図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2017年3月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

N末端からC末端への方向に、1個以上のシステイン残基を含む免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分と、免疫グロブリンCH2ドメインと、免疫グロブリンCH3ドメインとを各々含む第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドを含むポリペプチドであって、第1のポリペプチド、第2のポリペプチド、または第1および第2のポリペプチドが変異Y436A(EUインデックスによるナンバリング)を含むものが、本明細書において報告される。

概要

背景

発明の背景
対費用効果の高い作製過程需要のため、1個以上のアフィニティクロマトグラフィ工程を含む下流精製の最適化が必要とされている。より大きい処理体積および定置洗浄CIP)プロトコルのためのより厳しい必要条件が、解決する必要のある特色の一部である(Hober,S.,J.Chrom.B.848(2007)40-47)。

選択的なFc領域アフィニティリガンドによるモノクローナル抗体の精製は、治療用モノクローナル抗体の大規模作製のための最も有望な方法論である。実際、この手法は、抗体の抗原特異的部分、即ち、Fabドメインとの相互作用確立することを必要とせず、従って、Fabドメインは完全なまま残され、その特性を保持することができる(Salvalaglio,M.,et al.,J.Chrom.A 1216(2009)8678-8686を参照すること)。

その選択性のため、アフィニティ精製工程を一連の精製の初期に利用し、それによって、連続する単位作業の数を低下させることができる(Hober(前記);MacLennan,J.,Biotechnol.13(1995)1180;Harakas,N.K.,Bioprocess Technol.18(1994)259を参照すること)。

IgGに選択的に結合するために最も採用されているリガンドは、Fc領域のCH2ドメインとCH3ドメインとの間のヒンジ領域に位置する「コンセンサス結合部位」(CBS)(DeLano,W.L.,et al.,Science 287(2000)1279)として公知の領域において、大部分のIgGのFc領域と高度に選択的な相互作用を確立することができるブドウ球菌プロテインAおよびプロテインGである。

ブドウ球菌プロテインA(SPA)は、グラム陽性菌である黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)の表面上に露出した細胞壁会合タンパク質ドメインである。SPAは、様々な種に由来するIgG、例えば、ヒト、ウサギ、およびモルモットのIgGに対して高い親和性を有するが、ウシおよびマウスのIgGとは弱い相互作用しか有しない(以下の表を参照すること)(Hober(前記);Duhamel,R.C.,et al.,J.Immunol.Methods31(1979)211;Bjork,L.and Kronvall,G.,Immunol.J.133(1984)969;Richman,D.D.,et al.,J.Immunol.128(1982)2300;Amersham Pharmacia Biotech,Handbook,Antibody Purification(2000)を参照すること)。

++:強い結合/+:中程度の結合/-:弱い相互作用または相互作用しない

IgGのCH2ドメインとCH3ドメインとの間の重鎖ヒンジ領域は、新生児Fc受容体(FcRn)などの、プロテインA以外の数種のタンパク質に結合することができる(DeLano and Salvalaglio(前記)を参照すること)。

SPA CBSは、抗体の表面上の疎水性ポケット包含する。IgGCBSを構成する残基は、Ile 253、Ser 254、Met 252、Met 423、Tyr 326、His 435、Asn 434、His 433、Arg 255、およびGlu 380(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるIgG重鎖残基のナンバリング)である。電荷を有するアミノ酸(Arg 255、Glu 380)が、Ile 253およびSer 254によって形成された疎水性ノブの周囲に位置している。これは、極性相互作用および親水性相互作用の確立をもたらす(ことができる)(Salvalaglio(前記)を参照すること)。

一般に、プロテインA-IgG相互作用は、2個の主な結合部位を使用して記載され得る:第1は、重鎖CH2ドメインに位置し、(プロテインAの)Phe 132、Leu 136、Ile 150と、Ile 253およびSer 254によって構成されたIgG疎水性ノブとの間の疎水性相互作用、およびLys 154(プロテインA)とThr 256(IgG)との間の静電的相互作用を特徴とする。第2の部位は、重鎖CH3ドメインに位置し、Gln 129およびTyr 133(プロテインA)と、His 433、Asn 434、およびHis 435(IgG)との間の静電的相互作用によって支配される(Salvalaglio(前記)を参照すること)。

Lindhofer,H.ら(J.Immunol.155(1995)219-225)は、ラット/マウスクアドローマにおける優先的な種制限された重鎖/軽鎖対合報告している。

Jedenberg,L.ら(J.Immunol.Meth.201(1997)25-34)は、2種のFcバリアント(それぞれ他のアイソタイプに由来するアイソタイプジペプチド置換を各々含有しているFc13およびFc31)のSPA結合分析が、Fc1およびFc31がSPAと相互作用し、Fc3およびFc13が検出可能なSPA結合を欠くことを示したと報告した。Fc領域バリアントFc31の与えられたSPA結合は、導入されたジペプチド置換R435HおよびF436Yに起因すると結論付けられる。

今日、治療用モノクローナル抗体に関しては、2種以上の標的(抗原)に特異的に結合する二重特異性抗体またはさらには多重特異性抗体の生成および使用に焦点が置かれている。

1種の発現細胞株において、4本の抗体鎖(2本の異なる重鎖および2本の異なる軽鎖)から、多重特異性ヘテロ二量体IgG抗体を生成する際の基本的課題は、いわゆる鎖会合問題である(Klein,C.,et al.,mAbs 4(2012)653-663を参照すること)。多重特異性抗体の左アームおよび右アームとしての異なる鎖の使用が必要とされるため、1種の細胞における発現によって抗体混合物が生じる:2本の重鎖は、(理論上)4種の異なる組み合わせ(そのうち2種は同一である)で会合することができ、それらの各々が、軽鎖と確率論的に会合することができるため、24(=全部で16)の理論上可能な鎖の組み合わせをもたらす。16の理論上可能な組み合わせのうち、10が見出され、そのうちの1個のみが、所望の機能的な二重特異性抗体に相当する(De Lau,W.B.,et al.,J.Immunol.146(1991)906-914)。複雑な混合物の中からこの所望の二重特異性抗体を単離することの困難さおよび理論上最大で12.5%という固有の不十分な収率のため、1種の発現細胞株における二重特異性抗体の作製は極めて難題である。

鎖会合問題を克服し、2本の異なる重鎖の正確な会合を強化するため、1990年代後期に、GenentechのCarterらが、「ノブ・イントゥホール」(KiH)と名付けられたアプローチを発明した(Carter,P.,J.Immunol.Meth.248(2001)7-15;Merchant,A.M.,et al.,Nat.Biotechnol.16(1998)677-681;Zhu,Z.,et al.,Prot.Sci.6(1997)781-788;Ridgway,J.B.,et al.,Prot.Eng.9(1996)617-621;Atwell,S.,et al.,J.Mol.Biol.270(1997)26-35;および米国特許第7,183,076号を参照すること)。基本的に、その概念は、大部分の相互作用が起こる抗体の2本の重鎖の2個のCH3ドメインの間の界面の修飾に頼る。かさの大きい残基が、一方の抗体重鎖のCH3ドメインへ導入され、鍵(「ノブ」)に類似した作用をする。他方の重鎖には、鍵穴模倣して、このかさの大きい残基を収容することができる「ホール」が形成される。得られたヘテロ二量体Fc領域は、人工ジスルフィド架橋の導入/形成によってさらに安定化され得る。注目すべきことに、KiH変異は、全て、CH3ドメイン内に埋め込まれており、免疫系に対しては「見えない」。さらに、(熱)安定性、FcγR結合、およびエフェクター機能(例えば、ADCC、FcRn結合)、および薬物動態学的PK挙動などの、KiH変異を有する抗体の特性は、影響されない。

97%を超えるヘテロ二量体化収率による正確な重鎖会合は、6個の変異:「ノブ」重鎖におけるS354C、T366W、および「ホール」重鎖におけるY349C、T366S、L368A、Y407Vを導入することによって達成され得る(Carter(前記)参照;カバットEUインデックスナンバリングシステムによる残基のナンバリング)。ホール-ホールホモ二量体は存在する可能性があるが、ノブ-ノブホモ二量体は典型的には観察されない。選択的な精製手法または以下に概説されるような手法のいずれかによって、ホール-ホール二量体枯渇させることができる。

ランダムな重鎖会合の問題は取り組まれているが、正確な軽鎖会合も確実にされなければならない。KiH CH3ドメインアプローチに類似して、完全な二重特異性IgGに最終的に至ることができる非対称の軽鎖-重鎖相互作用を調査する努力がなされている。

Rocheは、最近、KiHテクノロジーと組み合わせた時に、二重特異性ヘテロ二量体IgG抗体における正確な軽鎖対合を強化する可能性として、CrossMabアプローチを開発した(Klein(前記);Schaefer.W.,et al.,Proc.Natl.Acad.Sci.USA 108(2011)11187-11192;Cain,C.,SciBX 4(2011)1-4を参照すること)。これは、一般的な様式で二重特異性抗体またはさらには多重特異性抗体の生成を可能にする。このフォーマットにおいては、意図された二重特異性抗体の1本のアーム不変のままにされる。第2のアームにおいて、Fab領域全体またはVH-VLドメインもしくはCH1-CLドメインが、重鎖と軽鎖との間のドメインクロスオーバーによって交換される。結果として、新たに形成された「クロス型」軽鎖は、もはや、二重特異性抗体の他のアームの(通常の、即ち、非クロス型の)重鎖Fab領域とは会合しない。従って、ドメイン配置のこの最小の変化によって、正確な「軽鎖」会合が強化され得る(Schaefer(前記)を参照すること)。

Zhuらは、ジアボディ(diabody)バリアントの2個のVL/VH界面に、数個立体的相補的な変異およびジスルフィド架橋を導入した。変異VL Y87A/F98MおよびVH V37F/L45Wが、抗p185HER2 VL/VH界面へ導入された時、ヘテロ二量体ジアボディは、親ジアボディと比較して、全収率および親和性を維持しながら、>90%の収率で回収された(Zhu(前記)を参照すること)。

Chugaiの研究者らは、同様に、正確な軽鎖会合を促すため、VH-VL界面への変異の導入(主として、VH内のQ39およびVL内のQ38の電荷を有する残基への変換)によって、二重特異性ジアボディを設計した(WO 2006/106905;Igawa,T.,et al.,Prot.Eng.Des.Sel.23(2010)667-677)。

WO2011097603には、共通軽鎖マウスが報告されている。

WO2010151792には、CH3ドメインにおいてディファレンシャルに修飾された、即ち、ヘテロ二量体である免疫グロブリン重鎖可変ドメインを含む、単離の容易さを提供する二重特異性抗体フォーマットが提供されている。CH3修飾に関するディファレンシャルな修飾は、非免疫原性または実質的に非免疫原性であり、修飾のうちの少なくとも1個は、プロテインAなどのアフィニティ試薬に対する二重特異性抗体のディファレンシャルな親和性をもたらし、二重特異性抗体は、プロテインAに対する親和性に基づき、破壊された細胞から、培地から、または抗体の混合物から単離可能である。

新生児型Fc受容体(FcRn)は、インビボIgGクラスの抗体の代謝的運命にとって重要である。FcRnは、リソソーム分解経路からIgGを救出し、クリアランスの低下および半減期の増加をもたらすよう機能する。それは、2種のポリペプチド:50kDaのクラスI主要組織適合複合体様タンパク質(αFcRn)および15kDaのβ2ミクログロブリンβ2m)からなるヘテロ二量体タンパク質である。FcRnは、クラスIgGの抗体のFc領域のCH2-CH3部分に高い親和性で結合する。クラスIgGの抗体とFcRnとの間の相互作用は、pH依存性であり、1:2化学量論で起こる。即ち、1個のIgG抗体分子が、その2個の重鎖Fc領域ポリペプチドを介して、2個のFcRn分子と相互作用することができる(例えば、Huber,A.H.,et al.,J.Mol.Biol.230(1993)1077-1083を参照すること)。

従って、IgGのインビトロのFcRn結合特性/特徴は、血液循環におけるインビボの薬物動態学的特性を示す。

FcRnと、IgGクラスの抗体のFc領域との間の相互作用には、重鎖のCH2ドメインおよびCH3ドメインの種々のアミノ酸残基が関係している。

FcRn結合に影響を及ぼし、それと共に、血液循環における半減期にも影響を及ぼす種々の変異が公知である。マウスFc領域-マウスFcRn相互作用にとって重大なFc領域残基は、部位特異的変異誘発によって同定されている(例えば、Dall'Acqua,W.F.,et al.J.Immunol 169(2002)5171-5180を参照すること)。残基I253、H310、H433、N434、およびH435(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるナンバリング)が、相互作用に関与している(Medesan,C.,et al.,Eur.J.Immunol.26(1996)2533-2536;Firan,M.,et al.,Int.Immunol.13(2001)993-1002;Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.24(1994)542-548)。残基I253、H310、およびH435は、ヒトFc領域のマウスFcRnとの相互作用にとって重大であることが見出された(Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.29(1999)2819-2885)。

Fc領域(および同様にIgG)のFcRnとの結合を増加させる方法は、Fc領域の様々なアミノ酸残基:Thr 250、Met 252、Ser 254、Thr 256、Thr 307、Glu 380、Met 428、His 433、およびAsn 434を変異させることによって実施されている(Kuo,T.T.,et al.,J.Clin.Immunol.30(2010)777-789;Ropeenian,D.C.,et al.,Nat.Rev.Immunol.7(2007)715-725を参照すること)。

変異M252Y、S254T、T256Eの組み合わせが、FcRn結合を改善することが、タンパク質間相互作用研究によって、Dall'Acquaらによって記載された(Dall'Acqua,W.F.,et al.J.Biol.Chem.281(2006)23514-23524)。ヒトFc領域-ヒトFcRn複合体の研究は、残基I253、S254、H435、およびY436が相互作用にとって重大であることを示した(Firan,M.,et al.,Int.Immunol.13(2001)993-1002;Shields,R.L.,et al.,J.Biol.Chem.276(2001)6591-6604)。Yeung,Y.A.ら(J.Immunol.182(2009)7667-7671)に、残基248〜259および301〜317および376〜382および424〜437の様々な変異体が報告され調査されている。

WO 2014/006217には、三重変異を有する二量体タンパク質が報告されている。pH依存性結合の機序に関して、FcRn/ヘテロ二量体Fc複合体の2.8オングストロームでの結晶構造が、Martin,W.ら(Mol.Cell.7(2001)867-877)によって報告された。US 6,277,375には、増加した半減期を有する免疫グロブリン様ドメインが、WO 2013/004842に報告されている。Shields,R.L.らは、FcγRI、FcγRII、FcγRIII、およびFcRnのヒトIgG1上の結合部位の高分解能マッピング、ならびに改善されたFcγRとの結合を有するIgG1バリアントの設計を報告した(Biochem.Mol.Biol.276(2001)6591-6604)。マウスIgG1の経細胞輸送および異化に関与するアミノ酸残基の描写は、Medesan,C.ら(J.Immunol.158(1997)2211-2217)によって報告された。US 2010/0272720には、修飾されたFcRn結合部位を有する抗体融合タンパク質が報告されている。ヘテロ二量体タンパク質の作製は、WO 2013/060867に報告されている。Qiao,S.-W.らは、抗体によって媒介される抗原提示のFcRnへの依存性を報告した(Proc.Natl.Acad.Sci.USA 105(2008)9337-9342)。

概要

N末端からC末端への方向に、1個以上のシステイン残基を含む免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分と、免疫グロブリンCH2ドメインと、免疫グロブリンCH3ドメインとを各々含む第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドを含むポリペプチドであって、第1のポリペプチド、第2のポリペプチド、または第1および第2のポリペプチドが変異Y436A(EUインデックスによるナンバリング)を含むものが、本明細書において報告される。

目的

WO2010151792には、CH3ドメインにおいてディファレンシャルに修飾された、即ち、ヘテロ二量体である免疫グロブリン重鎖可変ドメインを含む、単離の容易さを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

N末端からC末端への方向に、1個以上のシステイン残基を含む免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分と、免疫グロブリンCH2ドメインと、免疫グロブリンCH3ドメインとを各々含む第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドを含むポリペプチドであって、第1のポリペプチド、第2のポリペプチド、または第1および第2のポリペプチドが変異Y436A(EUインデックスによるナンバリング)を含む、ポリペプチド。

請求項2

第1および第2のポリペプチドが変異Y436Aを含むことを特徴とする、請求項1記載のポリペプチド。

請求項3

ヒトFcRnに特異的に結合せず、ブドウ球菌プロテインAに特異的に結合することを特徴とする、請求項1または2記載のポリペプチド。

請求項4

(a)第1のポリペプチドが変異Y349C、T366S、L368A、およびY407Vをさらに含み、かつ第2のポリペプチドが変異S354CおよびT366Wを含み、かつ/または(b)(i)第1および第2のポリペプチドが変異H310A、H433A、およびY436Aを含むか、もしくは(ii)第1および第2のポリペプチドが変異L251D、L314D、およびL432Dを含むか、もしくは(iii)第1および第2のポリペプチドが変異L251S、L314S、およびL432Sを含むか、もしくは(iv)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異H310A、H433A、およびY436Aを含むか、もしくは(v)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異L251D、L314D、およびL432Dを含むか、もしくは(vi)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異L251S、L314S、およびL432Sを含むことを特徴とする、請求項1〜3のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項5

免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインがヒトIgG1サブクラスのものであることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項6

第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドが変異L234AおよびL235Aをさらに含むことを特徴とする、請求項1〜5のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項7

免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインがヒトIgG2サブクラスのものであることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項8

免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインがヒトIgG4サブクラスのものであることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項9

第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドが変異S228PおよびL235Eをさらに含むことを特徴とする、請求項1〜4および8のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項10

第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドが変異P329Gをさらに含むことを特徴とする、請求項1〜9のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項11

二重特異性抗体であることを特徴とする、請求項1〜10のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項12

硝子体内適用のための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項13

血管性眼疾患処置のための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項14

請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチドと、任意で、薬学的に許容される担体とを含む、薬学的製剤

請求項15

可溶性受容体リガンドの眼から血液眼関門を越えて血液循環への輸送のための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチドの使用。

請求項16

1種以上の可溶性受容体リガンドの眼からの除去のための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチドの使用。

請求項17

眼疾患の処置において使用するための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項18

可溶性受容体リガンドの眼から血液眼関門を越えて血液循環への輸送において使用するための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチド。

請求項19

1種以上の可溶性受容体リガンドの眼からの除去において使用するための、請求項1〜11のいずれか一項記載のポリペプチド。

技術分野

0001

精製特性に関して修飾されたIgGFc領域が本明細書において報告される。

背景技術

0002

発明の背景
対費用効果の高い作製過程需要のため、1個以上のアフィニティクロマトグラフィ工程を含む下流精製の最適化が必要とされている。より大きい処理体積および定置洗浄CIP)プロトコルのためのより厳しい必要条件が、解決する必要のある特色の一部である(Hober,S.,J.Chrom.B.848(2007)40-47)。

0003

選択的なFc領域アフィニティリガンドによるモノクローナル抗体の精製は、治療用モノクローナル抗体の大規模作製のための最も有望な方法論である。実際、この手法は、抗体の抗原特異的部分、即ち、Fabドメインとの相互作用確立することを必要とせず、従って、Fabドメインは完全なまま残され、その特性を保持することができる(Salvalaglio,M.,et al.,J.Chrom.A 1216(2009)8678-8686を参照すること)。

0004

その選択性のため、アフィニティ精製工程を一連の精製の初期に利用し、それによって、連続する単位作業の数を低下させることができる(Hober(前記);MacLennan,J.,Biotechnol.13(1995)1180;Harakas,N.K.,Bioprocess Technol.18(1994)259を参照すること)。

0005

IgGに選択的に結合するために最も採用されているリガンドは、Fc領域のCH2ドメインとCH3ドメインとの間のヒンジ領域に位置する「コンセンサス結合部位」(CBS)(DeLano,W.L.,et al.,Science 287(2000)1279)として公知の領域において、大部分のIgGのFc領域と高度に選択的な相互作用を確立することができるブドウ球菌プロテインAおよびプロテインGである。

0006

ブドウ球菌プロテインA(SPA)は、グラム陽性菌である黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)の表面上に露出した細胞壁会合タンパク質ドメインである。SPAは、様々な種に由来するIgG、例えば、ヒト、ウサギ、およびモルモットのIgGに対して高い親和性を有するが、ウシおよびマウスのIgGとは弱い相互作用しか有しない(以下の表を参照すること)(Hober(前記);Duhamel,R.C.,et al.,J.Immunol.Methods31(1979)211;Bjork,L.and Kronvall,G.,Immunol.J.133(1984)969;Richman,D.D.,et al.,J.Immunol.128(1982)2300;Amersham Pharmacia Biotech,Handbook,Antibody Purification(2000)を参照すること)。

0007

++:強い結合/+:中程度の結合/-:弱い相互作用または相互作用しない

0008

IgGのCH2ドメインとCH3ドメインとの間の重鎖ヒンジ領域は、新生児Fc受容体(FcRn)などの、プロテインA以外の数種のタンパク質に結合することができる(DeLano and Salvalaglio(前記)を参照すること)。

0009

SPA CBSは、抗体の表面上の疎水性ポケット包含する。IgGCBSを構成する残基は、Ile 253、Ser 254、Met 252、Met 423、Tyr 326、His 435、Asn 434、His 433、Arg 255、およびGlu 380(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるIgG重鎖残基のナンバリング)である。電荷を有するアミノ酸(Arg 255、Glu 380)が、Ile 253およびSer 254によって形成された疎水性ノブの周囲に位置している。これは、極性相互作用および親水性相互作用の確立をもたらす(ことができる)(Salvalaglio(前記)を参照すること)。

0010

一般に、プロテインA-IgG相互作用は、2個の主な結合部位を使用して記載され得る:第1は、重鎖CH2ドメインに位置し、(プロテインAの)Phe 132、Leu 136、Ile 150と、Ile 253およびSer 254によって構成されたIgG疎水性ノブとの間の疎水性相互作用、およびLys 154(プロテインA)とThr 256(IgG)との間の静電的相互作用を特徴とする。第2の部位は、重鎖CH3ドメインに位置し、Gln 129およびTyr 133(プロテインA)と、His 433、Asn 434、およびHis 435(IgG)との間の静電的相互作用によって支配される(Salvalaglio(前記)を参照すること)。

0011

Lindhofer,H.ら(J.Immunol.155(1995)219-225)は、ラット/マウスクアドローマにおける優先的な種制限された重鎖/軽鎖対合を報告している。

0012

Jedenberg,L.ら(J.Immunol.Meth.201(1997)25-34)は、2種のFcバリアント(それぞれ他のアイソタイプに由来するアイソタイプジペプチド置換を各々含有しているFc13およびFc31)のSPA結合分析が、Fc1およびFc31がSPAと相互作用し、Fc3およびFc13が検出可能なSPA結合を欠くことを示したと報告した。Fc領域バリアントFc31の与えられたSPA結合は、導入されたジペプチド置換R435HおよびF436Yに起因すると結論付けられる。

0013

今日、治療用モノクローナル抗体に関しては、2種以上の標的(抗原)に特異的に結合する二重特異性抗体またはさらには多重特異性抗体の生成および使用に焦点が置かれている。

0014

1種の発現細胞株において、4本の抗体鎖(2本の異なる重鎖および2本の異なる軽鎖)から、多重特異性ヘテロ二量体IgG抗体を生成する際の基本的課題は、いわゆる鎖会合問題である(Klein,C.,et al.,mAbs 4(2012)653-663を参照すること)。多重特異性抗体の左アームおよび右アームとしての異なる鎖の使用が必要とされるため、1種の細胞における発現によって抗体混合物が生じる:2本の重鎖は、(理論上)4種の異なる組み合わせ(そのうち2種は同一である)で会合することができ、それらの各々が、軽鎖と確率論的に会合することができるため、24(=全部で16)の理論上可能な鎖の組み合わせをもたらす。16の理論上可能な組み合わせのうち、10が見出され、そのうちの1個のみが、所望の機能的な二重特異性抗体に相当する(De Lau,W.B.,et al.,J.Immunol.146(1991)906-914)。複雑な混合物の中からこの所望の二重特異性抗体を単離することの困難さおよび理論上最大で12.5%という固有の不十分な収率のため、1種の発現細胞株における二重特異性抗体の作製は極めて難題である。

0015

鎖会合問題を克服し、2本の異なる重鎖の正確な会合を強化するため、1990年代後期に、GenentechのCarterらが、「ノブ・イントゥホール」(KiH)と名付けられたアプローチを発明した(Carter,P.,J.Immunol.Meth.248(2001)7-15;Merchant,A.M.,et al.,Nat.Biotechnol.16(1998)677-681;Zhu,Z.,et al.,Prot.Sci.6(1997)781-788;Ridgway,J.B.,et al.,Prot.Eng.9(1996)617-621;Atwell,S.,et al.,J.Mol.Biol.270(1997)26-35;および米国特許第7,183,076号を参照すること)。基本的に、その概念は、大部分の相互作用が起こる抗体の2本の重鎖の2個のCH3ドメインの間の界面の修飾に頼る。かさの大きい残基が、一方の抗体重鎖のCH3ドメインへ導入され、鍵(「ノブ」)に類似した作用をする。他方の重鎖には、鍵穴模倣して、このかさの大きい残基を収容することができる「ホール」が形成される。得られたヘテロ二量体Fc領域は、人工ジスルフィド架橋の導入/形成によってさらに安定化され得る。注目すべきことに、KiH変異は、全て、CH3ドメイン内に埋め込まれており、免疫系に対しては「見えない」。さらに、(熱)安定性、FcγR結合、およびエフェクター機能(例えば、ADCC、FcRn結合)、および薬物動態学的PK挙動などの、KiH変異を有する抗体の特性は、影響されない。

0016

97%を超えるヘテロ二量体化収率による正確な重鎖会合は、6個の変異:「ノブ」重鎖におけるS354C、T366W、および「ホール」重鎖におけるY349C、T366S、L368A、Y407Vを導入することによって達成され得る(Carter(前記)参照;カバットEUインデックスナンバリングシステムによる残基のナンバリング)。ホール-ホールホモ二量体は存在する可能性があるが、ノブ-ノブホモ二量体は典型的には観察されない。選択的な精製手法または以下に概説されるような手法のいずれかによって、ホール-ホール二量体枯渇させることができる。

0017

ランダムな重鎖会合の問題は取り組まれているが、正確な軽鎖会合も確実にされなければならない。KiH CH3ドメインアプローチに類似して、完全な二重特異性IgGに最終的に至ることができる非対称の軽鎖-重鎖相互作用を調査する努力がなされている。

0018

Rocheは、最近、KiHテクノロジーと組み合わせた時に、二重特異性ヘテロ二量体IgG抗体における正確な軽鎖対合を強化する可能性として、CrossMabアプローチを開発した(Klein(前記);Schaefer.W.,et al.,Proc.Natl.Acad.Sci.USA 108(2011)11187-11192;Cain,C.,SciBX 4(2011)1-4を参照すること)。これは、一般的な様式で二重特異性抗体またはさらには多重特異性抗体の生成を可能にする。このフォーマットにおいては、意図された二重特異性抗体の1本のアーム不変のままにされる。第2のアームにおいて、Fab領域全体またはVH-VLドメインもしくはCH1-CLドメインが、重鎖と軽鎖との間のドメインクロスオーバーによって交換される。結果として、新たに形成された「クロス型」軽鎖は、もはや、二重特異性抗体の他のアームの(通常の、即ち、非クロス型の)重鎖Fab領域とは会合しない。従って、ドメイン配置のこの最小の変化によって、正確な「軽鎖」会合が強化され得る(Schaefer(前記)を参照すること)。

0019

Zhuらは、ジアボディ(diabody)バリアントの2個のVL/VH界面に、数個立体的相補的な変異およびジスルフィド架橋を導入した。変異VL Y87A/F98MおよびVH V37F/L45Wが、抗p185HER2 VL/VH界面へ導入された時、ヘテロ二量体ジアボディは、親ジアボディと比較して、全収率および親和性を維持しながら、>90%の収率で回収された(Zhu(前記)を参照すること)。

0020

Chugaiの研究者らは、同様に、正確な軽鎖会合を促すため、VH-VL界面への変異の導入(主として、VH内のQ39およびVL内のQ38の電荷を有する残基への変換)によって、二重特異性ジアボディを設計した(WO 2006/106905;Igawa,T.,et al.,Prot.Eng.Des.Sel.23(2010)667-677)。

0021

WO2011097603には、共通軽鎖マウスが報告されている。

0022

WO2010151792には、CH3ドメインにおいてディファレンシャルに修飾された、即ち、ヘテロ二量体である免疫グロブリン重鎖可変ドメインを含む、単離の容易さを提供する二重特異性抗体フォーマットが提供されている。CH3修飾に関するディファレンシャルな修飾は、非免疫原性または実質的に非免疫原性であり、修飾のうちの少なくとも1個は、プロテインAなどのアフィニティ試薬に対する二重特異性抗体のディファレンシャルな親和性をもたらし、二重特異性抗体は、プロテインAに対する親和性に基づき、破壊された細胞から、培地から、または抗体の混合物から単離可能である。

0023

新生児型Fc受容体(FcRn)は、インビボIgGクラスの抗体の代謝的運命にとって重要である。FcRnは、リソソーム分解経路からIgGを救出し、クリアランスの低下および半減期の増加をもたらすよう機能する。それは、2種のポリペプチド:50kDaのクラスI主要組織適合複合体様タンパク質(αFcRn)および15kDaのβ2ミクログロブリンβ2m)からなるヘテロ二量体タンパク質である。FcRnは、クラスIgGの抗体のFc領域のCH2-CH3部分に高い親和性で結合する。クラスIgGの抗体とFcRnとの間の相互作用は、pH依存性であり、1:2化学量論で起こる。即ち、1個のIgG抗体分子が、その2個の重鎖Fc領域ポリペプチドを介して、2個のFcRn分子と相互作用することができる(例えば、Huber,A.H.,et al.,J.Mol.Biol.230(1993)1077-1083を参照すること)。

0024

従って、IgGのインビトロのFcRn結合特性/特徴は、血液循環におけるインビボの薬物動態学的特性を示す。

0025

FcRnと、IgGクラスの抗体のFc領域との間の相互作用には、重鎖のCH2ドメインおよびCH3ドメインの種々のアミノ酸残基が関係している。

0026

FcRn結合に影響を及ぼし、それと共に、血液循環における半減期にも影響を及ぼす種々の変異が公知である。マウスFc領域-マウスFcRn相互作用にとって重大なFc領域残基は、部位特異的変異誘発によって同定されている(例えば、Dall'Acqua,W.F.,et al.J.Immunol 169(2002)5171-5180を参照すること)。残基I253、H310、H433、N434、およびH435(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるナンバリング)が、相互作用に関与している(Medesan,C.,et al.,Eur.J.Immunol.26(1996)2533-2536;Firan,M.,et al.,Int.Immunol.13(2001)993-1002;Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.24(1994)542-548)。残基I253、H310、およびH435は、ヒトFc領域のマウスFcRnとの相互作用にとって重大であることが見出された(Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.29(1999)2819-2885)。

0027

Fc領域(および同様にIgG)のFcRnとの結合を増加させる方法は、Fc領域の様々なアミノ酸残基:Thr 250、Met 252、Ser 254、Thr 256、Thr 307、Glu 380、Met 428、His 433、およびAsn 434を変異させることによって実施されている(Kuo,T.T.,et al.,J.Clin.Immunol.30(2010)777-789;Ropeenian,D.C.,et al.,Nat.Rev.Immunol.7(2007)715-725を参照すること)。

0028

変異M252Y、S254T、T256Eの組み合わせが、FcRn結合を改善することが、タンパク質間相互作用研究によって、Dall'Acquaらによって記載された(Dall'Acqua,W.F.,et al.J.Biol.Chem.281(2006)23514-23524)。ヒトFc領域-ヒトFcRn複合体の研究は、残基I253、S254、H435、およびY436が相互作用にとって重大であることを示した(Firan,M.,et al.,Int.Immunol.13(2001)993-1002;Shields,R.L.,et al.,J.Biol.Chem.276(2001)6591-6604)。Yeung,Y.A.ら(J.Immunol.182(2009)7667-7671)に、残基248〜259および301〜317および376〜382および424〜437の様々な変異体が報告され調査されている。

0029

WO 2014/006217には、三重変異を有する二量体タンパク質が報告されている。pH依存性結合の機序に関して、FcRn/ヘテロ二量体Fc複合体の2.8オングストロームでの結晶構造が、Martin,W.ら(Mol.Cell.7(2001)867-877)によって報告された。US 6,277,375には、増加した半減期を有する免疫グロブリン様ドメインが、WO 2013/004842に報告されている。Shields,R.L.らは、FcγRI、FcγRII、FcγRIII、およびFcRnのヒトIgG1上の結合部位の高分解能マッピング、ならびに改善されたFcγRとの結合を有するIgG1バリアントの設計を報告した(Biochem.Mol.Biol.276(2001)6591-6604)。マウスIgG1の経細胞輸送および異化に関与するアミノ酸残基の描写は、Medesan,C.ら(J.Immunol.158(1997)2211-2217)によって報告された。US 2010/0272720には、修飾されたFcRn結合部位を有する抗体融合タンパク質が報告されている。ヘテロ二量体タンパク質の作製は、WO 2013/060867に報告されている。Qiao,S.-W.らは、抗体によって媒介される抗原提示のFcRnへの依存性を報告した(Proc.Natl.Acad.Sci.USA 105(2008)9337-9342)。

0030

ブドウ球菌プロテインAに特異的に結合し、ヒトFcRnに結合しないバリアントFc領域が、本明細書において報告される。これらのバリアントFc領域は、CH2ドメインおよびCH3ドメインに特定のアミノ酸変異を含有している。これらの変異は、ヘテロ二量体Fc領域のホール鎖またはノブ鎖のいずれかにおいて使用された時、ヘテロ二量体Fc領域の精製、即ち、ヘテロ二量体Fc領域のホモ二量体Fc領域からの分離を可能にすることが見出された。

0031

本明細書において報告される一つの局面は、(二量体)Fc領域ポリペプチドのプロテインAとの結合を増加させるための変異Y436Aの使用である。

0032

本明細書において報告される一つの局面は、N末端からC末端への方向に、1個以上のシステイン残基を含む免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインを含む第1のポリペプチドと、N末端からC末端への方向に、1個以上のシステイン残基を含む免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインを含む第2のポリペプチドとを含む(二量体)ポリペプチドであって、第1のポリペプチド、第2のポリペプチド、または第1および第2のポリペプチドが変異Y436A(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるナンバリング)を含み、第1のポリペプチドと第2のポリペプチドとが、免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分において1個以上のジルスフィド架橋によって接続されているものである。

0033

一つの態様において、第1および第2のポリペプチドは、変異Y436Aを含む。

0034

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、ヒトFcRnに特異的に結合せず、ブドウ球菌プロテインAに特異的に結合する。

0035

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、ホモ二量体ポリペプチドである。

0036

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、ヘテロ二量体ポリペプチドである。

0037

一つの態様において、第1のポリペプチドは変異Y349C、T366S、L368A、およびY407V(「ホール」)をさらに含み、かつ第2のポリペプチドは変異S354CおよびT366W(「ノブ」)を含む。

0038

一つの態様において、第1のポリペプチドは変異S354C、T366S、L368A、およびY407V(「ホール」)をさらに含み、第2のポリペプチドは変異Y349CおよびT366W(「ノブ」)を含む。

0039

一つの態様において、
(i)第1および第2のポリペプチドが変異H310A、H433A、およびY436Aを各々含むか、または
(ii)第1および第2のポリペプチドが変異L251D、L314D、およびL432Dを各々さらに含むか、または
(iii)第1および第2のポリペプチドが変異L251S、L314S、およびL432Sを各々さらに含むか、または
(iv)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異H310A、H433A、およびY436Aを含むか、または
(v)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異L251D、L314D、およびL432Dを含むか、または
(vi)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異L251S、L314S、およびL432Sを含む。

0040

一つの態様において、第1および第2のポリペプチドの免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインは、ヒトIgG1サブクラスのものである。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異L234AおよびL235Aを各々さらに含む。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異P329Gを各々さらに含む。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異L234A、L235A、およびP329Gを各々さらに含む。

0041

一つの態様において、第1および第2のポリペプチドの免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインは、ヒトIgG2サブクラスのものである。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異H268Q、V309L、A330S、およびP331Sを各々さらに含む。

0042

一つの態様において、第1および第2のポリペプチドの免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインは、ヒトIgG2サブクラスのものである。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異V234A、G237A、P238S、H268A、V309L、A330S、およびP331Sを各々さらに含む。

0043

一つの態様において、第1および第2のポリペプチドの免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインは、ヒトIgG4サブクラスのものである。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異S228PおよびL235EAを各々さらに含む。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異P329Gを各々さらに含む。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異S228P、L235E、およびP329Gを各々さらに含む。

0044

一つの態様において、第1および第2のポリペプチドの免疫グロブリンヒンジ領域、免疫グロブリンCH2ドメイン、および免疫グロブリンCH3ドメインは、ヒトIgG4サブクラスのものである。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異S228P、L234A、およびL235Aを各々さらに含む。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異P329Gを各々さらに含む。一つの態様において、第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドは、変異S228P、L234A、L235A、およびP329Gを各々さらに含む。

0045

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドはFc領域融合ポリペプチドである。

0046

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは(全長)抗体である。

0047

一つの態様において、(全長)抗体は単一特異性抗体である。一つの態様において、単一特異性抗体は、一価の単一特異性抗体である。一つの態様において、単一特異性抗体は、二価の単一特異性抗体である。

0048

一つの態様において、(全長)抗体は二重特異性抗体である。一つの態様において、二重特異性抗体は、二価の二重特異性抗体である。一つの態様において、二重特異性抗体は、四価の二重特異性抗体である。

0049

一つの態様において、(全長)抗体は三重特異性抗体である。一つの態様において、三重特異性抗体は、三価の三重特異性抗体である。一つの態様において、三重特異性抗体は、四価の三重特異性抗体である。

0050

本明細書において報告される一つの局面は、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体を、そのような処置を必要とする患者投与することによる、眼血管疾患罹患している患者の処置の方法である。

0051

本明細書において報告される一つの局面は、硝子体内適用のための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0052

本明細書において報告される一つの局面は、医薬として使用するための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0053

本明細書において報告される一つの局面は、血管性眼疾患の処置のための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0054

本明細書において報告される一つの局面は、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体と、任意で、薬学的に許容される担体とを含む、薬学的製剤である。

0055

眼のみならず身体の他の部分にも存在する抗原を標的とする/に結合する抗体を使用するためには、全身副作用を回避するため、眼から血液へと血液眼関門を通過した後の短い全身半減期が有益である。

0056

さらに、受容体のリガンドに特異的に結合する抗体は、抗体-抗原複合体が眼から除去される場合、即ち、抗体が受容体リガンドの眼からの輸送媒体として機能し、それによって、受容体シグナリング阻害する場合、眼疾患の処置においてのみ有効である。

0057

ヒト新生児型Fc受容体に結合しないFc領域を含む抗体、即ち、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドは、血液眼関門を越えて輸送されることが、本発明者らによって見出された。血液眼関門を越える輸送にはFcRnとの結合が必要とされると考えられているが、本抗体はヒトFcRnに結合しないため、これは驚くべきことである。

0058

本明細書において報告される一つの局面は、可溶性受容体リガンドの眼から血液眼関門を越えて血液循環への輸送のための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体の使用である。

0059

本明細書において報告される一つの局面は、1種以上の可溶性受容体リガンドの眼からの除去のための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体の使用である。

0060

本明細書において報告される一つの局面は、眼疾患、特に、眼血管疾患の処置のための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体の使用である。

0061

本明細書において報告される一つの局面は、1種以上の可溶性受容体リガンドの硝子体内空間からの血液循環への輸送のための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体の使用である。

0062

本明細書において報告される一つの局面は、眼疾患の処置において使用するための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0063

本明細書において報告される一つの局面は、可溶性受容体リガンドの眼から血液眼関門を越えて血液循環への輸送において使用するための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0064

本明細書において報告される一つの局面は、1種以上の可溶性受容体リガンドの眼からの除去において使用するための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0065

本明細書において報告される一つの局面は、眼疾患、特に、眼血管疾患の処置において使用するための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0066

本明細書において報告される一つの局面は、1種以上の可溶性受容体リガンドの硝子体内空間からの血液循環への輸送において使用するための、本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体である。

0067

本明細書において報告される一つの局面は、有効量の本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体を個体へ投与する工程を含む、眼血管疾患を有する個体を処置する方法である。

0068

本明細書において報告される一つの局面は、可溶性受容体リガンドを眼から血液眼関門を越えて血液循環へ輸送するために有効な量の本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体を個体へ投与する工程を含む、個体において可溶性受容体リガンドを眼から血液眼関門を越えて血液循環へ輸送する方法である。

0069

本明細書において報告される一つの局面は、1種以上の可溶性受容体リガンドを眼から除去するために有効な量の本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体を個体へ投与する工程を含む、個体において1種以上の可溶性受容体リガンドを眼から除去する方法である。

0070

本明細書において報告される一つの局面は、1種以上の可溶性受容体リガンドを硝子体内空間から血液循環へ輸送するために有効な量の本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体を個体へ投与する工程を含む、個体において1種以上の可溶性受容体リガンドを硝子体内空間から血液循環へ輸送する方法である。

0071

本明細書において報告される一つの局面は、可溶性受容体リガンドを眼から血液眼関門を越えて血液循環へ輸送するために有効な量の本明細書において報告される(二量体)ポリペプチドまたは抗体を個体へ投与する工程を含む、個体において可溶性受容体リガンドを硝子体内空間または眼から血液眼関門を越えて血液循環へ輸送する方法である。

0072

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、二重特異性抗体である。一つの態様において、二重特異性抗体は、二価の二重特異性抗体である。一つの態様において、二重特異性抗体は、四価の二重特異性抗体である。

0073

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、三重特異性抗体である。一つの態様において、三重特異性抗体は、三価の三重特異性抗体である。一つの態様において、三重特異性抗体は、四価の三重特異性抗体である。

0074

一つの態様において、第1のポリペプチドは変異Y349C、T366S、L368A、およびY407Vをさらに含み、かつ第2のポリペプチドは変異S354CおよびT366Wをさらに含む。

0075

一つの態様において、第1のポリペプチドは変異S354C、T366S、L368A、およびY407Vをさらに含み、かつ第2のポリペプチドは変異Y349CおよびT366Wをさらに含む。

0076

一つの態様において
(i)第1および第2のポリペプチドが変異H310A、H433A、およびY436Aを含むか、または
(ii)第1および第2のポリペプチドが変異L251D、L314D、およびL432Dをさらに含むか、または
(iii)第1および第2のポリペプチドが変異L251S、L314S、およびL432Sをさらに含むか、または
(iv)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、かつ第2のポリペプチドが変異H310A、H433A、およびY436Aを含むか、または
(v)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aをさらに含み、かつ第2のポリペプチドが変異L251D、L314D、およびL432Dをさらに含むか、または
(vi)第1のポリペプチドが変異I253A、H310A、およびH435Aをさらに含み、かつ第2のポリペプチドが変異L251S、L314S、およびL432Sをさらに含む。

0077

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、CrossMabである。

0078

一つの態様において、(二量体)ポリペプチドは、Fc領域融合ポリペプチドである。

0079

一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、サブクラスIgG1のものである。一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、変異L234AおよびL235Aをさらに含む。一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、変異P329Gをさらに含む。

0080

一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、サブクラスIgG2のものである。一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、変異V234A、G237A、P238S、H268A、V309L、A330S、およびP331Sをさらに含む。

0081

一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、サブクラスIgG4のものである。一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、変異S228PおよびL235Eをさらに含む。一つの態様において、抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、変異P329Gをさらに含む。

図面の簡単な説明

0082

IHH-AAA変異(変異I253A、H310A、およびH435A(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるナンバリング)の組み合わせ)を有する、IgG1サブクラスまたはIgG4サブクラスの抗VEGF/ANG2抗体の概念のスキームおよび利点。
小規模なDLSに基づく粘度測定:200mMアルギニンコハク酸緩衝液(pH5.5)中150mg/mLにおける外挿された粘度((IHH-AAA変異を有する)抗VEGF/ANG2抗体VEGF/ANG2-0016の(そのようなIHH-AAA変異を有しない)参照抗体VEGF/ANG2-0015との比較)。
20mMヒスチジン緩衝液、140mM NaCl(pH6.0)における(DLS凝集開始温度を含む)温度に依存するDLS凝集(本明細書において報告される抗VEGF/ANG2抗体(IHH-AAA変異を有する)VEGF/ANG2-0016の(そのようなIHH-AAA変異を有しない)参照抗体VEGF/ANG2-0015との比較)。
100mg/mLでの40℃での7日間の保管メインピークの減少および高分子量(HMW)の増加)(より低い凝集を示した本明細書において報告される抗VEGF/ANG2抗体(IHH-AAA変異を有する)VEGF/ANG2-0016の(そのようなIHH-AAA変異を有しない)参照抗体VEGF/ANG2-0015との比較)。
(IHH-AAA変異を有しない)VEGF/ANG2-0015のFcRn定常状態親和性。
(IHH-AAA変異を有する)VEGF/ANG2-0016のFcRn定常状態親和性。
IHH-AAA変異を有しないVEGF/ANG2-0015およびIHH-AAA変異を有するVEGF/ANG2-0016(いずれも、IgG1サブクラスであり、P329G LALA変異を有する;対照として、IgG1サブクラスの抗ジゴキシゲニン抗体(抗Dig抗体)およびIgG4に基づく抗体が使用された)のFcγRIIIa相互作用測定
血清中および全眼溶解物中の抗VEGF/ANG2抗体の濃度の決定のための薬物動態学的(PK)ELISAアッセイ原理図解
静脈内(i.v.)適用後の血清濃度:IHH-AAA変異を有しないVEGF/ANG2-0015とIHH-AAA変異を有するVEGF/ANG2-0016との比較。
硝子体内適用後の血清濃度:IHH-AAA変異を有しないVEGF/ANG2-0015とIHH-AAA変異を有するVEGF/ANG2-0016との比較。
(静脈内適用と比較した、右眼のみへの硝子体内適用後の)左右の眼における(IHH-AAA変異を有する)VEGF/ANG2-0016の眼溶解物濃度:(IHH-AAA変異を有する)VEGF/ANG2-0016の低い血清半減期のため、硝子体内適用後には、右眼にのみ有意な濃度を検出することができ;静脈内適用後には、眼溶解物中の濃度は検出不可能である。
(静脈内適用と比較した、右眼のみへの硝子体内適用後の)左右の眼における(IHH-AAA変異を有しない)VEGF/ANG2-0015の眼溶解物濃度:硝子体内適用後には、右眼に(ある程度、左眼にも)、VEGF/ANG2-0015の濃度を検出することができた;これは、右眼から血清、血清から左眼への拡散を示し、(IHH-AAA変異を有しない)VEGF/ANG2-0015の長い半減期によって説明され得る;静脈内適用後にも、血清安定的な(IHH-AAA変異を有しない)VEGF/ANG2-0015の眼へ拡散のため、両方の眼の眼溶解物中に有意な濃度を検出することができた。
FcRnに結合する能力に関して操作された抗体は、延長された(YTE変異)または短縮された(IHH-AAA変異)インビボ半減期、SPR分析における参照野生型(wt)抗体と比較して増強された(YTE変異)または低下した(IHH-AAA変異)結合、ならびにFcRnカラムクロマトグラフィにおける増強されたまたは低下した保持時間を示す;(a)huFcRnトランスジェニック雄C57BL/6Jマウス+/-276への10mg/kgの単回i.v.ボーラス適用後のPKデータ:wt IgGならびにYTEFc領域修飾型IgGおよびIHH-AAA Fc領域修飾型IgGについてのAUCデータ;野生型抗IGF-1R抗体(参照)、抗IGF-1R抗体のYTE変異体、抗IGF-1R抗体のIHH-AAA変異体。
FcRnに結合する能力に関して操作された抗体は、延長された(YTE変異)または短縮された(IHH-AAA変異)インビボ半減期、SPR分析における参照野生型(wt)抗体と比較して増強された(YTE変異)または低下した(IHH-AAA変異)結合、ならびにFcRnカラムクロマトグラフィにおける増強されたまたは低下した保持時間を示す;(b)BIAcoreセンサーグラム;野生型抗IGF-1R抗体(参照)、抗IGF-1R抗体のYTE変異体、抗IGF-1R抗体のIHH-AAA変異体。
FcRnに結合する能力に関して操作された抗体は、延長された(YTE変異)または短縮された(IHH-AAA変異)インビボ半減期、SPR分析における参照野生型(wt)抗体と比較して増強された(YTE変異)または低下した(IHH-AAA変異)結合、ならびにFcRnカラムクロマトグラフィにおける増強されたまたは低下した保持時間を示す;(c)FcRnアフィニティカラム溶出;野生型抗IGF-1R抗体(参照)、抗IGF-1R抗体のYTE変異体、抗IGF-1R抗体のIHH-AAA変異体。
Fc領域へ導入された変異の数に依る、FcRnアフィニティクロマトグラフィにおける保持時間の変化。
Fc領域へ導入された変異の非対称分布に依るFcRn結合の変化。
2個の連続するプロテインAアフィニティクロマトグラフィカラムからの、両方の重鎖に変異H310A、H433A、およびY436Aの組み合わせを有する二重特異性抗VEGF/ANG2抗体(VEGF/ANG2-0121)の溶出クロマトグラム
両方の重鎖に変異H310A、H433A、およびY436Aを有する抗IGF-1R抗体(IGF-1R-0045)のプロテインAアフィニティクロマトグラフィカラムからの溶出クロマトグラム。
CM5チップ上の固定化されたプロテインAへのIgG Fc領域修飾型抗VEGF/ANG2抗体の結合。
異なる抗VEGF/ANG2抗体のFcRnアフィニティカラムにおける溶出クロマトグラム。
異なる融合ポリペプチドのブドウ球菌プロテインAとの結合(SPR)。
異なる抗VEGF/ANG2抗体および抗IGF-1R抗体の変異体の固定化されたプロテインAへの結合(SPR)。
抗体IGF-1R 0033、0035、および0045の静脈内適用後の血清濃度の比較。
抗体IGF-1R 0033の硝子体内適用および静脈内適用の後の眼溶解物濃度の比較。
抗体IGF-1R 0035の硝子体内適用および静脈内適用の後の眼溶解物濃度の比較。
抗体IGF-1R 0045の硝子体内適用および静脈内適用の後の眼溶解物濃度の比較。

0083

発明の態様の詳細な説明
I.定義
「約」という用語は、その後に続く数値の+/-20%の範囲を示す。一つの態様において、約という用語は、その後に続く数値の+/-10%の範囲を示す。一つの態様において、約という用語は、その後に続く数値の+/-5%の範囲を示す。

0084

アクセプターヒトフレームワーク」とは、本明細書における目的のため、以下に定義されるヒト免疫グロブリンフレームワークまたはヒトコンセンサスフレームワークに由来する軽鎖可変ドメイン(VL)フレームワークまたは重鎖可変ドメイン(VH)フレームワークのアミノ酸配列を含むフレームワークである。ヒト免疫グロブリンフレームワークまたはヒトコンセンサスフレームワーク「に由来する」アクセプターヒトフレームワークは、その同一のアミノ酸配列を含んでいてもよいし、またはアミノ酸配列改変を含有していてもよい。いくつかの態様において、アミノ酸改変の数は、10個以下、9個以下、8個以下、7個以下、6個以下、5個以下、4個以下、3個以下、または2個以下である。いくつかの態様において、VLアクセプターヒトフレームワークは、VLヒト免疫グロブリンフレームワーク配列またはヒトコンセンサスフレームワーク配列と配列が同一である。

0085

「親和性成熟」抗体とは、そのような改変を保有しない親抗体と比較して、抗原に対する抗体の親和性の改善をもたらす、1個以上の改変を1個以上の超可変領域HVR)に有する抗体をさす。

0086

「改変」という用語は、親抗体または親融合ポリペプチド、例えば、Fc領域のFcRn結合部分を少なくとも含む融合ポリペプチドの、修飾型抗体または修飾型融合ポリペプチドを入手するための、1個以上のアミノ酸残基の変異(置換)、挿入(付加)、または欠失を示す。「変異」という用語は、指定されたアミノ酸残基が異なるアミノ酸残基の代わりに用いられることを示す。例えば、変異L234Aとは、抗体Fc領域(ポリペプチド)の234位のアミノ酸残基リジンがアミノ酸残基アラニンに置換されていること(リジンのアラニンへの置換)(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるナンバリング)を示す。

0087

本明細書において使用されるように、重鎖および軽鎖の全ての定常領域およびドメインのアミノ酸位置は、Kabat,et al.,Sequences of Proteins of Immunological Interest,5th ed.,Public Health Service,National Institutes of Health,Bethesda,MD(1991)に記載されており、本明細書において「カバットによるナンバリング」と呼ばれるカバットナンバリングステムによってナンバリングされる。具体的には、Kabat,et al.,Sequences of Proteins of Immunological Interest,5th ed.,Public Health Service,National Institutes of Health,Bethesda,MD(1991)のカバットナンバリングシステム(647〜660頁を参照すること)が、κアイソタイプおよびλアイソタイプの軽鎖定常ドメインCLのために使用され、カバットEUインデックスナンバリングシステム(661〜723頁を参照すること)が、定常重鎖ドメイン(CH1、ヒンジ、CH2、およびCH3)のために使用される。

0088

天然に存在するアミノ酸残基」とは、アラニン(3文字コード:Ala、1文字コード:A)、アルギニン(Arg、R)、アスパラギン(Asn、N)、アスパラギン酸(Asp、D)、システイン(Cys、C)、グルタミン(Gln、Q)、グルタミン酸(Glu、E)、グリシン(Gly、G)、ヒスチジン(His、H)、イソロイシン(Ile、I)、ロイシン(Leu、L)、リジン(Lys、K)、メチオニン(Met、M)、フェニルアラニン(Phe、F)、プロリン(Pro、P)、セリン(Ser、S)、トレオニン(Thr、T)、トリプトファン(Trp、W)、チロシン(Tyr、Y)、およびバリン(Val、V)からなる群からのアミノ酸残基を示す。

0089

「アミノ酸変異」という用語は、少なくとも1個の既存のアミノ酸残基のもう1個の異なるアミノ酸残基(=置換アミノ酸残基)への置換を示す。置換アミノ酸残基は、「天然に存在するアミノ酸残基」であってよく、アラニン(3文字コード:ala、1文字コード:A)、アルギニン(arg、R)、アスパラギン(asn、N)、アスパラギン酸(asp、D)、システイン(cys、C)、グルタミン(gln、Q)、グルタミン酸(glu、E)、グリシン(gly、G)、ヒスチジン(his、H)、イソロイシン(ile、I)、ロイシン(leu、L)、リジン(lys、K)、メチオニン(met、M)、フェニルアラニン(phe、F)、プロリン(pro、P)、セリン(ser、S)、トレオニン(thr、T)、トリプトファン(trp、W)、チロシン(tyr、Y)、およびバリン(val、V)からなる群より選択され得る。置換アミノ酸残基は、「天然に存在しないアミノ酸残基」であってもよい。例えば、(全て、参照によって本明細書に完全に組み入れられる)US 6,586,207、WO 98/48032、WO 03/073238、US 2004/0214988、WO 2005/35727、WO 2005/74524、Chin,J.W.,et al.,J.Am.Chem.Soc.124(2002)9026-9027;Chin,J.W.and Schultz,P.G.,ChemBioChem 11(2002)1135-1137;Chin,J.W.,et al.,PICAS United States of America 99(2002)11020-11024;およびWang,L.and Schultz,P.G.,Chem.(2002)1-10を参照すること。

0090

「アミノ酸挿入」という用語は、アミノ酸配列内の予定された位置における少なくとも1個のアミノ酸残基の(付加的な)組み入れを示す。一つの態様において、挿入は、1個または2個のアミノ酸残基の挿入であろう。挿入されるアミノ酸残基は、天然に存在するかまたは天然に存在しない任意のアミノ酸残基であり得る。

0091

アミノ酸欠失」という用語は、アミノ酸配列内の予定された位置における少なくとも1個のアミノ酸残基の除去を示す。

0092

「ANG-2」という用語は、本明細書において使用されるように、例えば、Maisonpierre,P.C.,et al,Science 277(1997)55-60およびCheung,A.H.,et al.,Genomics 48(1998)389-91に記載されているヒトアンジオポエチン-2(ANG-2)(あるいはANGPT2またはANG2と略される)(SEQID NO:31)をさす。アンジオポエチン-1(SEQ ID NO:32)およびアンジオポエチン-2は、血管内皮内に選択的に発現されるチロシンキナーゼファミリーTieのリガンドとして発見された(Yancopoulos,G.D.,et al.,Nature 407(2000)242-248)。現在、アンジオポエチンファミリーの4種の確定的なメンバーが存在する。アンジオポエチン-3およびアンジオポエチン-4(ANG-3およびANG-4)は、マウスおよびヒトにおける同一の遺伝子座の広く分岐したカウンターパートを表す可能性がある(Kim,I.,et al.,FEBSLet,443(1999)353-356;Kim,I.,et al.,J.Biol.Chem.274(1999)26523-26528)。ANG-1およびANG-2は、それぞれ、アゴニストおよびアンタゴニストとして、組織培養実験において最初に同定された(ANG-1については:Davis,S.,et al.,Cell 87(1996)1161-1169;ANG-2については:Maisonpierre,P.C.,et al.,Science 277(1997)55-60を参照すること)。公知のアンジオポエチンは、全て、主としてTie2(SEQ ID NO:33)に結合し、ANG-1およびANG-2は、いずれも、3nM(Kd)の親和性でTie2に結合する(Maisonpierre,P.C.,et al.,Science 277(1997)55-60)。

0093

「抗体」という用語は、最も広義に本明細書において使用され、抗原および/またはプロテインAおよび/またはFcRnとの所望の結合活性を示す限り、モノクローナル抗体、多重特異性抗体(例えば、二重特異性抗体、三重特異性抗体)、および抗体断片を含むが、これらに限定されない、様々な抗体構造を包含する。

0094

「非対称のFc領域」という用語は、カバットEUインデックスナンバリングシステムによる対応する位置に異なるアミノ酸残基を有しているFc領域ポリペプチドの対を示す。

0095

「FcRn結合に関して非対称のFc領域」という用語は、カバットEUインデックスナンバリングシステムによって決定される対応する位置に、Fc領域のヒト新生児型Fc受容体(FcRn)との結合に影響を与える異なるアミノ酸残基を有する2本のポリペプチド鎖からなるFc領域を示す。本明細書における目的のため、「FcRn結合に関して非対称のFc領域」におけるFc領域の2本のポリペプチド鎖の間の差違に、例えば、二重特異性抗体の作製のため、ヘテロ二量体Fc領域の形成を容易にするために導入された差違は含まれない。これらの差違も非対称であり得る。即ち、2本の鎖が、カバットEUインデックスナンバリングシステムによる非対応アミノ酸残基に差違を有していてもよい。これらの差違は、ヘテロ二量体化を容易にし、ホモ二量体化を低下させる。そのような差違の例は、いわゆる「ノブ・イントゥ・ホール」置換である(例えば、US 7,695,936、US 2003/0078385を参照すること)。サブクラスIgG1のIgG抗体のFc領域の個々のポリペプチド鎖における以下のノブ置換およびホール置換:(1)一方の鎖のY407Tおよび他方の鎖のT366Y;(2)一方の鎖のY407Aおよび他方の鎖のT366W;(3)一方の鎖のF405Aおよび他方の鎖のT394W;(4)一方の鎖のF405Wおよび他方の鎖のT394S;(5)一方の鎖のY407Tおよび他方の鎖のT366Y;(6)一方の鎖のT366YおよびF405A、ならびに他方の鎖のT394WおよびY407T;(7)一方の鎖のT366WおよびF405W、ならびに他方の鎖のT394SおよびY407A;(8)一方の鎖のF405WおよびY407A、ならびに他方の鎖のT366WおよびT394S;ならびに(9)一方の鎖のT366W、ならびに他方の鎖のT366S、L368A、およびY407Vが、ヘテロ二量体形成を増加させることが見出されており、最後に挙げられたものが特に適している。さらに、2本のFc領域ポリペプチド鎖の間に新しいジスルフィド架橋を作出する変化は、ヘテロ二量体形成を容易にする(例えば、US 2003/0078385を参照すること)。サブクラスIgG1のIgG抗体のFc領域の個々のポリペプチド鎖における新しい鎖内ジスルフィド結合の形成のための適切な間隔のシステイン残基をもたらす以下の置換:一方の鎖のY349Cおよび他方のS354C;一方の鎖のY349Cおよび他方のE356C;一方の鎖のY349Cおよび他方のE357C;一方の鎖のL351Cおよび他方のS354C;一方の鎖のT394Cおよび他方のE397C;または一方の鎖のD399Cおよび他方のK392Cは、ヘテロ二量体形成を増加させることが見出されている。アミノ酸変化を容易にするヘテロ二量体化のさらなる例は、いわゆる「電荷対置換」である(例えば、WO 2009/089004を参照すること)。サブクラスIgG1のIgG抗体のFc領域の個々のポリペプチド鎖における以下の電荷対置換:(1)一方の鎖のK409DまたはK409E、および他方の鎖のD399KまたはD399R;(2)一方の鎖のK392DまたはK392E、および他方の鎖のD399KまたはD399R;(3)一方の鎖のK439DまたはK439E、および他方の鎖のE356KまたはE356R;(4)一方の鎖のK370DまたはK370E、および他方の鎖のE357KまたはE357R;(5)一方の鎖のK409DおよびK360D+他方の鎖のD399KおよびE356K;(6)一方の鎖のK409DおよびK370D+他方の鎖のD399KおよびE357K;(7)一方の鎖のK409DおよびK392D+他方の鎖のD399K、E356K、およびE357K;(8)一方の鎖のK409DおよびK392D、ならびに他方の鎖のD399K;(9)一方の鎖のK409DおよびK392D、ならびに他方の鎖のD399KおよびE356K;(10)一方の鎖のK409DおよびK392D、ならびに他方の鎖のD399KおよびD357K;(11)一方の鎖のK409DおよびK370D、ならびに他方の鎖のD399KおよびD357K;(12)一方の鎖のD399K、ならびに他方の鎖のK409DおよびK360D;ならびに(13)一方の鎖のK409DおよびK439D、ならびに他方のD399KおよびE356Kが、ヘテロ二量体形成を増加させることが見出されている。

0096

「(抗原との)結合」という用語は、インビトロアッセイ、一つの態様において、抗体が表面に結合しており、抗原の抗体への結合が表面プラズモン共鳴(SPR)によって測定される結合アッセイにおける、抗体の抗原との結合を示す。結合とは、10-8M以下、いくつかの態様において、10-13〜10-8M、いくつかの態様において、10-13〜10-9Mの結合親和性(KD)を意味する。

0097

結合は、BIAcoreアッセイ(GE Healthcare Biosensor AB,Uppsala,Sweden)によって調査され得る。結合の親和性は、ka(抗体/抗原複合体の会合についての速度定数)、kd(解離定数)、およびKD(kd/ka)という用語によって定義される。

0098

キメラ」抗体という用語は、重鎖および/または軽鎖の一部分が特定の起源または種に由来し、重鎖および/または軽鎖の残りの部分が異なる起源または種に由来する抗体をさす。

0099

「CH2ドメイン」という用語は、およそEU 231位からEU 340位までに及ぶ(カバットによるEUナンバリングシステム)抗体重鎖ポリペプチドの部分を示す。一つの態様において、CH2ドメインは、

のアミノ酸配列を有する。

0100

「CH3ドメイン」という用語は、およそEU 341位からEU 446位までに及ぶ抗体重鎖ポリペプチドの部分を示す。一つの態様において、CH3ドメインは、

のアミノ酸配列を有する。

0101

抗体の「クラス」とは、その重鎖が保有している定常ドメインまたは定常領域のタイプをさす。抗体の5種の主要なクラス:IgAIgDIgE、IgG、およびIgMが存在し、これらのいくつかは、サブクラス(アイソタイプ)、例えば、IgG1、IgG2、IgG3、IgG4、IgA1、およびIgA2へさらに分類され得る。免疫グロブリンの異なるクラスに相当する重鎖定常ドメインは、それぞれ、α、δ、ε、γ、およびμと呼ばれる。

0102

比較可能な長さ」という用語は、2種のポリペプチドが同一の数のアミノ酸残基を含むか、または1アミノ酸残基以上、高々10アミノ酸残基まで、長さが異なっていてもよいことを示す。一つの態様において、(Fc領域)ポリペプチドは、同一の数のアミノ酸残基を含むか、または1〜10アミノ酸残基の数だけ異なっている。一つの態様において、(Fc領域)ポリペプチドは、同一の数のアミノ酸残基を含むか、または1〜5アミノ酸残基の数だけ異なっている。一つの態様において、(Fc領域)ポリペプチドは、同一の数のアミノ酸残基を含むか、または1〜3アミノ酸残基の数だけ異なっている。

0103

「エフェクター機能」とは、抗体のFc領域に起因し得る生物学的活性をさし、それは抗体クラスによって変動する。抗体エフェクター機能の例には、C1q結合および補体依存性細胞傷害(CDC);Fc受容体結合;抗体依存性細胞傷害(ADCC);貪食細胞表面受容体(例えば、B細胞受容体)のダウンレギュレーション;ならびにB細胞活性化:が含まれる。

0104

薬剤、例えば、薬学的製剤の「有効量」とは、所望の治療的または予防的な結果を達成するため、必要な投薬量および期間で、有効な量をさす。

0105

「Fc融合ポリペプチド」という用語は、結合ドメイン(例えば、単鎖抗体などの抗原結合ドメイン、または受容体のリガンドなどのポリペプチド)の、標的、プロテインA、およびFcRnとの所望の結合活性を示す抗体Fc領域との融合物を示す。

0106

ヒト起源のFc領域」という用語は、ヒンジ領域の少なくとも一部、CH2ドメイン、およびCH3ドメインを含有しているヒト起源の免疫グロブリン重鎖のC末端領域を示す。一つの態様において、ヒトIgG重鎖Fc領域は、Cys226またはPro230から重鎖のカルボキシル末端にまで及ぶ。一つの態様において、Fc領域は、SEQID NO:60のアミノ酸配列を有する。しかしながら、Fc領域のC末端リジン(Lys447)は存在してもよいしまたは存在しなくてもよい。

0107

「FcRn」という用語は、ヒト新生児型Fc受容体を意味する。FcRnは、リソソーム分解経路からIgGを救出し、クリアランスの低下および半減期の増加をもたらすよう機能する。FcRnは、2種のポリペプチド:50kDaのクラスI主要組織適合複合体様タンパク質(αFcRn)および15kDaのβ2ミクログロブリン(β2m)からなるヘテロ二量体タンパク質である。FcRnは、IgGのFc領域のCH2-CH3部分に高い親和性で結合する。IgGとFcRnとの間の相互作用は、厳密にpH依存性であり、1:2化学量論で起こり、1個のIgG抗体分子が、その2本の重鎖を介して2個のFcRn分子に結合する(例えば、Huber,A.H.,et al.,J.Mol.Biol.230(1993)1077-1083を参照すること)。FcRn結合が酸性pH(pH<6.5)でエンドソームにおいて起こり、IgGが中性の細胞表面(約7.4のpH)に放出される。相互作用のpH感受性は、エンドソームの酸性環境内の受容体との結合による、細胞へ飲作用によって取り込まれたIgGの細胞内分解からのFcRnによって媒介される防御を容易にする。次いで、FcRnは、IgGの細胞表面へのリサイクリングおよびその後のFcRn-IgG複合体の細胞外中性pH環境への曝露による血液循環への放出を容易にする。

0108

「Fc領域のFcRn結合部分」という用語は、およそEU 243位〜EU 261位、およびおよそEU275位〜EU293位、およびおよそEU302位〜EU319位、およびおよそEU336位〜EU348位、およびおよそEU367位〜EU393位、およびEU408位、およびおよそEU424位〜EU440位に及ぶ抗体重鎖ポリペプチドの部分を意味する。一つの態様において、カバットのEUナンバリングによる以下のアミノ酸残基F243、P244、P245 P、K246、P247、K248、 D249、T250、L251、M252、I253、S254、R255、T256、P257、E258、V259、T260、C261、F275、N276、W277、Y278、V279、D280、V282、E283、V284、H285、N286、A287、K288、T289、K290、P291、R292、E293、V302、V303、S304、V305、L306、T307、V308、L309、H310、Q311、D312、W313、L314、N315、G316、K317、E318、Y319、I336、S337、K338、A339、K340、G341、Q342、P343、R344、E345、P346、Q347、V348、C367、V369、F372、Y373、P374、S375、D376、I377、A378、V379、E380、W381、E382、S383、N384、G385、Q386、P387、E388、N389、Y391、T393、S408、S424、C425、S426、V427、M428、H429、E430、A431、L432、H433、N434、H435、Y436、T437、Q438、K439、およびS440(EUナンバリング)のうちの1個以上が改変される。

0109

「フレームワーク」または「FR」とは、超可変領域(HVR)残基以外の可変ドメイン残基をさす。可変ドメインのFRは、一般に、4個のFRドメイン:FR1、FR2、FR3、およびFR4からなる。従って、HVRおよびFRの配列が、VH(またはVL)において、一般に、以下の順序出現する:FR1-H1(L1)-FR2-H2(L2)-FR3-H3(L3)-FR4。

0110

全長抗体」という用語は、4個のポリペプチドを含むかまたは本明細書において定義されるFc領域を含有している重鎖を有するネイティブ抗体構造に実質的に類似している構造を有する抗体を示す。全長抗体は、例えば、全長抗体の鎖のうちの1本以上にコンジュゲートされたscFvまたはscFabなどのさらなるドメインを含んでいてもよい。これらのコンジュゲートも、全長抗体という用語に包含される。

0111

「二量体ポリペプチド」という用語は、共有結合で会合した少なくとも2個のポリペプチドを含む複合体を示す。複合体は、他のポリペプチドと共有結合でまたは非共有結合で会合したさらなるポリペプチドを含んでいてもよい。一つの態様において、二量体ポリペプチドは、2個または4個のポリペプチドを含む。

0112

「ヘテロ二量体」または「ヘテロ二量体の」という用語は、カバットEUインデックスナンバリングシステムによって決定される対応する位置に少なくとも1個の異なるアミノ酸残基を有するアミノ酸配列を有する(例えば、比較可能な長さの)2個のポリペプチドを含む分子を意味する。

0113

「ホモ二量体」または「ホモ二量体の」という用語は、カバットEUインデックスナンバリングシステムによって決定される対応する位置に同一のアミノ酸配列を有する比較可能な長さの2個のポリペプチドを含む分子を示す。

0114

本明細書において報告される二量体ポリペプチドは、ホモ二量体またはヘテロ二量体であり得、それは、注目している変異または特性に関して決定される。例えば、FcRnおよび/またはプロテインAとの結合(即ち、注目された特性)に関して、二量体ポリペプチドは、変異H310A、H433A、およびY436A(これらの変異は、二量体ポリペプチドのFcRnおよび/またはプロテインAとの結合特性に関して注目されている)に関してホモ二量体である(即ち、二量体ポリペプチドの両方のポリペプチドがこれらの変異を有する)が、同時に、変異Y349C、T366S、L368A、およびY407V(これらの変異は、二量体ポリペプチドのヘテロ二量体化のためのものであって、FcRnおよび/またはプロテインAとの結合特性のためのものではないため、注目されていない)、ならびに変異S354CおよびT366Wに関してはそれぞれヘテロ二量体である(第1のセットは第1のポリペプチドにのみ含まれ、第2のセットは第2のポリペプチドにのみ含まれる)。さらに、例えば、本明細書において報告される二量体ポリペプチドは、変異I253A、H310A、H433A、H435A、およびY436Aに関してヘテロ二量体であり得る(即ち、これらの変異は全て二量体ポリペプチドのFcRnおよび/またはプロテインAとの結合特性のためのものである)。即ち、一方のポリペプチドが、変異I253A、H310A、およびH435Aを含み、他方のポリペプチドが、変異H310A、H433A、およびY436Aを含む。

0115

宿主細胞」、「宿主細胞株」、および「宿主細胞培養物」という用語は、交換可能に使用され、外来性核酸が導入された細胞をさし、そのような細胞の子孫を含む。宿主細胞には、初代形質転換細胞および継代回数に関わらないそれに由来する子孫を含む「形質転換体」および「形質転換細胞」が含まれる。子孫は、親細胞核酸内容が完全に同一でなくてもよく、変異を含有していてもよい。最初に形質転換された細胞においてスクリーニングされたまたは選択されたのと同一の機能または生物学的活性を有する変異体子孫が、本明細書に含まれる。

0116

ヒト抗体」とは、ヒトもしくはヒト細胞によって産生された抗体、またはヒト抗体レパートリーもしくはその他のヒト抗体コード配列を利用する非ヒト起源に由来する抗体のものに相当するアミノ酸配列を保有するものである。ヒト抗体のこの定義は、非ヒト抗原結合残基を含むヒト化抗体を特別に除外する。

0117

「ヒトコンセンサスフレームワーク」とは、ヒト免疫グロブリンのVLまたはVHのフレームワーク配列の選択において最も一般的に存在するアミノ酸残基を表すフレームワークである。一般に、ヒト免疫グロブリンのVLまたはVHの配列の選択は、可変ドメイン配列サブグループに由来する。一般に、配列のサブグループは、Kabat,E.A.et al.,Sequences of Proteins of Immunological Interest,5th ed.,Bethesda MD(1991),NIH Publication 91-3242,Vols.1-3にあるようなサブグループである。一つの態様において、VLについて、サブグループは、Kabatら(前記)にあるようなサブグループκIである。一つの態様において、VHについて、サブグループは、Kabatら(前記)にあるようなサブグループIIIである。

0118

「に由来する」という用語は、あるアミノ酸配列が、少なくとも1個の位置に改変を導入することによって、親アミノ酸配列に由来することを示す。従って、由来するアミノ酸配列は、少なくとも1個の対応する位置(抗体Fc領域のためのカバットEUインデックスによるナンバリング)において対応する親アミノ酸配列と異なる。一つの態様において、親アミノ酸配列に由来するアミノ酸配列は、対応する位置において1〜15アミノ酸残基だけ異なる。一つの態様において、親アミノ酸配列に由来するアミノ酸配列は、対応する位置において1〜10アミノ酸残基だけ異なる。一つの態様において、親アミノ酸配列に由来するアミノ酸配列は、対応する位置において1〜6アミノ酸残基だけ異なる。同様に、由来するアミノ酸配列は、その親アミノ酸配列との高いアミノ酸配列同一性を有する。一つの態様において、親アミノ酸配列に由来するアミノ酸配列は、80%以上のアミノ酸配列同一性を有する。一つの態様において、親アミノ酸配列に由来するアミノ酸配列は、90%以上のアミノ酸配列同一性を有する。一つの態様において、親アミノ酸配列に由来するアミノ酸配列は、95%以上のアミノ酸配列同一性を有する。

0119

「ヒトFc領域ポリペプチド」という用語は、「ネイティブの」または「野生型の」ヒトFc領域ポリペプチドと同一であるアミノ酸配列を示す。「バリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチド」という用語は、少なくとも1個の「アミノ酸改変」によって「ネイティブの」または「野生型の」ヒトFc領域ポリペプチドに由来するアミノ酸配列を示す。「ヒトFc領域」は、2個のヒトFc領域ポリペプチドからなっている。「バリアント(ヒト)Fc領域」は、2個のFc領域ポリペプチドからなっており、両方がバリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドであってもよいし、または一方がヒトFc領域ポリペプチドであって、他方がバリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドである。

0120

一つの態様において、ヒトFc領域ポリペプチドは、本明細書において報告される変異を有する、SEQID NO:60のヒトIgG1 Fc領域ポリペプチド、またはSEQ ID NO:61のヒトIgG2 Fc領域ポリペプチド、またはSEQ ID NO:63のヒトIgG4 Fc領域ポリペプチドのアミノ酸配列を有する。一つの態様において、バリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドは、SEQ ID NO:60または61または63のFc領域ポリペプチドに由来し、SEQ ID NO:60または61または63のFc領域ポリペプチドと比較して少なくとも1個のアミノ酸変異を有する。一つの態様において、バリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドは、約1〜約10個のアミノ酸変異、一つの態様において、約1〜約5個のアミノ酸変異を含む/有する。一つの態様において、バリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドは、SEQ ID NO:60または61または63のヒトFc領域ポリペプチドとの少なくとも約80%の相同性を有する。一つの態様において、バリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドは、SEQ ID NO:60または61または63のヒトFc領域ポリペプチドとの少なくとも約90%の相同性を有する。一つの態様において、バリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドは、SEQ ID NO:60または61または63のヒトFc領域ポリペプチドとの少なくとも約95%の相同性を有する。

0121

SEQID NO:60または61または63のヒトFc領域ポリペプチドに由来するバリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドは、含有されているアミノ酸改変によって定義される。従って、例えば、P329Gという用語は、SEQ ID NO:60または61または63のヒトFc領域ポリペプチドと比べてアミノ酸329位におけるプロリンのグリシンへの変異によってヒトFc領域ポリペプチドに由来するバリアント(ヒト)Fc領域ポリペプチドを示す。

0122

本発明において議論される全ての位置について、ナンバリングは、カバットEUインデックスナンバリングシステムによる。

0123

ヒトIgG1Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0124

変異L234A、L235Aを有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0125

Y349C、T366S、L368A、およびY407V変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0126

S354C、T366W変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0127

L234A、L235A変異、およびY349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0128

L234A、L235AおよびS354C、T366W変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0129

P329G変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0130

L234A、L235A変異、およびP329G変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0131

P239G変異、およびY349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0132

P329G変異、およびS354C、T366W変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0133

L234A、L235A、P329GおよびY349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0134

L234A、L235A、P329G変異、およびS354C、T366W変異を有するヒトIgG1Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0135

ヒトIgG4Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0136

S228PおよびL235E変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0137

S228P、L235E変異、およびP329G変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0138

S354C、T366W変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0139

Y349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0140

S228P、L235EおよびS354C、T366W変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0141

S228P、L235EおよびY349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0142

P329G変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0143

P239GおよびY349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0144

P329GおよびS354C、T366W変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0145

S228P、L235E、P329GおよびY349C、T366S、L368A、Y407V変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0146

S228P、L235E、P329GおよびS354C、T366W変異を有するヒトIgG4Fc領域由来Fc領域ポリペプチドは、以下のアミノ酸配列を有する:

0147

異なるヒトFc領域のアライメントは、以下に示される(カバットEUインデックスナンバリングシステム):

0148

ヒト化」抗体とは、非ヒトHVRに由来するアミノ酸残基と、ヒトFRに由来するアミノ酸残基とを含むキメラ抗体をさす。ある種の態様において、ヒト化抗体は、HVR(例えばCDR)の全部または実質的に全部が非ヒト抗体のものに相当し、FRの全部または実質的に全部がヒト抗体のものに相当する、少なくとも1個、典型的には2個の可変ドメインの実質的に全部を含むであろう。ヒト化抗体は、任意で、ヒト抗体に由来する抗体定常領域の少なくとも一部分を含んでいてもよい。抗体、例えば、非ヒト抗体の「ヒト化型」とは、ヒト化を受けた抗体をさす。

0149

「超可変領域」または「HVR」という用語は、本明細書において使用されるように、配列が超可変性であり(「相補性決定領域」または「CDR」)、構造的に定義されたループ(「超可変ループ」)を形成し、かつ/または抗原と接触する残基(「抗原接触部」)を含有している抗体可変ドメインの領域の各々をさす。一般に、抗体は、6個のHVRを含み;VHに3個(H1、H2、H3)、VLに3個(L1、L2、L3)を含む。本明細書に示されるHVRは、以下のものを含む。
(a)アミノ酸残基26〜32(L1)、50〜52(L2)、91〜96(L3)、26〜32(H1)、53〜55(H2)、および96〜101(H3)に存在する超可変ループ(Chothia,C.and Lesk,A.M.,J.Mol.Biol.196(1987)901-917);
(b)アミノ酸残基24〜34(L1)、50〜56(L2)、89〜97(L3)、31〜35b(H1)、50〜65(H2)、および95〜102(H3)に存在するCDR(Kabat,E.A.et al.,Sequences of Proteins of Immunological Interest,5th ed.Public Health Service,National Institutes of Health,Bethesda,MD(1991),NIH Publication 91-3242.);
(c)アミノ酸残基27c〜36(L1)、46〜55(L2)、89〜96(L3)、30〜35b(H1)、47〜58(H2)、および93〜101(H3)に存在する抗原接触部(MacCallum et al.J.Mol.Biol.262:732-745(1996));ならびに
(d)HVRアミノ酸残基46〜56(L2)、47〜56(L2)、48〜56(L2)、49〜56(L2)、26〜35(H1)、26〜35b(H1)、49〜65(H2)、93〜102(H3)、および94〜102(H3)を含む、(a)、(b)、および/または(c)の組み合わせ。

0150

他に示されない限り、HVR残基および可変ドメインのその他の残基(例えば、FR残基)は、本明細書において、カバットEUインデックスナンバリングシステム(Kabat et al.(前記))によってナンバリングされる。

0151

「IGF-1R」という用語は、本明細書において使用されるように、他に示されない限り、霊長類(例えば、ヒト)ならびに齧歯類(例えば、マウスおよびラット)などの哺乳動物を含む任意の脊椎動物起源に由来するネイティブIGF-1Rをさす。その用語には、プロセシングを受けていない「全長」IGF-1Rも包含されるし、細胞内でのプロセシングに起因するIGF-1Rの型も包含される。その用語には、IGF-1Rの天然に存在するバリアント、例えば、スプライスバリアントまたは対立遺伝子バリアントも包含される。ヒトIGF-1Rのアミノ酸配列は、SEQID NO:11に示される。

0152

「個体」または「対象」は哺乳動物である。哺乳動物には、飼育された動物(例えば、ウシ、ヒツジネコイヌ、およびウマ)、霊長類(例えば、ヒト、およびサルなどの非ヒト霊長類)、ウサギ、ならびに齧歯類(例えば、マウスおよびラット)が含まれるが、これらに限定されない。ある種の態様において、個体または対象はヒトである。

0153

「単離された」抗体とは、その天然環境の成分から分離されたものである。いくつかの態様において、抗体は、例えば、電気泳動(例えば、SDS-PAGE、等電点電気泳動IEF)、キャピラリー電気泳動)、またはクロマトグラフィ(例えば、サイズ排除クロマトグラフィイオン交換もしくは逆相HPLC)によって決定されるような95%または99%を越える純度にまで精製される。抗体純度の査定の方法の概説については、例えば、Flatman,S.et al.,J.Chrom.B 848(2007)79-87を参照すること。

0154

「単離された」核酸とは、その天然環境の成分から分離された核酸分子をさす。単離された核酸には、核酸分子を通常含有している細胞に含有されているが、染色体外または天然の染色体位置とは異なる染色体位置に存在する核酸分子が含まれる。

0155

「抗IGF-1R抗体をコードする単離された核酸」とは、抗体の重鎖および軽鎖をコードする1種以上の核酸分子(またはその断片)をさし、単一のベクターまたは別々のベクターの中のそのような核酸分子、および宿主細胞内の1個以上の位置に存在するそのような核酸分子を含む。

0156

「モノクローナル抗体」という用語は、本明細書において使用されるように、実質的に均質の抗体の集団から入手された抗体をさす。即ち、例えば、天然に存在する変異を含有しているか、またはモノクローナル抗体調製物の作製の間に発生する可能性のあるバリアント抗体を除き、集団を構成する個々の抗体が、同一でありかつ/または同一のエピトープに結合する。そのようなバリアントは、一般に、微量に存在する。典型的には、異なる決定基(エピトープ)に対する異なる抗体を含むポリクローナル抗体調製物とは対照的に、モノクローナル抗体調製物の各モノクローナル抗体は、抗原上の単一の決定基に対するものである。従って、「モノクローナル」という修飾語は、抗体の実質的に均質の集団から入手されるという抗体の特質を示すものであって、具体的な方法による抗体の作製を必要とするものと解釈されてはならない。例えば、本発明に従って使用されるモノクローナル抗体は、ハイブリドーマ法、組換えDNA法、ファージディスプレイ法、およびヒト免疫グロブリン遺伝子座の全部または一部を含有しているトランスジェニック動物を利用する方法を含むが、これらに限定されない、多様な技術によって作成され得、そのような方法およびモノクローナル抗体を作成するためのその他の例示的な方法は、本明細書に記載される。

0157

「ネイティブ抗体」とは、変動する構造を有する天然に存在する免疫グロブリン分子をさす。例えば、ネイティブIgG抗体は、ジスルフィド結合した2本の同一の軽鎖および2本の同一の重鎖から構成された、約150,000ダルトンヘテロ四量体糖タンパク質である。N末端からC末端へ、各重鎖は、可変重鎖ドメインまたは重鎖可変ドメインとも呼ばれる可変領域(VH)を有し、その後に、3個の定常ドメイン(CH1、CH2、およびCH3)を有する。同様に、N末端からC末端へ、各軽鎖は、可変軽鎖ドメインまたは軽鎖可変ドメインとも呼ばれる可変領域(VL)を有し、その後に、定常軽鎖(CL)ドメインを有する。抗体の軽鎖は、その定常ドメインのアミノ酸配列に基づき、カッパ(κ)およびラムダ(λ)と呼ばれる二つのタイプのうちの一つに割り当てられ得る。

0158

パッケージインサート」という用語は、治療用生成物適応症使用法、投薬量、投与、組み合わせ治療禁忌、および/または使用上の注意に関する情報を含有している治療用生成物の商業的パッケージ慣習的に含まれる説明書をさすために使用される。

0159

参照ポリペプチド配列に対する「アミノ酸配列同一性パーセント(%)」とは、配列を整列させ、最大の配列同一性パーセントを達成するため、必要であれば、ギャップを導入した後、参照ポリペプチド配列のアミノ酸残基と同一である候補配列のアミノ酸残基の百分率として定義され、保存的置換は配列同一性の一部として考慮されない。アミノ酸配列同一性パーセントを決定する目的のためのアライメントは、例えば、BLAST、BLAST-2、ALIGN、またはMegalign(DNASTAR)ソフトウェアなどの公に入手可能なコンピュータソフトウェアを使用して、当技術分野の技術の範囲内にある様々な方式で達成され得る。当業者は、比較されている配列の全長において最大のアライメントを達成するために必要とされる任意のアルゴリズムを含め、配列を整列させるための適切なパラメータを決定することができる。しかしながら、本明細書における目的のため、アミノ酸配列同一性%値は配列比較コンピュータプログラムALIGN-2を使用して生成される。ALIGN-2配列比較コンピュータプログラムは、Genentech,Inc.によって作成されたものであり、ソースコードは、U.S.Copyright Office(Washington D.C.,20559)にユーザードキュメンテーションと共に提出され、米国著作権登録番号TXU510087の下で登録されている。ALIGN-2プログラムは、Genentech,Inc.(South San Francisco,California)から公に入手可能であるか、またはソースコードからコンパイルされ得る。ALIGN-2プログラムは、ディジタルUNIX V4.0Dを含むUNIXオペレーティングシステムにおいて使用するためにコンパイルされるべきである。全ての配列比較パラメータが、ALIGN-2プログラムによって設定され、変動しない。

0160

ALIGN-2がアミノ酸配列比較のために利用される状況において、所定のアミノ酸配列Bに対する所定のアミノ酸配列Aのアミノ酸配列同一性%(あるいは、所定のアミノ酸配列Bに対するあるアミノ酸配列同一性%を有するかまたは含む所定のアミノ酸配列Aとも表現され得る)は、以下のように計算される:
100 x 分率X/Y
式中、Xは、そのプログラムのAおよびBのアライメントにおいて配列アライメントプログラムALIGN-2によって同一マッチとしてスコア化されたアミノ酸残基の数であり、Yは、B内のアミノ酸残基の総数である。アミノ酸配列Aの長さが、アミノ酸配列Bの長さと等しくない場合には、AのBとのアミノ酸配列同一性%が、BのAとのアミノ酸配列同一性%と等しくないことが理解されるであろう。他に特記されない限り、本明細書において使用されるアミノ酸配列同一性%値は、全て、ALIGN-2コンピュータプログラムを使用して、直前パラグラフに記載されたように入手される。

0161

「薬学的製剤」という用語は、そこに含有されている活性成分の生物学的活性が有効であることを可能にするような形態にあり、その製剤が投与される対象に対して許容されないほどに毒性である付加的な成分を含有していない調製物をさす。

0162

「薬学的に許容される担体」とは、対象に対して非毒性である、活性成分以外の薬学的製剤中の成分をさす。薬学的に許容される担体には、緩衝液賦形剤、安定剤、または保存剤が含まれるが、これらに限定されない。

0163

ペプチドリンカー」という用語は、本明細書において使用されるように、一つの態様において、合成起源のものである、アミノ酸配列を有するペプチドを示す。ペプチドリンカーは、一つの態様において、少なくとも30アミノ酸の長さを有し、一つの態様において、32〜50アミノ酸の長さを有するアミノ酸配列を有するペプチドである。一つの態様において、ペプチドリンカーは、32〜40アミノ酸の長さを有するアミノ酸配列を有するペプチドである。一つの態様において、ペプチドリンカーは、(GxS)n[G=グリシン、S=セリン、(x=3、n=8、9、もしくは10)または(x=4、n=6、7、もしくは8)、一つの態様において、x=4、n=6もしくは7、一つの態様において、x=4、n=7]である。一つの態様において、ペプチドリンカーは(G4S)6G2である。

0164

組換え抗体」という用語は、本明細書において使用されるように、組換え手段によって調製され、発現され、作出され、または単離された全ての抗体(キメラ、ヒト化、およびヒト)を示す。これには、NS0細胞もしくはCHO細胞などの宿主細胞、もしくはヒト免疫グロブリン遺伝子についてトランスジェニックの動物(例えば、マウス)から単離された抗体、または宿主細胞へトランスフェクトされた組換え発現ベクターを使用して発現された抗体が含まれる。そのような組換え抗体は、再編成された形態で可変領域および定常領域を有する。組換え抗体はインビボ体細胞変異に供されてもよい。従って、組換え抗体のVH領域およびVL領域のアミノ酸配列は、ヒト生殖系列VH配列およびVL配列に由来し、それらに関連しているが、インビボのヒト抗体生殖系列レパートリー内に天然には存在し得ない配列である。

0165

本明細書において使用されるように、「処置」(ならびに「処置する」または「処置すること」といったその文法上の変動)は、処置されている個体の自然経過を改変する試みにおける臨床的介入をさし、予防のために実施されてもよいし、または臨床病理の経過中に実施されてもよい。処置の望ましい効果には、疾患の発生または再発の防止、症状の軽減、疾患の直接または間接病理学的結果の縮小転移の防止、疾患進行の速度の減少、疾患状態寛解または緩和、および緩解または予後の改善が含まれるが、これらに限定されない。いくつかの態様において、本明細書において報告される抗体またはFc領域融合ポリペプチドは、疾患の発症遅延させるかまたは疾患の進行を遅くするために使用される。

0166

「価」という用語は、本願において使用されるように、明示された数の結合部位が(抗体)分子に存在することを示す。従って、「二価」、「四価」、および「六価」という用語は、それぞれ、2個の結合部位、4個の結合部位、および6個の結合部位が(抗体)分子に存在することを示す。本明細書において報告される二重特異性抗体は、一つの好ましい態様において、「二価」である。

0167

「可変領域」または「可変ドメイン」という用語は、抗体の抗原との結合に関与する、抗体の重鎖または軽鎖のドメインをさす。抗体の重鎖および軽鎖の可変ドメイン(それぞれ、VHおよびVL)は、一般に、類似した構造を有しており、各ドメインが、4個のフレームワーク領域(FR)および3個の超可変領域(HVR)を含む(例えば、Kindt,T.J.et al.Kuby Immunology,6th ed.,W.H.Freeman and Co.,N.Y.(2007),page 91を参照すること)。単一のVHドメインまたはVLドメインが抗原結合特異性を付与するのに十分であり得る。さらに、特定の抗原に結合する抗体は、それぞれ、相補的なVLドメインまたはVHドメインのライブラリをスクリーニングするため、抗原に結合する抗体に由来するVHドメインまたはVLドメインを使用して単離され得る(例えば、Portolano,S.et al.,J.Immunol.150(1993)880-887;Clackson,T.et al.,Nature 352(1991)624-628を参照すること)。

0168

「眼血管疾患」という用語には、糖尿病性網膜症糖尿病性黄斑浮腫未熟児網膜症血管新生緑内障網膜静脈閉塞網膜中心静脈閉塞、黄斑変性加齢性黄斑変性色素性網膜炎網膜血管腫増殖、黄斑毛細血管拡張症虚血性網膜症虹彩血管新生、眼内血管新生、角膜血管新生網膜血管新生脈絡膜血管新生、および網膜変性などの眼内新生血管症候群が含まれるが、これらに限定されない(例えば、Garner,A.,Vascular diseases,In:Pathobiology of ocular disease,A dynamic approach,Garner,A.,and Klintworth,G.K.,(eds.),2nd edition,Marcel Dekker,New York(1994),pp.1625-1710を参照すること)。

0169

「ベクター」という用語は、本明細書において使用されるように、連結されたもう一つの核酸を繁殖させることができる核酸分子をさす。その用語には、自己複製性の核酸構造としてのベクターが含まれ、それが導入された宿主細胞のゲノムへ組み込まれたベクターも含まれる。ある種のベクターは、機能的に連結された核酸の発現を指図することができる。そのようなベクターは、本明細書において「発現ベクター」と呼ばれる。

0170

「VEGF」という用語は、本明細書において使用されるように、ヒト血管内皮増殖因子(VEGF/VEGF-A)、165アミノ酸ヒト血管内皮細胞増殖因子(ヒトVEGF165の前駆配列:SEQID NO:30のアミノ酸27〜191;アミノ酸1〜26はシグナルペプチドを表す)、ならびにLeung,D.W.,et al.,Science 246(1989)1306-1309;Houck et al.,Mol.Endocrin.5(1991)1806-1814;Keck,P.J.,et al.,Science 246(1989)1309-1312、およびConnolly,D.T.,et al.,J.Biol.Chem.264(1989)20017-20024によって記載されるような、関連する121、189、および206の血管内皮細胞増殖因子アイソフォームを、それらの増殖因子の天然に存在する対立遺伝子およびプロセシングされた型と共にさす。VEGFは、腫瘍および眼内障害に関連した正常および異常な血管新生および新血管新生の制御に関与する(Ferrara,N.,et al.,Endocrin.Rev.18(1997)4-25;Berkman,R.A.,et al.,J.Clin.Invest.91(1993)153-159;Brown,L.F.,et al.,Human Pathol.26(1995)86-91;Brown,L.F.,et al.,Cancer Res.53(1993)4727-4735;Mattern,J.,et al.,Brit.J.Cancer.73(1996)931-934;およびDvorak,H.F.,et al.,Am.J.Pathol.146(1995)1029-1039)。VEGFは、いくつかの起源から単離されているホモ二量体糖タンパク質であり、いくつかのアイソフォームを含む。VEGFは、内皮細胞のための高度に特異的な細胞分裂促進活性を示す。

0171

「変異IHH-AAAを有する」という用語は、本明細書において使用されるように、IgG1サブクラスまたはIgG4サブクラスの定常重鎖領域における変異I253A(Ile253Ala)、H310A(His310Ala)、およびH435A(His435Ala)の組み合わせをさし、「変異HHY-AAAを有する」という用語は、本明細書において使用されるように、変異H310A(His310Ala)、H433A(His433Ala)、およびY436A(Tyr436Ala)の組み合わせをさし、「変異YTEを有する」という用語は、本明細書において使用されるように、変異M252Y(Met252Tyr)、S254T(Ser254Thr)、およびT256E(Thr256Glu)の組み合わせをさす(ナンバリングはカバットEUインデックスナンバリングシステムによる)。

0172

「変異P329G LALAを有する」という用語は、本明細書において使用されるように、IgG1サブクラスの定常重鎖領域における変異L234A(Leu235Ala)、L235A(Leu234Ala)、およびP329G(Pro329Gly)の組み合わせをさす(ナンバリングはカバットEUインデックスナンバリングシステムによる)。「変異SPLEを有する」という用語は、本明細書において使用されるように、IgG4サブクラスの定常重鎖領域における変異S228P(Ser228Pro)およびL235E(Leu235Glu)の組み合わせをさす(ナンバリングはカバットEUインデックスナンバリングシステムによる)。「変異SPLEおよびP329Gを有する」という用語は、本明細書において使用されるように、IgG4サブクラスの定常重鎖領域における変異S228P(Ser228Pro)、L235E(Leu235Glu)、およびP329G(Pro329Gly)の組み合わせをさす(ナンバリングはカバットEUインデックスナンバリングシステムによる)。

0173

II.組成物および方法
一つの局面において、本発明は、Fc領域の一方または両方のFc領域ポリペプチドへの変異Y436Aの導入が、Fc領域のブドウ球菌プロテインAとの結合を増加させ得るという所見に一部分基づく。

0174

一つの局面において、本発明は、免疫グロブリンFc領域の新生児型Fc受容体(FcRn)との結合に影響を及ぼす、即ち、Fc領域のFcRnとの結合を低下させるかまたはさらには排除する特定の変異または変異の組み合わせが、Fc領域のブドウ球菌プロテインAとの結合を同時に排除することはないという所見に一部分基づく。このことは、例えば、κ軽鎖を含む抗体にのみ結合するKappaSelectなどの特異的な種限定的なアフィニティクロマトグラフィ材料が必要とされないため、例えば、利用され得る精製過程に対して甚大な効果を及ぼす。従って、本明細書において報告される変異の組み合わせによって、ブドウ球菌プロテインAとの結合を維持しながら、同時に、FcRnとの結合を低下させるかまたはさらには排除することが可能である。

0175

一つ局面において、本発明は、例えば、二重特異性抗体などのヘテロ二量体分子の各重鎖のFc領域において異なる変異を使用することによって、一方では低下したまたはさらには排除されたFcRnとの結合を有するが、他方ではブドウ球菌プロテインAと結合する能力を維持するものが提供され得るという所見に一部分基づく。このブドウ球菌プロテインAとの結合は、ホモ二量体副生成物からヘテロ二量体分子を分離するために使用され得る。例えば、ノブ・イントゥ・ホールアプローチを使用して、一方の重鎖Fc領域における変異I253A、H310A、およびH435Aを、他方の重鎖Fc領域における変異H310A、H433A、およびY436Aと組み合わせることによって、一方ではFcRnに結合しないが(両方の変異のセットがヒトFcRnに関してサイレントである)、ブドウ球菌プロテインAとの結合を維持するヘテロ二量体Fc領域を入手することができる(変異I253A、H310A、およびH435Aを有する重鎖Fc領域は、FcRnに結合せず、ブドウ球菌プロテインAに結合せず、変異H310A、H433A、およびY436Aを有する重鎖Fc領域は、FcRnに結合しないが、ブドウ球菌プロテインAには結合する)。従って、ホモ二量体ホール・ホール副生成物は、もはやブドウ球菌プロテインAに結合しないため、ホモ二量体ホール・ホール副生成物を除去するために標準的なプロテインAアフィニティクロマトグラフィを使用することができる。従って、ノブ・イントゥ・ホールアプローチを、ホール鎖における変異I253A、H310A、およびH435A、ならびにノブ鎖における変異H310A、H433A、およびY436Aと組み合わせることによって、ホモ二量体ホール・ホール副生成物からのヘテロ二量体ノブ・イントゥ・ホール生成物の精製/分離を容易にすることができる。

0176

一つの局面において、本発明は、FcRn結合を有しない抗体は、血液網膜関門を通過することができ、眼においては実質的に延長された半減期または短縮された半減期を有しておらず、血液循環から迅速に除去され、眼外では全身性副作用を有しないかまたは極めて限定された全身性副作用を有するため、硝子体内適用のために有益であるという所見に一部分基づく。本発明の抗体は、例えば、眼血管疾患の診断または処置のために有用である。

0177

本発明は、Fc領域のFc領域ポリペプチドの各々において異なる変異を使用することによって、特別に調整されたFcRn結合を有する、例えば、二重特異性抗体などのヘテロ二量体分子を提供することができ、それと共に、特別に調整された全身半減期を有する抗体を提供することができるという所見に少なくとも一部分基づく。

0178

変異I253A、H310A、H435A、またはL251D、L314D、L432D、またはL251S、L314S、L432Sの組み合わせは、プロテインAとの結合の喪失をもたらし、変異I253A、H310A、H435A、またはH310A、H433A、Y436A、またはL251D、L314D、L432Dの組み合わせは、ヒト新生児型Fc受容体との結合の喪失をもたらす。

0179

以下の表は、相互作用に関与するか、または相互作用を修飾するために変化させられた、Fc領域のアミノ酸残基の例示的な概要提示する。

0180

0181

変異Y436Aと組み合わせて使用され得る、本明細書において報告される修飾は、ヒトFcRnなどの1種以上のFc受容体に対する結合特異性を改変する。同時に、ヒトFcRnとの結合を改変する変異のうちのいくつかは、ブドウ球菌プロテインAとの結合も改変する。付加的な変異Y436Aを使用することによって、ブドウ球菌プロテインAとの結合のこの低下を、低下させるかまたはさらには克服することができる。

0182

一つの態様において、本明細書において報告される変異の組み合わせは、この変異の組み合わせを欠く対応する二量体ポリペプチドと比較して、二量体ポリペプチドの血清半減期を改変するかまたは実質的に改変する。一つの態様において、変異の組み合わせは、さらに、この変異の組み合わせを欠く対応する二量体ポリペプチドと比較して、二量体ポリペプチドのブドウ球菌プロテインAとの結合を改変しないかまたは実質的に改変しない。

0183

A.新生児型Fc受容体(FcRn)
新生児型Fc受容体(FcRn)は、インビボのIgGクラスの抗体の代謝的運命にとって重要である。FcRnは、リソソーム分解経路から野生型IgGを救出し、クリアランスの低下および半減期の増加をもたらすよう機能する。それは、2種のポリペプチド:50kDaのクラスI主要組織適合性複合体様タンパク質(αFcRn)および15kDaのβ2ミクログロブリン(β2m)からなるヘテロ二量体タンパク質である。FcRnは、クラスIgGの抗体のFc領域のCH2-CH3部分に高い親和性で結合する。クラスIgGの抗体とFcRnとの間の相互作用は、pH依存性であり、1:2化学量論で起こる。即ち、1個のIgG抗体分子が、その2個の重鎖Fc領域ポリペプチドを介して2個のFcRn分子と相互作用することができる(例えば、Huber,A.H.,et al.,J.Mol.Biol.230(1993)1077-1083を参照すること)。

0184

従って、IgGのインビトロのFcRn結合特性/特徴は、血液循環におけるインビボの薬物動態学的特性を示す。

0185

FcRnとIgGクラスの抗体のFc領域との間の相互作用には、重鎖のCH2ドメインおよびCH3ドメインの異なるアミノ酸残基が関係している。FcRnと相互作用するアミノ酸残基は、およそEU 243位〜EU 261位、およそEU 275位〜EU 293位、およそEU 302位〜EU 319位、およそEU 336位〜EU 348位、およそEU 367位〜EU 393位、およそEU 408位、およびおよそEU 424位〜EU 440位に位置する。より具体的には、カバットのEUナンバリングによる以下のアミノ酸残基が、Fc領域とFcRnとの間の相互作用に関与している:F243、P244、P245 P、K246、P247、K248、D249、T250、L251、M252、I253、S254、R255、T256、P257、E258、V259、T260、C261、F275、N276、W277、Y278、V279、D280、V282、E283、V284、H285、N286、A287、K288、T289、K290、P291、R292、E293、V302、V303、S304、V305、L306、T307、V308、L309、H310、Q311、D312、W313、L314、N315、G316、K317、E318、Y319、I336、S337、K338、A339、K340、G341、Q342、P343、R344、E345、P346、Q347、V348、C367、V369、F372、Y373、P374、S375、D376、I377、A378、V379、E380、W381、E382、S383、N384、G385、Q386、P387、E388、N389、Y391、T393、S408、S424、C425、S426、V427、M428、H429、E430、A431、L432、H433、N434、H435、Y436、T437、Q438、K439、およびS440。

0186

部位特異的変異誘発研究によって、IgGのFc領域におけるFcRnのための重大な結合部位が、ヒスチジン310、ヒスチジン435、およびイソロイシン253であり、より少ない程度に、ヒスチジン433およびチロシン436であることが判明した(例えば、Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.29(1999)2819-2825;Raghavan,M.,et al.,Biochem.34(1995)14649-14657;Medesan,C.,et al.,J Immunol.158(1997)2211-2217を参照すること)。

0187

IgGのFcRnとの結合を増加させる方法は、様々なアミノ酸残基においてIgGを変異させることによって実施されている:トレオニン250、メチオニン252、セリン254、トレオニン256、トレオニン307、グルタミン酸380、メチオニン428、ヒスチジン433、およびアスパラギン434(Kuo,T.T.,et al.,J.Clin.Immunol.30(2010)777-789を参照すること)。

0188

いくつかのケースにおいて、血液循環における低下した半減期を有する抗体が望まれる。例えば、硝子体内適用のための薬物は、患者の眼において長い半減期を有し、血液循環において短い半減期を有するべきである。そのような抗体は、疾患部位、例えば、眼における曝露の増加という利点を有する。

0189

FcRn結合に影響を及ぼし、それと共に、血液循環中の半減期に影響を及ぼす種々の変異が公知である。マウスFc領域-マウスFcRn相互作用にとって重大なFc領域残基が、部位特異的変異誘発によって同定されている(例えば、Dall'Acqua,W.F.,et al.J.Immunol 169(2002)5171-5180を参照すること)。残基I253、H310、H433、N434、およびH435(カバットによるEUナンバリング)が、相互作用に関与する(Medesan,C.,et al.,Eur.J.Immunol.26(1996)2533-2536;Firan,M.,et al.,Int.Immunol.13(2001)993-1002;Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.24(1994)542-548)。残基I253、H310、およびH435は、ヒトFcのマウスFcRnとの相互作用のために重大であることが見出された(Kim,J.K.,et al.,Eur.J.Immunol.29(1999)2819-2855)。残基M252Y、S254T、T256Eは、FcRn結合を改善することが、タンパク質間相互作用研究によって、Dall'Acquaらによって記載されている(Dall'Acqua,W.F.,et al.J.Biol.Chem.281(2006)23514-23524)。ヒトFc-ヒトFcRn複合体の研究は、残基I253、S254、H435、およびY436が相互作用のために重大であることを示した(Firan,M.,et al.,Int.Immunol.13(2001)993-1002;Shields,R.L.,et al.,J.Biol.Chem.276(2001)6591-6604)。Yeung,Y.A.,et al.(J.Immunol.182(2009)7667-7671)には、残基248〜259および301〜317および376〜382および424〜437の様々な変異体が、報告され調査されている。例示的な変異およびFcRn結合に対するそれらの効果は、以下の表にリストされる。

0190

0191

一方のFc領域ポリペプチドにおける片側の1個の変異が、結合を有意に弱めるのに十分であることが見出された。Fc領域へ導入される変異が多くなるほど、FcRnとの結合が弱くなる。しかし、片側の非対称の変異は、FcRn結合を完全に阻害するのには十分でない。FcRn結合を完全に阻害するには、両側の変異が必要である。

0192

FcRn結合に影響を及ぼすためのIgG1Fc領域の対称的な操作の結果が、以下の表に示される(変異のアライメントおよびFcRnアフィニティクロマトグラフィカラムにおける保持時間)。

0193

0194

3分未満の保持時間は、物質フロースルー中にあるため、非結合に相当する(ボイドピーク)。

0195

単一の変異H310Aは、FcRn結合を欠失させるための最もサイレントの対称的変異である。

0196

対称的な単一の変異I253AおよびH435Aは、0.3〜0.4分の保持時間の相対的なシフトをもたらす。これは、一般に、検出不能の結合と見なされ得る。

0197

単一の変異Y436Aは、FcRnアフィニティカラムへの検出可能な相互作用の強さをもたらす。この理論に拘束はされないが、この変異は、I253A、H310A、およびH435A変異の組み合わせ(IHH-AAA変異)などのゼロ相互作用と区別され得る、インビボのFcRnによって媒介される半減期に対する効果を有し得る。

0198

対称的に修飾された抗HER2抗体で入手された結果は、以下の表に提示される(参考のため、WO 2006/031370も参照すること)。

0199

0200

非対称のFcRn結合に影響する変異のFc領域への導入の効果は、ノブ・イントゥ・ホールテクノロジーを使用して組み立てられた二重特異性抗体で例示されている(例えば、US 7,695,936、US 2003/0078385を参照すること;「ホール鎖」変異:S354C/T366W、「ノブ鎖」変異:Y349C/T366S/L368A/Y407V)。非対称的に導入された変異のFcRn結合に対する効果は、FcRnアフィニティクロマトグラフィ法を使用して、容易に決定され得る(図9および以下の表を参照すること)。FcRnアフィニティカラムからのより遅い溶出を有する、即ち、FcRnアフィニティカラムにおけるより長い保持時間を有する抗体は、より長いインビボ半減期を有し、その逆も同様である。

0201

0202

非対称のFcRn結合に影響する変異のFc領域への導入の効果は、非対称の変異の導入を可能にするため、ノブ・イントゥ・ホールテクノロジーを使用して組み立てられた単一特異性抗IGF-1R抗体でさらに例示されている(例えば、US 7,695,936、US 2003/0078385を参照すること;「ホール鎖」変異:S354C/T366W、「ノブ鎖」変異:Y349C/T366S/L368A/Y407V)。非対称的に導入された変異のFcRn結合に対する効果は、FcRnアフィニティクロマトグラフィ法を使用して、容易に決定され得る(以下の表を参照すること)。FcRnアフィニティカラムからのより遅い溶出を有する、即ち、FcRnアフィニティカラムにおけるより長い保持時間を有する抗体は、より長いインビボ半減期を有し、その逆も同様である。

0203

0204

非対称のIHH-AAA変異およびLLL-DDD変異(LLL-DDD変異=変異L251D、L314D、およびL432Dの組み合わせ)は、対応する親抗体または野生型抗体より弱い結合を示す。

0205

対称のHHY-AAA変異(=変異H310A、H433A、およびY436Aの組み合わせ)は、ヒトFcRnにもはや結合しないFc領域をもたらすが、プロテインAとの結合は維持される(図11、12、13、および14を参照すること)。

0206

非対称のFcRn結合に影響する変異のFc領域への導入の効果は、非対称の変異の導入を可能にするため、ノブ・イントゥ・ホールテクノロジーを使用して組み立てられた、単一特異性抗IGF-1R抗体(IGF-1R)、二重特異性抗VEGF/ANG2抗体(VEGF/ANG2)、および両方の重鎖のC末端への融合を有する全長抗体(融合物)でさらに例示された(例えば、US 7,695,936、US 2003/0078385を参照すること;「ホール鎖」変異:S354C/T366W、「ノブ鎖」変異:Y349C/T366S/L368A/Y407V)。導入された変異のFcRn結合およびプロテインA結合に対する効果は、FcRnアフィニティクロマトグラフィ法、プロテインAアフィニティクロマトグラフィ法、およびSPRに基づく方法を使用して、容易に決定され得る(以下の表を参照すること)。

0207

0208

本明細書において報告される一つの局面は、本明細書において報告されるバリアントヒトIgGクラスFc領域を含む抗体またはFc領域融合ポリペプチドである。

0209

本明細書において報告されるFc領域(二量体ポリペプチド)は、Fc領域融合ポリペプチドまたは全長抗体に含有されている時、上記の特徴を分子に付与する。融合パートナーは、インビボ半減期が低下または増加させられるべきであり、即ち、インビボ半減期が明白に定義され、その意図された適用のために特別に調整されるべきである、生物学的活性を有する任意の分子であり得る。

0210

Fc領域融合ポリペプチドは、例えば、TNFR-Fc領域融合ポリペプチド(TNFR=ヒト腫瘍壊死因子受容体)またはIL-1R-Fc領域融合ポリペプチド(IL-1R=ヒトインターロイキン1受容体)またはVEGFR-Fc領域融合ポリペプチド(VEGFR=ヒト血管内皮増殖因子受容体)、またはANG2R-Fc領域融合ポリペプチド(ANG2R=ヒトアンジオポエチン2受容体)のように、例えば、本明細書において報告されるバリアント(ヒト)IgGクラスFc領域と、リガンドを含む標的に結合する受容体タンパク質とを含み得る。

0211

Fc領域融合ポリペプチドは、例えば、本明細書において報告されるバリアント(ヒト)IgGクラスFc領域と、例えば、抗体Fab断片、scFv(例えば、Nat.Biotechnol.23(2005)1126-1136を参照すること)、またはドメイン抗体(dAb)(例えば、WO 2004/058821、WO 2003/002609を参照すること)を含む、標的に結合する抗体断片とを含み得る。

0212

Fc領域融合ポリペプチドは、例えば、本明細書において報告されるバリアント(ヒト)ヒトIgGクラスFc領域と、受容体リガンド(天然に存在するかまたは人工的なもの)とを含み得る。

0213

抗体、例えば、全長抗体またはCrossMabは、本明細書において報告されるバリアント(ヒト)ヒトIgGクラスFc領域を含み得る。

0214

B.眼血管疾患
眼血管疾患は、新しい血管の改変されたまたは制御されない増殖、および網膜または角膜などの眼組織の構造への浸潤を特徴とする病理学的状態である。

0215

一つの態様において、眼血管疾患は、滲出型加齢黄斑変性滲出型AMD)、萎縮型加齢黄斑変性萎縮型AMD)、糖尿病性黄斑浮腫(DME)、嚢胞性黄斑浮腫(CME)、非増殖性糖尿病性網膜症(NPDR)、増殖性糖尿病性網膜症(PDR)、嚢胞性黄斑浮腫、血管炎(例えば、網膜中心静脈閉塞)、視神経乳頭浮腫網膜炎結膜炎葡萄膜炎、脈絡膜炎多発性脈絡膜炎、眼ヒストプラスマ症眼瞼炎ドライアイ(シェーグレン病)、およびその他の眼科疾患からなる群より選択され、眼の疾患または障害は、眼血管新生血管漏出、および/または網膜浮腫に関連している。

0216

本明細書において報告される二量体ポリペプチドを含む抗体は、滲出型AMD、萎縮型AMD、CME、DME、NPDR、PDR、眼瞼炎、ドライアイ、および葡萄膜炎、一つの好ましい態様において、滲出型AMD、萎縮型AMD、眼瞼炎、およびドライアイの防止および処置において有用であり、一つの好ましい態様において、CME、DME、NPDR、およびPDRの防止および処置においても有用であり、一つの好ましい態様において、眼瞼炎およびドライアイ、特に、滲出型AMDおよび萎縮型AMD、特に、滲出型AMDの防止および処置においても有用である。

0217

いくつかの態様において、眼血管疾患は、滲出型加齢黄斑変性(滲出型AMD)、黄斑浮腫、網膜静脈閉塞、未熟児網膜症、および糖尿病性網膜症からなる群より選択される。

0219

網膜/脈絡膜血管新生に関連した疾患には、糖尿病性網膜症、黄斑変性、鎌状赤血球貧血サルコイド、梅毒、弾性線維仮性黄色腫パジェット病、静脈閉塞、動脈閉塞、頸動脈閉塞疾患、慢性ブドウ膜炎硝子体炎、マイコバクテリア感染、ライム病全身性エリテマトーデス、未熟児網膜症、網膜色素変性症、網膜浮腫(黄斑浮腫を含む)、イールズ病ベーチェット病、網膜炎または脈絡膜炎を引き起こす感染、推定眼ヒストプラスマ症ベスト病近視視神経乳頭小窩シュタルガルト病毛様体扁平部炎、慢性網膜剥離過粘稠度症候群トキソプラズマ症、外傷合併症、およびレーザー後合併症が含まれるが、これらに限定されない。

0220

他の疾患には、ルベオーシス隅角の血管新生)に関連した疾患、および増殖性硝子体網膜症の全ての型を含む、血管結合組織または線維組織異常増殖によって引き起こされた疾患が含まれるが、これらに限定されない。

0221

未熟児網膜症(ROP)は、未熟児に影響する眼の疾患である。それは、瘢痕および網膜剥離をもたらす網膜血管の無秩序成長によって引き起こされると考えられている。ROPは、軽症であり得、自然に消散する場合もあるが、重篤な症例においては失明に至ることもある。そのため、全ての未熟児がROPのリスクを有しており、極低出生体重は、付加的なリスクファクターである。酸素毒性および相対低酸素の両方が、ROPの発症に寄与し得る。

0222

黄斑変性は、網膜の黄斑部として公知の眼の内側の裏打ちの中心が、薄くなり、萎縮し、いくつかの症例においては、出血する、高齢成人において主に見出される医学的状態である。これは、中心視の喪失をもたらすことができ、それは、細かい細部を見る能力、読む能力、または顔を認識する能力の喪失を伴う。American Academy of Ophthalmologyによると、それは、今日、米国において、50を超える者についての中心視喪失(盲目)の主要な原因である。より若い個体に影響するいくつかの黄斑ジストロフィーは、時に黄斑変性と呼ばれるが、この用語は、一般に、加齢黄斑変性(AMDまたはARMD)をさす。

0223

加齢黄斑変性は、黄斑(中心窩と呼ばれる詳細な中心視を提供する網膜の中央部)における網膜色素上皮とその下にある脈絡膜との間のドルーゼンと呼ばれる特徴的な黄色沈着物から開始する。(加齢黄斑症と呼ばれる)これらの初期変化を有する大部分の人々は良好な視覚を有する。ドルーゼンを有する人々は、続いて進行AMDを発症する場合がある。ドルーゼンが大きく、多数であり、黄斑下の色素細胞層の妨害に関連している場合、リスクは相当に高くなる。大きく柔らかいドルーゼンは、コレステロール沈着上昇に関連しており、コレステロール低下剤またはレオ手技(Rheo Procedure)に応答する場合がある。

0224

重度の失明の原因となる進行AMDは、二つの型:萎縮型および滲出型を有する。中心の地図状萎縮、萎縮型の進行AMDは、眼の中央部における光受容体桿体および錐体)の喪失を通して失明を引き起こす、網膜下網膜色素上皮層への萎縮に起因する。この状態のために利用可能な処置は存在しないが、高用量の抗酸化剤ルテイン、およびゼアキサンチンを含むビタミンサプリメントが、萎縮型黄斑変性の進行を遅くし、一部の患者においては、視力を改善することが、National Eye Instituteおよびその他によって証明されている。

0225

色素性網膜炎(RP)は、遺伝性の眼状態の群である。RPの症状の進行においては、一般に、夜盲症が、数年またはさらには数十年トンネル視野先行する。RPを有する多くの人々が、40代または50代までは法的盲にならず、一生、ある程度の視界を保持する。RPから全となる者もおり、いくつかの症例においては、早くも小児期にそれが起こる。RPの進行は、各症例において異なる。RPは、網膜の光受容体(桿体および錐体)または網膜色素上皮(RPE)の異常が進行性の失明に至る遺伝性障害の群、遺伝性網膜ジストロフィーの1種である。影響された個体は、まず、暗順応欠陥または夜盲(夜盲症)を経験し、続いて、(トンネル状視野として公知の)末梢視野の低下、時には、疾患の経過の後期に中心視の喪失を経験する。

0226

黄斑浮腫は、網膜の黄色の中心部である眼の黄斑の上下に液体およびタンパク質の沈着物が蓄積し、肥厚および腫脹が引き起こされた時に起こる。黄斑は、眼球後ろの網膜の中心に近いため、腫脹は中心視を歪めることがある。この部分は、人間が直接視線内にある形、色、および詳細を見ることを可能にするため、鮮明な明瞭な中心視を提供する密に充填された錐体を保持している。嚢胞性黄斑浮腫は、嚢胞形成を含む黄斑浮腫の1種である。

0227

C.ブドウ球菌プロテインAアフィニティクロマトグラフィカラムによる抗体精製
一つの局面において、N末端からC末端の方向に、1個以上のシステイン残基を含む免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部分と、免疫グロブリンCH2ドメインと、免疫グロブリンCH3ドメインとを各々含む第1のポリペプチドおよび第2のポリペプチドを含む二量体ポリペプチドであって、第1のポリペプチド、第2のポリペプチド、または第1および第2のポリペプチドが、変異Y436A(カバットEUインデックスナンバリングシステムによるナンバリング)を含むものが提供される。

0228

この二量体ポリペプチドは、変異のため、ブドウ球菌プロテインAに対する改善された結合の特性を有する。

0229

従って、これらの抗体は、MabSelectSureなどの従来のプロテインAアフィニティ材料を使用することによって、不要の副生成物から精製、即ち、分離され得る。例えば、κサブクラスの軽鎖を含む抗体でのみ使用可能であるKappaSelectなどの、高度に精巧であるが種限定的なアフィニティ材料を使用することは、必要とされない。さらに、軽鎖サブクラスの修飾/交換がなされた場合に、精製法適応させることは、必要とされない(それぞれ図11および12を参照すること)。

0230

本明細書において報告される一つの局面は、以下の工程を含む、本明細書において報告される二量体ポリペプチドを作製する方法である:
(a)本明細書において報告される二量体ポリペプチドをコードする1種以上の核酸を含む哺乳動物細胞を培養する工程、
(b)培養培地から二量体ポリペプチドを回収する工程、および
(c)プロテインAアフィニティクロマトグラフィによって二量体ポリペプチドを精製し、それによって、二量体ポリペプチドを作製する工程。

0231

本明細書において報告される一つの局面は、二量体Fc領域ポリペプチドのプロテインAとの結合を増加させるための変異Y436Aの使用である。

0232

変異Y436Aを導入することによって、ブドウ球菌プロテインA(SPA)との結合が増加し得ることが見出された。これは、例えば、I253AおよびH310AまたはH310AおよびH435AなどのSPAとの結合を低下させる付加的な変異が導入される場合、例えば、有利である(図15を参照すること)。

0233

本明細書において報告される二量体ポリペプチドは、組換え手段によって作製される。従って、本発明の一つの局面は、本明細書において報告される二量体ポリペプチドをコードする核酸であり、さらなる局面は、本明細書において報告される二量体ポリペプチドをコードする核酸を含む細胞である。組換え作製の方法は、当技術分野の到達水準において広く公知であり、原核細胞および真核細胞におけるタンパク質発現、その後の二量体ポリペプチドの単離を含み、一般的には、薬学的に許容される純度への精製を含む。宿主細胞における前記のような二量体ポリペプチドの発現のため、それぞれ第1および第2のポリペプチドをコードする核酸を、標準的な方法によって、発現ベクターへ挿入する。発現は、CHO細胞、NS0細胞、SP2/0細胞、HEK293細胞、COS細胞、PER.C6細胞、酵母、または大腸菌(E.coli)細胞などの適切な原核生物または真核生物の宿主細胞において実施され、二量体ポリペプチドが細胞(培養上清または溶解後の細胞)から回収される。

0234

抗体の組換え作製のための一般法は、当技術分野において周知であり、例えば、Makrides,S.C.,Protein Expr.Purif.17(1999)183-202;Geisse,S.,et al.,Protein Expr.Purif.8(1996)271-282;Kaufman,R.J.,Mol.Biotechnol.16(2000)151-160;Werner,R.G.,Drug Res.48(1998)870-880の概説論文に記載されている。

0235

従って、本明細書において報告される一つの局面は、以下の工程を含む、本明細書において報告される二量体ポリペプチドの作製の方法である。
(a)本明細書において報告される二量体ポリペプチドをコードする核酸分子を含む1種以上のベクターによって宿主細胞を形質転換する工程、
(b)二量体ポリペプチドの合成を可能にする条件の下で宿主細胞を培養する工程、および
(c)培養物から二量体ポリペプチドを回収し、それによって、二量体ポリペプチドを作製する工程。

0236

一つの態様において、(c)の回収工程は、免疫グロブリンFc領域に特異的なキャプチャー試薬の使用を含む。一つの態様において、このFc領域に特異的なキャプチャー試薬は、結合・溶出モードで使用される。そのようなFc領域に特異的なキャプチャー試薬の例は、例えば、大きい規模で、高い流速および低い背圧を可能にする高度に頑強アガロースベースマトリックスに基づく、ブドウ球菌プロテインAに基づくアフィニティクロマトグラフィカラムである。それらは、二量体ポリペプチド、即ち、そのFc領域に結合するリガンドを特色とする。リガンドは、標的分子との結合に容易に利用可能であるよう、長い親水性スペーサーアームを介してマトリックスに付着させられる。

0237

本明細書において報告される二量体ポリペプチドは、例えば、プロテインAセファロースヒドロキシルアパタイトクロマトグラフィ、ゲル電気泳動透析、またはアフィニティクロマトグラフィなどの従来の免疫グロブリン精製手法によって、培養培地から適当に分離される。B細胞またはハイブリドーマ細胞は、二量体ポリペプチドをコードするDNAおよびRNAの起源として役立つことができる。モノクローナル抗体をコードするDNAおよびRNAは、従来の手法を使用して容易に単離され配列決定される。単離された後、DNAは、発現ベクターへ挿入され得、次いで、それが、宿主細胞における組換えモノクローナル二量体ポリペプチドの合成を入手するため、そうでなければ二量体ポリペプチドを産生しないHEK 293細胞、CHO細胞、または骨髄腫細胞などの宿主細胞へトランスフェクトされる。

0238

抗体の精製は、アルカリ/SDS処理、CsClバンディング、カラムクロマトグラフィ、アガロースゲル電気泳動、および当技術分野において周知のその他のものを含む標準的な技術によって、細胞成分またはその他の汚染物質、例えば、他の細胞の核酸またはタンパク質を排除するために実施される(Ausubel,F.,et al.,ed.Current Protocols in Molecular Biology,Greene Publishing and Wiley Interscience,New York(1987)を参照すること)。微生物タンパク質によるアフィニティクロマトグラフィ(例えば、プロテインAアフィニティクロマトグラフィまたはプロテインGアフィニティクロマトグラフィ)、イオン交換クロマトグラフィ(例えば、陽イオン交換カルボキシメチル樹脂)、陰イオン交換アミノエチル樹脂)、および混合型交換)、(例えば、βメルカプトエタノールおよびその他のSHリガンドによる)チオフィリック(thiophilic)吸着、(例えば、フェニルセファロース、アザレノフィリック(aza-arenophilic)樹脂、またはm-アミノフェニルボロン酸による)疎水性相互作用クロマトグラフィまたは芳香族吸着クロマトグラフィ、(例えば、Ni(II)アフィニティ材料およびCu(II)アフィニティ材料による)金属キレートアフィニティクロマトグラフィ、サイズ排除クロマトグラフィ、ならびに(ゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動などの)電気泳動法(Vijayalakshmi,M.A.,Appl.Biochem.Biotech.75(1998)93-102)などの種々の方法が十分に確立され、タンパク質精製のために広範に使用されている。

0239

本発明の一つの局面は、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体を含む薬学的製剤である。本発明のもう一つの局面は、薬学的製剤の製造のための、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体の使用である。本発明のさらなる局面は、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体を含む薬学的製剤の製造の方法である。もう一つの局面において、本発明は、薬学的担体と共に製剤化された、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体を含有している製剤、例えば、薬学的製剤を提供する。

0240

本明細書において報告される製剤は、当技術分野において公知の多様な方法によって投与され得る。当業者によって理解されるように、投与のルートおよび/またはモードは、所望の結果に依って変動するであろう。ある種の投与ルートによって本発明の化合物を投与するためには、不活化を防止する材料によって化合物をコーティングするか、または不活化を防止する材料と化合物を共投与することが必要であり得る。例えば、化合物は、適切な担体、例えば、リポソームまたは希釈剤で対象へ投与され得る。薬学的に許容される希釈剤には、生理食塩水および水性緩衝溶液が含まれる。薬学的担体には、無菌の水性の溶液または分散液、および無菌の注射可能な溶液または分散液の即時調製のための無菌の粉末が含まれる。薬学的活性を有する物質のためのそのような媒体および薬剤の使用は、当技術分野において公知である。

0241

眼内適用または局所適用を含むが、これらに限定されない、多くの可能な送達モードが使用され得る。一つの態様において、適用は、眼内であり、結膜下注射、前眼房内注射、側頭縁(termporai limbus)を介した前眼房への注射、角膜実質内注射、角膜内注射、網膜下注射、眼房水注射、テノン嚢下注射、または持続性送達装置硝子体内注射(例えば、硝子体の前部、中間部、または後部への注射)を含むが、これらに限定されない。一つの態様において、適用は、局所であり、角膜への点眼剤を含むが、これに限定されない。

0242

一つの態様において、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは本明細書において報告される薬学的製剤は、硝子体内適用を介して、例えば、硝子体内注射を介して投与される。これは、当技術分野において公知の標準的な手法に従って実施され得る(例えば、Ritter et al.,J.Clin.Invest.116(2006)3266-3276;Russelakis-Carneiro et al.,Neuropathol.Appl.Neurobiol.25(1999)196-206;およびWray et al.,Arch.Neurol.33(1976)183-185を参照すること)。

0243

いくつかの態様において、本発明の治療用キットは、本明細書に記載される薬学的製剤の中に存在する1用量以上の本明細書において報告される二量体ポリペプチド、薬学的製剤の硝子体内注射のための適当な装置、ならびに注射を実施するための適当な対象およびプロトコルを詳述する説明書を含有することができる。これらの態様において、製剤は、典型的には、硝子体内注射を介して、処置を必要とする対象へ投与される。これは、当技術分野において公知の標準的な手法に従って実施され得る。例えば、Ritter et al.,J.Clin.Invest.116(2006)3266-3276;Russelakis-Carneiro et al.,Neuropathol.Appl.Neurobiol.25(1999)196-206;およびWray et al.,Arch.Neurol.33(1976)183-185を参照すること。

0244

製剤は、保存剤、湿潤剤乳化剤、および分散剤などの佐剤も含有することができる。微生物の存在の防止は、前記の滅菌手法、ならびに様々な抗菌剤および抗真菌剤、例えば、パラベンクロロブタノールフェノールソルビン酸等の包含の両方によって確実にされ得る。糖、塩化ナトリウム等のような等張剤を製剤に含めることも望ましい場合がある。さらに、注射可能な薬学的形態の長期的な吸収は、モノステアリン酸アルミニウムおよびゼラチンなどの、吸収を遅延させる薬剤の包含によってもたらされ得る。

0245

選択された投与ルートに関わらず、適当な水和物の形態で使用され得る本明細書において報告される化合物、および/または本明細書において報告される薬学的製剤は、当業者に公知の従来の方法によって薬学的に許容される剤形へ製剤化される。

0246

本明細書において報告される薬学的製剤における活性成分の実際の投薬量レベルは、患者にとって毒性であることなく、特定の患者、組成物、および投与のモードについて所望の治療応答を達成するのに有効である活性成分の量を入手するため、変動し得る。選択される投薬量レベルは、利用される本発明の特定の組成物の活性、投与のルート、投与の時間、利用される特定の化合物の排泄の速度、処置の期間、利用される特定の組成物と組み合わせて使用される他の薬物、化合物、および/または材料、処置される患者の年齢性別、体重、状態、全身健康状態、および過去の病歴等の医学分野において周知の因子を含む多様な薬物動態学的因子に依るであろう。

0247

製剤は、無菌であって、かつ製剤が注射器によって送達可能である程度に流動性でなければならない。水に加えて、一つの好ましい態様において、担体は、等張緩衝生理食塩水溶液である。

0248

適度の流動性は、例えば、レシチンなどのコーティングの使用、分散物の場合、必要とされる粒子サイズの維持、および界面活性剤の使用によって維持され得る。多くの場合、等張剤、例えば、糖、マンニトールまたはソルビトールなどの多価アルコール、および塩化ナトリウムを、組成物に含めることが好ましい。

0249

製剤には、結膜下投与のための、活性薬剤を含む眼デポ剤が含まれ得る。眼デポ剤は、本質的に純粋な活性薬剤、例えば、本明細書において報告される二量体ポリペプチドの微粒子を含む。本明細書において報告される二量体ポリペプチドを含む微粒子は、生体適合性の薬学的に許容されるポリマーまたは脂質封入剤包埋され得る。デポ剤は、長期間にわたって活性材料の全部または実質的に全部を放出するために適応していてもよい。ポリマーまたは脂質マトリックスは、存在する場合、全部または実質的に全部の活性薬剤の放出の後、投与の部位から輸送されるよう、十分に分解に適応していてもよい。デポ剤は、薬学的に許容されるポリマーと溶解または分散した活性薬剤とを含む液状の製剤であってもよい。注射後、ポリマーは、ゲル化または沈殿によって注射部位においてデポを形成する。

0250

本発明のもう一つの局面は、眼血管疾患の処置において使用するための、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体である。

0251

本発明の一つの態様は、眼血管疾患の処置において使用するための、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体である。

0252

本発明のもう一つの局面は、眼血管疾患の処置において使用するための薬学的製剤である。

0253

本発明のもう一つの局面は、眼血管疾患の処置のための医薬の製造のための、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体の使用である。

0254

本発明のもう一つの局面は、本明細書において報告される二量体ポリペプチドまたは抗体を、そのような処置を必要とする患者へ投与することによる、眼血管疾患に罹患した患者の処置の方法である。

0255

ここで、「含む」という用語は、本明細書において使用されるように、「からなる」という用語を含むことが明示される。従って、「含む」という用語を含有している全ての局面および態様は、「からなる」という用語によって同様に開示される。

0256

D.修飾
さらなる局面において、上記の態様のいずれかによる二量体ポリペプチドに、以下のセクション1〜6に記載されるような特色のいずれかが、単独でまたは組み合わせて、組み入れられていてもよい。

0257

1.抗体親和性
一つの態様において、Kdは、BIACORE(登録商標)表面プラズモン共鳴アッセイを使用して測定される。例えば、BIACORE(登録商標)-2000またはBIACORE(登録商標)-3000(GE Healthcare Inc.,Piscataway,NJ)を使用したアッセイが、およそ10レスポンスユニット(RU)で固定化された結合パートナーCM5チップによって25℃で実施される。一つの態様において、カルボキシメチル化デキストランバイオセンサーチップ(CM5,GE Healthcare Inc.)を、供給元の説明書に従い、N-エチル-N'-(3-ジメチルアミノプロピル)-カルボジイミド塩酸塩(EDC)およびN-ヒドロキシスクシンイミド(NHS)によって活性化する。結合パートナーを、10mM酢酸ナトリウム(pH4.8)で5μg/mL(およそ0.2μM)に希釈した後、およそ10レスポンスユニット(RU)のカップリングされた結合パートナーを達成するため、5μl/分の流速で注入する。結合パートナーの注入後、未反応基ブロックするため、1Mエタノールアミンを注入する。動態測定のため、二量体ポリペプチドを含有している融合ポリペプチドまたは抗体の2倍段階希釈物(0.78nM〜500nM)を、およそ25μl/分の流速で25℃で0.05%ポリソルベート20(TWEEN-20(商標))界面活性剤を含むPBS(PBST)で注入する。会合速度(kon)および解離速度(koff)を、会合センサーグラムおよび解離センサーグラムの同時フィッティングによって、単純な1対1ラングミュア結合モデル(BIACORE(登録商標)Evaluation Softwareバージョン3.2)を使用して計算する。平衡解離定数(Kd)を、比koff/konとして計算する(例えば、Chen,Y.et al.,J.Mol.Biol.293(1999)865-881を参照すること)。オン速度が上記の表面プラズモン共鳴アッセイによって106M-1s-1を越える場合、オン速度は、ストップフロー装備された分光光度計(Aviv Instruments)または撹拌キュベットを含む8000シリーズSLM-AMINCO(商標)分光光度計(ThermoSpectronic)などの分光計において測定される、増加する濃度の抗原の存在下でのPBS(pH7.2)中の20nM抗抗原抗体(Fab型)の25℃での蛍光放射強度(励起=295nm;放射=340nm、16nmバンドパス)の増加または減少を測定する蛍光クエンチング技術を使用することによって決定され得る。

0258

2.キメラ抗体およびヒト化抗体
ある種の態様において、本明細書において報告される二量体ポリペプチドは、キメラ抗体である。ある種のキメラ抗体は、例えば、US 4,816,567;およびMorrison,S.L.,et al.,Proc.Natl.Acad.Sci.USA 81(1984)6851-6855に記載されている。一例において、キメラ抗体は、非ヒト可変領域(例えば、マウス、ラット、ハムスター、ウサギ、またはサルなどの非ヒト霊長類に由来する可変領域)と、ヒト定常領域とを含む。さらなる例において、キメラ抗体は、クラスまたはサブクラスが親抗体のものから変化した「クラススイッチ」抗体である。キメラ抗体には、それらの抗原結合断片が含まれる。

0259

ある種の態様において、キメラ抗体はヒト化抗体である。典型的には、親非ヒト抗体の特異性および親和性を保持しながら、ヒトに対する免疫原性を低下させるため、非ヒト抗体がヒト化される。一般に、ヒト化抗体は、HVR、例えば、CDR(またはその一部分)が非ヒト抗体に由来し、FR(またはその一部分)がヒト抗体配列に由来する1個以上の可変ドメインを含む。ヒト化抗体は、任意で、ヒト定常領域の少なくとも一部分も含むであろう。いくつかの態様において、ヒト化抗体の中のいくつかのFR残基は、例えば、抗体の特異性または親和性を回復させるかまたは改善するため、非ヒト抗体(例えば、HVR残基が由来した抗体)に由来する対応する残基に置換される。

0260

ヒト化抗体およびそれらを作成する方法は、例えば、Almagro,J.C.and Fransson,J.,Front.Biosci.13(2008)1619-1633に概説されており、例えば、Riechmann,I.,et al.,Nature 332(1988)323-329;Queen,C.,et al.,Proc.Natl.Acad.Sci.USA 86(1989)10029-10033;US 5,821,337、US 7,527,791、US 6,982,321、およびUS 7,087,409;(特異性決定領域(SDR)グラフティングを記載している)Kashmiri,S.V.,et al.,Methods36(2005)25-34;(「リサーフェイシング(resurfacing)を記載している)Padlan,E.A.,Mol.Immunol.28(1991)489-498;(「FRシャッフリング(shuffling)」を記載している)Dall'Acqua,W.F.et al.,Methods 36(2005)43-60;Osbourn,J.et al.,Methods 36(2005)61-68;ならびに(FRシャッフリングのための「ガイディッド・セレクション(guided selection)」アプローチを記載している)Klimka,A.et al.,Br.J.Cancer 83(2000)252-260にさらに記載されている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人北海道大学の「 メラノーマのがん治療耐性を判定する方法」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】 本発明は、がん治療耐性を有するメラノーマを判別することにより、効果的なメラノーマの治療を実現することを目的とする。【解決手段】 本発明は、IL-34タンパク質又はこれをコードするmRNA... 詳細

  • 国立大学法人京都大学の「 低抗原性細胞の製造方法」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】レシピエントに他家移植した場合の拒絶反応が低減された低抗原性細胞を、ドナー細胞から製造する製造方法であって、前記ドナー細胞及び前記レシピエントのHuman Leukocyte A... 詳細

  • 第一三共株式会社の「 KLK5阻害ペプチド」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】新規ペプチドを提供すること配列番号61で示されるアミノ酸配列を含み、且つ、プロテアーゼを阻害するペプチド。... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ