図面 (/)

技術 コーティング除去のためのシステム

出願人 ゲオ‐テックポリマーズ,エルエルシー
発明者 タケット,デニスゲルズ,ダグラスアール.ヒーター,ケニスジェイ.
出願日 2015年8月19日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2017-508523
公開日 2017年10月12日 (2年4ヶ月経過) 公開番号 2017-529996
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード 流体水位 可変周波数駆動装置 プロセス薬品 保管コンテナ デコーティング 電熱素子 ブロワ速度 積載ステーション
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年10月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

コーティング除去のためのシステムの多様な実施形態が提供される。一実施形態では、別の材料からコーティング材を除去するためのシステムが提供され、システムは、ステージングホッパーデコーティングミルにステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータ、デコーティングミルタンク及びデコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミルであって、前記少なくとも1つの回転刃が水平に及び垂直に平行移動できるデコーティングミルと、ダンプホッパー及び回収タンクを有するふるい分けステーション洗浄機乾燥器吸引装置、大型廃水フィルタプレス、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス、清浄水フィルタ、ステージングタンク、給湯器、及びプロセス薬品供給システムを含む。

概要

背景

コーティング材被覆されたリサイクル可能なポリマー材料は、他の物質の存在のために容易にリサイクル可能ではない場合がある。コーティング材はリサイクル可能又はリサイクル不可で分けられてよい。コーティング材は、ポリマー材料、コーティング材、又は両方のリサイクルを達成するためにポリマー材料から除去される必要がある場合がある。ポリマー材料をリサイクルするためにポリマー材からコーティング材を物理的に除去することは、非常に困難ではないにしても少なくとも実現困難である場合がある。結果として、被覆されたポリマー材料は、単にこれらの材料のリサイクルの費用効率が高くないことがあるという理由でリサイクルされることなく破棄される場合がある。

概要

コーティング除去のためのシステムの多様な実施形態が提供される。一実施形態では、別の材料からコーティング材を除去するためのシステムが提供され、システムは、ステージングホッパーデコーティングミルにステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータ、デコーティングミルタンク及びデコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミルであって、前記少なくとも1つの回転刃が水平に及び垂直に平行移動できるデコーティングミルと、ダンプホッパー及び回収タンクを有するふるい分けステーション洗浄機乾燥器吸引装置、大型廃水フィルタプレス、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス、清浄水フィルタ、ステージングタンク、給湯器、及びプロセス薬品供給システムを含む。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

別の材料からコーティング材を除去するためのシステムであって、ステージングホッパーと、前記デコーティングミルに前記ステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータと、デコーティングミルタンク及び前記デコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミルであって、前記少なくとも1つの回転刃が水平に及び垂直に平行移動できるデコーティングミルと、ダンプホッパー及び回収タンクを有するふるい分けステーションと、洗浄機と、乾燥器と、吸引装置と、大型廃水フィルタプレスと、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレスと、清浄水フィルタと、水分離システムと、ステージングタンクと、給湯器と、プロセス薬品供給システムとを備える、システム。

請求項2

前記少なくとも1つの回転刃が水平方向で前記デコーティングミルタンクに対して約45.7cm平行移動できる、請求項1に記載のシステム。

請求項3

前記少なくとも1つの回転刃が垂直方向で前記デコーティングミルタンクに対して約121.9cm平行移動できる、請求項1に記載のシステム。

請求項4

前記少なくとも1つの回転刃が3つの回転刃を含む、請求項1に記載のシステム。

請求項5

ふるい分けステーションが脱水ふるいをさらに備える、請求項1に記載のシステム。

請求項6

前記ダンプホッパー及び前記回収タンクが斜めに延在する壁によって互いから分離される、請求項1に記載のシステム。

請求項7

第1のエレベータによって前記ステージングホッパーに動作可能に接続された積載ホッパーをさらに備える、請求項1に記載のシステム。

請求項8

前記プロセス薬品供給システムが少なくとも1つのを含む、請求項1に記載のシステム。

請求項9

前記ステージングホッパーが荷降ろしシステムに動作可能に接続される、請求項1に記載のシステム。

請求項10

前記水分離システムが、少なくとも1つの横断方向パドルホイールを有する分離タンクを含む、請求項1に記載のシステム。

請求項11

前記水分離システムは沈下物スクリーナー及び浮遊物スクリーナーの内の少なくとも1つを含む、請求項1に記載のシステム。

請求項12

別の材料からコーティング材を除去するためのシステムであって、ステージングホッパーと、前記デコーティングミルに前記ステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータと、デコーティングミルタンク及び前記デコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミルと、ダンプホッパー、回収タンク、及び脱水ふるいを有するふるい分けステーションであって、前記ダンプホッパー及び前記回収タンクが斜めに延在する壁によって互いから分離される、ふるい分けステーションと、洗浄機と、乾燥器と、吸引装置と、大型廃水フィルタプレスと、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレスと、清浄水フィルタと、水分離システムと、ステージングタンクと、給湯器と、プロセス薬品供給システムとを備える、システム。

請求項13

前記少なくとも1つの回転刃が水平に及び垂直に平行移動できる、請求項12に記載のシステム。

請求項14

前記少なくとも1つの回転刃が、水平方向で前記デコーティングミルタンクに対して約45.7cm平行移動できる、請求項12に記載のシステム。

請求項15

前記少なくとも1つの回転刃が、垂直方向で前記デコーティングミルタンクに対して約121.9cm平行移動できる、請求項12に記載のシステム。

請求項16

前記少なくとも1つの回転刃が3つの回転刃を含む、請求項12に記載のシステム。

請求項17

第1のエレベータによって前記ステージングホッパーに動作可能に接続される積載ホッパーをさらに備える、請求項12に記載のシステム。

請求項18

前記ステージングホッパーが荷降ろしシステムに動作可能に接続される、請求項12に記載のシステム。

請求項19

前記少なくとも1つの回転刃が動作可能にモータに接続され、前記モータが約300hpを有する、請求項12に記載のシステム。

請求項20

前記水分離システムが、少なくとも1つの横断方向パドルホイールを有する分離タンクを含む、請求項12に記載のシステム。

請求項21

前記水分離システムが沈下物スクリーナー及び浮遊物スクリーナーの内の少なくとも1つを含む、請求項12に記載のシステム。

技術分野

0001

(関連出願の相互参照
本願は、参照によりその全体として本明細書に組み込まれる、2014年8月19日に出願された米国仮特許出願第62/039,269号に基づく優先権を主張する。

0002

消費財技術装置食品産業容器等を含む多くの製品は、めっきされる、塗装される、接着される、染められる、部分的にインクで覆われる、又はそれ以外の場合別の材料で被覆されるリサイクル可能なポリマー材料を含む。消費財の例は、玩具家財道具台所製品等を含んでよい。技術装置の例はコンパクトディスクデジタルビデオディスク等を含んでよい。食品産業容器は、食品容器飲料容器等を含んでよい。めっき材料は、電子媒体装飾品等で使用される材料の電気めっきを含む金属を含んでよい。めっき材料は、装飾する、着色する、ラベルを付ける、マークを付ける、区別する等のために通常製品で使用される塗料を含んでよい。接着剤セメント結合剤等を含んでよい。インクは、ラベル表示、情報を提供する、マークを付ける、区別する等のために使用される一般的なインクを含んでよい。

背景技術

0003

コーティング材で被覆されたリサイクル可能なポリマー材料は、他の物質の存在のために容易にリサイクル可能ではない場合がある。コーティング材はリサイクル可能又はリサイクル不可で分けられてよい。コーティング材は、ポリマー材料、コーティング材、又は両方のリサイクルを達成するためにポリマー材料から除去される必要がある場合がある。ポリマー材料をリサイクルするためにポリマー材からコーティング材を物理的に除去することは、非常に困難ではないにしても少なくとも実現困難である場合がある。結果として、被覆されたポリマー材料は、単にこれらの材料のリサイクルの費用効率が高くないことがあるという理由でリサイクルされることなく破棄される場合がある。

発明が解決しようとする課題

0004

代わりに、材料のどちらかのリサイクルに制限されるのではなく、任意のさまざまな理由により材料からコーティングを除去することが望ましいことがある。

0005

リサイクルされる材料を含んだ、材料からコーティングを除去するためのシステムが必要である。

課題を解決するための手段

0006

一実施形態では、別の材料からコーティング材を除去するためのシステムが提供され、システムはステージングホッパーデコーティングミルにステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータ、デコーティングミルタンク及びデコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミルであって、少なくとも1つの回転刃が水平に及び垂直に平行移動できるデコーティングミル、ダンプホッパー及び回収タンクを有するふるい分けステーション洗浄機乾燥器吸引装置、大型廃水フィルタプレス、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス、清浄水フィルタ、ステージングタンク、給湯器、及びプロセス薬品供給システムを含む。

0007

別の実施形態では、別の材料からコーティング材を除去するためのシステムが提供され、システムはステージングホッパー、デコーティングミルにステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータ、デコーティングミルタンク及びデコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミル、ダンプホッパー、回収タンク、及び脱水ふるいを有するふるい分けステーションであって、ダンプホッパー及び回収タンクが斜めに延在する壁によって互いから分けられるふるい分けステーション、洗浄機、乾燥器、吸引装置、大型廃水フィルタプレス、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス、清浄水フィルタ、ステージングタンク、給湯器、及びプロセス薬品供給システムを含む。

0008

別の実施形態では、別の材料からコーティング材を除去するためのシステムが提供され、システムはステージングホッパー、デコーティングミルにステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータ、デコーティングミルタンク及びデコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミルであって、少なくとも1つの回転刃が水平に及び垂直に平行移動できるデコーディングミル、ダンパホッパー及び回収タンクを有するふるい分けステーション、洗浄機、乾燥器、吸引装置、大型廃水フィルタプレス、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス、清浄水フィルタ、水分離システム、ステージングタンク、給湯器、及びプロセス薬品供給システムを含む。

0009

別の実施形態では、別の材料からコーティング材を除去するためのシステムが提供され、システムはステージングホッパー、デコーティングミルにステージングホッパーを動作可能に接続する第2のエレベータ、デコーティングミルタンク及びデコーティングミルタンクの中で配向される少なくとも1つの回転刃を有するデコーティングミル、ダンパホッパー、回収タンク、及び脱水ふるいを有するふるい分けステーションであって、ダンプホッパー及び回収タンクが斜めに延在する壁によって互いから分離されるふるい分けステーション、洗浄機、乾燥器、吸引装置、大型廃水フィルタプレス、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス、清浄水フィルタ、水分離システム、ステージングタンク、給湯器、及びプロセス薬品供給システムを含む。

0010

本明細書に組み込まれ、本明細書の一部を構成する添付図は、多様な例のシステム及び構成の例を示し、単に多様な実施形態例を示すために使用される。図中、類似する要素は類似する参照数字をもつ。

図面の簡単な説明

0011

別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の斜視図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の平面図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の側面図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の別の側面図である。
デコーティングミル2018の断面図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステムで使用される制御画面図の部分的な図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の斜視図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の平面図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の側面図である。
別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の別の側面図である。

実施例

0012

図1は、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の斜視図を示す。

0013

システム1000は積載ステーション1002を含んでよい。積載ステーション1002は、システム1000に導入される被覆された材料を受け入れるように構成されてよい。被覆された材料はポリマー基質を含んでよい。被覆された材料はポリマーフィルムを含んでよい。被覆された材料は細断されたポリマーフィルムを含んでよい。被覆された材料はポリマーフィルムのシートを含んでよい。被覆された材料はその元の形よりもより小さく、より扱いやすい部分に分割されてよい。被覆された材料ははがされる、つぶされる、細断される、削られる、研磨される等の少なくとも1つを行ってよい。被覆された材料は約0.5mmと約20.0mmの間のサイズの小さい粒子に処理されてよい。被覆された材料は約1.0mmと約10.0mmの間のサイズの小さい粒子に処理されてよい。被覆された材料は約4.0mmと約8.0mmの間のサイズの小さい粒子に処理されてよい。被覆された材料は0.5mmよりも小さい、20.0mmよりも大きい、又は列挙されている範囲内若しくは範囲外の変動サイズの粒子を含んでよい。被覆された材料は、被覆された材料がすべて同じ又は類似するタイプ、組成性質等となるように並べ替えられてよい。

0014

被覆された材料は、例えば、めっき、塗料、接着剤、染料、インク、ラベル等を含んださまざまな材料のいずれかで被覆されてよい。被覆された材料は少なくとも1つの表面で被覆されてよい。被覆された材料は複数の表面で被覆されてよい。

0015

積載ステーション1002は積載装置1004を含んでよい。積載装置1004はシステム1002の中に被覆された材料を導入するように構成されてよい。積載装置1004は、システム1002の中に被覆された材料のコンテナ積載する又は降ろすように構成されてよい。積載装置1004は、ボックスダンパーを含んださまざまな装置のいずれかを含んでよい。積載装置1004はゲイロードボックスダンパーを含んでよい。

0016

被覆された材料は、システム1000及びコンテナ1006の積載ステーション1002の中に導入されてよい。コンテナ1006は、被覆された材料を保持できる任意の箱、袋、クレートパレット、又は他のコンテナを含んでよい。コンテナ1006はゲイロードボックスであってよい。

0017

積載ステーション1002は積載ホッパー1008を含んでよい。積載ホッパー1008は、積載ステーション1002に導入される被覆された材料を受け取るように構成されてよい。積載装置1004は、積載ホッパー1008の中にコンテナ1006の内容物を降ろしてよい。積載ホッパー1008は上部から重力で供給されてよく、被覆された材料は積載ホッパー1008の底部、側面等から積載ホッパー1008を出るのを選択的に可能にされる。

0018

積載装置1004及び積載ホッパー1008の内の少なくとも1つは、所与のバッチに導入された被覆された材料の重量又は質量を測定するように構成されたを含んでよい。積載装置1004及び積載ホッパー1008の内の少なくとも1つは所与のバッチに導入された被覆された材料の重量又は質量を制限するように構成された秤を含んでよい。

0019

積載ステーション1002は第1のエレベータ1010を含んでよい。第1のエレベータ1010は、第1の点で被覆された材料を受け取り、第1の点の上方の第2の点に被覆された材料を移送するように構成されたバケットエレベータ装置であってよい。第1のエレベータ1010は、バケットエレベータ、オーガエレベータ、ベルトエレベータ等を含んだ任意のエレベータ装置であってよい。積載ホッパー1008及びステージングホッパー1012は、第1のエレベータ1010によって動作可能なように接続されてよい。

0020

積載ステーション1002はステージングホッパー1012を含んでよい。第1のエレベータ1010は、積載ホッパー1008からステージングホッパー1012に被覆された材料を移送するように構成されてよい。ステージングホッパー1012は、積載ステーション1002に導入される被覆された材料を受け取るように構成されてよい。ステージングホッパー1012は上部から重力で供給されてよく、被覆された材料はステージングホッパー1012の底部、側面等からステージングホッパー1012を出ることを選択的に可能にされる。ステージングホッパー1012は、所与のバッチに導入される被覆された材料の重量又は質量を測定するように構成された秤を含んでよい。ステージングホッパー1012は、所与のバッチに導入された被覆された材料の重量又は質量を制限するように構成された秤を含んでよい。

0021

荷降ろしシステム1014は、ステージングホッパー1012からの被覆された材料の選択的な荷降ろしを可能にするためにステージングホッパー1012に動作可能に接続されてよい。ステージングホッパー1012は、所望されるよりも多くの被覆された材料がステージングホッパー1012に導入される場合に少なくとも部分的に荷降ろしされてよい。ステージングホッパー1012は、緊急の場合に少なくとも部分的に荷降ろしされてよい。ステージングホッパー1012は、保守がシステム1000、積載ステーション1002、又はステージングホッパー1012で実行される必要がある場合に少なくとも部分的に荷降ろしされてよい。荷降ろしシステム1014は、ステージングホッパー1012から被覆された材料を受け取るように構成されたコンベヤを含んでよい。荷降ろしシステム1014は、例えばコンベヤベルト、オーガ等を含んだ、材料を輸送するように構成された任意の装置を含んでよい。荷降ろしシステム1014はコンテナ1016の中に材料を置いてよい。コンテナ1016は、被覆された材料を保持できる任意の箱、袋、クレート、パレット、又は他のコンテナを含んでよい。コンテナ1016はグレイロードボックスであってよい。システム1000及び/又はステージングホッパー1012は、第1のエレベータ1010を介するステージングホッパー1012の中への被覆された材料の積載中に、荷降ろしシステム1014を介するステージングホッパー1012からの被覆された材料の荷降ろしを防ぐ制御装置を含んでよい。

0022

システム1000はデコーティングミル1018を含んでよい。デコーティングミル1018は、被覆された材料を受け取るように構成されたタンクを含んでよい。デコーティングミル1018は、水等の液体を受け取るように構成されたタンクを含んでよい。液体は加熱された液体であってよい。液体は約82℃(180°F)と約93℃(200°F)の間に加熱されてよい。デコーティングミル1018は、デコーティング薬品を受け取るように構成されたタンクを含んでよい。デコーティングミル1018は、被覆された材料、液体、及びデコーティング薬品の内の少なくとも2つの混合物を受け取るように構成されたタンクを含んでよい。デコーティングミル1018は、被覆された材料及び液体を含んだスラリー、及び任意選択でデコーティング薬品を受け取るように構成されたタンクを含んでよい。デコーティングミル1018は被覆された材料を受け入れ、被覆された材料をデコーティングするために被覆された材料を液体と混合してよい。デコーティングミル1018は被覆された材料を受け入れ、被覆された材料をデコーティングするために被覆された材料を液体及び少なくとも1つのデコーティング薬品と混合してよい。デコーティングミル1018は被覆された材料スラリーを受け入れ、被覆された材料からのコーティングの除去を達成するために高剪断状態で被覆された材料スラリーを混合してよい。

0023

デコーティングミル1018は、加熱された水等の過熱された液体を最初に装填されてよいタンクを含んでよい。粒子形の被覆材料はデコーティングミル1018タンクに、及び加熱された液体に添加されてよい。最後に、あらゆる必要とされる化学薬品がデコーティングミル1018タンクの中の混合物に添加されてよい。

0024

デコーティングミル1018は、タンクの中に伸長する少なくとも1つの回転刃を含んでよい。デコーティングミル1018は2つの回転刃を含んでよい。デコーティングミル1018は3つの回転刃を含んでよい。

0025

デコーティングミル1018は、異なる直径を有する複数の回転刃を含んでよい。デコーティングミル1018は、約81.3cm(32.0インチ)の直径を有する第1の回転刃を含んでよい。デコーティングミル1018は、それぞれ約71.1cm(28.0インチ)の直径を有する第2の回転刃及び第3の回転刃を含んでよい。デコーティングミル1018は、多様な直径のいずれかを有する回転刃を含んでよい。1つ又は複数の回転刃は、さまざまな直径のいずれかを有してよい。

0026

デコーティングミル1018は、タンクの中に回転刃を伸長するように構成されたシャフトを有する回転刃を含んでよい。回転刃の内の少なくとも1つは水平方向でタンクに対して移動するように構成されてよい。回転刃の内の少なくとも1つは水平方向でタンクに対して最高で約45.7cm(例えば18.0インチ)まで平行移動するように構成されてよい。回転刃の内の少なくとも1つは、垂直方向でタンクに対して移動するように構成されてよい。回転刃の内の少なくとも1つは、垂直方向でタンクに対して最高で約121.9cm(48.0インチ)まで平行移動するように構成されてよい。1つ又は複数の回転刃は垂直又は水平のどちらかにさまざまな距離のいずれかで移動するように構成されてよい。

0027

回転刃の内の少なくとも1つがタンクの内部に対して垂直に及び/又は水平に移動することが、タンクの中の被覆された材料スラリーが経験する混合渦巻きを変更することがある。被覆された材料及び被覆された材料スラリーの性質、サイズ、量、及び混合物に応じて、回転刃の内の少なくとも1つは所望される混合渦巻きを達成するためにタンクの内部に対して垂直に及び/又は水平に移動されてよい。

0028

デコーティングミル1018は、1つ又は複数の回転刃の回転を達成するために1つ又は複数の回転刃に動作可能に接続された少なくとも1つのモータを含んでよい。デコーティングミル1018は、1つ又は複数の回転刃の回転を達成するために1つ又は複数の回転刃のそれぞれ動作可能に接続された少なくとも1つのモータを含んでよい。少なくとも1つのモータは約300hpの馬力を含んでよい。少なくとも1つのモータはさまざまな馬力のいずれかを有してよい。デコーティングミル1018は可変周波数駆動装置を含んでよい。デコーティングミル1018は、1つ又は複数の回転刃に動作可能に接続された可変周波数駆動装置を含んでよい。可変周波数駆動装置は1つ又は複数の回転刃の内の少なくとも1つのRPMの調整を可能にしてよい。システム1000は、トルクを含む少なくとも1つのモータからのデータを収集してよく、被覆された材料スラリーの適切な混合を達成するために、必要に応じて1つ又は複数の回転刃のRPMを調整してよい。

0029

デコーティングミル1018はデコーティングミル1018のタンクの側面に検査ポートを含んでよい。検査ポートは、システム1000のオペレータがデコーティングミル1018の中の被覆された材料スラリーのサンプルを必要に応じて入手できるようにするために、直径が約5.1cm(2.0インチ)、及び長さが約15.2cm(6.0インチ)であってよい。検査ポートは、デコーティングミル1018の中の被覆された材料スラリーのサンプルを入手するために必要に応じてさまざまな直径のいずれかを有してよい。

0030

デコーティングミル1018は、少なくとも1つのモータを含んだ駆動システム1020を含んでよい。駆動システム1020は、タンクに対して水平に又は垂直に1つ又は複数の回転刃が移動することを達成するように構成された少なくとも1つのアクチュエータ、よい。

0031

デコーティングミル1018は第2のエレベータ1024を含んでよい。第2のエレベータ1024は、第1の点で被覆された材料を受け取り、第1の点の上方の第2の点に被覆された材料を移送するように構成されたバケットエレベータ装置であってよい。第2のエレベータ1024は、バケットエレベータ、オーガエレベータ、ベルトエレベータ等を含んだ任意のエレベータ装置であってよい。第2のエレベータ1024は、ステージングホッパー1012からデコーティングミル1018に被覆された材料を輸送してよい。システム1000及び/又はステージングホッパー1012は、第1のエレベータ1010を介したステージングホッパー1012の中への被覆された材料の積載中の、第2のエレベータ1024を介したステージングホッパー1012からデコーティングミル1018への被覆材料の移送を妨げる制御装置を含んでよい。第2のエレベータ1024は、デコーティングミル1018にステージングホッパー1012を動作可能に接続してよい。

0032

システム1000はふるい分けステーション1026を含んでよい。デコーティングミル1018の中での被覆された材料の良好な及び/又は十分なデコーティングに続き、デコーティングされたスラリーはふるい分けステーション1026に移送されてよい。この移送は「ポンプオーバー」と呼ばれることがある。デコーティングミル1018の中での被覆された材料の良好な及び/又は十分なデコーティング時に、液体、デコーティングされた材料、コーティング、及び任意選択で少なくとも1つの化学薬品の混合物であってよいデコーティングされたスラリーはふるい分けステーション1026に移送されてよい。デコーティングされたスラリーは脱水ふるい1028に導入されてよい。移送管1029はデコーティングミル1018から脱水ふるい1028へのデコーティングされたスラリーの移送を達成してよい。デコーティングされたスラリーは、デコーティングミル1018から脱水ふるい1028へ送り込まれてよい。脱水ふるい1028は、タンクの上部及びタンクの下部を分ける斜めに延在する壁を有する分割タンク上方で垂直に配向されてよい。上部はダンプホッパー1030であってよい。一方、下部は回収タンク1032であってよい。実際には、デコーティングされたスラリーは脱水ふるい1028に導入されてよく、デコーティングされたスラリーからのプロセス液体の少なくとも一部分はデコーティングされたスラリーから分離されてよい。回収タンク1032からダンプホッパー1030を分離する斜めに延在する壁は、集合体が「スラッジ」と呼ばれるコーティング及び任意の液体及び/又は化学薬品の少なくとも一部分が回収タンク1032まで下方に続行するのを可能にしつつ、ダンプホッパー1030にデコーティングされた材料の少なくとも一部分を取り込むように構成されたふるいを含んでよい。ふるいは、スラッジの大部分が回収タンク1032まで通過するのを可能にしつつ、ダンプホッパー1030にデコーティングされた材料の大部分を取り込むように構成されてよい。

0033

回収タンク1032に回収されたプロセス水は、ポンプオーバー操作中に任意選択でデコーティングミル1018に向けられてよい。ポンプオーバー操作は、ふるい分けステーション1026へのデコーティングされたスラリーの効率的な移送を可能にするために、デコーティングミル1018タンクに追加の流体を必要とすることがある。

0034

ダンプホッパー1030は上部から重力で供給されてよく、デコーティング材料はダンプホッパー1030の底部、側面等からダンプホッパー1030を出ることを選択的に可能にされる。

0035

システム1000は洗浄ステーション1034を含んでよい。洗浄ステーション1034は洗浄機1036を含んでよい。ダンプホッパー1030に取り込まれたデコーティングされた材料は洗浄機1036に供給されてよい。洗浄機1036は、デコーティングされた材料に水等の清潔な液体を塗布してよい。洗浄機1036は、デコーティングされた材料から任意の残留スラッジをさらに分離するためにデコーティングされた材料を濯いでよい。

0036

洗浄ステーション1034は乾燥器1038を含んでよい。デコーティングされた材料は洗浄機1036から乾燥器1038に向けられてよい。乾燥器1038は、デコーティングされた材料からの液体の少なくとも一部分の分離によってデコーティングされた材料を乾燥してよい。乾燥器1038は、デコーティングされた材料からの液体の大部分の分離によってデコーティングされた材料を乾燥してよい。乾燥器1038は、デコーティングされた材料での液体の少なくとも一部分の蒸発によってデコーティングされた材料を乾燥してよい。乾燥器1038は、デコーティングされた材料での液体の少なくとも大部分の蒸発によってデコーティングされた材料を乾燥してよい。

0037

洗浄ステーション1034は吸引装置1040を含んでよい。デコーティングされた材料は、管、オーガ、コンベヤ等を介して乾燥器1038から吸引装置1040に移送されてよい。デコーティング材料はさまざまな手段を介して乾燥器1038から吸引装置1040に移送されてよい。デコーティングされた材料は吸引装置1040内で任意の他の材料からさらに分離されてよい。デコーティングされた材料はポリマー材料であってよく、コーティングは金属であってよい。吸引装置1040は、デコーティングされた材料からあらゆる残留金属をさらに分離してよい。吸引装置1040は、残留金属を含んだ残留材料を収集及び/又は廃棄してよく、このようにしてデコーティングされた材料のほぼ均質な集合体を残す。吸引装置1040は、磁場に引き付けられたあらゆる金属をさらに分離するために磁石1041の近くにデコーティングされた材料を通してよい。

0038

デコーティングされた材料は吸引装置1040を出て、1つ又は複数の収集コンテナ1042の中を通過してよい。システム1000は、1つ又は複数の収集コンテナ1042の選択的な充填を可能にする制御装置を含んでよい。1つ又は複数の収集コンテナ1042は、収集コンテナの過充填を防止し、特定の種類のデコーティングされた材料を充填する等のために収集コンテナ1042の中のデコーティングされた材料の量を測定するように秤1044の上に設置されてよい。1つ又は複数の収集コンテナ1042のそれぞれは個々の秤1044にあってよい。所望される重量に達すると、充填された収集コンテナ1042はシステム1000から取り外され、輸送、追加のリサイクル、追加の処理等のために準備できる。空の収集コンテナ1042は、取り外された収集コンテナ1042の代わりに使用できる。システム1000は、空の収集コンテナ1042との充填した収集コンテナ1042の交換中に、デコーティングされた材料の流れを他の収集コンテナ1042へ向けることができる。システム1000は、収集コンテナ1042の重量に基づいて収集コンテナ1042間でデコーティング材料の産出量を自動的に切り替えてよい。

0039

システム1000は廃水処理ステーション1046を含んでよい。廃水処理ステーション1046は少なくとも1つの沈殿槽1048を含んでよい。回収タンク1032からのスラッジは沈殿槽1048に輸送されてよい。回収タンク1032からのスラッジは沈殿槽1048に送り込まれてよい。回収タンク1032のスラッジは、コンベヤ、オーガ等を含んださまざまな方法のいずれかによって沈殿槽1048に輸送されてよい。

0040

スラッジは、沈殿槽1048内でその固体成分及び液体成分、つまりコーティング及び処理液体/薬品に沈殿してもよい。

0041

廃水処理ステーション1046は、大型廃水フィルタプレス1050を含んでよい。沈殿タンク1048に沈殿してもよいコーティングは、大型廃水フィルタプレス1050に向けられてよい。大型廃水フィルタプレス1050は、コーティングがその中を通される複数のフィルタパネルを含んでよい。フィルタパネルはコーティングからあらゆる液体をさらに分離するために互いに押されてよい。濾過されたコーティングは、追加の処理又は廃棄のために大型廃水フィルタプレス1050及びシステム1000から除去されてよい。回収タンク1032からのスラッジは大型廃水フィルタプレス1050に直接的に輸送されてよい。

0042

廃水処理ステーション1046は、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス1052を含んでよい。少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス1052は、沈殿タンク1048、大型廃水フィルタプレス1050、洗浄機1036、乾燥器1038、及び回収タンク1032の内の少なくとも1つから水をろ過処理してよい。少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス1052はプロセス水を濾過し、プロセス水のシステム1000の残りへのリサイクルを可能にしてよい。少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス1052は、プロセス水がその中を通される複数のフィルタペインを含んでよい。フィルタパネルはプロセス水からあらゆる汚染物質を抽出するために互いに押されてよい。汚染物質は、追加の処理又は廃棄のためにフィルタパネルから除去されてよい。

0043

廃水処理ステーション1046は清浄水フィルタ1054を含んでよい。清浄水フィルタ1054は、システム1000からのあらゆる排水を収集し、処理してよい。清浄水フィルタ1054は、沈殿槽1048、大型廃水フィルタプレス1050、洗浄機1036、及び乾燥器1038の内の少なくとも1つから液体を受け取ってよい。清浄水フィルタ1054はシステム1000で使用される液体から微粒子を収集してよい。清浄水フィルタ1054での濾過中に除去された汚染物質は、除去又は追加処理のためにコンテナ1056内に収集されてよい。

0044

システム1000はステージングタンク1058を含んでよい。ステージングタンク1058は、水等の液体を入れるように構成されたタンクであってよい。ステージングタンク1058は濾過された水を蓄えてよい。ステージングタンク1058からの水は、加熱タンク1060、デコーティングミル1018、回収タンク1032、及び洗浄機1036の内の少なくとも1つに管又は他の管類を介して輸送されてよい。

0045

加熱タンク1060は、水等の液体を入れるように構成されたタンクを含んでよい。加熱タンク1060は、水等の液体を加熱するように構成されてよい。加熱タンク1060は、電熱素子ガス加熱エレメント等を含んだ、液体を加熱するためのさまざまな手段のいずれかを使用してよい。加熱タンク1060は、約82℃(180°F)と約93℃(200°F)の間に、水等の液体を加熱してよい。加熱タンク1060は、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス1052から液体を受け取ってよい。加熱タンク1060は、ステージングタンク1058から液体を受け取ってよい。

0046

システム1000はプロセス薬品供給システム1062を含んでよい。プロセス薬品供給システム1062は、デコーティングミル1018内で材料をデコーティングするために必要とされる又は所望されるさまざまな化学薬品のいずれかを含んでよい。プロセス薬品供給システム1062は、少なくとも1つの化学薬品保管コンテナ1064から化学薬品を送り込んでよい。少なくとも1つの化学薬品保管コンテナ1064は、秤1066にあってよい。秤1066は、所与の操作で少なくとも1つの化学薬品保管コンテナ1064からデコーティングミル1018に移送される化学薬品の量を測定するために活用されてよい。システム1000は、化学薬品移送中に差し引かれる化学薬品の重量を監視し、いったん所望される量が移送されると、化学薬品の流れを停止してよい。

0047

図2は、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の平面図を示す。図2により明確に示されるように、デコーティングミル1018はデコーティングミルタンク1022を含んでよい。デコーティングミルタンク1022は、デコーティングプロセス中に使用する被覆された材料、液体、及び任意選択で化学薬品を含んでよい。

0048

図3は、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の側面図を示す。図3により明確に示されるように、ふるい分けステーション1026は、回収タンク1032からダンプホッパー1030を分離する斜めに延在する壁1031を含んでよい。斜めに延在する壁1031はふるいを含んでよい。

0049

図4は、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の別の側面図を示す。図4により明確に示されるように、移送管1029はデコーティングミル1018から脱水ふるい1028へのデコーティングされたスラリーの移送を達成してよい。

0050

図5はデコーティングミル2018の断面図を示す。デコーティングミル2018は駆動システム2020を含んでよい。デコーティングミル2018はデコーティングミルタンク2022を含んでよい。

0051

デコーティングミルタンク2022は、さまざまな形状のいずれかを含んでよい。デコーティングミルタンク2022は、例えば実質的に円筒形であってよい。デコーティングミルタンク2022は、さまざまな幅、直径、又は高さのいずれかを有してよい。デコーティングミルタンク2022は、約365.8cm(144.0インチ)の高さを有してよい。デコーティングミルタンク2022は、約365.8mm(144.0インチ)未満又は約365.8cm(144.0インチ)を超える高さを有してよい。

0052

駆動システム2020は少なくとも1つのモータ2070を含んでよい。少なくとも1つのモータ2070は多様な動力のいずれかを送達できてよい。少なくとも1つのモータ2070は約300hpを送達できてよい。少なくとも1つのモータ2070は約300hp未満を送達できてよい。少なくとも1つのモータ2070は約300hpより多くを送達できてよい。少なくとも1つのモータ2070は、約1,765RPMで約300hpを送達できてよい。

0053

少なくとも1つのモータ2070は、少なくとも1つの可変周波数駆動装置に動作可能に接続されてよい。少なくとも1つのモータ2070は、プーリに接続されたシャフト等のさまざまな出力要素のいずれかを含んでよい。少なくとも1つのモータ2070は、約33.5cm(13.2インチ)の直径を有する出力プーリを含んでよい。

0054

少なくとも1つのモータ2070は、シャフトに接続されたプーリ等の駆動入力要素に動作可能に接続されてよい。少なくとも1つの駆動入力要素は、約71.1cm(28.0インチ)の直径を有する入力プーリを含んでよい。入力プーリは上記に参照された出力プーリに機械的に結合されてよい。入力プーリは、例えばベルト又はチェーンを含んださまざまな結合要素のいずれかを通して出力プーリに機械的に接続されてよい。出力プーリ及び入力プーリは約2.12:1の比率を有してよい。一実施形態では、出力プーリ及び入力プーリは、それぞれ出力ギア及び入力ギアで置き換えられてよい。

0055

少なくとも1つのモータ2070は、さまざまなRPM範囲のいずれかの中で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は約1,236RPM〜約1,450RPMの範囲内で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は、約1,236未満及び/又は約1,450を超える速度で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は、約800RPMと約1,800RPMとの間で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は、約800RPM未満又は約1,800RPMを超えて動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は、約800RPMと約1,236RPMとの間で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は、約800RPMと約1,450RPMの間で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は約1,236RPMと約1,800RPMの間で動作してよい。少なくとも1つのモータ2070は約1,450RPMと約1,800RPMの間で動作してよい。

0056

少なくとも1つのモータ2070は、少なくとも1つのシャフト2072に動作可能に接続されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、少なくとも1つのモータ2070に接続されてよい出力プーリに同様に機械的に結合される入力プーリに接続されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は細長いシャフトであってよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約583RPMと約684RPMの範囲内で動作するように構成されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は約583RPM未満及び/又は約684RPMを超える速度で動作してよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約800RPMと1,800RPMの間の速度で動作してよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約800RPM未満の及び/又は約1,800RPMを超える速度で動作してよい。少なくとも1つのシャフト2072は約583RPMと約1,800RPMの間の速度で動作してよい。少なくとも1つのシャフト2072は約583RPMと約800RPMの間の速度で動作してよい。少なくとも1つのシャフトは約684RPMと約800RPMの間の速度で動作してよい。少なくとも1つのシャフトは約684RPMと約1,800RPMの間の速度で動作してよい。

0057

少なくとも1つのシャフト2072は、デコーティングミルタンク2022の中に伸長してよい。少なくとも1つのシャフト2072は金属シャフトであってよい。少なくとも1つのシャフト2072は鋼シャフトであってよい。少なくとも1つのシャフト2072はステンレス鋼シャフトであってよい。少なくとも1つのシャフト2072はさまざまな材料のいずれから作られてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約15.2cm(6.0インチ)の直径を有してよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約15.2cm(6.0インチ)未満且つ約15.2cm(6.0インチ)を超える直径を含んださまざまな直径のいずれかを有してよい。

0058

少なくとも1つのシャフト2072は、長手方向及び横断方向の内の少なくとも1つで少なくとも1つのシャフト2072を移動するように構成された少なくとも1つのアクチュエータに接続されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、最高で約121.9cm(48.0インチ)まで長手方向に移動するように構成されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約121.9cm(48.0インチ)未満及び約121.9cm(48.0インチ)を含む任意の距離、長手方向に移動するように構成されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、最高で約45.7cm(18.0インチ)まで横断方向で移動するように構成されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、約45.7cm(18.0インチ)未満及び約45.7cm(18.0インチ)超を含んだ任意の距離、横断方向に移動するように構成されてよい。

0059

少なくとも1つのシャフト2072は、例えば回転刃2074、2076、及び2078の内の少なくとも1つを含んだ、少なくとも1つの回転刃に接続されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、3つ未満の回転刃及び3つを超える回転刃を含んだ任意の数の回転刃に接続されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、例えば回転刃2074、2076、及び2078の内の少なくとも1つを含んだ少なくとも1つの回転刃に直接的に接続されてよい。少なくとも1つのシャフト2072は、歯車列、プーリシステム、変速機等を通して、例えば回転刃2074、2076、及び2078の内の少なくとも1つを含んだ、少なくとも1つの回転刃に間接的に接続されてよい。

0060

回転刃2074は、デコーティングミルタンク2022の中に収まることができる任意の直径を含んでよい。回転刃2074は約71.1cm(28.0インチ)の直径を有してよい。回転刃2074は約71.1cm(28.0インチ)未満又は約71.0cm(28.0インチ)を超える直径を有してよい。

0061

回転刃2074はさまざまなRPMのいずれかで動作してよく、さまざまな刃先端速度のいずれかを有してよい。回転刃2074は毎分約1,303.1メートル(「mpm」)(毎分51,304.0インチ(「ipm」)と約1,528.9mpm(60,192.0ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2074は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)未満且つ約1,528.9mpm(60,192.0ipm)を超える刃先端速度を有してよい。回転刃2074は、約1,787.4mpm(70,317.7ipm)と約4,021.7mpm(158,336.3ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2074は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)と約4,021.7mpm(158,336.3ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2074は、約1,528.9mpm(60,192.0ipm)と約1,787.4mpm(70,371.7ipm)の間の様々な刃先端速度の範囲を有してよい。回転刃2074は、約1,528.9mpm(60,192.0ipm)と約4,021.7mpm(158,336.3ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2074は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)と約1,787.4mpm(70,371.7ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。

0062

回転刃2074は、シャフト2072に機械的に結合されてよい。回転刃2074は最高で約121.9cm(約48.0インチ)まで垂直に移動するように構成されてよい。回転刃2074は、デコーティングミルタンク2022の上部から約25.4cm(10.0インチ)と約147.3cm(58インチ)の間で配向されてよい。回転刃2074は最高で約45.7cm(18.0インチ)まで横断方向に移動するように構成されてよい。

0063

回転刃2076は、デコーティングミルタンク2022の中に収まることができる任意の直径を含んでよい。回転刃2076は約71.1cm(28.0インチ)の直径を有してよい。回転刃2076は、約71.1cm(28.0インチ)未満又は約71.1cm(28.0インチ)を超える直径を有してよい。

0064

回転刃2076はさまざまなRPMのいずれかで動作してよく、さまざまな刃先端速度のいずれかを有してよい。回転刃2076は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)と約1,528.9mpm(60,192.0ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2076は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)未満且つ約1,528.9mpm(60,192.0ipm)を超える刃先端速度を有してよい。回転刃2076は、約1,787.4mpm(70,371.7ipm)と約4,021.7mpm(158,336.3ipm)との間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2076は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)と約4,021.7mpm(158,336.3ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2076は、約1,528.9mpm(60,192.0ipm)と約1,787.4mpm(70,371.7ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2076は、約1,528.9mpm(60,192.0ipm)と約4,021.7mpm(158,336.3ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2076は、約1,303.1mpm(51,304.0ipm)と約1,787.4mpm(70,371.7ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。

0065

回転刃2076はシャフト2072に機械的に結合されてよい。回転刃2076は、最高で約121.9cm(48.0インチ)まで垂直に移動するように構成されてよい。回転刃2076は、シャフト2072上の回転刃2074の約106.7cm(42.0インチ)下方に配向されてよい。回転刃2076は、シャフト2072上の回転刃2074の約106.7cm(42.0インチ)未満又は約106.7cm(42.0インチ)下方に配向されてよい。回転刃2076は、デコーティングミルタンク2022の上部から約132.08cm(52.0インチ)と約254.0cm(100.0インチ)の間で配向されてよい。回転刃2076は、最高で約45.7cm(18.0インチ)まで横断方向に移動するように構成されてよい。

0066

回転刃2078は、デコーティングミルタンク2022の中に収まることができる任意の直径を含んでよい。回転刃2078は、約76.2cm(30.0インチ)の直径を有してよい。回転刃2078は、約76.2cm(30.0インチ)未満又は約76.2cm(30.0インチ)を超える直径を有してよい。回転刃2078は、回転刃2074及び回転刃2076の一方又は両方の下方に配向されてよい。回転刃2078は、回転刃2074及び回転刃2076の一方又は両方よりも大きい直径を有してよい。回転刃2078は、デコーティングミル2018の中での材料の移動の増加を容易にするために回転刃2074及び回転刃2076よりも大きく、回転刃2074及び回転刃2076に対して位置決めされてよい。

0067

回転刃2078はさまざまなRPMのいずれかで動作してよく、さまざまな刃先端速度のいずれかを有してよい。回転刃2078は、約1,406.8mpm(55,385.0ipm)と約1,650.5mpm(64,980.0ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2078は、約1,406.8mpm(55,385.0ipm)未満且つ約1,650.5mpm(64,980.0ipm)を超える刃先端速度を有してよい。回転刃2078は、約1,915.1mpm(75,398.2ipm)と約4,309.0mpm(169.646.0ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2078は、約1,395.6mpm(54,947.0ipm)と約4,309.0mpm(169,646.0ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2078は、約1,637.4mpm(64,466.0ipm)と約1,915.1mpm(75,398.2ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2078は、約1,637.4mpm(64,466.0ipm)と約4,309.0mpm(169,646.0ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。回転刃2078は、約1,395.6mpm(54,947.0ipm)と約1,915.1mpm(74,398.2ipm)の間の様々な刃先端速度を有してよい。

0068

回転刃2078は、シャフト2072に機械的に結合されてよい。回転刃2078は、最高で約121.9cm(48.0インチ)まで垂直に移動するように構成されてよい。回転刃2078は、シャフト2072上の回転刃2076の約106.7cm(42.0インチ)下方に配向されてよい。回転刃2078は、シャフト2072上の回転刃2076の約106.7cm(42.0インチ)未満又は約106.7cm(42.0インチ)を超えて配向されてよい。回転刃2078は、デコーティングミルタンク2022の上部から約238.8cm(94.0インチ)と約360.7cm(142.0インチ)の間で配向されてよい。回転刃2078は、デコーティングミルタンク2022の底部から約160.0cm(63.0インチ)と約38.1cm(15.0インチ)の間で配向されてよい。回転刃2078は、最高で約45.7cm(18.0インチ)まで横断方向で移動するように構成されてよい。

0069

デコーティングミルタンク2022は出口2080を含んでよい。出口2080は、デコーティングミルタンク2022の底部で又は底部近くで配向されてよい。出口2080は、所望される材料流量、材料サイズ、デコーティングミルタンク2022のサイズ等を達成するために必要となる可能性があるさまざまな直径のいずれかを有してよい。出口2080は約10.2cm(4.0インチ)の直径を有してよい。出口2080は、約10.2cm(4.0インチ)未満又は約10.2cm(4.0インチ)を超える直径を有してよい。

0070

ポンプ入口ライン2082は、ポンプ2084に出口2080を接続してよい。ポンプ入口ライン2082は、例えば約10.2cm(4.0インチ)を含んださまざまな直径のいずれかであってよい。ポンプ2084は、デコーティングミルタンク2022の中からデコーティングされたスラリーをくみ出すように構成されてよい。ポンプ2084は、デコーティングミルタンク2022の中から(例えば、図1に示されるふるい分けステーション1026等の)ふるい分けステーション及び/又は(例えば、図1に示される脱水ふるい1028等の)脱水ふるいへデコーティングされたスラリーをくみ出すように構成されてよい。

0071

ポンプ2084は、デコーティングされたスラリーをくみ出すことができる様々なポンプのいずれかであってよい。ポンプ2084はインペラポンプであってよい。ポンプ2084は、例えば約10.2cm(4.0インチ)を含んださまざまな直径のいずれかを有する入口を含んでよい。ポンプ2084は、例えば約7.6cm(3.0インチ)を含んださまざまな直径のいずれかを有する出口を含んでよい。

0072

ポンプ出口ライン2086は、ポンプ2084の出口に接続されてよい。ポンプ出口ライン2086は、ポンプ2084から(図1に示されるふるい分けステーション1026等の)ふるい分けステーション及び/又は(図1に示される脱水ふるい1028等の)脱水ふるいにデコーティングされたスラリーを輸送するように構成されてよい。ポンプ出口ライン2086は、例えば、鋼、ステンレス鋼等を含んださまざまな材料のいずれかから作られてよい。ポンプ出口ライン2086は、例えば約7.6cm(3.0インチ)を含んださまざまな直径のいずれかを有してよい。

0073

ポンプ出口ライン2086は、デコーティングミル2018からデコーティングされたスラリーを向けるためにさまざまなエルボ曲げ等のいずれかを含んでよい。ポンプ出口ライン2086は長い半径のエルボを含んでよい。ポンプ出口ライン2086は、少なくとも約76.2cm(30.0インチ)の半径を有するエルボを含んでよい。ポンプ出口ライン2086は、デコーティングミル2018からのデコーティングされたスラリーの所望される流量を可能にするほど十分に大きい半径を有するエルボを含んでよい。

0074

図6A及び図6Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図6A及び図6Bは、システム1000のユーザインタフェース用のレシピエディタビューを示す。レシピエディタは、人が、例えばデコーティングミルタンク1022に追加する腐食剤の量、デコーティングミルタンク1022に追加する(いくつかが化学薬品A〜Fとして示される)多様な化学薬品の量、回転刃シャフト水平位置及び垂直位置、デコーティングミルタンク1022に追加される水の量、デコーティングミルタンク1022に追加される被覆された材料の量、デコーティングミルタンク1022に被覆された材料を追加するための供給コンベヤ速度、吸引装置1040ブロワ速度平均処理時間等を含んだシステム1000の多様な入力を制御できるようにする。いったんユーザが使用される多様な値を入力すると、入力は、ユーザがこれらの多様な値を再び手作業で入力する必要がないようにレシピとして保存できる。

0075

図7A及び図7Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図7A及び図7Bは、システム1000の操作中の多様なシステムパラメータを示す。例えば、ユーザは、水温、回転刃位置、多様な液体の流量、液体充填水位、化学薬品水位、シャフト速度等の値を入力できる。個々のパラメータはユーザインタフェースを通して調整されてよい。

0076

図8A図8B、及び図8Cは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図8A図8B、及び図8Cは、ユーザがプロセス薬品供給システム1062の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。多様な特性は、例えばデコーティングミルタンク1022の化学薬品水位を含む。

0077

図9A及び図9Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図9A及び図9Bは、ユーザが廃水処理ステーション1046及びふるい分けステーション1026の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は、水温、バルブ位置フェーズ、フィルタプレス位置、廃水処理ステーション1046及びふるい分けステーション1026の多様な処理ステップステータス等を含む。

0078

図10A及び図10Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図10A及び図10Bは、ユーザがステージング水タンク1058及び加熱タンク1060の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は水温、水位、ポンプステータス、バルブ位置等を含む。

0079

図11A及び図11Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図11A及び図11Bは、ユーザが、少なくとも1つのプロセス水フィルタプレス1052、ダンプホッパー1030、及び回収タンク1032の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は、水位、バルブ位置、フィルタプレス位置等を含む。

0080

図12A及び図12Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図12A及び図12Bは、ユーザが、ダンプホッパー1030及び回収タンク1032、洗浄機1036、乾燥器1038、吸引装置1040、及び収集コンテナ1042の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は、水位、バルブ位置、洗浄のステータス、乾燥のステータス、吸引のステータス、収集コンテナ1042の重量等を含む。

0081

図13A及び図13Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図13A及び図13Bは、ユーザが、特にポンプオーバー操作中にデコーティングミル1018、ダンプホッパー1030、回収タンク1032、ステージング水タンク1058、及び加熱タンク1060の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は、流体水位流体温度、バルブ位置、ポンプステータス、シャフト垂直位置、シャフト水平位置等を含む。

0082

図14A及び図14Bは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図14A及び図14Bは、ユーザが、ステージングホッパー1012及び第1のエレベータ1010を含んだ積載ステーション1002、デコーティング1018、並びに第2のエレベータ1024の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は、積載ステーション1002ステータス、ステージングホッパー1012容量、第1のエレベータ1010ステータス、第2のエレベータ1024ステータス等を含む。

0083

図15A図15B、及び図15Cは、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000で使用される制御画面図の部分的な図を示す。図15A図15B、及び図15Cは、ユーザが、デコーティングミル1018、ステージングホッパー1012、ふるい分けステーション1026、第2のエレベータ1024、及び化学薬品供給システム1062の多様な特性を監視できるようにするシステム図を示す。特性は、ステージングホッパー1012水位、第2のエレベータ1024ステータス、化学薬品供給システム1062のステータス及び水位、ふるい分けステーション1026ステータス、回転刃の位置及びRPM、バルブ位置、ポンプステータス等を含む。

0084

システム1000は、システム1000を必要に応じて相互接続し、システム1000の動作中に多様なステーションの相対位置を維持できるようにするために、多様なプラットフォーム、構造、キャットウォーク等をさらに含む。システム1000は、システム1000が静止しているつもりで現場に組み立てられてよい。代わりに、システム1000は、事実上モジュール式となるように設計されてよく、これによりシステム1000はトラック又は鉄道を介して輸送し、必要に応じて現場でセットアップできる。

0085

図16図19は、別の材料からコーティング材を除去するためのシステム1000の多様な図を示す。図16図19に示されるシステム1000の多様な図は、図1図4に示されるシステム1000の多様な図に類似しているが、水分離ステーション16070が追加されている。

0086

一実施形態では、システム1000は水分離ステーション16070をさらに含んでよい。水分離ステーション16070は、例えば水等の液体を保持する分離タンク16074を含んでよい。適切な特徴を有するあらゆる液体が水の代わりに又は水に加えて使用されてよいことが理解される。

0087

ダンプホッパー1030に取り込まれたデコーティングされた材料は、分離タンク16074の中に向けられてよい。ダンプホッパー1030からのデコーティングされた材料は、重力、ポンプ、オーガ等を介してを含んで分離タンク16074の中に導かれてよい。ダンプホッパー1030からのデコーティングされた材料は、管16072を介して分離タンク16074の中に向けられてよい。

0088

分離タンク16074の中に導入された材料は、例えば少なくとも1つの横断方向パドルホイール16076、ブロワ、流体の流れ、又はその組合せを含んださまざまな運搬機構のいずれかを介してタンクの表面全体で運ばれてよい。横断方向パドルホイール16076は回転し、材料及び/又は液体を分離タンク16074の長さに沿って導くように、分離タンク16074内の液体の表面上、表面近く、又は表面の真下で係合してよい。一実施形態では、複数のパドルホイール16076は、分離タンク16074の長さに沿って配向されてよい。このようにして、分離タンク16074の中の液体の表面上の材料は実質的に分離タンク16074の一方の端部から分離タンク16074の別の端部に運ばれてよい。

0089

分離タンク16074の中の材料が横断方向パドルホイール16076によって運ばれ、攪拌されるにつれ、分離タンク16074の中の液体(例えば水)よりも大きい密度を有する材料が分離タンク16074の底部に沈む。分離タンク16074の中の液体(例えば水)未満の密度を有する材料は、横断方向パドルホイール16076によって運ばれるように液体の表面で又は表面の近くに浮かぶ。

0090

分離タンク16074の底部に沈む材料は、コンベヤシステムを介して沈下物スクリーナー1678に移送されてよい。コンベヤシステムは、例えばオーガ16079、ポンプ等を含んださまざまなコンベヤシステムのいずれかを含んでよい。沈下物スクリーナー16078は、分離タンク16074の底部に沈む材料から液体をさらに分離してよく、これによりこれらの材料はコンテナ内に取り込まれ、システム1000から除去されてよい。沈下物スクリーナー16078は、分離タンク16074の底部に沈む材料から液体をこしてよい。分離タンク16074の底部に沈む材料は、システム1000の中のデコーティングされた材料から除去される材料であってよい。分離タンク16074の底部に沈む材料はリサイクル可能ではないことがあり、システム1000から除去されてよい。分離タンク16074の底部に沈む材料は、分離タンク16074の中で浮かぶ材料から単に分離されてよい。

0091

代わりに、沈下物スクリーナー16078によって処理される、及び/又は脱水される材料は、洗浄ステーション1034に移送されてよい。材料は、人間によって手作業で又は機械等で、オーガ16080、コンベヤベルト、ポンプ及び管を介してを含んださまざまなコンベヤシステムのいずれかを介して移送されてよい。

0092

分離タンク16074の中の液体未満の密度を有し、したがって液体の上に浮かぶ材料は、分離タンク16074の端部に達するまで液体の表面全体で続行してよい。分離タンク16074で浮かぶ材料はコンベヤシステムを介して浮遊物スクリーナー16082に移送されてよい。コンベヤシステムは、例えばオーガ16083、ポンプ等を含んださまざまなコンベヤシステムのいずれかを含んでよい。浮遊物スクリーナー16082は、分離タンク16074で浮かぶ材料から液体を分離してよい。浮遊物スクリーナー16082は、分離タンク16074で浮かぶ材料から液体をこしてよい。脱水された材料は、システム1000からの除去用のコンテナに移送されてよい。脱水された材料はコンベヤシステムを介して移送されてよい。コンベヤシステムは、人間によって手作業で又は機械等で、例えばオーガ16084、コンベヤベルト、ポンプ及び管等を含んださまざまなコンベヤシステムのいずれかを含んでよい。

0093

代わりに、分離タンク16074で表面に浮かぶ脱水された材料は、例えばオーガ16084を含んだコンベヤシステムを介して洗浄ステーション1034に移送されてよい。

0094

一実施形態では、分離タンク16074の中の液体は水であってよい。別の実施形態では、分離タンク16074の中の液体は水以外の液体であってよい。分離タンク16074の液体は、システム1000のオペレータによって設定された密度を有してよい。分離タンク16074の中の液体の密度はさまざまな仕組みのいずれかを介して調整されてよい。例えば、塩が、液体の密度の変化を達成するために分離タンク16074の中の液体に追加又は液体から除去されてよい。一実施形態では、分離タンク16074の中の液体は塩水であってよく、塩水の塩分濃度レベルは、デコーティングされた材料の適切な分離を達成するために必要に応じて調整されてよい。

0095

液体の密度を調整することによって、システム1000のオペレータは、水分離システム16070でどの材料が浮かぶ、及びどちらが沈むのかを制御し得る。すなわち、材料は、材料が含有されている液状媒質の密度に対する材料の密度のおかげで浮かび、沈む。したがって、分離タンク16074の中の液体の密度を上げると、より多くの材料が分離タンク16074の中で浮かぶことになる場合がある。逆に、分離タンク16074の中の液体の密度を下げると、より多くの材料が分離タンク16074の中で沈むことになる場合がある。液体の密度は、デコーティングされた材料の所望される分離を達成するために調整されてよい。

0096

分離タンク16074で浮かぶ材料は、デコーティングされた材料から除去される材料であってよく、より低い密度のデコーティング材料であってよく、又は両方であってよいことが理解される。同様に、分離タンク16074で沈む材料は、デコーティングされた材料から除去された材料であってよく、より高い密度のデコーティングされた材料であってよく、又は両方であってよいことが理解される。

0097

一実施形態では、水分離システム16070は、沈下物スクリーナー16078及び浮遊物スクリーナー16082の内の少なくとも1つを含む。水分離システム16070は沈下物スクリーナー16078と浮遊物スクリーナー16082の両方を含んでよい。

0098

用語「含む」又は「含んだ」が明細書又は特許請求の範囲で使用される限りでは、その用語は利用時に請求項における移行語として解釈されるので、用語「含む」と同様に包括的となることが意図される。さらに、用語「又は」が利用される限りでは(例えばA又はB)、用語「又は」は「A又はB又は両方」を意味することが意図される。出願人が「A又はBのどちらか一方だけ」を示す意図であるとき、結果として用語「A又はBのどちらか一方だけ」が利用される。このようにして、本明細書での用語「又は」の使用は包括的であって、排他的使用ではない。Bryan A.Garner、A Dictionary of Modern Legal Usage 624(第2版、1995年)を参照すること。また、用語「中で」又は「中へ」が明細書又は特許請求の範囲で使用される限りでは、用語「中で」又は「中へ」はさらに「上で」又は「上に」を意味することが意図される。用語「実質的に」が明細書又は特許請求の範囲で使用される限りでは、用語「実質的に」は、製造で使用可能な又は賢明な精度の程度を考慮に入れることが意図される。用語「選択的に」が明細書又は特許請求の範囲で使用される限りでは、用語「選択的に」は、装置のユーザが、装置の使用で必要である又は所望されるように構成要素の特徴又は機能を活発又は不活発にし得る構成要素の状態を指すことが意図される。用語「動作可能に接続される」が明細書又は特許請求の範囲で使用される限りでは、用語「動作可能に接続される」は、特定された構成要素が指定された機能を実行するように接続されることを意味することが意図される。明細書及び特許請求の範囲で使用されるように、単数形「1つ」、「ある」、及び「前記」は複数を含む。最後に、用語「約」が数字と併せて使用される場合、用語「約」は該数字の±10%を含むことが意図される。言い換えると、「約10」は9〜11を意味してよい。

0099

上述されたように、本願は本願の実施形態の説明によって示され、及び実施形態はかなり詳細に説明されているが、添付の特許請求の範囲の範囲を係る詳細まで限定する又は多少なりとも制限することは出願人の目的ではない。追加の優位点及び変更形態は本願の利点を有すると当業者に容易に思われる。したがって、本願は、本願のより幅広い態様で、特定の詳細、示される例示的な例、又は参照される任意の装置に制限されない。逸脱は、一般的な発明概念の精神又は範囲から逸脱することなく、係る詳細、例、及び装置からなされてよい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ