図面 (/)

技術 動力噴霧機のホース泥落とし装置

出願人 株式会社丸山製作所
発明者 須田昌則
出願日 2016年5月18日 (3年5ヶ月経過) 出願番号 2016-099610
公開日 2017年11月24日 (1年10ヶ月経過) 公開番号 2017-205056
状態 特許登録済
技術分野 捕獲、駆除 清浄化一般 噴霧設備又は装置の細部及びその付属品
主要キーワード 落とし装置 スナップピン 引き出し力 延び方向 ホースガイド 停止レバー 巻き取り動作 膨れた
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

ホースに付着した等を確実に除去することができる動力噴霧機のホース泥落とし装置を提供する。

解決手段

ホース5の先端から液体噴霧する動力噴霧機の泥落とし装置10は、ホース5を巻き取るホースリールから引き出されたホース5の案内を行うローラ群Rと、ローラ群Rにおけるホース5の引き出し方向の上流側及び下流側に配置され、ホース5が通される孔部112を有する前側スクレーパ110及び後側スクレーパと、を備える。

概要

背景

例えば、農作物等に対して、ホースの先端から薬液等の液体噴霧する動力噴霧機がある。このような動力噴霧機においては、ホースリールにホースを巻き取る際に、ホースに付着した等を除去することが求められている。このため、例えば特許文献1には、ホースに付着した泥等を除去する泥落とし装置が設けられた動力噴霧機が記載されている。

概要

ホースに付着した泥等を確実に除去することができる動力噴霧機のホース泥落とし装置を提供する。ホース5の先端から液体を噴霧する動力噴霧機の泥落とし装置10は、ホース5を巻き取るホースリールから引き出されたホース5の案内を行うローラ群Rと、ローラ群Rにおけるホース5の引き出し方向の上流側及び下流側に配置され、ホース5が通される孔部112を有する前側スクレーパ110及び後側スクレーパと、を備える。

目的

本発明は、ホースに付着した泥等を確実に除去することができる動力噴霧機のホース泥落とし装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ホース(5)の先端から液体噴霧する動力噴霧機(1)のホース落とし装置(10)であって、前記ホース(5)を巻き取るホースリール(4)から引き出された前記ホース(5)の案内を行うローラ群(R)と、前記ローラ群(R)における前記ホース(5)の引き出し方向の上流側及び下流側の少なくとも一方に配置され、前記ホース(5)が通される孔部(112,122)を有するスクレーパ(110,120)と、を備える、動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)。

請求項2

前記ローラ群(R)は、第1ローラ(R1)、第2ローラ(R2)、及び第3ローラ(R3)を有し、前記第1ローラ(R1)及び前記第2ローラ(R2)は、前記ホース(5)の下側に配置され、前記第1ローラ(R1)は、前記第2ローラ(R2)よりも、前記ホース(5)の引き出し方向の下流側に配置され、前記第3ローラ(R3)は、前記ホース(5)の上側に配置され、且つ、前記ホース(5)の引き出し方向において前記第1ローラ(R1)と前記第2ローラ(R2)との間に前記第3ローラ(R3)の回転軸が位置するように配置され、前記第1ローラ(R1)は、直線状態とした前記ホース(5)を前記第2ローラ(R2)及び前記第3ローラ(R3)に当接させたときに、直線状態とした前記ホース(5)から所定長さ離間した位置に配置されている、請求項1に記載の動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)。

請求項3

前記ローラ群(R)を支持する支持ブラケット(130)を更に備え、前記スクレーパ(110,120)は、前記支持ブラケット(130)に対して上下方向に移動可能に取り付けられている、請求項1又は2に記載の動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)。

請求項4

前記ホースリール(4)から引き出された前記ホース(5)を案内するホースガイド(6)を更に備え、前記支持ブラケット(130)は、前記支持ブラケット(130)の先端部が上下方向に移動可能なように、前記ホースガイド(6)の先端部に回動可能に取り付けられている、請求項3に記載の動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)。

請求項5

前記支持ブラケット(130)は、前記ローラ群(R)において前記ホース(5)の上側に配置されるローラ(R3)を支持する上側ブラケット(140)と、前記ローラ群(R)において前記ホース(5)の下側に配置されるローラ(R1,R2)を支持する下側ブラケット(150)と、を有し、前記上側ブラケット(140)と前記下側ブラケット(150)とは、前記ホース(5)の引き出し方向の下流側の端部同士が回動可能に連結され、前記下側ブラケット(150)に対して前記上側ブラケット(140)を回動させることによって、前記下側ブラケット(150)に対して前記上側ブラケット(140)を開くことができる、請求項3又は4に記載の動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)。

請求項6

前記スクレーパ(120)は、前記ローラ群(R)における前記ホース(5)の引き出し方向の上流側に配置され、前記下側ブラケット(150)には、上端が開口するスリット(157)が設けられ、前記スリット(157)に前記スクレーパ(120)の端部が差し込まれることで、前記スクレーパ(120)が前記下側ブラケット(150)に取り付けられ、前記スクレーパ(120)は、前記上側ブラケット(140)が回動することにより前記下側ブラケット(150)に対して前記上側ブラケット(140)が開いた状態で、前記スリット(157)の上端から引き抜き可能である、請求項5に記載の動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)。

技術分野

0001

本発明は、動力噴霧機ホース落とし装置に関する。

背景技術

0002

例えば、農作物等に対して、ホースの先端から薬液等の液体噴霧する動力噴霧機がある。このような動力噴霧機においては、ホースリールにホースを巻き取る際に、ホースに付着した泥等を除去することが求められている。このため、例えば特許文献1には、ホースに付着した泥等を除去する泥落とし装置が設けられた動力噴霧機が記載されている。

先行技術

0003

特開2006−213482号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に記載された装置では、ホースをローラで挟み込んで泥等の除去を行っている。しかしながら、本技術分野においては、より一層確実に泥等を除去する装置が求められている。

0005

そこで、本発明は、ホースに付着した泥等を確実に除去することができる動力噴霧機のホース泥落とし装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、ホース(5)の先端から液体を噴霧する動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)であって、ホース(5)を巻き取るホースリール(4)から引き出されたホース(5)の案内を行うローラ群(R)と、ローラ群(R)におけるホース(5)の引き出し方向の上流側及び下流側の少なくとも一方に配置され、ホース(5)が通される孔部(112,122)を有するスクレーパ(110,120)と、を備える。

0007

この動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)では、ホースリール(4)へのホース(5)の巻き取り時に、ホース(5)を案内するローラ群(R)がホース(5)に当接することによってホース(5)に付着する泥等が除去されると共に、スクレーパ(110,120)の孔部をホース(5)が通ることによりスクレーパ(110,120)によっても泥等が除去される。このようにローラ群(R)及びスクレーパ(110,120)によって泥等の除去を行うことができるため、この動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)では、ホース(5)に付着した泥等を確実に除去することができる。

0008

ローラ群(R)は、第1ローラ(R1)、第2ローラ(R2)、及び第3ローラ(R3)を有し、第1ローラ(R1)及び第2ローラ(R2)は、ホース(5)の下側に配置され、第1ローラ(R1)は、第2ローラ(R2)よりも、ホース(5)の引き出し方向の下流側に配置され、第3ローラ(R3)は、ホース(5)の上側に配置され、且つ、ホース(5)の引き出し方向において第1ローラ(R1)と第2ローラ(R2)との間に第3ローラ(R3)の回転軸が位置するように配置され、第1ローラ(R1)は、直線状態としたホース(5)を第2ローラ(R2)及び第3ローラ(R3)に当接させたときに、直線状態としたホース(5)から所定長さ離間した位置に配置されていてもよい。この場合、第1ローラ(R1)及び第2ローラ(R2)と、第3ローラ(R3)との間をホース(5)が通る際に各ローラ(R1〜R3)による抵抗を抑えつつ、ホース(5)を容易に引き出すことができる。

0009

動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)は、ローラ群(R)を支持する支持ブラケット(130)を更に備え、スクレーパ(110,120)は、支持ブラケット(130)に対して上下方向に移動可能に取り付けられていてもよい。この場合、ホース(5)の巻き取り時に、ホース(5)に上下方向のうねりが生じた場合であっても、スクレーパ(110,120)がホース(5)のうねりに追従することができる。これにより、動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)は、ホース(5)にうねりが生じた場合であっても、ホース(5)の泥を確実に除去することができる。

0010

動力噴霧機(1)のホース泥落とし装置(10)は、ホースリール(4)から引き出されたホース(5)を案内するホースガイド(6)を更に備え、支持ブラケット(130)は、支持ブラケット(130)の先端部が上下方向に移動可能なように、ホースガイド(6)の先端部に回動可能に取り付けられていてもよい。この場合、例えば動力噴霧機(1)よりも高い位置にある圃場に噴霧を行う場合など、ホース(5)の引き出しの高さ位置に応じて支持ブラケット(130)の向きを変えることができ、ホース(5)及びスクレーパ(110)等に過剰な負荷がかかることを抑制することができる。

0011

支持ブラケット(130)は、ローラ群(R)においてホース(5)の上側に配置されるローラ(R3)を支持する上側ブラケット(140)と、ローラ群(R)においてホース(5)の下側に配置されるローラ(R1,R2)を支持する下側ブラケット(150)と、を有し、上側ブラケット(140)と下側ブラケット(150)とは、ホース(5)の引き出し方向の下流側の端部同士が回動可能に連結され、下側ブラケット(150)に対して上側ブラケット(140)を回動させることによって、下側ブラケット(150)に対して上側ブラケット(140)を開くことができてもよい。この場合、下側ブラケット(150)に対して上側ブラケット(140)を開くことにより、ローラ(R1〜R3)周りに付着した泥の除去等のメンテナンスを容易に行うことができる。

0012

スクレーパ(120)は、ローラ群(R)におけるホース(5)の引き出し方向の上流側に配置され、下側ブラケット(150)には、上端が開口するスリット(157)が設けられ、スリット(157)にスクレーパ(120)の端部が差し込まれることで、スクレーパ(120)が下側ブラケット(150)に取り付けられ、スクレーパ(120)は、上側ブラケット(140)が回動することにより下側ブラケット(150)に対して上側ブラケット(140)が開いた状態で、スリット(157)の上端から引き抜き可能であってもよい。この場合、下側ブラケット(150)に対して上側ブラケット(140)が開いた状態で、スクレーパ(120)を引き抜くことにより、スクレーパ(120)を下側ブラケット(150)から容易に取り外すことができる。

発明の効果

0013

本発明によれば、ホースに付着した泥等を確実に除去することができる。

図面の簡単な説明

0014

実施形態に係る動力噴霧機の側面図である。
動力噴霧機の泥落とし装置周りを示す斜視図である。
泥落とし装置の分解斜視図である。
泥落とし装置周りを示す側面図である。
泥落とし装置を前側スクレーパが取り付けられる側の端部から見た図である。
後側スクレーパの分解斜視図である。
上側ブラケットを開けた状態における泥落とし装置周りを示す斜視図である。
ホースの巻き取りが完了したときの泥落とし装置の状態を示す側面図である。
ホースの引き出し時における泥落とし装置の状態を示す側面図である。
ホースを上側に向かって引き出したときの泥落とし装置の状態を示す側面図である。

実施例

0015

以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら説明する。なお、図面の説明において同一の要素には同一の符号を付し、重複する説明を省略する。

0016

図1に示すように、動力噴霧機1は、圃場等において農薬等の薬液(液体)を噴霧する装置である。動力噴霧機1は、エンジン2、ポンプ3、ホースリール4、ホース5、ホースガイド6、送出ローラ7、本体フレーム8、及び泥落とし装置(ホース泥落とし装置)10を備えている。動力噴霧機1は、エンジン2の駆動力により走行することができる。

0017

ポンプ3は、別途設けられた薬液タンクから薬液を吸引し、ホース5に圧送する。ポンプ3は、エンジン2によって駆動される。ポンプ3によって薬液がホース5に圧送されると、ホース5の先端部に設けられたノズル(図示せず)から薬液が噴霧される。

0018

ホースリール4は、ホース5を巻き取るリールであり、本体フレーム8に対して回転可能に取り付けられている。ホースリール4は、エンジン2によって回転駆動されることにより、ホース5を巻き取る。送出ローラ7は、ホースリール4の上方の位置に設けられている。送出ローラ7は、ホースリール4からホース5を引き出す際の引き出し力を軽減するために、ホース5に送り出し力を付与する。送出ローラ7は、エンジン2によって駆動される。

0019

ホースガイド6は、ホースリール4から引き出されたホース5を案内する。より詳細には、ホースガイド6は、本体フレーム8の上部に設けられるベース61と、ベース61から斜め上方に延びるように取り付けられた一対のガイドプレート62(図2参照)とを有している。送出ローラ7から送り出されたホース5は、ベース61を通り、一対のガイドプレート62間に案内される。ガイドプレート62の基端部には、一対のガイドプレート62間にホース5を案内する元側ローラ63設けられている。

0020

泥落とし装置10は、ホースガイド6の先端部に取り付けられ、ホース5に付着する泥等を除去する。泥落とし装置10は、図1図4に示すように、前側スクレーパ110、後側スクレーパ120、支持ブラケット130、及びローラ群Rを備えている。ローラ群Rは、第1ローラR1、第2ローラR2、第3ローラR3、及び第4ローラR4を有している。

0021

第1ローラR1〜第4ローラR4は、支持ブラケット130によって回転可能に支持されている。第1ローラR1〜第4ローラR4の回転軸は、水平方向に延在し、且つ、ホース5の引き出し方向に対して直交している。第1ローラR1〜第4ローラR4の外周面には、周方向に沿って溝Ra(図5参照等)が設けられている。第1ローラR1〜第4ローラR4の外周面に設けられた溝Raにホース5が当接することで、ホース5が案内される。

0022

図5に示すように、泥落とし装置10のローラ群Rを前側スクレーパ110が設けられる側から見た場合、上下2つのローラの溝Raによって、ホース5と略同じ外径の円が形成されるように、第1ローラR1〜第4ローラR4の外周面にそれぞれ溝Raが設けられている。なお、図5は、ローラ群R等を図示するために、前側スクレーパ110及び第1ローラR1を取り外した状態を示している。

0023

第1ローラR1及び第2ローラR2は、ホース5の下側に配置される。第3ローラR3及び第4ローラR4は、ホース5の上側に配置される。支持ブラケット130は、ホース5の上側に配置される第3ローラR3及び第4ローラR4を支持する上側ブラケット140と、ホース5の下側に配置される第1ローラR1及び第2ローラR2を支持する下側ブラケット150とを有している。

0024

特に、図4に示すように、第1ローラR1は、第2ローラR2よりもホース5の引き出し方向の下流側に配置される。第3ローラR3は、第4ローラR4よりもホース5の引き出し方向の下流側に配置される。第3ローラR3は、ホース5の引き出し方向において前記第1ローラ(R1)と前記第2ローラ(R2)との間に第3ローラR3の回転軸が位置するように配置されている。

0025

第1ローラR1は、直線状態としたホース5を第2ローラR2及び第3ローラR3に当接させたときに、直線状態としたホース5から下方向に所定長さ離間した位置に配置されている。また、第4ローラR4は、直線状態としたホース5を第2ローラR2及び第3ローラR3に当接させたときに、直線状態としたホース5から上方向に所定長さ離間した位置に配置されている。

0026

前側スクレーパ110は、図2図4に示すように、ローラ群Rにおけるホース5の引き出し方向の下流側に配置されている。より詳細には、前側スクレーパ110は、第3ローラR3及び第4ローラR4を支持する上側ブラケット140におけるホース5の引き出し方向の下流側の端面に取り付けられている。

0027

前側スクレーパ110は、2つの板部材111によって構成されている。2つの板部材111は、端部同士が互いに付き合せられて、1枚の板状となっている。板部材111は、一例としてゴム製である。前側スクレーパ110には、2つの板部材111を付き合せた位置にホース5が通される孔部112が設けられている。孔部112の直径は、ホース5の直径と略同じに形成されている。ホース5は、2つの板部材111の付き合せ部分を介して前側スクレーパ110の孔部112に入れられる。ホース5の巻き取り時に、前側スクレーパ110の孔部112をホース5が通過することで、前側スクレーパ110によってホース5に付着した泥等が除去される。

0028

また、前側スクレーパ110には、孔部112から放射状に広がる複数のスリット113が設けられている。ここで、前側スクレーパ110によってホース5の付着した泥等を除去する際に、泥の固さ等によっては板部材111に過大な力が加わる。このため、スリット113を設けることにより、板部材111に過大な力が加わった場合に、孔部112の周りの板部材111を容易に湾曲させて過大な力を逃がすことができる。

0029

図2図5に示すように、上側ブラケット140は、一対の取付部141、一対のサイドフレーム145、及び複数の連結部材146を備えている。一対のサイドフレーム145は、第3ローラR3及び第4ローラR4を挟み込むようにして配置され、第3ローラR3及び第4ローラR4の回転軸の両端部をそれぞれ支持する。複数の連結部材146は、一対のサイドフレーム145間に配置され、一対のサイドフレーム145の間隔を保っている。

0030

一対の取付部141は、一対のサイドフレーム145におけるホース5の引き出し方向の下流側の端部から、それぞれ外側に向けて側方張り出している。一対の取付部141には、上下方向に延びる長孔142がそれぞれ2つずつ設けられている。

0031

前側スクレーパ110は、2つの板部材111が一対の取付部141にそれぞれ当接するように、取付部141に重ねられる。前側スクレーパ110は、長孔142に通されたネジ143、及びナット144を用いて取付部141に取り付けられている。なお、この取り付けの際に、前側スクレーパ110は、上側ブラケット140に対して上下方向に移動可能に取付部141に取り付けられている。具体的には、取付部141に設けられる長孔142が上下方向に延びる孔であるため、ネジ143が長孔142の延び方向に沿って移動する範囲内において、前側スクレーパ110が上側ブラケット140に対して上下方向に移動することができる。

0032

後側スクレーパ120は、図3に示すように、ローラ群Rにおけるホース5の引き出し方向の上流側に配置されている。より詳細には、後側スクレーパ120は、下側ブラケット150において第2ローラR2よりもホース5の引き出し方向の上流側の部位に取り付けられている。

0033

後側スクレーパ120は、図6に示すように、板部材121、プレート125、及びネジ126を備えている。板部材121は、一例としてゴム製である。板部材121には、ホース5が通される孔部122が設けられている。孔部122の直径は、ホース5の直径と略同じに形成されている。板部材121には、孔部122から放射状に広がる複数のスリット123が設けられている。板部材121にスリット123を設けることにより、前側スクレーパ110に設けられたスリット113と同様の機能を発揮することができる。

0034

また、複数のスリット123のうち、孔部122から下方側に向かって延びるスリット123aは、孔部122の縁部から板部材121の下側の端部まで延びている。ホース5は、このスリット123aを介して板部材121の孔部122に入れられる。ホース5の巻き取り時に、後側スクレーパ120の板部材121の孔部122をホース5が通過することで、板部材121によってホース5に付着した泥等が除去される。

0035

プレート125は、一例として金属製のプレートである。プレート125には、孔部125aが設けられている。孔部125aの直径は、ホース5の直径よりも大きい。また、プレート125の下端部には、切欠部125bが設けられている。この切欠部125bの間隔は、ホース5の直径よりも大きい。すなわち、プレート125は、切欠部125bを介して孔部125a内にホース5を入れることができる形状となっている。また、プレート125の側部には、外側に向けて突出する一対の突出部125cが設けられている。

0036

板部材121及びプレート125は、互いに重ねられた状態でネジ126によって互いに固定される。すなわち、プレート125は、板部材121の上部、及び側部に重なる。

0037

図2図5に示すように、下側ブラケット150は、一対のサイドフレーム155、及び連結部材156を備えている。一対のサイドフレーム155は、第1ローラR1及び第2ローラR2を挟み込むようにして配置され、第1ローラR1及び第2ローラR2の回転軸の両端部をそれぞれ支持する。連結部材156は、一対のサイドフレーム155間に配置され、一対のサイドフレーム155の間隔を保っている。

0038

一対のサイドフレーム155には、第2ローラR2よりもホース5の引き出し方向の上流側の位置において、サイドフレーム155の上側の縁部から下方に向かって延びるスリット157(図3等参照)がそれぞれ設けられている。すなわち、スリット157は、上端が開口すると共に、上下方向に沿って延びている。

0039

一対のスリット157には、後側スクレーパ120のプレート125に設けられた一対の突出部125cが、スリット157の上部の開口部分からそれぞれスリット157内に差し込まれる。また、突出部125cは、スリット157の延在方向に沿ってスリット157内を移動可能である。このように、一対のスリット157に後側スクレーパ120の突出部125cが差し込まれることで、後側スクレーパ120が下側ブラケット150に対して上下方向に移動可能に取り付けられる。

0040

図3及び図7に示すように、上側ブラケット140と下側ブラケット150とは、ホース5の引き出し方向の下流側の端部同士が回動可能に連結されている。そして、上側ブラケット140及び下側ブラケット150は、下側ブラケット150に対して上側ブラケット140を回動させることによって、下側ブラケット150に対して上側ブラケット140を上側に開くことができる。

0041

具体的には、上側ブラケット140と下側ブラケット150とは、ホース5の引き出し方向の下流側の端部同士が軸部材147によって回動可能に連結されている。なお、軸部材147は、第1ローラR1を支持する回動軸としての機能も兼ねている。軸部材147は、スナップピン147aによって抜け止めがされている。

0042

上側ブラケット140が下側ブラケット150に対して閉じた状態(図4に示す状態)において、上側ブラケット140のサイドフレーム145が、下側ブラケット150のサイドフレーム155に設けられたスリット157の上部の開口を塞ぐようにサイドフレーム155の上に重なる。この状態で、下側ブラケット150のサイドフレーム155に取り付けられたフック158を用いて、下側ブラケット150に対して上側ブラケット140が固定される。

0043

また、下側ブラケット150が上側ブラケット140に対して固定されている状態では、下側ブラケット150のサイドフレーム155に設けられたスリット157の上部の開口が、上側ブラケット140のサイドフレーム145によって塞がれる。これにより、スリット157から後側スクレーパ120が脱落することが防止される。

0044

このように、フック158による上側ブラケット140の固定を解除することで、下側ブラケット150に対して上側ブラケット140を上側に開くことができる(図7に示す状態)。下側ブラケット150に対して上側ブラケット140を上側に開いた状態で、スリット157から後側スクレーパ120を上側に引き抜くことができる。また、軸部材147がスナップピン147aによって上側ブラケット140及び下側ブラケット150に対して抜け止めがされているので、スナップピン147aを取り外すことで、容易に軸部材147を引き抜くことができる。これにより、上側ブラケット140と下側ブラケット150とを容易に分解することができる。

0045

図4及び図8に示すように、支持ブラケット130は、前側スクレーパ110が取り付けられる側の端部(先端部)が上下方向に移動可能なように、ホースガイド6の先端部に回動可能に取り付けられる。なお、泥落とし装置10及び支持ブラケット130において、ホース5の引き出し方向の下流側(前側スクレーパ110が設けられている側)を、先端側とする。

0046

具体的には、下側ブラケット150のサイドフレーム155においてホース5の引き出し方向の上流側の端部近傍の部位が、ホースガイド6のガイドプレート62に軸部材148によって回動可能に連結されている。また、ホースガイド6のガイドプレート62には、下側ブラケット150とガイドプレート62との連結部の下方側の位置において、ストッパ64が設けられている。

0047

図4に示すように、サイドフレーム155において、軸部材148が通される部位よりも先端側(前側スクレーパ110が設けられている側)の部位がストッパ64の上面に当接することで、ストッパ64は、泥落とし装置10の先端側が下側に向かう方向の回動を規制する。また、図8に示すように、サイドフレーム155において、軸部材148が通される部位よりも先端側に対して反対側の部位がストッパ64の上面に当接することで、ストッパ64は、泥落とし装置10の先端側が上側に向かう方向の回動を規制する。このように、ストッパ64は、泥落とし装置10の先端部が上下に移動するように泥落とし装置10が回動するときの回動範囲を規定している。

0048

また、ホースガイド6のガイドプレート62には、送出スイッチ65、及び巻取停止スイッチ66が設けられている。下側ブラケット150のサイドフレーム155において、ホース5の引き出し方向の上流側の端部には、送出レバー151、及び巻取停止レバー152が設けられている。送出スイッチ65は、図8に示すように泥落とし装置10の先端部が上方を向くように回動したときに、送出レバー151によって押下される位置に設けられている。同様に、巻取停止スイッチ66は、図8に示すように泥落とし装置10の先端部が上方を向くように回動したときに、巻取停止レバー152によって押下される位置に設けられている。

0049

なお、図8等においては、送出スイッチ65及び巻取停止スイッチ66等を覆うカバーを省略しているが、図1に示すようにホースガイド6のガイドプレート62には、送出スイッチ65及び巻取停止スイッチ66の周りを覆うカバーが取り付けられている。これにより、泥等が送出スイッチ65及び巻取停止スイッチ66等に付着することが抑制できる。また、送出スイッチ65及び巻取停止スイッチ66は、泥等の除去を行うローラ群R等から離れた位置に設けられている。このため、ローラ群R等で除去された泥等が送出スイッチ65等に付着することを抑制できる。

0050

次に、ホース5を動力噴霧機1から引き出すときの各部の状態について説明する。図1及び図9に示すように、エンジン2を起動し、クラッチ締結等することによって送出ローラ7を回転駆動させると、送出ローラ7の回転によりホースリール4からホース5が上方に引き出される。そして、ホース5は、ホースガイド6によって向きを変えて泥落とし装置10側へ進む。ホースガイド6から泥落とし装置10へホース5が進む際に、ホース5は上側に膨れる。このホース5の膨れを泥落とし装置10の第4ローラR4が抑えつつ、ホース5が泥落とし装置10から送り出される。

0051

また、ホース5は、泥落とし装置10からやや下向きに引き出されるため、泥落とし装置10の第1ローラR1がホース5を支持し、第1ローラR1がホース5の引き出しの負荷を受ける。なお、ホース5は泥落とし装置10からやや下向きに引き出されるため、泥落とし装置10は、泥落とし装置10の先端部が下側に向かう方向の移動がストッパ64によって規制された状態のままとなっている。必要な長さのホース5が引き出された後、クラッチを切断等することによって送出ローラ7の回転駆動を停止させる。

0052

前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120が上下に移動可能に支持ブラケット130に取り付けられているため、ホース5が上方に膨れた場合等、ホース5が上下に移動してもホース5の移動に伴って前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120も移動する。これにより、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120が、ホース5の引き出しの妨げになることを抑制できる。

0053

次に、ホース5を動力噴霧機1のホースリール4に巻き取るときの各部の状態について説明する。図1及び図4に示すように、エンジン2を起動し、クラッチを締結等することによってホースリール4を回転駆動させると、ホースリール4によってホース5が巻き取られる。ホースリール4によるホース5の巻き取り時には、ホースガイド6に設けられた元側ローラ63と泥落とし装置10に設けられた第2ローラR2との間でホース5に張力がかかり、引き出し時のようにホース5が上側に膨れずにホース5が第4ローラR4から離間した状態となる。

0054

これにより、ホース5の巻き取り時には、第2ローラR2及び第3ローラR3によってホース5の下側部分及び上側部分が挟まれた状態となり、第2ローラR2及び第3ローラR3によってホース5に付着した泥等の除去がされ易い。なお、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120は、ホース5に常に接触しているため、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120によってもホース5に付着する泥等の除去が行われる。

0055

ここで、ホース5にはノズルが設けられる側の端部の近傍に巻取ストッパ52が設けられている。また、ホースガイド6と泥落とし装置10との連結部(軸部材148の位置)は、ホース5よりも下側となっている。このため、ホース5が巻き取られて巻取ストッパ52が前側スクレーパ110に当接すると、図8に示すように、軸部材148を支点として、泥落とし装置10の先端部が上側を向くように回動する。

0056

このように泥落とし装置10の先端部が上方を向くように回動することにより、巻取停止レバー152によって巻取停止スイッチ66が押下される。この巻取停止スイッチ66が押下されることにより、ホースリール4は巻取を停止する。例えば、巻取停止スイッチ66が押下されたときに、エンジン2の動力をホースリール4に伝達するクラッチの締結が解除されることによって、ホースガイド6による巻き取り動作を停止させることができる。巻取停止スイッチ66が押下されると、再び、ホース5の送出が開始されるまで、又はエンジン2を再始動するときまで巻取停止状態が維持される。

0057

ここで、圃場が動力噴霧機1よりも上にある場合など、ホース5が泥落とし装置10から上向きに引き出される場合がある。この場合、送出スイッチ65の押下の有無によって、ホース5を送り出してもよい。具体的には、図10に示すように、ホース5が上に引き出される力によって、軸部材148を支点として、泥落とし装置10の先端部が上側を向くように回動する。

0058

このように泥落とし装置10の先端部が上方を向くように回動することにより、送出レバー151によって送出スイッチ65が押下される。この送出スイッチ65が押下されることにより、送出ローラ7は一定時間ホース5を送り出す。ホース5が送り出されると、ホース5の上方への張力が無くなり、泥落とし装置10の先端部が下方に向かうように回動する。このように、ホース5の引き出し時には、送出スイッチ65の押下の状態に基づいて送出ローラ7によってホース5を送り出すことができる。

0059

本実施形態は以上のように構成され、この動力噴霧機1の泥落とし装置10では、ホースリール4へのホース5の巻き取り時に、ホース5を案内するローラ群Rがホース5に当接することによってホース5に付着する泥等が除去されると共に、前側スクレーパ110の孔部112及び後側スクレーパ120の孔部122をホース5が通ることにより、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120によっても泥等が除去される。このようにローラ群R、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120によって泥等の除去を行うことができるため、この動力噴霧機1の泥落とし装置10では、ホース5に付着した泥等を確実に除去することができる。

0060

第1ローラR1は、直線状態としたホース5を第2ローラR2及び第3ローラR3に当接させたときに、直線状態としたホース5から所定長さ離間した位置に配置されている。この場合、第1ローラR1及び第2ローラR2と、第3ローラR3との間をホース5が通る際に第1ローラR1〜第3ローラR3による抵抗を抑えつつ、ホース5を容易に引き出すことができる。

0061

前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120は、支持ブラケット130に対して上下方向に移動可能に取り付けられている。この場合、ホース5の引き出し時及び巻き取り時に、ホース5に上下方向のうねりが生じた場合であっても、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120がホース5のうねりに追従することができる。これにより、動力噴霧機1の泥落とし装置10は、ホース5にうねりが生じた場合であっても、ホース5の泥等を確実に除去することができる。また、ホース5の引き出し時には、ホース5の上下方向のうねりに追従して前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120も移動するため、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120が、ホース5の引き出しの妨げになることを抑制できる。

0062

泥落とし装置10は、ホースガイド6の先端部に回動可能に取り付けられている。この場合、例えば動力噴霧機1よりも高い位置にある圃場に噴霧を行う場合など、ホース5の引き出しの高さ位置に応じて泥落とし装置10の向きを変えることができるので、ホース5、及び前側スクレーパ110等に過剰な負荷がかかることを抑制することができる。

0063

上側ブラケット140と下側ブラケット150とは、軸部材147を軸として回動可能に連結されている。この場合、下側ブラケット150に対して上側ブラケット140を上側に開くことにより、第1ローラR1〜第4ローラR4周りに付着した泥の除去等のメンテナンスを容易に行うことができる。

0064

後側スクレーパ120は、下側ブラケット150のサイドフレーム155に設けられたスリット157に差し込まれることによって下側ブラケット150に取り付けられている。この場合、下側ブラケット150に対して上側ブラケット140が開いた状態で、後側スクレーパ120を引き抜くことにより、後側スクレーパ120を下側ブラケット150から容易に取り外すことができ、交換作業等が容易となる。

0065

以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上記実施形態に限定されるものではない。例えば、泥落とし装置10は、前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120の2つのスクレーパを備えるものとしたが、少なくとも一方のみを備える構成であってもよい。

0066

ローラ群Rは、第1ローラR1〜第4ローラR4の4つのローラを有しているものとしたが、第1ローラR1〜第3ローラR3の3つのローラを有する構成であってもよい。また、ローラ群Rは、5以上の数のローラを有していてもよい。

0067

前側スクレーパ110及び後側スクレーパ120が支持ブラケット130に対して上下方向に移動可能に取り付けられていることは必須では無い。また、泥落とし装置10は、ホースガイド6に対して回動可能に取り付けられていることは必須では無く、ホースガイド6に固定された状態であってもよい。

0068

上側ブラケット140及び下側ブラケット150は、回動可能に連結されていなくてもよい。後側スクレーパ120は、下側ブラケット150のサイドフレーム155に設けられたスリット157に差し込む構成としたが、スリット157に差し込む構成以外の方法によって取り付けられていてもよい。

0069

上記実施形態では、動力噴霧機1のホース5の泥等を除去する例について説明したが、泥落とし装置10は、ホース5以外にもワイヤケーブル等の他の長尺物の泥を落とすこともできる。

0070

1…動力噴霧機、4…ホースリール、5…ホース、10…泥落とし装置(ホース泥落とし装置)、110…前側スクレーパ(スクレーパ)、120…後側スクレーパ(スクレーパ)、130…支持ブラケット、140…上側ブラケット、150…下側ブラケット、157…スリット、R…ローラ群、R1…第1ローラ、R2…第2ローラ、R3…第3ローラ、R4…第4ローラ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アキレス株式会社の「 苗木保護カバー」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】円柱や多角柱などの筒状に湾曲、又は折り曲げても、割れを生じることがなく、筒体の形状を保持できる苗木保護カバーを提供する。【解決手段】苗木保護カバー1は、生分解性樹脂、紫外線吸収剤、及び光安定剤... 詳細

  • リックス株式会社の「 配管洗浄装置及び配管洗浄方法」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】洗浄液を減らしても同等の洗浄力を発揮することができる配管洗浄装置の提供。【解決手段】洗浄対象の配管内部の容量よりも少量の洗浄液を用い、洗浄液を高圧気体により配管内を高速移動させることで効果的な... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 殺菌処理ラインの浄化方法及び殺菌処理ライン」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】製品液を殺菌処理するラインの浄化を簡易かつ迅速に行う。【解決手段】製品液を各々貯留する上流側タンク1と下流側タンク2との間が製品液を移送する導管3,11で接続され、この導管の中間部に製品液を殺... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ