図面 (/)

技術 カウルグリルとフロントガラスの連結構造及びカウルグリルモール

出願人 片山工業株式会社スターライト工業株式会社
発明者 横山浩章井上絵東健治上田俊治
出願日 2017年6月15日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2017-117916
公開日 2017年12月28日 (3年11ヶ月経過) 公開番号 2017-226411
状態 特許登録済
技術分野 車両用シール装置 車両用車体構造
主要キーワード 溝部開口 平坦部材 断面略台形形状 挿入組付け 止水リップ 弾性リップ 上方傾斜 先端ガイド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年12月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

カウルグリルフロントガラスをカウルグリルモールを介して連結する際に、カウルグリルモールがフロントガラスから剥がれにくく、フロントガラスが破損しにくいものであって、組付性及び止水性に優れる連結構造とこの連結構造に適したカウルグリルモールの提供を目的とする。

解決手段

カウルグリルモールはフロントガラスの下端側裏面に固定される固定部と、固定部から立設した突出部と、フロントガラスの下端側裏面に沿って前記カウルグリル側が開口した溝部とを有し、突出部はカウルグリル側に形成した被係合部を有し、溝部は内側に、溝部内方に向かって突出したリップを有し、カウルグリルの一部には溝部に挿入する挿入片部とカウルグリルモールに係合する係合部とを有し、カウルグリルの挿入片部がカウルグリルモールの溝部に挿入された状態で当該挿入片部はリップに当接しており、係合部は被係合部に係合していることを特徴とする。

概要

背景

カウルグリルフロントガラスとの連結構造としては、例えば特許文献1にフロントガラスの下端側裏面に固定されたフック形状成形体に設けた封隙舌状部をフロントガラスの下端面とカウルグリル(冷却水ボックスカバー)との間に押し嵌め可能に、このカウルグリルの内側に設けたリブを前記成形体のばね脚部に係止させる構造を開示する。
しかし、同公報に開示する連結構造では、車両幅方向に長いカウルグリル(カウルトップカバー)のリブを成形体のばね脚部に係止する際に大きな挿入抵抗があり、フロントガラスの下端部に上下方向の曲げ荷重がかかる。
これにより、フロントガラスの端部に破損が生じたり、フロントガラスの裏面に固着した成形体が当該フロントガラスの裏面から剥がれる恐れがある。
また、止水性能が充分とは言えない。
特許文献2は、フロントガラスの下端部裏面に固着したクリップに、カウルグリルの裏面に形成された略L字形状舌片部を係合させる構造を開示するが、やはり組付抵抗が大きく、止水性も充分ではない。
特許文献3は、カウルグリル(カウルルーバ)の上縁部近接して下方に突出させた係止リブを、一対の弾性リップを有するモールの嵌合部に上方から押し込み係止させる構造を開示する。
しかし、同公報に開示する連結構造もカウルグリルの係止リブを上方から嵌合部に押し込む際にフロントガラスの端部に曲げ応力負荷され、フロントガラスの破損やモールがフロントガラスの裏面から剥がれる恐れがある。

概要

カウルグリルとフロントガラスをカウルグリルモールを介して連結する際に、カウルグリルモールがフロントガラスから剥がれにくく、フロントガラスが破損しにくいものであって、組付性及び止水性に優れる連結構造とこの連結構造に適したカウルグリルモールの提供を目的とする。カウルグリルモールはフロントガラスの下端側裏面に固定される固定部と、固定部から立設した突出部と、フロントガラスの下端側裏面に沿って前記カウルグリル側が開口した溝部とを有し、突出部はカウルグリル側に形成した被係合部を有し、溝部は内側に、溝部内方に向かって突出したリップを有し、カウルグリルの一部には溝部に挿入する挿入片部とカウルグリルモールに係合する係合部とを有し、カウルグリルの挿入片部がカウルグリルモールの溝部に挿入された状態で当該挿入片部はリップに当接しており、係合部は被係合部に係合していることを特徴とする。

目的

本発明は、カウルグリルとフロントガラスをカウルグリルモールを介して連結する際に、カウルグリルモールがフロントガラスから剥がれにくく、このフロントガラスが破損しにくいものであって、組付性及び止水性に優れる連結構造の提供を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

カウルグリルモールを介したカウルグリルとフロントガラスとの連結構造であって、前記カウルグリルモールは前記フロントガラスの下端側裏面に固定される固定部と、前記固定部から立設した突出部と、前記フロントガラスの下端側裏面に沿って前記カウルグリル側が開口した溝部とを有し、前記突出部は前記カウルグリル側に形成した被係合部を有し、前記溝部は内側に少なくとも1つ以上の、溝部内方に向かって突出したリップを有し、前記カウルグリルの少なくとも一部には前記溝部に挿入する挿入片部と前記カウルグリルモールに係合する係合部とを有し、前記カウルグリルの挿入片部が前記カウルグリルモールの溝部に挿入された状態で当該挿入片部は前記リップに当接しており、前記係合部は前記被係合部に係合していることを特徴とするカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項2

前記カウルグリルモールの溝部と、前記カウルグリルの挿入片部との間に当接部材を有していることを特徴とする請求項1記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項3

前記当接部材は前記溝部の下側の内面に設けてあり、前記カウルグリルモールのリップは前記当接部材よりも溝部の開口側に配設してあることを特徴とする請求項2記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項4

前記カウルグリルの係合部は当該係合部の上部が前記カウルグリルモールの被係合部の裏面に当接していることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項5

前記カウルグリルモールの突出部は前記フロントガラスの下端側端面の少なくとも一部に当接する凸部を有していることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項6

前記カウルグリルモールの当接部材の溝部開口立ち上がりには溝部奥側に向かって緩やかに上方傾斜する斜面部を有していることを特徴とする請求項3に記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項7

前記カウルグリルの挿入片部は当該挿入片部の先端面の下部側であって先端上方側に傾斜したガイド部を有していることを特徴とする請求項6記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項8

前記カウルグリルモール溝部の下側の下片部は当該溝の開口幅が広がる方向に延在する開口片部となっていることを特徴とする請求項6又は7に記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項9

前記当接部材はカウルグリルに上方への付勢力が作用する弾性部材であることを特徴とする請求項2又は3記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項10

前記弾性部材からなる当接部材は前記溝部の下側を形成する下片部に設けてあり、前記弾性部材の上面は前記挿入片部の挿入方向と略平行面になっていることを特徴とする請求項9記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項11

前記凸部は可撓性リップであることを特徴とする請求項5記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項12

前記当接部材は前記挿入片部側に設けてあることを特徴とする請求項2記載のカウルグリルとフロントガラスの連結構造。

請求項13

カウルグリルとフロントガラスとの連結用カウルグリルモールであって、前記カウルグリルモールは前記フロントガラスの下端側裏面に固定される固定部と、前記固定部から立設した突出部と、前記フロントガラスの下端側裏面に沿って前記カウルグリル側が開口した溝部とを有し、前記突出部は前記カウルグリル側に形成した被係合部を有し、前記溝部は内側に少なくとも1つ以上の、溝部内方に向かって突出したリップを有し、前記カウルグリルの少なくとも一部には前記溝部に挿入する挿入片部と前記カウルグリルモールに係合する係合部とを有し、前記カウルグリルの挿入片部が前記カウルグリルモールの溝部に挿入されると当該挿入片部は前記リップに当接して、前記係合部は前記被係合部に係合するものであることを特徴とするカウルグリルとフロントガラスの連結用カウルグリルモール。

技術分野

0001

本発明は、自動車フロントウインドガラス(以下、単にフロントガラスと称する)と、ボンネットとの間に取り付けられるカウルグリルにおける、このカウルグリルとフロントガラスの連結構造に関し、またこの連結に用いるカウルグリルモールに係る。

背景技術

0002

カウルグリルとフロントガラスとの連結構造としては、例えば特許文献1にフロントガラスの下端側裏面に固定されたフック形状成形体に設けた封隙舌状部をフロントガラスの下端面とカウルグリル(冷却水ボックスカバー)との間に押し嵌め可能に、このカウルグリルの内側に設けたリブを前記成形体のばね脚部に係止させる構造を開示する。
しかし、同公報に開示する連結構造では、車両幅方向に長いカウルグリル(カウルトップカバー)のリブを成形体のばね脚部に係止する際に大きな挿入抵抗があり、フロントガラスの下端部に上下方向の曲げ荷重がかかる。
これにより、フロントガラスの端部に破損が生じたり、フロントガラスの裏面に固着した成形体が当該フロントガラスの裏面から剥がれる恐れがある。
また、止水性能が充分とは言えない。
特許文献2は、フロントガラスの下端部裏面に固着したクリップに、カウルグリルの裏面に形成された略L字形状舌片部を係合させる構造を開示するが、やはり組付抵抗が大きく、止水性も充分ではない。
特許文献3は、カウルグリル(カウルルーバ)の上縁部近接して下方に突出させた係止リブを、一対の弾性リップを有するモールの嵌合部に上方から押し込み係止させる構造を開示する。
しかし、同公報に開示する連結構造もカウルグリルの係止リブを上方から嵌合部に押し込む際にフロントガラスの端部に曲げ応力負荷され、フロントガラスの破損やモールがフロントガラスの裏面から剥がれる恐れがある。

先行技術

0003

特許第3621919号公報
特許第5873266号公報
特開2015−51653号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、カウルグリルとフロントガラスをカウルグリルモールを介して連結する際に、カウルグリルモールがフロントガラスから剥がれにくく、このフロントガラスが破損しにくいものであって、組付性及び止水性に優れる連結構造の提供を目的とする。
また、この連結構造に適したカウルグリルモールの提供を目的とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、カウルグリルモールを介したカウルグリルとフロントガラスとの連結構造であって、前記カウルグリルモールは前記フロントガラスの下端側裏面に固定される固定部と、前記固定部から立設した突出部と、前記フロントガラスの下端側裏面に沿って前記カウルグリル側が開口した溝部とを有し、前記突出部は前記カウルグリル側に形成した被係合部を有し、前記溝部は内側に少なくとも1つ以上の、溝部内方に向かって突出したリップを有し、前記カウルグリルの少なくとも一部には前記溝部に挿入する挿入片部と前記カウルグリルモールに係合する係合部とを有し、前記カウルグリルの挿入片部が前記カウルグリルモールの溝部に挿入された状態で当該挿入片部は前記リップに当接しており、前記係合部は前記被係合部に係合していることを特徴とする。
これにより、カウルグリルの挿入片部をカウルグリルモールの溝部に横方向から挿入するように組み付けることができ、カウルグリルの係合部がカウルグリルモールの被係合部に係合するとともに、溝部のリップが挿入片部に当接することで止水されるので、組付性と止水性の両立を図ることができる。
また、上下方向の負荷が少なく、カウルグリルモールの固定部がフロントガラスの裏面から剥がれるのを抑える。
ここで挿入片部とは、カウルグリルの上縁部又はその近傍から下方に延出した挿入部をいい、挿入片部の先端と係合部とを分離してあり、この挿入片部を溝部に挿入しやすくなっているのが好ましい。
また、溝部は断面略コ字形状等、内側に空間部が形成されていることをいう。

0006

本発明においては、カウルグリルモールの溝部と、前記カウルグリルの挿入片部との間に当接部材を有しているようにしてもよい。
当接部材は、カウルグリルモール側と挿入片部とのどちらかに設けてもよい。
当接部材をカウルグリルモールの溝部の下側の内面に設けると、挿入片部の先端部側を当接部材に支承させながらフロントガラスの裏面と略平行に挿入できるので、フロントガラスの端部に従来のような上下方向の曲げ応力が生じず、破損を抑えることができる。

0007

本発明においては、前記当接部材を溝部の下側の内面に設けた場合に、カウルグリルモールのリップは前記当接部材よりも溝部の開口側に配設してあってもよい。
この場合に、カウルグリルモールの当接部材の溝部開口立ち上がりには溝部奥側に向かって緩やかに上方傾斜する斜面部を有していてもよく、カウルグリルの挿入片部は当該挿入片部の先端面の下部側であって先端上方側に傾斜したガイド部を有していてもよい。
このようにすると、挿入片部を溝部に挿入組付けする際に当接部の斜面部及びガイド部に沿って挿入片部が上方に誘導されるので、カウルグリルの係合部がカウルグリルモールの被係合部に向けて係合しやすくなる。
また、本発明において、カウルグリルモール溝部の下側の下片部は当該溝の開口幅が広がる方向に延在する開口片部となっているとさらに組付け性が向上する。

0008

本発明において、カウルグリルの係合部は当該係合部の上部が前記カウルグリルモールの被係合部の裏面に当接しているようにしてもよい。
このようにすると、止水性が向上するとともに被係合部の表面側となる突出部の上面が安定するので、カウルグリルの連結端部の上面と、カウルグリルモールの突出部の上面及びフロントガラスの下端側上面とがフラットに安定する。
この場合に、カウルグリルモールの突出部の上端には前記フロントガラスの下端側端面の少なくとも上部の一部に当接する凸部を有していると、意匠性に優れる。
すなわち、ガラス端面が均一でなく、表面に凹凸がある場合であっても、凸部とフロントガラスの下端側端面の上部で当接するため、ガラス端面の表面の凹凸が外部から視認されにくく、フロントガラスとカウルグリルモールで一体感を有する、スッキリとした印象需要者に与える。
この凸部は可撓性を有する、可撓性リップに形成されていてもよい。
これにより、可撓性リップがフロントガラスの下端側端面の上部に、より密着するので、フロントガラスとカウルグリルモールの隙間が狭くなり、フロントガラスとカウルグリルモールでの一体感が増し密着性向上による止水性能も向上する。

0009

本発明において、当接部材はカウルグリルに上方への付勢力が作用する弾性部材であってもよい。
このようにすると、カウルグリルの挿入組付け作業及び取り外し作業が容易になる。
この場合にも弾性部材からなる当接部材は、カウルグリルモール側とカウルグリル側のどちら側に設けてもよい。

0010

例えば、弾性部材からなる当接部材は前記溝部の下側を形成する下片部に設けてあり、前記弾性部材の上面は前記挿入片部の挿入方向と略平行面になっていると、挿入片部の挿入が容易になる。
この場合に、カウルグリルモールとは別体のモールクリップをこのカウルグリルモールに取り付けるようにして、モールクリップに当接部材を設けてもよい。
また、挿入片部側に前記当接部材を設ける際に、この挿入片部に一体的に設けてもよく、別部品カウルクリップに上記当接部材を設けてもよい。

0011

本発明に係るカウルグリルモールは、カウルグリルとフロントガラスとの連結用カウルグリルモールであって、前記カウルグリルモールは前記フロントガラスの下端側裏面に固定される固定部と、前記固定部から立設した突出部と、前記フロントガラスの下端側裏面に沿って前記カウルグリル側が開口した溝部とを有し、前記突出部は前記カウルグリル側に形成した被係合部を有し、前記溝部は内側に少なくとも1つ以上の、溝部内方に向かって突出したリップを有し、前記カウルグリルの少なくとも一部には前記溝部に挿入する挿入片部と前記カウルグリルモールに係合する係合部とを有し、前記カウルグリルの挿入片部が前記カウルグリルモールの溝部に挿入されると当該挿入片部は前記リップに当接して、前記係合部は前記被係合部に係合するものであることを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明に係るカウルグリルモールを用いることで、カウルグリルとフロントガラスの連結構造として、カウルグリルの連結部を上下両方から挟み込むようにカウルグリルモールで保持させたので、カウルグリルの嵌合安定性に優れ、連結部の上面をフラットにしやすく、外観意匠性が向上し、止水性にも優れる。
また、カウルグリルに形成した挿入片部をカウルグリルモールの溝部に横から挿入し、これにリップを接触させる構造であるため、従来のリブを係止させる構造に比較して、組付抵抗が小さく、組付け時にカウルグリルモールの固定部がフロントガラスの裏面から剥がれるのを抑える。

図面の簡単な説明

0013

実施例1の連結部の断面構造を示し、(a)〜(d)は組付けの流れを示す。
カウルグリルモールの溝部に第1リップと第2リップを設けた実施例2を示す。(a)は組付前、(b)は組付後を示す。
車両のフロントガラスの下端部にカウルグリルを連結した外観を示す。
図3のA−A線断面図を示す。
実施例3の断面図を示す
実施例4の断面図を示す。
実施例5の断面図を示す。
実施例6の断面図を示す。

実施例

0014

図3に車両のフロント部を示し、A−A線断面図を図4に示す。
カウルグリル20は、ボンネット2とフロントガラス1との間に車両幅方向に沿って取り付けられていて、フロントコンポーネント内に雨水が流れ込むのを防止する。
カウルグリル20は、フロントガラス1とカウルグリルモール10を介して連結されている。
図4では、ワイパー等の表示を省略してあるが、このワイパーの摺動性を考慮すると、上記連結部はフラットであるのが好ましい。
カウルグリル20の先端側は、クロスメンバー3に取り付けられ保持されている。

0015

図1に実施例1に係るカウルグリルモール10を用いて、カウルグリル20とフロントガラス1とを連結した例を示す。
カウルグリルモール10は樹脂成形品であり、必要に応じて金属製の芯材13dを有する。
カウルグリルモール10は、フロントガラス1の下端側裏面1bに固定される固定部11と、その先をクランク状に曲げて立設した突出部12を有する。
なお、固定部の固定は接着剤を用いてもよいが、作業性のよい点で両面テープで固定するのが好ましい。
突出部12は、フロントガラス1の端面1aに沿って立ち上がり、端面1aの少なくとも一部に接する凸部12bを有する。
突出部12の上面は、フラット面12dに形成され、意匠面となる。
このフラット面12dのカウルグリル側の端部裏面に弾性材からなる爪部12cを形成し、内側に被係合部12aが形成されている。
カウルグリルモール10の固定部11の下側には、断面略コ字形状の溝部13を形成してあり、この溝部13の下側を形成する下片部13bの内面に断面略台形形状の当接部材14を立設してあり、溝部13の上側を形成する上片部13aの内面に弾性材からなる第1リップ15を設けてある。
溝部13の断面形状は、略コ字状,略U字状,略V字状等、溝部を形成する形状であれば制限がないが、後述するカウルグリルモールの挿入片部21の挿入しやすさからすると、略コ字状が最も好ましい。
また、当接部材14は、カウルグリルモール10とカウルグリル20の締結時に、挿入片部21に当接する程度に溝部の内方に向かい、突出形成されるものである。
当接部材14の断面形状は、台形状,四角形状,三角形状等制限はないが、挿入片部21と当接するフラット面を確保しやすく、斜面部14aにより挿入片部21が上方に誘導される略台形状が最も好ましい。
さらに、当接部材は溝部13の下側に形成しても上側に形成してもよいが、組付け性のよい点で下側に形成するのが好ましい。
本実施例で第1リップ15は、上片部13aと立設した突出部12とのコーナー部から開口側に斜めに張り出したリップ形状になっていて、第1リップ15は当接部材14の位置よりも開口側に配設してある。
第1リップ15は、止水性,組付抵抗を考慮すると、組付け時に撓む弾性体であるのが好ましい。
特に弾性体を軟質樹脂とすると、止水性と組付け抵抗バランスがよく、好ましい。
また、当接部材14の開口側は、上方に向けて溝部13の奥側に傾斜した斜面部14aとなっている。
この斜面部14aは、挿入性の観点から15〜45度で傾斜し、好ましくは25〜35度である。
また、下片部13bの先端側は、挿入片部21が溝部13に入りやすいように溝の開口幅が広がる方向に延在させた開口片部13cとなっている。
開口幅が広がる形状であれば、段差状でも徐々に広げてもよい。

0016

カウルグリル20は樹脂成形品であり、上縁部から下側に折り曲げ形成し、その先端を溝部又はフロントガラスの裏面に沿って形成した挿入片部21と、下側方向の挿入片部途中から分岐して上方に折り曲げた係合部22とを有する。
挿入片部の断面形状は、略L字状,J字状,S字状等、上縁部から下側に向けて折り曲げ形成し、その先端が溝部又はフロントガラスに沿った形状であれば何でもよい。
成形性,挿入性の点からは、断面略L字状がよい。
挿入片部21の先端部を溝部13に挿入しやすいように係合部22と分離形成されていればよく、本実施例の断面形状に限定されない。
また、本実施例では、挿入片部21の先端部は先端面の下部側であって、コーナー部を切除した形状(先端上方側に傾斜した)のガイド部21aを形成してある。

0017

図1に示した(a)〜(d)に沿って組付けの流れを説明する。
カウルグリル20の挿入片部21の先端側を溝部13の開口側からフロントガラス1の裏面1bとほぼ平行に挿入する。
すると、図1(b)に示すように、挿入片部21の先端ガイド部21aが当接部材14の斜面部14aに沿って持ち上がるように挿入される。
この状態では、第1リップ15の先端が溝部13の奥側に折り曲げるようにして当接してシール部を形成し、カウルグリル20の係合部22の先端部が被係合部12aの裏面部に当接する。
これにより、突出部12のフラット面12dが安定し、図1(d)に示すようにカウルグリル20の上縁部表面23、カウルグリルモール10の突出部のフラット面12d及びフロントガラス1の表面1cとがフラットに連結されている。

0018

図2に、実施例2のカウルグリルモール10Aの断面形状例を示す。
本実施例は、当接部材14より開口側に弾性材からなる第2リップ16を設けた例であり、図2(b)に示すように上下の第1及び第2リップ15,16にてシール部を形成した例となっている。

0019

図5に実施例3の断面図を示す。
実施例1と共通する部位は、同じ符号を付けて詳細な説明は省略する。
本実施例3は、断面略コ字形状の溝部13の一部をモールクリップ30とし、このモールクリップ30に弾性部材からなる当接部材34を溝部13の内包に向けて突出して形成した例である。
当接部材34は、溝部13側に向けて傾斜しており、カウルグリル20に設けた挿入片部21の下側に平坦部材121を設けてある。
これにより、カウルグリル20の平坦部材121の平坦な下面を、傾斜した当接部材34に沿って挿入することで、係合部22を被係合部12aに係合させることができる。
この際に、当接部材34はモールクリップ30の下側の下片部13bから溝部13の内方に向けて突出して形成されており、該当接部材34は弾性材から形成されているため、カウルグリル20を上方に持ち上げる方向に付勢力が作用している。
これにより、組付け作業時に、係合部22を上方の被係合部12aへ向かって持ち上げる付勢力が働き、カウルグリルをカウルグリルモールに組み付けやすくなる。
また、同様に係合部22を上方の被係合部12aへ向かって持ち上げる付勢力によって、取付状態を強固に保持する。
さらに、当接部材34は容易に変形可能であるので、取り外し作業時には、カウルグリルモールからカウルグリルを無理なく取り外す事ができ、カウルグリルモール又はカウルグリルの破損を防ぐ。
モールクリップ30は、溝部13の内側に挿入する取付部31を有し、この取付部31の先端側に略U字状に折り返した係止片33を有し、この復元力にて溝部13の内側に保持されるとともに、溝部13の下側の下片部13bの開口片部13cに係止する係止爪部32を有している。
また、モールクリップ30の下側の下片部13bのカウルグリル側端部には、カウルグリル20の下面側を支え支持片部35を有している。
このように、カウルグリルモール10に別部品のモールクリップを用いて、カウルグリル20を組付けてもよい。
また、本実施例は、突出部12にガラスの端部に接する可撓性リップ12eを設けた例になっている。

0020

図6は、実施例4の断面図を示す。
本実施例4は、カウルグリル20側の挿入片部21の一部をカウルクリップ40とし、当接部材44を挿入片部21側に形成した例である。
カウルクリップ40は、ベース部41の両側から爪部42,43を立ち上げ断面コ字形状の係止部を用いて、挿入片部21に取り付ける例となっている。
カウルクリップ40の下面側から溝部13の開口側に向けて斜めに垂下した当接部材44を形成した例になっている。
当接部材44は、挿入片部21(カウルクリップ40)を溝部13に挿入する際に、弾性変形する弾性部材からなり、カウルグリル20を上方に向けて持ち上げる付勢力が作用している。
このように、当接部材44をカウルグリル20の挿入片部21側に設けてもよい。
これにより、組付け作業時に、係合部22を上方の被係合部12aへ向かって持ち上げる付勢力が働き、前記実施例と同様、組付け作業を容易にし、取付状態を強固に保持する。
また、前記実施例と同様、取り外し作業を容易にする。

0021

図7は、実施例5の断面図を示す。
本実施例5は、カウルグリル20の挿入片部21を弾性材で形成し、先端側を下側に略U字形状に折り返して、挿入片部21に一体的に当接部材21bを形成した例となっている。
これにより、組付け作業時に、係合部22を上方の被係合部12aへ向かって持ち上げる付勢力が働き、前記実施例と同様、組付け作業を容易にし、取付状態を強固に保持する。
また、前記実施例と同様、取り外し作業を容易にする。

0022

図8は、実施例6の断面図を示す。
本実施例6は、溝部13の下片部13bの開口部側に、カウルグリル20の挿入片部21を挿入する際の台座となるように、当接部材114を形成した例である。
当接部材114は弾性材であってもよく、また当接部材が弾性材でなくても下片部13bが弾性材として作用する。
また、当接部材114の上面部114aは挿入片部21の挿入方向と概ね平行になった平坦面になっている。
これにより、カウルグリル20の挿入片部21を台座として機能する当接部材114の上面部114aに沿って挿入することで、挿入片部21を溝部13内へ導くことができ、無理なく容易に組み付けることができる。

0023

1フロントガラス
1a 端面
1b 裏面
10カウルグリルモール
11 固定部
12 突出部
12a 被係合部
12b 凸部
12e止水リップ
13 溝部
13a上片部
13b下片部
13c開口片部
14当接部材
14a 斜面部
15 第1リップ
16 第2リップ
20 カウルグリル
21挿入片部
21aガイド部
21b 当接部材
22 係合部
30モールクリップ
34 当接部材
40カウルクリップ
44 当接部材
114 当接部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱自動車工業株式会社の「 車両の前部構造」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】アッパーフレームとフェンダーパネルとの間に、エアクリーナの空気取り入れ口が配置される。フェンダーパネルの上部で車幅方向内側に延びたフランジ部が、ブラケットを介してアッパーフレームの上... 詳細

  • 三菱自動車工業株式会社の「 車載部品支持構造」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】車両の後突時に車両後部の部品の損傷を抑制できる車載部品支持構造を提供する。車載部品支持構造は、車両後部に搭載される車載部品(バッテリーパック110)と、車両100のフロア102に接合... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 車体側部構造及び仕切部材」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】本発明の車体側部構造(C)は、車体前後方向に延びるサイドシル(1)と、前記サイドシル(1)から上方向に延設されたセンタピラーアウタ(7)と、前記センタピラーアウタ(7)の車幅方向の内... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ