図面 (/)

技術 液体容器用蓋体

出願人 龍江精工株式会社
発明者 田中直樹
出願日 2016年5月10日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2016-094394
公開日 2017年11月16日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2017-202835
状態 特許登録済
技術分野 包装体 容器の蓋 内容物取出用特殊手段をもつ容器・包装体
主要キーワード ポンプ体 空気侵入 特許技術 充填液体 硬質ポリエチレン リフィル容器 通液路 液体容器内
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

液体容器交換の際の開栓時のリフィル容器内の液体の空気接触による品質低下低コストで防止することができる液体容器用蓋体を提供する。

解決手段

液体を充填済みの液体容器の口部を閉塞する蓋体1であって、該蓋体が、可撓性を有する合成樹脂製であり、口部の縁に止着される本体部11と、該本体部と一体構成であり、且つ口部の開口を被覆する被覆膜部12と、を有して成り、該被覆膜部が、破断乃至は穿孔により開栓された状態となる薄膜構成である。

概要

背景

液体容器充填された種々液体を、ポンプ体によって吸引注出するに従って、前記液体容器内の負圧化に伴って収縮縮小)していく構成のエアレスタイプの液体取出装置では、液体容器が空になるまで液体を使い切った後は、満充填された新規の詰替用の液体容器(リフィル容器)に交換して使い続けることができる(例えば、特許文献1〜3等参照)。

特許文献1、2の技術では、液体容器に種々の液体が充填され、口部が蓋体によって閉塞された状態で用意乃至は販売されている。また、特許文献3の技術では、液体容器に種々の液体が充填され、口部に接合されたシート状のシール体によって閉塞された状態で用意乃至は販売されている。

液体取出装置における液体容器の交換は、特許文献1、2の技術では、先ず、使い切って空になった液体容器をポンプ体から取り外し、次に、予め用意した新規の液体容器(リフィル容器)の蓋体を取り外すことにより口部を開栓した後に、この新規の液体容器(リフィル容器)の口部に液体取出装置のポンプ体を装着することにより行われる。

上記したように新規の液体容器(リフィル容器)に交換する際には、液体容器の口部を閉塞していた蓋体を取り外して開栓することによって、液体容器内の液体が空気に触れてしまうことになる。

この空気との接触によって充填されている液体が、例えば、肌に直接使用する化粧液や、ソースマヨネーズ食用油のような食用品類の場合、酸化等による品質低下雑菌等の繁殖等が生じるおそれがある。

また、蓋体を取り外した液体容器の口部は無栓の開放状態であるため、液体取出装置への装着の際に、装着の不慣れ不注意等によって液体容器を傾けたり倒してしまった場合に内容物である液体がこぼしてしまうこともあった。

更には、液体容器が可撓性を有するものである場合には、無栓状態の液体容器を強く掴んでしまった場合に液体容器が潰れて液体が溢れてしまうこともあった。

これに対して特許技術3の技術では、液体容器の口部の開栓が蓋体の取り外しではなくシート状のシール体にポンプ体の吸引管を突き刺すことにより開栓する構成である。かかる構成の液体容器は、液体容器に液体を充填してからシール体を口部に接合しなければならず、このシール体の接合がコスト高であった。

概要

液体容器交換の際の開栓時のリフィル容器内の液体の空気接触による品質低下を低コストで防止することができる液体容器用蓋体を提供する。液体を充填済みの液体容器の口部を閉塞する蓋体1であって、該蓋体が、可撓性を有する合成樹脂製であり、口部の縁に止着される本体部11と、該本体部と一体構成であり、且つ口部の開口を被覆する被覆膜部12と、を有して成り、該被覆膜部が、破断乃至は穿孔により開栓された状態となる薄膜構成である。

目的

本発明の目的は、液体容器交換の際の開栓時のリフィル容器内の液体の空気接触による品質低下を低コストで防止することができる液体容器用蓋体を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

液体充填済み液体容器の口部を閉塞する蓋体であって、該蓋体が、可撓性を有する合成樹脂製であり、前記口部の縁に止着される本体部と、該本体部と一体構成であり且つ前記口部の開口を被覆する被覆膜部と、を有して成り、該被覆膜部が、破断乃至は穿孔により開栓された状態となる薄膜構成であることを特徴とする液体容器用蓋体。

請求項2

前記蓋体がポリエチレン製であることを特徴とする請求項1に記載の液体容器用蓋体。

請求項3

前記被覆膜部の厚みが0.6mm以下であることを特徴とする請求項1又は2に記載の液体容器用蓋体。

請求項4

前記蓋体の本体部が、前記口部の縁の外側に覆う状態で止着される構成であることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

請求項5

前記蓋体の本体部が、前記口部の縁の内側に入り込んだ状態で止着される構成であることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

請求項6

前記蓋体の本体部の液体容器の口部への止着構成が、嵌合された状態又は螺合された状態の構成であることを特徴とする請求項4又は5に記載の液体容器用蓋体。

請求項7

前記液体容器の口部に嵌合又は螺合された前記蓋体の本体部が、前記口部に溶着融着又は接着された状態の構成であることを特徴とする請求項6に記載の液体容器用蓋体。

請求項8

前記蓋体が内蓋であり、該内蓋が前記口部に止着され被覆された状態とされる外蓋を有することを特徴とする請求項1〜7のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

請求項9

前記液体容器が、ボトル状リフィル容器又は袋状リフィル容器であることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

請求項10

請求項1〜9のいずれかに記載の液体容器用蓋体が、液体を充填した可撓性を有する液体容器と、該液体容器の液体の吸引注出を行うポンプ体と、該ポンプ体の吸引部に連通状態で取り付けられると共に前記液体容器の内部に挿通配設される吸引管と、を有して成り、前記ポンプ体の動作によって前記液体容器内の液体を吸引・注出するに従って、前記液体容器内の負圧化に伴って収縮縮小)していくエアレスタイプの液体取出装置に用いられる液体容器の蓋体であって、該蓋体が、前記液体容器の口部に止着された状態のまま前記液体取出装置に用いられて前記吸引管が突き刺されて開栓された状態となる構成であることを特徴とする液体容器用蓋体。

技術分野

0001

本発明は液体容器用蓋体に関し、詳しくはエアレスタイ液体取出装置リフィル容器内蓋として好適な蓋体に関する。

背景技術

0002

液体容器充填された種々液体を、ポンプ体によって吸引注出するに従って、前記液体容器内の負圧化に伴って収縮縮小)していく構成のエアレスタイプの液体取出装置では、液体容器が空になるまで液体を使い切った後は、満充填された新規の詰替用の液体容器(リフィル容器)に交換して使い続けることができる(例えば、特許文献1〜3等参照)。

0003

特許文献1、2の技術では、液体容器に種々の液体が充填され、口部が蓋体によって閉塞された状態で用意乃至は販売されている。また、特許文献3の技術では、液体容器に種々の液体が充填され、口部に接合されたシート状のシール体によって閉塞された状態で用意乃至は販売されている。

0004

液体取出装置における液体容器の交換は、特許文献1、2の技術では、先ず、使い切って空になった液体容器をポンプ体から取り外し、次に、予め用意した新規の液体容器(リフィル容器)の蓋体を取り外すことにより口部を開栓した後に、この新規の液体容器(リフィル容器)の口部に液体取出装置のポンプ体を装着することにより行われる。

0005

上記したように新規の液体容器(リフィル容器)に交換する際には、液体容器の口部を閉塞していた蓋体を取り外して開栓することによって、液体容器内の液体が空気に触れてしまうことになる。

0006

この空気との接触によって充填されている液体が、例えば、肌に直接使用する化粧液や、ソースマヨネーズ食用油のような食用品類の場合、酸化等による品質低下雑菌等の繁殖等が生じるおそれがある。

0007

また、蓋体を取り外した液体容器の口部は無栓の開放状態であるため、液体取出装置への装着の際に、装着の不慣れ不注意等によって液体容器を傾けたり倒してしまった場合に内容物である液体がこぼしてしまうこともあった。

0008

更には、液体容器が可撓性を有するものである場合には、無栓状態の液体容器を強く掴んでしまった場合に液体容器が潰れて液体が溢れてしまうこともあった。

0009

これに対して特許技術3の技術では、液体容器の口部の開栓が蓋体の取り外しではなくシート状のシール体にポンプ体の吸引管を突き刺すことにより開栓する構成である。かかる構成の液体容器は、液体容器に液体を充填してからシール体を口部に接合しなければならず、このシール体の接合がコスト高であった。

先行技術

0010

実開平06−003459号
実開平06−003877号
特開2006−298498号

発明が解決しようとする課題

0011

そこで本発明の目的は、液体容器交換の際の開栓時のリフィル容器内の液体の空気接触による品質低下を低コストで防止することができる液体容器用蓋体を提供することにある。

課題を解決するための手段

0012

上記課題を解決する本発明は、下記構成を有する。

0013

1.液体を充填済みの液体容器の口部を閉塞する蓋体であって、
該蓋体が、可撓性を有する合成樹脂製であり、前記口部の縁に止着される本体部と、該本体部と一体構成であり且つ前記口部の開口を被覆する被覆膜部と、を有して成り、
該被覆膜部が、破断乃至は穿孔により開栓された状態となる薄膜構成であることを特徴とする液体容器用蓋体。

0014

2.前記蓋体がポリエチレン製であることを特徴とする上記1に記載の液体容器用蓋体。

0015

3.前記被覆膜部の厚みが0.6mm以下であることを特徴とする上記1又は2に記載の液体容器用蓋体。

0016

4.前記蓋体の本体部が、前記口部の縁の外側に覆う状態で止着される構成であることを特徴とする上記1〜3のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

0017

5.前記蓋体の本体部が、前記口部の縁の内側に入り込んだ状態で止着される構成であることを特徴と上記1〜3のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

0018

6.前記蓋体の本体部の液体容器の口部への止着構成が、嵌合された状態又は螺合された状態の構成であることを特徴とする上記4又は5に記載の液体容器用蓋体。

0019

7.前記液体容器の口部に嵌合又は螺合された前記蓋体の本体部が、前記口部に溶着融着又は接着された状態の構成であることを特徴とする上記6に記載の液体容器用蓋体。

0020

8.前記蓋体が内蓋であり、該内蓋が前記口部に止着され被覆された状態とされる外蓋を有することを特徴とする上記1〜7のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

0021

9.前記液体容器が、ボトル状リフィル容器又は袋状リフィル容器であることを特徴とする上記1〜8のいずれかに記載の液体容器用蓋体。

0022

10.上記1〜9のいずれかに記載の液体容器用蓋体が、
液体を充填した可撓性を有する液体容器と、該液体容器の液体の吸引・注出を行うポンプ体と、該ポンプ体の吸引部に連通状態で取り付けられると共に前記液体容器の内部に挿通配設される吸引管と、を有して成り、前記ポンプ体の動作によって前記液体容器内の液体を吸引・注出するに従って、前記液体容器内の負圧化に伴って収縮(縮小)していくエアレスタイプの液体取出装置に用いられる液体容器の蓋体であって、
該蓋体が、前記液体容器の口部に止着された状態のまま前記液体取出装置に用いられて前記吸引管が突き刺されて開栓された状態となる構成であることを特徴とする液体容器用蓋体。

発明の効果

0023

請求項1に示す発明によれば、液体容器交換の際の開栓時のリフィル容器内の液体の空気接触による品質低下を低コストで防止することができる液体容器用蓋体を提供することができる。

0024

特に、液体容器の口部に試着することにより該口部を閉塞する蓋体は、取り除くことなく被覆膜部を破断乃至は穿孔することで開栓することができるので、液体取出装置等に装着する際の充填液体への空気接触を避けることができる。

0025

更に、製造に際しては、樹脂成形により極めて容易に成形でき、そして使用に際しては、液体容器の口部に蓋体の本体部を止着するだけで該口部を閉塞することができるので、口部をシールする構成に比して低コストである。

0026

請求項2に示す発明によれば、低コストで製造可能であるだけでなく、液体取出装置のポンプ体に連通する吸引管を被覆膜部に突き刺した際、この吸引管の外周面に被覆膜部の穿孔の周囲部分が密着することになり、この穿孔部分からの液漏れ空気侵入がなく、安定した吸引吐出品質保持が可能である。

0027

請求項3に示す発明によれば、液体取出装置のポンプ体に連通する吸引管を被覆膜部に突き刺す際に、容易且つ確実に穿孔することができる。

0028

請求項4に示す発明によれば、液体容器の口部の内径に影響することがない。従って、この部分の通液路の大きさを維持することができる。

0029

請求項5に示す発明によれば、液体容器の口部の外径に影響することがない。従って、液体取出装置に装着する際等に口部に取り付けられるポンプ体を変更を加えることなく取付けることができる。

0030

請求項6に示す発明によれば、液体容器の口部に対して蓋体を簡易な構成で確実に止着することができる。

0031

請求項7に示す発明によれば、液体容器の口部に止着した蓋体を確実に固定することができる。

0032

請求項8に示す発明によれば、出荷時、輸送時、保管時、販売時等は外蓋によって保護されるので、内蓋の構成、特に被覆膜部をより薄くすることができる。

0033

請求項9に示す発明によれば、液体容器としてボトル状リフィル容器や袋状リフィル容器のように様々な態様のリフィル容器に対応することができる。

0034

請求項10に示す発明によれば、使い切って空になった液体容器を新規な液体容器(リフィル容器)に交換する際、新規な液体容器に充填されている液体が空気接触することなくヴァージン性を保ったまま交換が可能である。従って、充填されている液体の品質低下を防止することができる。

図面の簡単な説明

0035

本発明に係る液体用器用蓋体の一実施例を示す4面図(正面図、平面図、底面図、A−A線断面図)
本発明の液体容器用蓋体が好ましく適用される液体容器の一例を示す蓋構成の説明図
本発明に係る液体用器用蓋体の他の実施例を示す4面図(正面図、平面図、底面図、B−B線断面図)
本発明に係る液体用器用蓋体の他の実施例を示す4面図(正面図、平面図、底面図、C−C線断面図)
本発明に係る液体用器用蓋体の他の実施例を示す4面図(正面図、平面図、底面図、D−D線断面図)
本発明に係る液体用器用蓋体の他の実施例を示す4面図(正面図、平面図、底面図、E−E線断面図)
図2の液体容器を用いた液体取出装置の一例を示す説明図

実施例

0036

本発明に係る液体容器用蓋体(以下、単に蓋体と言うこともある。)について図1図6に基づき詳細に説明する。

0037

本発明は、シャンプーコンディショナートリートメント、その他の頭髪用品をはじめ、液状石鹸、化粧液、歯磨き、食器用洗剤、ソース、マヨネーズ、食用油、機械油、その他の各種液体(ゲル状或いはゼリー状等の高粘度液体を含む)が充填済みの液体容器から前記液体をポンプ体によって吸引・注出するに従って、前記液体容器内の負圧化に伴って収縮(縮小)していく構成のエアレスタイプの液体取出装置に用いられる液体容器の蓋体である。液体容器内の液体の吸引・注出によって空になった後は、満充填された新規の詰替用の液体容器(リフィル容器)に交換して使い続けることができるものであり、この交換用のリフィル容器である新規の液体容器の口部を閉塞してヴァージン性を保持することによって品質低下を防止するために極めて好適な蓋体である。

0038

図1及び図2に示すように本発明の蓋体1は、液体を充填済みの液体容器2の口部21を閉塞する蓋体であって、
該蓋体1が、可撓性を有する合成樹脂製であり、前記口部21の縁に止着される本体部11と、該本体部11と一体構成であり且つ前記口部21の開口を被覆する被覆膜部12と、を有して成り、
該被覆膜部12が、破断乃至は穿孔により開栓された状態となる薄膜構成である。

0039

以下、本発明の構成について更に詳説する。

0040

蓋体1を構成する素材としては上記したように、可撓性を有する合成樹脂製であり、好ましくはポリエチレン製、ポリプロピレン製ナイロン製、エラストマー製であり、特に好ましくはポリエチレン製である。

0041

蓋体1の本体部11は、図2に示すように液体容器2の口部21の縁の外側に覆う状態で止着される構成である。また、止着構成としては、本実施例では密に嵌合することにより止着する構成としている。密に嵌合することにより止着される構成に加えて、蓋体1の本体部11の内面凸条部又は凹条部を設け、この凸条又は凹条と係合する凹条又は凸条を液体容器2の口部21の縁部の外周面に設けた構成とすることも好ましい。尚、凸条は1つ乃至は複数の凸部であってもよく、この場合、凹状は該凸部に対応する形状及び数の凹部となる。

0042

蓋体1の被覆膜部12の厚みとしては、破断乃至は穿孔される部分の厚みが0.6mm以下、好ましくは0.5mm以下、より好ましくは0.4mm以下である。尚、厚みの下限については成型上の問題があり、0.1mm以上であり、好ましくは0.2mm以上、より好ましくは0.3mm以上である。

0043

以上の構成を有する蓋体1を液体容器2の口部21に止着することにより該口部21を閉塞することができる。蓋体1によって口部21を閉塞した後、図2に示すように別に用意された外蓋3によって前記蓋体1の上から閉塞する構成、即ち、本発明の蓋体1を内蓋として機能させる構成も好ましい態様である。かかる態様によれば、蓋体1によって閉塞された口部21をこの外蓋3によって保護することができるので、液体充填済みの液体容器2の出荷時、輸送時、保管時、販売時等においての気密性液密性をより強固に保持することができる。更には、この外蓋による保護によって、蓋体1の構成、特に被覆膜部12をより薄くする形成することも可能となる。

0044

尚、本発明の蓋体1によって口部21が閉塞される液体容器2としては、ボトル状リフィル容器又は袋状リフィル容器であることが好ましく、本実施例では袋状リフィル容器を用いている。尚また、液体容器2としては、この種のエアレスタイプに用いられる袋体として公知公用のものを特別の制限無く用いることができ、例えば、ポリプロピレンフィルムポリエチレンフィルムナイロンフィルム等のフィルム単層体、或いはこれら複数のフィルム積層体から成る酸素透過抑制積層フィルム等による袋体を挙げることができる。

0045

以上の構成を有する蓋体1を、液体容器1の口部21に止着することにより、該口部21を閉塞することができ、この閉塞によって液体容器1に充填済みの液体の空気接触による酸化等を防ぎ品質低下を防止することができる。

0046

以上、本発明に係る液体容器用蓋体について実施例に基づき説明したが、本発明は上記実施例に限定されず、本発明の範囲内において他の態様を採ることもできる。

0047

被覆膜部12の上面及び/又は下面に、液密性・気密性を保持する機能を有する膜体(フィルム、シート、シール)や、その他の機能を膜体(フィルム、シート、シール)を付加することもできる。

0048

上記実施例では、液体容器2の口部21への蓋体1の止着構成として、該口部21の縁の外側に覆う状態で止着する構成としていたが、本発明はかかる構成に限定されず、例えば、図3に示す構成の蓋体1を用いることにより、前記口部21の縁の内側に入り込んだ状態で止着する構成とすることもできる。

0049

また、蓋体1の止着構成が口部21の縁の内側に入り込んだ状態で止着する構成である場合、図4に示すように被覆膜部12は本体部11の上方ではなく下方に設けられていてもよい。

0050

また、止着構成として、上記実施例では嵌合構成としていたが、螺合構成とすることもできる。図5に示す蓋体1は、本体部11の内周面ネジ構成11Aが形成されており、該ネジ構成11Aに対応する被ネジ構成(図示は省略)を液体容器2の口部21の縁の外側面に形成する構成である。図6に示す蓋体1は、本体部11の内周面にネジ構成11Bが形成されており、該ネジ構成11Bに対応する被ネジ構成(図示は省略)を液体容器2の口部21の縁の内側面に形成する構成である。

0051

更に、液体容器2の口部21に嵌合又は螺合した蓋体1の本体部11を口部21に溶着、融着又は接着し、止着をより強固に且つ確実にする構成とすることもできる。

0052

更にまた、本発明の蓋体1は可撓性を有するボトル状リフィル容器や袋状リフィル容器に限らず、その他の構成の公知公用のリフィル容器に適用することができ、可撓性を有していない陶磁器製ガラス製、硬質合成樹脂製の液体容器の口部の閉塞に用いることもできる。

0053

次に、本発明の蓋体を止着した液体容器に充填された液体の吸引・注出の際に用いて好適な液体取出装置について説明する。

0054

液体取出装置の好ましい一例としては、図7に示す構成が挙げられる。
即ち、液体を充填した可撓性を有する液体容器2と、該液体容器2の液体の吸引・注出を行うポンプ体4と、該ポンプ体4の吸引部に連通状態で取り付けられると共に前記液体容器2の内部に挿通配設される吸引管5と、を有して成り、前記ポンプ体4の動作によって前記液体容器2内の液体を吸引・注出するに従って、前記液体容器2内の負圧化に伴って収縮(縮小)していくエアレスタイプの液体取出装置である。尚、図7においては、符号6は、蓋6Aと本体6Bとから成る外容器である。

0055

この図7に示す液体取出装置用いられる液体容器2の口部21に本発明の蓋体1を止着する構成によれば、液体容器2の口部21を閉塞する蓋体1は取り除くことなく被覆膜部12を破断乃至は穿孔することで開栓することができるので、使い切って空になった液体容器2を新規な液体容器2(リフィル容器)に交換する際、新規な液体容器2に充填されている液体が空気接触することなくヴァージン性を保ったまま交換が可能である。従って、充填されている液体の品質低下を防止することができる。

0056

また、液体取出装置のポンプ体4に連通する吸引管5を被覆膜部12に突き刺した際、この吸引管5の外周面に被覆膜部12の穿孔の周囲部分が密着することになり、この穿孔部分からの液漏れや空気侵入がなく、安定した吸引吐出と品質保持が可能である。

0057

尚、吸引管5を被覆膜部12に突き刺す態様において、被覆部12の穿孔の周囲部分と吸引管5の外周面との密着性に効果的な構成として、本発明の蓋体1をポリエチレン又はエラストマーで形成し、吸引管5をポリプロピレン又は硬質ポリエチレンで形成する組合せが好ましく、本発明の蓋体1をポリエチレンとし、吸引管5をポリプロピレンで形成する組合せがより好ましい。蓋体1を弾性富むポリエチレンやエラストマーで形成することにより、硬質なポリプロピレンで形成された吸引管5の突き刺しが容易になると共に、突き刺した部分における被覆膜部12の穿孔の周囲部分は裂けることなく吸引管5の外周部分とのまとわりつき性が良好で液密性・気密性が極めて良好となる。

0058

1液体容器用蓋体
11 本体部
11Aネジ構成
11B ネジ構成
12被覆膜部
2液体容器
21 口部
3外蓋
4ポンプ体
5吸引管
6外容器
6A 蓋
6B 本体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 浙江和莎科技有限公司の「 飲料容器用ロック機構および飲料容器」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】蓋体の開閉動作の容易性と、確実なロックとの両立を図ることができる飲料容器用ロック機構および飲料容器を提供すること。【解決手段】本発明の一態様は、上部に開口を有する容器本体の開口に取り付けられる... 詳細

  • サントリーホールディングス株式会社の「 酸素遮断性を有する容器蓋」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】本発明の酸素遮断性容器蓋は、容器口部の内面に密着するインナーリング(9)が設けられた頂板部(5)とスカート部(7)とを有する高密度ポリエチレン製キャップシェル(1)と、頂板部内面のイ... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 蓋体および蓋体付きカップ状容器」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】リクローズすることができるとともに、プラスチック材料の使用量を低減することが可能な、蓋体および蓋体付きカップ状容器を提供する。【解決手段】蓋体50は、底面部51と、底面部51から上方に延びる内... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ