図面 (/)

技術 画像付与システム、印刷装置、布地保持部材、布地付き保持部材

出願人 株式会社リコー
発明者 中村大輔松本和悦平谷賢司内野義識宮田剛中鉢耕平
出願日 2017年3月15日 (4年9ヶ月経過) 出願番号 2017-050101
公開日 2017年11月16日 (4年1ヶ月経過) 公開番号 2017-202681
状態 特許登録済
技術分野 用紙の取扱い インクジェット(インク供給、その他)
主要キーワード 搬送構造体 メラミンスポンジ 底部筐体 中空支柱 外周カバー 移動終端位置 加熱エリア スライド終端位置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

布地に画像を付与するときの作業性を向上する。

解決手段

布地400を保持するプラテン部材300を有するカセット200を有し、印刷装置1には装置本体100内でカセット200を着脱可能に保持して進退移動するステージ111と、ステージ111で保持されたカセット200で保持している布地400に印刷する印刷手段112とを備え、カセット200は加熱装置5の装置本体500内の受け部材511に着脱可能に保持して加熱処理を行うことが可能である。

概要

背景

従来、媒体を支持するための支持部と、支持部上に搬送された媒体に液体吐出するためのヘッドと、媒体に着弾した液体を乾燥するための乾燥部と、を備え、加熱エリア非加熱エリアとを有し、乾燥部は加熱エリア内に配置され、支持部及びヘッドが非加熱エリアに配置されるものが知られている(特許文献1)。

一方で、捺染装置などの布地Tシャツ等の加工品を含む。)に画像を付与する装置においては、例えば液体吐出ヘッドを使用して印刷を行った場合、液体が付着して画像が印刷された布地を乾燥させるだけではなく、より高温で一定時間加熱して布地へ定着させることが必要となる。

概要

布地に画像を付与するときの作業性を向上する。布地400を保持するプラテン部材300を有するカセット200を有し、印刷装置1には装置本体100内でカセット200を着脱可能に保持して進退移動するステージ111と、ステージ111で保持されたカセット200で保持している布地400に印刷する印刷手段112とを備え、カセット200は加熱装置5の装置本体500内の受け部材511に着脱可能に保持して加熱処理を行うことが可能である。

目的

本発明は上記の課題に鑑みてなされたものであり、布地に画像を付与するときの作業性を向上することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像が付与される布地を保持する布地保持部材と、前記布地に印刷する装置と、前記布地を加熱する装置とを備えた画像付与ステムにおいて、前記布地保持部材は、前記布地を保持したままで、前記布地に印刷する装置と前記布地を加熱する装置との両方に共用されることを特徴とする画像付与システム。

請求項2

前記布地保持部材は、前記布地の前記印刷が施される部分を平坦な状態で保持するプラテン部材を有し、前記プラテン部材は、前記布地を加熱する装置における加熱温度に対して耐熱性を有し、前記布地と接する面は断熱材料からなることを特徴とする請求項1に記載の画像付与システム。

請求項3

前記布地を加熱する装置は、前記画像が付与された前記布地を加熱する処理であることを特徴とする請求項1又は2に記載の画像付与システム。

請求項4

前記布地に印刷する装置は、装置本体内に前記布地保持部材を着脱可能に保持する受け部材を有し、前記受け部材は、前記布地保持部材を保持した状態で移動可能に配置されていることを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載の画像付与システム。

請求項5

前記布地を加熱する装置は、装置本体内に前記布地保持部材を着脱可能に保持する受け部材を有し、前記布地保持部材は、前記布地を保持したまま前記布地を加熱する装置の受け部材に装着可能であることを特徴とする請求項4のいずれかに記載の布地に画像付与システム。

請求項6

前記布地に印刷する装置及び前記布地を加熱する装置は、前記布地保持部材を着脱可能に装着する同じ形状の受け部材を有していることを特徴とする請求項5に記載の布地に画像付与システム。

請求項7

前記布地を加熱する装置は、前記布地に接触して加熱する接触型加熱手段を有し、前記接触型加熱手段は、前記布地保持部材の前記布地を保持する領域内でのみ前記布地に接触することを特徴とする請求項1ないし6のいずれかに記載の画像付与システム。

請求項8

布地に画像を印刷する印刷装置と前記布地を加熱する装置とを備える画像付与システムに用いられる印刷装置において、画像が付与される布地を保持する布地保持部材と、前記布地保持部材を着脱可能に保持する受け部材と、を備え、前記布地保持部材は、前記受け部材から取り外し、前記布地を保持したままで、布地保持部材ごと前記布地を加熱する装置に装着可能であることを特徴とする印刷装置。

請求項9

前記布地保持部材は、ベース部材と、前記布地の前記印刷が施される部分を平坦な状態で保持するプラテン部材と、前記プラテン部材の周縁部との間で前記布地を挟む外周カバー部材と、を備え、前記プラテン部材と前記ベース部材との間には、前記布地の余剰部分を収容する収容空間が形成されていることを特徴とする請求項8に記載の印刷装置。

請求項10

前記収容空間を取り囲む側壁部を有し、前記側壁部の少なくとも一部は、前記外周カバー部材と一体であることを特徴とする請求項9に記載の印刷装置。

請求項11

前記収容空間を取り囲む側壁部を有し、前記側壁部の少なくとも一部は、前記ベース部材と一体であることを特徴とする請求項9又は10に記載の印刷装置。

請求項12

前記収容空間を取り囲む側壁部を有し、前記側壁部は、前記収容空間を取り囲む位置と、前記収容空間を開放する位置との間で変位可能であることを特徴とする請求項9に記載の印刷装置。

請求項13

前記布地保持部材は、ベース部材と、前記布地の前記印刷が施される部分を平坦な状態で保持し、前記ベース部材に対して変位可能に支持されたプラテン部材と、前記プラテン部材の周縁部を覆う外周カバー部材と、前記外周カバー部材の前記ベース部材に対する高さを規制する手段と、を備え、前記プラテン部材の周縁部において、前記布地は、前記プラテン部材と前記外周カバー部材との間に挟まれ、前記布地の厚みが変化したとき、前記プラテン部材の前記ベース部材に対する高さが変化することを特徴とする請求項8に記載の印刷装置。

請求項14

前記プラテン部材は、前記ベース部材に対して傾いた姿勢のまま変位可能であることを特徴とする請求項13に記載の印刷装置。

請求項15

前記布地保持部材は、前記プラテン部材の変位を案内するガイド手段を備えていることを特徴とする請求項13に記載の印刷装置。

請求項16

前記プラテン部材は、前記ベース部材との間隔が最小になったとき、前記規制する手段よりも突出していることを特徴とする請求項9ないし11のいずれかに記載の印刷装置。

請求項17

画像が付与される布地を保持し、前記布地に印刷する装置と前記布地を加熱する装置とで共用可能であることを特徴とする布地保持部材。

請求項18

前記布地の前記印刷が施される部分を平坦な状態で保持するプラテン部材を有し、前記プラテン部材は、前記布地を加熱する装置における加熱温度に対して耐熱性を有し、前記布地と接する面は断熱材料からなることを特徴とする請求項17に記載の布地保持部材。

請求項19

前記布地を加熱する装置は、前記画像が付与された布地を加熱する装置であることを特徴とする請求項17又は18に記載の布地保持部材。

請求項20

請求項17ないし19のいずれかに記載の布地保持部材と布地とからなり、前記布地の少なくとも一部が平坦になるように前記布地保持部材に保持されていることを特徴とする布地付き保持部材。

技術分野

0001

本発明は画像付与ステム印刷装置布地保持部材、布地付き保持部材に関する。

背景技術

0002

従来、媒体を支持するための支持部と、支持部上に搬送された媒体に液体吐出するためのヘッドと、媒体に着弾した液体を乾燥するための乾燥部と、を備え、加熱エリア非加熱エリアとを有し、乾燥部は加熱エリア内に配置され、支持部及びヘッドが非加熱エリアに配置されるものが知られている(特許文献1)。

0003

一方で、捺染装置などの布地(Tシャツ等の加工品を含む。)に画像を付与する装置においては、例えば液体吐出ヘッドを使用して印刷を行った場合、液体が付着して画像が印刷された布地を乾燥させるだけではなく、より高温で一定時間加熱して布地へ定着させることが必要となる。

先行技術

0004

特開2014−162171号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、布地(Tシャツ等の加工品を含む。)に画像を付与する装置に対して、特許文献1に開示されているような1つの装置内に加熱エリアと非加熱エリアを設ける構成を用いると、必要な温度や加熱時間の上昇にともない、より厳重な冷却、断熱などの構成が必要になるなどして、装置が大型化するという課題がある。

0006

そのために、布地に印刷する装置(以下「印刷装置」という。)と、画像を定着させる装置(以下「定着装置」という。)とは別の装置として設置されることが多く、布地を印刷装置にセットして印刷を行い、印刷された布地を取り外して、別の定着装置に、印刷された布地をセットし直さなければならず、作業性が悪いという課題がある。

0007

本発明は上記の課題に鑑みてなされたものであり、布地に画像を付与するときの作業性を向上することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記の課題を解決するため、本発明に係る画像付与システムは、
画像が付与される布地を保持する布地保持部材と、前記布地に印刷する装置と、前記布地を加熱する装置とを備えた画像付与システムにおいて、
前記布地保持部材は、前記布地を保持したままで、前記布地に印刷する装置と前記布地を加熱する装置との両方に共用される
構成とした。

発明の効果

0009

本発明によれば、布地に画像を付与するときの作業性が向上する。

図面の簡単な説明

0010

本発明に係る布地に画像を付与する装置を構成する本発明に係る印刷装置の一例の外観斜視説明図である。
同印刷装置の全体構成を説明する斜視説明図である。
同じく図2と異なる方向から見た斜視説明図である。
本発明に係る布地保持部材であるカセットの一例の斜視説明図である。
同カセットの外周カバーを開いた状態の斜視説明図である。
同カセットの短手方向に沿う断面説明図である。
同カセットとステージの構成を説明する斜視説明図である。
同カセットをステージに装着するときの斜視説明図である。
同カセットをステージに装着するときの模式的説明図である。
同カセットを印刷装置の装置本体に装着して装置電源オフ状態にしたときの形態の説明に供する外観斜視説明図である。
本発明に係る布地に画像を付与する装置を構成する加熱による定着装置の一例の外観斜視説明図である。
同定着装置の内部構成を説明する説明図である。
同じく定着を行っているときのカセット周りの短手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第2実施形態におけるカセットの短手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第3実施形態におけるカセットの短手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第4実施形態におけるカセットの短手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第5実施形態におけるカセットの斜視説明図である。
同カセットに布地を保持するときに分解した状態を示す斜視説明図である。
同カセットへの布地の取り付け方法の説明に供する斜視説明図である。
本発明の第6実施形態におけるカセットの長手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第7実施形態におけるカセットの長手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第8実施形態におけるカセットの長手方向に沿う断面説明図である。
本発明の第9実施形態におけるカセットの長手方向に沿う断面説明図である。

実施例

0011

以下、本発明の実施の形態について添付図面を参照して説明する。本発明に係る布地に画像を付与する装置(画像付与システム)を構成する本発明に係る印刷装置の一例について図1ないし図3を参照して説明する。図1は同印刷装置の外観斜視説明図、図2は同印刷装置の全体構成を説明する斜視説明図、図3は同じく図2と異なる方向から見た斜視説明図である。

0012

印刷装置1は、装置本体100内に、画像が付与される(印刷される)布地400(図6参照)を保持するトレイ(以下「布地保持部材」とする)であるカセット200を着脱可能に保持して進退移動する受け部材であるステージ111と、ステージ111で保持されたカセット200に保持されている布地400に印刷する印刷手段112とを備えている。

0013

なお、布地400としては、ハンカチタオルなどの一枚の布地で形成されるものだけではなく、Tシャツ、トレーナーなどの衣服として加工された布地、トートバック等の製品の一部となっている布地にも用いることができる。

0014

ステージ111は、装置本体100に対して矢印A方向(送り方向)に移動可能に保持された搬送構造体113上に設けられている。ここでは、装置本体100の底部筐体部114に矢印A方向に沿って搬送ガイド部材115が配置され、搬送構造体113のスライダ部116が搬送ガイド部材115によって移動可能に保持されている。

0015

印刷手段112は、ステージ111に対して矢印B方向(主走査方向)に移動するキャリッジ121と、キャリッジ121に搭載されたヘッド122とを備えている。キャリッジ121は、矢印B方向に沿って配置されたガイド部材123で移動可能に保持され、駆動モータ124によってタイミングベルト125などの走査機構部を介して矢印B方向に往復移動される。ヘッド122は液体吐出ヘッドを用いて、インク布地表面に吐出して画像の形成を行っているが、これに限るものではない。

0016

この印刷装置1においては、カセット200に布地400をセットした状態で、装置本体100内のステージ111にカセット200を装着して保持する。そして、ステージ111の矢印A方向への移動とヘッド122の矢印B方向への往復移動を繰り返すことで、布地400に所要の画像を印刷する。

0017

次に、本発明に係る布地保持部材であるカセットの一例について図4ないし図6も参照して説明する。図4は同カセットの斜視説明図、図5は同じくカセットの外周カバーを開いた状態の斜視説明図、図6は同じくカセットの短手方向に沿う断面説明図である。

0018

カセット200は、ベース部材であるカセットベース201と、布地400の印刷が施される部分を平坦な状態で保持するプラテン部材300とを有している。

0019

プラテン部材300は、プラテン構造体302と、布地400を平坦な状態で保持する面を構成する断熱部材301とで構成されている。断熱部材301は、後述する定着装置5による加熱に対して耐熱性を有する。

0020

そして、カセットベース201には、外周カバー部材であるプラテン外周カバー202がヒンジ203で矢印方向に開閉可能に設けられている。プラテン外周カバー202は、プラテン部材300に対応する部分に開口部202aを有し、プラテン部材300の外周部分のフランジ部300aとの間で布地400を押さえる。

0021

プラテン部材300はカセットベース201に対して支持部311で支持して、プラテン部材300とカセットベース201との間には布地400の余剰部分400aを収容できる収容空間312を形成している。余剰部分400aは、例えばTシャツの前面に記録を行う場合においては、両襟口、すそ等が該当する。

0022

ここで、プラテン部材300はカセットベース201から着脱可能であり交換可能に形成されている。これによりプラテン部材300を複数用意し、印刷動作中に別のプラテン部材300に衣類巻き付けておくことができ、印刷、定着終了後にプラテン部材300を交換するだけで速やかに次の布地の印刷を開始することができる。

0023

このカセット200に布地400をセットするときには、図5に示すように、プラテン外周カバー202を開いて、プラテン部材300上に布地400をセット(保持)する。このとき、布地400の余分な部分(余剰部分)400aを図6に示すように、収容空間312内に収容した状態で、図4に示すように、プラテン外周カバー202を閉じる。

0024

そして、布地400に画像を印刷するときには、図1に示すように、カセット200を印刷装置1の装置本体100のステージ111上に装着する(セットする)。

0025

このように、カセット200は装置本体100から全体を取り出した状態にして印刷対象である布地400をプラテン部材300上にセットすることができるので、プラテン部材300への布地400のセット作業が容易になる。

0026

次に、カセットを印刷装置に対して装着する構成について図7ないし図9を参照して説明する。図7はカセットとステージの構成を説明する斜視説明図、図8はカセットをステージに装着するときの模式的説明図、図9はカセットをステージに装着するときの斜視説明図である。

0027

装置本体100のステージ111には、ステージ111の移動方向である矢印A方向と直交する方向の両側部に、ガイドレール部131、131が設けられている。一方、カセット200の両側部には、ガイドレール部131が移動可能(スライド可能)に嵌まり合う溝部211が設けられている。

0028

また、ステージ111には、ステージ111の移動方向である矢印A方向と直交する方向の両側部に、凹形状部132、132が設けられている。凹形状部132の矢印A方向における位置は、ガイドレール部131と溝部211の移動終端位置スライド終端位置)である。一方、カセット200には、ステージ111の凹形状部132に嵌まり合う凸形状部212が設けられている。これらの凸形状部212と凸形状部212とで、カセット200をスライドさせてステージ111上にセットした後にカセット200とステージ111とを互いに固定する手段を構成している。

0029

このように構成したので、布地400をプラテン部材300に保持したカセット200を装置本体100のステージ111に装着するときには、図8に示すように、ステージ111の移動方向(矢印A方向)に沿う方向である矢印C方向から、カセット200をステージ111にスライドして装着する。

0030

このときのカセット200の装着手順は、図9に示すように、次のとおりである。

0031

まず、二点鎖線のカセット200Aで示すように、カセット200の前端部をステージ111上に乗せる。そして、破線のカセット200Bで示すように、カセット200を矢印C方向にスライドさせながらステージ111のガイドレール部131にカセット200の溝部211を嵌め合わせながら押し込む。

0032

そして、実線のカセット200Cで示すように、カセット200を終端位置まで押し込むことで、カセット200の凸形状部212がステージ111の凹形状部132に嵌め合わさり、カセット200のステージ111への装着が完了する。

0033

このとき、カセット200をステージ111の移動方向からステージ111に装着することができるので、カセット200をステージ111の直上からステージ111に装着する構成に比べて、ステージ111全体を装置本体100から外まで移動させて露出させる必要がなく、装置の小型化を図れる。

0034

次に、カセットを印刷装置の装置本体に装着して装置電源をオフ状態にしたときの形態について図10を参照して説明する。図10は同説明に供する外観斜視説明図である。

0035

印刷装置1の装置本体100の電源をオフ状態にする指令を受けたときには、カセット200を図10に示すように、カセット200の手前側(装着方向前側)と装置本体100の前面側とが平面視でほぼ同じ位置なるまでステージ111を移動させた後、電源をオフ状態にする。

0036

これにより、待機時の設置スペースを小さくすることができる。

0037

次に、本発明に係る布地に画像を付与する装置(画像付与システム)を構成する加熱による定着装置の一例について図11ないし図13を参照して説明する。図11は同定着装置の外観斜視説明図、図12は同定着装置の内部構成を説明する説明図、図13は同じく定着を行っているときのカセット周りの短手方向に沿う断面説明図である。

0038

定着装置5は、布地を加熱する装置であり、装置本体500内に、前述した印刷装置1にセットするカセット200を着脱自在に装着する受け部材501と、カセット200のプラテン部材300に保持されている布地400を加熱しながら加圧する接触型加熱手段であるヒートプレス部521とを備えている。定着のためにヒートプレス部521の温度は130度以上、好ましくは150度以上の高温が必要となる。

0039

この場合、プラテン部材300の断熱部材301は、定着装置5のヒートプレス部521による加熱温度定着温度)に対して耐熱性を有している。

0040

このようにプラテン部材300の布地と接する面を断熱材料で形成することで、布地を加熱する熱がプラテン構造体302やカセット200内に逃げることがなく、効率のよい加熱が可能となる。

0041

断熱部材301の材質としてはシリコンゴムフッ素ゴム等の材質からなる耐熱性スポンジゴムや各種耐熱樹脂フェルト珪酸カルシウム板カルホン、カルライト石膏ボードメラミンスポンジグラスウールガラス等が利用できる。また、プラテン構造体302はプラテン平坦に保つための硬度とある程度の耐熱性が求められるため、金属板ガラス板等が適している。なお、断熱部材301とプラテン構造体302は別体ではなく一つの部品としてもよい。

0042

また、ヒートプレス部521は、プラテン部材300の布地400を保持する領域内(耐熱部材302の領域内)でのみ布地400に接触する大きさとしている。

0043

また、定着装置5の装置本体500の前面側に、開閉可能なカバー502と、操作部504が設けられている。操作部504は、カバー502が閉じられないと操作を行うことができない位置に設けられている。ここでは、カバー502は前倒し形態として、操作部504を装置本体500の前面下部に配置している。

0044

これにより、カセット装着作業時に作業者が誤って操作部504に接触し、ヒートプレス部521が駆動して作業者に接触するような事態の発生を防止することができる。

0045

受け部材501とカセット200との着脱構造は、前記印刷装置1の受け部材であるステージ111とカセット200との着脱構造と同じ構成である。

0046

この定着装置5内に布地400をセットするときには、前述した印刷装置1から画像が印刷された布地400を保持するカセット200を取り出し、図12に示すように矢印E方向にカバー502を開き、定着装置5の受け部材501に、図11に示す矢印D方向からカセット200を挿入して保持させる。ここでは、カセット200を受け部材501に対してスライドさせてセットする。

0047

そして、図13に示すように、ヒートプレス部521を矢印F方向に下降させて、ヒートプレス部521をプラテン部材300に保持されている画像が印刷された布地400に押し付けて加熱する。

0048

このように、布地400を保持するカセット200は、印刷装置1と定着装置5で共用可能である。

0049

これにより、印刷した布地400を印刷したときの状態のまま保持して定着装置5にセットすることができ、布地400を持ち運んでも皺が寄ったり、一部が重なったりして印刷面が乱れることはなく、布地400のセット作業の作業性が向上する。

0050

このとき、カセット200の布地400を保持するプラテン部材300は、定着装置5による加熱に対して耐熱性を有しているので、プラテン部材300が熱によって変形等することがない。

0051

またこの定着装置5ではヒートプレス部521を用いた構成で記載しているが、これに限らず、例えば布地に対して非接触で加熱を行う構成であってもよい。具体的には、布地の表面から2〜3mm程度の近接した位置に板状のヒーターを設け、布地表面を放射加熱で加熱して定着を行ってもよい。

0052

なお、本実施例では印刷装置1のカセット200を定着装置5と共用する場合を記載しているが、これに限るものではない。例えば布地の毛羽立ちを抑える目的で印刷前に布地の表面を熱プレスする前処理を行う場合があるが、このような場合であればカセット200を前処理装置(これも「布地を加熱する装置」である。)と印刷装置で共用としてもよい。また前処理装置、印刷装置、定着装置のそれぞれの処理を一貫して同じカセット200を用いて処理してもよい。

0053

また、印刷装置1と定着装置5等を並べて配置し、カセット200を共用して連続処理を行ってもよい。カセット200を共用することで装置間のつなぎを自動化することも可能となる。またカセット200を用いて小型化を図ることにより、印刷装置1や定着装置5といった複数の装置を一つの筐体の中に一体に設けることも可能である。

0054

なお、上記説明では画像付与システムを構成する印刷装置について説明しているが、常に、布地を加熱する装置とともにシステムを構成している必要はなく、印刷装置単独であっても、布地を加熱する装置と布地保持部材を共用できればよい。

0055

次に、本発明の第2実施形態におけるカセットについて図14を参照して説明する。図14は同カセットの短手方向に沿う断面説明図である。

0056

カセット200のカセットベース201には、周縁部から立ち上がって収容空間312の側壁を形成する側壁部221を設けている。

0057

一方、プラテン外周カバー202は、プラテン部材300の部分が開口した平板枠部材としている。

0058

このように構成すれば、プラテン外周カバー202を開けた状態でも側壁部221が存在することにより、布地400の余分な部分(余剰部分)400aを確実にカセット内部に収容することができ、布地400の余剰部分400aがはみ出してプラテン外周カバー202とカセットベース201との間に挟まれることを防止できる。

0059

次に、本発明の第3実施形態におけるカセットについて図15を参照して説明する。図15は同カセットの短手方向に沿う断面説明図である。

0060

カセット200のカセットベース201には、周縁部から立ち上がって収容空間312の側壁の一部を形成する側壁部221を設けている。一方、プラテン外周カバー202には、周縁部から立ち下がって収容空間312の側壁の一部を形成する側壁部222を設けている。

0061

これにより、布地400の余剰部分400aのはみ出しを防止できるとともに、布地400の余剰部分400aを収容空間312に収容するときの開口(プラテン部材300と側壁部221との間隔)を前記第2実施形態よりも大きくでき、余剰部分を収容する作業をしやすくなる。

0062

次に、本発明の第4実施形態におけるカセットについて図16を参照して説明する。図16は同カセットの短手方向に沿う断面説明図である。

0063

カセット200のカセットベース201の周縁部には、収容空間312の側壁の一部を形成する側壁部221を軸223で開閉可能に設けている

0064

これにより、前記第2実施形態と同様に布地400の余剰部分400aのはみ出しを防止できるとともに、布地400の余剰部分400aを収容空間312に収容するときの開口を前記第1実施形態と同様に確保することができて、余剰部分を収容する作業をしやすくなる。

0065

具体的には、側壁部221を倒した状態で布地400をセットすることで、余剰部分400aを収容空間312への収容を容易にするとともに、プラテン外周カバー202を閉じる前に側壁部202を起こすことで余剰部分400aを確実にカセットの収容空間312内に収め、はみ出しを確実に防止することができる。

0066

次に、本発明の第5実施形態におけるカセットについて図17及び図18を参照して説明する。図17は同カセットの斜視説明図、図18は同カセットに布地を保持するときに分解した状態を示す斜視説明図である。

0067

プラテン部材300は、カセット200のカセットベース201に対して取り付け及び取り外し可能に装着可能である。また、プラテン外周カバー202は、カセットベース201と分離して取り外し可能として、プラテン部材300の外周縁部に嵌め込む構成としている。

0068

このカセット200への布地400の取り付け方法について図19も参照して説明する。図19は同説明に供する斜視説明図である。

0069

前述した図18に示すように、カセットベース201からプラテン部材300を取り外した状態にする。

0070

そして、図19(a)に示すように、印刷する布地400の裏面(印刷する面と反対の面)を上にして広げて、プラテン部材300を布地400の裏面側に載せ置く。その後、図19(b)に示すように、布地400のプラテン部材300からはみ出ている余剰部分400aをプラテン部材300の裏側に折り畳む。

0071

このとき、カセットベース201からプラテン部材300を取り外しているので、布地400のプラテン部材300からはみ出た部分の周囲には布地400を折り畳むのに充分な空間を確保することができる。したがって、布地400のプラテン部材300からはみ出た余剰部分400aを綺麗に折り畳むことができる。

0072

その後、図19(c)に示すように、プラテン部材300の支持部(脚部)311をカセットベース201の凹み部206を嵌め合わせた後、プラテン外周カバー202をプラテン部材300の外周側に嵌め込む。

0073

このとき、布地400のプラテン部材300の平面部分からはみ出た余剰部分400aを綺麗に折り畳むことができているので、プラテン外周カバー202で布地400の外周部分を押さえ付けたとき、布地400の印刷部分の平坦度を高くすることができる。これにより、高い品質で印刷することができる。

0074

次に、本発明の第6実施形態におけるカセットについて図20を参照して説明する。図20は同カセットの長手方向に沿う断面説明図である。

0075

プラテン部材300を支持する支持部311は、カセットベース201側の中空支柱部231と、中空支柱部231に移動可能に嵌め合わされたプラテン部材330側の中空支柱部331と、中空支柱部231と中空支柱部331との間に配置した圧縮スプリング3313とを備えている。

0076

これにより、プラテン部材300はベース部材であるカセットベース201に対して変位可能に支持される。

0077

また、プラテン部材300の周縁部を覆うカバー部材であるプラテン外周カバー202のカセットベース201に対する高さを規制するロック部材204を備えている。ロック部材204は、プラテン外周カバー202のヒンジ203でカセットベース201に対して開閉可能に保持された側と反対側に配置されている。

0078

このように構成したので、布地400の厚みが変化したときにプラテン部材300がスプリング313の復元力に抗して下降してカセットベース201との間隔が変化し、異なる厚みの布地400にも対応することができる。

0079

そして、プラテン部材300は常にプラテン外周カバー202に一定の力で押し付けられることになるので、カセット200を持ち運びしたときでも布地400のずれが起き難い。

0080

また、布地400の厚みが変わった場合でも、プラテン部材300が下がることで、プラテン部材300とプラテン外周カバー202の隙間を確保するため、布地400の厚みを変えてもプラテン外周カバー202のカセットベース201に対する高さは変わらない。

0081

つまり、プラテン部材300に保持される布地400の表面高さはプラテン外周カバー202のカセットベース201に対する高さが基準となる。

0082

これにより、ロック部材204によるプラテン外周カバー202のカセットベース201に対するロック位置を固定化することができ、カセット200自体の構成を簡易にすることができる。また、ロック位置が変わらないことで、使用者の操作が容易になる。

0083

また、ヘッド122として液体吐出ヘッドを使用する場合、ヘッド122と液体を付与する対象表面との距離が狭いほど精度のよい画質が得られる。

0084

この場合、プラテン部材300を変位可能として、プラテン部材300の周縁部をプラテン外周カバー202に押し当てることで、布地400の厚みが変化してもプラテン外周カバー202によって布地400の表面高さを規定するので、画質を向上できる。

0085

また、プラテン部材300を変位可能とする場合、ヘッド122の移動面に対してプラテン部材300の表面の平行度を確保するためには、支持部311をプラテン部材300の周縁部側で保持することが好ましい。しかしながら、このようにすると、支持部311が布地400の余剰部分400aの収容の妨げになる。

0086

これに対して、プラテン外周カバー202の高さでプラテン部材300に保持される布地400の表面高さを規定することで、支持部311をプラテン部材300の内側に配置することができ、支持部311の数も減らすことができる。これにより、布地400の余剰部分400aを容易に収容できるようにすることができる。

0087

次に、本発明の第7実施形態におけるカセットについて図21を参照して説明する。図21は同カセットの長手方向に沿う断面説明図である。

0088

本実施形態では、前記第6実施形態の構成において、カセットベース201側の中空支柱部231とプラテン部材330側の中空支柱部331とを遊びを持たせて嵌め合わせ、プラテン部材300が傾斜した状態でも変位可能としている。

0089

これにより、厚みに偏差のある布地400、例えばポケットなどで一部が二重構造になっているような布地400に印刷する場合、プラテン部材300が斜めに下がり、布地400の厚みの薄い部分と厚い部分との高さを揃えることができる。

0090

これにより、布地400の表面のヘッド122に対する平面度を確保することができ、部分的に厚みの異なる布地400に対しても高い品質で画像を印刷することができる。

0091

したがってまた、印刷する布地400の状態(マチ部の重なりやポケット、縫い目部の重なり等)などで細かい高さ調整が不要になり、布地400をセットするときの作業性が向上する。

0092

次に、本発明の第8実施形態におけるカセットについて図22を参照して説明する。図22は同カセットの長手方向に沿う断面説明図である。

0093

本実施形態では、前記第6実施形態の構成において、支持部311、311の間で、プラテン部材300にガイドロッド315を、カセットがベース201側にガイドロッド315を案内するガイド部205を備えている。これらのガイドロッド315及びガイド部205でガイド手段を構成している、

0094

これにより、プラテン部材300が変位するときに精度良く移動することができる。また、プラテン部材300が変位するとき、プラテン部材300の端に力を加えたときに支持部311に伝わる力を吸収することができて、支持部311の破損を防ぐことができる。したがってまた、支持部311の本数を減らすことができ、布地400の余剰部分400aを収納空間312に収納するときの作業性が向上する。

0095

次に、本発明の第9実施形態におけるカセットについて図23を参照して説明する。図23は同カセットの長手方向に沿う断面説明図である。

0096

本実施形態では、上記第8実施形態の構成において、プラテン部材300が最も下まで下降して、変位方向で中空支柱部231が中空支柱部331に当たって接触した状態で、プラテン外周カバー202よりもプラテン部材300がΔHだけ突出した位置になるように構成している。

0097

これにより、定着装置5のヒートプレス部521を布地400に押し当てて定着するとき、所要の圧力を付与して、確実に定着を行うことができるようになる。

0098

つまり、ヒートプレス部521を押し当てるとき、プラテン部材300の表面がプラテン外周カバー202の表面よりも下側に落ち込んでしまうと、プラテン部材300の表面に保持されている布地400に対して所要の圧力を付与できなくなる。

0099

そこで、プラテン部材300の変位下限を規制してプラテン部材300の表面がプラテン外周カバー202の表面よりも下側に落ち込まないようにすることで、布地400に所要の圧力をかけることができるようになる。

0100

なお、本発明における「布地保持部材」とは、印刷装置と定着装置などの布地を加熱する装置とに着脱できる構成を備えていれば、形状等は上記実施形態のカセットのような箱状の形態に限られるものではない。具体的には、図24に示すように、印刷装置と定着装置などの布地を加熱する装置(図24では印刷装置のみ図示している)とに挿入可能に形成された一枚の板状のプラテン部材であってもよい。

0101

また、印刷作業の作業性を向上させる一手段として、このような布地保持部材に対し、印刷時に作業者が毎回布地(Tシャツ等)を布地保持部材にセットする工程をなくすために、布地(Tシャツ等)をセット済みの布地保持部材を利用することもできる。この場合、使用後の布地保持部材は回収され、再び布地がセットされた状態で供給される。このように、布地保持部材に布地をセットして、布地の印刷面を平坦に保持した布地付き保持部材として市場流通して商取引の対象とすることもできる。

0102

さらに、同様の効果を奏するために、布地保持部材に着脱可能に形成されたプラテン部材に布地(Tシャツ等)をセットした布地セット済みのプラテン部材を利用することもできる。使用する場合は、この布地セット済みのプラテン部材をそのまま布地保持部材に装着し、印刷、定着が完了したあとに、布地保持部材からプラテン部材を取り外し、次の布地セット済みのプラテン部材を布地保持部材に装着し、印刷、定着が行われる。この場合、使用後のプラテン部材は回収され、再び布地がセットされた状態で供給される。前述と同様に、プラテン部材に布地をセットして、布地の印刷面を平坦に保持した布地付き保持部材として市場に流通して商取引の対象とすることもできる。

0103

このようにすることで、作業者が毎回布地(Tシャツ等)をセットする必要がなく、複数枚の連続処理が容易になり、複数枚の連続処理を自動化することも可能となる。

0104

1印刷装置
5定着装置
100 印刷装置の装置本体
111ステージ(受け部材)
122ヘッド
200カセット(布地保持部材)
201カセットベース(ベース部材)
202プラテン外周カバー(外周カバー部材)
300プラテン部材
311 支持部
400 布地
500 定着装置の装置本体
511 受け部材
521ヒートプレス部(接触型加熱手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ