図面 (/)

技術 物理層データ伝送方法およびデータ伝送デバイス

出願人 華為技術有限公司
発明者 王ジュエ平張思ゾウ志強蒋亜軍ゴン小年
出願日 2014年3月24日 (7年7ヶ月経過) 出願番号 2016-558628
公開日 2017年5月25日 (4年5ヶ月経過) 公開番号 2017-513380
状態 特許登録済
技術分野 時分割方式以外の多重化通信方式 圧縮、伸長・符号変換及びデコーダ 無線伝送方式一般(ダイバーシチ方式等)
主要キーワード 作動プロセス 物理的ユニット 技術的ソリューション ローカル端 集中方式 整数倍数 最低ビット ビット列情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題・解決手段

本発明の実施形態は、物理層データ伝送方法およびデータ伝送デバイスを実現し、これらは制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に課される制限を低減することができる。方法は、ターゲットビット幅がNビットである物理層データのターゲットビット幅を決定するステップと、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップであって、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ステップと、送信されるべきデータをピア端に送信するステップとを含む。本発明の実施形態において、物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、データ転送速度が引き下げられ、これにより、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げ、データ伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

概要

背景

ロングタームエボリューション(LTE、Long Term Evolution)システムは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP、The 3rd Generation Partnership Project)標準化団体によって定義されたユニバーサルモバイル通信システム(UMTS、Universal Mobile Telecommunications System)技術規格の長期的発展である。直交周波数分割多重(OFDM、Orthogonal Frequency Division Multiplexing)および多入力多出力(MIMO、Multi-input Multi-output)などの主要伝送技術が、LTEシステムに導入されており、それにより、スペクトル効率およびデータ伝送速度が著しく向上している。

LTEシステムでは、基地局が物理層データを処理するときに、物理層データは同じ基地局の機能ユニット間で、またはデータ伝送路上の異なる基地局間で送信される必要があり、ここで、データ伝送路は、基地局内のバックプレーンまたは光ケーブルであり得るか、または基地局内の、もしくは基地局間の、もしくは同様のものにおけるファイバマイクロ波であり得る。そのようなデータ伝送路は、前述の物理層データを送信するために使用されるだけでなく、他の種類のデータを送信するためにも使用され得る。したがって、データ伝送路の帯域幅リソースはかなり制限される。しかしながら、LTEシステムは、広帯域システムであり、基地局内または基地局間の物理層データ伝送路に対して比較的高い帯域幅要件課す。したがって、データ伝送路の帯域幅リソースの制限は、多くの場合、基地局内または基地局間の物理層データの伝送に対する制限を引き起こす。特に、データトラフィック量が多いときには、制限された帯域幅はデータの輻輳を引き起こし、その結果、一部のユーザに対応するデータが捨てられ、データ伝送効率下がりユーザエクスペリエンスが低下することがある。

概要

本発明の実施形態は、物理層データ伝送方法およびデータ伝送デバイスを実現し、これらは制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に課される制限を低減することができる。方法は、ターゲットビット幅がNビットである物理層データのターゲットビット幅を決定するステップと、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップであって、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ステップと、送信されるべきデータをピア端に送信するステップとを含む。本発明の実施形態において、物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、データ転送速度が引き下げられ、これにより、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げ、データ伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

目的

本発明の実施形態は、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に課される制限を低減することができる物理層データ伝送方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

データ伝送デバイスであって、物理層データターゲットビット幅を決定するように構成されている決定ユニットであって、前記ターゲットビット幅はNビットであり、前記ターゲットビット幅は前記物理層データの実際のビット幅よりも小さく、前記決定ユニットは、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するようにさらに構成され、前記送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、決定ユニットと、前記送信されるべきデータを受信端に送信するように構成されている送信ユニットとを備えるデータ伝送デバイス。

請求項2

前記決定ユニットがビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するように構成されることは、前記物理層データの符号ビットが、前記送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、前記物理層データ内の前記非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、前記送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または前記物理層データ内の前記非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、前記送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含む請求項1に記載のデバイス

請求項3

前記決定ユニットは、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットの配置に従って、前記物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するようにさらに構成され、ビット幅がNビットである前記データ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記その後のデータから抽出されるビットの数値である請求項2に記載のデバイス。

請求項4

前記決定ユニットは、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するようにさらに構成され、前記ビット列情報は、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットが前記物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される請求項2に記載のデバイス。

請求項5

前記決定ユニットは、前記ビット列情報に従って、前記物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するようにさらに構成され、ビット幅がNビットである前記データ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記その後のデータから抽出されるビットの数値である請求項4に記載のデバイス。

請求項6

前記決定ユニットが前記物理層データのターゲットビット幅を決定するように構成されることは、事前設定されている条件情報候補ターゲットビット幅との間の対応関係に従って、前記物理層データの条件情報に対応する候補ターゲットビット幅が前記物理層データの候補ターゲットビット幅であると決定するステップと、前記物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を前記候補ターゲットビット幅で決定するステップと、前記データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、前記候補ターゲットビット幅は、前記ターゲットビット幅であると決定するステップであって、前記ターゲットトラフィック量は、前記物理層データの伝送路によって許される最大データトラフィック量以下である、ステップとを含む請求項1から5のいずれか一項に記載のデバイス。

請求項7

前記決定ユニットは、前記データトラフィック量が前記ターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って前記物理層データの前記候補ターゲットビット幅を縮小し、縮小された候補ターゲットビット幅を伴う、前記物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量が前記ターゲットトラフィック量よりも少ないとき、および前記縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅以上であるときに、前記縮小された候補ターゲットビット幅が前記ターゲットビット幅であると決定し、前記保証ビット幅は、前記物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である、ようにさらに構成される請求項6に記載のデバイス。

請求項8

前記送信ユニットは、初期ビット幅および前記物理層データの前記ビット列情報をピア端に送信するようにさらに構成される請求項4に記載のデバイス。

請求項9

前記条件情報は、変調方式アンテナの数、MIMO方式、およびチャネル測定情報のうちの少なくとも1つを含む請求項6に記載のデバイス。

請求項10

データ伝送デバイスであって、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信するように構成された受信ユニットであって、前記復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、前記復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、前記復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値であり、前記受信ユニットは、前記物理層データの初期ビット幅を受信するようにさらに構成され、前記初期ビット幅は、前記送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい、受信ユニットと、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するように構成されている決定ユニットであって、前記復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、前記復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、決定ユニットとを備えるデータ伝送デバイス。

請求項11

前記決定ユニットは、前記受信ユニットを使用することによって前記物理層データのビット列情報を受信し、前記ビット列情報は、前記送信端によって送信され、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットが、前記物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用され、前記ビット列情報に従って、前記復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、それにより、ビット幅がMビットである前記復元されたデータが有効データのi個のビットを含み、前記有効データの数値は、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから前記下位ビットへと次々に抽出される前記ビットの前記数値である、ようにさらに構成される請求項10に記載のデバイス。

請求項12

前記決定ユニットは、前記復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、それにより、ビット幅がMビットである前記復元されたデータが有効データのi個のビットを含み、前記有効データの数値は、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから前記下位ビットへと次々に抽出される前記ビットの前記数値である、ようにさらに構成される請求項10に記載のデバイス。

請求項13

決定ユニットがビット幅がMビットである復元されたデータを決定するように構成されることは、前記復元されるべきデータの符号ビットが、前記復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップと、前記復元されたデータ内の前記非ゼロの最上位ビットから前記最下位ビットまでのビットの数である、iが前記復元されるべきデータ内の前記2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、前記復元されたデータの前記非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定するか、または前記復元されたデータ内の前記非ゼロの最上位ビットから前記最下位ビットまでのビットの数である、iが前記復元されるべきデータ内の前記2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、前記復元されたデータの前記非ゼロの最上位ビットから前記最下位ビットまでの数値であると決定するステップとを含む請求項11または12に記載のデバイス。

請求項14

前記決定ユニットは、前記復元されたデータの前記最上位ビットから前記非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値が0であると決定するようにさらに構成される請求項13に記載のデバイス。

請求項15

前記決定ユニットは、前記初期ビット幅および前記ビット列情報に従って、前記復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換し、ビット幅がMビットである前記データ内のビットのうちのいくつかの数値は、前記その後のデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ようにさらに構成される請求項11から14のいずれか一項に記載のデバイス。

請求項16

物理層データ伝送方法であって、送信端によって、物理層データのターゲットビット幅を決定するステップであって、前記ターゲットビット幅はNビットであり、前記ターゲットビット幅は前記物理層データの実際のビット幅よりも小さい、ステップと、前記送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップであって、前記送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ステップと、前記送信端によって、前記送信されるべきデータを受信端に送信するステップとを含む物理層データ伝送方法。

請求項17

前記送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する前記ステップは、前記物理層データの符号ビットが、前記送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、前記物理層データ内の前記非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、前記送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または前記物理層データ内の前記非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、前記送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含む請求項16に記載の方法。

請求項18

前記送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する前記ステップの後に、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットの配置に従って、前記物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップであって、ビット幅がNビットである前記データ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記その後のデータから抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む請求項17に記載の方法。

請求項19

前記送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する前記ステップの前に、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するステップであって、前記ビット列情報は、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットが前記物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される、ステップをさらに含む請求項17に記載の方法。

請求項20

前記送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する前記ステップの後に、前記ビット列情報に従って、前記物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップであって、ビット幅がNビットである前記データ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記その後のデータから抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む請求項19に記載の方法。

請求項21

送信端によって、物理層データのターゲットビット幅を決定する前記ステップは、事前設定されている条件情報と候補ターゲットビット幅との間の対応関係に従って、前記物理層データの条件情報に対応する候補ターゲットビット幅が前記物理層データの候補ターゲットビット幅であると決定するステップと、前記物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を前記候補ターゲットビット幅で決定するステップと、前記データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、前記候補ターゲットビット幅は、前記ターゲットビット幅であると決定するステップであって、前記ターゲットトラフィック量は、前記物理層データの伝送路によって許される最大データトラフィック量以下である、ステップとを含む請求項16から20のいずれか一項に記載の方法。

請求項22

前記物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を前記候補ターゲットビット幅で決定する前記ステップの後に、前記データトラフィック量が前記ターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って前記物理層データの前記候補ターゲットビット幅を縮小するステップと、縮小された候補ターゲットビット幅を伴う、前記物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量が前記ターゲットトラフィック量よりも少ないとき、および前記縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅以上であるときに、前記縮小された候補ターゲットビット幅が前記ターゲットビット幅であると決定するステップであって、前記保証ビット幅は、前記物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である、ステップとをさらに含む請求項21に記載の方法。

請求項23

ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する前記ステップの後に、初期ビット幅および前記物理層データの前記ビット列情報をピア端に送信するステップをさらに含む請求項19に記載の方法。

請求項24

前記条件情報は、変調方式、アンテナの数、MIMO方式、およびチャネル測定情報のうちの少なくとも1つを含む請求項21に記載の方法。

請求項25

物理層データ伝送方法であって、受信端によって、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信するステップであって、前記復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、前記復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、前記復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、前記物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ステップと、前記受信端によって、前記物理層データの初期ビット幅を受信するステップであって、前記初期ビット幅は、前記送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい、ステップと、前記受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するステップであって、前記復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、前記復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップとを含む物理層データ伝送方法。

請求項26

前記受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定する前記ステップの前に、前記物理層データのビット列情報を受信するステップであって、前記ビット列情報は、前記送信端によって送信され、前記物理層データの前記非ゼロの最上位ビットが、前記物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される、ステップと前記ビット列情報に従って、前記復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、それにより、ビット幅がMビットである前記復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、前記有効データの数値は、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから前記下位ビットへと次々に抽出される前記ビットの前記数値である、ステップとをさらに含む請求項25に記載の方法。

請求項27

前記受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定する前記ステップの前に、前記復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、それにより、ビット幅がMビットである前記復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、前記有効データの数値は、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから前記下位ビットへと次々に抽出される前記ビットの前記数値である、ステップをさらに含む請求項25に記載の方法。

請求項28

前記受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定する前記ステップは、前記復元されるべきデータの符号ビットが、前記復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップと、前記復元されたデータ内の前記非ゼロの最上位ビットから前記最下位ビットまでのビットの数である、iが前記復元されるべきデータ内の前記2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、前記復元されたデータの前記非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定するか、または前記復元されたデータ内の前記非ゼロの最上位ビットから前記最下位ビットまでのビットの数である、iが前記復元されるべきデータ内の前記2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、前記復元されるべきデータの前記2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、前記復元されたデータの前記非ゼロの最上位ビットから前記最下位ビットまでの数値であると決定するステップとを含む請求項26または27に記載の方法。

請求項29

前記復元されるべきデータの符号ビットが、前記復元されたデータの最上位ビットであると決定する前記ステップの後に、前記復元されたデータの前記最上位ビットから前記非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値が0であると決定するステップをさらに含む請求項28に記載の方法。

請求項30

前記受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定する前記ステップの後に、前記初期ビット幅および前記ビット列情報に従って、前記復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換するステップであって、ビット幅がMビットである前記データ内のビットのうちのいくつかの数値は、前記その後のデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む請求項26から29のいずれか一項に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、ワイヤレス通信の分野に関するものであり、詳細には、物理層データ伝送方法およびデータ伝送デバイスに関するものである。

背景技術

0002

ロングタームエボリューション(LTE、Long Term Evolution)システムは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP、The 3rd Generation Partnership Project)標準化団体によって定義されたユニバーサルモバイル通信システム(UMTS、Universal Mobile Telecommunications System)技術規格の長期的発展である。直交周波数分割多重(OFDM、Orthogonal Frequency Division Multiplexing)および多入力多出力(MIMO、Multi-input Multi-output)などの主要伝送技術が、LTEシステムに導入されており、それにより、スペクトル効率およびデータ伝送速度が著しく向上している。

0003

LTEシステムでは、基地局が物理層データを処理するときに、物理層データは同じ基地局の機能ユニット間で、またはデータ伝送路上の異なる基地局間で送信される必要があり、ここで、データ伝送路は、基地局内のバックプレーンまたは光ケーブルであり得るか、または基地局内の、もしくは基地局間の、もしくは同様のものにおけるファイバマイクロ波であり得る。そのようなデータ伝送路は、前述の物理層データを送信するために使用されるだけでなく、他の種類のデータを送信するためにも使用され得る。したがって、データ伝送路の帯域幅リソースはかなり制限される。しかしながら、LTEシステムは、広帯域システムであり、基地局内または基地局間の物理層データ伝送路に対して比較的高い帯域幅要件課す。したがって、データ伝送路の帯域幅リソースの制限は、多くの場合、基地局内または基地局間の物理層データの伝送に対する制限を引き起こす。特に、データトラフィック量が多いときには、制限された帯域幅はデータの輻輳を引き起こし、その結果、一部のユーザに対応するデータが捨てられ、データ伝送効率下がりユーザエクスペリエンスが低下することがある。

課題を解決するための手段

0004

本発明の実施形態は、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に課される制限を低減することができる物理層データ伝送方法を提供する。

0005

第1の態様によれば、物理層データ伝送方法が提供され、この方法は送信端によって、物理層データのターゲットビット幅を決定するステップであって、ここで、ターゲットビット幅はNビットであり、ターゲットビット幅は物理層データの実際のビット幅よりも小さい、ステップと、送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップであって、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ステップと、送信端によって、送信されるべきデータを受信端に送信するステップとを含む。

0006

第1の態様に関して、第1の態様の第1の実装方式において、送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップは、物理層データの符号ビットが、送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含む。

0007

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第2の実装方式において、送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの後に、方法は、物理層データの非ゼロの最上位ビットの配置に従って、物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップであって、ここで、ビット幅がNビットであるデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、その後のデータから抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む。

0008

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第3の実装方式において、送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの前に、方法は、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するステップであって、ここで、ビット列情報は、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される、ステップをさらに含む。

0009

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第4の実装方式において、送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの後に、方法は、ビット列情報に従って、物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップであって、ここで、ビット幅がNビットであるデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、その後のデータから抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む。

0010

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第5の実装方式において、送信端によって、物理層データのターゲットビット幅を決定するステップは、事前設定されている条件情報候補ターゲットビット幅との間の対応関係に従って、物理層データの条件情報に対応する候補ターゲットビット幅が物理層データの候補ターゲットビット幅であると決定するステップと、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定するステップと、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅は、ターゲットビット幅であると決定するステップであって、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送路によって許される最大データトラフィック量以下である、ステップとを含む。

0011

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第6の実装方式において、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定するステップの後に、方法は、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って物理層データの候補ターゲットビット幅を縮小するステップと、縮小された候補ターゲットビット幅を伴う、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないとき、および縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅以上であるときに、縮小された候補ターゲットビット幅がターゲットビット幅であると決定するステップであって、ここで、保証ビット幅は、物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である、ステップとをさらに含む。

0012

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第7の実装方式において、送信端によって、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの後に、方法は、初期ビット幅および物理層データのビット列情報を受信端に送信するステップをさらに含む。

0013

第1の態様およびその前述の実装方式に関して、第1の態様の第8の実装方式において、ターゲットビット幅を決定するために使用される条件情報は、変調方式アンテナの数、MIMO方式、およびチャネル測定情報のうちの少なくとも1つを含む。

0014

第2の態様によれば、物理層データ伝送方法が提供され、この方法は受信端によって、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信するステップであって、ここで、復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ステップと、受信端によって、物理層データの初期ビット幅を受信するステップであって、ここで、初期ビット幅は、送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい、ステップと、受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するステップであって、ここで、復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップとを含む。

0015

第2の態様に関して、第2の態様の第1の実装方式において、受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するステップの前に、方法は、物理層データのビット列情報を受信するステップであって、ここで、ビット列情報は、送信端によって送信され、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される、ステップと、ビット列情報に従って、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップとをさらに含む。

0016

第2の態様およびその前述の実装方式に関して、第2の態様の第2の実装方式において、受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するステップの前に、方法は、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、それにより、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む。

0017

第2の態様およびその前述の実装方式に関して、第2の態様の第3の実装方式において、受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するステップは、復元されるべきデータの符号ビットが、復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップと、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定するか、または復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するステップとを含む。

0018

第2の態様およびその前述の実装方式に関して、第2の態様の第4の実装方式において、復元されるべきデータの符号ビットが、復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップの後に、方法は、復元されたデータの最上位ビットから非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値が0であると決定するステップをさらに含む。

0019

第2の態様およびその前述の実装方式に関して、第2の態様の第5の実装方式において、受信端によって、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するステップの後に、方法は、初期ビット幅およびビット列情報に従って、復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換するステップであって、ここで、ビット幅がMビットであるデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、その後のデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含む。

0020

第3の態様によれば、データ伝送デバイスが実現され、このデバイスは物理層データのターゲットビット幅を決定するように構成されている決定ユニットであって、ここで、ターゲットビット幅はNビットであり、ターゲットビット幅は物理層データの実際のビット幅よりも小さく、ここで、決定ユニットは、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するようにさらに構成され、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、決定ユニットと、送信されるべきデータを受信端に送信するように構成されている送信ユニットとを備える。

0021

第3の態様に関して、第3の態様の第1の実装方式において、決定ユニットがビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するようにさらに構成されることは、物理層データの符号ビットが、送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含む。

0022

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第2の実装方式において、決定ユニットは、物理層データの非ゼロの最上位ビットの配置に従って、物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するようにさらに構成され、ここで、ビット幅がNビットであるデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、その後のデータから抽出されるビットの数値である。

0023

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第3の実装方式において、決定ユニットは、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するようにさらに構成され、ここで、ビット列情報は、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される。

0024

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第4の実装方式において、決定ユニットは、ビット列情報に従って、物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するようにさらに構成され、ここで、ビット幅がNビットであるデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、その後のデータから抽出されるビットの数値である。

0025

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第5の実装方式において、決定ユニットが物理層データのターゲットビット幅を決定するように構成されることは、事前設定されている条件情報と候補ターゲットビット幅との間の対応関係に従って、物理層データの条件情報に対応する候補ターゲットビット幅が物理層データの候補ターゲットビット幅であると決定するステップと、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定するステップと、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅は、ターゲットビット幅であると決定するステップであって、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送路によって許される最大データトラフィック量以下である、ステップとを含む。

0026

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第6の実装方式において、決定ユニットは、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って物理層データの候補ターゲットビット幅を縮小し、縮小された候補ターゲットビット幅を伴う、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないとき、および縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅以上であるときに、縮小された候補ターゲットビット幅がターゲットビット幅であると決定するようにさらに構成され、ここで、保証ビット幅は、物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である。

0027

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第7の実装方式において、送信ユニットは、初期ビット幅および物理層データのビット列情報を受信端に送信するようにさらに構成される。

0028

第3の態様およびその前述の実装方式に関して、第3の態様の第8の実装方式において、ターゲットビット幅を決定するために使用される条件情報は、変調方式、アンテナの数、MIMO方式、およびチャネル測定情報のうちの少なくとも1つを含む。

0029

第4の態様によれば、データ伝送デバイスが実現され、このデバイスは送信端によって送信された復元されるべきデータを受信するように構成された受信ユニットであって、ここで、復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値であり、ここで、受信ユニットは、物理層データの初期ビット幅を受信するようにさらに構成され、ここで、初期ビット幅は、送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい、受信ユニットと、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定するように構成されている決定ユニットであって、ここで、復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、決定ユニットとを備える。

0030

第4の態様に関して、第4の態様の第1の実装方式において、決定ユニットは、受信ユニットを使用することによって物理層データのビット列情報を受信し、ここで、ビット列情報は、送信端によって送信され、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用され、ビット列情報に従って、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiを決定し、それにより、ビット幅がMビットである復元されたデータは、有効データのi個のビットを含み、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ようにさらに構成される。

0031

第4の態様およびその前述の実装方式に関して、第4の態様の第2の実装方式において、決定ユニットは、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、それにより、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含み、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ようにさらに構成される。

0032

第4の態様およびその前述の実装方式に関して、第4の態様の第3の実装方式において、決定ユニットがビット幅がMビットである復元されたデータを決定するように構成されることは、復元されるべきデータの符号ビットが、復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップと、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定するか、または復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するステップとを含む。

0033

第4の態様およびその前述の実装方式に関して、第4の態様の第4の実装方式において、決定ユニットは、復元されたデータの最上位ビットから非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値が0であると決定するようにさらに構成される。

0034

第4の態様およびその前述の実装方式に関して、第4の態様の第5の実装方式において、決定ユニットは、初期ビット幅およびビット列情報に従って、復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換し、ここで、ビット幅がMビットであるデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、その後のデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ようにさらに構成される。

0035

本発明の実施形態において、送信される必要のある物理層データのターゲットビット幅が決定され、物理層データは、物理層データのビット幅がターゲットビット幅に縮小され、それによって物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小した後に、送信される。本発明の実施形態によってもたらされる技術的解決方法を使用して物理層データを送信することによって、システムのデータ伝送路に対する帯域幅要件は下げられ、これは、基地局内または基地局間で物理層データの伝送にデータ伝送路の制限された帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減し、物理層データの伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させることができる。それに加えて、本発明の実施形態によってもたらされる技術的解決方法が物理層データのビット幅を変換するために使用されるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと抽出されるビットの数値は保持され、したがって、物理層データ内の有効データは、できる限り保持され、データの歪みは低減される。

0036

本発明の実施形態における技術的ソリューションをより明確に説明するために、以下において、本発明の実施形態の説明に必要な添付図面を簡単に説明する。明らかに、以下の説明の添付図面は、本発明のいくつかの実施形態を示しているにすぎず、および当業者であれば、創造的な努力なしにこれらの添付図面から他の図面を導き出すことができる。

図面の簡単な説明

0037

本発明の一実施形態による一アプリケーションシナリオの概略ブロック図である。
本発明の一実施形態による別のアプリケーションシナリオの概略ブロック図である。
本発明の一実施形態による物理層データ伝送方法のフローチャートである。
本発明の別の実施形態による物理層データ伝送方法のフローチャートである。
本発明の一実施形態によるデータビット幅変換のフローチャートである。
本発明の一実施形態によるデータビット幅変換におけるビットの概略図である。
本発明の別の実施形態によるデータビット幅変換におけるビットの概略図である。
本発明の一実施形態によるデータビット幅復元のフローチャートである。
本発明の一実施形態によるデータビット幅復元におけるビットの概略図である。
本発明の別の実施形態によるデータビット幅復元におけるビットの概略図である。
本発明の一実施形態によるデータ組合せ原理の概略図である。
本発明の一実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。
本発明の一実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。
本発明の別の実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。
本発明の別の実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。

実施例

0038

以下では、本発明の実施形態の添付図面を参照しつつ本発明の実施形態の技術的解決方法について明確に、かつ完全に説明する。明らかに、説明されている実施形態は、本発明の実施形態のすべてではなくむしろ一部である。創造的な努力なしに本発明の実施形態に基づいて当業者が得る他のすべての実施形態は、本発明の保護の範囲内に収まるものとする。

0039

本発明の技術的解決方法は、グローバルシステムフォモバイルコミュニケーション(GSM(登録商標)、Global System of Mobile Communication)システム、符号分割多元接続(CDMA、Code Division Multiple Access)システム、広帯域符号分割多元接続(WCDMA(登録商標)、Wideband Code Division Multiple Access Wireless)システム、汎用パケット無線サービス(GPRS、General Packet Radio Service)、およびロングタームエボリューション(LTE、Long Term Evolution)システムなどの、様々な通信システムに適用され得る。

0040

本発明の実施形態において、携帯端末(Mobile Terminal)とも称されるユーザ機器(UE、User Equipment)は、モバイルユーザ機器、および同様のものは、無線アクセスネットワーク(たとえば、RAN、Radio Access Network)を使用することによって1つまたは複数のコアネットワークと通信することができる。ユーザ機器は、携帯電話(または「セルラーフォンとも称される)などの携帯端末および携帯端末を備えるコンピュータであってよい。たとえば、ユーザ機器は、無線アクセスネットワークと言語および/またはデータを交換する、ポータブルポケットサイズハンドヘルド、コンピュータ内蔵、または車載型モバイル装置であってよい。

0041

本発明の実施形態において、基地局は、GSM(登録商標)またはCDMAにおけるトランシーバ基地局(BTS、Base Transceiver Station)であり得るか、またはWCDMA(登録商標)におけるNodeB(NodeB)であり得るか、またはLTEにおける発展型NodeB(eNBまたはe-NodeB、発展型Node B)であり得、これは本発明において制限されない。しかしながら、説明を簡単にするため、以下の実施形態は、eNBを一例として使用することによって説明される。

0042

図1は、本発明の一実施形態による一アプリケーションシナリオの概略ブロック図である。

0043

図1は、本発明の一実施形態による一アプリケーションシナリオを示している。このシナリオでは、本発明の実施形態は、同じ基地局の異なるセル間のLTEデータ伝送路に適用可能である。シグナリングおよびデータは、同じ基地局の異なるセル間で交換され得る。特に、LTEシステムにおけるセル協調シナリオにおいて、シグナリングおよびデータは、セル間でより頻繁に交換される。図1に示されているように、セル1およびセル2は、互いの協調セルである。セル1のデータは、セル2に送信されてよく、セル2は、セル1およびセル2のデータに対して共同受信処理を実行して受信性能を高め、ここで、セル1およびセル2は、基地局の同じ制御デバイスによって管理され得るか、または基地局の異なる制御デバイスによって管理され得る。

0044

特に、セル1のデータは、最初に時間領域から周波数領域に変換されるべき離散高速フーリエ変換(FFT、Fast Fourier Transformation)を受けるものとしてよく、次いで、セル1側のデータビット幅変換/復元モジュールが、セル1のデータのビット幅を縮小する、すなわち、データ転送速度を下げ、次いで、データがセル1からセル2へのデータ伝送路を通してセル2側に送信され、セル2側に配置されているデータ変換/復元モジュールが、データのビット幅を最初の初期ビット幅に復元し、すなわち、データ転送速度を復元し、次いで共同受信および復調処理がそのデータに対してセル2のデータとともに実行される。セル1からセル2へのデータ伝送路は、セル1およびセル2の両方を制御するデバイス内にバックプレーンおよび光ケーブルを備えているものとしてよく、セル1を制御するデバイスとセル2を制御するデバイスとの間にファイバおよびマイクロ波、および同様のものも備え得る。そのような伝送帯域幅リソースは制限される。

0045

共同受信および復調処理は、セル1によっても実行され得ることは理解されるであろう。すなわち、ビット幅変換の後のセル2のデータはデータ伝送路を通じてセル1に送信され、セル1はセル2の受信されたデータに対してビット幅復元を実行し、次いでセル1のデータとともにデータに対して共同受信および復調処理を実行する。

0046

それに加えて、セル1によって送信され、ビット幅変換を受けたデータを受信した後に、セル2は、セル1のデータに対してビット幅復元を実行し得ない。その代わりに、データ変換/復元モジュールが、セル2のローカルデータをセル1のデータビット幅と同じようにビット幅のデータに変換し、次いで、セル1およびセル2のデータに対して共同受信および復調処理を実行する。

0047

このシナリオでは、データビット幅変換/復元を実行するために使用されるモジュールは、ソフトウェア機能モジュールであってよいか、またはハードウェア装置モジュールであってよく、セル1およびセル2の両方を制御する基地局内に配備される。特に、配備は、セル1およびセル2に対して別々に実行され得る、すなわち、2つのデータビット幅変換/復元モジュールが、セル1およびセル2の両方を制御する基地局内の2つのセルに対して配備され得るか、またはただ1つのデータビット幅変換/復元モジュールが配備され、2つのセルによって共有される。本発明は、それに限定されない。

0048

なおもさらに、物理層データに対してビット幅変換を実行するときに、セル1およびセル2は、変調方式、コーデックタイプ、およびデータのチャネル伝送条件などの要素を考慮することによって、またビット幅変換を受けたデータの復元能力を考慮することによってデータに対して実行されたビット幅変換に対してターゲットビット幅を決定し得る。

0049

本発明の実施形態におけるデータビット幅は、データ内の並列送信されるビットの数を指し、データ転送速度は、毎秒送信されるビットの数を指すことに留意されたい。データビット幅変換/復元は、データ転送速度変換/復元につながるものとしてよく、両者の間に対応関係が存在することは容易に理解される。データビット幅は大きければ大きいほどデータ転送速度がより速いことを指示し、データビット幅が小さければ小さいほどデータ転送速度がより遅いことを指示する。したがって、本発明の実施形態において、データビット幅変換/復元は、データ転送速度変換/復元と同等であるものとしてよい。

0050

図2は、本発明の一実施形態による別のアプリケーションシナリオの概略ブロック図である。

0051

図2は、本発明の一実施形態による別のアプリケーションシナリオを示している。リモート無線シナリオにおいて、基地局のベースバンドユニット(BBU、Base Band Unit)およびリモート無線ユニット(RRU、Remote Radio Unit)は、ファイバまたは無線などのデータ伝送路を通じて物理層データを送信し得る。そのようなシナリオにおいて、物理層データに対する伝送帯域幅も制限される。それに加えて、BBUはときにはRRUから遠く離れており、また伝送距離は、最大数10キロメートルにもなり得るので、BBUとRRUとの間の物理層データに対する制限された伝送帯域幅がデータ伝送に影響を及ぼすという問題がより深刻なものとなる。

0052

図2に示されているように、データビット幅変換/復元モジュールは、BBUの物理層データのデータビット幅を縮小し(データ転送速度を遅くし)、次いで、データが、伝送路を通じてRRU側に送信される。RRU側は、データビット幅変換/復元モジュールを使用して、データを初期ビット幅に復元することができ、データ転送速度も元のデータ転送速度に復元され、次いで、RRUは受信されたデータに対して対応する処理を実行する。逆に、データビット幅変換/復元モジュールはRRUの物理層データのデータビット幅も縮小することができ、次いで、データはBBUに送信され、BBUはデータを初期ビット幅に復元し、次いでさらなる処理を実行する。

0053

本発明の実施形態は、スター型ネットワークおよびチェーン型ネットワークなどの、共通公共無線インターフェース(CPRI、Common Public Radio Interface)プロトコルで指定されている様々なネットワーキングトポロジーに適用可能でもある。本発明の実施形態は、それに限定されない。

0054

このシナリオでは、データビット幅変換/復元を実行するために使用されるモジュールは、ソフトウェア機能モジュールであってよいか、またはハードウェア装置モジュールであってよい。データビット幅変換/復元モジュールは、BBUおよびRRU内に配備され、BBU側およびRRU側に独立して配備され得る。特に、2つのデータビット幅変換/復元モジュールは、ソフトウェアモジュールとしてBBUおよびRRUの制御モジュール内に別々に組み込まれ得るか、またはBBUおよびRRUに電気的に接続されている2つの独立したハードウェア装置として別々にサービスを提供し得る。本発明は、それに限定されない。

0055

それに加えて、2つの異なる基地局の間で物理層データを送信するためのデータ伝送路は、2つの基地局を接続するファイバ、光ケーブル、または無線伝送路であってよい。2つの基地局の間のデータ伝送路の帯域幅リソースも制限される。本発明の実施形態は、2つの異なる基地局の間の物理層データの伝送にも適用可能である。たとえば、基地局1は、送信されるべき物理層データに対してビット幅変換を実行し、そのデータを基地局2に送信し、基地局2は、それに対応してデータビット幅復元を実行するが、これは基地局内の物理層データ処理プロセスに類似しており、ここで再び説明することはしない。

0056

図3は、本発明の一実施形態による物理層データ伝送方法のフローチャートである。伝送方法は、基地局内または基地局間の物理層データの伝送に適用可能である、

0057

301.送信端が、物理層データのターゲットビット幅を決定し、ここで、ターゲットビット幅はNビットであり、ターゲットビット幅は物理層データの実際のビット幅よりも小さい。

0058

302.送信端は、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定し、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である。

0059

303.送信端は、送信されるべきデータを受信端に送信する。

0060

本発明の実施形態において、送信される必要のある物理層データのターゲットビット幅が決定され、物理層データは、物理層データのビット幅がターゲットビット幅に縮小され、それによって物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小した後に、送信され、システムのデータ伝送路に対する帯域幅要件は下げられ、これは、基地局内または基地局間で物理層データの伝送にデータ伝送路の制限された帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減し、物理層データの伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させることができる。それに加えて、ビット幅変換時に、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと抽出されるビットの数値は、保持され、したがって、物理層データ内の有効データは、できる限り保持され、データの歪みは低減される。

0061

本発明の実施形態を実行するための実体は、送信端と称され得る、すなわち、ビット幅変換およびデータ送信を実行する端局であり、データを受信する端局は、受信端と称され得ることは理解されるであろう。送信端および受信端は、相対的な概念であり、実際の実行実体は、入れ換えられ得る。図1のアプリケーションシナリオを一例として使用すると、送信端は、セル1の対応する制御デバイスであってよく、受信端は、セル2の対応する制御デバイスであってよく、またその逆であってもよい。別の例として、図2のアプリケーションシナリオにおいて、送信端は、BBUであってよく、受信端は、RRUであってよく、またその逆であってもよい。

0062

適宜、一実施形態において、ステップ302は、物理層データの符号ビットが、送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含み得る。

0063

すなわち、物理層データが変換される必要のある変換先のターゲットビット幅Nが決定された後、初期ビット幅を有する物理層データは、ビット幅がNビットである送信されるべきデータに変換されるものとしてよく、伝送が円滑にされる。特に、物理層データは、一般的に、符号ビットを含み、物理層データの最上位ビットである符号ビットは、送信されるべきデータの最上位ビットとして決定され得る。その後、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiとN-1とが比較される。すなわち、データを運ぶために使用され、物理層データに含まれる有効ビットの数が、ターゲットビット幅がNビットであるビット幅変換を実装するのに十分な数であるかどうかを決定する、または言い換えれば、ビット幅変換においてフィラーとして0が追加される必要があるかどうかを決定する必要がある。

0064

特に、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるシナリオを説明するために一例を取り上げる。物理層データの初期ビット幅が16ビットであること、物理層データの非ゼロの最上位ビットが10番目のビットであること、および最下位ビットが0番目のビットであることが仮定される。すなわち、非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数は、i=11である。所定のターゲットビット幅は、N=8ビットである。最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットが除外された後、N-1=7となり、ここで、iはN-1よりも大きく、データを運ぶために使用され、物理層データに含まれている有効ビットの数が、ターゲットビット幅が8ビットであるビット幅変換を実装するのに十分であることを指示する。したがって、ビット幅変換時に、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される7個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定され得る。

0065

物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるシナリオを説明するために一例を取り上げる。物理層データの初期ビット幅が16ビットであること、物理層データの非ゼロの最上位ビットが5番目のビットであること、および最下位ビットが0番目のビットであることが仮定される。すなわち、非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数は、i=6である。所定のターゲットビット幅は、N=8ビットである。最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットが除外された後、N-1=7となり、ここで、iはN-1よりも小さく、データを運ぶために使用され、物理層データに含まれている有効ビットの数が、ターゲットビット幅が8ビットであるビット幅変換を実装するのに十分でないことを指示する。したがって、ビット幅変換時に、物理層データの有効ビットが抽出されている間に、フィラーとしてゼロが追加される必要がある。特に、物理層データの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットへと次々に抽出される6個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの6個のビットの数値であると決定されるものとしてよく、送信されるべきデータの1個の残り最下位ビットの数値は、0で埋められる。

0066

適宜、別の実施形態において、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの前に、方法は、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するステップであって、ここで、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiは、ビット列情報に従って決定されるものとしてよく、ここで、ビット列情報は、非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットである(物理層データのビット列が0番目のビットから始まる)ことを指示するために使用される、ステップをさらに含み得る。物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するために、入力された物理層データは、入力物理層データが受信された後に一時的に記憶されるものとしてよく、次いで、物理層データに対してデータ検出が実行され、どのビットが物理層データの非ゼロの最上位ビットであるかを決定する。物理層データは、一般的に符号ビットを含む。すなわち、データ検出が実行されて、物理層データの2番目の最上位ビットから下位ビットへと物理層データのビットを検出し、検出された1番目の非ゼロのビットのビット列を(どのビットか)を決定する。たとえば、物理層データは00101であり、最上位ビット(右から4番目のビット)は符号ビットであり、最下位ビット(一番右端)は0番目のビットであり、非ゼロの最上位ビットは2番目のビットである。ビット列情報は、非ゼロの最上位ビットの配置を指示するために使用される情報である。非ゼロの最上位ビットの配置とビット列情報との間の対応関係は、事前定義されてよい。たとえば、ビット列情報0000は、非ゼロの最上位ビットが0番目のビットであることを指示し、ビット列情報0001は、非ゼロの最上位ビットが1番目のビットであることを指示し、ビット列情報0010は、非ゼロの最上位ビットが2番目のビットであることを指示し、などとなる。

0067

適宜、別の実施形態において、物理層データのターゲットビット幅を決定するステップは、事前設定されている条件情報と候補ターゲットビット幅との間の対応関係に従って、物理層データの条件情報に対応する候補ターゲットビット幅が物理層データの候補ターゲットビット幅であると決定するステップと、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定するステップと、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅は、ターゲットビット幅であると決定するステップであって、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送路によって許される最大データトラフィック量以下である、ステップとを含む。

0068

ターゲットビット幅を決定するために使用される条件情報は、限定はしないが、物理層データの変調方式、基地局におけるアンテナの数、サービスタイプ(完全バッファリングおよびバーストなど)、MIMO方式(送信および受信ダイバーシティ多重化、および同様のもの)、チャネル測定情報(チャネル信号雑音比およびチャネル測定電力など)、保証ビット幅、および同様のもののうちの1つまたは複数を含む。ターゲットビット幅を決定することに関して考慮される条件情報は、上に列挙している項目に限定されず、本発明において制限されない、物理層データの生成、伝送、および解析に影響を及ぼす可能性のある他の要素をさらに含み得ることは理解されるであろう。適宜、物理層データのターゲットビット幅が決定される前に、前述の条件情報の1つまたは複数の項目と候補ターゲットビット幅との間の対応関係は、事前設定され得る。たとえば、変調方式、アンテナの数、保証ビット幅、および候補ターゲットビット幅の間の対応関係は、事前設定され得る。次いで、対応する候補ターゲットビット幅が、物理層データの前述のタイプの条件情報に従って決定されるものとしてよく、ここで、保証ビット幅は、物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である。

0069

物理層データのビット幅は、前述の条件情報を使用することによって動的に変換される。データ伝送速度は、システムの現在のデータ伝送条件に従って動的に調整され得る。特に、ターゲットビット幅は、システム変調情報またはサービス要件情報に従って包括的に決定されるものとしてよく、システムのサービスパフォーマンス要件を満たすことを前提条件としてデータビット幅を縮小することができる。

0070

それに加えて、データビット幅変換の粒度を考慮して、ターゲットビット幅は、物理層データのターゲットビット幅が決定されるときに物理層データの前および/または後に複数個のデータのターゲットビット幅としても使用され得る。粒度のサイズは、ビット幅変換モジュールバッファ深度に従って調整され得る。たとえば、ビット幅変換モジュールのバッファ深度が、データ100個分に事前設定されている場合、ビット幅変換モジュールは、一時的に、一度に100個のデータを記憶し得る。前述の物理層データなどの100個のデータのうちのどれかのデータについて、ターゲットビット幅は、前述の方法に従って決定されるものとしてよく、ターゲットビット幅は、100個のデータのターゲットビット幅として使用される。別の例として、ビット幅変換モジュールのバッファ深度は、1個のデータにも設定されてよい、すなわち、ターゲットビット幅は、データごとに決定される。粒度を細かくすれば、候補ターゲットビット幅およびデータトラフィック量を決定する際の精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0071

候補ターゲットビット幅が、初歩的に決定された後、候補ターゲットビット幅への変換後のデータトラフィック量と、ターゲットトラフィック量とが比較され、それにより、候補ターゲットビット幅が要件を満たしているかどうかを決定することができ、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データ伝送路によって運ばれ得る最大データトラフィック量であってよく、物理層データの伝送幅限度に従って決定され得る。

0072

適宜、データトラフィック量は、候補ターゲットビット幅に従って予め推定され、候補ターゲットビット幅により、物理層データが変換される変換先であるデータのデータトラフィック量を決定し得る。特に、データトラフィック量は一定期間内に物理層データ伝送路を通過するデータの量であると定義され得る。すなわち、データトラフィック量の決定は、候補ターゲットビット幅に変換される物理層データに対してのみ実行され得るか、または候補ターゲットビット幅に変換される物理層データの前および/または後に複数個のデータに対して実行され得る。それに加えて、他のデータは、物理層データが候補ターゲットビット幅に変換されるのに並行して送信されるものとしてよく、したがってデータトラフィック量の決定は、候補ターゲットビット幅に変換される物理層データおよびその並行するデータの両方に対しても実行され得る。

0073

候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量とターゲットトラフィック量とを比較することに関して、次の比較結果およびその後の処理が存在し得る。

0074

適宜、1つの比較結果およびその後処理は、候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅はターゲットビット幅であると決定され、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送帯域に従って決定される、というものである。候補ターゲットビット幅と条件情報との間の決定された対応関係は、保証ビット幅を含み得るので、この対応関係に従って決定された候補ターゲットビット幅は、保証ビット幅よりも大きい。すなわち、現在の候補ターゲットビット幅は要件を満たし、ターゲットビット幅として決定され得る。

0075

適宜、別の決定結果およびその後の処理プロセスは、物理層データの候補ターゲットビット幅が、候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って縮小され、縮小された候補ターゲットビット幅に従って決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないかどうかが決定され、縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅よりも大きいことが確実にされ、縮小された候補ターゲットビット幅に従って決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、縮小された候補ターゲットビット幅は、保証ビット幅以上であり、縮小された候補ターゲットビット幅はターゲットビット幅であると決定される、というものである。

0076

この決定結果により、ビット幅変換が候補ターゲットビット幅に従って物理層データに対して実行された場合、変換の後に得られたデータトラフィック量は、データ伝送路で許容される最大データトラフィック量、すなわち、ターゲットトラフィック量を超える。したがって、候補ターゲットビット幅は、縮小される必要がある。たとえば、候補ターゲットビット幅の縮小時に、低優先度ユーザの候補ターゲットビット幅は、予め合意されている1ビットの範囲に従って縮小され得る。次いで、縮小された候補ターゲットビット幅に変換される物理層データのデータトラフィック量が決定され得る。すなわち、データトラフィック量は、縮小された候補ターゲットビット幅に従って再決定され、再決定されたデータトラフィック量およびターゲットトラフィック量が比較される。再決定されたデータトラフィック量が、ターゲットトラフィック量よりもまだ多い場合、ビット幅は、再決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少なくなるまでさらに縮小され、この場合、現在の候補ターゲットビット幅は、ターゲットビット幅として決定され得る。

0077

現在の候補ターゲットビット幅が、保証ビット幅にすでに縮小されているが、データトラフィック量は、ターゲットトラフィック量よりもまだ多い場合に、アラーム情報が送信されるものとしてよく、基地局内の別の上位層機能ユニットがさらなる処理を実行し、たとえば、トラフィック抑制およびリソーススケジューリングを実行し、それにより、物理層データ伝送路に対するデータ伝送圧力を緩和する。

0078

適宜、なおも別の決定結果は、データトラフィック量がターゲットトラフィック量に等しいというものである。この場合のその後の処理プロセスは、実際の条件に従って予め合意され得る。この決定結果は、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多い場合の中に組み込まれるものとしてよく、またデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ない場合の中にも組み込まれ得る。それに対応して、その後の処理プロセスは、予め合意されているように前述の2つの場合のいずれかにおいてその後の処理プロセスに従って実行されてよく、これは本発明において特には制限されない。

0079

適宜、別の実施形態において、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの後に、方法は、ターゲットビット幅およびビット列情報に従って物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップをさらに含み得る。前述の実施形態において言及されているデータビット幅変換の粒度原理によれば、物理層データに対して決定された(候補)ターゲットビット幅は、物理層データの前および/または後の複数個のデータの(候補)ターゲットビット幅としても使用され得る。たとえば、物理層データのターゲットビット幅は、その後の99個のデータのターゲットビット幅として決定され得る。すなわち、物理層データのターゲットビット幅およびビット列情報は、その後のデータのビット幅変換に対するその後のデータのターゲットビット幅およびビット列情報として使用され、それによって、システムのコンピューティングリソースを節約することができる。ターゲットビット幅およびビット列情報を使用するその後のデータの個数(すなわち、粒度)は、システムの稼働状況に従って設定され得る。たとえば、システムの負荷が軽いときに、粒度は低減されてよく、システムの負荷が重いときに、粒度は適切に増加されてよい。粒度を細かくすれば、ビット幅変換における精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0080

適宜、一実施形態において、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するステップの後に、方法は、物理層データの初期ビット幅およびビット列情報を受信端に送信し、それにより、受信端が受信された送信されるべきデータをビット列情報に従って初期ビット幅を含むデータに復元する、ステップをさらに含み得る。ビット幅変換を受けたデータが受信端に送信された後、ビット幅復元は、受信端によってデータが正しく解析されるように実行され得る。したがって、送信されるべきデータを送信するときに、ローカル端は、物理層データの初期ビット幅およびビット列情報を一緒に受信端に送信し、受信端で実行されるビット幅復元を円滑にすることもできる。

0081

本発明の実施形態において、送信される必要のある物理層データのターゲットビット幅が決定され、物理層データは、物理層データのビット幅がターゲットビット幅に縮小され、それによって物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小した後に、送信され、システムのデータ伝送路に対する帯域幅要件は下げられ、これは、基地局内または基地局間で物理層データの伝送にデータ伝送路の制限された帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減し、物理層データの伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させることができる。それに加えて、本発明の実施形態において、ターゲットビット幅は、システム変調情報またはサービス要件情報に従って包括的に決定され、システムのサービスパフォーマンス要件を満たすことを前提条件としてデータビット幅を縮小することができる。さらに、本発明の実施形態において、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、ビット幅変換が実行されるときに可能な限り多くの有効ビットが保持され、したがって、ビット幅変換によって引き起こされるデータの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅変換を処理するために粒度を任意に調整することによって、システムは、実際の稼働状況に従って、ビット幅変換の精度を高めるか、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0082

図4は、本発明の別の実施形態による物理層データ伝送方法のフローチャートである。

0083

401.受信端が、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信し、ここで、復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である。

0084

402.受信端は、物理層データの初期ビット幅を受信し、ここで、初期ビット幅は、送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい。

0085

403.受信端は、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定し、ここで、復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である。

0086

本発明の実施形態において、物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、データ伝送時にデータ転送速度が下げられるものとしてよく、受信端でビット幅復元が実行され、ビット幅変換を受けたデータを復元する。本発明の実施形態における技術的解決方法を使用して物理層データを送信することによって、システムのデータ伝送路に対する帯域幅要件は下げられ、これは、基地局内または基地局間で物理層データの伝送にデータ伝送路の制限された帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減し、物理層データの伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

0087

本発明の実施形態を実行するための実体は、受信端と称され得る、すなわち、データ受信およびビット幅復元を実行する端局であり、データビット幅変換およびデータ送信を実行する端局は、送信端と称され得ることは理解されるであろう。送信端および受信端は、相対的な概念であり、実際の実行実体は、入れ換えられ得る。図1のアプリケーションシナリオを一例として使用すると、受信端は、セル1であってよく、送信端は、セル2であってよく、またその逆であってもよい。別の例として、図2のアプリケーションシナリオにおいて、受信端は、BBUであってよく、送信端は、RRUであってよく、またその逆であってもよい。

0088

受信端によって受信され、送信端によって送信された復元されるべきデータは、送信端が物理層データに対してビット幅変換を実行した後に得られるデータであってよく、図3に示されている実施形態において説明されているビット幅変換方法が適用され得ることは理解されるであろう。ビット幅変換を受けたデータは、送信されるべきデータと称されるものとしてよく、送信端によって受信端に送信された後、送信されるべきデータは、復元されるべきデータと称され得る。すなわち、本発明の実施形態において言及されている送信されるべきデータおよび復元されるべきデータは、同じ対象を指すものとしてよい。受信端が復元されるべきデータに対してビット幅復元を実行した後に得られるデータは、復元されたデータと称され得る。復元されたデータは、有効データを含み、有効データの数値は、復元されるべきデータのビットのうちのいくつかの数値と同じである。復元されたデータは、データが2つの処理プロセス、すなわち、ビット幅変換およびビット幅復元を受けているので物理層データと完全には同じでない場合があることは容易に理解される。

0089

適宜、一実施形態において、ステップ403の前に、方法は、物理層データのビット列情報を受信するステップであって、ここで、ビット列情報は、送信端によって送信され、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用され、ビット列情報に従って、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含み得る。

0090

特に、物理層データに対してビット幅変換を実行するときに、送信端は、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定し得る。ビット列情報を決定するための詳細な方法については、図3に示されている実施形態における関係する説明を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0091

適宜、一実施形態において、ステップ403の前に、方法は、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップをさらに含み得る。すなわち、復元されるべきデータを受信した後に、受信端は、復元されるべきデータから復元される復元されたデータの非ゼロの最上位ビットの配置を直接決定することができる。

0092

適宜、一実施形態において、ステップ403は、復元されるべきデータの符号ビットが、復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップと、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定するか、または復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するステップとを含み得る。

0093

たとえば、復元されるべきデータのビット幅はN=8ビットであり、初期ビット幅は16ビットであり、ビット列情報は、物理層データ/復元されたデータの非ゼロの最上位ビットは10番目のビットであることを指示する。すなわち、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでのビットの数はi=11であり、iはN-1よりも大きい。この場合、復元されるべきデータの2番目の最上位ビット(6番目のビット)から最下位ビット(0番目のビット)までの7個のビットの数値は、復元されたデータの非ゼロの最上位ビット(10番目のビット)から下位ビット(4番目のビット)までの7個のビットの数値であると決定されるものとしてよく、復元されたデータの4つの最下位ビット(3番目のビットから0番目のビットまで)の数値が0であると決定され得る。

0094

別の例として、復元されるべきデータのビット幅はN=8ビットであり、初期ビット幅は16ビットであり、ビット列情報は、物理層データ/復元されたデータの非ゼロの最上位ビットは5番目のビットであることを指示する。すなわち、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでのビットの数はi=6であり、iはN-1よりも小さい。この場合、復元されるべきデータの2番目の最上位ビット(6番目のビット)から下位ビット(1番目のビット)までの6個のビットの数値は、復元されたデータの非ゼロの最上位ビット(5番目のビット)から最下位ビット(0番目のビット)までの6個のビットの数値であると決定され得る。

0095

ここまでで、前述の2つの決定結果に対するその後のビット幅復元プロセスにおいて、復元されたデータの最上位ビット、および非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数値が決定され、最上位ビット(符号ビット)から非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値は0であり、それにより、ピット幅復元プロセス全体を完了し、ビット幅がMビットである復元されたデータを得ることが決定され得る。

0096

適宜、一実施形態において、ステップ403の後に、方法は、ターゲットビット幅およびビット列情報に従って復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換するステップをさらに含み得る。すなわち、物理層データのターゲットビット幅およびビット列情報は、その後の復元されるべきデータに対してビット幅復元を実行するためにその後の復元されるべきデータのターゲットビット幅およびビット列情報として使用され得る。ターゲットビット幅およびビット列情報を使用するその後の復元されるべきデータの個数が設定され得る。たとえば、その後の復元されるべきデータの99個が、ビット幅復元を実行するためにターゲットビット幅およびビット列情報を共有すると設定される。データビット幅復元の粒度は、任意に調整されてよい。粒度を細かくすれば、ビット幅復元における精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。粒度は、バッファ深度を用いて調整され得る。粒度の詳細な方法については、図3に示されている実施形態における関係する内容を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0097

それに加えて、オプションの実施形態において、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信した後に、受信端は、システム稼働状況、サービス要件、または同様のものに従って、復元されるべきデータが復元される際に合わせるビット幅を独立して決定し、それにより、ビット幅復元を円滑にすることができる。

0098

本発明の実施形態において、物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、データ伝送時にデータ転送速度が下げられるものとしてよく、受信端でビット幅復元が実行され、ビット幅変換を受けたデータを復元する、これは、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

0099

さらに、本発明の実施形態において、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、ビット幅復元が実行されるときに可能な限り多くの有効ビットが保持され、これは、ビット幅変換を受けた物理層データを復元し、データの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅復元を処理するために粒度を任意に調整することによって、実際の条件に応じて、精度を高め、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを減らすことができる。それに加えて、本発明の実施形態において、ターゲットビット幅は、システム変調情報またはサービス要件情報に従って包括的に決定され、システムのサービスパフォーマンス要件を満たすことを前提条件としてデータビット幅を縮小することができる。さらに、本発明の実施形態において、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、ビット幅変換が実行されるときに可能な限り多くの有効ビットが保持され、ビット幅変換によって引き起こされるデータの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅変換を処理するために粒度を任意に調整することによって、システムは、実際の稼働状況に従って、ビット幅変換の精度を高めるか、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0100

図5は、本発明の一実施形態によるデータビット幅変換のフローチャートである。

0101

501.候補ターゲットビット幅を決定する。

0102

物理層データのターゲットビット幅を決定する際に、複数の要素(条件情報)、たとえば、物理層データの変調方式、基地局におけるアンテナの数、サービスタイプ(完全バッファリングおよびバーストなど)、MIMO方式(送信および受信ダイバーシティ、多重化、および同様のもの)、チャネル測定情報(チャネル信号対雑音比およびチャネル測定電力など)、保証ビット幅が考慮される必要がある。ターゲットビット幅を決定することに関して考慮される要素は、上に列挙している項目に限定されず、物理層データの生成、伝送、および解析に影響を及ぼす可能性のある他の要素をさらに含み得ることは理解されるであろう。

0103

特に、前述の要素のうちの1つまたは複数とターゲットビット幅との間の対応関係は事前設定され得る。たとえば、変調方式、アンテナの数、保証ビット幅、およびターゲットビット幅の間の対応関係は、事前設定され得る。ターゲットビット幅を決定する際に、対応するターゲットビット幅は、表1に詳細が示されているように、前述のいくつかのタイプの情報に従って決定され得る。

0104

0105

表1によれば、変調方式およびアンテナの数は、基地局のサイト情報に従って決定され得る。たとえば、物理層データの変調方式が16QAMであり、基地局におけるアンテナの数が、8本である場合に、ターゲットビット幅が8ビットである、すなわち、ターゲットビット幅が8ビットであると初歩的に決定され得る。前述のいくつかのタイプの情報に従って初歩的に決定された候補ターゲットビット幅は、候補ターゲットビット幅に変換されたデータのトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多くなることを引き起こし得る。したがって、ターゲットビット幅は、次のステップを実行することによってさらに決定される必要がある。

0106

502.データトラフィック量をターゲットトラフィック量と比較する。

0107

ターゲットトラフィック量は、データ伝送帯域限界に従って決定されてよく、データ伝送帯域幅によって許容される最大の、または比較的大きいトラフィック量に設定され得る。ステップ501で決定された候補ターゲットビット幅に従って、候補ターゲットビット幅に変換されたデータのデータトラフィック量が決定され、そのデータトラフィック量は、ターゲットトラフィック量と比較される。候補ターゲットビット幅に変換されたデータのデータトラフィック量を決定するプロセスに関して、図4に対応する実施形態を参照するとよく、ここで再び詳細を説明することはしない。

0108

503.ターゲットビット幅を決定する。

0109

候補ターゲットビット幅に従って決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量以下であり、候補ターゲットビット幅が、保証ビット幅以上であるときに、これは、候補ターゲットビット幅が要件を満たし、ターゲットビット幅として決定され得ることを指示する。データトラフィック量がターゲットトラフィック量に等しい場合については、実際の条件に従って合意され、ステップ503に組み込まれるか、またはステップ504に組み込まれ得る。

0110

504.候補ターゲットビット幅を縮小する。

0111

候補ターゲットビット幅に従って決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多いときに、これは、データトラフィック量がデータ伝送帯域幅限界をすでに超えていることを指示する。この場合、候補ターゲットビット幅は、縮小される必要がある。最初に、小さな範囲に応じて低優先度ユーザの候補ターゲットビット幅を縮小する試みがなされ得る。たとえば、低優先度ユーザの候補ターゲットビット幅は、1ビットだけ縮小される。次いで、プロセスはステップ502に戻って、データトラフィック量を再計算し、再びデータトラフィック量をターゲットトラフィック量と比較し得る。データトラフィック量が、ターゲットトラフィック量よりもまだ多い場合、ステップ504がさらに実行されて、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少なくなるまでビット幅を縮小し、この場合、現在の候補ターゲットビット幅がターゲットビット幅として決定されるステップ503が実行されるか、または現在の候補ターゲットビット幅が保証ビット幅に縮小されるまで、縮小し、この場合、ステップ505が実行される。

0112

505.アラームを生成する。

0113

候補ターゲットビット幅が、ステップ504において保証ビット幅にすでに縮小されているが、データトラフィック量は、ステップ502における決定に従ってターゲットトラフィック量よりもまだ多い場合に、アラーム情報が生成されるものとしてよく、上位層機能ユニットがさらなる処理を実行し、たとえば、トラフィック抑制およびリソーススケジューリングを実行する。

0114

506.ビット列情報を決定する。

0115

このステップは、前述のステップと並列に実行されるものとしてよく、物理層データのビット列情報は、ターゲットビット幅が決定されるのと同時に決定される必要がある。特に、入力された物理層データは、入力された物理層データが受信された後に一時的に記憶されるものとしてよく、次いで、データ検出が物理層データに対して実行され、どのビットが物理層データの非ゼロの最上位ビットであるかを決定する。物理層データは、一般的に符号ビットを含む。すなわち、データ検出が実行されて、物理層データの2番目の最上位ビットから下位ビットへと物理層データのビットを検出し、検出された1番目の非ゼロのビットのビット列を(どのビットか)を決定する。たとえば、物理層データは00101であり、最上位ビット(右から4番目のビット)は符号ビットであり、最下位ビット(一番右端)は0番目のビットであり、非ゼロの最上位ビットは2番目のビットである。ビット列情報は、非ゼロの最上位ビットの配置を指示するために使用される情報である。非ゼロの最上位ビットの配置とビット列情報との間の対応関係は、表2で説明されているように、事前定義されてよい。

0116

0117

たとえば、ビット列情報0000は、非ゼロの最上位ビットが0番目のビットであることを指示し、ビット列情報0001は、非ゼロの最上位ビットが1番目のビットであることを指示し、ビット列情報0010は、非ゼロの最上位ビットが2番目のビットであることを指示し、などとなる。前述のビット列情報を表す特定の方式およびビット列情報と非ゼロの最上位ビットとの間の対応関係は、独立して事前定義されてよく、本発明はそれに限定されないことは理解されるであろう。

0118

それに加えて、データビット幅変換の粒度は、バッファ深度を調整することによって調整され得る。たとえば、バッファ深度は、データP個分に設定されてよく、この場合、一度に一時的に記憶されるP個のデータは、ターゲットビット幅を決定し、ここで、物理層データは、P個のデータのうちどれでもよい。バッファ深度はデータ1個分に設定されてもよい、すなわち、ターゲットビット幅は、データごとに決定される。粒度を細かくすれば、ターゲットビット幅およびビット幅変換における精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0119

507.ビット幅変換方式を決定する。

0120

ステップ503で決定されたターゲットビット幅およびステップ506で決定されたビット列情報に従って、物理層データをターゲットビット幅を含む送信されるべきデータに変換する変換方式が決定され得る、すなわち、データビット抽出の開始点および抽出されるべきビットの数が決定され得る。特に、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiとN-1とが比較される必要がある。すなわち、データを運ぶために使用され、物理層データに含まれる有効ビットの数が、ターゲットビット幅がNビットであるビット幅変換を実装するのに十分な数であるかどうかを決定する、または言い換えれば、ビット幅変換においてフィラーとして0が追加される必要があるかどうかを決定する必要がある。

0121

508. 直接抽出を実行する。

0122

物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定される。特に、たとえば、図6に示されているように、物理層データのビット幅は16ビットであり、特定の数値は0000101101101000であり、非ゼロの最上位ビットは11番目のビットであり、すなわち、非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数はi=12であり、ターゲットビット幅はN=8ビットであり、最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットが除外された後、N-1=7であり、iはN-1よりも大きい。物理層データの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットは送信されるべきデータの最上位ビットであること、および物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの7個のビットの数値1011011が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの7個のビットの数値であることが決定され得る。

0123

説明を簡単にするため、ビット幅変換はビット抽出として説明されることは理解されるであろう。実際のアプリケーションでは、データビット幅変換は、ビットをシフトすることによって実装され得る。すなわち、非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの7個のビットのデータは3ビット分左へシフトされ、冗長ビットが削除され、それにより、ビット幅変換を受けた送信されるべきデータを形成する。ビットシフト情報は、ビット列情報、初期ビット幅、およびターゲットビット幅に従って決定され得る。

0124

509. 0をフィラーとして追加することによって抽出を実行する。

0125

物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個すべてのビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定される。特に、たとえば、図7に示されているように、物理層データのビット幅は16ビットであり、特定の数値は0000000000011011であり、非ゼロの最上位ビットは4番目のビットであり、すなわち、非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数はi=5であり、ターゲットビット幅はN=8ビットであり、最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットが除外された後、N-1=7であり、iはN-1よりも小さい。物理層データの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットは送信されるべきデータの最上位ビットであること、および物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでのi=5個のビットの数値11011が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの5個のビットの数値であり、残り2つの下位ビットの数値が0で埋められることが決定され得る。

0126

説明を簡単にするため、ビット幅変換はビット抽出として説明されることは理解されるであろう。実際のアプリケーションでは、データビット幅変換は、ビットをシフトすることによって実装され得る。すなわち、非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの5個のビットのデータは10ビット分左へシフトされ、残りのビットが削除され、2つの最下位ビットが埋められ、それにより、ビット幅変換を受けた送信されるべきデータを形成する。ビットシフト情報は、ビット列情報、初期ビット幅、およびターゲットビット幅に従って決定され得る。

0127

ステップ507におけるビット列情報および物理層データの初期ビット幅情報が、送信されるべきデータと一緒に受信端に送信されるものとしてよく、それにより、受信端は、ビット列情報および初期ビット幅情報に従ってビット幅復元を実行する。

0128

本発明の実施形態において、物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、データ転送速度が下げられ、これは、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させることができる。それに加えて、ビット幅変換を処理するために粒度を任意に調整することによって、ビット幅変換の精度を高めることができるか、または実際の条件に応じて、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを減らすことができる。

0129

図8は、本発明の一実施形態によるデータビット幅復元のフローチャートである。

0130

801.物理層データの初期ビット幅およびビット列情報を決定する。

0131

送信端によって送信された復元されるべきデータを受信した後に、復元されるべきデータのビット幅がNビットであると決定され得る。それに加えて、受信された情報に従って、Mビットである初期ビット幅およびビット列情報が決定される。それに加えて、受信端は、データが復元される際に合わせる初期ビット幅およびビット列情報を独立して決定し得る。

0132

802.ビット幅復元方式を決定する。

0133

ステップ801における初期ビット幅およびビット列情報に従って、復元されるべきデータを初期ビット幅を含む復元されたデータに変換する復元方式が決定され得る。特に、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiは、ビット列情報に従って決定される必要があり、復元されたデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiとN-1とが比較される必要がある。

0134

803. iがN-1よりも大きい場合:
復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定する。特に、たとえば、図9に示されているように、復元されるべきデータ01011011のビット幅はN=8ビットであり、初期ビット幅は16ビットであり、ビット列情報は、物理層データの非ゼロの最上位ビットは10番目のビットであることを指示する。すなわち、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでのビットの数はi=11であり、iはN-1よりも大きい。復元されるべきデータの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットは復元されたデータの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットであることが決定され得る。復元されたデータの2番目の最上位ビット(14番目のビット)から非ゼロの最上位ビットの前のビット(11番目のビット)までの4個のビットの数値が0であると決定されるものとしてよく、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの7個のビットの数値1011011が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの7個のビットの数値であると決定されるものとしてよく、復元されたデータの残り3つの下位ビット(2番目のビットから0番目のビットまで)の数値が0であると決定されるものとしてよい。

0135

804. iがN-1以下である場合:
復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定する。特に、たとえば、図10に示されているように、復元されるべきデータ01011011のビット幅はN=8ビットであり、初期ビット幅は16ビットであり、ビット列情報は、物理層データの非ゼロの最上位ビットは5番目のビットであることを指示する。すなわち、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでのビットの数はi=6であり、iはN-1よりも小さい。復元されるべきデータの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットは復元されたデータの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットであることが決定され得る。復元されたデータの2番目の最上位ビット(14番目のビット)から非ゼロの最上位ビットの前のビット(6番目のビット)までの9個のビットの数値が0であると決定されるものとしてよく、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの6個のビットの数値101101が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの6個のビットの数値であると決定されるものとしてよい。

0136

図11は、本発明の一実施形態によるデータ組合せ原理の概略図である。

0137

図3および図5に対応する実施形態におけるビット幅変換が、物理層データに対して実行された後、データビット幅が縮小されるので、変換されたデータは、LTEシステムによって物理層データに割り振られた無線フレームリソースを完全には使用し得ない。したがって、データの組合せが、ビット幅変換を受けたデータに対し実行され、それにより、LTE無線フレームリソースの使用率を高め、それによって物理層伝送帯域幅全体の利用率を高めることができる。LTE物理層伝送リソースは10msの無線フレームからなり、各無線フレームは10個のサブフレームからなり、各サブフレームは2個のタイムスロットからなり、1個のタイムスロットは7個のシンボルからなる。物理層上の最小のリソースユニットは、周波数領域内の1つのサブキャリアおよび時間領域内の1つのシンボルからなる、リソース要素(RE、Resource Element)である。それのデータビット幅は8ビットである。ビット幅変換を受けた物理層データのデータビット幅は4ビットであると仮定すると、この場合のデータは、REに適合するように組み合わされる必要がある。データは、次の方式で組み合わされ得る。

0138

1.整数倍数に基づく組合せ
LTE物理層上のデータ伝送モードにおけるビット幅が、ビット幅変換を受けた物理層データのビット幅の整数倍数であるときに、たとえば、4ビット幅のデータが、16ビット幅のデータに組み合わされる必要があるときに、4個の4ビット幅のデータが、送信のために16ビット幅の1個のデータに組み合わされ得る。図11に示されているように、4個の4ビット幅のデータが、16ビット幅の1個のデータに組み合わされる。4ビット幅の第1のデータD1は、16ビット幅のデータの4個の最上位ビットにマップされ、4ビット幅の第2のデータD2は、16ビット幅のデータの4個の2番目の最上位ビットにマップされ、というように続く。

0139

2. 非整数倍数に基づく組合せ
LTE物理層データ伝送モードのビット幅が、ビット幅変換を受けた物理層データのビット幅の整数倍数でないときに、たとえば、図11に示されているように、6ビット幅のデータが、8ビット幅のデータに組み合わされる必要があるときに、6ビット幅の第1のデータD1は、3つの等しい部分に分けられてよく、これら3つの部分は、6ビット幅のデータD2、D3、およびD4のその後の3個のデータの下位ビットまたは上位ビットに別々に追加され(図はこれらの部分が下位ビットに追加される場合のみを示している)、8ビット幅の3個のデータを形成し、これは次いで16ビット幅のデータに組み合わされる。前述の内容は、非整数の倍数の組合せの一例にすぎない。データは、多くの他の方式でも組み合わされるものとしてもよく、本発明はそれに限定されない。

0140

データ組合せを受けたデータを受信した後に、受信端は、データ組合せ復元処理を実行してデータを復元する必要がある。そのプロセスは、類似の原理によるデータ組合せプロセスの逆であり、詳細についてはここで再び説明することをしない。

0141

データ組合せを用いることによって、ビット幅変換を受けたデータは、物理層データ伝送モードと一致するものとしてよく、物理層データ伝送に対する時間周波数リソースは完全に利用され、データ伝送効率は改善される。

0142

図12は、本発明の一実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。図12に示されているデバイス120は、決定ユニット121および送信ユニット122を備える。

0143

本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、基地局であり得るか、または基地局の構成要素であり得る、たとえば、基地局内のベースバンド処理ユニットもしくは無線周波数ユニットであり得るか、または基地局内にあり、ベースバンド処理ユニットもしくは無線周波数ユニットから独立しており、ベースバンド処理ユニットもしくは無線周波数ユニットに接続されている別の装置であり得ることに留意されたい。代替的に、データ伝送デバイスは、中央ノードなどの集中管理デバイス、または集中管理デバイスの構成要素であってもよく、ここで、集中管理デバイスは、受信および送信機能を提供する少なくとも1つの基地局に接続され得る。データ伝送デバイス内のすべての機能ユニットは、集中方式で配備され得るか、または基地局内に分散方式で配備され得、互いに通信することができる。たとえば、これらは、基地局のベースバンド処理ユニットもしくは無線周波数ユニット内に配備されるか、または基地局内の他の位置に配備され、ベースバンド処理ユニットおよび無線周波数ユニットと通信し、それにより、本発明の方法実施形態の部分において説明されている物理層データ伝送方法を実装することができる。

0144

決定ユニット121は、物理層データのターゲットビット幅を決定し、ここで、ターゲットビット幅はNビットであり、ターゲットビット幅は物理層データの実際のビット幅よりも小さく、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定し、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、ように構成される。送信ユニット122は、送信されるべきデータを受信端に送信する。

0145

物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、本発明の実施形態におけるデバイス120は、物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小し、デバイス内の物理層データの伝送に対して制限された伝送帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減することができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させる。

0146

適宜、一実施形態において、決定ユニット121がビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定するように構成されることは、物理層データの符号ビットが、送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含む。

0147

すなわち、決定ユニット121が物理層データが変換される必要のある変換先のターゲットビット幅Nを決定した後に、初期ビット幅を有する物理層データは、ビット幅がNビットである送信されるべきデータに変換されるものとしてよく、伝送が円滑にされる。特に、物理層データは、一般的に、符号ビットを含み、物理層データの最上位ビットでの最上位ビットである符号ビットは、送信されるべきデータの最上位ビットとして決定され得る。次いで、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiとN-1とが比較される。すなわち、データを運ぶために使用され、物理層データに含まれる有効ビットの数が、ターゲットビット幅がNビットであるビット幅変換を実装するのに十分な数であるかどうかを決定する、または言い換えれば、ビット幅変換においてフィラーとして0が追加される必要があるかどうかを決定する必要がある。特定の変換プロセスについては、図3の実施形態における対応する内容を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0148

適宜、一実施形態において、決定ユニット121は、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定し、ここで、ビット列情報に従って、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが決定されるものとしてよく、ここで、ビット列情報は、非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットである(物理層データのビット列が0番目のビットから始まる)ことを指示するために使用される、ようにさらに特に構成され得る。物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するために、入力された物理層データは、入力された物理層データが受信された後に一時的に記憶されるものとしてよく、次いで、データ検出が物理層データに対して実行され、どのビットが物理層データの非ゼロの最上位ビットであるかを決定する。物理層データは、一般的に符号ビットを含む。すなわち、データ検出が実行されて、物理層データの2番目の最上位ビットから下位ビットへと物理層データのビットを検出し、検出された1番目の非ゼロのビットのビット列を(どのビットか)を決定する。特定の決定方法については、図3の実施形態における対応する内容を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0149

適宜、一実施形態において、決定ユニット121は、物理層データの条件情報に従って物理層データの候補ターゲットビット幅を決定し、ここで、条件情報はターゲットビット幅を決定するために使用され、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定し、候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅がターゲットビット幅であると決定し、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送帯域に従って決定される、ようにさらに特に構成され得る。

0150

ターゲットビット幅を決定するために使用される条件情報は、限定はしないが、物理層データの変調方式、基地局におけるアンテナの数、サービスタイプ(完全バッファリングおよびバーストなど)、MIMO方式(送信および受信ダイバーシティ、多重化、および同様のもの)、チャネル測定情報(チャネル信号対雑音比およびチャネル測定電力など)、保証ビット幅、および同様のもののうちの1つまたは複数を含む。ターゲットビット幅を決定することに関して考慮される条件情報は、上に列挙している項目に限定されず、本発明において制限されない、物理層データの生成、伝送、および解析に影響を及ぼす可能性のある他の要素をさらに含み得ることは理解されるであろう。適宜、物理層データのターゲットビット幅が決定される前に、前述の条件情報の1つまたは複数の項目と候補ターゲットビット幅との間の対応関係は、事前設定され得る。たとえば、変調方式、アンテナの数、保証ビット幅、および候補ターゲットビット幅の間の対応関係は、事前設定され得る。次いで、対応する候補ターゲットビット幅が、物理層データの前述のタイプの条件情報に従って決定されるものとしてよく、ここで、保証ビット幅は、物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である。

0151

ターゲットビット幅を決定するために使用される条件情報は、限定はしないが、物理層データの変調方式、基地局におけるアンテナの数、サービスタイプ(完全バッファリングおよびバーストなど)、MIMO方式(送信および受信ダイバーシティ、多重化、および同様のもの)、チャネル測定情報(チャネル信号対雑音比およびチャネル測定電力など)、保証ビット幅、および同様のもののうちの1つまたは複数を含む。ターゲットビット幅を決定することに関して考慮される条件情報は、上に列挙している項目に限定されず、本発明において制限されない、物理層データの生成、伝送、および解析に影響を及ぼす可能性のある他の要素をさらに含み得ることは理解されるであろう。適宜、物理層データのターゲットビット幅が決定される前に、前述の条件情報の1つまたは複数の項目と候補ターゲットビット幅との間の対応関係は、事前設定され得る。たとえば、変調方式、アンテナの数、保証ビット幅、および候補ターゲットビット幅の間の対応関係は、事前設定され得る。次いで、対応する候補ターゲットビット幅が、物理層データの前述のタイプの条件情報に従って決定されるものとしてよく、ここで、保証ビット幅は、物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である。

0152

物理層データのビット幅は、前述の条件情報を使用することによって動的に変換される。データ伝送速度は、システムの現在のデータ伝送条件に従って動的に調整され得る。

0153

それに加えて、データビット幅変換の粒度を考慮して、ターゲットビット幅は、物理層データのターゲットビット幅が決定されるときに物理層データの前および/または後に複数個のデータのターゲットビット幅としても使用され得る。粒度のサイズは、ビット幅変換モジュールのバッファ深度に従って調整され得る。たとえば、ビット幅変換モジュールのバッファ深度が、データ100個分に事前設定されている場合、ビット幅変換モジュールは、一時的に、一度に100個のデータを記憶し得る。100個のデータ(物理層データ)のうちのどれかのデータについて、ターゲットビット幅は、前述の方法に従って決定されるものとしてよく、ターゲットビット幅は、100個のデータのターゲットビット幅として使用される。別の例として、ビット幅変換モジュールのバッファ深度は、1個のデータにも設定されてよい、すなわち、ターゲットビット幅は、データごとに決定される。粒度を細かくすれば、候補ターゲットビット幅およびデータトラフィック量を決定する際の精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0154

候補ターゲットビット幅が、初歩的に決定された後、候補ターゲットビット幅への変換後のデータトラフィック量と、ターゲットトラフィック量とが比較され、それにより、候補ターゲットビット幅が要件を満たしているかどうかを決定することができ、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データ伝送路によって運ばれ得る最大データトラフィック量であってよく、物理層データの伝送幅限度に従って決定され得る。

0155

適宜、データトラフィック量は、候補ターゲットビット幅に従って予め推定され、候補ターゲットビット幅により、物理層データが変換される変換先であるデータのデータトラフィック量を決定し得る。特に、データトラフィック量は一定期間内に物理層データ伝送路を通過するデータの量であると定義され得る。すなわち、データトラフィック量の決定は、候補ターゲットビット幅に変換される物理層データに対してのみ実行され得るか、または候補ターゲットビット幅に変換される物理層データの前および/または後に複数個のデータに対して実行され得る。それに加えて、他のデータは、物理層データが候補ターゲットビット幅に変換されるのに並行して送信されるものとしてよく、データトラフィック量の決定は、候補ターゲットビット幅に変換される物理層データおよびその並行するデータの両方に対して実行され得る。

0156

候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量のサイズおよびターゲットトラフィック量のサイズを決定することに関して、次の決定結果およびその後の処理プロセスが存在し得る。

0157

適宜、1つの決定結果およびその後の処理プロセスは、候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅はターゲットビット幅であると決定され、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送帯域に従って決定される、というものである。候補ターゲットビット幅と条件情報との間の決定された対応関係は、保証ビット幅を含み得るので、この対応関係に従って決定された候補ターゲットビット幅は、保証ビット幅よりも大きい。すなわち、現在の候補ターゲットビット幅は要件を満たし、ターゲットビット幅として決定され得る。

0158

適宜、別の決定結果およびその後の処理プロセスは、物理層データの候補ターゲットビット幅が、候補ターゲットビット幅への変換の後のデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って縮小され、縮小された候補ターゲットビット幅に従って決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないかどうかが決定され、縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅よりも大きいことが確実にされ、縮小された候補ターゲットビット幅に従って決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、縮小された候補ターゲットビット幅は、保証ビット幅以上であり、縮小された候補ターゲットビット幅はターゲットビット幅であると決定される、というものである。

0159

この決定結果により、ビット幅変換が候補ターゲットビット幅に従って物理層データに対して実行された場合、変換の後に得られたデータトラフィック量は、データ伝送路で許容される最大データトラフィック量(ターゲットトラフィック量)を超える。したがって、候補ターゲットビット幅は、縮小される必要がある。たとえば、候補ターゲットビット幅の縮小時に、低優先度ユーザの候補ターゲットビット幅は、予め合意されている1ビットの範囲に従って縮小され得る。次いで、縮小された候補ターゲットビット幅に変換される物理層データのデータトラフィック量が決定され得る。すなわち、データトラフィック量は、縮小された候補ターゲットビット幅に従って再決定され、再決定されたデータトラフィック量およびターゲットトラフィック量が比較される。再決定されたデータトラフィック量が、ターゲットトラフィック量よりもまだ多い場合、ビット幅は、再決定されたデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少なくなるまでさらに縮小され、この場合、現在の候補ターゲットビット幅は、ターゲットビット幅として決定され得る。

0160

現在の候補ターゲットビット幅が、保証ビット幅にすでに縮小されているが、データトラフィック量は、ターゲットトラフィック量よりもまだ多い場合に、アラーム情報が送信されるものとしてよく、基地局内の別の上位層機能ユニットがさらなる処理を実行し、たとえば、トラフィック抑制およびリソーススケジューリングを実行し、それにより、物理層データ伝送路に対するデータ伝送圧力を緩和する。

0161

適宜、なおも別の決定結果は、データトラフィック量がターゲットトラフィック量に等しいというものである。この場合のその後の処理プロセスは、実際の条件に従って予め合意され得る。この決定結果は、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多い場合の中に組み込まれるものとしてよく、またデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ない場合の中にも組み込まれ得る。それに対応して、その後の処理プロセスは、予め合意されているように前述の2つの場合のいずれかにおいてその後の処理プロセスに従って実行されてよく、これは本発明において特には制限されない。

0162

適宜、一実施形態において、決定ユニット121は、ターゲットビット幅およびビット列情報に従って物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するようにさらに構成され得る。前述の実施形態において言及されているデータビット幅変換の粒度原理によれば、物理層データに対して決定された(候補)ターゲットビット幅は、物理層データの前および/または後の複数個のデータの(候補)ターゲットビット幅としても使用され得る。たとえば、物理層データのターゲットビット幅は、その後の99個のデータのターゲットビット幅として決定され得る。すなわち、物理層データのターゲットビット幅およびビット列情報は、その後のデータのビット幅変換に対するその後のデータのターゲットビット幅およびビット列情報として使用され、それによって、システムのコンピューティングリソースを節約することができる。ターゲットビット幅およびビット列情報を使用するその後のデータの個数(すなわち、粒度)は、システムの稼働状況に従って設定され得る。たとえば、システムの負荷が軽いときに、粒度は低減されてよく、システムの負荷が重いときに、粒度は適切に増加されてよい。粒度を細かくすれば、ビット幅変換における精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0163

適宜、一実施形態において、送信ユニット122は、物理層データの初期ビット幅およびビット列情報を受信端に送信し、それにより、受信端が受信された送信されるべきデータをビット列情報に従って初期ビット幅を含むデータに復元するようにさらに構成され得る。ビット幅変換を受けたデータが受信端に送信された後、ビット幅復元は、受信端によってデータが正しく解析され得るように実行され得る。したがって、送信されるべきデータを送信するときに、デバイス120は、物理層データの初期ビット幅およびビット列情報を一緒に受信端に送信し、受信端で実行されるビット幅復元を円滑にすることもできる。

0164

本発明の実施形態におけるデバイス120は、送信される必要のある物理層データのターゲットビット幅を決定し、物理層データのビット幅をターゲットビット幅に縮小し、それによって物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小した後に、物理層データを送信する。本発明の実施形態において提供される技術的解決方法を使用することによる物理層データの伝送は、システム帯域幅性能の低い要件を課し、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、これはデータ伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させる。

0165

それに加えて、本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、条件情報に従って動的にターゲットビット幅を決定する、すなわち、システムの現在のデータ伝送条件に従って動的にデータ伝送速度を調整し、それによって、システムのサービス性能要件を満たすことを前提条件として可能な限りデータ転送速度を引き下げることができる。さらに、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、ビット幅変換が実行されるときに可能な限り多くの有効ビットが保持され、したがって、ビット幅変換によって引き起こされるデータの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅変換を処理するために粒度を任意に調整することによって、システムは、実際の稼働状況に従って、ビット幅変換の精度を高めるか、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0166

図13は、本発明の一実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。図13のデバイス130は、受信ユニット131および決定ユニット132を備える。

0167

受信ユニット131は、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信し、ここで、復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値であり、および物理層データの初期ビット幅を受信し、ここで、初期ビット幅は、送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい。決定ユニット132は、ビット幅がMビットであるデータを決定し、ここで、復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である。

0168

本発明の実施形態において、物理層データのビット幅を変換することによって、データ伝送時にデータ転送速度が引き下げられ、デバイス130においてビット幅復元が実行され、ビット幅変換を受けたデータを復元する、これは、制限された伝送帯域幅リソースによってデバイス内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

0169

デバイス130によって受信され、送信端によって送信された復元されるべきデータは、送信端が物理層データに対してビット幅変換を実行した後に得られるデータであってよく、図3に示されている実施形態において説明されているビット幅変換方法が適用され得ることは理解されるであろう。ビット幅変換を受けたデータは、送信されるべきデータと称されるものとしてよく、送信端によってデバイス130に送信された後、送信されるべきデータは、復元されるべきデータと称され得る。すなわち、本発明の実施形態において言及されている送信されるべきデータおよび復元されるべきデータは、同じ対象を指すものとしてよい。デバイス130が復元されるべきデータに対してビット幅復元を実行した後に得られるデータは、復元されたデータと称され得る。復元されたデータは、有効データを含み、有効データの数値は、復元されるべきデータのビットのうちのいくつかの数値と同じである。復元されたデータは、データが2つの処理プロセス、すなわち、ビット幅変換およびビット幅復元を受けているので物理層データと完全には同じでない場合があることは容易に理解される。

0170

適宜、一実施形態において、決定ユニット132がビット幅がMビットである復元されたデータを決定するように構成されることは、復元されるべきデータの符号ビットが、データの最上位ビットであると決定するステップと、データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されたデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、復元されたデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定し、データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されたデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、データの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するステップとを含む。特定の例については、図4の実施形態における対応する例を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0171

ここまでで、前述の2つの決定結果に対するその後のビット幅復元プロセスにおいて、復元されたデータの最上位ビット、および非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数値が決定され、最上位ビット(符号ビット)から非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値は0であり、それにより、ピット幅復元プロセス全体を完了し、ビット幅がMビットである復元されたデータを得ることが決定され得る。

0172

適宜、一実施形態において、決定ユニット132は、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報に従ってデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiを決定し、ここで、ビット列情報は、非ゼロの最上位ビットが、データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用され、したがってビット幅がMビットである復元されたデータは有効データのi個のビットを含み、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ようにさらに構成される。特に、物理層データに対してビット幅変換を実行するときに、送信端は、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定し得る。ビット列情報を決定するための詳細な方法については、図3に示されている実施形態における関係する説明を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0173

適宜、一実施形態において、決定ユニット132は、ターゲットビット幅およびビット列情報に従って復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換するようにさらに構成される。すなわち、物理層データのターゲットビット幅およびビット列情報は、その後の復元されるべきデータに対してビット幅復元を実行するためにその後の復元されるべきデータのターゲットビット幅およびビット列情報として使用され得る。ターゲットビット幅およびビット列情報を使用するその後の復元されるべきデータの個数が設定され得る。たとえば、その後の復元されるべきデータの99個が、ビット幅復元を実行するためにターゲットビット幅およびビット列情報を共有すると設定される。データビット幅復元の粒度は、任意に調整されてよい。粒度を細かくすれば、ビット幅復元における精度を高めることができ、粒度を粗くすれば、処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。粒度は、バッファ深度を用いて調整され得る。粒度の詳細な方法については、図3に示されている実施形態における関係する内容を参照するとよく、詳細については、ここで再び説明することはしない。

0174

それに加えて、オプションの実施形態において、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信した後に、デバイス130は初期ビット幅Mに従って復元されるべきデータに対してビット幅復元を実行し得ないが、デバイス130は、システム稼働状況、サービス要件、または同様のものに従って、復元されるべきデータが復元される際に合わせるビット幅を独立して決定し、それにより、ビット幅復元を円滑にすることができる。

0175

物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、データ伝送時にデータ転送速度を引き下げ、ビット幅復元が実行されて、ビット幅変換を受けたデータを復元する、これは、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

0176

さらに、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、ビット幅復元を実行するときに可能な限り多くの有効ビットを保持する、これは、ビット幅変換を受けた物理層データを復元し、データの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅復元を処理するために粒度を任意に調整することによって、実際の条件に応じて、精度を高め、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを減らすことができる。

0177

図12のデバイス120および図13のデバイス130のすべての機能ユニットは、1つのデータ伝送デバイスに組み込まれるものとしてよく、またデータ伝送デバイスは、ビット幅変換機能、ビット幅復元機能、ならびにデータ送信および受信機能を同時に有するものとしてよいことは理解されるであろう。

0178

図14は、本発明の別の実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。図14のデバイス140は、メモリ141、プロセッサ142、および送信回路143を備える。

0179

メモリ141は、プロセッサ142に、物理層データのターゲットビット幅を決定する動作であって、ここで、ターゲットビット幅はNビットであり、ターゲットビット幅は物理層データの実際のビット幅よりも小さい、動作と、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する動作であって、ここで、送信されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である、動作と、送信回路143を使用して送信されるべきデータを受信端に送信する動作とを実行することを指令する命令を記憶する。

0180

物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、本発明の実施形態におけるデバイス140は、物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小し、デバイス内の物理層データの伝送に対して制限された伝送帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減することができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させる。

0181

それに加えて、デバイス140は、受信回路144、アンテナ145、および同様のものをさらに備え得る。プロセッサ142は、デバイス140の動作を制御し、プロセッサ142は、CPU(Central Processing Unit、中央演算処理装置)とも称され得る。メモリ141は、リードオンリーメモリランダムアクセスメモリとを含み、命令とデータとをプロセッサユニット142に供給することができる。メモリ141の一部は、不揮発性ランダムアクセスメモリ(NVRAM)をさらに含み得る。特定のアプリケーションにおいて、送信回路143および受信回路144は、アンテナ145に結合され得る。デバイス140のすべての構成要素は、バスシステム146を使用することによって一緒に結合され、ここで、バスシステム146は、データバスだけでなく、電源バス制御バスステータス信号バス、および同様のものも含む。しかしながら、説明を明確にするために、図中の様々なバスは、バスシステム146として印を付けられている。

0182

本発明の実施形態において開示されている方法は、プロセッサ142に適用され得るか、またはプロセッサ142によって実装され得る。プロセッサ142は、信号処理機能を備える集積回路チップであってよい。一実装プロセスにおいて、前述の方法のステップは、ハードウェア形態の集積論理回路またはプロセッサ142内のソフトウェア形態の命令を使用することによって実装され得る。プロセッサ142は、汎用プロセッサデジタルシグナルプロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)もしくは別のプログラム可能論理デバイスディスクリートゲートもしくはトランジスタ論理デバイス、またはディスクリートハードウェアコンポーネントであってよく、本発明の実施形態において開示されているすべての方法、ステップ、および論理ブロック図を実装もしくは実行することができる。汎用プロセッサは、マイクロプロセッサであるか、またはプロセッサは、任意の従来型のプロセッサまたは同様のものであってよい。本発明の実施形態を参照しつつ開示されている方法のステップは、復号プロセッサによって直接実行され、遂行され得るか、または復号プロセッサにおいてハードウェアとソフトウェアモジュールとの組合せによって実行され、遂行され得る。ソフトウェアモジュールは、ランダムアクセスメモリ、フラッシュメモリ、リードオンリーメモリ、プログラマブルリードオンリーメモリ、電気的消去可能プログラム可能メモリ、またはレジスタなどの、技術分野において成熟している記憶媒体内に配置され得る。記憶媒体は、メモリ141内に配置され、プロセッサ142は、メモリ141内の情報を読み取り、そのハードウェアを使用することによって前述の方法のステップを遂行する。

0183

適宜、一実施形態において、デバイス140がビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定することは、物理層データの符号ビットが、送信されるべきデータの最上位ビットであると決定するステップと、物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1以上であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するか、または物理層データ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数であるiが、N-1未満であるときに、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、送信されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、N-1-i個の下位ビットの数値が0であると決定するステップとを含む。

0184

適宜、一実施形態において、デバイス140がビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定した後に、物理層データの非ゼロの最上位ビットの配置に従って、物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップであって、ここで、ビット幅がNビットであるデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、その後のデータから抽出されるビットの数値である、ステップがさらに含まれる。

0185

適宜、一実施形態において、デバイス140がビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定する前に、物理層データの非ゼロの最上位ビットのビット列情報を決定するステップであって、ここで、ビット列情報は、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用される、ステップがさらに含まれる。

0186

適宜、一実施形態において、デバイス140がビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定した後に、ビット列情報に従って、物理層データのその後のデータをビット幅がNビットであるデータに変換するステップであって、ここで、ビット幅がNビットであるデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、その後のデータから抽出されるビットの数値である、ステップがさらに含まれる。

0187

適宜、一実施形態において、デバイス140が物理層データのターゲットビット幅を決定することは、事前設定されている条件情報と候補ターゲットビット幅との間の対応関係に従って、物理層データの条件情報に対応する候補ターゲットビット幅が物理層データの候補ターゲットビット幅であると決定するステップと、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定するステップと、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないときに、候補ターゲットビット幅は、ターゲットビット幅であると決定するステップであって、ここで、ターゲットトラフィック量は、物理層データの伝送路によって許される最大データトラフィック量以下である、ステップとを含む。

0188

適宜、一実施形態において、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量を候補ターゲットビット幅で決定するステップの後に、データトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも多いときに所定の範囲に従って物理層データの候補ターゲットビット幅を縮小し、縮小された候補ターゲットビット幅を伴う、物理層データが変換される変換先のデータのデータトラフィック量がターゲットトラフィック量よりも少ないとき、および縮小された候補ターゲットビット幅が保証ビット幅以上であるときに、縮小された候補ターゲットビット幅がターゲットビット幅であると決定するステップであって、ここで、保証ビット幅は、物理層データが通常送信され、解析され得る際に使用される最低ビット幅である、ステップがさらに含まれる。

0189

適宜、一実施形態において、ビット幅がNビットである送信されるべきデータを決定した後に、初期ビット幅および物理層データのビット列情報をピア端に送信するステップがさらに含まれる。

0190

適宜、一実施形態において、条件情報は、変調方式、アンテナの数、MIMO方式、およびチャネル測定情報のうちの少なくとも1つを含む。

0191

本発明の実施形態におけるデバイス140は、送信される必要のある物理層データのターゲットビット幅を決定し、物理層データのビット幅をターゲットビット幅に縮小し、それによって物理層データを送信するのに必要な帯域幅を縮小した後に、物理層データを送信する。本発明の実施形態において提供される技術的解決方法を使用することによる物理層データの伝送は、システム帯域幅性能の低い要件を課し、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、これはデータ伝送効率を改善し、ユーザエクスペリエンスを向上させる。

0192

それに加えて、本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、条件情報に従って動的にターゲットビット幅を決定する、すなわち、システムの現在のデータ伝送条件に従って動的にデータ伝送速度を調整し、それによって、システムのサービス性能要件を満たすことを前提条件として可能な限りデータ転送速度を引き下げることができる。さらに、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、ビット幅変換が実行されるときに可能な限り多くの有効ビットが保持され、したがって、ビット幅変換によって引き起こされるデータの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅変換を処理するために粒度を任意に調整することによって、システムは、実際の稼働状況に従って、ビット幅変換の精度を高めるか、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを低減することができる。

0193

図15は、本発明の別の実施形態によるデータ伝送デバイスの概略ブロック図である。図15のデバイス150は、メモリ151、プロセッサ152、および受信回路153を備える。

0194

メモリ151は、プロセッサ152に、受信回路153を使用することによって、送信端によって送信された復元されるべきデータを受信する動作であって、ここで、復元されるべきデータの実際のビット幅はNビットであり、復元されるべきデータは、物理層データのビット幅変換から取得されるデータであり、復元されるべきデータ内のビットのうちのすべてまたはいくつかの数値は、物理層データの非ゼロの最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出される数値である動作と、受信回路153を使用することによって、物理層データの初期ビット幅を受信する動作であって、ここで、初期ビット幅は、送信端によって送信され、Mビットであり、NはMよりも小さい、動作と、ビット幅がMビットである復元されたデータを決定する動作であって、ここで、復元されたデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、動作とを実行することを指令する命令を記憶する。

0195

物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、本発明の実施形態におけるデバイス150は、データ転送速度を引き下げ、デバイス内の物理層データの伝送に対して制限された伝送帯域幅リソースによって課される制限を効果的に低減することができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させる。

0196

それに加えて、デバイス150は、送信回路154および同様のものをさらに備え得る。プロセッサ152は、デバイス150の動作を制御し、プロセッサ152は、CPU(Central Processing Unit、中央演算処理装置)とも称され得る。メモリ151は、リードオンリーメモリとランダムアクセスメモリとを含み、命令とデータとをプロセッサユニット152に供給することができる。メモリ151の一部は、不揮発性ランダムアクセスメモリ(NVRAM)をさらに含み得る。特定のアプリケーションにおいて、送信回路154および受信回路153は、アンテナ155に結合され得る。デバイス150のすべての構成要素は、バスシステム156を使用することによって一緒に結合され、ここで、バスシステム156は、データバスだけでなく、電源バス、制御バス、ステータス信号バス、および同様のものも含む。しかしながら、説明を明確にするために、図中の様々なバスは、1つのバスシステム156として印を付けられている。

0197

本発明の実施形態において開示されている方法は、プロセッサ152に適用され得るか、またはプロセッサ152によって実装され得る。プロセッサ152は、信号処理機能を備える集積回路チップであってよい。一実装プロセスにおいて、前述の方法のステップは、ハードウェア形態の集積論理回路またはプロセッサ152内のソフトウェア形態の命令を使用することによって実装され得る。プロセッサ152は、汎用プロセッサ、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)もしくは別のプログラム可能論理デバイス、ディスクリートゲートもしくはトランジスタ論理デバイス、またはディスクリートハードウェアコンポーネントであってよく、本発明の実施形態において開示されているすべての方法、ステップ、および論理ブロック図を実装もしくは実行することができる。汎用プロセッサは、マイクロプロセッサであるか、またはプロセッサは、任意の従来型のプロセッサまたは同様のものであってよい。本発明の実施形態を参照しつつ開示されている方法のステップは、復号プロセッサによって直接実行され、遂行され得るか、または復号プロセッサにおいてハードウェアとソフトウェアモジュールとの組合せによって実行され、遂行され得る。ソフトウェアモジュールは、ランダムアクセスメモリ、フラッシュメモリ、リードオンリーメモリ、プログラマブルリードオンリーメモリ、電気的消去可能プログラム可能メモリ、またはレジスタなどの、技術分野において成熟している記憶媒体内に配置され得る。記憶媒体は、メモリ151内に配置され、プロセッサ152は、メモリ151内の情報を読み取り、そのハードウェアを使用することによって前述の方法のステップを遂行する。

0198

適宜、一実施形態において、デバイス150がビット幅がMビットである復元されたデータを決定する前に、物理層データのビット列情報を受信し、ここで、ビット列情報は、送信端によって送信され、物理層データの非ゼロの最上位ビットが、物理層データの(i-1)番目のビットであることを指示するために使用され、およびビット列情報に従って、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップがさらに含まれる。

0199

適宜、一実施形態において、デバイス150がビット幅がMビットである復元されたデータを決定する前に、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iを決定し、ビット幅がMビットである復元されたデータが有効データのi個のビットを含む、ステップであって、ここで、有効データの数値は、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップがさらに含まれる。

0200

適宜、一実施形態において、デバイス150がビット幅がMビットである復元されたデータを決定することは、復元されるべきデータの符号ビットが、復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップと、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1よりも大きいときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるN-1個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから下位ビットまでの数値であると決定し、i-(N-1)個の下位ビットの数値が0であると決定し、復元されたデータ内の非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、iが復元されるべきデータ内の2番目の最上位ビットから最下位ビットまでのビットの数である、N-1以下であるときに、復元されるべきデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるi個のビットの数値が、復元されたデータの非ゼロの最上位ビットから最下位ビットまでの数値であると決定するステップを含む。

0201

適宜、一実施形態において、復元されるべきデータの符号ビットが、復元されたデータの最上位ビットであると決定するステップの後に、復元されたデータの最上位ビットから非ゼロの最上位ビットまでのビットの数値が0であると決定するステップがさらに含まれる。

0202

適宜、一実施形態において、デバイス150がビット幅がMビットである復元されたデータを決定した後に、初期ビット幅およびビット列情報に従って、復元されるべきデータのその後のデータをビット幅がMビットであるデータに変換するステップであって、ここで、ビット幅がMビットであるデータ内のビットのうちのいくつかの数値は、その後のデータの2番目の最上位ビットから下位ビットへと次々に抽出されるビットの数値である、ステップがさらに含まれる。

0203

物理層データに対してビット幅変換を実行することによって、本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、データ伝送時にデータ転送速度を引き下げ、ビット幅復元が実行されて、ビット幅変換を受けたデータを復元する、これは、制限された伝送帯域幅リソースによって基地局内の物理層データの伝送に対して課される制限を効果的に引き下げることができ、それによってユーザエクスペリエンスを向上させることができる。

0204

さらに、非ゼロの最上位ビットを決定し、有効ビットの数を決定することによって、本発明の実施形態において実現されるデータ伝送デバイスは、ビット幅復元を実行するときに可能な限り多くの有効ビットを保持する、これは、ビット幅変換を受けた物理層データを復元し、データの歪みを可能な限り低減することができる。それに加えて、ビット幅復元を処理するために粒度を任意に調整することによって、実際の条件に応じて、精度を高め、または処理速度を上げ、リソースオーバーヘッドを減らすことができる。

0205

図14のデバイス140および図15のデバイス150のすべての機能ユニットは、1つのデータ伝送デバイスに組み込まれるものとしてよく、またデータ伝送デバイスは、ビット幅変換機能、ビット幅復元機能、ならびにデータ送信および受信機能を同時に有するものとしてよいことは理解されるであろう。

0206

本発明において提供される技術的解決方法は、一般的な技術的思想であることは理解されるであろう。方法実施形態におけるステップと装置実施形態との間に対応関係が存在し、それらの間で相互参照がなされ得る。装置実施形態の部分におけるユニットまたはデバイスによって実行される機能および方法ステップについては、図2から図11の方法実施形態の関連する内容を参照するとよく、ここで繰り返し説明することはしない。

0207

前述のプロセスの順序番号は、本発明の様々な実施形態における実行順序を意味しないことは理解されるであろう。プロセスの実行順序は、プロセスの機能および内部論理に従って決定されるべきであり、本発明の実施形態の実装プロセスに対する制限と解釈されるべきでない。

0208

当業者であれば、本明細書で開示されている実施形態で説明されている例と組み合わせることで、ユニットおよびアルゴリズムステップは、電子ハードウェアまたはコンピュータソフトウェアと電子ハードウェアとの組合せによって実装され得ることに気づき得る。これらの機能が、ハードウェアによって実行されるのか、ソフトウェアによって実行されるのかは、特定の用途および技術的解決方法の設計上の制約条件で決まる。当業者は、それぞれの特定の用途に対して説明されている機能を実装するために異なる方法を使用することができるが、その実装は、本発明の範囲を超えるものと考えられるべきでない。

0209

説明をわかりやすく、簡潔にするために、前述のシステム、装置、およびユニットの詳細な作動プロセスについて、前述の方法実施形態における対応するプロセスが参照され得ることは当業者によって明確に理解されるものとしてよく、詳細についてここで再び説明することはしない。

0210

本出願において提供されるいくつかの実施形態において、開示されているシステム、装置、および方法が、他の方式で実装され得ることが理解されるであろう。たとえば、説明されている装置の実施形態は、単なる例にすぎない。たとえば、ユニットを分けることは、単に論理機能を分けることであり、実際の実装では他の分け方であってもよい。たとえば、複数のユニットまたは構成要素が、別のシステム内に組み合わされ得るか、もしくは一体化され得るか、またはいくつかの特徴が無視され得るか、もしくは実施され得ない。それに加えて、表示されている、または説明されている相互結合もしくは直接的結合もしくは通信接続は、いくつかのインターフェースを通じて実装され得る。装置もしくはユニットの間の間接的結合もしくは通信接続は、電子的な、機械的な、または他の形態で実装され得る。

0211

分離している部分として説明されるユニットは、物理的に分離し得るかまたは分離し得ず、およびユニットとして表示される部分は、物理的ユニットであり得るかまたは物理的ユニットであり得ず、1つの位置に配置され得るか、または複数のネットワークユニット上に分散され得る。ユニットの一部または全部は、実施形態の解決方法の目的を達成するために実際に必要になるものに従って選択され得る。

0212

それに加えて、本発明の実施形態における機能ユニットは、1つの処理ユニット内に一体化され得るか、またはユニットの各々が、物理的に単独で存在し得るか、または2つもしくはそれ以上のユニットが、1つのユニット内に一体化される。

0213

機能がソフトウェア機能ユニットの形態で実装され、独立した製品として販売または使用されるときに、機能は、コンピュータ可読記憶媒体に記憶され得る。このような理解に基づき、本発明の技術的解決方法は本質的に、または従来技術に寄与する部分は、または技術的解決方法のいくつかは、ソフトウェア製品の形態で実装され得る。ソフトウェア製品は、記憶媒体に記憶され、本発明の実施形態において説明されている方法のステップのうちのすべてまたはいくつかを実行することをコンピュータデバイス(パーソナルコンピュータサーバ、またはネットワークデバイスであってよい)に命令するための複数の命令を含む。前述の記憶媒体は、USBフラッシュドライブ、取り外し可能なハードディスク、リードオンリーメモリ(ROM、Read-Only Memory)、ランダムアクセスメモリ(RAM、Random Access Memory)、磁気ディスク、または光ディスクなどの、プログラムコードを記憶することができる任意の媒体を含む。

0214

前述の説明は、本発明の単なる特定の実装方式の説明にすぎず、本発明の保護範囲を制限することを意図されていない。本発明において開示されている技術の範囲内で当業者が容易に考え付くいくつかの変更形態または代替的形態は、本発明の保護範囲内にあるものとする。したがって、本発明の保護範囲は、請求項の保護範囲に従うものとする。

0215

1セル
2 セル
120デバイス
121決定ユニット
122送信ユニット
130 デバイス
131受信ユニット
132 決定ユニット
140 デバイス
141メモリ
142プロセッサ
143送信回路
144受信回路
145アンテナ
146バスシステム
150 デバイス
151 メモリ
152 プロセッサ
153 受信回路
154 送信回路
155 アンテナ
156 バスシステム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題・解決手段】本開示の一態様に係るユーザ端末は、ビーム選択指標に関する情報を受信する受信部と、前記情報によって指定される指標に基づいて、ビーム選択を実施する制御部と、を有することを特徴とする。本開... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題・解決手段】ユーザ端末は、プリコーディング行列に基づく信号を送信する送信部と、前記プリコーディング行列の一部の値がゼロである場合、前記信号の送信電力の補正を行う制御部と、を有する。本開示の一態様... 詳細

  • 維沃移動通信有限公司の「 疑似コロケーション設定方法、端末及びネットワーク機器」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題・解決手段】本開示は、トラッキング基準信号の設定方法、端末及びネットワーク機器を開示し、その方法において、物理チャネル又は物理信号とは疑似コロケーションである非周期的基準信号がネットワーク機器に... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ