図面 (/)

技術 既存の3次元モデルをグラフィックデータに変換するための方法およびシステム

出願人 ドンヤラブスアクチボラグ
発明者 リンダール、ウルリックヨハンソン、グスタフ
出願日 2015年6月15日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2016-575678
公開日 2017年8月31日 (2年4ヶ月経過) 公開番号 2017-525031
状態 特許登録済
技術分野 イメージ生成
主要キーワード コンピュータグラフィックスモデル 四角形メッシュ 物理的物体 ターゲットコンピュータシステム コンピュータクラスタ クラウド型 仮想機器 対話型環境
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題・解決手段

既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換する方法およびシステム。3次元モデルは記憶サーバに記憶され、前処理ユニットはそれぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成する。各単純化メッシュは単純化度合いとマッピング構造とを有する。ユーザは、グラフィックユーザインタフェースで3次元モデルの視覚化処理を行い、複数のコンピュータシステムからターゲットコンピュータシステムを選択し単純化度合いを選択可能である。グラフィックデータは、選択された表面特性と単純化メッシュのセット内の適切な単純化メッシュとに基づき生成される。グラフィックデータのプレビューがグラフィックユーザインタフェース上に示されることで、プレビューがターゲットコンピュータシステム上に現れる。本発明はグラフィックデータの迅速なプレビューと効率的な作業をもたらす。

概要

背景

コンピュータグラフィックスの作成と可視化は、コンピュータ支援設計CAD)、建築用ウォークスルーシミュレーション医療視覚化、およびコンピュータゲームなどの様々な演算分野でますます重要になっている。コンピュータグラフィックスの可視化は、しばしば、モデルに対する処理が毎秒10フレームを越える処理頻度で行われる必要がある。

コンピュータグラフィックスはますます複雑化し、コンピュータグラフィックモデルのサイズも増加する傾向に一般的にある。例えば、アニメーション映画で使用される非常に詳細なモデルでは、通常、数百オーダーにわたる前処理工程が行われ、この前処理工程がない場合には、処理が完了するまでの処理時間が数千時間となる。同様に、NURBS細分割曲面などの数学モデル由来するCADに使用されるコンピュータグラフィックスモデルのための元データは、数百万のオーダーでの三角形頂点からなる。

従って、これらの3次元モデルコンピュータとして非常に高価であり、それを扱う上で特殊なグラフィックスシステムが必要であり、さらに、一般的には相互作用的に処理することはできない。コンピュータグラフィックスのサイズおよび二次コンピュータメモリのサイズは、関連するハードウェアの開発よりも速い速度で増加しているため、コンピュータハードウェアの開発によりこれら3次元モデルに対する相互処理が提供される可能性は低い。3次元モデルは、そのほとんどが例外なく、三角形メッシュ四角形メッシュを使用するか、または一般的には複数の多角形を使用して表される。これらのメッシュは、通常、表示やシミュレーションの特性に関して最適化されていない。ほとんどのアプリケーションでは、初期メッシュは、通常は、はるかに少ない面で近似されるか、または前述のような特定のアプリケーションに適したその他のプロパティを含むように最適化かつ単純化されたバージョンによって置換することができる。

ユーザが例えばターゲットコンピュータシステムに適した最適バーションを提供するには、ユーザは既存の3次元モデルをテッセレーションすることで初期メッシュを取得し、次いで、美的外観および/または人が望む機能を得るために材料や明暗などのプロパティを初期メッシュに適用しなければならない。例えば、選択された材料は摩擦および/または重量のような仮想物的特性デジタルオブジェクトおよびテクスチャに提供することができ、照度オブジェクトが後で視覚化されたときにそのオブジェクトがどのように見えるかをユーザが視認できるようにする。ただし、適用された特性を有する3次元モデルの最適バージョンを提供するには、初期メッシュおよび適用された特性を処理ユニットに送信し、その処理ユニットにおいて、初期メッシュおよび適用された特性を最適化することにより、対応する適用された特性を有する演算負荷のより少ない単純化メッシュを提供する必要がある。この単純化は、特定の条件下で、例えば、頂点または多角形の最大数のもとで行うことができる。この最適化処理には通常、数時間以上を要する。したがって、ユーザが最終的な結果、すなわち適用された特性を有する単純化メッシュを見たとき、その最適バージョンが必要な忠実度等に適合していないと判断する場合がある。その場合、ユーザはもう一度すべての処理を開始しなければならず、数時間または数日の作業を失うこととなる。

したがって、現在の処理が非効率的であり、適用された特性を持つ3次元モデルの最適バージョンをターゲットコンピュータシステムに提供することに時間がかかっている。また、複数のコンピュータシステムに最適バージョンを提供する場合には、ユーザは各最適バージョンについてこの処理を実行する必要があり、したがって非常に時間がかかる。この代替案は、いくつかのコンピュータシステムに対して最適バージョンを用いることであるが、この場合には、一部のコンピュータシステムではより高い忠実度で最適バージョンを処理できるようになる一方で、一部のコンピュータシステムでは最適バージョンの演算負荷が大きくなる。

したがって、ユーザ、典型的にはグラフィックアーティストが、特定のコンピュータシステム、好ましくは複数のコンピュータシステムに適した既存の3次元モデルの最適バージョンを提供するのに要する時間を低減し得る改善された方法を提供する必要がある。

概要

既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換する方法およびシステム。3次元モデルは記憶サーバに記憶され、前処理ユニットはそれぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成する。各単純化メッシュは単純化度合いとマッピング構造とを有する。ユーザは、グラフィックユーザインタフェースで3次元モデルの視覚化処理を行い、複数のコンピュータシステムからターゲットコンピュータシステムを選択し単純化度合いを選択可能である。グラフィックデータは、選択された表面特性と単純化メッシュのセット内の適切な単純化メッシュとに基づき生成される。グラフィックデータのプレビューがグラフィックユーザインタフェース上に示されることで、プレビューがターゲットコンピュータシステム上に現れる。本発明はグラフィックデータの迅速なプレビューと効率的な作業をもたらす。

目的

ユーザが例えばターゲットコンピュータシステムに適した最適バーションを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つで使用するのに適したグラフィックデータに変換するための方法であって、前処理ユニットに対してアクセス可能とされる格納サーバに前記3次元モデルを格納すること、前記前処理ユニットにおいて、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成することであって、各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、前記単純化メッシュの面上の点を前記3次元モデル上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有しており、前記単純化度合いと前記マッピング構造は、前記複数のコンピュータシステムのうちの一つに適している、前記単純化メッシュのセットを生成すること、グラフィックユーザインタフェースにおいて、ユーザによる前記3次元モデルの視覚化に対する処理を可能にして前記3次元モデルに材料及び照度のうちの少なくとも一方を含む選択された表面特性を与えること、前記複数のコンピュータシステムの中からターゲットコンピュータシステムを選択すること、単純化度合いを選択すること、前記選択された表面特性と前記単純化メッシュのセット内の適切な単純化メッシュとに基づいて前記グラフィックデータを生成することであって、前記適切な単純化メッシュは、前記選択された単純化度合いと前記ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有する、前記グラフィックデータを生成すること、前記ターゲットコンピュータシステム上に前記グラフィックデータのプレビューが現れるように前記グラフィックユーザインタフェース上に前記グラフィックデータのプレビューを出力することを備える方法。

請求項2

前記複数のコンピュータシステムのうちの一つに適した前記単純化度合いは、前記複数のコンピュータシステムの処理能力、前記複数のコンピュータシステムのグラフィック表示能力、および前記複数のコンピュータシステムが前記グラフィックデータをどのように相互処理するかのうちの一つに基づいて評価される、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記既存の3次元モデルは初期メッシュによって表される、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記3次元モデルをテッセレーションして前記前処理ユニットに初期メッシュを与えることをさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項5

ユーザによる単純化度合いの再選択を可能とするユーザ入力を受信すること、前記選択された表面特性と、前記単純化メッシュのセット内の別の適切な単純化メッシュとに基づいて、更新したグラフィックデータを再生成することであって、前記別の適切な単純化メッシュは、前記再選択された単純化度合いと、前記ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有する、前記更新したグラフィックデータを再生成すること、前記ターゲットコンピュータシステム上に前記更新したグラフィックデータのプレビューが現れるように前記グラフィックユーザインタフェース上に前記更新したグラフィックデータのプレビューを出力することをさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項6

前記単純化度合いを選択するステップは、前記ターゲットコンピュータシステムの処理能力、前記ターゲットコンピュータシステムのグラフィック表示能力、および前記ターゲットコンピュータシステムが前記グラフィックデータをどのように相互処理するかのうちの一つに基づいて自動化される、請求項1に記載の方法。

請求項7

前記グラフィックデータを生成して前記プレビューを出力することが、前記選択された表面特性を有する前記3次元モデルを直接単純化するよりも少なくとも10倍早い、請求項1に記載の方法。

請求項8

前記グラフィックデータを公開サーバに供給することをさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項9

それぞれ最適化された前記単純化メッシュのセットは、初期メッシュの視覚化に対する処理を行う前に前記グラフィックユーザインタフェースにプレビューされる、請求項1に記載の方法。

請求項10

前記既存の3次元モデル、前記ターゲットコンピュータシステム、および前記単純化度合いのうちの一つに関してユーザにより選択された選択情報を記憶するステップと、以前に記憶された選択情報を用いて初期メッシュのテッセレーションを設定するステップと、以前に記憶された選択情報を用いて前記ターゲットコンピュータシステムと前記単純化度合いを選択するステップとをさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項11

それぞれ最適化された前記単純化メッシュのセットと前記既存の3次元モデルの識別子を有するマッピング構造とを記憶するステップと、以前に記憶されたそれぞれ最適化された単純化メッシュのセットと前記既存の3次元モデルのマッピング構造とに対する識別子が存在するかどうかを判定するステップと、前記選択された表面特性と前記以前に記憶された単純化メッシュのセット内の適切な単純化メッシュとに基づいて前記グラフィックデータを生成するステップであって、前記適切な単純化メッシュは、前記選択された単純化度合いと前記ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有する、前記グラフィックデータを生成するステップとをさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項12

既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つで使用するのに適したグラフィックデータに変換するためのシステムであって、前処理ユニットに対してアクセス可能とされ、前記3次元モデルを格納するための格納サーバであって、前記前処理ユニットが、前記3次元モデルをテッセレーションして初期メッシュを提供し、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成するように構成されており、各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、前記単純化メッシュの面上の点を前記初期メッシュ上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有しており、前記単純化度合いと前記マッピング構造は、前記複数のコンピュータシステムのうちの一つに適している、前記格納サーバと、グラフィックユーザインタフェースであって、ユーザによる前記初期メッシュの視覚化に対する処理を可能にして前記初期メッシュに材料及び照度のうちの少なくとも一方を含む選択された表面特性を与え、前記複数のコンピュータシステムの中からターゲットコンピュータシステムをユーザによって選択可能とするとともに単純化度合いをユーザによって選択可能とするように構成された前記グラフィックユーザインタフェースとを備え、前記前処理ユニットはさらに、前記選択された表面特性と前記単純化メッシュのセット内の適切な単純化メッシュとに基づいて前記グラフィックデータを生成するように構成されており、前記適切な単純化メッシュは、前記選択された単純化度合いと前記ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有しており、前記グラフィックユーザインタフェースは、前記ターゲットコンピュータシステム上に前記グラフィックデータのプレビューが現れるように前記グラフィックデータのプレビューを出力する、システム。

請求項13

前記グラフィックユーザインタフェースはさらに、ユーザによる単純化度合いの再選択を可能とするユーザ入力を受信するように構成されており、前記前処理ユニットはさらに、前記選択された表面特性と、前記単純化メッシュのセット内の別の適切な単純化メッシュとに基づいて、更新したグラフィックデータを再生成するように構成されており、前記別の適切な単純化メッシュは、前記再選択された単純化度合いと、前記ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有しており、前記グラフィックユーザインタフェースは、前記ターゲットコンピュータシステム上に前記更新したグラフィックデータのプレビューが現れるように前記更新したグラフィックデータのプレビューを出力する、請求項12に記載のシステム。

請求項14

前記グラフィックデータを記憶するための公開サーバをさらに備える請求項12に記載のシステム。

請求項15

前記既存の3次元モデル、前記ターゲットコンピュータシステム、および前記単純化度合いのうちの一つに関してユーザにより選択された選択情報を記憶し、以前に記憶された選択情報を用いて前記初期メッシュのテッセレーションを設定し、以前に記憶された選択情報を用いて前記ターゲットコンピュータシステムと前記単純化度合いを選択するように構成された記憶手段をさらに備える請求項12に記載のシステム。

請求項16

前記前処理ユニットは、ローカルコンピュータユニットリモートサーバコンピュータクラスタ、およびネットワークコンピュータのうちの一つである、請求項12に記載のシステム。

請求項17

プロセッサ上で実行されることで請求項1〜11のうちのいずれか一項に記載の方法を行うように構成されたコンピュータプログラム製品

技術分野

0001

本発明は、概してコンピュータグラフィックスに関し、詳しくは既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つで使用するのに適したグラフィックデータに変換するための方法及びシステムに関する。本発明はまた、コンピュータプログラム製品に関する。

背景技術

0002

コンピュータグラフィックスの作成と可視化は、コンピュータ支援設計CAD)、建築用ウォークスルーシミュレーション医療視覚化、およびコンピュータゲームなどの様々な演算分野でますます重要になっている。コンピュータグラフィックスの可視化は、しばしば、モデルに対する処理が毎秒10フレームを越える処理頻度で行われる必要がある。

0003

コンピュータグラフィックスはますます複雑化し、コンピュータグラフィックモデルのサイズも増加する傾向に一般的にある。例えば、アニメーション映画で使用される非常に詳細なモデルでは、通常、数百オーダーにわたる前処理工程が行われ、この前処理工程がない場合には、処理が完了するまでの処理時間が数千時間となる。同様に、NURBS細分割曲面などの数学モデル由来するCADに使用されるコンピュータグラフィックスモデルのための元データは、数百万のオーダーでの三角形頂点からなる。

0004

従って、これらの3次元モデルはコンピュータとして非常に高価であり、それを扱う上で特殊なグラフィックスシステムが必要であり、さらに、一般的には相互作用的に処理することはできない。コンピュータグラフィックスのサイズおよび二次コンピュータメモリのサイズは、関連するハードウェアの開発よりも速い速度で増加しているため、コンピュータハードウェアの開発によりこれら3次元モデルに対する相互処理が提供される可能性は低い。3次元モデルは、そのほとんどが例外なく、三角形メッシュ四角形メッシュを使用するか、または一般的には複数の多角形を使用して表される。これらのメッシュは、通常、表示やシミュレーションの特性に関して最適化されていない。ほとんどのアプリケーションでは、初期メッシュは、通常は、はるかに少ない面で近似されるか、または前述のような特定のアプリケーションに適したその他のプロパティを含むように最適化かつ単純化されたバージョンによって置換することができる。

0005

ユーザが例えばターゲットコンピュータシステムに適した最適バーションを提供するには、ユーザは既存の3次元モデルをテッセレーションすることで初期メッシュを取得し、次いで、美的外観および/または人が望む機能を得るために材料や明暗などのプロパティを初期メッシュに適用しなければならない。例えば、選択された材料は摩擦および/または重量のような仮想物的特性デジタルオブジェクトおよびテクスチャに提供することができ、照度オブジェクトが後で視覚化されたときにそのオブジェクトがどのように見えるかをユーザが視認できるようにする。ただし、適用された特性を有する3次元モデルの最適バージョンを提供するには、初期メッシュおよび適用された特性を処理ユニットに送信し、その処理ユニットにおいて、初期メッシュおよび適用された特性を最適化することにより、対応する適用された特性を有する演算負荷のより少ない単純化メッシュを提供する必要がある。この単純化は、特定の条件下で、例えば、頂点または多角形の最大数のもとで行うことができる。この最適化処理には通常、数時間以上を要する。したがって、ユーザが最終的な結果、すなわち適用された特性を有する単純化メッシュを見たとき、その最適バージョンが必要な忠実度等に適合していないと判断する場合がある。その場合、ユーザはもう一度すべての処理を開始しなければならず、数時間または数日の作業を失うこととなる。

0006

したがって、現在の処理が非効率的であり、適用された特性を持つ3次元モデルの最適バージョンをターゲットコンピュータシステムに提供することに時間がかかっている。また、複数のコンピュータシステムに最適バージョンを提供する場合には、ユーザは各最適バージョンについてこの処理を実行する必要があり、したがって非常に時間がかかる。この代替案は、いくつかのコンピュータシステムに対して最適バージョンを用いることであるが、この場合には、一部のコンピュータシステムではより高い忠実度で最適バージョンを処理できるようになる一方で、一部のコンピュータシステムでは最適バージョンの演算負荷が大きくなる。

0007

したがって、ユーザ、典型的にはグラフィックアーティストが、特定のコンピュータシステム、好ましくは複数のコンピュータシステムに適した既存の3次元モデルの最適バージョンを提供するのに要する時間を低減し得る改善された方法を提供する必要がある。

発明が解決しようとする課題

0008

上記の必要性に対し、本発明の全般的な目的は、既存の3次元モデルを変換する方法またはシステムであって、最適バージョンが十分な品質のものであるとユーザが判断できるような最適3次元モデルをより短い時間で迅速に可視化し得る方法またはシステムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

本発明の第1の観点によれば、上記及び他の目的は、以下の方法によって達成される。当該方法は、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つで使用するのに適したグラフィックデータに変換するための方法であって、前処理ユニットに対してアクセス可能とされる格納サーバに3次元モデルを格納すること、前処理ユニットにおいて、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成することを備える。各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、前記単純化メッシュの面上の点を3次元モデル上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有している。単純化度合いとマッピング構造は、複数のコンピュータシステムのうちの一つに適している。方法はさらに、グラフィックユーザインタフェースにおいて、ユーザによる3次元モデルの視覚化に対する処理を可能にして、前記3次元モデルに材料及び照度のうちの少なくとも一方を含む選択された表面特性を与えること、複数のコンピュータシステムの中からターゲットコンピュータシステムを選択すること、単純化度合いを選択することを備える。方法はさらに、選択された表面特性と単純化メッシュのセット内の適切な単純化メッシュとに基づいてグラフィックデータを生成することを備える。適切な単純化メッシュは、選択された単純化度合いと、ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造を有する。方法はさらに、ターゲットコンピュータシステム上にグラフィックデータのプレビューが現れるようにグラフィックユーザインタフェース上にそのグラフィックデータのプレビューを出力することを備える。

0010

本発明は、それぞれ最適化されたメッシュのセットを前処理によって予め生成することにより、ターゲットコンピュータシステム上にグラフィックデータのプレビューが短時間現れるようにグラフィカルユーザインタフェース上にそのグラフィックデータをプレビュー可能とすることによって実現することを前提とする。この場合、最適化された単純化メッシュを生成する処理にはまだ長時間を要するが、単純化メッシュと選択された表面特性とに基づいて既存の3次元モデルの視覚化に対応するグラフィックデータを生成するステップに要する時間が大幅に低減されることが理解され得る。このように、予め生成された単純化メッシュとマッピング構造とを用いることによってグラフィックデータが生成され、それがプレビューとして表されることで、そのプレビューがターゲットコンピュータシステム上に短時間現れる。従って、本発明は、長い時間行われる最適化処理を待つことなく、ユーザが処理を行って適応化できるようにする。

0011

上記グラフィックデータを生成してプレビューを出力することは、選択された表面特性を有する3次元モデルを直接単純化するよりも少なくとも10倍早い。言い換えれば、グラフィックデータおよびプレビューは、単純化メッシュおよびマッピング構造を用いることなくグラフィックデータを生成する場合に比べて少なくとも10倍早く生成され表示される。従って、本発明は一層早く作業を行うことを可能にする。

0012

なお、既存の3次元モデルは初期メッシュによって表すことができる。3次元モデルが初期メッシュによって表されていない場合、方法はさらに、単純化メッシュを生成する前に、3次元モデルをテッセレーションして初期メッシュを前処理ユニットに供給することを備えてもよい。

0013

初期メッシュは、少なくとも100万個の頂点などの数百万のオーダーでの頂点および多角形から構成され得るものであり、このため、既存の3次元モデルに対する高い忠実度を有する初期メッシュが提供される。また、この初期メッシュ内における多数の頂点は、高い可能性で異なる単純化度合いを有する単純化メッシュを提供することを可能とする。このため、単純化度合いによって、単純化メッシュを、半分の数、10分の1、さらには1000分の1などといったより少ない数の多角形から構成できることが理解され得る。これは、数百万のオーダーでの頂点からなる初期メッシュが、わずか数百又は数千の頂点および多角形を有する単純化メッシュとなり得ることを意味している。このような単純化メッシュを提供する処理は当該技術分野では周知であり、本出願人は、既存の3次元モデルに対して、初期メッシュよりは低いものの、高い忠実度を有する最適化された単純化メッシュを提供するいくつかの独自の方法を有している。例としては、米国特許第8,698,809号明細書が挙げられ、参照によって本明細書に組み込まれる。

0014

次に、マッピング構造に関し、最適化された単純化メッシュの面上の点を既存の3次元モデル上の対応する点にどのようにマッピングするかについて説明する。このマッピング構造は、選択された表面特性を単純化メッシュ、ひいては、グラフィックデータにも適用することを可能とする。単純化メッシュは、既存の3次元モデルよりも少ない頂点からなるものであるので、マッピング構造は、既存の3次元モデル内のいくつかの点を単純化メッシュ内の一つの点にマッピングできるものであることが理解される。従って、マッピング構造は、いくつかの点を統合する方法とも言える。さらに、マッピング構造は、グラフィックデータにより多くのデータを提供するために、既存の3次元モデル又は初期メッシュが複数のオブジェクトおよびそれらの識別情報を含む否かについての情報を含み得る。表面特性の例としては、各点の法線方向、表面テクスチャ反射曲げ対話性などが挙げられる。

0015

単純化度合いが複数のコンピュータシステムのうちの一つに適していることは、複数のコンピュータシステムの処理能力、複数のコンピュータシステムのグラフィック表示能力、および複数のコンピュータシステムがグラフィックデータをどのように相互処理するかのうちの一つに基づいて評価される。処理能力が低いコンピュータシステムについては、単純化度合いをより大きくすることができる。従って、ゲームの制御盤などの処理能力が高いコンピュータシステムは、より小さな単純化度合いを有することができることを理解し得る。同様に、例えばスマートフォン携帯機器などの処理能力が低いコンピュータシステムで用いることが意図された単純化メッシュは、より大きな単純化度合いを有することができる。このため、単純化度合いが複数のコンピュータシステムのうちの一つに適していることは、同様にしてコンピュータシステムのグラフィック表示能力にも基づくものとすることができる。また、単純化度合いおよびマッピング構造が適していることは、複数のコンピュータシステムがグラフィックデータをどのように相互処理するかに基づいて選択されてもよい。システムが、キーボードおよび/またはマウスタッチスクリーン、ゲームの手動制御ジェスチャによる制御、あるいは音声コマンドなどを有する場合、システムがグラフィックデータをどのように相互処理するかに依存して単純化度合いが設定される。例えば、小さなタッチスクリーンに基づく相互処理は非常に複雑なグラフィックデータを要求する可能性があるため、単純化度合いを大きなものとすることができる。

0016

さらに、上記と同様にして、単純化度合いを選択するステップは、例えば、ターゲットコンピュータシステムの処理能力、ターゲットコンピュータシステムのグラフィック表示能力、および/またはターゲットコンピュータシステムがグラフィックデータをどのように相互処理するかに基づいて自動化されてもよい。従って、例えばターゲットシステムや複数のシステムについての知識のみを有するユーザは、単純化度合いに関する特定の知識を必要としない。

0017

本発明の一つの実施形態によれば、方法はさらに、ユーザによる単純化度合いの再選択を可能とするユーザ入力を受信するステップと、選択された表面特性と単純化メッシュのセット内における別の適切な単純化メッシュとに基づいて、更新したグラフィックデータを再生成するステップと、ターゲットコンピュータシステム上に更新したグラフィックデータのプレビューが現れるようにグラフィックユーザインタフェース上にその更新したグラフィックデータのプレビューを出力するステップとを備え得る。ここで、別の適切な単純化メッシュは、再選択された単純化度合いと、ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有する。

0018

ユーザによる単純化度合いの再選択を可能とすることによって、ユーザがグラフィックデータの品質または忠実度が低すぎるとみなした場合には、より小さな単純化度合いおよび選択された表面特性を有する別の適切な単純化メッシュに基づいて生成される、ユーザの希望に従った高い品質または忠実度を有する更新したグラフィックデータのプレビューが提供される。また、ユーザは、特定のモデルについては多角形の数をさらに低減し、より大きな単純化度合いを有する単純化メッシュを使用したいと考える場合もある。従って、本発明の他の利点は、当該方法が繰り返されることによって得られる。

0019

このように、それぞれ最適化されて各々マッピング構造を有する単純化メッシュのセットが予め提供されることから、より高い品質またはより低い品質の要求に応じて、更新したグラフィックデータのプレビューが迅速にかつその時々の状況に応じてユーザに提示される。これにより、効率的かつ反復的な処理および/または作業を提供し、ユーザはそれぞれ最適化されたメッシュのセットの中から最も望ましいメッシュを選択することが可能となる。さらには、ターゲットコンピュータシステムが複数のターゲットコンピュータシステムである場合には、全てのグラフィックデータのプレビューをユーザに提示することが可能であり、それによってユーザは、必要な忠実度に応じて各グラフィックデータについての可否を判断できる。

0020

前処理ユニットは、ローカルコンピュータユニットリモートサーバコンピュータクラスタ、またはネットワークコンピュータとすることができる。ローカルコンピュータユニットである場合、ユーザが既存の3次元モデルを割り当てるために用いるコンピュータシステムで前処理が行われてもよい。従って、ローカルコンピュータユニットは、コンピュータの中央処理ユニットや、当該コンピュータシステムのグラフィック演算ユニットまたは特定の演算ユニットとすることができる。同様に、前処理ユニットがリモートサーバである場合、そのリモートサーバの中央処理ユニットや、当該リモートサーバのグラフィック演算ユニットまたは特定の演算ユニットによって前処理を行うことができる。コンピュータクラスタやネットワークコンピュータは、それらの間で処理タスクを分割してもよく、この方法は、有利には、既存の3次元モデルの前処理にかかるタスク実行速度を向上させるために用いることができる。

0021

方法はさらに、グラフィックデータを公開サーバに供給することを備えてもよい。公開サーバは、グラフィックデータの使用を要求する全ての人によってアクセス可能とされ、これにより、最終的なグラフィックデータをより多くの人に販売または広めることが可能となる。

0022

本発明の他の実施形態によれば、初期メッシュの視覚化に対する処理を行う前に、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットがグラフィックユーザインタフェースにプレビューされる。これにより、ユーザは、グラフィックデータを生成するステップにおいてどの単純化メッシュを用いるべきかを選択することができる。従って、ユーザは、直感的にかつ効果的に単純化度合いを選択することができる。

0023

本発明の一つの実施形態によれば、方法はさらに、既存の3次元モデル、ターゲットコンピュータシステム、および単純化度合いのうちの一つに関してユーザにより選択された選択情報を記憶するステップと、以前に記憶された選択情報を用いて初期メッシュのテッセレーションを設定するステップと、以前に記憶された選択情報を用いてターゲットコンピュータシステムと単純化度合いを選択するステップとを備えてもよい。ユーザが本発明を何度か用いることで、既存の3次元モデルが記憶サーバに記憶されたとき、システムに対する指示がなくとも、ターゲットシステムおよび単純化度合いが自動的に特定されるように選択情報を用いることができる。これにより、時間が節約され、ユーザの作業時間を向上させることができる。また、初期メッシュを提供するテッセレーションは、ユーザの以前の選択情報に基づくものであってもよい。これにより、複雑な初期メッシュを用いる処理についてユーザの選択情報がある場合には、記憶されたその選択情報に従って、多数の多角形を有する初期メッシュと、低い単純化度合いを有する最適化された単純化メッシュとが自動的に受信される。一方、例えば携帯機器などの処理能力が低いターゲットコンピュータシステムについてユーザの選択情報がある場合には、少数の多角形を有する初期メッシュと、大きな単純化度合いを有する最適化された単純化メッシュとが自動的に受信される。

0024

本発明の他の実施形態によれば、方法はさらに、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットと既存の3次元モデルの識別子を有するマッピング構造とを記憶するステップと、以前に記憶されたそれぞれ最適化された単純化メッシュのセットと既存の3次元モデルのマッピング構造とに対する識別子が存在するかどうかを判定するステップと、選択された表面特性と以前に記憶された単純化メッシュのセット内における適切な単純化メッシュとに基づいてグラフィックデータを生成するステップとを備えてもよい。ここで、上記適切な単純化メッシュは、選択された単純化度合いと、ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有している。単純化メッシュと識別子を有するマッピング構造とを記憶することの利点は、同一のユーザまたは第2のユーザが他の目的でそれらを再度用いることができるようになる点にある。これにより、ユーザは、既存の3次元モデル、それぞれ最適化された単純化メッシュ、およびマッピング構造にアクセスすることが可能となる。また、他の利点は、同じ既存の3次元モデルに対して表面特性を最適化して提供することを希望する第2のユーザはその単純化メッシュおよびマッピング構造にアクセス可能であるため、基本的には何ら遅延なしにグラフィックユーザインタフェースにおいてそのような処理を行う機会がその第2のユーザに与えられるという点にある。言い換えれば、単純化メッシュを記憶すなわちキャッシュすることで、それを既存の3次元モデルに対する後続の最適化処理で再使用することが可能となり、これにより、表面特性を有する3次元モデルをユーザが処理して提供するまでの時間を一層低減することが可能となる。識別子は、既存の3次元モデルを単純化メッシュと関連付けるための何らかの適切なデータ構造、またはハッシュなどのデータタグとすることができる。

0025

本発明の第2の観点によれば、上記及び他の目的は、以下のシステムによって達成される。当該システムは、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つで使用するのに適したグラフィックデータに変換するためのシステムであって、前処理ユニットにアクセス可能であり、3次元モデルを格納するための格納サーバを備える。ここで、前処理ユニットは、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成するように構成されている。各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、当該単純化メッシュの面上の点を初期メッシュ上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有する。単純化度合いとマッピング構造は、複数のコンピュータシステムのうちの一つに適している。システムはさらに、グラフィックユーザインタフェースを備えている。このグラフィックユーザインタフェースは、ユーザによる初期メッシュの視覚化に対する処理を可能にして当該初期メッシュに材料及び照度のうちの少なくとも一方を含む選択された表面特性を与え、複数のコンピュータシステムの中からターゲットコンピュータシステムをユーザにより選択可能とするとともに単純化度合いをユーザにより選択可能とするように構成されている。前処理ユニットはさらに、選択された表面特性と単純化メッシュのセット内における適切な単純化メッシュとに基づいてグラフィックデータを生成するように構成されている。上記適切な単純化メッシュは、選択された単純化度合いと、ターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有している。グラフィックユーザインタフェースは、ターゲットコンピュータシステム上にグラフィックデータのプレビューが現れるようにそのグラフィックデータのプレビューを出力する。

0026

本発明の第2の観点の多くの特徴および利点は、上述した第1の観点の特徴および利点に類似している。
本発明の更なる特徴および利点は、添付の特許請求の範囲および以下の説明から明らかとなり得る。当業者であれば、本発明の範囲から逸脱することなく、本発明の異なる特徴を組み合わせることで以下に記載する実施形態以外の実施形態についても形成し得る。種々の特徴や利点を含む本発明の種々の観点は、以下の説明および添付の図面から容易に理解し得る。

図面の簡単な説明

0027

既存の3次元モデルを変換するための既知の従来技術の方法の例を示す図。
本発明の概念による既存の3次元モデルを変換するための方法を例示するフローチャート
本発明の実施形態に係る方法であって、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換するための方法を示すフローチャート。
本発明を用いた場合の特定例を示す図。
本発明の実施形態に係るシステムであって、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換するためのシステムを示す図。
本発明の他の実施形態に係るシステムであって、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換するためのシステムを示す図。
表面特性を選択して適用する前における、システムの対話型ウィンドウの他の実施形態を示す図。

実施例

0028

本発明を、現在の好ましい実施形態を示す添付の図面を参照して、以下に詳しく説明する。しかしながら、本発明は、多くの異なる形態で実施可能であり、本明細書に記載される実施形態に限定されることは意図していない。むしろ、以下の実施形態は全体を通じて本発明の範囲を当業者に伝えるべく提示される。図中、同様な符号は同一の要素を示している。以下、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換するための方法およびシステムの双方について、本発明を説明する。

0029

図1aには、一つのコンピュータシステムでの使用に適したグラフィックデータを既存の3次元モデルから提供するための既知の解決手段がブロック図として示されている。アーティストは、適切なソフトウェアプログラム(例えば、3D Studio Max(登録商標)やMaya(登録商標)など)でのモデル化111を通じて、またはモデルの形状を空気抵抗や重量などに関して最適化する数学的処理を含むCAD設計を通じて3次元モデルを提供する。あるいは、モデルは物理的物体仮想デジタル表現を提供する3次元走査装置による物理的物体の走査を通じて提供されてもよい。

0030

次いで、モデルがテッセレーション112されて、複数の頂点とそれら頂点を結ぶ複数のエッジとからなる多角形メッシュによって表現される。ソフトウェアによるモデル化のいくつかの形態では、モデルが多角形メッシュによって既に表現されている場合があるため、テッセレーションのステップを不要とすることができる。既知の解決手段による次のステップでは、表面特性を適用可能なステージングステップ113においてユーザにモデルが提供される。表面特性としては、例えば材料や照度が挙げられる。このステージングステップ113において、アーティストは、表面特性が適用された既存の3次元モデルの表現を確認する。ステージングステップ113の後、処理能力が低いまたはメモリ容量が小さいコンピュータシステムで相互処理するのに使用可能なグラフィックデータを提供するために、表面特性が適用された3次元モデルを最適化する必要がある。この時点において利用可能なデータは、テッセレーションされた3次元モデルと、適用された表面特性のみであるため、最適化ステップ114に多くの時間が費やされるとともに、処理負荷が大きい。このため、最適化が行われてそれが出力され検証用に視覚化されるまでに、典型的には数時間を要するものとなる。この最適化114の結果が元の既存の3次元モデルに対して品質または忠実度の点で同意できないものであるときには、最適化処理または表面特性の選択を変更する必要が生じ得るものとなり、それによってさらに時間を要するものとなる。さらに、この処理は、その最適化されたモデルを使用するコンピュータシステム毎に繰り返す必要があるため、これも多くの時間を必要とするものとなる。最後に、最適化されたモデル(1つまたは複数)は、コンピュータゲームまたは他のタイプの対話型デジタル環境においてデジタルモデル資源として使用するために公開サーバなどにて公開115される。

0031

図1bは、本発明の概念による既存の3次元モデルを変換する例を示している。上記した既知の従来技術の解決手段と同様、アーティストは、適切なソフトウェアプログラムでのモデル化121を通じて、または例えば数学的最適化処理を通じてモデルを提供する。次いで、本発明の実施形態では、既存の3次元モデルがまだ多角形メッシュによって表現されていなければ、その3次元モデルがテッセレーション122される。モデル(既存の3次元モデル)をテッセレーションして得られる多角形メッシュは、初期メッシュとして扱われる。その後、最適化処理123が行われることで、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットが生成される。各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、その単純化メッシュの面上の点を初期メッシュ上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有する。単純化度合いは、モデルが後で使用され得る複数のコンピュータシステムのうちの一つに基づいている。換言すれば、単純化度合いは、各単純化メッシュがどのコンピュータシステムに対して対象とされているかに基づいたものとされる。

0032

次のステージングステップ124では、表面特性が選択されて、ユーザが視覚的な検証により自身の選択に応じてモデルを構築できるようにその表面特性が初期メッシュに適用される。その結果がユーザの満足するものであった場合、ユーザは、適用された表面特性を有する初期メッシュの最適化バーションを要求することができる。そして、統合工程125では、予め生成された単純化メッシュとマッピング構造とを用いることによってグラフィックデータが生成され、そのグラフィックデータのプレビューが提示されることで、そのプレビューがターゲットコンピュータシステム上に短時間現れるようになる。ここで、「統合」の表現は、本発明では、単純化メッシュと表面特性とに基づいてグラフィックデータを提供するために初期メッシュのいくつかの点と表面特性との組み合わせが用いられることとして解釈されるべきものである。以上により、本発明は、長い時間行われる最適化処理を待つことなく、ユーザが処理を行って反復的に適応化できるようにする。そして、グラフィックデータが所望の内容であれば、対話型仮想環境でのデジタル仮想モデルまたは資源として使用するためにそのグラフィックデータが公開サーバに公開126される。

0033

次に、図2を参照して本発明をより詳細に説明する。図2は、本発明の一つの実施形態を示すフローチャートであって、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステムのうちの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換するための方法を示している。第1のステップS1において、ユーザは、既存の3次元モデルを記憶サーバに記憶する。既存の3次元モデルは、当業者には既知である種々の方法で表すことができる。例えば、既存の3次元モデルは、NURBS面表現であってもよいし、あるいは細分割曲面によって表現することもできる。既存の3次元モデルは、「.step」、「.ige」、「.iges」などの種々のファイルタイプによって表現することができる。また、既存の3次元モデルは、複数の頂点、複数のエッジ、複数の面に関する情報からなる多角形メッシュによって表現することができる。なお、当業者は、他のタイプのフォーマットや3次元の数学的面表現も本発明の範囲に含まれることを考慮し得る。

0034

第2のステップS2では、それぞれ最適化された単純化メッシュのセットを生成するために、既存のモデルが前処理ユニットによって前処理される。ここで、各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、その単純化メッシュの面上の点を初期メッシュ上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有するものであり、これら単純化度合いおよびマッピング構造は、複数のコンピュータシステムのうちの一つに基づいている。なお、任意で、既存の3次元モデルをテッセレーションして初期メッシュを提供してもよい。

0035

次いで、第3のステップS3では、グラフィカルユーザインタフェースにおいて既存の3次元モデルまたは初期メッシュの視覚化に対するユーザの処理が可能とされる。これにより、ユーザは、既存の3次元モデルまたは初期メッシュに、選択された表面特性を付与可能となる。選択された表面特性は、少なくとも材料および/または照度を含むことができる。また、このような表面特性の例としては、各点の法線方向、表面テクスチャ、反射、曲げ、対話性などが挙げられる。

0036

第4のステップS4では、次いでユーザは、複数のコンピュータシステムの中からターゲットコンピュータシステムを選択するとともに、単純化度合いを選択する。ターゲットコンピュータシステムを選択することによって、そのターゲットコンピュータシステムの処理能力やあるいはそのターゲットコンピュータシステムがグラフィックデータをどのように相互処理するか等に基づいて、単純化度合いを本質的に決定することができる。

0037

次いで、第5のステップS5では、選択された表面特性と単純化メッシュのセット内における適切な単純化メッシュとに基づいてグラフィックデータが生成される。適切な単純化メッシュは、選択された単純化度合いと、選択されたターゲットコンピュータシステムに対応するマッピング構造とを有している。

0038

第6のステップS6では、ターゲットコンピュータシステム上にグラフィックデータのプレビューが現れるようにそのグラフィックデータのプレビューがグラフィックユーザインタフェース上に出力される。これにより、最適化された3次元モデルの迅速な視覚化が短時間で行われ、ユーザはその最適化されたバージョンが十分な品質のものであるかどうかを決定することができる。

0039

なお、「コンピュータシステム」および「ターゲットコンピュータシステム」の表現は、例えばグラフィックデータを記憶およびレンダリング可能なグラフィックエンジンなどの任意の装置または仮想装置として広義に解釈されるべきものである。このような装置または仮想装置の例としては、webGL、unity、unreal engine 4、IOS(登録商標)、タブレットデバイス、スマートフォン、Playstation(登録商標)やXbox(登録商標)などのゲーム機、またはデスクトップコンピュータなどが挙げられる。さらには、画面コンピュータプログラムやアプリケーションを「ストリーミング」するサーバ演算器などのリモートコンピュータシステムも、コンピュータシステムやターゲットコンピュータシステムに含まれると解釈されるべきである。グラフィックデータは、グラフィックデータを3D印刷できるように生成されてもよい。

0040

図3および以下の具体例は、本発明の方法を用いた例を示している。なお、この例は、本発明の概念を特定の状況にどのように適用できるかについて限定したものではない。この例では、窓302を有する家300について既存の3次元モデルのデジタル表現が存在し、窓302の背後には絵画304が存在している。3次元モデルは、前処理ユニットがアクセス可能な記憶サーバに記憶されている。前処理ユニットは、初期メッシュを提供する必要がある場合にその3次元モデルをテッセレーションし、その後、それぞれ最適化された単純化メッシュを生成する。各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、単純化メッシュ上の点を初期メッシュの点にマッピングするマッピング構造とを有している。次いで、3次元モデルまたはその初期メッシュに対してユーザによる処理が可能とされ、3次元モデルまたはその初期メッシュに表面特性が付与される。その後、ユーザによるターゲットコンピュータシステムの選択および単純化度合いの選択が可能とされる。次いで、単純化メッシュとマッピング構造とを用いてグラフィックデータが生成される。従って、家300に関する窓302のグラフィックデータは、マッピング構造から、例えば、窓302とその窓の背後の絵画304との両方から得られる表面情報を含む。表面情報は、より複雑なモデルとなる前に存在していた情報であって、例えば、窓の反射や、絵画の色や、窓の対話性(例えば、対話型環境において窓が壊れているなど)などの情報であることが理解される。

0041

図4aは、本発明の実施形態におけるシステム300であって、既存の3次元モデルを複数のコンピュータシステム352,354,356,358のうちの少なくとも一つでの使用に適したグラフィックデータに変換するためのシステム300を示す。システム300は初期演算装置302を備え、ユーザ、典型的には、3次元モデル化を行うアーティストは、初期演算装置302上に既存の3次元モデルを有しているか、または、初期演算装置302上で上記したように3次元モデルを生成する。既存の3次元モデルは、多角形メッシュによって予め初期メッシュ304として事前に表現することが可能であり、あるいはNURBSや細分割曲面などの数学的表面記述によってモデル306が表現される。NURBSや細分割曲面は、大半のCADアプリケーションで用いられており、データをグラフィックデータに変換することができる点で有益である。なお、既存の3次元モデル306は、当業者には既知の種々の形態のものとすることができる。また、既存の3次元モデルは、「.step」、「.ige」、「.iges」などの種々のファイルタイプによって表現することができる。

0042

また、システムは記憶サーバ308を備え、ユーザは、この記憶サーバ308に既存の3次元モデルを記憶することができる。記憶サーバは、デジタル情報を記憶可能な装置またはスタンドアロンコンピュータシステムであることが理解され得る。記憶サーバ308は前処理ユニット322に対してアクセス可能とされ、前処理ユニット322は、必要に応じて既存の3次元モデルをテッセレーションし、さらにはそれぞれ最適化された単純化メッシュのセット323を生成することが可能である。単純化メッシュのセット323は、典型的には複数の単純化メッシュ(例えば5〜10個のメッシュ)を含み得る。ただし、セット323内の単純化メッシュの数は、アプリケーション毎に決定される、わずか3個ほどの少数の単純化メッシュの場合もあれば、複数のコンピュータシステムにおいてグラフィックデータを生成する場合には100個にもなるほどの多数の単純化メッシュの場合もある。各単純化メッシュは、ある単純化度合いと、単純化メッシュの面上の点を初期メッシュ上の対応する点にマッピングするためのマッピング構造とを有し、これらの単純化度合いおよびマッピング構造は、コンピュータシステム352,354,356,358のうちの一つに基づいている。前処理ユニット322は、好ましくは、ローカルコンピュータユニット、リモートサーバ、コンピュータクラスタ、またはネットワークコンピュータである。ローカルコンピュータユニットである場合、ユーザが用いるコンピュータシステムで前処理が行われることで、既存の3次元モデルが生成されたりまたは記憶サーバに3次元モデルがアップロードされたりすることが理解され得る。同様に、ローカルコンピュータユニットは、コンピュータの中央処理ユニットや、当該コンピュータシステムのグラフィック演算ユニットまたは特定の演算ユニットとすることができる。同様に、前処理ユニットがリモートサーバである場合、そのリモートサーバの中央処理ユニットや、当該リモートサーバのグラフィック演算ユニットまたは特定の演算ユニットによって前処理を行うことができる。コンピュータクラスタやネットワークコンピュータは、それらの間で処理タスクを分割してもよく、この方法は、有利には、既存の3次元モデルの前処理にかかるタスクの実行速度を向上させるために用いることができる。

0043

また、システムは、アプリケーション/プログラムユーザインタフェース332が実装および実行される演算装置330を備える。演算装置330の種類は本発明の必須の事項ではないが、例としては、パーソナルコンピュータ据え置き型またはラップトップ)、タブレット、スマートフォンなどとすることができる。アプリケーションプログラムユーザインタフェース332を、例えばウェブブラウザにおける仮想機器として提供することも可能である。演算装置330上のハードウェア制約を一層低減するために、本発明によれば、本発明の概念を用いて提供される機能をユーザ/顧客に「オンデマンド」で提供することも可能である。例えば、表面特性を適用してそれら表面特性の結果を検証することを希望するユーザは、演算装置330上のユーザインタフェース332を通じて、例えばサーバ(図示略)上で動作しコンピュータにより実現される変換処理にアクセスすることができる。このような方法は、典型的には「クラウド」または「クラウド型」と呼ばれる。

0044

あるいは、元画像(例えば、3D Studio Max(登録商標)やMaya(登録商標)など)を生成するためのソフトウェアを演算装置330に設けてもよい。演算装置330で動作するソフトウェアは、サーバ(図示略)上で動作しコンピュータにより実現される本発明の機能にアクセスまたはその機能と相互作用するように(例えばAPIや「オンデマンド」を参加型、固定サービスなどとして用いることによって)適応化される。演算装置330には、対話型アプリケーション332、例えばグラフィックユーザインタフェース332が存在し、このグラフィックユーザインタフェース332にてユーザは初期メッシュ334を相互処理して表面特性340,342を適用する。これにより、表面上における明暗や材料の選択などの表面特性によって初期メッシュ334に色付けしたり明暗を付けたりすることが可能な対話型設計環境がユーザにもたらされる。その後、ユーザは表面特性を適用した初期メッシュ336上でこれらの選択の結果を検証する。そして、ユーザは、webGL、unity、unreal engine 4、IOS(登録商標)、タブレットデバイス、スマートフォン、Playstation(登録商標)、Xbox(登録商標)、プログラムまたはアプリケーションをストリーミングするリモートコンピュータ、デスクトップコンピュータ、3Dプリンタなどのターゲットコンピュータシステム352,354,356,358を選択する。単純化度合いおよび対応するマッピング構造を有する単純化メッシュが用いられてグラフィックデータのプレビュー338が迅速に生成および出力されることで、そのグラフィックデータのプレビュー338がターゲットコンピュータシステム352,354,356,358上に現れる。

0045

一実施形態において、ユーザは、複数のターゲットコンピュータシステム352,354,356,358を選択することが可能であり、これにより、異なるターゲットコンピュータシステム352,354,356,358を対象としたグラフィックデータのプレビューをユーザに提示することが可能である。従って、ユーザは、各グラフィックデータに必要とされる忠実度に応じて、グラフィックデータを視覚的に検証しその可否を判断することができる。従って、ユーザは、各グラフィックデータの可否を個別に判断することができる。また、上記したように、例えば再選択した単純化度合いなどを用いることによって、更新したグラフィックデータを再生成することができる。

0046

図4bは、システム300の他の形態を示す。このシステム300はさらに公開サーバ350を備える。この公開サーバ350には、コンピュータゲームやその他の種類の対話型デジタル環境でデジタルモデルまたは資源としてグラフィックデータにアクセス可能となるように、完成したグラフィックデータを記憶することができる。

0047

図5は、表面特性340,342の適用に先立って、様々な単純化度合いを有する多数の単純化メッシュ402,404,406,408が演算装置330のユーザインタフェース332に示された実施形態を示している。ユーザは、異なる単純化メッシュを選択または除外することによって、忠実度または美的の点で適切なものを見つけ出すことができる。従って、ユーザが不所望のものを除外することによって、より小さなまたはより大きな単純化度合いを有する単純化メッシュを、所望のグラフィックデータを構築するために用いることができる。例えば、ユーザは単純化メッシュ402が所望の忠実度をもたらす形状または外形を有していないと直接評価した場合にはその単純化メッシュ402を除外する。そして、ユーザは最も望ましい単純化メッシュを選択することで、その単純化メッシュをグラフィックデータの生成に用いることが可能となる。

0048

本開示は、方法、システム、および種々の動作を実現する任意の装置読み取り可能媒体プログラム製品を考慮している。本開示の実施形態は、その目的または他の目的で組み込まれた既存のコンピュータプロセッサを用いてまたは適切なシステムにおける特定用途コンピュータプロセッサによって、あるいはハードワイヤシステムによって実装することが可能である。本開示の範囲内の実施形態は、装置読み取り可能媒体を備えるプログラム製品を含み、装置読み取り可能媒体は、それに記憶された装置実行可能な命令やデータを有する。このような装置読み取り可能媒体は、汎用または特定用途コンピュータあるいはプロセッサを備える他の装置によってアクセス可能な任意の利用可能媒体とすることができる。例として、そのような装置読み取り可能媒体は、RAM、ROM、EPROM、EEPROM、CD−ROM光ディスク記憶装置磁気ディスク記憶装置または磁気記憶装置、汎用または特定用途コンピュータあるいはプロセッサを備える他の装置によってアクセス可能な装置実行可能な命令やデータの形態での所望のプログラムコードを記憶するために用いることが可能な他の任意の媒体とすることができる。ネットワークまたは他の通信接続ワードワイヤワイヤレス、またはそれらの組み合わせ)を介して情報が装置に送信または提供されると、装置は、その接続を装置読み取り可能媒体として適切にみなす。このため、このような任意の接続が装置読み取り可能媒体である。ネットワーク接続と他の通信接続との組み合わせも装置読み取り可能媒体に含まれる。装置実行可能な命令は、例えば汎用コンピュータ、特定用途コンピュータ、または特定用途処理装置が、特定の機能または一群の機能を実行するための命令およびデータを含む。

0049

図面は特定の順序で方法ステップを示しているが、ステップの順序が図示されたものと異なっていてもよい。また、2以上のステップが連続的にまたは部分的に連続するように行われてもよい。そのような変更は、ソフトウェアおよびハードウェアシステムの選択に依存し得るとともに設計者の選択に依存し得る。全てのそのような変更は、本開示の範囲内にある。同様に、ソフトウェア実装は、種々の接続ステップ、処理ステップ、比較ステップ、判定ステップを実現するための規則に基づいたロジックおよび他のロジックを用いた標準プログラミング技術によって実現される。また、本発明を特定の例示としての実施形態について説明したが、多くの異なる変更、変形等が当業者には明らかである。図面、明細書、および特許請求の範囲に基づいて、開示される実施形態の種々の変更が本発明に属する当業者によって理解され実現され得る。特許請求の範囲において、「備える」の用語は、他の要素またはステップを排除しない。また、「一つ」は複数を排除しない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ