図面 (/)

技術 垂直植物配列のためのアセンブリ

出願人 ネルソン・マーク
発明者 ネルソン・マーク
出願日 2015年7月28日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2017-505553
公開日 2017年8月10日 (3年3ヶ月経過) 公開番号 2017-522042
状態 特許登録済
技術分野 栽培用器(植木鉢),播種用鉢 水耕栽培
主要キーワード 起立体 取り付け範囲 調整ヒータ 取付棚 取付範囲 配置体 迂回水路 支持配置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年8月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題・解決手段

植物を発育するためのモジュール配列は、水平方向に延び、植物用開口を備える管と、水を上方の管から下方の管へ搬送する縦樋と、それぞれの管内の水位を調整する手段を有する。好ましくは、それぞれの縦樋が上方の管内の取付範囲内で移動可能であり、縦樋が管内に延びて水位を変えることによって、水位が調整される。

概要

背景

以下の米国特許文献:第7,921,599号、Irwin、植物支持システム、2011年4月12日;第5,826,375号、Black、モジュラープランタスジオ、1998年10月27日;第5,042,196号、Lukawski、栽培装置、1991年8月27日;第3,757,470号、Shimamoto、栽培装置、1973年9月11日;第6,502,350号、Dick、栽培装置、2003年1月7日;第7,877,927号、Roy、モジュラー水耕法、2011年2月1日;第7,832,144号、Corradi、水耕発育ステム、2010年11月16日;第7,243,460号、Darlington、垂直プラントマトリクスのための支持体、2007年7月17日;第8,689,485号、Fridman、垂直プランタ・ガーディニング壁、2014年4月8日;第8,365,466号、Storey、水耕ディスプレイ、2013年2月5日;第7,926,224号、Sotiri、グリーンプラント壁、2011年4月19日;第6,725,601号、Chick、垂直エコシステム、2004年4月27日;第7,080,482号、Bradley、モジュラープラント栽培、2006年7月25日;第6,634,138号、Katzman、自己持続型室内の、2003年10月31日;第6,178,692号、Graven、垂直ガーデンのための照明システム、2001年1月30日;第8,418,403号、Nuttman、積層プラント懸架ホルダ、2013年4月16日;及び第7,627,983号、Deutsch-Aboutmahassine、モジュール式壁取付発育システム、2009年12月8日に記載されているように、植物を発育する際に用いる種々の構造体が知られている。

Black特許(米国特許第5,826,375号)は、植物用容器を支持するのに適した水平方向に延びる複数のを備え、それぞれの樋が上下に配置され、垂直方向排液管が隣り合う樋同士を連結しているモジュール式栽植方式を開示している。それぞれの排液管は、隣り合う樋同士の上部に取り付けられている(例えば、ブラック特許の第4欄の第60行から第63行の「導管32は、樋28と一体に形成されていてもよいし、個別に構成され、例えば接着剤等の手段で樋28に固定するように挿入されてもよい」)。排液管の上端より上の水が排液管の下方に流れるので、樋内の水の最大の深さを規定するために、それぞれの排液管の上端が、関連する樋の内部の底の上方に突出している。

概要

植物を発育するためのモジュール配列は、水平方向に延び、植物用開口を備える管と、水を上方の管から下方の管へ搬送する縦樋と、それぞれの管内の水位を調整する手段を有する。好ましくは、それぞれの縦樋が上方の管内の取付範囲内で移動可能であり、縦樋が管内に延びて水位を変えることによって、水位が調整される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の植物用容器と、前記複数の植物用容器を垂直に配置された配列に配置する容器支持配置体と、液体処理システムと、を有する植物を発育するためのアセンブリであって、前記植物用容器のそれぞれは、前記植物用容器の使用時に液体を収容する凹部と、使用中、前記植物用容器から液体を重力で流せる排液口と、前記凹部内の最大液体高さを適宜選択的に設定する液体高さ調整部とを備え、前記容器支持配置体では、使用中、最上の前記植物用容器に供給された液体が、最下の前記植物用容器に直接、又は前記最上の植物用容器と前記最下の植物用容器との間に配置された一つもしくは複数の前記植物用容器を介して流れることができるように、上方の前記植物用容器からの液体が、この植物用容器の排液口を通してすぐ下の前記植物用容器の前記凹部へ重力によって流れることができ、前記液体処理システムは、前記最上の植物用容器に液体を供給し、前記最下の植物用容器から液体を受領する手段であり、使用中、それぞれの前記植物用容器内の液体の高さを、他の前記植物用容器と独立に調整できるアセンブリ。

請求項2

それぞれの前記液体高さ調整部が、移動可能に前記排液口と係合された縦樋を備え、前記縦樋の上端が、前記凹部内の最大液体高さを規定する請求項1に記載のアセンブリ。

請求項3

前記縦樋が前記排液口と摺動自在に係合され、前記縦樋が、前記排液口に対して上下に直接移動できる請求項2に記載のアセンブリ。

請求項4

前記縦樋が前記排液口とねじ係合され、前記縦樋が、前前記排液口に対して上下動するように、前記植物用容器に対して回転できる請求項2に記載のアセンブリ。

請求項5

それぞれの前記植物用容器が、複数の上向きの植物用開口を有する管を備えている請求項1に記載のアセンブリ。

請求項6

それぞれの前記植物用開口が、発育媒体支持部を備えている請求項5に記載のアセンブリ。

請求項7

植物用容器を植物用開口内に取り出し可能で置くために使用し、それぞれの前記植物用開口の周囲に弾性可性材料が配置されている請求項5に記載のアセンブリ。

請求項8

前記管が円筒形である請求項5に記載のアセンブリ。

請求項9

それぞれの前記管が二つの端部を備え、前記容器支持配置体が対向する二つの起立体を備え、それぞれの前記起立体が複数の管溝を備え、それぞれの前記管溝が、取り外し可能に管の端部を受領するように構成され、それぞれの前記管溝が、他方の前記起立体にある対応する管溝と整列している請求項5に記載のアセンブリ。

請求項10

それぞれの前記植物用容器が長手方向に延び、それぞれの前記排液口がそれぞれの前記植物用容器の排液端の近くに配置され、前記植物用容器が互いに実質的に同一であり、前記容器支持配置体は、前記排液端が交互に配列され実質的に垂直に整列されたアセンブリ内の前記植物用容器を支持し、上方の植物用容器の排液口を通じて流れる液体が、前記排液端と反対側の前記植物用容器の端部の近くで、すぐ下の前記植物用容器によって受領され、前記アセンブリ内を通る液体が、それぞれの前記植物用容器の実質的な長さ方向に流れる請求項1に記載のアセンブリ。

請求項11

前記液体処理システムが、前記最下の植物用容器の排液口から液体を受領するタンクと、前記タンクに接続されたポンプ吸入口ポンプ吐出口とを備えるポンプと、前記ポンプ吐出口から前記最上の植物用容器へ液体を搬送する出口導管と、を備え、使用中、前記ポンプが、前記アッセンブリ内で液体を循環させる請求項1に記載のアセンブリ。

請求項12

前記ポンプが連続運転用に構成されている請求項11に記載のアセンブリ。

請求項13

前記容器支持配置体が基部を備え、前記タンクと前記ポンプが前記基部内に配置されている請求項11に記載のアセンブリ。

請求項14

前記タンク内の液体の温度に作用する液体温度制御装置を更に有する請求項11に記載のアセンブリ。

請求項15

前記液体温度制御装置が、前記タンク内に収容されたサブタンクと、前記サブタンクに内に延びる熱交換フィンを備えるペルチェ素子とを備えている請求項14に記載のアセンブリ。

請求項16

前記タンクと前記ポンプが、前記植物用容器から離れて配置され、前記液体処理システムが、前記最下の植物用容器から前記タンクに液体を搬送する入口導管を更に備えている請求項11に記載のアセンブリ。

請求項17

前記容器支持配置体が移動可能であり、前記入導管が複数の入口接続部を備え、前記出口導管が複数の出口接続部を備え、それぞれの入口接続部が出口接続部と対になり、このそれぞれの対が接続位置を規定し、前記容器支持配置体と植物用容器が、使用者によって、ある前記接続位置から他の前記接続位置へ適宜移動できる請求項17に記載のアセンブリ。

請求項18

複数の円筒形の管と、前記管を垂直に配置された配列に配置する容器支持配置体と、液体処理システムと、を有する植物を発育するためのアセンブリであって、前記管のそれぞれは、前記管の使用中に液体を収容する凹部が前記管の内壁に形成されるようにそれぞれの前記管端に設けられた閉鎖部と、使用中、前記管から液体を重力で流せる排液口と、前記排液口に移動可能に係合され、上端が前記凹部内の最大液体高さを規定する縦樋を備え、前記凹部内の最大液体高さを適宜選択的に設定する液体高さ調整部と、複数の上向きの植物用開口とを有し、前記容器支持配置体では、使用中、最上の前記植物用容器に供給された液体が、最下の前記管に直接、又は前記最上の管と前記最下の管との間に配置された一つもしくは複数の前記管を介して流れることができるように、上方の前記管からの液体が、この管の排液口を通してすぐ下の前記管の前記凹部へ重力によって流れることができ、前記容器支持配置体は、基部と、前記基部から上方に突出するように前記基部に取り付けられた対向する二つの起立体とを備え、それぞれの前記起立体が複数の管溝を備え、それぞれの前記管溝が、取り外し可能に管の端部を受領するように構成され、それぞれの前記管溝が、他方の前記起立体にある対応する管溝と整列しており、前記液体処理システムは、前記最上の管に液体を供給し、前記最下の管から液体を受領する手段であり、前記液体処理システムは、前記基部に配置され、前記最下の管の排液口から液体を受領するタンクと、前記基部に配置され、前記タンクに接続されたポンプ吸入口とポンプ吐出口とを備えるポンプと、前記ポンプ吐出口から前記最上の植物用容器へ液体を搬送する出口導管とを備え、使用中、それぞれの前記管内の液体の高さを、他の前記管と独立に調整できるアセンブリ。

請求項19

前記縦樋が前記排液口と摺動自在に係合され、前記縦樋が、前記排液口に対して上下に直接移動できる請求項2に記載のアセンブリ。

技術分野

0001

本発明は、植物を発育する際に用いる構造体の分野に関する。

背景技術

0002

以下の米国特許文献:第7,921,599号、Irwin、植物支持システム、2011年4月12日;第5,826,375号、Black、モジュラープランタスジオ、1998年10月27日;第5,042,196号、Lukawski、栽培装置、1991年8月27日;第3,757,470号、Shimamoto、栽培装置、1973年9月11日;第6,502,350号、Dick、栽培装置、2003年1月7日;第7,877,927号、Roy、モジュラー水耕法、2011年2月1日;第7,832,144号、Corradi、水耕発育システム、2010年11月16日;第7,243,460号、Darlington、垂直プラントマトリクスのための支持体、2007年7月17日;第8,689,485号、Fridman、垂直プランタ・ガーディニング壁、2014年4月8日;第8,365,466号、Storey、水耕ディスプレイ、2013年2月5日;第7,926,224号、Sotiri、グリーンプラント壁、2011年4月19日;第6,725,601号、Chick、垂直エコシステム、2004年4月27日;第7,080,482号、Bradley、モジュラープラント栽培、2006年7月25日;第6,634,138号、Katzman、自己持続型室内の、2003年10月31日;第6,178,692号、Graven、垂直ガーデンのための照明システム、2001年1月30日;第8,418,403号、Nuttman、積層プラント懸架ホルダ、2013年4月16日;及び第7,627,983号、Deutsch-Aboutmahassine、モジュール式壁取付発育システム、2009年12月8日に記載されているように、植物を発育する際に用いる種々の構造体が知られている。

0003

Black特許(米国特許第5,826,375号)は、植物用容器を支持するのに適した水平方向に延びる複数のを備え、それぞれの樋が上下に配置され、垂直方向排液管が隣り合う樋同士を連結しているモジュール式栽植方式を開示している。それぞれの排液管は、隣り合う樋同士の上部に取り付けられている(例えば、ブラック特許の第4欄の第60行から第63行の「導管32は、樋28と一体に形成されていてもよいし、個別に構成され、例えば接着剤等の手段で樋28に固定するように挿入されてもよい」)。排液管の上端より上の水が排液管の下方に流れるので、樋内の水の最大の深さを規定するために、それぞれの排液管の上端が、関連する樋の内部の底の上方に突出している。

0004

本発明の実施形態は、植物用開口を有する水平に延びる管からなり、植物を発育するための測定可能モジュール配列と、上方の管から下方の管へ水を搬送する縦樋と、それぞれの管内の水位を調整する手段とを有する。好ましくは、それぞれの縦樋が上方の管内の取り付け範囲内で移動可能であり、縦樋が管内に延びて水位を変えることによって、水位が調整される。

0005

ある態様において、本発明は植物を発育するためのアセンブリを規定し、このアセンブリは、
複数の植物用容器と、
植物用容器を垂直に配置された配列に配置する容器支持配置体と、
液体処理システムと、を有し、
複数の植物用容器のそれぞれは、植物用容器の使用時に液体を収容する凹部と、使用中、植物用容器から液体を重力で流せる排液口と、凹部内の最大液体高さを適宜選択的に設定する液体高さ調整部とを備え、
容器支持配置体では、使用中、最上の植物用容器に供給された液体が、最下の植物用容器に直接、又は最上の植物用容器と最下の植物用容器との間に配置された一つもしくは複数の植物用容器を介して流れることができるように、上方の植物用容器からの液体が、この植物用容器の排液口を通してすぐ下の植物用容器の凹部へ重力によって流れることができ、
液体処理システムは、最上の植物用容器に液体を供給し、最下の植物用容器から液体を受領する手段であり、
使用中、それぞれの植物用容器内の液体の高さを、他の植物用容器と独立に調整できる。

0006

それぞれの液体高さ調整部が、移動可能に排液口と係合された縦樋を備え、縦樋の上端が、凹部内の最大液体高さを規定してもよい。縦樋が排液口と摺動自在に係合され、縦樋が、排液口に対して上下に直接移動してもよい。縦樋が排液口とねじ係合され、縦樋が、前排液口に対して上下動するように、植物用容器に対して回転してもよい。

0007

それぞれの植物用容器が、複数の上向きの植物用開口を有する管を備えていてもよい。それぞれの植物用開口が、発育媒体支持部を備えていてもよい。プ植物用容器を植物用開口内に取り出し可能で置くために使用し、それぞれの植物用開口の周囲に弾性可性材料が配置されていてもよい。管が円筒形であってもよい。

0008

それぞれの管が二つの端部を備え、容器支持配置体が対向する二つの起立体を備え、それぞれの起立体が複数の管溝を備え、それぞれの管溝が、取り外し可能に管の端部を受領するように構成され、それぞれの管溝が、他方の起立体にある対応する管溝と整列していてもよい。

0009

それぞれの植物用容器が長手方向に延びて、それぞれの排液口がそれぞれの植物用容器の排液端の近くに配置されていてもよく、植物用容器が互いに実質的に同一であってもよく、容器支持配置体は、排液端が交互に配列され実質的に垂直に整列されたアセンブリ内の植物用容器を支持してもよく、上方の植物用容器の排液口を通じて流れる液体が、排液端と反対側の植物用容器の端部の近くで、すぐ下の植物用容器によって受領され、アセンブリ内を通る液体が、それぞれの植物用容器の実質的な長さ方向に流れる。

0010

液体処理システムが、最下の植物用容器の排液口から液体を受領するタンクと、タンクに接続されたポンプ吸入口ポンプ吐出口とを備えるポンプと、ポンプ吐出口から最上の植物用容器へ液体を搬送する出口導管とを備えていてもよく、使用中、ポンプが、アッセンブリ内で液体を循環させる。

0011

ポンプが連続運転用に構成されていてもよい。容器支持配置体が基部を備え、タンクとポンプが基部内に配置されていてもよい。

0012

アセンブリは、タンク内の液体の温度に作用する液体温度制御装置を更に有していてもよい。液体温度制御装置が、タンク内に収容されたサブタンクと、サブタンクに内に延びる熱交換フィンを備えるペルチェ素子とを備えていてもよい。

0013

タンクとポンプが、植物用容器から離れて配置され、液体処理システムが、最下の植物用容器からタンクに液体を搬送する入口導管を更に備えていてもよい。

0014

容器支持配置体が移動可能であってもよく、入口導管が複数の入口接続部を備えていてもよく、出口導管が複数の出口接続部を備えていてもよく、それぞれの入口接続部が出口接続部と対になり、このそれぞれの対が接続位置を規定してもよく、容器支持配置体と植物用容器が、使用者によって、ある接続位置から他の接続位置へ適宜移動できる。

0015

他の態様において、本発明は植物を発育するためのアセンブリを規定し、このアセンブリは、
複数の円筒形の管と、
前記管を垂直に配置された配列に配置する管支持配置体と、
液体処理システムと、を有し、
前記管のそれぞれは、前記管の使用中に液体を収容する凹部が前記管の内壁に形成されるようにそれぞれの前記管端に設けられた閉鎖部と、使用中、前記管から液体を重力で流せる排液口と、前記排液口に移動可能に係合され、上端が前記凹部内の最大液体高さを規定する縦樋を備え、前記凹部内の最大液体高さを適宜選択的に設定する液体高さ調整部と、複数の上向きの植物用開口とを有し、
前記管支持配置体では、使用中、最上の前記植物用容器に供給された液体が、最下の前記管に直接、又は前記最上の管と前記最下の管との間に配置された一つもしくは複数の前記管を介して流れることができるように、上方の前記管からの液体が、この管の排液口を通してすぐ下の前記管の前記凹部へ重力によって流れることができ、
前記管支持配置体は、基部と、前記基部から上方に突出するように前記基部に取り付けられた対向する二つの起立体とを備え、それぞれの前記起立体が複数の管溝を備え、それぞれの前記管溝が、取り外し可能に管の端部を受領するように構成され、それぞれの前記管溝が、他方の前記起立体にある対応する管溝と整列しており、
前記液体処理システムは、前記最上の管に液体を供給し、前記最下の管から液体を受領する手段であり、
前記液体処理システムは、前記基部に配置され、前記最下の管の排液口から液体を受領するタンクと、前記基部に配置され、前記タンクに接続されたポンプ吸入口とポンプ吐出口とを備えるポンプと、前記ポンプ吐出口から前記最上の管容器へ液体を搬送する出口導管とを備え、
使用中、それぞれの前記管内の液体の最大高さを、他の前記管と独立に調整できる。

0016

縦樋が排液口と摺動自在に係合され、縦樋が、排液口に対して上下に直接移動してもよい。

図面の簡単な説明

0017

本発明の実施形態に係る垂直配列アセンブリの正面斜視図。

0018

図1に示された実施形態に係る垂直配列アセンブリの正面図。

0019

典型的な縦樋と植物支持体を示す正面断面図。

0020

図3の植物支持体を示す側面断面図。

0021

植物用開口に配置されたガスケット及びバスケットを示す側面断面図。

0022

本発明の実施形態に係る水システムが内蔵された家の概略図。

0023

冷却アセンブリを有する基部の実施形態の正面断面概略図である。

図面を参照した詳細な説明

0024

図面に示すように、本発明の実施形態は、水耕園芸用の垂直配列アセンブリ100を備え、このアセンブリ100は、枠体110と、タンク112と、ポンプ114と、複数の発育管116と、複数の縦樋118と、供給ホース120とを有している。

0025

枠体110は、基部130と、二つの起立体132と、頂板134とを備えている。基部130は、タンク112とポンプ114とを収容している。一つの縦樋118からタンク112に液体が流入するように、基部の蓋136は、この縦樋118を受けるための基部の蓋の開口138を備えている。基部の蓋136上の液体が流出又は漏出するのを抑制するため、液体が基部の蓋の開口138を通してタンク112に向かうように、基部の蓋136の上面が形成されている。

0026

二つの起立体132は、上方向に突出するように対向して、基部130に取り付けられている。それぞれの起立体132は、発育管116の端部を受けて支持する複数の管溝150を備えている。頂板134は、起立体132の上端に渡されている。

0027

それぞれの発育管116は、管本体160と、複数の植物用開口162と、二つの管端蓋164と、縦樋スリーブ166とを備えている。図面に示された実施形態では、二つの管端蓋164は、管本体160に固定されている。植物用開口162と縦樋スリーブ166とは、適宜必要な発育管116の内部洗浄のために、十分接近できることがわかった。しかしながら、管端蓋164の一方又は両方が取り外し可能にでき、例えば、管端蓋164を管本体160とねじ係合させることができる。

0028

植物用開口162は、管本体160の一つの側面に沿って整列して配置されている。植物用開口162内で植物が傾斜しやすいように、植物用開口162は、管本体160の長手方向に沿って細長く形成されることが好ましい。これに代えて、植物用開口162は、円形に、すなわち、管本体160の長手方向に対して垂直の回転軸を有する仮想円筒と管本体160との交差で規定されるように形成されてもよい。このような円形の植物用開口162は、植物の傾斜が行えるように、直上の開口から偏って形成(オフセット)されていてもよい。しかしながら、図面に示された実施形態では、すべての植物が前方に傾斜できるように、このようなオフセット構造は、本質的に互いに鏡像である二つの形状の発育管116でなければならない。製造を簡易にするため、一つの形状の発育管116のみ、すなわち、上述した細長い植物用開口を有する発育管であることが、垂直配列アセンブリ100のそれぞれの大きさに好ましいであろう。

0029

それぞれの植物用開口162は、この植物用開口162内に摩擦力密着されたU形状の可撓性材料(例えば、ビニールゴム)であるガスケット170で補強されていてもよい。ガスケット170は、バスケット172(すなわち、植物の根をバスケットから延ばすように複数の孔を有する植物用容器)を植物用開口162内に取り付けるときに役立つ。

0030

これに代えて、それぞれの植物用開口162には、垂直配列アセンブリ100に適した発育媒体を支持するために、発育管116内に突出したフック176を備える植物支持体174(例えば、岩綿)が、取り付けられていてもよい。

0031

これに代えて、場合によっては岩綿を含まず、バスケット172を支持するために、それぞれの植物用開口162の下方に(図示せず)を設けてもよい。いずれにしても、植物のに接する(腐る可能性がある)ほど高くなく、根のために発育媒体が湿った状態で水位が維持できるように、発育媒体を配置することが望ましいことは、理解される。

0032

まれな事例では、例えば、発育管116内の水の流れを著しく妨げるような密集した太い根を植物が有する場合、発育管116内でそれぞれの植物用開口162の下方に、迂回水路(図示せず)を設けることが望ましい。このような迂回水路の間には、水を撹拌渦巻きを生成する突起部を設けてもよい。

0033

それぞれの縦樋スリーブ166は、植物用開口162の反対側であって、端部の近くで、それぞれの管本体160に取り付けられている。

0034

それぞれの縦樋118は、使用者が縦樋118を長手方向に(すなわち、使用中では上下方向に)縦樋スリーブ166内で移動できるように、それぞれの縦樋スリーブ166内に係合されている。縦樋118は、管本体160より小さい直径を有する。したがって、それぞれの管本体160の内部で上方向に突出するように、それぞれの縦樋の上端を配置でき、これによって、”ダム”や””を形成する。

0035

使用者が縦樋スリーブ166内で縦樋118を長手方向にまっすぐ移動できる一方、使用者によって選択された位置で縦樋118が摩擦で保持されるように、それぞれの縦樋118と縦樋スリーブ166との間を、十分に密着させてもよい。これに代えて、縦樋スリーブ166に対して縦樋118が回転して、縦樋118が縦樋スリーブ166内で長手方向に移動するように、それぞれの縦樋118を縦樋スリーブ166にねじ係合させてもよい。

0036

縦樋スリーブ166と縦樋118との間で長手方向移動/回転ができる一方、適切な封止手段、すなわち、各縦樋スリーブ166と縦樋118との間の液体の漏洩を防止するか、少なくとも著しく遅らせる封止手段であることが望ましい。食用グリースが適切な封止手段であることがわかった。これに代えて、”O”リング又は他の通常の封止手段を用いてもよい。

0037

好ましくは、それぞれの縦樋スリーブ166と縦樋118との組み合わせは、縦樋スリーブ166と縦樋118との相対的な長手方向の位置、つまり縦樋118の上端が発育管116の内部に突出する量を示す印(又は他の適切な指標)を有する。

0038

発育管116内で植物を移動又は他の邪魔することなく、使用者が水の高さの微調整を行うことができるので、縦樋スリーブ166と縦樋118との組み合わせは、発育管116内で水の高さに影響を与えるのに好ましい構成であると理解される。しかしながら、他の手段によって水の高さを調整してもよい。例えば、予め設定された水の高さを発育管116内に形成するように、個別の堰挿入体(図示せず)を用いることができる。堰挿入体の縁と発育管116の内部との間の水の流れを妨げるのに十分(ポンプ114によって与えられた流速に関して)であり、堰挿入体と発育管116の内部との間の封止によって、堰挿入体が所望の位置(すなわち、縦樋スリーブ166とすぐ隣りの植物用開口162の間)に取り外し可能で取り付けられるように、この堰挿入体と発育管116の内部とが構成され、これによって、堰挿入体の上を超える十分な水が、堰挿入体によって保持される。このような堰挿入体は、垂直配列アセンブリ100が二つの別々の水位(すなわち、植物が設置されたときに高く、根が設置されたときに低い)のみを必要とする一つの型の植物を発育するときに、使用することができる。これに代えて、異なる型の植物に使用するために、及び最適な発育が二つを超える別々の水位で達成される植物に使用いるために、異なる別々の水位を形成するような大きさの堰挿入体を追加で設けることができる。

0039

使用時には、それぞれの縦樋118の下端は、すぐ下の発育管116の植物用開口162に、又は場合によっては基部の蓋の開口138に、ゆるく嵌合される。

0040

ポンプ114は、通常の電動の水/液体ポンプであることが好ましい。図面に示されたポンプ114は、タンク112の底付近とポンプ114の吸入側の間に延びる吸入ホース180を有する。これに代えて、浸漬型ポンプ、すなわち、使用時にタンク112の中に浸漬され、したがって、吸入ホース180を必要としないポンプを用いてもよい。供給ホース120は、ポンプ114の出口側から、縦樋スリーブ166と反対側で、最上の発育管116の端部の植物用開口162へ延びている。この供給ホース内に藻が発育するかもしれないので、美的理由から供給ホース120を不透明にすることが好ましい。

0041

使用時には、又は種が植物用開口162内に配置され(上述のように取り付けられる)、水(好ましくは植物の発育を補助する溶解物質を含む)がタンク112に供給され、ポンプ114が始動される。ポンプ114は、タンク112から水を汲み上げ、供給ホース120を経由して、最上の発育管116に水を供給する。水が縦樋118を流れ落ち、すぐ下の発育管116に流れ始めたときは、水が縦樋118の上端を超えるまで、最上の発育管116内で水位が上昇する。それぞれの発育管116でこれが繰り返され、水が最下の発育管116内を満たし、最下の縦樋118から溢れ、そしてタンク112内に流れる。

0042

直結している縦樋118の発育管116内への突出量を調整することによって、使用者は、それぞれの発育管116内の水の深さを制御することができる。例えば、発育管116に苗(すなわち、よく張った根の構造がない)を収容するときには、成長した植物(すなわち、よりよく張った根の構造を有する)のときより水位を高く維持するように、縦樋118を配置してもよい。他の発育管116から独立しているそれぞれの発育管116内の水位を調整する能力によって、使用者は、水の必要量が異なる植物(例えば、異なる種類の植物及び/又は異なる発育段階の植物)を同時に発育させることができる。

0043

垂直配列アセンブリ100を通る水の流れと、これに関連する水の撹拌は、水に空気を含ませる傾向があることがわかる。特に、それぞれの縦樋118内の水の落下は、水に空気を含ませることに十分寄与することが理解される。このような給気は、水の中の十分な酸素が植物のためになる点、例えば、耐根腐れで有用である。

0044

例えば、縦樋118の内壁から離れて水を落下させる傾向がある縦樋118の上端の近くに、例えば、内方向に突出する縁、及び/又は水を撹拌もしくは水を落下させて表面に飛散させる経路や他の特徴を有することによって給気が向上するように、それぞれの縦樋118の内部が構成されていてもよい。

0045

それぞれの発育管116で使用者に選択される水位を維持し、給気を最適化するために、水の連続循環が望ましいことがわかる。しかしながら、他の理由によって(例えば、根腐れの見込みを減らすに役立つことがわかっている”空気を吸い込む”機会を根に与えること)望ましいと考えられる場合、断続的な循環が使用でき、これには、プログラムで制御できるポンプ114用の調整器おそらく必要だろう。

0046

図6に示すように、本発明の実施形態は、内蔵された水システムを有する配置体を含み、この水システムは、(車輪に取り付けられるであろう)移動式の発育管棚190(発育管116が上述のように配置されている)と、ユ−ティリティ室又は洗濯室又は同様な室に設置されるであろう遠隔タンク192及び遠隔ポンプ194と、遠隔タンク192と発育管棚190との間に水を循環させる内蔵配管196とを備えている。図6に示された家198に例示的に設置されたように、内蔵配管196は、複数の場所(屋内屋外の両方)に分枝されているのが好ましく、単一の遠隔タンク192から複数の発育棚190に供給することが便利であり、使用者が好きな異なる場所の間で一つ以上の発育管棚190を移動することができる。発育管棚190は、それぞれの場所で取り外し可能に接続する(好ましくは、配管圧力を維持するが流出及び/又は漏洩等を抑えるように、通常の手早く取り外せるファスナで分離部を閉じる)ことが好ましい。

0047

遠隔タンク192を洗濯室又はユーティリティ室に配置することによって、直射日光から遠隔タンク192を隔離し、植物に供給する水の蒸発及び加熱のおそれを抑える。さらに、遠隔タンク192を洗濯室又はユーティリティ室に配置すると、使用者が必要に応じて水の冷却又は加熱を行うことによって、有効な水温制御が実施できる。同様に、遠隔タンク192を洗濯室又はユーティリティ室に配置すると、蒸発した水又は植物に摂取された水を戻すためにタンクに自動で水補充するように、建物水供給部に流量を制御した接続ができる。さらに、遠隔タンク192を洗濯室又はユーティリティ室に配置すると、より多くの栄養分を加えるための自動タイマー、pHテスタ気候調整ヒータクーラ、及びppmメータ百万分率)を含む水耕園芸の優れた態様を、必要に応じて自動的に実施することが容易になる。このため、使用者は、かなりの長期間、例えば、植物が根付き、最初の生育段階を終えて1か月以上の間、植物を世話せずに放置できる。

0048

垂直配置アセンブリ100を再設置又は移動するのを容易にするため、枠体110を車輪(キャスターになるであろう)上に置いてもよい。洗浄修理を容易にするため、タンク112とポンプ114は、基部130から取り外し可能であることが好ましい。基部130と他の部品の大きさを調整し、不使用のとき、この他の部品を取り外して基部130内に格納するように構成してもよい。

0049

垂直配列アセンブリ100は、よりバランスがとれた外観を形成するために、機能的な縦樋118と対向して設けられた疑似縦樋である”装飾部材”を備えていてもよい。

0050

本発明の実施形態は、屋内もしくは屋外又はその両方で使用するように構成されていてもよい。屋内/屋外又は屋外の実施形態は、温室の効果を与える透明/半透明樹脂製カバー害虫を遠ざける網、遮光防風のための織物カバー、及び植物、特に野菜プラントの重さを支えフェンスを備えていてもよい。好ましくは、これら全てが同じ枠体110のスナップスナップ留めされる。雨水を避けることも選択できる。

0051

ある応用では、発育管116の外側にクリップを設けることが望ましく、これらのクリップによれば、それぞれの発育管に取り付けられた材料片、又はバイザーで遮光を形成し、発育管116を直射日光に当てないようにできる。

0052

発育管116は、枠体110以外の手段によって支持されていてもよい。例えば、それぞれの発育管は、壁又は他の垂直面に直接取り付けることができる。これに代えて、発育管116は、壁又は他の垂直面に直接取り付けられる部品(例えば、通常の壁取付棚部品によって支持できる。更にこれに代えて、発育管116は、例えば、針金又はひもによって上方から吊るしてもよい。

0053

発育管116は、レール、例えば、アパートバルコニーのレールに沿って、レール上の多くの太陽が出ている場所、及びその他の太陽がより少ない望ましい場所で、長さ方向に設置することができる。いったん水が上昇したとき、レールに沿って設置されたアセンブリの長さに対する唯一の制限は、ある発育管116から次の発育管へ移行するのに必要な高さである。

0054

垂直配列アセンブリ100は、タンク112に肥料を自動的に添加する肥料供給機構に接続された水中の肥料成分分析するセンサ(このようなセンサは、容易に利用可能である)を導入してもよい。

0055

一つ以上のソーラパネルを垂直配列アセンブリ100の部品に取り付けて、ポンプ114及び/又は選択された冷却/加熱ユニット及びポンプの電力を、クリーン再生可能エネルギ補給してもよい。これらのソーラパネルは、直射日光から部品を保護するブラインドとして機能させることもできる。垂直配列アセンブリ100の場所及び植物発育に応答して電気を最適に生成するために、ソーラパネルを異なる場所の間で移動可能(例えば、植物がパネル吊り下げられたとき、発育管116に最初に取り付けられたソーラパネルを、枠体110の側方に移動することができる)にしてもよい。

0056

図7に示すように、本発明の実施形態は、蒸発による損失を減少し、(例えば、直射日光に長い間さらされた結果として)高過ぎる水温による植物へのストレスのおそれを抑えるため、垂直配列アセンブリ100内で循環されている水を冷却するための冷却アセンブリ200を含んでいてもよい。図7では、冷却アセンブリ200が浸漬型ポンプ210とともに示されているが、この冷却アセンブリ200は、上述したポンプ114を使用することもできる。

0057

冷却アセンブリ200は、電動冷却手段220と、熱交換機222と、サブタンク囲い224と、サブタンクポンプ導管226を備えている。

0058

電動冷却手段220はペルチェ素子であることが好ましく、この場合、熱交換機222は、(好ましくは高い熱伝導性の)金属板の配列である。これに代えて、電動冷却手段220は、通常の蒸気圧縮冷却装置のような他の形態の冷却手段であってもよく、この場合、熱交換機222は、蒸気圧縮冷却装置の蒸発器の部品を含むだろう。電動冷却手段220は、タンク112から取得された空気を放熱するファンを含んでいてもよい。一つ以上のソーラパネルで電動冷却手段220を駆動するのを容易にするため、電動冷却手段220は、直流(DC)によって駆動されるように構成されていてもよい。

0059

サブタンク囲い224は、熱交換機222の周りの囲いであり、サブタンク囲い224の内側の水とサブタンク囲い224の外側の水との混合を妨げるように、サブタンク囲い224の内部とタンク112の内部の残余との間にある例えば穿孔によって、流れが抑制されるように構成され、この結果、使用中、サブタンク囲い224内の水は、サブタンク囲い224の外側の水よりも更に冷却される傾向にある。

0060

サブタンクポンプ導管226は、サブタンクポンプ導管226の内部と浸漬型ポンプ210の吸入側との間の流通路であり、使用中、浸漬型ポンプ210がサブタンク囲い224内に存在する冷却水吸引する。

0061

本発明の実施形態は、発育光を適用することが有用であり、LED発育光が通常の発育光より電気量と発熱量が少ないので、好ましくはLED発育光を適用することが有用であろう。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ファームシップの「 植物栽培装置および植物栽培方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】植物栽培に必要な空調管理を良好に行える上、空間効率の向上をも図ることのできる植物栽培装置および植物栽培方法を提供する。【解決手段】上下方向に間隔をあけて複数配されるレーン本体3と、内部に通気路... 詳細

  • 株式会社竹中工務店の「 吊構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】外周部の形状を維持することが可能な吊構造を提供する。【解決手段】吊構造10は、上端部が梁12に吊り下げられた心部材18と、心部材18から放射状に突出した複数の腕部20と、腕部20に取り付けられ... 詳細

  • 株式会社恵葉&菜健康野菜の「 水耕栽培用プランター」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】栽培用プレートを引寄せて収穫する場合に、栽培用プレートの損傷や劣化を低減できる水耕栽培用プランターを提供する。【解決手段】平面形状が略長方形であり、内部に養液2を貯水する養液槽1と、養液2上に... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ