図面 (/)

技術 拡張間欠受信(DRX)のためのRANプロシージャ

出願人 クゥアルコム・インコーポレイテッド
発明者 バジャペヤム、マドハバン・スリニバサングリオト、ミゲルシュ、ハオウェイ、ヨンビン北添正人マラディ、ダーガ・プラサド
出願日 2015年8月5日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2017-506329
公開日 2017年8月17日 (2年6ヶ月経過) 公開番号 2017-523724
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード 修正期間 インデックスモジュール ロケーションタグ 参照ラベル システム情報更新 反復フレーム 電力バジェット セキュリティセット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年8月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題・解決手段

ハイパーフレーム拡張シグナリングを使用する拡張DRX(e−DRX)動作について説明する。ハイパーフレーム拡張シグナリングは、拡張システムフレーム番号(SFN)範囲を使用するように構成されないレガシーデバイスのための後方互換性を維持しながら、SFN範囲を拡張し得る。ハイパーSFN拡張シグナリングは、SFNの送信のために使用されるシステム情報とは異なるシステム情報の一部として送信されるハイパーSFNへのインデックスを含み得る。ハイパーSFNを使用するように構成されたUEは、レガシーSFN範囲とハイパーSFN範囲とを含む、より長いまたは拡張SFN範囲を、効果的に使用し得る。ハイパーSFN拡張は、同じページングリソース上の既存のI−DRXモード共存し得る拡張アイドルDRX(eI−DRX)モードで使用され得る。追加または代替として、ページングは、別個ページングオケージョンまたは新しいページング無線ネットワーク一時識別子(RNTI)を使用するeI−DRXモードUEのために区別され得る。

概要

背景

[0003]ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および電力)を共有することによって複数のユーザとの通信サポートすることが可能な多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例としては、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムがある。

[0004]例として、ワイヤレス多元接続通信システムは、各々が、場合によってはユーザ機器(UE)として知られる、複数の通信デバイスのための通信を同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、(たとえば、基地局からUEへの送信のために)ダウンリンクチャネル、および(たとえば、UEから基地局への送信のために)アップリンクチャネル上で、UEと通信し得る。

[0005]UEは、データを連続的に受信または送信しないことがある。いくつかの場合には、UEは間欠受信(DRX)サイクルを利用し得、間欠受信(DRX)サイクルの間に、UEは、電力を節約するためにいくつかの無線構成要素を周期的にオフにし、次いで、データが受信のために利用可能であり得るという指示を送信または監視するためのデータをUEが有する場合、それらの構成要素を再アクティブ化する。DRX動作モードは、UEによって消費される電力量を大幅に低減することができる。

概要

ハイパーフレーム拡張シグナリングを使用する拡張DRX(e−DRX)動作について説明する。ハイパーフレーム拡張シグナリングは、拡張システムフレーム番号(SFN)範囲を使用するように構成されないレガシーデバイスのための後方互換性を維持しながら、SFN範囲を拡張し得る。ハイパーSFN拡張シグナリングは、SFNの送信のために使用されるシステム情報とは異なるシステム情報の一部として送信されるハイパーSFNへのインデックスを含み得る。ハイパーSFNを使用するように構成されたUEは、レガシーSFN範囲とハイパーSFN範囲とを含む、より長いまたは拡張SFN範囲を、効果的に使用し得る。ハイパーSFN拡張は、同じページングリソース上の既存のI−DRXモード共存し得る拡張アイドルDRX(eI−DRX)モードで使用され得る。追加または代替として、ページングは、別個ページングオケージョンまたは新しいページング無線ネットワーク一時識別子(RNTI)を使用するeI−DRXモードUEのために区別され得る。

目的

[0003]ワイヤレス通信システムは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信システムにおける間欠受信(DRX)動作のための方法であって、フレームインデックスブロードキャストすることと、前記フレームインデックスが、少なくとも1つのレガシーユーザ機器(UE)によって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルフレーム番号を決定するために使用される、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることと、各ハイパーフレームサイクルが複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される、を備える、方法。

請求項2

前記第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい拡張DRXサイクルに従って、前記第2のDRXモードのために前記少なくとも1つの非レガシーUEを構成することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記第2のDRXモードのための前記拡張DRXサイクルをブロードキャストすることをさらに備える、請求項2に記載の方法。

請求項4

前記拡張DRXサイクルのページングオケージョンにおいて前記少なくとも1つの非レガシーUEのためのページング情報を送信することをさらに備える、請求項2に記載の方法。

請求項5

前記ページング情報が、ページング情報を受信するために前記少なくとも1つのレガシーUEによって使用される第1の無線ネットワーク一時識別子(RNTI)とは異なる第2のRNTIによって識別される、請求項4に記載の方法。

請求項6

前記ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることが、前記フレームインデックスをブロードキャストするために使用される第1の情報ブロックとは異なる第2の情報ブロックを使用して、前記ハイパーフレームインデックスを送信することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項7

システム情報修正を拡張DRXサイクルに同期させることをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項8

前記フレームインデックスをブロードキャストすることが、物理ブロードキャストチャネルを介して前記フレームインデックスを送信することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項9

前記ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることが、物理ダウンリンクデータチャネルを介してシステム情報ブロック(SIB)中で前記ハイパーフレームインデックスを送信することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項10

前記第2のDRXモードがアイドルDRX(I−DRX)モードを備える、請求項1に記載の方法。

請求項11

ワイヤレス通信システムにおける間欠受信(DRX)動作のための方法であって、フレームインデックスを計算することと、前記フレームインデックスが、第1のDRXモードのためにレガシーユーザ機器(UE)によって利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信することと、前記フレームインデックスと前記ハイパーフレームインデックスとに基づいて、反復拡張フレームサイクルの拡張フレームインデックスを決定することと、第2のDRXモードの拡張DRXサイクルのための構成を識別することと、ここにおいて、前記拡張DRXサイクルが、前記第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい、前記拡張DRXサイクルに従って前記拡張フレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することとを備える、方法。

請求項12

前記反復フレームサイクルのインデックスの数よりも大きい可能な値の範囲を有する拡張UE識別子に基づいて、前記少なくとも1つのページングオケージョンを決定することをさらに備える、請求項11に記載の方法。

請求項13

前記少なくとも1つのページングオケージョンにおいてページング情報を受信することをさらに備える、請求項11に記載の方法。

請求項14

前記ページング情報が、ページング情報を受信するために前記レガシーUEによって使用される第1の無線ネットワーク一時識別子(RNTI)とは異なる第2のRNTIによって識別される、請求項13に記載の方法。

請求項15

前記フレームインデックスを計算することが、物理ブロードキャストチャネルを介して前記フレームインデックスを受信することを備える、請求項11に記載の方法。

請求項16

前記ハイパーフレームインデックスを受信することが、物理ダウンリンクデータチャネルを介してシステム情報ブロック(SIB)中で前記ハイパーフレームインデックスを受信することを備える、請求項11に記載の方法。

請求項17

前記第2のDRXモードがアイドルDRX(I−DRX)モードを備える、請求項11に記載の方法。

請求項18

ワイヤレス通信システムにおける間欠受信(DRX)動作のための装置であって、プロセッサと、前記プロセッサと電子通信しているメモリ、および前記メモリに記憶された命令とを備え、前記命令は、フレームインデックスをブロードキャストすることと、前記フレームインデックスが、少なくとも1つのレガシーユーザ機器(UE)によって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を決定するために使用される、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることと、各ハイパーフレームサイクルが複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される、を行うために前記プロセッサによって実行可能である、装置。

請求項19

前記命令が、前記第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい拡張DRXサイクルに従って、前記第2のDRXモードのために前記少なくとも1つの非レガシーUEを構成するために前記プロセッサによってさらに実行可能である、請求項18に記載の装置。

請求項20

前記命令が、前記第2のDRXモードのための前記拡張DRXサイクルをブロードキャストするために前記プロセッサによってさらに実行可能である、請求項19に記載の装置。

請求項21

前記命令が、前記拡張DRXサイクルのページングオケージョンにおいて前記少なくとも1つの非レガシーUEのためのページング情報を送信するために前記プロセッサによってさらに実行可能である、請求項19に記載の装置。

請求項22

前記ページング情報が、ページング情報を受信するために前記少なくとも1つのレガシーUEによって使用される第1の無線ネットワーク一時識別子(RNTI)とは異なる第2のRNTIによって識別される、請求項21に記載の装置。

請求項23

前記ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることが、前記フレームインデックスをブロードキャストするために使用される第1の情報ブロックとは異なる第2の情報ブロックを使用して、前記ハイパーフレームインデックスを送信することを備える、請求項18に記載の装置。

請求項24

前記命令が、システム情報の修正を拡張DRXサイクルに同期させるために前記プロセッサによってさらに実行可能である、請求項18に記載の装置。

請求項25

ワイヤレス通信システムにおける間欠受信(DRX)動作のための装置であって、プロセッサと、前記プロセッサと電子通信しているメモリ、および前記メモリに記憶された命令とを備え、前記命令は、フレームインデックスを計算することと、前記フレームインデックスが、第1のDRXモードのためにレガシーユーザ機器(UE)によって利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信することと、前記フレームインデックスと前記ハイパーフレームインデックスとに基づいて、反復拡張フレームサイクルの拡張フレームインデックスを決定することと、第2のDRXモードの拡張DRXサイクルのための構成を識別することと、ここにおいて、前記拡張DRXサイクルが、前記第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい、前記拡張DRXサイクルに従って前記拡張フレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することとを行うために前記プロセッサによって実行可能である、装置。

請求項26

前記命令が、前記反復フレームサイクルのインデックスの数よりも大きい可能な値の範囲を有する拡張UE識別子に基づいて、前記少なくとも1つのページングオケージョンを決定するために前記プロセッサによってさらに実行可能である、請求項25に記載の装置。

請求項27

前記命令が、前記少なくとも1つのページングオケージョンにおいてページング情報を受信するために前記プロセッサによってさらに実行可能である、請求項25に記載の装置。

請求項28

前記ページング情報が、ページング情報を受信するために前記レガシーUEによって使用される第1の無線ネットワーク一時識別子(RNTI)とは異なる第2のRNTIによって識別される、請求項27に記載の装置。

請求項29

前記フレームインデックスを計算することが、物理ブロードキャストチャネルを介して前記フレームインデックスを受信することを備える、請求項25に記載の装置。

請求項30

前記ハイパーフレームインデックスを受信することが、物理ダウンリンクデータチャネルを介してシステム情報ブロック(SIB)中で前記ハイパーフレームインデックスを受信することを備える、請求項25に記載の装置。

技術分野

0001

相互参照
[0001]本特許出願は、各々が本出願の譲受人に譲渡された、2015年8月4日に出願された、「RAN Procedures for Extended Discontinuous Reception (DRX)」と題する、Vajapeyamらによる米国特許出願第14/818,141号、および2014年8月6日に出願された、「RAN Procedures for Extended Discontinuous Reception (DRX)」と題する、Vajapeyamらによる米国仮特許出願第62/034,087号の優先権を主張する。

0002

[0002]本開示は、たとえば、ワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、改善された性能および電力節約のために間欠受信(DRX:discontinuous reception)を向上させることに関する。

背景技術

0003

[0003]ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および電力)を共有することによって複数のユーザとの通信サポートすることが可能な多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例としては、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムがある。

0004

[0004]例として、ワイヤレス多元接続通信システムは、各々が、場合によってはユーザ機器(UE)として知られる、複数の通信デバイスのための通信を同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、(たとえば、基地局からUEへの送信のために)ダウンリンクチャネル、および(たとえば、UEから基地局への送信のために)アップリンクチャネル上で、UEと通信し得る。

0005

[0005]UEは、データを連続的に受信または送信しないことがある。いくつかの場合には、UEは間欠受信(DRX)サイクルを利用し得、間欠受信(DRX)サイクルの間に、UEは、電力を節約するためにいくつかの無線構成要素を周期的にオフにし、次いで、データが受信のために利用可能であり得るという指示を送信または監視するためのデータをUEが有する場合、それらの構成要素を再アクティブ化する。DRX動作モードは、UEによって消費される電力量を大幅に低減することができる。

0006

[0006]説明する特徴は、一般に、ハイパーフレーム拡張シグナリング(hyper frame extension signaling)を使用して間欠受信(DRX:discontinuous reception)動作を拡張するための1つまたは複数の改善されたシステム、方法、および/または装置に関する。説明する特徴は、レガシーシステムフレーム番号(SFN:system frame number)とハイパーSFNとに基づく拡張フレームサイクルを使用して拡張DRXサイクル(extended DRX cycles)を非レガシーユーザ機器(UE)に対して与えながら、DRXモードのための反復フレームサイクル(repeating frame cycle)を用いてレガシーUEをサポートすることを含む。セルが、拡張フレームサイクルに従って拡張DRX動作のためのデフォルト拡張DRXサイクルをブロードキャストし得る。追加または代替として、非レガシーUEはUE固有拡張DRXサイクルを要求し得る。拡張DRXを使用して動作するUEのためのページングは、同じページングリソース上で既存のDRXモードを使用するUEのためのページングと共存し得る。追加または代替として、ページングは、別個ページングオケージョン(separate paging occasions)または新しいページング無線ネットワーク一時識別子(RNTI: radio network temporary identifier)を使用する拡張DRXモードUEのために区別され得る。

0007

[0007]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のための方法について説明し、本方法は、フレームインデックスをブロードキャストすることと、フレームインデックスが、少なくとも1つのレガシーUEによって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を決定するために使用される、および、反復ハイパーフレームサイクル(hyper frame cycle)のハイパーフレームインデックス(hyper frame index)をブロードキャストすることと、各ハイパーフレームサイクルが複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される、を含む。

0008

[0008]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のための装置について説明し、本装置は、フレームインデックスをブロードキャストするための手段と、フレームインデックスが、少なくとも1つのレガシーUEによって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を決定するために使用される、および、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストするための手段と、各ハイパーフレームサイクルが複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される、を含む。

0009

[0009]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のための装置について説明し、本装置は、プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリ、およびメモリに記憶された命令とを含む。態様では、命令は、フレームインデックスをブロードキャストすることと、フレームインデックスが、少なくとも1つのレガシーUEによって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を決定するために使用される、および、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることと、各ハイパーフレームサイクルが複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される、を行うためにプロセッサによって実行可能である。

0010

[0010]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のためのコードを記憶する非一時的コンピュータ可読媒体について説明する。態様では、コードは、フレームインデックスをブロードキャストすることと、フレームインデックスが、少なくとも1つのレガシーUEによって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を決定するために使用される、および、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることと、各ハイパーフレームサイクルが複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される、を行うためのプロセッサによって実行可能な命令を含む。

0011

[0011]上記で説明した方法のいくつかの例は、第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい拡張DRXサイクルに従って、第2のDRXモードのために少なくとも1つの非レガシーUEを構成することを含み得る。上記で説明した方法のいくつかの例は、第2のDRXモードのための拡張DRXサイクルをブロードキャストすることを含み得る。上記で説明した方法のいくつかの例は、拡張DRXサイクルのページングオケージョンにおいて少なくとも1つの非レガシーUEのためのページング情報を送信することを含み得る。ページング情報は、ページング情報を受信するために少なくとも1つのレガシーUEによって使用される第1のRNTIとは異なる第2のRNTIによって識別され得る。上記で説明した方法のいくつかの例は、システム情報修正を拡張DRXサイクルに同期させることを含み得る。上記で説明した装置および/または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、これらの特徴を実行するための手段、これらの特徴を実行するためのプロセッサによって実行可能である命令、および/またはこれらの特徴を実行するためのコードを含み得る。

0012

[0012]上記で説明した方法のいくつかの例では、ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることは、フレームインデックスをブロードキャストするために使用される第1の情報ブロックとは異なる第2の情報ブロックを使用して、ハイパーフレームインデックスを送信することを含む。上記で説明した方法のいくつかの例では、フレームインデックスをブロードキャストすることは、物理ブロードキャストチャネルを介してフレームインデックスを送信することを備える。上記で説明した方法のいくつかの例では、ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることは、物理ダウンリンクデータチャネルを介してシステム情報ブロック(SIB:system information block)中でハイパーフレームインデックスを送信することを備える。上記で説明した装置および/または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、これらの特徴を実行するための手段、これらの特徴を実行するためのプロセッサによって実行可能である命令、および/またはこれらの特徴を実行するためのコードを含み得る。

0013

[0013]上記で説明した方法、装置、および/または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、第2のDRXモードはアイドルDRX(I−DRX:idle DRX)モードである。

0014

[0014]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のための方法について説明し、本方法は、フレームインデックスを計算することと、フレームインデックスが、第1のDRXモードのためにレガシーUEによって利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信することと、フレームインデックスとハイパーフレームインデックスとに基づいて、反復拡張フレームサイクルの拡張フレームインデックスを決定することと、第2のDRXモードの拡張DRXサイクルのための構成を識別することと、ここにおいて、拡張DRXサイクルが、第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい、および、拡張DRXサイクルに従って拡張フレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することとを含む。

0015

[0015]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のための装置について説明し、本装置は、フレームインデックスを計算するための手段と、フレームインデックスが、第1のDRXモードのためにレガシーUEによって利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信するための手段と、フレームインデックスとハイパーフレームインデックスとに基づいて、反復拡張フレームサイクルの拡張フレームインデックスを決定するための手段と、第2のDRXモードの拡張DRXサイクルのための構成を識別するための手段と、ここにおいて、拡張DRXサイクルが、第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい、および、拡張DRXサイクルに従って拡張フレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視するための手段とを含む。

0016

[0016]プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリ、およびメモリに記憶された命令とを含む、ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のための装置について説明し、命令は、フレームインデックスを計算することと、フレームインデックスが、第1のDRXモードのためにレガシーUEによって利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信することと、フレームインデックスとハイパーフレームインデックスとに基づいて、反復拡張フレームサイクルの拡張フレームインデックスを決定することと、第2のDRXモードの拡張DRXサイクルのための構成を識別することと、ここにおいて、拡張DRXサイクルが、第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい、および、拡張DRXサイクルに従って拡張フレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することとを行うためにプロセッサによって実行可能である。

0017

[0017]ワイヤレス通信システムにおけるDRX動作のためのコードを記憶する非一時的コンピュータ可読媒体について説明する。いくつかの例では、コードは、フレームインデックスを計算することと、フレームインデックスが、第1のDRXモードのためにレガシーUEによって利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信することと、フレームインデックスとハイパーフレームインデックスとに基づいて、反復拡張フレームサイクルの拡張フレームインデックスを決定することと、第2のDRXモードの拡張DRXサイクルのための構成を識別することと、ここにおいて、拡張DRXサイクルが、第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい、および、拡張DRXサイクルに従って拡張フレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することとを行うためのプロセッサによって実行可能な命令を含む。

0018

[0018]上記で説明した方法のいくつかの例は、反復フレームサイクルのインデックスの数よりも大きい可能な値の範囲を有する拡張UE識別子に基づいて、少なくとも1つのページングオケージョンを決定することを含み得る。上記で説明した方法のいくつかの例は、少なくとも1つのページングオケージョンにおいてページング情報を受信することを含み得る。ページング情報は、ページング情報を受信するためにレガシーUEによって使用される第1のRNTIとは異なる第2のRNTIによって識別され得る。上記で説明した装置および/または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、これらの特徴を実行するための手段、これらの特徴を実行するためのプロセッサによって実行可能である命令、および/またはこれらの特徴を実行するためのコードを含み得る。

0019

[0019]上記で説明した方法のいくつかの例では、フレームインデックスを計算することは、物理ブロードキャストチャネルを介してフレームインデックスを受信することを備える。上記で説明した方法のいくつかの例では、ハイパーフレームインデックスを受信することは、物理ダウンリンクデータチャネルを介してSIBにおいてハイパーフレームインデックスを受信することを備える。上記で説明した装置および/または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、これらの特徴を実行するための手段、これらの特徴を実行するためのプロセッサによって実行可能である命令、および/またはこれらの特徴を実行するためのコードを含み得る。

0020

[0020]上記で説明した方法、装置、および/または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、第2のDRXモードはI−DRXモードである。

0021

[0021]上記では、以下の詳細な説明がより良く理解され得るように、本開示による例の特徴および技術的利点についてやや広く概説した。以下で、追加の特徴および利点について説明する。開示する概念および具体例は、本開示の同じ目的を実行するための他の構造を変更または設計するための基礎として容易に利用され得る。そのような等価な構成は、添付の特許請求の範囲から逸脱しない。本明細書で開示する概念の特性、それらの編成動作方法の両方は、関連する利点とともに、添付の図に関連して以下の説明を検討するとより良く理解されよう。図の各々は、例示および説明のみの目的で提供され、特許請求の範囲を定めるものではない。

0022

[0022]本発明の性質および利点のさらなる理解は、以下の図面を参照して実現され得る。添付の図において、同様の構成要素または特徴は同じ参照ラベルを有し得る。さらに、同じタイプの様々な構成要素は、参照ラベルの後に、ダッシュと、それらの同様の構成要素同士を区別する第2のラベルとを続けることによって区別され得る。第1の参照ラベルのみが本明細書において使用される場合、その説明は、第2の参照ラベルにかかわらず、同じ第1の参照ラベルを有する同様の構成要素のうちのいずれか1つに適用可能である。

図面の簡単な説明

0023

[0023]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムのブロック図。
[0024]本開示の様々な態様による、ハイパーフレーム拡張シグナリングの一例を示す流れ図。
[0025]本開示の様々な態様による、例示的なハイパーフレームタイミングのタイミング図。
[0026]本開示の様々な態様による、例示的なレガシーDRX動作および拡張DRX動作のタイミング図。
[0027]本開示の様々な態様による、拡張システム情報修正期間の一例を示すタイミング図。
[0028]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイスのブロック図。
[0029]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するために構成されたデバイスのブロック図。
[0030]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するための装置のブロック図。
[0031]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイスのブロック図。
[0032]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイスのブロック図。
[0033]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するための基地局のブロック図。
[0034]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法の一例を示すフローチャート
[0035]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法の一例を示すフローチャート。
[0036]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法の一例を示すフローチャート。

詳細な説明

0024

[0037]ハイパーフレーム拡張シグナリングを使用する拡張DRX(e−DRX:extended DRX)動作のための1つまたは複数の改善されたシステム、方法、および/または装置に一般的に関する技法について説明する。ハイパーフレーム拡張シグナリングは、拡張システムフレーム番号(SFN)範囲を使用するように構成されないレガシーデバイスのための後方互換性を維持しながら、SFN範囲を拡張し得る。ハイパーSFN拡張シグナリングは、システム情報の一部として送信されるハイパーSFNへのインデックスを含み得る。ハイパーSFNを使用するように構成されたUE(たとえば、非レガシーUE)は、レガシーSFN範囲(legacy SFN range)とハイパーSFN範囲とを含むより長いSFNインデックスを、効果的に使用し得る。ハイパーSFN拡張は、同じページングリソース上の既存のI−DRXモードと共存し得る拡張アイドルDRX(eI−DRX:extended idle DRX)モードで使用され得る。ページング監視リソースは、ページングリソースを示すか、または場合によってはページングリソースを決定するのを助け得るリソースであり得る。追加または代替として、ページングは、別個のページングオケージョン、または新しいページング無線ネットワーク一時識別子(RNTI)、を使用するeI−DRXモードUEのために区別され得る。

0025

[0038]以下の説明は、例を与えるものであり、特許請求の範囲に記載される範囲、適用性、または例を限定するものではない。本開示の範囲から逸脱することなく、説明する要素の機能および構成において変更が行われ得る。様々な例は、適宜に様々なプロシージャまたは構成要素を省略、置換、または追加し得る。たとえば、説明する方法は、説明する順序とは異なる順序で実行され得、様々なステップが追加、省略、または組み合わせられ得る。また、いくつかの例に関して説明する特徴は、他の例において組み合わせられ得る。

0026

[0039]図1に、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システム100の一例を示す。ワイヤレス通信システム100は、基地局105と、UE115と、コアネットワーク130とを含む。コアネットワーク130は、ユーザ認証と、アクセス許可と、トラッキングと、インターネットプロトコル(IP)接続性と、他のアクセスルーティング、またはモビリティ機能とを与え得る。基地局105は、バックホールリンク132(たとえば、S1など)を通してコアネットワーク130とインターフェースし、UE115との通信のための無線構成およびスケジューリングを実行し得るか、または基地局コントローラ(図示せず)の制御下で動作し得る。様々な例では、基地局105は、ワイヤードまたはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134(たとえば、X1など)を介して互いと直接または間接的に(たとえば、コアネットワーク130を通して)通信し得る。

0027

[0040]基地局105は、1つまたは複数の基地局アンテナを介してUE115とワイヤレス通信し得る。基地局105のサイトの各々は、それぞれの地理的カバレージエリア110に対して通信カバレージを与え得る。いくつかの例では、基地局105は、基地トランシーバ局無線基地局アクセスポイント無線トランシーバノードB、eノードB(eNB)、ホームノードB、ホームeノードB、または何らかの他の好適な用語で呼ばれることがある。基地局105のための地理的カバレージエリア110は、カバレージエリアの一部分のみを構成するセクタに分割され得る(図示せず)。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプの基地局105(たとえば、マクロセル基地局および/またはスモールセル基地局)を含み得る。異なる技術のための重複する地理的カバレージエリア110があり得る。

0028

[0041]いくつかの例では、ワイヤレス通信システム100はLTE/LTE−Aネットワークである。LTE/LTE−Aネットワークでは、発展型ノードB(eNB)という用語は、概して、基地局105を表すために使用され得、UEという用語は、概して、UE115を表すために使用され得る。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域に対してカバレージを与える、異機種LTE/LTE−Aネットワークであり得る。たとえば、各eNBまたは基地局105は、マクロセル、スモールセル、および/または他のタイプのセルに対して通信カバレージを与え得る。「セル」という用語は、コンテキストに応じて、基地局、基地局に関連するキャリア、あるいはキャリアまたは基地局のカバレージエリア(たとえば、セクタなど)を表すために使用され得る3GPP用語である。

0029

[0042]マクロセルは、概して、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径キロメートル)をカバーし、ネットワークプロバイダサービス加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。スモールセルは、マクロセルと比較して、マクロセルと同じまたは異なる(たとえば、認可、無認可などの)周波数帯域内で動作し得る、低電力基地局である。スモールセルは、様々な例によれば、ピコセルフェムトセルマイクロセルとを含み得る。ピコセルは、比較的小さい地理的エリアをカバーし得、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。フェムトセルは、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をもカバーし得、フェムトセルとの関連を有するUE(たとえば、限定加入者グループCSG:closed subscriber group)中のUE、自宅内のユーザのためのUEなど)による制限付きアクセスを与え得る。マクロセルのためのeNBはマクロeNBと呼ばれることがある。スモールセルのためのeNBは、スモールセルeNB、ピコeNB、フェムトeNBまたはホームeNBと呼ばれることがある。eNBは、1つまたは複数の(たとえば、2つ、3つ、4つなどの)セル(たとえば、コンポーネントキャリア)をサポートし得る。

0030

[0043]ワイヤレス通信システム100は同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、基地局は同様のフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は近似的に時間的に整列され得る。非同期動作の場合、基地局は異なるフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は時間的に整列されないことがある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれかのために使用され得る。

0031

[0044]様々な開示する例のうちのいくつかに適応し得る通信ネットワークは、階層化プロトコルスタックに従って動作するパケットベースネットワークであり得る。ユーザプレーンでは、ベアラまたはパケットデータ・コンバージェンスプロトコル(PDCP:Packet Data Convergence Protocol)レイヤにおける通信はIPベースであり得る。無線リンク制御(RLC:Radio Link Control)レイヤが、論理チャネルを介して通信するためにパケットセグメンテーションおよびリアセンブリを実行し得る。媒体アクセス制御(MAC:Medium Access Control)レイヤが、優先度ハンドリングと、トランスポートチャネルへの論理チャネルの多重化とを実行し得る。MACレイヤはまた、リンク効率を改善するためにMACレイヤにおいて再送信を行うためにハイブリッドRQHARQ)を使用し得る。制御プレーンでは、無線リソース制御(RRC:Radio Resource Control)プロトコルレイヤが、ユーザプレーンデータのための無線ベアラをサポートする、UE115と基地局105またはコアネットワーク130との間のRRC接続確立と構成と保守とを行い得る。物理(PHY)レイヤにおいて、トランスポートチャネルは物理チャネルマッピングされ得る。

0032

[0045]UE115はワイヤレス通信システム100全体にわたって分散され、各UE115は固定または移動であり得る。UE115は、移動局加入者局モバイルユニット加入者ユニットワイヤレスユニットリモートユニットモバイルデバイスワイヤレスデバイスワイヤレス通信デバイスリモートデバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末リモート端末ハンドセットユーザエージェントモバイルクライアントクライアント、または何らかの他の好適な用語をも含むか、あるいは当業者によってそのような用語で呼ばれることもある。UE115は、セルラーフォン携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイスタブレットコンピュータラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局などであり得る。UEは、マクロeNB、スモールセルeNB、リレー基地局などを含む様々なタイプの基地局およびネットワーク機器と通信することが可能であり得る。

0033

[0046]ワイヤレス通信システム100に示されている通信リンク125は、UE115から基地局105へのアップリンク(UL)送信、および/または基地局105からUE115へのダウンリンク(DL)送信を含み得る。ダウンリンク送信順方向リンク送信と呼ばれることもあり、アップリンク送信逆方向リンク送信と呼ばれることもある。各通信リンク125は1つまたは複数のキャリアを含み得、ここで、各キャリアは、(たとえば、基準信号制御情報オーバーヘッド情報、ユーザデータなどの)情報を用いて変調された複数のサブキャリア(たとえば、異なる周波数の信号)からなる波形信号であり得る。通信リンク125は、(たとえば、対スペクトルリソースを使用する)FDDまたは(たとえば、不対スペクトルリソースを使用する)TDD動作を使用して、双方向通信を送信し得る。

0034

[0047]LTE/LTE−Aは、ダウンリンク上では直交周波数分割多元接続(OFDMA)を利用し、アップリンク上ではシングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)を利用する。OFDMAおよび/またはSC−FDMAキャリアは、一般にトーンビンなどとも呼ばれる複数(K個)の直交サブキャリア区分され得る。各サブキャリアは情報で変調され得る。隣接するサブキャリア間の間隔は固定であり得、サブキャリアの総数(K)はキャリア帯域幅に依存し得る。たとえば、Kは、それぞれ、1.4、3、5、10、15、または20メガヘルツMHz)の(ガードバンドをもつ)対応するキャリア帯域幅に対して、15キロヘルツ(KHz)のサブキャリア間隔の場合、72、180、300、600、900、または1200に等しくなり得る。キャリア帯域幅はまた、サブバンドに区分され得る。たとえば、サブバンドは1.08MHzをカバーし得、キャリアは1つ、2つ、4つ、8つまたは16個のサブバンドを有し得る。

0035

[0048]システム100のいくつかの実施形態では、基地局105および/またはUE115は、基地局105とUE115との間の通信品質信頼性とを改善するために、アンテナダイバーシティ方式を採用するために複数のアンテナを含み得る。追加または代替として、基地局105および/またはUE115は、同じまたは異なるコード化データを搬送する複数の空間レイヤを送信するために、マルチパス環境上手く利用し得る多入力多出力MIMO)技法を採用し得る。

0036

[0049]ワイヤレス通信システム100は、複数のセルまたはキャリア上での動作、すなわち、キャリアアグリゲーション(CA)またはマルチキャリア動作と呼ばれることがある特徴をサポートし得る。「コンポーネントキャリア」(CC)という用語は、CA動作においてUEによって利用される複数のキャリアの各々を指すことがあり、システム帯域幅の他の部分(たとえば、他のキャリアなど)とは異なり得る。CA動作では、UE115は、より大きい動作帯域幅、および、たとえば、より高いデータレートを与えるために、複数のダウンリンクおよび/またはアップリンクCCを同時に利用するように構成され得る。CA動作において使用されるCCは、任意の好適な帯域幅(たとえば、1.4、3、5、10、15、または20メガヘルツ(MHz)など)であり得、各個々のCCは、たとえば、LTE規格リリース8またはリリース9に基づいてシングルキャリアと同じ能力を与え得る。したがって、個々のCCは、LTEリリース8またはリリース9を実装するUE115との後方互換性があるが、CAのために構成された、リリース8/9後のLTEバージョンを実装するまたはシングルキャリアモードにあるUE115によっても利用され得る。代替的に、CCは、他のCCと組み合わせて使用されるように構成され得、シングルキャリアモードをサポートするために使用されるいくつかのチャネル(たとえば、フォーマットまたは制御チャネルなど)を搬送しないことがある。CAは、FDDコンポーネントキャリアとTDDコンポーネントキャリアの両方とともに使用され得る。

0037

[0050]LTE/LTE−Aでは、各セルのための無線フレームは、サブフレーム番号(SFN)によってインデックス付けされる。SFNが10ビットを有し、各無線フレームが10ms長であるので、1024個の無線フレームの各フレームサイクルは、10.24sにわたる。SFNの8つの最上位ビットは、各無線フレーム中で送信されるマスタ情報ブロック(MIB:master information block)においてブロードキャストされる。2つの最下位ビットは、1つの完全なブロードキャストチャネル(BCH)送信時間間隔(TTI)を送信するために使用される4つの無線フレームサイクルから推論され得る。以下でさらに詳細に説明するように、いくつかの事例では、所与の長さのSFNを有するサブフレームのセットのためにフレームサイクルを拡張するための追加のビットが、SFN中に含まれ得る。追加のビットは、たとえば、10ビットのレガシーSFN長に付加され得る。いくつかの態様では、10ビットレガシーSFNは、フレームサイクルが約655.36秒にわたることを可能にするために6ビットだけ拡張され得る。より長いフレームサイクルは、より長いアイドルモードDRXサイクル、またはeI−DRXの実装を容易にし得る。

0038

[0051]UE115は、リムーバブルであるか、またはUE115に永続的にインストールされ得るモジュール(たとえば、加入者識別モジュールSIM)など)に記憶され得る、国際モバイル加入者アイデンティティIMSI)などの永続的加入者アイデンティティによって識別され得る。概して、UE115は、アイドルモード(RRC_Idle)または接続モード(RRC_Connected)のいずれかにあり得る。アイドルモードでは、UE115は、セル選択および再選択を実行し、それ自体をネットワーク内に登録するが、ユーザデータをアクティブに通信しない。UE115はまた、着信データ(incoming data)(たとえば、呼など)、システム情報の変化、および通知(たとえば、緊急通知など)を識別、受信、または処理するためにアイドルモードでページングメッセージリッスンする。ページングメッセージを監視することは、ページング無線ネットワーク一時識別子(P−RNTI:paging radio network temporary identifier)でスクランブルされたページング制御メッセージについて所定の間隔においてPDCCHを監視することを含む。見つけられた場合、ページング制御メッセージは、UE115のためのページング情報について、ページングメッセージへのポインタを与える。アイドル状態中にページング制御メッセージについてPDCCHを不連続的に監視するプロセスは、アイドル間欠受信(I−DRX)として知られる。

0039

[0052]ページングメッセージが受信されたとき、UE115は、eNB105とUE115との間のデータの転送のための接続モードに遷移するために、ランダムアクセスプロシージャを実行する。接続モードでは、UE115は、接続プロシージャにおいてeNB105によって割り当てられたセル無線ネットワーク一時識別子(C−RNTI:cell radio network temporary identifier)に従って、PDCCHを連続的に監視する。いくつかの事例では、UE115はまた、接続DRX(C−DRX:connected DRX)として知られる、接続モードでのDRX動作のために構成され得る。

0040

[0053]I−DRXでは、UE115は、DRXサイクルによって決定されたページングサイクルに従って、ページングについてPDCCHを監視する。各セルは、32、64、124、または256の値を有するセル固有DRXサイクルをブロードキャストする。UE115は、アタッチ要求(attach request)内で異なるUE固有DRXサイクルを要求することができる。UEが要求することができる値の範囲は、セル固有DRXサイクルのために利用可能な値と同じである。したがって、LTEにおける最大DRXサイクルは2.56sである。

0041

[0054]ページング制御メッセージがP−RNTIを用いてUE115にアドレス指定され得るサブフレームは、ページングオケージョン(paging occasion)として知られる。ページングフレーム(PF:paging frame)は、1つまたは複数のPOを含んでいる無線フレームである。PFは、以下の式を満たすサブフレームとして、DRXパラメータによって決定される。

0042

0043

上式で、
T:UEのDRXサイクル。Tは、割り当てられた場合はUE固有DRX値の、およびセルによってブロードキャストされたデフォルトDRX値の、最も短いものである。
nB:セル固有DRXサイクル(4T、2T、T、T/2、T/4、T/8、T/16、T/32)におけるページングオケージョンの数。
N:min(T,nB)
UE_ID:IMSI mod 1024。

0044

[0055]以下の表1および表2に示されている、サブフレームパターン内のPOを指すインデックスi_sが、以下の式から導出される。

0045

0046

上式で、
Ns:max(1,nB/T)。

0047

0048

[0056]現在のI−DRX機構は、高度の接続性が望まれるスマートフォンなどのデバイスのために十分であり得るが、いくつかのデバイスは、現在の最大DRXサイクルを非効率的にする異なる電力および接続性要件を有し得る。たとえば、マシンタイプ通信デバイスなどのデバイスは、まれにアクティブであり得、より限られた電力バジェット(more limited power budget)を有し得る。マシンタイプ通信(MTC:machine type communication)は、通信の少なくとも1つの端部上の少なくとも1つのリモートデバイスに関与する通信を指すことがあり、必ずしも人間の対話を必要とするとは限らない1つまたは複数のエンティティを伴うデータ通信の形態を含み得る。いくつかのUEは、基地局、別のリモートデバイス、または何らかの他のエンティティと通信し得る、センサーメーターロケーションタグなどのリモートデバイスを含み得る、マシンタイプ通信(MTC)UEと見なされ得る。MTC UEは、たとえば、パブリックランドモバイルネットワークPLMN)を介した、MTCサーバおよび/または他のMTCデバイスとのMTC通信が可能であるUEを含み得る。

0049

[0057]1つの提案するソリューションは、接続モードからアイドルモードに遷移した後にアクティブタイマー満了したとき、UEが電力節約モード(PSM:Power Saving Mode)に入ることを可能にする。PSMでは、UEは、ページングに到達不可能であり、アクセス層アクティビティを停止する。PSMは、モバイル発信(MO:mobile originated)データが生成された場合、または周期トラッキングエリア更新(TAU:tracking area update)タイマーに基づいて、終了される。アクティブタイマーおよび周期TAUタイマーは、UEおよびeNBによってネゴシエートされ得る。しかしながら、PSMを出ると、UEはTAUプロシージャを実行し、TAUプロシージャは、UEに割り当てられたトラッキングエリアを更新するためにRRCシグナリングおよび非アクセス層(NAS:non-access stratum)シグナリングを交換するためのランダムアクセスプロシージャを含む。したがって、このプロシージャは、各PSM期間の終了時にTAUプロシージャにおいてかなりの電力消費を招く。

0050

[0058]UE115およびeNB105など、システム100の構成要素は、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用する拡張DRX(e−DRX)動作のために構成され得る。ハイパーSFN拡張シグナリングは、拡張SFN範囲を使用するように構成されていないレガシーUEのための(たとえば、同じセル上の)後方互換性を維持しながら、SFN範囲を拡張し得る。ハイパーSFN拡張シグナリングは、システム情報の一部として送信されるハイパーSFNへのインデックスを含み得る。ハイパーSFNを使用するように構成されたUE(たとえば、非レガシーUE)は、レガシーSFN範囲とハイパーSFN範囲とを含む拡張SFN範囲へのより長いまたは拡張されたSFNインデックスを、効果的に使用し得る。ハイパーSFN拡張は、同じページングリソース上の既存のI−DRXモードと共存し得る拡張アイドルDRX(eI−DRX)モードで使用され得る。ページング監視リソースは、ページングリソースを示すか、または場合によってはページングリソースを決定するのを助け得る、リソースであり得る。追加または代替として、ページングは、別個のページングオケージョンまたは新しいページングRNTIを使用するeI−DRXモードUEのために区別され得る。明快のために、本開示は、I−DRX動作に適用される拡張DRX動作のための技法について説明する。しかしながら、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用してDRX動作を拡張するための説明する技法は、いくつかの事例では、C−DRX動作に適用され得る。

0051

[0059]図2に、本開示の様々な態様による、ハイパーSFN拡張シグナリングの一例を示す流れ図200を示す。流れ図200は、たとえば、eI−DRX動作のためにハイパーSFNシグナリングを使用するように構成されたUE115−a(たとえば、非レガシーUE)のためのメッセージフローを示し得る。非レガシーUE115−aは、図1に示されているUE115のうちの1つの一例であり得る。

0052

[0060]図1のeNB105のうちの1つの一例であり得るeNB105−aが、流れ図200に示されている。流れ図200はまた、モビリティ管理エンティティ(MME)280、サービングゲートウェイ(SGW)285、およびパケットゲートウェイ(P−GW)290を示しており、これらは、図1に示されているコアネットワーク130の一部であり得る。

0053

[0061]eNB105−aは、レガシーSFN範囲へのインデックスであり得るフレームインデックス205をブロードキャストし得る。たとえば、eNB105−aは、MIBにおいてSFNの8つの最上位ビットを送信し得る。MIBは、物理ブロードキャストチャネル(PBCH:physical broadcast channel)を介して送信され得る。

0054

[0062]eNB105−aはまた、ハイパーフレームインデックス210をブロードキャストし得る。ハイパーフレームインデックス210は、MIBとは異なるシステム情報ブロック(SIB)の一部としてハイパーSFNへのインデックスを送信することによってブロードキャストされ得る。たとえば、ハイパーSFNへのインデックスは、SIB1またはSIB2において送信され得る。SIB1およびSIB2は、データチャネル(たとえば、PDSCH)を介して送信され得る。ハイパーSFN中のビット数は、eI−DRX動作において所望の範囲を与える拡張SFNを与えるために選択され得る。たとえば、ハイパーSFNは、SFNを6ビットだけ拡張し得、これは、655.36s(約11分)のハイパーSFNスパンを可能にする。図3に、本開示の様々な態様による、例示的な拡張SFNフレームタイミングのタイミング図300を示す。タイミング図300は、64個のSFNサイクル310を含む6ビットハイパーSFNサイクル320を示し、ここで、各SFNサイクル310が1024個のフレームを含む。したがって、ハイパーSFNおよびレガシーSFNによってインデックス付けされた、拡張SFNサイクルは、65,536個のフレームにわたる。ハイパーSFNのための他のビット長(たとえば、4、5、7、8、10など)が、適宜にまたは必要に応じて選択され得る。

0055

[0063]図2に戻ると、eNB105−aはまた、拡張DRXサイクル215をブロードキャストし得る。ブロードキャストされた拡張DRXサイクル215は、eI−DRXページングサイクルのためのデフォルト拡張DRXサイクルを示し得る。拡張DRXサイクル215は、SIB(たとえば、SIB1、SIB2など)において送信され得、ハイパーSFNと同じビット数を有し得る。

0056

[0064]流れ図200に示されているように、UE115−aは、220において、eNB105−aとのRRC接続を確立し得る。UE115−aは、225において、ネットワークアタッチメントおよびトラッキングエリア更新(TAU)を実行し得る。ネットワークアタッチメントおよびTAUプロシージャは、ネットワーク上のUE115−aの認証と、セキュリティセットアップと、ネットワークを介した通信のためのネットワークリソース(たとえば、MME280、ベアラなど)の割当てとを含み得る。

0057

[0065]通信アクティビティが継続中でない場合、UE115−aは、230において、RRC接続を解放し得る。UE115−aは、次いで、235において、ネットワークからページングを受信するためのeI−DRX動作モードに入り得る。したがって、UE115−aは、235において、eI−DRX動作のための決定されたPFおよびPOに従い得る。eI−DRX動作のためのPFおよびPOを決定することについて、以下でより詳細に説明する。

0058

[0066]UE115−aのためのダウンリンクデータ240は、受信され、P−GW290からSGW285に転送され得る。SGW285は、242において、MME280にダウンリンクデータを通知し得る。MME280は、245において、ダウンリンクデータ通知242に肯定応答し得る。SGW285は、次いで、250において、ダウンリンクデータを記憶し得る。

0059

[0067]MME280は、UE115−aのためのトラッキングエリア内のeNB105にページングメッセージ255を送り得る。eNB105−aは、eI−DRXページングサイクルに従って決定されたUE115−aのためのPOにおいて、ページングメッセージ260をブロードキャストし得る。UEは、ページングメッセージ260を受信し得、ダウンリンクデータ240は、265において、サービス要求のための通信において転送され得る。

0060

[0068]図4に、本開示の様々な態様による、例示的なレガシーDRX動作およびeI−DRX動作のタイミング図400を示す。レガシーDRX動作の場合、DRXサイクルT=32個のフレーム(320ms)およびページングオケージョンパラメータnB=T/2である。したがって、UE_ID=0をもつレガシーUEの場合、レガシーUEPF415は、SFN mod 32=0である無線フレームである。

0061

[0069]eI−DRX動作の場合、PFおよびPOは以下の式によって決定され、eI−DRXパラメータはシステム情報(たとえば、MIB、SIB1、SIB2など)において与えられ得る。
PF’は、以下を満たすeI−DRX動作のためのページングサブフレームであり得る。

0062

0063

(たとえば、上記の表1および表2から)PO’を決定するためのインデックスi_s’は、以下によって与えられ得る。

0064

0065

上式で、
T’:UEのeI−DRXサイクル。T’は、割り当てられた場合はUE固有eI−DRX値の、およびセルによってブロードキャストされたデフォルトeI−DRX値の、最も短いものであり得る。
nB’:eI−DRXサイクル(4T’、2T’、T’、T’/2、T’/4、T’/8、T’/16、T’/32)におけるページングオケージョンの数。
N’:min(T’,nB’)
Ns’:max(1,nB’/T’)
UE_ID’:IMSI mod 2^n。

0066

[0070]タイミング図400では、eI−DRXサイクルT’=2^15=32768=327.68sであり、eI−DRX動作のためのページングオケージョンパラメータnB’は、T’/2=0.5T’である。ページングオケージョンパラメータnB’は、図4中でレガシーDRX動作のためのページングオケージョンパラメータnBと同じ係数(たとえば、0.5)によって定義されて示されているが、パラメータnB’は異なる係数を有し得る。eI−DRX動作のためのページングオケージョンパラメータnB’は、たとえば、レガシーDRX動作のためのページングオケージョンパラメータnBとは別に(たとえば、SIB1またはSIB2などにおいて)送信され得る。

0067

[0071]図4に示されているようにeI−DRX動作における非レガシーUE115の場合、UE_ID’は30であり得る。UE_ID’は、eI−DRX動作のために使用されるハイパーSFN範囲中のページングフレームの増加により、レガシーUEのためのUE_IDと比較して拡張された範囲を備え得る。たとえば、UE_ID’は、UE_ID’=(IMSI mod 2^n)として定義され得、ここで、nはレガシーSFN範囲RLEGACYおよび/またはハイパーSFN範囲RHYPERに基づいて決定され得る。たとえば、nは、n=log2(RLEGACY)+log2(RHYPER)+cとして決定され得、ここで、cはeI−DRXサイクルごとの複数(たとえば、2つ、4つなど)のページングオケージョンの可能性を考慮し得る。一実施形態では、eI−DRXサイクルにおけるページングオケージョンの数は、(4T’、2T’、T’、T’/2、T’/4、T’/8、T’/16、T’/32)の様々な値を有し得、パラメータcは2であり得る。したがって、各フレームサイクルが1024個の無線フレームを含むレガシーフレームサイクルである、64フレームサイクル(RHYPER=64)を有するハイパーSFNサイクルの場合、nは18に等しくなり得る。

0068

[0072]図4に示されているように、例示的な非レガシーUE115は、T’=327.68sの拡張ページングサイクル420と、SFN’mod T’=2*UE_ID’=60を有する無線フレームによって定義されるeI−DRXのためのPF425とを有し得る。PF425内のPO430は、i_s’=0に従って表1および表2によって与えられ得る。

0069

[0073]上記で説明したように、セルは、デフォルトeI−DRXサイクル値をブロードキャストし得る。追加または代替として、非レガシーUE115は、(たとえば、RRCシグナリングなどを介して)異なるUE固有eI−DRXサイクル値を要求し得る。上記で説明したように、拡張ページングサイクルおよびページングフレームを決定するために使用されるT’の値は、割り当てられた場合はUE固有eI−DRXサイクル値の、およびセルによってブロードキャストされたデフォルトeI−DRXサイクル値の、最も短いものであり得る。

0070

[0074]場合によっては、レガシーI−DRXモードを使用するレガシーUEとeI−DRXモードを使用する非レガシーUEとについて、ページングを区別することが望ましいことがある。いくつかの実施形態では、eI−DRXモードのための別個のページングフレームまたはページングオケージョンが定義され得る。たとえば、インデックスi_s’からeI−DRXモードのためのPOを定義するために異なる表が使用され得る。追加または代替として、拡張ページングRNTI(eP−RNTI:extended paging RNTI)がeI−DRX UEのために使用され得る。eP−RNTIは、静的に定義され得るか、またはシステム情報(たとえば、SIB1、SIB2など)においてセルによってブロードキャストされ得る。

0071

[0075]概して、ブロードキャスト制御チャネル(BCCH)上でブロードキャストされたシステム情報への変更は、修正期間境界(modification period boundaries)に従って行われ得る。修正期間は、デフォルトDRXサイクルと修正期間係数(たとえば、2、4、8、16)との積によって定義される。システム情報更新が行われる期限になったとき(When system information updates are due to occur)、eNB105は、概して、前の修正期間中に、次の修正期間に適用される変更のためのページングメッセージを各UEにブロードキャストする。

0072

[0076]場合によっては、eI−DRXモードを使用するUEは、システム情報のための各修正期間中にページングオケージョンを有しないことがある。したがって、非レガシーUEは、eI−DRXサイクルが修正期間よりも長い場合、システム情報の変化の通知を逃し得る。実施形態では、eI−DRXをサポートするeNBは、eI−DRXサイクルに基づいて、拡張システム情報修正期間(extended system information modification period)を利用する。たとえば、拡張システム情報修正期間は、セルのためにブロードキャストされたデフォルトeI−DRXサイクルに等しくなり得る。

0073

[0077]図5に、本開示の様々な態様による、拡張システム情報修正期間の一例を示すタイミング図500を示す。タイミング図500に示されているように、拡張システム情報修正期間520は、いくつかのレガシー修正期間510にわたり得る。図5に示されているように、レガシーUEのための修正指示は、修正期間(n−1)と修正期間(n)との境界上で行われる修正のために、修正期間(n−1)中にページングメッセージにおいて送られ得る。修正期間(n−1)は、拡張システム情報修正期間520内の最後の修正期間510であり得る。

0074

[0078]上記で説明したように、eI−DRXモードにある非レガシーUEは、拡張システム情報修正期間520中に1つのページングフレームのみを有し得る。しかしながら、修正は、拡張システム情報修正期間520の終了まで行われないことがある。非レガシーUEは、更新されたシステム情報を様々な方法で監視し得る。一例では、eI−DRXモードにある非レガシーUEのための修正指示は、システム情報修正が行われる期限になるまでのオフセット(たとえば、修正期間510の数、フレームの数など)を示し得る。このようにして、eI−DRXモードにある非レガシーUEは、システム情報修正が行われる期限になるまで、低電力状態のままであり得る。代替的に、eI−DRXモードにある非レガシーUEは、拡張システム情報修正期間520中に修正指示をもつページングメッセージを受信すると、システム情報の変化が検出されるまで、追加の時間期間においてシステム情報を監視し得る。たとえば、非レガシーUEは、各修正期間中に少なくとも1回システム情報更新について確認し得る。代替的に、非レガシーUEは、それらのeI−DRXサイクルの倍数(たとえば、T’/2、T’/4など)において(at multiples of)システム情報更新について確認し得る。UEのための構成されたシステム情報は、次いで、変更されたシステム情報に基づいて更新され得る。システム情報の変更が検出されると、非レガシーUEは、ページングを監視するためにeI−DRXサイクルに戻り得る。

0075

[0079]また他の実施形態では、eI−DRXモードにある非レガシーUEは、拡張システム情報修正期間520中に修正指示をもつページングメッセージを受信すると、第2の修正指示をもつ第2のページングメッセージが修正期間(n−1)中に検出されるまで、レガシーI−DRXモードによる動作に切り替わり得る。非レガシーUEは、次いで、修正期間(n)中にシステム情報を更新し、次いで、eI DRXモードに戻り得る。

0076

[0080]図6に、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイス605のブロック図600を示す。デバイス605は、図1および図2を参照しながら説明したUE115の1つまたは複数の態様の一例であり得る。デバイス605は、受信機モジュール610、eI−DRXモジュール615、および/または送信機モジュール620を含み得る。デバイス605はまた、プロセッサ(図示せず)であるか、またはそれを含み得る。これらのモジュールの各々は互いと通信していることがある。

0077

[0081]デバイス605の構成要素は、適用可能な機能の一部または全部をハードウェアで実行するように適応された1つまたは複数の特定用途向け集積回路ASIC)を使用して、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の様式でプログラムされ得る、他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャードプラットフォームASIC、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各モジュールの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに具現化された命令を用いて実装され得る。

0078

[0082]受信機モジュール610は、パケット、ユーザデータ、および/または様々な情報チャネル(たとえば、制御チャネル、データチャネルなど)に関連する制御情報などの情報を受信し得る。受信機モジュール610は、SFNおよび/またはハイパーSFNを含むシステム情報、および/またはeI−DRXサイクルを構成するためのパラメータを受信するように構成され得る。システム情報は、eI−DRXモジュール615に、およびデバイス605の他の構成要素に受け渡され得る。

0079

[0083]eI−DRXモジュール615は、ハイパーSFNフレームサイクルにインデックス付けされ得るeI−DRXサイクルのための構成を識別し得る。eI−DRXサイクルは複数のレガシーSFNフレームサイクルを含み得、したがって、レガシーUEのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きくなり得る。eI−DRXサイクルは、セルのためのデフォルトeI−DRXサイクルに従って構成され得るか、またはUEは、いくつかの場合には、異なるeI−DRXサイクルを要求し得る。eI−DRXモジュール615は、eI−DRXサイクルに従って監視するためのページングオケージョンを決定し得、決定されたページングオケージョンを(たとえば、受信機610を介して)監視し得る。eI−DRXサイクルのためのページングオケージョンを決定することは、図4を参照しながら上記で説明したように実行され得る。

0080

[0084]送信機モジュール620は、デバイス605の他の構成要素から受信された1つまたは複数の信号を送信し得る。たとえば、送信機モジュール620は、アタッチ要求(attach requests)、ページング応答、パケットデータなどを送信し得る。いくつかの例では、送信機モジュール620は、トランシーバモジュールにおいて受信機モジュール610とコロケートされ得る。

0081

[0085]図7に、様々な例による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイス605−aのブロック図700を示す。デバイス605−aは、図1および図2を参照しながら説明したUE115の1つまたは複数の態様の一例であり得る。それはまた、図6を参照しながら説明したデバイス605の一例であり得る。デバイス605−aは、受信機モジュール610−a、eI−DRXモジュール615−a、および/または送信機モジュール620−aを含み得、これらは、デバイス605の対応するモジュールの例であり得る。デバイス605−aは、プロセッサ(図示せず)をも含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信していることがある。eI−DRXモジュール615−aは、拡張フレームサイクルモジュール705と、eI−DRX構成モジュール710と、eI−DRX監視モジュール715とを含み得る。受信機モジュール610−aおよび送信機モジュール620−aは、それぞれ、図6の受信機モジュール610および送信機モジュール620の機能を実行し得る。

0082

[0086]拡張フレームサイクルモジュール705は、受信機610−aから、SFNおよび/またはハイパーSFNインデックスを含むシステム情報を受信し得る。拡張フレームサイクルモジュール705は、SFNおよびハイパーSFNインデックスに基づいて、拡張SFNフレームサイクル(たとえば、ハイパーSFNサイクル320)の各無線フレームのための拡張SFNを決定し得る。SFNインデックスは、物理ブロードキャストチャネルを介して受信され得るが、ハイパーSFNインデックスは、物理ダウンリンクデータチャネルを介してSIBブロック中で受信され得る。

0083

[0087]eI−DRX構成モジュール710は、デバイス605−aのためのeI−DRX動作のための構成を識別し得る。たとえば、eI−DRX構成モジュール710は、eI−DRX動作のためのパラメータT’、nB’、N’、Ns’、UE_ID’を決定し得、eI−DRXサイクルのためのページングフレームとページングオケージョンとを決定し得る。eI−DRX動作のためのページングフレームおよびページングオケージョンを決定することは、図4を参照しながら上記で説明したように実行され得る。eI−DRX構成モジュール710は、セルのためにブロードキャストされたデフォルトeI−DRXサイクルからeI−DRXサイクルを決定し得るか、またはeI−DRX構成モジュール710は、(たとえば、RRCシグナリングなどを介して)UE固有eI−DRXサイクルを要求し得る。

0084

[0088]eI−DRX監視モジュール715は、拡張フレームサイクルモジュール705によって決定されたハイパーフレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することを実行し得る。たとえば、eI−DRX監視モジュール715は、受信機610−aを介して、eI−DRX構成モジュール710によって決定されたページングオケージョンにおいてページングメッセージを監視し得る。eI−DRX監視モジュール715は、いくつかの実施形態では、P−RNTI、またはP−RNTIとは異なるeP−RNTIに従って、ページングメッセージについてページングオケージョンを監視し得る。

0085

[0089]図8に、様々な例による、ワイヤレス通信において使用するためのシステムの800を示す。システム800は、図1および図2のUE115の一例であり得るUE115−bを含み得る。UE115−bはまた、図6および図7のデバイス605の1つまたは複数の態様の一例であり得る。

0086

[0090]UE115−bは、概して、通信を送信するための構成要素と通信を受信するための構成要素とを含む、双方向音声およびデータ通信のための構成要素を含み得る。UE115−bは、(1つまたは複数の)アンテナ840と、トランシーバモジュール835と、プロセッサモジュール805と、(ソフトウェア(SW)820を含む)メモリ815とを含み得、それらはそれぞれ、(たとえば、1つまたは複数のバス845を介して)直接または間接的に互いに通信し得る。トランシーバモジュール835は、上記で説明したように、(1つまたは複数の)アンテナ840および/あるいは1つまたは複数のワイヤードまたはワイヤレスリンクを介して、1つまたは複数のネットワークと双方向に通信するように構成され得る。たとえば、トランシーバモジュール835は、図1図2、および図11を参照しながら説明した基地局105と双方向に通信するように構成され得る。トランシーバモジュール835は、パケットを変調し、変調されたパケットを送信のために(1つまたは複数の)アンテナ840に与え、(1つまたは複数の)アンテナ840から受信されたパケットを復調するように構成されたモデムを含み得る。UE115−bは単一のアンテナ840を含み得るが、UE115−aは、複数のワイヤレス送信を同時に送信および/または受信することが可能な複数のアンテナ840を有し得る。トランシーバモジュール835は、複数のコンポーネントキャリアを介して1つまたは複数の基地局105と同時に通信することが可能であり得る。

0087

[0091]UE115−bは、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用するeI−DRX動作に関係する、図2図3図4図5図6および/または図7を参照しながら説明した特徴および/または機能の一部または全部を実行および/または制御するように構成され得る、eI−DRXモジュール615−bを含み得る。eI−DRXモジュール615−bはプロセッサを含み得、ならびに/あるいはeI−DRXモジュール615−bの機能の一部または全部は、プロセッサモジュール805によってならびに/またはプロセッサモジュール805およびメモリ815とともに実行され得る。たとえば、eI−DRXモジュール615−bは、ソフトウェア/ファームウェアコード820の一部であり得、プロセッサモジュール805に本明細書で説明する様々な機能(たとえば、SFNインデックスを受信すること、ハイパーSFNインデックスを受信すること、eI−DRX構成を識別すること、eI−DRX構成に従ってページングオケージョンを監視することなど)を実行させるように構成された命令を含み得る。いくつかの例では、eI−DRXモジュール615−bは、図6および/または図7を参照しながら説明したeI−DRXモジュール615の一例であり得る。

0088

[0092]メモリ815は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および読取り専用メモリ(ROM)を含み得る。メモリ815は、実行されたとき、プロセッサモジュール805に本明細書で説明する様々な機能を実行させるように構成された命令を含んでいるコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード820を記憶し得る。代替的に、コンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード820は、プロセッサモジュール805によって直接的に実行可能でないことがあるが、(たとえば、コンパイルされ、実行されたとき)コンピュータに本明細書で説明する機能を実行させるように構成され得る。プロセッサモジュール805は、インテリジェントハードウェアデバイス、たとえば、中央処理ユニット(CPU)、マイクロコントローラ、特定用途向け集積回路(ASIC)などを含み得る。

0089

[0093]図9に、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するための装置905のブロック図900を示す。いくつかの例では、装置905は、図1および図2を参照しながら説明した基地局105のうちの1つまたは複数の態様の一例であり得る。いくつかの例では、装置905は、LTE/LTE−A eNBおよび/またはLTE/LTE−A基地局の一部であるか、またはそれを含み得る。装置905はまた、プロセッサであり得る。装置905は、受信機モジュール910、拡張DRXマネージャ915、および/または送信機モジュール920を含み得る。これらのモジュールの各々は互いと通信していることがある。

0090

[0094]装置905の構成要素は、ハードウェアで適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数のASICを使用して、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の様式でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各構成要素の機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに具現化された命令を用いて実装され得る。

0091

[0095]いくつかの例では、受信機モジュール910は、1つまたは複数のUE115から送信を受信するように動作可能な無線周波数(RF)受信機など、少なくとも1つのRF受信機を含み得る。受信機構成要素910は、図1を参照しながら説明したワイヤレス通信システム100の1つまたは複数の通信リンクなど、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンク上で様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を受信するために使用され得る。

0092

[0096]いくつかの例では、送信機モジュール920は、1つまたは複数のUE115に情報を送信するように動作可能な少なくとも1つのRF送信機など、少なくとも1つのRF送信機を含み得る。送信機モジュール920は、図1を参照しながら説明したワイヤレス通信システム100の1つまたは複数の通信リンクなど、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンク上で様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を送信するために使用され得る。

0093

[0097]いくつかの例では、拡張DRXマネージャ915は、レガシーI−DRXモードに従ってレガシーUEのためのI−DRX動作を管理し、eI−DRXモードに従って非レガシーUEのためのeI−DRX動作を管理する。I−DRXモードとeI−DRXモードとは、同じページングリソースを利用し得る。ページング監視リソースは、ページングリソースを示すか、または場合によってはページングリソースを決定するのを助け得る任意のリソースであり得る。I−DRXモードはレガシーフレームサイクルに従って動作し得るが、eI−DRXモードはハイパーフレームサイクルに従って動作し、ただし、各ハイパーフレームサイクルは複数のレガシーフレームサイクルを含む。拡張DRXマネージャ915は、フレームサイクルへのインデックスとハイパーフレームサイクルへのインデックスとを(たとえば、送信機920を介して)ブロードキャストし得る。フレームサイクルインデックスは、(たとえば、MIBなどにおいて)物理ブロードキャストチャネルを使用してブロードキャストされ得る。ハイパーフレームサイクルインデックスは、物理ダウンリンクデータチャネルを介してSIBにおいてブロードキャストされ得る。

0094

[0098]拡張DRXマネージャ915はセルのための拡張DRXサイクルをブロードキャストし得る。拡張DRXサイクルは、レガシーI−DRXモードのための最大DRXサイクルよりも大きくなり得る。追加または代替として、拡張DRXマネージャ915は、非レガシーUEからUE固有DRXサイクルについての要求を受信し得る。拡張DRXマネージャ915は、eI−DRXモードに従って動作する非レガシーUEのためのページングフレームとページングオケージョンとを決定し得る。拡張DRXマネージャ915は、非レガシーUEのためのeI−DRXサイクルのページングオケージョンにおいて(たとえば、ダウンリンクデータがネットワーク中に存在するときなどに)ページング情報を送信し得る。拡張DRXマネージャ915は、いくつかの実施形態では、P−RNTI、またはP−RNTIとは異なるeP−RNTIに従ってページング情報を送信し得る。

0095

[0099]図10に、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するための装置905−aのブロック図1000を示す。いくつかの例では、装置905−aは、図1および図2を参照しながら説明した基地局105のうちの1つまたは複数の態様の一例、ならびに/または図9を参照しながら説明した装置905の態様の一例であり得る。いくつかの例では、装置905−aは、LTE/LTE−A eNBおよび/またはLTE/LTE−A基地局の一部であるか、またはそれを含み得る。装置905−aはまた、プロセッサであり得る。装置905−aは、受信機モジュール910−a、拡張DRXマネージャ915−a、および/または送信機モジュール920−aを含み得る。拡張DRXマネージャ915−aは、図9の拡張DRXマネージャ915の一例であり得る。これらのモジュールの各々は互いと通信していることがある。

0096

[00100]装置905−aの構成要素は、ハードウェアで適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数のASICを使用して、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の様式でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各構成要素の機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに具現化された命令を用いて実装され得る。

0097

[00101]いくつかの例では、受信機モジュール910−aは、図10を参照しながら説明した受信機モジュール910の1つまたは複数の態様の一例であり得る。いくつかの例では、送信機モジュール920−aは、図10を参照しながら説明した送信機モジュール920の1つまたは複数の態様の一例であり得る。

0098

[00102]拡張DRXマネージャ915−aは、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用する拡張DRX(e−DRX)動作のために構成され得る。拡張DRXマネージャ915−aは、フレームインデックスモジュール1005、ハイパーフレームインデックスモジュール1010、eI−DRX構成マネージャ1015、および/またはページングマネージャ1020を含み得る。

0099

[00103]フレームインデックスモジュール1005は、レガシーSFN範囲へのインデックスであり得るフレームインデックスを(たとえば、送信機920−aを介して)ブロードキャストし得る。たとえば、フレームインデックスモジュール1005は、MIBにおいてSFNの8つの最上位ビットを送信し得る。MIBは、物理ブロードキャストチャネル(PBCH)を介して送信され得る。

0100

[00104]ハイパーフレームインデックスモジュール1010は、ハイパーフレームインデックスを(たとえば、送信機920−aを介して)ブロードキャストし得る。ハイパーフレームインデックスは、MIBとは異なる情報ブロック(たとえば、SIBなど)の一部としてハイパーSFNへのインデックスを送信することによってブロードキャストされ得る。たとえば、ハイパーSFNへのインデックスは、共有データチャネルを介してSIB1またはSIB2において送信され得る。

0101

[00105]eI−DRX構成マネージャ1015は、eI−DRXモードでの動作のために非レガシーUEを構成し得る。たとえば、eI−DRX構成マネージャ1015は、デフォルトeI−DRXサイクルを(たとえば、送信機920−aを介して)ブロードキャストし得、非レガシーUE115からUE固有eI−DRXサイクルについての要求を(たとえば、受信機910−aを介して)受信し得る。eI−DRX構成マネージャ1015は、非レガシーUE115の動作のためのパラメータ(たとえば、T’、nB’、N’、Ns’、UE_ID’など)を決定し得、図4を参照しながら上記で説明したようにeI−DRXモードで動作するUEのためのページングフレームとページングオケージョンとを決定し得る。

0102

[00106]図11に、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信において使用するための基地局105−b(たとえば、eNBの一部または全部を形成する基地局)のブロック図1100を示す。いくつかの例では、基地局105−bは、図1および/または図2を参照しながら説明した基地局105のうちの1つまたは複数の態様、ならびに/あるいは図9および/または図10を参照しながら説明したように、基地局として構成されたときの装置905のうちの1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局105−bは、図1図2図9、および/または図10を参照しながら説明した基地局および/または装置の特徴および機能のうちの少なくともいくつかを実装するかまたは容易にするように構成され得る。

0103

[00107]基地局105−bは、基地局プロセッサモジュール1110、基地局メモリモジュール1120、1つまたは複数の基地局トランシーバモジュール1150、1つまたは複数の基地局アンテナ1255、および/または拡張DRXマネージャ915−bを含み得る。基地局105−bはまた、基地局通信モジュール1130および/またはネットワーク通信モジュール1140のうちの1つまたは複数を含み得る。これらのモジュールの各々は、1つまたは複数のバス1135上で、直接または間接的に互いと通信していることがある。

0104

[00108]基地局メモリモジュール1120は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および/または読取り専用メモリ(ROM)を含み得る。基地局メモリモジュール1120は、実行されたとき、基地局プロセッサモジュール1110に、ワイヤレス通信に関係する本明細書で説明する様々な機能(たとえば、フレームインデックスをブロードキャストすること、ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすること、デフォルトeI−DRXサイクルをブロードキャストすること、eI−DRXモードでの動作のために非レガシーUEを構成すること、ハイパーフレームサイクルに従ってeI−DRXモードにおける非レガシーUEをページングすることなど)を実行させるように構成された命令を含んでいるコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード1125を記憶し得る。代替的に、コンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア/ファームウェアコード1125は、基地局プロセッサモジュール1110によって直接的に実行可能でないことがあるが、(たとえば、コンパイルされ、実行されたとき)本明細書で説明する機能のうちのいくつかを基地局プロセッサモジュール1110に実行させるように構成され得る。

0105

[00109]基地局プロセッサモジュール1110は、インテリジェントハードウェアデバイス、たとえば、中央処理ユニット(CPU)、マイクロコントローラ、ASICなどを含み得る。基地局プロセッサモジュール1110は、(1つまたは複数の)基地局トランシーバモジュール1150、基地局通信モジュール1130、および/またはネットワーク通信モジュール1140を通して受信された情報を処理し得る。基地局プロセッサモジュール1110はまた、(1つまたは複数の)アンテナ1155を通した送信のために(1つまたは複数の)トランシーバモジュール1150に送られるべき情報、1つまたは複数の他の基地局105−cおよび105−dへの送信のために基地局通信モジュール1130に送られるべき情報、ならびに/または図1を参照しながら説明したコアネットワーク130の1つまたは複数の態様の一例であり得る、コアネットワーク130−aへの送信のためにネットワーク通信モジュール1140に送られるべき情報、を処理し得る。基地局プロセッサモジュール1110は、単独で、または拡張DRXマネージャ915−bとともに、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用するeI−DRX動作の様々な態様を扱い得る。

0106

[00110](1つまたは複数の)基地局トランシーバモジュール1150は、パケットを変調し、変調されたパケットを送信のために(1つまたは複数の)基地局アンテナ1155に与え、(1つまたは複数の)基地局アンテナ1155から受信されたパケットを復調するように構成されたモデムを含み得る。(1つまたは複数の)基地局トランシーバモジュール1150は、いくつかの例では、1つまたは複数の基地局送信機モジュールおよび1つまたは複数の別個の基地局受信機モジュールとして実装され得る。(1つまたは複数の)基地局トランシーバモジュール1150は、第1の無線周波数スペクトル帯域および/または第2の無線周波数スペクトル帯域における通信をサポートし得る。(1つまたは複数の)基地局トランシーバモジュール1150は、図1図2、および/または図8を参照しながら説明したUE115のうちの1つまたは複数など、1つまたは複数のUEまたは装置と、(1つまたは複数の)アンテナ1155を介して双方向に通信するように構成され得る。基地局105−bは、たとえば、複数の基地局アンテナ1155(たとえば、アンテナアレイ)を含み得る。基地局105−bは、ネットワーク通信モジュール1140を通してコアネットワーク130−aと通信し得る。基地局105−bはまた、基地局通信モジュール1130を使用して、基地局105−cおよび105−dなど、他の基地局と通信し得る。

0107

[00111]拡張DRXマネージャ915−bは、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用するeI−DRX動作に関係する、図2図3図4図5図9および/または図10を参照しながら説明した特徴および/または機能の一部または全部を実行および/または制御するように構成され得る。拡張DRXマネージャ915−bはプロセッサを含み得、ならびに/あるいは拡張DRXマネージャ915−bの機能の一部または全部は、基地局プロセッサモジュール1110によっておよび/または基地局プロセッサモジュール1110とともに実行され得る。いくつかの例では、拡張DRXマネージャ915−bは、図9および/または図10を参照しながら説明した拡張DRXマネージャ915の一例であり得る。

0108

[00112]図12は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法1200の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1200について、図1図2および/または図8を参照しながら説明した非レガシーUE115のうちの1つまたは複数の態様、ならびに/あるいは図6および図7を参照しながら説明したデバイス605のうちの1つまたは複数の態様に関して以下で説明する。いくつかの例では、UE115は、以下で説明する機能を実行するようにUE115の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。追加または代替として、UE115は、専用ハードウェアを使用して以下で説明する機能のうちの1つまたは複数を実行し得る。

0109

[00113]ブロック1205において、方法1200は、反復フレームサイクルのフレーム番号を示すフレームインデックスを受信することを含み得る。いくつかの場合には、フレームインデックスは計算されるか、または場合によっては決定され得る。フレームサイクルは、たとえば、第1のDRXモード(たとえば、I−DRXモード)のためにレガシーUEによって利用されるフレームサイクルと同じであり得る。フレームインデックスは物理ブロードキャストチャネルを介して受信され得る。

0110

[00114]ブロック1210において、方法1200は、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスを受信することを含み得る。各ハイパーフレームサイクルは、たとえば、複数のフレームサイクルを含み得る。ハイパーフレームインデックスは物理ダウンリンクデータチャネルを介して受信され得る。

0111

[00115]ブロック1215において、方法1200は、拡張DRXサイクルのための構成を識別することを含み得る。拡張DRXサイクルは、第2のDRXモード(たとえば、eI−DRXモード)での動作のために使用され得る。拡張DRXサイクルは、たとえば、レガシーUEによって使用されるI−DRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きくなり得る。

0112

[00116]ブロック1220において、方法1200は、拡張DRXサイクルに従ってハイパーフレームサイクルの少なくとも1つのページングオケージョンを監視することを含み得る。少なくとも1つのページングオケージョンは、フレームサイクル中のインデックスの数よりも大きい可能な値の範囲を有する拡張UE識別子に基づいて決定され得る。

0113

[00117]ブロック1220においてページング情報が存在する場合、方法1200は、ページング情報を受信することを含み得る。ページング情報は、第1のDRXモードでページングするために使用されるP−RNTI、またはP−RNTIとは異なるeP−RNTIを使用して識別され得る。

0114

[00118]図13は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法1300の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1300について、図1図2および/または図11を参照しながら説明したeNB105のうちの1つまたは複数の態様、ならびに/あるいは図9および図10を参照しながら説明したデバイス905のうちの1つまたは複数の態様に関して以下で説明する。いくつかの例では、eNB105は、以下で説明する機能を実行するようにeNB105の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。追加または代替として、eNB105は、専用ハードウェアを使用して以下で説明する機能のうちの1つまたは複数を実行し得る。方法1300は、たとえば、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用してDRX動作を拡張するために使用され得る。

0115

[00119]ブロック1305において、方法1300は、フレームインデックスをブロードキャストすることを含み得、フレームインデックスは、少なくとも1つのレガシーユーザ機器(UE)によって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す。いくつかの場合には、フレームインデックスは、少なくとも1つのレガシーUEによって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を計算するか、または場合によっては決定するために使用され得る。フレームインデックスをブロードキャストすることは、物理ブロードキャストチャネル(たとえば、MIBなどで)を介してフレームインデックスを送信することによって実行され得る。

0116

[00120]ブロック1305において、方法1300は、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることを含み得、各ハイパーフレームサイクルは複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される。ハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることは、物理ダウンリンクデータチャネルを介して(たとえば、SIBにおいてなど)ハイパーフレームインデックスを送信することによって実行され得る。

0117

[00121]図14は、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信のための方法1400の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1300について、図1図2および/または図11を参照しながら説明したeNB105のうちの1つまたは複数の態様、ならびに/あるいは図9および図10を参照しながら説明したデバイス905のうちの1つまたは複数の態様に関して以下で説明する。いくつかの例では、eNB105は、以下で説明する機能を実行するようにeNB105の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。追加または代替として、eNB105は、専用ハードウェアを使用して以下で説明する機能のうちの1つまたは複数を実行し得る。方法1400は、たとえば、ハイパーSFN拡張シグナリングを使用してDRX動作を拡張するために使用され得る。

0118

[00122]ブロック1305−aにおいて、方法1400は、フレームインデックスをブロードキャストすることを含み得、フレームインデックスは、少なくとも1つのレガシーユーザ機器(UE)によって第1のDRXモードのために利用される反復フレームサイクルのフレーム番号を示す。

0119

[00123]ブロック1305−bにおいて、方法1400は、反復ハイパーフレームサイクルのハイパーフレームインデックスをブロードキャストすることを含み得、各ハイパーフレームサイクルは複数のフレームサイクルを備え、少なくとも1つの非レガシーUEによって第2のDRXモードのために利用される。

0120

[00124]ブロック1415において、方法1400は、第2のDRXモードのための拡張DRXサイクルをブロードキャストすることを含み得る。

0121

[00125]ブロック1420において、方法1400は、システム情報の修正をeI−DRXサイクルに同期させることを含み得る。たとえば、拡張システム情報修正期間は、セルのためのデフォルトeI−DRXサイクルに基づいて決定され得る。したがって、システム情報の修正は、最長eI−DRXサイクルの境界において生じることを可能にされ得る。いくつかの例では、レガシーUEのための修正指示は、拡張システム情報修正期間内の最後の修正期間中にページングメッセージ中で送られ得る。

0122

[00126]ブロック1425において、方法1400は、第1のDRXモードのために利用可能な最大DRXサイクルよりも大きい拡張DRXサイクルに従って、第2のDRXモードのために少なくとも1つの非レガシーUEを構成することを含み得る。

0123

[00127]ブロック1430において、方法1400は、拡張DRXサイクルのページングオケージョンにおいて少なくとも1つの非レガシーUEのためのページング情報を送信することを含み得る。ページング情報は、ページング情報を受信するために少なくとも1つのレガシーUEによって使用される第1のRNTIとは異なる第2のRNTI(たとえば、eP−RNTI)によって識別され得る。

0124

[00128]いくつかの例では、方法1200、1300、および/または1400のうちの2つまたはそれ以上からの態様が組み合わせられ得る。方法1200、1300、および1400は例示的な実装形態にすぎないこと、および方法1200、1300、および1400の動作は、他の実装形態が可能であるように、並べ替えられるかまたは場合によっては変更され得ることに留意されたい。

0125

[00129]本明細書で説明する技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMA、および他のシステムなどの様々なワイヤレス通信システムのために使用され得る。「システム」および「ネットワーク」という用語は、しばしば互換的に使用される。CDMAシステムは、CDMA2000、ユニバーサル地上無線アクセスUTRA)などの無線技術を実装し得る。CDMA2000は、IS−2000、IS−95、およびIS−856規格をカバーする。IS−2000リリース0およびAは、一般に、CDMA2000 1X、1Xなどと呼ばれる。IS−856(TIA−856)は、一般に、CDMA2000 1xEVDO高速パケットデータ(HRPD:High Rate Packet Data)などと呼ばれる。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標))およびCDMAの他の変形態を含む。TDMAシステムは、モバイル通信グローバルシステム(GSM(登録商標):Global System for Mobile Communications)などの無線技術を実装し得る。OFDMAシステムは、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB)、発展型UTRA(E−UTRA:Evolved UTRA)、IEEE802.11(WiFi(登録商標))、IEEE802.16(WiMAX(登録商標))、IEEE802.20、Flash−OFDM(登録商標)などの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサル・モバイル通信システム(UMTS:Universal Mobile Telecommunication System)の一部である。3GPPロングタームエボリューション(LTE)およびLTEアドバンスト(LTE−A)は、E−UTRAを使用するUMTSの新しいリリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTE、LTE−AおよびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP:3rd Generation Partnership Project)と称する団体からの文書に記載されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2:3rd Generation Partnership Project 2)と称する団体からの文書に記載されている。本明細書で説明した技法は、無認可および/または共有帯域幅を介したセルラー(たとえば、LTE)通信を含む、上述のシステムおよび無線技術、ならびに他のシステムおよび無線技術のために使用され得る。ただし、上記の説明では、例としてLTE/LTE−Aシステムについて説明し、上記の説明の大部分においてLTE用語が使用されるが、本技法はLTE/LTE−A適用例以外に適用可能である。

0126

[00130]添付の図面に関して上記に記載された詳細な説明は、例について説明しており、実装され得るまたは特許請求の範囲内に入る例のみを表すものではない。「例」および「例示的」という語は、この説明で使用されるとき、「例、事例、または例示の働きをすること」を意味し、「好ましい」または「他の例よりも有利な」を意味しない。詳細な説明は、説明する技法の理解を与えるための具体的な詳細を含む。ただし、これらの技法は、これらの具体的な詳細なしに実施され得る。いくつかの事例では、説明した例の概念を不明瞭にすることを回避するために、よく知られている構造および装置がブロック図の形式で示されている。

0127

[00131]情報および信号は、多種多様な技術および技法のいずれかを使用して表され得る。たとえば、上記の説明全体にわたって言及され得るデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧電流電磁波、磁界または磁性粒子光場または光学粒子、あるいはそれらの任意の組合せによって表され得る。

0128

[00132]本明細書の開示に関して説明した様々な例示的なブロックおよび構成要素は、汎用プロセッサデジタル信号プロセッサ(DSP)、ASIC、FPGAまたは他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートまたはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、あるいは本明細書で説明した機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて実装または実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであり得るが、代替として、プロセッサは任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、または状態機械であり得る。プロセッサは、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコア連携する1つまたは複数のマイクロプロセッサ、または任意の他のそのような構成としても実装され得る。

0129

[00133]本明細書で説明した機能は、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの組合せで実装され得る。プロセッサによって実行されるソフトウェアで実装される場合、機能は、1つまたは複数の命令またはコードとしてコンピュータ可読媒体上に記憶されるか、あるいはコンピュータ可読媒体を介して送信され得る。他の例および実装形態が、本開示および添付の特許請求の範囲の範囲および趣旨内に入る。たとえば、ソフトウェアの性質により、上記で説明した機能は、プロセッサ、ハードウェア、ファームウェア、ハードワイヤリング、またはこれらのうちのいずれかの組合せによって実行されるソフトウェアを使用して実装され得る。機能を実装する特徴はまた、機能の部分が、異なる物理ロケーションにおいて実装されるように分散されることを含めて、様々な位置に物理的に配置され得る。特許請求の範囲を含めて、本明細書で使用される場合、2つ以上の項目の列挙中で使用されるとき、「および/または」という語は、列挙された項目のうちのいずれか1つが単独で採用され得ること、または列挙された項目のうちの2つ以上の任意の組合せが採用され得ることを意味する。たとえば、組成が、構成要素A、B、および/またはCを含んでいると記述されている場合、その組成は、Aのみ、Bのみ、Cのみ、AとBの組合せ、AとCの組合せ、BとCの組合せ、またはAとBとCの組合せを含んでいることがある。また、特許請求の範囲を含めて、本明細書で使用される場合、項目の列挙(たとえば、「のうちの少なくとも1つ」あるいは「のうちの1つまたは複数」などので終わる項目の列挙)中で使用される「または」は、たとえば、「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」の列挙が、AまたはBまたはCまたはABまたはACまたはBCまたはABC(すなわち、AおよびBおよびC)を意味するような選言的列挙を示す。

0130

[00134]コンピュータ可読媒体は、ある場所から別の場所へのコンピュータプログラムの転送を可能にする任意の媒体を含む通信媒体と、非一時的コンピュータ記憶媒体との両方を含む。非一時的記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされ得る任意の利用可能な媒体であり得る。限定ではなく例として、非一時的コンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM(登録商標)、フラッシュメモリCD−ROMまたは他の光ディスクストレージ磁気ディスクストレージまたは他の磁気ストレージデバイス、あるいは命令またはデータ構造の形態の所望のプログラムコード手段を搬送または記憶するために使用され得、汎用もしくは専用コンピュータ、または汎用もしくは専用プロセッサによってアクセスされ得る、任意の他の非一時的媒体を備えることができる。また、いかなる接続もコンピュータ可読媒体と適切に呼ばれる。たとえば、ソフトウェアが、同軸ケーブル光ファイバーケーブルツイストペアデジタル加入者回線(DSL)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用して、ウェブサイトサーバ、または他のリモートソースから送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバーケーブル、ツイストペア、DSL、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術は、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用するディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)およびBlu−ray(登録商標)ディスク(disc)を含み、ここで、ディスク(disk)は、通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、データをレーザー光学的に再生する。上記の組合せもコンピュータ可読媒体の範囲内に含まれる。

0131

[00135]本開示についての以上の説明は、当業者が本開示を作成または使用することができるように与えたものである。本開示への様々な変更は当業者には容易に明らかとなり、本明細書で定義した一般原理は、本開示の範囲から逸脱することなく他の変形形態に適用され得る。したがって、本開示は、本明細書で説明した例および設計に限定されるべきでなく、本明細書で開示した原理および新規の特徴に合致する最も広い範囲を与えられるべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ