認されたユーザーエントリへの回避有り。ロック機構の閉鎖は、通常は、警告音及び/又は視覚を伴いますそれによって安全システムを活性化させます。しかし、いくつかの状況では、セキュリティ担当者は、迅速に行動することが出来ず、正確に無許可ユーザを識別しきれない。

0008

W02013135922文書が不正ユーザの通過を検出するための装置に適用可能なアクセス制御装置を記載し、許可されたユーザへのアクセスを利用して(つまり、この場合には、許可されたユーザは、(乗車)か「裏口から」入ったユーザーです)。
この装置は、人数を数えるセンサーで構成されています、警告音と視覚アラーム、および不正ユーザーに噴霧スプレーまたは粉末掛けが行われるが、そのような物質は除去または洗浄することができます。

0009

CN101847278文書は、管理区域内にシステム及び安全レベル調整方法が記載され、許可ユーザ、不正ユーザまたは侵入者かどうかを決定するために1人以上の人物の存在を検出します。

0010

US5845692書類はドアを通って許可ユーザの通過を可能にするアクセスシステムを記載、そして、許可のないユーザーの制限区域に到達するのを防止しているまたこれらは自動的に処理するために非制限エリアに向けられています。このような手順は、ロック装置の作動を回避し、許可された人物の流れを維持します。このシステムは、警告音と視覚アラームの使用を含みます。

0011

JP2006209728不正侵入人物の検出装置許可アクセスを持つ人を伴って不正侵入を計らう人物の防止をするための検出方法(すなわち「相乗り」や「バックドアを通って"立ち入るユーザー)を記載。この立ち入り管理システムでは、個人認証装置が、第一ドアで閉じられた認証部屋に設置され、制御領域には、外部からの入りを許可し第二のドアを制御領域とする、第2のドアの開閉管理区域への不正侵入を防ぐための個人認証を介して制御されています。制御部の入り口の制御システムは:カメラが認証部屋の上部(天井)に設置されて、
一基の不正立ち入り感知装置認証室の全内部領域動画に基づいて、画像処理実施、カメラで撮影し、「不在」、「正侵入」または「不正侵入」を決定する。認証室内の状態と; 個別識別装置の不正侵入検知結果およびコンパイルの結果に基づいて、コントローラにて第一扉と第二扉の開/閉を指令する。

0012

したがって、最新技術では無許可ユーザーが裏口から又は相乗り人物(無許可でありながら許可ユーザーと一緒に相乗り又は裏口からでエントリー試行するユーザー)を警告するための視覚的/または可聴アラームを持っている。しかし、これらのシステムは、視覚的に囲まれた領域内では(すなわち、認証デバイスとロック装置間の動き)無許可ユーザーを正確に識別することはできません。

0013

また、最新技術の制御システムは、特定の条件で許可されたユーザが制限領域で移動しても正しく識別されるように識別装置にてユーザカテゴリを識別する(但し、これ等には限定されません:高齢者障害者支払免除者、学生、特別課金条件を持つユーザー、訪問者請負業者サービスプロバイダ、など)、セキュリティ担当者や流れに遅延を生じ、ロック装置内の流れの完全停止

0014

従って、本発明は、制限された領域へのアクセスを許可する前に囲まれた制限区域へのシステム監視アクセス方法を実施することを目的としています。フェンスで囲まれた領域の入口領域に配置される認証モジュールまたは装置が、ユーザの識別データランク付けを処理ユニットに送信します、一方、ユーザの各カテゴリに関連付けられた固有の色を持っているバリアに位置する光素子から成る表示窓作成をトリガします。表示窓はフェンスで囲まれた領域内の各ユーザの動きを追従画像捕捉装置によって捕捉された情報に基づいて、 処理ユニットで処理されます。複数のユーザがフェンスエリア内に居る場合、個々のユーザーは、自分のカテゴリに対応するウィンドウを持っています。信号表示窓は、セキュリティ担当者へ可能なインシデントに対するアクションを取る事を示している。撮像装置は、常に囲まれた領域内の1つ以上のユーザの存在を識別し、この情報を移動ユーザの位置、速度および方向を算出する処理部に転送し、不正ユーザの移動速度、位置及び方向に対してロック装置の開閉速度の制御し、部分的または完全閉塞制御を行います。

0015

概要
本発明は、認証やないユーザーを、そのカテゴリを決定するユーザ識別装置に接続された1つの電子処理ユニットを備えています。フェンスで囲まれた領域内の対応するユーザの動きに追従するユーザーのカテゴリによって視認ウィンドウを作成します(許可ユーザー、ユーザーとの特別許可されていないユーザ)。フェンスで囲まれた領域の端部で、かつ制限された領域に入る前に、ロック装置があり、場所のトータルまたは部分的に開閉するために処理ユニットによって制御される。

0016

本発明は、制限領域へのアクセスの方法や監視・制御システム・画像キャプチャ装置を特徴とするこであり、フェンスで囲まれた領域内の画像の面積で規定される範囲でユーザの存在を監視し、位置、速度、及びユーザの移動方向を算出する処理装置にこの情報を送信する。
処理された情報に基づいて、処理ユニットは、囲まれた領域を区切るバリアに位置して発光素子を介して、表示窓をアクティブにします。
このようなことを示すウィンドウは、各ユーザーカテゴリ(許可ユーザー、無許可ユーザーおよび特別ユーザー)のために特定の色で点灯される。
これらの指標窓は、キャプチャデバイスによって処理ユニットに送信された常に更新されたプレゼンス情報に基づき各ユーザのフェンスで囲まれた領域への移動、又は制限区域からの離れ等、両方に向かう動きを追従します。

0017

本発明は、制限エリアのすぐ近くに位置するロック装置を持っている制限領域へのアクセスの制御と監視システムおよび方法で、フェンスで囲まれた領域内の画像キャプチャ装置によって検出されたユーザの通過、移動位置と方向の速度に比例して処理ユニットによって制御された速度で閉鎖または部分的もしくは完全な開口をする。通常、閉鎖またはロック装置の部分的または完全な開口は無許可ユーザにて実行されます。比例的に制限エリアに接近(ロック装置の部分的または完全な閉鎖)、又制限エリアより離れる場合(ブロックデバイスの部分的または完全な開口部。通常ロック装置は、許可ユーザーや特別ユーザの為に開放保持されています。

0018

本発明は、制限領域へのアクセス方法、制御および監視システムおよび各ユーザーカテゴリ(許可ユーザー、無許可ユーザーと特別ユーザ)を割り当て、各カテゴリに対し固有の色で表示窓の形で事前にユーザのカテゴリを個人識別デバイスと視覚的識別によって識別され、区切られた領域のバリアに配置された光の素子から構成される。このような事を示すウィンドウは、囲まれた領域内のユーザーの動きを追従します。セキュリティ担当者の行動を簡易するために、無承認ユーザーまたは特別ユーザの視覚的な認証を可能にし、承認されたユーザーや特別ユーザのために大きな問題なくエントリを可能にする。

0019

本発明は、制限領域への制御および監視システムとアクセス方法であって、その特徴として障壁囲まれた領域に配置された光素子からなる表示ウィンドウがあり、フェンスエリア内のユーザーの動きに追従し、最初のユーザが、同一または異なるカテゴリの第2のユーザを超える状況で、第2のユーザの表示窓の実装超過されてある場合。このような場合には、第1および第2のユーザの表示窓は追い越しプロセス中あってもに、対応するユーザの追従を続けます。

0020

本発明は、制限領域への制御および監視システムとアクセス方法であって警備員または安全員が、フェンスで囲まれた領域を制限区域に向かって横切って移動する不正使用者や特別ユーザーを識別することを可能にします。

0021

〔図面の簡単な説明〕
図1は、制限エリア(RA)へのアクセスの方法、制御および監視システムを示しています。囲まれた領域(GA)障壁による制限(30)、各自発光素子バーを備え(31)ユーザ認証ユニット(20)通常、囲まれた領域の入り口に位置し(GA)画像キャプチャ装置(40)とロック装置(50)通常は制限エリアの入り口に位置する(RA)。

0022

図2は、キャプチャデバイスのイメージエリアイメージ角度の表現(40)、
監視の限界を強調し、同様に許可ユーザーの動きを示す(AU)。
許可のないユーザー(UU)特別ユーザ(SU)囲まれた領域(GA)。

0023

図3は、ユーザーのさまざまなカテゴリの表現があります。許可ユーザー(AU)、権限のないユーザー(UU)、特別なユーザ(SU)および囲まれた領域内(GA)。各ユーザーのカテゴリは、それぞれのユーザー・カテゴリ・ウィンドウに続いています。(311は承認されたユーザーへ[AU]、312は無断ユーザー へ[UU]、313は特殊ユーザーへ[SU])。特定の色は、各ユーザーカテゴリウィンドウに割り当て/スケジュールすることができます(311、312、313)、カテゴリ対応するユーザに応じて(AU、UU、SU)、囲まれた領域内での移動(GA)。

0024

図4は、許可ユーザーの動き(AU)囲まれた領域内への立ち入り(GA)、ユーザー認証部の承認後に、(20)それぞれのユーザーカテゴリウィンドウで(311)、
許可ユーザーを識別するために割り当てられた/プログラム色を示します(AU)。

0025

図4A許可ユーザはを示す(AU)、囲まれた領域を出る(GA)、と制限エリアへの立ち入り(RA)、開放位置にあるロック装置(50)、permitindo, portanto, a entrada o Usuario Autorizado (AU) na Area Restrita (RA).このように許可ユーザー(AU)制限エリアへの立ち入りを可能にします(RA)。ユーザーカテゴリウィンドウ(311)は、許可ユーザーの動きを追従(AU)囲まれた領域内(GA)この許可ユーザーが(AU)囲まれた領域を出るまで(GA)制限エリアへの立ち入り(RA)ユーザ認証装置への復帰(20)。

0026

図5はユーザ権限がないユーザーカテゴリウィンドウの動きを示しています(311)、に囲まれたエリア内(GA)許可ユーザーと(UU)制限エリアへの立ち入りと(RA)ブロック装置遮断(50)ここの閉鎖位置に示されています。

0027

図6は、許可ユーザー(AU)に続いてそれぞれのカテゴリーの窓を示し(311)制限エリアへの立ち入り(RA)、ブロック装置で(50)オープン、許可ユーザーの通行可能(AU)。このような許可ユーザー(AU)は、権限のないユーザーが付いてゆく(UU)それぞれのユーザー・カテゴリ・ウィンドウによって識別(312)。それぞれのユーザーカテゴリウィンドウで(UU)それぞれの持つ許可ユーザー(312)が続くAU)。

0028

図7は、不正なユーザーの行動の表現であります(UU)および許可ユーザー(AU)、双方向囲まれた領域内の(GA)、追加の画像捕捉装置を示します(40)、
障壁の一方側(30)、そして、追加のユーザ識別装置配置(20)、囲まれた領域間フロントバリアに位置(GA)、と、制限エリア内(RA)。

0029

図8は、制御システムのブロック図を示しており、制限区域へのアクセスを監視します。

0030

図9は、制限された領域内のアクセスを監視するための制御方法及びステップフローチャートを示します。

0031

〔発明の詳細な説明〕
本発明の目的は、以下の用語に記載されています。

0032

「囲まれエリア」(GA)は、横方向の障壁に限られた領域であり(30)、各自がバー光素子を備え(31)、この囲まれた領域(GA)は、制限エリアの直前に配置されています(RA)。

0033

「制限区域」(RA)
これは、許可されたユーザのみアクセス領域とし(AU)また、特殊ユーザ(SU)
事前にユーザ認証装置に登録されている(20)囲まれた領域の入り口に位置しています(GA)。ロック装置(50)制限エリアの直前に配置することができ(RA)、
制限区域内への進入を許可(RA)許可ユーザにて(AU)および/または特別ユーザ(SU)そして、制限エリアへのアクセスを防止(RA)権限のないユーザー(UU)。

0034

許可ユーザー」(AU)エントリ制限エリアで許可されたユーザーのカテゴリです。(RA)認可は、ユーザ認証装置によって付与されます(20)通常囲まれた領域の入り口に位置しています(GA)。

0035

「特別ユーザ」(SU)は、アクセスの具体的な条件を提供するために、許可されたユーザーです。特別なユーザの例としては(SU)限定されないが、支払免除者、高齢者、障害者、学生、異例支払い条件ユーザ、訪問者、請負業者、サービスプロバイダ、その他ユーザー。特別なユーザ(SU)は、ユーザ識別装置によって認可されています(20),通常、入り口囲まれた領域内に配置(GA)制限エリアに入るため(RA)。ユーザーカテゴリウィンドウ(313)特別なユーザ(SU)特別カテゴリユーザのためにプログラム/特別な色を割り当てることができる(SU)、または詳細な情報が必要な場合、特定の色を特別なユーザのそれぞれ異なるタイプに設定することができます(高齢者、障害者等)(SU)、その色は許可ユーザーと異なり(AU)無許可ユーザー(UU)。このような視覚的な識別は、セキュリティ担当者によって監視を容易にします。

0036

「権限のないユーザー」(UU)は、認証デバイスによって認可されていないユーザであり(20)、通常囲まれた領域の入口に位置し(GA)、またはユーザが認証装置において認定されていないユーザー(20)、許可のないユーザー(UU)制限エリアに立ち入りする許可がありません(RA)。

0037

イメージ領域」画像取込装置の画像範囲であります(40)、それは部分的にキャプチャデバイスの画角で定義されます(40)。画像領域は、囲まれた領域(GA)と特定の隣接関係を含みます。

0038

囲まれた領域内のユーザの位置とカテゴリを示す光窓(GA)、本明細書では「ユーザーカテゴリウィンドウ」と呼ばれている(311、312または313)、1つ以上の光素子から構成されたウィンドウの光素子バー(31)、バレラスに位置しています(30)。ユーザーカテゴリウィンドウ(311、312、313)は、囲まれた領域内のユーザの移動を追従する(GA)ユーザカテゴリの光表示と共に。
許可ユーザー(AU)カテゴリを持つウィンドウ(311)無許可ユーザー(UU)カテゴリ・ウィンドウと(312)、特別なユーザ(SU)、およびカテゴリ・ウィンドウ(313)。各ユーザーカテゴリウィンドウ(311、312、313)、これは、プログラムされた特定の色を持っているか、そのようなユーザー・カテゴリ・ウィンドウ(に割り当てられています311、312、313)。

0039

システム制御および監視と制限エリアへのアクセス方法は、囲まれた領域で構成されています(GA)制限エリアに着くことができる前に(RA)。
この囲まれた領域(GA)障壁によって制限されます(30)光素子バーによって制限されます(31)処理ユニットによって活性化されます(10)が、ユーザー認証装置から認証とユーザーカテゴを受けるか、受けないか(20)。
画像キャプチャ装置(40)常に囲まれた領域でのユーザーのプレゼンスを識別します(GA)処理ユニットに、そのような情報を送信します(10)そして囲まれた領域内のユーザの位置、速度、移動方向を算出します(GA)。
その後、処理ユニットは(10)、ユーザカテゴリウィンドウを活性化し(311、312、313)、光素子ロッドを用いて(31)障壁ロッドに位置する(30)ユーザ認証装置によって特定されたカテゴリに応じた色で(20)
許可ユーザー(AU)特定のカテゴリーを持つウィンドウ(311)無許可ユーザー(UU)特定のカテゴリーを持つウィンドウ(312)、そして、特別なユーザ(SU)特定のカテゴリーを持つウィンドウ(313)。処理ユニットから受信した情報に基づいて(10)、ユーザーカテゴリウィンドウ(311、312、313)、囲まれた領域内の対応ユーザの動きを追従(GA)セキュリティ担当者が必要な行動を取ることができるように、可能なインシデントを指摘。

0040

障壁を好み(30)囲まれた領域(GA)許可ユーザーに対し一方向に動きを許すこと(AU)無許可ユーザー(UU)と特別なユーザ(SU))図2に示すように、制限エリアに向けて(RA)。

0041

ユーザーの双方向の流れは、第二の認証装置を使用することによって確立することができる(20)囲まれた領域の前で(GA)制限エリア(RA)及び/又は画像捕捉装置(40)図7に示すように、ユーザーカテゴリーのカテゴリ対象Windowsを設定する(311、312または313)。

0042

光素子バー(31)は、ダイオードLED)レーザビーム電球;またはLCDなどのディスプレイプラズマ、LEDを点灯し、LED等(液晶で表示します)を備えることができます。両方のカテゴリが視覚的であること。

0043

囲まれた領域内でユーザーカテゴリーウィンドウが(311、312、313)対応するユーザの動き、と一緒に平行移動します(GA)。第一ユーザが、第二ユーザを追い越すと、第一ユーザーのカテゴリウィンドウもクラスウィンドウを超えます。

0044

ときに許可ユーザー。(AU)許可のないユーザー(UU)か特別なユーザ(SU)
囲まれた領域内に位置する(GA)が超えて、囲まれた領域方向へ移動かまたは離れる(GA)、他のユーザー(AU、UUまたはSU)も同じく囲まれた領域内に位置する(GA)対応ウィンドウ(311、312、313)の追い越されたユーザはそのまま対応ユーザー(追い越し)を追従していきます。

0045

ユーザ認証装置(20)これは、最新の技術を持つ任意の装置を含み、その機能は、生体認証機能などの手段によってユーザを識別することです、(例えば、虹彩認識顔認識指紋認識、指や手のひら静脈等)、または非バイオメトリック識別方法(例えば、2D、パンチカード無線周波数カードスマートカード、等として知られているものを含む磁気ストライプまたはバーコード名札のような物)。

0046

イメージキャチ装置(40)モニタ画像領域内の静的および動的物体の存在を記録し、処理ユニットに通知します(10)処理ユニットにデータを送信します(10)
位置、速度及び1人以上のユーザの移動方向を算出する(AU、UUまたはSU)
囲まれた領域内に位置します(GA)。
このような計算の結果は、発光素子バーを活性化するのに必要なデータであり(31)、適切なユーザーカテゴリウィンドウ(311、312および313)と、該当するユーザーに従う(AU、UU、SU)、囲まれた領域内を移動するにあたり(GA)。
処理ユニット(10)は、必要に応じて追加情報を提供することができ、このような出入フローの激しい囲まれた領域とユーザの滞在時間等(GA)
画像のキャッチ装置(40)
これは、イメージ領域内の静的または動的な画像を認識する任意の装置とすることができます。このような画像キャッチ装置の例(40)、またこれらには、耐熱カメラやビデオ遠距離キャッチ装置及びイメージ領域内にて代表画像組立を可能にする装置を等含んでいます(GA)。

0047

ユーザカテゴリウィンドウ(311、312、313)ユーザの移動に伴って(許可ユーザー[AU]、許可のないユーザー[UU]または特別なユーザ[SU])囲まれたエリア内(GA)ユーザーのカテゴリを識別し、識別とユーザーカテゴリを促進し(許可ユーザー[AU]、許可のないユーザー[UU]または特別なユーザ[SU])セキュリティ担当者および/または警備員が、必要な措置をとることができるように。例えば、許可なしユーザーの移動(UU)、囲まれたエリア内(GA)それぞれのユーザーカテゴリウィンドウの複合運動を促進する(312)許可されていないユーザーのために(UU)セキュリティ担当者が、すぐにこの許可なしユーザーを識別することができるようにそのカテゴリの色の規定、(UU)と可能なアプローチを実行するか、または別の手順で規定されています。

0048

そして、好み構成、ロック装置(50)これは、制限エリアの入り口に置かれています(RA)。このロック装置(50)完全にまたは部分的にコマンド処理部によって囲まれています(10)許可のないユーザーの通過を防止するため(UU)
または特別なユーザ(SU)。制限エリア(RA)許可ユーザー(AU)囲まれエリアを通してパス(GA)ロック装置(50)処理ユニット(によって開放保持され10)、
このように制限エリアにおけるそのようなユーザーの自由行動を可能にします(RA)。

0049

選択的に、ロック装置(50)を除去することができます。この場合、(UU)
無許可のユーザーへのアクセス制限エリア(RA)ユーザーカテゴリーウィンドウが提供する視覚的識別に基づいてセキュリティ担当者によって防止されることになる(312)独特な無許可のユーザー(UU)。

0050

ロック装置(50)は、一般に、回転ドアスライドドア、ゲート/ドアと同様の装置のようなユーザの通過を制限するために使用される任意の装置を含みます。

0051

図6に示すように、ときには、権限のないユーザーが(UU)囲まれた領域にて移動(GA)許可ユーザーのすぐ後ろで(AU)または特別なユーザ(SU)、各ユーザーカテゴリウィンドウ(312)無許可ユーザのための[UU]と(311)、許可ユーザーへの[AU]と(313)、特別なユーザーのために[SU])光素子バーに活性化されます(31)
障壁の各ユーザのカテゴリを通知するために(30)。処理ユニット(10)、画像取込装置(から受信したデータに基づいて40)処理ユニットによって処理された(10)、ロック装置を活性化(50)無許可ユーザーの流れを部分的に閉じたり又は完全遮断を開始します(UU)そのユーザがロック装置に近づくと(50)、このように許可されていないユーザーのみへの通過を阻止します(UU)そして制限区域への立ち入りを許可(RA)許可ユーザーのみ(AU)と特殊ユーザ(SU)。ロック装置の閉鎖や開き速度(50)許可なしユーザーの位置、速度および移動方向に比例して変化させることができます(UU)。
たとえば、許可のないユーザーとして(UU)制限区域に近づきます、(RA)ロック装置が(50)許可のないユーザが囲まれた領域にゆっくりと移動している場合は、よりゆっくりと閉じます(GA)そして、許可のないユーザー場合は高速で、(UU)囲まれた領域内で速く動いている場合(GA)。一方、ロック装置は(50)許可なしユーザーによってもっとゆっくり、または素早く開閉を始める(UU)制限エリアを遅くか早く離れるによる(RA)。

0052

処理ユニット(10)事前に確立された規則に基づいて、電子的手段によるイベント録音したり保存することを可能にします。例えば、入力時間、立ち入り速度、滞在の期間と、許可のないユーザーによって強制エントリの試みを記録(UU)あるいは囲まれた領域内部に置き残された物品を識別します(GA)。また、保存されている出来事は、今後の参考のためにセキュリティ担当者に警告することができ、彼らが適切な行動を取ることができるようにします。

0053

必要に応じて、ユーザー認証装置(20)画像取込装置を除去することができ(40)処理ユニットと一緒に(10)幾何学的関係の特性を使用してオブジェクトを検証することができますこのオブジェクトは、オブジェクトの許可が可能か否かを判断します制限エリアに入るため(RA)、このように発光素子バーを活性化し(31)
そのユーザーカテゴリウィンドウを設定する為に(311、312または313)。

0054

選択的に、囲まれたエリアに隣接して(GA)無許可ユーザーのエリアを作成することができ、(UU)彼らを、セキュリティエー担当者によって隔離することができ、このように囲まれた領域でのフローの制限または停止を防止します(GA)。

0055

選択的に、制御システムおよび監視及び制限エリアへのアクセス方法は、計数のために使用することができます。この状態で、ユーザ認証装置(20)、ロック装置(50)発光素子バー(31)バリアにおける(30)を削除することができます。
カウンタとして、画像取込装置(40)囲まれた領域を介してユーザの通過を識別する(GA)と処理ユニットは、カウント機能を実行します(10)。

0056

選択的に、制御システムおよび監視及び制限エリアへのアクセス方法は、動物スクリーニングとして使用することができ、
認識または識別装置を用いてバーコードイヤリングやこれらに限定されない物理属性分類することなど。この状況では、画像キャッチ装置(40)例えば、イヤリング読み取り識別器にて動物を識別し、処理ユニットに信号を送ります(10)
これはそのカテゴリに定められたそれぞれの表示窓をトリガし、囲まれた領域内で動物の動きを、次の様に(GA)例えば、雄/メス/ワクチン接種、非ワクチン接種された動物、および他の条件の同定を可能にします。動物の識別されたカテゴリに応じて、ロック装置(50)処理ユニットにて事前に定めたプログラムルールに従って分離のそれぞれの領域で、このような動物を迂回するために使用することができます10)。

図面の簡単な説明

0057

図1は、制限エリア(RA)へのアクセスの方法、制御および監視システムを示しています。囲まれた領域(GA)障壁による制限(30)、各自発光素子バーを備え(31)ユーザ認証ユニット(20)通常、囲まれた領域の入り口に位置し(GA)画像キャプチャ装置(40)とロック装置(50)通常は制限エリアの入り口に位置する(RA)。
図2は、キャプチャデバイスのイメージエリアとイメージ角度の表現(40)、監視の限界を強調し、同様に許可ユーザーの動きを示す(AU)。許可のないユーザー(UU)特別ユーザ(SU)囲まれた領域(GA)。
図3は、ユーザーのさまざまなカテゴリの表現があります。許可ユーザー(AU)、権限のないユーザー(UU)、特別なユーザ(SU)および囲まれた領域内(GA)。各ユーザーのカテゴリは、それぞれのユーザー・カテゴリ・ウィンドウに続いています。(311は承認されたユーザーへ[AU]、312は無断ユーザー へ[UU]、313は特殊ユーザーへ[SU])。特定の色は、各ユーザーカテゴリウィンドウに割り当て/スケジュールすることができます(311、312、313)、カテゴリ対応するユーザに応じて(AU、UU、SU)、囲まれた領域内での移動(GA)。
図4は、許可ユーザーの動き(AU)囲まれた領域内への立ち入り(GA)、ユーザー認証部の承認後に、(20)それぞれのユーザーカテゴリウィンドウで(311)、許可ユーザーを識別するために割り当てられた/プログラム色を示します(AU)。図4A許可ユーザはを示す(AU)、囲まれた領域を出る(GA)、と制限エリアへの立ち入り(RA)、開放位置にあるロック装置(50)、permitindo, portanto, a entrada o Usuario Autorizado (AU) na Area Restrita (RA).このように許可ユーザー(AU)制限エリアへの立ち入りを可能にします(RA)。ユーザーカテゴリウィンドウ(311)は、許可ユーザーの動きを追従(AU)囲まれた領域内(GA)この許可ユーザーが(AU)囲まれた領域を出るまで(GA)制限エリアへの立ち入り(RA)ユーザ認証装置への復帰(20)。
図5はユーザ権限がないユーザーカテゴリウィンドウの動きを示しています(311)、に囲まれたエリア内(GA)許可ユーザーと(UU)制限エリアへの立ち入りと(RA)ブロック装置の遮断(50)ここの閉鎖位置に示されています。
図6は、許可ユーザー(AU)に続いてそれぞれのカテゴリーの窓を示し(311)制限エリアへの立ち入り(RA)、ブロック装置で(50)オープン、許可ユーザーの通行可能(AU)。このような許可ユーザー(AU)は、権限のないユーザーが付いてゆく(UU)それぞれのユーザー・カテゴリ・ウィンドウによって識別(312)。それぞれのユーザーカテゴリウィンドウで(UU)それぞれの持つ許可ユーザー(312)が続くAU)。
図7は、不正なユーザーの行動の表現であります(UU)および許可ユーザー(AU)、双方向囲まれた領域内の(GA)、追加の画像捕捉装置を示します(40)、障壁の一方側(30)、そして、追加のユーザ識別装置配置(20)、囲まれた領域間のフロントバリアに位置(GA)、と、制限エリア内(RA)。
図8は、制御システムのブロック図を示しており、制限区域へのアクセスを監視します。
図9は、制限された領域内のアクセスを監視するための制御方法及びステップのフローチャートを示します。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ