図面 (/)

技術 スマートホームデバイスの制御方法、装置、電子デバイス、プログラム及び記憶媒体

出願人 小米科技有限責任公司
発明者 侯恩星代龍文振威
出願日 2015年10月29日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2017-507059
公開日 2017年8月17日 (3年3ヶ月経過) 公開番号 2017-523737
状態 特許登録済
技術分野 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) 電話機の機能 計算機・データ通信
主要キーワード 分離部品 実施方案 電源部材 重複区域 ウェアラブルデバイス 操作形式 開放ユニット 通信部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年8月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題・解決手段

本発明はスマートホームデバイス制御方法、装置、電子デバイスプログラム及び記憶媒体に関し、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップとを含む。本発明の技術案を通じて、スマートホームデバイスの操作制御の安全性を向上させることができ、且つ操作制御プロセスの簡略化に役立つ。

概要

背景

スマートホーム(Smart Home、又はHome Automation)は住宅をフラットホームとし、総合配線技術、ネットワーク通信技術、安全防犯技術、自動制御技術、オーディオビデオ技術等を利用してホーム生活に関する施設集積して、高効率な住宅施設と家庭日程事務の管理システム構築し、ホームの安全性、利便性快適性芸術性を向上させ、且つ環境にやさしく省エネ居住環境を実現する。

スマートホームの設計と構想に基づいて、ユーザはいつでもどこでも、端末を通じてスマートホームデバイスへの遠距離制御を実現することができる。

概要

本発明はスマートホームデバイスの制御方法、装置、電子デバイスプログラム及び記憶媒体に関し、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップとを含む。本発明の技術案を通じて、スマートホームデバイスの操作制御の安全性を向上させることができ、且つ操作制御プロセスの簡略化に役立つ。

目的

本発明は従来技術における問題点を解決するためのスマートホームデバイスの制御方法及び装置、電子デバイスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップとを含むことを特徴とするスマートホームデバイスの制御方法

請求項2

前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末スクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含むことを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項3

前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のロック・スクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含むことを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項4

所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップは、送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信するステップと、対応する応答信号を受信したか否かに基づいて、関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップとを含み、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとすることを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項5

所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップは、プローブ信号を送信するステップと、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の強度が所定の範囲内にあるか否かを判断するステップと、前記応答信号の強度が所定の範囲内にある場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとするステップとを含むことを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項6

所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップは、送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信するステップと、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれているか否かに基づいて、前記応答信号の送信側が関連のあるウェアラブルデバイスであるか否かを判断するステップとを含み、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれている場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとすることを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項7

前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップは、今回の制御操作が終了するまで、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップを含むことを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項8

更に、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放した後、前記スマートホームデバイスの制御操作インタフェースに入るステップを含むことを特徴とする請求項1に記載のスマートホームデバイスの制御方法。

請求項9

スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するためのユーザのトリガー操作を検出する検出ユニットと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断する判断ユニットと、判断した結果、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する開放ユニットとを備えることを特徴とするスマートホームデバイスの制御装置

請求項10

前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のスクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含むことを特徴とす請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項11

前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のロック・スクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含むことを特徴とする請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項12

前記判断ユニットは、送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信する第1送信サブユニットと、対応する応答信号を受信したか否かに基づいて、関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断する第1判断サブユニットとを有し、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとすることを特徴とする請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項13

前記判断ユニットは、プローブ信号を送信する第2送信サブユニットと、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の強度が所定の範囲内にあるか否かを判断する第2判断サブユニットとを有し、前記応答信号の強度が所定の範囲内にある場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとすることを特徴とする請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項14

前記判断ユニットは、送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信する第3送信サブユニットと、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれているか否かに基づいて、前記応答信号の送信側が関連のあるウェアラブルデバイスであるか否かを判断する第3判断サブユニットとを有し、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれている場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとすることを特徴とする請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項15

前記開放ユニットは、今回の制御操作が終了する前に、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する権限開放サブユニットを有することを特徴とする請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項16

更に、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放した後、前記スマートホームデバイスの制御操作インタフェースに入るインタフェース切換ユニットを備えることを特徴とする請求項9に記載のスマートホームデバイスの制御装置。

請求項17

プロセッサと、プロセッサが実行可能なコマンドを記憶するためのメモリとを備え、前記プロセッサは、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出し、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断し、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するように構成されることを特徴とする電子デバイス

相互参照

0001

本願は出願番号が201510134554.5であって、出願日が2015年3月25日である中国特許出願に基づき、優先権を主張し、当該中国特許出願の全ての内容を本願に援用する。

技術分野

0002

本発明はスマートホーム技術分野に関し、特にスマートホームデバイス制御方法及び装置、電子デバイスに関する。

背景技術

0003

スマートホーム(Smart Home、又はHome Automation)は住宅をフラットホームとし、総合配線技術、ネットワーク通信技術、安全防犯技術、自動制御技術、オーディオビデオ技術等を利用してホーム生活に関する施設集積して、高効率な住宅施設と家庭日程事務の管理システム構築し、ホームの安全性、利便性快適性芸術性を向上させ、且つ環境にやさしく省エネ居住環境を実現する。

0004

スマートホームの設計と構想に基づいて、ユーザはいつでもどこでも、端末を通じてスマートホームデバイスへの遠距離制御を実現することができる。

0005

本発明は従来技術における問題点を解決するためのスマートホームデバイスの制御方法及び装置、電子デバイスを提供する。

0006

本発明の実施例の第1の様態によれば、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップと、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップとを含むスマートホームデバイスの制御方法を提供する。

0007

好ましくは、前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のスクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含む。

0008

好ましくは、前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のロック・スクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含む。

0009

好ましくは、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップは、
送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信するステップと、
対応する応答信号を受信したか否かに基づいて、関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップとを含み、
対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0010

好ましくは、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップは、
プローブ信号を送信するステップと、
対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の強度が所定の範囲内にあるか否かを判断するステップと、
前記応答信号の強度が所定の範囲内にある場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとするステップとを含む。

0011

好ましくは、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するステップは、
送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信するステップと、
対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれているか否かに基づいて、前記応答信号の送信側が関連のあるウェアラブルデバイスであるか否かを判断するステップとを含み、
前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれている場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0012

好ましくは、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップは、
今回の制御操作が終了するまで、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するステップを含む。

0013

好ましくは、前記方法は、更に、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放した後、前記スマートホームデバイスの制御操作インタフェースに入るステップを含む。

0014

本発明の実施例の第2の様態によれば、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するためのユーザのトリガー操作を検出する検出ユニットと、
所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断する判断ユニットと、
判断した結果、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する開放ユニットとを備えるスマートホームデバイスの制御装置を提供する。

0015

好ましくは、前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のスクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含む。

0016

好ましくは、前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のロック・スクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含む。

0017

好ましくは、前記判断ユニットは、
送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信する第1送信サブユニットと、
対応する応答信号を受信したか否かに基づいて、関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断する第1判断サブユニットとを有し、
対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0018

好ましくは、前記判断ユニットは、
プローブ信号を送信する第2送信サブユニットと、
対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の強度が所定の範囲内にあるか否かを判断する第2判断サブユニットとを有し、
前記応答信号の強度が所定の範囲内にある場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0019

好ましくは、前記判断ユニットは、
送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信する第3送信サブユニットと、
対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれているか否かに基づいて、前記応答信号の送信側が関連のあるウェアラブルデバイスであるか否かを判断する第3判断サブユニットとを有し、
前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれている場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0020

好ましくは、前記開放ユニットは、
今回の制御操作が終了する前に、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する権限開放サブユニットを有する。

0021

好ましくは、更に、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放した後、前記スマートホームデバイスの制御操作インタフェースに入るインタフェース切換ユニットを備える。

0022

本発明の実施例の第3の態様によれば、
プロセッサと、
プロセッサが実行可能なコマンドを記憶するためのメモリとを備え、
前記プロセッサは、
スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出し、
所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断し、
所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するように構成される電子デバイスを提供する。

0023

本発明の実施例が提供する技術案は下記のような有益な効果を含むことができる。

0024

本発明はスマートホームデバイスに対する制御権限を管理することで、スマートホームデバイスの安全性の向上に役立ち、同時に、ウェアラブルデバイスに対する検出を結合することで、デバイスの安全性を確保すると同時に、ユーザの操作を簡略化し、ユーザの使用体験を向上させることができる。

0025

また、上記の一般的な説明及び以下の詳細な説明は単なる例示及び解釈に過ぎず、本発明を限定するものではないことを理解すべきである。

図面の簡単な説明

0026

本願の図面は明細書に取り込まれて明細書の一部を構成し、本発明に合致する実施例を示し、また、明細書と共に本発明の原理の解釈に用いられる。

0027

一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御方法のフローチャートである。
一つの例示的な実施例にかかる端末のロック・スクリーンの模式図である。
一つの例示的な実施例にかかる端末のロック・スクリーンの模式図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御インタフェースの模式図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御インタフェースを起動する模式図である。
一つの例示的な実施例にかかるウェアラブルデバイスをスキャニングする模式図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。
一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御のための装置の構造模式図である。

実施例

0028

ここで例示的な実施例について詳細に説明を行うが、その例示は図面において示されている。以下の説明が図面に関する場合、特に示さない限り、異なる図面の中の同一の数字は同一又は類似の要素を表す。また、以下の例示的な実施例で説明する実施形態は、本発明と一致する全ての実施形態を代表するものではなく、これらは特許請求の範囲において詳述した、本発明の一部の態様と一致する装置及び方法の例に過ぎない。

0029

図1は一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御方法のフローチャートである。図1に示すように、該方法は端末に使われ、以下のようなステップを含むことができる。

0030

ステップ102において、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出する。

0031

本実施例において、ユーザのトリガー操作は端末スクリーンに対するタッチ操作であってもよく、且つ前記タッチ操作のタッチポイントは前記スマートホームデバイスの表示アイコンのトリガー範囲内に位置する。例えば、図2は端末のロック・スクリーンの模式図であり、仮にユーザが端末においてスマートホームデバイスに対する制御機能を配置した場合、端末のロック・スクリーンにおいて図2に示される表示アイコンが表示されることができ、ユーザは該表示アイコンに対するタッチ操作を通じて、対応するスマートホームデバイスに対する制御を実現することができる。

0032

例えば、図2に示される三つの表示アイコンはそれぞれ、ユーザにより配置される「スマートスピーカー」、「スマートライト」及び「スマートカム」を制御するために使われる。ユーザが「スマートライト」の表示アイコンをタッチ操作した時、仮に該表示アイコンのトリガー範囲が該アイコン表示範囲であるとすると、タッチポイントと該表示アイコンとの間に重複区域が発生した場合、ユーザが該表示アイコンをトリガーしたと判定することができる。

0033

表示アイコンに対するユーザのトリガー操作を検出した時、従来技術における処理プロセスに基づいて、端末はロック・スクリーンにおいて図3に示されるパスワード入力インタフェースを表示し、ユーザは予め配置したパスワードを該パスワード入力インタフェースに入力して初めて図4に示されるスマートホームデバイスの制御インタフェースに移動することができ、スマートホームデバイスに対する制御操作を実現することができる。プロセスにおいて、端末はインタフェースを切換しなければならず、且つユーザは手動パスワード入力操作を完成しなければならないので、プロセスが複雑になり且つ時間がかかり、ユーザの使用体験に影響するだけでなく、ユーザが緊急なイベントを処理するのに不利である。従って、本発明は下記のステップを通じて、上述された従来技術の問題点を解決する。

0034

ステップ104において、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断する。

0035

ステップ106において、ステップ104において判断した結果、存在すると判断される場合、即ち所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する。

0036

上述の実施例から分かるように、本発明はスマートホームデバイスに対する制御権限を管理することで、スマートホームデバイスの安全性の向上に役立ち、同時に、ウェアラブルデバイスに対する検出を結合することで、デバイスの安全性を確保すると同時に、ユーザの操作を簡略化し、ユーザの使用体験を向上させることができる。

0037

1、応用場面
本発明の実施例において、トリガー操作を実行するユーザに対して、端末は実際該ユーザの身分情報を得ようとする。管理権限を有するユーザである場合は、スマートホームデバイスに対する制御を許し、逆の場合は操作制御要求を拒絶する。ウェアラブルデバイスは、例えばスマートブレスレット、スマートメガネ、スマート指輪等のような、ユーザが身につけるスマートデバイスである。従って、ユーザが端末のスクリーンに表示されるアイコンをトリガーする場合、ユーザ及びこれらのウェアラブルデバイスと端末と距離がとても近く、現在操作制御しているユーザとその他ユーザを区別するために利用することができる。

0038

例えば図5に示すように、仮に端末がスマートフォンであり、ウェアラブルデバイスがユーザの手首につけたスマートブレスレットである場合、ユーザが端末のロック・スクリーン上の表示アイコンを指でタッチ(ここでのタッチ操作は例示に過ぎず、当然ながら例えばスライド操作のようなその他操作形式を採用することもでき、本発明はこれを制限しない)した時、スマートフォンはスマートブレスレットが所定の距離範囲内にあり、且つスマートブレスレットが関連のあるウェアラブルデバイスであることを検出した場合、現在操作制御しているユーザが管理権限を有すると判定して、例えば直接図4に示される操作制御インタフェースに移動するように、スマートホームデバイスに対する該ユーザの制御権限を開放することができる。

0039

2、所定の距離範囲
上記のように、図5に示される「スマートフォン−−スマートブレスレット」間の協力関係を例にする。図6に示すように、仮にスマートフォンの中に通信部材1が配置され、スマートブレスレットの中には通信部材2が配置されたとする場合、一つの例示的な実施例として、通信部材1と通信部材2はブルートゥース通信部材であってもよい。スマートフォンはユーザがロック・スクリーン上の表示アイコンに対するトリガー操作を検出した後、通信部材1を通じて外部にプローブ信号を送信し、対応して、スマートフォンは複数の方法でスマートブレスレットのリアルタイム距離を識別することができ、下記において、そのうちの二つの可能な方法を紹介する。

0040

1)送信パラメータを配置
通信部材1はプローブ信号を送信するとき、プローブ信号の送信パラメータを配置することで、プローブ信号の送信パラメータが所定の距離範囲に対応されるようにする。例えば、送信パラメータは送信電力(又は送信強度)であってもよく、且つ送信電力(又は送信強度)は所定の距離範囲とは正相関であり、即ち送信電力(又は送信強度)が大きいほど、対応する所定の距離範囲が大きい。

0041

スマートブレスレットがスマートフォンの所定の距離範囲内に位置する場合、通信部材2は通信部材1からの送信信号を受信し、且つ対応する応答信号を返信することができる。

0042

2)信号強度感知
通信部材1はプローブ信号を送信した後に、スマートブレスレットが通信部材2を通じて返信した応答信号を受信する。この場合、通信部材1は受信した応答信号の信号強度を測定し、これに基づいてスマートブレスレットとスマートフォンの間のリアルタイム距離を確定する。検出された信号強度とリアルタイム距離の間は逆相関であり、即ち信号強度が大きいほど、対応するリアルタイム距離が小さい。

0043

スマートブレスレットがスマートフォンの所定の距離範囲内に位置する場合、通信部材1が通信部材2から送信される応答信号を受信した時、該応答信号の信号強度は所定の範囲内にあることである。

0044

当然ながら、上述した1)送信パラメータの配置と2)信号強度の感知の判断方法を結合して、スマートブレスレットとスマートフォンとの間のリアルタイム距離を共同で確定することもでき、ここでは繰り返し説明しない。

0045

3、関連のあるウェアラブルデバイス
例示的な実施例として、端末はプローブ信号を送信した後、対応する応答信号を受信したか否かに基づいて、関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断することができ、ここで、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。ここで、プローブ信号はウェアラブルデバイスの特有通信プロトコルを採用することができ、非ウェアラブルデバイスをスキャニングすることで引き起こされる誤判別を避ける。

0046

他の例示的な実施例として、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の強度が所定の範囲内にあるか否かを判断し、前記応答信号の強度が所定の範囲内にある場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0047

他の例示的な実施例として、対応する応答信号を受信した場合、端末は、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれているか否かに基づいて、前記応答信号の送信側が関連のあるウェアラブルデバイスであるか否かを判断することができ、ここで、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれている場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0048

該実施例において、端末とウェアラブルデバイスの間は予めマッチングする必要があり、且つ端末はマッチングされたウェアラブルデバイスのデバイスIDを記録する。図5に示される場面を例にすると、スマートフォンの通信部材1はスマートブレスレットが通信部材2を通じて返信した応答メッセージを受信し、且つ該応答メッセージに含まれたデバイスIDがスマートフォンに記録されている場合、両者が事前マッチング操作を完成したことを表し、対応するユーザに制御権限を開放することができる。デバイスIDを検証することで、更にユーザがマッチングしなかったウェアラブルデバイスを利用して端末について身分詐欺をすることを避けることができ、安全性の向上に役立つ。

0049

当然ながら、端末は、「関連のあるウェアラブルデバイス」を識別するために、上述した複数実施例のうちのいずれかを選択、又は複数を組み合わせることができ、ここでは繰り返し説明しない。

0050

4、制御権限の開放
一方、制御権限は制御可能な対象に対する制限を含むことができる。例えば、トリガーされた表示アイコンに対応するスマートホームデバイスのみに対する制御権限を開放する。例えば、図4に示される制御インタフェースにおいて、ユーザが図2においてトリガーしたのがスマートライトに対応する表示アイコンであるため、図4に示される制御インタフェース内で、例えば「状態」スイッチの切換、「光度」の調整などのような、スマートライトを制御することができる。しかし、ユーザが図4の下に示される他のスマートホームデバイスをクリックした場合は、ユーザの身分を再び検証する必要があるため、安全性をより向上させるために役立つ。

0051

当然ながら、制御可能な対象に対する制限は必須ではない。例えば、制限がない場合、ユーザは図4の下の表示アイコンをクリックすることで、対応するスマートホームデバイスの制御インタフェースに切り換え、制御操作を完成することができる。

0052

もう一方、制御権限は制御時限に対する制限を含むことができる。例えば、今回の制御操作が終了するまでのみ、スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する。ここで、「今回の制御操作が終了」は複数の解釈を有することができ、例えば、ユーザは図2に示されるトリガー操作を通じて図4に示される制御インタフェースに入った後、図4に示される制御インタフェースを出ること、端末のスクリーンがロックされること、表示アイコンがトリガーされてから所定の時間長さに達すること等、のうちのいずれかを採用することができる。

0053

当然ながら、ユーザが図2に示される端末のインタフェースにおいてスマートホームデバイスをトリガーした後、必ずしも図4に示される制御インタフェースに入るとは限らない。例えば、ユーザが図2における「スマートライト」をトリガーした後、端末は直接該スマートライトに「スイッチ」の制御コマンドを送信することができる。この場合、ユーザは他の方法で図4に示される制御インタフェースに入り、他の制御機能を実行することもできる。

0054

前述したスマートホームデバイスの制御方法の実施例に対応して、本発明は更にスマートホームデバイスの制御装置の実施例を提供する。

0055

図7は一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図である。図7に示すように、該装置は、検出ユニット71、判断ユニット72及び開放ユニット73を備えることができる。

0056

ここで、検出ユニット71は、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するためのユーザのトリガー操作を検出するように配置され、
判断ユニット72は、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否か判断をするように配置され、
開放ユニット73は、判断した結果、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するように配置される。

0057

好ましくは、前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のスクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含む。

0058

好ましくは、前記ユーザのトリガー操作は、ユーザが端末のロック・スクリーンに対するタッチ又はスライド操作であり、前記タッチ又はスライド操作のタッチポイントは、前記スマートホームデバイスに対応するトリガー範囲内のポイントを含む。

0059

図8に示すように、図8は一つの例示的な実施例にかかる他のスマートホームデバイスの制御装置のブロック図であり、該実施例は前述した図7に示される実施例を基にしており、判断ユニット72は、第1送信サブユニット721及び第1判断サブユニット722を有することができる。

0060

ここで、第1送信サブユニット721は、送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応するプローブ信号を送信するように配置され、
第1判断サブユニット722は、対応する応答信号を受信したか否かに基づいて、関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断するように配置され、ここで、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0061

図9に示すように、図9は一つの例示的な実施例にかかる他のスマートホームデバイスの制御装置のブロック図であり、該実施例は前述した図7に示す実施例を基にしており、判断ユニット72は、第2送信サブユニット723及び第2判断サブユニット724を有することができる。

0062

ここで、第2送信サブユニット723は、プローブ信号を送信し、
第2判断サブユニット724は、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号の強度が所定の範囲内にあるか否かを判断し、ここで、前記応答信号の強度が所定の範囲内にある場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0063

図10に示すように、図10は一つの例示的な実施例にかかる他のスマートホームデバイスの制御装置のブロック図であり、該実施例は前述した図7に示す実施例を基にしており、判断ユニット72は、第3送信サブユニット725及び第3判断サブユニット726を有することができる。

0064

第3送信サブユニット725は、送信パラメータが前記所定の距離範囲と対応する、プローブ信号を送信するように配置され、
第3判断サブユニット726は、対応する応答信号を受信した場合、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれているか否かに基づいて、前記応答信号の送信側が関連のあるウェアラブルデバイスであるか否かを判断するように配置され、ここで、前記応答信号に所定のデバイスIDが含まれている場合、前記応答信号の送信側を関連のあるウェアラブルデバイスとする。

0065

説明しなければいけないのは、上述した図10に示される装置実施例における権限開放サブユニット731の構造は前述した図9の装置実施例に含まれることも可能で、本発明はこれを限定しない。

0066

図11に示すように、図11は一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイスの制御装置のブロック図であり、該実施例は前述した図7に示す実施例を基にしており、開放ユニット73は、権限開放サブユニット731を有することができる。

0067

ここで、権限開放サブユニット731は、今回の制御操作が終了するまで、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するように配置される。

0068

説明しなければいけないのは、上述した図11に示される装置実施例における権限開放サブユニット731の構造は前述した図9−10の装置実施例に含まれることも可能で、本発明はこれを限定しない。

0069

図12に示すように、図12は一つの例示的な実施例にかかる他のスマートホームデバイスの制御装置のブロック図であり、該実施例は前述した図7に示される実施例を基にしており、該装置は、更にインタフェース切換ユニット74を備えることができる。

0070

ここで、インタフェース切換ユニット74は、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放した後、前記スマートホームデバイスの制御操作インタフェースに入るように配置される。

0071

説明しなければいけないのは、上述した図12に示される装置実施例におけるインタフェース切換ユニット74の構造は前述した図8−11の装置実施例に含まれることも可能で、本発明はこれを限定しない。

0072

上述した実施例における装置に関しては、それぞれのモジュールが操作を実行する具体的な方法は既に関連のある実施例において詳細な説明を行っており、ここでは繰り返し説明しない。

0073

装置実施例において、基本的に方法の実施例に対応するため、関連する部分は方法の実施例の一部説明を参照すればよい。以上に説明した装置実施例は例示的なものに過ぎず、分離部品として説明されるユニット物理的に分離できるものであってもなくてもよい。ユニットとして表示される部品は物理的なユニットであってもなくてもよい。即ち、一箇所に位置することが可能で、または複数のネットワークユニット分布されていてもよい。実際のニーズに基づいて、その中の一部または全部のモジュールを選択して本発明の技術案の目的を実現することができる。当業者創造的な労働を経ずに、理解し実施することができる。

0074

上記に対応して、本発明は更にスマートホームデバイスの制御装置を提供し、プロセッサ、及びプロセッサが実行可能なコマンドを記憶するためのメモリとを備え、前記プロセッサは、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出し、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断し、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放するように構成される。

0075

上記に対応して、本発明は更に端末を提供し、前記端末は、メモリ、及び一つ又は一つ以上のプロセッサに実行されるメモリに記憶されている一つ又は一つ以上のプログラムを含む。前記プログラムは、スマートホームデバイスに対する制御権限を取得するための、ユーザのトリガー操作を検出し、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在するか否かを判断し、所定の距離範囲内に関連のあるウェアラブルデバイスが存在すると判断される場合、前記スマートホームデバイスに対する制御権限を開放する操作を行うためのコマンドを含む。

0076

図13は一つの例示的な実施例にかかるスマートホームデバイス制御のための装置1300のブロック図である。例えば、装置1300は、携帯電話コンピューターデジタル放送端末メッセージ送受信デバイス、ゲームコンソールタブレットデバイス医療デバイスフィットネス設備パーソナルデジタルアシスタント等であってもよい。

0077

図13を参照して、装置1300は、プロセス部材1302、メモリ1304、電源部材1306、マルチメディア部材1308、オーディオ部材1310、入出力(I/O)インターフェイス1312、センサ部材1314、及び通信部材1316のような一つ以上の部材を含んでよい。

0078

プロセス部材1302は、一般的には装置1300の全体の操作を制御するものであり、例えば、表示、電話呼び出しデータ通信カメラ操作、及び記録操作と関連される操作を制御する。プロセス部材1302は、一つ以上のプロセッサ1320を含み、これらによって命令を実行することにより、上記の方法の全部、或いは一部のステップを実現するようにしてもよい。なお、プロセス部材1302は、一つ以上のモジュールを含み、これらによってプロセス部材1302と他の部材の間のインタラクションを容易にするようにしてもよい。例えば、プロセス部材1302は、マルチメディアモジュールを含み、これらによってマルチメディア部材1308とプロセス部材1302の間のインタラクションを容易にするようにしてもよい。

0079

メモリ1304は、各種類のデータを記憶することにより装置1300の操作を支援するように構成される。これらのデータの例は、装置1300において操作されるいずれのアプリケーションプログラム又は方法の命令、連絡対象データ、電話帳データ、メッセージ、画像、ビデオ等を含む。メモリ1304は、いずれの種類の揮発性不揮発性記憶デバイスまたはそれらの組み合わせによって実現されてもよく、例えば、SRAM(Static Random Access Memory)、EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read Only Memory)、EPROM(Erasable Programmable ROM)、PROM(Programmable ROM)、ROM、磁気メモリフラッシュメモリ磁気ディスク、或いは光ディスクである。

0080

電源部材1306は、装置1300の多様な部材に電力を供給する。電源部材1306は、電源管理システム、一つ以上の電源、及び装置1300のための電力の生成、管理及び割り当てに関連される他の部材を含んでもよい。

0081

マルチメディア部材1308は、前記装置1300とユーザの間に一つの出力インターフェイスを提供するスクリーンを含む。上記の実施例において、スクリーンは液晶モニター(LCD)とタッチパネルTP)を含んでもよい。スクリーンがタッチパネルを含むことにより、スクリーンはタッチスクリーンを実現することができ、ユーザからの入力信号を受信することができる。タッチパネルは一つ以上のタッチセンサを含んでおり、タッチ、スライド、及びタッチパネル上のジェスチャを検出することができる。前記タッチセンサは、タッチ、或いはスライドの動作の境界だけでなく、前記のタッチ、或いはスライド操作に係る継続時間及び圧力も検出できる。上記の実施例において、マルチメディア部材1308は、一つのフロントカメラ、及び/又はリアカメラを含む。装置1300が、例えば撮影モード、或いはビデオモード等の操作モードにある場合、フロントカメラ、及び/又はリアカメラは外部からマルチメディアデータを受信できる。フロントカメラとリアカメラのそれぞれは、一つの固定型光レンズ系、或いは可変焦点距離光学ズーム機能を有するものであってもよい。

0082

オーディオ部材1310は、オーディオ信号を入出力するように構成されてもよい。例えば、オーディオ部材1310は、一つのマイク(MIC)を含み、装置1300が、例えば呼出しモード、記録モード、及び音声認識モード等の操作モードにある場合、マイクは外部のオーディオ信号を受信することができる。受信されたオーディオ信号は、さらにメモリ1304に記憶されたり、通信部材1316を介して送信されたりされる。上記の実施例において、オーディオ部材1310は、オーディオ信号を出力するための一つのスピーカーをさらに含む。

0083

I/Oインターフェイス1312は、プロセス部材1302と周辺インターフェイスモジュールの間にインターフェイスを提供するものであり、上記周辺インターフェイスモジュールは、キーボードクリックホイール、ボタン等であってもよい。これらのボタンは、ホームページボタン、ボリュームボタン起動ボタンロッキングボタンを含んでもよいが、これらに限定されない。

0084

センサ部材1314は、装置1300に各方面の状態に対する評価を提供するための一つ以上のセンサを含む。例えば、センサ部材1314は、装置1300のON/OFF状態、装置1300のディスプレイと小さなキーパッドのような部材の相対的な位置決めを検出できる。また、例えば、センサ部材1314は、装置1300、或いは装置1300の一つの部材の位置変更、ユーザと装置1300とが接触しているか否か、装置1300の方位、又は加速減速、装置1300の温度の変化を検出できる。センサ部材1314は、何れの物理的接触がない状態にて付近物体の存在を検出するための近接センサを含んでもよい。センサ部材1314は、撮影アプリケーションに適用するため、CMOS、又はCCDイメージセンサのような光センサを含んでもよい。上記の実施例において、当該センサ部材1314は、加速度センサジャイロスコープセンサ磁気センサ圧力センサ、及び温度センサをさらに含んでもよい。

0085

通信部材1316は、装置1300と他の機器の間に有線、又は無線形態の通信を提供する。装置1300は、例えばWiFi(登録商標)、2G、3G、或いはこれらの組み合わせのような、通信規格に基づいた無線ネットワークに接続されてもよい。一つの例示的な実施例において、通信部材1316は、放送チャンネルを介して外部の放送管理システムからの放送信号、又は放送に関連される情報を受信する。一つの例示的な実施例において、前記通信部材1316は、近距離無線通信(NFC)モジュールをさらに含むことにより、近距離通信推進するようにする。例えば、NFCモジュールは、RFID(Radio Frequency Identification)技術、IrDA(Infrared Data Association)技術、UWB(Ultra WideBand)技術、BT(Bluetooth(登録商標))技術、他の技術に基づいて実現できる。

0086

例示的な実施例において、装置1300は、一つ以上のASIC(Application Specific IntegratedCircuit)、DSP(Digital Signal Processor)、DSPD(Digital Signal Processing Device)、PLD(Programmable Logic Device)、FPGA(Field−Programmable Gate Array)、コントローラマイクロコントローラマイクロプロセッサ、または他の電子部品によって実現されるものであり、上記方法を実行する。

0087

例示的な実施例において、さらに、命令を含むコンピュータ読取り可能な非一時的な記録媒体、例えば命令を含むメモリ1304を提供しており、装置1300のプロセッサ1320により上記命令を実行して上記方法を実現する。例えば、前記コンピュータ読取り可能な非一時的な記録媒体は、ROM、RAM、CD−ROM磁気テープフロッピーディスク光データ記憶デバイス等である。

0088

当業者は明細書を検討し、ここで開示した発明を実践した後、本発明のその他の実施方案を容易に思いつくことができる。本願は本発明の全ての変更、用途又は適応性の変化を含む。これらの変更、用途又は適応性の変化は本発明の一般的な原理に基づいており、本発明に未開示の本技術分野における周知技術又は慣用技術手段を含む。明細書及び実施例は例示的なものに過ぎず、本発明の真の範囲及び主旨は以下の特許請求の範囲によって示される。

0089

本発明は、上記で説明した、また図面において示した寸分違わぬ構成に限定されず、その範囲を逸脱しない前提のもとで種々の変更及び修正を行うことができることを理解すべきである。本発明の範囲は付された特許請求の範囲によってのみ限定される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ