図面 (/)

技術 補助リンクをサポートするための基地局によって開始される制御機構

出願人 クアルコム,インコーポレイテッド
発明者 ジュン・リュサンダー・スブラマニアンアシュウィン・サンパスジュンイ・リ
出願日 2015年8月10日 (5年6ヶ月経過) 出願番号 2017-514272
公開日 2017年11月2日 (3年3ヶ月経過) 公開番号 2017-532860
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム 無線伝送方式一般(ダイバーシチ方式等)
主要キーワード 補助接続 ビーム追跡 複数コンポーネント 参照ラベル ミリメートル波周波数 タスクモジュール ハード配線 予備リソース
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題・解決手段

補助リンクサポートするための基地局によって開始される制御機構のための方法、システム、および装置が記載される。いくつかの態様では、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報は、第1の基地局で識別され得、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、指向性の第1のRATに関連する制御情報は、第2のRATを使用してUEに転送するために、第2の基地局に送信され得る。

概要

背景

ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数スペース、および電力)を共有することによって複数のユーザとの通信サポートすることができる多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続(TDMA)システム、周波数分割多元接続(FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムを含む。

例として、ワイヤレス多元接続通信システムは、各々が、他の場合ユーザ機器(UE)として知られる複数の通信デバイスのための通信を同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、ダウンリンクチャネル(たとえば、基地局からUEへの送信用)およびアップリンクチャネル(たとえば、UEから基地局への送信用)上でUEと通信し得る。

様々な通信システムは、システムの特定の必要性に応じて異なる周波数帯域を使用し得る。たとえば、高密度のUEが互いに比較的近接している場合、および/または比較的大量のデータが基地局から1つまたは複数のUEに、もしくはその逆に転送される場合、ミリメートル波周波数帯域(20〜300GHzの間であり得る)が使用され得る。しかしながら、ミリメートル波長信号は、頻繁に高い経路損失を経験し、その結果、ミリメートル波長周波数を使用する基地局とUEとの間のアップリンク(UL)および/またはダウンリンク(DL)送信に指向性ビームフォーミング技法が使用され得る。しかしながら、指向性ビームに依存することによって、ミリメートル波通信の信頼性がより低くなり、他の無線アクセス技術(RAT)よりもセットアップのためのリソース集約度がより大きくなる可能性がある。たとえば、ロングタームエボリューション(LTE)技術は、信頼性がより高く、セットアップのためのリソース集約度がより低い可能性があるが、ミリメートル波ベースのRATよりも全体的なスループットが小さい可能性がある。

概要

補助リンクをサポートするための基地局によって開始される制御機構のための方法、システム、および装置が記載される。いくつかの態様では、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報は、第1の基地局で識別され得、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、指向性の第1のRATに関連する制御情報は、第2のRATを使用してUEに転送するために、第2の基地局に送信され得る。

目的

ワイヤレス通信システムは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信のための方法であって、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別するステップであり、前記第1の基地局が、前記指向性の第1のRATを使用して前記UEと通信するように構成される、ステップと、第2のRATを使用して前記UEに転送するために、前記指向性の第1のRATに関連する前記制御情報を第2の基地局に送信するステップとを含む方法。

請求項2

前記制御情報を前記UEに転送するよう前記第2の基地局に指示する転送情報を前記制御情報に含めるステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記転送情報が、前記制御情報が前記第2のRATの制御チャネルまたはデータチャネルを使用して前記第2の基地局によって転送されるべきかどうかを指定する、請求項2に記載の方法。

請求項4

前記制御情報が前記第1の基地局から発信されたことを前記UEに示す識別情報を前記制御情報に含めるステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記第1の基地局と前記第2の基地局とを接続するバックホールリンクを介して前記第1の基地局から前記第2の基地局に前記制御情報を送信するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項6

前記バックホールリンクを介した前記第1の基地局と前記第2の基地局との間、および前記第2の基地局と前記UEとの間の接続が、前記第1の基地局と前記UEとの間の補助リンクを形成する、請求項5に記載の方法。

請求項7

前記バックホールリンクがX2インターフェースを含む、請求項5に記載の方法。

請求項8

前記指向性の第1のRATを介した前記第1の基地局と前記UEとの間の不十分な直接接続応答して、前記制御情報を前記第1の基地局から前記第2の基地局に送信するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項9

前記制御情報は、前記不十分な直接接続のために、前記指向性の第1のRATを使用して前記第1の基地局から前記UEに送信することができない、請求項8に記載の方法。

請求項10

前記第1の基地局と前記UEとの間の前記不十分な直接接続が、前記指向性の第1のRATを介して前記第1の基地局と前記UEとの間で送信されるべきデータの欠如、前記第1の基地局からの以前の送信ビーム障害、前記第1の基地局に対する前記UEの移動、前記第1の基地局と前記UEとの間の不適切な送信ビーム、前記第1の基地局の過負荷、前記指向性の第1のRATの過負荷、またはそれらの組合せのうちの少なくとも1つに起因する、請求項8に記載の方法。

請求項11

前記指向性の第1のRATに関連するリソースを節約するために、前記第1の基地局から前記第2の基地局に前記制御情報を送信するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項12

前記第1の基地局で電力を節約するために、前記第1の基地局から前記第2の基地局に前記制御情報を送信するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項13

前記送信された制御情報に応答した応答情報を前記UEから受信するステップであり、前記応答情報が、最初に、前記第2のRATを使用して前記UEから前記第2の基地局に送信され、次いで、バックホールリンクを介して前記第2の基地局から前記第1の基地局に転送される、ステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項14

前記制御情報が、ビーム探索協調命令、ビーム探索結果、スケジューリンググラントチャネル品質情報(CQI)コマンド、キープアライブメッセージビーム変更情報、第1の基地局に関する過負荷表示、またはそれらの組合せのうちの1つまたは複数を含む、請求項1に記載の方法。

請求項15

前記前記指向性の第1のRATが、ミリメートル波RATである、請求項1に記載の方法。

請求項16

前記第1の基地局が、前記ミリメートル波RATを介して前記UEと通信するためにビームフォーミングを使用する、請求項15に記載の方法。

請求項17

前記第2のRATが、前記指向性の第1のRATよりも信頼性が高く、前記指向性の第1のRATよりも小さい帯域幅容量を有する、請求項1に記載の方法。

請求項18

前記第2のRATがロングタームエボリューション(LTE)RATである、請求項17に記載の方法。

請求項19

ワイヤレス通信のための装置であって、プロセッサと、前記プロセッサと電子通信しているメモリと、前記メモリに記憶された命令とを含み、前記命令が、前記プロセッサによって、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別することであり、前記第1の基地局が、前記指向性の第1のRATを使用して前記UEと通信するように構成される、識別することと、第2のRATを使用して前記UEに転送するために、前記指向性の第1のRATに関連する前記制御情報を第2の基地局に送信することとを行うために実行可能である、装置。

請求項20

前記メモリが、前記プロセッサによって、前記制御情報を前記UEに転送するよう前記第2の基地局に指示する転送情報を前記制御情報に含めるために実行可能である命令をさらに含む、請求項19に記載の装置。

請求項21

ワイヤレス通信のための方法であって、第1の基地局のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報をユーザ機器(UE)において受信するステップであり、前記第1の基地局が前記指向性の第1のRATを使用して前記UEと通信するように構成され、前記制御情報が第2の基地局から前記UEにおいて受信され、前記第2の基地局が第2のRATを使用して前記UEと通信するように構成される、ステップと、前記第2のRATを使用して前記第2の基地局に応答情報を送信するステップであって、前記応答情報が、前記受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて前記第1の基地局に転送される、ステップとを含む方法。

請求項22

前記受信された制御情報に応答してタスクを実行するステップであり、前記応答情報が前記実行されたタスクの結果を含む、ステップをさらに含む、請求項21に記載の方法。

請求項23

前記受信された制御情報が、前記第2の基地局と前記第1の基地局との間のバックホールリンクを介して前記第1の基地局に転送するために前記応答情報を前記第2の基地局に送信するよう前記UEに指示する転送情報を含む、請求項21に記載の方法。

請求項24

前記応答情報が、チャネル品質指示(CQI)報告、キープアライブメッセージ応答、ビーム変更情報、ビーム探索情報、またはそれらの組合せのうちの1つまたは複数を含む、請求項21に記載の方法。

請求項25

前記制御情報が、最初に、前記第1の基地局から前記第2の基地局で受信され、次いで、前記第2のRATを使用して前記第2の基地局から前記UEに転送される、請求項21に記載の方法。

請求項26

ワイヤレス通信のための方法であって、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局から受信するステップであり、前記第1の基地局が、前記指向性の第1のRATを使用して前記UEと通信するように構成される、ステップと、第2のRATを使用して前記UEに前記制御情報を転送するかどうかを決定するステップとを含む方法。

請求項27

前記決定に少なくとも部分的に基づいて、前記制御情報を前記UEに選択的に転送するステップをさらに含む、請求項26に記載の方法。

請求項28

前記制御情報が前記UEに転送されないとき、前記第1の基地局に通知を選択的に送信するステップをさらに含む、請求項26に記載の方法。

請求項29

前記第2のRATに関連する制御チャネルまたはデータチャネルを介して前記制御情報を前記UEに送信するステップをさらに含む、請求項26に記載の方法。

請求項30

前記制御情報に応答した応答情報を前記UEから受信するステップと、バックホールリンクを介して前記第1の基地局に前記応答情報を転送するステップとをさらに含む、請求項26に記載の方法。

技術分野

0001

相互参照
本特許出願は、本出願の譲受人に譲渡され、参照により本明細書に明確に組み込まれる、2014年9月18日に出願された「Base Station Initiated Control Mechanism For Supporting Supplemental Link」と題するRyu他による米国仮特許出願第62/052,261号の優先権を主張する。

0002

本開示は、一般にワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、補助リンクサポートするための基地局によって開始される制御機構に関する。

背景技術

0003

ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数スペース、および電力)を共有することによって複数のユーザとの通信をサポートすることができる多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続(TDMA)システム、周波数分割多元接続(FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムを含む。

0004

例として、ワイヤレス多元接続通信システムは、各々が、他の場合ユーザ機器(UE)として知られる複数の通信デバイスのための通信を同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、ダウンリンクチャネル(たとえば、基地局からUEへの送信用)およびアップリンクチャネル(たとえば、UEから基地局への送信用)上でUEと通信し得る。

0005

様々な通信システムは、システムの特定の必要性に応じて異なる周波数帯域を使用し得る。たとえば、高密度のUEが互いに比較的近接している場合、および/または比較的大量のデータが基地局から1つまたは複数のUEに、もしくはその逆に転送される場合、ミリメートル波周波数帯域(20〜300GHzの間であり得る)が使用され得る。しかしながら、ミリメートル波長信号は、頻繁に高い経路損失を経験し、その結果、ミリメートル波長周波数を使用する基地局とUEとの間のアップリンク(UL)および/またはダウンリンク(DL)送信に指向性ビームフォーミング技法が使用され得る。しかしながら、指向性ビームに依存することによって、ミリメートル波通信の信頼性がより低くなり、他の無線アクセス技術(RAT)よりもセットアップのためのリソース集約度がより大きくなる可能性がある。たとえば、ロングタームエボリューション(LTE)技術は、信頼性がより高く、セットアップのためのリソース集約度がより低い可能性があるが、ミリメートル波ベースのRATよりも全体的なスループットが小さい可能性がある。

課題を解決するための手段

0006

説明する特徴は一般に、補助リンクをサポートするための基地局によって開始される制御機構のための1つまたは複数の改善されたシステム、方法、および/または装置に関する。ミリメートル波ベースの無線アクセス技術(RAT)などの指向性の第1のRATを使用してユーザ機器(UE)と通信するように構成された第1の基地局は、指向性の第1のRATに関係するUEに送信される必要がある制御情報識別し得る。しかしながら、第1の基地局は、指向性の第1のRATを使用してUEに制御情報を送ることが望ましくないとわかり得る、またはできない可能性がある。たとえば、第1の基地局とUEとの間の直接接続が第1のRATを使用して確立されない場合、第1の基地局は、UEに送られる制御データの量が比較的少ないことに鑑みて、ビーム探索を実行し、UEとの接続をネゴシエートすることが望ましくないとわかり得る。他の例として、第1の基地局は、他のUEに供給されているトラフィック過負荷になり得、障害物が、第1の基地局とUEとの間の十分なビームフォーミングを妨害している可能性がある。しかしながら、第1の基地局は、ロングタームエボリューション(LTE)ベースのRATなどの第2のRATを使用してUEと通信するように構成された第2の基地局に接続され得る。したがって、第1の基地局は、第2のRATを使用して第2の基地局が制御情報をUEに転送するために第2の基地局に制御情報を送信し得る。第2のRATは、より信頼性が高く、接続のセットアップのためのオーバーヘッドがより少なくてすむなどの可能性がある。このようにして、第2の基地局の能力およびUEへのその接続を使用して、第1の基地局および指向性の第1のRATの動作をサポートし、補うことができる。

0007

したがって、ワイヤレス通信のための方法が記載されており、この方法は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別するステップであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、ステップと、第2のRATを使用してUEに転送するために、指向性の第1のRATに関連する制御情報を第2の基地局に送信するステップとを含む。

0008

また、ワイヤレス通信のための装置が記載されており、この装置は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別するための手段であり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、手段と、第2のRATを使用してUEに転送するために、指向性の第1のRATに関連する制御情報を第2の基地局に送信するための手段とを含む。

0009

また、ワイヤレス通信のための別の装置が記載されており、この装置は、プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリと、メモリに記憶された命令とを含み、命令はプロセッサによって、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別することであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成さる、識別すること、また第2のRATを使用してUEに転送するために、指向性の第1のRATに関連する制御情報を第2の基地局に送信することを行うために実行可能である。

0010

また、ワイヤレスデバイスにおけるワイヤレス通信のための非一時的コンピュータ可読媒体が記載されており、非一時的コンピュータ可読媒体は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別するためのコンピュータ実行可能コードであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、コンピュータ実行可能コードと、第2のRATを使用してUEに転送するために、指向性の第1のRATに関連する制御情報を第2の基地局に送信するためのコンピュータ実行可能コードとを記憶する。

0011

方法、装置、および/またはコンピュータ可読媒体のいくつかの例では、制御情報をUEに転送するよう第2の基地局に指示する転送情報が制御情報に含められ得る。転送情報は、制御情報が第2のRATの制御チャネルまたはデータチャネルを使用して第2の基地局によって転送されるべきかどうかを指定し得る。また、制御情報が第1の基地局から発信されたことをUEに示す識別情報が制御情報に含められ得る。

0012

いくつかの例では、制御情報は、第1の基地局と第2の基地局とを接続するバックホールリンクを介して第1の基地局から第2の基地局に送信され得る。バックホールリンクを介した第1の基地局と第2の基地局との間、および第2の基地局とUEとの間の接続は、第1の基地局とUEとの間の補助リンクを形成し得、および/またはバックホールリンクはX2インターフェースであり得る。

0013

いくつかの例では、指向性の第1のRATを介した第1の基地局とUEとの間の不十分な直接接続に応答して、制御情報が第1の基地局から第2の基地局に送信され得る。場合によっては、不十分な直接接続のために、指向性の第1のRATを使用して制御情報を第1の基地局からUEに送信することができないことがある。様々な例では、第1の基地局とUEとの間の不十分な直接接続は、指向性の第1のRATを介して第1の基地局とUEとの間で送信されるべきデータの欠如のため、第1の基地局からの以前の送信ビーム障害のため、第1の基地局に対するUEの移動のため、第1の基地局とUEとの間の不適切な送信ビームのため、第1の基地局の過負荷のため、指向性の第1のRATの過負荷のため、これらのいくつかの組合せのためなどであり得る。

0014

いくつかの例では、制御情報は、指向性の第1のRATに関連するリソースを節約するために、第1の基地局から第2の基地局に送信され得る。いくつかの例では、制御情報は、第1の基地局で電力を節約するために、第1の基地局から第2の基地局に送信され得る。また、送信された制御情報に応答した応答情報がUEから受信され得、応答情報は、最初に、第2のRATを使用してUEから第2の基地局に送信され、次いで、バックホールリンクを介して第2の基地局から第1の基地局に転送される。制御情報は、ビーム探索協調命令、ビーム探索結果、スケジューリンググラントチャネル品質情報(CQI)コマンド、キープアライブメッセージビーム変更情報、第1の基地局に関する過負荷表示、またはそれらの組合せなどのうちの1つまたは複数を含み得る。

0015

いくつかの例では、指向性の第1のRATはミリメートル波RATであり得、第1の基地局は、ミリメートル波RATを介してUEと通信するためにビームフォーミングを使用し得る。第2のRATは、指向性の第1のRATよりも信頼性が高く、指向性の第1のRATよりも小さい帯域幅容量を有し得る。第2のRATは、たとえば、ロングタームエボリューション(LTE)RATであり得る。

0016

また、したがって、ワイヤレス通信のための別の方法が記載されており、この方法は、第1の基地局のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報をユーザ機器(UE)において受信するステップであり、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、制御情報が第2の基地局からUEにおいて受信され、第2の基地局が第2のRATを使用してUEと通信するように構成される、ステップと、第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信するステップであって、応答情報が、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて第1の基地局に転送される、ステップとを含む。

0017

また、ワイヤレス通信のための別の装置が記載されており、この装置は、第1の基地局のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報をユーザ機器(UE)において受信するための手段であり、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、制御情報が第2の基地局からUEにおいて受信され、第2の基地局が第2のRATを使用してUEと通信するように構成される、手段と、第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信するための手段であって、応答情報が、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて第1の基地局に転送される、手段とを含む。

0018

また、ワイヤレス通信のための別の装置が記載されており、この装置は、プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリと、メモリに記憶された命令とを含み、命令はプロセッサによって、第1の基地局のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報をユーザ機器(UE)において受信することであり、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、制御情報が第2の基地局からUEにおいて受信され、第2の基地局が第2のRATを使用してUEと通信するように構成される、受信することと、第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信することであり、応答情報が、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて第1の基地局に転送される、送信することとを行うために実行可能である。

0019

また、ワイヤレスデバイスにおけるワイヤレス通信のための別の非一時的コンピュータ可読媒体が記載されており、非一時的コンピュータ可読媒体は、第1の基地局のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報をユーザ機器(UE)において受信するためのコンピュータ実行可能コードであり、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、制御情報が第2の基地局からUEにおいて受信され、第2の基地局が第2のRATを使用してUEと通信するように構成される、コンピュータ実行可能コードと、第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信するためのコンピュータ実行可能コードであって、応答情報が、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて第1の基地局に転送される、コンピュータ実行可能コードとを記憶する。

0020

方法、装置、および/またはコンピュータ可読媒体のいくつかの例では、受信された制御情報に応答して実行され得、応答情報は、実行されたタスクの結果を含む。また、受信された制御情報は、いくつかの例では、第2の基地局と第1の基地局との間のバックホールリンクを介して第1の基地局に転送するために応答情報を第2の基地局に送信するようUEに指示する転送情報を含み得る。また、応答情報は、チャネル品質指示(CQI)報告、キープアライブメッセージ応答、ビーム変更情報、ビーム探索情報、またはそれらの組合せなどのうちの1つまたは複数を含み得る。いくつかの例では、制御情報は、最初に、第1の基地局から第2の基地局で受信され、次いで、第2のRATを使用して第2の基地局からUEに転送され得る。

0021

また、したがって、ワイヤレス通信のための別の方法が記載されており、この方法は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局から受信するステップであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、ステップと、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送するかどうかを決定するステップとを含む。

0022

また、ワイヤレス通信のための別の装置が記載されており、この装置は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局から受信するための手段であり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、手段と、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送するかどうかを決定するための手段とを含む。

0023

また、ワイヤレス通信のための別の装置が記載されており、この装置は、プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリと、メモリに記憶された命令とを含み、命令はプロセッサによって、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局から受信することであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、受信することと、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送するかどうかを決定することとを行うために実行可能である。

0024

また、ワイヤレスデバイスにおけるワイヤレス通信のための別の非一時的コンピュータ可読媒体が記載されており、非一時的コンピュータ可読媒体は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局から受信するためのコンピュータ実行可能コードであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、コンピュータ実行可能コードと、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送するかどうかを決定するためのコンピュータ実行可能コードとを記憶する。

0025

方法、装置、および/またはコンピュータ可読媒体のいくつかの例では、制御情報は、決定に少なくとも部分的に基づいてUEに選択的に転送されてもよく、または制御情報がUEに転送されないとき、通知が第1の基地局に選択的に送信されてもよい。制御情報は、第2のRATに関連する制御チャネルまたはデータチャネルを介してUEに送信されてもよい。いくつかの例では、制御情報に応答した応答情報がUEから受信され、応答情報は、バックホールリンクを介して第1の基地局に転送され得る。

0026

上記では、以下の発明を実施するための形態がより良く理解され得るように、本開示による例の特徴および技術的利点についてかなり広く概説した。追加の特徴および利点は、以下で説明される。開示される概念および具体例は、本開示の同じ目的を実行するために他の構造を変更または設計するための基礎として容易に利用され得る。そのような等価な構造は、添付の特許請求の範囲の範囲から逸脱しない。本明細書で開示する概念の特性、それらの編成動作方法の両方は、添付の図とともに検討されると、関連する利点とともに以下の説明からより良く理解されよう。図の各々は、特許請求の範囲の限界を定めるものとしてではなく、例示および説明のみの目的で与えられる。

0027

本発明の性質および利点のさらなる理解は、添付の図面を参照することによって実現され得る。添付図面では、同様の構成要素または特徴は、同じ参照ラベルを有する場合がある。さらに、同じタイプの様々な構成要素は、同様の構成要素を区別するダッシュおよび第2のラベル参照符号に続けることによって区別される場合がある。第1の参照符号のみが明細書で使用される場合、説明は、第2の参照符号とは無関係に、同じ第1の参照符号を有する同様の構成要素のいずれにも適用可能である。

図面の簡単な説明

0028

本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムの図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するために構成されたデバイスブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するために構成されたデバイスのブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するために構成されたデバイスのブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するために構成されたデバイスのブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するための装置のブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するための装置のブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムの動作の一例を示す図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムの動作の一例を示す図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムの動作の一例を示す図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムの動作の一例を示す図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムの動作の一例を示す図である。
本開示の様々な態様による、多入力多出力通信システムのブロック図である。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法の例を示すフローチャートである。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法の例を示すフローチャートである。
本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法の例を示すフローチャートである。

実施例

0029

補助リンクをサポートするための基地局によって開始される制御機構に一般的に関連する特徴が開示される。以下でより詳細に説明するように、第1の基地局は、ミリメートル波ベースのRATなどの指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)を使用してユーザ機器(UE)と通信するように構成され得る。他の基地局も、同じまたは異なるRATを使用してUEと通信するように構成され得る。たとえば、第2の基地局は、ロングタームエボリューション(LTE)ベースのRATなどの第2のRATを使用してUEと通信するように構成されてもよい。いくつかの状況では、第1の基地局は、UEに送信する必要がある制御情報を識別することはできるが、第1のRATを使用してUEに制御情報を送信することができない可能性がある、または第1のRATを使用してUEに制御情報を送信することが望ましくないとわかり得る。これらの状況では、第1の基地局は、たとえば、第1の基地局と第2の基地局とを接続するバックホールリンクを介して第2の基地局に制御情報を送信し得る。

0030

第1の基地局から制御情報を受信すると、第2の基地局は、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送し得る。しかしながら、場合によっては、第2の基地局は、制御情報を自動的に送信せず、代わりに、1つまたは複数の要因(たとえば、第2の基地局のトラフィック負荷、第1の基地局からの制御情報転送要求の数など)に基づいて、UEに制御情報を送信するかどうかを判断する場合がある。第2の基地局が制御情報をUEに転送する場合、UEは、制御情報を受信すると、制御情報に基づいて1つまたは複数のタスクを実行し得る。受信された制御情報および/または実行されたタスクに基づいて、UEは応答情報を第1の基地局に返送する必要があり得る。しかしながら、上記のように、UEは、指向性の第1のRATを使用して応答情報を第1の基地局に直接送信することができない可能性がある、またはそれが望ましくないことがわかり得る。したがって、UEは、第1および第2の基地局を接続するバックホールリンクを介して第1の基地局に転送するために、第2の基地局に応答情報を送信し得る。このようにして、第2の基地局およびその関連の第2のRATは、第1の基地局とUEとの間で間接的に制御情報および応答情報の送信をサポートするための補助リンクを提供し得る。

0031

以下の説明は、例を提供し、特許請求の範囲に記載の範囲、適用性、または例を限定するものではない。本開示の範囲から逸脱することなく、論じられる要素の機能および構成において変更が行われてもよい。様々な例は、必要に応じて、様々な手順または構成要素を省略し、置換し、または追加することができる。たとえば、説明される方法は、説明される順序とは異なる順序で実行されてよく、様々なステップが追加され、省略され、または組み合わされてよい。また、いくつかの例に関して説明される特徴は、他の例においては組み合わされてよい。

0032

図1は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システム100の一例を示す。ワイヤレス通信システム100は、基地局105、UE115、およびコアネットワーク130を含む。コアネットワーク130は、ユーザ認証アクセス許可、追跡、インターネットプロトコル(IP)接続、および他のアクセス機能ルーティング機能、またはモビリティ機能を提供し得る。基地局105は、バックホールリンク132(たとえば、S1など)を介してコアネットワーク130とインターフェースし、UE115との通信のための無線構成およびスケジューリングを実行し得るか、または基地局コントローラ(図示せず)の制御下で動作し得る。様々な例では、基地局105は、比較的高いスループットおよび/または低いレイテンシを有するワイヤードまたはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134(たとえば、X1、X2など)を介して、直接的または間接的(たとえば、コアネットワーク130を通じて)のいずれかで、互いに通信し得る。

0033

基地局105は、1つまたは複数の基地局アンテナを介して、UE115とワイヤレスに通信することができる。基地局105サイトの各々は、それぞれの地理的カバレージエリア110に通信カバレージを与え得る。いくつかの例では、基地局105は、トランシーバ基地局無線基地局アクセスポイント無線トランシーバノードB、eノードB(eNB)、ホームノードB、ホームeノードB、または何らかの他の適切な用語で呼ばれることがある。基地局105の地理カバレッジエリア110は、カバレッジエリアの単に一部を構成するセクタ(図示せず)に分割され得る。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプの基地局105(たとえば、マクロセル基地局および/またはスモールセル基地局)を含み得る。異なる技術のための重複する地理的カバレージエリア110があり得る。たとえば、図1に示すように、1つの基地局105-a-1は、指向性RAT(ミリメートル波ベースのRATなど)を使用して1つまたは複数のUE115、115-aと通信するように構成され得、別の基地局105-a-2は、異なるタイプのRAT(LTEベースのRATなど)を使用して1つまたは複数のUE115、115-aと通信するように構成され得る。

0034

いくつかの例では、ワイヤレス通信システム100の少なくともいくつかの構成要素は、LTE/LTE-Aベースの構成要素である。LTE/LTE-Aネットワークでは、発展型ノードB(eNB)という用語は、一般に基地局105を表すために使用され得るが、UEという用語は、一般にUE115を表すために使用され得る。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域のためのカバレージを提供するヘテロジニアスLTE/LTE-Aネットワークであり得る。たとえば、各eNBまたは基地局105は、マクロセル、スモールセル、および/または他のタイプのセルに通信カバレージを提供し得る。「セル」という用語は、文脈に応じて、基地局、基地局に関連付けられたキャリアもしくはコンポーネントキャリア、またはキャリアもしくは基地局のカバレージエリア(たとえば、セクタなど)を表すために使用され得る3GPP用語である。

0035

マクロセルは、一般に、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径キロメートル)をカバーし、ネットワークプロバイダを伴うサービス加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。スモールセルは、マクロセルと比較すると、マクロセルと同じまたはマクロセルとは異なる(たとえば、認可、無認可など)周波数帯域で動作し得る低電力基地局である。スモールセルは、様々な例によるピコセルフェムトセル、およびマイクロセルを含み得る。ピコセルは、比較的小さい地理的エリアをカバーし、ネットワークプロバイダを伴うサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。フェムトセルは、比較的小さい地理的領域(たとえば、自宅)をカバーすることもでき、そのフェムトセルとの関連性を有するUE(たとえば、限定加入者グループ(CSG:Closed Subscriber Group)内のUE、自宅内のユーザのUEなど)による制限されたアクセスを提供し得る。マクロセルのためのeNBはマクロeNBと呼ばれることがある。スモールセル用のeNBは、スモールセルeNB、ピコeNB、フェムトeNB、またはホームeNBと呼ばれることがある。eNBは、1つまたは複数(たとえば、2つ、3つ、4つなど)のセル(たとえば、コンポーネントキャリア)をサポートし得る。

0036

ワイヤレス通信システム100は、同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作では、基地局は、同様のフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は、時間的にほぼ整合され得る。非同期動作では、基地局は、異なるフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は、時間的に整合されない場合がある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれかのために使用され得る。

0037

様々な開示される例のいくつかに適応し得る通信ネットワークは、階層化プロトコルスタックに従って動作するパケットベースネットワークであり得る。ユーザプレーンでは、ベアラまたはパケットデータコバージェンスプトコル(PDCP)レイヤにおける通信は、IPベースである可能性がある。無線リンク制御(RLC)レイヤは、論理チャネルを介して通信するためにパケットセグメンテーションおよび再構成を実行することができる。媒体アクセス制御(MAC)レイヤは、優先処理と、論理チャネルのトランスポートチャネルへの多重化とを実行し得る。MACレイヤは、リンク効率を改善するためにMACレイヤにおける再伝送を提供するのにハイブリッドARQ(HARQ)を使用することもできる。制御プレーンでは、無線リソース制御(RRC)プロトコルレイヤは、UE115とユーザプレーンデータのための無線ベアラをサポートするコアネットワーク130または基地局105との間のRRC接続の確立、構成、およびメンテナンスを提供し得る。物理(PHY)レイヤで、トランスポートチャネルは物理チャネルマッピングされ得る。

0038

UE115は、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散され、各UE115は固定でもよくモバイルでもよい。UE115はまた、当業者によって、移動局加入者局モバイルユニット加入者ユニットワイヤレスユニットリモートユニットモバイルデバイス、ワイヤレスデバイス、ワイヤレス通信デバイスリモートデバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末リモート端末ハンドセットユーザエージェントモバイルクライアントクライアント、または何らかの他の適切な用語で呼ばれる場合があり、またはそれらを含み得る。UE115は、携帯電話携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイスタブレットコンピュータラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局などとすることができる。UEは、様々なタイプの基地局、およびマクロeNB、スモールセルeNB、中継基地局などを含むネットワーク機器と通信することが可能であり得る。

0039

ワイヤレス通信システム100内に示した通信リンク125は、UE115から基地局105へのアップリンク(UL)送信、および/または基地局105からUE115へのダウンリンク(DL)送信を含む場合がある。ダウンリンク送信順方向リンク送信と呼ばれることもあり、一方、アップリンク送信逆方向リンク送信と呼ばれることもある。各通信リンク125は、1つまたは複数のキャリアを含み得、各キャリアは、上述した様々な無線技術に従って変調された複数のサブキャリア(たとえば、異なる周波数の波形信号)から構成される信号であり得る。各々の変調された信号は、異なるサブキャリア上で送信されてよく、制御情報(たとえば、基準信号、制御チャネルなど)、オーバーヘッド情報、ユーザデータなどを搬送し得る。通信リンク125は、(たとえば、対のスペクトルリソースを使用する)FDDまたは(たとえば、不対のスペクトルリソースを使用する)TDD動作を使用して双方向通信を送信し得る。FDD(たとえば、フレーム構造タイプ1)およびTDD(たとえば、フレーム構造タイプ2)のフレーム構造が定義され得る。図1に示すように、第1の基地局105-a-1は、ミリメートル波ベースの通信リンクであり得る、UE115-aとの第1のタイプの通信リンク125-a-1を有し得る、または有するように構成され得る。同様に、第2の基地局105-a-2は、LTEベースの通信リンクであり得る、UE115-aとの第2のタイプの通信リンク125-a-2を有し得る、または有するように構成され得る。

0040

システム100のいくつかの実施形態では、基地局105および/またはUE115は、アンテナダイバーシティ方式を使用して基地局105とUE115との間の通信品質および信頼性を向上させるための複数のアンテナを含み得る。追加または代替として、基地局105および/またはUE115は、マルチパス環境を利用して、同じまたは異なる符号化データを搬送する複数の空間レイヤを送信することができる、多入力多出力(MIMO)技法を採用し得る。

0041

ワイヤレス通信システム100は、複数のセルまたはキャリア上の動作をサポートし得、この機能は、キャリアアグリゲーション(CA)またはマルチキャリア動作と呼ばれることがある。キャリアはまた、コンポーネントキャリア(CC)、レイヤ、チャネルなどと呼ばれることがある。「キャリア」、「コンポーネントキャリア」、「セル」、および「チャネル」という用語は、本明細書で互換的に使用され得る。UE115は、キャリアアグリゲーションのための複数のダウンリンクCCおよび1つまたは複数のアップリンクCCとともに構成され得る。キャリアアグリゲーションは、FDDコンポーネントキャリアとTDDコンポーネントキャリアの両方とともに使用され得る。

0042

まだ図1のワイヤレス通信システム100を参照すると、いくつかの実施形態では、ミリメートル波ベースのRATなどの指向性の第1のRATを使用してUE115-aと通信するように構成された第1の基地局105-a-1は、UE115-aのための制御情報、たとえば指向性の第1のRATおよびUE115-aに関する制御情報を識別し得る。不十分な接続、ならびに/または第1の基地局105-a-1におけるリソース(たとえば、周波数および時間リソース)および/もしくは電力を節約したいという願望により、第1の基地局105-a-1は、第2の基地局105-a-2によってUE115-aに転送するために、制御情報を第2の基地局105-a-2に送信し得る。第2の基地局105-a-2は、UE115-aと通信するようにも構成され得るが、LTEベースのRATなどの第2のRATを使用してUE115-aと通信してもよい。第2のRATは、指向性の第1のRATよりも信頼性が高いが、指向性の第1のRATよりも小さい帯域幅容量を有し得る。たとえば、上述したように、ミリメートル波ベースのRATは、LTEベースのRATと比較して比較的大きい帯域幅容量を有し得るが、LTEベースのRATは、信頼性が高く、より広い地理的領域にわたって利用可能であり得る。

0043

ミリメートル波ベースのRATは、UE115-aと通信するために(たとえば、経路損失を低減するため、反射を低減するためなど)ビームフォーミングを使用し得るが、ビームを使用することによって、たとえば、UE115-aが移動する場合、リンクが幾分信頼できなくなり得る。また、送信リンクが確立され得る前に、基地局105-a-1およびUE115-aは、適切なビーム方向および/または幅を探索する必要があり得る。これと比較して、LTEベースのリンクを確立し、維持することによって、オーバーヘッドが少なくてすむ可能性がある。

0044

図1の第2の基地局105-a-2は、(たとえば、X2インターフェースであり得る)バックホールリンク134-aを介して第1の基地局105-aからUE115-aに関係する制御情報を受信し、制御情報をUE115-aに転送するかどうかを決定し得る。第2の基地局105-a-2が、第2のRATを使用してUE115-aに制御情報を送信する場合、UE115-aは、今度は、第1の基地局105-a-1に転送するために、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて、第2の基地局105-a-2に応答情報を送信し得る。このようにして、制御情報および応答情報は、第1の基地局105-a-1とUE115-aとの間の直接接続を介して送信されるのではなく、代わりに、第2のRATを介した第2の基地局105-a-2とUE115-aとの間のワイヤレス接続とともに、(たとえば、バックホールリンクなど)第1および第2の基地局105-a-1、105-a-2の間の接続によって形成される補助リンクを介して送信される。

0045

図2は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するためのデバイス205のブロック図200を示す。デバイス205は、図1を参照して上述したUE115、115-aの1つまたは複数の態様の例、および/または、図1を参照して上述した基地局105、105-a-1、105-a-2の1つまたは複数の態様の例、および/または、図1を参照して上述したコアネットワーク130の1つまたは複数の態様の例であり得る。デバイス205は、受信機モジュール210、制御情報モジュール215、および/または送信機モジュール220を含むことができる。デバイス205はまた、プロセッサ(図示せず)を含み得る。これらのモジュールの各々は、互いに通信していることがある。

0046

デバイス205の構成要素は、適用可能な機能のいくつかまたはすべてをハードウェアで実施するように適合された、1つまたは複数の特定用途向け集積回路(ASIC)を使用して個別にまたは集合的に実装され得る。代替的に、機能は、1つまたは複数の集積回路上で、1つまたは複数の他の処理ユニット(または、コア)によって実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の方式でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各モジュールの機能はまた、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリにおいて具現化された命令を用いて、全体的または部分的に実装され得る。

0047

受信機モジュール210は、パケット、ユーザデータ、および/または様々な情報チャネル(たとえば、制御チャネル、データチャネルなど)と関係付けられた制御情報などの情報を受信することができる。デバイス205がUE115である場合、受信機モジュール210は、ユーザデータをワイヤレス受信し、UE115とワイヤレス通信するために1つまたは複数の異なるRATを使用し得る、1つまたは複数の基地局105、105-a-1、105-a-2からのシグナリングを制御するように構成され得る。デバイス205が基地局105である場合、受信機モジュールは、それぞれのUE115に転送されるべきユーザデータを図1のコアネットワーク130から受信するように構成され得る。また、デバイスが、より具体的には、第1の基地局105-a-1である場合、受信モジュール210は、ビーム探索協調命令、スケジューリンググラントなど、UE115-aに関係する(たとえば、コアネットワーク130から送信された、または第1の基地局105-a-1の別の構成要素から生成された)制御情報を受信するように構成され得る。第1の基地局105-a-1のためのこの受信機モジュール210は、第2の基地局105-a-2を介してUE115-aから応答情報を受信するように構成されてもよい。一方、デバイス205が第2の基地局105-a-2である場合、受信機モジュール210は、UE115-aに転送されるべき制御情報を第1の基地局105-a-1から受信するように構成され得、また、第1の基地局105-a-1に転送されるべき応答情報をUE115-aから受信し得る。受信機モジュール210によって受信された情報は、制御情報モジュール215に、およびデバイス205の他の構成要素に渡され得る。

0048

制御情報モジュール215は、基地局105、105-a-1、105-a-2、UE115、115-a、および/または、1つまたは複数のRATに関する制御情報を識別し、生成し、それに作用し、またはさもなければ処理するように構成され得る。たとえば、制御情報は、図1のUE115-aと第1の基地局105-a-1との間のワイヤレス通信に関するものであってもよく、たとえば、ビーム探索協調命令、ビーム探索結果、スケジューリンググラント、チャネル品質指示(CQI)コマンド、キープアライブメッセージ、ビーム変更情報、過負荷表示、またはそれらの組合せを含み得る。いくつかの実施形態では、制御情報は、時間または遅延に敏感であり得る。制御情報モジュール215は、以下でより詳細に説明するように、制御情報に加えて応答情報も識別し、生成し、それに作用し、またはさもなければ処理するように構成され得る。

0049

図2のデバイス205が、指向性の第1のRATを使用してUE115-aと通信するように構成された図1の第1の基地局105-a-1である例では、制御情報モジュール215は、第1の基地局105-a-1において、指向性の第1のRATおよびUE115-aに関連する制御情報を識別し、第2のRATを使用してUE115-aに転送するために制御情報を図1の第2の基地局105-a-2に送信する(または、送信機モジュール220を介して送信を開始する)ように構成され得る。図2のデバイス205が、第2のRATを使用してUE115-aと通信するように構成された図1の第2の基地局105-a-2である例では、制御情報モジュール215は、第2のRATを使用して制御情報をUE115-aに転送するかどうかを判断するために、図1の第1の基地局105-a-1から受信されたUEのための指向性の第1のRATに関連する制御情報を処理するように構成され得る。図2のデバイス205が、図1のUE115-aである例では、制御情報モジュール215は、受信された制御情報に応答してタスクを実行し、および/または第1の基地局105-a-1に転送するために応答情報を第2の基地局105-a-2に送信するために、第2の基地局105-a-2を介して第1の基地局105-a-1から受信された制御情報を処理するように構成され得る。

0050

送信機モジュール220は、デバイス205内で生成されたものを含む、デバイス205の他の構成要素から受信された1つまたは複数の信号を送信し得る。たとえば、デバイス205がUE115である場合、送信機モジュール220は、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて、第1の基地局105-a-1に転送されるべき応答情報を第2の基地局105-a-2に送信するように構成され得る。デバイス205が第1の基地局105-a-1である場合、送信機モジュール220は、UE115-aに転送するために、UE115-aのための制御情報を第2の基地局105-a-2に送信するように構成され得、一方、デバイス205が第2の基地局105-a-2である場合、送信モジュール220は、第1の基地局105-a-1から受信された制御情報をUE115-aに送信し、また、UE115-aから受信された応答情報を第1の基地局105-a-1に送信するように構成され得る。いくつかの例では、送信機モジュール220は、トランシーバモジュール内で受信機モジュール210とコロケートされ得る。

0051

図3は、様々な例による、ワイヤレス通信で使用するためのUE115-bのブロック図300を示す。UE115-bは、図2を参照して上述したデバイス205の1つまたは複数の態様の例、および/または、図1を参照して上述したUE115、115-aの1つまたは複数の態様の例であり得る。UE115-bは、図2のデバイス205の対応するモジュールの例であり得る、受信機モジュール210-a、制御情報モジュール215-a、および/または送信機モジュール220-aをみ得る。UE115-bはまた、プロセッサ(図示せず)を含み得る。これらの構成要素の各々は、互いに通信していることがある。制御情報モジュール215-aは、第1のRATモジュール305、第2のRATモジュール310、タスクモジュール315、および応答モジュール320を含み得る。受信機モジュール210-aおよび送信機モジュール220-aは、それぞれ図2の受信機モジュール210および送信機モジュール220の機能を実行し得る。図3のUE115-bは、1つまたは複数の異なるタイプのRATを使用して1つまたは複数の異なる基地局とのワイヤレス通信リンクを形成するように構成され得る。

0052

上述のように、UE115-bの制御情報モジュール215-aは、指向性の第1のRATおよび第1の基地局(たとえば、図1の基地局105-a-1)に関連する制御情報を受信するように構成され得、第1の基地局は、指向性の第1のRATを使用してUE115-bと通信するように構成される。いくつかの実施形態では、指向性の第1のRATは、ミリメートル波ベースのRATであり得る。制御情報は、上述したように、LTEベースのRATのような第2のRATを使用してUE115-bと通信するように構成された第2の基地局(たとえば、図1の基地局105-a-2)から、UE115-bにおいて受信され得る。この例では、制御情報は、最初に第1の基地局から第2の基地局で受信され、次いで第2のRATを使用して第2の基地局からUE115-bに転送され得る。図3のUE115-bの制御情報モジュール215-aは、第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信するようにも構成され得、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて、今度は、第2の基地局が、応答情報を第1の基地局に転送することができるようにする。

0053

図3の制御情報モジュール215-aの第1のRATモジュール305は、ミリメートル波ベースのRATなどの指向性の第1のRATを使用して第1の基地局と通信するように構成され得る。図3の制御情報モジュール215-aの第2のRATモジュール310は、LTEベースのRATなどの第2のRATを使用して第2の基地局と通信するように構成され得る。したがって、第2のRATモジュール310は、制御情報モジュール215-aでの使用のために第2のRATを使用して第2の基地局から制御情報を受信するように構成され得る。いくつかの実施形態では、受信された制御情報は、第2の基地局と第1の基地局との間のバックホールリンクを介して第1の基地局に転送するために、(指向性の第1のRATを使用する第1の基地局の代わりに)第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信するようUE115-bに指示する転送情報を含み得る。

0054

図3の制御情報モジュール215-aのタスクモジュール315は、受信された制御情報に応答して1つまたは複数のタスクを実行するように構成され得、また、随意に、実行された1つまたは複数のタスクの結果を応答モジュール320に提供するように構成され得る。

0055

図3の制御情報モジュール215-aの応答モジュール320は、受信された制御情報、タスクモジュール315によって実行された1つまたは複数のタスク、タスクモジュール315によって提供された1つまたは複数のタスクの結果、またはそれらのいくつかの組合せに少なくとも部分的に基づいて、第1の基地局に転送するために、第2の基地局に送信されるべき応答情報を生成するように構成され得る。様々な実施形態では、応答情報は、チャネル品質指示(CQI)報告、キープアライブメッセージ応答、ビーム変更情報、ビーム探索情報、またはそれらの組合せのうちの1つまたは複数を含み得る。応答モジュール320はまた、第2の基地局が応答情報を理解し、第1の基地局に転送できるように、応答情報が第1の基地局に転送されるべきであることを示す指示を応答情報内に提供するように構成され得る。

0056

図4は、様々な例による、ワイヤレス通信で使用するための基地局105-bのブロック図400を示す。基地局105-bは、図2を参照して上述したデバイス205の1つまたは複数の態様の例、および/または、図1を参照して上述した基地局105、105-a-1の1つまたは複数の態様の例であり得る。いくつかの実施形態では、基地局105-bは、ミリメートル波ベースのRATなどの指向性の第1のRATを使用して1つまたは複数のUE(たとえば、UE115、UE115-a、UE115-b)と通信するように構成される。基地局105-bは、図2のデバイス205の対応するモジュールの例であり得る、受信機モジュール210-b、制御情報モジュール215-b、および/または送信機モジュール220-bを含み得る。基地局105-bはまた、プロセッサ(図示せず)を含み得る。これらの構成要素の各々は、互いに通信していることがある。制御情報モジュール215-bは、直接接続モジュール405、リソース節約モジュール410、電力節約モジュール415、および補足情報モジュール420を含み得る。受信機モジュール210-bおよび送信機モジュール220-bは、図2の受信機モジュール210および送信機モジュール220の機能を実行し得る。

0057

上述したように、基地局105-bの制御情報モジュール215-bは、UEのための指向性の第1のRATに関連する制御情報を識別するように構成され得、また、第2のRATを使用してUEに転送するために制御情報を別の基地局(たとえば、図1の基地局105-a-2、図5の基地局105-cなど)に送信するように構成され得る。いくつかの実施形態では、制御情報は、2つの基地局(たとえば、X2インターフェース)を接続するバックホールリンクを介して基地局105-bから他の基地局に送信され得る。バックホールリンクを介した基地局105-bと他の基地局との間の接続は、第2のRATを介した他の基地局とUEとの間のワイヤレス接続とともに、指向性の第1のRATを使用して基地局105-bとUEとの間に不十分な指向性接続が存在する場合であっても、制御情報および応答情報を送受信するために使用され得る、基地局105-bとUEとの間の補助リンクを形成し得る。

0058

図4の制御情報モジュール215-bの直接接続モジュール405は、基地局105-bと1つまたは複数のUEとの間の1つまたは複数の直接接続(またはその不足)を監視するように構成され得る。直接接続が基地局105-bと所与のUEとの間に十分に確立されている場合、直接接続モジュール405は、基地局105-bに、その直接接続を使用して制御情報をUEに送信させ得る。しかしながら、基地局105-bの指向性の第1のRATを介した基地局105-bとUEとの間の直接接続が不十分である場合(直接接続なし、弱い直接接続などを含む)、制御情報を、指向性の第1のRATを使用して基地局105-bからUEに送信することができない可能性がある。この状況では、直接接続モジュール405は、基地局105-bに、別のRATを使用してUEに転送するために基地局105-bから別の基地局に制御情報を送信させ得る。

0059

基地局105-bと特定のUEとの間に不十分な接続があり得るいくつかの異なる状況が存在する。たとえば、基地局105-bとUEとの間で送信されるべきデータがない場合、基地局105-bとUEとの間に直接ビーム接続は確立されない可能性がある。この状況では、基地局105-bとUEとの間で交換するユーザデータがないにもかかわらず、基地局105-bは、依然として、制御情報をUEに送信し、場合によっては、UEから応答データを受信する必要があり得る。上述したように、比較的少量の制御データであり得るものを考慮して、直接ビーム接続が確立され得る前に、比較的大量のオーバーヘッド(たとえば、ビーム探索を行うのに必要な時間および周波数リソースならびに電力)が存在し得る。したがって、この状況では、直接接続モジュール405は、基地局105-bにおいてリソースおよび/または電力を節約するために、制御情報が別の基地局を介して補助リンクを介してUEに送信されるようにし得る。

0060

不十分な直接接続の別の例は、基地局105-bとUEとの間の以前の直接送信ビームの障害によって引き起こされる可能性がある。以前の直接送信ビームは、UEが障害の背後に移動したり、ビームを反射していた反射物に対して移動したり、屋内に行ったりした場合などに故障する可能性がある。不十分な直接接続の別の例は、たとえば、送信ビームは存在するが、その信号対雑音比(SNR)が比較的低い場合、基地局105-bとUEとの間の不適切な送信ビームによって引き起こされる可能性がある。不十分な直接接続のさらに他の例は、基地局105-bの過負荷および/または指向性の第1のRAT自体の過負荷によって引き起こされる可能性がある。これらの例では、直接接続モジュール405は、制御情報が、別の基地局およびその関連するRATを介して補助リンクを介してUEに送信されるようにし得る。

0061

図4の制御情報モジュール215-bのリソース節約モジュール410は、制御情報をUEに送信するために、指向性の第1のRATおよび基地局105-bに関連するどのリソース(たとえば、周波数リソース、時間リソース、空間リソースなど)が、基地局105-bとUEとの間の十分な直接接続を確立および/または維持するために必要とされるかを判断するように構成され得る。リソース節約モジュール410はまた、それらのリソースが消費されるべきか節約されるべきかを判断するように構成されてもよい。リソースが節約されるべきであると決定された場合、リソース節約モジュール410は、第2のRATを使用する補助接続を介してUEに転送するために制御情報が別の基地局に送信されるようにし得る。一方、リソースが消費されるべきであると決定された場合、リソース節約モジュール410は、直接接続がセットアップされるようにし得、次いで、制御情報が、直接接続を介してUEに送信され得る。

0062

図4の制御情報モジュール215-bの電力節約モジュール415は、制御情報をUEに送信するために、基地局105-bとUEとの間の十分な直接接続を確立および/または維持するためにどれだけの電力(たとえば、基地局105-b、UE、またはその両方について)が必要とされるかを判断するように構成され得る。また、電力節約モジュール415は、その電力が消費されるべきか節約されるべきかを判断するように構成されてもよい。電力が節約されるべきであると決定された場合、電力節約モジュール415は、第2のRATを使用する補助接続を介してUEに転送するために制御情報が別の基地局に送信されるようにし得る。一方、電力が消費されるべきであると決定された場合、電力節約モジュール415は、直接接続がセットアップされるようにし得、次いで、制御情報が、直接接続を介してUEに送信され得る。

0063

図4の制御情報モジュール215-bの補足情報モジュール420は、(たとえば、直接接続モジュール405、リソース節約モジュール410、電力節約モジュール415、またはこれらの何らかの組合せによって)異なるRATを使用してUEに転送するために制御情報を別の基地局に送信することが決定された場合、UEに向けられた制御情報に補足情報を含めるように構成され得る。たとえば、補足情報モジュール420は、場合によっては、制御情報が送られる基地局に関連するRATの制御チャネルまたはデータチャネルを使用して制御情報がUEに送信されるべきかどうかを含めて、適切なUEに制御情報を転送するように(制御情報が基地局105-bによって送信される)他の基地局に指示する転送情報を制御情報内に含め得る。補足情報モジュール420はまた、制御情報が基地局105-bから発信されたことをUEに示す識別情報を制御情報内に含め得る。

0064

図5は、様々な例による、ワイヤレス通信で使用するための基地局105-cのブロック図500を示す。基地局105-cは、図2を参照して上述したデバイス205の1つまたは複数の態様の例、および/または、図1を参照して上述した基地局105、105-a-2の1つまたは複数の態様の例であり得る。いくつかの実施形態では、基地局105-cは、LTEベースのRATなどの第2のRATを使用して1つまたは複数のUEと通信するように構成される。基地局105-cは、図2のデバイス205の対応するモジュールの例であり得る、受信機モジュール210-c、制御情報モジュール215-c、および/または送信機モジュール220-cを含み得る。基地局105-cはまた、プロセッサ(図示せず)を含み得る。これらの構成要素の各々は、互いに通信していることがある。制御情報モジュール215-cは、決定モジュール505、転送モジュール510、および通知モジュール515を含み得る。受信機モジュール210-cおよび送信機モジュール220-cは、図2の受信機モジュール210および送信機モジュール220の機能を実行し得る。

0065

上述したように、基地局105-cの制御情報モジュール215-cは、別の基地局(たとえば、図4の基地局105-b、図1の基地局105-a-1など)から、UEのための指向性の第1のRATに関連する制御情報を受信するように構成され得、他の基地局は、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、基地局105-cは、第2のRATを使用してUEと通信するように構成される。図5の基地局105-cの制御情報モジュール215-cはまた、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送するかどうかを決定するように構成され得る。

0066

図5の制御情報モジュール215-cの決定モジュール505は、1つまたは複数の要因に基づいて、別の基地局から受信された制御情報をUEに転送するかどうかを決定するように構成され得る。たとえば、他の基地局からの制御情報転送要求の数が比較的多く、および/または基地局105-cが比較的ビジーである(たとえば、制御情報を送信するために予備リソースがほとんどまたはまったく利用できない)場合、決定モジュール505は、制御情報をUEに転送しないことを決定し得る。別の例として、基地局105-cが比較的大きい周波数および/または時間リソースを利用可能である場合、または他の基地局が制御情報の送信についてのプレミアム支払う場合、決定モジュール505は、制御情報をUEに送信することを決定し得る。

0067

図5の制御情報モジュール215-cの転送モジュール510は、決定モジュール505による決定に少なくとも部分的に基づいて、制御情報をUEに選択的に転送するように構成され得る。制御情報をUEに転送するために、転送モジュールは、たとえば、どのUEに制御情報を転送すべきかを知るために、基地局105-cによって使用される転送命令に関連するヘッダメタデータなどを除去することによって、または基地局105-cが制御情報を受信したソースをUEに示す制御情報に追加のヘッダ、メタデータなどを追加することによって、制御情報を操作し得る。

0068

別の基地局から受信された制御情報をUEに選択的に転送することに加えて、転送モジュール510は、バックホールリンクを介して、UEから受信された応答情報を他の基地局に(選択的に)転送するようにも構成され得る。いくつかの実施形態では、応答情報は制御情報に応答し得るが、他の実施形態では、制御情報に応答しないことがある。

0069

図5の制御情報モジュール215-cの通知モジュール515は、制御情報が意図されたUEに転送されないとき、通知を他の基地局に選択的に送信するように構成され得る。たとえば、基地局105-cが比較的ビジーであり、その結果、別の基地局から受信された制御情報をUEに転送していない場合、通知モジュール515は、随意に制御情報の転送を拒否する理由を含む、通知を他の基地局に送信し得る。

0070

図6は、様々な例による、ワイヤレス通信で使用するための装置のブロック図600を示す。図6に示す装置は、図1のUE115、115-aの1つまたは複数の態様の例であり得るUE115-cである。UE115-cはまた、図2のデバイス205、および/または図3のUE115-bの1つまたは複数の態様の例であり得る。UE115-cは、基地局からDL送信を受信するとき受信機として動作し、UL送信を基地局に送るとき送信機として動作する。

0071

UE115-cは、一般に、通信を送信するための構成要素と通信を受信するための構成要素とを含む、双方向音声およびデータ通信のための構成要素を含み得る。UE115-cは、1つまたは複数のUEアンテナ640、UEトランシーバモジュール635、UEプロセッサモジュール605、およびUEメモリ615(ソフトウェア(SW)620を含む)を含み、それらはそれぞれ、互いに直接または間接的に通信し得る(たとえば、1つまたは複数のバス645を介して)。UEトランシーバモジュール635は、上で説明したように、UEアンテナ640および/または1つまたは複数のワイヤードまたはワイヤレスリンクを介して、1つまたは複数のネットワークと双方向に通信するように構成され得る。たとえば、UEトランシーバモジュール635は、異なるRATを使用して1つまたは複数の基地局と双方向に通信するように構成され得る。UEトランシーバモジュール635は、パケットを変調し、変調されたパケットを送信のためにUEアンテナ640に提供し、かつUEアンテナ640から受信されたパケットを復調するように構成されたモデムを含み得る。いくつかの実施形態では、UE115-cは単一のアンテナ640を含み得、他の実施形態では、UE115-cは、複数のワイヤレス送信を同時に送信および/または受信することができる複数のアンテナ640を含み得る。UEトランシーバモジュール635は、複数コンポーネントキャリアを介して1つまたは複数の基地局と同時に通信することができる場合がある。

0072

UE115-cは、上述した機能を実行し得、図2〜図3の制御情報モジュール215、215-aの1つまたは複数の態様の例であり得る制御情報モジュール215-cを含み得る。UE115-cはまた、図3のタスクモジュール315についての上述した機能を実行し得るタスクモジュール315-aも含む。また、UE115-cは、図3の応答モジュール320についての上述した機能を実行し得る応答モジュール320-aを含む。

0073

UEメモリ615は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および読取り専用メモリ(ROM)を含み得る。UEメモリ615は、実行されると、プロセッサモジュール605に、本明細書で説明する様々な機能を実行させるように構成された命令を含むコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード620を記憶することができる。代替として、コンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード620は、UEプロセッサモジュール605によって直接実行可能ではなくてもよいが、(たとえば、コンパイルされ実行されると)本明細書で説明した機能をコンピュータに実施させるように構成されてもよい。UEプロセッサモジュール605は、インテリジェントハードウェアデバイス、たとえば、中央処理装置(CPU)、マイクロコントローラ、特定用途向け集積回路(ASIC)などを含んでもよい。

0074

図7は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信で使用するための基地局105-d-1のブロック図700を示す。いくつかの例では、基地局105-d-1は、図1、図-2、および図3を参照して上述した、基地局105、105-a-1、105-bの1つまたは複数の態様、ならびに/または、基地局として構成されたときのデバイス205の態様の例であり得る。

0075

基地局105-d-1は、基地局プロセッサモジュール710、基地局メモリモジュール720、(基地局トランシーバモジュール750によって表される)少なくとも1つの基地局トランシーバモジュール、および(基地局アンテナ755によって表される)少なくとも1つの基地局アンテナを含み得る。基地局105-aはまた、基地局通信モジュール730および/またはネットワーク通信モジュール740の1つまたは両方を含み得る。これらのモジュールの各々は、1つまたは複数のバス735を通じて、互いに、直接または間接的に通信していてよい。

0076

基地局モジュール720は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および/または読取り専用メモリ(ROM)を含み得る。基地局メモリモジュール720は、実行されると、基地局プロセッサモジュール710に、ワイヤレス通信に関して本明細書で説明される様々な機能を実行させるように構成された命令を含む、コンピュータ可読のコンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード725を記憶することができる。代替的に、コンピュータ可読のコンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード725は、基地局プロセッサモジュール710によって直接実行可能ではなくてもよいが、(たとえば、コンパイルされ実行されると)本明細書で説明された様々な機能を基地局705に実行させるように構成され得る。

0077

基地局プロセッサモジュール710は、インテリジェントハードウェアデバイス、たとえば中央処理装置(CPU)、マイクロコントローラ、ASICなどを含み得る。基地局プロセッサモジュール710は、基地局トランシーバモジュール750、基地局通信モジュール730、および/またはネットワーク通信モジュール740を通じて受信された情報を処理することができる。基地局プロセッサモジュール710はまた、アンテナ755を通じた送信のためにトランシーバモジュール750へ、1つまたは複数の他の基地局105-d-2(後述)への送信のために基地局通信モジュール730へ、ならびに/またはコアネットワーク745への送信のためにネットワーク通信モジュール740へ送信されるべき情報を処理することができ、コアネットワーク745は、図1を参照して説明されるコアネットワーク130の1つまたは複数の態様の例であり得る。基地局プロセッサモジュール710は、本明細書で説明する、ワイヤレス通信の様々な態様を処理し得る。

0078

基地局トランシーバモジュール750は、パケットを変調し、送信のために変調されたパケットを基地局アンテナ755に提供し、かつ基地局アンテナ755から受信されたパケットを復調するように構成されたモデムを含み得る。基地局トランシーバモジュール750は、いくつかの例では、1つまたは複数の基地局送信機モジュールおよび1つまたは複数の別個基地局受信機モジュールとして実装され得る。基地局トランシーバモジュール750は、第1の無線周波数スペクトル帯域(たとえば、指向性の第1のRATを使用するミリメートル波周波数スペクトル帯域)および/または第2の無線周波数スペクトル帯域における通信をサポートし得る。基地局トランシーバモジュール750は、本明細書で説明する1つまたは複数のUEまたはアプリケーションと、アンテナ755を介して双方向に通信するように構成され得る。基地局105-d-1は、たとえば、指向性の第1のRATを使用してビームフォーミングおよび指向性通信を容易にし得る複数の基地局アンテナ755(たとえば、アンテナアレイ)を含み得る。基地局105-aは、ネットワーク通信モジュール740を通じてコアネットワーク745と通信することができる。基地局105-d-1は、基地局通信モジュール730を使用して、たとえばバックホールリンクを介して、および/またはコアネットワーク745を介したリンクを介して、基地局105-d-2など他の基地局とも通信し得る。上述したように、基地局105-d-1は、上述したように、異なるRATを介して他の基地局によってUEに転送するために制御情報を最初に別の基地局105-d-2に送信することによって、制御情報をUEに送信するために補助リンクを開始し得る。他の基地局105-d-2は、図7の第1の基地局105-d-1と同様のモジュールを含み得、しかし、直接接続モジュールまたは補足情報モジュールを含む代わりに、他の基地局105-d-2は、図5の転送モジュール510の1つまたは複数の態様の例であり得る転送モジュール510-aを含み得る。

0079

図8は、第1の基地局105-e-1が指向性の第1のRATを使用してUE115-dとの不十分な直接接続を有し得るが、それにもかかわらず、UE115-dに送信される必要がある制御情報を有し得るワイヤレス通信システムの図800である。その結果、第1の基地局105-e-1は、図8の通信805によって示されるように、UE115-dに向けられた制御情報を、第2のRATを使用してUE115-dに転送するために、バックホールリンク134-bを介して第2の基地局105-e-2に送信し得る。制御情報を第2の基地局105-e-2に送信する際に、第1の基地局105-e-1は、第2の基地局105-e-2が制御情報を認識し、それに適切に作用できるように、および/または、UEが、制御情報がUEと第2の基地局105-a-2との間のワイヤレス接続に関係せず、代わりに指向性のRATおよび第1の基地局105-a-1に関係することを認識するように、補助情報を追加し得る。補足情報は、メタデータ、送信における追加のアドレスフィールドなどの形態であってもよい。場合によっては、第1の基地局105-e-1から第2の基地局105-e-2への制御データの送信は、新たに定義されたデータ要素、または新しいパラメータを有するまたは有さない既存のデータ要素形式であってもよい。

0080

制御情報を受信すると、第2の基地局105-e-2は、制御情報をUE115-dに中継する必要があることを認識し、受信された制御情報をUE115-dに転送すべきかどうかを判断し得る。第2の基地局105-e-2が制御情報を転送しないと決定した場合、第2の基地局105-e-2は、バックホールリンク134-bを介して第1の基地局105-e-1に、制御情報が転送されなかったことを第1の基地局105-e-1に知らせる通知を送り返し得る。一方、第2の基地局105-e-2は、制御情報をUE115-dに転送することを決定した場合、通信810によって図8に示したUE115-dへの制御情報の転送とともに、異なる第2のRATを使用して制御情報を転送し得る。第2の基地局105は、たとえば、LTEベースのRATを使用して、受信された制御情報をUE115-dに送信し得、制御情報の送信のためにLTEベースのRATのダウンリンク制御チャネルまたはダウンリンクデータチャネルの一方または両方を使用し得る。

0081

第2の基地局105-e-2から制御情報を受信すると、UE115-dは、第1の基地局105-e-1およびそれに関連するRATに関するチャネル品質情報を収集する、チャネル品質報告などの応答情報を第1の基地局105-e-1に送り返すなど制御情報に関係するタスクを実行し得る。しかしながら、UE115-dは、たとえば、図8の通信815によって示すように、第1の基地局105-e-1とUE115-dとの間に十分な直接的なワイヤレス接続が不足しているので、最初に、第2の基地局105-e-2に応答情報を送信し得る。応答情報は、第2の基地局105-e-2に関連するLTEベースのRATを使用して送信され得、LTEベースのRATのアップリンク制御チャネルまたはアップリンクデータチャネルの一方または両方を介して送信され得る。UE115-dからの応答情報を受信すると、第2の基地局105-e-2は、図8の通信820によって示すように、バックホールリンク134-bを介して第1の基地局105-e-1に応答情報を転送し得る。

0082

図8は、第2の基地局105-e-2が制御情報をUE115-dに転送するかどうかを決定することを参照して説明されているが、いくつかの実施形態では、コアネットワーク(図8には図示せず)は、第2の基地局105-e-2がいつ制御情報を転送するか、または転送しないかを判断し得る。たとえば、コアネットワークは、第2の基地局105-e-2によって送信されるべき他のデータより優先度の高いものとして制御情報が転送されるべきと考え得る。このようにして、より一般的には、基地局105-e-1、105-e-2、UE115-d、および/またはコアネットワークのいずれかが、個々にまたはまとめて、いつ、どのように、を含めて、制御情報を転送するかどうかを決定し得る。

0083

図9、図10、図11、図12、および図13は、図8のシステムおよび図2〜図7に示した構成要素が、たとえば、第2の基地局および第2のRATを使用してUEに制御情報を送信することによって、1つの基地局、1つのUE、および1つのRATに関係する制御情報の送信を容易にするために使用され得る、いくつかの状況を示す。これらのシナリオの各々において、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEに制御情報を直接送信することができない、またはそれを望まない何らかの理由が存在し得る。結果として、第1の基地局は、第2のRATを使用してUEに転送するために、UE向けの制御情報を第2の基地局に送信し得る。しかしながら、図9、図10、図11、図12、および図13は網羅的ではなく、たとえば、ビーム探索が進行中であるがまだ完了していない場合、またはUEが新たに電源投入する、もしくは第1の基地局との接続を新たに要求する場合を含む、他の例も可能であることに留意されたい。

0084

最初に図9に示す例900を参照すると、UE115-eは、指向性の第1のRATを使用して、第1の基地局105-f-1に送信するデータがなく、第1の基地局105-f-2から受信するデータがないアイドルモードであり得る。それにもかかわらず、第1の基地局105-f-2は、たとえば、あるビーム探索シーケンス930(シーケンス935に対応する)がUE115-eでどのように知覚されるかなど、時々UE115-eに関係するチャネル品質指示(CQI)情報を必要とし得る。

0085

しかしながら、第1の基地局105-f-1とUE115-eとの間のワイヤレス接続を確立するために、一般に、リソース(周波数、時間など)および電力を消費する可能性がある比較的大量のオーバーヘッド処理が存在し、たとえば、ビーム追跡を行う際、多量のリソースおよび電力が消費される可能性がある。比較的大量のデータを第1の基地局105-f-1からUE115-eに送信する必要がある場合、これらのリソースの消費は正当であるが、図9の比較的少量の制御データは、第1の基地局105-f-1とUE115-eとの間で信頼できるビームを確立し、追跡することを必要としないことがある。したがって、第1の基地局105-f-1は、通信905によって示されるように、転送要求、および/または、制御情報および制御情報の予定受信側(すなわち、UE115-e)を識別する情報とともに、CQIコマンドなどの制御情報を、バックホールリンク134-cを介して第2の基地局105-f-2に送信し得る。制御情報を受信すると、第2の基地局105-f-2は、制御情報をUE115-eに転送するかどうかを決定し得る。第2の基地局105-f-2が制御情報を転送しないと決定した場合、第2の基地局105-f-2は、代わりに、要求されたように制御情報が転送されなかったことを第1の基地局105-f-1が知るように、第1の基地局105-f-1に通知を送信し得る。一方、第2の基地局は、制御情報を転送することを決定した場合、図9の通信910によって示されるように、第2のRATを使用して制御情報を転送する。制御情報は、物理ダウンリンク共有チャネル物理ダウンリンク制御チャネル、またはこれらの組合せなどを介して、第2の基地局105-f-2からUE115-eに送られ得る。いくつかの実施形態では、第1の基地局105-f-1からの初期通信905は、制御情報がどのようにUE115-fに通信されるべきかを指示、または少なくとも示唆し得、一方、他の実施形態では、第2の基地局105-f-2は、制御情報をUE115-fに単独で、またはコアネットワークなど別のエンティティとともに送信する方法を判断し得る。

0086

UE115-eは、場合によっては、たとえば、制御情報において要求された何らかのアクションを実行することによって、制御情報に応答し得る。たとえば、UE115-eは、CQI測定報告を生成し得る。しかしながら、依然として第1の基地局105-f-1との直接接続がない場合、UE115-eは、代わりに、バックホールリンク134-cを使用して第1の基地局105-f-1に転送するために、CQI測定報告などの応答情報を第2の基地局105-f-2に送り得る。UE115-eから第2の基地局105-f-2への応答情報の送信は、図9の通信915によって示され、第2の基地局105-f-2から第1の基地局105-f-1への応答情報の送信は、図9の通信920によって示されている。

0087

次に、図10に示す例1000を参照すると、第1の基地局105-g-1は、ビーム探索およびビーム追跡によって必要とされるリソースおよび電力消費を招くことなく、UE115-fとのコンテキスト接続(contextual connection)を維持することを望む場合がある。これは、特に、UE115-fが非常に動的(たとえば、移動中)であるが、指向性のRATを使用して第1の基地局105-gと送受信するデータがない場合であり得る。この場合、第1の基地局105-g-1は、バックホールリンク134-dおよび第2の基地局105-g-2を使用して、UE115-fと第1の基地局105-g-1との間の定期的な制御メッセージおよび応答(たとえば、キープアライブメッセージおよびキープアライブ応答)を含む制御情報および応答情報を中継し得る。したがって、第1の基地局105-g-1は、第2の基地局105-g-2を介して制御中継チャネルに、第1の基地局105-g-1に関連する指向性RATの代わりに、第2の基地局105-g-2に関連するRATを使用して定期的な制御メッセージを送り、定期的な制御応答を受信するよう要求し得る。中継チャネルを開始するための第2の基地局の最初の要求は、図10の通信1005によって示されている。次いで、第2の基地局105-g-2は、そのRATを使用して中継チャネルを設定して、定期的な制御メッセージをUE115-fに転送し、その最初が図10の通信1010に示されている。UE115-fは、図10の通信1015によって示されるように、定期的な応答メッセージを第2の基地局105-g-2に送ることによって、定期的な制御メッセージに応答し得る。

0088

動作中、UE115-fは、図10の太い矢印で示すように移動し得る。UE115-fが移動した後、第2の基地局105-g-2に関連するRATの信頼性および頑強さのために、第2の基地局105-g-2およびUE115-fは、図10の通信1025、1030、1035、1040に示すように、たとえば、第2の基地局105-g-2に関連するRATを使用して定期的な制御メッセージおよび応答など、制御情報および応答情報を引き続き交換し得る。このようにして、第1の基地局105-g-1は、第1の基地局105-g-1とUE115-fとの間でビームを追跡する費用をかけずに、引き続き(バックホールリンク134-dおよび第2の基地局105-g-2によって形成された補助リンクならびにそれに関連するRATを介して)制御情報をUE115-fに送り、UE115-fから応答情報を受信することができる。

0089

さらに図10を参照すると、いくつかの実施形態では、定期的な制御メッセージおよび/または応答を送るためのトリガが定義され得る。たとえば、第1または第2の基地局105-g-1、105-g-2は、必要性、システムの観察された特性(たとえば、UE115-fがどれだけ移動するか、どのくらいの頻度で移動するか)などに基づいて、定期的な制御メッセージの頻度を定義し得る。他の実施形態では、UE115-fは、追加または代替として、定期的な制御メッセージおよび/または応答の送信をトリガし得る(たとえば、UE115-fが、それが多く移動されていることを知っている場合、または緊急のデータ送信の必要性を予期している場合など)。さらに他の実施形態では、コアネットワーク(図10には図示せず)が定期的な制御メッセージが交換される頻度を決定してもよい。

0090

次に図11に示す例1100を参照すると、UE115-gは、再度、非常に動的で移動している(太い矢印で示されるように)可能性があり、これによって、障害物1125のために、以前に確立された(たとえば、ビームフォーミングを介して)接続が故障する可能性がある。この場合、第1の基地局105-h-1は、接続を再確立するためにUE115-gに転送するための制御情報を第2の基地局105-h-2に送信し得る。たとえば、図11の通信1105に示されるように、第1の基地局105-h-1は、バックホールリンク134-eを介して制御情報を第2の基地局105-h-2に送信し得、制御情報は、警告メッセージ、およびUE115-gが別のビームを見つけ、それに切り替えるためのコマンドを含む。次いで、第2の基地局105-h-2は、図11の通信1110によって示されるように、この制御情報をUE115-gに転送し得る。制御情報を受信すると、UE115-gは、新しいビームを探索し、新しいビームに切り替え得、たとえば、図11に示すように、UE115-gは、リフレクタ1130から反射されたビームを見つけ、そのビームに切り替え得る。したがって、UE115-gは、図11の通信1115によって示されるように、第1の基地局105-h-1に転送するために、ビーム変更メッセージなどの応答情報を第2の基地局105-h-2に送る。次いで、第2の基地局105-h-2は、図11の通信1120によって示されるように、応答情報を第1の基地局に転送し得る。いくつかの実施形態では、通信1105、1110、1115、1120は、数回繰り返すことができ、UE115-gと第1の基地局105-h-1との間に一種フィードバックループを形成する。

0091

次に図12に示す例1200を参照すると、図12に示されるように、第1の基地局105-i-1は、ビーム探索シーケンス1230、1235の使用にもかかわらず、UE115-hとの適切な送信ビームを有していない場合がある。したがって、第1の基地局105-i-1は、第2の基地局105-i-2を介して、追加のビームフォーミングトレーニングの要求を含む制御情報をUE115-hに送信し得る。追加のビームフォーミングの要求は、第1の基地局105-i-1とUE115-i-1との間のワイヤレス接続の信号対雑音比(SNR)を改善しようとするより長い符号長、異なる変調などを含み得る。図12に示すように、第1の基地局105-i-1は、バックホールリンク134-fを介して第2の基地局105-i-2に制御情報を送信(通信1205によって示される)し、第2の基地局105-i-2は、UE115-hに制御情報を転送(通信1210によって示される)した後、UE115-hは、第1の基地局105-i-1とのより良い送信ビームを試し、確立するために、追加のまたは代替のビーム探索シーケンス1240を使用し得る。UE115-hはまた、(通信1220によって示される)第1の基地局に転送するために応答情報を第2の基地局105-i-2に送り得る(通信1215によって示される)。応答情報は、たとえば、第1の基地局105-i-1が次に利用可能なビーム探索サイクルについてのそれ自体のビーム探索設定を調整することができるように、UE115-hが次の利用可能なビーム探索サイクルにおいて異なるビーム探索シーケンス長を使用することの確認を含み得る。

0092

次に図13に示す例1300を参照すると、第1の基地局105-j-1は、過負荷になる可能性があり、たとえば、第1の基地局105-j-1は、接続が多すぎる、または保留中データ送信要求が多すぎる可能性がある。したがって、第1の基地局105-j-1は、図13の通信1305によって示されるように、バックホールリンク134-gを介して第2の基地局105-j-2に、過負荷の指示および1つまたは複数のUE115-i(たとえば、第3の基地局105-j-3へ)の転送の要求を含む制御情報を送信し得る。UE115-iが、図13の通信1310によって示されるように、異なる基地局を探索することができるように、第2の基地局105-j-2は、制御情報をUE115-iに転送し得る。UE115-iがひとたび第3の基地局105-j-3を見つけたら、UE115-iは、図13の通信1315によって示されるように、第2の基地局105-j-2に同じことを示す応答情報を送り得る。今度は、第2の基地局105-j-2は、図13のそれぞれの通信1320、1325によって示されるように、第1の基地局105-j-1および/または第3の基地局105-j-3に転送の確認を転送し得る。

0093

前述したように、図8〜図13に示された例は、網羅的ではなく、様々な例からの態様を組み合わせることができ、または他の例が本明細書に記載の方法、装置、およびシステムを同様に使用し得ることを諒解されよう。

0094

図14は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法1400の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1400について、図1、図4、および図7〜図13を参照して上述した第1の基地局105-a-1、105-b、105-d-1、105-e-1、105-f-1、105-g-1、105-h-1、105-i-1、105-j-1のうちの1つまたは複数の態様を参照して以下で説明する。いくつかの例では、これらの基地局のうちの1つは、以下に説明する機能を実行するためにその機能要素のうちの1つまたは複数を制御するためにコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。追加または代替として、基地局は、専用ハードウェアを使用して、以下で説明する機能のうちの1つまたは複数を実施することができる。

0095

ブロック1405で、方法1400は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局で識別するステップであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、ステップを含み得る。ブロック1410において、方法1400は、第2のRATを使用してUEに転送するために、指向性の第1のRATに関連する制御情報を第2の基地局に送信するステップを含み得る。

0096

ブロック1405および1410における動作は、いくつかの実施形態において図4を参照して上述した制御情報モジュール215-bを使用して実行され得る。

0097

したがって、方法1400は、ワイヤレス通信を提供し得る。方法1400は単に1つの実装形態であること、および、方法1400の動作は並べ替えられ、または別様に修正され得るので他の実装形態が可能であることに留意すべきである。

0098

図15は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法1500の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1500について、図1、図3、図6、および図8〜図13を参照して上述したUE115、115-a、115-b、115-c、115-d、115-e、115-f、115-g、115-h、115-iのうちの1つまたは複数の態様を参照して以下で説明する。いくつかの例では、これらのUEのうちの1つは、以下で説明する機能を実行するためにその機能要素のうちの1つまたは複数を制御するためにコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。追加または代替として、UEは、専用ハードウェアを使用して、以下で説明する機能のうちの1つまたは複数を実施することができる。

0099

ブロック1505において、方法1500は、第1の基地局のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報をユーザ機器(UE)において受信するステップであり、第1の基地局が指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成され、制御情報が第2の基地局からUEにおいて受信され、第2の基地局が第2のRATを使用してUEと通信するように構成される、ステップを含み得る。ブロック1510において、方法1500は、第2のRATを使用して第2の基地局に応答情報を送信するステップであって、応答情報が、受信された制御情報に少なくとも部分的に基づいて第1の基地局に転送される、ステップを含み得る。

0100

ブロック1505における動作は、いくつかの実施形態において、図3を参照して上述した制御情報モジュール215-aを使用して実行され得る。

0101

したがって、方法1500は、ワイヤレス通信を提供し得る。方法1500は単に1つの実装形態であること、および、方法1500の動作は並べ替えられ、または別様に修正され得るので他の実装形態が可能であることに留意すべきである。

0102

図16は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法1600の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1600について、図1、図5、および図7〜図13を参照して上述した第2の基地局105-a-2、105-c、105-d-2、105-e-2、105-f-2、105-g-2、105-h-2、105-i-2、105-j-2のうちの1つまたは複数の態様を参照して以下で説明する。いくつかの例では、これらの基地局のうちの1つは、以下に説明する機能を実行するためにその機能要素のうちの1つまたは複数を制御するためにコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。追加または代替として、基地局は、専用ハードウェアを使用して、以下で説明する機能のうちの1つまたは複数を実施することができる。

0103

ブロック1605で、方法1600は、ユーザ機器(UE)のための指向性の第1の無線アクセス技術(RAT)に関連する制御情報を第1の基地局から受信するステップであり、第1の基地局が、指向性の第1のRATを使用してUEと通信するように構成される、ステップを含み得る。ブロック1610において、方法1600は、第2のRATを使用してUEに制御情報を転送するかどうかを決定するステップを含み得る。

0104

ブロック1605における動作は、いくつかの実施形態において、図5を参照して上述した制御情報モジュール215-cを使用して実行され得る。

0105

したがって、方法1600は、ワイヤレス通信を提供し得る。方法1600は単に1つの実装形態であること、および、方法1600の動作は並べ替えられ、または別様に修正され得るので他の実装形態が可能であることに留意すべきである。

0106

いくつかの例では、方法1400、1500、1600のうちの2つ以上からの態様が、組み合わされてよい。方法1400、1500、および1600は例示的な実装形態にすぎず、方法1400、1500、および1600の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。

0107

本明細書で説明される技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC-FDMA、および他のシステムなどの様々なワイヤレス通信システムのために使用され得る。「システム」および「ネットワーク」という用語は、しばしば互換的に使用される。CDMAシステムは、CDMA2000、Universal Terrestrial Radio Access(UTRA)などの無線技術を実装し得る。CDMA2000は、IS-2000、IS-95、およびIS-856標準包含する。IS-2000リリース0およびAは、一般に、CDMA2000 1X、1Xなどと呼ばれる。IS-856(TIA-856)は、一般に、CDMA2000 1xEV-DO、High Rate Packet Data(HRPD)などと呼ばれる。UTRAは、Wideband CDMA(WCDMA(登録商標))およびCDMAの他の変形態を含む。TDMAシステムは、Global System for Mobile Communications(GSM(登録商標))などの無線技術を実装し得る。OFDMAシステムは、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB:Ultra Mobile Broadband)、進化型UTRA(E-UTRA:Evolved UTRA)、IEEE802.11(Wi-Fi)、IEEE802.16(WiMAX)、IEEE802.20、Flash-OFDM(登録商標)などの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE-UTRAは、ユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS:Universal Mobile Telecommunication System)の一部である。3GPPロングタームエボリューション(LTE:Long Term Evolution)、およびLTEアドバンスト(LTE-A:LTE-Advanced)は、E-UTRAを使用するUMTSの新しいリリースである。UTRA、E-UTRA、UMTS、LTE、LTE-A、およびGSM(登録商標)は、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)という名称組織からの文書に記載されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2(3GPP2:3rd Generation Partnership Project 2)」という名称の組織からの文書に記載されている。本明細書で説明される技法は、上述のシステムおよび無線技術、ならびに無認可の帯域幅および/または共有帯域幅にわたるセルラー(たとえば、LTE)通信を含む、他のシステムおよび無線技術に使用され得る。ただし、上の説明では、例としてLTE/LTE-Aシステムについて説明し、上の説明の大部分においてLTE用語が使用されるが、本技法はLTE/LTE-A適用例以外に適用可能である。

0108

添付の図面に関して上に記載された詳細な説明は、例を説明しており、実装され得るまたは特許請求の範囲内にある唯一の例を表すものではない。この説明で使用される「例」および「例示的」という用語は、「例、事例、または例示として機能すること」を意味し、「好ましい」または「他の例よりも有利である」ことを意味しない。詳細な説明は、説明された技法の理解を与える目的で、具体的な詳細を含む。しかしながら、これらの技法は、これらの具体的な詳細を伴わずに実践され得る。いくつかの事例では、説明された例の概念を不明瞭にすることを避けるために、よく知られている構造および装置がブロック図の形で示されている。

0109

様々な異なる技術および技法のいずれかを使用して、情報および信号が表され得る。たとえば、上記の説明全体にわたって参照される場合があるデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット記号、およびチップは、電圧電流電磁波、磁場もしくは磁性粒子光場もしくは光学粒子、またはそれらの任意の組合せによって表すことができる。

0110

本明細書の開示に関して説明された様々な例示的なブロックおよび構成要素は、汎用プロセッサデジタル信号プロセッサ(DSP)、ASIC、FPGAもしくは他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートもしくはトランジスタ論理、個別のハードウェア構成要素、または本明細書で説明される機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて実装または実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサとすることができるが、代替として、プロセッサは、任意の従来型プロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、またはステートマシンとすることができる。プロセッサはまた、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPおよびマイクロプロセッサの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコア連携する1つまたは複数のマイクロプロセッサ、または任意の他のそのような構成として実装され得る。

0111

本明細書で説明される機能は、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの任意の組合せにおいて実装され得る。プロセッサによって実行されるソフトウェアにおいて実装された場合、機能は、1つまたは複数の命令またはコードとしてコンピュータ可読媒体上に記憶されるか、またはコンピュータ可読媒体を介して送信され得る。他の例および実装形態は、本開示および添付の特許請求の範囲の範囲および要旨内にある。たとえば、ソフトウェアの性質に起因して、上で説明された機能は、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ハードウェア、ファームウェア、ハード配線、またはそれらのいずれかの組合せを使用して実装され得る。機能を実装する特徴はまた、機能の部分が異なる物理的位置において実装されるように分散されることを含め、様々な場所に物理的に位置し得る。特許請求の範囲を含めて本明細書で使用される場合、「および/または」という用語は、2つ以上の項目の列挙において使用されるとき、列挙される項目のうちどの1つも、それだけで採用され得、または列挙される項目のうちの2つ以上のどの組合せも採用され得ることを意味する。たとえば、構成が、構成要素A、B、および/またはCを含むものとして記載される場合、その構成は、A単体、B単体、C単体、AとBを組み合わせて、AとCを組み合わせて、BとCを組み合わせて、またはA、B、およびCを組み合わせて含むことができる。また、特許請求の範囲内を含み本明細書で使用される場合、項目のリスト(たとえば、「少なくとも1つの」または「1つまたは複数の」などというで始まる項目のリスト)内で使用される「または」は、たとえば、「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」というリストがAまたはBまたはCまたはABまたはACまたはBCまたはABC(すなわち、AおよびBおよびC)を意味するような、選言的リストを示す。

0112

コンピュータ可読媒体は、コンピュータ記憶媒体と、コンピュータプログラムの1つの場所から別の場所への転送を容易にする任意の媒体を含む通信媒体との両方を含む。記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされ得る任意の利用可能な媒体であってよい。限定ではなく例として、コンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROMフラッシュメモリCD-ROMもしくは他の光ディスクストレージ磁気ディスクストレージもしくは他の磁気ストレージデバイス、または命令はまたはデータ構造の形態の所望のプログラムコード手段を搬送または記憶するために使用され汎用もしくは専用コンピュータまたは汎用もしくは専用プロセッサによってアクセスされ得る、任意の他の媒体を備え得る。さらに、任意の接続が、適正にコンピュータ可読媒体と称される。たとえば、ソフトウェアが、同軸ケーブル光ファイバケーブルツイストペアデジタル加入者線("DSL")、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用してウェブサイトサーバ、または他のリモートソースから送信される場合には、同軸ケーブル、光ファイバケーブル、ツイストペア、DSL、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術は、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用されるディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピーディスク(disk)およびBlu-ray(登録商標)ディスク(disc)を含み、ディスク(disk)は、通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、データをレーザー光学的に再生する。上記の組合せもコンピュータ可読媒体の範囲内に含まれる。

0113

本開示の上の説明は、当業者が本開示を作製または使用することを可能にするために提供される。本開示への様々な修正は当業者には容易に明らかになり、本明細書で定義する一般原理は、本開示の範囲から逸脱することなく他の変形形態に適用され得る。したがって、本開示は、本明細書で説明した例および設計に限定されず、本明細書で開示した原理および新規な特徴と一致する最も広い範囲を与えられるべきである。

0114

100ワイヤレス通信システム
105基地局
110地理的カバレージエリア
115 UE
125通信リンク
130コアネットワーク
132バックホールリンク
134 バックホールリンク
205デバイス
210受信機モジュール
215制御情報モジュール
220送信機モジュール
305 第1のRATモジュール
310 第2のRATモジュール
315タスクモジュール
320応答モジュール
405直接接続モジュール
410リソース節約モジュール
415電力節約モジュール
420補足情報モジュール
505決定モジュール
510転送モジュール
515通知モジュール
605 UEプロセッサモジュール
615 UEメモリ
620ソフトウェア(SW)
635 UEトランシーバモジュール
640 UEアンテナ
645バス
710基地局プロセッサモジュール
720 基地局メモリモジュール
725 ソフトウェア/ファームウェアコード
730基地局通信モジュール
735 バス
740ネットワーク通信モジュール
745 コアネットワーク
750基地局トランシーバモジュール
755基地局アンテナ
805通信
810 通信
820 通信
905初期通信
920 通信
930ビーム探索シーケンス
935 シーケンス
1005 通信
1010 通信
1025 通信
1030 通信
1035 通信
1040 通信
1105 通信
1110 通信
1115 通信
1120 通信
1125障害物
1130リフレクタ
1205 通信
1210 通信
1215 通信
1220 通信
1230 ビーム探索シーケンス
1235 ビーム探索シーケンス
1240 ビーム探索シーケンス
1305 通信
1310 通信
1315 通信
1320 通信
1325 通信

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ビーム失敗回復手順に用いられる周波数リソースを適切に設定するために、ユーザ端末は、ビーム失敗を検出した場合にビーム失敗回復要求を送信する送信部と、前記ビーム失敗回復要求に対する応答を... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ユーザ装置であって、当該ユーザ装置の能力情報を格納する能力情報格納部と、前記能力情報を基地局に通知する能力情報通知部とを有し、前記能力情報通知部は、当該ユーザ装置によってサポートされ... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ装置、及び上り送信タイミング調整方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】基地局とユーザ装置とを備える無線通信システムにおける前記ユーザ装置において、前記基地局に上り信号を送信する信号送信部と、前記基地局から下り信号を受信する信号受信部と、前記信号送信部か... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ