図面 (/)

技術 毛髪洗浄剤組成物

出願人 花王株式会社
発明者 上野詩織福原智佳子
出願日 2016年5月10日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2016-094858
公開日 2017年11月16日 (3年0ヶ月経過) 公開番号 2017-202991
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード pH計 コート感 速乾性能 付加順序 心理的負担 メチルオクタデカン酸 メチルヘキサデカン酸 メチルテトラデカン酸
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

洗髪後濡れ毛髪を短時間で乾燥させることができることに加え、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りであり、また乾燥中にべたつかず、乾燥後には毛髪がまとまることができる毛髪洗浄剤組成物を提供する。

解決手段

成分(A):特定の構成を有するカチオン化ヒドロキシプロピルセルロース、成分(B):成分(A)以外のカチオン性ポリマー、成分(C):硫酸塩型界面活性剤、成分(D):特定の構成を有する分岐脂肪酸またはその塩、および、水を含有する、毛髪洗浄剤組成物。

概要

背景

ヘアカラーパーマ等の化学処理ドライヤーアイロン等の熱処理により毛髪ダメージを受ける。ダメージを受けた毛髪においては、毛髪間の摩擦が高くなるため、絡まりが生じやすくなり、絡まることで毛髪表面物理的損傷を受け、さらなる髪ダメージを引き起こす。
こうしたヘアケア行動時の物理的損傷を低減させ、ダメージによる悩みを解消するために、毛髪洗浄剤中に、カチオン性ポリマーや、シリコーン等の油剤が配合されることがある。しかしながら、これらの配合効果を高めるために配合量を増やしすぎると、乾燥後の毛髪がべたついたり、使用感が低下したりする懸念があった。

そこで、特定のカチオン化ヒドロキシプロピルセルロースを配合することで、乾燥後のべたつきのなさと使用感の両立を満たす提案がなされている。
たとえば、特許文献1(特開2012−232945号公報)には、カチオン化ヒドロキシプロピルセルロースと、カチオン化グアガムカチオン化ヒドロキシエチルセルロースから選ばれる一種以上の化合物とを組み合わせて用いる技術について記載されており、すすぎ時の髪の指通り性や柔らかさ、乾燥後の髪の指通り性、まとまり感、柔らかさ、ハリコシ感に優れる毛髪化粧料が開示されている。

また、特許文献2(特開2012−246288号公報)には、アニオン界面活性剤、特定のカチオン化ヒドロキシプロピルセルロース、特定の有機溶剤および特定の有機カルボン酸を含み、pHが特定の範囲にある水性毛髪洗浄剤に関する技術が記載されている。そして、同文献に記載の水性毛髪洗浄剤によれば、傷んだ毛髪であっても、乾燥後の髪の絡まりおよび毛髪の広がりを効果的に抑え、毛髪にハリコシを与えることができるとされている。

また、特許文献3(国際公開第2011/059063号)には、使用後のべたつき感がなく、優れた指通り性、コート感、まとまり感を髪に付与することができる毛髪化粧料に関する技術として、界面活性剤および特定のカチオン化ヒドロキシプロピルセルロースを含有する毛髪化粧料について記載されている。

概要

洗髪後濡れた毛髪を短時間で乾燥させることができることに加え、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りであり、また乾燥中にべたつかず、乾燥後には毛髪がまとまることができる毛髪洗浄剤組成物を提供する。成分(A):特定の構成を有するカチオン化ヒドロキシプロピルセルロース、成分(B):成分(A)以外のカチオン性ポリマー、成分(C):硫酸塩型界面活性剤、成分(D):特定の構成を有する分岐脂肪酸またはその塩、および、水を含有する、毛髪洗浄剤組成物。なし

目的

本発明は、次の成分(A)、(B)、(C)、(D)および水を含有する、毛髪洗浄剤組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次の成分(A)、(B)、(C)、(D)および水を含有する、毛髪洗浄剤組成物。(A)下記一般式(1)で表されるアンヒドログルコース由来の主鎖を有し、かつカチオン化エチレンオキシ基による置換度が0.01以上2.9以下であり、プロピレンオキシ基による置換度が0.1以上4.0以下である、カチオン化ヒドロキシプロピルセルロース(B)成分(A)以外のカチオン性ポリマー(C)硫酸塩型界面活性剤(D)下記一般式(5)で表される分岐脂肪酸またはその塩(上記一般式(1)中、R1、R2およびR3は、それぞれ独立に下記一般式(2)または(3)で表される置換基を示し、nは前記アンヒドログルコースの平均重合度を示し、50以上5000以下の数である。)(上記一般式(2)および(3)中、Y1およびY2は、一方が水素原子を示し、他方が下記一般式(4)で表されるカチオン性基を示し、POはプロピレンオキシ基を示す。pはカチオン化エチレンオキシ基(−CH(Y1)−CH(Y2)−O−)の数を示し、qはプロピレンオキシ基(−PO−)の数を示し、それぞれ0または正の整数である。ただし、R1、R2およびR3におけるすべてのpおよびqが同時に0となることはない。また、pおよびqのいずれもが0でない場合、前記カチオン化エチレンオキシ基と前記プロピレンオキシ基の付加順序は問わず、さらにpおよびqのいずれもが0でなくpおよびqのいずれか一方または両方が2以上である場合、ブロック結合およびランダム結合のいずれであってもよい。)(上記一般式(4)中、R4、R5およびR6は、それぞれ独立に炭素数1以上3以下の直鎖または分岐鎖アルキル基を示し、X-はアニオン性基を示す。)(上記一般式(5)中、a、b、cの総和はa+b+c=11〜27の整数を示し、aは0または1以上の整数、bは1の整数を示し、X1+は水素アルカリ金属アルカリ土類金属アンモニウム有機アミンまたは塩基性アミノ酸由来のカチオンを示す。)

請求項2

当該毛髪洗浄剤組成物中の前記成分(A)の含有量が、当該毛髪洗浄剤組成物全体に対して0.001質量%以上3質量%以下である、請求項1に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項3

当該毛髪洗浄剤組成物中の前記成分(B)の含有量が、当該毛髪洗浄剤組成物全体に対して0.01質量%以上3質量%以下である、請求項1または2に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項4

当該毛髪洗浄剤組成物中の前記成分(C)の含有量が、当該毛髪洗浄剤組成物全体に対して3質量%以上20質量%以下である、請求項1〜3いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項5

当該毛髪洗浄剤組成物中の前記成分(D)の含有量が、当該毛髪洗浄剤組成物全体に対して0.001質量%以上3質量%以下である、請求項1〜4いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項6

当該毛髪洗浄剤組成物中の前記成分(D)の含有量に対する前記成分(A)の含有量の質量比((A)/(D))が0.001以上3000以下である、請求項1〜5いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項7

当該毛髪洗浄剤組成物中の前記成分(B)の含有量に対する前記成分(A)の含有量の質量比((A)/(B))が0.001以上300以下である、請求項1〜6いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項8

前記成分(B)が、カチオン化ガラクトマンナンカチオン化ヒドロキシエチルセルロースポリクオタニウム−10)、カチオン化デンプン、ポリクオタニウム−6、ポリクオタニウム−7、ポリクオタニウム−22およびポリクオタニウム−52からなる群より選ばれる1種以上である、請求項1〜7いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項9

成分(E)としてシリコーン類をさらに含有する、請求項1〜8いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物。

請求項10

請求項1〜9いずれか1項に記載の毛髪洗浄剤組成物を毛髪に適用し、水で洗い流すことを含む、毛髪の洗浄方法

技術分野

0001

本発明は、毛髪洗浄剤組成物に関する。

背景技術

0002

ヘアカラーパーマ等の化学処理ドライヤーアイロン等の熱処理により毛髪ダメージを受ける。ダメージを受けた毛髪においては、毛髪間の摩擦が高くなるため、絡まりが生じやすくなり、絡まることで毛髪表面物理的損傷を受け、さらなる髪ダメージを引き起こす。
こうしたヘアケア行動時の物理的損傷を低減させ、ダメージによる悩みを解消するために、毛髪洗浄剤中に、カチオン性ポリマーや、シリコーン等の油剤が配合されることがある。しかしながら、これらの配合効果を高めるために配合量を増やしすぎると、乾燥後の毛髪がべたついたり、使用感が低下したりする懸念があった。

0003

そこで、特定のカチオン化ヒドロキシプロピルセルロースを配合することで、乾燥後のべたつきのなさと使用感の両立を満たす提案がなされている。
たとえば、特許文献1(特開2012−232945号公報)には、カチオン化ヒドロキシプロピルセルロースと、カチオン化グアガムカチオン化ヒドロキシエチルセルロースから選ばれる一種以上の化合物とを組み合わせて用いる技術について記載されており、すすぎ時の髪の指通り性や柔らかさ、乾燥後の髪の指通り性、まとまり感、柔らかさ、ハリコシ感に優れる毛髪化粧料が開示されている。

0004

また、特許文献2(特開2012−246288号公報)には、アニオン界面活性剤、特定のカチオン化ヒドロキシプロピルセルロース、特定の有機溶剤および特定の有機カルボン酸を含み、pHが特定の範囲にある水性毛髪洗浄剤に関する技術が記載されている。そして、同文献に記載の水性毛髪洗浄剤によれば、傷んだ毛髪であっても、乾燥後の髪の絡まりおよび毛髪の広がりを効果的に抑え、毛髪にハリコシを与えることができるとされている。

0005

また、特許文献3(国際公開第2011/059063号)には、使用後のべたつき感がなく、優れた指通り性、コート感、まとまり感を髪に付与することができる毛髪化粧料に関する技術として、界面活性剤および特定のカチオン化ヒドロキシプロピルセルロースを含有する毛髪化粧料について記載されている。

先行技術

0006

特開2012−232945号公報
特開2012−246288号公報
国際公開第2011/059063号

発明が解決しようとする課題

0007

ところで、ダメージを受けて親水化した毛髪は、洗髪後、乾きにくくなり、ドライヤー等による乾燥に長時間要することとなり、消費者体力的負担になっている。また、ダメージケアを目的として配合されている油剤やポリマー等は、ドライヤー乾燥時のベタツキの原因となり、このべたつきにより、濡れダメージ毛は絡まりやすく、ドライヤー乾燥中に生じるひっかかりはさらなるダメージの蓄積と消費者の心理的負担になっている。

0008

しかしながら、上述した特許文献1〜3には、洗髪後の濡れた毛髪の乾燥の速さに関してはまったく示唆されていない。また、濡れた毛髪を乾燥している時の毛髪のべたつきのなさに関しても示唆されてはいない。さらに、これらの文献に記載の技術により、乾燥後の毛髪の絡まり、まとまりは改善されるが、すすぎ時の毛髪の絡まりのなさや乾燥後の毛髪のまとまりについても未だ改善の余地があった。

0009

従って本発明は、洗髪後の濡れた毛髪を短時間で乾燥させることができることに加え、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りであり、また乾燥中にべたつかず、乾燥後には毛髪がまとまることができる毛髪洗浄剤組成物に関するものである。

課題を解決するための手段

0010

本発明は、次の成分(A)、(B)、(C)、(D)および水を含有する、毛髪洗浄剤組成物を提供するものである。
(A)下記一般式(1)で表されるアンヒドログルコース由来の主鎖を有し、かつカチオン化エチレンオキシ基による置換度が0.01以上2.9以下であり、プロピレンオキシ基による置換度が0.1以上4.0以下である、カチオン化ヒドロキシプロピルセルロース
(B)成分(A)以外のカチオン性ポリマー
(C)硫酸塩型界面活性剤
(D)下記一般式(5)で表される分岐脂肪酸またはその塩



(上記一般式(1)中、R1、R2およびR3は、それぞれ独立に下記一般式(2)または(3)で表される置換基を示し、nは前記アンヒドログルコースの平均重合度を示し、50以上5000以下の数である。)



(上記一般式(2)および(3)中、Y1およびY2は、一方が水素原子を示し、他方が下記一般式(4)で表されるカチオン性基を示し、POはプロピレンオキシ基を示す。pはカチオン化エチレンオキシ基(−CH(Y1)−CH(Y2)−O−)の数を示し、qはプロピレンオキシ基(−PO−)の数を示し、それぞれ0または正の整数である。ただし、R1、R2およびR3におけるすべてのpおよびqが同時に0となることはない。また、pおよびqのいずれもが0でない場合、前記カチオン化エチレンオキシ基と前記プロピレンオキシ基の付加順序は問わず、さらにpおよびqのいずれもが0でなくpおよびqのいずれか一方または両方が2以上である場合、ブロック結合およびランダム結合のいずれであってもよい。)



(上記一般式(4)中、R4、R5およびR6は、それぞれ独立に炭素数1以上3以下の直鎖または分岐鎖アルキル基を示し、X-はアニオン性基を示す。)



(上記一般式(5)中、a、b、cの総和はa+b+c=11〜27の整数を示し、aは0または1以上の整数、bは1の整数を示し、X1+は水素アルカリ金属アルカリ土類金属アンモニウム有機アミンまたは塩基性アミノ酸由来のカチオンを示す。)

0011

また、本発明は、上記本発明における毛髪洗浄剤組成物を毛髪に適用し、水で洗い流すことを含む、毛髪の洗浄方法を提供するものである。

発明の効果

0012

本発明によれば、洗髪後の濡れた毛髪を短時間で乾燥させることができることに加え、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りであり、また乾燥中にべたつかず、乾燥後には毛髪がまとまることができる毛髪洗浄剤組成物を得ることができる。

0013

以下、本発明の実施の形態について、各成分の具体例を挙げて説明する。なお、各成分はいずれも単独でまたは2種以上を組み合わせて用いることができる。
本実施形態における毛髪洗浄剤組成物は、以下の成分(A)〜(D)および水を含む。

0014

(成分(A))
成分(A)は、一般式(1)で表されるアンヒドログルコース由来の主鎖を有し、かつカチオン化エチレンオキシ基による置換度が0.01以上2.9以下であり、プロピレンオキシ基による置換度が0.1以上4.0以下である、カチオン化ヒドロキシプロピルセルロース(以下、「C−HPC」ともいう。)である。

0015

0016

(上記一般式(1)中、R1、R2およびR3は、それぞれ独立に下記一般式(2)または(3)で表される置換基を示し、nは前記アンヒドログルコースの平均重合度を示し、50以上5000以下の数である。)

0017

0018

(上記一般式(2)および(3)中、Y1およびY2は、一方が水素原子を示し、他方が下記一般式(4)で表されるカチオン性基を示し、POはプロピレンオキシ基を示す。pはカチオン化エチレンオキシ基(−CH(Y1)−CH(Y2)−O−)の数を示し、qはプロピレンオキシ基(−PO−)の数を示し、それぞれ0または正の整数である。ただし、R1、R2およびR3におけるすべてのpおよびqが同時に0となることはない。また、pおよびqのいずれもが0でない場合、前記カチオン化エチレンオキシ基と前記プロピレンオキシ基の付加順序は問わず、さらにpおよびqのいずれもが0でなくpおよびqのいずれか一方または両方が2以上である場合、ブロック結合およびランダム結合のいずれであってもよい。)

0019

0020

(上記一般式(4)中、R4、R5およびR6は、それぞれ独立に炭素数1以上3以下の直鎖または分岐鎖のアルキル基を示し、X-はアニオン性基を示す。)

0021

(一般式(1)で表されるアンヒドログルコース由来の主鎖)
成分(A)は、上記一般式(1)で表されるとおり、アンヒドログルコース由来の主鎖を有する。

0022

一般式(1)において、R1、R2およびR3は、それぞれ独立に一般式(2)または(3)で表される置換基であり、R1、R2およびR3は、同一であっても、異なっていてもよい。また、n個のR1、n個のR2およびn個のR3は、それぞれ同一であっても、異なってもよい。

0023

また、毛髪の速乾効果を高める観点、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点、および、乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、一般式(1)における平均重合度nは、50以上であり、好ましくは100以上、より好ましくは400以上、さらに好ましくは700以上であり、また、5000以下であり、好ましくは2000以下、より好ましくは1300以下である。
ここで、平均重合度とは、銅−アンモニア法により測定される粘度平均重合度をいい、具体的には特開2012−232942号公報に記載の方法により算出される。

0024

(一般式(2)または(3)で表される置換基)
成分(A)は、一般式(1)のR1、R2またはR3中に、カチオン化エチレンオキシ基およびプロピレンオキシ基を有する。R1、R2またはR3は、それぞれ独立に一般式(2)または(3)で表される置換基である。

0025

一般式(2)および(3)において、Y1およびY2は、一方が水素原子であり、他方が一般式(4)で表されるカチオン性基を示し、POはプロピレンオキシ基を示す。
pは、一般式(2)または(3)中に含まれるカチオン化エチレンオキシ基(−CH(Y1)−CH(Y2)−O−)の数を示し、0または正の数である。成分(A)の製造容易性を向上させる観点から、pは、好ましくは0または1である。
qは、一般式(2)または(3)中に含まれるプロピレンオキシ基(−PO−)の数を示し、0または正の数である。成分(A)の製造容易性を向上させる観点から、qは、好ましくは0以上4以下の数であり、より好ましくは0以上2以下の数、さらに好ましくは0または1である。
C−HPC分子内に複数の一般式(2)または(3)で表される置換基が存在する場合、該置換基間において、pおよびqの値はそれぞれ異なっていてもよい。

0026

pとqの合計は、成分(A)の製造容易性を向上させる観点から、好ましくは1以上5以下の数であり、より好ましくは1以上4以下の数、さらに好ましくは1以上3以下の数、さらにより好ましくは1または2である。
一般式(2)または(3)において、pおよびqのいずれもが0でない場合、カチオン化エチレンオキシ基とプロピレンオキシ基の付加順序は問わないが、成分(A)の製造効率を高める観点から、好ましくは一般式(3)に記載した順序である。
また、pおよびqのいずれもが0でなく、かつ、pおよびqのいずれか一方または両方が2以上である場合、カチオン化エチレンオキシ基およびプロピレンオキシ基の結合は、ブロック結合およびランダム結合のいずれであってもよいが、成分(A)の製造容易性を向上させる観点から、好ましくはブロック結合である。
また、R1、R2およびR3におけるすべてのpおよびqが同時に0となることはない。すなわち、n個のR1、n個のR2、n個のR3において、少なくとも1つは、一般式(2)または(3)のpが0ではなく、また、少なくとも1つは、一般式(2)または(3)のqが0ではない。

0027

(一般式(4)で表されるカチオン性基)
一般式(2)または(3)におけるY1、Y2のカチオン性基は、上記一般式(4)で表される構造を有する。

0028

一般式(4)において、R4、R5およびR6は、それぞれ独立に炭素数1以上3以下の直鎖または分岐のアルキル基であり、その具体例としては、メチル基エチル基、n−プロピル基およびイソプロピル基が挙げられる。これらの中では、C−HPCの水溶性を向上させる観点から、メチル基またはエチル基が好ましく、メチル基がより好ましい。
一般式(4)において、X-は、アンモニウム基対イオンであるアニオン性基を示す。X-はアニオン性基であれば限定されない。X-の具体例としては、アルキル硫酸イオン硫酸イオンリン酸イオンアルキル炭酸イオンハロゲン化物イオンが挙げられる。これらの中では、C−HPCの製造を容易にする観点から、ハロゲン化物イオンが好ましい。ハロゲン化物イオンとしては、フッ化物イオン塩化物イオン臭化物イオンおよびヨウ化物イオンが挙げられるが、C−HPCの水溶性および化学的定性を向上させる観点から、塩化物イオンまたは臭化物イオンが好ましく、塩化物イオンがより好ましい。

0029

一般式(1)で表されるC−HPCにおいて、洗浄時の泡立ちを高める観点、毛髪の速乾効果を高める観点、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点、および、乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、カチオン化エチレンオキシ基の置換度は、0.01以上であり、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.18以上であり、また、2.9以下であり、好ましくは2.4以下である。
ここで、カチオン化エチレンオキシ基の置換度とは、セルロース主鎖を構成するアンヒドログルコース単位モルあたりのC−HPCの分子中に存在するカチオン化エチレンオキシ基の平均モル数をいう。カチオン化エチレンオキシ基の置換度は、特開2012−232942号公報に記載の方法により測定される。

0030

また、一般式(1)で表されるC−HPCにおいて、洗浄時の起泡性の高さ、および、すすぎ時の泡切れ消泡性を付与する観点、毛髪の速乾効果を高める観点、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点、ならびに、乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、プロピレンオキシ基の置換度は、0.1以上であり、好ましくは0.2以上、より好ましくは1.1以上、さらに好ましくは1.5以上、さらにより好ましくは2.0以上であり、また、4.0以下であり、好ましくは3.0以下、より好ましくは2.9以下、さらにより好ましくは2.6以下、殊更好ましくは2.4以下である。
ここで、プロピレンオキシ基の置換度とは、セルロース主鎖を構成するアンヒドログルコース単位1モルあたりのC−HPCの分子中に存在するプロピレンオキシ基の平均モル数をいう。プロピレンオキシ基の置換度は、特開2012−232942号公報に記載の方法により測定される。

0031

成分(A)のC−HPCは、たとえば、以下の(i)〜(iii)の製造方法により得ることができる。
(i)セルロースと大量の水および大過剰のアルカリ金属水酸化物スラリー状態で混合し、カチオン化剤および酸化プロピレンと反応させる方法。
(ii)塩化リチウムを含むジメシルアセトアミド溶媒として用い、さらにアミン類アルコラート触媒を添加してセルロースを溶解させ、カチオン化剤および酸化プロピレンと反応させる方法。
(iii)上記(i)や(ii)のように、過剰の水や溶媒を用いず、粉末ペレット状またはチップ状のセルロースと、カチオン化剤および酸化プロピレンを塩基共存下に反応させる方法。
上記(i)〜(iii)の製造方法において、カチオン化剤との反応および酸化プロピレンとの反応はどちらを先におこなってもよく、同時におこなってもよい。
これらの製造方法の中では、成分(A)の製造容易性を向上させる観点から、上記(iii)の製造方法が好ましい。
さらに具体的には、前述した特許文献2に記載の方法によりC−HPCを製造することができる。

0032

毛髪洗浄剤組成物中の成分(A)の含有量は、毛髪の速乾効果を高める観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点および乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは0.001質量%以上であり、より好ましくは0.003質量%以上、さらに好ましくは0.007質量%以上、さらにより好ましくは0.01質量%以上、殊更好ましくは0.03質量%以上である。また、毛髪の速乾効果を高める観点およびすすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点から、毛髪洗浄剤組成物中の成分(A)の含有量は、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは3質量%以下であり、より好ましくは2.0質量%以下、さらに好ましくは1.2質量%以下、さらにより好ましくは0.8質量%以下、殊更好ましくは0.5質量%以下、殊更好ましくは0.3質量%以下である。

0033

(成分(B))
成分(B)は、上述した成分(A)以外のカチオン性ポリマーである。成分(B)の具体例として、カチオン化ヒドロキシエチルセルロース等の成分(A)以外のカチオン化セルロース誘導体カチオン化デンプンカチオン化フェヌグリークガムカチオン化グアーガムカチオン化タラガムカチオン化ローカストビーンガム等のカチオン化ガラクトマンナンおよびその誘導体ジアリル四級アンモニウム塩アクリルアミド共重合物ビニルイミダゾリウムトリクロライドビニルピロリドン共重合体ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロライド共重合体ビニルピロリドン四級ジメチルアミノエチルメタクリレート共重合体、ポリビニルピロリドンアルキルアミノアクリレート共重合体、ポリビニルピロリドン/アルキルアミノアクリレートビニルカプロラクタム共重合体、ビニルピロリドン/メタクリルアミドプロピル塩化トリメチルアンモニウム共重合体、アルキルアクリルアミド/アクリレート/アルキルアミノアルキルアクリルアミドポリエチレングリコールメタクリレート共重合体アジピン酸ジメチルアミノヒドロキシプロピルエチレントリアミン共重合体(米国サンドス社製、カルタレチン)等の共重合体、特開昭53−139734号公報に記載されているカチオン性ポリマー、特開昭60−36407号公報に記載されているカチオン性ポリマー等が挙げられる。

0034

このうち、カチオン化ガラクトマンナンは、マンノース構成単位とする主鎖としガラクトース単位を側鎖としたガラクトマンナンに、第4級窒素含有基を導入した水溶性カチオン化ポリマーである。ガラクトマンナンは、たとえばマメ科植物の種子の胚乳から得られる。ガラクトースとマンノースの比が1:1のものがフェヌグリークガム、1:2のものがグアーガム、1:3のものがタラガム、1:4のものがローカストビーンガムである。
カチオン化ガラクトマンナンの市販品として、カチオン化フェヌグリークガムとしてはカチナールCF−100(東邦化学工業社製)が挙げられる。カチオン化グアーガムの市販品としては、ジャガーC−13S、ジャガーC−14S、ジャガーC−14SK、ジャガーC−17等のジャガーシリーズ(Solvay社製、グアーヒドロキシプロピルトリアンモニウムクロリド)等が挙げられる。また、カチオン化タラガムの市販品としては、カチナールCTR−100、カチナールCTR−200(以上、東邦化学工業社製、カエサルピニアスピノサヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド)等が挙げられる。また、カチオン化ローカストビーンガムの市販品としては、カチナールCLB−100(東邦化学工業社製、ローカスビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド)等が挙げられる。

0035

また、成分(B)の市販品の具体例として、上述したものの他、マーコート100(Lubrizol社製、ジアリルジメチルアンモニウム塩の共重合体;INCI名ポリクオタニウム−6)、マーコート550(Lubrizol社製、アクリルアミドとジアリルジメチルアンモニウム塩の共重合体;INCI名ポリクオタニウム−7)、マーコート280および295(Lubrizol社製、アクリル酸とジアリルジメチルアンモニウム塩の共重合体;INCI名ポリクオタニウム−22)、ルビクァットFC370(BASF社製、1−ビニル−2−ピロリドンと1−ビニル−3−メチルイミダゾリウム塩の共重合体;INCI名ポリクオタニウム−16)、ガフクァット755N(ISP社製、1−ビニル−2−ピロリドンとジメチルアミノエチルメタクリレートの共重合体;INCI名ポリクオタニウム−11)、UcareポリマーJRおよび同LRシリーズ(アマーコール社製、トリメチルアンモニウム置換エポキシドとヒドロキシエチルセルロースとの反応物の塩;INCI名ポリクオタニウム−10)、ポイズC−60H、ポイズC−80M、ポイズC−150L(以上、花王社製、トリメチルアンモニウム置換エポキシドとヒドロキシエチルセルロースとの反応物の塩;INCI名ポリクオタニウム−10)、ソフケアKG−101E(花王社製;INCI名ポリクオタニウム−52)等が挙げられる。

0036

成分(B)は、毛髪の速乾効果を高める観点、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点、ならびに、乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、好ましくはカチオン化ガラクトマンナン、カチオン化ヒドロキシエチルセルロース(ポリクオタニウム−10)、カチオン化デンプン、ポリクオタニウム−6、ポリクオタニウム−7、ポリクオタニウム−22およびポリクオタニウム−52からなる群より選ばれる1種以上であり、より好ましくはカチオン化ガラクトマンナン、カチオン化ヒドロキシエチルセルロースおよびカチオン化デンプンからなる群より選ばれる1種以上、さらに好ましくはカチオン化ガラクトマンナンおよびカチオン化ヒドロキシエチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上である。

0037

毛髪洗浄剤組成物中の成分(B)の含有量は、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点および乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは0.01質量%以上であり、より好ましくは0.02質量%以上、さらに好ましくは0.05質量%以上である。また、毛髪の速乾効果を高める観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点から、毛髪洗浄剤組成物中の成分(B)の含有量は、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは3質量%以下であり、より好ましくは2質量%以下、さらに好ましくは1質量%以下、さらにより好ましくは0.8質量%以下、殊更好ましくは0.5質量%以下である。

0038

また、毛髪洗浄剤組成物中の成分(B)の含有量に対する成分(A)の含有量の質量比((A)/(B))は、毛髪の速乾効果を高める観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点および乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、好ましくは0.001以上であり、より好ましくは0.005以上、さらに好ましくは0.01以上、さらにより好ましくは0.03以上、殊更好ましくは0.06以上である。また、毛髪の速乾効果を高める観点およびすすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点から、上記質量比((A)/(B))は、好ましくは300以下であり、より好ましくは200以下、さらに好ましくは120以下、さらにより好ましくは80以下、殊更好ましくは50以下、殊更好ましくは20以下、殊更好ましくは8以下、殊更好ましくは2以下である。

0039

(成分(C))
成分(C)は、硫酸塩型界面活性剤である。
成分(C)の具体例として、アルキル硫酸塩アルケニル硫酸塩ポリオキシアルキレンアルキルエーテル硫酸塩ポリオキシアルキレンアルケニルエーテル硫酸塩、スルホコハク酸アルキレンアルキルフェニルエーテル硫酸塩が挙げられる。

0040

成分(C)は、好ましくは下記一般式(6)で表されるポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩である。
R8O(CH2CH2O)aSO3−M+ (6)
(上記一般式(6)中、R8は炭素数8以上18以下のアルキル基またはアルケニル基を示し、M+はアルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム、アルカノールアミンまたは塩基性アミノ酸由来のカチオンを示し、aはエチレンオキシド平均付加モル数であり、0.5以上5以下の数を示す。)

0041

一般式(6)中のR8の炭素数は、すばやい泡立ちと良好な泡の感触を両立する観点から、好ましくは8以上であり、より好ましくは10以上であり、また、好ましくは18以下であり、より好ましくは14以下である。
同様の観点から、一般式(6)におけるエチレンオキシドの平均付加モル数aは、好ましくは0.5以上であり、より好ましくは0.6以上、さらに好ましくは0.8以上であり、また、好ましくは5以下であり、より好ましくは4以下、さらに好ましくは3.5以下である。
また、同様の観点から、対イオンであるM+は、好ましくはナトリウムカリウム等のアルカリ金属由来のカチオン;カルシウムマグネシウム等のアルカリ土類金属由来のカチオン;アンモニウム由来のカチオン;モノエタノールアミンジエタノールアミントリエタノールアミン等のアルカノールアミン由来のカチオン;または、アルギニンリジン等の塩基性アミノ酸由来のカチオンであり、より好ましくはアンモニウムまたはナトリウム由来のカチオンである。
成分(C)は、同様の観点から、好ましくはM+がアンモニウムまたはナトリウム由来のカチオンであるポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩であり、より好ましくはラウレス硫酸アンモニウムおよびラウレス硫酸ナトリウムから選ばれる1種以上である。

0042

毛髪洗浄剤組成物中の成分(C)の含有量は、泡立ちをさらにより向上させる観点から、毛髪洗浄剤組成物全体に対して、好ましくは3質量%以上であり、より好ましくは5質量%以上、さらに好ましくは8質量%以上である。また、泡切れを向上させる観点、および、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りを付与する観点から、毛髪洗浄剤組成物中の成分(C)の含有量は、毛髪洗浄剤組成物全体に対して、好ましくは20質量%以下であり、より好ましくは18質量%以下、さらに好ましくは15質量%以下である。

0043

(成分(D))
成分(D)は、一般式(5)で表される分岐脂肪酸またはその塩である。

0044

0045

(上記一般式(5)中、a、b、cの総和はa+b+c=11〜27の整数を示し、aは0または1以上の整数、bは1の整数を示し、X1+は水素、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム、有機アミンまたは塩基性アミノ酸由来のカチオンを示す。)

0046

成分(D)のa、b、cの総和(a+b+c)は、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りを付与する観点および乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、好ましくは13以上、より好ましくは15以上であり、また、好ましくは19以下、より好ましくは17以下である。
成分(D)の具体例として、20−メチルヘンエイコサン酸、19−メチルヘンエイコサン酸、19−メチルエイコサン酸、18−メチルエイコサン酸、18−メチルノナデカン酸、17−メチルノナデカン酸、17−メチルオクタデカン酸、16−メチルオクタデカン酸、16−メチルヘプタデカン酸、15−メチルヘプタデカン酸、15−メチルヘキサデカン酸、14−メチルヘキサデカン酸、14−メチルペンタデカン酸、13−メチルペンタデカン酸、13−メチルテトラデカン酸、12−メチルテトラデカン酸、12−メチルトリデカン酸、11−メチルトリデカン酸が挙げられる。また、X1+としては、ナトリウム、リチウム、カリウム等のアルカリ金属由来のカチオン;カルシウム、マグネシウム等のアルカリ土類金属由来のカチオン;アンモニウム由来のカチオン;トリエタノールアミン、ジエタノールアミン、モノエタノールアミン等の有機アミン由来のカチオン;リジン、アルギニン等の塩基性アミノ酸由来のカチオンが挙げられる。
また、ラノリンからの抽出物、すなわちラノリン脂肪酸およびその塩も用いることができる。ラノリン脂肪酸は、具体的には、イソ脂肪酸アンテイソ脂肪酸と呼ばれるメチル分岐長鎖脂肪酸を50質量%程度含有する。

0047

成分(D)の市販品の具体例として、18MEAクロージャパン社製)、18MEA−SO−(RB)(Croda Europe Ltd.製)、スクライロ(クローダジャパン社製)、FA−NH(日本精化社製)、イソステアリン酸EX(高級アルコール工業社製)が挙げられる。

0048

毛髪洗浄剤組成物中の成分(D)の含有量は、毛髪の速乾効果を高める観点、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点および乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、毛髪洗浄剤組成物全体に対して、好ましくは0.001質量%以上であり、より好ましくは0.005質量%以上、さらに好ましくは0.02質量%以上、さらにより好ましくは0.05質量%以上である。また、毛髪の速乾効果を高める観点および乾燥中のべたつきを抑制する観点から、毛髪洗浄剤組成物中の成分(D)の含有量は、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは3質量%以下であり、より好ましくは2質量%以下、さらに好ましくは1質量%以下、さらにより好ましくは0.8質量%以下、殊更好ましくは0.5質量%以下、殊更好ましくは0.3質量%以下である。

0049

また、毛髪洗浄剤組成物中の成分(D)の含有量に対する成分(A)の含有量の質量比((A)/(D))は、毛髪の速乾効果を高める観点、乾燥中のべたつきを抑制する観点および乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、好ましくは0.001以上であり、より好ましくは0.01以上、さらに好ましくは0.08以上、さらにより好ましくは0.1以上、殊更好ましくは0.2以上である。また、毛髪の速乾効果を高める観点、すすぎ時の毛髪の絡みを抑制して滑らかな手触りとする観点、および、乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させる観点から、上記質量比((A)/(D))は、好ましくは3000以下であり、より好ましくは1000以下、さらに好ましくは100以下、さらにより好ましくは50以下、殊更好ましくは20以下、殊更好ましくは8以下、殊更好ましくは3以下である。

0050

(水)
本実施形態の毛髪洗浄剤組成物は、媒体として水を含有する。水としては、イオン交換水蒸留水等を用いることができる。水の含有量は、たとえば毛髪洗浄剤組成物中の成分(A)〜(D)およびその他成分の残量となる。

0051

また、本実施形態において、毛髪洗浄剤組成物は、前述した成分以外の成分を含んでもよい。
たとえば、毛髪洗浄剤組成物は、成分(E)としてシリコーン類をさらに含有してもよい。
(成分(E))
成分(E)のシリコーン類の具体例としては、ジメチルポリシロキサン(以下、ジメチコンともいう。)、環状シリコーンアミノ変性シリコーンジメチコノールポリエーテル変性シリコーンポリグリシドール変性シリコーン、メチルフェニルポリシロキサン脂肪酸変性シリコーン、アルコール変性シリコーンアルコキシ変性シリコーンエポキシ変性シリコーンフッ素変性シリコーンアルキル変性シリコーン等が挙げられ、毛髪洗浄剤組成物の塗布時およびすすぎ時の毛髪の滑らかさと適切な毛髪の速乾性能の観点から、好ましくは、ジメチルポリシロキサンおよびアミノ変性シリコーンからなる群から選択される1種または2種以上である。

0052

毛髪洗浄剤組成物中の成分(E)の含有量は、乾燥中の毛髪間の接着を抑制し、ばらけを促進して乾燥時間を速める観点、および、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りを付与する観点から、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは0.01質量%以上であり、より好ましくは0.05質量%以上、さらに好ましくは0.1質量%以上、さらにより好ましくは0.3質量%以上である。また、乾燥中のべたつきを抑制する観点から、毛髪洗浄剤組成物中の成分(E)の含有量は、毛髪洗浄剤組成物全体に対して好ましくは15質量%以下であり、より好ましくは10質量%以下、さらに好ましくは5質量%以下、さらにより好ましくは3質量%以下である。

0053

(その他の任意成分)
本実施形態の毛髪洗浄剤組成物は、上述した成分のほか、通常の毛髪洗浄剤組成物に用いられる成分を所望の効果に応じて適宜含むことができる。このような任意成分としては、たとえば、抗フケ剤;ビタミン剤殺菌剤グリチルリチン酸ジカリウム等のグリチルリチン酸およびその塩、グリチルレチン酸およびその塩等の抗炎症剤安息香酸およびその塩等の防腐剤EDTA−2Na等のキレート剤ソルビトールパンテノール等の保湿剤;成分(C)以外の界面活性剤;染料顔料等の着色剤ユーカリ極性溶媒抽出物等のユーカリエキスコンキオリンまたはその加水分解物蜂蜜ローヤルゼリーシルクから得られる蛋白質またはその加水分解物、マメ科植物の種子から得られる蛋白含有抽出物、オタネニンジン抽出物米胚芽抽出物ヒバマタ抽出物アロエ抽出物ハス抽出物ザクロ抽出物ノバラ抽出物カモミラ抽出物、カンゾウ抽出物月桃葉抽出物クロレラ抽出物等のエキス類酸化チタン等のパール化剤香料紫外線吸収剤酸化防止剤シアバターローズ水ヒマワリ油オレンジ油ユーカリ油等が挙げられる。

0054

(pH)
本実施形態の毛髪洗浄剤組成物のpHは、すすぎ時に毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りを付与する観点から、好ましくは4.0以上であり、より好ましくは4.5以上、さらに好ましくは5.0以上であり、また、好ましくは8.0以下であり、より好ましくは7.5以下、さらに好ましくは7.0以下である。なお、本明細書において、毛髪洗浄剤組成物のpHは、水で20質量倍希釈したときの25℃における測定値ガラス電極測定法)をいう。

0055

次に、本実施形態における毛髪洗浄剤組成物の製造方法を説明する。
本実施形態の毛髪洗浄剤組成物は、たとえば、成分(A)〜(D)および適宜他の成分を所定の順序で混合して水に溶解または分散することで製造される。
具体的には、水に成分(C)および(D)を加え、攪拌しながら80℃程度に加熱する。これに、予め成分(A)および(B)を水に溶解または均一に分散させた水溶液を加えて攪拌し、均一に溶解する。これを冷却しながら適宜その他の成分を加え撹拌し均一に溶解して、室温(25℃、以下同じ。)まで冷却することにより、毛髪洗浄剤組成物を得ることができる。

0056

また、本実施形態における毛髪洗浄剤組成物を用いた毛髪の洗浄方法は、たとえば、毛髪洗浄剤組成物を毛髪に適用、好ましくは塗布し、よく泡立てた後、洗い流すことを含む。

0057

本実施形態における毛髪洗浄剤組成物は、成分(A)〜(D)および水を含むため、洗髪後の濡れた毛髪を短時間で乾燥させることができる。また、本実施形態における毛髪洗浄剤組成物を用いることにより、すすぎ時には毛髪が絡まりにくく、滑らかな手触りを付与することができ、乾燥中のべたつきを抑制し、また、乾燥後には毛髪にまとまり性を付与することができる。
また、本実施形態によれば、たとえば、毛髪洗浄剤組成物が毛髪の表面に薄く一様に付着することも可能となるため、たとえば、すすぎ時から乾燥後にわたる毛髪の絡みを抑制し、乾燥後の毛髪のまとまり性を向上させることも可能となる。

0058

以上、本発明の実施形態について述べたが、これらは本発明の例示であり、上記以外の様々な構成を採用することもできる。

0059

<実施例1〜12および比較例1〜4>
表1および表2に示す組成シャンプー組成物を調製し、以下の方法および基準に従って、その評価をおこなった。

0060

[シャンプー組成物の調製方法
水に成分(C)および(D)を加え、攪拌しながら80℃程度に加熱し、予め成分(A)および(B)を水に溶解または均一に分散させた水溶液を加えて撹拌し、均一に溶解した。その後、得られた混合物を冷却しながら成分(E)を加えて撹拌し、均一に溶解して、25℃まで冷却し、pHが6.0になるように塩酸を加え、シャンプー組成物を得た。なお、pHは以下に示す方法で測定した。
<pHの測定方法
pHは試料精製水で20質量倍に希釈し、撹拌溶解した後、pH計(東亜ディーケーケー社製、HM−30R型)を用い、25℃にてガラス電極測定法により測定した。

0061

評価方法
[すすぎ時の毛束の絡まりのなさ・すすぎ時の毛束の滑らかさ・乾燥中の毛束のべたつきのなさ・毛束の乾燥時間の速さ]
評価用毛束
ヘアカラーを年4回の頻度で使用していた日本人の直毛を用いて、重さ20g、長さ30cm、幅5.5cmの毛束を作製した。この毛束を、40℃の流水中で30秒濡らした後、以下に処方を示すモデルシャンプー1gを塗布して泡立てた。その後、40℃の温水で30秒、毛束に指を通しながらすすぎ流した。その後の毛束を評価に用いた。

0062

(モデルシャンプーの組成)
(成分) (質量%)
ポリオキシエチレン(2.0)ラウリルエーテル硫酸ナトリウム15.5
ラウリン酸ジエタノールアミド2.2
エデト酸二ナトリウム0.15
安息香酸ナトリウム0.18
オキシベンゾン0.03
リン酸0.07
塩化ナトリウム0.8
香料0.4
精製水残量
(合計) 100

0063

処理方法
評価用毛束の含水量が20gになるまで、手で毛束をしごいて余分な水分を除去した。次に、表1および表2に示すシャンプー組成物1gを上記毛束に塗布し、20秒間泡立てをおこなった。続いて、40℃、流速60mL/sの水道水で20秒間すすぎながら、絡まり、滑らかさの観点から官能評価をおこなった。

0064

(すすぎ時の毛束の絡まりのなさ)
すすぎ時の毛束の絡まりのなさについては、「髪の絡まりを感じない」/「どちらともいえない」/「髪の絡まりを感じる」から1つを選択させた。
評価は7名のパネラーによっておこなった。表1および表2中に、「髪の絡まりを感じない」/「どちらともいえない」/「髪の絡まりを感じる」と答えたパネラーの人数を順に示す。

0065

(すすぎ時の毛束の滑らかさ)
すすぎ時の毛束の滑らかさについては、「滑らか」/「どちらともいえない」/「滑らかではない」から1つを選択させた。
評価は7名のパネラーによっておこなった。表1および表2中に、「滑らか」/「どちらともいえない」/「滑らかではない」と答えたパネラーの人数を順に示す。

0066

(毛束の乾燥時間の速さ)
上述したすすぎ時の絡まりのなさ・滑らかさの評価の後、毛束の含水量が10gとなるようタオルで水分を拭き取った。この毛束を、ドライヤー(キャン社製、Solis TYPE315、設定はhigh/very hot)の吹き出し口から、毛束の長さ方向の中心までの距離が約20cmとなるように配置し、温風真横から当たるように、ドライヤーを固定した。毛束に指を通しながらドライヤー乾燥をおこなった。ドライヤー乾燥開始から、毛束が完全に乾いたと研究員が判断できるまでの時間を計測し、毛束の乾燥時間の速さとした。

0067

(乾燥中の毛束のべたつきのなさ)
上記「毛束の乾燥時間の速さ」と同様の処理を行った際の乾燥中の毛束のべたつきについて官能評価をおこなった。評価においては、「乾燥中にべたつかない」/「どちらとも言えない」/「乾燥中にべたつきを感じる」から1つを選択させた。
評価は7名のパネラーによっておこなった。表1および表2中に、「乾燥中にべたつかない」/「どちらとも言えない」/「乾燥中にべたつきを感じる」と答えたパネラーの人数を順に示す。

0068

[乾燥後の毛束のまとまり]
(評価用毛束)
6cm×6cm角の範囲に約200本/cm2の密度、生え角60°で、長さ30cmの中国人非化学処理毛を植毛した毛束を作成した。この毛束を、40℃の流水中で30秒濡らした後、上述のモデルシャンプー1gを塗布して泡立てた。その後、40℃の温水で30秒、毛束に指を通しながらすすぎ流した。その後の毛束を評価に用いた。

0069

(処理方法)
毛束を40℃の水道水で十分に濡らした後、表1および表2に示すシャンプー組成物1gを塗布し、20秒泡立てた後に、40℃の水道水で20秒すすぎを行った。その後、毛束の含水量が3gとなるようタオルで水分を拭き取った。
次に、毛束を、ドライヤーの吹き出し口から毛束の長さ方向の中心までの距離が約20cmとなるように配置し、温風が真横から当たるようドライヤーを固定した。左右に10cm、1秒間に2往復の速さで毛束を振りながらドライヤー乾燥をおこない、30秒に1回根元から毛先まで(DELRIN社製、NEW DELRIN COMB)を通し、完全に乾燥したあとの毛束のまとまりを評価した。
評価は7名のパネラーによっておこない、「浮き毛ハネ毛がなく、毛先までまとまる」/「どちらとも言えない」/「浮き毛・ハネ毛が多く、まとまりが悪い」から1つを選択させた。
表1および表2中に、「浮き毛・ハネ毛がなく、毛先までまとまる」/「どちらとも言えない」/「浮き毛・ハネ毛が多く、まとまりが悪い」と答えたパネラーの人数を順に示す。

0070

0071

0072

表1および表2中、各成分として以下のものを用いた。
*1 PPG−2ヒドロキシプロピルトリモニウムセルロース:(平均重合度:800、カチオン化エチレンオキシ基置換度:0.2、プロピレンオキシ基置換度:2.2、一般式(4)におけるX-:塩化物イオン)
*2グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド:ジャガーC−14SK、Solvay社製
*3ポリクオタニウム−10:ポイズC−150L、花王社製
*4 ポリクオタニウム−52:ソフケアKG−101E、花王社製
*5 ポリクオタニウム−7:マーコート550、Lubrizol社製
*6ラウレス(1)硫酸アンモニウム:エマール125A、花王社製
*7 18−メチルエイコサン酸:18MEA−SO−(RB)、Croda Europe Ltd.製
*8イソステアリン酸:イソステアリン酸EX、高級アルコール工業社製
*9ジメチコン混合物:平均重合度50〜300:1000〜3000=42:18

実施例

0073

表1および表2より、各実施例のシャンプー組成物は、成分(A)〜(D)を含むため、各比較例のものに比べて、速乾性、すすぎ時の絡まりのなさおよび滑らかさ、乾燥中のべたつきのなさ、ならびに、乾燥後のまとまりの効果のバランスにおいて優れていた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • サラヤ株式会社の「 羅漢果抽出物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】水不溶物が抑制された羅漢果抽出物を提供する。【解決手段】(1)モグロシドVを0.01質量%〜70質量%;及び(2)水不溶性成分5質量%以下を含有し、水不溶性成分含有量/ポリフェノール含有量が、... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ