図面 (/)

技術 ローパワーモードに入るコントローラを有する電子デバイス

出願人 インテルコーポレイション
発明者 ゴフ,ロバートイー.ゲデオン,マゼンジー.クーパー,バーンズアステカル,バサヴァラジビー.ダーディス,ショーンシー.
出願日 2014年11月26日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2016-543162
公開日 2017年3月16日 (2年11ヶ月経過) 公開番号 2017-507390
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード コンポーネントパーツ パワーシーケンス 一動作モード バッテリーパワー モバイルプラットフォーム 電子的ネットワーク システム管理コントローラ ローパワーモード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題・解決手段

電子デバイスが提供される。該電子デバイスは、第1のコントローラ、第2のコントローラ、及び第1のコントローラと第2のコントローラを接続するバスを含む。電子デバイスは、第1のコントローラと第2のコントローラとの間の第1の信号ラインを有し、第1のコントローラは第2のコントローラに第1の信号ラインで第1の信号を提供して第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップさせる。

概要

背景

電子デバイスは、ノーマル状態スリープ状態など異なる状態(またはモード)で動作し得る。異なる状態(またはモード)の利用はバッテリーパワーの節約のためであり得る。

概要

電子デバイスが提供される。該電子デバイスは、第1のコントローラ、第2のコントローラ、及び第1のコントローラと第2のコントローラを接続するバスを含む。電子デバイスは、第1のコントローラと第2のコントローラとの間の第1の信号ラインを有し、第1のコントローラは第2のコントローラに第1の信号ラインで第1の信号を提供して第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップさせる。

目的

組み込みコントローラまたはI/Oコントローラにより実行される命令またはコードは、機械読み取り可能媒体、または一以上の電子的にアクセス可能な媒体などへのアクセスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電子デバイスであって、第1のコントローラと、第2のコントローラと、前記第1のコントローラと前記第2のコントローラとの間を結合するデータバスと、前記第1のコントローラを前記第2のコントローラに結合する第1の信号ラインとを有し、前記第1のコントローラは前記第2のコントローラに前記第1の信号ラインで第1の信号を提供して前記第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップさせる、電子デバイス。

請求項2

前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラからの前記第1の信号に基づき、前記データバスへのインターフェースの状態を変更する、請求項1に記載の電子デバイス。

請求項3

前記第2のコントローラがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のコントローラがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンである、請求項2に記載の電子デバイス。

請求項4

前記第1のコントローラは入出力コントローラであり、前記第2のコントローラは組み込みコントローラである、請求項1に記載の電子デバイス。

請求項5

前記組み込みコントローラはキーボードシステムコントローラ及びシステム管理コントローラとのうち少なくとも1つを実装し、前記第2のコントローラは前記キーボードシステムコントローラまたは前記システム管理コントローラが関与する動作に基づき、ウェイクイベントを受け取る、請求項4に記載の電子デバイス。

請求項6

前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のコントローラはローパワーモードを出る、請求項1に記載の電子デバイス。

請求項7

前記第1のコントローラと前記第2のコントローラとを結合する第2の信号ラインをさらに有し、前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第2の信号を提供し、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する、請求項1に記載の電子デバイス。

請求項8

前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供し、前記第3の信号はローパワーモードを出る命令を提供する、請求項7に記載の電子デバイス。

請求項9

前記第2の信号の状態は前記データバスの状態を示し、前記第3の信号の状態は前記データバスの状態を示す、請求項8に記載の電子デバイス。

請求項10

第1のコントローラと第2のコントローラとを有する電子デバイスの作動方法であって、前記第2のコントローラをローパワーモードにするステップと、前記第1のコントローラから前記第2のコントローラに第1の信号ラインにより第1の信号を提供し、前記第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップするステップとを有する、方法。

請求項11

データバスへのインターフェースの状態を前記第1のコントローラからの第1の信号に基づいて変更するステップをさらに含む、請求項10に記載の方法。

請求項12

前記第2のコントローラがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のコントローラがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンである、請求項11に記載の方法。

請求項13

キーボードシステムコントローラまたはシステム管理コントローラを含む動作に基づき前記第2のコントローラでウェイクイベントを受け取るステップをさらに含む、請求項10に記載の方法。

請求項14

前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のコントローラはローパワーモードを出る、請求項10に記載の方法。

請求項15

前記第2のコントローラから前記第1のコントローラに第2の信号ラインで第2の信号を提供するステップであって、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する、ステップをさらに含む、請求項14に記載の方法。

請求項16

前記第2のコントローラから前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供するステップであって、前記第3の信号はローパワーモードから出る命令を提供する、ステップをさらに含む、請求項15に記載の方法。

請求項17

前記第2の信号の状態はデータバスの状態を示し、第3の信号の状態は前記データバスの状態を示す、請求項15に記載の方法。

請求項18

第1のコントローラまたは第2のコントローラで実行されると、前記第1のコントローラまたは第2のコントローラに、前記第2のコントローラをローパワーモードにするステップと、前記第1のコントローラから前記第2のコントローラに第1の信号ラインにより第1の信号を提供し、前記第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップするステップと、のうち一以上を実行させるコンピュータプログラム

請求項19

前記第1のコントローラまたは第2のコントローラに、前記第1のコントローラからの第1の信号に基づいて、データバスへのインターフェースの状態を変更するステップをさらに実行させる、請求項18に記載のコンピュータプログラム。

請求項20

前記第2のコントローラがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のコントローラがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンである、請求項19に記載のコンピュータプログラム。

請求項21

前記第1のコントローラまたは第2のコントローラに、前記一以上の動作は、キーボードシステムコントローラまたはシステム管理コントローラを含む動作に基づき前記第2のコントローラでウェイクイベントを受け取るステップをさらに実行させる、請求項18に記載のコンピュータプログラム。

請求項22

前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のコントローラはローパワーモードを出る、請求項18に記載のコンピュータプログラム。

請求項23

前記第2のコントローラに、前記第1のコントローラに第2の信号ラインで第2の信号を提供するステップであって、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する、ステップをさらに実行させる、請求項22に記載のコンピュータプログラム。

請求項24

前記第2のコントローラに、前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供するステップであって、前記第3の信号はローパワーモードから出る命令を提供する、ステップをさらに実行させる、請求項23に記載のコンピュータプログラム。

請求項25

前記第2の信号の状態はデータバスの状態を示し、前記第3の信号の状態は前記データバスの状態を示す、請求項24に記載のコンピュータプログラム。

請求項26

請求項18ないし25何れか一項に記載のコンピュータプログラムを格納した機械読み取り可能媒体

技術分野

0001

実施形態は組み込みコントローラ(EC)との通信に関してもよい。

背景技術

0002

電子デバイスは、ノーマル状態スリープ状態など異なる状態(またはモード)で動作し得る。異なる状態(またはモード)の利用はバッテリーパワーの節約のためであり得る。

図面の簡単な説明

0003

次の図面を参照して構成と実施形態を詳細に説明する。図中、同じ参照数字は同じ要素を指す。
一実施形態による電子デバイスのコンポーネントを示す図である。
一実施形態による、論理的状態、異なる状態間の移行パス及びイベントを示す状態図である。
一実施形態による、ある状態から他の状態に移行する時に発生するイベントを処理する動作を示すフローチャートである。
一実施形態による、ECにより駆動される信号の状態変化により起動されるハンドラーの動作を示すフローチャートである。
一実施形態による、ECにオペレーティングシステム(OS)アクセスにより起動されるハンドラーの動作を示すフローチャートである。

実施例

0004

以下の詳細な説明では、同じ数字及び文字を用いて、複数の異なる図中の同じ、対応する、及び/又は類似したコンポーネントを示す。さらに、以下の詳細な説明では、サイズ/モデル/値/範囲の例を与えるが、実施形態はそれらに限定されない。実施例を説明するために具体的な詳細事項を記載するが、当業者には言うまでもなく、実施形態はこれらの具体的な詳細事項が無くても実施することができる。

0005

電子デバイスは多くの異なるモードで動作し得る。一動作モードユーザ不在モード(User Absent Mode(UAM))である。ユーザ不在モードは、システム(またはデバイス)が起動されているが、ユーザインターフェース(例えば、ディスプレイ入力デバイス)が使われていないモードである。ユーザ不在モードは、スリープモードやスタンバイモードよりも使われるかも知れない。

0006

ユーザ不在モードをサポートするため、電子デバイスは一定時間、ユーザ不在モードに留まり、利用可能である必要があり得る。しかし、これにより時間とともにバッテリーパワーが減少する。これは、電子デバイスがこの時間に所定量未満のパワーを消費し得ることを意味する。ユーザ不在モードはローパワーモードLPM)とも呼ばれることがある。

0008

電子デバイスは、メモリ、ディスプレイ、プロセッサ(または中央処理装置(CPU))、無線通信デバイス、(バッテリーポート内の)バッテリーなどの多くのコンポーネントを含み得る。コンポーネントは回路基板及び/又はシリコンチップなどの上に設けられても良い。

0009

電子デバイスは、データバス(またはデータインターフェース)を通してコアチップセットに接続された組み込みコントローラ(EC)を含んでいてもよい。少なくとも一実施形態では、データバスは、ローピンカウント(LPC)バスを含んでいても良い。ECは、例えばキーボードシステムコントローラ(KSC)とシステムマネジメントコントローラを含んでいてもよい。

0010

キーボードシステムコントローラの一例として、ユーザ不在モード(UAM)にあるとき、キーボードシステムコントローラはキーストロークを処理していないことがある。ユーザがいないことが仮定されているからである。キーストロークは、ウェイク(wake)イベントがOAに送られるUAMエグジット(exit)イベントとして用いられてもよい。しかし、キーストロークの内容は失われるかもしれない(すなわち、ウェイクイベントを生じるかも知れないが、どのキーが打たれたかKSCは知らず、それゆえキーはOSに送らない)。例えば、マシンがユーザ不在モード(UAM)に入る前にユーザがワードプロセッサアプリケーションオープンし、「f」キーを打った場合、ワードプロセッサアプリケーションはそのキーについては通知されず、「f」は画面上や開かれた文書中には現れなくてもよい。

0011

一構成では、ECは(LPCインターフェースなどの)データインターフェースの入出力(I/O)チャンネルオフにすることにより、パワーを大幅に節約してもよい。しかし、ECがデータインターフェース(またはLPCインターフェース)を再びオンにするには長い時間がかかることがある。この時間は現在使われているオペレーティングシステムにとっては長すぎるかも知れない。データインターフェースドライバ(またはECインターフェースドライバ)は、ECがレディ(ready)状態になる最大設定時間を待つだけかも知れない。データインターフェース(またはLPCインターフェース)がオフされると、ホストコントローラはECと通信して、帯域外(out−of−band mechanisms)を用いてローパワーモードを出るようにECに通知してもよい。

0012

実施形態では、ECローパワーモードを管理して省電力を可能とする。これは、少なくとも一実施形態では、既存のオペレーティングシステムコードを変更しなくても行い得る。

0013

実施形態では、一以上の汎用I/O(GPIO)信号ラインその他のメカニズムを用いて、ECファームウェアとBIOS(Basic Input/Output System)との間のサイドバンドまたは帯域外ハンドシェークを利用してもよい。2つの一方向GPIOを用いる少なくとも一実施形態では、第1の信号(または第1の信号ライン)はBIOS制御チップセット(すなわち、入出力ハブ(IOC))から出力され、ECをI/Oインターフェースローパワーモードからウェイクアップさせてもよい。第2の信号(または第2の信号ライン)は、ECがローパワーモードに入る又はそれから出るにつれ、ECによりロー及びハイに駆動され得る。BIOSは、ECへのオペレーティングシステム(OS)アクセスを検出し、ECをウェイクアップし、LPCインターフェースがウェイクアップして機能状態になるまで、OS要求を送らせてもよい。

0014

実施形態は、少なくとも3つの主要コンポーネント、すなわちBIOSソフトウェア、ECファームウェア、及び/又はボードロジックを含み得る。例えば、チップセット上のロジックは、システム管理インターラプトSMI)トラップをサポートしてもよい。システム管理インターラプトトラップでは、ECへのOSアクセスがインターラプトされ、BIOSSMIハンドラーにより処理される。また、少なくとも一実施形態では、OSレイヤカーネルレベル、及び/又はユーザレベルソフトウェアコンポーネントを含み得る。

0015

図1は、一実施形態による電子デバイスのコンポーネントを示す図である。他の実施形態及び構成を提供してもよい。

0016

より具体的に、図1は、電子デバイスのハードウェアコンポーネントとソフトウェアコンポーネントを示す。例えば、ハードウェアは組み込みコントローラ10と入出力(I/O)コントローラ50を含み得る。他のコンポーネントを設けてもよい。

0017

組み込みコントローラ10は、組み込みコントローラ10とI/Oコントローラ50との間に(ローピンカウントバス(LPC)などの)データバス20(またはその他のI/Oインターフェース)を含み得る。一例として、データバス20は、EC10とI/Oコントローラ50との間に9本の信号ラインを含んでも良い。設けられる信号ラインの数は異なっても良い。

0018

一実施形態は、EC10のピンとI/Oコントローラ50のピンとの間を結合する信号ライン30を含んでもよい。信号ライン30はEC10からの信号をI/Oコントローラ50に伝えてもよい。一例として、信号ライン30はEXTSMI信号を伝えても良い。この信号は、外部ソースから来るSMIである外部システム管理インターラプト(SMI)信号であってもよい。

0019

一実施形態は、I/Oコントローラ50のピンとEC10のピンとの間を結合する信号ライン40を含んでもよい。信号ライン40はI/Oコントローラ50からの信号をEC10に伝えてもよい。一例として、信号ライン40は、ECをユーザ不在モードからウェイクアップさせるI/Oウェイク(wake)信号を伝えても良い。

0020

一例として、EC10はキーボードシステムコントローラ(KSC)、システム管理コントローラSMC)、データインターフェース(またはLPCインターフェース)、及びEXTSMIハンドラーを含んでいてもよい。他のコンポーネントもEC10のコンポーネントとして設けられても良い。

0021

KSCは、PS/2スタイルキーボードマウスとしてホストに対してエクスポーズされた、マトリックスキーボード(すなわち、ラップトップクラムシェルスタイルシステムの組み込みキーボード)及びタッチパッドのようなポインティングデバイスと通信してもよい。

0022

SMCは、熱管理熱センサファン制御)、バッテリー管理(充電報告)、デバイス/システムまたは個別コンポーネントをオン/オフするパワーシーケンスを含むデバイス/システム内の他の機能の管理を行い得る。

0023

図1は、電子デバイスのソフトウェアコンポーネントも示す。ソフトウェアコンポーネントはBIOS及びオペレーティングシステム(OS)を含んでも良い。ソフトウェアコンポーネントはチップなどのメモリに設けられても良い。BIOSはOSとI/Oコントローラ50との間のパスである。

0024

OSはFOコントローラ50を通してECと通信してもよい。BIOSは、OSにより使われるパワーオンセルフテストPOST)中に、EC(システム管理モード)のプロキシとして機能する、FOコントローラと(中央処理装置(CPU)などの)プロセッサ中のメカニズムを用いて、メモリ中にテーブルを設けて、OSと通信してもよい。FOコントローラ50は、OSアクセス(データまたはI/O読み書きトランザクション)に応答することによりOSと通信してもよく、FOコントローラ50は、OSアクセス(データまたはFO読み書きトランザクション)に応答することによりBIOSと通信してもよい。OSはEC10にアクセスするドライバを含んでもよい。

0025

図2は、一実施形態による、論理的状態、異なる状態間の移行パス及びイベントを示す状態図である。他の実施形態及び構成を提供してもよい。

0026

図2は、ユーザ在席モード、ユーザ不在モード(UAM)、ECノーマルモード、及びECローパワーモード(LPM)などの、電子デバイスの異なるモードまたは状態を示す。

0027

OSドメインは、ユーザ在席モードとユーザ不在モード(UAM)を含み得る。ECドメインはノーマルモードとローパワーモード(LPM)とを含み得る。より具体的に、状態102において、電子デバイスはユーザ在席モードとECノーマルモードであってもよい。この状態は、ユーザがデバイス/システム及び/又はキーボードを使っている時に提供され得る。OSからの通知に応じて、電子デバイスはユーザ不在モード(user absent mode、UAM)に入っても良い。一例として、ディスプレイがオフされたときに通知され得る。状態104は、ユーザ不在モード(UAM)とECノーマルモードにある電子デバイスを示す。

0028

BIOSがECにユーザ不在モード(UAM)に入るよう命令を送るとそれに応じて、状態106において、電子デバイスはECがローパワーモード(LPM)に入るのを待つ。状態106において、OSからの通知に応じて、電子デバイスはユーザ不在モードを出て、状態108に入っても良い。OSはユーザ在席モードであり、ECはローパワーモードである。状態108はOSとECの状態の組み合わせを示す疑似状態である。この状態では、OSはユーザ不在モード(UAM)ではないが、ECをローパワーモード(LPM)から出すコマンドはまだ処理されていない。これは単に、図5ボックス212などのBIOSステートマシンの状態であると考えてもよい。

0029

状態106と同様に状態108では、ECモードはローパワーモード(LPM)であるが、I/Oインターフェースはアクティブである。状態110と状態112では、ECモードはローパワーモード(LPM)でありI/Oインターフェースはオフ(すなわち非アクティブ)である。

0030

状態108において、BIOSはECにユーザ不在モード(UAM)に入るコマンドを送ってもよく、電子デバイスはその後、状態102に戻っても良い。

0031

他方、電子デバイスが状態106であるとき、ECは、BIOSに、ECがローパワーモード(LPM)に入ったこと、BIOSがLPMをウェイクさせ作動可能(arm)にしてもよい(すなわち、I/Oウェイク)こと、及びBIOSはI/Oトラップをイネーブルしてもよいことを命令する。例えば、図4は、必要な時にのみ、I/Oトラップが作動可能にされる(arm)ことを示している。I/Oトラップにより、ECがローパワーモード(LPM)にいる時、BIOSはECのプロキシとして機能する。これにより、必要でない時に(すなわち、ECがローパワーモード(LPM)ではなく、OS要求に対して直接サービスできる時)、OSがループに入ることを防止できる。

0032

電子デバイスは状態110に入っても良い。そこでは電子デバイスはユーザ不在モード(UAM)であり、ECはローパワーモード(LPM)である。

0033

状態110(ユーザ不在モード(UAM)であり、ECはローパワーモード(LPM)である)において、システム管理コントローラ(SMC)/キーボードシステムコントローラ(KSC)に対する直接OSアクセスにより、電子デバイスは状態112に入っても良く、そこでI/OトラップハンドラーとECがウェイクアップされてもよい。ECに対するノーマルアクセスにより、I/OコントローラはECエラー条件をOSに返してもよい。OSからの要求をインターセプトすることにより、BIOSはOSにアクセスを再試行するように要求してもよい。ECデータインターフェース(すなわち、I/Oインターフェース)がアクティブになると、BIOSは、自分自身をパスから取り除き、ECアクセスが通常通り行われるようにしてもよい。

0034

状態112において、ECは、BIOSが(信号ライン30のEXTSMI信号を用いて)ローパワーモード(LPM)を出て、I/Oトラップをディスエーブルするように命令を送っても良い。結果として、電子デバイスは状態106に戻ってもよい。

0035

あるいは、状態112において、BIOSは(信号ライン40のI/Oウェイク信号を用いて)ECに、ローパワーモード(LPM)を出るように命令を送っても良い。

0036

他の場合には、状態110において、ECは(信号ライン30のEXTSMI信号を用いて)BIOSにLPMをでるように命令してもよく、BIOSはI/Oトラップをディスエーブルしてもよく、BIOSはLPMウェイク(またはI/Oウェイク)を解除(disarm)してもよい。結果として、電子デバイスは状態106に戻ってもよい。

0037

図3は、一実施形態による、ある状態から他の状態に移行する時に発生するイベントを処理する動作を示すフローチャートである。他の動作、動作順序、及び実施形態も考えられるだろう。

0038

図3に示した動作はEC10の動作に関する。

0039

開始後、動作152において、ECはホストからのコマンドを待ち、及び他のサブシステムをモニターして、必要な警告を生成してホストに返しても良い(通常のEC動作)。

0040

動作154において、ユーザ不在モード(UAM)において、タイムアウトしたかの決定を行う。動作154での決定がNOであれば、ECは動作156で、送信されたコマンドを読む。動作158において、コマンドのタイプについて決定をする。

0041

動作154で決定がYESであれば、プロセスは動作166に進む。

0042

動作158において、コマンドタイプがユーザ不在モード(UAM)コマンドでない場合、ECは動作160において他のコマンドを処理し、次いでECは動作162において決定をしてもよい。動作162で決定がYESであれば、プロセスは動作166に進む。動作162で決定がNOであれば、プロセスは動作152に進む。

0043

動作158において、コマンドの決定がユーザ不在モード(UAM)に入るコマンドであるとき、プロセスは動作164に進み、ECが残りのトランザクションを終わらせても良い。動作158において、コマンドの決定がユーザ不在モード(UAM)を出るコマンドであるとき、プロセスは動作152に進む。動作166において、ECは、信号ライン30(信号EXTSMI)をロー状態にし、ローパワーモード(LPM)に入ることを示し、その後ECはローパワーモード(LPM)に入る。

0044

動作168において、ECはEXTSMIハンドラーを実行する命令を出しても良い。

0045

動作170において、ECはウェイクイベントの決定をしてもよい。

0046

動作170の決定がローパワーモード(LPM)ウェイクイベントであるとき、動作174において、ECはローパワーモード(LPM)を出ても良い。動作176において、ECは信号ライン30(信号EXTSMI)をハイ状態にして、ローパワーモード(LPM)から出ることを示しても良い。その後、動作178において、ECはEXTSMIハンドラーを実行する命令を出しても良い。プロセスはその後動作152に戻っても良い。

0047

動作170の決定が「その他」であるとき、動作172において、ECはウェイクイベントを処理してもよい。プロセスはその後動作152に戻っても良い。

0048

図4は、一実施形態による、ECにより駆動される(信号ライン30の)EXTSMI信号の状態変化により起動されるBIOSSMIハンドラーの動作を示すフローチャートである。他の動作及び実施形態を提供してもよい。

0049

このフローチャートは、ECのI/Oインターフェースの状態に基づき、ECへのアクセスのI/Oトラップをイネーブル/ディスエーブルするのに用いられるBIOS中のイベントハンドラーを記述している。開始後、動作202において、システム管理インターラプト(SMI)極性(polarity)が変わり、次のエッジによりSMI及びSMI状態がクリアされてもよい。

0050

動作204において、EXTSMIがLPMに入るか(LPM Entry)、LPMから出るか(LPM exit)決定してもよい。

0051

動作204においてEXTSMIがLPMに入るであると決定されると、プロセスは動作206に進む。動作206においてEXTSMIがLPMから出ると決定されると、プロセスは動作206に進む。

0052

動作206において、LPMから出てGPIOに入る(LPM exit GPIO entry)が作動可能(armed)になってもよく、I/Oトラップがイネーブルされてもよい。これにより、BIOSはOSからECへのアクセスをインターセプトでき、またI/Oコントローラ設定を変更して、I/Oインターフェースがアクティブ(またはオン)であるとのECからの通知を検出できる。

0053

動作208において、LPMから出てGPIOに入る(LPM exit GPIO entry)が解除(disarmed)され、I/Oトラップがディスエーブルされてもよい。これによりBIOSはI/Oコントローラ中のハードウェアをディスエーブルして、ECアクセス時にシステム管理モード(System Management Mode、SMM)に入らせ、I/Oコントローラ設定を変更して、I/Oインターフェースが非アクティブ(またはオフ)であるとのECからの通知を検出してもよい。図5は、一実施形態による、ECへのOSアクセスにより起動されるBIOSSMIハンドラーを示すフローチャートである。他の動作、動作順序、及び実施形態も考えられるだろう。

0054

このフローチャートは、OS ECアクセスを検出するに使え、I/Oインターフェースをアクティブ状態にするようECに要求するのに使えるBIOS中のイベントハンドラーを記述する。

0055

動作210において、I/Oトラップをトリガーしたパーツの決定がなされ得る。動作212において、BIOSは信号ライン40(信号I/Oウェイク)を用いて、ECにそのデータインターフェース(すなわち、I/Oインターフェース)をアクティブ状態にするよう命令してもよい。

0056

動作214において、BIOSは信号ライン30(信号EXTSMI)を用いて、ECがそのデータインターフェース(すなわち、I/Oインターフェース)をアクティブ状態にしたことをBIOSに通知するのを待つ。

0057

動作214において決定がYESであるとき、動作216において、トラップを起こしたECIOポートがBIOSにより読まれる。

0058

動作218において、BIOSはECポートの値をEC戻り値で返すようにプロセッサ(またはCPU)を設定してもよい。これにより、OSはECから正しい値を読み出し得るが、読み出しアクセスが行われる時、ECのデータインターフェース(すなわち、IOインターフェース)が非アクティブであれば、OSにより調べられた(observe)であろうエラー条件がマスクされる。

0059

上記の動作は、ECがローパワーモード(LPM)にいる時、キーボードコントローラ状態ポート(I/Oポート64番)及びシステム管理コントローラ状態ポート(I/Oポート66番)などのECポートへのOSアクセス上のBIOSトラップに関する。

0060

少なくとも一実施形態では、コンピュータ読み取り可能媒体は、上記の動作を実行する制御回路プログラムを記憶しても良い。プログラムはシステムメモリに記憶されてもよい。システムメモリは、例えば、電子デバイスの内部にあっても外部にあってもよい。少なくとも一実施形態では、プログラムは、組み込みコントローラ及び/又はI/Oコントローラの制御動作制御アルゴリズムの一部であってもよい。組み込みコントローラまたはI/Oコントローラにより実行される命令またはコードは、機械読み取り可能媒体、または一以上の電子的にアクセス可能な媒体などへのアクセスを提供するリモート接続(例えば、アンテナ及び/又はネットワークインターフェースを介してネットワークにより)を介してアクセスできる外部ストレージデバイスからメモリに提供されてもよい。機械読み取り可能媒体には、機械(例えば、コンピュータ)による読み取りが可能な形式で情報を提供(すなわち、格納及び/又は伝送)する任意のメカニズムが含まれる。例えば、機械読み取り可能媒体には、ランダムアクセスメモリ(RAM)、読出専用メモリ(ROM)、磁気または光記憶媒体フラッシュメモリデバイス、電子的、光学的、音響的その他の形式の伝送信号(例えば搬送波赤外線信号デジタル信号等)などが含まれる。別の実施形態では、命令またはコードの替わりに、またはそれと組み合わせてハードワイヤード回路を用いてもよく、このように実施形態はハードウェア回路ソフトウェア命令との特定の組み合わせには限定されない。

0061

プログラムは、前述の実施形態で実行される動作または機能のどれを実行するコードまたは命令を含み得る。

0062

上記の実施形態の要素はタスクを実行するコードセグメントまたは命令で提供されてもよい。コードセグメントまたはタスクは、プロセッサ読み取り可能媒体に記憶されても、または搬送波中の計算データ信号により伝送媒体または通信リンクを介して伝送されてもよい。プロセッサ読み取り可能媒体、機械読み取り可能媒体、又はコンピュータ読み取り可能媒体は、情報を格納または伝送できる任意の媒体を含み得る。プロセッサ読み取り可能媒体、機械読み取り可能媒体、又はコンピュータ読み取り可能媒体の例としては、電子回路半導体メモリデバイス、ROM、フラッシュメモリイレーザブルROM(EROM)、フロッピーディスケットCD−ROM光ディスクハードディスク光ファイバー媒体、無線周波数(RF)リンクなどが含まれる。データ信号は、電子的ネットワークチャネル、光ファイバー、空気、電磁波、RFリンクなどの伝送媒体により伝搬できる任意の信号を含み得る。コードセグメントまたは命令は、インターネットイントラネットなどのコンピュータネットワークを介してダウンロードされ得る。

0063

以下の例はさらに別の実施形態に関する。

0064

実施例1は電子デバイスであって、該電子デバイスは、第1のコントローラと、第2のコントローラと、前記第1のコントローラと前記第2のコントローラとの間を結合するデータバスと、前記第1のコントローラを前記第2のコントローラに結合する第1の信号ラインとを有し、前記第1のコントローラは前記第2のコントローラに前記第1の信号ラインで第1の信号を提供して前記第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップさせる。

0065

実施例2では、実施例1の主題任意的に、前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラからの前記第1の信号に基づき、前記データバスへのインターフェースの状態を変更することができる。

0066

実施例3では、実施例1及び実施例2の主題は任意的に、前記第2のコントローラがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のコントローラがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンであってもよい。

0067

実施例4では、実施例1の主題は任意的に、前記第1のコントローラは入出力コントローラであってもよい。 実施例5では、実施例1の主題は任意的に、前記第1のコントローラは組み込みコントローラであってもよい。

0068

実施例6では、実施例1及び実施例5の主題は任意的に、前記組み込みコントローラはキーボードシステムコントローラ及びシステム管理コントローラのうち少なくとも一方を実装し得る。

0069

実施例7では、実施例1及び実施例6の主題は任意的に、前記第2のコントローラは、前記キーボードシステムコントローラまたは前記システム管理コントローラが関与する動作に基づきウェイクイベントを受け取り得る。

0070

実施例8では、実施例1の主題は任意的に、前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のコントローラはローパワーモードを出てもよい。

0071

実施例9では、実施例1の主題は任意的に、前記第1のコントローラを前記第2のコントローラに結合する第2の信号ラインを有し、前記第2のコントローラは前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第2の信号を提供して、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する。

0072

実施例10では、実施例1及び実施例9の主題は任意的に、第2の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0073

実施例11では、実施例1及び実施例9の主題は任意的に、前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供し、前記第3の信号はローパワーモードを出る命令を提供する、
実施例12では、実施例1及び実施例11の主題は任意的に、第3の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0074

実施例13では、実施例1の主題は任意的に、前記データバスはローピンカウントバスである、
実施例14は装置であり、該装置は、第1の動作を提供する、その少なくとも一部はハードウェアである、第1のロジックと、第2の動作を提供する、その少なくとも一部はハードウェアである、第2のロジックと、前記第1のロジック及び前記第2のロジックに結合したデータバスと、前記第1のロジックに、及び前記第2のロジックに結合する第1の信号ラインとを有し、前記第1のロジックは前記第2のロジックに前記第1の信号ラインで第1の信号を提供して前記第2のロジックをローパワーモードからウェイクアップさせる。

0075

実施例15では、実施例14の主題は任意的に、前記第2のロジックは、前記第1のロジックからの前記第1の信号に基づき、前記データバスへのインターフェースの状態を変更することができる。

0076

実施例16では、実施例14及び実施例15の主題は任意的に、前記第2のロジックがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のロジックがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンであってもよい。

0077

実施例17では、実施例14の主題は任意的に、前記第1のロジックは入出力コントローラを含む。

0078

実施例18では、実施例14の主題は任意的に、前記第2のロジックは組み込みコントローラを含む。

0079

実施例19では、実施例14の主題は任意的に、前記第2のロジックはキーボードシステムコントローラ及びシステム管理コントローラのうち少なくとも一方を実装し得る。

0080

実施例20では、実施例14及び実施例19の主題は任意的に、前記第2のロジックは、前記キーボードシステムコントローラまたは前記システム管理コントローラが関与する動作に基づきウェイクイベントを受け取り得る。

0081

実施例21では、実施例14の主題は任意的に、前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のロジックはローパワーモードを出てもよい。

0082

実施例22では、実施例14の主題は任意的に、前記第1のロジックを前記第2のロジックに結合する第2の信号ラインを有し、前記第2のロジックは前記第1のロジックに前記第2の信号ラインで第2の信号を提供して、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する。

0083

実施例23では、実施例14及び実施例22の主題は任意的に、第2の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0084

実施例24では、実施例14及び実施例22の主題は任意的に、前記第2のロジックは、前記第1のロジックに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供し、前記第3の信号はローパワーモードを出る命令を提供する。

0085

実施例25では、実施例14及び実施例24の主題は任意的に、第3の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0086

実施例26では、実施例14の主題は任意的に、前記データバスはローピンカウントバスである。

0087

実施例27は、第1のコントローラと第2のコントローラとを有する電子デバイスの作動方法であって、前記第2のコントローラをローパワーモードにするステップと、前記第1のコントローラから前記第2のコントローラに第1の信号ラインにより第1の信号を提供し、前記第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップするステップとを含む。

0088

実施例28では、実施例27の主題は任意的に、データバスへのインターフェースの状態を前記第1のコントローラからの第1の信号に基づいて変更するステップを含む、
実施例29では、実施例27及び実施例28の主題は任意的に、前記第2のコントローラがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のコントローラがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンであってもよい。

0089

実施例30では、実施例27の主題は任意的に、前記第1のコントローラは入出力コントローラであってもよい。

0090

実施例31では、実施例27の主題は任意的に、前記第1のコントローラは組み込みコントローラであってもよい。

0091

実施例32では、実施例27及び実施例31の主題は任意的に、前記組み込みコントローラはキーボードシステムコントローラ及びシステム管理コントローラのうち少なくとも一方を実装し得る。

0092

実施例33では、実施例27及び実施例32の主題は任意的に、前記第2のコントローラにおいて、前記キーボードシステムコントローラまたは前記システム管理コントローラが関与する動作に基づきウェイクイベントを受け取るステップを含む。

0093

実施例34では、実施例27の主題は任意的に、前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のコントローラはローパワーモードを出てもよい。

0094

実施例35では、実施例27及び実施例34の主題は任意的に、前記第2のコントローラから前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第2の信号を提供するステップであって、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する、ステップを含む。

0095

実施例36では、実施例27及び実施例35の主題は任意的に、第2の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0096

実施例37では、実施例27及び実施例35の主題は任意的に、前記第2のコントローラから前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供するステップであって、前記第3の信号はローパワーモードから出る命令を提供する、ステップを含む。

0097

実施例38では、実施例27及び実施例35の主題は任意的に、第3の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0098

実施例39では、実施例27の主題は任意的に、前記データバスはローピンカウントバスである。

0099

実施例40は、第1のコントローラまたは第2のコントローラで実行されると、前記第2のコントローラをローパワーモードにするステップと、前記第1のコントローラから前記第2のコントローラに第1の信号ラインにより第1の信号を提供し、前記第2のコントローラをローパワーモードからウェイクアップするステップと、のうち一以上の動作を実行する一以上の命令を含む機械読み取り可能媒体である。

0100

実施例41では、実施例40の主題は任意的に、前記一以上の動作は、前記第1のコントローラからの第1の信号に基づいて、データバスへのインターフェースの状態を変更するステップをさらに含む。

0101

実施例42では、実施例40及び実施例41の主題は任意的に、前記第2のコントローラがローパワーモードであるとき前記インターフェースはオフであり、前記第2のコントローラがノーマルモードであるとき前記インターフェースはオンであってもよい。

0102

実施例43では、実施例40の主題は任意的に、前記第1のコントローラは入出力コントローラであってもよい。

0103

実施例44では、実施例40の主題は任意的に、前記第1のコントローラは組み込みコントローラであってもよい。

0104

実施例45では、実施例40及び実施例44の主題は任意的に、前記組み込みコントローラはキーボードシステムコントローラ及びシステム管理コントローラのうち少なくとも一方を実装し得る。

0105

実施例46では、実施例40及び実施例45の主題は任意的に、前記一以上の動作は、キーボードシステムコントローラまたはシステム管理コントローラを含む動作に基づき前記第2のコントローラでウェイクイベントを受け取るステップをさらに含む。

0106

実施例47では、実施例40の主題は任意的に、前記第1の信号ラインの前記第1の信号により、前記第2のコントローラはローパワーモードを出てもよい。

0107

実施例48では、実施例40及び実施例47の主題は任意的に、前記一以上の動作は、前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第2の信号を提供するステップであって、前記第2の信号はローパワーモードに入る命令を提供する、ステップをさらに含む。

0108

実施例49では、実施例40及び実施例48の主題は任意的に、第2の信号の状態は前記データバスの状態を示す。

0109

実施例50では、実施例40及び実施例48の主題は任意的に、前記一以上の動作は、前記第2のコントローラは、前記第1のコントローラに前記第2の信号ラインで第3の信号を提供するステップであって、前記第3の信号はローパワーモードから出る命令を提供する、ステップをさらに含む。

0110

実施例51では、実施例40及び実施例50の主題は任意的に、第3の信号の状態は前記ローピンカウントバスの状態を示す。

0111

実施例52では、実施例40の主題は任意的に、前記データバスはローピンカウントバスである。

0112

本明細書において「一実施形態」とは、その実施形態に関して説明する機能、構造、特徴が少なくとも1つの実施形態に含まれることを意味している。本明細書ではいろいろな箇所でかかるフレーズを記載するが、必ずしも同じ実施形態を指すものではない。さらに、ある機能、構造、または特徴をある実施形態について説明した場合、他の実施形態に関するそれらの機能、構造、または特徴に影響が及ぶことは、当業者には自明である。

0113

多くの例示を参照して実施形態を説明したが、言うまでもなく、当業者にはその他の多数の修正や実施形態を工夫でき、それらは本開示の原理の精神と範囲内に含まれる。より具体的には、本開示、図面、及び特許請求の範囲において、主題の組み合わせ構成コンポーネントパーツ及び/又は構成においてさまざまなバリエーション及び修正が可能である。また、コンポーネントパーツ及び/又は構成におけるバリエーションと修正に加えて、代替的利用も当業者には明らかである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ