図面 (/)

技術 チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイス

出願人 華為技術有限公司
発明者 劉クン鵬劉江華
出願日 2013年12月27日 (7年0ヶ月経過) 出願番号 2016-542962
公開日 2017年1月19日 (3年11ヶ月経過) 公開番号 2017-502599
状態 拒絶査定
技術分野 時分割方式以外の多重化通信方式 伝送一般の監視、試験 移動無線通信システム 無線伝送方式一般(ダイバーシチ方式等)
主要キーワード 命令装置 空間特徴 基地局デバイス 列ラベル 実施方式 スループットレート 水平次元 プログラマブルデバイス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題・解決手段

本発明は、チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイスを開示する。ここで、本方法は、第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定することを含み、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含み、また、本方法は、チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信することを含む。チャネル状態情報は、第2のネットワークデバイスに、プリコーディングを実行するように命令するのに用いられるプリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含むので、第2のネットワークデバイスは、行列要素のための選択情報に従って、プリコーディングを実行するためのプリコーディング行列を決定し、2次元アンテナに適用可能なチャネルプリコーディング行列を合成することができる。したがって、合成されたプリコーディング行列の次元は、実際のチャネルの空間特徴により近く、これによって、プリコーディング行列の精度が効果的に改善する。

概要

背景

セルユーザの総スループットレート及び平均スループットレートを更に改善するために、4G(The Fourth Generation,第4世代)モバイル通信システム進化無線インタフェース技術が特に研究されている。ダイナミック次元ビームフォーミング技術等の3Dマルチアンテナ技術は、セルエッジユーザのスループットレート、並びにセルユーザの総スループットレート及び平均スループットレートを改善するための主要な技術であり、業界の多くの注目を集めている。

セルラシステムでは、基地局のアンテナアレイは通常、水平かつ線形に配置される。基地局の送信端は、ビーム水平次元においてのみ調整することができ、ユーザごとのビームは垂直次元において固定の下方向の傾斜を有する。したがって、様々なビームフォーミングプリコーディング技術等は、水平次元におけるチャネル情報に基づいて実施される。実際、無線信号は空間において三次元に伝播するため、下方向の傾斜が固定された方法は、システム性能を最適化することができない。垂直次元におけるビーム調整は、システム性能の改善のために非常に重要である。

アンテナ技術の開発とともに、各アレイ要素を独立して制御することができるアクティブアンテナが既に業界に登場している。アクティブなアンテナアレイは、垂直次元においてビームを動的に調整することを可能にする。通常、3次元ビームフォーミング/プリコーディングを実施することは、ユーザ機器によって報告されるチャネル状態情報に依拠する必要がある。

特に、ユーザ機器は、水平次元におけるアクティブアンテナアレイのチャネル状態情報、及び垂直次元におけるアクティブアンテナアレイのチャネル状態情報を、異なる基準信号を測定することによって別個に決定し、水平次元におけるチャネル状態情報及び垂直次元におけるチャネル状態情報を基地局に報告し、それによって、基地局は、受信した水平次元におけるチャネル状態情報及び受信した垂直次元におけるチャネル状態情報に従ってアンテナアレイ全体のチャネル状態情報を決定する。

ユーザ機器が異なる次元においてチャネル状態情報を測定するとき、次元ごとに、その次元におけるチャネル状態情報のみが測定において検討され、他の次元におけるチャネル状態情報は包括的に検討されない。結果として、別個にかつ独立して報告される、水平次元におけるチャネル状態情報及び垂直次元におけるチャネル状態情報におけるプリコーディング行列を合成することによって得られる、アンテナアレイ全体のプリコーディング行列の階数又は次元が、アンテナアレイ全体の実際のチャネルを測定することによって得られる階数と大きく異なり、合成されたプリコーディング行列が不正確になる。

概要

本発明は、チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイスを開示する。ここで、本方法は、第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定することを含み、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含み、また、本方法は、チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信することを含む。チャネル状態情報は、第2のネットワークデバイスに、プリコーディングを実行するように命令するのに用いられるプリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含むので、第2のネットワークデバイスは、行列要素のための選択情報に従って、プリコーディングを実行するためのプリコーディング行列を決定し、2次元アンテナに適用可能なチャネルプリコーディング行列を合成することができる。したがって、合成されたプリコーディング行列の次元は、実際のチャネルの空間特徴により近く、これによって、プリコーディング行列の精度が効果的に改善する。

目的

本発明の実施形態は、プリコーディング行列のコードブック次元が不正確であることに起因して、現在のところ、決定されるプリコーディング行列の精度が比較的低いという問題を解決するのに用いられる、チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

チャネル状態情報を送信するための方法であって、第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するステップであって、前記チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む、ステップと、前記チャネル状態情報を前記第2のネットワークデバイスに送信するステップと、を含む、方法。

請求項2

ダブルコードブック構造の場合、前記PMIによって示される前記プリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記チャネル状態情報は、前記少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む、請求項1又は3に記載の方法。

請求項5

前記少なくとも2つのPMIに関する前記情報は、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる、請求項3に記載の方法。

請求項6

前記少なくとも2つのPMIに関する前記情報は、異なるチャネル状態情報プロセスCSIprocessの構成情報に従った測定によって得られる、請求項3に記載の方法。

請求項7

前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる前記選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む、請求項1乃至4のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、前記少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である、請求項1乃至7のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、前記少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である、請求項1乃至7のいずれか一項に記載の方法。

請求項10

前記第1の数値は、前記第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は前記第1の数値は、前記第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである、請求項8又は9に記載の方法。

請求項11

前記第1の数値は、前記第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、前記第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である、請求項8又は9に記載の方法。

請求項12

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である、請求項1乃至7のいずれか一項に記載の方法。

請求項13

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である、請求項1乃至7のいずれか一項に記載の方法。

請求項14

前記第2の数値は、前記第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は前記第2の数値は、前記第2のネットワークによって構成される第2のRIである、請求項12又は13に記載の方法。

請求項15

前記第2の数値は、前記第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、前記第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である、請求項12又は13に記載の方法。

請求項16

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、前記第1のネットワークデバイスは、前記プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する、請求項12乃至15のいずれか一項に記載の方法。

請求項17

前記第3の数値は、前記第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は前記第3の数値は、前記第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである、請求項16に記載の方法。

請求項18

前記列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである、請求項1乃至17に記載の方法。

請求項19

前記少なくとも2つのPMIによって示される前記プリコーディング行列に対する列選択を実行するための前記選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる、請求項1乃至18に記載の方法。

請求項20

前記チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、前記CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む、請求項1に記載の方法。

請求項21

前記チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、前記CQI情報は、前記少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は前記少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを更に含む、請求項1に記載の方法。

請求項22

前記第1のネットワークデバイスによって送信される前記チャネル状態情報は、前記第1のCQI、又は前記第1のCQI及び前記第3のCQI、又は前記第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は前記第1のCQI及び前記第2のCQI、又は前記第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は前記第1のCQI及び前記第4のCQI、又は前記第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は前記第2のCQI及び前記第4のCQI、又は前記第2のCQI、並びに前記第4のCQI及び前記第2のCQI値に従って得られた微分値、前記第2のCQI及び前記第3のCQI、又は前記第2のCQI、並びに前記第3のCQI及び前記第2のCQI値に従って得られた微分値、又は前記第3のCQI及び前記第4のCQI、又は前記第3のCQI、並びに前記第4のCQI及び前記第3のCQI値に従って得られた微分値、を更に含む、請求項20又は21に記載の方法。

請求項23

前記第1のネットワークデバイスは端末デバイスであり、前記第2のネットワークデバイスは基地局デバイスであるか、又は前記第1のネットワークデバイスは端末デバイスであり、前記第2のネットワークデバイスは端末デバイスであるか、又は前記第1のネットワークデバイスは基地局デバイスであり、前記第2のネットワークデバイスは基地局デバイスである、請求項1に記載の方法。

請求項24

チャネル状態情報を送信するための方法であって、第2のネットワークデバイスが、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するステップであって、前記チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含む、ステップと、前記チャネル状態情報に従って、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るステップと、を含む、方法。

請求項25

前記チャネル状態情報に従って、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るステップは、前記第2のネットワークデバイスが、前記選択情報に従って、前記PMIによって示される前記プリコーディング行列内の行列要素を選択し、前記選択された行列要素を用いることによって、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するステップを含む、請求項24に記載の方法。

請求項26

ダブルコードブック構造の場合、前記PMIによって示される前記プリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる、請求項24に記載の方法。

請求項27

前記チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む、請求項24に記載の方法。

請求項28

前記チャネル状態情報は、前記少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む、請求項24又は27に記載の方法。

請求項29

前記少なくとも2つのPMIに関する前記情報は、前記第1のネットワークデバイスによって、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる、請求項27に記載の方法。

請求項30

前記少なくとも2つのPMIに関する前記情報は、前記第1のネットワークデバイスによって、異なるチャネル状態情報プロセスCSIprocessの構成情報に従った測定によって得られる、請求項27に記載の方法。

請求項31

前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる前記選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む、請求項24乃至28のいずれか一項に記載の方法。

請求項32

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、前記少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である、請求項24乃至31のいずれか一項に記載の方法。

請求項33

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、前記少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である、請求項24乃至31のいずれか一項に記載の方法。

請求項34

前記第1の数値は、前記第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は前記第1の数値は、前記第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである、請求項32又は33に記載の方法。

請求項35

前記第1の数値は、前記第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、前記第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である、請求項32又は33に記載の方法。

請求項36

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である、請求項24乃至31のいずれか一項に記載の方法。

請求項37

前記チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である、請求項24乃至31のいずれか一項に記載の方法。

請求項38

前記第2の数値は、前記第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は前記第2の数値は、前記第2のネットワークデバイスによって構成される第2のRIである、請求項36又は37に記載の方法。

請求項39

前記第2の数値は、前記第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、前記第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である、請求項36又は37に記載の方法。

請求項40

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、前記第1のネットワークデバイスは、前記プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する、請求項36乃至39のいずれか一項に記載の方法。

請求項41

前記第3の数値は、前記第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は前記第3の数値は、前記第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである、請求項40に記載の方法。

請求項42

前記列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである、請求項24乃至41に記載の方法。

請求項43

前記少なくとも2つのPMIによって示される前記プリコーディング行列に対する列選択を実行するための前記選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる、請求項24乃至42に記載の方法。

請求項44

前記チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、前記CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む、請求項24に記載の方法。

請求項45

前記チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、前記CQI情報は、前記少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は前記少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを更に含む、請求項24に記載の方法。

請求項46

前記第2のネットワークデバイスによって受信される前記チャネル状態情報は、前記第1のCQI、又は前記第1のCQI及び前記第3のCQI、又は前記第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は前記第1のCQI及び前記第2のCQI、又は前記第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は前記第1のCQI及び前記第4のCQI、又は前記第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は前記第2のCQI及び前記第4のCQI、又は前記第2のCQI、並びに前記第4のCQI及び前記第2のCQI値に従って得られた微分値、前記第2のCQI及び前記第3のCQI、又は前記第2のCQI、並びに前記第3のCQI及び前記第2のCQI値に従って得られた微分値、又は前記第3のCQI及び前記第4のCQI、又は前記第3のCQI、並びに前記第4のCQI及び前記第3のCQI値に従って得られた微分値、を更に含む、請求項44又は45に記載の方法。

請求項47

チャネル状態情報を送信するためのデバイスであって、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するように構成される決定モジュールであって、前記チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む、決定モジュールと、前記チャネル状態情報を前記第2のネットワークデバイスに送信するように構成される送信モジュールと、を備える、デバイス。

請求項48

前記送信デバイスは端末デバイス又は基地局デバイスである、請求項47に記載の送信デバイス。

請求項49

チャネル状態情報を送信するためのデバイスであって、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するように構成される受信モジュールであって、前記チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含む、受信モジュールと、前記チャネル状態情報に従って、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るように構成される、送信モジュールと、を備える、デバイス。

請求項50

前記送信モジュールは、前記選択情報に従って、前記PMIによって示される前記プリコーディング行列内の行列要素を選択し、前記選択された行列要素を用いることによって、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するように特に構成される、請求項49に記載の送信デバイス。

請求項51

チャネル状態情報を送信するためのデバイスであって、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するように構成されるプロセッサであって、前記チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む、プロセッサと、前記チャネル状態情報を前記第2のネットワークデバイスに送信するように構成される信号送信機と、を備える、デバイス。

請求項52

前記送信デバイスは端末デバイス又は基地局デバイスである、請求項50に記載の送信デバイス。

請求項53

チャネル状態情報を送信するためのデバイスであって、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するように構成される信号受信機であって、前記チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、前記PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含む、信号受信機と、前記チャネル状態情報に従って、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るように構成される、プロセッサと、を備える、デバイス。

請求項54

前記プロセッサは、前記選択情報に従って、前記PMIによって示される前記プリコーディング行列内の行列要素を選択し、前記選択された行列要素を用いることによって、前記第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するように特に構成される、請求項53に記載の送信デバイス。

技術分野

0001

本発明は、無線通信技術の分野に関し、特に、チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイスに関する。

背景技術

0002

セルユーザの総スループットレート及び平均スループットレートを更に改善するために、4G(The Fourth Generation,第4世代)モバイル通信システム進化無線インタフェース技術が特に研究されている。ダイナミック次元ビームフォーミング技術等の3Dマルチアンテナ技術は、セルエッジユーザのスループットレート、並びにセルユーザの総スループットレート及び平均スループットレートを改善するための主要な技術であり、業界の多くの注目を集めている。

0003

セルラシステムでは、基地局のアンテナアレイは通常、水平かつ線形に配置される。基地局の送信端は、ビーム水平次元においてのみ調整することができ、ユーザごとのビームは垂直次元において固定の下方向の傾斜を有する。したがって、様々なビームフォーミングプリコーディング技術等は、水平次元におけるチャネル情報に基づいて実施される。実際、無線信号は空間において三次元に伝播するため、下方向の傾斜が固定された方法は、システム性能を最適化することができない。垂直次元におけるビーム調整は、システム性能の改善のために非常に重要である。

0004

アンテナ技術の開発とともに、各アレイ要素を独立して制御することができるアクティブアンテナが既に業界に登場している。アクティブなアンテナアレイは、垂直次元においてビームを動的に調整することを可能にする。通常、3次元ビームフォーミング/プリコーディングを実施することは、ユーザ機器によって報告されるチャネル状態情報に依拠する必要がある。

0005

特に、ユーザ機器は、水平次元におけるアクティブアンテナアレイのチャネル状態情報、及び垂直次元におけるアクティブアンテナアレイのチャネル状態情報を、異なる基準信号を測定することによって別個に決定し、水平次元におけるチャネル状態情報及び垂直次元におけるチャネル状態情報を基地局に報告し、それによって、基地局は、受信した水平次元におけるチャネル状態情報及び受信した垂直次元におけるチャネル状態情報に従ってアンテナアレイ全体のチャネル状態情報を決定する。

0006

ユーザ機器が異なる次元においてチャネル状態情報を測定するとき、次元ごとに、その次元におけるチャネル状態情報のみが測定において検討され、他の次元におけるチャネル状態情報は包括的に検討されない。結果として、別個にかつ独立して報告される、水平次元におけるチャネル状態情報及び垂直次元におけるチャネル状態情報におけるプリコーディング行列を合成することによって得られる、アンテナアレイ全体のプリコーディング行列の階数又は次元が、アンテナアレイ全体の実際のチャネルを測定することによって得られる階数と大きく異なり、合成されたプリコーディング行列が不正確になる。

発明が解決しようとする課題

0007

本発明の実施形態は、プリコーディング行列のコードブック次元が不正確であることに起因して、現在のところ、決定されるプリコーディング行列の精度が比較的低いという問題を解決するのに用いられる、チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイスを提供する。

課題を解決するための手段

0008

本発明の第1の態様によれば、チャネル状態情報を送信するための方法が提供され、本方法は、
第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するステップであって、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む、ステップと、
チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信するステップと、
を含む。

0009

本発明の第1の態様の実施方式を参照して、第1の可能な実施方式では、ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0010

本発明の第1の態様の実施方式を参照して、第2の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0011

本発明の第1の態様の実施方式、又は本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式を参照して、第3の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0012

本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式を参照して、第4の可能な実施方式では、少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0013

本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式を参照して、第5の可能な実施方式では、少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0014

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式を参照して、第6の可能な実施方式では、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0015

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第6の可能な実施方式を参照して、第7の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である

0016

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第6の可能な実施方式を参照して、第8の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0017

本発明の第1の態様の第7の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第8の可能な実施方式を参照して、第9の可能な実施方式では、第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0018

本発明の第1の態様の第7の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第8の可能な実施方式を参照して、第10の可能な実施方式では、第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0019

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第6の可能な実施方式を参照して、第11の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0020

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第6の可能な実施方式を参照して、第12の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0021

本発明の第1の態様の第11の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第12の可能な実施方式を参照して、第13の可能な実施方式では、第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第2のRIである。

0022

本発明の第1の態様の第11の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第12の可能な実施方式を参照して、第14の可能な実施方式では、第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0023

本発明の第1の態様の第11の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第12の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第13の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第14の可能な実施方式を参照して、第15の可能な実施方式では、異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0024

本発明の第1の態様の第15の可能な実施方式を参照して、第16の可能な実施方式では、第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0025

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第6の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第7の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第8の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第9の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第10の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第11の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第12の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第13の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第14の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第15の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第16の可能な実施方式を参照して、第17の可能な実施方式では、列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0026

本発明の第1の態様の実施方式、本発明の第1の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第6の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第7の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第8の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第9の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第10の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第11の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第12の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第13の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第14の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第15の可能な実施方式、本発明の第1の態様の第16の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第17の可能な実施方式を参照して、第18の可能な実施方式では、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0027

本発明の第1の態様の実施方式を参照して、第19の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む。

0028

本発明の第1の態様の実施方式を参照して、第20の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを更に含む。

0029

本発明の第1の態様の第19の可能な実施方式、又は本発明の第1の態様の第20の可能な実施方式を参照して、第21の可能な実施方式では、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値、
を更に含む。

0030

本発明の第1の態様の実施方式を参照して、第22の可能な実施方式では、
第1のネットワークデバイスは端末デバイスであり、第2のネットワークデバイスは基地局デバイスであるか、又は
第1のネットワークデバイスは端末デバイスであり、第2のネットワークデバイスは端末デバイスであるか、又は
第1のネットワークデバイスは基地局デバイスであり、第2のネットワークデバイスは基地局デバイスである。

0031

本発明の第2の態様によれば、チャネル状態情報を送信するための方法が提供され、この方法は、
第2のネットワークデバイスが、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するステップであって、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含むステップと、
チャネル状態情報に従って、第1のネットワーク通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るステップと、
を含む。

0032

本発明の第2の態様の実施方式を参照して、第1の可能な実施方式では、チャネル状態情報に従って、第1のネットワークと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るステップは、
第2のネットワークデバイスが、選択情報に従って、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択し、選択された行列要素を用いることによって、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するステップを含む。

0033

本発明の第2の態様の実施方式を参照して、第2の可能な実施方式では、
ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0034

本発明の第2の態様の実施方式を参照して、第3の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0035

本発明の第2の態様の実施方式、又は本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式を参照して、第4の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0036

本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式を参照して、第5の可能な実施方式では、少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0037

本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式を参照して、第6の可能な実施方式では、少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0038

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式を参照して、第7の可能な実施方式では、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0039

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第6の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第7の可能な実施方式を参照して、第8の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0040

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第6の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第7の可能な実施方式を参照して、第9の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0041

本発明の第2の態様の第8の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第9の可能な実施方式を参照して、第10の可能な実施方式では、第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0042

本発明の第2の態様の第8の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第9の可能な実施方式を参照して、第11の可能な実施方式では、第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0043

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第6の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第7の可能な実施方式を参照して、第12の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0044

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第6の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第7の可能な実施方式を参照して、第13の可能な実施方式では、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0045

本発明の第2の態様の第12の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第13の可能な実施方式を参照して、第14の可能な実施方式では、第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第2のRIである。

0046

本発明の第2の態様の第12の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第13の可能な実施方式を参照して、第15の可能な実施方式では、第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0047

本発明の第2の態様の第12の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第13の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第14の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第15の可能な実施方式を参照して、第16の可能な実施方式では、異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0048

本発明の第2の態様の第16の可能な実施方式を参照して、第17の可能な実施方式では、第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0049

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第6の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第7の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第8の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第9の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第10の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第11の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第12の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第13の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第14の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第15の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第16の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第17の可能な実施方式を参照して、第18の可能な実施方式では、列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0050

本発明の第2の態様の実施方式、本発明の第2の態様の第1の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第2の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第3の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第4の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第5の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第6の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第7の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第8の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第9の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第10の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第11の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第12の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第13の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第14の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第15の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第16の可能な実施方式、本発明の第2の態様の第17の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第18の可能な実施方式を参照して、第19の可能な実施方式では、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0051

本発明の第2の態様の実施方式を参照して、第20の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む。

0052

本発明の第2の態様の実施方式を参照して、第21の可能な実施方式では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含み、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを更に含む。

0053

本発明の第2の態様の第20の可能な実施方式、又は本発明の第2の態様の第21の可能な実施方式を参照して、第22の可能な実施方式では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値、
を更に含む。

0054

第3の態様によれば、チャネル状態情報を送信するためのデバイスが提供され、このデバイスは、
第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するように構成される決定モジュールであって、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む、決定モジュールと、
チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信するように構成される送信モジュールと、
を備える。

0055

本発明の第3の態様の実施方式を参照して、第1の可能な実施方式では、送信デバイスは端末デバイス又は基地局デバイスである。

0056

第4の態様によれば、チャネル状態情報を送信するためのデバイスが提供され、このデバイスは、
第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するように構成される受信モジュールであって、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含む、受信モジュールと、
チャネル状態情報に従って、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るように構成される、送信モジュールと、
を備える。

0057

本発明の第4の実施方式を参照して、第1の可能な実施方式では、送信モジュールは、選択情報に従って、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択し、選択された行列要素を用いることによって、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するように特に構成される。

0058

第5の態様によれば、チャネル状態情報を送信するためのデバイスが提供され、このデバイスは、
第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するように構成されるプロセッサであって、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む、プロセッサと、
チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信するように構成される信号送信機と、
を備える。

0059

本発明の第5の態様の実施方式を参照して、第1の可能な実施方式では、送信デバイスは端末デバイス又は基地局デバイスである。

0060

第6の態様によれば、チャネル状態情報を送信するためのデバイスが提供され、このデバイスは、
第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するように構成される信号受信機であって、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含む、信号受信機と、
チャネル状態情報に従って、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るように構成される、プロセッサと、
を備える。

0061

本発明の第6の態様の実施方式を参照して、第1の可能な実施方式では、プロセッサは、選択情報に従って、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択し、選択された行列要素を用いることによって、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するように特に構成される。

0062

本発明の有利な効果は以下の通りである。

0063

本発明の実施形態において、第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定し、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含み、そして第1のネットワークデバイスは、チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信する。チャネル状態情報は、第2のネットワークデバイスにプリコーディングを実行するように命令するのに用いられるプリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含むので、第2のネットワークデバイスは、行列要素のための選択情報に従って、プリコーディングを実行するためのプリコーディング行列を決定し、2次元アンテナに適用可能なチャネルプリコーディング行列を合成することができる。したがって、合成されたプリコーディング行列の次元は、実際のチャネルの空間特徴により近く、これによって、プリコーディング行列の精度が効果的に改善する。

図面の簡単な説明

0064

本発明の実施形態1によるチャネル状態情報を送信するための方法の概略フローチャートである。
本発明の実施形態3によるチャネル状態情報を送信するための方法の概略フローチャートである。
本発明の実施形態4によるチャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。
本発明の実施形態5によるチャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。
本発明の実施形態6によるチャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。
本発明の実施形態7によるチャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。

実施例

0065

本発明の目的を達成するために、本発明の実施形態は、チャネル状態情報を送信するための方法及びデバイスを提供する。第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従って、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含むチャネル状態情報を決定し、このチャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信する。チャネル状態情報は、第2のネットワークデバイスに、プリコーディングを実行するように命令するのに用いられるプリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含むので、第2のネットワークデバイスは、行列要素のための選択情報に従って、プリコーディングを実行するためのプリコーディング行列を決定し、2次元アンテナに適用可能なチャネルプリコーディング行列を合成することができる。したがって、合成されたプリコーディング行列の次元は、実際のチャネルの空間特徴により近く、これによって、プリコーディング行列の精度が効果的に改善する。

0066

以下において、本明細書における添付の図面を参照して本発明の実施形態を詳細に説明する。

0067

実施形態1
図1は、本発明の実施形態1によるチャネル状態情報を送信するための方法の概略フローチャートである。本方法は以下のように説明することができる。

0068

ステップ101:第1のネットワークデバイスが、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定する。

0069

チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む。

0070

選択情報は、バイナリコードシーケンスであってもよく、別の方式で表されてもよく、これは本明細書において限定されない。

0071

選択情報がバイナリコードシーケンスであるとき、このバイナリコードシーケンスの長さ値は、PMIによって示されるプリコーディング行列の列の量(階数値)である。

0072

特に、バイナリコードシーケンスにおける「1」が、プリコーディング行列における選択された行列要素の列ラベルを示すのに用いられ、バイナリコードシーケンスにおける「0」が、プリコーディング行列における選択されていない行列要素の列ラベルを示すのに用いられるか、又は、バイナリコードシーケンスにおける「0」が、プリコーディング行列における選択された行列要素の列ラベルを示すのに用いられ、バイナリコードシーケンスにおける「1」が、プリコーディング行列における選択されていない行列要素の列ラベルを示すのに用いられる。

0073

PMIによって示されるプリコーディング行列における行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択要素及び行選択要素を含むことに留意するべきである。

0074

ステップ101において、ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって、例えばW=W1*W2によって得られる。本明細書における合成は従来技術に属し、LTEプロトコルに記載されているため、詳細に説明されない。

0075

チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMI情報を含んでもよく、1つのPMI情報を含んでもよく、これは本明細書において限定されない。

0076

チャネル状態情報は、少なくとも1つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0077

すなわち、PMIによって示されるプリコーディング行列の量は、列選択を実行するためのプリコーディング行列の量と同じであってもよく、異なっていてもよい。

0078

例えば、2つのプリコーディング行列が示されることを示す2つのPMIインジケーション情報が存在する。この場合、2つのPMIによって示される2つのプリコーディング行列のうちの一方のプリコーディング行列内の行列要素が選択されることを示す、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる1つの選択情報が存在する場合があり、また、2つのPMIによって示される2つのプリコーディング行列内の行列要素が選択されることを示す、PMIによって示されるプリコーディング内の行列要素を選択するのに用いられる2つの選択情報が存在する場合もある。

0079

本発明の別の実施方式では、少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られるか、又は少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0080

選択情報は、以下の方式で決定することができ、決定方式は以下の方式に限定されない。

0081

方式1
チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0082

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0083

本発明の別の実施方式において、第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0084

例えば、アクティブアンテナシステム(AAS,Adaptive Antenna System)には、水平次元におけるアンテナのみでなく、垂直次元におけるアンテナ次元も存在する。

0085

端末デバイスが基地局デバイスによって送信される2つの基準信号を測定するとき、一方の基準信号は水平次元におけるアンテナに対応し、他方の基準信号は垂直次元におけるアンテナに対応する。この場合、水平次元におけるチャネルに加えて、端末デバイスは垂直次元におけるチャネルも測定することができる。

0086

異なる次元における基準信号を測定することによって、水平次元におけるアンテナのチャネルのプリコーディング行列が得られ、水平プリコーディング行列と呼ばれる場合もあれば、第1のプリコーディング行列と呼ばれる場合もあれば、第2のプリコーディング行列と呼ばれる場合もあり、これは本明細書において限定されない。垂直次元におけるアンテナのチャネルのプリコーディング行列を更に得ることができ、このプリコーディング行列は、垂直プリコーディング行列と呼ばれる場合もあれば、第2のプリコーディング行列と呼ばれる場合もあれば、第1のプリコーディング行列と呼ばれる場合もあり、これは本明細書において限定されない。

0087

チャネル状態情報は2つのPMIを含むことができ、ここで、一方のPMIによって示されるプリコーディング行列は水平次元におけるプリコーディング行列であり、他方のPMIによって示されるプリコーディング行列は垂直次元におけるプリコーディング行列である。

0088

これに応じて、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は以下の通りであり、
選択情報は、水平プリコーディング行列内の行列要素から列要素を選択するのに用いられる第1の列選択情報を含み、かつ/又は垂直プリコーディング行列内の行列要素から列要素を選択するのに用いられる第2の列選択情報を含む。

0089

更に、第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量と、第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量との積は、第1の数値以下である。

0090

第1の数値は、受信端によって決定される第1のRIであるか、又は第1の数値は送信端によって構成される第1のRIである。

0091

特に、第1の数値は、受信端の受信アンテナの量と、送信端の送信アンテナの量とのうちの小さな方であり、この理由は、2Dアンテナアレイのチャネルの階数が、受信端の受信アンテナの量と、送信端の送信アンテナの量とうちの小さな方を超えることは不可能であるためである。

0092

代替的に、第1の数値は受信端によって決定される第1のRIの第1の数値であり、第1のRIは、アンテナアレイ全体が基準信号にマッピングされ、受信端が基準信号を測定した後に得られる第1のRIとすることができ、第1のRIは、基本的に、2Dアンテナアレイの実際のチャネル特徴を反映することができ、合成されたプリコーディング行列の階数は第1のRIを超えることができない。

0093

PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報を決定することは、第1の数値に従って制約されることがわかる。したがって、得られるプリコーディング行列は比較的高い精度を有し、これは効果的には、データストリーム最大限まで送信されることを確実にし、ネットワークシステムデータ送信レートを改善する。

0094

オプションで、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0095

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークによって構成される第1のRIである。

0096

更に、第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0097

方式2
チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0098

ここで、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するのに用いられる列の量は独自に制限されており、これは方式1とは異なる。

0099

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための第2の数値は、異なることができ、独立して構成することができる。

0100

同様に、チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0101

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第2のRIである。

0102

更に、第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0103

例えば、上記の水平プリコーディング行列及び垂直プリコーディング行列は依然として例として用いられ、選択情報は、水平プリコーディング行列内の行列要素から列要素を選択するのに用いられる第1の列選択情報、及び/又は垂直プリコーディング行列内の行列要素から列要素を選択するのに用いられる第2の列選択情報を含む。

0104

第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量、及び第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量はそれぞれ、第2の数値以下である。

0105

更に、第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量、及び第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量はそれぞれ、第2の数値以上である。

0106

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第2のRIである。

0107

更に、第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0108

方式3
異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0109

第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。異なるPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択を実行するための第3の数値は、異なることができ、独立して構成することができる。

0110

例えば、上記の水平プリコーディング行列及び垂直プリコーディング行列は依然として例として用いられ、第1のネットワークデバイスは別個に、水平プリコーディング行列内の行列要素に対し列選択を実行するための第1の列選択情報が数値であると判断し、垂直プリコーディング行列内の行列要素に対し列選択を実行するための第2の列選択情報が数値であると判断する。

0111

数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0112

列選択情報及び行選択情報の双方がビットマップ信号伝達フォーマットをとることができ、信号伝達フォーマットはビットマップ信号伝達フォーマットに限定されないことに留意するべきである。

0113

少なくとも2つの含まれるPMIが存在するとき、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0114

上記の方式において、プリコーディング行列が、PMIによって示されるプリコーディング行列に対し要素選択が実行された後に合成される場合、プリコーディング行列の次元がアンテナアレイ全体のチャネルの空間特徴とより良好に合致し、それによってプリコーディング行列の精度が改善される。

0115

加えて、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。

0116

CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI値及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQI値を含むことができる。

0117

CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを更に含むことができる。

0118

第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報は以下を更に含むことに留意するべきである。
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値。

0119

ステップ102:チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信する。

0120

本発明の実施形態1の解決策において、第1のネットワークデバイスは、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定し、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含み、そして第1のネットワークデバイスは、チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信する。チャネル状態情報は、第2のネットワークデバイスにプリコーディングを実行するように命令するのに用いられるプリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含むので、第2のネットワークデバイスは、行列要素のための選択情報に従って、プリコーディングを実行するためのプリコーディング行列を決定し、2次元アンテナに適用可能なチャネルプリコーディング行列を合成することができる。したがって、合成されたプリコーディング行列の次元は、実際のチャネルの空間特徴により近く、これによって、プリコーディング行列の精度が効果的に改善する。

0121

実施形態2
例として8個のアンテナを用いることによって、本発明の実施形態1のステップが本発明の実施形態2において詳細に説明される。

0122

受信端が、送信端の基準信号を測定する。測定によって得られる第1のプリコーディング行列はWhであり、rhはWhの階数インジケーションであり、得られる第2のプリコーディング行列はWvであり、rvはWvの階数インジケーションであり、ここで、



及び



である。

0123

8個の受信アンテナが存在するため、rh及びrvの値は8である。

0124

受信端は、送信端の基準信号の測定結果に従ってチャネル状態情報を決定する。ここで、チャネル状態情報は、2つのプリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含む。

0125

PMIによって示されるプリコーディング行列はWh及びWvであり、選択情報は、Wh内の行列要素を選択するための第1の選択情報と、Wv内の行列要素を選択するための第2の選択情報とを含む。

0126

チャネルの合成されたプリコーディング行列の階数インジケーションRIはmin(rh,rv)を超えないため、合成されたプリコーディング行列のRIは8を超えないことがわかり、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素は、選択情報を決定する異なる方式で選択される。

0127

方式1:
第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量と、第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量との積は、8以下である。

0128

第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量と第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量との積が8であると仮定すると、第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量は1、2又は4とすることができ、対応する第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量は8、4又は2とすることができる。

0129

第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量が4であり、第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量が2である例を用いることによって、以下に説明が与えられる。

0130

この場合、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる決定された選択情報は、第1の列選択情報:10110100、第2の列選択情報:00011000として表すことができる。

0131

受信端は、決定されたチャネル状態情報を送信端に送信し、この場合、送信されるチャネル状態情報は、第1の列選択情報10110100に対応するPMI1と、第2の列選択情報00011000に対応するPMI2とを含む。

0132

インジケーション「1」が、選択された対応する行列の列インジケーションとして定義されることに留意するべきである。すなわち、10110100は、第1のプリコーディング行列内の第1の列、第3の列、第4の列及び第6の列内の行列要素が選択されることを示し、00011000は、第2のプリコーディング行列内の第4の列及び第5の列内の行列要素が選択されることを示し、
すなわち、第1の列、第3の列、第4の列及び第6の列内の行列要素は、



から選択され、



を形成し、
第4の列及び第5の列内の行列要素は、



から選択され、



を形成し、
それによって、送信端は、受信したチャネル状態情報に従って新たなプリコーディング行列、すなわち、



を生成する。

0133

方式2
第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量、及び第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量は、いずれも4以下である。

0134

第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量が4以下であり、第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量が4以下であると仮定すると、第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量は1、2、3又は4とすることができ、第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量も1、2、3又は4とすることができる。

0135

第1の列選択情報に含まれる選択された列要素の量が2であり、第2の列選択情報に含まれる選択された列要素の量が2である例を用いることによって、以下に説明が与えられる。

0136

この場合、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる決定された選択情報は、第1の列選択情報:00110000、第2の列選択情報:00011000として表すことができる。

0137

受信端は、決定されたチャネル状態情報を送信端に送信し、この場合、送信されるチャネル状態情報は、第1の列選択情報00110000に対応するPMI1と、第2の列選択情報00011000に対応するPMI2とを含む。

0138

インジケーション「1」が、選択された対応する行列の列インジケーションとして定義されることに留意するべきである。すなわち、00110000は、第1のプリコーディング行列内の第3の列及び第4の列内の行列要素が選択されることを示し、00011000は、第2のプリコーディング行列内の第4の列及び第5の列内の行列要素が選択されることを示し、
すなわち、第3の列及び第4の列内の行列要素は、



から選択され、



を形成し、
第4の列及び第5の列内の行列要素は、



から選択され、



を形成し、
それによって、送信端は、受信したチャネル状態情報に従って新たなプリコーディング行列、すなわち、



を生成する。

0139

加えて、受信端によって送信端に送信されるチャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。

0140

CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI値、及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQI値を含むことができる。

0141

例えば、第1のCQIはWHに従って得られ、別の第1のCQIはWVに従って得られ、
第2のCQIはW’Hに従って得られ、別の第2のCQIはW’Vに従って得られる。

0142

CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI値、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQI値を更に含むことができる。

0143

及び第3のCQIは、W2Dに従って得られ、



及び第4のCQIは、W’2Dに従って得られる。

0144

受信端によって送信されるチャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値、
を更に含むことに留意するべきである。

0145

実施形態3
図2は、本発明の実施形態3による、チャネル状態情報を送信する方法の概略フローチャートである。本発明の実施形態3は、本発明の実施形態1における発明の概念と同じ発明の概念を有する発明である。本方法は以下のように説明することができる。

0146

ステップ201:第2のネットワークデバイスが、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信する。

0147

チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含む。

0148

ステップ201において、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、PMI及び選択情報を含み、ここで、
ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0149

詳細には、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0150

チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0151

少なくとも2つのPMIに関する情報は、第1のネットワークデバイスによって、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0152

少なくとも2つのPMIに関する情報は、第1のネットワークデバイスによって、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0153

PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0154

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0155

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0156

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0157

第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0158

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0159

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0160

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークによって構成される第2のRIである。

0161

第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0162

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0163

第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0164

列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0165

少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0166

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI値及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQI値を含む。

0167

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを含む。

0168

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値を更に含む。

0169

ステップ202:チャネル状態情報に従って、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得る。

0170

ステップ202において、チャネル状態情報に従って、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得ることは、
第2のネットワークデバイスが、選択情報に従って、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択し、選択された行列要素を用いることによって、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成することを含む。

0171

実施形態4
図3は、本発明の実施形態4による、チャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。本発明の実施形態4は、本発明の実施形態1乃至本発明の実施形態3における発明の概念と同じ発明の概念を有する発明である。デバイスは、決定モジュール11及び送信モジュール12を備え、ここで、
決定モジュール11は、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するように構成され、ここで、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含み、
送信モジュール12は、チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信するように構成される。

0172

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報はPMI及び選択情報を含み、ここで、
ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0173

詳細には、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0174

チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0175

少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0176

少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0177

PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0178

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0179

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0180

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0181

第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0182

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0183

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0184

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークによって構成される第2のRIである。

0185

第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0186

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0187

第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0188

列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0189

少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0190

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む。

0191

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを含む。

0192

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値、
を更に含む。

0193

本発明の実施形態4に記載されるデバイスは、端末デバイスであってもよく、基地局デバイスであってもよく、また、ハードウェアを用いて実施されてもよく、ソフトウェアを用いて実施されてもよく、これは本明細書において限定されないことに留意するべきである。

0194

実施形態5
図4は、本発明の実施形態5による、チャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。本発明の実施形態5は、本発明の実施形態1乃至実施形態4における発明の概念と同じ発明の概念を有する発明である。デバイスは、受信モジュール21及び送信モジュール22を備え、ここで、
受信モジュール21は、第1のネットワークデバイスによって送信されたチャネル状態情報を受信するように構成され、ここで、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含み、
送信モジュール22は、チャネル状態情報に従って、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るように構成される。

0195

本発明の別の実施形態では、送信モジュール22は、選択情報に従って、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択し、選択された行列要素を用いることによって、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するように特に構成される。

0196

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報はPMI及び選択情報を含み、ここで、
ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0197

詳細には、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0198

チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0199

少なくとも2つのPMIに関する情報は、第1のネットワークデバイスによって、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0200

少なくとも2つのPMIに関する情報は、第1のネットワークデバイスによって、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0201

PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0202

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0203

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0204

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0205

第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0206

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0207

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0208

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークによって構成される第2のRIである。

0209

第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0210

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0211

第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0212

列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0213

少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0214

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む。

0215

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを含む。

0216

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値、
を更に含む。

0217

本発明の実施形態5に記載されるデバイスは、端末デバイスであってもよく、基地局デバイスであってもよく、また、ハードウェアを用いて実施されてもよく、ソフトウェアを用いて実施されてもよく、これは本明細書において限定されないことに留意するべきである。

0218

本発明の実施形態4と比較して、違いは、本発明の実施形態4がチャネル送信のための受信端を説明し、本発明の実施形態5がチャネル送信のための送信端を説明していることである。

0219

実施形態6
図5は、本発明の実施形態6による、チャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。本発明の実施形態6は、本発明の実施形態1乃至本発明の実施形態5における発明の概念と同じ発明の概念を有する発明である。デバイスは、プロセッサ31及び信号送信機32を備え、ここで、プロセッサ31はバス33を用いることによって信号送信機32に接続され、ここで、
プロセッサ31は、第2のネットワークデバイスによって送信される基準信号の測定に従ってチャネル状態情報を決定するように構成され、ここで、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報とを含み、
信号送信機32は、チャネル状態情報を第2のネットワークデバイスに送信するように構成される。

0220

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報はPMI及び選択情報を含み、ここで、
ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0221

詳細には、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0222

チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0223

少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0224

少なくとも2つのPMIに関する情報は、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0225

PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0226

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0227

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0228

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0229

第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0230

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0231

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0232

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークによって構成される第2のRIである。

0233

第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0234

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0235

第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0236

列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0237

少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0238

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む。

0239

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを含む。

0240

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値を更に含む。

0241

本発明の実施形態6に記載されるデバイスは、端末デバイスであってもよく、基地局デバイスであってもよく、また、ハードウェアを用いて実施されてもよく、ソフトウェアを用いて実施されてもよく、これは本明細書において限定されないことに留意するべきである。

0242

実施形態7
図6は、本発明の実施形態7による、チャネル状態情報を送信するためのデバイスの構造の概略図である。本発明の実施形態7は、本発明の実施形態1乃至本発明の実施形態6における発明の概念と同じ発明の概念を有する発明である。デバイスは、信号受信機41及びプロセッサ42を備え、ここで、信号受信機41はバス43を用いることによってプロセッサ42に接続され、ここで、
信号受信機41は、第1のネットワークデバイスによって送信されるチャネル状態情報を受信するように構成され、ここで、チャネル状態情報は、プリコーディング行列インジケーションPMIと、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するのに用いられる選択情報とを含み、
プロセッサ42は、チャネル状態情報に従って、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を得るように構成される。

0243

本発明の別の実施形態では、プロセッサ42は、選択情報に従って、PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択し、選択された行列要素を用いることによって、第1のネットワークデバイスと通信するのに用いられるプリコーディング行列を生成するように特に構成される。

0244

本発明の別の実施形態では、チャネル状態情報はPMI及び選択情報を含み、ここで、
ダブルコードブック構造の場合、PMIによって示されるプリコーディング行列は、2つのサブPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列を合成することによって得られる。

0245

詳細には、チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIに関する情報を含む。

0246

チャネル状態情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するための選択情報を含む。

0247

少なくとも2つのPMIに関する情報は、第1のネットワークデバイスによって、異なる基準信号の構成情報に従った測定によって得られる。

0248

少なくとも2つのPMIに関する情報は、第1のネットワークデバイスによって、異なるチャネル状態情報プロセスCSI processの構成情報に従った測定によって得られる。

0249

PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素を選択するように命令するのに用いられる選択情報は、列選択情報及び行選択情報を含む。

0250

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以下である。

0251

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、少なくとも2つのPMIによってそれぞれ示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量の積は、第1の数値以上である。

0252

第1の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第1の階数インジケーションRIであるか、又は第1の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第1のRIである。

0253

第1の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0254

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以下である。

0255

チャネル状態情報が少なくとも2つのPMIを含むとき、各PMIによって示されるプリコーディング行列内の行列要素に対する列選択を実行するように命令するのに用いられる列の量は、第2の数値以上である。

0256

第2の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第2の階数インジケーションRIであるか、又は第2の数値は、第2のネットワークによって構成される第2のRIである。

0257

第2の数値は、第1のネットワークデバイスの受信アンテナの量と、第2のネットワークデバイスの送信アンテナの量とのうちの小さい方である。

0258

異なるPMIによって示されるプリコーディング行列について、第1のネットワークデバイスは、プリコーディング行列の各々における行列要素に対する列選択を実行するための第3の数値を別個に決定する。

0259

第3の数値は、第1のネットワークデバイスによって報告される第3の階数インジケーションRIであるか、又は第3の数値は、第2のネットワークデバイスによって構成される第3のRIである。

0260

列選択情報はビットマップ信号伝達フォーマットである。

0261

少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対する列選択を実行するための選択情報のために、独立コーディング方式又は共同コーディング方式が用いられる。

0262

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、各PMIによって示されるプリコーディング行列に従って計算される第1のCQI及び/又は各PMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に従って得られる第2のCQIを含む。

0263

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、チャネル品質インジケータCQI情報を更に含む。ここで、CQI情報は、少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第3のCQI、及び/又は少なくとも2つのPMIによって示されるプリコーディング行列に対し列選択が実行された後のプリコーディング行列に対しクロネッカー積を実行することによって得られるプリコーディング行列に従って計算される第4のCQIを含む。

0264

本発明の別の実施形態では、第2のネットワークデバイスによって受信されるチャネル状態情報は、
第1のCQI、又は
第1のCQI及び第3のCQI、又は
第3のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第2のCQI、又は
第2のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第1のCQI及び第4のCQI、又は
第4のCQI及び少なくとも1つの第1のCQIに従って得られた微分値、又は
第2のCQI及び第4のCQI、又は
第2のCQI、並びに第4のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、
第2のCQI及び第3のCQI、又は
第2のCQI、並びに第3のCQI及び第2のCQI値に従って得られた微分値、又は
第3のCQI及び第4のCQI、又は
第3のCQI、並びに第4のCQI及び第3のCQI値に従って得られた微分値、
を更に含む。

0265

本発明の実施形態7に記載されるデバイスは、端末デバイスであってもよく、基地局デバイスであってもよく、また、ハードウェアを用いて実施されてもよく、ソフトウェアを用いて実施されてもよく、これは本明細書において限定されないことに留意するべきである。

0266

本発明の実施形態6と比較して、違いは、本発明の実施形態6がチャネル送信のための受信端を説明し、本発明の実施形態7がチャネル送信のための送信端を説明していることである。

0267

業者であれば、本発明の実施形態を、方法として、装置(デバイス)として、又はコンピュータプログラム製品として提供することができることを理解するべきである。したがって、本発明は、ハードウェアのみの実施形態、ソフトウェアのみの実施形態、又はソフトウェア及びハードウェアの組合せを有する実施形態の形態を用いることができる。更に、本発明は、コンピュータ使用可能なプログラムコードを含む1つ又は複数のコンピュータ使用可能な記憶媒体ディスクメモリCD−ROM又は光学メモリ等を含むがこれらに限定されない)において実施されるコンピュータプログラム製品の形態を用いることができる。

0268

本発明は、本発明の実施形態による方法、装置(デバイス)及びコンピュータプログラム製品のフローチャート及び/又はブロック図を参照して説明されている。コンピュータプログラム命令を用いて、フローチャート及び/又はブロック図内の各プロセス及び/又は各ブロック、並びにフローチャート及び/又はブロック図内のプロセス及び/又はブロックの組合せを実施することができることが理解されるべきである。これらのコンピュータプログラム命令は、汎用コンピュータ、専用コンピュータ、埋込みプロセッサ、又はマシンを生成するための任意の他のプログラマブルデータ処理デバイスのプロセッサに提供することができ、それによって、任意の他のプログラマブルデータ処理デバイスのコンピュータ又はプロセッサによって実行される命令が、フローチャート内の1つ若しくは複数のプロセス及び/又はブロック図内の1つ若しくは複数のブロックにおける特定の機能を実施するための装置を生成する。

0269

これらのコンピュータプログラム命令は、コンピュータ又は任意の他のプログラマブルデータ処理デバイスに、特定の方式で機能するように命令することができるコンピュータ可読メモリに記憶することもでき、それによって、コンピュータ可読メモリ内に記憶された命令が、命令装置を含む人工製品を生成する。命令装置は、フローチャート内の1つ若しくは複数のプロセス及び/又はブロック図内の1つ若しくは複数のブロックにおける特定の機能を実施する。

0270

これらのコンピュータプログラム命令は、コンピュータ又は別のプログラマブルデータ処理デバイス上にロードすることができ、それによって、コンピュータ又は別のプログラマブルデバイスにおいて一連の動作及びステップが実行され、それによってコンピュータにより実施される処理が生成される。したがって、コンピュータ又は別のプログラマブルデバイスにおいて実行される命令は、フローチャート内の1つ若しくは複数のプロセス及び/又はブロック図内の1つ若しくは複数のブロックにおける特定の機能を実施するためのステップを提供する。

0271

本発明の幾つかの好ましい実施形態が説明されてきたが、当業者は、基本的な発明の概念を学べば、これらの実施形態に対し、変形及び変更を行うことができる。したがって、以下の特許請求の範囲は、本発明の範囲内に入る例示的な実施形態並びに全ての変形及び変更をカバーするように解釈されることが意図される。

0272

明らかに、当業者は、本発明の趣旨及び範囲から逸脱することなく、本発明に対し様々な変更及び変形を行うことができる。本発明は、これらの変更及び変形が、以下の特許請求の範囲及びそれらの等価な技術によって画定される保護範囲内に入るという条件で、これらの変更及び変形をカバーするように意図される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ