図面 (/)

技術 WWANおよびWLANに接続されたユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための技法

出願人 クゥアルコム・インコーポレイテッド
発明者 マドハバン・スリニバサン・バジャペヤムガビン・バーナード・ホーンアジャイ・グプタ
出願日 2017年7月28日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2017-146702
公開日 2017年12月21日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2017-225146
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 規格通りに トリガリングイベント LFデータ 決定構成要素 ターゲットキャリア ワイヤレスLAN LF処理 スイッチングオフ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年12月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

WANおよびWLANに接続されたユーザ機器(UE)のための無線リンク障害回復を管理するための技法を提供する。

解決手段

第1の無線アクセス技術(RAT)および第2のRATを用いて通信確立する。少なくとも1つのデータフローが、第1のRATおよび第2のRATの各々を介して送信される。UEにおいて無線リンク障害(RLF)が検出されたときに、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかおよびまたはRLF回復時に第2のRATを介した少なくとも1つのデータフローを再開すべきかどうかに関わる決定が行われる。決定は、UEにおいて、UEと通信しているネットワークエンティティにおいて、またはそれらの何らかの組合せで行われる。

概要

背景

[0002]本開示の態様は、一般にワイヤレス通信に関し、より詳細には、ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)とワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)の両方に接続されたユーザ機器(UE)のための無線リンク障害(RLF:radio link failure)回復を管理するための技法に関する。

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらのワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソース共有することによって複数のユーザをサポートすることが可能な多元接続ネットワークであり得る。そのような多元接続ネットワークの例には、符号分割多元接続(CDMAネットワーク時分割多元接続TDMA)ネットワーク、周波数分割多元接続FDMA)ネットワーク、直交FDMA(OFDMA)ネットワーク、およびシングルキャリアFDMA(SC−FDMA)ネットワークがある。

[0004]ワイヤレス通信ネットワークは、いくつかのユーザ機器(UE)のための通信をサポートすることができる(eノードBまたはeNBとも呼ばれる)いくつかの拡張ノードBを含み得る。UEは、ダウンリンクおよびアップリンクを介してeノードBと通信し得る。ダウンリンク(または順方向リンク)はeノードBからUEへの通信リンクを指し、アップリンク(または逆方向リンク)はUEからeノードBへの通信リンクを指す。

[0005]現在の第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP:3rd Generation Partnership Project)仕様(または規格ファミリーに導入されている主要な拡張は、ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)(たとえば、ロングタームエボリューションLTE(登録商標):Long Term Evolution)またはユニバーサルモバイルテレコミュニケーションズステム(UMTS:Universal Mobile Telecommunications System))とワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)(たとえば、Wi−Fi(登録商標))の両方とのUEのためのデュアル接続性である。したがって、UEは、eノードBとWLANアクセスポイントAP)の両方と通信していることがある。

[0006]このデュアル接続性を仮定すれば、全体的なシステム容量を改善するためにWLANを介してデータトラフィックを送ること(たとえば、LTEからWLANにオフロードすること)によって、WWAN輻輳緩和され得る。この目的で、セルラーRANとWLANとの間の無線アクセスネットワーク(RAN:Radio Access Network)ベーストラフィックアグリゲーションが3GPP(登録商標)規格ファミリーに導入されている。この手法では、(たとえば、セルラーRANが輻輳しているとき)トラフィックをWLANにオフロードするために、または(たとえば、WLAN無線状態が不良になり、および/またはセルラー輻輳が減じられた場合)トラフィックをセルラーRANにステアリングする(たとえば、フォールバックする)ために、セルラーRANによってシグナリングされる無線リソースコントローラRRC:Radio Resource Controller)コマンドが使用される。

[0007]UEとWWANアクセスノード(たとえば、LTEにおけるeノードB)との間の無線周波数(RF)環境が不良になるとき、UEは無線リンク障害(RLF)に入ることがある。概して、LTE RLFが生じたとき、UEのためのRRC接続は、UEがRLFから回復する(たとえば、RLF回復処理を完了する)まで中断される。したがって、いくつかのLTEシグナリング無線ベアラ(Signaling Radio Bearer)(たとえば、SRB1)がこの時間中に利用可能でない。さらに、WWANのためのデータフロー(たとえば、LTEのためのデータ無線ベアラ(DRB:data radio bearer))と呼ばれることもあるすべてのデータトラフィックが中断され、RRC中のWLAN報告エントリがUEによってクリアされる。eノードBとWLANアクセスポイントの両方と通信しているUEの場合、LTEとWLANとの間の動作は無関係であるが、(1)WLANオフローディングおよび/またはフォールバック決定がセルラーRANによって実行され、(2)UEからのWLAN測定報告RRCメッセージを介して実行されるので、LTE RLFはセルラーRANベースWLAN相互作用に対して深刻な影響を及ぼすことがある。

[0008]現在、3GPP規格ファミリーの下で、LTERLF処理は、(a)RLF検出、(b)セル再選択、および(c)RRC接続再確立という3つの態様を含む。ただし、これらの態様のいずれも、LTE RLFからの回復中にWLANデータフローをどのように処理するかに関するガイダンスを含まない。上記に鑑みて、UEがLTEとWLANとの間で相互作用しているときの現在のRLF処理に関連する重要な問題および短所があり得ることが理解され得る。

[0009]したがって、セルラーネットワークWLANネットワークの両方に接続されたUEのためのRLF回復を管理することにおける改善が望まれる。

概要

WWANおよびWLANに接続されたユーザ機器(UE)のための無線リンク障害回復を管理するための技法を提供する。第1の無線アクセス技術(RAT)および第2のRATを用いて通信を確立する。少なくとも1つのデータフローが、第1のRATおよび第2のRATの各々を介して送信される。UEにおいて無線リンク障害(RLF)が検出されたときに、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかおよびまたはRLF回復時に第2のRATを介した少なくとも1つのデータフローを再開すべきかどうかに関わる決定が行われる。決定は、UEにおいて、UEと通信しているネットワークエンティティにおいて、またはそれらの何らかの組合せで行われる。

目的

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無線リンク障害回復を管理するための方法であって、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信確立することと、前記第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを、および前記第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信することと、ユーザ機器と前記第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出することと、前記無線リンク障害が検出されたとき、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定することとを備える、方法。

請求項2

前記第1の無線アクセス技術がワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)に関連し、前記少なくとも1つのデータフローが、ベアラトラフィックフローテンプレート(TFT)、伝送制御プロトコル(TCP)接続、およびサービス品質(QoS)クラスのうちの少なくとも1つである、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記WWANがロングタームエボリューションLTEネットワークまたはユニバーサルモバイルテレコミュニケーションシステム(UMTS)である、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定することが、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの1つまたは複数のデータフローの送信を中断することを決定することを備え、前記第2の無線アクセス技術を介した前記1つまたは複数のデータフローの前記送信を中断することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記無線リンク障害からの回復を検出することと、前記回復を検出したことに応答して、前記第2の無線アクセス技術を介した前記1つまたは複数の中断されたデータフローの前記送信を再開することとをさらに備える、請求項4に記載の方法。

請求項6

前記無線リンク障害からの回復を検出することと、前記回復を検出したことに応答して、前記第1の無線アクセス技術を介した前記1つまたは複数の中断されたデータフローの前記送信を再開することとをさらに備える、請求項4に記載の方法。

請求項7

前記無線リンク障害からの回復を検出することと、前記第1の無線アクセス技術から前記回復に関連する構成を受信することと、前記構成に基づいて、前記第2の無線アクセス技術を介した前記1つまたは複数の中断されたデータフローの前記送信を再開することとをさらに備える、請求項4に記載の方法。

請求項8

前記第2の無線技術に関係する情報を前記第1の無線アクセス技術に送信することをさらに備え、ここにおいて、前記第1の無線アクセス技術から前記構成を受信することが、前記第2の無線技術に関係する前記情報を送信することに応答する、請求項7に記載の方法。

請求項9

前記情報が測定報告を備える、請求項8に記載の方法。

請求項10

前記情報は複数の指示を備え、前記指示の各々は、前記ユーザ機器が前記無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの特定の1つのための前記送信を中断したかどうかを示し、ここにおいて、前記複数の指示の各々が、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの特定の1つに関連する、請求項8に記載の方法。

請求項11

前記情報は複数の指示を備え、前記指示の各々は、前記ユーザ機器が前記第1の無線アクセス技術または前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの特定の1つのための前記送信を再開すべきかどうかを示し、ここにおいて、前記複数の指示の各々が、前記第1の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの特定の1つに関連する、請求項8に記載の方法。

請求項12

前記決定することが、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を維持することを決定することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項13

前記決定することが、前記ユーザ機器において受信されたネットワーク構成アクセスネットワーク発見および選択機能(ANDSFポリシー、サービス品質(QoS)パラメータ、または前記ユーザ機器の実装形態のうちの少なくとも1つに基づく、請求項1に記載の方法。

請求項14

前記無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して制御シグナリングを送信することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項15

前記制御シグナリングが無線リソース制御シグナリングまたは非アクセス層シグナリングの一方または両方を備える、請求項14に記載の方法。

請求項16

前記無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して制御シグナリングを受信することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項17

前記制御シグナリングが無線リソース制御シグナリングまたは非アクセス層シグナリングの一方または両方を備える、請求項16に記載の方法。

請求項18

コンピュータ実行可能コードを記憶する非一時的コンピュータ可読媒体であって、少なくとも1つのコンピュータに、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを、および前記第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、ユーザ機器と前記第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記無線リンク障害が検出されたとき、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定させるためのコードとを備える、非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項19

無線リンク障害回復を管理するための装置であって、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立するための手段と、前記第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを、および前記第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信するための手段と、ユーザ機器と前記第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出するための手段と、前記無線リンク障害が検出されたとき、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定するための手段とを備える、装置。

請求項20

無線リンク障害回復を管理するための装置であって、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立するように構成されたコントローラと、前記第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信するように構成されたワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)無線機と、前記第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信するように構成されたワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)無線機と、ユーザ機器と前記第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出するように構成された無線リンク障害(RLF)構成要素と、前記無線リンク障害が検出されたとき、前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定するように構成されたRLFデータフロー決定構成要素とを備える、装置。

請求項21

無線リンク障害回復を管理するための方法であって、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立することと、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することと、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する、前記第1の通信接続の無線リンク障害の後に、前記ユーザ機器から前記第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信することと、無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定することと、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で、データフローごとに、前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を維持すべきかどうかを前記ユーザ機器に示すこととを備える、方法。

請求項22

前記確立することが、前記ユーザ機器がアイドル状態から接続状態に移動することにより、または前記ユーザ機器がハンドオーバされることにより生じる、請求項21に記載の方法。

請求項23

前記示すことが、前記ユーザ機器に構成メッセージまたはデータメッセージのうちの少なくとも1つを送ることを備える、請求項21に記載の方法。

請求項24

前記構成メッセージが無線リソース制御メッセージである、請求項23に記載の方法。

請求項25

前記送ることが、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記ユーザ機器に構成メッセージまたはデータメッセージのうちの少なくとも1つを送ることを備える、請求項23に記載の方法。

請求項26

コンピュータ実行可能コードを記憶する非一時的コンピュータ可読媒体であって、少なくとも1つのコンピュータに、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信させるためのコードと、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記第1の通信接続の無線リンク障害の後に、前記ユーザ機器から前記第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で、データフローごとに、前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を維持すべきかどうかを前記ユーザ機器に示させるためのコードとを備える、非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項27

無線リンク障害回復を管理するための装置であって、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立するための手段と、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するための手段と、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する、前記第1の通信接続の無線リンク障害の後に、前記ユーザ機器から前記第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信するための手段と、無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定するための手段と、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で、データフローごとに、前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を維持すべきかどうかを前記ユーザ機器に示すための手段とを備える、装置。

請求項28

無線リンク障害回復を管理するための装置であって、少なくとも1つのメモリと、前記少なくとも1つのメモリと通信しており、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立することと、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することと、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する、前記第1の通信接続の無線リンク障害の後に、前記ユーザ機器から前記第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信することと、無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定することと、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で、データフローごとに、前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を維持すべきかどうかを前記ユーザ機器に示すこととを行うように構成された無線リンク障害(RLF)データフロー構成要素とを備える、装置。

請求項29

無線リンク障害回復を管理するための方法であって、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信することと、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することと、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローに関連する、前記無線リンク障害回復の後に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定することと、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を再開すべきかどうかを前記ユーザ機器に示すこととを備える、方法。

請求項30

前記第2の無線アクセス技術に関係する少なくとも1つの測定報告を受信することと、前記少なくとも1つの測定報告に少なくとも部分的に基づいて、前記ユーザ機器が前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を再開することができるかどうかを決定することとをさらに備える、請求項29に記載の方法。

請求項31

複数の指示を受信することと、前記指示の各々は、前記ユーザ機器が前記無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの特定の1つの前記送信を中断したかどうかを示し、ここにおいて、前記複数の指示の各々が、前記少なくとも1つのデータフローの特定の1つに関連する、前記ユーザ機器から、前記第2の無線アクセス技術に関係する少なくとも1つの測定報告を受信することと、前記第1の通信接続が再確立されたことを検出することと、前記少なくとも1つの測定報告に基づいて、前記検出することに応答して、前記第2の無線アクセス技術を介した送信を再開すべきかどうかを決定することとをさらに備える、請求項29に記載の方法。

請求項32

前記少なくとも1つの測定報告が無線リソース制御(RRC)接続再確立メッセージの一部として受信される、請求項31に記載の方法。

請求項33

前記第2の無線アクセス技術を介した前記少なくとも1つのデータフローの前記送信が前記無線リンク障害中に維持されたというさらなる指示を受信することと、前記第1の通信接続が再確立されたことを検出することと、前記検出することに応答して、前記無線リンク障害中に前記第2の無線アクセス技術を介して維持された前記少なくとも1つのデータフローを前記第1の無線アクセス技術を介して送信すべきかどうかを決定することとをさらに備える、請求項32に記載の方法。

請求項34

前記指示が、前記第2の無線アクセス技術に関係する測定報告中に含まれる、請求項33に記載の方法。

請求項35

前記指示が無線リソース制御(RRC)接続再確立メッセージの一部として受信される、請求項33に記載の方法。

請求項36

コンピュータ実行可能コードを記憶する非一時的コンピュータ可読媒体であって、少なくとも1つのコンピュータに、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信させるためのコードと、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローに関連する、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記無線リンク障害回復の後に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定させるためのコードと、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を再開すべきかどうかを前記ユーザ機器に示させるためのコードとを備える、非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項37

無線リンク障害回復を管理するための装置であって、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信するための手段と、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するための手段と、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローに関連する、前記無線リンク障害回復の後に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定するための手段と、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を再開すべきかどうかを前記ユーザ機器に示すための手段とを備える、装置。

請求項38

無線リンク障害回復を管理するための装置であって、少なくとも1つのメモリと、前記少なくとも1つのメモリと通信しており、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信することと、第2の無線アクセス技術を介して前記ユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することと、ここにおいて、前記第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローに関連する、前記無線リンク障害回復の後に前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定することと、前記第2の無線アクセス技術を介して前記第2の通信接続上で前記少なくとも1つのデータフローの前記送信を再開すべきかどうかを前記ユーザ機器に示すこととを行うように構成された無線リンク障害(RLF)データフロー構成要素とを備える、装置。

技術分野

0001

優先権の主張
[0001]本特許出願は、本出願の譲受人に譲渡され、参照により本明細書に明確に組み込まれる、2014年7月30日に出願された、「Techniques for Managing Radio Link Failure Recovery for a User Equipment Connected to a WWANand a WLAN」と題する、非仮出願第14/447,331号、および2013年8月16日に出願された、「Techniques for Managing Radio Link Failure Recovery for a User Equipment Connected to a WWAN and WLAN」と題する、仮出願第61/866,862号の優先権を主張する。

背景技術

0002

[0002]本開示の態様は、一般にワイヤレス通信に関し、より詳細には、ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)とワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)の両方に接続されたユーザ機器(UE)のための無線リンク障害(RLF:radio link failure)回復を管理するための技法に関する。

0003

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらのワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソース共有することによって複数のユーザをサポートすることが可能な多元接続ネットワークであり得る。そのような多元接続ネットワークの例には、符号分割多元接続(CDMAネットワーク時分割多元接続TDMA)ネットワーク、周波数分割多元接続FDMA)ネットワーク、直交FDMA(OFDMA)ネットワーク、およびシングルキャリアFDMA(SC−FDMA)ネットワークがある。

0004

[0004]ワイヤレス通信ネットワークは、いくつかのユーザ機器(UE)のための通信をサポートすることができる(eノードBまたはeNBとも呼ばれる)いくつかの拡張ノードBを含み得る。UEは、ダウンリンクおよびアップリンクを介してeノードBと通信し得る。ダウンリンク(または順方向リンク)はeノードBからUEへの通信リンクを指し、アップリンク(または逆方向リンク)はUEからeノードBへの通信リンクを指す。

0005

[0005]現在の第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP:3rd Generation Partnership Project)仕様(または規格ファミリーに導入されている主要な拡張は、ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)(たとえば、ロングタームエボリューションLTE(登録商標):Long Term Evolution)またはユニバーサルモバイルテレコミュニケーションズステム(UMTS:Universal Mobile Telecommunications System))とワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)(たとえば、Wi−Fi(登録商標))の両方とのUEのためのデュアル接続性である。したがって、UEは、eノードBとWLANアクセスポイントAP)の両方と通信していることがある。

0006

[0006]このデュアル接続性を仮定すれば、全体的なシステム容量を改善するためにWLANを介してデータトラフィックを送ること(たとえば、LTEからWLANにオフロードすること)によって、WWAN輻輳緩和され得る。この目的で、セルラーRANとWLANとの間の無線アクセスネットワーク(RAN:Radio Access Network)ベーストラフィックアグリゲーションが3GPP(登録商標)規格ファミリーに導入されている。この手法では、(たとえば、セルラーRANが輻輳しているとき)トラフィックをWLANにオフロードするために、または(たとえば、WLAN無線状態が不良になり、および/またはセルラー輻輳が減じられた場合)トラフィックをセルラーRANにステアリングする(たとえば、フォールバックする)ために、セルラーRANによってシグナリングされる無線リソースコントローラRRC:Radio Resource Controller)コマンドが使用される。

0007

[0007]UEとWWANアクセスノード(たとえば、LTEにおけるeノードB)との間の無線周波数(RF)環境が不良になるとき、UEは無線リンク障害(RLF)に入ることがある。概して、LTE RLFが生じたとき、UEのためのRRC接続は、UEがRLFから回復する(たとえば、RLF回復処理を完了する)まで中断される。したがって、いくつかのLTEシグナリング無線ベアラ(Signaling Radio Bearer)(たとえば、SRB1)がこの時間中に利用可能でない。さらに、WWANのためのデータフロー(たとえば、LTEのためのデータ無線ベアラ(DRB:data radio bearer))と呼ばれることもあるすべてのデータトラフィックが中断され、RRC中のWLAN報告エントリがUEによってクリアされる。eノードBとWLANアクセスポイントの両方と通信しているUEの場合、LTEとWLANとの間の動作は無関係であるが、(1)WLANオフローディングおよび/またはフォールバック決定がセルラーRANによって実行され、(2)UEからのWLAN測定報告RRCメッセージを介して実行されるので、LTE RLFはセルラーRANベースWLAN相互作用に対して深刻な影響を及ぼすことがある。

0008

[0008]現在、3GPP規格ファミリーの下で、LTERLF処理は、(a)RLF検出、(b)セル再選択、および(c)RRC接続再確立という3つの態様を含む。ただし、これらの態様のいずれも、LTE RLFからの回復中にWLANデータフローをどのように処理するかに関するガイダンスを含まない。上記に鑑みて、UEがLTEとWLANとの間で相互作用しているときの現在のRLF処理に関連する重要な問題および短所があり得ることが理解され得る。

0009

[0009]したがって、セルラーネットワークWLANネットワークの両方に接続されたUEのためのRLF回復を管理することにおける改善が望まれる。

0010

[0010]以下で、1つまたは複数の態様の基本的理解を与えるために、そのような態様の簡略化された概要提示する。この概要は、すべての企図された態様の包括的な概観ではなく、すべての態様の主要または重要な要素識別するものでも、いずれかまたはすべての態様の範囲を定めるものでもない。その唯一の目的は、後で提示するより詳細な説明の導入として、1つまたは複数の態様のいくつかの概念を簡略化された形で提示することである。

0011

[0011]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための例示的な方法について説明する。本方法は、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立することを含み得る。さらに、本方法は、第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを、および第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信することを含み得る。本方法は、ユーザ機器と第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出することをさらに含み得る。さらに、本方法は、無線リンク障害が検出されたとき、第2の無線アクセス技術を介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定することを含み得る。

0012

[0012]一態様では、無線リンク障害回復を管理するためのコンピュータ可読媒体について説明する。本コンピュータ可読媒体は、少なくとも1つのコンピュータに、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立させ得るコンピュータ実行可能コードを記憶し得る。さらに、コードは、少なくとも1つのコンピュータに、第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを、および第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信させ得る。さらに、コードは、少なくとも1つのコンピュータに、ユーザ機器と第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出させ得る。コードはさらに、少なくとも1つのコンピュータに、無線リンク障害が検出されたとき、第2の無線アクセス技術を介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定させ得る。

0013

[0013]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための例示的な装置について本開示によって説明する。本装置は、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立するための手段を含み得る。本装置は、第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを、および第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信するための手段を含み得る。本装置は、ユーザ機器と第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出するための手段を含み得る。本装置は、無線リンク障害が検出されたとき、第2の無線アクセス技術を介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定するための手段を含み得る。

0014

[0014]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための装置について説明する。本装置は、第1の無線アクセス技術および第2の無線アクセス技術を用いて通信を確立するように構成されたコントローラを含み得る。本装置は、第1の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信するように構成されたワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)無線機を含み得る。本装置は、第2の無線アクセス技術を介して少なくとも1つのデータフローを送信するように構成されたワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)無線機を含み得る。本装置は、ユーザ機器と第1の無線アクセス技術との間の無線リンク障害を検出するように構成された無線リンク障害(RLF)構成要素を含み得る。本装置は、無線リンク障害が検出されたとき、第2の無線アクセス技術を介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定するように構成されたRLFデータフロー決定構成要素を含み得る。

0015

[0015]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための方法について説明する。本方法は、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立することを含み得る。本方法は、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することを含み得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローを送信し得る。本方法は、ユーザ機器から第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信することを含み得る。本方法は、無線リンク障害中に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定することを含み得る。本方法は、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で、データフローごとに、少なくとも1つのデータフローの送信を維持すべきかどうかをユーザ機器に示すことを含み得る。

0016

[0016]一態様では、無線リンク障害回復を管理するためのコンピュータ可読媒体について説明する。本コンピュータ可読媒体はコンピュータ実行可能コードを記憶し得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立させ得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信させ得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローを送信し得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、ユーザ機器から第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信させ得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、無線リンク障害中に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定させ得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で、データフローごとに、少なくとも1つのデータフローの送信を維持すべきかどうかをユーザ機器に示させ得る。

0017

[0017]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための装置について説明する。本装置は、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立するための手段を含み得る。本装置は、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するための手段を含み得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローを送信し得る。本装置は、ユーザ機器から第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信するための手段を含み得る。本装置は、無線リンク障害中に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定するための手段を含み得る。本装置は、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で、データフローごとに、少なくとも1つのデータフローの送信を維持すべきかどうかをユーザ機器に示すための手段を含み得る。

0018

[0018]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための装置について説明する。本装置は、少なくとも1つのメモリと、少なくとも1つのメモリと通信している、RLFデータフロー構成要素とを含み得る。RLFデータフロー構成要素は、第1の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立するように構成され得る。RLFデータフロー構成要素は、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するように構成され得、ここにおいて、第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する。RLFデータフロー構成要素は、ユーザ機器から第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信するように構成され得る。RLFデータフロー構成要素は、無線リンク障害中に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定するように構成され得る。RLFデータフロー構成要素は、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で、データフローごとに、少なくとも1つのデータフローの送信を維持すべきかどうかをユーザ機器に示すように構成され得る。

0019

[0019]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための方法について説明する。本方法は、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信することを含み得る。本方法は、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することを含み得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローに関連し得る。本方法は、無線リンク障害回復の後に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定することを含み得る。本方法は、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローの送信を再開すべきかどうかをユーザ機器に示すことを含み得る。

0020

[0020]一態様では、無線リンク障害回復を管理するためのコンピュータ可読媒体について説明する。本コンピュータ可読媒体はコンピュータ実行可能コードを記憶し得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信させ得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信させ得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローに関連し得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、無線リンク障害回復の後に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定させ得る。コードは、少なくとも1つのコンピュータに、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローの送信を再開すべきかどうかをユーザ機器に示させ得る。

0021

[0021]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための装置について説明する。本装置は、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信するための手段を含み得る。本装置は、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するための手段を含み得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローに関連し得る。本装置は、無線リンク障害回復の後に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定するための手段を含み得る。本装置は、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローの送信を再開すべきかどうかをユーザ機器に示すための手段を含み得る。

0022

[0022]一態様では、無線リンク障害回復を管理するための装置について説明する。本装置は、少なくとも1つのメモリと、少なくとも1つのメモリと通信しているRLFデータフロー構成要素とを含み得る。RLFデータフロー構成要素は、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信するように構成され得る。RLFデータフロー構成要素は、第2の無線アクセス技術を介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するように構成され得る。第2の通信接続は少なくとも1つのデータフローに関連し得る。RLFデータフロー構成要素は、無線リンク障害回復の後に第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定するように構成され得る。RLFデータフロー構成要素は、第2の無線アクセス技術を介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローの送信を再開すべきかどうかをユーザ機器に示すように構成され得る。

0023

[0023]上記および関係する目的を達成するために、1つまたは複数の態様は、以下で十分に説明し、特に特許請求の範囲で指摘する特徴を備える。以下の説明および添付の図面に、1つまたは複数の態様のいくつかの例示的な特徴を詳細に記載する。ただし、これらの特徴は、様々な態様の原理が採用され得る様々な方法のうちのほんのいくつかを示すものであり、この説明は、すべてのそのような態様およびそれらの均等物を含むものとする。

0024

[0024]本開示のより完全な理解を可能にするために、次に添付の図面を参照し、そこにおいて、同様の数字を用いて同様の要素が参照される。これらの図面は、本開示を限定するものとして解釈すべきではなく、例示的なものにすぎない。

図面の簡単な説明

0025

[0025]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有する電気通信システムの一例を概念的に示すブロック図。
[0026]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有するワイヤレス通信システムにおけるベアラアーキテクチャの一例を概念的に示すブロック図。
[0027]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有する例示的なeノードBおよび例示的なユーザ機器を概念的に示すブロック図。
[0028]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有するユーザ機器におけるLTEおよびWLAN無線アクセス技術のアグリゲーションを概念的に示すブロック図。
[0029]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有するパケットデータネットワーク(PDN)とユーザ機器との間のデータ経路の例を概念的に示すブロック図。
本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有するパケットデータネットワーク(PDN)とユーザ機器との間のデータ経路の例を概念的に示すブロック図。
[0030]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成されたネットワークエンティティの特定の態様を概念的に示すブロック図。
[0031]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための第1の態様による、ユーザ機器とeノードBとWLANアクセスポイントとの間の通信を示すコールフロー図
[0032]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための第2の態様による、ユーザ機器とeノードBとWLANアクセスポイントとの間の通信を示すコールフロー図。
[0033]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための第3の態様による、ユーザ機器とeノードBとWLANアクセスポイントとの間の通信を示すコールフロー図。
[0034]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための第4の態様による、ユーザ機器とeノードBとWLANアクセスポイントとの間の通信を示すコールフロー図。
[0035]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための第5の態様による、ユーザ機器とeノードBとWLANアクセスポイントとの間の通信を示すコールフロー図。
[0036]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するための第6の態様による、ユーザ機器とeノードBとWLANアクセスポイントとの間の通信を示すコールフロー図。
[0037]本明細書で説明する、ユーザ機器によって無線リンク障害回復を管理するための方法を示すブロック図。
[0038]本明細書で説明する、第1のeノードBによってユーザ機器における無線リンク障害回復を管理するための方法を示すブロック図。
[0039]本明細書で説明する、第2のeノードBによってユーザ機器における無線リンク障害回復を管理するための方法を示すブロック図。
[0040]本明細書で説明する、ユーザ機器のための無線リンク障害回復を管理するように構成された態様を有する処理システムを採用する装置のためのハードウェア実装形態の一例を示す図。

実施例

0026

[0041]添付の図面に関して以下に記載する発明を実施するための形態は、様々な構成を説明するものであり、本明細書で説明する概念が実施され得る構成のみを表すものではない。発明を実施するための形態は、様々な概念の完全な理解を与えるための具体的な詳細を含む。ただし、これらの概念はこれらの具体的な詳細なしに実施され得ることが当業者には明らかであろう。いくつかの例では、そのような概念を不明瞭にしないように、よく知られている構造および構成要素をブロック図の形式で示す。

0027

[0042]本明細書で説明する技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMAおよび他のネットワークなど、様々なワイヤレス通信ネットワークのために使用され得る。「ネットワーク」および「システム」という用語は、しばしば互換的に使用される。CDMAネットワークは、ユニバーサル地上波無線アクセスUTRA:Universal Terrestrial Radio Access)、cdma2000などの無線技術を実装し得る。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標):Wideband CDMA)およびCDMAの他の変形態を含む。cdma2000は、IS−2000、IS−95、およびIS−856規格をカバーする。TDMAネットワークは、モバイル通信グローバルシステム(GSM(登録商標):Global System for Mobile Communications)などの無線技術を実装し得る。OFDMAネットワークは、発展型UTRA(E−UTRA:Evolved UTRA)、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB:Ultra Mobile Broadband)、IEEE802.11(Wi−Fi)、IEEE802.16(WiMAX(登録商標))、IEEE802.20、Flash−OFDMAなどの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサルモバイルテレコミュニケーションシステム(UMTS)の一部である。3GPPロングタームエボリューション(LTE)およびLTEアドバンスト(LTE−A:LTE-Advanced)は、E−UTRAを使用するUMTSの新しいリリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTE、LTE−AおよびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)と称する団体からの文書に記載されている。cdma2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2:3rd Generation Partnership Project 2)と称する団体からの文書に記載されている。本明細書で説明する技法は、上記のワイヤレスネットワークおよび無線技術、ならびに他のワイヤレスネットワークおよび無線技術のために使用され得る。明快のために、本技法のいくつかの態様について以下ではLTEに関して説明し、以下の説明の大部分でLTE用語を使用する。

0028

[0043]本態様による、たとえば、ロングタームエボリューション(LTE)またはユニバーサルモバイルテレコミュニケーションズシステム(UMTS)など、ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)と、ワイヤレスローカルエリアネットワーク(たとえば、Wi−Fiネットワーク)との両方に接続されたユーザ機器(UE)における無線リンク障害(RLF)回復を管理するための新しい技法を与える装置および方法が提示される。より詳細には、RLF検出および回復プロセス全体にわたってWLANデータフローを処理するための様々な態様について説明する。

0029

[0044]表1に、RLF回復中にデータフローを管理するための本明細書で説明する技法の様々な態様を要約する。RLF挙動に関して、すべての態様では、(データ無線ベアラ(DRB)と呼ばれることもある)WWAN(たとえば、LTE)データフローが中断または停止される。態様のうちのいくつか(たとえば、第2および第3の態様)は、セルラー(たとえば、LTE)データフローとWLANデータフローの両方を中断することを含む。さらに、いくつかの態様(たとえば、第1、第4、および第5の態様)は、セルラー(たとえば、LTE)データフローとともに、WLANデータフローを随意に中断することを含む。第6の態様は、セルラー(たとえば、LTE)データフローのみを中断することを含む。さらに、表1に、各態様についてのRLF回復に関連するアクションを要約する。

0030

0031

[0045]データフローは、たとえば、UEとeノードB、あるいはUEとWLANアクセスポイント(AP)など、2つのネットワークエンティティ間のデータの任意の送信に対応し得る。データフローは、たとえば、データトラフィック、トラフィック、および/またはデータ経路と呼ばれることもある。WWANデータフローは、たとえば、ベアラ、トラフィックフローテンプレート(TFT)、伝送制御プロトコル(TCP)接続、および/またはサービス品質(QoS)クラスを含むか、またはそれらに関連し得る。WLANデータフローは、たとえば、送信要求RTS)、送信可CTS)、他のシグナリング、および/またはユーザデータを含むか、またはそれらに関連し得る。

0032

[0046]本明細書で説明する様々な態様について、UEがそれに通信しているWWANの一例としてLTEに関して説明することがある。しかしながら、本態様のうちの少なくともいくつかは、UMTS、および/または他の無線アクセス技術(RAT)を含む、他のWWANに適用され得ることを理解されよう。

0033

[0047]図1は、本態様による、WWAN(たとえば、LTE)無線リンク障害(RLF)を管理するように構成された、それの中に含まれる態様を有する電気通信システム100の一例を概念的に示すブロック図である。たとえば、電気通信システム100は、LTEネットワークまたはUMTSネットワークであり得る。電気通信システム100は、いくつかの発展型ノードB(eノードB)110と、ユーザ機器(UE)120と、他のネットワークエンティティとを含み得る。eノードB110は、WWANへのアクセスを与えるためにUE120と通信する局であり得、基地局、アクセスポイントなどと呼ばれることもある。ノードBは、UE120と通信する局の別の例である。図示されていないが、1つまたは複数のWLAN(またはWi−Fi)APも、ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)または何らかの他のタイプのローカルエリアネットワーク(LAN)へのアクセスを与えるためにUE120と通信していることがある。

0034

[0048]各eノードB110は、特定の地理的エリアに通信カバレージを与え得る。3GPPでは、「セル」という用語は、この用語が使用されるコンテキストに応じて、eノードB110のカバレージエリアおよび/またはこのカバレージエリアをサービスしているeノードBサブシステムを指すことがある。

0035

[0049]eノード110は、マクロセルピコセルフェムトセル、および/または他のタイプのセルに通信カバレージを与え得る。マクロセルは、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径マイルまたはキロメートル)をカバーし得、マクロセルに関連するワイヤレスサービスへのサブスクリプションを有するUE120による無制限アクセスを可能にし得る。ピコセルは、比較的小さい地理的エリアをカバーし得、サービスサブスクリプションを有するUE120による無制限のアクセスを可能にし得る。フェムトセルは、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をカバーし得、フェムトセルとの関連を有するUE120による制限付きアクセスを可能にし得る(たとえば、UE120は、たとえば、自宅またはオフィスなど、UE120のうちの1つのユーザの1次ロケーション中のUE120のうちの1つによる使用のためにセットアップされる限定加入者グループCSG:Closed Subscriber Group)にサブスクライブされ得る)。マクロセルのためのeノードB110はマクロeノードBと呼ばれることがある。ピコセルのためのeノードB110はピコeノードBと呼ばれることがある。フェムトセルのためのeノードB110はフェムトeノードBまたはホームeノードBと呼ばれることがある。

0036

[0050]図1に示された例では、eノードB110a、110b、および110cは、それぞれマクロセル102a、102bおよび102cのためのマクロeノードBであり得る。eノードB110xは、ピコセル102xのためのピコeノードBであり得る。eノードB110yおよび110zは、それぞれフェムトセル102yおよび102zのためのフェムトeノードBであり得る。eノードB110は、1つまたは複数(たとえば、3つ)のセルに通信カバレージを与え得る。

0037

[0051]電気通信システム100は、リレーeノードB、リレーなどと呼ばれることもある、1つまたは複数の中継局110rおよび120rを含み得る。中継局110rは、上流局(たとえば、eノードB110またはUE120)からデータおよび/または他の情報の送信を受信し、データおよび/または他の情報の受信された送信を下流局(たとえば、UE120またはeノードB110)に送る局であり得る。中継局120rは、他のUE(図示せず)に対する送信を中継するUEであり得る。図1に示された例では、中継局110rは、eノードB110aとUE120rとの間の通信を可能にするために、eノードB110aおよびUE120rと通信し得る。

0038

[0052]電気通信システム100は、異なるタイプのeノードB110、たとえば、マクロeノードB110a、110b、および110c、ピコeノードB110x、フェムトeノードB110yおよび110z、中継局110rなどを含む異種ネットワークであり得る。これらの異なるタイプのeノードB110は、電気通信システム100において異なる送信電力レベル、異なるカバレージエリア、および干渉に対する異なる影響を有し得る。たとえば、マクロeノードB110a、110b、および/または110cは、高い送信電力レベル(たとえば、20ワット)を有し得るが、ピコeノードB110x、フェムトeノードB110yおよび110zならびに/あるいは中継局110rは、より低い送信電力レベル(たとえば、1ワット)を有し得る。

0039

[0053]電気通信システム100は同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、eノードB110は同様のフレームタイミングを有し得、異なるeノードB110からの送信は近似的に時間的に整合され得る。非同期動作の場合、eノードB110は異なるフレームタイミングを有し得、異なるeノードB110からの送信は時間的に整合されないことがある。本明細書で説明する技法は、同期動作と非同期動作の両方のために使用され得る。

0040

[0054]ネットワークコントローラ130は、eノードB110のセットに結合され、eノードB110の協調および制御を行い得る。ネットワークコントローラ130は、バックホール(図示せず)を介してeノードB110と通信し得る。eノードB110はまた、たとえば、ワイヤレスまたはワイヤラインバックホール(たとえば、X2インターフェース)(図示せず)を介して直接または間接的に、互いに通信し得る。電気通信システム100がeノードBと1つまたは複数のWLANAPとを含む一態様では、これらの2つのタイプのアクセスノードはバックホールを介して互いに接続されることも接続されないこともある。しかしながら、eノードBとWLAN APとがバックホールを介して接続されていない場合、eノードBおよびWLAN APは、たとえば、UE120のうちの1つなどの媒介を通して互いに通信し得る。

0041

[0055]UE120は、電気通信システム100全体にわたって分散され得、各UE120は固定または移動であり得る。UE120は、端末移動局加入者ユニット、局などと呼ばれることもある。一例では、UE120の各々は、セルラーフォンスマートフォン携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデムワイヤレス通信デバイスハンドヘルドデバイスラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局、タブレットネットブックスマートブックなどであり得る。UE120は、マクロeノードB110a、110b、および110c、ピコeノードB110x、フェムトeノードB110yおよび110z、中継局110r、ならびに/あるいは他のネットワークエンティティと通信することが可能であり得る。たとえば、図1において、両矢印付きの実線は、ダウンリンクおよび/またはアップリンク上での、特定のUE120と、特定のUE120をサービスするように指定されたeノードB110であるそれのサービングeノードB110との間の所望の送信を示し得る。両矢印付きの破線は、特定のUE120とeノードB110(たとえば、非サービングeノードB)との間の干渉送信を示し得る。

0042

[0056]LTE電気通信ネットワークは、ダウンリンク上で直交周波数分割多重(OFDM)を利用し、アップリンク上でシングルキャリア周波数分割多重(SC−FDM)を利用し得る。OFDMおよびSC−FDMは、システム帯域幅を、一般にトーンビンなどとも呼ばれる複数(K)個の直交サブキャリア区分し得る。各サブキャリアはデータで変調され得る。概して、変調シンボルは、OFDMでは周波数領域で、SC−FDMでは時間領域で送られ得る。隣接するサブキャリア間の間隔は固定であり得、サブキャリアの総数(K)はシステム帯域幅に依存し得る。たとえば、サブキャリアの間隔は15kHzであり得、(「リソースブロック」と呼ばれる)最小リソース割振りは12個のサブキャリア(または180kHz)であり得る。したがって、公称高速フーリエ変換FFT)サイズは、1.25、2.5、5、10または20メガヘルツMHz)のシステム帯域幅に対してそれぞれ128、256、512、1024または2048に等しくなり得る。システム帯域幅はサブバンドに区分され得る。たとえば、サブバンドは1.08MHz(すなわち、6つのリソースブロック)をカバーし得、1.25、2.5、5、10または20MHzのシステム帯域幅に対してそれぞれ1、2、4、8または16個のサブバンドがあり得る。

0043

[0057]図2は、本態様による、WWAN(たとえば、LTE)RLFを管理するように構成された態様を有するワイヤレス通信システム200におけるベアラ(たとえば、データフロー)アーキテクチャの一例を概念的に示すブロック図である。ベアラアーキテクチャは、図1のUE120のうちの1つであり得るUE215と、ネットワークを介してアドレス可能なピアエンティティ230との間のエンドツーエンドサービス235を与えるために使用され得る。ピアエンティティ230は、サーバ、別のUE、または別のタイプのネットワークアドレス可能デバイスであり得る。エンドツーエンドサービス235は、エンドツーエンドサービス235に関連する特性(たとえば、サービス品質(QoS))のセットに従って、UE215とピアエンティティ230との間でデータを転送し得る。エンドツーエンドサービス235は、少なくとも、UE215、eノードB205(たとえば、図1のeノードB110のうちの1つ)、サービングゲートウェイ(SGW:serving gateway)220、パケットデータネットワーク(PDN)ゲートウェイPGW:PDN gateway)225、およびピアエンティティ230によって実装され得る。UE215およびeノードB205は、LTE/LTE−Aシステムのエアインターフェースである発展型UMTS地上波無線アクセスネットワーク(E−UTRAN:evolved UMTS terrestrial radio access network)208の構成要素であり得る。サービングゲートウェイ220およびPDNゲートウェイ225は、LTE/LTE−Aシステムのコアネットワークアーキテクチャである発展型パケットコア(EPC:evolved Packet Core)209の構成要素であり得る。ピアエンティティ230は、PDNゲートウェイ225に通信可能に結合されたPDN210上のアドレス可能ノードであり得る。

0044

[0058]エンドツーエンドサービス235は、UE215とPDNゲートウェイ225との間の発展型パケットシステムEPS:evolved packet system)ベアラ240によって、およびSGiインターフェースを介したPDNゲートウェイ225とピアエンティティ230との間の外部ベアラ245によって実装され得る。SGiインターフェースは、UE215のインターネットプロトコル(IP)または他のネットワークレイヤアドレスをPDN210に公開し得る。

0045

[0059]EPSベアラ240は、特定のQoSに対して定義されたエンドツーエンドトンネルであり得る。各EPSベアラ240は、複数のパラメータ、たとえば、QoSクラス識別子(QCI:QoS class identifier)、割振りおよび保持優先度(ARP:allocation and retention priority)、保証ビットレート(GBR:guaranteed bit rate)、およびアグリゲート最大ビットレート(AMBR:aggregate maximum bit rate)に関連し得る。QCIは、レイテンシパケットロス、GBR、および優先度に関して、あらかじめ定義されたパケット転送処理に関連するQoSクラスを示す整数であり得る。いくつかの例では、QCIは1から9までの整数であり得る。さらに、ARPは、同じリソースのための2つの異なるベアラ間の競合の場合、プリエンプション優先度を与えるためにeノードB205のスケジューラによって使用され得る。GBRは、別個のダウンリンク保証ビットレートとアップリンク保証ビットレートとを指定し得る。いくつかのQoSクラスは、それらのクラスのベアラに対して保証ビットレートが定義されないような非GBRであり得る。

0046

[0060]EPSベアラ240は、UE215とサービングゲートウェイ220との間のE−UTRAN無線アクセスベアラ(E−RAB:E-UTRAN radio access bearer)250、およびS5またはS8インターフェースを介したサービングゲートウェイ220とPDNゲートウェイとの間のS5/S8ベアラ255によって実装され得る。S5は、非ローミングシナリオにおけるサービングゲートウェイ220とPDNゲートウェイ225との間のシグナリングインターフェースを指し、S8は、ローミングシナリオにおけるサービングゲートウェイ220とPDNゲートウェイ225との間の類似するシグナリングインターフェースを指す。E−RAB250は、LTE−Uuエアインターフェースを介したUE215とeノードB205との間の無線ベアラ260によって、およびS1インターフェースを介してeノードBとサービングゲートウェイ220との間のS1ベアラ265によって実装され得る。

0047

[0061]図2は、UE215とピアエンティティ230との間のエンドツーエンドサービス235の一例のコンテキストにおけるベアラ階層を示しているが、いくつかのベアラは、エンドツーエンドサービス235に関係しないデータを搬送するために使用され得ることを理解されよう。たとえば、無線ベアラ260または他のタイプのベアラは、2つ以上のエンティティ間でエンドツーエンドサービス235のデータに関係しない制御データを送信するために確立され得る。

0048

[0062]上記で説明したように、いくつかの構成では、図2のワイヤレス通信システム200など、システムは、セルラー(たとえば、LTE)およびWLAN(たとえば、Wi−Fi)の相互作用を含み得る。したがって、1つまたは複数のEPSベアラ240に関係するデータ(たとえば、セルラーまたはLTEデータ)が、eノードB205からWLANAP(図示せず)にオフロードされ得、それによって、代替経路を介してベアラトラフィックをEPC212からPDN210にそらす。WLAN APを介したEPC212からPDN210へのLTEデータのオフローディングおよび/またはフォールバックに関係する追加の態様について、図5Aおよび図5Bに関して説明する。

0049

[0063]ベアラがデータフローと呼ばれることもあることを理解されよう。「ベアラ」という用語は、通常、LTE(または他のWWAN)データフロー(たとえば、データ無線ベアラまたはDRB)について説明するために使用され、たとえば、WLAN(またはWi−Fi)など、他の無線アクセス技術(RAT)のためのデータフローは「ベアラ」と呼ばれる可能性が低く、むしろ、「データフロー」というより総称的な用語が使用される。

0050

[0064]図3は、本態様による、WWAN(たとえば、LTE)RLFを管理するように構成された態様を有する、例示的なeノードB310(たとえば、図1のeノードB110および/または図2のeノードB205のうちの1つ)と、例示的なUE320(たとえば、図1のUE120および/または図2のUE215のうちの1つ)とを概念的に示すブロック図である。

0051

[0065]eノードB310はアンテナ3341〜tを装備し得、UE320はアンテナ3521〜rを装備し得、ここにおいて、tおよびrは1以上の整数である。eノードB310において、基地局送信プロセッサ322は、基地局データソース312からデータを受信し、基地局コントローラ340から制御情報を受信し得る。一態様では、基地局コントローラ340は、プロセッサを備え得、したがって、基地局プロセッサ340または基地局コントローラ/プロセッサ340と呼ばれることもある。制御情報は、PBCH、PCFICH、PHICH、PDCCHなどの上で搬送され得る。データは、PDSCHなどの上で搬送され得る。基地局送信プロセッサ322は、それぞれデータシンボル制御シンボルとを取得するためにデータおよび制御情報を処理(たとえば、符号化およびシンボルマッピング)し得る。基地局送信プロセッサ322はまた、たとえば、PSSSSS、およびセル固有基準信号(RS:reference signal)のための基準シンボルを生成し得る。基地局送信(TX)多入力多出力MIMO)プロセッサ330は、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(たとえば、プリコーディング)を実行し得、出力シンボルストリームを基地局変調器復調器(MOD/DEMOD)3321〜tに与え得る。各基地局変調器/復調器332は、出力サンプルストリームを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)それぞれの出力シンボルストリームを処理し得る。各基地局変調器/復調器332はさらに、ダウンリンク信号を取得するために、出力サンプルストリームを処理(たとえば、アナログへの変換、増幅フィルタ処理、およびアップコンバート)し得る。変調器/復調器3321〜tからのダウンリンク信号は、それぞれアンテナ3341〜tを介して送信され得る。

0052

[0066]UE320において、UEアンテナ3521〜rは、eノードB310からダウンリンク信号を受信し得、受信信号をそれぞれUE変調器/復調器(MOD/DEMOD)3541〜rに与え得る。各UE変調器/復調器354は、入力サンプルを取得するために、それぞれの受信信号を調整(たとえば、フィルタ処理、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)し得る。各UE変調器/復調器354はさらに、受信シンボルを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)入力サンプルを処理し得る。UEMIMO検出器356は、すべてのUE変調器/復調器3541〜rから受信シンボルを取得し、適用可能な場合は受信シンボルに対してMIMO検出を実行し、検出シンボルを与え得る。UE受信プロセッサ358は、検出シンボルを処理(たとえば、復調デインターリーブ、および復号)し、UE320の復号されたデータをUEデータシンク360に与え、復号された制御情報をUEコントローラ380に与え得る。一態様では、UEコントローラ380は、プロセッサを備え得、したがって、UEプロセッサ380またはUEコントローラ/プロセッサ380と呼ばれることもある。

0053

[0067]アップリンク上では、UE320において、UE送信プロセッサ364は、UEデータソース362から(たとえば、PUSCHのための)データを受信し、処理し得、UEコントローラ380から(たとえば、PUCCHのための)制御情報を受信し、処理し得る。UE送信プロセッサ364はまた、基準信号のための基準シンボルを生成し得る。UE送信プロセッサ364からのシンボルは、適用可能な場合はUE TXMIMOプロセッサ366によってプリコーディングされ、さらに(たとえば、SC−FDMなどのために)UE変調器/復調器3541〜rによって処理され、eノードB310に送信され得る。eノードB310において、UE320からのアップリンク信号は、基地局アンテナ334によって受信され、基地局変調器/復調器332によって処理され、適用可能な場合は基地局MIMO検出器336によって検出され、さらに基地局受信プロセッサ338によって処理されて、UE320によって送られた復号されたデータと制御情報とが取得され得る。基地局受信プロセッサ338は、復号されたデータを基地局データシンク346に与え、復号された制御情報を基地局コントローラ340に与え得る。

0054

[0068]基地局コントローラ340およびUEコントローラ380は、それぞれeノードB310およびUE320における動作を指示し得る。eノードB310における基地局コントローラ340および/または他のプロセッサおよびモジュールは、たとえば、本明細書で説明する技法のための様々なプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。UE320におけるUEコントローラ380および/または他のプロセッサおよびモジュールはまた、図6に示された機能ブロック、および/またはセルラーネットワークとWLAN(またはWi−Fi)ネットワークの両方と通信しているUEのためのRLF回復を管理するための本明細書で説明する技法のための他のプロセスを実行するか、またはその実行を指示するように構成され得る。基地局メモリ342およびUEメモリ382は、それぞれeノードB310およびUE320のためのデータおよびプログラムコードを記憶し得る。スケジューラ344は、ダウンリンク上および/またはアップリンク上でのデータ送信のためにUE320をスケジュールし得る。

0055

[0069]一構成では、UE320は、第1の無線アクセス技術(RAT)および第2のRATを用いて通信を確立するための手段と、第1のRATを介して少なくとも1つのデータフローを、および第2のRATを介して少なくとも1つのデータフローを送信するための手段と、ユーザ機器と第1のRATとの間の無線リンク障害を検出するための手段と、無線リンク障害が検出されたとき、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定するための手段とを含み得る。一態様では、上述の手段は、上述の手段によって具陳される機能を実行するように構成された、UEコントローラ380、UEメモリ382、UE受信プロセッサ358、UEMIMO検出器356、UE変調器/復調器354、およびUEアンテナ352であり得る。別の態様では、上述の手段は、上述の手段によって具陳される機能を実行するように構成されたモジュール、構成要素、または任意の装置であり得る。

0056

[0070]一構成では、eノードB310は、第1のRATを介してユーザ機器との第1の通信接続を確立するための手段と、第2のRATを介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するための手段と、ここにおいて、第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する、ユーザ機器(たとえば、UE320)から第1の通信接続の無線リンク障害回復指示を受信するための手段と、ここにおいて、ユーザ機器とローカルエリアネットワークとの間およびユーザ機器とWWANとの間の通信接続が確立されている、無線リンク障害中に第2のRATを介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定するための手段と、第2のRATを介して第2の通信接続上で、データフローごとに、少なくとも1つのデータフローの送信を維持すべきかどうかをユーザ機器に示すための手段とを含み得る。別の構成では、eノードB310は、たとえば、UE320から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信するための手段と、第2のRATを介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信するための手段と、ここにおいて、第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローに関連する、無線リンク障害回復の後に第2のRATを介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定するための手段と、第2のRATを介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローの送信を再開すべきかどうかをユーザ機器に示すための手段とを含み得る。一態様では、上述の手段は、上述の手段によって具陳される機能を実行するように構成された、基地局コントローラ340、基地局メモリ342、基地局送信プロセッサ322、基地局変調器/復調器332、および基地局アンテナ334であり得る。別の態様では、上述の手段は、上述の手段によって具陳される機能を実行するように構成されたモジュール、構成要素、または任意の装置であり得る。

0057

[0071]図4は、本態様による、UE415、eノードB405−a、および/またはWLANAP405−bが、WWAN(たとえば、LTE)RLF回復を管理するように構成された態様を有する、UE415におけるLTE無線アクセス技術(RAT)とWLAN RATとのキャリアアグリゲーションを概念的に示すブロック図である。アグリゲーションは、1つまたは複数のコンポーネントキャリア1〜N(CC1〜CCN)を使用してeノードB405−aと通信し、WLANキャリア440を使用してWLAN(またはWi−Fi)AP405−bと通信することができる、マルチモードUE415を含むシステム400中で行われ得る。UE415は、図1のUE120、図2のUE215、および図3のUE320のうちの1つまたは複数の一例であり得る。eノードB405−aは、図1のeノードB110、図2のeノードB205、および図3のeノードB310のうちの1つまたは複数の一例であり得る。図4には、1つのUE415、1つのeノードB405−a、および1つのWLAN AP405−bのみが示されているが、システム400は、任意の数のUE415、eノードB405−a、および/またはWLAN
AP405−bを含むことができることを諒解されたい。

0058

[0072]eノードB405−aは、LTEコンポーネントキャリアCC1〜CCN430上の順方向(ダウンリンク)チャネル432−1〜432−Nを介してUE415に情報を送信することができる。さらに、UE415は、LTEコンポーネントキャリアCC1〜CCN上の逆方向(アップリンク)チャネル434−1〜434−Nを介してeノードB405−aに情報を送信することができる。同様に、WLANAP405−bは、WLANキャリア440上の順方向(ダウンリンク)チャネル452を介してUE415に情報を送信し得る。さらに、UE415は、WLANキャリア440の逆方向(アップリンク)チャネル454を介してWLAN AP405−bに情報を送信し得る。

0059

[0073]図4の様々なエンティティについて説明する際、説明の目的で、3GPPLTEまたはLTE−Aワイヤレスネットワークに関連する名称が使用される。ただし、システム400は、限定はしないが、UMTSネットワーク、OFDMAワイヤレスネットワーク、CDMAネットワーク、3GPP2 CDMA2000ネットワークなどの他のネットワークにおいて動作することができることを諒解されたい。

0060

[0074]マルチキャリア動作中、異なるUE415に関連するダウンリンク制御情報(DCI:downlink control information)メッセージは、複数のコンポーネントキャリア上で搬送され得る。たとえば、PDCCH上のDCIは、PDSCH送信のためにUE415によって使用されるように構成された同じコンポーネントキャリア上に含まれ得る(たとえば、同一キャリアシグナリング)。代替または追加として、DCIは、PDSCH送信のために使用されるターゲットコンポーネントキャリアとは異なるコンポーネントキャリア上で搬送され得る(たとえば、クロスキャリアシグナリング)。いくつかの実施形態では、半静的に有効化され得るキャリアインジケータフィールド(CIF:carrier indicator field)は、PDSCH送信のためにターゲットキャリア以外のキャリアからのPDCCH制御シグナリングの送信を可能にするために、一部または全部のDCIフォーマット中に含まれ得る(たとえば、クロスキャリアシグナリング)。

0061

[0075]本例では、UE415は1つのeノードB405−aからデータを受信し得る。しかしながら、セルエッジ上のユーザは、データレートを制限し得る高いセル間干渉を経験することがある。マルチフローが、UEが同時に2つのeノードB405−aからデータを受信することを可能にする。マルチフローは、UE415が同時に2つの隣接するセル中の2つのセルタワーの範囲内にあるとき、2つのまったく別個のストリーム中で2つのeノードB405−aからのデータを送信および受信することによって動作する。UE415は、デバイスが2つのeノードB405−aのいずれか一方のリーチエッジ上にあるとき、同時に2つのeノードBと通信する。2つの異なるeノードBからのUE415への2つの独立データストリームを同時にスケジュールすることによって、マルチフローは、HSPAネットワークにおける不均一なローディングを活用する。これは、ネットワーク容量を増加させながら、セルエッジユーザエクスペリエンスを改善するのに役立つ。一例では、セルエッジにおけるユーザのためのスループットデータ速度が2倍になり得る。「マルチフロー」は、デュアルキャリアHSPAと同様であるLTE/LTE−Aの特徴であるが、相違がある。たとえば、デュアルキャリアHSPAは、デバイスに同時に接続するための複数のタワーへの接続性を可能にしない。

0062

[0076]LTE−A規格化の前に、LTEコンポーネントキャリア430は後方互換性があり、それが新しいリリースへの円滑な移行を可能にした。しかしながら、この特徴により、LTEコンポーネントキャリア430は、帯域幅にわたってあらゆるサブフレーム中で共通基準信号(CRS、セル固有基準信号とも呼ばれる)を連続的に送信した。限られた制御シグナリングのみが送信されているときでもセルがオンのままであり、それにより、電力増幅器エネルギー消費し続けるので、大部分のセルサイトエネルギー消費はその増幅器によって生じる。CRSは、LTE規格のリリース8に導入されており、LTEにおいて最も基本的なダウンリンク基準信号である。CRSは、周波数領域中のあらゆるリソースブロック中で、およびあらゆるダウンリンクサブフレーム中で送信される。セル中のCRSが、1つ、2、または4つの対応するアンテナポートのためのものであることがある。コヒーレント復調のためのチャネルを推定するためにリモート端末によってCRSが使用され得る。ニューキャリアタイプ(NCT:New Carrier Type)は、5つのサブフレームのうち4つにおいてCRSの送信を削除することによって、セルのスイッチングオフを一時的に可能にする。この特徴は、CRSが、もはや帯域幅にわたってあらゆるサブフレーム中で連続的に送信されるとは限らないので、電力増幅器よって消費される電力、ならびにオーバーヘッドとCRSからの干渉とを低減する。さらに、ニューキャリアタイプは、UE固有復調基準シンボルを使用してダウンリンク制御チャネルを動作させることを可能にする。ニューキャリアタイプは、別のLTE/LTE−Aキャリアとともに拡張キャリア一種として、または代替的にスタンドアロン非後方互換性キャリアとして動作させられ得る。

0063

[0077]図5Aおよび図5Bは、本態様による、WWAN(たとえば、LTE)RLF回復を管理するように構成された態様を有するワイヤレス通信システム500−aおよび500−bにおける、UE515とPDN(たとえば、インターネット)との間のデータ経路545および550の例を概念的に示すブロック図である。データ経路545および550は、WLAN無線アクセス技術(RAT)とセルラー(たとえば、LTE)RATとをアグリゲートする、図5Aのワイヤレス通信システム500−aおよび図5Bのワイヤレス通信システム500−bのコンテキスト内で示されている。各例では、ワイヤレス通信システム500−aおよび500−bは、マルチモードUE515と、eノードB505−aと、WLANAP505−bとを含み得る。UE515は、図1のUE120、図2のUE215、図3のUE320、および図4のUE415のうちの1つまたは複数の一例であり得る。eノードB505−aは、図1のeノードB110、図2のeノードB205、図3のeノードB310、および図4のeノードB405−aのうちの1つまたは複数の一例であり得、WLAN AP505−bは、図4のWLAN AP405−bの一例であり得る。

0064

[0078]ワイヤレス通信システム500−aおよび500−bは、発展型パケットコア(EPC)512、PDN510、およびピアエンティティ530をも含み得、それらの各々が、それぞれ図2のEPC212、PDN210、およびピアエンティティ230と同様であり得る。各例のEPC512は、モビリティ管理エンティティ(MME)505と、サービングゲートウェイ(SGW)520と、PDNゲートウェイ(PGW)525とを含み得、SGW520およびPGW525は、図2のSGW220およびPGW225と同様であり得る。ホーム加入者システム(HSS:home subscriber system)535は、MME530に通信可能に結合され得る。各例のUE515は、LTE無線機520とWLAN無線機525とを含み得る。特に図5Aを参照すると、eノードB505−aおよびWLANAP505−bは、1つまたは複数のLTEコンポーネントキャリアあるいは1つまたは複数のWLANコンポーネントキャリアのアグリゲーションを使用して、UE515にPDN510へのアクセスを与えることが可能であり得る。PDN510へのこのアクセスを使用して、UE515はピアエンティティ530と通信し得る。eノードB505−aは、(たとえば、データ経路545を通して)発展型パケットコア512を通してPDN510へのアクセスを与え得、WLAN AP505−bは、(たとえば、データ経路550を通して)PDN510への直接アクセスを与え得る。一態様では、LTEおよびWLANデータフローは、データ経路545および550を介して流れ得る。

0065

[0079]MME530は、UE515とEPC512との間のシグナリングを処理する制御ノードであり得る。概して、MME530はベアラおよび接続管理を行い得る。MME530は、したがって、UE515のためにアイドルモードUEトラッキングおよびページングと、ベアラアクティブ化および非アクティブ化と、SGW選択とを担当し得る。MME530は、S1−MMEインターフェースを介してeノードB505−aと通信し得る。MME530は、UE515をさらに認証し、UE515との非アクセス層(NAS:Non-Access Stratum)シグナリングを実装し得る。

0066

[0080]HSS535は、機能の中でも、加入者データを記憶し、ローミング制限を管理し、加入者のためのアクセス可能アクセスポイント名(APN:access point name)を管理し、加入者をMME530に関連付け得る。HSS535は、3GPP団体によって規格化された発展型パケットシステム(EPS)アーキテクチャによって定義されたS6aインターフェースを介してMME530と通信し得る。

0067

[0081]LTE上で送信されるすべてのユーザIPパケットは、eノードB505−aを通してSGW220に転送され得、SGW220は、S5シグナリングインターフェースを介してPDNゲートウェイ525に接続され、S11シグナリングインターフェースを介してMME530に接続され得る。SGW220は、ユーザプレーン常駐し、eノードB間ハンドオーバおよび異なるアクセス技術間のハンドオーバのためのモビリティアンカーとして働き得る。PDNゲートウェイ525はUEのIPアドレス割振りならびに他の機能を与え得る。

0068

[0082]PDNゲートウェイ525は、SGiシグナリングインターフェースを介して、PDN510など、1つまたは複数の外部パケットデータネットワークへの接続性を与え得る。PDN510は、インターネット、イントラネットIPマルチメディアサブシステムIMS:IP Multimedia Subsystem)、パケット交換(PS:Packet-Switched)ストリーミングサービス(PSS:PS Streaming Service)、および/または他のタイプのPDNを含み得る。

0069

[0083]本例では、UE515とEPC512との間のユーザプレーンデータは、トラフィックがLTEリンク経路545を介して流れるのか、WLANリンクの経路550を介して流れるのかにかかわらず、1つまたは複数のEPSベアラ(またはデータフロー)の同じセットを横断し得る。1つまたは複数のEPSベアラのセットに関係するシグナリングまたは制御プレーンデータは、eノードB505−aを経由して、UE515のLTE無線機520とEPC512−bのMME530との間で送信され得る。

0070

[0084]図5Bは、eノードB505−aとWLANAP505−bがコロケートされるか、またはさもなければ互いと高速通信している、例示的なワイヤレス通信システム500−bを示している。この例では、UE515とWLAN AP505−bとの間のEPSベアラ関係データは、eノードB505−aにルーティングされ、次いでEPC512にルーティングされ得る。このようにして、すべてのEPSベアラ関係データは、eノードB505−aと、EPC512と、PDN510と、ピアエンティティ530との間で同じ経路に沿ってフォワーディングされ得る。

0071

[0085]図6を参照すると、マルチモードUE615が、本明細書で説明するユーザ機器のためのRLF回復を管理するように構成された態様を有するワイヤレス通信システム600内のeノードB605−aおよびWLAN(たとえば、Wi−Fi)AP605−bと通信している。UE615は、図1のUE120、図2のUE215、図3のUE320、図4のUE415、ならびに図5Aおよび図5BのUE515のうちの1つまたは複数の一例であり得る。eノードB605−aは、図1のeノードB110、図2のeノードB205、図3のeノードB310、図4のeノードB405−a、ならびに図5Aおよび図5BのeノードB505−aのうちの1つまたは複数の一例であり得る。WLAN
AP605−bは、図4のWLAN AP405−bならびに図5Aおよび図5BのWLAN AP505−bのうちの1つまたは複数の一例であり得る。図5Aおよび図5Bに関して上記で説明したように、ワイヤレス通信システム600は、UE615がeノードB605−aとWLAN AP605−bの両方と通信し得るように、WWAN(たとえば、LTEまたはUMTS)RATとWLAN(たとえば、Wi−Fi)RATとを含み得、様々な通信経路を通して、WWANデータフローとWLANデータフローとを可能にする。このシナリオは、eノードB605−aとWLAN AP605−bの両方との同時またはコンカレント接続により、UE615のための「デュアル接続性」と呼ばれることもある。

0072

[0086]UE615、eノードB605−a、およびWLANAP605−bは、異なる技法(たとえば、上記で表1に示したように、6つの異なる態様)に従ってUE615におけるWWAN(たとえば、LTE)RLF回復を管理するように構成され得る。より詳細には、LTERLF検出および回復プロセス全体にわたってWLANデータフローを処理するための6つの態様について説明する。これらの態様について別々に説明するが、態様の一部または全部が、直列におよび/または並列に、任意の数の組合せで互いと動作するように構成され得ることを理解されよう。したがって、これらの態様の組合せは、LTE RLF時のWLANデータフロー処理のための異なる代替形態を生じ得る。

0073

[0087]UE615は、図5Aおよび図5Bに示されているようにUE515のLTE無線機520およびWLAN無線機525と同じまたは同様であり得る、WWAN無線機620とWLAN無線機625とを含む。WWAN無線機620は、WWAN無線リンク661を介した(たとえば、図5Aおよび図5Bの経路545介した)UE615とeノードB605−aとの間の通信を与えるように構成され得、WLAN無線機625は、WLAN無線リンク662介した(たとえば、図5Aおよび図5Bのデータ経路550介した)UE615とWLANAP605−bとの間の通信を与えるように構成され得る。WWAN無線リンク661およびWLAN無線リンク662の各々は、少なくとも1つのデータフロー(たとえば、シグナリングデータフロー、ユーザデータフローなど)を含む。UE615は、UE615においてLTE RLFを検出し、3GPP規格ファミリーに記載されている、たとえば、RLF検出、セル再選択、およびRRC接続再確立を含む、RLF処理に関係するすべての態様を処理するように構成された、RLF構成要素630を含む。たとえば不良RF状態により、WWAN無線リンク661のRLFを検出すると、RLF構成要素630は、RLFデータフロー決定構成要素640にRLF指示651を通信するように構成され得る。

0074

[0088]RLFデータフロー決定構成要素640は、RLF指示651を受信し、それに基づいて、(今度の)RLF回復プロシージャ中にLTEデータフローおよびWLANデータフローをどのように処理すべきかを決定するように構成される。場合によっては、様々な態様では、RLFデータフロー決定構成要素640は、決定モジュール641、ネットワーク構成モジュール642、および/または再ルーティングモジュール643を含み得、それらの各々について、各エンティティがRLFデータフロー決定構成要素640中に含まれる態様に従って、詳細に説明する。本明細書で説明する態様のすべてにおいて、RLFデータフロー決定構成要素640は、RLFの検出時におよび/またはRLF指示651に応答してLTEデータフローを中断するように構成された、WWANデータフロー中断モジュール644を含む。WWANデータフロー中断モジュール644は、LTEデータフローが中断および/または再開されるべきであるかどうかと、いつ中断および/または再開されるべきであるかとを示すための中断/再開指示655を生成し、WWAN無線機620に送信するように構成され得る。本明細書で説明する態様のいくつかでは、RLFデータフロー決定構成要素640は、RLFの検出時にWLANデータフローを中断するように構成されたWLANデータフロー中断モジュール645を含む。WLAN無線データフロー中断モジュール645は、WLANデータフローが中断、維持、および/または再開されるべきであるかどうかと、いつ中断、維持、および/または再開されるべきであるかとを示すための中断/維持/再開指示657を生成し、WLAN無線機625に送信するように構成され得る。

0075

[0089]さらに、UE615は、RLFデータフロー決定構成要素640から報告命令653を受信し、応答して、(1つまたは複数の)測定報告652を生成し、eノードB605−aおよび/またはWLANAP605−bに送信するように構成された測定報告構成要素635を含む。報告命令653は、特定の態様に応じて、たとえば、どのパラメータおよび/または無線信号状態を測定すべきか、いつおよびどれくらいの頻度で測定を実行すべきか、いずれの測定値を報告すべきか、いつおよびどれくらいの頻度で測定値を報告すべきか、どこに(1つまたは複数の)測定報告を送信すべきかなどに関する指示を含み得る。報告命令653はまた、RLF検出時に測定報告からのすべての現在のWLAN測定値エントリを削除または維持するためのRLFデータフロー決定構成要素640からの指示を含み得る。(1つまたは複数の)測定報告652は、UE615の、それぞれWWAN無線機620および/またはWLAN無線機625によって測定されたLTEネットワークおよび/またはWLANネットワーク上の無線信号状態に関係する情報を含み得る。測定報告構成要素635は、報告命令653を実行するためにWWAN無線機620および/またはWLAN無線機625と連携して動作し得る。次いで、測定報告構成要素635は、eノードB605−aへの送信のためにWWAN無線機620に(1つまたは複数の)測定報告652を通信し得る。一態様(図示せず)では、測定報告構成要素635は、WLAN AP605−bへの送信のためにWLAN無線機625に(1つまたは複数の)測定報告652を通信し得る。

0076

[0090]場合によっては、本明細書で説明する態様のうちのいくつかでは、eノードB605−aは、構成654を生成し、UE615に送信するように構成された、RLFデータフロー構成要素610を含む。構成654は、RLF回復中にLTEデータフローおよび/またはWLANデータフローをどのように処理すべきかに関してUE615に命令するために使用され得る任意の情報、命令などであり得る。たとえば、構成654は、RLFデータフロー決定構成要素640がそれに基づいて構成を決定することを可能にし得るサービス品質(QoS)パラメータであり得、および/またはQoSパラメータは、RLF処理中にLTEデータフローおよびWLANデータフローをどのように処理すべきかに関する明示的命令を含み得る。別の例では、構成654は、RLF中にWLANデータフローを中断すべきかどうかを示すフラグであるか、またはそれを含み得る、アクセスネットワーク発見および選択機能(ANDSF:access network discovery and selection function)ポリシーであり得る。UE615上のRLFデータフロー決定構成要素640は、RLF処理中にLTEデータフローおよびWLANデータフローをどのように処理すべきかを決定する際に、決定モジュール641、ネットワーク構成モジュール642、および/または再ルーティングモジュール643のうちのいずれを採用すべきか(たとえば、本明細書で説明する6つの態様のうちのいずれが本シナリオに適用されるべきか)を決定するために構成654を受信し、利用するように構成され得る。

0077

[0091]場合によっては、本明細書で説明する態様のうちのいくつかでは、WLANAP605−bは、LTEデータフローがUE615におけるRLF回復中に維持される(たとえば、中断されない)ことを可能にするように構成された、WWANフォワーディング構成要素612を含む。より詳細には、WWANフォワーディング構成要素612は、RLF処理中に(通信接続614を介して)UE615とeノードB605−aの両方と通信し、UE615からLTEデータフローを受信し、それらをeノードB605−aにフォワーディングし、およびその逆を行うべきかどうかを決定するように構成され得る。

0078

[0092]RLF回復を管理することの様々な態様ならびにUE615、eノードB605−a、およびWLANAP605−bの対応する構成要素について、各態様を順に示すコールフロー図である図7図12に関してさらに説明する。

0079

[0093]図7を参照すると、コールフロー700は、UEのためのRLF回復を管理するための第1の態様による、図6のUE615とeノードB605−aとWLANAP605−bとの間の通信を示す。特に、この第1の態様では、本装置および方法は、RLFを検出するとLTEデータフローを停止し、場合によっては、WLANデータフローを停止し、RLFからの回復時にデータフローを再確立する際に使用するためにRLFの前のデータフローマッピングを保持する。コールフロー700のアクションは、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625と、RLFデータフロー決定構成要素640とを含む、UE615によって実行される。第1の態様によれば、RLFデータフロー決定構成要素640は、WWANデータフロー中断モジュール644と、WLANデータフロー中断モジュール645と、決定モジュール641とを含む。

0080

[0094]701において、UE615のRLF構成要素630は、現在の3GPP規格通りにRLFを検出する。702において、WWANデータフロー中断モジュール644は、すべてのLTEデータフローがWWAN無線リンク661上でWWAN無線機620を介してeノードB605−aに送信されることを中断する。図示されていないが、WWANデータフロー中断モジュール644はまた、報告命令653を介して、既存の測定報告中のすべてのWLAN測定値エントリを削除することを測定報告構成要素652に示す。703において、決定モジュール641は、WLANデータフローがWLAN無線リンク662上でWLAN無線機625を介してWLANAP605−bに送信されることを中断すべきかどうかを決定する。703aにおけるコールフロー700の例に示されている、決定モジュール641がWLANデータフローを中断することを決定した場合、WLANデータフローは中断される。決定モジュール641がWLANデータフローを中断しないことを決定した場合(図示せず)、WLANデータフローはRLF処理中に維持される(または、RLF検出後に一時的に中断された場合は、再開される)。

0081

[0095]704において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従って、セル再選択プロシージャを実行し、705において、RRC接続再確立要求メッセージを送ることと、706において、RRC接続再確立メッセージを受信することと、707において、RRC接続再確立完了メッセージを送ることとによって、UE615とeノードB605−aまたは別のeノードBとの間の接続を再確立する。決定モジュール641がWLANデータフローを中断することを決定した場合、708において、WLANデータフローはUE615とWLANAP605−bとの間で再開される。709において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってRRC接続再構成プロシージャを実行する。決定モジュール641は、RLF構成要素630がRRC接続再構成プロシージャを実行していると決定し、応答して、測定報告構成要素635に様々なネットワーク状態を測定するように命令するために、測定報告構成要素635に報告命令653を与えるように構成され得る。測定報告構成要素635は、そのように行い、WLAN測定報告652をeノードB605−aに送信し得る。710において、WWANデータフロー中断モジュール644は、WLAN測定報告652に少なくとも部分的に基づいてLTEデータフローが再開されるべきであることをWWAN無線機620に示す。

0082

[0096]図8を参照すると、コールフロー800は、UEのためのRLF回復を管理するための第2の態様による、図6のUE615とeノードB605−aとWLANAP605−bとの間の通信を示す。特に、この第2の態様では、本装置および方法は、RLFを検出するとLTEデータフローとWLANデータフローとを停止する。コールフロー800のアクションは、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625と、RLFデータフロー決定構成要素640とを含む、UE615によって実行される。第2の態様によれば、RLFデータフロー決定構成要素640は、WWANデータフロー中断モジュール644と、WLANデータフロー中断モジュール645と、ネットワーク構成モジュール642とを含む。

0083

[0097]801において、UE615のRLF構成要素630は、現在の3GPP規格通りにRLFを検出する。802において、WWANデータフロー中断モジュール644は、すべてのLTEデータフローがWWAN無線リンク661上でWWAN無線機620を介してeノードB605−aに送信されることを中断する。図示されていないが、RLFデータフロー決定構成要素640は、測定報告構成要素635が既存の測定報告中のすべてのWLAN測定報告エンティティを削除し得るように、測定報告構成要素635に報告命令653を与える。803において、WLANデータフロー中断モジュール645は、WLANデータフローがWLAN無線リンク662上でWLAN無線機625を介してWLANAP605−bに送信されることを中断する。804において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従って、セル再選択プロシージャを実行し、805において、RRC接続再確立要求メッセージを送ることと、806において、RRC接続再確立メッセージを受信することと、807において、RRC接続再確立完了メッセージを送ることとによって、UE615とeノードB605−aとの間の接続を再確立する。808において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってLTEのためのRRC接続再構成プロシージャを実行する。

0084

[0098]ネットワーク構成モジュール642は、809において、RLF構成要素630がRRC接続再構成プロシージャを実行していることを検出し、LTEデータフローを再開することをWWANデータフロー中断モジュール644に通知するように構成され得る。ネットワーク構成モジュール642はまた、測定報告構成要素635に様々なネットワーク状態を測定するように命令するために、測定報告構成要素635に報告命令653を与えるように構成され得る。810において、測定報告構成要素635が、トリガリングイベントと呼ばれることがある、WLAN無線リンク662の品質がしきい値(たとえば、UE615において決定されるかまたはネットワークによってUE615に与えられる構成可能および/または静的しきい値)よりも大きいと決定すると、811において、測定報告構成要素635はWLAN測定報告652をeノードB605−aに送信する。812において、eノードB605−aのRLFデータフロー構成要素610は、WLAN測定報告652に少なくとも部分的に基づいて、WLAN無線リンク662がWLANデータフローを再開することが許容可能であるかどうかを決定する。このことは、eノードB605−aがUE615が相互作用、たとえば、WLANとLTEとの間のデュアル接続性を実行し得るかどうかを決定するので、相互作用決定と呼ばれることがある。813において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってWLANのためのRRC接続再構成プロシージャを実行する。ネットワーク構成モジュール642は、eノードB605−aの相互作用決定の指示を受信し、したがって、814において、WLANデータフロー中断モジュール645にWLANデータフローを再開するように命令する。応答して、WLANデータフロー中断モジュール645は、WLAN無線リンク662を介したWLANデータフローを再開するために、WLAN無線機625に再開指示655を与え得る。

0085

[0099]図9を参照すると、コールフロー900は、UEのためのRLF回復を管理するための第3の態様による、図6のUE615とeノードB605−aとWLANAP605−bとの間の通信を示す。特に、この第3の態様では、本装置および方法は、RLFを検出するとLTEデータフローとWLANデータフローとを停止する。コールフロー900のアクションは、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625と、RLFデータフロー決定構成要素640とを含む、UE615によって実行される。第3の態様によれば、RLFデータフロー決定構成要素640は、WWANデータフロー中断モジュール644と、WLANデータフロー中断モジュール645と、ネットワーク構成モジュール642とを含む。コールフロー900に関して説明する第3の態様は、いつWLAN測定報告652が生成され、eノードB605−aに送信されるかに関するタイミングを除いて、図8の第2の態様と同様である。

0086

[00100]901において、UE615のRLF構成要素630は、現在の3GPP規格通りにRLFを検出する。902において、WWANデータフロー中断モジュール644は、すべてのLTEデータフローがWWAN無線リンク661上でWWAN無線機620を介してeノードB605−aに送信されることを中断する。この態様では(図示せず)、RLFデータフロー決定構成要素640は、いずれの既存の測定報告中のWLAN測定報告エンティティをも維持するように、報告命令653を介して、測定報告構成要素635に命令する。903において、WLANデータフロー中断モジュール645は、WLANデータフローがWLAN無線リンク662上でWLAN無線機625を介してWLAN
AP605−bに送信されることを中断する。904において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従って、セル再選択プロシージャを実行し、905において、RRC接続再確立要求メッセージを送ることと、906において、RRC接続再確立メッセージを受信することと、807において、RRC接続再確立完了メッセージを送ることとによって、UE615とeノードB605−aとの間の接続を再確立する。

0087

[00101]この態様では、ネットワーク構成モジュール642は、RRC接続再確立プロセスがRLF構成要素630によって進行中であることがネットワーク構成モジュール642によって決定されると、様々なネットワーク状態を測定するように測定報告構成要素635に命令するために、測定報告構成要素635に報告命令653を与えるように構成され得る。測定報告構成要素635は、907において、RRC接続再確立完了メッセージの一部として、WLAN測定報告652を生成し、それを送信するように構成され得る。別の態様では、維持された既存の測定報告が、RRC接続再確立完了メッセージの一部として送信され得る。908において、eノードB605−aはWLAN測定報告652を受信しており、少なくとも部分的にそれに基づいて、RLFデータフロー構成要素610は、相互作用決定を行うように、たとえば、UE615においてWLANデータフローを再開すべきかどうかを決定するように構成され得る。相互作用決定がWLANデータフローを再開することである場合、909において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってWLANおよびLTEのためのRRC接続再構成プロシージャを実行する。相互作用決定がWLANデータフローを再開しないことである場合(図示せず)、909におけるRRC接続再構成プロシージャはLTEのみのためであり得る。ネットワーク構成モジュール642は、910において、RLF構成要素630がRRC接続再構成プロシージャを実行していることを検出し、WWAN無線機620に中断/再開指示655を送ることと、WWAN無線リンク661上のLTEデータフローを再開することとによってLTEデータフローを再開することをWWANデータフロー中断モジュール644に通知するように構成され得る。911において、908における相互作用決定に基づいて、ネットワーク構成モジュール642は、同様に、WLAN無線リンク662上のWLANデータフローを再開するために、WLAN無線機625に再開指示656を送ることによってWLANデータフローを再開することをWLANデータフロー中断モジュール645に通知するように構成され得る。

0088

[00102]図10を参照すると、コールフロー1000は、UEのためのRLFを管理するための第4の態様による、図6のUE615とeノードB605−aとWLANAP605−bとの間の通信を示す。特に、この第4の態様では、本装置および方法は、RLFを検出するとLTEデータフローを停止し、場合によってはWLANデータフローを停止し得る。コールフロー1000のアクションは、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625と、RLFデータフロー決定構成要素640とを含む、UE615によって実行される。第4の態様によれば、RLFデータフロー決定構成要素640は、WWANデータフロー中断モジュール644と、WLANデータフロー中断モジュール645と、決定モジュール641とを含む。

0089

[00103]1001において、UE615のRLF構成要素630は、現在の3GPP規格通りにRLFを検出する。1002において、WWANデータフロー中断モジュール644は、すべてのLTEデータフローがWWAN無線リンク661上でWWAN無線機620を介してeノードB605−aに送信されることを中断する。1003において(コールフロー700の第1の態様と同様に)、決定モジュール641は、WLANデータフローがWLAN無線リンク662上でWLAN無線機625を介してWLANAP605−bに送信されることを中断すべきかどうかを決定する。1003aにおけるコールフロー1000の例に示されている、決定モジュール641がWLANデータフローを中断することを決定した場合、WLANデータフローは中断される。決定モジュール641がWLANデータフローを中断しないことを決定した場合(図示せず)、WLANデータフローはRLF処理中に維持されるおよび(または、RLF検出時にWLANデータフローが一時的に中断された場合は、再開される)。1004において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従って、セル再選択プロシージャを実行し、1005において、RRC接続再確立要求メッセージを送ることと、1006において、RRC接続再確立メッセージを受信することと、1007において、RRC接続再確立完了メッセージを送ることとによって、UE615とeノードB605−aとの間の接続を再確立する。

0090

[00104]決定モジュール641は、RRC接続再確立プロセスがRLF構成要素630によって進行中であることがネットワーク構成モジュール642によって決定されると、様々なネットワーク状態を測定するように測定報告構成要素635に命令するために、測定報告構成要素635に報告命令653を与えるように構成され得る。測定報告構成要素635は、1007において、RRC接続再確立完了メッセージの一部として、WLAN測定報告652を生成し、それを送信するように構成され得る。1008において、eノードB605−aはWLAN測定報告652を受信しており、少なくとも部分的にそれに基づいて、RLFデータフロー構成要素610は、相互作用決定を行うように、たとえば、UE615においてWLANデータフローを再開すべきかどうかを決定するように構成され得る。より詳細には、eノードB605−aにおけるRLFデータフロー構成要素610は、WLANデータフローを再開すべきかどうかに関するUE615による決定を維持すべきかオーバーライドすべきかを決定するように構成され得る。相互作用決定がWLANデータフローを再開することである場合、1009において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってWLANおよびLTEのためのRRC接続再構成プロシージャを実行する。相互作用決定がWLANデータフローを再開しないことである場合(図示せず)、1009におけるRRC接続再構成プロシージャはLTEのみのためであり得る。

0091

[00105]ネットワーク構成モジュール642は、1010において、RLF構成要素630がRRC接続再構成プロシージャを実行していることを検出し、WWAN無線機620に再開指示655を送ることと、WWAN無線リンク661上のLTEデータフローを再開することとによってLTEデータフローを再開することをWWANデータフロー中断モジュール644に通知するように構成され得る。1011において、ネットワーク構成モジュール642は同様に、相互作用決定1008に基づいて、WLAN無線リンク662上のWLANデータフローを再開するためにWLAN無線機625に再開指示656を送ることによってWLANデータフローを再開することをWLANデータフロー中断モジュール645に通知するように構成され得る。

0092

[00106]図11を参照すると、コールフロー1100は、UEのためのRLFを管理するための第5の態様による、図6のUE615とeノードB605−aとWLANAP605−bとの間の通信を示す。特に、この第5の態様では、本装置および方法は、RLFを検出するとLTEデータフローを停止する。コールフロー1100のアクションは、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625と、RLFデータフロー決定構成要素640とを含む、UE615によって実行される。第5の態様によれば、RLFデータフロー決定構成要素640は、WWANデータフロー中断モジュール644と、WLANデータフロー中断モジュール645と、ネットワーク構成モジュール642とを含む。

0093

[00107]1101において、eノードB605−aのRLFデータフロー構成要素610は、RLF処理中にWLANデータフローを中断すべきか維持すべきかに関してUE615に命令するために、RRC接続再構成メッセージ(たとえば、構成654)をUE615に送信する。コールフロー1100の例では、1101において送られたRRC接続再構成メッセージは、UE615にRLF処理中にWLANデータフローを維持するように命令する。別の例では(図示せず)、1101において送られたRRC接続再構成メッセージは、UE615にRLF処理中にWLANデータフローを中断するように命令し得る。

0094

[00108]1102において、UE615のRLF構成要素630は、現在の3GPP規格通りにRLFを検出する。1103において、WWANデータフロー中断モジュール644は、すべてのLTEデータフローがWWAN無線リンク661上でWWAN無線機620を介してeノードB605−aに送信されることを中断する。1104において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従って、セル再選択プロシージャを実行し、1105において、RRC接続再確立要求メッセージを送ることと、1106において、RRC接続再確立メッセージを受信することと、1107において、RRC接続再確立完了メッセージを送ることとによって、UE615とeノードB605−aとの間の接続を再確立する。1108において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってLTEのためのRRC接続再構成プロシージャを実行する。ネットワーク構成モジュール642は、1109において、RLF構成要素630がRRC接続再構成プロシージャを実行していることを検出し、LTEデータフローを再開することをWWANデータフロー中断モジュール644に通知するように構成され得る。eノードB605−aが、RRC接続再構成メッセージごとに、RLF処理中にWLANデータフローを中断するようにUE615を構成した態様では(図示せず)、1101において、ネットワーク構成モジュール642は、WLANデータフローを再開することをWLANデータフロー中断モジュール645に通知し得る。

0095

[00109]図12を参照すると、コールフロー1200は、UEのためのRLFを管理するための第6の態様による、図6のUE615とeノードB605−aとWLANAP605−bとの間の通信を示す。特に、この第6の態様では、本装置および方法は、RLFを検出するとLTEデータフローを場合によっては再ルーティングする。コールフロー1200のアクションは、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625と、RLFデータフロー決定構成要素640とを含む、UE615によって実行される。第6の態様によれば、RLFデータフロー決定構成要素640は、WWANデータフロー中断モジュール644と、WLANデータフロー中断モジュール645と、再ルーティングモジュール643とを含む。

0096

[00110]1201において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従ってRLFを検出し、RLFデータフロー決定構成要素640にRLF指示651を与える。1202において、LTEデータフロー中断モジュールは、WWAN無線機620に中断指示655を送るように構成され得る。さらに、再ルーティングモジュール643は、LTE接続がUE615とeノードB605−aとの間で再確立され得るまで、WLAN無線機625を介してWLANAP605−bにシグナリング無線ベアラ(たとえば、SRB1)を再ルーティングし、さらにすべてのLTEデータフローを再ルーティングする(たとえば、オフロードする)。1203において、RLF構成要素630は、現在の3GPP規格に従って、RLFを検出したことの結果としてセル再選択処理を実行する。1204において、RLFデータフロー決定構成要素640は、報告命令653を介して、測定報告構成要素635にWLAN測定報告652を生成し、WLAN無線機625を介してWLAN AP605−bにWLAN測定報告652を送信するように命令する。

0097

[00111]1205において、WLANAP605−bのWWANフォワーディング構成要素612は、バックホールを介してeノードB605−aにWLAN測定報告652をフォワーディングする。1206において、eノードB605−aのRLFデータフロー構成要素610は、RLF回復処理が完了し、LTE通信が再確立されるまで(たとえば、LTEデータフローが再開し得るまで)、LTEデータフローがWLAN AP605−bを介して再ルーティングされるべきであるかどうかに関する相互作用決定を行う。1207において、eノードB605−aは、それの相互作用決定をWLAN AP605−bに送信する。コールフロー1200の例では、eノードB605−aは、WLAN
AP605−bを介してLTEデータフローを再ルーティングし続けることを決定する。1208において、WLAN AP605−bは、WLAN相互作用コマンド(たとえば、相互作用決定)をUE615にフォワーディングする。1209において、再ルーティングモジュール643は、WWANデータフロー中断モジュール644およびWLANデータフロー中断モジュール645に、それぞれ、LTEデータフローを再開すること、およびWLAN無線リンク662を介したWLANデータフローを続けることを通知する。LTEデータフローとWLANデータフローの両方が、WLAN無線機625を介してWLAN無線リンク662上で送信される。

0098

[00112]一方、RLF構成要素630は、1210において、RRC接続再確立要求メッセージを送ることと、1211において、RRC接続再確立メッセージを受信することと、1212において、RRC接続再確立完了メッセージを送ることとによって、UE615とeノードB605−aとの間の接続を再確立する。再ルーティングモジュール643は、RRC接続再確立プロセスがRLF構成要素630によって進行中であることがネットワーク構成モジュール642によって決定されると、様々なネットワーク状態を測定するように測定報告構成要素635に命令するために、測定報告構成要素635に報告命令653を与えるように構成され得る。測定報告構成要素635は、1212において、RRC接続再確立完了メッセージの一部として、LTEおよび/またはWLAN測定報告652を生成し、WLAN測定報告を送信するように構成され得る。

0099

[00113]再確立プロシージャが完了すると、UE615およびeノードB605−aは再びLTEを介して通信し、SRB1が再確立される。したがって、1213において、eノードB605−aは、WLAN無線リンク662上で現在送信されているLTEデータフローをWWAN無線リンク661に再ルーティング(たとえば、フォールバック)すべきかどうかを決定する。したがって、RLFデータフロー構成要素610は、WLAN測定報告652に少なくとも部分的に基づいて相互作用決定を行う。相互作用決定がLTEデータフローを再開することである場合、1214において、UE615およびeノードB605−aは、現在の3GPP規格に従ってLTEのためのRRC接続再構成プロシージャを実行する。相互作用決定がLTEデータフローを再開しないことである場合(図示せず)、1214におけるRRC接続再構成プロシージャはこの時点で行われないことがある。再ルーティングモジュール643は、1215において、WWAN無線機620に再開指示655を送ることと、WWAN無線リンク661上のLTEデータフローを再開することとによってLTEデータフローを再開することをWWANデータフロー中断モジュール644に通知し得る。

0100

[00114]図13を参照すると、たとえば、図1のUE120、図2のUE215、図3のUE320、図4のUE415、図5Aおよび図5BのUE515、ならびに図6図12のUE615のうちの1つなど、ユーザ機器によって無線リンク障害回復を管理するための方法1300。簡単のために、方法1300の態様について、図6によって概略的に示された、eノードB605−aおよび/またはWLANAP605−bと通信しているUE615によって実行されるものとして説明する。より詳細には、方法1300の態様は、たとえば、RLF構成要素630、測定報告構成要素635、RLFデータフロー決定構成要素640、WWAN無線機620、および/またはWLAN無線機625によって実行され得る。

0101

[00115]1305において、方法1300は、第1の無線アクセス技術(RAT)および第2のRATを用いて通信を確立することを含む。たとえば、UE615および/またはWWAN無線機620およびWLAN無線機625は、それぞれ、WWAN(たとえば、LTE)の第1のRATを介してeノードB605−aとの通信を、およびWLAN(たとえば、Wi−Fi)の第2のRATを介してWLANAP605−bとの通信を確立するように構成され得る。

0102

[00116]1310において、方法1300は、第1のRATを介して少なくとも1つのデータフローを、および第2のRATを介して少なくとも1つのデータフローを送信することを含む。たとえば、UE615および/またはWWAN無線機620は、WWAN無線リンク661を介してeノードB605−aにLTEデータフローを送信し、UE615および/またはWLAN無線機625は、WLAN無線リンク662介してWLANAP605−bにWLANデータフローを送信する。一態様では、WWAN(たとえば、LTE)データフローは、ベアラ、トラフィックフローテンプレート(TFT)、伝送制御プロトコル(TCP)接続、および/またはサービス品質(QoS)クラスであり得るか、またはそれらと関連し得る。

0103

[00117]1315において、方法1300は、ユーザ機器と第1のRATとの間の無線リンク障害(RLF)を検出することを含む。たとえば、UE615および/またはRLF構成要素630は、3GPP規格に記載されているプロシージャに従ってRLFを検出するように構成され得る。

0104

[00118]1320において、方法1300は、RLFが検出されたとき、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフローを維持すべきかどうかを決定することを含む。たとえば、RLFデータフロー決定構成要素640は、RLF検出時に、RLF構成要素630からRLF指示651を受信し、応答して、RLF回復処理中にWLANデータフローを維持すべきかどうか(たとえば、中断すべきか、中断すべきでないか)を決定するように構成され得る。

0105

[00119]第2および第3の態様によれば、ならびに場合によっては第1、第4、および第5の態様では、方法1300は、第2のRATを介した1つまたは複数のデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の送信を中断することを決定することと、第2のRATを介した1つまたは複数のデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の送信を中断することとを含み得る。いくつかの態様では、方法1300は、RLFからの回復を検出することと、第2のRATを介した1つまたは複数のデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の送信を再開することとを含み得る。いくつかの態様では、方法1300は、RLFからの回復を検出することと、第1のRATを介した1つまたは複数の中断されたデータフロー(たとえば、LTEデータフロー)の送信を再開することとを含み得る。いくつかの態様では、方法1300は、RLFから回復を検出することと、第1のRAT(たとえば、eノードB605−a)から構成654を受信することと、第2のRAT(たとえば、WLAN)を介した1つまたは複数の中断されたデータフロー(たとえば、LTEデータフロー)の送信を再開することと、第2のRAT(たとえば、WLAN)に関係する情報を第1のRAT(たとえば、LTE)に送信することとを含み得る。この場合、構成は、情報を送信することに応答して第1のRATから受信され得る。情報は、LTEおよび/またはWLANについての測定報告であり得る。情報は、UEが第2のRAT RLFを介して特定のデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)のための送信を中断したかどうかを示す、WLANデータフローごとに1つの指示であり得る。情報は、UEが第1のRAT(たとえば、LTE)または第2のRAT(たとえば、WLAN)を介したデータフローの各々のための送信を再開することになるかどうかについての、LTEデータフローごとに1つおよびWLANデータフローごとに1つの指示であり得る。

0106

[00120]第6の態様によれば、ならびに場合によっては第1、第4、および第5の態様では、方法1300は、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の送信を維持することを決定することを含み得る。いくつかの態様では、決定することが、UEにおいて受信されたネットワーク構成(たとえば、構成654)、アクセスネットワーク発見および選択機能(ANDSF)ポリシー(たとえば、フラグ)、サービス品質(QoS)パラメータ、および/またはUEの実装形態のうちの少なくとも1つに基づく。

0107

[00121]第6の態様によれば、方法1300は、RLF中に第2のRAT(たとえば、WLAN)を介して制御シグナリング(たとえば、LTERRCシグナリング、NASシグナリングなど)を送信することを含み得る。

0108

[00122]図14を参照すると、ユーザ機器において無線リンク障害回復を管理するための方法1400は、たとえば、図1のeノードB110、図2のeノードB205、図3のeノードB310、図4のeノードB405−a、図5Aおよび図5BのeノードB505−a、ならびに図6図12のeノードB605−aのうちの1つであり得る、第1のeノードBによって実行され得る。簡単のために、方法1400の態様について、図6によって概略的に示された、UE615および/またはWLANAP605−bと通信しているeノードB605−aによって実行されるものとして説明する。方法1400の例では、eノードB605−aは、UE615を、RLF処理中にWLANデータフローを処理するように構成する。

0109

[00123]1405において、方法1400は、第1の無線アクセス技術(RAT)を介してユーザ機器との第1の通信接続を確立することを含む。たとえば、eノードB605−aは、LTEを介してUE615との第1の通信接続を確立するように構成される。一態様では、第1の通信接続を確立することは、UE615がアイドル状態から接続状態に移動する結果であるか、またはUE615が別のeノードBからeノードB605−aにハンドオーバされる結果としてであり得る。

0110

[00124]1410において、方法1400は、第2のRATを介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することを含み、ここにおいて、第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローを送信する。たとえば、eノードB605−aは、UE615から、UE615がWLANAP605−bとも通信しており、UE615がWLANを介してWLAN AP605−bに少なくとも1つのWLANデータフローを送信しているという指示を受信するように構成される。

0111

[00125]1415において、方法1400は、第1の通信接続の無線リンク障害の後に、ユーザ機器から第1の通信接続の無線リンク障害(RLF)回復指示を受信することを含む。たとえば、eノードB605−aは、UE615から、UE615がLTEを介してeノードB605−aと通信しており、UE615がWLANを介してWLANAP605−bと通信しているように、UE615がRLFから回復しているという指示を受信するように構成され得る。

0112

[00126]1420において、方法1400は、無線リンク障害中に第2のRATを介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが維持され得るかどうかを決定することを含む。たとえば、eノードB605−aのRLFデータフロー構成要素610は、UE615がRLF中にWLANデータフローを維持すべきか中断すべきかを決定するように構成され得る。

0113

[00127]1425において、方法1400は、第2のRATを介して第2の通信接続上で、データフローごとに、少なくとも1つのデータフローの送信を維持すべきかどうかをユーザ機器に示すことを含む。たとえば、eノードB605−aは、データフローごとにWLANデータフローを中断すべきか維持すべきかを(たとえば、構成654を介して)UE615に示すように構成され得る。eノードB605−aは、eノードB605−aによってUE615に送られた構成メッセージ(たとえば、RRCメッセージ)またはデータメッセージを介してUE615に指示を与え得る。

0114

[00128]図15を参照すると、ユーザ機器における無線リンク障害回復を管理するための方法1500は、たとえば、図1のeノードB110、図2のeノードB205、図3のeノードB310、図4のeノードB405−a、図5Aおよび図5BのeノードB505−a、ならびに図6図12のeノードB605−aのうちの1つであり得る、第2のeノードBによって実行され得る。簡単のために、方法1500の態様について、図6によって概略的に示された、UE615および/またはWLANAP605−bと通信しているeノードB605−aによって実行されるものとして説明する。方法1500の例では、eノードB605−aはUE615のRLF回復を処理する。方法1400の態様を実行するものとして説明された第1のeノードBは、方法1500の態様を実行するものとして説明される第2のeノードBと同じであることも同じでないこともある。

0115

[00129]1505において、方法1500は、ユーザ機器から、第1の通信接続についての無線リンク障害回復指示を受信することを含む。たとえば、eノードB605−aは、UE615がLTERLFから回復しているという指示を受信する。

0116

[00130]1510において、方法1500は、第2のRATを介してユーザ機器との第2の通信接続が確立されるという指示を受信することを含み、ここにおいて、第2の通信接続が少なくとも1つのデータフローに関連する。たとえば、eノードB605−aは、UE615から、UE615がWLAN無線リンク662を介してWLANAP605−bと通信しており、WLANデータフローがUE615によってWLAN AP605−bに送信されているという指示を受信する。

0117

[00131]1515において、方法1500は、無線リンク障害回復の後に第2のRATを介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローが再開され得るかどうかを決定することを含む。たとえば、eノードB605−aのRLFデータフロー構成要素610は、UE615がRLFから回復した後にWLAN上でWLANデータフローが再開され得るかどうかを決定するように構成され得る。

0118

[00132]1520において、方法1500は、第2のRATを介して第2の通信接続上で少なくとも1つのデータフローの送信を再開すべきかどうかをユーザ機器に示すことを含む。たとえば、eノードB605−aは、WLANを介してWLANデータフローの送信を再開すべきかどうかを(たとえば、構成654を介して)UE615に示すように構成され得る。

0119

[00133]第1、第2、第3、第4、および第6の態様によれば、方法1500は、場合によっては、第2のRAT(たとえば、WLAN)に関係する少なくとも1つの測定報告を受信することと、少なくとも1つの測定報告に少なくとも部分的に基づいて、UE615が第2のRATを介した少なくとも1つのデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の送信を再開することができるかどうかを決定することとを含む。

0120

[00134]いくつかの態様によれば、方法1500は、場合によっては、複数の指示を受信することを含み、それらの各々が、UE615がRLF中に第2のRATを介した少なくとも1つのデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の特定の1つの送信を中断したかどうかを示し、ここにおいて、複数の指示の各々が、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフロー(たとえば、WLANデータフロー)の特定の1つと関連する。さらに、方法1500は、場合によっては、UE615から、第2のRATに関係する少なくとも1つの測定報告(たとえば、WLAN測定報告)を受信することと、第1の通信接続(たとえば、LTE)が再確立されたことを検出することと、少なくとも1つの測定報告に基づいて、第2のRAT(たとえば、WLAN)を介した送信を再開すべきかどうかを決定することとを含む。一例では、(1つまたは複数の)測定報告はRRC接続再確立メッセージの一部として送信され得る。

0121

[00135]いくつかの態様によれば、方法1500は、場合によっては、第2のRATを介した少なくとも1つのデータフロー(たとえば、LTEデータフロー)の送信がRLF中に維持されたというさらなる指示を受信することと、第1の通信接続(たとえば、LTE)が再確立されたことを検出することと、RLF中に第2のRAT(たとえば、WLAN)上で維持された少なくとも1つのデータフロー(たとえば、LTEデータフロー)を第1のRAT(たとえば、LTE)を介して送信すべきかどうかを決定することとを含む。一例では、さらなる指示は、たとえば、RRC接続再確立メッセージの一部として送信され得る、第2のRATに関係する測定報告(たとえば、WLAN測定報告)であり得る。

0122

[00136]図16を参照すると、本明細書で説明した、複数のアクセスノードの間でユーザ機器処理能力割り振るために構成された態様を有する処理システム1614を採用する装置1600のためのハードウェア実装形態の一例が示されている。この例では、処理システム1614は、バス1602によって概略的に表されるバスアーキテクチャを用いて実装され得る。バス1602は、処理システム1614の特定の適用例および全体的な設計制約に応じて、任意の数の相互接続バスおよびブリッジを含み得る。バス1602は、プロセッサ1604によって概略的に表される1つまたは複数のプロセッサと、コンピュータ可読媒体1606によって概略的に表されるコンピュータ可読媒体とを含む様々な回路を互いにリンクする。処理システム1614を採用する装置1600が、たとえば、eノードB605−aである一態様では、バス1602はRLFデータフロー構成要素610をもリンクする。処理システム1614を採用する装置1600が、たとえば、WLANAP605−bである一態様では、バス1602はWWANフォワーディング構成要素612をもリンクする。処理システム1614を採用する装置1600が、たとえば、UE615である一態様では、バス1602は、RLF構成要素630と、測定報告構成要素635と、RLFデータフロー決定構成要素640と、WWAN無線機620と、WLAN無線機625とをもリンクする。トランシーバ1610がWWAN無線機620とWLAN無線機625との一部であり得、その逆も同様であり得ることに留意されたい。バス1602はまた、タイミングソース周辺機器電圧調整器、および電力管理回路など、様々な他の回路をリンクし得るが、これらの回路は当技術分野においてよく知られており、したがって、これ以上説明しない。図16の任意の態様が、ハードウェア、ソフトウェア、および/またはそれらの組合せによって実装され得ることを理解されたい。一例では、図16の装置がそれをサポートするように構成された動作または機能のうちのいずれも、プロセッサ1604および/またはコンピュータ可読媒体1606を使用して実装され得る。

0123

[00137]バスインターフェース1608は、バス1602とトランシーバ1610との間のインターフェースを与える。トランシーバ1610は、伝送媒体を介して様々な他の装置と通信するための手段を与える。装置の性質に応じて、ユーザインターフェース1612(たとえば、キーパッドディスプレイスピーカーマイクロフォンジョイスティック)も与えられ得る。

0124

[00138]プロセッサ1604は、バス1602を管理することと、コンピュータ可読媒体1606に記憶されたソフトウェアの実行を含む一般的な処理とを担当する。ソフトウェアは、プロセッサ1604によって実行されたとき、処理システム1614に、特定の装置について複数のアクセスノード間でユーザ機器処理能力を割り振ることに関する本明細書で説明した様々な機能を実行させる。コンピュータ可読媒体1606はまた、ソフトウェアを実行するときにプロセッサ1604によって操作されるデータを記憶するために使用され得る。

0125

[00139]本出願で使用する「構成要素」、「モジュール」、「システム」などの用語は、限定はしないが、ハードウェア、ファームウェア、ハードウェアとソフトウェアの組合せ、ソフトウェア、または実行中のソフトウェアなど、コンピュータ関連のエンティティを含むものとする。たとえば、構成要素は、限定はしないが、プロセッサ上で実行されるプロセス、プロセッサ、オブジェクト実行ファイル実行スレッドプログラム、および/またはコンピュータであり得る。例として、コンピューティングデバイス上で実行されるアプリケーションと、そのコンピューティングデバイスの両方が構成要素であり得る。1つまたは複数の構成要素がプロセスおよび/または実行スレッド内に常駐することができ、1つの構成要素が1つのコンピュータ上に配置され得、および/または2つ以上のコンピュータ間に分散され得る。さらに、これらの構成要素は、様々なデータ構造を記憶している様々なコンピュータ可読媒体から実行することができる。これらの構成要素は、ローカルシステム、分散システム中の、および/または他のシステムを用いるインターネットなどのネットワーク上の別の構成要素と信号を介して対話する1つの構成要素からのデータなど、1つまたは複数のデータパケットを有する信号によるなど、ローカルプロセスおよび/またはリモートプロセスを介して通信し得る。

0126

[00140]さらに、本明細書では、ワイヤード端末またはワイヤレス端末とすることができる端末に関する様々な態様について説明する。端末は、システム、デバイス、加入者ユニット、加入者局、移動局、モバイル、モバイルデバイスリモート局、リモート端末、アクセス端末ユーザ端末、端末、通信デバイスユーザエージェントユーザデバイス、またはユーザ機器(UE)と呼ばれることもある。ワイヤレス端末は、セルラー電話、衛星電話コードレス電話セッション開始プロトコルSIP)電話、ワイヤレスローカルループ(WLL)局、携帯情報端末(PDA)、ワイヤレス接続機能を有するハンドヘルドデバイス、コンピューティングデバイス、またはワイヤレスモデムに接続された他の処理デバイスであり得る。その上、本明細書では基地局に関する様々な態様について説明する。基地局は、(1つまたは複数の)ワイヤレス端末と通信するために利用され得、アクセスポイント、ノードB、または何らかの他の用語で呼ばれることもある。

0127

[00141]その上、「または」という用語は、排他的な「または」ではなく、包括的な「または」を意味するものとする。すなわち、別段の規定がない限り、または文脈から明白でない限り、「XはAまたはBを使用する」というは、自然な包括的置換のいずれかを意味するものとする。すなわち、「XはAまたはBを採用する」という句は、XがAを採用する場合、XがBを採用する場合、またはXがAとBの両方を採用する場合のいずれによっても満たされる。さらに、本出願と添付の特許請求の範囲とにおいて使用する詞「a」および「an」は、別段に規定されていない限り、または単数形を対象とすべきであると文脈から明らかでない限り、概して「1つまたは複数」を意味すると解釈されるべきである。

0128

[00142]本明細書で説明する技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMAおよび他のシステムなど、様々なワイヤレス通信システムに使用され得る。「システム」および「ネットワーク」という用語は、しばしば互換的に使用される。CDMAシステムは、ユニバーサル地上波無線アクセス(UTRA)、cdma2000などの無線技術を実装し得る。UTRAは、広帯域CDMA(W−CDMA(登録商標))およびCDMAの他の変形態を含む。さらに、cdma2000は、IS−2000、IS−95およびIS−856規格をカバーする。TDMAシステムは、モバイル通信用グローバルシステム(GSM)などの無線技術を実装し得る。OFDMAシステムは、発展型UTRA(E−UTRA)、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB)、IEEE802.11(Wi−Fi)、IEEE802.16(WiMAX)、IEEE802.20、Flash−OFDM(登録商標)などの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサルモバイルテレコミュニケーションシステム(UMTS)の一部である。3GPPロングタームエボリューション(LTE)は、ダウンリンク上ではOFDMAを採用し、アップリンク上ではSC−FDMAを採用するE−UTRAを使用するUMTSのリリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTEおよびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)と称する団体からの文書に記載されている。さらに、cdma2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2)と称する団体からの文書に記載されている。さらに、そのようなワイヤレス通信システムは、不対無資格スペクトル、802.xxワイヤレスLANBLUETOOTH(登録商標)および任意の他の短距離または長距離ワイヤレス通信技法をしばしば使用するピアツーピア(たとえば、モバイルツーモバイル)アドホックネットワークシステムをさらに含み得る。

0129

[00143]様々な態様または特徴が、いくつかのデバイス、構成要素、モジュールなどを含み得るシステムに関して提示される。様々なシステムは、追加のデバイス、構成要素、モジュールなどを含むことがあり、および/または図に関して説明したデバイス、構成要素、モジュールなどのすべてを含むとは限らないことを理解および諒解されたい。これらの手法の組合せも使用され得る。

0130

[00144]本明細書で開示した実施形態に関して説明した様々な例示的な論理論理ブロック、モジュール、および回路は、汎用プロセッサデジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)または他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートまたはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、あるいは本明細書で説明した機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて実装または実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであり得るが、代替として、プロセッサは任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、または状態機械であり得る。プロセッサはまた、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアと連携する1つまたは複数のマイクロプロセッサ、あるいは任意の他のそのような構成として実装され得る。さらに、少なくとも1つのプロセッサは、上記で説明したステップおよび/またはアクションのうちの1つまたは複数を実行するように動作可能な1つまたは複数のモジュールを備え得る。

0131

[00145]さらに、本明細書で開示した態様に関して説明した方法またはアルゴリズムのステップおよび/またはアクションは、直接ハードウェアで実施されるか、プロセッサによって実行されるソフトウェアモジュールで実施されるか、またはその2つの組合せで実施され得る。ソフトウェアモジュールは、RAMメモリフラッシュメモリROMメモリEPROMメモリ、EEPROM(登録商標)メモリ、レジスタハードディスクリムーバブルディスクCD−ROM、または当技術分野で知られている任意の他の形態の記憶媒体中に常駐し得る。例示的な記憶媒体は、プロセッサが記憶媒体から情報を読み取り、記憶媒体に情報を書き込むことができるようにプロセッサに結合され得る。代替として、記憶媒体はプロセッサに一体化され得る。さらに、いくつかの態様では、プロセッサおよび記憶媒体はASIC中に常駐し得る。さらに、ASICはユーザ端末中に常駐し得る。代替として、プロセッサおよび記憶媒体は、ユーザ端末中に個別構成要素として常駐し得る。さらに、いくつかの態様では、方法またはアルゴリズムのステップおよび/またはアクションは、コンピュータプログラム製品に組み込まれ得る、機械可読媒体および/またはコンピュータ可読媒体上のコードおよび/または命令の1つまたは任意の組合せ、あるいはそのセットとして常駐し得る。

0132

[00146]1つまたは複数の態様では、説明した機能は、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの組合せで実装され得る。ソフトウェアで実装される場合、機能は、1つまたは複数の命令またはコードとしてコンピュータ可読媒体上に記憶されるか、あるいはコンピュータ可読媒体上で送信され得る。コンピュータ可読媒体は、ある場所から別の場所へのコンピュータプログラムの転送を可能にする任意の媒体を含む、コンピュータ記憶媒体コンピュータ通信媒体の両方を含む。記憶媒体は、コンピュータによってアクセスされ得る任意の利用可能な媒体であり得る。限定ではなく例として、そのようなコンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM、CD−ROM、あるいは他の光ディスクストレージ磁気ディスクストレージまたは他の磁気記憶デバイス、もしくは命令またはデータ構造の形態の所望のプログラムコードを搬送または記憶するために使用され得、コンピュータによってアクセスされ得る任意の他の媒体を備えることができる。また、いかなる接続もコンピュータ可読媒体と呼ばれ得る。たとえば、ソフトウェアが、同軸ケーブル光ファイバーケーブルツイストペアデジタル加入者回線(DSL)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用して、ウェブサイト、サーバ、または他のリモートソースから送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバーケーブル、ツイストペア、DSL、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術は、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用するディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)およびblu−ray(登録商標)(disc)を含み、ディスク(disk)は、通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、データをレーザー光学的に再生する。上記の組合せもコンピュータ可読媒体の範囲内に含まれるべきである。

0133

[00147]上記の開示は、例示的な態様および/または実施形態について論じたが、添付の特許請求の範囲によって定義された説明した態様および/または実施形態の範囲から逸脱することなく、様々な変更および改変を本明細書で行い得ることに留意されたい。さらに、説明した態様および/または実施形態の要素は、単数形で説明または請求されていることがあるが、単数形への限定が明示的に述べられていない限り、複数形が企図される。さらに、任意の態様および/または実施形態の全部または一部は、別段の規定がない限り、任意の他の態様および/または実施形態の全部または一部とともに利用され得る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 通信装置、及び復号方法」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】通信装置は、凍結ビット列と、第1のビット列及び前記第1のビット列に対して第1の符号化方式による符号化を行って生成される第1の符号化ビット列で構成される第2のビット列とに対して第2の符... 詳細

  • 株式会社横須賀テレコムリサーチパークの「 送受信方法および送受信システム」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】MIMOやビームフォーミング等に関して、周波数等のリソースの利用効率向上等を実現できる技術を提供する。【解決手段】実施の形態の送受信方法は、複数の送信アンテナを持つ送信装置1と、受信アンテナを... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法、基地局及びシステム」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】上りデータチャネルに対する上り制御情報の多重がサポートされる場合であっても通信スループットなどの低下を抑制するために、本開示のユーザ端末の一態様は、無線基地局からのUL送信を指示する... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ