図面 (/)

技術 簡易コップ転倒防止スタンド

出願人 上野俊春
発明者 上野俊春
出願日 2016年5月17日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2016-111322
公開日 2017年11月24日 (2ヶ月経過) 公開番号 2017-205464
状態 未査定
技術分野 食卓用器具
主要キーワード コツプ 転倒防止 飲み物 コップ

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2017年11月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

上で簡易コップ飲み物注ぐとき、転倒防止に簡易コップの外側に嵌める筒に切り込みを設け、切り込みの作用で簡易コップの安定性を良くした簡易コップ転倒防止スタンドを提供する。

解決手段

簡易コップの外側に嵌める筒(1)を設け、筒(1)の端に切り込み(2)を設けた簡易コップ転倒防止スタンドを特徴とする。

概要

背景

従来、上で簡易コップ飲み物注ぐとき、安定性がよくなかった。

概要

机上で簡易コップに飲み物を注ぐとき、転倒防止に簡易コップの外側に嵌める筒に切り込みを設け、切り込みの作用で簡易コップの安定性を良くした簡易コップ転倒防止スタンドを提供する。 簡易コップの外側に嵌める筒(1)を設け、筒(1)の端に切り込み(2)を設けた簡易コップ転倒防止スタンドを特徴とする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

簡易コツプの外側に嵌める筒(1)を設け、筒(1)の端に切り込み(2)を設けた簡易コップ転倒防止スタンド

技術分野

0001

この発明は、上で簡易コップを使用するとき、簡易コップの外側を支え定性を良くする簡易コップ転倒防止スタンドに関するものである。

背景技術

0002

従来、机上で簡易コップに飲み物注ぐとき、安定性がよくなかった。

発明が解決しようとする課題

0003

これは次のような欠点があった。
従来、簡易コップは、紙やプラスチックなど軽い素材で作られており、簡易コップに飲み物を入れると重心が高くなり、不安定になって軽く触れただけで倒れることがあった。
本発明は、以上のような欠点をなくすためになされたものである。

課題を解決するための手段

0004

簡易コップの外側に嵌める筒(1)を設け、筒(1)の端に切り込み(2)を設ける。
本発明は、以上の構成よりなる簡易コップ転倒防止スタンドである。

発明の効果

0005

机上で筒の切り込みを設けた端を上にして筒を立て、簡易コップを底を下にして筒の上から中に入れ、底を下に着けて飲み物を注ぐと、簡易コップの外側の中間に位置する筒の切り込み部分が外側に押され、同時に反発力が働き、簡易コップが締め付けられ安定する。筒全体で簡易コップを支え、飲み物を注ぐと簡易コップに触れても簡単に倒れることはない。簡易コップに飲み物を注いだ後、その状態で手に持って飲めて便利である。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下、本発明を実施するための最良の形態について説明する。
簡易コップと同じ、又はそれに近い素材で、簡易コップを上下半分に分け、上半分の両端に大小の穴のある筒と、同じ寸法、同じ形状の筒(1)を設ける。
筒(1)の小さい穴の端に、切り込み(2)を、一方の大きい穴の端に向け、5mm程の長さで数か所、間隔を均等に設ける。
切り込み(2)を設けた筒(1)の小さい穴の端から、簡易コップを底の方から筒(1)の中に入れ、簡易コップの底が筒(1)の大きい穴の端と揃うように、切り込み(2)で調整する。
本発明は、以上のような構造である。
これを使用するときは、机上で切り込み部分の端を上にして筒を立て、簡易コップを底から筒の中に入れ、傾かないように簡易コップの底を下に着け、筒に嵌めて飲み物を注ぐ。注ぎ終われば、その状態で手に持って飲めば良い。

図面の簡単な説明

0007

本発明の斜視図である。

1 筒
2 切り込み

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • イッチク・カルチュアバリュー株式会社の「ボトル飲料用保冷保温容器」が公開されました。(2017/12/21)

    【課題】 容器内に収容したボトル飲料を容器から取り出さずに、そのまま容器を傾斜させることにより、容器内のボトル飲料からグラス等に飲料を注ぐことができるようにしたボトル飲料用保冷保温容器を提供する。【... 詳細

  • 梅野基輝の「使い捨て指サック」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】本発明はスナック菓子やドーナツ或いはフライドチキンなどの揚げ物を食べる際、手が汚れずに食べられると共に安価に製造でき、且つ、員数管理が容易で、携帯用に適した使い捨て指サックを提供することを目的... 詳細

  • 君島作一の「電気ポット用熱湯注出補助具」が公開されました。(2017/12/07)

    【課題】電気ポットの注ぎ口の直下に配置することで熱湯の跳ね返りならびに飛散防止を図ることができる電気ポット用熱湯注出補助具の提供を図る。【解決手段】熱湯の跳ね返りならびに飛散防止を図る電気ポット用熱湯... 詳細

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ