図面 (/)

技術 チャンネル情報フィードバック方法、基地局及び端末

出願人 ゼットティーイーコーポレーション
発明者 チェン,イージエンルー,チャオホワチャオ,ジンシャオ,ホワホワユー,グアンフイ
出願日 2014年6月23日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2016-542950
公開日 2017年1月19日 (3年11ヶ月経過) 公開番号 2017-502597
状態 特許登録済
技術分野 時分割方式以外の多重化通信方式 無線伝送方式一般(ダイバーシチ方式等) 移動無線通信システム
主要キーワード 特徴ベクトル情報 フィードバック精度 D形式 スタジア 単一次元 使用シーン 組成構造 チャンネル測定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題・解決手段

チャンネル情報フィードバック方法基地局及び装置であって、端末チャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列構築して、最適なチャンネルパラメータ確定して基地局にフィードバックするステップと、基地局は受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトル量子化情報を構築するステップと、を含む。本発明の実施例の提供した技術的解決手段において、チャンネル行列において二重偏波チャンネルの最も基本な特徴、即ちマルチパス方向を表す情報uをマッチングしたため、最小のコストでチャンネル情報のフィードバックを実現し、既存技術におけるコードブックフィードバック手段に対して、フィードバック精度を満たす上で、フィードバックオーバヘッドを低下させ、端末実現の複雑さを低減させ、フィードバック効率を向上させることが言うまでもないため、本発明の実施例の提供したチャンネル情報フィードバック方法はMassiveMIMO技術に基づくシステムに適用する。

概要

背景

ワイヤレス通信システムにおいては、通常、送信側と受信側の間に空間多重化の方式を採用し、複数本アンテナを使用してより高い伝送速率を取得する。一般的な空間多重化方法に対する1種の強化技術では、チャンネル情報を受信側から送信側にフィードバックして、送信側が得られたチャンネル情報に基づき幾つかの送信プリコーディング技術を使用して大幅に伝送性能を向上させる。シングルユーザ多重入出力MIMO、Multi-input Multi-output)に対して、直接にチャンネル特徴ベクトル情報を使用してプリコーディングし、マルチユーザMIMO(MU-MIMO)に対して、より正確なチャンネル情報を必要とする。

ワイヤレス通信技術の高速発展に伴って、ユーザのワイヤレス使用もより豊かになり、ワイヤレスデータサービスの急成長を導き、これはワイヤレスアクセスネットワーク巨大挑戦をもたらし、マルチアンテナ技術はワイヤレスデータサービスの爆発的な増大の挑戦に対応する肝心な技術である。従来、4Gにおいてサポートしたマルチアンテナ技術は最も大きく8ポート水平次元ビームフォーミング技術のみをサポートし、更に大幅にシステム容量を増加する大きな潜在力がある。

マルチアンテナ技術の進化は主により大きなビームフォーミング/プリコーディングゲイン、より多くの空間多重化層数(MU/SU)及びより小さい層間干渉、より完全なカバレッジ、より小さいサイト間干渉等を目標として行う。大規模MIMO(Massive MIMO)と三次元MIMO(3D MIMO)は次世代ワイヤレス通信におけるMIMO進化の最も主要な2種の技術である。

MassiveMIMO技術に基づくシステムは、基地局側に大規模アンテナアレイ、例えば100個のアンテナ、ひいてはより多いものが配置される。このように、データ伝送を行う際に、MU-MIMO技術を利用して、同時に同じ周波数複数ユーザ多重し、一般的に、アンテナ数多重ユーザ数との比例が5-10倍程度に保つ。一方で、スタジア環境の強い相関チャンネルでも、リッチ散乱での非関連チャンネルでも、任意の2つのユーザチャンネルの間の相関係数はアンテナ数の増加に伴って指数的に減衰し、例えば、基地局側に100本のアンテナが配置される際に、任意の2つのユーザチャンネル間の相関係数が0に近い、つまりマルチユーザに対応するチャンネル間が直交に近い。他方で、大きなアレイはかなりのアレイゲイン及びダイバーシティゲインをもたらすことができる。3DMIMOに対して、垂直次元と水平次元には、いずれもとてもよいビームフォーミングの能力を備える。これはアンテナを単に単一次元ではなく、2D形式で配置する必要がある。アンテナサイズの制限のため、一つの次元に何百本のアンテナを配置する可能性があまりない。このため、ほとんどの使用シーンにおいて、Massive MIMO技術を使用する際に、3D MIMOを一般的に結合して使用することもある。また、アンテナサイズを節約してよりよいダイバーシティ性能又は多重化能力を提供するために、二重偏波アンテナもMassive MIMOに幅広く使用される。二重偏波アンテナを使用することはアンテナのサイズを元の半分に縮小させる。

MassiveMIMOにとって、大量アンテナの導入のため、従来のチャンネル情報フィードバック方法は、各アンテナによりチャンネル状態情報基準信号(CSI-RS)を送信し、端末がCSI-RSを検出してチャンネル推定によって各伝送リソースに対応するチャンネル行列を得て、チャンネル行列に基づき最適なベースバンドにおける各周波数領域サブバンドプリコーディングベクトルブロードバンドの最適な伝送層数情報を得て、次に、以上で紹介したコードブックフィードバック技術に基づいてチャンネル情報のフィードバックを行う。このようなチャンネル情報フィードバック方式はMassive MIMOに適用する時に大きな問題が存在し、一方で、パイロットオーバヘッド基地局のアンテナ数Ntの増加に伴って増加し、アンテナ数が多い時にパイロットオーバヘッドが非常に巨大である。他方で、フィードバックする時に使用したコードブックに非常に多いコードワードを含む必要があり、コードワードの選択が非常に困難であるため、端末の実現に非常に高い複雑さを与え、ほとんど実現できなく、或いは巨大なコストをかかる必要がある。また、コードブックによるフィードバックのオーバヘッドが大きく、アップリンクのオーバヘッドを膨大させる。つまり、従来のコードブックフィードバック技術を採用するのは、大規模アンテナシステムにおいて比較的よい性能を取得しにくく、所望のマルチアンテナゲインを得ることができない。

特に、二重偏波チャンネルにとって、分極間の非関連性のため、一般的にチャンネルのランクはいずれも1より大きく、このようにより多くの情報量をフィードバックする必要がある。ユニポーラチャンネルより、より深刻なフィードバック性能とオーバヘッド問題を有する。

概要

チャンネル情報フィードバック方法、基地局及び装置であって、端末はチャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列構築して、最適なチャンネルパラメータ確定して基地局にフィードバックするステップと、基地局は受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトル量子化情報を構築するステップと、を含む。本発明の実施例の提供した技術的解決手段において、チャンネル行列において二重偏波チャンネルの最も基本な特徴、即ちマルチパス方向を表す情報uをマッチングしたため、最小のコストでチャンネル情報のフィードバックを実現し、既存技術におけるコードブックフィードバック手段に対して、フィードバック精度を満たす上で、フィードバックオーバヘッドを低下させ、端末実現の複雑さを低減させ、フィードバック効率を向上させることが言うまでもないため、本発明の実施例の提供したチャンネル情報フィードバック方法はMassiveMIMO技術に基づくシステムに適用する。1

目的

また、アンテナサイズを節約してよりよいダイバーシティ性能又は多重化能力を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

端末チャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報表現するための情報行列構築して、最適なチャンネルパラメータ確定して基地局にフィードバックするステップと、基地局は受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトル量子化情報を構築するステップと、を含むチャンネル情報フィードバック方法

請求項2

請求項3

前記第1チャンネル情報におけるベクトルはいずれも同じモデルのベクトルであることを特徴とする請求項2に記載のチャンネル情報フィードバック方法。

請求項4

請求項5

前記情報行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列がチャンネル測定における情報で線形関数によって得られる請求項1又は2に記載のチャンネル情報フィードバック方法。

請求項6

請求項7

請求項8

請求項9

請求項10

請求項11

請求項12

請求項13

請求項14

請求項15

前記関数は基地局と端末の間に事前約束して設定され、或いは、前記関数は端末により設定して確定され、且つ前記端末は確定した関数を基地局にフィードバックする請求項1〜14のいずれか1つに記載のチャンネル情報フィードバック方法。

請求項16

請求項17

前記N又は第2チャンネル情報の取る値は基地局により端末専用UE specificのシグナリングにより端末に通知され、或いは、前記N又は前記第2チャンネル情報は端末により判断して前記基地局にフィードバックされる請求項2又は16に記載のチャンネル情報フィードバック方法。

請求項18

前記シグナリングは上位層シグナリングであり、周期フィードバックに応用され、前記シグナリングは物理層制御シグナリングであり、非周期フィードバックトリガーシグナリングとともに送信され、非周期フィードバックに応用される請求項17に記載のチャンネル情報フィードバック方法。

請求項19

受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築するように設定される基地局。

請求項20

前記基地局は更に端末にチャンネル測定パイロットを送信するように設定される請求項19に記載の基地局。

請求項21

前記チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列がチャンネル測定における情報で線形関数によって得られる請求項19又は20に記載の基地局。

請求項22

チャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックするように設定される端末。

請求項23

前記チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列がチャンネル測定における情報で線形関数によって得られる請求項22に記載の端末。

請求項24

請求項25

技術分野

0001

本発明の実施例は大規模ワイヤレス通信技術に関し、特にチャンネル情報フィードバック方法基地局及び装置である。

背景技術

0002

ワイヤレス通信システムにおいては、通常、送信側と受信側の間に空間多重化の方式を採用し、複数本アンテナを使用してより高い伝送速率を取得する。一般的な空間多重化方法に対する1種の強化技術では、チャンネル情報を受信側から送信側にフィードバックして、送信側が得られたチャンネル情報に基づき幾つかの送信プリコーディング技術を使用して大幅に伝送性能を向上させる。シングルユーザ多重入出力MIMO、Multi-input Multi-output)に対して、直接にチャンネル特徴ベクトル情報を使用してプリコーディングし、マルチユーザMIMO(MU-MIMO)に対して、より正確なチャンネル情報を必要とする。

0003

0004

ワイヤレス通信技術の高速発展に伴って、ユーザのワイヤレス使用もより豊かになり、ワイヤレスデータサービスの急成長を導き、これはワイヤレスアクセスネットワーク巨大挑戦をもたらし、マルチアンテナ技術はワイヤレスデータサービスの爆発的な増大の挑戦に対応する肝心な技術である。従来、4Gにおいてサポートしたマルチアンテナ技術は最も大きく8ポート水平次元ビームフォーミング技術のみをサポートし、更に大幅にシステム容量を増加する大きな潜在力がある。

0005

マルチアンテナ技術の進化は主により大きなビームフォーミング/プリコーディングゲイン、より多くの空間多重化層数(MU/SU)及びより小さい層間干渉、より完全なカバレッジ、より小さいサイト間干渉等を目標として行う。大規模MIMO(Massive MIMO)と三次元MIMO(3D MIMO)は次世代ワイヤレス通信におけるMIMO進化の最も主要な2種の技術である。

0006

MassiveMIMO技術に基づくシステムは、基地局側に大規模アンテナアレイ、例えば100個のアンテナ、ひいてはより多いものが配置される。このように、データ伝送を行う際に、MU-MIMO技術を利用して、同時に同じ周波数複数ユーザ多重し、一般的に、アンテナ数多重ユーザ数との比例が5-10倍程度に保つ。一方で、スタジア環境の強い相関チャンネルでも、リッチ散乱での非関連チャンネルでも、任意の2つのユーザチャンネルの間の相関係数はアンテナ数の増加に伴って指数的に減衰し、例えば、基地局側に100本のアンテナが配置される際に、任意の2つのユーザチャンネル間の相関係数が0に近い、つまりマルチユーザに対応するチャンネル間が直交に近い。他方で、大きなアレイはかなりのアレイゲイン及びダイバーシティゲインをもたらすことができる。3DMIMOに対して、垂直次元と水平次元には、いずれもとてもよいビームフォーミングの能力を備える。これはアンテナを単に単一次元ではなく、2D形式で配置する必要がある。アンテナサイズの制限のため、一つの次元に何百本のアンテナを配置する可能性があまりない。このため、ほとんどの使用シーンにおいて、Massive MIMO技術を使用する際に、3D MIMOを一般的に結合して使用することもある。また、アンテナサイズを節約してよりよいダイバーシティ性能又は多重化能力を提供するために、二重偏波アンテナもMassive MIMOに幅広く使用される。二重偏波アンテナを使用することはアンテナのサイズを元の半分に縮小させる。

0007

MassiveMIMOにとって、大量アンテナの導入のため、従来のチャンネル情報フィードバック方法は、各アンテナによりチャンネル状態情報基準信号(CSI-RS)を送信し、端末がCSI-RSを検出してチャンネル推定によって各伝送リソースに対応するチャンネル行列を得て、チャンネル行列に基づき最適なベースバンドにおける各周波数領域サブバンドプリコーディングベクトルブロードバンドの最適な伝送層数情報を得て、次に、以上で紹介したコードブックフィードバック技術に基づいてチャンネル情報のフィードバックを行う。このようなチャンネル情報フィードバック方式はMassive MIMOに適用する時に大きな問題が存在し、一方で、パイロットオーバヘッドが基地局のアンテナ数Ntの増加に伴って増加し、アンテナ数が多い時にパイロットオーバヘッドが非常に巨大である。他方で、フィードバックする時に使用したコードブックに非常に多いコードワードを含む必要があり、コードワードの選択が非常に困難であるため、端末の実現に非常に高い複雑さを与え、ほとんど実現できなく、或いは巨大なコストをかかる必要がある。また、コードブックによるフィードバックのオーバヘッドが大きく、アップリンクのオーバヘッドを膨大させる。つまり、従来のコードブックフィードバック技術を採用するのは、大規模アンテナシステムにおいて比較的よい性能を取得しにくく、所望のマルチアンテナゲインを得ることができない。

0008

特に、二重偏波チャンネルにとって、分極間の非関連性のため、一般的にチャンネルのランクはいずれも1より大きく、このようにより多くの情報量をフィードバックする必要がある。ユニポーラチャンネルより、より深刻なフィードバック性能とオーバヘッド問題を有する。

発明が解決しようとする課題

0009

上記の技術的問題を解決するために、本発明の実施例はチャンネル情報フィードバック方法、基地局及び端末を提供して、MassiveMIMO技術に基づくシステムに適用できる。

課題を解決するための手段

0010

0011

0012

0013

0014

0015

前記N又は第2チャンネル情報の取る値は基地局により端末の専用UE specificのシグナリングによって端末に通知し、或いは、前記N又は前記第2チャンネル情報は端末により判断して前記基地局にフィードバックされる。

0016

前記シグナリングは上位層シグナリングであり、周期フィードバックに応用され、
前記シグナリングは物理層制御シグナリングであり、非周期フィードバックトリガーシグナリングとともに送信され、非周期フィードバックに応用される。

0017

本発明の実施例は基地局を更に提供し、受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトル量子化情報構築するように設定される。

0018

更に、端末にチャンネル測定パイロットを送信するように設定される。

0019

前記チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列がチャンネル測定における情報で線形関数によって得られる。

0020

本発明の実施例は端末を更に提供し、チャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックするように設定される。

0021

前記チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列がチャンネル測定における情報で線形関数によって得られる。

0022

0023

発明の効果

0024

従来技術と比べて、本発明の実施例の技術的解決手段は、端末がチャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックするステップと、基地局は受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築するステップと、を含む。本発明の実施例の提供した技術的解決手段において、チャンネル行列において二重偏波チャンネルの最も基本な特徴、即ちマルチパス方向を表す情報uをマッチングしたため、最小のコストでチャンネル情報のフィードバックを実現し、既存技術におけるコードブックフィードバック手段に対して、フィードバック精度を満たす上で、フィードバックオーバヘッドを低下させ、端末実現の複雑さを低減させ、フィードバック効率を向上させることが言うまでもないため、本発明の実施例の提供したチャンネル情報フィードバック方法はMassiveMIMO技術に基づくシステムに適用する。

0025

本発明の実施例におけるその他の特徴と利点を続いた明細書では説明し、且つ部分的に明細書から分かり、或いは本発明の実施によって了解する。本発明の実施例における目的とその他の利点を明細書、請求項の範囲及び図面に特に指摘した構造によって実現及び取得することができる。

図面の簡単な説明

0026

ここで説明した図面は本発明を更に理解するためのものであり、本出願の一部となり、本発明の模式的実施例及びその説明は本発明を解釈するためのものであり、本発明を不適切に制限することがない。図面では、
図1は本発明の実施例におけるチャンネル情報フィードバック方法を示すフローチャートである。
図2は本発明の実施例におけるチャンネル情報フィードバックシステムを示す組成構造模式図である。

実施例

0027

本発明の目的、技術的解決手段及び利点をより明らかにするために、以下、図面を参照して本発明の実施例を詳細的に説明する。なお、衝突しない場合に、本出願における実施例及び実施例における特徴を互いに任意に組み合わせることができる。

0028

図1は本発明の実施例におけるチャンネル情報フィードバック方法を示すフローチャートであり、図1に示すように、ステップ100とステップ101とを含む。
ステップ100、端末はチャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックする。

0029

チャンネルを表現する情報にマルチパス方向を表す情報が含まれる。

0030

本ステップの前に、基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、端末が基地局により送信したパイロット配置情報を得て、対応なリソース位置にチャンネル検出を行うステップを更に含む。具体的な実現は当業者慣用技術手段であり、ここで省略する。

0031

本ステップにおいて、チャンネル測定によって第1チャンネル情報及び第2チャンネル情報を得ることができ、第1チャンネル情報は少なくともN個のベクトルu1、u2、……uNを指示する情報を含み、uがマルチパス方向を表す情報であり、Nが1より大きい自然数である。

0032

0033

0034

本ステップにおける関数は基地局と端末の間に予め約束して設定されるものであり、或いは、前記関数は端末により設定し確定され、且つ端末により確定した関数を基地局にフィードバックする。

0035

0036

0037

ステップ100において最適なチャンネルパラメータを確定することは、モデル可変パラメータを変化させ、一グループの最適なパラメータを見つける。ここの最適な判定準則は一般的に容量の最大化或いは誤差の最小化などである。具体的な実現は当業者の慣用技術手段であり、ここで省略する。

0038

本発明において、情報行列において二重偏波チャンネルの最も基本な特徴、即ちマルチパス方向を表す情報uをマッチングしたため、最小のコストでチャンネル情報のフィードバックを実現し、従来のコードブックフィードバック手段に対して、フィードバック精度を満たす上で、フィードバックオーバヘッドを低下させ、端末実現の複雑さを低減させ、フィードバック効率を向上させることが言うまでもないため、本発明の実施例の提供したチャンネル情報フィードバック方法はMassiveMIMO技術に基づくシステムに適用する。

0039

ステップ101、基地局は受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築する。

0040

以下、具体的な実施例を結合して本発明の実施例における方法を詳細的に説明する。

0041

第1実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する。端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得て、ここで、Nrは受信アンテナ数である。

0042

0043

ここで、aが事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化すればよい。

0044

0045

0046

第2実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する。端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得て、ここで、Nrは受信アンテナ数である。

0047

0048

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化すればよい。

0049

0050

0051

第3実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得て、ここで、Nrが受信アンテナ数である。

0052

0053

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化すればよい。

0054

0055

0056

0057

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化すればよい。

0058

0059

0060

0061

ここで、aの取る値は1、jの中の一つであり、或いは1、j、(1+j)/sqrt2、(1-j)/sqrt2の中の一つであり、該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化すればよい。

0062

0063

0064

第6実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する。端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得る。ここで、Nrが受信アンテナ数である。

0065

0066

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化する。

0067

0068

0069

第7実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する。端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得る。ここで、Nrが受信アンテナ数である。

0070

0071

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化する。

0072

0073

0074

第8実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する。端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得る。ここで、Nrが受信アンテナ数である。

0075

0076

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。上記モデルは固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化する。

0077

0078

0079

第9実施例、仮に基地局がチャンネル測定パイロットを送信して、Nt本の送信アンテナを例として、2つの互いに垂直である分極方向においてそれぞれNt/2本のアンテナがある。基地局は合計でNt個のポートの一セットのCSI-RSパイロットを送信する。端末は基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行う。(Nr×Nt)次元のチャンネル行列情報を得る。ここで、Nrが受信アンテナ数である。

0080

0081

ここで、aは事前に約束した定常な取る値1、-1、j、-jの中の一つであり、Nが定常な取る値、例えば2、3又は4であり、基地局によりシグナリング配置を行ってもよい。該関数は固定的に一つの複数スカラー量Kをかけることができ、表した特徴ベクトル方向情報が変わらなく、含まれた情報に影響を及ばない。基地局側に正規化する。

0082

0083

0084

第10実施例、第9実施例に記載された通りで、但し、aは非定常な取る値である。

0085

0086

0087

なお、aが非定常な取る値であることは、同様に第6実施例、第7実施例及び第8実施例に適用し、ここで省略する。

0088

第11実施例、第10実施例に示したように、aの取る値は基地局がシグナリングによって配置されてもよく、例えばaの取る値が1、jの中の一つであり或いは1、j、(1+j)/sqrt2、(1-j)/sqrt2の中の一つである。即ち上位層シグナリングによりaの取る値を通知する。

0089

第6実施例と第10実施例に示すように、aの取る値範囲は基地局がシグナリングによって配置されてもよく、例えばaの取る値は1、jの中或いは1、j、(1+j)/sqrt2、(1-j)/sqrt2である。

0090

第12実施例、第1実施例〜第10実施例に示した通りで、Nの取る値は基地局により端末専用(UE specific)のシグナリングによって通知される。物理アップリンク制御チャンネルにおける周期フィードバックに対して、一般的には非接触式の定期的な報告であり、上位層のシグナリングにより通知されることができ、トリガー式の非周期フィードバックモードに対して、トリガーする際にダウンリンク物理層制御チャンネルによって送信でき、トリガーシグナリングとともに送信する。

0091

第13実施例、第1実施例〜第10実施例に示した通りで、使用される関数は基地局によりUE specificのシグナリングによって通知される。物理アップリンク制御チャンネルにおける周期フィードバックに対して、一般的に非接触式の定期的な報告であり、上位層のシグナリングにより通知されることができ、トリガー式の非周期フィードバックモードに対して、トリガーする際にダウンリンク物理層制御チャンネルによって送信でき、トリガーシグナリングとともに送信する。

0092

0093

端末は (Nr×Nt)次元のチャンネル行列に基づき、その中の一つの関数を選択して、且つチャンネル行列に基づき関数に対応するパラメータを確定して、基地局にフィードバックする。基地局は受信したパラメータに基づき、約束した上記関数に基づきチャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築して、且つダウンリンクチャンネルのプリコーディングに使用されることができる。

0094

0095

端末は (Nr×Nt)次元のチャンネル行列に基づき、その中の一つの関数を選択して、且つチャンネル行列に基づき関数に対応するパラメータを確定して、基地局にフィードバックする。基地局は受信したパラメータに基づき、約束した上記関数に基づきチャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築して、且つダウンリンクチャンネルのプリコーディングに使用されることができる。

0096

0097

端末は (Nr×Nt)次元のチャンネル行列に基づき、その中の一つの関数を選択して、且つチャンネル行列に基づき関数に対応するパラメータを確定して、基地局にフィードバックする。基地局は受信したパラメータに基づき、約束した上記関数に基づきチャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築して、且つダウンリンクチャンネルのプリコーディングに使用されることができる。

0098

0099

0100

0101

0102

図2は、本発明の実施例におけるチャンネル情報フィードバックシステムを示す組成構造模式図であり、図2に示すように、少なくとも基地局及び端末を含み、
端末は、チャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックすることに用いられ、チャンネルを表現する情報にはマルチパス方向を表す情報を含む。

0103

0104

基地局は、受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築することに用いられる。

0105

基地局は更に、端末にチャンネル測定パイロットを送信することに用いられ、この時、端末は更に、基地局が送信したパイロット配置情報を得て、対応のリソース位置にチャンネル検出を行うことに用いられる。

0106

その中、チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列はチャンネル測定におけるマルチパス方向を表す情報で線形関数によって得られる。関数は基地局と端末との間に事前に約束し設定され、或いは、端末により関数を確定して、端末が確定した関数を基地局にフィードバックする。

0107

本発明の実施例は基地局をさらに提供し、受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築することに用いられる。更に端末にチャンネル測定パイロットを送信することに用いられる。

0108

その中、チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列はチャンネル測定におけるマルチパス方向を表す情報で線形関数によって得られる。

0109

本発明の実施例は端末を更に提供し、チャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックすることに用いられ、チャンネルを表現する情報にはマルチパス方向を表す情報を含む。

0110

その中、チャンネル行列は若干のブロック行列からなり、且つ各ブロック行列はチャンネル測定におけるマルチパス方向を表す情報で線形関数によって得られる。

0111

0112

0113

以上の説明は、本発明の好ましい実例だけであり、本発明の保護範囲を制限するためののものではない。本発明の精神と原則にある限り、行った任意の修正、等価切替、改善等は、いずれも本発明の保護範囲内に含まれべきである。

0114

本発明の実施例によるチャンネル情報フィードバック方法、基地局及び端末は、端末はチャンネル測定を行い、予め設定された関数に応じてチャンネル情報を表現するための情報行列を構築して、最適なチャンネルパラメータを確定して基地局にフィードバックするステップと、基地局は受信したチャンネルパラメータ及びチャンネル行列に基づき、チャンネル行列の特徴ベクトルの量子化情報を構築するステップと、を含む。本発明の実施例の提供した技術的解決手段において、チャンネル行列において二重偏波チャンネルの最も基本な特徴、即ちマルチパス方向を表すの情報uをマッチングしたため、最小のコストでチャンネル情報のフィードバックを実現し、既存技術におけるコードブックフィードバック手段に対して、フィードバック精度を満たす上で、フィードバックオーバヘッドを低下させ、端末実現の複雑さを低減させ、フィードバック効率を向上させることが言うまでもないため、本発明の実施例の提供したチャンネル情報フィードバック方法はMassiveMIMO技術に基づくシステムに適用する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ