図面 (/)

技術 サウンドを利用したソーシャルネットワークサービス提供装置及びその方法

出願人 ネイバーコーポレーション
発明者 朴根韓朴章然金榮寛金東旭
出願日 2017年9月28日 (2年7ヶ月経過) 出願番号 2017-187883
公開日 2017年12月21日 (2年4ヶ月経過) 公開番号 2017-224360
状態 特許登録済
技術分野 検索装置
主要キーワード 特定位 関心分野 特定イベント ツイッター 登録要請 機械語コード 特徴値 ミート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年12月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

サウンドを利用した、ソーシャルネットワークサービス提供装置、及び、その方法を、開示する。

解決手段

ソーシャルネットワークサービス提供装置は、ユーザ端末から、サウンドを受信するサウンド受信部と、前記受信されたサウンドから、特徴値を抽出する特徴値抽出部と、前記抽出された特徴値同士がマッチしたサウンドを送信したユーザ同士を、グループ化して、グループ情報を生成するグループ情報生成部とを、備える。

概要

背景

現在、ネットワークを介して、ソーシャルネットワークサービス提供者からツイッター登録商標)(twitter)、フェイスブック(facebook)、ミートゥデイ(me2day)等のような多様なソーシャルネットワークサービスが、提供される。

ソーシャルネットワークサービスは、インターネット上で、友人、先後輩、同僚などの知人との人脈関係強化して新しい人脈を築いて幅広い人的ネットワークを形成できるようにするサービスである。このようなソーシャルネットワークサービスを提供する方法として、大韓民国公開特許第10−2011−0016349「ソーシャルネットワークサービスの提供方法及び装置」がある。

しかし、今日、個人表現欲求が高まるにつれて、このようなソーシャルネットワークサービスの提供方法では、他の人達とより多彩な情報の共有を求めているユーザを満足させることは、困難である。

例えば、特定の映画鑑賞したユーザが映画に対する感想を共有しようとする場合などが挙げられる。この場合、従来のソーシャルネットワークサービスの利用者は、映画に対する自分の感想を、仮想掲示板等を介して他の人と共有したり、映画について対話が行われているチャットルームなどに入場して、他の人々と感想を共有してきた。しかし、仮想掲示板を介して他の人と感想を共有する場合、一般的に、仮想掲示板を見る人は映画に特別な関心を持っていない場合が多いため、ユーザは、自分が掲示した感想に対する他の人の反応から満足感を十分に得られなかった。

一方、ユーザが映画に対するチャットルームに入場して感想を他の人と共有しようとする場合、当該ユーザは、まず映画に対するチャットルームを検索しなければならないという不便を受忍しなければならないだけでなく、チャットルームを検索するために適したキーワードを選ぶという困難を受忍しなければならなかった。一例として、従来のソーシャルネットワークサービスでは、ユーザが特定の時間または特定の場所で公演された演劇に対する感想を他の人と共有しようとしている場合に、当該ユーザに対して当該特定の時間または特定の場所で公演された演劇を見たユーザを推薦することが難しかった。

したがって、ユーザに対してより満足感を提供することができ、ユーザがより容易にソーシャルネットワークサービスを利用できる方法が求められている。

概要

サウンドを利用した、ソーシャルネットワークサービス提供装置、及び、その方法を、開示する。ソーシャルネットワークサービス提供装置は、ユーザ端末から、サウンドを受信するサウンド受信部と、前記受信されたサウンドから、特徴値を抽出する特徴値抽出部と、前記抽出された特徴値同士がマッチしたサウンドを送信したユーザ同士を、グループ化して、グループ情報を生成するグループ情報生成部とを、備える。

目的

本発明は、ユーザが入力するサウンドを用いて前記ユーザにソーシャルネットワークサービス(SNS:Social Network Service)を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第1サウンドの第1特徴値と第2サウンドの第2特徴値とを比較して、前記第1特徴値が前記第2特徴値にマッチしない場合、前記第1特徴値にマッチングするメタ情報検索し、前記検索された前記メタ情報を有する端末を特定することを特徴とするソーシャルネットワークサービス提供装置

請求項2

前記第1特徴値にマッチングする前記メタ情報が検索されない場合に、前記第1サウンドに対するメタ情報を登録する請求項1に記載のソーシャルネットワークサービス提供装置。

請求項3

第1サウンドから抽出された第1特徴値と第2サウンドから抽出された第2特徴値とを比較して、前記第1特徴値が前記第2特徴値にマッチしない場合、前記第1特徴値とデータベースに格納されたサウンドの特徴値とを比較して、前記第1特徴値にマッチングするメタ情報を検索し、前記メタ情報を有する端末を特定することを特徴とするソーシャルネットワークサービス提供装置。

請求項4

コンピュータが、第1サウンドの第1特徴値と第2サウンドの第2特徴値とを比較して、前記第1特徴値が前記第2特徴値にマッチングしない場合、前記第1特徴値と予め格納されたサウンドの特徴値とを比較して、前記第1特徴値にマッチングされるメタ情報を検索し、前記検索された前記メタ情報を有する端末を特定することを特徴とするソーシャルネットワークサービス提供方法

請求項5

前記メタ情報を検索した後に、前記第1特徴値にマッチングする前記メタ情報が検索されない場合、前記第1サウンドに対するメタ情報を登録することを特徴とする請求項4に記載のソーシャルネットワークサービス提供方法。

請求項6

前記コンピュータに請求項4又は5のソーシャルネットワークサービス提供方法を実行させるためのプログラム

技術分野

0001

本発明は、ユーザが入力するサウンドを用いて前記ユーザにソーシャルネットワークサービス(SNS:Social Network Service)を提供する、サウンドを利用したソーシャルネットワークサービス提供装置及びその方法に関する。

背景技術

0002

現在、ネットワークを介して、ソーシャルネットワークサービス提供者からツイッター登録商標)(twitter)、フェイスブック(facebook)、ミートゥデイ(me2day)等のような多様なソーシャルネットワークサービスが、提供される。

0003

ソーシャルネットワークサービスは、インターネット上で、友人、先後輩、同僚などの知人との人脈関係強化して新しい人脈を築いて幅広い人的ネットワークを形成できるようにするサービスである。このようなソーシャルネットワークサービスを提供する方法として、大韓民国公開特許第10−2011−0016349「ソーシャルネットワークサービスの提供方法及び装置」がある。

0004

しかし、今日、個人表現欲求が高まるにつれて、このようなソーシャルネットワークサービスの提供方法では、他の人達とより多彩な情報の共有を求めているユーザを満足させることは、困難である。

0005

例えば、特定の映画鑑賞したユーザが映画に対する感想を共有しようとする場合などが挙げられる。この場合、従来のソーシャルネットワークサービスの利用者は、映画に対する自分の感想を、仮想掲示板等を介して他の人と共有したり、映画について対話が行われているチャットルームなどに入場して、他の人々と感想を共有してきた。しかし、仮想掲示板を介して他の人と感想を共有する場合、一般的に、仮想掲示板を見る人は映画に特別な関心を持っていない場合が多いため、ユーザは、自分が掲示した感想に対する他の人の反応から満足感を十分に得られなかった。

0006

一方、ユーザが映画に対するチャットルームに入場して感想を他の人と共有しようとする場合、当該ユーザは、まず映画に対するチャットルームを検索しなければならないという不便を受忍しなければならないだけでなく、チャットルームを検索するために適したキーワードを選ぶという困難を受忍しなければならなかった。一例として、従来のソーシャルネットワークサービスでは、ユーザが特定の時間または特定の場所で公演された演劇に対する感想を他の人と共有しようとしている場合に、当該ユーザに対して当該特定の時間または特定の場所で公演された演劇を見たユーザを推薦することが難しかった。

0007

したがって、ユーザに対してより満足感を提供することができ、ユーザがより容易にソーシャルネットワークサービスを利用できる方法が求められている。

発明が解決しようとする課題

0008

本発明の課題は、サウンドを用いてソーシャルネットワークサービスを提供することによって、ユーザがより容易に他のユーザと情報を共有できるソーシャルネットワークサービス提供装置及びその方法を提供することである。

0009

また、本発明の課題は、ユーザが特定のイベントを他のユーザと共有できるだけでなく、ユーザが特定の時間に同じサウンドを聞いている他のユーザまたは特定の場所にいる他のユーザと情報を共有できるソーシャルネットワークサービス提供装置及びその方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0010

本発明の一態様によるソーシャルネットワークサービス提供装置は、ユーザ端末からサウンドを受信するサウンド受信部と、前記受信されるサウンドから特徴値を抽出する特徴値抽出部と、前記抽出された特徴値にマッチする特徴値を有するサウンドを送信するユーザ同士グループ化してグループ情報を生成するグループ情報生成部とを、備える。

0011

また、前記特徴値抽出部によって抽出された特徴値をデータベースに格納されたサウンドの特徴値と比較してマッチする特徴値を有するサウンドのメタ情報を検索するメタ情報検索部をさらに備え、前記グループ情報生成部は、前記検索されたメタ情報にマッチングされるメタ情報を有するサウンドを送信するユーザ同士をグループ化して前記グループ情報を生成してもよい。

0012

また、前記抽出された特徴値にマッチングされる前記メタ情報が検索されない場合、前記ユーザ端末から前記受信されたサウンドに対するメタ情報を登録するメタ情報登録部をさらに備えてもよい。

0013

また、前記グループ情報生成部は、前記サウンドが入力される時間に基づいて、各サウンドを送信したユーザ同士をグループ化して、前記グループ情報を生成したり、前記ユーザ端末の位置情報に基づいて 各サウンドを送信したユーザ同士をグループ化して、前記グループ情報を生成してもよい。

0014

また、本発明の他の態様によるソーシャルネットワークサービス提供装置は、サウンドが入力されるサウンド入力部と、前記入力されるサウンドをソーシャルネットワークサービス提供サーバに送信するサウンド送信部と、前記送信されたサウンドから抽出された特徴値にマッチする特徴値を有するサウンドを前記ソーシャルネットワークサービス提供サーバに送信したユーザ同士をグループ化することによって生成されたグループ情報を前記ソーシャルネットワークサービス提供サーバから受信して表示するグループ情報表示部とを備えてもよい。

0015

また、本発明の他の態様によるソーシャルネットワークサービスを提供する方法は、ユーザ端末からサウンドを受信するステップと、前記受信されるサウンドから特徴値を抽出するステップと、前記抽出された特徴値にマッチする特徴値を有するサウンドを送信するユーザをグループ化してグループ情報を生成するステップと、前記生成されたグループ情報を前記ユーザ端末に送信するステップとを含んでもよい。

発明の効果

0016

本発明によれば、ユーザ端末から入力されるサウンドから特徴値を抽出して、前記抽出された特徴値にマッチングされるサウンドを送信するユーザをグループ化することによって、ユーザが、より容易に他のユーザと情報を共有することができる。

0017

また、サウンドが入力される時間または場所に基づいてユーザをグループ化することによって、ユーザ間で特定イベントを共有できるだけでなく、特定の時間に同じサウンドを聞いているユーザ間または特定の場所にいるユーザ間で情報を共有することができる。

図面の簡単な説明

0018

本発明の一実施形態において、サウンドを利用したソーシャルネットワークサービス提供システムを示す概念図である。
本発明の一実施形態において、サウンドを利用したソーシャルネットワークサービス提供装置を説明するためのブロック図である。
本発明の一実施形態において、サウンドを用いてユーザにソーシャルネットワークサービスを提供する一例を示す例示図である。
本発明の一実施形態において、サウンドを用いてユーザにソーシャルネットワークサービスを提供する一例を示す例示図である。
本発明の一実施形態において、ソーシャルネットワークサービスを提供する方法を示すフローチャートである。
本発明の他の実施形態において、ソーシャルネットワークサービスを提供する方法を示すフローチャートである。

実施例

0019

以下、本発明の実施形態を添付する図面を参照しながら詳細に説明する。

0020

図1は、本発明の一実施形態による、サウンドを利用したソーシャルネットワークサービス提供システムを示す概念図である。図1を参照すれば、ソーシャルネットワークサービス提供システムは、複数のユーザ端末110,120、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130、及びデータベース140を、備えている。

0021

それぞれのユーザ端末110,120は、ネットワークを介して、ユーザが入力するサウンドを、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130へ送信する。ユーザ端末110,120は、ユーザがソーシャルネットワークサービス提供サーバからソーシャルネットワークサービスなどのような多様なサービスの提供を受ける装置であり、スマートフォンなどの携帯端末デスクトップコンピュータなどのように、ネットワークの機能を備えて、サウンドを入力できる装置として実現されてもよい。

0022

ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、ユーザが送信したサウンドに基づいて、当該ユーザと、当該サウンドにマッチングされるサウンドを送信した他のユーザをグループ化して、グループ情報を生成し、このグループ情報を、再びネットワークを介してユーザ端末110,120へ送信する。

0023

ここで、一実施形態として、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、各ユーザ端末から送信されるそれぞれのサウンドから特徴値を抽出して、これを比較して、相互にマッチングされるサウンドを入力した複数のユーザ同士を一つのグループにグループ化することによって、グループ情報を生成してもよい。

0024

一方、他の実施形態として、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、各ユーザ端末から送信されるそれぞれのサウンドから特徴値を抽出して、これをデータベース140に格納されたサウンドの特徴値と比較して、前者にマッチする特徴値を有するサウンドのメタ情報を検索し、検索されたメタ情報に基づいて、グループ情報を生成してもよい。

0025

図2は、本発明の一実施形態において、サウンドを利用したソーシャルネットワークサービス提供装置を説明するためのブロック図である。以下、図2を参照して本発明に係るソーシャルネットワークサービス提供装置をより詳細に説明する。

0026

ユーザ端末110は、サウンド入力部210、サウンド送信部220、及びグループ情報表示部230を、備えてもよい。

0027

サウンド入力部210には、ユーザがソーシャルネットワークサービス提供サーバ130に送信しようとするサウンドが、入力される。これのために、サウンド入力部210は、マイクなどのようなサウンド入力装置によって実現され、ユーザ端末110の一側面に備えられてもよい。

0028

サウンド送信部220は、サウンド入力部210を介して入力されるサウンドを、無線通信網移動通信網などのネットワークを介して、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130へ送信する。

0029

グループ情報表示部230は、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130から、ネットワークを介してグループ情報を受信して、これを表示する。ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、ユーザ端末110から送信されるサウンドから特徴値を抽出し、当該特徴値にマッチする特徴値を有するサウンドを当該ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130へ送信したユーザを前記ユーザ端末110を操作しているユーザとグループ化することによって、グループ情報を生成してもよい。また、データベース140に格納された複数のサウンドのうち、当該特徴値にマッチする特徴値を有するサウンドのメタ情報を検索し、検索されたメタ情報に該当するサウンドを送信した他のユーザを前記ユーザ端末110を操作しているユーザとグループ化することによって、グループ情報を生成してもよい。

0030

グループ情報表示部230は、一例として、ユーザ端末110にアプリケーションの形態でインストールされ、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130から受信したグループ情報を所定の形態で表示することによって、ユーザにソーシャルネットワークサービスを提供してもよい。

0031

一方、本発明の一実施形態に係るソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、サウンド受信部240、特徴値抽出部250、及びグループ情報生成部260を、備えてもよい。

0032

サウンド受信部240は、ユーザ端末110からネットワークを介して送信されたサウンドを、受信する。

0033

特徴値抽出部250は、サウンド受信部240で受信されるサウンドから、特徴値(fingerprint)を抽出する。

0034

グループ情報生成部260は、特徴値抽出部250で抽出された特徴値にマッチする特徴値を有するサウンドを送信した他のユーザを前記ユーザ端末110を操作しているユーザとグループ化して、グループ情報を生成する。ここで、グループ情報生成部260は、サウンドが入力される時間に基づいてユーザをグループ化してグループ情報を生成してもよく、ユーザ端末110の位置情報に基づいてユーザをグループ化してグループ情報を生成してもよい。

0035

例えば、グループ情報生成部260が、サウンドが入力される時間に基づいてグループ情報を生成する場合、グループ情報生成部260は、所定の時間の間にサウンド受信部240で受信される各サウンドから抽出された特徴値同士を比較して、相互にマッチした特徴値を含むサウンドを送信したユーザ同士をグループ化して、グループ情報を生成してもよい。この場合、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、特定の時間内にサウンドを送信するユーザをグループ化できるため、ユーザが特定の時間に公演中の特定の演劇を鑑賞している間に、当該演劇を鑑賞している他のユーザと当該演劇に対する感想を共有しようとする場合にも、当該演劇のサウンドを入力することによって、容易に、他のユーザと、当該演劇に対する感想を共有することができる。

0036

また、グループ情報生成部260がユーザ端末110の位置情報に基づいてグループ情報を生成する場合、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、サウンド受信部240によってサウンドが受信されるときに、該当ユーザ端末110の位置情報をGPS(Global Positioning System)等を用いて検出し、位置情報と特徴値が一致するサウンドを送信したユーザをグループ化して、グループ情報を生成してもよい。この場合、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、特定位置でサウンドを送信するユーザをグループ化できるため、ユーザが特定映画の鑑賞中に当該映画に対する感想を他のユーザと共有しようとする場合にも、同じ映画館で当該映画を鑑賞する他のユーザと感想を共有することができる。

0037

一方、他の実施形態として、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、サウンド受信部240、特徴値抽出部250、及びグループ情報生成部260の他に、メタ情報検索部270、及びメタ情報登録部280を、さらに備えてもよい。

0038

この場合、メタ情報検索部270は、特徴値抽出部250で抽出された特徴値をデータベース140に格納されたサウンドの特徴値と比較してマッチングされるメタ情報を検索する。ここで、メタ情報は、サウンドに関する情報を含む情報であり、例えば、サウンドが映画に対するサウンドである場合、映画の題名、映画を上映する劇場に関する情報などをも含んでもよい。

0039

メタ情報検索部270において、抽出された特徴値にマッチングされるメタ情報が検索されない場合、メタ情報登録部280は、ユーザ端末110にサウンドに対するメタ情報登録要請を送信し、受信されるサウンドに対するメタ情報の登録を受けて、データベース140に格納してもよい。したがって、データベース140に登録されていなかったサウンドをユーザが入力しても、当該サウンドに対するメタ情報を登録することによって、他のユーザが当該サウンドのメタ情報にマッチングされるメタ情報を有するサウンドを送信する際に、ユーザが他のユーザと情報を共有できるようにしてもよい。

0040

グループ情報生成部260は、メタ情報検索部270で検索されたメタ情報にマッチングされるメタ情報を有するサウンドを送信したユーザを前記ユーザ端末110を操作しているユーザとグループ化して、グループ情報を生成する。ここでも、グループ情報生成部260は、サウンドが入力される時間に基づいてユーザをグループ化してグループ情報を生成したり、ユーザ端末の位置情報に基づいてユーザをグループ化してグループ情報を生成することによって、特定の時間に同じサウンドを聞いているユーザまたは特定の場所にいるユーザ同士で情報を共有できるようにしてもよい。

0041

例えば、第1ユーザが特定映画の上映時間のうち10分から12分に該当するサウンドをソーシャルネットワークサービス提供サーバ130に送信して、第2ユーザが映画の11分から13分に該当するサウンドをソーシャルネットワークサービス提供サーバ130に送信する場合、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、映画の11分から12分に該当するサウンドの特徴値を用いて第1ユーザと第2ユーザをグループ化できる。しかしながら、第1ユーザが特定映画の上映時間のうち10分から11分に該当するサウンドをソーシャルネットワークサービス提供サーバ130に送信して、第2ユーザが映画の12分から13分に該当するサウンドをソーシャルネットワークサービス提供サーバ130に送信する場合、第1ユーザが送信したサウンドから抽出される特徴値と第2ユーザが送信したサウンドから抽出される特徴値とがマッチしない可能性がある。この場合、メタ情報検索部270は、データベース140に格納されたサウンドと第1ユーザが送信したサウンドの特徴値とを比較してマッチングされるメタ情報を検索することによって、第1ユーザが送信したサウンドがどんな映画のサウンドに該当するかを検出してもよい。したがって、グループ情報生成部270は、ユーザが送信したサウンドの特徴値と他のユーザが送信したサウンドの特徴値とが相互にマッチングされなくても、当該ユーザを、当該ユーザが送信したサウンドのメタ情報とマッチングされるメタ情報を有するサウンドを送信した他のユーザとグループ化して、グループ情報を生成することができる。

0042

図3及び図4は、本発明の一実施形態において、サウンドを用いてユーザにソーシャルネットワークサービスを提供する一例を示す例示図である。

0043

ユーザがOXコンサートに行って現在OXコンサートに来た人々と感想を共有しようとする場合、ユーザは、図3に示すように、ユーザ端末110を用いてソーシャルネットワークサービス提供サーバ130にサウンドを送信してもよい。この場合、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、ユーザ端末110からサウンドを受信して、当該サウンドから特徴値を抽出する。そして、抽出された特徴値にその特徴量がマッチングされるサウンドを送信した他のユーザを、前記ユーザ端末110を操作しているユーザとグループ化して、グループ情報を生成する。ここで、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、サウンドが入力される時間やユーザ端末の位置情報などに基づいてユーザをグループ化して、グループ情報を生成することによって、図4に示すように、或るユーザが当該グループ情報を用いて現在OXコンサートに来た他の人々と感想を共有できるようにしてもよい。一方、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、サウンドから抽出された特徴値をデータベースに格納されたサウンドの特徴値と比較してマッチングされるメタ情報を検索し、メタ情報にマッチングされるメタ情報が検索されるユーザをグループ化することによってグループ情報を生成してもよい。この場合、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、メタ情報に基づいてユーザをグループ化するため、現在OXコンサートにあるユーザとだけではなく、OXコンサートを開く歌手ファン達や、OXコンサートの入場券購入しようとする人々とも、対話をしたり情報を共有できるようにしてもよい。したがって、ユーザは、より容易に、自分と共通する関心分野を有する人々と情報を共有することができ、より緊密な共感を形成することができる。

0044

図5は、本発明の一実施形態において、ソーシャルネットワークサービスを提供する方法を示すフローチャートである。

0045

本発明の一実施形態に係るソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、複数のユーザ端末110からネットワークを介してサウンドを受信し(S510)、サウンドから特徴値を抽出する(S520)。そして、抽出された特徴値同士がマッチングされるサウンドを送信したユーザ同士をグループ化して、グループ情報を生成し(S530)、このグループ情報をユーザ端末に送信する。ここで、グループ情報は、サウンドが入力される時間、及び/またはユーザ端末の位置情報に基づいて、生成されてもよい。したがって、本発明に係るソーシャルネットワークサービス提供装置は、特定の時間及び/または特定の場所でサウンドを送信するユーザ同士をグループ化できるため、ユーザがサウンドを用いて、より容易に他のユーザと情報を共有できる一方、特定の時間に同じサウンドを聞いている他のユーザまたは特定の場所にいる他のユーザと、情報を共有することができる。

0046

図6は、本発明の他の実施形態において、ソーシャルネットワークサービスを提供する方法を示すフローチャートである。

0047

本発明の他の実施形態に係るソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、複数のユーザ端末からネットワークを介してサウンドを受信し(S610)、サウンドから特徴値を抽出する(S620)。そして、抽出された特徴値を予め格納されたサウンドの特徴値と比較してマッチングされるメタ情報を検索する(S630)。

0048

ここで、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、抽出された特徴値にマッチングされるメタ情報が検索されるかを判断し(S640)、検索されない場合、ユーザ端末110にサウンドに対するメタ情報登録要請を送信してユーザからメタ情報の入力を受けて登録する(S660)。そして、同一のメタ情報が検索されるユーザをグループ化してグループ情報を生成し(S650)、これをユーザ端末110に送信する。したがって、ソーシャルネットワークサービス提供サーバ130は、データベース140に登録されていないサウンドを或るユーザが入力した場合、当該サウンドを登録することによって、他のユーザが当該サウンドにマッチングされるサウンドを送信する際に、前者が後者と情報を共有できるようにしてもよく、或るユーザが送信したサウンドの特徴値と他のユーザが送信したサウンドの特徴値とがマッチしなくても、ユーザが送信したサウンドのメタ情報とマッチングされるメタ情報が検索されるユーザをグループ化することにより、ユーザにソーシャルネットワークサービスを提供してもよい。

0049

本発明に係るソーシャルネットワークサービス提供方法は、多様なコンピュータ手段によって行うことができるプログラム命令形態で実現され、コンピュータ読み出し可媒体に記録してもよい。前記記録媒体は、プログラム命令、データファイルデータ構造などを単独または組み合わせたものを含んでもよい。前記記録媒体及びプログラム命令は、本発明の目的のために特別に設計して構成されたものでもよく、コンピュータソフトウェア分野の技術を有する当業者にとって公知のものであり使用可能なものであってもよい。コンピュータ読取可能な記録媒体の例としては、ハードディスクフロッピー(登録商標)ディスク及び磁気テープのような磁気媒体CD−ROM、DVDのような光記録媒体フロティカルディスクのような磁気光媒体、及びROM、RAM、フラッシュメモリなどのようなプログラム命令を保存して実行するように特別に構成されたハードウェア装置を含んでもよい。プログラム命令の例としては、コンパイラによって生成されるような機械語コードだけでなく、インタプリタなどを用いてコンピュータによって実行され得る高級言語コードを含む。上述のハードウェア装置は、本発明の動作を行うために1つ以上のソフトウェアモジュールとして作動するように構成してもよく、その逆も同様である。

0050

上述したように本発明を限定された実施形態と図面によって説明したが、本発明は、上記の実施形態に限定されることなく、本発明が属する分野における通常の知識を有する者であれば、このような実施形態から多様な修正及び変形が可能である。

0051

したがって、本発明の範囲は、開示された実施形態に限定されて定められるものではなく、特許請求の範囲及び特許請求の範囲と均等なものなどによって定められるものである。

0052

110、120:ユーザ端末
130:ソーシャルネットワークサービス提供サーバ
140:データベース

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ