図面 (/)

技術 チャネル状態情報を報告する方法、ユーザ機器、及び基地局

出願人 華為技術有限公司
発明者 王建国周永行
出願日 2014年4月10日 (6年8ヶ月経過) 出願番号 2016-561845
公開日 2017年7月6日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2017-518666
状態 特許登録済
技術分野 時分割方式以外の多重化通信方式 無線伝送方式一般(ダイバーシチ方式等) 移動無線通信システム 交流方式デジタル伝送
主要キーワード 系列要素 M系列 高周波システム 領域インデックス アンテナコード 技術的解決策 ノード機器 マルチアンテナ構成
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年7月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題・解決手段

本発明の実施形態は、基地局により送信されるサウンディング信号セットを受信するステップと、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するステップであって、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、ステップと、基地局により送信される参照信号セットを受信するステップであって、参照信号セットが、参照信号リソース構成に対応する、ステップと、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定するステップと、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するステップと、を含むチャネル状態情報を報告する方法を開示する。対応して、本発明の実施形態は、チャネル状態情報を報告するユーザ機器及び基地局をさらに開示する。本発明によれば、時間−周波数リソースオーバヘッドを効果的に節約することができ、かつ、ユーザ機器によって実行されるCSI測定の複雑さを効果的に減少させ、又はCSIフィードバックの正確性を改善することができる。

概要

背景

チャネル状態情報(Channel State Information,略してCSI)は、現在の通信ステムでは非常に重要であり、リソーススケジューリング、ユーザ送信フォーマットの決定、マルチユーザペアリング、及び複数セル間協調に対しても、重要な情報を提供することができる。第3世代パートナシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project,略して3GPP)のロングタームエボリューション(Long Term Evolution,略してLTE)システムでは、CSIは、概して、チャネル品質インジケータ(Channel Quality Indicator,略してCQI)、プリコーディング行列インジケータ(Precoding Matrix Indicator/Index,略してPMI)、及びランクインジケータ(Rank Indicator,略してRI)などの情報を含む。ダウンリンク(即ち、基地局がデータをユーザ機器に送信する)システムの場合、ユーザ機器は、概して、基地局によって送信される参照信号(Reference Signal,略してRS、パイロットとも呼ぶ)に従ってCSIを決定し、CSIを基地局にフィードバックする。

各参照信号は、概して1つのアンテナポートに対応する。LTER8システムは、セル固有参照信号(Cell specific RS,略してCRS)を使用して、最大4個のアンテナポートの構成をサポートすることができる。LTE R10−R11システムは、チャネル状態情報参照信号(CSI RS)を使用して、最大8個のアンテナポートの構成をサポートすることができる。ここで、「LTE Rx」は、「x番目リリースのLTE」を表す。

システム容量及びシステムカバレッジをさらに改善するために、より多くのアンテナポート構成が導入されることが現在検討されている。例えば、16個、32個、64個又はそれより多くのアンテナポートのアンテナ構成が、アクティブアンテナシステム(Active Antenna System,略してAAS)及び大規模MIMOにおいて導入され得る。一方では、各アンテナポートは、概して1つの参照信号に対応し、各参照信号は、時間−周波数リソース占有する必要がある。したがって、より多くのアンテナの構成は、リソースオーバヘッドがより多いことを意味する。他方、アンテナポートがより多いことは、より多くの対応するチャネル測定がユーザ機器によって実行される必要があること、及びCSI測定がより高い複雑性を有することを意味する。したがって、マルチアンテナ構成を十分に発揮しつつ、過度のリソースオーバヘッド及びユーザ機器によって実行されるCSI測定の過度に高度な複雑性を回避することは、現在直ちに解決されるべき重要な問題である。

概要

本発明の実施形態は、基地局により送信されるサウンディング信号セットを受信するステップと、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するステップであって、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、ステップと、基地局により送信される参照信号セットを受信するステップであって、参照信号セットが、参照信号リソース構成に対応する、ステップと、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定するステップと、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するステップと、を含むチャネル状態情報を報告する方法を開示する。対応して、本発明の実施形態は、チャネル状態情報を報告するユーザ機器及び基地局をさらに開示する。本発明によれば、時間−周波数リソースのオーバヘッドを効果的に節約することができ、かつ、ユーザ機器によって実行されるCSI測定の複雑さを効果的に減少させ、又はCSIフィードバックの正確性を改善することができる。

目的

チャネル状態情報(Channel State Information,略してCSI)は、現在の通信システムでは非常に重要であり、リソースのスケジューリング、ユーザ送信フォーマットの決定、マルチユーザのペアリング、及び複数セル間の協調に対しても、重要な情報を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ユーザ機器であって、当該ユーザ機器が、基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信するように構成され、前記サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含む、サウンディング信号セット受信モジュールと、前記サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するように構成され、前記参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、リソース構成インデックス決定モジュールと、前記基地局によって送信される参照信号セットを受信するように構成され、前記参照信号セットが、前記参照信号リソース構成インデックスによって示される前記参照信号リソース構成に対応する、参照信号セット受信モジュールと、前記参照信号セットに従って、チャネル状態情報を決定するように構成される、チャネル状態情報決定モジュールと、前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を前記基地局に送信するように構成される、チャネル状態情報送信モジュールと、を備える、ユーザ機器。

請求項2

当該ユーザ機器が、前記基地局によって送信される前記参照信号リソース構成セット情報を受信するように構成され、前記参照信号リソース構成セット情報が、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む、リソース構成セット受信モジュールをさらに備える、請求項1に記載のユーザ機器。

請求項3

前記参照信号リソース構成インデックスと、前記の示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報CIを使用して前記基地局によって通知される、請求項1又は2に記載のユーザ機器。

請求項4

前記サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSIRSであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む、請求項1から3のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項5

前記セル固有参照信号CRS又は前記チャネル状態情報参照信号CSIRSは、前記参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される、請求項4に記載のユーザ機器。

請求項6

前記サウンディング信号は、同期信号であり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号の前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項1から3のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項7

前記同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される、請求項6に記載のユーザ機器。

請求項8

前記サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルの前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項1から3のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項9

前記ブロードキャストチャネルで搬送される異なるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(CyclicRedundancyCheck)マスク(Mask)によって表される、請求項8に記載のユーザ機器。

請求項10

前記チャネル状態情報決定モジュールは、前記参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定するように構成され、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、コードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、前記コードブックは、前記参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、前記チャネル状態情報は、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む、請求項1から9のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項11

前記チャネル状態情報送信モジュールは、前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を、前記基地局に同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、別個に送信するように構成される、請求項1から10のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項12

前記チャネル状態情報送信モジュールによって前記参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、前記チャネル状態情報を送信する期間よりも長い、請求項11に記載のユーザ機器。

請求項13

前記参照信号リソース構成は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、前記参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される、請求項1から12のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項14

前記参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(CyclicShift)情報である、請求項13に記載のユーザ機器。

請求項15

前記2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する、請求項13又は14に記載のユーザ機器。

請求項16

前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する、請求項1から15のいずれか一項に記載のユーザ機器。

請求項17

基地局であって、当該基地局が、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信するように構成され、前記サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果前記ユーザ機器が、前記サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、前記参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、サウンディング信号セット送信モジュールと、少なくとも2つの参照信号セットを前記ユーザ機器に送信するように構成され、前記少なくとも2つの参照信号セットが、前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応する、参照信号セット送信モジュールと、前記ユーザ機器によって送信される前記参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信するように構成され、前記チャネル状態情報が、前記参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、前記ユーザ機器によって取得される、チャネル状態情報受信モジュールと、を備える基地局。

請求項18

当該基地局が、前記参照信号リソース構成セット情報を前記ユーザ機器に送信するように構成され、前記参照信号リソース構成セット情報が、前記少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む、リソース構成セット送信モジュールをさらに備える、請求項17に記載の基地局。

請求項19

前記参照信号リソース構成インデックスと、前記の示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用して前記ユーザ機器に通知される、請求項17又は18に記載の基地局。

請求項20

前記サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSIRSであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む、請求項17から19のいずれか一項に記載の基地局。

請求項21

前記セル固有参照信号CRS又は前記チャネル状態情報参照信号CSIRSは、前記参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される、請求項20に記載の基地局。

請求項22

前記サウンディング信号は、同期信号であり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号の前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項17又は19に記載の基地局。

請求項23

前記同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される、請求項22に記載の基地局。

請求項24

前記サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルの前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項17又は19に記載の基地局。

請求項25

前記ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(CyclicRedundancyCheck)マスク(Mask)によって示される、請求項24に記載の基地局。

請求項26

前記チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含み、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、前記ユーザ機器によって前記参照信号セットに従って決定され、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、前記ユーザ機器によってコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応する、請求項17から25のいずれか一項に記載の基地局。

請求項27

前記チャネル状態情報受信モジュールは、同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、前記ユーザ機器によって送信される前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を別個に受信するように構成される、請求項17から26のいずれか一項に記載の基地局。

請求項28

前記チャネル状態情報受信モジュールによって、前記ユーザ機器により送信される前記参照信号リソース構成インデックスを受信する期間は、前記チャネル状態情報を受信する期間よりも長い、請求項27に記載の基地局。

請求項29

前記参照信号リソース構成情報は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、前記参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される、請求項17から28のいずれか一項に記載の基地局。

請求項30

前記参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(CyclicShift)情報である、請求項29に記載の基地局。

請求項31

前記2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する、請求項29又は30に記載の基地局。

請求項32

前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する、請求項17から30のいずれか一項に記載の基地局。

請求項33

チャネル状態情報を報告する方法であって、当該方法が、ユーザ機器によって、基地局により送信されるサウンディング信号セットを受信するステップであって、前記サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含む、ステップと、前記ユーザ機器によって、前記サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するステップであって、前記参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、ステップと、前記ユーザ機器によって、前記基地局により送信される参照信号セットを受信するステップであって、前記参照信号セットが、前記参照信号リソース構成インデックスによって示される前記参照信号リソース構成に対応する、ステップと、前記ユーザ機器によって、前記参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定するステップと、前記ユーザ機器によって、前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を前記基地局に送信するステップと、を含む方法。

請求項34

当該方法が、前記ユーザ機器によって、前記基地局により送信される前記参照信号リソース構成セット情報を受信するステップをさらに含み、前記参照信号リソース構成セット情報が、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む、請求項33に記載の方法。

請求項35

前記参照信号リソース構成インデックスと、前記の示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用して前記基地局によって通知される、請求項33又は34に記載の方法。

請求項36

前記サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSIRSであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む、請求項33から35のいずれか一項に記載の方法。

請求項37

前記セル固有参照信号CRS又は前記チャネル状態情報参照信号CSIRSは、前記参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される、請求項36に記載の方法。

請求項38

前記サウンディング信号は、同期信号であり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号の前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項33から35のいずれか一項に記載の方法。

請求項39

前記同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される、請求項38に記載の方法。

請求項40

前記サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルの前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項33から35のいずれか一項に記載の方法。

請求項41

前記ブロードキャストチャネルで搬送される異なるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(CyclicRedundancyCheck)マスク(Mask)によって表される、請求項40に記載の方法。

請求項42

前記参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定する前記ステップは、前記ユーザ機器によって、前記参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定するステップをさらに含み、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、コードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、前記コードブックは、前記参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、前記チャネル状態情報は、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む、請求項33から41のいずれか一項に記載の方法。

請求項43

前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を前記基地局に送信する前記ステップは、前記ユーザ機器によって、前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を、前記基地局に同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、別個に送信するステップを含む、請求項33から42のいずれか一項に記載の方法。

請求項44

前記参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、前記チャネル状態情報を送信する期間よりも長い、請求項43に記載の方法。

請求項45

前記参照信号リソース構成は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、前記参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される、請求項33から44のいずれか一項に記載の方法。

請求項46

前記参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(CyclicShift)情報である、請求項45に記載の方法。

請求項47

前記2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する、請求項45又は46に記載の方法。

請求項48

前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する、請求項33から47のいずれか一項に記載の方法。

請求項49

チャネル状態情報を報告する方法であって、当該方法が、基地局によって、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信するステップであって、前記サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果前記ユーザ機器が、前記サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、前記参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、ステップと、前記基地局によって、少なくとも2つの参照信号セットを前記ユーザ機器に送信するステップであって、前記少なくとも2つの参照信号セットが、前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応する、ステップと、前記基地局によって、前記ユーザ機器により送信される前記参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信するステップであって、前記チャネル状態情報が、前記参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、前記ユーザ機器によって取得される、ステップと、を含む方法。

請求項50

当該方法が、前記基地局によって、前記参照信号リソース構成セット情報を前記ユーザ機器に送信するステップをさらに含み、前記参照信号リソース構成セット情報が、前記少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む、請求項49に記載の方法。

請求項51

前記参照信号リソース構成インデックスと、前記の示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用して前記ユーザ機器に通知される、請求項49又は50に記載の方法。

請求項52

前記サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSIRSであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む、請求項49から51のいずれか一項に記載の方法。

請求項53

前記セル固有参照信号CRS又は前記チャネル状態情報参照信号CSIRSは、前記参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される、請求項52に記載の方法。

請求項54

前記サウンディング信号は、同期信号であり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記同期信号で搬送されるか、又は前記同期信号の前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項49又は51に記載の方法。

請求項55

前記同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される、請求項54に記載の方法。

請求項56

前記サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、前記参照信号リソース構成インデックスは、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、前記ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又は前記ブロードキャストチャネルの前記リソース位置と関連付けられる前記リソース識別子は、前記参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す、請求項49又は51に記載の方法。

請求項57

前記ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(CyclicRedundancyCheck)マスク(Mask)によって示される、請求項56に記載の方法。

請求項58

前記チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含み、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、前記ユーザ機器によって前記参照信号セットに従って決定され、前記第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、前記ユーザ機器によってコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応する、請求項49から57のいずれか一項に記載の方法。

請求項59

前記ユーザ機器により送信される前記参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信する前記ステップは、前記基地局によって、同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、前記ユーザ機器により送信される前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を別個に受信するステップを含む、請求項49から58のいずれか一項に記載の方法。

請求項60

前記ユーザ機器により送信される前記参照信号リソース構成インデックスを受信する期間は、前記チャネル状態情報を受信する期間よりも長い、請求項59に記載の方法。

請求項61

前記参照信号リソース構成情報は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、前記参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される、請求項49から60のいずれか一項に記載の方法。

請求項62

前記参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(CyclicShift)情報である、請求項61に記載の方法。

請求項63

前記2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する、請求項67又は62に記載の方法。

請求項64

前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する、請求項49から62のいずれか一項に記載の方法。

請求項65

通信ステムであって、当該通信システムが、請求項1から16のいずれか一項に記載のユーザ機器と、請求項17から32のいずれか一項に記載の基地局と、を備え、前記ユーザ機器は、前記基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信し、前記サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、前記サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、前記参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用され、前記基地局によって送信される参照信号セットを受信し、前記参照信号セットが、前記参照信号リソース構成インデックスによって示される前記参照信号リソース構成に対応し、前記参照信号セットに従って、チャネル状態情報を決定し、前記参照信号リソース構成インデックス及び前記チャネル状態情報を前記基地局に送信するように構成され、前記基地局は、サウンディング信号セットを前記ユーザ機器に送信し、前記サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果前記ユーザ機器が、前記サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、前記参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用され、少なくとも2つの参照信号セットを前記ユーザ機器に送信し、前記少なくとも2つの参照信号セットが、前記参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応し、前記ユーザ機器によって送信される前記参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信し、前記チャネル状態情報が、前記参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、前記ユーザ機器により取得されるように構成される、通信システム。

技術分野

0001

本発明は、無線通信の分野に関し、特に、チャネル状態情報報告する方法、ユーザ機器及び基地局に関する。

背景技術

0002

チャネル状態情報(Channel State Information,略してCSI)は、現在の通信ステムでは非常に重要であり、リソーススケジューリング、ユーザ送信フォーマットの決定、マルチユーザペアリング、及び複数セル間協調に対しても、重要な情報を提供することができる。第3世代パートナシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project,略して3GPP)のロングタームエボリューション(Long Term Evolution,略してLTE)システムでは、CSIは、概して、チャネル品質インジケータ(Channel Quality Indicator,略してCQI)、プリコーディング行列インジケータ(Precoding Matrix Indicator/Index,略してPMI)、及びランクインジケータ(Rank Indicator,略してRI)などの情報を含む。ダウンリンク(即ち、基地局がデータをユーザ機器に送信する)システムの場合、ユーザ機器は、概して、基地局によって送信される参照信号(Reference Signal,略してRS、パイロットとも呼ぶ)に従ってCSIを決定し、CSIを基地局にフィードバックする。

0003

各参照信号は、概して1つのアンテナポートに対応する。LTER8システムは、セル固有参照信号(Cell specific RS,略してCRS)を使用して、最大4個のアンテナポートの構成をサポートすることができる。LTE R10−R11システムは、チャネル状態情報参照信号(CSI RS)を使用して、最大8個のアンテナポートの構成をサポートすることができる。ここで、「LTE Rx」は、「x番目リリースのLTE」を表す。

0004

システム容量及びシステムカバレッジをさらに改善するために、より多くのアンテナポート構成が導入されることが現在検討されている。例えば、16個、32個、64個又はそれより多くのアンテナポートのアンテナ構成が、アクティブアンテナシステム(Active Antenna System,略してAAS)及び大規模MIMOにおいて導入され得る。一方では、各アンテナポートは、概して1つの参照信号に対応し、各参照信号は、時間−周波数リソース占有する必要がある。したがって、より多くのアンテナの構成は、リソースオーバヘッドがより多いことを意味する。他方、アンテナポートがより多いことは、より多くの対応するチャネル測定がユーザ機器によって実行される必要があること、及びCSI測定がより高い複雑性を有することを意味する。したがって、マルチアンテナ構成を十分に発揮しつつ、過度のリソースオーバヘッド及びユーザ機器によって実行されるCSI測定の過度に高度な複雑性を回避することは、現在直ちに解決されるべき重要な問題である。

0005

本発明の実施形態は、チャネル状態情報を報告する方法、ユーザ機器及び基地局を提供し、時間−周波数リソースのオーバヘッドを効果的に節約し、かつ、ユーザ機器によって実行されるCSI測定の複雑さを効果的に減少させ、又はCSIフィードバックの正確性を改善することができる。

0006

本発明の実施形態の第1の態様は、ユーザ機器であって、
基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信するように構成され、サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含む、サウンディング信号セット受信モジュールと、
サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するように構成され、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、リソース構成インデックス決定モジュールと、
基地局によって送信される参照信号セットを受信するように構成され、参照信号セットが、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する、参照信号セット受信モジュールと、
参照信号セットに従って、チャネル状態情報を決定するように構成される、チャネル状態情報決定モジュールと、
参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するように構成される、チャネル状態情報送信モジュールと、を含むユーザ機器を提供する。

0007

第1の態様の第1の可能な実装方法では、ユーザ機器は、
基地局によって送信される参照信号リソース構成セット情報を受信するように構成され、参照信号リソース構成セット情報が、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む、リソース構成セット受信モジュールをさらに含む。

0008

第1の態様及び第1の態様の第1の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第2の可能な実装方法では、参照信号リソース構成インデックスと、示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報CIを使用して基地局によって通知される。

0009

第1の態様及び第1の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第3の可能な実装方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、
参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。

0010

第1の態様の第3の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第4の可能な実装方法では、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。

0011

第1の態様及び第1の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第5の可能な実装方法では、サウンディング信号は、同期信号であり、
参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0012

第1の態様の第5の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第6の可能な実装方法では、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。

0013

第1の態様及び第1の態様の第1及び第2の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第7の可能な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、
参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0014

第1の態様の第7の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第8の可能な実装方法では、ブロードキャストチャネルで搬送される異なるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。

0015

第1の態様及び第1の態様の第1から第8の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第1の態様の第9の可能な実装方法では、チャネル状態情報決定モジュールは、
参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定するように構成され、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、コードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、コードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、
チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む。

0016

第1の態様及び第1の態様の第1から第9の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第1の態様の第10の可能な実装方法では、チャネル状態情報送信モジュールは、
参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を、基地局に同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、別個に送信するように構成される。

0017

第1の態様の第10の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第11の可能な実装方法では、チャネル状態情報送信モジュールによって参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、チャネル状態情報を送信する期間よりも長い。

0018

第1の態様及び第1の態様の第1から第11の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第1の態様の第12の可能な実装方法では、参照信号リソース構成は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される。

0019

第1の態様の第12の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第13の可能な実装方法では、参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(Cyclic Shift)情報である。

0020

第1の態様の第12又は第13の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第14の可能な実装方法では、2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。

0021

第1の態様及び第1の態様の第1から第15の可能な実装方法に関連して、第1の態様の第15の可能な実装方法では、参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0022

本発明の実施形態の第2の態様は、基地局であって、
サウンディング信号セットをユーザ機器に送信するように構成され、サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果ユーザ機器が、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、サウンディング信号セット送信モジュールと、
少なくとも2つの参照信号セットをユーザ機器に送信するように構成され、少なくとも2つの参照信号セットが、参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応する、参照信号セット送信モジュールと、
ユーザ機器によって送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信するように構成され、チャネル状態情報が、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、ユーザ機器によって取得される、チャネル状態情報受信モジュールと、を含む基地局を提供する。

0023

第2の態様の第1の可能な実装方法では、基地局は、
参照信号リソース構成セット情報をユーザ機器に送信するように構成され、参照信号リソース構成セット情報が、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む、リソース構成セット送信モジュールをさらに含む。

0024

第2の態様及び第2の態様の第1の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第2の可能な実装方法では、参照信号リソース構成インデックスと、示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用してユーザ機器に通知される。

0025

第2の態様及び第2の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第3の可能な実施方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、
参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。

0026

第2の態様の第3の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第4の可能な実装方法では、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。

0027

第2の態様及び第2の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第5の可能な実装方法では、サウンディング信号は、同期信号であり、
参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0028

第2の態様の第5の可能な実施方法に関連して、第2の態様の第6の可能な実装方法では、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。

0029

第2の態様及び第2の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第7の可能な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、
参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0030

第2の態様の第7の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第8の可能な実装方法では、ブロードキャストチャネルで搬送される異なるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。

0031

第2の態様及び第2の態様の第1から第8の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第2の態様の第9の可能な実装方法では、チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含み、
第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、ユーザ機器によって参照信号セットに従って決定され、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、ユーザ機器によってコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応する。

0032

第2の態様及び第2の態様の第1から第9の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第2の態様の第10の可能な実装方法では、チャネル状態情報受信モジュールは、
同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、ユーザ機器によって送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を別個に受信するように構成される。

0033

第2の態様の第10の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第11の可能な実装方法では、チャネル状態情報受信モジュールによって、ユーザ機器により送信される参照信号リソース構成インデックスを受信する期間は、チャネル状態情報を受信する期間よりも長い。

0034

第2の態様及び第2の態様の第1から第11の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第2の態様の第12の可能な実装方法では、参照信号リソース構成は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される。

0035

第2の態様の第12の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第13の可能な実装方法では、参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(Cyclic Shift)情報である。

0036

第2の態様の第12又は第13の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第14の可能な実装方法では、2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。

0037

第2の態様及び第1の態様の第1から第14の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第15の可能な実装方法では、参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0038

本発明の実施形態の第3の態様は、チャネル状態情報を報告する方法であって、
ユーザ機器によって、基地局により送信されるサウンディング信号セットを受信するステップであって、サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含む、ステップと、
ユーザ機器によって、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するステップであって、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、ステップと、
ユーザ機器によって、基地局により送信される参照信号セットを受信するステップであって、参照信号セットが、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する、ステップと、
ユーザ機器によって、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定するステップと、
ユーザ機器によって、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するステップと、を含むチャネル状態情報を報告する方法を提供する。

0039

第3の態様の第1の可能な実装方法では、方法は、ユーザ機器によって、基地局により送信される参照信号リソース構成セット情報を受信するステップをさらに含み、参照信号リソース構成セット情報が、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。

0040

第3の態様及び第3の態様の第1の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第2の可能な実装方法では、参照信号リソース構成インデックスと、示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は、上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用して基地局によって通知される。

0041

第3の態様及び第3の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第3の可能な実装方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、
参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。

0042

第3の態様の第3の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第4の可能な実装方法では、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。

0043

第3の態様及び第3の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第3の第5の可能な実装方法では、サウンディング信号は、同期信号であり、
参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0044

第3の態様の第5の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第6の可能な実装方法では、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。

0045

第3の態様及び第3の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第7の可能な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、
参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0046

第3の態様の第7の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第8の可能な実装方法では、ブロードキャストチャネルで搬送される異なるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。

0047

第3の態様及び第3の態様の第1から第8の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第3の態様の第9の可能な実装方法では、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定するステップは、
ユーザ機器によって、参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定するステップをさらに含み、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、コードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、コードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、
チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む。

0048

第3の態様及び第3の態様の第1から第9の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第3の態様の第10の可能な実装方法では、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するステップは、
ユーザ機器によって、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を、基地局に同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、別個に送信するステップを含む。

0049

第3の態様の第10の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第11の可能な実装方法では、参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、チャネル状態情報を送信する期間よりも長い。

0050

第3の態様及び第3の態様の第1から第11の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第3の態様の第12の可能な実装方法では、参照信号リソース構成は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される。

0051

第3の態様の第12の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第13の可能な実装方法では、参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(Cyclic Shift)情報である。

0052

第3の態様の第12又は第13の可能な実装方法に関連して、第3の態様に第14の可能な実装方法では、2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。

0053

第3の態様及び第3の態様の第1から第15の可能な実装方法に関連して、第3の態様の第15の可能な実装方法では、参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0054

本発明の実施形態の第4の態様は、チャネル状態情報を報告する方法であって、
基地局によって、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信するステップであって、サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果ユーザ機器が、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される、ステップと、
基地局によって、少なくとも2つの参照信号セットをユーザ機器に送信するステップであって、少なくとも2つの参照信号セットが、参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応する、ステップと、
基地局によって、ユーザ機器により送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信するステップであって、チャネル状態情報が、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、ユーザ機器によって取得される、ステップと、を含むチャネル状態情報を報告する方法を提供する。

0055

第4の態様の第1の可能な実装方法では、方法は、
基地局によって、参照信号リソース構成セット情報をユーザ機器に送信するステップをさらに含み、参照信号リソース構成セット情報が、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。

0056

第4の態様及び第4の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第3の可能な実装方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、
参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。

0057

第4の態様の第3の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第4の可能な実装方法では、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。

0058

第4の態様及び第4の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第5の可能な実装方法では、サウンディング信号は、同期信号であり、
参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送される、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、同期信号で搬送される、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0059

第4の態様の第5の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第6の可能な実装方法では、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。

0060

第4の態様及び第4の態様の第1又は第2の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第7の可能な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルであり、
参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子であり、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0061

第4の態様の第7の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第8の可能な実装方法では、ブロードキャストチャネルで搬送される異なるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。

0062

第4の態様及び第4の態様の第1から第8の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第4の態様の第9の可能な実装方法では、チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含み、
第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、ユーザ機器によって参照信号セットに従って決定され、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、ユーザ機器によってコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応する。

0063

第4の態様及び第4の態様の第1から第9の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第4の態様の第10の可能な実装方法では、ユーザ機器により送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信するステップは、
基地局によって、同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、ユーザ機器により送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を別個に受信するステップを含む。

0064

第4の態様の第10の可能な実装方法に関連して、第2の態様の第11の可能な実装方法では、ユーザ機器により送信される参照信号リソース構成インデックスを受信する期間は、チャネル状態情報を受信する期間よりも長い。

0065

第4の態様及び第2の態様の第1から第11の可能な実装方法のいずれか1つに関連して、第2の態様の第12の可能な実装方法では、参照信号リソース構成は、アンテナポート情報、並びに参照信号構成情報及び/又は参照信号系列情報を含み、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用される。

0066

第4の態様の第12の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第13の可能な実装方法では、参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値又は巡回シフト(Cyclic Shift)情報である。

0067

第4の態様の第12又は第13の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第14の可能な実装方法では、2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。

0068

第4の態様及び第4の態様の第1から第14の可能な実装方法に関連して、第4の態様の第15の可能な実装方法では、参照信号リソース構成セット情報に含まれる各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0069

本発明の実施形態の第5の態様は、第1の態様において提供されるユーザ機器及び第2の態様において提供される基地局を含む通信システムであって、
ユーザ機器は、基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信し、サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用され、基地局によって送信される参照信号セットを受信し、参照信号セットが、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応し、参照信号セットに従って、チャネル状態情報を決定し、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するように構成され、
基地局は、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信し、サウンディング信号セットが、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果ユーザ機器が、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用され、少なくとも2つの参照信号セットをユーザ機器に送信し、少なくとも2つの参照信号セットが、参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応し、ユーザ機器によって送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信し、チャネル状態情報が、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、ユーザ機器により取得されるように構成される、通信システムを提供する。

0070

前述の説明から、本発明の実施形態において、基地局は、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信し、ユーザ機器は、サウンディング信号セットに従って局所的に適切な参照信号リソース構成インデックスを決定し、ここで、参照信号リソース構成インデックスは、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用されるということを知ることができる。基地局が、参照信号セットを外部に送信するとき、ユーザ機器は、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する参照信号セットのみを取得し、次いで、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定し、チャネル状態情報を基地局に報告する。これにより、時間−周波数リソースのオーバヘッドを効果的に節約し、かつ、ユーザ機器によって実行されるCSI測定の複雑さを効果的に減少させ、又はCSIフィードバックの正確性を改善することができる。

0071

本発明の実施形態又は従来技術における技術的解決策をより明確に説明するために、下記に、実施形態を説明するために必要な添付図面を簡単に説明する。下記の説明における添付図面は、単に本発明のいくつかの実施形態を示すものであり、当業者がこれらの添付図面から創造努力なしに他の図面をさらに引き出し得ることは、明らかである。

図面の簡単な説明

0072

本発明の実施形態による、フレーム構造の概略図である。
本発明の実施形態による、別のフレーム構造の概略図である。
本発明の実施形態による、リソースグリッド概略構造図である。
本発明の実施形態による、ビーム指向性利得の概略図である。
本発明の実施形態による、8個のアンテナポートでの参照信号構成の概略図である。
本発明の実施形態による、8個のアンテナポートでの別の参照信号構成の概略図である。
本発明の実施形態による、16個のアンテナポートでの参照信号構成の概略図である。
本発明の実施形態による、16個のアンテナポートでの別の参照信号構成の概略図である。
本発明の実施形態による、ユーザ機器の概略構造図である。
本発明の実施形態による、基地局の概略構造図である。
本発明の実施形態による、別のユーザ機器の概略構造図である。
本発明の実施形態による、別の基地局の概略構造図である。
本発明の実施形態による、チャネル状態情報を報告する方法の概略的なフローチャートである。
本発明の実施形態による、チャネル状態情報を報告する別の方法の概略的なフローチャートである。

実施例

0073

下記では、本発明の実施形態の技術的解決策を、本発明の実施形態の添付図面に関連して明確かつ完全に説明する。説明される実施形態は、本発明の実施形態のうちの単にいくつかであり、全てではないことは明らかである。当業者によって本発明の実施形態に基づき創造的努力なしに得られる全ての他の実施形態は、本発明の保護範囲内に入るものとする。

0074

本発明の実施形態の技術的解決策は、汎欧州デジタル移動電話方式(Global System of Mobile communication,略して「GSM」)、符号分割多重アクセス(Code Division Multiple Access,略して「CDMA」)システム、広帯域符号分割多重アクセス(Wideband Code Division Multiple Access,略して「WCDMA」)システム、汎用パケット無線サービス(General Packet Radio Service,略して「GPRS」)、ロングタームエボリューション(Long Term Evolution,略して「LTE」)システム、LTE周波数分割複信(Frequency Division Duplex,略して「FDD」)システム、LTE時分割複信(Time Division Duplex,略して「TDD」)、ユニバーサル移動体通信システム(Universal Mobile Telecommunication System,略して「UMTS」)、又はワールドワイドインターオペラビリティフォー・マイクロウェーブ・アクセス(Worldwide Interoperability for Microwave Access,略して「WiMAX」)通信システムなどの、各種の通信システムに適用され得ると理解されるべきである。

0075

本発明の実施形態では、ユーザ機器(User Equipment,略して「UE」)は、端末(Terminal)、移動局(Mobile Station,略して「MS」)、移動端末(Mobile Terminal)などと呼ばれ得ることも理解すべきである。ユーザ機器は、無線アクセスネットワーク(Radio Access Network,略して「RAN」)を使用して、1つ又は複数のコアネットワークと通信することができる。例えば、ユーザ機器は、携帯電話(「セルラフォンとも呼ばれる)又は移動端末を有するコンピュータであってもよい。例えば、ユーザ機器はまた、音声及び/又はデータを無線アクセスネットワークと交換する、携帯用の、ポケットサイズの、手持ちの、コンピュータ内蔵の、又は車載移動装置であってもよい。

0076

本発明の実施形態では、基地局は、GSM若しくはCDMAの基地トランシーバ局(Base Transceiver Station,略して「BTS」)であってもよく、又はWCDMAのノードB(NodeB,略して「NB」)であってもよく、又はLTEの発展型ノードB(Evolutional Node B,略して「eNB」)であってもよく、それは、本発明では限定されない。しかしながら、説明を容易にするために、下記の実施形態は、一例としてeNBを使用して説明される。

0077

理解を容易にするため、フレーム構造、タイムスロット構造、及びリソースグリッド構造を最初に説明するための一例として、LTEシステムが使用される。LTEシステムでは、アップリンク及びダウンリンク送信が、無線フレーム(radio frame)で構成される。各無線フレームは、10ミリ秒の長さであり、各無線フレームは、10個の1ミリ秒のサブフレーム(subframe)を含むか、又は0から19までの番号が振られた20個の0.5ミリ秒のタイムスロット(slot)を含む。1つのサブフレームは、2つの連続したタイムスロットとして定義される。2つのフレーム構造、タイプ1及びタイプ2があり、それぞれFDDシステム及びTDDシステムに適用される。フレーム構造タイプ1(Frame Structure type 1,略してFS1)及びフレーム構造タイプ2(FS2)が、図1a及び図1bにそれぞれ示されている。さらに、図1bにおいて、ハーフフレームは、半分の無線フレームを表し、DwPTSは、ダウンリンクパイロットタイムスロットを表し、UpPTSは、アップリンクパイロットタイムスロットを表し、Gpは、アップリンクパイロットタイムスロットとダウンリンクパイロットタイムスロットとの間のガードインターバルを表す。

0078

1つのサブフレームは、2つの連続するタイムスロットとして定義される。各タイムスロットで送信される信号は、1つ又は複数のリソースグリッド(resource grid)によって表され得る。図1cで示されるように、subcarriersは、サブキャリアを表し、OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing,直交周波数分割多重) symbolsは、OFDMシンボルを表し、resource blockは、リソースグリッド(略してRB)を表す。ダウンリンクシステムを一例として用いると、
(外1)

個の連続するサブキャリア及び
(外2)

個の連続するOFDMシンボルが、リソースグリッド構造を形成する。ここで、
(外3)

及び
(外4)

は、それぞれLTE物理層プロトコルにおける周波数領域メトリック識別子及び時間領域メトリック識別子であり、
(外5)

は、リソースブロックRB単位で表現されるシステム帯域幅であり、
(外6)

は、RB内のサブキャリアの数であり、
(外7)

は、ダウンリンクタイムスロット内のOFDMシンボルの数である。リソースグリッド内の各要素は、リソース要素(Resource Element,略してRE)と呼ばれ、各REは、タイムスロット内のインデックスのペア(k,l)によって一意に識別され得る。ここで、
(外8)

は、タイムスロット内の周波数領域インデックスであり、
(外9)

は、タイムスロット内の時間領域インデックスである。時間領域内の
(外10)

個の連続するOFDMシンボル、及び周波数領域内
(外11)

個の連続するサブキャリアがリソースブロック(Resource Block,略してRB)として定義される。

0079

さらに、アンテナポートは、LTEシステムによって定義され、したがってアンテナポート上のシンボルが送信されるチャネルが、同じアンテナポート上の別のシンボルが送信されるチャネルから推測され得る。各アンテナポートは、リソースグリッドを有する。実際に、各アンテナポートは、1つの物理アンテナに対応するか、又は1つの仮想アンテナ、即ち、複数の物理アンテナの組み合わせに対応し得る。各アンテナポートは、同一の又は異なるアンテナ指向性パターンを有してもよい。例えば、異なるビーム指向性又はビーム幅のアンテナポートが、異なるアンテナアレイの水平チルト角度若しくは垂直チルト角度を変更することによって、又は、複数の物理アンテナの様々な組み合わせの重み付け若しくは位相変位を用いて得られる。図1dに示されるように、B0及びB1は、異なるビーム指向性の2つのアンテナポートの指向性パターンであり、ここで、angleは、ビーム指向性のチルト角度(単位:dB)を表し、Gain Patternは、利得(単位:deg)を表す。

0080

本発明は、フレーム構造、タイムスロット構造、及び物理リソース要素の前述の構成に限定されないことが、指摘されるべきである。例えば、将来の高周波システムでは、フレーム構造が、より多くのタイムスロット又はOFDMシンボルを含んでもよく、即ちサブキャリア間隔がより広い。例えば、1つの無線フレーム構造が、40個又は80個のタイムスロットを含んでもよく、即ち、サブキャリア間隔が60kHzになる。

0081

図4は、本発明の実施形態による、ユーザ機器の概略構造図である。図に示されるように、本発明の本実施形態におけるユーザ機器は、少なくとも、サウンディング信号セット受信モジュール110と、リソース構成インデックス決定モジュール120と、参照信号セット受信モジュール130と、チャネル状態情報決定モジュール140と、チャネル状態情報送信モジュール150とを含み得る。

0082

サウンディング信号セット受信モジュール110は、基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信するように構成され、ここで、サウンディング信号セットは、少なくとも1つのサウンディング信号を含む。

0083

具体的には、サウンディング信号セット受信モジュール110は、基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信し、ここで、サウンディング信号セットは、少なくとも1つのサウンディング信号を含む。下記のことが指摘されるべきである。

0084

第1の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS(Cell−Specific Reference Signal)又はチャネル状態情報参照信号CSI RS(Channel State Information Reference Signal)である。CRSは、セル固有のアンテナポート構成をサポートすることができ、このセル内の全てのユーザ機器によって受信される。例えば、CRSは、LTER8システムにおけるアンテナポート0、1、2、又は3に対応する参照信号であってもよい。CSI RSは、セル固有のアンテナポート上の信号送信及びユーザ機器固有のアンテナポート上の信号受信をサポートする。例えば、CSI RSは、LTE R10システムにおける、アンテナポート15、16、...、又は22に対応する参照信号であってもよい。CRS又はCSI RSが、現在のLTEシステムに限定されないことが、指摘されるべきである。

0085

第2の任意選択的の実装方法では、サウンディング信号は、同期信号である。同期信号は、時間及び周波数同期実装するために使用される。複数の既知の又は任意選択的な同期信号系列のうちの1つが、同期信号のリソース要素セットマッピングされる。既知の、又は任意選択的な同期信号系列に従って、ユーザ機器は、同期信号を検出することにより、時間及び周波数同期を実装し得る。

0086

具体的には、同期信号は、少なくとも1つのリソース要素セット上で別個に送信され得る。例えば、LTEシステムのフレーム構造を一例として用いると、少なくとも1つのリソース要素セットは、下記であり得る。

0087

0088

0089

トリプレット(k,l,ns)は、同期信号用に使用されるリソース要素の位置を表す。ここで、k、l及びnsは、それぞれリソース要素の、サブキャリアインデックス、OFDMシンボルインデックス、及びタイムスロットインデックスであり、NSSは、同期信号系列の長さを表す。

0090

具体的には、各リソース要素セットにおいて、同期信号は、同期信号系列を送信する。同期信号系列は、Zadoff−Chu(略してZC)系列であってもよい。NSS=62を一例として用いると、同期信号系列は、下記のZC系列になるか、

0091

0092

又は、下記のZC系列の巡回シフト(Cyclic Shift)になる。
du,v(n)=du((n+v)mod NSS) (4)

0093

パラメータuは、ZC系列のルートインデックスであり、その値は、例えば、25、29、又は34であってもよい。パラメータvは、巡回シフト値であり、その値は、例えば、3又は6などの正整数であってもよい。

0094

任意選択的に、同期信号系列は、M系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせであってもよく、本明細書ではさらに列挙されない。

0095

具体的には、同期信号系列は、異なるリソース要素セットに別個にマッピングされ得る。長さが62であるZC系列を一例として用いると、系列内の62個の要素が、62個のリソース要素位置にそれぞれマッピングされ得る。例えば、リソース要素セット
(外12)

内のRE位置(k,l,ns)における系列要素は、

0096

0097

又は

0098

0099

になる。ここで、ui及びviは、それぞれ、リソース要素セット
(外13)

上の同期信号のために使用されるZC系列のルートインデックス値及び巡回シフト値である。異なるリソース要素セット
(外14)

上の同期信号は、異なるルートインデックス値若しくは異なる巡回シフト値、又はそれらの組み合わせを使用することができる。異なるui若しくはvi、又はそれらの組み合わせ(ui,vi)は、異なる部分の情報に対応することができ、したがって、異なるリソース要素セット上で送信される同期信号は、異なる情報を搬送することができることが、指摘されるべきである。

0100

第3の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルである。ブロードキャストチャネルは、ブロードキャストメッセージを送信するために使用される。ブロードキャストメッセージは、例えば、システム帯域幅、システムフレーム番号物理チャネル構成指示情報、又はそれらの組み合わせを含むことができる。

0101

具体的には、ブロードキャストチャネルは、少なくとも1つのリソース要素セット上で別個に送信され得る。例えば、LTEシステムのフレーム構造を一例として用いると、少なくとも1つのリソース要素セットは、下記であり得る。

0102

0103

0104

又は

0105

0106

0107

クワドラプレット(k,l,ns,nf)は、ブロードキャストチャネルのために使用されるリソース要素の位置を表す。ここで、k、l、ns、nfは、それぞれ、リソース要素のサブキャリアインデックス、OFDMシンボルインデックス、タイムスロットインデックス、及びシステムフレーム番号を表し、j0≠j1であり、全てのパラメータj、j0及びj1の値の範囲は、0から4N−1である。数式(7)から(10)の正整数Nは、1又は1より大きい正整数であり得る。

0108

具体的には、各リソース要素群によって送信されるブロードキャストチャネルは、チャネル符号化(例えば、畳み込み符号又はターボ符号を用いることによる)及び変調を経た後、対応するリソース要素セットにマッピングされ得る。さらに、チャネル符号化の前に、巡回冗長検査(cyclic redundancy check,略してCRC)コードが、ブロードキャストメッセージに付加されてもよい。

0109

任意選択的に、異なるリソース要素セットにおけるブロードキャストチャネルは、システムブロードキャスト情報に加えて、さらに追加の情報を別個で搬送してもよい。任意選択的に、実装方法は、下記の方法であり得る。

0110

方法1:追加情報及びブロードキャスト情報が、ブロードキャストメッセージを形成し、チャネル符号化などの処理を受ける。

0111

方法2:追加情報は、異なるCRCマスク(Mask)によって表される。具体的には、ブロードキャストチャネルで搬送されるブロードキャストメッセージに対応するCRCチェックビットは、pn、n=0、1、2、...、NCRC−1であり、指示情報に対応するCRCマスクは、xn、n=0、1、2、...、NCRC−1である。したがって、CRCマスクのスクランブル後、下記のビット系列が生成される。
ck=(pn+xn)mod 2,n=0,1,2,...,NCRC−1 (11)

0112

例えばNCRC=16又は24のとき、4つの異なるCRCマスクは、それぞれ下記であってもよい。
X1={xn|xn=0,n=0,...,NCRC−1} (12)
X2={xn|xn=1,n=0,...,NCRC−1} (13)
X3={xn|xn=n mod 2,n=0,...,NCRC−1} (14)
X4={xn|xn=(n+1) mod 2,n=0,...,NCRC−1} (15)

0113

前述の3つの実装方法は、単に、本発明の本実施形態で提案される3つの特定のサウンディング信号のタイプを示したものであることに、特に留意すべきである。しかしながら、サウンディング信号のタイプは、それらに限定されず、本明細書で網羅的に列挙されない。

0114

リソース構成インデックス決定モジュール120は、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定するように構成され、ここで、参照信号リソース構成インデックスは、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される。

0115

具体的には、リソース構成インデックス決定モジュール120は、受信されたサウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定する。

0116

参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用されることが、指摘されるべきである。概して、各参照信号は、1つのアンテナポートに対応する。最小二乗(Least Square,略してLS)法、最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法などを用いて、対応するアンテナポートについてのチャネル推定は、対応するアンテナポートのリソースグリッド内の各参照信号によって占有されるリソース要素位置に従って得られる。

0117

具体的には、参照信号リソース構成は、サポートされるアンテナポートの数、参照信号送信期間及び送信期間のオフセット、参照信号によって占有されるRE位置、又は参照信号系列などの情報を含み得る。参照信号によって占有されるRE位置又は参照信号の時間−周波数パターン(pattern)は、概して、参照信号構成と呼ばれる。8個のアンテナポートを一例として用いると、フレーム構造FS1及びFS内の8個のアンテナポートに対応するRE位置が、それぞれ図2a及び図2bに示される。16個のアンテナポートを一例として用いると、フレーム構造FS1及びFS内の16個のアンテナポートに対応するRE位置が、それぞれ図3a及び図3bに示される。図3aを一例として用いると、図中の数字0、1、...、7によって表されるRE位置は、参照信号によって占有される位置である。図2a図2b図3a及び図3bで、PDCCH(Physical Downlink Control CHannel)は、物理ダウンリンク制御チャネルであり、ダウンリンク制御情報を搬送し得る。PDSCH(Physical Downlink Shared CHannel)は、物理ダウンリンク共有チャネルであり、伝送チャネルのデータを搬送し得る。CRSポートは、セル固有参照信号が属するポートを表す。DMRS(DeModulation Reference Signal)は、復調参照信号である。

0118

具体的には、参照信号は、占有されるリソース要素セットについての参照信号系列を送信する。任意選択的に、参照信号系列は、ZC系列若しくはM系列であってもよく、又は、2つの基礎系列の組み合わせに従って、若しくは疑似ランダム系列などに従って得られてもよい。

0119

例えば、参照信号系列は、疑似ランダム系列に従って生成されてもよい。例えば、

0120

0121

c(n)=(x1(n+Nc)+x2(n+Nc))mod 2 (17)
x1(n+31)=(x1(n+3)+x1(n))mod 2 (18)
x2(n+31)=(x2(n+3)+x2(n+2)+x2(n+1)+x2(n))mod 2 (19)
ここで、nsは、無線フレーム内タイムスロット番号であり、lは、タイムスロット内のOFDMシンボル番号である。疑似ランダム系列c(i)の初期値は、具体的な実装例に従って設定され得る。

0122

任意選択的に、参照信号系列は、例えば、下記の数式に従って得られるルート系列に従って、巡回シフトを用いて得られてもよい。

0123

0124

基礎系列は、
(外15)

に従って生成される。ここで、xu(n)は、ルートインデックス値uのルート系列であり、NRSは、参照信号系列の長さであり、vは、CS値である。

0125

任意選択的に、参照信号系列は、例えば、下記の数式に従って得られる、2つの基礎系列の組み合わせに従って得られてもよい。

0126

0127

ここで、r(m)=ejαm かつ α=2πncs/M,0≦ncs<Mである。

0128

具体的には、異なるサウンディング信号のタイプに対して、リソース構成インデックス決定モジュール120は、下記の具体的な実装方法で、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定する。

0129

タイプ1:サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。具体的には、リソース構成インデックス決定モジュール120により、CRS又はCSI RSに従って第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を決定することは、
リソース構成インデックス決定モジュール120により、CRS又はCSI RSに従ってチャネル推定値を取得することと、
リソース構成インデックス決定モジュール120により、取得されたチャネル推定値を通じて、予め設定した基準に従って、第1のコードブックから第1のプリコーディング行列を選択することと、を含み、ここで、第1のプリコーディング行列は、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1に対応する。

0130

チャネル推定は、従来技術に従って、例えば、最小二乗(Least Square,略してLS)法、又は最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法を使用して実装されてもよい。

0131

予め設定した基準は、容量最大化又は相互情報最大化又はスループット最大化などの基準であってもよく、本発明では限定されない。

0132

第1のコードブックは、プリコーディング行列セットである。プリコーディング行列セットにおいて、それぞれの第1のプリコーディング行列はコードワードと呼ばれ、各コードワードは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1によって示され得る。

0133

任意選択的に、実施形態において、リソース構成インデックス決定モジュール120は、第1のプリコーディング行列によって使用される第1のコードブックに含まれるプリコーディング行列が、LTER10システムの2アンテナコードブック、4アンテナコードブック、若しくは8アンテナコードブック内のプリコーディング行列であること、又は、LTE R12システムの2アンテナコードブック、4アンテナコードブック、若しくは8アンテナコードブック内のプリコーディング行列であることを決定する。

0134

本発明の本実施形態では、任意選択的に、一例として、第1のコードブックに含まれるプリコーディング行列は、離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform,略して「DFT」)行列アダマール(Hadamard)行列、ハウスホルダー(Householder)行列、2つのDFT行列のクロネッカー(kronecker)積、DFT行列とアダマール行列とのクロネッカー積、又はDFT行列とハウスホルダー行列とのクロネッカー積である。

0135

第1のコードブック内のプリコーディング行列は、ユーザ機器側若しくは基地局側事前記憶されてもよく、又はプリコーディング行列の構造に従って計算されてもよく、例えば、第1のプリコーディング行列インジケータとプリコーディング行列との間の関係に従って計算されてもよいが、しかしながら、本発明では限定されないことが、指摘されるべきである。

0136

予め設定した基準を使用して、チャネル推定に従ってプリコーディング行列を選択することは、従来技術であり、本明細書ではさらに説明されない。

0137

参照信号リソース構成インデックスに含まれる第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1と、参照信号リソース構成情報との間の対応関係は、予め定義されてもよく、又は基地局によって、RRシグナリングなどの上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用することによりユーザ機器に通知されてもよい。対応関係は、具体的には、表1又は表2に示される。

0138

0139

0140

リソース構成インデックス決定モジュール120は、その対応関係に従って、並びに参照信号リソース構成インデックスに含まれる、決定された第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1に従って、対応する参照信号リソース構成を取得し得る。

0141

さらに、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。例えば、CRS又はCSI RSは、常に参照信号リソース構成セット情報内の第1の参照信号リソース構成を使用して指定される。

0142

タイプ2:サウンディング信号は、同期信号である。参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子である。ここで、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。任意選択的に、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。具体的には、リソース識別子は、異なる同期信号系列によって表され得る。例えば、上述のように、同期信号系列は、ZC系列であり、したがって、異なるリソース識別子は、ZC系列の異なるルートインデックス値又は異なる巡回シフト値に対応し得る。例えば、上述のように、同期信号系列は、M系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせであり、したがって、異なるリソース識別子は、異なるM系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせ、又はそれらの異なる初期値、又はそれらの異なる巡回シフト値に対応し得る。

0143

リソース構成インデックス決定モジュール120は、チャネル状態がリソース構成インデックス決定モジュール120に有利である同期チャネルを検出し、決定することにより、同期信号又は同期信号のリソース識別子に従って、サウンディング信号に対応する参照信号リソース構成インデックスを直接決定し得る。同期信号及び対応する同期信号系列の構造を使用して時間又は周波数同期を実装することは、従来技術であり、本明細書では説明されない。さらに、チャネル状態がリソース構成インデックス決定モジュール120に有利である同期信号を選択することは、受信電力に基づいて実装されることができ、本明細書では限定されない。

0144

タイプ3:サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルである。参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子である。ここで、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0145

任意選択的に、ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なるリソース要素セットのブロードキャストメッセージで搬送されてもよい。ここで、異なるリソース要素セットのブロードキャストメッセージは、異なるリソース識別子を搬送する。対応するブロードキャストメッセージを取得するための検出及び復号を用いて、リソース構成インデックス決定モジュール120は、対応するリソース識別子を取得することができる。

0146

任意選択的に、ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。検出及び復号を用いて、ユーザ機器は、対応するブロードキャストチャネルを取得し、次いで、対応するCRCマスクを取得するために、使用されるCRCマスクに対して仮説テストを実行して、対応するリソース識別子を取得する。さらに、前述の2つの実装例では、ユーザ機器は、チャネル状態がユーザ機器に有利であるブロードキャストチャネルを検出することにより、チャネル状態がユーザ機器に有利であるリソース識別子を取得する。

0147

ブロードキャストチャネルの構造及び対応するCRCを使用してブロードキャストチャネルを受信することは、従来技術であり、本明細書では説明されない。さらに、チャネル状態がユーザ機器に有利であるブロードキャストチャネルを選択することは、受信電力に基づいて実装されることができ、本明細書では限定されない。

0148

任意選択的に、参照信号リソース構成インデックスと、示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用してユーザ機器に通知される。

0149

参照信号セット受信モジュール130は、基地局によって送信される参照信号セットを受信するように構成され、ここで、参照信号セットは、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する。

0150

具体的には、参照信号セット受信モジュール130は、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する参照信号セットのみを受信し得る。

0151

チャネル状態情報決定モジュール140は、参照信号セットに従って、チャネル状態情報を決定するように構成される。

0152

具体的には、チャネル状態情報は、CQI、PMI、又はRIを含み得る。チャネル状態情報決定モジュール140によって、参照信号セットに従ってチャネル状態情報CSIを決定することは、
チャネル状態情報決定モジュール140によって、参照信号セットに従ってチャネル推定値を取得することと、
チャネル状態情報決定モジュール140によって、予め設定した基準に基づいて、かつ取得されたチャネル推定値に従って、CSIを決定することと、を含み得る。

0153

さらに、チャネル状態情報決定モジュール140により、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定する具体的な実装方法は、
参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定することであってもよく、ここで、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、第2のコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、第2のコードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む。

0154

具体的には、第2のコードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され得る。例えば、異なるコードブックは、参照信号リソース構成インデックスとコードブックとの間の対応関係に従って決定されてもよい。対応関係は、表3に示されており、表3では、CN,iは、N個のアンテナポートのi番目のコードブックであり得る。ここで、N=4又は8である。

0155

0156

4アンテナのコードブックを一例として使用すると、C4,0内のプリコーディング行列は、R8又はR11システムなどのLTEシステムにおける4アンテナコードブック内の行列であってもよい。C4,i内のプリコーディング行列は、下記であり得る。
Wi=diag{1,ejθ,ejφ,ej(φ+θ)}W0 (22)
ここで、行列W0及びWiは、それぞれC4,0内の行列及びC4,i内の行列であってもよく、θ、φは、位相である。例えば、
(外16)

である。

0157

任意選択的に、実施形態では、第2のコードブックに含まれるプリコーディング行列は、離散フーリエ変換DFT行列、アダマールHadamard行列、ハウスホルダーHouseholder行列、2つのDFT行列のクロネッカーkronecker積、DFT行列とアダマール行列とのクロネッカー積、又はDFT行列とハウスホルダー行列とのクロネッカー積である。

0158

さらに、チャネル推定は、従来技術に従って、例えば、最小二乗(Least Square,略してLS)法、又は最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法を使用して実装されてもよい。予め設定した基準は、容量最大化又は相互情報最大化又はスループット最大化などの基準であってもよく、本発明では限定されない。予め設定した基準を使用して、チャネル推定に従ってプリコーディング行列を選択することは、従来技術であり、本明細書ではさらに説明されない。

0159

第2のコードブック内のプリコーディング行列は、ユーザ機器側若しくは基地局側で事前記憶されてもよく、又はプリコーディング行列の構造に従って計算されてもよく、例えば、第2のプリコーディング行列インジケータとプリコーディング行列との間の関係に従って計算されてもよいが、本発明では限定されないことが、指摘されるべきである。

0160

チャネル状態情報送信モジュール150は、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信するように構成される。

0161

具体的には、チャネル状態情報送信モジュール150は、基地局に対して、参照信号リソース構成インデックスを送信し、チャネル状態情報を報告する。

0162

任意選択的に、チャネル状態情報送信モジュール150は、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を、基地局に同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、別個に送信してもよい。

0163

さらに、任意選択的に、参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、チャネル状態情報を送信する期間よりも長い。参照信号リソース構成インデックスは、実際にCSI測定参照信号を示すために使用され、サウンディング信号は、概して、信号セットに対応するアンテナポートよりも強い空間相関時間相関又は周波数相関を有し、チャネル状態は、比較的ゆっくりと変化する。したがって、参照信号リソース構成インデックスを送信する時間間隔又はスパンは、より長くてもよく、その結果、サウンディング信号の送信に費やされる時間−周波数リソースのオーバヘッドをさらに減少させ、UEによる実装の複雑さを低下させる。

0164

図4を参照すると、図に示されるように、本発明のこの実施形態におけるユーザ機器は、基地局によって送信された参照信号リソース構成セット情報を受信するように構成されるリソース構成セット受信モジュール160をさらに含むことができ、その場合に、参照信号リソース構成セット情報は、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。

0165

参照信号リソース構成セット情報もまた、予め定義され、ユーザ機器及び基地局の双方により既知であってもよい。

0166

参照信号リソース構成セット情報は、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。表4を参照すると、表4は、参照信号リソース構成セット情報の表現形式である。表に示されるように、表には8つの異なる参照信号リソース構成がある。参照信号リソース構成は、少なくともアンテナポート情報及び参照信号構成情報を含み得る。この場合に、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用され、アンテナポート情報は、参照信号構成のうちの1つに対応するアンテナポートの数である。

0167

0168

任意選択的に、参照信号リソース構成セット情報は、参照信号系列情報をさらに含んでもよい。例えば、表5に示されるように、参照信号リソース構成インデックス0、1、2、及び3は、4つのアンテナポートをサポートし、同一の参照信号構成0を使用する。即ち、それらは、同一のリソース要素を使用するが、異なる参照信号系列0、1、2、及び3を使用する。異なる参照信号系列0、1、2、及び3に対応するアンテナは、異なるビームを使用することによって実装されることができ、異なるビームは、互いに直交であり得る。一方では、同一のリソース要素を使用することは、あまりに多くの時間−周波数リソースを占有することを回避することができ、それによって、オーバヘッドを効果的に節約する。他方では、異なるビームによって異なる参照信号系列0、1、2、及び3を送信することは、異なる参照信号間の干渉を効果的に減少させることができ、それによって、チャネル推定の正確性を改善し、CSI測定の正確性を保証する。

0169

0170

具体的には、参照信号リソース構成は、下記の特徴を有し得るが、限定はされない。

0171

特徴1:2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。具体的には、表4の参照信号リソース構成情報を一例として用いると、参照信号構成情報に対応する参照信号構成は、異なるアンテナポートセットに対応し得る。表6に示されるように、4アンテナポートセット内の2つの隣接するアンテナポートセット毎に、2つの同一のアンテナポートを有し、8アンテナポートセット内の2つの隣接するアンテナポートセット毎に、4つの同一のアンテナポートを有する。一方では、システムは、より多くのアンテナポートをサポートすることができる。他方では、ユーザ機器によって構成される2つの参照信号構成毎に、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有し、その結果アンテナポート間のカバレッジのギャップを克服し、エッジ効果を克服する。

0172

0173

特徴2:参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値若しくは巡回シフト(Cyclic Shift)値、又は2つの基礎系列の異なる組み合わせである。具体的には、参照信号系列情報は、上述のように、参照信号系列の異なる初期値若しくは巡回シフト値、又は2つの基礎系列の異なる組み合わせである。

0174

特徴3:各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、上述したように、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0175

図5は、本発明の実施形態による、基地局の概略構造図である。図に示されるように、本発明の本実施形態における基地局は、少なくとも、サウンディング信号セット送信モジュール210と、参照信号セット送信モジュール220と、チャネル状態情報受信モジュール230とを含み得る。

0176

サウンディング信号セット送信モジュール210は、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信するように構成され、ここで、サウンディング信号セットは、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果ユーザ機器が、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、ここで、参照信号リソース構成インデックスは、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される。

0177

第1の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS(Cell−Specific Reference Signal)又はチャネル状態情報参照信号CSI RS(Channel State Information Reference Signal)である。CRSは、セル固有のアンテナポート構成をサポートすることができ、このセル内の全てのユーザ機器によって受信される。例えば、CRSは、LTER8システムにおけるアンテナポート0、1、2、又は3に対応する参照信号であってもよい。CSI RSは、セル固有のアンテナポート上の信号送信及びユーザ機器固有のアンテナポート上の信号受信をサポートする。例えば、CSI RSは、LTE R10システムにおける、アンテナポート15、16、...、又は22に対応する参照信号であってもよい。CRS又はCSI RSは、現在のLTEシステムに限定されないことが、指摘されるべきである。

0178

第2の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、同期信号である。同期信号は、時間及び周波数同期を実装するために使用される。複数の既知の、又は任意選択的な同期信号系列のうちの1つが、同期信号のリソース要素セットにマッピングされる。既知の、又は任意選択的な同期信号系列に従って、ユーザ機器は、同期信号を検出することにより、時間及び周波数同期を実装し得る。

0179

具体的には、同期信号は、少なくとも1つのリソース要素セット上で別個に送信され得る。例えば、LTEシステムのフレーム構造を一例として用いると、少なくとも1つのリソース要素セットは、数式(1)及び(2)により示され得る。

0180

トリプレット(k,l,ns)は、同期信号用に使用されるリソース要素の位置を表す。ここで、k、l及びnsは、それぞれリソース要素の、サブキャリアインデックス、OFDMシンボルインデックス、及びタイムスロットインデックスであり、NSSは、同期信号系列の長さを表す。

0181

具体的には、各リソース要素セットにおいて、同期信号は、同期信号系列を送信する。同期信号系列は、Zadoff−Chu(略してZC)系列であってもよい。NSS=62を一例として用いると、同期信号系列は、数式(3)によって示されるZC系列、又は数式(4)によって示されるZC系列の巡回シフト(Cyclic Shift)である。ここで、パラメータuは、ZC系列のルートインデックスであり、その値は、例えば、25、29、又は34であってもよい。パラメータvは、巡回シフト値であり、その値は、例えば、3又は6などの正整数であってもよい。

0182

任意選択的に、同期信号系列は、M系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせであってもよく、本明細書ではさらに列挙されない。

0183

具体的には、同期信号系列は、異なるリソース要素セットに別個にマッピングされ得る。長さが62であるZC系列を一例として用いると、系列内の62個の要素が、62個のリソース要素位置にそれぞれマッピングされ得る。例えば、リソース要素セット
(外17)

内のRE位置(k,l,ns)における系列要素は、数式(5)又は(6)になる。ここで、ui及びviは、それぞれ、リソース要素セット
(外18)

上の同期信号のために使用されるZC系列のルートインデックス値及び巡回シフト値である。異なるリソース要素セット
(外19)

上の同期信号は、異なるルートインデックス値若しくは異なる巡回シフト値、又はそれらの組み合わせを使用することができる。異なるui若しくはvi、又はそれらの組み合わせ(ui,vi)は、異なる部分の情報に対応することができ、したがって、異なるリソース要素セット上で送信される同期信号は、異なる情報を搬送することができることが、指摘されるべきである。

0184

第3の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルである。ブロードキャストチャネルは、ブロードキャストメッセージを送信するために使用される。ブロードキャストメッセージは、例えば、システム帯域幅、システムフレーム番号、物理チャネル構成指示情報、又はそれらの組み合わせを含むことができる。

0185

具体的には、ブロードキャストチャネルは、少なくとも1つのリソース要素セット上で別個に送信され得る。例えば、LTEシステムのフレーム構造を一例として用いると、少なくとも1つのリソース要素セットは、数式(7)及び(8)、又は数式(9)及び(10)によって示され得る。ここで、クワドラプレット(k,l,ns,nf)は、ブロードキャストチャネルのために使用されるリソース要素の位置を表す。ここで、k、l、ns、nfは、それぞれ、リソース要素のサブキャリアインデックス、OFDMシンボルインデックス、タイムスロットインデックス、及びシステムフレーム番号を表し、j0≠j1であり、全てのパラメータj、j0及びj1の値の範囲は、0、1、...、4N−1である。数式(7)から(10)の正整数Nは、1又は1より大きい正整数であり得る。

0186

具体的には、各リソース要素群によって送信されるブロードキャストチャネルは、チャネル符号化(畳み込み符号又はターボ符号を用いることによる)及び変調を経た後、対応するリソース要素セットにマッピングされ得る。さらに、チャネル符号化の前に、巡回冗長検査(cyclic redundancy check,略してCRC)コードが、ブロードキャストメッセージに付加されてもよい。

0187

任意選択的に、異なるリソース要素セットにおけるブロードキャストチャネルは、システムブロードキャスト情報に加えて、さらに追加の情報を別個に搬送してもよい。任意選択的に、実装方法は、下記の方法であり得る。

0188

方法1:追加情報及びブロードキャスト情報が、ブロードキャストメッセージを形成し、チャネル符号化などの処理を受ける。

0189

方法2:追加情報は、異なるCRCマスク(Mask)によって表される。具体的には、ブロードキャストチャネルで搬送されるブロードキャストメッセージに対応するCRCチェックビットは、pn、n=0、1、2、...、NCRC−1であり、指示情報に対応するCRCマスクは、xn、n=0、1、2、...、NCRC−1である。したがって、CRCマスクのスクランブル後、数式(11)から(15)によって示されるビット系列が生成される。

0190

前述の3つの実装方法は、単に、本発明の本実施形態で提案される3つの特定のサウンディング信号のタイプを示したものであることに、特に留意すべきである。しかしながら、サウンディング信号のタイプは、それらに限定されず、本明細書で網羅的に列挙されない。

0191

ユーザ機器は、下記の具体的な実装方法において、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定する。

0192

タイプ1:サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。具体的には、ユーザ機器により、CRS又はCSI RSに従って第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を決定することは、
ユーザ機器により、CRS又はCSI RSに従ってチャネル推定値を取得することと、
ユーザ機器により、チャネル推定値を取得することと、予め設定した基準に従って、第1のコードブックから第1のプリコーディング行列を選択することとを含み、第1のプリコーディング行列は、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1に対応する。

0193

チャネル推定は、従来技術に従って、例えば、最小二乗(Least Square,略してLS)法、又は最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法を使用して実装されてもよい。

0194

予め設定した基準は、容量最大化又は相互情報最大化又はスループット最大化などの基準であってもよく、本発明では限定されない。

0195

第1のコードブックは、プリコーディング行列セットである。プリコーディング行列セットにおいて、それぞれの第1のプリコーディング行列はコードワードと呼ばれ、各コードワードは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1によって示され得る。

0196

任意選択的に、実施形態において、ユーザ機器は、第1のプリコーディング行列によって使用される第1のコードブックに含まれるプリコーディング行列が、LTER10システムの2アンテナコードブック、4アンテナコードブック、若しくは8アンテナコードブック内のプリコーディング行列であること、又は、LTE R12システムの2アンテナコードブック、4アンテナコードブック、若しくは8アンテナコードブック内のプリコーディング行列であることを決定する。

0197

本発明の本実施形態では、任意選択的に、実施形態として、第1のコードブックに含まれるプリコーディング行列は、離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform,略して「DFT」)行列、アダマール(Hadamard)行列、ハウスホルダー(Householder)行列、2つのDFT行列のクロネッカー(kronecker)積、DFT行列とアダマール行列とのクロネッカー積、又はDFT行列とハウスホルダー行列とのクロネッカー積である。

0198

第1のコードブック内のプリコーディング行列は、ユーザ機器側若しくは基地局側で事前記憶されてもよく、又はプリコーディング行列の構造に従って計算されてもよく、例えば、第1のプリコーディング行列インジケータとプリコーディング行列との間の関係に従って計算されてもよいが、本発明では限定されないことが、指摘されるべきである。

0199

予め設定した基準を使用して、チャネル推定に従ってプリコーディング行列を選択することは、従来技術であり、本明細書ではさらに説明されない。

0200

参照信号リソース構成インデックスに含まれる第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1と、参照信号リソース構成情報との間の対応関係は、予め定義されてもよく、又は基地局によって、RRCシグナリングなどの上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用することによりユーザ機器に通知されてもよい。対応関係は、具体的には、表1又は表2に示される。

0201

ユーザ機器は、その対応関係に従って、並びに参照信号リソース構成インデックスに含まれる、決定された第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1に従って、対応する参照信号リソース構成を取得し得る。

0202

さらに、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。例えば、CRS又はCSI RSは、常に参照信号リソース構成セット情報内の第1の参照信号リソース構成を用いて指定される。

0203

タイプ2:サウンディング信号は、同期信号である。参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子である。ここで、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。任意選択的に、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。具体的には、リソース識別子は、異なる同期信号系列によって表され得る。例えば、上述のように、同期信号系列は、ZC系列であり、したがって、異なるリソース識別子は、ZC系列の異なるルートインデックス値又は異なる巡回シフト値に対応し得る。例えば、上述のように、同期信号系列は、M系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせであり、したがって、異なるリソース識別子は、異なるM系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせ、又はそれらの異なる初期値、又はそれらの異なる巡回シフト値に対応し得る。

0204

ユーザ機器は、チャネル状態がユーザ機器に有利である同期チャネルを検出し、決定することにより、同期信号又は同期信号のリソース識別子に従って、サウンディング信号に対応する参照信号リソース構成インデックスを直接決定し得る。同期信号及び対応する同期信号系列の構造を使用して時間又は周波数同期を実装することは、従来技術であり、本明細書では説明されない。さらに、チャネル状態がユーザ機器に有利である同期信号を選択することは、受信電力に基づいて実装されることができ、本明細書では限定されない。

0205

タイプ3:サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルである。参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子である。ここで、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0206

任意選択的に、ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なるリソース要素セットのブロードキャストメッセージで搬送されてもよい。ここで、異なるリソース要素セットのブロードキャストメッセージは、異なるリソース識別子を搬送する。対応するブロードキャストメッセージを取得するための検出及び復号を用いて、ユーザ機器は、対応するリソース識別子を取得することができる。

0207

任意選択的に、ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。検出及び復号を用いて、ユーザ機器は、対応するブロードキャストチャネルを取得し、次いで、対応するCRCマスクを取得するために、使用されるCRCマスクに対して仮説テストを実行して、対応するリソース識別子を取得する。さらに、前述の2つの実装例では、ユーザ機器は、チャネル状態がユーザ機器に有利であるブロードキャストチャネルを検出することにより、チャネル状態がユーザ機器に有利であるリソース識別子を取得する。

0208

ブロードキャストチャネルの構造及び対応するCRCを使用してブロードキャストチャネルを受信することは、従来技術であり、本明細書では説明されない。さらに、チャネル状態がユーザ機器に有利であるブロードキャストチャネルを選択することは、受信電力に基づいて実装されることができ、本明細書では限定されない。

0209

任意選択的に、参照信号リソース構成インデックスと、示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを使用してユーザ機器に通知される。

0210

参照信号セット送信モジュール220は、少なくとも2つの参照信号セットをユーザ機器に送信するように構成され、少なくとも2つの参照信号セットが、参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応し、したがって、ユーザ機器が、参照信号セットに従ってチャネル状態を決定する。

0211

チャネル状態情報は、CQI、PMI、又はRIを含み得る。ユーザ機器により、参照信号セットに従ってチャネル状態情報CSIを決定することは、
ユーザ機器により、参照信号セットに従ってチャネル推定値を取得することを含み得る。

0212

さらに、ユーザ機器により、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定する具体的な実装方法は、
参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定することであってもよく、ここで、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、第2のコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、第2のコードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む。

0213

具体的には、第2のコードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され得る。例えば、異なるコードブックは、参照信号リソース構成インデックスとコードブックとの間の対応関係に従って決定されてもよい。対応関係は、表3に示されており、表3では、CN,iは、N個のアンテナポートのi番目のコードブックであり得る。ここで、N=4又は8である。

0214

4アンテナのコードブックを一例として使用すると、C4,0内のプリコーディング行列は、R8又はR11システムなどのLTEシステムにおける4アンテナコードブック内の行列であってもよい。C4,i内のプリコーディング行列は、数式(22)によって示され得る。ここで、行列W0及びWiは、それぞれC4,0内の行列及びC4,i内の行列であってもよく、θ、φは、位相である。例えば、
(外20)

である。

0215

任意選択的に、実施形態では、第2のコードブックに含まれるプリコーディング行列は、離散フーリエ変換DFT行列、アダマールHadamard行列、ハウスホルダーHouseholder行列、2つのDFT行列のクロネッカーkronecker積、DFT行列とアダマール行列とのクロネッカー積、又はDFT行列とハウスホルダー行列とのクロネッカー積である。

0216

さらに、チャネル推定は、従来技術に従って、例えば、最小二乗(Least Square,略してLS)法、又は最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法を使用して実装されてもよい。予め設定した基準は、容量最大化又は相互情報最大化又はスループット最大化などの基準であってもよく、本発明では限定されない。予め設定した基準を使用して、チャネル推定に従ってプリコーディング行列を選択することは、従来技術であり、本明細書ではさらに説明されない。

0217

第2のコードブック内のプリコーディング行列は、ユーザ機器側若しくは基地局側で事前記憶されてもよく、又はプリコーディング行列の構造に従って計算されてもよく、例えば、第2のプリコーディング行列インジケータとプリコーディング行列との間の関係に従って計算されてもよいが、本発明では限定されないことが、指摘されるべきである。

0218

チャネル状態情報受信モジュール230は、ユーザ機器によって送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信するように構成される。

0219

任意選択的に、チャネル状態情報受信モジュール230は、ユーザ機器によって同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で別個に送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信し得る。

0220

さらに、任意選択的に、参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、チャネル状態情報を送信する期間よりも長い。参照信号リソース構成インデックスは、実際にCSI測定参照信号を示すために使用され、サウンディング信号は、概して、信号セットに対応するアンテナポートよりも強い空間相関、時間相関又は周波数相関を有し、チャネル状態は、比較的ゆっくりと変化する。したがって、参照信号リソース構成インデックスを送信する時間間隔又はスパンは、より長くてもよく、その結果、サウンディング信号の送信に費やされる時間−周波数リソースのオーバヘッドをさらに減少させ、UEによる実装の複雑さを低下させる。

0221

図5を参照すると、図に示されるように、本発明のこの実施形態におけるユーザ機器は、参照信号リソース構成セット情報をユーザ機器に送信するように構成されるリソース構成セット送信モジュール240をさらに含むことができ、その場合に、参照信号リソース構成セット情報は、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。

0222

具体的には、リソース構成セット送信モジュール240は、RRCシグナリングなどの上位層シグナリング又はダウンリンク制御情報DCIを用いて、ユーザ機器に参照信号リソース構成セット情報を通知してもよく、参照信号リソース構成セット情報は、予め定義され、ユーザ機器及び基地局の双方により既知であってもよい。

0223

参照信号リソース構成セット情報は、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。表4を参照すると、表4は、参照信号リソース構成セット情報の表現形式である。表に示されるように、表には8つの異なる参照信号リソース構成がある。参照信号リソース構成は、少なくともアンテナポート情報及び参照信号構成情報を含み得る。この場合に、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用され、アンテナポート情報は、参照信号構成のうちの1つに対応するアンテナポートの数である。

0224

任意選択的に、参照信号リソース構成セット情報は、参照信号系列情報をさらに含んでもよい。例えば、表5に示されるように、参照信号リソース構成インデックス0、1、2、及び3は、4つのアンテナポートをサポートし、同一の参照信号構成0を使用する。即ち、それらは、同一のリソース要素を使用するが、異なる参照信号系列0、1、2、及び3を使用する。異なる参照信号系列0、1、2、及び3に対応するアンテナは、異なるビームを使用することによって実装されることができ、異なるビームは、互いに直交であり得る。一方では、同一のリソース要素を使用することは、あまりに多くの時間−周波数リソースを占有することを回避することができ、それによって、オーバヘッドを効果的に節約する。他方では、異なるビームによって異なる参照信号系列0、1、2、及び3を送信することは、異なる参照信号間の干渉を効果的に減少させることができ、それによって、チャネル推定の正確性を改善し、CSI測定の正確性を保証する。

0225

具体的には、参照信号リソース構成は、下記の特徴を有し得るが、限定はされない。

0226

特徴1:2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。具体的には、表4の参照信号リソース構成情報を一例として用いると、参照信号構成情報に対応する参照信号構成は、異なるアンテナポートセットに対応し得る。表6に示されるように、4アンテナポートセット内の2つの隣接するアンテナポートセット毎に、2つの同一のアンテナポートを有し、8アンテナポートセット内の2つの隣接するアンテナポートセット毎に、4つの同一のアンテナポートを有する。一方では、システムは、より多くのアンテナポートをサポートすることができる。他方では、ユーザ機器によって構成される2つの参照信号構成毎に、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有し、その結果アンテナポート間のカバレッジのギャップを克服し、エッジ効果を克服する。

0227

特徴2:参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値若しくは巡回シフト(Cyclic Shift)値、又は2つの基礎系列の異なる組み合わせである。具体的には、参照信号系列情報は、上述のように、参照信号系列の異なる初期値若しくは巡回シフト値、又は2つの基礎系列の異なる組み合わせである。

0228

特徴3:各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、上述したように、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0229

図6は、本発明の別の実施形態による、ユーザ機器の概略構造図である。図6に示されるように、ユーザ機器は、例えば、CPUなどの少なくとも1つのプロセッサ301、少なくとも1つの送受信アンテナ303、メモリ304、及び少なくとも1つの通信バス302を含み得る。通信バス302は、これらの構成要素間の接続及び通信を実装するように構成される。送受信アンテナ303は、別のノード機器とのシグナリング又はデータ通信を実行するように構成され得る。メモリ304は、高速RAMメモリであってもよく、又は不揮発性メモリ(non−volatile memory)であってもよく、例えば、少なくとも1つの磁気ディスクメモリであってもよい。任意選択的に、メモリ304は、プロセッサ301から離れて位置する少なくとも1つの記憶装置であってもよい。メモリ304は、プログラムコードのセットを記憶し、プロセッサは、メモリに記憶されたプログラムコードを呼び出して、下記の動作を実行するように構成される。
基地局により送信されるサウンディング信号セットを受信することであり、ここで、サウンディング信号セットは、少なくとも1つのサウンディング信号を含む。
サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定することであり、ここで、参照信号リソース構成インデックスは、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される。
基地局により送信される参照信号セットを受信することであり、ここで、参照信号セットは、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する。
参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定すること。
参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信すること。

0230

任意選択的に、プロセッサ301により、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定する前に、下記の動作がさらに含まれる。
基地局により送信される参照信号リソース構成セット情報を受信することであり、ここで、参照信号リソース構成セット情報は、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。

0231

任意選択的に、プロセッサ301により、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定することは、具体的には、
参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定することであり、ここで、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、コードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、コードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、
チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む。

0232

図7は、本発明の別の実施形態による、基地局の概略構造図である。図7に示されるように、基地局は、例えば、CPUなどの少なくとも1つのプロセッサ401、複数の送受信アンテナ403、メモリ404、及び少なくとも1つの通信バス402を含み得る。通信バス402は、これらの構成要素間の接続及び通信を実装するように構成される。送受信アンテナ403は、別のノード機器とのシグナリング又はデータ通信を実行するように構成され得る。メモリ404は、高速RAMメモリであってもよく、又は不揮発性メモリであってもよく、例えば、少なくとも1つの磁気ディスクメモリであってもよい。任意選択的に、メモリ404は、プロセッサ401から離れて位置する少なくとも1つの記憶装置であってもよい。メモリ404は、プログラムコードのセットを記憶し、プロセッサは、メモリに記憶されたプログラムコードを呼び出して下記の動作を実行するように構成される。
サウンディング信号セットをユーザ機器に送信することであり、ここで、サウンディング信号セットは、少なくとも1つのサウンディング信号を含み、その結果ユーザ機器は、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定し、参照信号リソース構成インデックスは、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される。
少なくとも2つの参照信号セットをユーザ機器に送信することであり、ここで、少なくとも2つの参照信号セットは、参照信号リソース構成セット情報に含まれる少なくとも2つの参照信号リソース構成に対応する。
ユーザ機器により送信される参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を受信することであり、ここで、チャネル状態情報は、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に従って、ユーザ機器によって取得される。

0233

任意選択的に、プロセッサ401は、参照信号リソース構成セット情報をユーザ機器に送信することをさらに含み、参照信号リソース構成セット情報が少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。

0234

図8は、本発明の実施形態による、チャネル状態情報を報告する方法の概略的なフローチャートである。図に示されるように、本実施形態におけるチャネル状態情報を報告する方法の手続きは、下記を含み得る。

0235

S501で、ユーザ機器は、基地局によって送信されるサウンディング信号セットを受信する。

0236

具体的には、サウンディング信号セットは、少なくとも1つのサウンディング信号を含む。下記のことが指摘されるべきである。

0237

第1の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS(Cell−Specific Reference Signal)又はチャネル状態情報参照信号CSI RS(Channel State Information Reference Signal)である。CRSは、セル固有のアンテナポート構成をサポートすることができ、このセル内の全てのユーザ機器によって受信される。例えば、CRSは、LTER8システムにおけるアンテナポート0、1、2、又は3に対応する参照信号であってもよい。CSI RSは、セル固有のアンテナポート上の信号送信及びユーザ機器固有のアンテナポート上の信号受信をサポートする。例えば、CSI RSは、LTE R10システムにおける、アンテナポート15、16、...、又は22に対応する参照信号であってもよい。CRS又はCSI RSが、現在のLTEシステムに限定されないことが、指摘されるべきである。

0238

第2の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、同期信号である。同期信号は、時間及び周波数同期を実装するために使用される。複数の既知の又は任意選択的な同期信号系列のうちの1つが、同期信号のリソース要素セットにマッピングされる。既知の、又は任意選択的な同期信号系列に従って、ユーザ機器は、同期信号を検出することにより、時間及び周波数同期を実装し得る。

0239

具体的には、同期信号は、少なくとも1つのリソース要素セット上で別個に送信され得る。例えば、LTEシステムのフレーム構造を一例として用いると、少なくとも1つのリソース要素セットは、数式(1)又は(2)により示され得る。トリプレット(k,l,ns)は、同期信号に使用されるリソース要素の位置を表す。ここで、k,l,nsは、それぞれ、リソース要素の、サブキャリアインデックス、OFDMシンボルインデックス、及びタイムスロットインデックスであり、NSSは、同期信号系列の長さを表す。

0240

具体的には、各リソース要素セットにおいて、同期信号は、同期信号系列を送信する。同期信号系列は、Zadoff−Chu(略してZC)系列であってもよい。NSS=62を一例として用いると、同期信号系列は、数式(3)によって示されるZC系列、又は数式(4)によって示される巡回シフト(Cyclic Shift)されたZC系列である。パラメータuは、ZC系列のルートインデックスであり、その値は、例えば、25、29、又は34であってもよい。パラメータvは、巡回シフト値であり、その値は、例えば、3又は6などの正整数であってもよい。

0241

任意選択的に、同期信号系列は、M系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせであってもよく、本明細書ではさらに列挙されない。

0242

具体的には、同期信号系列は、異なるリソース要素セットに別個にマッピングされ得る。長さが62であるZC系列を一例として用いると、系列内の62個の要素が、62個のリソース要素位置にそれぞれマッピングされ得る。例えば、リソース要素セット
(外21)

内のRE位置(k,l,ns)における系列要素は、数式(5)又は数式(6)によって示される。ここで、ui及びviは、それぞれ、リソース要素セット
(外22)

上の同期信号のために使用されるZC系列のルートインデックス値及び巡回シフト値である。異なるリソース要素セット
(外23)

上の同期信号は、異なるルートインデックス値若しくは異なる巡回シフト値、又はそれらの組み合わせを使用することができる。異なるui若しくはvi、又はそれらの組み合わせ(ui,vi)は、異なる部分の情報に対応することができ、したがって、異なるリソース要素セット上で送信される同期信号は、異なる情報を搬送することができることが、指摘されるべきである。

0243

第3の任意選択的な実装方法では、サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルである。ブロードキャストチャネルは、ブロードキャストメッセージを送信するために使用される。ブロードキャストメッセージは、例えば、システム帯域幅、システムフレーム番号、物理チャネル構成指示情報、又はそれらの組み合わせを含むことができる。

0244

具体的には、ブロードキャストチャネルは、少なくとも1つのリソース要素セット上で別個に送信され得る。例えば、LTEシステムのフレーム構造を一例として用いると、少なくとも1つのリソース要素セットは、数式(7)及び(8)、又は数式(9)及び(10)によって示され得る。クワドラプレット(k,l,ns,nf)は、ブロードキャストチャネルのために使用されるリソース要素の位置を表す。ここで、k、l、ns、nfは、それぞれ、リソース要素のサブキャリアインデックス、OFDMシンボルインデックス、タイムスロットインデックス、及びシステムフレーム番号を表し、j0≠j1であり、全てのパラメータj、j0及びj1の値の範囲は、0から4N−1である。数式(7)から(10)の正整数Nは、1又は1より大きい正整数であり得る。

0245

具体的には、各リソース要素群によって送信されるブロードキャストチャネルは、チャネル符号化(畳み込み符号又はターボ符号を用いることによる)及び変調を経た後、対応するリソース要素セットにマッピングされ得る。さらに、チャネル符号化の前に、巡回冗長検査(cyclic redundancy check,略してCRC)コードが、ブロードキャストメッセージに付加されてもよい。

0246

任意選択的に、異なるリソース要素セットにおけるブロードキャストチャネルは、システムブロードキャスト情報に加えて、さらに追加の情報を別個で搬送してもよい。任意選択的に、実装方法は、下記の方法であり得る。

0247

方法1:追加情報及びブロードキャスト情報が、ブロードキャストメッセージを形成し、チャネル符号化などの処理を受ける。

0248

方法2:追加情報は、異なるCRCマスク(Mask)によって表される。具体的には、ブロードキャストチャネルで搬送されるブロードキャストメッセージに対応するCRCチェックビットは、pn、n=0、1、2、...、NCRC−1であり、指示情報に対応するCRCマスクは、xn、n=0、1、2、...、NCRC−1である。したがって、CRCマスクのスクランブル後、数式(11)によって示されるビット系列が生成される。

0249

例えば、NCRC=16又は24のとき、4つの異なるCRCマスクは、それぞれ数式(12)から(15)によって示され得る。

0250

前述の3つの実装方法は、単に、本発明の本実施形態で提案される3つの特定のサウンディング信号のタイプを示したものであることに、特に留意すべきである。しかしながら、サウンディング信号のタイプは、それらに限定されず、本明細書で網羅的に列挙されない。

0251

S502で、ユーザ機器は、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定する。

0252

参照信号リソース構成インデックスが、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用されることが、指摘されるべきである。概して、各参照信号は、1つのアンテナポートに対応する。最小二乗(Least Square,略してLS)法、最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法などを用いて、対応するアンテナポートについてのチャネル推定が、対応するアンテナポートのリソースグリッド内の各参照信号によって占有されるリソース要素位置に従って得られる。

0253

具体的には、参照信号リソース構成は、サポートされるアンテナポートの数、参照信号送信期間及び送信期間内のオフセット、参照信号によって占有されるRE位置、又は参照信号系列などの情報を含み得る。参照信号によって占有されるRE位置又は参照信号の時間−周波数パターン(pattern)は、概して、参照信号構成と呼ばれる。8個のアンテナポートを一例として用いると、フレーム構造FS1及びFS内の8個のアンテナポートに対応するRE位置が、それぞれ図2a及び図2bに示される。16個のアンテナポートを一例として用いると、フレーム構造FS1及びFS内の16個のアンテナポートに対応するRE位置が、それぞれ図3a及び図3bに示される。図3aを一例として用いると、図中の数字0、1、...、7によって表されるRE位置は、参照信号によって占有される位置である。

0254

具体的には、参照信号は、占有されるリソース要素セットについての参照信号系列を送信する。任意選択的に、参照信号系列は、ZC系列若しくはM系列であってもよく、又は、2つの基礎系列の組み合わせに従って、若しくは疑似ランダム系列などに従って得られてもよい。

0255

例えば、参照信号系列は、例えば、数式(16)から(19)に示されるように、疑似ランダム系列に従って生成され得る。ここで、nsは、無線フレーム内のタイムスロット番号であり、lは、タイムスロット内のOFDMシンボル番号である。疑似ランダム系列c(i)の初期値は、具体的な実装例に従って設定され得る。

0256

任意選択的に、参照信号系列は、例えば、数式(20)に従って得られるルート系列に従って、巡回シフトを用いて得られてもよい。基礎系列は、
(外24)

に従って生成される。ここで、xu(n)は、ルートインデックス値uのルート系列であり、NRSは、参照信号系列の長さであり、vは、CS値である。

0257

任意選択的に、参照信号系列は、例えば、数式(21)に従って得られる、2つの基礎系列の組み合わせに従って得られてもよい。ここで、r(m)=ejαm かつ α=2πncs/M,0≦ncs<Mである。

0258

具体的には、ステップS501が実行される時又は実行される前に、参照信号リソース構成セット情報は、基地局によってユーザ機器に送信されてもよい。具体的には、基地局は、RRCシグナリングなどの上位層シグナリング又はダウンリンク制御情報DCIを用いて、ユーザ機器に参照信号リソース構成セット情報を通知してもよい。

0259

参照信号リソース構成セット情報もまた、予め定義され、ユーザ機器及び基地局の双方により既知であってもよい。

0260

参照信号リソース構成セット情報は、少なくとも2つの参照信号リソース構成を含む。表4を参照すると、表4は、参照信号リソース構成セット情報の表現形式である。表に示されるように、表には8つの異なる参照信号リソース構成がある。参照信号リソース構成は、少なくともアンテナポート情報及び参照信号構成情報を含み得る。この場合に、参照信号構成情報は、参照信号をアンテナポート上で送信するために使用されるリソース要素を示すために使用され、アンテナポート情報は、参照信号構成のうちの1つに対応するアンテナポートの数である。

0261

任意選択的に、参照信号リソース構成セット情報は、参照信号系列情報をさらに含んでもよい。例えば、表5に示されるように、参照信号リソース構成インデックス0、1、2、及び3は、4つのアンテナポートをサポートし、同一の参照信号構成0を使用する。即ち、それらは、同一のリソース要素を使用するが、異なる参照信号系列0、1、2、及び3を使用する。異なる参照信号系列0、1、2、及び3に対応するアンテナは、異なるビームを使用することによって実装されることができ、異なるビームは、互いに直交であり得る。一方では、同一のリソース要素を使用することは、あまりに多くの時間−周波数リソースを占有することを回避することができ、それによって、オーバヘッドを効果的に節約する。他方では、異なるビームによって異なる参照信号系列0、1、2、及び3を送信することは、異なる参照信号間の干渉を効果的に減少させることができ、それによって、チャネル推定の正確性を改善し、CSI測定の正確性を保証する。

0262

具体的には、参照信号リソース構成は、下記の特徴を有し得るが、限定はされない。

0263

特徴1:2つの参照信号リソース構成に対応するアンテナポートセットは、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有する。具体的には、表4の参照信号リソース構成情報を一例として用いると、参照信号構成情報に対応する参照信号構成は、異なるアンテナポートセットに対応し得る。表6に示されるように、4アンテナポートセット内の2つの隣接するアンテナポートセット毎に、2つの同一のアンテナポートを有し、8アンテナポートセット内の2つの隣接するアンテナポートセット毎に、4つの同一のアンテナポートを有する。一方では、システムは、より多くのアンテナポートをサポートすることができる。他方では、ユーザ機器によって構成される2つの参照信号構成毎に、少なくとも1つの同一のアンテナポートを有し、その結果アンテナポート間のカバレッジのギャップを克服し、エッジ効果を克服する。

0264

特徴2:参照信号系列情報は、参照信号系列の初期値若しくは巡回シフト(Cyclic Shift)値、又は2つの基礎系列の異なる組み合わせである。具体的には、参照信号系列情報は、上述のように、参照信号系列の異なる初期値若しくは巡回シフト値、又は2つの基礎系列の異なる組み合わせである。

0265

特徴3:各参照信号リソース構成に対応する異なるアンテナポートは、上述したように、異なるリソース参照信号構成又は異なる参照信号系列を使用する。

0266

具体的には、S501で異なるサウンディング信号のタイプに対して、ユーザ機器は、下記の具体的な実装方法で、サウンディング信号セットに従って参照信号リソース構成インデックスを決定する。

0267

タイプ1:サウンディング信号は、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSであり、参照信号リソース構成インデックスは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を含む。具体的には、ユーザ機器により、CRS又はCSI RSに従って第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1を決定することは、
ユーザ機器により、CRS又はCSI RSに従ってチャネル推定値を取得することと、
ユーザ機器により、チャネル推定値を取得することと、予め設定した基準に従って、第1のコードブックから第1のプリコーディング行列を選択することであり、第1のプリコーディング行列が、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1に対応する、ことを含む。

0268

チャネル推定は、従来技術に従って、例えば、最小二乗(Least Square,略してLS)法、又は最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法を用いて実装されてもよい。

0269

予め設定した基準は、容量最大化又は相互情報最大化又はスループット最大化などの基準であってもよく、本発明では限定されない。

0270

第1のコードブックは、プリコーディング行列セットである。プリコーディング行列セットにおいて、それぞれの第1のプリコーディング行列はコードワードと呼ばれ、各コードワードは、第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1によって示され得る。

0271

任意選択的に、実施形態において、ユーザ機器は、第1のプリコーディング行列によって使用される第1のコードブックに含まれるプリコーディング行列が、LTER10システムの2アンテナコードブック、4アンテナコードブック、若しくは8アンテナコードブック内のプリコーディング行列であること、又は、LTE R12システムの2アンテナコードブック、4アンテナコードブック、若しくは8アンテナコードブック内のプリコーディング行列であることを決定する。

0272

本発明の本実施形態では、任意選択的に、実施形態として、第1のコードブックに含まれるプリコーディング行列は、離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform,略して「DFT」)行列、アダマール(Hadamard)行列、ハウスホルダー(Householder)行列、2つのDFT行列のクロネッカー(kronecker)積、DFT行列とアダマール行列とのクロネッカー積、又はDFT行列とハウスホルダー行列とのクロネッカー積である。

0273

第1のコードブック内のプリコーディング行列は、ユーザ機器側若しくは基地局側で事前記憶されてもよく、又はプリコーディング行列の構造に従って計算されてもよく、例えば、第1のプリコーディング行列インジケータとプリコーディング行列との間の関係に従って計算されてもよいが、本発明では限定されないことが、指摘されるべきである。

0274

予め設定した基準を使用して、チャネル推定に従ってプリコーディング行列を選択することは、従来技術であり、本明細書ではさらに説明されない。

0275

参照信号リソース構成インデックスに含まれる第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1と、参照信号リソース構成情報との間の対応関係は、予め定義されてもよく、又は基地局によって、RRCシグナリングなどの上位層シグナリング又はダウンリンク制御情報DCIを使用することによりユーザ機器に通知されてもよい。対応関係は、具体的には、表1又は表2に示される。

0276

ユーザ機器は、その対応関係に従って、並びに参照信号リソース構成インデックスに含まれる、決定された第1のランクインジケータRI1及び/又は第1のプリコーディング行列インジケータPMI1に従って、対応する参照信号リソース構成を取得し得る。

0277

さらに、セル固有参照信号CRS又はチャネル状態情報参照信号CSI RSは、参照信号リソース構成セット情報内の特定の参照信号リソース構成によって指定される。例えば、CRS又はCSI RSは、常に参照信号リソース構成セット情報内の第1の参照信号リソース構成を用いて指定される。

0278

タイプ2:サウンディング信号は、同期信号である。参照信号リソース構成インデックスは、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子である。ここで、同期信号で搬送されるか、又は同期信号のリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。任意選択的に、同期信号で搬送される異なるリソース識別子は、異なる同期信号系列によって表される。具体的には、リソース識別子は、異なる同期信号系列によって表され得る。例えば、上述のように、同期信号系列は、ZC系列であり、したがって、異なるリソース識別子は、ZC系列の異なるルートインデックス値又は異なる巡回シフト値に対応し得る。例えば、上述のように、同期信号系列は、M系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせであり、したがって、異なるリソース識別子は、異なるM系列若しくはGOLD系列、又はそれらの組み合わせ、又はそれらの異なる初期値、又はそれらの異なる巡回シフト値に対応し得る。

0279

ユーザ機器は、チャネル状態がユーザ機器に有利である同期チャネルを検出し、決定することにより、同期信号又は同期信号のリソース識別子に従って、サウンディング信号に対応する参照信号リソース構成インデックスを直接決定し得る。同期信号及び対応する同期信号系列の構造を使用して、時間又は周波数同期を実装することは、従来技術であり、本明細書では説明されない。さらに、チャネル状態がユーザ機器に有利である同期信号を選択することは、受信電力に基づいて実装されることができ、本明細書では限定されない。

0280

タイプ3:サウンディング信号は、ブロードキャストチャネルである。参照信号リソース構成インデックスは、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子である。ここで、ブロードキャストチャネルで搬送されるか、又はブロードキャストチャネルのリソース位置と関連付けられるリソース識別子は、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示す。

0281

任意選択的に、ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なるリソース要素セットのブロードキャストメッセージで搬送されてもよい。ここで、異なるリソース要素セットのブロードキャストメッセージは、異なるリソース識別子を搬送する。対応するブロードキャストメッセージを取得するための検出及び復号を用いて、ユーザ機器は、対応するリソース識別子を取得することができる。

0282

任意選択的に、ブロードキャストチャネルで搬送されるリソース識別子は、異なる巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check)マスク(Mask)によって表される。検出及び復号を用いて、ユーザ機器は、対応するブロードキャストチャネルを取得し、次いで、対応するCRCマスクを取得するために、使用されるCRCマスクに対して仮説テストを実行して、対応するリソース識別子を取得する。さらに、前述の2つの実装例では、ユーザ機器は、チャネル状態がユーザ機器に有利であるブロードキャストチャネルを検出することにより、チャネル状態がユーザ機器に有利であるリソース識別子を取得する。

0283

ブロードキャストチャネルの構造及び対応するCRCを使用してブロードキャストチャネルを受信することは、従来技術であり、本明細書では説明されない。さらに、チャネル状態がユーザ機器に有利であるブロードキャストチャネルを選択することは、受信電力に基づいて実装されることができ、本明細書では限定されない。

0284

任意選択的に、参照信号リソース構成インデックスと、示される参照信号リソース構成との間の対応関係は、予め定義される(Predefined)か、又は上位層シグナリング若しくはダウンリンク制御情報DCIを用いてユーザ機器に通知される。

0285

S503で、ユーザ機器は、基地局によって送信される参照信号セットを受信し、ここで、参照信号セットは、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する。

0286

具体的には、ユーザ機器は、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する参照信号セットのみを受信し得る。

0287

S504で、ユーザ機器は、参照信号セットに従って、チャネル状態情報を決定する。

0288

具体的には、チャネル状態情報は、CQI、PMI、又はRIを含み得る。ユーザ機器によって、参照信号セットに従ってチャネル状態情報CSIを決定することは、
ユーザ機器によって、参照信号セットに従ってチャネル推定値を取得することと、
ユーザ機器によって、予め設定した基準に基づいて、かつ取得されたチャネル推定値に従って、CSIを決定することと、を含み得る。

0289

さらに、ユーザ機器により、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定する具体的な実装方法は、
参照信号セットに従って、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を決定することであってもよく、ここで、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2は、第2のコードブックから選択されるプリコーディング行列に対応し、第2のコードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され、チャネル状態情報は、第2のプリコーディング行列インジケータPMI2を含む。

0290

具体的には、第2のコードブックは、参照信号リソース構成インデックスに従って決定され得る。例えば、異なるコードブックは、参照信号リソース構成インデックスとコードブックとの間の対応関係に従って決定されてもよい。対応関係は、表3に示されており、表3では、CN,iは、N個のアンテナポートのi番目のコードブックであり得る。ここで、N=4又は8である。

0291

4アンテナのコードブックを一例として使用すると、C4,0内のプリコーディング行列は、R8又はR11システムなどのLTEシステムにおける4アンテナコードブック内の行列であってもよい。C4,i内のプリコーディング行列は、数式(22)によって示され得る。ここで、行列W0及びWiは、それぞれC4,0内の行列及びC4,i内の行列であってもよく、θ、φは、位相である。例えば、
(外25)

である。

0292

任意選択的に、実施形態では、第2のコードブックに含まれるプリコーディング行列は、離散フーリエ変換DFT行列、アダマールHadamard行列、ハウスホルダーHouseholder行列、2つのDFT行列のクロネッカーkronecker積、DFT行列とアダマール行列とのクロネッカー積、又はDFT行列とハウスホルダー行列とのクロネッカー積である。

0293

さらに、チャネル推定は、従来技術に従って、例えば、最小二乗(Least Square,略してLS)法、又は最小平均二乗誤差(Minimum Mean Squared Error,略してMMSE)法を使用して実装されてもよい。予め設定した基準は、容量最大化又は相互情報最大化又はスループット最大化などの基準であってもよく、本発明では限定されない。予め設定した基準を使用して、チャネル推定に従ってプリコーディング行列を選択することは、従来技術であり、本明細書ではさらに説明されない。

0294

第2のコードブック内のプリコーディング行列は、ユーザ機器側若しくは基地局側で事前記憶されてもよく、又はプリコーディング行列の構造に従って計算されてもよく、例えば、第2のプリコーディング行列インジケータとプリコーディング行列との間の関係に従って計算されてもよいが、本発明では限定されないことが、指摘されるべきである。

0295

S505で、ユーザ機器は、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を基地局に送信する。

0296

任意選択的に、ユーザ機器は、参照信号リソース構成インデックス及びチャネル状態情報を、基地局に同一のサブフレーム上で又は異なるサブフレーム上で、別個に送信してもよい。

0297

さらに、任意選択的に、参照信号リソース構成インデックスを送信する期間は、チャネル状態情報を送信する期間よりも長い。参照信号リソース構成インデックスは、実際にCSI測定参照信号を示すために使用され、サウンディング信号は、概して、信号セットに対応するアンテナポートよりも強い空間相関、時間相関又は周波数相関を有し、チャネル状態は、比較的ゆっくりと変化する。したがって、参照信号リソース構成インデックスを送信する時間間隔又はスパンは、より長くてもよく、その結果、サウンディング信号の送信に費やされる時間−周波数リソースのオーバヘッドをさらに減少させ、UEによる実装の複雑さを低下させる。

0298

本発明の本実施形態では、基地局は、サウンディング信号セットをユーザ機器に送信し、ユーザ機器は、サウンディング信号セットに従って局所的に適切な参照信号リソース構成インデックスを決定する。ここで、参照信号リソース構成インデックスは、参照信号リソース構成セット情報内の参照信号リソース構成を示すために使用される。基地局が、参照信号セットを外部に送信するとき、ユーザ機器は、参照信号リソース構成インデックスによって示される参照信号リソース構成に対応する参照信号セットのみを取得し、次いで、参照信号セットに従ってチャネル状態情報を決定し、チャネル状態情報を基地局に報告する。これにより、時間−周波数リソースのオーバヘッドを効果的に節約し、かつ、ユーザ機器によって実行されるCSI測定の複雑さを効果的に減少させ、又はCSIフィードバックの正確性を改善することができる。

0299

図9は、本発明の実施形態による、チャネル状態情報を報告する別の方法の概略的なフローチャートである。図9において、方法は、下記を含み得る。

0300

S601で、基地局は、参照信号リソース構成セット情報をユーザ機器に送信する。

0301

具体的には、基地局は、RRCシグナリングなどの上位層シグナリング又はダウンリンク制御情報DCIを用いて、ユーザ機器に参照信号リソース構成セット情報を通知してもよい。

0302

参照信号リソース構成セット情報は、予め定義され、ユーザ機器及び基地局の双方により既知であってもよい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ