図面 (/)

技術 調査実績フレームワーク

出願人 フェデラル・エキスプレス・コーポレイション
発明者 スレッシュ・ランガン
出願日 2015年8月13日 (5年6ヶ月経過) 出願番号 2017-528756
公開日 2017年10月26日 (3年3ヶ月経過) 公開番号 2017-531887
状態 特許登録済
技術分野 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定
主要キーワード 暫定結果 設定構造 身体センサ 関連データセット 共通データ構造 クライアントフレーム 測定スケール 報告ファイル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年10月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題・解決手段

調査フレームワークシステムが提供される。たとえば、いくつかの実施では、パイロット睡眠パターンに関する収集された調査データを記憶する第1のデータ構造と、パイロットに関連付けられたフライトスケジュールに関するデータを記憶する第2のデータ構造と、第1および第2のデータ構造に記憶されたデータにアクセスし、第1のデータ構造に記憶されたデータを使用して、1つまたは複数のプロセッサによって、第2のデータ構造に記憶されたフライトスケジュールに関連付けられたパイロットが所与の時間においてっている可能性を計算するように構成された睡眠予測モジュールと、を含む、パイロットのための睡眠予測システムが提供される。

概要

背景

多くの産業において、幅広い臨床、医学、および/または挙動研究を行うことは必須である。これらの研究を行うことは、多くの研究当事者間の手作業の調整を必要とし、いくつかの結果を受け取る前に、データ編集および分析に数ヶ月を要し、通常は、研究データの研究調整、暫定結果、または、リアルタイム分析を許さない。

概要

調査フレームワークシステムが提供される。たとえば、いくつかの実施では、パイロット睡眠パターンに関する収集された調査データを記憶する第1のデータ構造と、パイロットに関連付けられたフライトスケジュールに関するデータを記憶する第2のデータ構造と、第1および第2のデータ構造に記憶されたデータにアクセスし、第1のデータ構造に記憶されたデータを使用して、1つまたは複数のプロセッサによって、第2のデータ構造に記憶されたフライトスケジュールに関連付けられたパイロットが所与の時間においてっている可能性を計算するように構成された睡眠予測モジュールと、を含む、パイロットのための睡眠予測システムが提供される。

目的

研究被験者身体状態を測定するように構成された身体状態測定デバイスと、身体状態測定デバイスに通信可能に結合され、身体状態測定デバイスから研究被験者に関する1つまたは複数の身体状態測定結果を受信するように構成された第1のネットワークデバイスと、ネットワークを介して第1のネットワークデバイスに通信可能に結合され、1つまたは複数のプロセッサを使用して、第1のネットワークデバイスから身体状態測定結果を受信する動作と、受信した身体状態測定結果を、複数の他の研究被験者からの身体状態測定結果とともにデータ構造内に記憶する動作と、研究被験者と複数の他の研究被験者の身体状態測定結果を使用して研究評価を実行するためのインターフェースを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

調査フレームワークシステムであって、研究被験者身体状態を測定するように構成された身体状態測定デバイスと、前記身体状態測定デバイスに通信可能に結合され、前記身体状態測定デバイスから、前記研究被験者に関する1つまたは複数の身体状態測定結果を受信するように構成された第1のネットワークデバイスと、ネットワークを介して前記第1のネットワークデバイスへ通信可能に結合された第2のネットワークデバイスと、を備え、前記第2のネットワークデバイスは、1つまたは複数のプロセッサを使用して、前記第1のネットワークデバイスから前記身体状態測定結果を受信する動作と、前記受信した身体状態測定結果を、複数の他の研究被験者からの身体状態測定結果とともにデータ構造内に記憶する動作と、前記研究被験者と前記複数の他の研究被験者の前記身体状態測定結果を使用して研究評価を実行するためのインターフェースを提供する動作と、を実行するように構成された、調査フレームワークシステム。

請求項2

前記身体状態測定デバイスは、挙動記録デバイスを備える、請求項1に記載の調査フレームワークシステム。

請求項3

前記身体状態測定デバイスは、航空機パイロットの身体状態を自動的に測定するように構成された、請求項1に記載の調査フレームワークシステム。

請求項4

前記第2のネットワークデバイスは、前記身体状態測定結果に少なくとも部分的に基づいて、パイロット属性予測を提供するように構成された、請求項3に記載の調査フレームワークシステム。

請求項5

前記第1のネットワークデバイスは、無線ネットワークを経由して前記身体状態測定デバイスへ通信可能に結合されたスマートフォンを備える、請求項1に記載の調査フレームワークシステム。

請求項6

パイロットのための調査システムであって、パイロット睡眠パターンに関する収集された調査データを記憶する第1のデータ構造と、パイロットに関連付けられたフライトスケジュールに関するデータを記憶する第2のデータ構造と、前記第1および第2のデータ構造に記憶された前記データにアクセスし、1つまたは複数のプロセッサによって、前記第1のデータ構造に記憶された前記データを使用して、前記第2のデータ構造に記憶された前記フライトスケジュールに関連付けられた前記パイロットが所与の時間においてっている可能性を処理するように構成されたデータ処理モジュールと、を備える調査システム。

請求項7

パイロット睡眠パターンに関する前記データの少なくとも一部が、1人または複数人のパイロットに関連付けられた1つまたは複数の身体状態測定デバイスを経由して自動的に収集された、請求項6に記載の調査システム。

請求項8

パイロット睡眠パターンに関する前記データの少なくとも一部が、1人または複数人のパイロットの1つまたは複数の主観的な意識調査によって収集された、請求項6に記載の調査システム。

請求項9

睡眠予測モジュールは、前記第1のデータ構造に記憶された前記データに少なくとも部分的に基づいて、パイロット睡眠パターンのグラフィック表示を生成するように構成された、請求項6に記載の調査システム。

請求項10

1人または複数人のパイロットに結合された1つまたは複数の身体状態測定デバイスを備え、前記1つまたは複数の身体状態測定デバイスは、データをネットワークを介して前記第1のデータ構造へ送信するように構成された、請求項6に記載の調査システム。

請求項11

調査実績システムをホストするための方法であって、研究参加者による使用のために、第1のネットワーク通信デバイスを提供するステップと、1つまたは複数のプロセッサを使用して、研究指示を受信するステップであって、前記研究指示は、前記研究参加者に対して、1つまたは複数の研究状態を変更するように指示する、ステップと、前記研究参加者への前記指示に少なくとも部分的に基づいて、調査関連データ構造に記憶されたデータを自動的に更新するステップと、前記指示を、ネットワークを介して、前記第1のネットワーク通信デバイスへ伝達するステップと、を備える方法。

請求項12

研究調査者による使用のために、第2のネットワーク通信デバイスを提供するステップを備え、前記第2のネットワーク通信デバイスは、前記研究調査者が、前記研究指示を生成することを可能にするように構成された、請求項11に記載のホストするための方法。

請求項13

研究調査アシスタントによる使用のために第3のネットワーク通信デバイスを提供するステップと、前記指示を前記ネットワークを介して前記第3のネットワーク通信デバイスへ伝達するステップとを備え、前記研究指示はさらに、前記研究調査アシスタントに対して、調査研究状態を変更するように指示する、請求項12に記載の方法。

請求項14

研究スポンサーによる使用のために、第4のネットワーク通信デバイスを提供するステップを備え、前記第4のネットワーク通信デバイスは、前記研究スポンサーが、研究の進捗モニタすることを可能にするように構成された、請求項13に記載の方法。

請求項15

前記第1のネットワーク通信デバイスから研究関連測定データを自動的に受信し、前記受信された測定データを、調査研究に関連付けられた1つまたは複数のデータ構造に自動的に記憶するステップを備える、請求項11に記載の方法。

請求項16

前記受信された測定データの統計分析を表示するために、1つまたは複数のグラフィック画面を生成するステップを備える、請求項15に記載の方法。

請求項17

1人または複数人の研究参加者に関する第1の複数の分析データをネットワークを介して受信するステップであって、前記第1の複数のデータは、1人または複数人の研究参加者によって着用された1つまたは複数の身体状態測定デバイスによって自動的に収集されたデータを含む、ステップと、前記1人または複数人の研究参加者の各々に関する1つまたは複数の外部状態に関連付けられたデータを含む第2の複数の分析データを受信するステップと、1つまたは複数のプロセッサを使用して、前記第1の複数の分析データと前記第2の複数の分析データとの統計分析のビジュアル表現を自動的に生成するステップと、を備える方法。

請求項18

第3の複数の手動で入力されたデータを受信するステップを備え、前記手動で入力されたデータは、前記1人または複数人の研究参加者によって記録されたデータを備える、請求項17に記載の方法。

請求項19

前記第1の複数の分析データを受信するステップは、挙動記録装置によって記録されたデータを受信するステップを備える、請求項17に記載の方法。

請求項20

前記第2の複数の分析データを受信するステップは、光センサによって記録されたデータを受信するステップを備える、請求項17に記載の方法。

技術分野

0001

この開示は、概して、電子ステムに関し、より詳しくは、被験者睡眠および実績測定結果に関する研究のような調査研究の実績を管理するためのシステムに関する。

背景技術

0002

多くの産業において、幅広い臨床、医学、および/または挙動研究を行うことは必須である。これらの研究を行うことは、多くの研究当事者間の手作業の調整を必要とし、いくつかの結果を受け取る前に、データ編集および分析に数ヶ月を要し、通常は、研究データの研究調整、暫定結果、または、リアルタイム分析を許さない。

課題を解決するための手段

0003

研究被験者の身体状態を測定するように構成された身体状態測定デバイスと、身体状態測定デバイスに通信可能に結合され、身体状態測定デバイスから研究被験者に関する1つまたは複数の身体状態測定結果を受信するように構成された第1のネットワークデバイスと、ネットワークを介して第1のネットワークデバイスに通信可能に結合され、1つまたは複数のプロセッサを使用して、第1のネットワークデバイスから身体状態測定結果を受信する動作と、受信した身体状態測定結果を、複数の他の研究被験者からの身体状態測定結果とともにデータ構造内に記憶する動作と、研究被験者と複数の他の研究被験者の身体状態測定結果を使用して研究評価を実行するためのインターフェースを提供する動作とを実行するように構成された第2のネットワークデバイスとを含む、調査フレームワークシステムが提供される。1つまたは複数のコンピュータのシステムは、ソフトウェアと、ファームウェアと、ハードウェアと、または、動作中、システムに対してこれらアクションを実行させる、システムにインストールされたこれらの組合せとを有することによって、特定の動作またはアクションを実行するように構成され得る。1つまたは複数のコンピュータプログラムは、データ処理装置によって実行された場合、この装置に対してアクションを実行させる命令を含むことによって特定の動作またはアクションを実行するように構成され得る。

0004

身体状態測定デバイスは、航空機パイロットの身体状態を自動的に測定するように構成され得る。第2のネットワークデバイスは、身体状態測定結果に少なくとも部分的に基づいて、パイロット属性予測を提供するように構成され得る。第1のネットワークデバイスは、無線ネットワークを経由して身体状態測定デバイスへ通信可能に結合されたスマートフォンを含み得る。

0005

また、パイロット睡眠パターンに関する収集された調査データを記憶する第1のデータ構造と、パイロットに関連付けられたフライトスケジュールに関するデータを記憶する第2のデータ構造と、第1および第2のデータ構造に記憶されたデータにアクセスし、第1のデータ構造に記憶されたデータを使用して、1つまたは複数のプロセッサによって、第2のデータ構造に記憶されたフライトスケジュールに関連付けられたパイロットが所与の時間においてっている可能性を処理するように構成された睡眠予測モジュールとを有する睡眠予測システムも提供される。この態様の他の実施形態は、各々が方法のアクションを実行するように構成された、対応するコンピュータシステム、装置、および、1つまたは複数のコンピュータ記憶デバイスに記録されたコンピュータプログラムを含む。

0006

睡眠予測システムは、パイロット睡眠パターンに関するデータの少なくとも一部が、1人または複数人のパイロットに関連付けられた1つまたは複数の身体状態測定デバイスを経由して自動的に収集され、かつ/または、パイロット睡眠パターンに関するデータの少なくとも一部が、1人または複数人のパイロットの1つまたは複数の主観的な意識調査によって収集されるように、実施され得る。睡眠予測モジュールは、第1のデータ構造に記憶されたデータに少なくとも部分的に基づいて、パイロット睡眠パターンのグラフィック表示を生成するように構成され得る。睡眠予測システムはまた、1人または複数人のパイロットに結合された1つまたは複数の身体状態測定デバイスをも含み得、1つまたは複数の身体状態測定デバイスは、データをネットワークを介して第1のデータ構造へ送信するように構成される。

0007

研究参加者による使用のために、第1のネットワーク通信デバイスを提供するステップと、1つまたは複数のプロセッサを使用して、研究指示を受信するステップであって、研究指示は、研究参加者に対して、1つまたは複数の研究状態を変更するように指示する、ステップと、研究参加者への指示に少なくとも部分的に基づいて、調査関連データ構造に記憶されたデータを自動的に更新するステップと、この指示を、ネットワークを介して、第1のネットワーク通信デバイスへ伝達するステップとを含む処理も提供される。この態様の他の実施は、各々がこの処理を実行するように構成された、対応するコンピュータシステム、装置、および、1つまたは複数のコンピュータ記憶デバイスに記録されたコンピュータプログラムを含み得る。

0008

この処理は、研究調査者による使用のために、第2のネットワーク通信デバイスを提供するステップを含み得、第2のネットワーク通信デバイスは、研究調査者が、研究指示を生成することを可能にするように構成される。この処理はまた、研究調査アシスタントによる使用のために第3のネットワーク通信デバイスを提供するステップと、指示をネットワークを介して第3のネットワーク通信デバイスへ伝達するステップとを含み得、研究指示はさらに、研究調査アシスタントに対して、調査研究状態を変更するように指示する。この処理はまた、研究スポンサーによる使用のために、第4のネットワーク通信デバイスを提供するステップを含み得、第4のネットワーク通信デバイスは、研究スポンサーが、研究の進捗モニタすることを可能にするように構成される。この処理はまた、第1のネットワーク通信デバイスから研究関連測定データを自動的に受信し、受信された測定データを、調査研究に関連付けられた1つまたは複数のデータ構造に自動的に記憶するステップを含み得る。この処理はまた、受信された測定データの統計分析を表示するために、1つまたは複数のグラフィック画面を生成するステップをも含み得る。

0009

1人または複数人の研究参加者に関する第1の複数の分析データをネットワークを介して受信するステップであって、第1の複数のデータは、1人または複数人の研究参加者によって着用された1つまたは複数の身体状態測定デバイスによって自動的に収集されたデータを含む、ステップと、1人または複数人の研究参加者の各々に関する1つまたは複数の外部状態に関連付けられたデータを含む第2の複数の分析データを受信するステップと、1つまたは複数のプロセッサを使用して、第1の複数の分析データと第2の複数の分析データとの統計分析のビジュアル表現を自動的に生成するステップとを含む処理もまた提供される。この態様の他の実施形態は、各々がこの処理を実行するように構成された、対応するコンピュータシステム、装置、および、1つまたは複数のコンピュータ記憶デバイスに記憶されたコンピュータプログラムを含む。この方法はまた、第3の複数の手動で入力されたデータを受信するステップを含み得、手動で入力されたデータは、1人または複数人の研究参加者によって記録されたデータを備える。この方法はまた、挙動記録装置によって記録されたデータを受信するステップを備える、第1の複数の分析データを受信するステップを含み得る。この方法はまた、光センサによって記録されたデータを受信するステップを備える、第2の複数の分析データを受信するステップを含み得る。

図面の簡単な説明

0010

例示的な実施に従う例示的な調査フレームワークシステムのブロック図である。
例示的な実施に従ってアプリケーション状態を変更するための例示的な処理のフローチャートである。
例示的な実施に従う例示的なモバイルデバイスディスプレイ画面のフローチャートである。
例示的な実施に従ってアプリケーション状態を変更するための別の例示的な処理のフローチャートである。
例示的な実施に従うPVTデバイスのための例示的なプロファイル生成画面である。
例示的な実施に従う乗務員プロファイルのための例示的なプロファイル修正画面である。
特定の研究被験者へ1つまたは複数のプロファイルを割り当てるために使用され得る例示的な画面である。
特定の研究被験者へ1つまたは複数のプロファイルを割り当てるために使用され得る例示的な画面である。
調査研究の結果を評価するための例示的な処理のフローチャートである。
特定の研究被験者のための研究評価結果を表示するために使用され得る例示的な画面である。

実施例

0011

以下に記載された、いくつかの実施では、調査実績フレームワークは、調査研究分析機能を可能にする様々な調査を実行するように設計され得る。たとえば、調査実績フレームワークは、実績測定結果によって調査研究をパイロット睡眠スケジュールへ導き、調査トピックに関する統計結果を提供し、より良いフライトオペレーション計画を可能にする、パイロットのための将来の睡眠パターンの予測を提供するように構成され得る。

0012

図1の例示的な実施に移って、例示されたシステム100は、サーバ102および1つまたは複数のクライアント135を含むか、または、サーバ102および1つまたは複数のクライアント135と通信可能に結合される。サーバ102および1つまたは複数のクライアント135のうちの少なくともいくつかは、ネットワーク132を介して通信する。一般に、システム100は、サーバ102およびクライアント135を経由して調査実績フレームワークを提供することが可能なシステムの例示的な構成を図示する。

0013

一般に、サーバ102は、フレームワークアプリケーション104のような1つまたは複数のアプリケーションを記憶する任意のサーバである。フレームワークアプリケーションは、ソフトウェアまたはハードウェアとして実行され得る。いくつかの事例では、サーバ102は、フレームワークアプリケーション104に加えて複数のアプリケーションを記憶し得る一方、他の事例では、サーバ102は、フレームワークアプリケーション104のみを記憶および実行することを目的とされた専用サーバであり得る。いくつかの事例では、サーバ102は、ウェブサーバを備え得る。ここで、フレームワークアプリケーション104は、フレームワークアプリケーション104のプログラム化されたタスクまたは動作を実行するために、システムのクライアント135によって、ネットワーク132を経由してアクセスされ実行される1つまたは複数のウェブベースのアプリケーションである。

0014

ハイレベルでは、サーバ102は、システム100に関連付けられたデータおよび情報を受信、送信、処理、記憶、または管理するように動作可能な電子コンピューティングデバイスを備える。本開示において使用されるように、「コンピュータ」または「コンピューティングデバイス」という用語は、任意の適切な処理デバイス包含することが意図される。たとえば、図1は単一のサーバ102を例示するが、システム100は、2つ以上のサーバ102のみならず、サーバプールを含むサーバ以外のコンピュータをも使用して実施され得る。確かに、サーバ102は、たとえば、ブレードサーバ汎用パーソナルコンピュータ(PC)、マッキントッシュワークステーション、UNIX(登録商標)ベースのワークステーション、または、その他任意の適切なデバイスのような任意のコンピュータまたは処理デバイスであり得る。言い換えれば、本開示は、汎用コンピュータ以外のコンピュータのみならず、従来のオペレーティングシステムのないコンピュータをも考慮する。さらに、例示されたサーバ102は、Linux(登録商標)、UNIX(登録商標)、Windows、Mac OS、または他の任意の適切なオペレーティングシステムを含む任意のオペレーティングシステムも実行するように適応され得る。1つの実施形態に従って、サーバ102はまた、航空交通制御システムまたはフライト管理システムを含み得るか、または、航空交通制御システムまたはフライト管理システムに通信可能に結合され得る。

0015

いくつかの実施では、図1に図示されるように、サーバ102は、プロセッサ106、インターフェース116、メモリ114、およびフレームワークアプリケーション104を含む。インターフェース116は、クライアントサーバ、または、ネットワーク132へ接続された他の分散環境(システム100内を含む)における他のシステム(たとえば、クライアント135のみならず、ネットワーク132へ通信可能に結合された他のシステム)と通信するためにサーバ102によって使用される。一般に、インターフェース116は、適切な組合せにおけるソフトウェアおよび/またはハードウェアにおいてエンコードされ、ネットワーク132と通信するように動作可能なロジックを備える。さらに具体的には、インターフェース116は、ネットワーク132またはインターフェースのハードウェアが、例示されたシステム100内および外部で身体信号を伝達するように動作可能であるように、通信に関連付けられた1つまたは複数の通信プロトコルサポートするソフトウェアを備え得る。

0016

一般に、ネットワーク132は、システム100の構成要素間(すなわち、サーバ102とクライアント135との間)のみならず、追加のクライアント、サーバ、または、図1に例示されていないがネットワーク132へ通信可能に結合された他のデバイスのような他の任意のローカルまたは遠隔コンピュータとの無線または有線通信を容易にする。ネットワーク132は、図1において単一のネットワークとして例示されているが、ネットワーク132の少なくとも一部が送信者受信者との間の通信を容易にし得る限り、この開示の範囲から逸脱しない連続的または不連続的なネットワークであり得る。

0017

さらに他の例では、ネットワーク132は、メッセージングバックボーンを含み得る。ネットワーク132は、企業またはセキュアなネットワークのすべてまたは一部であり得る一方、別の事例では、ネットワーク132の少なくとも一部は、インターネットへの接続を表し得る。いくつかの事例では、ネットワーク132の一部は、たとえば、クライアント135とサーバ102との間の接続のような、仮想プライベートネットワーク(VPN)であり得る。さらに、ネットワーク132のすべてまたは一部は、有線または無線リンクのいずれか一方を備え得る。例示的な無線リンクは、802.11a/b/g/n、802.20、WiMax、および/または、他の任意の適切な無線リンクを含み得る。言い換えれば、ネットワーク132は、任意の内部または外部のネットワーク、複数のネットワーク、サブネットワーク、または、例示されたシステム100の内部および外部の様々なコンピューティング構成要素間の通信を容易にするように動作可能なこれらの組合せを包含する。

0018

ネットワーク132は、たとえば、インターネットプロトコル(IP)パケットフレームリレーフレーム非同期転送モード(ATM)セル音声ビデオ、データ、および、ネットワークアドレス間の他の適切な情報を伝達し得る。ネットワーク132はまた、1つまたは複数のローカルエリアネットワーク(LAN)、無線アクセスネットワーク(RAN)、メトロポリタンエリアネットワーク(MAN)、広域ネットワーク(WAN)、インターネットのすべてまたは一部、および/または、1つまたは複数の場所における他の任意の通信システムを含み得る。

0019

図1に例示されるように、サーバ102は、プロセッサ106を含む。図1において単一のプロセッサ106として例示されているが、2つ以上のプロセッサが、特定のニーズ要望、または、システム100の特定の実施形態に従って使用され得る。各プロセッサ106は、中央処理装置(CPU)、ブレード特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、または別の適切な構成要素であり得る。一般に、プロセッサ106は、指示を実行し、サーバ102、特にフレームワークアプリケーション104の動作を実行するためにデータを取り扱う。具体的には、サーバのプロセッサ106は、クライアント135および各々のクライアントフレームワークアプリケーション144からの要求を受信し、応答することを必要とされた機能のみならず、フレームワークアプリケーション104の他の動作を実行するために必要な機能を実行する。

0020

特定の実施に関わらず、「ソフトウェア」は、本明細書に記載された処理および動作を少なくとも実行するために実行された場合に動作可能な、コンピュータ読み取り可能な命令、ファームウェア、結線またはプログラムされたハードウェア、またはこれら任意の組合せを有形媒体上に含み得る。確かに、各ソフトウェア構成要素は、C、C++、Java(登録商標)、Visual Basic、アセンブラ、Perl、4GLの任意の適切なバージョンのみならず、その他をも含む任意の適切なコンピュータ言語に十分にまたは部分的に記述または記載され得る。図1に例示されるソフトウェアの一部は、様々な目的、方法、または他の処理によって様々な特徴および機能を実施する個別のモジュールとして図示されているが、その代わりに、ソフトウェアは、必要に応じて、多くのサブモジュールサードパーティサービス、構成要素、ライブラリ、およびそのようなものを含み得ることが理解されるであろう。逆に、様々な構成要素の特徴および機能は、必要に応じて、単一の構成要素へ組み合わされ得る。

0021

フレームワークアプリケーション104は、エンタプライズジャバビーンズ(EJB)または設計時構成要素として実施され得、中でも、J2EE(Java(登録商標) 2プラットフォーム、エンタプライズエディション)、ABAP(Advanced Business Application Programming)オブジェクト、またはマイクロソフトの.NETのような異なるプラットフォームへのランタイム実施を生成する能力を有し得る。さらに、フレームワークアプリケーション104は、ネットワーク132を経由して(たとえば、インターネットを介して)遠隔クライアント135またはクライアントフレームワークアプリケーション144によってアクセスされ実行されるウェブベースのアプリケーションであり得る。さらに、サーバ102への内部として例示されているが、フレームワークアプリケーション104に関連付けられた1つまたは複数の処理が、遠隔的に、記憶され、参照され、または実行され得る。たとえば、フレームワークアプリケーション104の一部は、遠隔的に呼び出されたアプリケーションに関連付けられたウェブサービスであり得る一方、フレームワークアプリケーション104の別の部分は、遠隔クライアント135における処理のためにバンドルされたインターフェースオブジェクトまたはエージェントであり得る。さらにまた、フレームワークアプリケーション104の一部は、サーバ102において直接的のみならず、クライアント135において遠隔的に作業するユーザによって実行され得る。

0022

サーバ102はまた、メモリ114を含む。メモリ114は、任意のメモリまたはデータベースモジュールを含み得、限定することなく、磁気媒体光媒体ランダムアクセスメモリ(RAM)、リードオンリメモリ(ROM)、リムーバブルメディア、または他の任意の適切なローカルまたは遠隔のメモリ構成要素を含む揮発性または不揮発性のメモリの形態を採り得る。メモリ114は、クラスと、フレームワークと、アプリケーションと、バックアップデータと、ビジネスオブジェクトと、ジョブと、ウェブページと、ウェブページテンプレートと、データベーステーブルと、ビジネスおよび/または動的な情報を記憶するリポジトリと、任意のパラメータ変数アルゴリズム、命令、規則制約、または、サーバ102およびフレームワークアプリケーション104の目的に関連付けられたその参照を含む他の任意の適切な情報とを含む様々なオブジェクトまたはデータを記憶し得る。それに加えて、メモリ114は、VPNアプリケーション、ファームウェアログおよびポリシーファイヤウォールポリシー、セキュリティまたはアクセスログ印刷または他の報告ファイルのみならずその他のような、他の任意の適切なデータを含み得る。

0023

ハイレベルでは、メモリ114は、3つのデータ構造、すなわち、プロファイルデータベース108、共通データ構造110、および結果データセット構造112を含み得る。これらの各々は図2に関して以下に記載される。しかしながら、構造108、110、112は単なる典型例であり、他の実施では、メモリ114と、実際には、フレームワークアプリケーション104によって使用される任意の適切なデータストレージは、様々な適切な体系において体系化され得ることが理解されるべきである。様々な実施では、データ構造108、110、112は、フレームワークアプリケーション104の一部として、または、別の適切な記憶場所に記憶され得る。

0024

システム100はまた、1つまたは複数のクライアント135を含み得る。各クライアント135は、有線または無線の接続を使用して、少なくともサーバ102と、および/または、ネットワーク132を経由して、接続または通信するように動作可能な任意のコンピューティングデバイスであり得る。さらに、クライアント135aによって例示されるように、各クライアント135は、プロセッサ141、インターフェース138、グラフィックユーザインターフェース(GUI)138、クライアントアプリケーション144、およびメモリ147を含む。一般に、各クライアント135は、図1のシステム100に関連付けられた任意の適切なデータを受信、送信、処理、および記憶するように動作可能な電子コンピュータデバイスを備える。システム100に関連付けられた、または、システム100の外部の、任意の数のクライアント135が存在し得ることが理解されるであろう。たとえば、例示されたシステム100は、4つのクライアントト(135a、135b、135c、135d)を含んでいるが、システム100の代替実施は、サーバ102に通信可能に結合された単一の、または、システム100の目的に適切なその他任意の数のクライアント135を含み得る。

0025

それに加えて、ネットワーク132を経由してシステム100とインターフェースすることが可能なシステム100の例示された部分の外部にある1つまたは複数の追加のクライアント135も存在し得る。さらに、「クライアント」および「ユーザ」という用語は、この開示の範囲から逸脱することなく、必要に応じて置換可能に使用され得る。さらに、各クライアント135は、単一のユーザによって使用されることに関して記載されているが、この開示は、多くのユーザが、1つのコンピュータを使用し得ること、または、1人のユーザが、多数のコンピュータを使用し得ることを考慮する。この開示において使用されるように、クライアント135は、パーソナルコンピュータタッチスクリーン端末、ワークステーション、ネットワークコンピュータキオスク無線データポート、スマートフォン、携帯情報端末(PDA)、専用調査端末、これらまたは他のデバイス内の1つまたは複数のプロセッサ、または、他の任意の適切な処理デバイスを包含することが意図される。

0026

クライアント135はまた、「スマートな」またはインターネット対応機器であり得る。たとえば、クライアントは、1つまたは複数のネットワークを介した独立かつ自動的な通信が可能な測定デバイスまたはセンサであり得る。クライアントは、限定されないが、活動メータ睡眠センサ、挙動記録デバイス精神運動警戒タスク(PVT(psychomotor vigilance task))デバイス、万歩計(登録商標)、体温センサ、(心拍数センサまたは血圧センサのような)医療センサ、光センサ、遠隔測定センサ、および/または、24時間周期センサを含む任意の適切な形態の測定デバイスまたはセンサであり得る。たとえば、いくつかの実施では、クライアント135のうちの1つは、スマートフォンまたはタブレットコンピュータと通信するBluetooth(登録商標)対応センサのように、自身によって、または、スマートフォンと組み合わせてのいずれかで、無線ネットワークを介して通信するように構成された身体センサを含み得る。

0027

各クライアント135は、キーパッド、タッチスクリーン、マウス、または、ユーザ情報受け付け得る他のデバイスのような入力デバイスと、サーバ102(およびフレームワークアプリケーション104)またはクライアント135自身の動作に関連付けられ、デジタルデータ、視覚情報、クライアントアプリケーション144、またはGUI138を含む情報を搬送する出力デバイスとを含むコンピュータを備え得る。入力および出力の両方のデバイスは、ディスプレイ、すなわちGUI138を介したクライアント135のユーザからの入力の受信と、ディスプレイ、すなわちGUI138を介したクライアント135のユーザへの出力の提供との両方を行うために、磁気またはソリッドステート記憶媒体または他の適切な媒体のような固定またはリムーバブル記憶媒体を含み得る。上述したように、多くの実施では、クライアントのうちの1つまたは複数は、ネットワークデバイスまたはコンピュータシステムであり得る。

0028

図1に示されるように、クライアント135は、システム100の特定のユーザに関連付けられ得る。たとえば、クライアント135aは、パイロットのような研究被験者に関連付けられ得る。クライアント135bは、調査研究の実績に資金を提供し得る企業または政府関係者のような研究スポンサーに関連付けられ得る。クライアント135cは、調査研究を明確化し、その進捗を追跡する調査科学者のような研究調査者に関連付けられ得る。クライアント135dは、研究の過程中に、研究被験者と交流することを担当する調査アシスタントに関連付けられ得る。しかしながら、図1におけるクライアント135の割り当ては典型例であり、クライアント135は、任意の適切な方式で、研究当事者に割り当てられ得るか、または、関連付けられ得ることが理解されるであろう。クライアントまたはサーバ102のうちの1つは、ネットワーク132を介して、研究被験者または研究調査アシスタントのようなクライアント135のうちの別の1つへと、1つまたは複数の研究状態または指示を伝達し得る。このように、システム100は、研究科学者または研究スポンサーのような研究当事者が、単一の研究フレームワークを経由して、1つまたは複数の研究における研究当事者へ自動的におよび/または効率的に研究状態および指示を伝達することを可能にし得る。システム100が、アドミニストレータまたはネットワークサポートシステムのように、図1に例示されていない様々な追加のクライアント135を含み得ることもまた理解されるであろう。

0029

さらに、例示されたクライアント135は、クライアントアプリケーション144(いくつかの事例では、クライアントのウェブブラウザ)のビジュアル表現と、クライアントアプリケーション144によって送信された要求に応じて受信されたフレームワークアプリケーション104から受信された応答を含むフレームワークアプリケーション104とのインタラクションとを生成することを含み、任意の適切な目的のためにシステム100の少なくとも一部とインターフェースするように動作可能なグラフィックユーザインターフェースを備えるGUI138を含む。一般に、GUI138を介して、ユーザには、システムによって提供された、または、システム内で伝達されたデータの効率的かつユーザフレンドリな表示を提供される。「グラフィックユーザインターフェース」すなわちGUIという用語は、1つまたは複数のグラフィックユーザインターフェースと、特定のグラフィックユーザインターフェースのディスプレイの各々とを記載するために単数形または複数形で使用され得る。したがって、GUI138は、限定されないが、ウェブブラウザと、タッチスクリーンと、または、システム100における情報を処理し、情報結果をユーザへ効率的に表示するコマンドラインンインターフェース(CLI)を含む任意のグラフィックユーザインターフェースとを表し得る。

0030

一般に、GUI138は、複数のユーザインターフェース(UI)要素を含み得、いくつかまたはすべては、クライアント135においてユーザによって動作可能なインタラクティブフィールドプルダウンリスト、およびボタンのようなクライアントアプリケーション144に関連付けられている。これらおよび他のUI要素は、クライアントアプリケーション144の機能のみならず、クライアント135において実行する他のソフトウェアアプリケーションに関するか、またはそれを表し得る。特に、GUI138は、フレームワークアプリケーション104のクライアントベースの観点を表すために使用され得、フレームワークアプリケーション104のみならず、いくつかがフレームワークアプリケーション104に関連付けられ得るサーバの内部と外部との両方に位置する様々なウェブページを見たりナビゲートするために(ウェブブラウザとして、または、ウェブブラウザとしてクライアントアプリケーション144を使用して)使用され得る。

0031

現在の位置のために、GUI138は、クライアントアプリケーション144の一部または全体であり得る一方、クライアントおよびフレームワークアプリケーション104のアクションおよびインタラクションのビジュアル表現を表示するための単なるツールでもある。いくつかの事例では、GUI138およびクライアントアプリケーション144は、特に、クライアントアプリケーション144がフレームワークアプリケーション104に関連付けられたウェブブラウザを表す場合、置換可能に使用され得る。

0032

図1は、複数の要素を含むとして、または関連付けられているとして記載されているが、図1のシステム100内に例示されたすべての要素が、本開示の各代替実施において利用され得る訳ではない。それに加えて、本明細書に記載された要素のうちの1つまたは複数は、システム100の外部に配置され得るが、他の事例では、いくつかの要素が、記載された他の要素のみならず、例示された実施に記載されていない他の要素の1つまたは複数の一部内に、または一部として含まれ得る。さらに、図1に例示されたいくつかの要素は、他の構成要素と組み合わされ得るのみならず、本明細書に記載されたこれら目的に加えられた代替または追加の目的のためにも使用され得る。

0033

次に図2に移って、データ構造108、110、112と通信するフレームワークアプリケーション104の例示的な実施のブロック図が図示される。フレームワーク104は、中央調査管理モジュール150を含み得る。図2に図示されるように、モジュール150は、調査研究を生成し管理するために、構造108、110、112と通信するように構成される。たとえば、モジュール150は、新たな研究をシステム100への追加、または、研究被験者または調査アシスタントのような新たな研究当事者の追加のような登録能力を提供するように構成され得る。図4に関して以下に記載されるように、フレームワークアプリケーション104は、プロファイルデータベース108へ1つまたは複数のプロファイルを追加することによって登録を実行し得る。

0034

次に、モジュール150は、システム100による1つまたは複数の調査研究の管理と、(たとえば)サーバ102およびクライアント135における1つまたは複数のプロセッサを使用して、ネットワーク132を介した研究当事者間の通信とを可能にするフレームワークマネージャを含み得る。フレームワークマネージャはまた、研究調査者または研究スポンサーのような研究当事者が、限定されないが、参加者の数、研究の期間、または研究の目標を含む研究の1つまたは複数のパラメータを設定することを可能にし得る。フレームワークマネージャはまた、以下に記載されるように、被験者プロファイルデバイスプロファイル、およびスケジュールプロファイルを含む様々な研究プロファイルの入力または調節を許可するように構成され得る。

0035

モジュール150はまた、調査研究の結果を分析し、計算し、および/または評価するように構成された実績分析器を含み得る。フレームワークアプリケーション104が、パイロットの睡眠を対象とされた研究のように、睡眠を含む研究に使用されているのであれば、モジュール150は、睡眠分析器をも含み得る。以下に記載されるように、実績分析器は、1つまたは複数の身体状態測定デバイスから手動または自動のいずれかで研究結果データを受信するように構成され得る。たとえば、実績分析器は、睡眠のための機会を決定するために、または、睡眠パターンを決定するために、睡眠/目覚め割込みを決定するように構成され得る。いくつかの実施では、実績分析器は、フレームワークマネージャの一部であり得る。

0036

モジュール150はまた、実績予測器を含み得る。実績予測器は、データセット112からのデータのようなデータを処理し、研究変数の将来の値および/または状態を予測するように構成され得る。たとえば、パイロットの研究のケースでは、実績予測器は、時間、航空機経路タイムゾーン等のような1つまたは複数の参照またはプロファイルに基づいて、1人または複数人のパイロットのための睡眠データを分析し、その参照またはプロファイルに関連付けられたパイロットのためのありそうな睡眠に関する予測データを生成するように構成され得る。

0037

実績予測器は、フレームワークアプリケーション104が、研究結果に対するプロファイルの変化の効果を評価するために予測的に使用されることを可能にする。たとえば、研究調査者は、1人または複数人の研究被験者の将来の予測される実績に関する予測データをシステム100から生成するために、1つまたは複数のプロセッサによって、研究プロファイルまたは評価を調節し得る。この予測データは、その後、1人または複数人のパイロット、経路、スケジュール、またはフライト計画を割り当てるために自動または手動のいずれかによって使用され得る。いくつかの実施では、フレームワークアプリケーション104は、研究被験者または類似の母集団のための状態を変化させるための予測結果を評価するために、反復処理を使用し得る。たとえば、フレームワークアプリケーションは、パイロットの疲労予測を反復的に実行し、特定の経路、スケジュール、航空機等を飛行している場合、ほとんど疲労がない、または、少ない疲労しかない可能性の高い研究結果に基づいて、これらパイロットを予測し得る。しかしながら、これは単なる例であって、フレームワークアプリケーション104は、任意の適切な研究特性に基づいて実績を予測するために使用され得る。

0038

モジュール150はまた、1つまたは複数の管理上のマネージャまたは機能を含み得る。たとえば、図2は、モジュール150が、被験者または調査アシスタントのような研究当事者への研究材料の出荷を管理するように構成された出荷マネージャを含むことを例示する。

0039

図2に図示されるように、プロファイルデータベース108は、1つまたは複数の調査研究プロファイルを記憶するように構成されたデータ構造である。プロファイルは、身体デバイス、研究参加者、または他の研究態様に関連付けられた1つまたは複数の変数を定義する一般的な設定構造である。たとえば、図2に図示されるように、プロファイルデータベース108は、たとえば、Actiwatch 2またはActiwatch Spectrum、PVTデバイスプロファイル、睡眠モニタプロファイル等の挙動記録プロファイルのような1つまたは複数の身体デバイスプロファイルを含み得る。プロファイルデータベースはまた、被験者プロファイルを含み得る。プロファイルデータベース108はまた、1つまたは複数の調査またはフライトスケジュールを規定するスケジュールプロファイルを含み得る。プロファイルデータベース108はさらに、1つまたは複数の他の研究関連プロファイルを含み得る。特に、さらに以下に記載されるように、プロファイルデータベース108におけるプロファイルは、調査フレームワーク104を使用して研究当事者のうちの1人によって生成および修正され得る。

0040

フレームワークアプリケーション104はまた、いくつかの実施では、共通データ構造110にも結合され得る。共通データ構造110は、プロファイルデータよりもさほど頻繁には変化せず、一般に、調査研究に影響する、環境的および外部的な状態または要因データベースを含み得る。図2に図示される例において、共通データ110は、たとえば、位置情報スケジュール情報、タイムゾーン、および航空機情報を含む。共通データ110はまた、着陸情報、睡眠タイプ、地域、飛行長さ情報、国情報測定スケール、および/または、フレームワークアプリケーション104によって管理されている研究のタイプに依存する様々な広範な他の研究関連データを含み得る。

0041

次に、フレームワークアプリケーションは、1つまたは複数のデータセット112に結合され得る。データセット112は、研究によって収集されたデータを含む。いくつかの実施では、データセット112におけるデータの収集は、クライアント135aによって自動的に実行され得る。たとえば、クライアント135aは、1つまたは複数のプロセッサを使用して1つまたは複数の身体状態測定結果を自動的に記録し、周期ベースで、研究データをネットワーク132を介してフレームワーク104へ自動的にアップロードするために、挙動記録装置またはPVTデバイスのような身体状態測定デバイスを使用するように構成され得る。

0042

データセット112はまた、他の多くの適切な技術のうちのいずれか1つを使用してデータ設定され得る。たとえば、データセットにおけるデータは、パイロットのような研究被験者、または、調査アシスタントのいずれかによって手動で入力され得る。パイロットは、睡眠スケジュールまたは疲労ログからクライアント135に情報を手動で入力し得、クライアントはその後、その情報をデータセット112へアップロードするであろう。データセット112はまた、調査アシスタントによって実行された1つまたは複数のテストまたはトライアルによってデータ設定され得る。たとえば、研究アシスタントは、パイロットへの反応テストを施行し得、その結果を(クライアント135dを経由して)データセット112へ記録し得る。

0043

図3は、研究被験者から身体研究データを自動的に収集して編集するための例示的な処理200のフローチャートである。いくつかの実施では、処理200は、フレームワークアプリケーション104および/またはクライアント135aによって実行され得る。図3に図示されるように、処理200は、ブロック202に図示されるように、研究被験者の身体状態を測定することによって開始し得る。いくつかの実施では、身体状態測定は、Bluetooth(登録商標)を介してスマートフォンまたはタブレットと結合された身体状態測定デバイスによってなど、クライアント135aと通信するように構成された、または、クライアント135aの一部であり得る1つまたは複数の身体状態測定デバイスによって自動的に実行され得る。上述したように、研究被験者の身体状態は、任意の適切な臨床、医療、または環境センサまたは測定デバイスによって測定され得る。たとえば、この測定は、挙動記録デバイス、PVTデバイス、睡眠センサ、温度センサ活動センサ、または暗さセンサによって行われ得る。いくつかの実施では、この測定を行うデバイスは、研究被験者へ物理的に接続されないことが有り得、たとえば、この測定を行うセンサは、被験者の環境または別の場所に配置され得る。

0044

ブロック204に図示されるように、処理200における次のステップは、身体状態測定データの1つまたは複数のプロセッサおよびネットワーク132を経由したフレームワークアプリケーション104への送信を含み得る。たとえば、クライアント135aは、挙動記録デバイスから収集されたデータを、フレームワークアプリケーション104が動作中であるサーバ102へ、インターネットを介して送信し得る。

0045

ブロック206に図示されるように、処理200における次のステップは、提供された身体状態測定データに関連付けられたデバイスプロファイルを識別するステップを含み得る。たとえば、フレームワークアプリケーション104は、身体状態測定データが、挙動記録デバイスの特定のモデルによって収集されたことを識別し得る。次に、ブロック208に図示されるように、フレームワークアプリケーション104は、所望される研究データを抽出するために、測定デバイスのプロファイルを考慮して受信データを処理し得る。いくつかの例において、フレームワークアプリケーションは、受信データを、編集された睡眠スケジュールまたは活動スケジュールへ処理し得る。

0046

次に、ブロック210に図示されるように、処理200は、処理された身体データに関連付けられたデータセットにデータを記憶するステップを含み得る。たとえば、処理されたデータは、1つまたは複数のデータセット112に記憶され得る。最後に、ブロック212に図示されるように、処理200は、データを、調査問い合わせのために利用可能にするステップを含み得る。たとえば、フレームワークアプリケーション104は、パイロットの選択、または、パイロットスケジュールの割り当てを可能にするために、データセットの問い合わせと、調査データの1つまたは複数のグラフィック表示のリアルタイム生成とを可能にし得る。

0047

図4は、研究プロファイルを生成または修正するための例示的な処理250のフローチャートである。処理250は、研究当事者が、被験者プロファイル、デバイスプロファイル、または他の適切な研究プロファイルを追加または修正することを可能にするために、フレームワークアプリケーション104によって使用され得る。図4に図示されるように、処理250は、身体デバイスプロファイルまたは研究プロファイルのようなプロファイルを生成または修正するための研究当事者からの要求で開始し得る。たとえば、いくつかの実施では、この要求は、研究被験者によって着用されるであろう挙動記録デバイスのためのプロファイルを生成するための要求であり得る。

0048

図4に図示されるように、処理250は、この要求が既存のプロファイルに関連付けられているか否かを判定するブロック254で継続し得る。この要求が既存のプロファイルに関連付けられていないのであれば、ブロック256に図示されているように、新たなプロファイルを生成するための画面が生成され得る。一方、この要求に関連付けられた既存のプロファイルが存在するのであれば、ブロック257に図示されるように、そのプロファイルがロードされ、ブロック258によって図示されるように、プロファイル修正画面がGUI138上に表示されるであろう。

0049

典型的なプロファイル生成/管理画面が、図5Aおよび図5Bに図示される。例示されるように、PVTデバイス270のための例示的なプロファイル生成画面が図5Aに図示される。図示されるように、プロファイル生成画面は、研究当事者が、特定のプロファイルに関する関連情報を入力することを可能にする1つまたは複数のデータ入力フィールドを含む。例示されたPVTデバイスのケースでは、プロファイルは、他の情報の中でも、プロファイルID、説明、製造者モデル番号、サイズ、重量、およびソフトウェア名とバージョン番号を含み得る。上述したように、デバイス、研究、乗務員、および被験者のための個々のプロファイルの使用が、研究および研究機器のより簡単な設計と管理との両方を可能にするのみならず、研究、被験者、または調査アシスタントに対して比較的混乱を与えずに研究の状態、参加者、または機器を修正する能力をも可能にする。

0050

図5Bは、乗務員プロファイルのための例示的なプロファイル修正画面280を例示する。例示されるように、画面280は、研究に含まれ得る航空機乗務員メンバに関する様々なデータフィールドを含み得る。フレームワークアプリケーション104は、研究当事者が、乗務員プロファイルの1つまたは複数の属性を修正することを可能にするために、画面280におけるフィールドを、プロファイルデータベース108からの情報でデータ設定するように構成され得る。

0051

図4に戻って示すように、次に、処理250は、ブロック260に図示されるように、研究当事者から、新たなまたは修正されたプロファイルデータを受信するステップを含み得る。プロファイルデータは、その後、ブロック262に図示されるように、プロファイルデータベース108へアップロードされ得る。最後に、ブロック264に図示されるように、プロファイルがプロファイルデータベースにおいて更新されると、フレームワークアプリケーション104は、更新されたプロファイルに基づいて、調査研究情報を更新し得る。フレームワークアプリケーションはまた、更新されたプロファイルを、クライアント135aから受信された、新たに受信された調査データへ適用するように構成されるであろう。このように、フレームワークアプリケーション104は、研究調査者または調査アシスタントのような研究当事者が、既存の研究を中止し新たに開始する必要なく、研究の進捗を通じて、研究デバイスまたは参加者を交代または変更することを可能にする。

0052

プロファイルが生成または修正されると、1つまたは複数の研究被験者のための設定が生成され得る。図6は、研究被験者設定を割り当てるために使用され得る例示的な画面300を図示する。画面300は、システム100におけるGUI138または別のディスプレイ上に表示され得る。画面300は、1つまたは複数の研究設定を特定の研究被験者へ割り当てるために、研究当事者のためのインターフェースを提供する。たとえば、図6は、研究プロファイル番号、乗務員プロファイル番号、スケジュールプロファイル番号、挙動記録デバイスプロファイル番号、およびPVTデバイスプロファイル番号の、ID番号によって識別される複数の研究被験者への割り当てを描く。好ましくは、サーバ102上の1つまたは複数のプロセッサ106を介して、画面300は、研究当事者が、機器における変化、または、フライトスケジュールにおける変化のような研究変化に基づいて、特定の研究被験者に関連付けられたプロファイルを動的に調節することを可能にする。

0053

次に図7に移って、調査研究の結果を評価するための例示的な処理320のフローチャートが図示される。いくつかの実施では、処理320は、システム100におけるアプリケーションフレームワーク104または別の適切な構成要素によって実行され得る。例として、処理320は、パイロット睡眠評価コンテキストにおいて記載されるが、処理320は、様々な適切な形式の調査研究の結果を評価するために使用され得ることが理解されるべきである。

0054

ブロック322によって図示されるように、処理320は、研究評価を求める要求を受信することによって開始し得る。様々な例において、研究評価は、クライアント135a〜dから収集されたリアルタイムな結果を含む、進行中の研究の結果を分析して表示するステップを含み得るか、および/または、たとえば、フライト時間に基づく将来のパイロット実績の予測のような(上述したような)予測分析を計算するステップを含み得る。

0055

処理320は、要求された研究評価を実行するために、データセット108のようなどのデータセットが必要とされるのかを決定することによってブロック324に図示されるように継続する。様々な実施では、データセットを決定するステップは、パイロットから自動的に収集された1つまたは複数のフライトデータ関連データセットを識別するステップを含む。様々な実施では、データセットを決定するステップはまた、プロファイルデータベース108、共通データ110、または他の適切な記憶場所からのデータを識別するステップを含み得る。

0056

次に、処理320は、ブロック326に図示されるように、評価のためのグラフィックフォーマットを決定するステップを含む。評価のためのフォーマットは、プリセットされた選択に基づいて、フレームワークアプリケーション104によって決定され得、研究の特性に基づいて動的に割り当てられ得、および/または、ユーザ選択に基づいて選択され得る。いくつかの実施では、評価は、たとえば要約テキストの結果のように、グラフィックでなく表示され得るが、研究評価の結果を表示するために、グラフィックフォーマットが使用されるであろう。

0057

処理320は、その後、ブロック328によって図示されるように、研究評価を生成するために、データセット112の統計分析のようなデータセットの分析を実行するステップを含む。様々な実施形態において、研究データセットの分析は、睡眠目覚め曲線を決定するステップと、一日またはフライトの様々な時間における実績を決定するステップと、収集された任意の研究データ、または、研究データの他の任意の所望される分析間の相互作用を決定するステップとを含み得る。統計分析は、睡眠時間、日時、初期状態または疲労、スケジュール、地理的場所、タイムゾーン、および/または、他の適切な要因に基づいてデータを分析することを含み得る。いくつかの実施では、研究評価は、データセット112に記憶されたデータ間の共通点、確率、または他の統計的な関係を識別するために、2つ以上のデータセット間の動的な共通部分をとるステップを含み得る。

0058

次に、ブロック332によって図示されるように、研究評価が表示され得る。いくつかの実施では、GUI138上に研究評価が表示され得るが、任意の適切なディスプレイデバイスもまた使用され得る。最後に、処理320は、要求された研究評価が、ブロック332によって示されるように、実績の予測的な評価のような予測的な評価であるか否かを判定し得る。評価が予測的であったのであれば、処理320は、次に、この評価を考慮して、研究関連割り当てを変更するステップを含み得る。たとえば、処理320は、パイロット実績の、または、パイロット睡眠/目覚めパターンの予測的な評価に基づいて、フライトスケジュールまたは乗務員割り当てを変更するステップを含み得る。いくつかの実施では、処理320は、研究評価結果に基づいて、パイロット割り当て推奨を提供するステップを含み得る。たとえば、フレームワークアプリケーションは、データセット内に記憶されたデータに基づいて、十分に休息されている高いパーセンテージ可能性を持つパイロットを統計的に計算するように構成され得る。いくつかの実施では、処理320は、多数の研究の結果をマージするステップ、および/または、これら多数の研究にわたって、被験者または被験者のグループを比較するステップを含み得る。

0059

図8は、特定の研究被験者のための研究評価結果を表示するために使用され得る例示的な画面350を図示する。特に、例示的な画面350は、1つまたは複数のクライアント135からリアルタイムまたはほぼリアルタイムで生成された睡眠圧力曲線を表示する。図7に関して上述されたように、画面350およびその中の評価は、ネットワーク132を介して収集されたリアルタイム研究データを含む、データセット108から生成され得る。画面350上の研究評価は、フライト乗務員または航空機経路を割り当てるために、システム100によって自動的に、または、研究当事者によって手動でのいずれかによって使用され得る。しかしながら、上述されたように、画面350は単に典型的であり、様々な実施では、研究データの任意の適切な形態の統計的または予測分析が、画面350上に、または、システム100によって生成された他の画面上に表示され得る。

0060

このドキュメントは、多くの特定の実施詳細を含んでいるが、これらは、特許請求され得る範囲に対する限定として解釈されるべきではなく、むしろ、特定の実施または実施形態に特有であり得る特徴の記載として解釈されるべきである。個別の実施形態のコンテキストにおいて本明細書において記載されているいくつかの特徴はまた、単一の実施形態における組合せにおいても実施され得る。逆に、単一の実施形態のコンテキストにおいて記載された様々な特徴はまた、多数の実施形態において個別に、または、任意の適切なサブ組合せにおいて実施され得る。さらに、特徴は、いくつかの組合せにおいて動作するとして上述され得、最初にそのように特許請求され得るが、特許請求された組合せからの1つまたは複数の特徴は、いくつかのケースにおいて、組合せから削除され得、特許請求された組合せは、サブ組合せまたはサブ組合せのバリエーションを対象とされ得る。

0061

100 システム
102サーバ
104フレームワークアプリケーション
106プロセッサ
108プロファイルデータベース
110共通データ構造
112データセット構造
114メモリ
116インターフェース
132ネットワーク
135クライアント
135a クライアント
135b クライアント
135c クライアント
135d クライアント
138GUI
138 インターフェース
141 プロセッサ
144クライアントフレームワークアプリケーション
147 メモリ
150 中央調査管理モジュール
200 処理
250 処理
270PVTデバイス
280プロファイル修正画面
300 画面
320 処理
350 画面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ