図面 (/)

技術 料金式精米設備

出願人 井関農機株式会社
発明者 岩井通和加茂吉博森泰一高橋努越智輝久
出願日 2017年7月18日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2017-138967
公開日 2017年11月24日 (1年9ヶ月経過) 公開番号 2017-205762
状態 特許登録済
技術分野 穀粒の調整加工処理 自動賃貸装置
主要キーワード 展開線 有無検出センサー 連係制御 稼動制御 非接触検出 モニタ表示器 所定残量 機器条件
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

携帯電話等の携帯情報端末を利用して利便性を向上させた料金式精米設備を提供する。

解決手段

建屋内精米機4と利用者が入る客室部を備え、料金を投入して玄米精米処理する料金式精米設備において、精米機4の稼働状況を管理するシステムと、利用者が所有する携帯情報端末と連携可能に構成し、システムは、精米機4が精米作動中であるか否かを携帯情報端末に連絡可能に構成した。

概要

背景

特許文献1に記載のように、設定された決済額と対応する範囲内で投入玄米の自動精米を行う料金式精米設備が知られている。この料金式精米設備は、コイン投入または携帯電話等の非接触ICチップ担体による電子マネー決済を可能とし、特に携帯電話による決済の場合にあっても、コイン単位の課金処理のために携帯電話を常に決済部にかざす煩わしい操作を要することなく、携帯電話を所定のトレー上に載せておくことで、投入玄米を最後まで精米することができる。

概要

携帯電話等の携帯情報端末を利用して利便性を向上させた料金式精米設備を提供する。建屋内精米機4と利用者が入る客室部を備え、料金を投入して玄米精米処理する料金式精米設備において、精米機4の稼働状況を管理するシステムと、利用者が所有する携帯情報端末と連携可能に構成し、システムは、精米機4が精米作動中であるか否かを携帯情報端末に連絡可能に構成した。

目的

請求項1に係る発明は、
建屋内に精米機(4)と利用者が入る客室部を備え、料金を投入して玄米を精米処理する料金式精米設備において、
精米機(4)の稼働状況を管理するシステムと、利用者が所有する携帯情報端末(23)と連携可能に構成し、
前記システムは、精米機(4)が精米作動中であるか否かの情報を前記携帯情報端末(23)に提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

建屋内精米機(4)と利用者が入る客室部を備え、料金を投入して玄米精米処理する料金式精米設備において、精米機(4)の稼働状況を管理するシステムと、利用者が所有する携帯情報端末(23)と連携可能に構成し、前記システムは、精米機(4)が精米作動中であるか否かの情報を前記携帯情報端末(23)に提供することを特徴とする料金式精米設備。

請求項2

精米機(4)が精米作動中である場合に、精米作動の終了までの残り時間の情報を携帯情報端末に提供することを特徴とする請求項1記載の料金式精米設備。

請求項3

前記システムは複数の前記建屋の位置状況を把握する手段を備え、ある建屋の精米機(4)が精米作動中の場合に、精米作動中でない別の建屋への案内情報を携帯情報端末に提供することを特徴とする請求項1又は請求項2記載の料金式精米設備。

請求項4

客室部にはカメラを備え、該カメラを介して利用者の有無又及び精米作動中か否かの情報を携帯情報端末に提供することを特徴とする請求項1から請求項3いずれかに記載の料金式精米設備。

請求項5

客室部には、携帯情報端末(23)で読み取るための二次元コード画像(22)を表示する表示手段(21)を備え、前記表示手段(21)により表示した二次元コード画像(22)を読み取った携帯情報端末(23)に、携帯情報端末(23)の現在地から料金式精米設備までの行き方を案内する案内情報、客室における利用者の有無に関する情報及び精米機(4)が稼働している場合の精米運転終了までの残り時間に関する情報を提供可能としたことを特徴とする請求項1から請求項4いずれかに記載の料金式精米設備。

技術分野

0001

本発明は、事前設定による決済料金分の範囲で投入玄米の自動精米を行う料金式精米設備に関するものである。

背景技術

0002

特許文献1に記載のように、設定された決済額と対応する範囲内で投入玄米の自動精米を行う料金式精米設備が知られている。この料金式精米設備は、コイン投入または携帯電話等の非接触ICチップ担体による電子マネー決済を可能とし、特に携帯電話による決済の場合にあっても、コイン単位の課金処理のために携帯電話を常に決済部にかざす煩わしい操作を要することなく、携帯電話を所定のトレー上に載せておくことで、投入玄米を最後まで精米することができる。

先行技術

0003

特開2011−88123号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の目的は、携帯電話等の携帯情報端末を利用して料金式精米設備の利便性を向上させることにある。

課題を解決するための手段

0005

請求項1に係る発明は、
建屋内精米機(4)と利用者が入る客室部を備え、料金を投入して玄米精米処理する料金式精米設備において、
精米機(4)の稼働状況を管理するシステムと、利用者が所有する携帯情報端末(23)と連携可能に構成し、
前記システムは、精米機(4)が精米作動中であるか否かの情報を前記携帯情報端末(23)に提供することを特徴とする料金式精米設備とする。

0006

請求項2に係る発明は、請求項1に係る発明において、
精米機(4)が精米作動中である場合に、精米作動の終了までの残り時間の情報を携帯情報端末に提供することを特徴とする。

0007

請求項3に係る発明は、請求項1または請求項2に係る発明において、
前記システムは複数の前記建屋の位置状況を把握する手段を備え、ある建屋の精米機(4)が精米作動中の場合に、精米作動中でない別の建屋への案内情報を携帯情報端末に提供することを特徴とする。

0008

請求項4記載の発明は、請求項1から請求項3に係る発明において、
客室部にはカメラを備え、該カメラを介して利用者の有無又及び精米作動中か否かの情報を携帯情報端末に提供することを特徴とする。

0009

請求項5記載の発明は、請求項1から請求項4に係る発明において、
客室部には、携帯情報端末(23)で読み取るための二次元コード画像(22)を表示する表示手段(21)を備え、
前記表示手段(21)により表示した二次元コード画像(22)を読み取った携帯情報端末(23)に、携帯情報端末(23)の現在地から料金式精米設備までの行き方を案内する案内情報、客室における利用者の有無に関する情報及び精米機(4)が稼働している場合の精米運転終了までの残り時間に関する情報を提供可能としたことを特徴とする。

発明の効果

0010

本発明により、料金式精米設備利用者の利便性を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0011

自動精米システムの構成例のシステム構成
精米装置の精米処理系統展開線
客室部の操作パネル見取図
自動精米システムの運転制御フローチャート
コイン決済による運転制御のフローチャート
運転設定部の見取図(a)および白度設定スイッチ(b)
稼働状況管理システムによるモニタ表示

実施例

0012

上記技術思想に基づいて具体的に構成された実施の形態について以下に図面を参照しつつ説明する。

0013

自動精米システム1は、その構成例のシステム構成図を図1に示すように、投入玄米を受けて精白するまでの機器1式からなる精米装置Aと、精米装置Aの各機器を条件に応じて連係制御する制御装置Bと、精米装置Aの運転条件を設定するための運転設定部Cと、精米料金を処理するための課金決済装置Dとから構成される料金式精米設備である。そして、この自動精米システムは建屋内に収容される構成である。

0014

詳細に説明すると、精米装置Aは、図2の精米処理系統展開線図に示すように、投入された玄米を受けて所定量の繰出しをする投入ホッパ2、玄米中の石等の異物を除去選別する石抜機3、玄米を精白する精米機4、精白米払い出し用白米タンク5、それぞれの間を接続する昇降機6等により、玄米を精白するように構成する。投入ホッパ2には、投入規制用の扉2aと、投入ホッパ2内の玄米の有無を検出する玄米有無検出センサー2bと、投入ホッパ2内の玄米を繰出すロータリバルブ2cを備える。

0015

制御装置Bは、利用条件機器条件等の各種の条件に応じて投入玄米を精白するべく、自動精米システム1の各機器の稼動制御機能を備え、特に、後述のように、携帯電話による電子決済適合する制御機能を設けて構成する。

0016

運転設定部Cは、図3の客室部の操作パネル見取図に示すように、利用条件を設定するためのスイッチボタン、例えば、精白度を指定する「上白」、「標準」、「8ぶ」等のスイッチボタン群等からなり、制御装置Bにより条件に沿って精米装置Aが制御される。

0017

また、課金決済装置Dは、コイン投入口11aと釣銭払出部11bを備える現金決済部D1のほかに、携帯電話やICカード等の近接型非接触ICチップを組み込んだ近接型非接触ICチップ担体Kについて近接型非接触通信によってメモリデータ入出力を行う非接触検出体による読み取り部7を備える電子マネー決済部D2を設けて構成する。

0018

(運転制御)
自動精米システム1の運転制御は、そのフローチャートを図4に示すように、電子マネー決済の場合において、コイン投入の判定ステップ1(以下において「S1」の如く略記する。)による後述のコイン投入の場合を除き、案内に沿って料金設定(S2a)、決済スイッチ操作(S2b)、携帯電話決済(S2c)、玄米投入部開扉(S2d)、玄米投入(S2e)、精白度設定(S2f)を条件に精米運転開始(S2g)によって電子マネーによる決済分の精米に入り、投入玄米が尽きるまでの間について、投入玄米量の残量判定(S3)により、所定残量以下の場合は、終了工程(S3a)で残米の精米処理を行い精米運転停止(S3b)を行う。

0019

具体的には、携帯電話での決済を所望する利用者はまず料金設定に対応するスイッチ(後述の押しボタンスイッチ12)を操作する。すると決済スイッチ(後述の押しボタンスイッチ12a)が点灯し、利用者が決済スイッチを押して携帯電話を非接触検出体による読み取り部7にかざすと投入扉2aが開き、玄米の投入ホッパ2への投入が可能となると共に精白度設定スイッチ(後述の押しボタンスイッチ12)が点灯する。そして、精白度設定スイッチを操作すると精米運転が開始される。

0020

これら一連制御処理において、料金設定(S2a)は、電子マネーによって支払う場合の料金を設定し、決済スイッチ操作(S2b)に続く携帯電話決済(S2c)により、音声等の案内に応じて携帯電話を非接触検出体にかざすことによって設定済金額が決済され、玄米投入(S2e)と精白度設定(S2f)によって精米運転条件が整うと、決済金額と対応する精米時間の範囲内で精米運転が行われ、途中で投入ホッパ2内の投入玄米が尽きると終了工程を経て精米運転を終了する。

0021

精米運転中においては、終了予定時間に近付いた時点(S4)、例えば、終了の20秒前の時点で、新たに料金設定の判定(S4a)を行い、該当する場合、すなわち、追加の料金設定があった場合に限り、決済スイッチ操作(S4b)、携帯電話決済(S4c)によって精米運転の延長継続(S4〜S4c)を可能に構成し、また、追加の料金設定がなかった場合は、運転時間の判定(S5a)により決済金額分の時間経過の時点で精米運転停止(S5b)の運転制御を行う。

0022

具体的には、前述の終了予定時間に近づいた時点で料金に対応する後述の押しボタンスイッチ12が点灯する。そして、利用者が所望の料金に対応する押しボタンスイッチ12を押すと決済スイッチに対応する押しボタンスイッチ12が点灯する。そして、利用者が決済スイッチに対応する押しボタンスイッチ12aを操作して携帯電話を非接触検出体である読み取り部7にかざすと精米運転の時間が延長され、精米運転が継続する。

0023

精米運転時間を延長するときには料金に対応する押しボタンスイッチ及び決済スイッチに対応する押しボタンスイッチ12aを操作して携帯電話をかざすようにすることで、利用者の延長の意思を明確に確認し、誤操作を防止できる。

0024

なお、精米運転中に前述の押しボタンスイッチ12が点灯していないときに押しボタンスイッチ12を操作すると精白度の変更と判断して操作した精白度に変更する構成としている。あるいは終了予定時間が近づいた時点で音声でその旨を案内してから押しボタンスイッチ12を押すと料金の設定と判定し、音声で案内する前に押しボタンスイッチ12を押すと精白度の変更と判定する構成としても良い。

0025

このように、上記構成による自動精米システム1は、電子マネー決済用の携帯電話の取扱いが、精米開始時と精米延長時の料金決済のタイミングに限定され、その他の取扱い上の制限なしに、自動精米運転を可能とする。

0026

また、一般的なコイン決済については、その運転制御のフローチャートを図5に示すように、コイン投入に伴って玄米投入部開扉(S6a)〜精米運転開始(S6d)によってコインによる決済分の精米に入り、投入玄米が尽きるまでの間について投入玄米量の残量判定(S7)により、所定残量以下の場合は、終了工程(S7a)を経て精米運転停止(S7b)を行う。

0027

精米運転中においては、終了予定時間に近付いたタイミング(例えば、終了の20秒前)に至った時点(S8)で新たなコイン投入の判定(S9)を行い、該当する場合、すなわち、追加のコイン投入があった場合に限り、精米運転の延長継続(S7〜S9)を可能に構成し、また、追加のコイン投入がなかった場合は、運転時間の判定(S9a)により決済金額分の時間経過の時点で精米運転停止(S9b)の運転制御を行う。

0028

このように、コイン決済の場合は精米開始時および精米延長時にコイン投入操作を必要に応じて行い、上述の電子マネー決済の場合も同様に、精米開始時および精米延長時に料金設定から携帯電話をかざすまでの操作を必要に応じて行うことができることから、上記構成の自動精米システム1により、携帯電話等の近接型非接触ICチップ担体Kについての特別な取扱いを要することなく、コイン決済の場合と同様の取扱いが可能となる。

0029

次に、電子マネーの取扱いをコインと同様に1単価ずつ取扱う場合の運転制御について説明すると、運転設定部Cには、その見取図を図6(a)に示すように、電子マネー用決済スイッチ12aを設け、この電子マネー用決済スイッチ12aを精米運転開始時に押すことによって1単価利用分の決済を行い、この決済に続いて、精白度設定スイッチ12を図6(b)に示すように、ランプを点灯させることによって精白度の設定を案内し、点灯された白度ランプ12の中から選択によって精白度設定することにより、電子マネーによる決済のタイミングを限定することができる。

0030

上記白度設定によって開始された精米運転においては、料金分の精米が終わる直前、例えば、終了の10秒前に再度決済スイッチ12aを操作可能に構成することにより、電子マネーの決済タイミングを限定して新たな設定料金分の決済に基づく運転延長が可能となる。

0031

また、金額および精白度の設定のために共用の押しボタンスイッチ12を運転設定部Cに設け、この共用の押しボタン12で決済金額を決め、この決済金額を決済スイッチ12aの操作によって決済し、これに続けて上記共用押しボタン12の操作で精白度設定することにより、金額と精白度それぞれの専用の押しボタンを要することなく、精米開始前における電子マネーによる決済が可能となる。

0032

決済スイッチ及び料金設定スイッチを精白度設定スイッチと別構成でも良い。

0033

また、電子マネーの検出によって白度ボタンを点灯させて精米可能状態とし、この白度ボタンを押すことによって1単価分の料金を引き落とし、精米開始後においても電子マネーの検出が継続する場合は、2単価目以降の引き落としタイミングで順次決済を行う運転制御を構成することにより、連売モードで運転を継続することができる。

0034

検索案内)
次に、精米機の稼働状況を管理する稼働状況管理システム(GPS利用)とコイン精米機の利用者が所有する携帯電話等を連携させることで、自宅付近のコイン精米機の使用を希望した時に、利用者がいないコイン精米機を案内するサービスシステムを構成することにより、利用者の利便性を向上することができる。

0035

具体的には、コイン精米機にモニタ表示器21を設け、そのモニタ表示例を図7に示すように、表示画面にQRコード22(登録商標)を表示し、携帯電話23でこのQRコード22を読み取ることにより、管理者情報、又は、現在地から最寄り位置のコイン精米機までの順路、距離、目標物等を表示した案内地図、その他の情報等を表示する。

0036

また、コイン精米機の現在の利用者を外部カメラ盗難監視カメラ等によって把握可能に構成し、そのコイン精米機の利用に際し、利用者の有無や現在の待ち人数連絡し、または、精米作動中か否か、現在の精米作動の終了までの残り時間が何分か等を連絡するサービスシステムを構成することにより、コイン精米機利用者の利便性を向上することができる。

0037

そのほか、精米運転設定において、決済料金の代わりに、10キロ、20キロ等の精米量の設定を選択可能とし、決済ボタンを押すことによって対応する料金を引き落とすように構成することにより、利用形態多様化に対応することができる。

0038

1自動精米システム
4精米機
7 読取部
12料金設定手段兼精白度設定手段
12a電子マネー用決済スイッチ
K 電子マネー用非接触ICチップ
21モニタ表示器
22二次元コード画像(QRコード)
23携帯情報端末(携帯電話)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ