図面 (/)

技術 非常用食料となる浮力材およびそれを活用した救命・防災ベスト

出願人 有限会社ツボイファクトリー
発明者 坪井健二
出願日 2016年6月2日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2016-122119
公開日 2017年12月14日 (2年6ヶ月経過) 公開番号 2017-218135
状態 未査定
技術分野 進水、水難救助、水中作業、探査
主要キーワード 防止ベルト 防災意識 災害後 地元住民 伸縮型 避難時間 避難訓練 襟周り
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年12月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

津波を含む水害等の災害発生時において、短時間で人命救助措置を講ずること、および災害発生後の存命に寄与することのできる器具を提供する。

解決手段

非常用食料を内蔵した浮力材であって、前記非常用食料が浮力材として機能するか、または浮力を有する非常用固形食糧であるか、もしくは、前記非常用食料と併せて不活性ガス封入された袋状のものとする浮力材、フローティングベスト太陽電池パネル7、給電口および収納ポケット10を一体化した救命防災ベスト6である。

概要

背景

概要

津波を含む水害等の災害発生時において、短時間で人命救助措置を講ずること、および災害発生後の存命に寄与することのできる器具を提供する。非常用食料を内蔵した浮力材であって、前記非常用食料が浮力材として機能するか、または浮力を有する非常用固形食糧であるか、もしくは、前記非常用食料と併せて不活性ガス封入された袋状のものとする浮力材、フローティングベスト太陽電池パネル7、給電口および収納ポケット10を一体化した救命防災ベスト6である。

目的

FINE JAPAN(ファインジャパン)フローティングベストFV−6001RAVPowerソーラーチャージャー折りたたみ式ソーラーパネルRAVPowerモバイルバッテリーiBUFFALO USB2.0ハブ 5ポートタイプBSH5U03BK



災害大国日本において整備遅れている、短時間で災害時の人命救助の措置を講ずること、および災害発生後の存命に寄与することのできる器具の開発とそれらを適切に配置をすることが課題である

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

非常用食料を内蔵した浮力材であって、前記非常用食料が浮力材として機能するか、または浮力を有する非常用固形食料であるか、もしくは、前記非常用食料と一緒不活性ガス封入された袋状のものであることを特徴とする浮力材。

背景分野

0001

本発明は、災害時の救命および存命を図るベストに関する。

0002

従来の災害対策は、構造物による減災を主たる手段とし、それにより人命救助避難時間の確保)を図っているが、例えば近海大地震が発生した場合、あるいは、想定を超えた大津波などが発生した場合、これらは意味をなさない。
そのため、災害発生から短時間で救命措置を図ることのできるものとして、フローティングベストの大量配置が望まれる。
さらに、災害が収まった後の生存手段として、発電機と食料を併せ持たせることにより、より長期の存命を図ることが可能となる。
また、日常窓際に並べるなどして電源として活用するとともに、防災意識を高める意匠ともなる。
常食は3年に一度の避難訓練消費し、入れ替える。小学生であれば在学中に2回、中高生であれば在学中に1回、非常食体験をすることが可能となる。
沿岸部の学校や公共施設においては、これらの設置を義務づけることにより、災害発生時の子ども地元住民および観光客等、あらゆる人間の安全確保に貢献することを目指す

先行技術

0003

FINE JAPAN(ファインジャパン)フローティングベストFV−6001RAVPowerソーラーチャージャー折りたたみ式ソーラーパネルRAVPowerモバイルバッテリーiBUFFALO USB2.0ハブ 5ポートタイプBSH5U03BK

発明が解決しようとする課題

0004

災害大国日本において整備遅れている、短時間で災害時の人命救助の措置を講ずること、および災害発生後の存命に寄与することのできる器具の開発とそれらを適切に配置をすることが課題である。

課題を解決するための手段

0005

考案は、非常用食料を内蔵した浮力材であって、前記非常用食料が浮力材として機能するか、または浮力を有する非常用固形食糧であるか、もしくは、前記非常用食料と併せて不活性ガス封入された袋状のものとすることによって、上記課題を解決することものである。

0006

また、第2の課題解決手段は、上記非常用食料を内蔵した浮力材、フローティングベスト、太陽電池パネル給電口および収納ポケット一体化した救命兼防災ベストである。

0007

第1の課題解決手段による作用は、水害時の救難用に備蓄される浮力材として、浮力の機能のみならず、災害後に内蔵された食料を取り出すことで、急場の非常食料として機能することができる。

0008

第2の課題解決手段は、上記作用に加え、ベストに一体化したことで、エネルギー供給をも可能とするところにある。

発明の効果

0009

上述したように、本考案に係る浮力材または救命兼防災ベストを学校、職場及び自宅などに常備することにより、津波を含む水害への迅速な救命準備が可能になる。さらに、災害後の生活をサポートすることができる。

図面の簡単な説明

0010

本考案の実施形態を示す浮力材の姿図本考案の実施形態を示すフローティングベストの前側の姿図 本考案の実施形態を示すフローティングベストの後側の姿図 本考案の実施形態を示すフローティングベストの断面図

実施例

0011

以下、本発明の実施の形態を図1ないし4に基づいて説明する。

0012

図1に本考案に係る浮力材の例を示す。その一は、食料となる浮力材1を保護フィルム2でくるんだものである。食料となる浮力材1は、浮力を有する非常用固形食料が好ましい。多数の気泡を含むことで実現できる。その一は、浮袋3の中に、非常用食料4および不活性ガス5を充填することで浮力材とするものである。この場合、非常用食料4が水に対して浮力を有する必要はないが、浮力を有する食料であることが望ましい。

0013

図2に本考案に係る救命兼防災用ベストの一例を示す。
ベスト本体6は布またはメッシュなどの柔らかく軽量なものとする。
図3に示すように、ベスト本体6の背面には、太陽電池パネル7を配置し、図2に示すようにベスト本体6の前面には、バッテリ等の収納ポケット10を配置することができる。
ベスト本体6内側には、浮力材を収納するポケット7を配置することができる。
ベスト本体6前面数箇所に電源用USBポートを配置することができる。
必要に応じて、ベストの襟周りに浮袋または伸縮型頭部保護材を取り付けることができる。

0014

図4に救命兼防災用ベストのA−A断面図を示す。本断面図ではベスト本体6内側側に浮力材収納ポケット10を、ベスト本体6内側前側および背側に太陽電池7を配置している。

0015

本考案にかかる浮力材や救命兼防災用ベストを学校や職場、自宅ほか、非難集合場所等に備蓄することで緊急時に水害に即時対応することができ、災害後の食糧確保にも寄与することが期待できる。

1食料となる浮力材
2保護フィルム
3浮袋
4非常用食料
5不活性ガス
6ベスト本体
7太陽電池パネル又は太陽電池パネル付ポケット
8USBポート
9 浮袋または頭部保護具収納袋
10 収納袋
11 股抜け防止ベルト
12 浮力材収納ポケット
13バッテリーなどの非常用器具または装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アミューザジャパンの「 潜水艇」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】開閉可能なキャノピーを有しつつも、潜水開始時に浸水してしまうことのない潜水艇を提供すること。【解決手段】搭乗スペース4と外部とを隔てる開閉可能なキャノピー2と、搭乗スペース内に設けられた蓄圧器... 詳細

  • 山田孝太郎の「 連結型の万能マット」が 公開されました。( 2020/04/23)

    【課題】 マットが半分に折れて水に浮きマット同士が限りなく連結可能で形を作れる、防災用にレジャー面に人命救助に多目的で使える連結型の万能マットを提供する。【解決手段】 マットカバー(2)の中央... 詳細

  • 三井E&S造船株式会社の「 水中航走体、水中航走体の展開回収システム、及び水中航走体の展開回収方法」が 公開されました。( 2020/04/16)

    【課題】簡易に展開及び回収することができる水中航走体、水中航走体の展開回収システム、及び水中航走体の展開回収方法を提供する。【解決手段】水中航走体1の本体部1Aと浮体部1Bとを一体化した状態で水中航走... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ