図面 (/)

技術 セミパーシステントスケジューリングデータパケットの確認応答情報をフィードバックおよび受信する装置

出願人 華為技術有限公司
発明者 ファン、シャオアンリウ、グァンリ、ボーホウ、ユンチェ
出願日 2017年8月10日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2017-155140
公開日 2017年11月16日 (2年3ヶ月経過) 公開番号 2017-204893
状態 特許登録済
技術分野 エラーの検出、防止 通信制御 移動無線通信システム
主要キーワード フィードバックユニット モバイルハードディスク 方法実施 例示的実施 割り当て比率 USBフラッシュ バンドリング フィードバック装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

N個のACKNAKが正しく配列されることを保証することができる。

解決手段

本発明は、無線通信に関し、セミパーシステントスケジューリングSPSデータパケット確認応答(ACK)情報をフィードバック及び受信する方法及び装置を開示する。方法は、基地局(BS)から、k個(k<N)の下りリンクデータパケットSPSデータパケットである下りリンクデータパケットと、前記BSによって送信された前記下りリンクデータパケットの数N(Nは複数)を示す上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)を受信することと、k個のSPSデータパケットのk個のACK/NAKが、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置された、N個の下りリンクデータパケットを確認するN個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を含むフィードバック信号を形成することと、1番目の位置のACK/NAKから始まる前記フィードバック信号を前記BSに送信することを含む。

概要

背景

従来の3GPP E−UTRAシステムでは、周波数分割複信FDD)及び時分割複信(TDD)という2つのモードがサポートされている。TDDモードでは、各無線フレームの長さは、10msであり、2つの5msの長さのハーフフレームによって構成される。各ハーフフレームは、8つの0.5msタイムスロットと、3つの特別なフィールド、すなわち、下りリンクパイロットタイムスロット(DwPTS)、ガード期間(GP)、及び上りリンクパイロットタイムスロット(UpPTS)とによって構成される。2つのタイムスロットがサブフレームを形成し、そして、DwPTS、GP、及びUpPTSは特別なサブフレームを形成する。サブフレームの長さは1msである。

現在、3GPP E−UTRAシステムにおいては、複数の下りリンクサブフレーム確認応答又は否定応答ACKNAK)を上りリンクサブフレーム内でフィードバックするために、マルチプレクシング及びバンドリングという2つのモードが利用可能である。マルチプレクシングモードでは、ACK/NAKが物理上りリンク制御チャネル(PUCCH)内でフィードバックされる場合、フィードバックは上りリンク−下りリンク構成に関連し、ACK/NAKが物理下りリンク共有チャネルPDSCH)内でフィードバックされる場合、フィードバックされるビットの数は、上りリンクグラント(UL Grant)シグナリングが存在するかどうかによって異なる。UL Grantシグナリングが存在する場合、ユーザ装置(UE)がフィードバックすることを要求されるビットの数は、シグナリング内上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)フィールドを介して指定される。基地局(BS)が合計N個の下りリンクサブフレームのうちのx個をスケジュールする場合、UEはx個のACK/NAKをフィードバックする。UL Grantシグナリングが存在しない場合、UEは、それらのスケジュールされていない下りリンクサブフレームに対して、Nビット及びNAKをフィードバックする。

バンドリングモードでは、全てのスケジュールされた下りリンクサブフレームの詳細を示すために、PUCCH内又はPUSCH内で、1ビットのみのACK/NAK情報がフィードバックされる。1つのスケジュールされた下りリンクサブフレームに対するフィードバックがNAKである限り、最終的なフィードバックはNAKである。全てのスケジュールされた下りリンクサブフレームに対するフィードバックがACKである場合のみ、最終的なフィードバックはACKである。

現在のロングタームエボリューションLTEプロトコルでは、動的スケジューリング及びセミパーシステントスケジューリングSPS)という2つのデータスケジューリングモードが規定されている。動的スケジューリングモードでは、各新たなデータパケットが、リソース及び伝送モードを指示するための制御シグナリング物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を有する。UEは、下りリンクデータを受信し、BSによって配信されたPDCCHに従って、上りリンクデータを送信する。SPSモードでは、BSは、SPS伝送活性化される場合のみ、PDCCH制御シグナリングを送信する。UEは、PDCCHによって指示された位置及び時間に従って、SPS伝送を活性化する。UEは、特別なフォーマットの別のPDCCHがSPS伝送を終了させるまでの一定期間内、新たなデータパケットを送信及び受信する。
PDCCHは、動的スケジューリング及びセミパーシステントスケジューリングの両方のモードで通知のために使用されるため、UEは、スケジューリングモードが動的スケジューリングであるか又はセミパーシステントスケジューリングであるかを、PDCCHの巡回冗長検査CRC)における異なるスランブルIDによって区別する。動的スケジューリングモードでは、PDCCHのCRCは、セル無線ネットワーク一時識別子(C−RNTI)を使用してスクランブルされ、セミパーシステントスケジューリングモードでは、PDCCHのCRCは、SPS−C−RNTIを使用してスクランブルされる。UEは、SPS−C−RNTIを使用してスクランブルされたPDCCHを検出した場合、セミパーシステント伝送を活性化し、PDCCH内の指示に従ってデータを受信又は送信する。セミパーシステント伝送が最初に活性化された場合、UEは、それに続く期間内、PDCCHによって指示された位置のみに従ってデータを受信及び送信し、それにより、SPSデータパケットリソースの位置を、毎回PDCCHを介してUEに通知する必要がなくなる。SPSデータの期間が過ぎたときに、SPS−C−RNTIを使用してスクランブルされた特別なフォーマットのPDCCHによってセミパーシステント伝送がキャンセルされるまでの間に、SPSリソースの位置が変更される必要がある場合は、新たなPDCCHが以前のセミパーシステントスケジューリング構成を置き換えるために使用されてもよい。

概要

N個のACK/NAKが正しく配列されることを保証することができる。本発明は、無線通信に関し、セミパーシステントスケジューリング(SPS)データパケットの確認応答(ACK)情報をフィードバック及び受信する方法及び装置を開示する。方法は、基地局(BS)から、k個(k<N)の下りリンクデータパケットはSPSデータパケットである下りリンクデータパケットと、前記BSによって送信された前記下りリンクデータパケットの数N(Nは複数)を示す上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)を受信することと、k個のSPSデータパケットのk個のACK/NAKが、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置された、N個の下りリンクデータパケットを確認するN個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を含むフィードバック信号を形成することと、1番目の位置のACK/NAKから始まる前記フィードバック信号を前記BSに送信することを含む。

目的

本発明の実施形態の1つの目的は、下りリンクデータのACK情報が適切にフィードバックされることが可能なようにSPSデータパケットのACK情報をフィードバックする、方法及び装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

実行可能な命令を記憶した記憶媒体と結合されたプロセッサ具備する装置であって、前記実行可能な命令は、前記プロセッサによって実行されるとき、前記プロセッサに、下りリンクデータパケットおよび上りリンクデータ割り当てインジケーター(ULDAI)を、基地局(BS)から受信することであって、前記ULDAIの値は、端末のために前記BSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネルPDSCH)データパケットの数Nを示し、前記数Nは1より大きく、前記PDSCHデータパケットの数k(0<k<N)はSPSデータパケットの数であり、前記kとNは正の整数である、受信することと、k個のSPSデータパケットを確認するk個の確認応答否定応答ACKNAK)を、N個のPDSCHデータパケットを確認するN個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置することと、1番目の位置の1番目のACK/NAKから始まるN個のACK/NAKを、前記BSに送信することとを行わせる、装置。

請求項2

前記実行可能な命令は、前記プロセッサに、N個のPDSCHデータパケットのうちのN−k個の非SPSデータパケットを確認するN−k個のACK/NAKを、前記N個のACK/NAKのうちの1番目の位置から(N−k)番目の位置までに配置することを更に行わせる、請求項1に記載の装置。

請求項3

前記実行可能な命令は、前記プロセッサに、下りリンクデータ割り当てインジケーター(DLDAI)を、前記BSから受信することを更に行わせ、ここで、DLDAIの値は、PDSCHデータパケットが前記N個のPDSCHデータパケットのM番目(M≦N−k)の非SPSデータパケットであることを示し、前記M番目の非SPSデータパケットを確認するACK/NAKは、前記N個のACK/NAKのうちのM番目の位置に配置される、請求項1または2に記載の装置。

請求項4

SPSデータパケットは、リソーススケジューリングインデックスを有さないデータパケットを運ぶデータパケットであり、非SPSデータパケットは、リソーススケジューリングインデックスを有するデータパケットを運ぶデータパケットである、請求項1〜3の何れか1項に記載の装置。

請求項5

スケジュールされる前記PDSCHデータパケットは、1つのSPSデータパケットを含み、前記SPSデータパケットに対する前記ACK/NAKは、フィードバック信号において前記N個のACK/NAKの最後の位置に配置される、請求項1〜4の何れか1項に記載の装置。

請求項6

(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置は、正順又は逆順に、あるいはSPSデータパケットの到着順序に従って、k個のSPSデータパケットの確認応答を配列するために使用される、請求項2〜4の何れか1項記に載の装置。

請求項7

実行可能な命令を記憶した記憶媒体と結合されたプロセッサを具備する装置であって、前記実行可能な命令は、前記プロセッサによって実行されるとき、前記プロセッサに、下りリンクデータパケットおよび上りリンクデータ割り当てインジケーター(ULDAI)を、端末に送信することであって、前記ULDAIの値は、端末のためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)データパケットの数Nを示し、前記数Nは1より大きく、前記PDSCHデータパケットの数k(0<k<N)はSPSデータパケットの数であり、kとNは正の整数である、送信することと、N個のACK/NAKのうちの1番目の位置の1番目のACK/NAKから始まるN個のPDSCHデータパケットを確認するN個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を、前記端末から受信することであって、k個のSPSデータパケットを確認するk個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置される、受信することとを行わせる、装置。

請求項8

前記実行可能な命令は、前記プロセッサに、SPSアクティベーションシグナリングを送信することと、NAKを受信した場合に、次回のセミパーシステント伝送においてもう1つのSPSアクティベーションシグナリングを送信し、又は、SPS再送時にもう1つのSPSアクティベーションシグナリングを送信することとを更に行わせ、ここで、前記もう1つのSPSアクティベーションシグナリングは、前記SPSアクティベーションシグナリングと同じであるか又は異なる、請求項7に記載の装置。

請求項9

N個のPDSCHデータパケットのうちの非SPSデータパケットのN−k個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの1番目の位置から(N−k)番目までの位置に配置される、請求項7または8に記載の装置。

請求項10

前記実行可能な命令は、前記プロセッサに、下りリンクデータ割り当てインジケーター(DLDAI)を、前記端末に送信することを更に行わせ、ここで、DLDAIの値は、PDSCHデータパケットが前記N個のPDSCHデータパケットのM番目(M≦N−k)の非SPSデータパケットであることを示し、N個のACK/NAKは、非SPSデータパケットのN−k個のACK/NAKを含み、前記M番目の非SPSデータパケットを確認する確認応答は、前記N個のACK/NAKのうちのM番目の位置に配置される、請求項7〜9の何れか1項記に記載の装置。

請求項11

スケジュールされる前記PDSCHデータパケットは、1つのSPSデータパケットを含み、前記SPSデータパケットに対する前記ACK/NAKは、フィードバック信号において前記N個のACK/NAKの最後の位置に配置される、請求項7〜10の何れか1項に記載の装置。

請求項12

(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置は、正順又は逆順に、あるいはSPSデータパケットの到着順序に従って、k個のSPSデータパケットの確認応答を配列するために使用される、請求項7〜10の何れか1項に記載の装置。

請求項13

確認応答(ACK)情報または否定応答(NAK)情報を送信する装置であって、下りリンクデータパケットおよび上りリンクデータ割り当てインジケーター(ULDAI)を、基地局(BS)から受信するように構成された受信機であって、前記ULDAIの値は、端末のために前記BSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)データパケットの数Nを示し、前記数Nは1より大きく、前記PDSCHデータパケットの数k(0<k<N)はSPSデータパケットの数であり、前記kとNは正の整数である、受信機と、k個のSPSデータパケットを確認するk個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を、N個のPDSCHデータパケットを確認するN個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置するプロセッサと、1番目の位置の1番目のACK/NAKから始まるN個のACK/NAKを、BSに送信する送信機とを具備する装置。

請求項14

前記プロセッサは、N個のPDSCHデータパケットのうちのN−k個の非SPSデータパケットを確認するN−k個のACK/NAKを、前記N個のACK/NAKのうちの1番目の位置から(N−k)番目の位置までに配置するように更に構成される、請求項13に記載の装置。

請求項15

前記受信機は、下りリンクデータ割り当てインジケーター(DLDAI)を、前記BSから受信するように更に構成され、ここで、DLDAIの値は、PDSCHデータパケットが前記N個のPDSCHデータパケットのM番目(M≦N−k)の非SPSデータパケットであることを示し、前記M番目の非SPSデータパケットを確認するACK/NAKは、前記N個のACK/NAKのうちのM番目の位置に配置される、請求項13または14に記載の装置。

請求項16

SPSデータパケットは、リソーススケジューリングインデックスを有さないデータパケットを運ぶデータパケットであり、非SPSデータパケットは、リソーススケジューリングインデックスを有するデータパケットを運ぶデータパケットである、請求項13〜15の何れか1項に記載の装置。

請求項17

スケジュールされる前記PDSCHデータパケットは、1つのSPSデータパケットを含み、前記SPSデータパケットに対する前記ACK/NAKは、フィードバック信号において前記N個のACK/NAKの最後の位置に配置される、請求項13〜16の何れか1項に記載の装置。

請求項18

確認応答(ACK)情報または否定応答(NAK)情報を受信する装置であって、下りリンクデータパケットおよび上りリンクデータ割り当てインジケーター(ULDAI)を、端末に送信する送信機であって、前記ULDAIの値は、端末のためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)データパケットの数Nを示し、前記数Nは1より大きく、前記PDSCHデータパケットの数k(0<k<N)はSPSデータパケットの数であり、kとNは正の整数である、送信機と、N個のACK/NAKのうちの1番目の位置の1番目のACK/NAKから始まるN個のPDSCHデータパケットを確認するN個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を、前記端末から受信するように構成された受信機であって、k個のSPSデータパケットを確認するk個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置される、受信機とを具備する装置。

請求項19

前記送信機は、SPSアクティベーションシグナリングを送信し、NAKを受信した場合に、次回のセミパーシステント伝送においてもう1つのSPSアクティベーションシグナリングを送信し、又は、SPS再送時にもう1つのSPSアクティベーションシグナリングを送信するように更に構成され、ここで、前記もう1つのSPSアクティベーションシグナリングは、前記SPSアクティベーションシグナリングと同じであるか又は異なる、請求項18に記載の装置。

請求項20

N個のPDSCHデータパケットのうちの非SPSデータパケットのN−k個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの1番目の位置から(N−k)番目までの位置に配置される、請求項18または19に記載の装置。

請求項21

前記送信機は、下りリンクデータ割り当てインジケーター(DLDAI)を、前記端末に送信するように更に構成され、ここで、DLDAIの値は、PDSCHデータパケットが前記N個のPDSCHデータパケットのM番目(M≦N−k)の非SPSデータパケットであることを示し、N個のACK/NAKは、非SPSデータパケットのN−k個のACK/NAKを含み、前記M番目の非SPSデータパケットを確認する確認応答は、前記N個のACK/NAKのうちのM番目の位置に配置される、請求項18〜20の何れか1項記に記載の装置。

請求項22

スケジュールされる前記PDSCHデータパケットは、1つのSPSデータパケットを含み、前記SPSデータパケットに対する前記ACK/NAKは、フィードバック信号において前記N個のACK/NAKの最後の位置に配置される、請求項18〜21の何れか1項に記載の装置。

技術分野

0001

本開示は、無線通信に関し、特に、セミパーシステントスケジューリングデータパケット確認応答情報フィードバックおよび受信する装置に関する。

背景技術

0002

従来の3GPP E−UTRAシステムでは、周波数分割複信FDD)及び時分割複信(TDD)という2つのモードがサポートされている。TDDモードでは、各無線フレームの長さは、10msであり、2つの5msの長さのハーフフレームによって構成される。各ハーフフレームは、8つの0.5msタイムスロットと、3つの特別なフィールド、すなわち、下りリンクパイロットタイムスロット(DwPTS)、ガード期間(GP)、及び上りリンクパイロットタイムスロット(UpPTS)とによって構成される。2つのタイムスロットがサブフレームを形成し、そして、DwPTS、GP、及びUpPTSは特別なサブフレームを形成する。サブフレームの長さは1msである。

0003

現在、3GPP E−UTRAシステムにおいては、複数の下りリンクサブフレーム確認応答又は否定応答ACKNAK)を上りリンクサブフレーム内でフィードバックするために、マルチプレクシング及びバンドリングという2つのモードが利用可能である。マルチプレクシングモードでは、ACK/NAKが物理上りリンク制御チャネル(PUCCH)内でフィードバックされる場合、フィードバックは上りリンク−下りリンク構成に関連し、ACK/NAKが物理下りリンク共有チャネルPDSCH)内でフィードバックされる場合、フィードバックされるビットの数は、上りリンクグラント(UL Grant)シグナリングが存在するかどうかによって異なる。UL Grantシグナリングが存在する場合、ユーザ装置(UE)がフィードバックすることを要求されるビットの数は、シグナリング内上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)フィールドを介して指定される。基地局(BS)が合計N個の下りリンクサブフレームのうちのx個をスケジュールする場合、UEはx個のACK/NAKをフィードバックする。UL Grantシグナリングが存在しない場合、UEは、それらのスケジュールされていない下りリンクサブフレームに対して、Nビット及びNAKをフィードバックする。

0004

バンドリングモードでは、全てのスケジュールされた下りリンクサブフレームの詳細を示すために、PUCCH内又はPUSCH内で、1ビットのみのACK/NAK情報がフィードバックされる。1つのスケジュールされた下りリンクサブフレームに対するフィードバックがNAKである限り、最終的なフィードバックはNAKである。全てのスケジュールされた下りリンクサブフレームに対するフィードバックがACKである場合のみ、最終的なフィードバックはACKである。

0005

現在のロングタームエボリューションLTEプロトコルでは、動的スケジューリング及びセミパーシステントスケジューリングSPS)という2つのデータスケジューリングモードが規定されている。動的スケジューリングモードでは、各新たなデータパケットが、リソース及び伝送モードを指示するための制御シグナリング物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を有する。UEは、下りリンクデータを受信し、BSによって配信されたPDCCHに従って、上りリンクデータを送信する。SPSモードでは、BSは、SPS伝送活性化される場合のみ、PDCCH制御シグナリングを送信する。UEは、PDCCHによって指示された位置及び時間に従って、SPS伝送を活性化する。UEは、特別なフォーマットの別のPDCCHがSPS伝送を終了させるまでの一定期間内、新たなデータパケットを送信及び受信する。
PDCCHは、動的スケジューリング及びセミパーシステントスケジューリングの両方のモードで通知のために使用されるため、UEは、スケジューリングモードが動的スケジューリングであるか又はセミパーシステントスケジューリングであるかを、PDCCHの巡回冗長検査CRC)における異なるスランブルIDによって区別する。動的スケジューリングモードでは、PDCCHのCRCは、セル無線ネットワーク一時識別子(C−RNTI)を使用してスクランブルされ、セミパーシステントスケジューリングモードでは、PDCCHのCRCは、SPS−C−RNTIを使用してスクランブルされる。UEは、SPS−C−RNTIを使用してスクランブルされたPDCCHを検出した場合、セミパーシステント伝送を活性化し、PDCCH内の指示に従ってデータを受信又は送信する。セミパーシステント伝送が最初に活性化された場合、UEは、それに続く期間内、PDCCHによって指示された位置のみに従ってデータを受信及び送信し、それにより、SPSデータパケットリソースの位置を、毎回PDCCHを介してUEに通知する必要がなくなる。SPSデータの期間が過ぎたときに、SPS−C−RNTIを使用してスクランブルされた特別なフォーマットのPDCCHによってセミパーシステント伝送がキャンセルされるまでの間に、SPSリソースの位置が変更される必要がある場合は、新たなPDCCHが以前のセミパーシステントスケジューリング構成を置き換えるために使用されてもよい。

先行技術

0006

NECGroup,DL Multiplexing for Persistent and Dynamic scheduling,R1-073460,3GPP,2007.08.15
Samsung,ACK/NAKRepetitions in E-UTRA UL,R1-082303,3GPP,2008.06.25
Huawei,Remaining issues on PDCCH for semi-persistent scheduling,R1-083691,3GPP,2008.09.24
Texas Instruments,On remaining issues of TDDACK/NAK transmission on PUSCH,R1-083525,3GPP,2008.09.24

発明が解決しようとする課題

0007

しかし、従来技術における上りリンクACK/NAKマルチプレクシングモードでは、UEによってフィードバックされるK個のACK/NAKの第1の位置は、SPSサブフレームのACK/NAKであり、その他のサブフレームのUL ACK/NAKの位置は、下りリンクデータ割り当てインジケーター(DL DAI)の順序で配列される。UEは、サブフレーム内にデータが検出されない場合、NAKをフィードバックする。UEは、SPSアクティベーションシグナリングを紛失した場合、第1の位置においてNAKをフィードバックする。NAKに基づいて、BSは、制御シグナリングは適切に受信されたが、データが誤っているとみなし、従って、正しくないACK情報を受信する。結果として、BSはPDCCHを再送せず、UEはセミパーシステント伝送の位置を依然として認識せず、それにより、不必要な再送が発生する。

課題を解決するための手段

0008

本発明の実施形態の1つの目的は、下りリンクデータのACK情報が適切にフィードバックされることが可能なようにSPSデータパケットのACK情報をフィードバックする、方法及び装置を提供することである。

0009

本発明の実施形態の別の目的は、下りリンクデータのACK情報が適切に受信されることが可能なようにSPSデータパケットのACK情報を受信する、方法及び装置を提供することである。

0010

上述の目的を達成するために、本発明の実施形態は以下の技術的解決法を提供する。SPSデータパケットのACK情報をフィードバックする方法は、基地局(BS)から、下りリンクデータパケットと、上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)とを受信することと、ここで、UL DAIの値は、UEのためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)サブフレームの数(N)を示し、数(N)は1より大きく、PDSCHサブフレームの数k(0<k<N)はSPSデータパケットの数であり、kとNは正の整数であり、k個のSPSデータパケットのk個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を、N個のPDSCHサブフレームを確認するN個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置することと、1番目の位置のACK/NAKから始まるN個のACK/NAKをBSに送信することとを含む。

0011

上述の目的を達成するために、本発明の実施形態は以下の技術的解決法を提供する。ユーザ装置(UE)は、基地局(BS)から、下りリンクデータパケットと、上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)とを受信するように構成された受信ユニットと、ここで、UL DAIの値は、ユーザ装置(UE)のためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)サブフレームの数(N)を示し、数(N)は1より大きく、PDSCHサブフレームの数k(0<k<N)はセミパーシステントスケジューリング(SPS)データパケットであり、kとNは正の整数であり、k個のSPSデータパケットのk個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を、N個のPDSCHサブフレームを確認するN個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置するように構成された処理ユニットと、1番目の位置のACK/NAKから始まるN個のACK/NAKをBSに送信するように構成されたフィードバックユニットとを備える。

0012

上述の目的を達成するために、本発明の実施形態は以下の技術的解決法を提供する。基地局(BS)がSPSデータパケットのACK情報を受信する方法は、ユーザ装置(UE)に、下りリンクデータパケットと、上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)とを送信することであって、UL DAIの値は、UEのためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)サブフレームの数(N)を示し、数(N)は1より大きく、PDSCHサブフレームの数k(0<k<N)はSPSデータパケットであり、kとNは正の整数である、送信することと、1番目の位置の確認応答/否定応答(ACK/NAK)から始まるN個のACK/NAKをUEから受信することであって、k個のSPSデータパケットのk個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置される、受信することとを含む。
基地局は、ユーザ装置(UE)に、下りリンクデータパケットと、上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)とを送信するように構成された送信ユニットと、ここで、UL DAIの値は、UEのためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)サブフレームの数(N)を示し、数(N)は1より大きく、PDSCHサブフレームの数k(0<k<N)はセミパーシステントスケジューリング(SPS)データパケットであり、kとNは正の整数であり、1番目の位置のACK/NAKから始まるN個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)をUEから受信するように構成された受信ユニットとを備え、ここで、k個のSPSデータパケットのk個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置される。

0013

上述の目的を達成するために、本発明の実施形態は以下の技術的解決法を提供する。ユーザ装置(UE)によって使用されるプログラムは、コンピュータに、基地局(BS)から、下りリンクデータパケットと上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)とを受信することと、ここで、UL DAIの値は、UEのためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)サブフレームの数(N)を示し、数(N)は1より大きく、PDSCHサブフレームの数k(0<k<N)はSPSデータパケットであり、kとNは正の整数であり、k個のSPSデータパケットのk個の確認応答/否定応答(ACK/NAK)を、N個のPDSCHサブフレームを確認するN個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置することと、1番目の位置のACK/NAKから始まるN個のACK/NAKをBSに送信することとを実行させる。
また、基地局(BS)によって使用されるプログラムは、コンピュータに、下りリンクデータパケットと上りリンクデータ割り当てインジケーター(UL DAI)とをユーザ装置(UE)に送信することであって、UL DAIの値は、UEのためにBSによってスケジュールされる物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)サブフレームの数(N)を示し、数(N)は1より大きく、PDSCHサブフレームの数k(0<k<N)はSPSデータパケットであり、kとNは正の整数である、送信することと、1番目の位置の確認応答/否定応答(ACK/NAK)から始まるN個のACK/NAKをUEから受信することであって、k個のSPSデータパケットのk個のACK/NAKは、N個のACK/NAKのうちの(N−k+1)番目からN番目までの位置に配置される、受信することとを実行させる。

発明の効果

0014

従来技術と比較して、本発明の実施形態は以下の相違と利益とを有する。下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKは、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目までのACK/NAKまでの位置にマッピングされる。この場合、SPSアクティベーションPDCCHシグナリング、又はSPSサブフレームのオーバーライドPDCCHシグナリングが紛失していると、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKがフィードバックのためにN番目のACK/NAKの位置にマッピングされる場合、N個のACK/NAKは正しく配列されることが可能である。更に、正しく配列されたN個のACK/NAKのACK情報をBSが受信する場合、不必要なデータ再送は減らされることが可能であり、それによりリソースが節約される。

図面の簡単な説明

0015

本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報をフィードバックする方法のフローチャートである。
本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法のフローチャートである。
本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。
本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。
本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。
本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。
本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報をフィードバックする装置の構成を示す。
本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報を受信する装置の構成を示す。

実施例

0016

本発明の目的、技術的解決法、及び利点をより良く理解するために、以下では、添付の図面と例示的実施形態とを参照して本発明について詳細に説明する。

0017

図1は、本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報をフィードバックする方法のフローチャートである。図1に示すように、この方法は以下のステップを含む。

0018

ステップ101:BSからUL DAI及び下りリンクデータを受信し、ここで、UL DAIの値は下りリンクデータパケットの数(N)を示す。

0019

ステップ102:下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングし、ここで、kは0よりも大きな正の整数である。

0020

ステップ103:BSにN個のACK/NAKをフィードバックする。

0021

ステップ102の、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングすることは、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置に、正順又は逆順で(in positive or negative sequence)マッピングすることを含む。

0022

ステップ102は、下りリンクデータの非SPSデータパケットのACK/NAKを、N個のACK/NAKのうちの第1のACK/NAKからの位置にマッピングすることを更に含む。具体的には、このステップは、BSからDL DAIを受信することと(DL
DAIの値は、下りリンクデータパケットが、下りリンクデータパケットのM番目の非SPSデータパケットであることを示す)、M番目の非SPSデータパケットのACK/NAKを、M番目のACK/NAKの位置にマッピングすることとを含む。

0023

本実施形態では、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKが、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングされる。この場合、SPSアクティベーションPDCCHシグナリング、又はSPSサブフレームのオーバーライドPDCCHシグナリングが紛失していると、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKが、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングされるならば、N個のACK/NAKは正しく配列されることが可能である。

0024

図2は、本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法のフローチャートである。図2に示すように、この方法は以下のステップを含む。

0025

ステップ201:UEにUL DAI及び下りリンクデータを送信し、ここで、UL DAIの値は下りリンクデータパケットの数(N)を示す。

0026

ステップ202:UEによってフィードバックされたN個のACK/NAKを受信し、そのうちの、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置は、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットをマッピングするために使用される。

0027

ステップ202で、BSが、SPSアクティベーションサブフレームに対するフィードバックNAKを受信した場合、次回のセミパーシステント伝送時に、又はSPS再送時に、別のSPSアクティベーションシグナリングが送信される。送信されるシグナリングは、SPSアクティベーションシグナリングと同じであるか又は異なる。

0028

下りリンクデータの非SPSデータパケットのACK/NAKを、ステップ202におけるN個のACK/NAKのうちの第1のACK/NAKからの位置にマッピングするステップは、UEにDL DAIを送信することと(DL DAIの値は、下りリンクデータパケットが、下りリンクデータパケットのM番目の非SPSデータパケットであることを示す)、UEからM個のACK/NAKを受信することと(そのうち、M番目の非SPSデータパケットのACK/NAKが、M番目のACK/NAKの位置にマッピングされる)を含む。

0029

下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKが、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングされる。この場合、SPSアクティベーションPDCCHシグナリング、又はSPSサブフレームのオーバーライドPDCCHシグナリングが紛失していると、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKが、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングされるならば、N個のACK/NAKは正しく配列されることが可能である。従って、正しく配列されたN個のACK/NAKをBSが受信する場合、不必要なデータ再送は減らされることが可能であり、それによりリソースが節約される。上述の実施形態はTDDモードに基づいている。TDDモードは以下の特徴を有する。サブフレーム0及び5は下りリンクサブフレームでなければならず、サブフレーム2は上りリンクサブフレームでなければならず、DwPTSは下りリンクデータを送信するか又はデータを送信しなくてもよく、残りのサブフレームは上りリンク又は下りリンクサブフレームとして柔軟に割り当てられてもよい。

0030

表1に示すように、5msの周期のための4つの割り当て比率、すなわち、1:3、2:2、3:1、及び3:5と、10msの周期のための3つの割り当て比率、すなわち、6:3、7:2、及び8:1とを含む、7つの上りリンク対下りリンク割り当て比率が、3GPP E−UTRAシステムにおいて規定されている。1:3及び3:5の割り当て比率を除き、割り当て比率は、N個(2個以上)の下りリンクサブフレームのACK/NAKが1個の上りリンクサブフレーム内でフィードバックされる必要がある、という結果を引き起こす可能性がある。

0031

2:2の割り当て比率を例に取ると、DwPTSが下りリンクデータを送信する場合、下りリンクサブフレームに対するACK/NAKフィードバックが、下りリンクサブフレームに満遍なく割り当てられなければならない。従って、2つの上りリンクサブフレームのうちの1つは、2つの下りリンクサブフレームのACK/NAKをフィードバックしなければならない。これらのN個の下りリンクサブフレームは、動的スケジューリングサブフレーム又はSPSサブフレームであってもよい。BSは、N個の下りリンクサブフレームのうちの1つ又は複数の下りリンクサブフレームをスケジュールしてもよい。例えば、BSは、1つのみの下りリンクサブフレームを、又はN個の下りリンクサブフレームのうちの全てをスケジュールしてもよく、これは、サービスに応じて、BSのスケジューラによって決定される。動的スケジューリングは、1つのみの下りリンクサブフレームが1度スケジュールされることが可能な、ランダムスケジューリングである。BSは、任意の下りリンクサブフレームを動的にスケジュールしてもよい。各下りリンクサブフレームの動的スケジューリングにおいて、PDCCHが必要とされる。SPSは、複数の下りリンクサブフレームが周期ごとにスケジュールされるモードである。最初の下りリンクサブフレームのSPS内でPDCCHが必要とされることを除き、下りリンクサブフレームの後続のSPS内ではPDCCHは必要とされない。

0032

3GPPLTE技術では、HARQ相互作用エラーを回避するために、一連要件が規定されている。この要件は以下の通りである。

0033

1.UEのスケジュールされたPDSCHサブフレームの数を示すために、UL Grant内で2ビットのUL DAIが使用される。PDSCHサブフレームは、動的サブフレームとSPSサブフレームとを含む。ある場合には、例えば、SPSサブフレームの数を決定するために、UL DAIの値は非SPSサブフレームの数のみを含んでもよい。それらの場合、UEは、SPSサブフレームの数と、UL DAIによって示された非SPSサブフレームの数との合計を計数することによって、PDSCHサブフレームの数(N)を取得し、ここで、Nは、UEがフィードバックする必要がある上りリンクACK/NAKの数を示す。

0034

2.UEに割り当てられたPDSCHサブフレームの現在の数を示すために、DL Grant内で2ビットのDL DAIが使用される。ACK/NAKマルチプレクシングモードでは、DL DAIは、カウンタを使用することによって、SPSサブフレームの数を計数することなしに、現在時までのUEに割り当てられたPDSCHサブフレームの数だけを計数する。SPSサブフレームは、リソーススケジューリングインデックスシグナリングなしで下りリンクSPSデータを運ぶサブフレーム、又は下りリンクSPSデータとSPSオーバーライドPDCCHとを運ぶサブフレームであってもよい。SPSサブフレームは、更に、下りリンクSPSデータを運ぶサブフレームであってもよく、SPSアクティベーションシグナリングPDCCHを運ぶサブフレーム、及びSPSオーバーライドPDCCHのサブフレームを含んでもよい。

0035

3.上りリンクACK/NAKマルチプレクシングモードでは、UEによってフィードバックされるN個のACK/NAKのうちの第1の位置は、SPSサブフレームのACK/NAKである。その他のサブフレームのUL ACK/NAKは、DL DAIの順序に従って配列される。

0036

4.UEは、サブフレーム内にデータが検出されない場合、NAKをフィードバックする。

0037

従来技術における上りリンクACK/NAKマルチプレクシングモードでは、UL DAIに従ってUEがフィードバックするN個のACK/NAKの第1の位置は、SPSサブフレームのACK/NAKである。その他のサブフレームのACK/NAKは、DL DAIの順序に従って配列される。UEは、サブフレーム内にデータが検出されない場合、NAKをフィードバックする。従って、SPSアクティベーションPDCCHが紛失している場合、UEはサブフレームが動的サブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できないため、UL ACK/NAKマルチプレクシングフィードバックにおいてエラーが発生する可能性がある。

0038

図3は、本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。図3に示すように、SPS伝送は、DL Grantシグナリングによって活性化される。DL Grantによって示された周波数リソースが、セミパーシステント伝送データパケットを運ぶ。UEは、DL Grantシグナリングが受信されない場合、データが受信されていないことを意味するDTXをフィードバックしなければならないが、実際にはNAKをフィードバックする。BSは、NAKが、UEがDL Grantシグナリングを受信したことを示すものであるか、又はUEがDL Grantシグナリングを受信したが、SPSデータパケットの検出中にエラーが発生したことを示すものであるかを認識しない。BSは、NAKが、UEがDL Grantシグナリングを受信したことを示すものであるとみなす場合、SPSリソースがすでに活性化されているとみなして、一定期間後に新たなSPSデータパケットを送信する。SPSモードではDL Grantは得られないため、UEは、一定期間内に正しいSPSデータを取得することはできない。表1に示すように、BSがSPSデータパケットを再送する場合の上りリンクサブフレーム対下りリンクサブフレームの割り当て比率が1:3であり、第1のサブフレームはセミパーシステントデータパケットを運び、第2及び第3のサブフレームは動的スケジューリングサブフレームであると仮定すると、第2及び第3のサブフレームのDL Grant内のDL DAIの値は0及び1でなければならず、上りリンクサブフレームのUL Grant内のDAIの値は3である。UEが4つの下りリンクサブフレームを受信する場合に、第2のサブフレームが正しく受信され、第3のサブフレームもまた正しく受信されると仮定する。UEは、上りリンク内でフィードバックを提供する場合、UL GrantのDAIが3であり、受信した第2のサブフレームのDL GrantのDL DAIが0であり、かつ、SPSアクティベーションPDCCHをUEが受信していないため、第1のサブフレームをSPSサブフレームであるとはみなさない。これは、SPSサブフレームのACK/NAKはマルチプレクシンググループの第1の位置に固定されていなければならないという、従来技術における要件によって引き起こされる。従って、UEはACK,ACK、及びNAKをフィードバックするが、BSはUEがNAK、ACK、及びACKをフィードバックすることを期待する。これは、第1のサブフレームがSPSサブフレームであるかどうかに関するBSとUEとの間の判断の違いによって引き起こされる。更に、UEはSPSアクティベーションシグナリングを受信しないが、BSは、UEがSPSアクティベーションシグナリングを受信したとみなす。結果として、UEは、SPS期間内に、SPSデータパケットに対するNAKをフィードバックし、BSはPDCCHを再送しない。従って、UEはセミパーシステント伝送の位置を認識せず、これにより不必要な再送が発生する。

0039

本実施形態は、BSがSPSデータパケットを再送する際の上りリンクサブフレーム対下りリンクサブフレームの割り当て比率が1:3であり、SPSサブフレームのACK/NAKがマルチプレクシンググループ(N個のACK/NAK)の第1の位置に固定されていなければならない場合、フィードバックエラーが発生する、という従来技術の弱点を克服するための、改良された解決法を提供する。改良された解決法は次の通りである。SPS下りリンクサブフレームに関連付けられた上りリンクACK/NAKに対して、UL ACK/NAKマルチプレクシングが実行される場合、上りリンクACK/NAKは伝送のためにマルチプレクシンググループ(N個のACK/NAK)内の最後の位置に固定される。

0040

DwPTSも下りリンクデータを運ぶことができる場合、4つの下りリンクサブフレームと1つの上りリンクサブフレームとが5ms内に得られる。3つの下りリンクサブフレームがユーザのためにスケジュールされる場合、これらの3つの下りリンクサブフレームのうちの第1のサブフレームは、SPSサブフレームであり、第2及び第3のサブフレームは、下りリンク動的スケジューリングデータを運ぶ。この場合、UL DAIは、ユーザのスケジュールされた下りリンクサブフレームの総数を計数してもよい。UL DAIの値は3に等しい。第1の下りリンクサブフレームはSPSサブフレームなので、DL DAIパラメータはSPSサブフレーム内で計数されない。第2の下りリンクサブフレームは動的スケジューリングデータであり、そのDL DAIは0に等しい。第3の下りリンクサブフレームも動的スケジューリングデータサブフレームであり、そのDL DAIは1に等しい。UEが、セミパーシステント伝送データパケット(下りリンクサブフレーム1)と、セミパーシステント伝送のアクティベーションDL Grantとを紛失したが、その他のサブフレームの動的スケジューリングデータは受信した場合、UEは、第1の下りリンクサブフレームがSPSサブフレームであることを認識できない。UEは、UL DAIが3に等しいという事実に基づいて、3つのULACK/NAKがフィードバックされる必要があると判定する。第2の下りリンクサブフレームのDL DAIは0に等しいため、UEは、第2の下りリンクサブフレームがBSによってスケジュールされた第1の下りリンクサブフレームであると誤認して、マルチプレクシンググループ(N個のACK/NAK)内の第1の位置においてACKをフィードバックする可能性がある。第3の下りリンクサブフレームにおいてDL DAIは1に等しいという事実に従って、UEは、第3の下りリンクサブフレームが第2のスケジュールされた下りリンクサブフレームであると判定して、マルチプレクシンググループ(N個のACK/NAK)内の第2の位置においてACKをフィードバックする。第4の下りリンクサブフレームにおいてデータは検出されないため、UEは、第4の下りリンクサブフレームが第3のスケジュールされたサブフレームを受信していないと判定して、マルチプレクシンググループ内の第3の位置においてNAKをフィードバックする可能性がある。従って、UEは、ACK、ACK、及びNAKをフィードバックする。本実施形態によれば、SPS下りリンクサブフレームに関連付けられた上りリンクACK/NAKに対してUL ACK/NAKマルチプレクシングが実行される場合、上りリンクACK/NAKは伝送のためにマルチプレクシンググループ内の最後の位置に固定される。すなわち、UEは、SPSサブフレームのACK/NAKを、3つのACK/NAKのうちの第3の位置にマッピングする。従って、BSは、フィードバックACK、ACK、及びNAKを受信すべきである。この場合、UEが送信するACK/NAKの順序は、BSが受信すべきACK/NAKの順序と同じである。

0041

加えて、本実施形態では、SPSアクティベーションサブフレームに対するNAKのフィードバックをBSが受信した場合、BSは、次の周期のセミパーシステントデータ伝送において、SPSアクティベーションPDCCHと同じPDCCHをもう1つ送信するか、又は、SPSサブフレーム再送のための位置において、SPSアクティベーションPDCCHと同じPDCCHを再送する。UEは、PDCCHによって示されたリソースに従って、SPSデータを送信又は受信し、SPS伝送を活性化する。

0042

本実施形態では、下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKをフィードバックのために第3のACK/NAKの位置にマッピングする。従って、SPSアクティベーションPDCCHシグナリングが紛失している場合、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKがフィードバックのために第3のACK/NAKの位置にマッピングされる場合、3つのACK/NAKは正しく配列されることが可能である。加えて、本実施形態では、1:3の割り当て比率のみを例に取っている。その他の6つの割り当て比率も本発明に適用可能であり、更なる説明は行わない。

0043

更に、SPS伝送が正常に活性化された場合、SPSデータの期間が過ぎたときに、以前のSPS構成を置き換えるために、新たなDL Grantが使用されてもよい。オーバーライドPDCCHのサブフレームがDL DAIの計数に入れられ、かつ、SPSサブフレームに関連付けられたACK/NAKが、ACK/NAKマルチプレクシンググループ内の第1の位置にマッピングされる必要がある場合、サブフレームのPDCCHが紛失しているならば、エラーが発生する可能性がある。

0044

図4は、本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。図4に示すように、BSは、1:3の割り当て比率に基づいて、3つの下りリンクサブフレームをUEのためにスケジュールする。この場合、UL DAIは3に等しい。サブフレームAは、SPSオーバーライドサブフレームである。従って、SPSオーバーライドサブフレームのDL DAIは0に等しい。サブフレームC及びDは動的スケジューリングサブフレームであり、それらのDL DAIは1及び2に等しい。サブフレームAにおいてSPSオーバーライドPDCCHが発生した場合に、サブフレームA及びDのPDCCHが紛失しているならば、サブフレームCのみが受信されることが可能である。この場合、UEは、サブフレームCのUL DAI及びDL DAIが3及び1に等しいことを認識する。しかし、UEは、サブフレームAがSPSオーバーライドサブフレームであることを認識しない。代わりに、UEは、サブフレームAが、依然として、DL DAIの計数に入れられないSPSサブフレームであるとみなす。従って、UEは、サブフレームBが、DL DAIが0に等しいサブフレームとして使用されたと誤認する可能性がある。結果として、SPSサブフレームに関連付けられたACK/NAKがマルチプレクシンググループ内の第1の位置に固定される場合、UEはNAK、NAK、及びACKをフィードバックするが、BSはフィードバックNAK、ACK、及びNAKを受信すべきである。

0045

本実施形態は、SPSサブフレームのACK/NAKがフィードバックのためにマルチプレクシンググループ内の第1の位置に固定される、及び、SPSサブフレームのオーバーライドPDDCHが紛失している場合にフィードバックエラーが発生する、という従来技術の弱点を克服するための、改良された解決法を提供する。改良された解決法は次の通りである。上りリンクサブフレーム対下りリンクサブフレームの割り当て比率が1:3である場合、DwPTSが下りリンクデータを運ぶことができるならば、4つの下りリンクサブフレームと1つの上りリンクサブフレームとが5msの期間内に得られる。SPS下りリンクサブフレームに関連付けられた上りリンクACK/NAKに対して、UL ACK/NAKマルチプレクシングが実行される場合、上りリンクACK/NAKは伝送のためにN個のACK/NAKのうちの最後の位置に固定され、すなわち、それらのACK/NAKは、第3の位置に固定される。この場合、BSは、フィードバックNAK、ACK、及びNAKを受信しなければならない。サブフレームCのDL DAI及びUL DAIが1及び3であるという事実に従って、UEは、サブフレームBが動的スケジューリングサブフレームであると誤認して、サブフレームBに対してNAKをフィードバックする可能性があり、そして、サブフレームAがSPSサブフレームであると誤認して、UL ACK/NAKマルチプレクシンググループ内の最後の位置において、サブフレームAに対してNAKをフィードバックする可能性がある。その他のサブフレームのUL ACK/NAKは、DL DAIの順序に従って配列される。UEは、NAK、ACK、及びNAKをフィードバックする。この場合、UEが実際に送信するフィードバックの順序は、BSが受信すべきフィードバックの順序と同じである。

0046

本実施形態では、下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKをフィードバックのために第3のACK/NAKの位置にマッピングする。従って、SPSフレームのオーバーライドPDCCHシグナリングが紛失している場合、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKがフィードバックのために第3のACK/NAKの位置にマッピングされる場合、UEが実際に送信するフィードバックの順序は、BSが受信すべきフィードバックの順序と同じである。加えて、本実施形態では、1:3の割り当て比率のみを例に取っている。その他の6つの割り当て比率も本発明に適用可能であり、更なる説明は行わない。

0047

図3に示す実施形態は、SPSサブフレームのSPSアクティベーションPDCCHが紛失しているという事実に基づいている。しかし、本実施形態では、送信されるSPSサブフレームの数は1に制限されない。本実施形態では、2つのSPSサブフレームが存在し、そのうちの、一方のSPSサブフレームのSPSアクティベーションPDCCHが紛失しており、他方のSPSサブフレームは正常に送信されると仮定する。図5は、本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。図5に示すように、サブフレームBは、SPSアクティベーションPDCCHが紛失しているSPSサブフレームであり、サブフレームCは、DL Grantなしで正常に送信されるSPSサブフレームである。下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKがフィードバックのために第1のACK/NAKの位置にマッピングされる場合、エラーが発生する可能性がある。具体的な解析は以下の通りである。BSは、3つの下りリンクサブフレームをUEのためにスケジュールし、UL DAIは3に等しい。サブフレームAは、動的スケジューリングデータを運ぶ。この場合、DL DAIは0に等しく、UEは、サブフレームを受信して、ACKをフィードバックする。UEは、サブフレームBの位置において、SPSアクティベーションPDCCHを受信しない。従って、UEは、サブフレームBがサブフレームSPSであるとはみなさないが、サブフレームBが動的スケジューリングサブフレームであると誤認する。結果として、UEは、第3の位置においてNAKをフィードバックする。サブフレームCは、DL Grantなしで正常に送信されるSPSサブフレームである。UEは、サブフレームを受信し、そして、第1の位置においてACKをフィードバックすべきである。実際には、UEは、ACK、ACK、及びNAKをフィードバックする。BSは、フィードバックNAK、ACK、及びACKを受信すべきである。この場合、UEが実際に送信するフィードバックの順序は、BSが受信すべきフィードバックの順序とは異なる。

0048

この問題を解決するために、本実施形態では、SPS下りリンクサブフレームに関連付けられた上りリンクACK/NAKに対してUL ACK/NAKマルチプレクシングが実行される場合、SPSサブフレームに関連付けられたACK/NAKを、動的サブフレームの後ろに、一定の順序で配列する。本実施形態によれば、サブフレームAのDL DAIは0に等しく、サブフレームAは、フィードバックACKを有する動的スケジューリングサブフレームであり、このACKは第1のACK/NAKの位置にマッピングされなければならない。サブフレームBは、SPSサブフレームであり、これに対してはNAKがフィードバックされなければならず、サブフレームCは、SPSサブフレームであり、これに対しては、第3のACK/NAKの位置においてACKがフィードバックされなければならない。SPSサブフレームのACK/NAKの位置は、サブフレームB及びCの到着順序に従って配列される。BSは、フィードバックACK、NAK、及びACKを受信しなければならない。サブフレームAのDL DAI及びUL DAIは0及び3に等しいという事実に従って、UEは、サブフレームAが動的スケジューリングサブフレームであると判定してもよく、そして、DL DAIが0に等しいため、第1の位置においてACKをフィードバックしてもよい。サブフレームBのPDCCHが紛失しているため、UEは、サブフレームBが動的スケジューリングサブフレームであると誤認して、UL ACK/NAKの第2の位置においてNAKをフィードバックする可能性がある。サブフレームCは、SPSサブフレームであり、正しく受信される。この場合、ACKは最後の位置にマッピングされる。実際には、UEは、ACK、NAK、及びACKをフィードバックする。この場合、UEが実際に送信するフィードバックの順序は、BSが受信すべきフィードバックの順序と同じである。

0049

本実施形態では、下りリンクデータの2つのSPSデータパケットのACK/NAKをフィードバックのために第2及び第3のACK/NAKの位置にマッピングする。従って、SPSアクティベーションPDCCHシグナリングが紛失している場合、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのSPSデータパケットのACK/NAKがフィードバックのために第2及び第3のACK/NAKの位置にマッピングされる場合、3つのACK/NAKは正しく配列されることが可能である。加えて、本実施形態では、2つのみのSPSデータパケットを例に取っている。3つ以上のSPSデータパケットも本発明に適用できる可能性がある。本実施形態は、SPSアクティベーションPDCCHシグナリングが紛失しているという条件に基づいている。SPSアクティベーションPDCCHシグナリングが紛失しており、かつ、通常のSPSデータパケットが紛失している、という条件も本発明に適用可能であり、更なる説明は行わない。更に、本実施形態では、1:3の割り当て比率のみを例に取っている。その他の6つの割り当て比率も本発明に適用可能であり、更なる説明は行わない。

0050

上述の実施形態は、BSが3つの下りリンクサブフレームをUEのためにスケジュールしたという条件に基づいている。本発明の別の実施形態における、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法は、以下の条件に基づいている。上りリンクサブフレーム対下りリンクサブフレームの割り当て比率が1:3であり、4つの下りリンクサブフレームが5msの期間内に得られ、BSが4つの下りリンクサブフレームをUEのためにスケジュールし、セミパーシステント伝送の開始時にSPSサブフレームデータパケットの伝送が失敗し、そして、動的サブフレームのPDCCHが紛失している。図6は、本発明の別の実施形態による、SPSデータパケットのACK情報を受信する方法における、SPSサブフレームの受信を示す概略図である。図6に示すように、DwPTSが下りリンクデータを運ぶことができる場合、4つの下りリンクサブフレームと1つの上りリンクサブフレームとが5msの期間内に得られる。SPSサブフレームデータパケットAの伝送が失敗し、動的サブフレームBのPDCCHが紛失している場合、セミパーシステント伝送の開始時に、UEは、セミパーシステント伝送データサブフレームを、一定期間内に一定時間受信する。SPS下りリンクサブフレームに関連付けられた上りリンクACK/NAKに対して、UL ACK/NAKマルチプレクシングが実行される場合、上りリンクACK/NAKは伝送のためにマルチプレクシンググループ内の最後の位置に固定される。UEは、サブフレームAがSPSサブフレームであることを認識し、サブフレームAのデータが紛失していることを検出する。次に、UEは、NAKをフィードバックする。UEはサブフレームB内のPDCCHを検出しない。UEは、サブフレームC内のデータを検出し、DL DAIが1に等しいという事実に従って、サブフレームBが動的データスケジューリングサブフレームを紛失したことを推定する。UEは、サブフレームDが正しく、フィードバックACKを有することを検出する。UL DAIは4に等しいため、UEは4つのACK/NAKをフィードバックする必要がある。DL DAIの配列順序と、SPSサブフレームを最後の位置にマッピングする方法とに従って、UEは、NAK、ACK、ACK、及びNAKのフィードバックを提供する。しかし、BSは、フィードバックNAK、ACK、ACK、及びNAKを受信すべきである。従って、UEが実際に送信するフィードバックの順序は、BSが受信すべきフィードバックの順序と同じである。

0051

図7は、本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報をフィードバックする装置の構成を示す。図7に示すように、フィードバック装置10は、BSからUL DAI及び下りリンクデータを受信するように適合された(UL DAIの値は下りリンクデータパケットの数(N)を示す)、受信ユニット11と、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングするように適合された、処理ユニット12と、BSにN個のACK/NAKをフィードバックするように適合された、フィードバックユニット13とを含む。処理ユニット12は、下りリンクデータの非SPSデータパケットのACK/NAKを、N個のACK/NAKのうちの第1のACK/NAKからの位置にマッピングするように更に適合される。処理は次の通りである。BSからDL DAIを受信し(DL DAIの値は、下りリンクデータパケットが、M番目の非SPS下りリンクデータパケットであることを示す)、M番目の非SPSデータパケットのACK/NAKを、M番目のACK/NAKの位置にマッピングする。

0052

加えて、処理ユニット12は、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置に、正順又は逆順でマッピングしてもよい。詳細は本発明の第3〜第6の実施形態において提供されており、更なる提供は行わない。

0053

本実施形態では、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングする。この場合、SPSアクティベーションPDCCHシグナリング、又はSPSサブフレームのオーバーライドPDCCHシグナリングが紛失していると、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKが、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングされる場合、N個のACK/NAKは正しく配列されることが可能である。

0054

図8は、本発明の一実施形態における、SPSデータパケットのACK情報を受信する装置の構成を示す。図8に示すように、受信装置は、UEにUL DAI及び下りリンクデータを送信するように適合された(UL DAIの値は下りリンクデータパケットの数(N)を示す)、送信ユニット21と、UEによってフィードバックされたN個のACK/NAKを受信するように適合された(そのうちの、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置は、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットをマッピングするために使用される)、受信ユニット22とを含む。送信ユニットは、SPSアクティベーションサブフレームに対するフィードバックNAKを受信ユニット22が受信した場合に、次回のセミパーシステント伝送においてもう1つのSPSアクティベーションシグナリングを送信するか、又はSPS再送時にもう1つのSPSアクティベーションシグナリングを送信するように更に適合され、再送されるシグナリングは、SPSアクティベーションシグナリングと同じであるか又は異なる。加えて、受信ユニット22内で、下りリンクデータの非SPSデータパケットのACK/NAKは、N個のACK/NAKの第1の位置からの位置にマッピングされる。処理は次の通りである。UEにDL DAIを送信し(DL DAIの値は、下りリンクデータパケットが、M番目の非SPS下りリンクデータパケットであることを示す)、UEによってフィードバックされたM個のACK/NAKを受信する(そのうち、M番目の非SPSデータパケットが、M番目のACK/NAKの位置にマッピングされる)。詳細は上述の方法実施形態において提供されている。

0055

本発明の実施形態では、下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKを、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングする。この場合、SPSアクティベーションPDCCHシグナリング、又はSPSサブフレームのオーバーライドPDCCHシグナリングが紛失していると、UEは、サブフレームが動的スケジューリングサブフレームであるか又はSPSサブフレームであるかを区別できない。下りリンクデータのk個のSPSデータパケットのACK/NAKが、(N−k+1)番目のACK/NAKからN番目のACK/NAKまでの位置にマッピングされる場合、N個のACK/NAKは正しく配列されることが可能である。従って、正しく配列されたN個のACK/NAKのACK情報をBSが受信する場合、不必要なデータ再送は減らされることが可能であり、それによりリソースが節約される。

0056

実施形態の上述の説明により、当業者は、本発明の実施形態がハードウェアによって、又は必要なハードウェアプラットフォームと組み合わせたソフトウェアによって実施されてもよいということを理解できる。従って、本発明の技術的解決法は、ソフトウェアとして作製されてもよい。ソフトウェアは、不揮発性記憶媒体(例えば、CD−ROMUSBフラッシュディスク、及びモバイルハードディスク)内に記憶されてもよく、そして、本発明の各実施形態において提供された方法をコンピュータ装置(PC、サーバ、又はネットワーク装置)が実行することを可能にする複数の命令を含んでもよい。

0057

本発明について、いくつかの例示的実施形態と添付の図面とを介して説明してきたが、本発明はそのような実施形態に限定されない。本発明の精神及び範囲を逸脱することなく当業者が本発明に対して様々な修正及び変形を行うことが可能であることは明白である。

0058

10……フィードバック装置
11……受信ユニット
12……処理ユニット
13……フィードバックユニット
20……受信装置
21……送信ユニット
22……受信ユニット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電気株式会社の「 無線基地局および無線リソース割り当て方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題・解決手段】無線基地局(1)は、複数の帯域保証される無線端末に無線リソースを割り当てた後に得られる各帯域保証される無線端末の伝送レートが所望伝送レートを達成できる範囲内において、各帯域保証される... 詳細

  • ソニー株式会社の「 通信装置及び通信方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題・解決手段】マルチユーザ環境下におけるチャネル・アクセス動作を制御する通信装置及び通信方法を提供する。APからのトリガー・フレームを通してMUモード終了後の各STAのチャネル・アクセス動作を制御... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 通信装置、制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】端末が保持するデータに関する情報を効率的に取得すること。【解決手段】IEEE802.11ax規格に従って動作する通信装置は、所定の条件に基づいて、IEEE802.11ax規格に対応する1つ以上... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ