図面 (/)

技術 乗物内装品の表皮及びその製造方法

出願人 トヨタ紡織株式会社ナトコ株式会社
発明者 阿部咲乃竹内民味恵尾形好美藤井孝三
出願日 2016年5月27日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2016-106111
公開日 2017年11月30日 (3年0ヶ月経過) 公開番号 2017-210183
状態 特許登録済
技術分野 車両用座席 マットレス,及びいす,ベッドに関するその他
主要キーワード 艶出し材 同形同寸 反射ビーズ 素材自身 自己治癒 意匠体 UV硬化塗料 シート上下
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

表皮感触を極力損なうことなく、意匠面上の意匠体を好適に保護することにある。

解決手段

乗物内装品の意匠面を構成するとともに、意匠面上に設けられている意匠体20を備えた乗物内装品の表皮6Sにおいて、可撓性を備えた保護層30が意匠体20上に設けられているとともに、意匠体20の存在が保護層30を通して目視で確認可能とされている。

概要

背景

この種の乗物内装品においては、意匠性向上の観点から、意匠面を構成する表皮に、表皮の外観とは異なる外観を有する意匠体を設け、この意匠体を目視可能な位置に配置していることがある。そしてこの種の意匠体は、例えば人目につきやすい乗物内装品の部位に配置されるため、他部材との接触が避けられないものであった。例えば乗物内装品としての乗物用シートの表皮に意匠体を設ける場合、典型的には人目につきやすい乗物用シートの着座側に配置する。しかしそうすると乗員の着座動作乗降動作時に、乗員から受ける摩擦によって意匠体が表皮から剥離するおそれがあった。

そこで特許文献1に開示の自動車用座席では、座席背部を構成する基部と、表面の透明樹脂層の間に、意匠体に相当する樹脂製の表示シート介装されている。こうして透明樹脂層によって、表示シートを保護することにより、他部材との接触が原因となる意匠体の剥離を回避することができる。

概要

表皮の感触を極力損なうことなく、意匠面上の意匠体を好適に保護することにある。乗物内装品の意匠面を構成するとともに、意匠面上に設けられている意匠体20を備えた乗物内装品の表皮6Sにおいて、可撓性を備えた保護層30が意匠体20上に設けられているとともに、意匠体20の存在が保護層30を通して目視で確認可能とされている。

目的

本発明は上述の点に鑑みて創案されたものであり、本発明が解決しようとする課題は、表皮の感触を極力損なうことなく、意匠面上の意匠体を好適に保護することにある

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

乗物内装品意匠面を構成するとともに、前記意匠面上に設けられている意匠体を備えた乗物内装品の表皮において、可撓性を備えた保護層が前記意匠体上に設けられているとともに、前記意匠体の存在が前記保護層を通して目視で確認可能とされている乗物内装品の表皮。

請求項2

前記表皮が、前記意匠体が設けられている第一領域と、前記意匠体が設けられていない第二領域とを有しているとともに、前記保護層が、前記第一領域にのみ設けられている請求項1に記載の乗物内装品の表皮。

請求項3

乗物内装品の意匠面を構成するとともに、前記意匠面上に設けられている意匠体を備えた乗物内装品の表皮の製造方法において、前記表皮に、前記意匠体が設けられている第一領域と、前記意匠体が設けられていない第二領域とを設け、可撓性を備えた保護層を前記意匠体上に設けて、前記意匠体の存在を、前記保護層を通して目視で確認可能とするに際して、前記第一領域又は前記意匠体にのみ、前記保護層を形成可能な流動性を備えた薬剤を付与して、前記薬剤が固化してなる前記保護層を前記意匠体上に形成する乗物内装品の表皮の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、乗物内装品意匠面を構成する表皮及びその製造方法に関し、詳しくは、意匠面上に設けられている意匠体と、この意匠体上に設けられた保護層とを備えた乗物内装品の表皮及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

この種の乗物内装品においては、意匠性向上の観点から、意匠面を構成する表皮に、表皮の外観とは異なる外観を有する意匠体を設け、この意匠体を目視可能な位置に配置していることがある。そしてこの種の意匠体は、例えば人目につきやすい乗物内装品の部位に配置されるため、他部材との接触が避けられないものであった。例えば乗物内装品としての乗物用シートの表皮に意匠体を設ける場合、典型的には人目につきやすい乗物用シートの着座側に配置する。しかしそうすると乗員の着座動作乗降動作時に、乗員から受ける摩擦によって意匠体が表皮から剥離するおそれがあった。

0003

そこで特許文献1に開示の自動車用座席では、座席背部を構成する基部と、表面の透明樹脂層の間に、意匠体に相当する樹脂製の表示シート介装されている。こうして透明樹脂層によって、表示シートを保護することにより、他部材との接触が原因となる意匠体の剥離を回避することができる。

先行技術

0004

登録実用新案第3008497号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで公知技術では、座席の背部を構成する基部と、表面の透明樹脂層の間に、意匠体に相当する樹脂製の表示シートが介装されている。このように座席の背部に意匠体を設ける場合には、表示シートに対する保護性能向上の観点から、硬い透明樹脂層を用いることができる。しかし乗員が頻繁に接触する位置に意匠体が配置されている場合、実質的に撓まない硬い透明樹脂層を用いると、意匠体の設けられている表皮部分感触極端に硬くなるなどして異物感が発生することが懸念される。このため公知技術の構成は、意匠体を配置する部位が限られるなどして、やや汎用性に欠ける構成となりがちであった。本発明は上述の点に鑑みて創案されたものであり、本発明が解決しようとする課題は、表皮の感触を極力損なうことなく、意匠面上の意匠体を好適に保護することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するための手段として、第1発明の乗物内装品の表皮は、乗物内装品の意匠面を構成するとともに、意匠面上に設けられている意匠体を備えている。この種の構成においては、意匠面上の意匠体を好適に保護できることが望ましい。そこで本発明では、可撓性を備えた保護層が意匠体上に設けられているとともに、意匠体の存在が保護層を通して目視で確認可能とされている。本発明では、可撓性を備えた保護層によって、表皮の感触を極力損なうことなく、意匠体を好適に保護することができる。

0007

第2発明の乗物内装品の表皮は、第1発明の乗物内装品の表皮において、表皮が、意匠体が設けられている第一領域と、意匠体が設けられていない第二領域とを有しているとともに、保護層が、第一領域にのみ設けられている。本発明では、第一領域の意匠体を保護層で保護しつつ、意匠体と保護層が設けられていない第二領域において表皮自体を露出させておくことができる。

0008

第3発明の乗物内装品の表皮の製造方法は、乗物内装品の意匠面を構成するとともに、意匠面上に設けられている意匠体を備えた乗物内装品の表皮の製造方法である。本発明では、表皮に、意匠体が設けられている第一領域と、意匠体が設けられていない第二領域とが設けられる。そして可撓性を備えた保護層を意匠体上に設けて、意匠体の存在を、保護層を通して目視で確認可能とする。このとき本発明では、第一領域又は意匠体上にのみ、保護層を形成可能な流動性を備えた薬剤を付与して、薬剤が固化してなる保護層を意匠体上に形成する。本発明では、第一領域の意匠体を保護層で保護しつつ、第二領域において表皮自体を露出させておく。このとき保護層となる流動性を備えた薬剤を第一領域又は意匠体上にのみ付与することにより、保護層を、より確実に第一領域にのみ形成することができる。

発明の効果

0009

本発明に係る第1発明によれば、表皮の感触を極力損なうことなく、意匠面上の意匠体を好適に保護することができる。また第2発明によれば、表皮の感触をより好適に損なうことなく、意匠体を好適に保護することができる。そして第3発明によれば、表皮の感触をより好適に損なうことなく、保護層を適宜の位置に設けて、意匠面上の意匠体を好適に保護することができる。

図面の簡単な説明

0010

乗物用シートの斜視図である。
乗物用シートの別角度の斜視図である。
シートカバー一部の断面図である。
変形例にかかるシートカバー一部の断面図である。
実施例2にかかる乗物用シートの斜視図である。
実施例2にかかるシートカバー一部の断面図である。
実施例3にかかる乗物用シートの正面図である。
実施例3にかかるシートカバー一部の断面図である。
実施例3の変形例にかかるシートカバー一部の断面図である。

実施例

0011

以下、本発明を実施するための形態を、図1図9を参照して説明する。各図には、便宜上、乗物用シートの前後方向と左右方向と上下方向を示す矢線を適宜図示することがある。図1の乗物用シート2は、乗物内装品の一例であり、シートクッション4と、シートバック6と、ヘッドレスト8を有する。これらシート構成部材は、各々、シート骨格をなすシートフレーム(4F,6F,8F)と、シート外形をなすシートパッド(4P,6P,8P)と、シートパッドを被覆するシートカバー(4S,6S,8S)を有する。本実施例では、シートクッション4の後部にシートバック6の下部が起倒可能に連結するとともに、起立状態のシートバック6の上部にヘッドレスト8が配設される。

0012

ここでシートバック6の前側の意匠面は、図1を参照して、天板メイン部6aと、左右の天板サイド部6bと、左右のカマチ部6cに区分けできる。天板メイン部6aは、シート幅方向におけるシートバック6の中央部分であり、乗員の背凭れが可能な幅寸法シート上下方向に延びている。また天板メイン部6aの左右両側には、それぞれ天板メイン部6aよりも前方に突出する天板サイド部6bが設けられており、これら左右の天板サイド部6bによってカーブ走行時などの旋回時に乗員側部を支持できる。そしてカマチ部6cは、シート幅方向におけるシートバック6の左右の側面をなす面である。

0013

またシートクッション4の前側の意匠面も、図1を参照して、天板メイン部4aと、天板サイド部4bと、カマチ部4cに区分けできる。天板メイン部4aは、シート幅方向におけるシートクッション4の中央部分であり、乗員の着座が可能な幅寸法でシート前後方向に延びている。また天板メイン部4aの左右両側には、それぞれ天板メイン部4aよりも上方に突出する天板サイド部4bが設けられており、これら左右の天板サイド部4bによってカーブ走行時などの旋回時に乗員側部を支持できる。そしてカマチ部4cは、シート幅方向におけるシートクッション4の左右の側面をなす面である。

0014

<実施例1>
各シートカバー4S,6S,8Sは、それぞれシートの意匠面を構成する面材であり、布帛織物編物,不織布)や皮革天然皮革合成皮革)で構成されている。そして図1及び図2を参照して、各シートカバー4S,6S,8Sの意匠面の適所には対応する意匠体群20A〜20Gが設けられており、各意匠体群20A〜20Gは、それぞれ複数の意匠体20(詳細後述)で構成されている(図1及び図2では、便宜上、一つの意匠体群を構成する意匠体にのみ符号20を付す)。例えばシートバック6では、左側(右側)のカマチ部6cの間に意匠体群20A(20B)が設けられており、天板メイン部6aの上部にも一対の意匠体群20C,20Dが設けられている。またシートクッション4では、右側のカマチ部4cに意匠体群20Eが設けられている。そしてヘッドレスト8では、前面に意匠体群20Fが設けられており、左側面にも意匠体群20Gが設けられている。こうして本実施例では、各シートカバー4S,6S,8Sの人目につきやすい部位に、対応する意匠体群20A〜20Gを設けて意匠性の向上を図っている。

0015

ところで各意匠体群20A〜20Gは、上述したように人目につきやすい部位に配置されるため、他部材との接触が避けられないものであった。例えば乗物用シート2においては、各意匠体群20A〜20Gが、乗員の着座動作や乗降動作時などに他部材としての乗員に接し、このときの乗員との摩擦によって対応するシートカバー4S,6S,8Sから剥離するおそれがあった。もっとも公知技術のように、硬い透明樹脂層などで各意匠体20を保護することもできるが、そうすると各シートカバー4S,6S,8Sの感触が部分的に損なわれてしまう。そこで本実施例では、後述する保護層30によって、各シートカバー4S,6S,8Sの感触を極力損なうことなく、各意匠体群20A〜20Gを構成する各意匠体20を好適に保護することとした。ここで各意匠部群20A〜20Gは略同一の基本構成を有するため、以下に、シートバック6の右側の天板サイド部6bに設けた意匠体群20Aを一例にその詳細を説明することとする。

0016

[意匠体]
天板サイド部6bの意匠体群20Aでは、図1を参照して、複数の意匠体20が、上下方向に等間隔で設けられており、これら複数の意匠体20は、いずれも同一構成の再帰性反射材で構成されている。例えば天板サイド部6bで最も上方に配置する意匠体20を一例に説明すると、この意匠体20は、図3を参照して、基材21と、この基材21上に固定された複数の反射ビーズ22で構成されている。基材21は、可撓性を備えた略矩形シート材であり、各種の樹脂にて構成することができる。また複数の反射ビーズ22は、例えばφ20μm〜40μmの透明な球レンズガラスビーズなど)であり、基材21上に接着された状態でカレンダー加工などの手法で埋込状に一体化されている。そして各意匠体20は、シートの意匠性を考慮して、後方から前方に向かうにつれて次第に下方に向かう傾斜状態とされてシートカバー6Sに一体化されており、さらに後述する保護層30で覆われている。

0017

ここでシートカバー6Sに対する各意匠体20の一体化の手法は特に限定しないが、各意匠体20を、図3を参照して、それぞれシートカバー6Sに接着材24を介して一体化することができる。例えば反射ビーズ22が一体化されている基材21の原材(図示省略)を用意し、この原材から意匠体20を個別に型抜きする。つぎに各意匠体20を、接着材24を介してシートカバー6Sの適宜の位置に配置する。この状態で図示しないウェルド装置にて接着材24を溶融させたのち固化させることで、各意匠体20を、接着材24を介してシートカバー6Sに一体化することができる。また別の手法として、反射ビーズ22が一体化されている基材21の原材を、そのまま接着材24を介してシートカバー6Sの適宜の位置に配置する。この状態で溶断可能なウェルド装置にて、各意匠体20だけをシートカバー6Sに一体化すると同時に、残りの原材部分を、各意匠体20から溶断して除去しておくこともできる。

0018

[保護層]
保護層30は、図3を参照して、適度な可撓性を備えた層であり、意匠体20を覆うようにシートカバー6Sに設けることができる。この保護層30は、光透過性を備えた透明又は半透明の層であり、この保護層30を通して意匠体20の存在を目視で確認できる。この種の保護層30の素材として、ポリウレタン樹脂アクリル樹脂ポリ塩化ビニルPVC)樹脂、ポリエステル樹脂オレフィン系樹脂を例示できる。なかでも好適な耐熱性を備えて黄変しにくいポリウレタン樹脂や、強度に優れて破断しにくいアクリル樹脂が保護層30の素材として望ましい。また保護層30の素材として、擦傷打痕傷などの傷を受けにくく、さらに打痕傷が自然に修復される自己修復性能を備えた素材を用いることが好ましい。この種の自己修復性能を備えた素材として、アクリル系やウレタン系の架橋構造を有する樹脂を例示でき、この種の素材では、素材自身復元力により、打痕傷によってできた凹みが自然に元にもどりやすいことが知られている。

0019

ここで保護層30の形成手法は特に限定しないが、例えば保護層30を形成可能な流動性を備えた液状又はゲル状の薬剤を用いることができ、この種の薬剤として、ナトコ社製の商品名:自己治癒(登録商標クリアーNo.100の薬剤を例示できる。そして図3を参照して、シートカバー6Sに各意匠体20を一体化したのち、このシートカバー6Sの略全面に薬剤を付与する。そして薬剤が硬化(固化)することにより、各意匠体20を含むシートカバー6Sの略全面上に保護層30が形成され、この保護層30によって各意匠体20を保護することができる。なお薬剤の付与方法として、スプレー刷毛による塗布、含浸スクリーンプリント等の印刷などの各種手法を例示できる。

0020

[変形例]
ここで保護層30は、シートカバー6Sの略全面に形成する場合のほか、シートカバー6Sの一部にのみ形成することもできる。例えば本変形例では、図4を参照して、シートカバー6Sに、意匠体20が設けられている第一領域A1と、意匠体20が設けられていない第二領域A2とを設ける。そして可撓性を備えた保護層30を意匠体20上に設けて、意匠体20の存在を、保護層30を通して目視で確認可能とする。このとき第一領域A1又は意匠体20上にのみ、保護層30を形成可能な流動性を備えた薬剤を付与し、薬剤が固化してなる保護層30を意匠体20上に形成する。

0021

例えば上述した基材21の原材から意匠体20を個別に型抜きし、この段階の各意匠体20に薬剤を付与する。こうして予め保護層30の形成された意匠体20を、接着材24を介してシートカバー6Sに一体化する。こうすることでシートカバー6Sに、第一領域A1と第二領域A2を形成するとともに、第一領域A1に設けられた意匠体20上にのみ保護層30を積層状に設けることができる。このように本変形例では、第一領域A1の意匠体20を保護層30で保護しつつ、第二領域A2においてシートカバー6S自体を露出させておく。このとき保護層30となる流動性を備えた薬剤を意匠体20上にのみ付与することにより、保護層30を、より確実に第一領域A1にのみ形成することができる。また別の手法として、基材21の原材に薬剤を付与して、原材の略全面に保護層30を形成する。この状態で原材を、接着材24を介してシートカバー6Sの適宜の位置に配置する。そして溶断可能なウェルド装置にて、保護層30の形成された各意匠体20だけをシートカバー6Sに一体化すると同時に、残りの原材部分を、各意匠体20から溶断して除去しておくこともできる。

0022

[シートカバーの使用]
そして図1を参照して、各シートカバー4S,6S,8Sを、対応するシートパッドに被せることで、各シートカバー4S,6S,8Sによってシートの意匠面が構成される。そして各意匠体群20A〜20Gを構成する各意匠体20が、人目につきやすいシートカバー部分に配置されることで、各シートカバー4S,6S,8Sの意匠性が向上している。そして本実施例では、各保護層30によって各意匠体20が覆われることにより、乗員の着座動作や乗降動作時などにおいて乗員との摩擦によって各意匠体20が剥離することが防止又は低減されている。そして乗物用シート2に乗員が着座した際には、各シートカバー4S,6S,8Sが適度に撓みながら乗員を支持する。このとき各意匠体20を覆う保護層30が適度な可撓性を有し、シートカバー6Sとともに適度に撓み変形するため、保護層30が原因の違和感(異物感)などが極力生じない構成とされている。さらに変形例のように第二領域A2からシートカバー6Sがそのまま露出する構成では、第二領域A2において、シートカバー6S自体が有する感触を乗員に感じさせることができる。

0023

以上説明したとおり本実施例では、可撓性を備えた保護層30によって、各シートカバー4S,6S,8Sの感触を極力損なうことなく、意匠体20を好適に保護することができる。このため本実施例によれば、各シートカバー4S,6S,8Sの感触を極力損なうことなく、意匠面上の意匠体20を好適に保護することができる。また変形例においては、第一領域A1の意匠体20を保護層30で保護しつつ、意匠体20と保護層30が設けられていない第二領域A2において各シートカバー4S,6S,8S自体を露出させておく。こうすることで第二領域A2において、各シートカバー4S,6S,8S自体の感触を乗員に感じさせることができる。さらに保護層30の形成過程において、保護層30となる流動性を備えた薬剤を第一領域A1又は意匠体20上にのみ付与することにより、保護層30を、より確実に第一領域A1にのみ形成することができる。

0024

<実施例2>
実施例2では、実施例1の構成部材とほぼ同一の基本構成を備える構成については、対応する符号を付す等して詳細な説明を省略する。実施例2では、図5を参照して、シートバック6の右側のカマチ部6cに意匠体群21Aが設けられており、この意匠体群21Aは、複数の意匠体21aで構成されている(図5では、便宜上、一つの意匠体にのみ符号21aを付す)。そして図6を参照して、各意匠体21aが、それぞれ後述の金属蒸着フィルム材で構成され且つエンボス加工などの手法にてシートカバー6Sに凹設されて一体化されている点が実施例1と異なっている。

0025

複数の意匠体21aは、いずれも同一構成の金属蒸着フィルム材で構成されている。例えば最も上方に配置する意匠体21aを一例に説明すると、この意匠体21aは、図6を参照して、各種金属蒸着された略矩形のシート材で構成されており、適度な可撓性を有している。ここで蒸着すべき金属は特に限定しないが、アルミニウム、金、銀、銅、白金マグネシウム亜鉛、錫、ニッケルチタンなどの各種金属(各金属の酸化物炭化物や窒化物を含む)を例示できる。なお各意匠体21aの外形は、便宜上、略正方形とされているが、それぞれ文字を模した外形形状を有していてもよい。例えば特定の文字を模した各意匠体21aを、シート上下方向に適宜の間隔で配置しておくことで、意匠体群20A全体で、意味のある文字配列表現することもできる。

0026

またシートカバー6Sに対する各意匠体21aの一体化の手法は特に限定しないが、各意匠体21aを、図6を参照して、それぞれシートカバー6Sに接着材26を介して一体化することができる。例えば各意匠体21aを含む原材を、接着材26を介してシートカバー6Sの適宜の位置に配置する。この状態で図示しない熱プレス装置にて、原材を、シートカバー6Sに押し付けながら、接着材24を溶融させたのち固化させることでシートカバー6Sに接着する。このとき各意匠体21aだけをシートカバー6Sに接着すると同時に、残りの原材部分を、各意匠体21aからカットして除去しておくこともできる。なお原材のプレス面には、蒸着された金属の剥離を防止する観点から、剥離材を貼着しておくことが望ましい。つぎに高周波ウェルダー装置を用いて、シートカバー6Sに各意匠体21aを強く押し付けることで(エンボス加工を施すことで)、これら各意匠体21aを、シートカバー6Sに凹設することができる。さらにスクリーンプリント用の版を用いて、シートカバー6Sの凹設部分にのみ薬剤を付与することにより、第一領域A1の意匠体20上にのみ保護層30を形成することができる。そして上述の手法によれば、原材のカットと接着を同時に行うことができるため、シートカバー6Sに対する各意匠体21aの柄ズレが起こりにくい。また予め意匠体21aを原材から切り出す必要がないため、シートの作製工程やコスト低減に資する構成となる。

0027

こうして本実施例においても、可撓性を備えた保護層30によって、シートカバー6Sの感触を極力損なうことなく、各意匠体21aを好適に保護することができる。特に本実施例では、各意匠体21aを、シートカバー6Sに凹設したため、蒸着された金属部分が破損しにくい構成とされている。

0028

<実施例3>
実施例3では、実施例1の構成とほぼ同一の基本構成を備える構成については、対応する符号を付す等して詳細な説明を省略する。実施例3では、図7を参照して、刷毛模様をなす意匠体22Aが、シートクッション4とシートバック6の意匠面に跨って設けられている。そして図8を参照して、意匠体22Aが、可撓性を備えた塗膜層で構成されている点が実施例1と異なっている。この意匠体22Aとしての塗膜層は、UV(紫外線硬化塗料ラッカー、常乾塗料水系塗料粉体塗料熱硬化塗料により形成でき、本実施例においては、UV硬化塗料を用いたスクリーンプリントにより、意匠体22Aとしての塗膜層が形成されている。

0029

そして意匠体22Aが保護層30にて覆われており、この保護層30は、図8を参照してシートカバー6Sの略全面に形成でき、また図9を参照してシートカバー6Sの第一領域A1にのみ形成することもできる。そして実施例3では、保護層30に、艶出し材ラメ材を含めておくことができる。こうすることで保護層30を通して意匠体20の存在を目視した際に、意匠層22Aの柄と保護層30の柄が重なっているような多層感のある柄を呈することとなり、さらに意匠性が向上することとなる。こうして本実施例においても、可撓性を備えた保護層30によって、シートカバー6Sの感触を極力損なうことなく、意匠体22Aを好適に保護することができる。

0030

本実施形態の乗物内装品の表皮は、上述した実施形態に限定されるものではなく、その他各種の実施形態を取り得る。例えば本実施形態では、意匠体群20A〜20G及び意匠体20等の構成(形状,寸法,配置位置,配置数など)を例示したが、これらの構成を限定する趣旨ではない。例えば各意匠体群を構成する意匠体は、全て同形同寸であっても良く、形状や寸法が異なっていてもよい。また各実施例と変形例の構成を適宜組み合わせて用いることができる。また意匠体として、蓄光材混入された発光可能な樹脂シートなどを用いることができる。

0031

また本実施形態では、保護層30の構成(形状,寸法,配置位置など)を例示したが、保護層の構成を限定する趣旨ではない。例えば発光可能な意匠体を用いる場合には、意匠体の発光を目視で確認でき且つ蓄光材の蓄光許容できる限り、不透明な保護層を用いることもできる。

0032

また変形例等では、シートカバーに第一領域A1と第二領域A2を形成する例を説明した。第一領域は、各意匠体の外形に倣った領域でもよく、各意匠体よりも面方向に若干広い領域であってもよい。例えば実施例3において、刷毛模様をなす意匠体22Aの外形を網羅する第一領域を設定し、意匠体の刷毛と刷毛の間に配置するシートカバー部分にも保護層を形成しておくことができる。

0033

また本実施形態では、乗物内装品として、乗物用シート2を例示したが、乗物内装品の種類を限定する趣旨ではない。乗物内装品は、乗物室内に配置され且つ表皮を備えた部材であればよく、ドア部やインストルメントパネル天井部やコンソールなどの各種部材を例示できる。また乗物用シートにおいては、シートクッションやシートバックやヘッドレストのほか、アームレスト等の各種シート構成部材のシートカバーに本実施形態の構成を適用できる。そして乗物内装品に応じて、表皮の構成を適宜変更することができ、さらに意匠体群や意匠体の配置位置も適宜変更することができる。そして本実施形態の構成は、車両や航空機電車などの乗物に搭載される乗物内装品に適用できる。

0034

2乗物用シート
4シートクッション
6シートバック
8ヘッドレスト
4S,6S,8Sシートカバー
4a,6a天板メイン部
4b,6b 天板サイド部
4c,6cカマチ部
20A〜20G意匠体群
20 意匠体
21基材
22反射ビーズ
24接着材
30 保護層
A1 第一領域
A2 第二領域
21A 実施例2の意匠体群
21a 実施例2の意匠体
26 実施例2の接着材
22A 実施例3の意匠体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ