図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社三洋物産
発明者 中村渉
出願日 2016年5月9日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2016-093686
公開日 2017年11月16日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2017-202006
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 受入部材 部材本 排出ルート 排出許可 各開閉扉 特定速度 鏡面対 突出速度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

遊技球行き先流下速度により好適に振り分け遊技機を提供する。

解決手段

遊技領域を流下する遊技球が入球することに基づいて特典獲得の可能性を発生させる有利入球部具備する。遊技球の導入通路と、導入通路を通過した遊技球を有利入球部に入球可能な特別通路若しくは入球不可能な通常通路に振り分ける振分本体部を具備する振分手段を、発射手段により発射される遊技球が通過する部位に設ける。振分本体部は、導入通路を通常通路に連絡する第1状態と、特別通路に連絡する第2状態を実行可能であり、導入通路の経路長を、遊技球の速度が所定速度を超えると所定時間経過前に遊技球が導入通路を通過し、所定速度以下であると所定時間後に導入通路を通過する長さに設定する。検知手段が遊技球を検知してから所定時間が経過するまでは振分本体部を第1状態とし、所定時間を経過すると第2状態とする。

概要

背景

遊技機一種として、遊技球遊技領域に打ち出し、この遊技球を障害釘)等に衝突させつつ流下させるパチンコ機が知られている。そして、種々のパチンコ機において、例えば、遊技球の打ち出し方等によって、遊技球の通過速度を変えることで(例えば、流下速度が速くなるように打ち出すこと等で)、遊技者にとって有利な結果が得られる場合がある(例えば、特許文献1及び特許文献2参照)。

概要

遊技球の行き先を流下速度により好適に振り分ける遊技機を提供する。遊技領域を流下する遊技球が入球することに基づいて特典獲得の可能性を発生させる有利入球部具備する。遊技球の導入通路と、導入通路を通過した遊技球を有利入球部に入球可能な特別通路若しくは入球不可能な通常通路に振り分ける振分本体部を具備する振分手段を、発射手段により発射される遊技球が通過する部位に設ける。振分本体部は、導入通路を通常通路に連絡する第1状態と、特別通路に連絡する第2状態を実行可能であり、導入通路の経路長を、遊技球の速度が所定速度を超えると所定時間経過前に遊技球が導入通路を通過し、所定速度以下であると所定時間後に導入通路を通過する長さに設定する。検知手段が遊技球を検知してから所定時間が経過するまでは振分本体部を第1状態とし、所定時間を経過すると第2状態とする。

目的

本発明は、上記例示した事情等に鑑みてなされたものであり、遊技球の行き先をその通過速度によって好適に振り分けることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の発射手段により発射される遊技球流下する遊技領域と、前記遊技領域を流下する遊技球が入球することに基づいて遊技者に遊技上の特典獲得の可能性を発生させる有利入球部と、を備える遊技機であって、前記遊技球が導入される導入通路と、前記導入通路への遊技球の導入を検知する検知手段と、前記導入通路を通過する遊技球の行き先を前記有利入球部に入球可能な特別通路若しくは前記有利入球部に入球不可能な通常通路に振り分ける振分本体部と、前記振分本体部を駆動する駆動手段と、前記駆動手段の駆動を制御する駆動制御手段と、を具備する振分手段が、前記発射手段により発射される遊技球が通過する部位に設けられ、前記振分本体部は、前記導入通路を前記通常通路に連絡すると共に前記特別通路との連絡を遮断した第1状態と、前記導入通路を前記特別通路に連絡すると共に前記通常通路との連絡を遮断した第2状態と、を実行可能であり、前記導入通路の経路長を、前記導入通路に導入された遊技球の速度が所定速度を超えると、前記導入通路に導入されてから所定時間を経過する前に当該遊技球が前記導入通路を通過し、前記速度が前記所定速度以下であると、前記導入通路に導入されてから前記所定時間を経過した後に当該遊技球が前記導入通路を通過する長さに設定し、前記駆動制御手段は、前記検知手段が遊技球を検知してから前記所定時間が経過するまでは前記振分本体部を第1状態とし、前記検知手段が遊技球を検知してから前記所定時間を経過すると前記振分本体部を第2状態とするように前記駆動手段の駆動を制御することを特徴とする遊技機。

技術分野

0001

本発明は、パチンコ機等の遊技機に関するものである。

背景技術

0002

遊技機の一種として、遊技球遊技領域に打ち出し、この遊技球を障害釘)等に衝突させつつ流下させるパチンコ機が知られている。そして、種々のパチンコ機において、例えば、遊技球の打ち出し方等によって、遊技球の通過速度を変えることで(例えば、流下速度が速くなるように打ち出すこと等で)、遊技者にとって有利な結果が得られる場合がある(例えば、特許文献1及び特許文献2参照)。

先行技術

0003

特開2011−10741号公報
特開2000−350831号公報

発明が解決しようとする課題

0004

これらのパチンコ機において、遊技球の通過速度(例えば、流下速度)によって生じ得る種々の問題に対応するために、遊技球の行き先をその通過速度(例えば、流下速度)に応じて好適に振り分けることが求められている。

0005

本発明は、上記例示した事情等に鑑みてなされたものであり、遊技球の行き先をその通過速度によって好適に振り分けることを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するため、本発明に係る遊技機は、
所定の発射手段により発射される遊技球が流下する遊技領域と、
前記遊技領域を流下する遊技球が入球することに基づいて遊技者に遊技上の特典獲得の可能性を発生させる有利入球部と、を備える遊技機であって、
前記遊技球が導入される導入通路と、
前記導入通路への遊技球の導入を検知する検知手段と、
前記導入通路を通過する遊技球の行き先を前記有利入球部に入球可能な特別通路若しくは前記有利入球部に入球不可能な通常通路に振り分ける振分本体部と、
前記振分本体部を駆動する駆動手段と、
前記駆動手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
具備する振分手段が、前記発射手段により発射される遊技球が通過する部位に設けられ、
前記振分本体部は、前記導入通路を前記通常通路に連絡すると共に前記特別通路との連絡を遮断した第1状態と、前記導入通路を前記特別通路に連絡すると共に前記通常通路との連絡を遮断した第2状態と、を実行可能であり、
前記導入通路の経路長を、前記導入通路に導入された遊技球の速度が所定速度を超えると、前記導入通路に導入されてから所定時間を経過する前に当該遊技球が前記導入通路を通過し、前記速度が前記所定速度以下であると、前記導入通路に導入されてから前記所定時間を経過した後に当該遊技球が前記導入通路を通過する長さに設定し、
前記駆動制御手段は、前記検知手段が遊技球を検知してから前記所定時間が経過するまでは前記振分本体部を第1状態とし、前記検知手段が遊技球を検知してから前記所定時間を経過すると前記振分本体部を第2状態とするように前記駆動手段の駆動を制御することを特徴とする。

発明の効果

0007

本発明の遊技機によると、振分手段を備えるため、遊技球の行き先をその通過速度によって好適に振り分けることができる。

図面の簡単な説明

0008

各実施形態のパチンコ機を示す正面図。
各実施形態のパチンコ機の主要な構成を展開して示す斜視図。
各実施形態のパチンコ機の主要な構成を展開して示す斜視図。
各実施形態のパチンコ機の構成を示す背面図。
第1実施形態の遊技盤の構成を示す正面図。
第1実施形態の通路選択機構を示す概略的な斜視図。
(a)〜(c)は通路選択機構の通路選択態様を示す概略的な説明図。
(a)通路選択機構を構成するクルーンの概略的な平面図、(b)は不正防止装置の概略的な平面図。
(a)及び(b)は不正防止装置の概略的な平面図。
(a)及び(b)は不正防止装置の概略的な斜視図。
パチンコ機の電気的構成を示すブロック図。
図柄表示装置表示画面における表示内容を説明するための説明図。
当否抽選などに用いられる各種カウンタの内容を説明するための説明図。
(a)低確率モード用の当否テーブルを説明するための説明図、(b)高確率モード用の当否テーブルを説明するための説明図。
(a)第1結果表部用の振分テーブルを説明するための説明図、(b)第2結果表示部用の振分テーブルを説明するための説明図。
保留球格納エリアの構成を説明するための説明図。
主制御装置のMPUにおけるタイマ割込み処理を示すフローチャート
作動口用入賞処理を示すフローチャート。
情報取得処理を示すフローチャート。
スルー用の通過処理を示すフローチャート。
通常処理を示すフローチャート。
遊技回制御処理を示すフローチャート。
データ設定処理を示すフローチャート。
変動開始処理を示すフローチャート。
確変大当たり用停止結果設定処理を示すフローチャート。
変動表示時間の設定処理を示すフローチャート。
遊技状態移行処理を示すフローチャート。
開閉実行モード終了時の移行処理を示すフローチャート。
電役駆動処理を示すフローチャート。
電役開閉処理を示すフローチャート。
異常監視処理を示すフローチャート。
変形例1の遊技盤の構成を示す正面図。
(a)及び(b)は変形例1の振分装置の構成を示す正面図。
(a)は変形例2を説明するための説明図、(b)は変形例2のスルー用の通過処理のフローチャートの一部を示す説明図、(c)は変形例3を説明するための説明図。
第2実施形態の遊技盤の構成(変形例4及び変形例5の遊技盤の構成)を示す正面図。
(a)電動役物閉鎖状態である場合を示す作動口装置の正面図、(b)電動役物が開放状態である場合を示す作動口装置の正面図。
第2実施形態の不正防止装置等を示す概略的な縦断面図。
(a)〜(c)は第2実施形態の不正防止装置の機能を説明するための概略的な縦断面図。
第2実施形態の主制御装置のMPUにおけるタイマ割込み処理を示すフローチャート。
(a)は第2実施形態(変形例4及び変形例5)の通過検知処理を示すフローチャート、(b)は第2実施形態及び第3実施形態のスルー用の入賞処理を示すフローチャート。
第2実施形態の通常処理を示すフローチャート。
第2実施形態及び第3実施形態の開閉モード終了時の移行処理を示すフローチャート。
第2実施形態及び第3実施形態の電役サポート用処理を示すフローチャート。
第2実施形態及び第3実施形態の電役サポート用処理を示すフローチャート。
第2実施形態及び第3実施形態の電役開閉処理を示すフローチャート。
(a)は第2実施形態の振分処理を示すフローチャート、(b)は第2実施形態において排出時間を説明するための説明図。
変形例6の遊技盤の構成を示す正面図。
第3実施形態の遊技盤の構成を示す正面図。
図48一部拡大図
(a)第1作動口への入賞が発生した場合に参照される当否テーブルを説明するための説明図、(b)第2作動口への入賞が発生した場合に参照される当否テーブルを説明するための説明図。
(a)第1作動口への入賞が発生した場合に参照される当否テーブルを説明するための説明図、(b)第2作動口への入賞が発生した場合に参照される当否テーブルを説明するための説明図。
第3実施形態の変動開始処理を示すフローチャート。
第3実施形態の遊技状態移行処理を示すフローチャート。
第3実施形態の特別当たり用の移行処理を説明するためのタイミングチャート
(a)及び(b)は変形例7を説明するための説明図。
(a)及び(b)は変形例8を説明するための説明図。

実施例

0009

(第1実施形態)
以下、遊技機の一種であるパチンコ遊技機(以下、「パチンコ機」という)の第1実施形態を、図面に基づいて詳細に説明する。図1はパチンコ機10の正面図、図2及び図3はパチンコ機10の主要な構成を展開して示す斜視図である。なお、図2では便宜上パチンコ機10の遊技領域PE内の構成を省略している。

0010

パチンコ機10は、図1に示すように、当該パチンコ機10の外殻を形成する外枠11と、この外枠11に対して前方に回動可能に取り付けられた遊技機本体12とを有する。外枠11は木製の板材などを四辺に連結し構成されるものであって矩形枠状をなしている。パチンコ機10は、外枠11を島設備取り付け固定することにより、遊技ホールに設置される。

0011

遊技機本体12は、図2に示すように、内枠13と、その内枠13の前方に配置される前扉枠14と、内枠13の後方に配置される裏パックユニット15とを備えている。遊技機本体12のうち内枠13が外枠11に対して回動可能に支持されている。詳細には、正面視で左側を回動基端側とし右側を回動先端側として内枠13が前方へ回動可能とされている。なお、本明細書において「前」は「遊技機を基準として遊技者に近接する方向」を指し、「後」は「遊技機を基準として遊技者から離間する方向」を指すものとする。

0012

内枠13には、図2に示すように、前扉枠14が回動可能に支持されており、正面視で左側を回動基端側とし右側を回動先端側として前方へ回動可能とされている。また、内枠13には、図3に示すように、裏パックユニット15が回動可能に支持されており、正面視で左側を回動基端側とし右側を回動先端側として後方へ回動可能とされている。なお、遊技機本体12には、図3に示すように、その回動先端部に施錠装置16が設けられており、遊技機本体12を外枠11に対して開放不能に施錠状態とする機能を有しているとともに、前扉枠14を内枠13に対して開放不能に施錠状態とする機能を有している。これらの各施錠状態は、パチンコ機10前面にて露出させて設けられたシリンダ錠17(図1参照)に対して解錠キーを用いて解錠操作を行うことにより、それぞれ解除される。

0013

ここで、第1実施形態、後述する第2実施形態、後述する第3実施形態、後述する各変形例では、本発明の振分手段を「不正防止装置(不正防止手段)」として用いている。つまり、パチンコ機において、遊技者は遊技領域を流下する遊技球が所定の入賞口に入賞することで賞球を獲得したり、賞球とともに抽選契機を得たりするのが一般的である。ところが、遊技領域を遊技球が流下する速度を、正規の遊技球よりも速くしたり、遅くしたりすることで、不当な賞球を獲得したり、不当に抽選契機を獲得したりする不正行為が行われることがある。例えば、遊技球に低粘度の油分(例えば、潤滑油サラダ油等)を付着させ(以下、かかる不正球を油球という。)、遊技領域を流下する遊技球の釘(障害釘)等に対する摩擦を低減すること等により、当該遊技球の球速を増加させ、所定の入賞口への入賞効率(入賞確率)を高め、不当な賞球を獲得したり、不当に抽選契機を獲得したりする不正行為(以下、油球ゴトという。)が報告されている。特に、所謂「特別領域」を備える可変入賞装置を具備し、可変入賞装置が開状態となった後の制限時間内に「特別領域」に遊技球を到達させると、所定の利益(開閉実行モード移行の利益、開閉実行モード終了後の高確率モード移行の利益等)が得られる遊技機では、この油球ゴトの標的とされ易い。つまり、可変入賞装置が開状態となると、油分を付着させた遊技球を発射手段で発射し、遊技球を可変入賞装置にいち早く到達させ、不当な利益の獲得を試みることがある。このため、遊技球の電気抵抗に基づき、遊技球に油分を付着(塗布)させていることを検出する遊技機が提案されている(例えば、特開2009−279267号公報を参照)。

0014

しかしながら、特開2009−279267号公報に示す手法よりも、油球ゴトに対する不正対策を向上させることが望まれている。例えば、遊技球に油分が塗布されていても、当該油分の粘度が低いと遊技球が電極に直接触れてしまうので、油分が付着していない場合と同一視される程、小さな電気抵抗が測定される可能性がある。つまり、上記特開2009−279267号公報には、皿部材等に電極を設け、構造を複雑化したのにも係わらず、油球ゴトを防止することが困難な手法が開示されているに過ぎない。そして、このように、油球等の不正な遊技球と、正規の遊技球(遊技領域を流下する速度を意図的に変更するための処理が施されていない遊技球)とを選別することは困難であるが、正当な遊技球には何らの悪影響を与えることなく、不正な遊技球のみを取り除くという、不正対策を図ることが切望されている。

0015

これに対して、第1実施形態、後述する第2実施形態、後述する第3実施形態、後述する各変形例では、遊技領域を流下する速度を速くするための処理が施された不正な遊技球に対する不正対策を向上できる遊技機を提供することを目的とする(詳細については後述する。)。なお、パチンコホールから遊技者に貸与される遊技球や、所謂「封入式の遊技機」において予め封入されている遊技球を正規の(正当な)遊技球と称する。この正規の(正当な)遊技球は、遊技領域を流下する速度を変更するための処理が施されていない遊技球である。また、本明細書において説明の便宜上、前述の「油球」及び「油球ゴト」を使用する油分の種類に応じて次のように定義する。つまり、低粘度の油分(例えば、手触りがさらさらの油分)が塗布されたり、塗されたりしていて、遊技領域を流下する速度が正規球よりも速くなる油球を第1種油球と称し、この第1種油球を用いた「油球ゴト」を「第1種油球ゴト」と称する。また、高粘度の油分(例えば、手触りがべとべとの油分)が塗布されたり、塗されたりしていて、遊技領域を流下する速度が正規球よりも遅くなる油球を第2種油球と称し、この第2種油球を用いた「油球ゴト」を「第2種油球ゴト」と称する。

0016

次に、遊技機本体12の前面側の構成について説明する。

0017

図2に示すように、内枠13は、外形が外枠11とほぼ同一形状をなす樹脂ベース21を主体に構成されている。樹脂ベース21の中央部には略楕円形状の窓孔23が形成されている。樹脂ベース21には遊技盤24が着脱可能に取り付けられている。遊技盤24は合板よりなり、遊技盤24の前面に形成された遊技領域PEが樹脂ベース21の窓孔23を通じて内枠13の前面側に露出した状態となっている。

0018

ここで、遊技盤24の構成を図5に基づいて説明する。遊技盤24には、ルータ加工が施されることによって前後方向に貫通する大小複数の開口部が形成されている。各開口部には一般入賞口31,可変入賞装置32,上作動口(第1始動入球部又は非優先始動入球部)33,下作動口(第2始動入球部又は優先始動入球部)34,可変表示ユニット36、不正防止装置50(振分手段)、通路選択機構51及びメイン表示部43等がそれぞれ設けられている。なお、第1実施形態と異なり、下作動口34が電動役物を備えるパチンコ機では遊技盤24にスルーゲート35を備えている(第2実施形態を参照)。

0019

遊技盤24の背面側には、一般入賞口31、可変入賞装置32、上作動口33及び下作動口34のそれぞれに対応させて検知センサ(図示略)が設けられており、一般入賞口31、可変入賞装置32、上作動口33及び下作動口34への入球が発生すると、それが対応する検知センサにより検知され、その検知結果に基づいて所定数の賞球の払い出しが実行される。この場合に、一般入賞口31への入球が発生した場合には10個の遊技球の払出が実行され、可変入賞装置32への入球が発生した場合には15個の遊技球の払出が実行され、上作動口33への入球が発生した場合には3個の遊技球の払出が実行され、下作動口34への入球が発生した場合には4個の遊技球の払出が実行される。

0020

なお、遊技球の払出個数は上記のものに限定されることはない。但し、上作動口33に対する下作動口34の有利性を高める上では、上作動口33に係る払出個数よりも下作動口34に係る払出個数を多く設定することが好ましい。また、各作動口33,34に対する可変入賞装置32の有利性を高める上では、各作動口33,34に係る払出個数よりも可変入賞装置32に係る払出個数を多く設定することが好ましい。更に、上作動口33、下作動口34、一般入賞口31は何れも上向きに開放されている

0021

その他に、遊技盤24の最下部にはアウト口37が設けられており、各種入賞口等に入らなかった遊技球はアウト口37を通って遊技領域PEから排出される。また、遊技盤24には、遊技球の落下方向を適宜分散、調整等するために多数の釘38が植設されていると共に、風車等の各種部材(役物)が配設されている。

0022

ここで、入球とは、所定の開口部を遊技球が通過することを意味し、開口部を通過した後に遊技領域PEから排出される態様だけでなく、開口部を通過した後に遊技領域PEから排出されない態様も含まれる。但し、以下の説明では、アウト口37への遊技球の入球と明確に区別するために、可変入賞装置32、上作動口33、下作動口34への遊技球の入球を、入賞とも表現する。なお、後述する実施形態2のパチンコ機10Bのように、スルーゲート35を有するパチンコ機10Bではスルーゲート35への遊技球の入球も、入賞と表現する。

0023

通路選択機構51は、遊技盤24を流下する遊技球を受け入れた後、この遊技球の行き先を下作動口34に入賞可能性が高い通路若しくは入賞可能性が低い通路に振り分けるもの(行き先として、下作動口34に入賞可能性が高い通路若しくは入賞可能性が低い通路を選択するもの)である。この通路選択機構51は、図6に示すように、遊技盤24の盤面に設けられた受入部材51bと、第1通路管51cと、第2通路管51dと、第2通路管51dに流入した遊技球を受け取り可能なクルーン51eと、クルーン51eの中央に設けられた流出口51fに連通する第3通路管51gと、を備える。このうち、第3通路管51gの終端部は第1通路管51cの中間部に合流している。そして、第1通路管51cの終端部は放出口51tとして遊技盤24の前面側に露呈し、遊技球を遊技盤24の前面側において略鉛直下方に向かって放出可能とされている。そして、放出口51tの略鉛直下方に下作動口34が配置されているため、第1通路管51cの終端部から放出される遊技球は高い確率で下作動口34に入賞する。

0024

通路選択機構51を構成する裏構造体51H、つまり、第1通路管51cの終端部(放出口51t)を除く部分と、第2通路管51dと、第3通路管51gと、クルーン51eと、後述する3本の第4通路管51xは遊技盤24の裏側に配置されるとともに、遊技盤24が透明とされているため(例えば、透明な樹脂で構成されているため)、遊技者は遊技盤24を透かして裏構造体51Hを視認可能である。但し、遊技盤24の全体を透明とすることは必ずしも必要とされず、遊技盤24において少なくとも裏構造体51Hの前方が透明であればよい。

0025

受入部材51bは、図7に示すように、上方に開口する略ケース形状部材本体51jと、軸部材51kを基準に左右(正面視)に揺動可能な選択部材51mと、選択部材51mの右端側(正面視)に装着(埋設)された51nと、を備える。また、部材本体51jの開口部寄りには仕切部51pが設けられている。そして、図7(b)に示すように、受入部材51bの開口部を通じて、左方向から受入部材51bに進入する遊技球は受入部材51bの左側、つまり、選択部材51mの左端側に到達する可能性が高くなっている。また、図7(c)に示すように、右方向から受入部材51bに進入する遊技球は受入部材51bの右側、つまり、選択部材51mの右端側に到達する可能性が高くなっている。

0026

選択部材51mが左下り傾斜姿勢となったときに、選択部材51mの左端後方に位置する部位には、第1進入口51sが設けられ、この第1進入口51sには第1通路管51cの始端部が連通している。また、選択部材51mが右下り傾斜姿勢となったときに、選択部材51mの右端後方に位置する部位には第2進入口51rが設けられ、この第2進入口51rには第2通路管51dの始端部が連通している。但し、選択部材51mの左端側(正面視)に錘51nを備えるため、右下り傾斜姿勢となり易くなっている。

0027

このため、遊技領域PEのうち、後述するセンターフレーム42の右側の部分(以下、右打ち領域Rという。)を流下する遊技球が受入部材51bに進入する場合、高い確率で選択部材51mの右端側に到達するため、第2進入口51rを通じて第2通路管51dに進入する可能性が高くなっている。一方、遊技領域PEのうち、後述するセンターフレーム42の左の部分(以下、左打ち領域Lという。)を流下する遊技球が受入部材51bに進入する場合、高い確率で選択部材51mの左端側に到達する。この場合、左端側に落下した遊技球の重みで選択部材51mの姿勢が右下り傾斜姿勢から左下り傾斜姿勢に変化しようとするが、選択部材51mの右端側には錘51nが埋設されているため、選択部材51mが左下り傾斜姿勢となり、遊技球が第1進入口51sを通じて第1通路管51cに進入するケースと、選択部材51mが左下り傾斜姿勢のままとなり、遊技球が第2進入口51rを通じて第2通路管51dに進入するケースが、半々の割合で生ずる。

0028

図8(a)に示すように、クルーン51eは、略すり鉢形状を備え、その最底部に流出口51fを備える。また、第2進入口51sを通じて第2通路管51dに進入した遊技球は、クルーン51e内にその周方向に沿って放出される。そして、放出された遊技球はクルーン51e内を周回しつつ下降する経路略渦巻き状の経路)を転動する。このとき、この経路上には複数(3個)の孔51pが設けられているため、何れかの孔51pに進入した遊技球は各51pに接続された第4通路管51xを用いてパチンコ機10外に誘導される(図6には3個の51pのうち1個のみを図示している)。そして、クルーン51e内に放出された遊技球のうち、孔51pに進入せず、流出口51fに到達したものが、第3通路管51gを通じて第1通路管51cに進入する。また、クルーン51e内に放出された遊技球のうち、流出口51fに到達する確率は低く(例えば、1/5)されている。

0029

図5に戻って更に説明すると、可変入賞装置32はセンターフレーム42の右斜め下方に設けられ、遊技盤24の背面側へと通じる大入賞口32aを備えているとともに、当該大入賞口32aを開閉する開閉扉32bを備えている。開閉扉32bは、遊技盤24の背面側に設けられたソレノイドなどの駆動部と連結されており、通常は遊技球が入賞できない又は入賞し難い閉鎖状態になっており、内部抽選において開閉実行モード(開閉実行状態)への移行に当選した場合に遊技球が入賞しやすい所定の開放状態に切り換えられるようになっている。ここで、開閉実行モードとは、大当たり当選となった場合に移行することとなるモードである。当該開閉実行モードについては、後に詳細に説明する。可変入賞装置32の開放態様としては、所定時間(例えば30sec)の経過又は所定個数(例えば10個)の入賞を1ラウンドとして、複数ラウンド(例えば15ラウンド)を上限として可変入賞装置32が繰り返し開放される態様がある。

0030

メイン表示部43は、遊技領域PEの下部側の外縁に沿って配設された装飾部材39に設けられている。装飾部材39は、遊技盤24の盤面からパチンコ機10前方に延出している。より具体的には、装飾部材39の前面は、遊技領域PEをパチンコ機10前方から視認可能とするために前扉枠14に設けられた窓パネル62と対向しており、さらに窓パネル62との間の距離は遊技球1個分よりも狭くなっている。これにより、装飾部材39の前面の前方を遊技球が落下していくのが防止されている。

0031

装飾部材39の前面から露出するようにしてメイン表示部43が設けられている。つまり、メイン表示部43は前扉枠14の窓パネル62を通じてパチンコ機10前方から視認可能となっているとともに、メイン表示部43の前方を遊技球が落下していくのが防止されている。なお、下作動口34に電動役物を設けたパチンコ機では、窓パネル62を通じて役物用表示部(スルーゲート35への入賞に基づく内部抽選の結果が電役開放状態への移行に対応した当選結果であるか否かを表示する役物用表示部)を視認可能としてもよい。例えば、装飾部材39に役物用表示部を設けてもよい(図35を参照)。

0032

メイン表示部43には、大当たり当選となることで可変入賞装置32が開閉実行モードとなった場合(又は開閉実行モードとなる場合)において、その開閉実行モードにおける可変入賞装置32の大入賞口32aが開放される回数を明示するためのラウンド表示部RSと、上作動口33への入賞に基づいて行われた内部抽選の結果を明示するための第1結果表示部ASと、下作動口34への入賞に基づいて行われた内部抽選の結果を明示するための第2結果表示部BSとが設定されている。また、ラウンド表示部RSでは、開閉実行モードの開始に際して開放回数の表示が開始され、開閉実行モードの終了に際して当該表示が終了される。

0033

第1結果表示部ASでは、上作動口33への入賞をトリガとして絵柄の変動表示が行われ、その変動表示の停止結果として、上作動口33への入賞に基づいて行われた内部抽選の結果が表示によって明示される。上作動口33への入賞に基づく内部抽選の結果が開閉実行モードへの移行に対応した当選結果であった場合には、第1結果表示部ASにて所定の停止結果が表示されて変動表示が停止された後に、開閉実行モードへ移行する。

0034

第2結果表示部BSでは、下作動口34への入賞をトリガとして絵柄の変動表示が行われ、その変動表示の停止結果として、下作動口34への入賞に基づいて行われた内部抽選の結果が表示によって明示される。下作動口34への入賞に基づく内部抽選の結果が開閉実行モードへの移行に対応した当選結果であった場合には、第2結果表示部BSにて所定の停止結果が表示されて変動表示が停止された後に、開閉実行モードへ移行する。

0035

ここで、いずれかの作動口33,34への入賞に基づいて、対応する結果表示部AS,BSにて変動表示が開始され、所定の停止結果を表示し上記変動表示が停止されるまでが遊技回の1回に相当する。但し、遊技回の1回は、上記の内容に限定されることはなく、例えば、単一の結果表示部が設けられ、いずれの作動口33,34への入賞が発生したとしてもその単一の結果表示部にて変動表示が行われる構成においては、当該単一の結果表示部にて変動表示が開始され、所定の停止結果を表示した状態で上記変動表示が停止されるまでを遊技回の1回とする。なお、メイン表示部43は、複数のセグメントを有するセグメント表示装置により構成されているが、これに限定されることはなく、液晶表示装置など他の表示装置を用いてもよい。

0036

可変表示ユニット36には、図柄を変動表示(又は、可変表示若しくは切換表示)する図柄表示装置41が設けられている。また、可変表示ユニット36には、図柄表示装置41を囲むようにしてセンターフレーム42が配設されている。このセンターフレーム42は、その上部がパチンコ機10前方に延出している。これにより、図柄表示装置41の表示画面の前方を遊技球が落下していくのが防止されており、遊技球の落下により表示画面の視認性が低下するといった不都合が生じない構成となっている。

0037

図柄表示装置41は、液晶ディスプレイを備えた液晶表示装置として構成されており、後述する表示制御装置により表示内容が制御される。図柄表示装置41には、例えば上、中及び下に並べて図柄が表示され、これらの図柄が左右方向にスクロールされるようにして変動表示されるようになっている。この場合、図柄表示装置41における変動表示は、上作動口33又は下作動口34への入賞に基づいて開始される。すなわち、第1結果表示部ASにおいて変動表示が行われる場合には、それに合わせて図柄表示装置41において変動表示が行われるとともに、第2結果表示部BSにおいて変動表示が行われる場合には、それに合わせて図柄表示装置41において変動表示が行われる。そして、例えば、開閉実行モードとして可変入賞装置32の大入賞口32aの開放が15回行われることとなる15ラウンド対応の開閉実行モードに移行する遊技回には、図柄表示装置41では予め設定されている有効ライン上に所定の組み合わせの図柄が停止表示される。

0038

センターフレーム42の前面側における左上部分には、第1結果表示部AS及び図柄表示装置41に対応した第1保留ランプ部45が設けられている。遊技球が上作動口33に入賞した個数は最大4個まで保留され、第1保留ランプ部45の点灯によってその保留個数が表示されるようになっている。また、センターフレーム42の前面側における右上部分には、第2結果表示部BS及び図柄表示装置41に対応した第2保留ランプ部46が設けられている。遊技球が下作動口34に入賞した個数は最大4個まで保留され、第2保留ランプ部46の点灯によってその保留個数が表示されるようになっている。上述したように、センターフレーム42の上部がパチンコ機10前方に延出していることにより、第1保留ランプ部45及び第2保留ランプ部46の視認性が遊技球の落下により阻害されない構成となっている。なお、各保留ランプ部45〜46が図柄表示装置41の一部で表示される構成等であってもよい。

0039

不正防止装置50は「振分手段」の一具体例を示すものであり、遊技領域PEを流下する遊技球のうち、当該不正防止装置50内に取り込んだものの行き先を通常通路NR若しくは特別通路SRに振り分けるためのものである。また、第1実施形態では、図5に示すように、不正防止装置50をセンターフレーム42の下部左側(正面視)に配置している。但し、不正防止装置50をセンターフレーム42の下部右側(正面視)に配置したり、センターフレーム42の左右に配置したりすることもできる。また、本実施形態では、不正防止装置50として電動役物を用いているが、所謂「非電動役物」を用いることもできる。

0040

不正防止装置50について、図8(b)、図9及び図10を用いて説明する。不正防止装置50は橋状の電動役物であり、遊技盤24の盤面前方に配置されるカバー体52aと、カバー体52aの後方に配置されるベース部材52bと、不正防止装置50内に導入された遊技球が通過する通路部52cと、を備える。

0041

通路部52cの上面は、左端から右端に向かって(正面視)僅かに下り傾斜面とされる。また、通路部52cの右端はその他の部分に比べて段差状に凹む凹部52hとされるとともに、凹部52hには排出センサ211fを設け、凹部52hを通過した遊技球を検知する(図11を参照)。更に、凹部52hに誘導された遊技球はパチンコ機10の機外に排出される。例えば、凹部52hにパチンコ機10の後方に向かう下り傾斜を設け、凹部52hに誘導された遊技球を島設備に戻すこととしてもよい。また、凹部52hの前面部を開口状態とするとともに、凹部52hにパチンコ機10の前方に向かう下り傾斜を設けることで、凹部52hに誘導された遊技球を一旦、遊技領域24に戻し、遊技領域24に戻した遊技球が如何なる入球口(入賞口、作動口)にも入球せず、アウト口37を通じてパチンコ機10から排出されることとしてもよい。若しくは、凹部52hに1個の遊技球が誘導される毎に、1個の遊技球を賞球として払い出すこととしてもよい。なお、カバー体52aと遊技盤24の盤面との間の空間であって、通路部52cの下方に位置する部位を遊技球が通過可能となっている。このため、不正防止装置50に導入されなかった遊技球が通過可能となっている。なお、凹部52hに誘導される毎に警告(音、光等による)を行ったり、凹部52hに誘導される頻度が一定以上の場合に警告(音、光等による)を行ったりしてもよい(後述する)。

0042

通路部52cの右端寄りの位置には開口部52jが設けられ、この開口部52jはシャッター52kによって開閉される。また、通路部52cのうちで、開口部52jよりも左側の部分によって導入通路52pが構成される。更に、開口部52jの後方には電動役物駆動部34bが配置され、電動役物駆動部34bに連結されたシャッター52kを駆動する(図11を参照)。なお、第1実施形態では電動役物駆動部34bとしてソレノイドを用いているが、モータ等の他のアクチュエータを用いることもできる。また、不正防止装置50の入口52yから遊技球が不正防止装置50内に導入されたことは、入口52yに設けられた検知センサ211gによって検知することができる。更に、入口52y(中心位置)から開口部52j(左端縁)までの距離X(図8を参照)は、通路部52cを通過する遊技球の速度が適正(所定速度以下)であれば、所定時間(本実施例では1.5秒)を要する距離であり、速度が不適正(所定速度を超える速度)であれば所定時間を下回る。そして、速度が不適正であれば所定時間を経過する前に、開口部52j上(シャッター52kで閉鎖されている開口部52j上)を通過し、後述する通常通路NRに到達する。なお、開口部52jと、シャッター52kと、によって振分本体部の一具体例を構成し、電動役物駆動部34bによって駆動手段の一具体例を構成する。また、後述する主制御装置81によって駆動制御手段の一具体例を構成する。

0043

次に、図9および図10を用いて不正防止装置50の機能を説明する。入口52yを通じて、導入通路52pに導入された遊技球は導入通路52pの下り傾斜を利用して、シャッター52k(開口部52j)の方向に転動する。そして、正当な遊技球(第1種油球以外の遊技球)が開口部52jに到達しようとする場合には、当該遊技球の速度が所定速度以下であるため、所定時間(第1実施形態では1.5秒を例示)が経過する前に当該遊技球が開口部52jに到達しない。つまり、当該遊技球が開口部52jに到達するまでに所定時間(第1実施形態では1.5秒を例示)が経過するため、既にシャッター52kが開口部52jを開放し、開口部52jを通じて導入通路52pと特別通路SRとが連通している。従って、導入通路52pを転動した遊技球を特別通路SRに誘導することができる。なお、図5に示すように、第1実施形態の特別通路は、「不正防止装置50内の特別通路SR」のみでなく、「不正防止装置50内の特別通路SR」と「不正防止装置50外の特別通路A1」とで構成されている(図5を参照)。つまり、開口部52jに連絡される「不正防止装置50内の特別通路SR」と、遊技盤24の盤面の導釘38bで構成される「不正防止装置50外の特別通路A1」とによって、遊技球を受入部材51b、ひいては、下作動口34に誘導することができる。但し、特別通路を「不正防止装置50外の特別通路」のみで構成してもよい。例えば、開口部52jから直接「不正防止装置50外の特別通路A1」に遊技球を誘導してもよい。この点は後述する通常通路についても同様であり、通常通路を「不正防止装置50内の通常通路NR」と、「不正防止装置50外の通常通路」で構成してもよいし、シャッター52kで閉鎖した開口部52jを通過した遊技球が、直接「不正防止装置50外の通常通路」に誘導されてもよい。

0044

一方、導入通路52pに導入された遊技球が第1種油球であれば、当該遊技球の速度が所定速度を超えるため、所定時間(第1実施形態では1.5秒を例示)が経過する前に(電動役物駆動部51dが駆動する前に)、当該遊技球が開口部52jを閉鎖しているシャッター52k上を通過する。つまり、遊技球が第1種油球であれば、当該遊技球の速度が所定速度を越えるため、当該遊技球がシャッター52k(開口部52j)を通過した後に所定時間(第1実施形態では1.5秒を例示)が経過する。このように、シャッター52k(開口部52j)を通過した後に所定時間が経過する場合、通常通路NRに誘導され、アウト球とすることができるため(特別通路SRには誘導されないため)、第1種油球ゴトを排除することができる。

0045

図5を用いて更に説明すると、遊技盤24には、内レール部5Aと外レール部5Bとが取り付けられており、これら内レール部5Aと外レール部5Bとにより誘導レール5Eが構成され、遊技球発射機構7Aから発射された遊技球が遊技領域PEの上部に案内されるようになっている。遊技球発射機構7Aは、図2に示すように、樹脂ベース21における窓孔23の下方に取り付けられており、前扉枠14に設けられた発射ハンドル8Aが操作されることにより遊技球の発射動作が行われる。

0046

内枠13の前面側全体を覆うようにして前扉枠14が設けられている。前扉枠14には、図1に示すように、遊技領域のほぼ全域を前方から視認することができるようにした窓部61が形成されている。窓部61は、上部が円弧状に丸みを帯びた略多角形状、略楕円形状若しくは略真円形状をなし、上述した窓パネル62が嵌め込まれている。窓パネル62は、ガラスによって無色透明に形成されているが、これに限定されることはなく合成樹脂によって無色透明に形成してもよい。また、窓部61の周囲には、各種ランプ部等の発光手段が設けられている。当該各種ランプ部の一部として表示ランプ部63が窓部61の上方に設けられている。また、表示ランプ部63の左右両側には、遊技状態に応じた効果音などが出力されるスピーカ部64が設けられている。

0047

前扉枠14における窓部61の下方には、手前側膨出した上側膨出部65と下側膨出部66とが上下に並設されている。上側膨出部65内側には上方に開口した上皿71が設けられており、下側膨出部66内側には同じく上方に開口した下皿72が設けられている。上皿71は、後述する払出装置より払い出された遊技球を一旦貯留し、一列に整列させながら遊技球発射機構7A側へ導くための機能を有する。また、下皿72は、上皿71内にて余剰となった遊技球を貯留する機能を有する。上皿71及び下皿72には、裏パックユニット15の払出装置96から払い出された遊技球が前扉枠14の背面に設けられた通路形成ユニット73を通じて排出される。

0048

次に、遊技機本体12の背面側の構成について説明する。

0049

図3に示すように、内枠13(具体的には、遊技盤24)の背面には、主制御装置81及び音声ランプ制御装置82が搭載されている。

0050

主制御装置81は、遊技の主たる制御を司る主制御基板と、電源監視する停電監視基板とを具備しており、これら主制御基板及び停電監視基板が透明樹脂材料等よりなる基板ボックス83に収容されて構成されている。基板ボックス83は、略直方体形状のボックスベース表ケース体)とこのボックスベースの開口部を覆うボックスカバー裏ケース体)とを備えている。これらボックスベースとボックスカバーとは分離阻止手段(又は、結合手段)としてのボックス結合部85によって分離不能に連結され、これにより基板ボックス83が封印されている。そして、これらボックス結合部85によって分離不能に連結されていることで、基板ボックス83の内部空間の開放に際しては当該基板ボックス83の破壊又は一部の切除を要する構成となっている。ボックス結合部85は、基板ボックス83の長辺部に複数設けられ、そのうち少なくとも一つが用いられて結合処理が行われる。

0051

ボックス結合部85はボックスベースとボックスカバーとを開放不能に結合する構成であれば任意の構成が適用できるが、ボックス結合部85を構成する長孔係止爪を挿入することでボックスベースとボックスカバーとが開放不能に結合されるようになっている。ボックス結合部85による結合処理は、その結合後の不正な開放を防止し、また万一不正開放が行われてもそのような事態を早期に且つ容易に発見可能とするものであって、一旦開放した後でも再度開放処理を行うこと自体は可能である。すなわち、複数のボックス結合部85のうち、少なくとも一つの長孔に係止爪を挿入することにより結合処理が行われる。そして、収容した主制御基板の不具合発生の際や主制御基板の検査の際など基板ボックス83を開放する場合には、係止爪が挿入されたボックス結合部85と他のボックス結合部85との連結部分やボックス本体との連結部分を切断する。これにより、基板ボックス83のボックスベースとボックスカバーとが分離され、内部の主制御基板を取り出すことができる。その後、再度結合処理する場合は他のボックス結合部85の長孔に係止爪を挿入する。基板ボックス83の開放を行った旨の履歴を当該基板ボックス83に残しておけば、基板ボックス83を見ることで不正な開放が行われた旨が容易に発見できる。

0052

基板ボックス83の一方の短辺部には、その側方に突出するようにして複数の結合片が設けられている。これら結合片は、主制御装置81の取付台に形成された複数の被結合片と1対1で対応しており、結合片と被結合片とにより基板ボックス83と取付台との間で結合処理が行われる。なお、上記基板ボックス83の不正な開放を発見するための痕跡手段として、封印シールをボックスベースとボックスカバーとの境界を跨ぐようにして貼り付ける構成としてもよい。この場合、封印シールをその貼付箇所から剥がした場合には、当該封印シールの接着剤層が基板ボックス83側に残り、その痕跡が残ることとなる。さらには、当該封印シールに所定周波数の呼び出し波に対して識別情報を含む応答波発信するICタグを設け、封印シールを剥がした場合には、当該ICタグのアンテナが切断されて、上記応答波の発信が不可となる構成としてもよい。

0053

音声ランプ制御装置82は、主制御装置81からの指示に従い音声ランプ表示、及び図示しない表示制御装置の制御を司る音声ランプ制御基板を具備しており、音声ランプ制御基板が透明樹脂材料等よりなる基板ボックス84に収容されて構成されている。

0054

裏パックユニット15は、図4に示すように、裏パック91を備えており、当該裏パック91に対して、払出機構部92及び制御装置集合ユニット93が取り付けられている。なお、裏パック91は透明性を有する合成樹脂により形成されており、主制御装置81や音声ランプ制御装置82などを後方から覆うように、後方に突出し略直方体形状をなす保護カバー部94を有している。

0055

払出機構部92は、保護カバー部94を迂回するようにして配設されており、遊技場の島設備から供給される遊技球が逐次補給されるタンク95と、当該タンク95に貯留された遊技球を払い出すための払出装置96と、を備えている。払出装置96より払い出された遊技球は、当該払出装置96の下流側に設けられた図示しない払出通路を通じて、上皿71又は下皿72に排出される。また、払出機構部92には、例えば交流24ボルト主電源が供給されるとともに、電源のON操作及びOFF操作を行うための電源スイッチが設けられた裏パック基板が搭載されている。

0056

また、裏パック91には、裏パックユニット15の回動軸側であって上縁側に外部出力端子板99が設けられている。外部出力端子板99には、タンク95などで遊技球が不足した場合に信号出力するための出力端子、所定個数の賞球を払い出す毎に信号出力するための出力端子、所定個数の遊技球を貸し出す毎に信号出力するための出力端子、遊技機本体12の開放時に信号出力するための出力端子、前扉枠14の開放時に信号出力するための出力端子、及び開閉実行モードなどの状態移行に際して(又は、状態に移行している間)信号出力するための出力端子が設けられている。そして、これらの出力端子を通じて、遊技ホール側の管理制御装置に対して枠側の状態に関する信号が出力される。なお、所定個数の遊技球を貸し出す毎に信号出力するための出力端子はいわゆる現金機においては不要である。

0057

制御装置集合ユニット93は、払出制御装置97と電源及び発射制御装置98とを備えている。これら払出制御装置97と電源及び発射制御装置98とは、払出制御装置97がパチンコ機10後方となるように前後に重ねて配置されている。

0058

払出制御装置97は、払出装置96を制御する払出制御基板が基板ボックス内に収容されて構成されている。この場合、当該払出制御装置97の基板ボックスに対して、主制御装置81の基板ボックス83と同様の不正抑制手段を適用してもよい。

0059

電源及び発射制御装置98は、電源及び発射制御基板が基板ボックス内に収容されて構成されており、当該基板により、各種制御装置等で要する所定の電力が生成されて出力され、さらに遊技者による発射ハンドル8Aの操作に伴う遊技球の打ち出しの制御が行われる。また、本パチンコ機10は各種データの記憶保持機能を有しており、万一停電が発生した際でも停電時の状態を保持し、停電からの復帰の際には停電時の状態に復帰できるようになっている。

0060

<電気的構成>
次に、パチンコ機10の電気的構成について、図11のブロック図に基づいて説明する。

0061

主制御装置81に設けられた主制御基板201には、MPU202が搭載されている。MPU202には、当該MPU202により実行される各種の制御プログラム固定値データを記憶したROM203と、そのROM203内に記憶される制御プログラムの実行に際して各種のデータ等を一時的に記憶するためのメモリであるRAM204と、割込回路タイマ回路データ入出力回路乱数発生器としての各種カウンタ回路などが内蔵された素子である。なお、MPU202が有する機能の一部、例えば、ROM203の機能やRAM204の機能などを別の素子として有する構成としてもよい。

0062

MPU202には、入力ポート及び出力ポートがそれぞれ設けられている。MPU202の入力側には、主制御装置81に設けられた停電監視基板205、払出制御装置97及び各種検知センサ211a〜211gなどが接続されている。この場合に、停電監視基板205には電源及び発射制御装置98が接続されており、MPU202には停電監視基板205を介して電力が供給される。また、各種検知センサ211a〜211eの一部として、一般入賞口31、可変入賞装置32、上作動口33及び下作動口34などといった入賞対応入球部(払出対応入球部)に設けられた複数の検知センサが接続されており、主制御装置81のMPU202において各入球部への入賞判定入球判定)が行われる。また、MPU202では、上作動口33及び下作動口34への入賞に基づいて大当たり発生抽選を実行する。

0063

MPU202の出力側には、停電監視基板205、払出制御装置97及び音声ランプ制御装置82が接続されている。払出制御装置97には、例えば、上記入賞対応入球部への入賞判定結果に基づいて賞球コマンドが出力される。この場合、賞球コマンドの出力に際しては、ROM203のコマンド情報記憶エリア225が参照される。そして、一般入賞口31への入賞を特定した場合には、10個の遊技球の払出に対応した賞球コマンドが出力され、可変入賞装置32への入賞を特定した場合には、15個の遊技球の払出に対応した賞球コマンドが出力され、上作動口33への入賞を特定した場合には、3個の遊技球の払出に対応した賞球コマンドが出力され、下作動口34への入賞を特定した場合には、4個の遊技球の払出に対応した賞球コマンドが出力される。

0064

音声ランプ制御装置82には、変動用コマンド種別コマンド、変動終了コマンド、オープニングコマンド及びエンディングコマンドなどの各種コマンドが出力される。この場合、これら各種コマンドの出力に際しては、ROM203のコマンド情報記憶エリア225が参照される。これら各種コマンドの詳細については、後に説明する。なお、上記各コマンドは、所定のバイト数の情報として構成されており、当該所定のバイト数の情報として各種情報が含まれている。

0065

また、MPU202の出力側には、可変入賞装置32の開閉扉32bを開閉動作させる可変入賞駆動部32c、シャッター52kを開閉動作させる電動役物駆動部34b、及びメイン表示部43が接続されている。主制御基板201には各種ドライバ回路が設けられており、当該ドライバ回路を通じてMPU202は各種駆動部の駆動制御を実行する。

0066

つまり、開閉実行モードにおいては大入賞口32aが開閉されるように、MPU202において可変入賞駆動部32cの駆動制御が実行される。また、各遊技回に際しては、MPU202においてメイン表示部43における第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSの表示制御が実行されるとともに、可変入賞装置32の開閉実行モードに際してはメイン表示部43におけるラウンド表示部RSの表示制御が実行される。なお、本実施形態と異なり、下作動口34に電動役物を設け、遊技領域PEにスルーゲート35を設けたパチンコ機では以下の様にしてもよい(第2実施形態を参照)。つまり、MPU202の入力ポートに、スルーゲート35を通過したことを検知する検知センサを接続し、MPU202はスルーゲートへの入賞に基づいてサポート発生抽選を実行する。また、MPU202の出力側には、下作動口34の電動役物を開閉動作させる電動役物駆動部を接続し、電動役物の開放状態当選となった場合には、電動役物が開閉されるように、MPU202において電動役物駆動部の駆動制御を実行してもよい。

0067

停電監視基板205は、主制御基板201と電源及び発射制御装置98とを中継し、また電源及び発射制御装置98から出力される最大電圧である直流安定24ボルトの電圧を監視する。払出制御装置97は、主制御装置81から入力した賞球コマンドに基づいて、払出装置96により賞球や貸し球払出制御を行うものである。

0068

電源及び発射制御装置98は、例えば、遊技場等における商用電源外部電源)に接続されている。そして、その商用電源から供給される外部電力に基づいて主制御基板201や払出制御装置97等に対して各々に必要な動作電力を生成するとともに、その生成した動作電力を所定の電力経路を通じて供給する。また、電源及び発射制御装置98は、遊技球発射機構7Aの発射制御を担うものであり、遊技球発射機構7Aは所定の発射条件が整っている場合に駆動される。

0069

音声ランプ制御装置82は、主制御装置81から入力した各種コマンドに基づいて、可変表示ユニット36に設けられた各保留ランプ部45〜46及び前扉枠14に設けられた表示ランプ部63やスピーカ部64を駆動制御するとともに、表示制御装置212を制御するものである。なお、スルーゲート35を備えるパチンコ機では、スルーゲート35に対応する保留ランプ部も設けられる(第2実施形態を参照)。

0070

表示制御装置212では、音声ランプ制御装置82から入力したコマンドに基づいて、図柄表示装置41の表示制御を実行する。この場合に、音声ランプ制御装置82では、主制御装置81から入力した各種コマンドに基づいて、図柄表示装置41における図柄の変動表示時間及び最終的に停止表示させる図柄の組み合わせの種類を決定するとともに、リーチ発生の有無及びリーチ演出の内容を決定する。

0071

ここで、図柄表示装置41の表示内容について図12に基づいて説明する。図12は図柄表示装置41の表示画面Gを示す図である。

0072

図12(a)に示すように、図柄表示装置41の表示画面Gには、上段中段下段の3つの図柄列Z1,Z2,Z3が設定されている。各図柄列Z1〜Z3は、主図柄と副図柄が所定の順序で配列されて構成されている。詳細には、上図柄列Z1には、「1」〜「9」の9種類の主図柄が数字降順に配列されると共に、各主図柄の間に副図柄が1つずつ配されている。下図柄列Z3には、「1」〜「9」の9種類の主図柄が数字の昇順に配列されると共に、各主図柄の間に副図柄が1つずつ配されている。つまり、上図柄列Z1と下図柄列Z3は18個の図柄により構成されている。これに対し、中図柄列Z2には、数字の昇順に「1」〜「9」の9種類の主図柄が配列された上で「9」の主図柄と「1」の主図柄との間に「4」の主図柄が付加的に配列され、これら各主図柄の間に副図柄が1つずつ配されている。つまり、中図柄列Z2に限っては、10個の主図柄が配されて20個の図柄により構成されている。そして、表示画面Gでは、これら各図柄列Z1〜Z3の図柄が周期性をもって所定の向きにスクロールするように変動表示される。また、図12(b)に示すように、表示画面Gは、図柄列毎に3個の図柄が停止表示されるようになっており、結果として3×3の計9個の図柄が停止表示されるようになっている。

0073

また、表示画面Gには、5つの有効ライン、すなわち左ラインL1、中ラインL2、右ラインL3、右下がりラインL4、右上がりラインL5が設定されている。そして、上図柄列Z1→下図柄列Z3→中図柄列Z2の順に変動表示が停止し、いずれかの有効ラインに同一の数字が付された図柄の組み合わせが形成された状態で全図柄列Z1〜Z3の変動表示が終了すれば、後述する通常大当たり結果又は15R確変大当たり結果の発生として大当たり動画が表示されるようになっている。

0074

本パチンコ機10では、奇数番号(1,3,5,7,9)が付された主図柄は「特定図柄」に相当し、15R確変大当たり結果が発生する場合には、同一の特定図柄の組み合わせが停止表示される。また、偶数番号(2,4,6,8)が付された主図柄は「非特定図柄」に相当し、通常大当たり結果が発生する場合には、同一の非特定図柄の組み合わせが停止表示される。更に、2R確変大当たり結果となる場合には、異なる数字が付された図柄の組み合わせが形成された状態で全図柄列Z1〜Z3の変動表示が終了し、その後に、明示用動画が表示されるようになっている。なお、図柄表示装置41における図柄の変動表示の態様は上記のものに限定されることはなく任意であり、図柄列の数、図柄列における図柄の変動表示の方向、各図柄列の図柄数などは適宜変更可能である。

0075

<各種カウンタについて>
次に、上記の如く構成されたパチンコ機10の動作について説明する。

0076

MPU202は遊技に際し各種カウンタ情報を用いて、大当たり発生抽選、メイン表示部43の表示の設定、図柄表示装置41の図柄表示の設定などを行うこととしており、具体的には、図13に示すように、大当たり発生の抽選に使用する大当たり乱数カウンタC1と、確変大当たり結果や通常大当たり結果等の大当たり種別を判定する際に使用する大当たり種別カウンタC2と、図柄表示装置41が外れ変動する際のリーチ抽選に使用するリーチ乱数カウンタC3と、大当たり乱数カウンタC1の初期値設定に使用する乱数初期値カウンタCINIと、メイン表示部43の第1結果表示部AS及び第2結果表示部BS並びに図柄表示装置41における変動表示時間を決定する変動種別カウンタCSとを用いることとしている。なお、本実施形態と異なり、下作動口34に電動役物を設け、遊技領域にスルーゲートを設けたパチンコ機では、電動役物開放カウンタC4も備えている。この電動役物開放カウンタC4は、下作動口34の電動役物34aを電役開放状態とするか否かの抽選に使用するカウンタである(図13括弧書及び第2実施形態を参照)。つまり、この場合、MPU202は電動役物開放カウンタC4のカウンタ情報を用いて、役物用表示部の表示の設定を行う(第2実施形態を参照)。

0077

各カウンタC1〜C3,CINI,CSは、その更新の都度前回値に1が加算され、最大値に達した後0に戻るループカウンタとなっている。各カウンタは短時間間隔で更新され、その更新値がRAM204の所定領域に設定された抽選カウンタバッファ231に適宜格納される。RAM204には、第1結果表示部用保留エリアRaと、第2結果表示部用保留エリアRbと、実行エリアAEと、総保留数記憶領域とよりなる保留球格納エリア232が設けられている。そして、この保留球格納エリア232に、上作動口33又は下作動口34への遊技球の入賞履歴に合わせて、大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値が時系列的に格納されるようになっている。

0078

各カウンタについて詳しくは、大当たり乱数カウンタC1は、例えば0〜599の範囲内で順に1ずつ加算され、最大値に達した後0に戻る構成となっている。特に大当たり乱数カウンタC1が1周した場合、その時点の乱数初期値カウンタCINIの値が当該大当たり乱数カウンタC1の初期値として読み込まれる。なお、乱数初期値カウンタCINIは、大当たり乱数カウンタC1と同様のループカウンタである(値=0〜599)。大当たり乱数カウンタC1は定期的に更新され、遊技球が上作動口33又は下作動口34に入賞したタイミングでRAM204の保留球格納エリア232に格納される。より詳しくは、上作動口33に遊技球が入賞したタイミングでRAM204の第1結果表示部用保留エリアRaに格納され、下作動口34に遊技球が入賞したタイミングでRAM204の第2結果表示部用保留エリアRbに格納される。

0079

大当たり当選となる乱数の値は、ROM203における当否情報群記憶手段としての当否テーブル記憶エリア221に当否テーブル(当否情報群)として記憶されている。ここで、当否テーブルの内容について図14を用いて説明する。図14に示すように、当否テーブルとしては、図14(a)の低確率モード用の当否テーブル(低確率用当否情報群)と、図14(b)の高確率モード用の当否テーブル(高確率用当否情報群)とが設定されている。つまり、本パチンコ機10には、当否抽選手段における抽選モードとして、低確率モード(低確率対応状態)と高確率モード(高確率対応状態)とが設定されている。

0080

上記抽選に際して低確率モード用の当否テーブルが参照されることとなる遊技状態下では、図14(a)に示すように、大当たり当選となる乱数の値(すなわち、当選情報)は2個である。一方、上記抽選に際して高確率モード用の当否テーブルが参照されることとなる遊技状態下では、図14(b)に示すように、大当たり当選となる乱数の値(すなわち、当選情報)は21個である。この場合、低確率モードである状況において大当たり当選となる大当たり乱数カウンタC1の値群は、高確率モードである状況において大当たり当選となる大当たり乱数カウンタC1の値群に含まれている。なお、低確率モードよりも高確率モードの方の当選確率が高くなるのであれば、上記当選となる乱数の数及び値は任意である。

0081

大当たり種別カウンタC2は、0〜29の範囲内で順に1ずつ加算され、最大値に達した後0に戻る構成となっている。大当たり種別カウンタC2は定期的に更新され、遊技球が上作動口33又は下作動口34に入賞したタイミングでRAM204の保留球格納エリア232に格納される。より詳しくは、上作動口33に遊技球が入賞したタイミングでRAM204の第1結果表示部用保留エリアRaに格納され、下作動口34に遊技球が入賞したタイミングでRAM204の第2結果表示部用保留エリアRbに格納される。

0082

ここで、第1実施形態では複数の大当たり結果が設定されている。これら複数の大当たり結果は、(1)開閉実行モードにおける可変入賞装置32の開閉制御の態様、(2)開閉実行モード終了後の当否抽選手段における抽選モードという2つの条件に差異を設けることにより、複数の大当たり結果が設定されている。

0083

開閉実行モードにおける可変入賞装置32の開閉制御の態様としては、開閉実行モードが開始されてから終了するまでの間における可変入賞装置32への入賞の発生頻度が相対的に高低となるように高頻度入賞モード低頻度入賞モードとが設定されている。具体的には、高頻度入賞モードでは、開閉実行モードの開始から終了までに、大入賞口32aの開閉が15回(高頻度用回数)行われるとともに、1回の開放は30sec(高頻度時間)が経過するまで又は大入賞口32aへの入賞個数が10個(高頻度個数)となるまで継続される。一方、低頻度入賞モードでは、開閉実行モードの開始から終了までに、大入賞口32aの開閉が2回(低頻度用回数)行われるとともに、1回の開放は0.2sec(低頻度時間)が経過するまで又は大入賞口32aへの入賞個数が6個(低頻度個数)となるまで継続される。

0084

この場合に、本パチンコ機10では、発射ハンドル8Aが遊技者により操作されている状況では、0.6secに1個の遊技球が遊技領域に向けて発射されるように遊技球発射機構7Aが駆動制御される。これに対して、低頻度入賞モードでは、上記のとおり1回の大入賞口32aの開放時間は0.2secとなっている。つまり、低頻度入賞モードでは、遊技球の発射周期よりも1回の大入賞口32aの開放時間が短くなっている。したがって、低頻度入賞モードにかかる開閉実行モードでは実質的に遊技球の入賞が発生しない。

0085

なお、高頻度入賞モード及び低頻度入賞モードにおける大入賞口32aの開閉回数、1回の開放に対する開放限度時間及び1回の開放に対する開放限度個数は、高頻度入賞モードの方が低頻度入賞モードよりも、開閉実行モードが開始されてから終了するまでの間における可変入賞装置32への入賞の発生頻度が高くなるのであれば、上記の値に限定されることはなく任意である。具体的には、高頻度入賞モードの方が低頻度入賞モードよりも、開閉回数が多い、1回の開放に対する開放限度時間が長い又は1回の開放に対する開放限度個数が多く設定されていればよい。

0086

但し、高頻度入賞モードと低頻度入賞モードとの間での特典の差異を明確にする上では、低頻度入賞モードにかかる開閉実行モードでは、実質的に可変入賞装置32への入賞が発生しない構成とするとよい。例えば、高頻度入賞モードでは、1回の開放について、遊技球の発射周期と開放限度個数との積を、開放限度時間よりも短く設定する一方、低頻度入賞モードでは、1回の開放について、遊技球の発射周期と開放限度個数との積を、開放限度時間よりも長く設定する構成としてもよい。また、遊技球の発射間隔及び1回の大入賞口32aの開放時間が上記のものでなかったとしても、低頻度入賞モードでは、前者よりも後者の方が短くなるように設定することで、実質的に可変入賞装置32への入賞が発生しない構成を容易に実現することができる。

0087

大当たり種別カウンタC2に対する遊技結果の振分先は、ROM203における振分情報群記憶手段としての振分テーブル記憶エリア222に振分テーブル(振分情報群)として記憶されている。振分テーブルの内容について図15を用いて説明する。図15に示すように、振分テーブルとしては、図15(a)の第1結果表示部用の振分テーブル(第1振分情報群)と、図15(b)の第2結果表示部用の振分テーブル(第2振分情報群)とが設定されている。

0088

第1結果表示部用の振分テーブルでは、図15(a)に示すように、遊技結果の振分先として、通常大当たり結果(低確率対応特別遊技結果)、2R確変大当たり結果、15R確変大当たり結果(高確率対応特別遊技結果)が設定されている。

0089

通常大当たり結果は、開閉実行モードが高頻度入賞モードとなり、さらに開閉実行モードの終了後には、当否抽選モードが低確率モードとなる大当たり結果である。また、2R確変大当たり結果は、開閉実行モードが低頻度入賞モードとなり、さらに開閉実行モードの終了後には、当否抽選モードが高確率モードとなる。

0090

15R確変大当たり結果は、開閉実行モードが高頻度入賞モードとなり、さらに開閉実行モードの終了後には、当否抽選モードが高確率モードとなる大当たり結果である。当該高頻度サポートモードは、当否抽選における抽選結果が大当たり状態当選となり、それによる大当たり状態に移行するまで継続する。換言すれば、15R確変大当たり結果は、15R確変大当たり状態(高確率対応特別遊技状態)へ遊技状態を移行させる大当たり結果である。

0091

なお、上記各遊技状態との関係で通常遊技状態とは、当否抽選モードが低確率モードであり、サポートモード低頻度サポートモードである状態をいう。

0092

図15(a)に示すように、第1結果表示部用の振分テーブルでは、「0〜29」の大当たり種別カウンタC2の値のうち、「0〜9」が通常大当たり結果に対応しており、「10〜19」が2R確変大当たり結果に対応しており、「20〜29」が15R確変大当たり結果に対応している。一方、第2結果表示部用の振分テーブルでは、図15(b)に示すように、遊技結果の振分先として、通常大当たり結果及び15R確変大当たり結果のみが設定されている。そして、「0〜29」の大当たり種別カウンタC2の値のうち、「0〜9」が通常大当たり結果に対応しており、「10〜29」が15R確変大当たり結果に対応している。

0093

上記のように本パチンコ機10では、大当たり当選となった場合の遊技結果の振分態様は、上作動口33への入賞に基づいて大当たり当選となった場合と、下作動口34への入賞に基づいて大当たり当選となった場合とで異なっている。ところで、本不正防止装置50を備えないパチンコ機において、仮に第1種油球ゴト行為を行った場合、下作動口34への入賞する確率を、通常よりも高くできるため、行為者に不当な利益を与える可能性がある。つまり、本不正防止装置50を備えず、第1種油球が下作動口34に誘導され易い場合、高頻度サポート状態を備えないパチンコ機であるにも係わらず、油球ゴト行為を行うことで下作動口34へ入賞する確率を高め、作動口34への入賞に基づく当否抽選の頻度を不当に高め、不当な利益を得る可能性がある。

0094

ここで、第1結果表示部用の振分テーブル及び第2結果表示部用の振分テーブルのいずれであっても、大当たり当選となった場合に確変大当たり結果となる確率は、同一となっている。但し、下作動口34への入賞に基づいて大当たり当選となり且つ確変大当たり結果が発生する場合、必ず15R確変大当たり結果となるのに対して、上作動口33への入賞に基づいて大当たり当選となり且つ確変大当たり結果となる場合、1/4の確率で2R確変大当たり結果となり、1/2の確率で15R確変大当たり結果となる。つまり、確変大当たり結果のうち遊技者にとって最も有利度合いが高い15R確変大当たり結果の発生確率は、下作動口34への入賞に基づいて大当たり当選となった場合の方が、上作動口33への入賞に基づいて大当たり当選となった場合よりも高くなる。

0095

なお、当否抽選において外れ結果となった場合、開閉実行モードに移行することはなく、さらに当否抽選モードの変更は発生しない。

0096

リーチ乱数カウンタC3は、例えば0〜238の範囲内で順に1ずつ加算され、最大値に達した後0に戻る構成となっている。リーチ乱数カウンタC3は定期的に更新され、遊技球が上作動口33又は下作動口34に入賞したタイミングでRAM204の保留球格納エリア232に格納される。より詳しくは、上作動口33に遊技球が入賞したタイミングでRAM204の第1結果表示部用保留エリアRaに格納され、下作動口34に遊技球が入賞したタイミングでRAM204の第2結果表示部用保留エリアRbに格納される。そして、ROM203のリーチ用テーブル記憶エリアに記憶されたリーチ用テーブルに基づいてリーチを発生させるか否かを決定することとしている。但し、開閉実行モードに移行する遊技回においては、MPU202では、リーチ乱数カウンタC3の値に関係なくリーチ発生の決定を行う。なお、リーチ表示の発生に対応したリーチ乱数カウンタC3の数は、各遊技状態において同一となっているが、遊技状態に応じて各々個別に設定されるものであってもよい。例えば、サポートモードが高頻度サポートモードである場合の方が、低頻度サポートモードよりも、リーチ表示の発生に対応したリーチ乱数カウンタC3の数が多く設定された構成としてもよい。

0097

ここで、リーチ表示(リーチ状態)とは、図柄(絵柄)の変動表示(又は可変表示)を行うことが可能な図柄表示装置41を備え、可変入賞装置32の開閉実行モードが高頻度入賞モードとなる遊技回では変動表示後の停止表示結果が特別表示結果となる遊技機において、図柄表示装置41における図柄(絵柄)の変動表示(又は可変表示)が開始されてから停止表示結果が導出表示される前段階で、前記特別表示結果となり易い変動表示状態であると遊技者に思わせるための表示状態をいう。

0098

換言すれば、図柄表示装置41の表示画面に表示される複数の図柄列のうち一部の図柄列について図柄を停止表示させることで、高頻度入賞モードの発生に対応した大当たり図柄の組み合わせが成立する可能性があるリーチ図柄の組み合わせを表示し、その状態で残りの図柄列において図柄の変動表示を行う表示状態のことである。より具体的には、図柄の変動表示を終了させる前段階として、図柄表示装置41の表示画面内の予め設定された有効ライン上に、高頻度入賞モードの発生に対応した大当たり図柄の組み合わせが成立する可能性のあるリーチ図柄の組み合わせを停止表示させることによりリーチラインを形成させ、当該リーチラインが形成されている状況下において最終停止図柄列により図柄の変動表示を行うことである。

0099

図12の表示内容について具体的に説明すると、最初に上段の図柄列Z1において図柄の変動表示が終了され、さらに下段の図柄列Z3において図柄の変動表示が終了された状態において、いずれかの有効ラインL1〜L5に同一の数字が付された主図柄が停止表示されることでリーチラインが形成され、当該リーチラインが形成されている状況化において中段の図柄列Z2において図柄の変動表示が行われることでリーチ表示となる。そして、高頻度入賞モードが発生する場合には、リーチラインを形成している主図柄と同一の数字が付された主図柄がリーチライン上に停止表示されるようにして中段の図柄列Z2における図柄の変動表示が終了される。

0100

また、リーチ表示には、上記のようにリーチ図柄の組み合わせを表示した状態で、残りの図柄列において図柄の変動表示を行うとともに、その背景画面において所定のキャラクタなどを動画として表示することによりリーチ演出を行うものや、リーチ図柄の組み合わせを縮小表示させる又は非表示とした上で、表示画面の略全体において所定のキャラクタなどを動画として表示することによりリーチ演出を行うものが含まれる。また、リーチ表示が行われている場合又はリーチ表示の前に所定のキャラクタといった所定画像を用いた予告表示を行うか否かの決定を、リーチ乱数カウンタC3やその他のカウンタを用いて行うようにしてもよい。

0101

変動種別カウンタCSは、例えば0〜198の範囲内で順に1ずつ加算され、最大値に達した後0に戻る構成となっている。変動種別カウンタCSは、メイン表示部43の第1結果表示部AS及び第2結果表示部BSにおける変動表示時間と、図柄表示装置41における図柄の変動表示時間とをMPU202において決定する上で用いられる。変動種別カウンタCSは、後述する通常処理が1回実行される毎に1回更新され、当該通常処理内の残余時間内でも繰り返し更新される。そして、第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSにおける変動表示の開始時及び図柄表示装置41による図柄の変動開始時における変動パターン決定に際して変動種別カウンタCSのバッファ値が取得される。

0102

既に説明したように、MPU202では、少なくとも変動種別カウンタCSのバッファ値を用いて、第1結果表示部AS及び第2結果表示部BSにおける変動表示時間が決定されるが、その決定に際してはROM203の変動表示時間テーブル記憶エリア223が用いられる。また、MPU202では、実行エリアAEに格納されている大当たり乱数カウンタC1の値及び大当たり種別カウンタC2の値を用いて、第1結果表示部AS及び第2結果表示部BSにおける停止結果が決定されるが、その決定に際してはROM203の停止結果テーブル記憶エリア224が用いられる。

0103

<保留球格納エリア232の構成>
次に、保留球格納エリア232の構成を、図16を用いてより詳細に説明する。

0104

第1結果表示部用保留エリアRaは、上作動口33への遊技球の入賞履歴に合わせて、大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値を時系列的に格納するための保留エリアである。また、第2結果表示部用保留エリアRbは、下作動口34への遊技球の入賞履歴に合わせて、大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値を時系列的に格納するための保留エリアである。ここで、第1結果表示部用保留エリアRa及び第2結果表示部用保留エリアRbは、同一の構成となっているため、以下には、両保留エリアRa,Rbのうち第1結果表示部用保留エリアRaの構成について説明する。

0105

第1結果表示部用保留エリアRaは、第1エリア〜第4エリアの4つの記憶エリアと、保留数記憶領域とより構成されている。各記憶エリアは、大当たり乱数カウンタC1の値を格納するためのC1記憶領域と、大当たり種別カウンタC2の値を格納するためのC2記憶領域と、リーチ乱数カウンタC3の値を格納するためのC3記憶領域とより構成されている。この第1エリア〜第4エリアの4つの記憶エリアにより、上作動口33への遊技球の入賞履歴が最大4個まで保留記憶されるようになっている。

0106

C1記憶領域は2バイトで構成されており、0〜599のいずれかの大当たりカウンタC1値が0〜9の下位10ビットを用いて格納されるようになっている。C1記憶領域のうち10〜15の上位6ビットは未使用領域となっている。

0107

C2記憶領域は1バイトで構成されており、0〜29のいずれかの大当たり種別カウンタC2値が0〜4の下位5ビットを用いて格納されるようになっている。C2記憶領域のうち5〜7の上位2ビットは未使用領域となっている。

0108

C3記憶領域は1バイトで構成されており、0〜238のいずれかのリーチ乱数カウンタC3値が0〜7の全8ビットを用いて格納されるようになっている。

0109

保留数記憶領域は、記憶エリアの使用数、すなわち上作動口33に遊技球が入賞して保留された個数を記憶するための記憶領域である。保留数記憶領域は1バイトで構成されており、0〜4のいずれかの値が0〜2の下位3ビットを用いて格納されるようになっている。保留数記憶領域のうち3〜7の上位5ビットは未使用領域となっている。

0110

また、保留球格納エリア232には、第1結果表示部用保留エリアRaにおける保留数と第2結果表示部用保留エリアRbにおける保留数との和の数の情報を記憶するための総保留数記憶領域が設けられている。総保留数記憶領域は1バイトで構成されており、0〜8のいずれかの値が0〜3の下位4ビットを用いて格納されるようになっている。総保留数記憶領域のうち4〜7の上位4ビットは未使用領域となっている。

0111

図13に示す実行エリアAEは、各結果表示部AS,BSの変動表示を開始する際に、第1結果表示部用保留エリアRa又は第2結果表示部用保留エリアRbの記憶エリアに格納された各値を移動させるためのエリアである。実行エリアAEは、各結果表示部用保留エリアRa,Rbの1つ分の記憶エリアと同一構成、すなわち、2バイト構成のC1記憶領域と、1バイト構成のC2記憶領域と、1バイト構成のC3記憶領域とにより構成されている。

0112

<主制御装置81にて実行される各種処理について>
次に、主制御装置81内のMPU202にて各遊技回での遊技を進行させる上で実行されるタイマ割込み処理及び通常処理を説明する。なお、MPU202では、上記タイマ割込み処理及び通常処理の他に、電源投入に伴い起動されるメイン処理及びNMI端子(ノンマスカブル端子)への停電信号の入力により起動されるNMI割込み処理とが実行されるが、これらの処理については説明を省略する。

0113

<タイマ割込み処理>
先ず、タイマ割込み処理について、図17のフローチャートを参照しながら説明する。本処理はMPU202により定期的に(例えば2msec周期で)起動される。

0114

テップS101では、各種入賞スイッチ読み込み処理を実行する。すなわち、主制御装置81に接続されている各種スイッチの状態を読み込むと共に、当該スイッチの状態を判定して検出情報入賞検知情報)を保存する。その後、ステップS102では、乱数初期値カウンタCINIの更新を実行する。具体的には、乱数初期値カウンタCINIを1インクリメントすると共に、そのカウンタ値が最大値に達した際0にクリアする。そして、乱数初期値カウンタCINIの更新値を、RAM204の該当するバッファ領域に格納する。

0115

続くステップS103では、大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の更新を実行する。具体的には、大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3をそれぞれ1インクリメントすると共に、それらのカウンタ値が最大値に達した際それぞれ0にクリアする。そして、各カウンタC1〜C3の更新値を、RAM204の該当するバッファ領域に格納する。なお、下作動口に電動役物を設け、遊技領域にスルーゲートを設けたパチンコ機では、ステップS103において、電動役物開放カウンタC4を1インクリメントすると共に、カウンタ値が最大値に達した際それぞれ0にクリアする処理が行われる(第2実施形態を参照)。

0116

その後、ステップS104にて、作動口33,34への入賞に伴う作動口用の入賞処理を実行し、さらにステップS105にて、スルーゲート35への入賞に伴うスルー用の通過処理を実行した後に、本タイマ割込み処理を終了する。

0117

ステップS104における作動口用の入賞処理及びステップS105におけるスルー用の通過処理について以下に説明する。

0118

<作動口用の入賞処理>
先ず、作動口用の入賞処理について図18のフローチャートを参照しながら説明する。

0119

ステップS201では、遊技球が上作動口33に入賞(始動入賞)したか否かを上作動口33に対応した検知センサの検知状態により判定する。遊技球が上作動口33に入賞したと判定すると、ステップS202では、払出制御装置97に遊技球を3個払い出させるための賞球コマンドをセットする。続くステップS203では、上作動口33に遊技球が入賞したことを遊技ホール側の管理制御装置に対して信号出力すべく、外部信号設定処理を行う。ステップS204では、第1結果表示部用保留エリアRaの保留数記憶領域に格納された値を読み出し、当該第1結果表示部用保留エリアRaに保留記憶されている始動保留記憶数RaNをセットする(以下、第1始動保留記憶数RaNともいう)。その後、ステップS205では、大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値を格納する情報取得処理を行い、本入賞処理を終了する。

0120

ステップS201にて遊技球が上作動口33に入賞していないと判定した場合、ステップS206では、遊技球が下作動口34に入賞(始動入賞)したか否かを下作動口34に対応した検知センサの検知状態により判定する。遊技球が下作動口34に入賞したと判定すると、ステップS207にて払出制御装置97に遊技球を4個払い出させるための賞球コマンドをセットする。続くステップS208では、下作動口34に遊技球が入賞したことを遊技ホール側の管理制御装置に対して信号出力すべく、外部信号設定処理を行う。ステップS209では、第2結果表示部用保留エリアRbの保留数記憶領域に格納された値を読み出し、当該第2結果表示部用保留エリアRbに保留記憶されている始動保留記憶数RbNをセットする(以下、第2始動保留記憶数RbNともいう)。その後、ステップS205にて情報取得処理を行い、本入賞処理を終了する。

0121

一方、ステップS201,ステップS206が共にNOの場合、すなわち上作動口33,下作動口34のいずれにも遊技球が入賞しなかった場合には、そのまま本入賞処理を終了する。なお、上記ステップS202,S207にてセットした賞球コマンドは、後述する通常処理の外部出力処理S501にて払出制御装置97に対して送信される。

0122

ここで、ステップS205の情報取得処理を図19のフローチャートにより詳細に説明する。

0123

先ずステップS301では、上述したステップS204又はステップS209にてセットした始動保留記憶数N(RaN又はRbN)が上限値(本実施の形態では4)未満であるか否かを判定する。始動保留記憶数Nが上限値である場合にはそのまま本情報取得処理を終了し上限値未満である場合には、ステップS302にて対応する結果表示部用保留エリアの始動保留記憶数Nを1インクリメントするとともに、ステップS303にて総保留数記憶領域に格納された値(以下、共通保留数CRNと言う)を1インクリメントする。

0124

続くステップS304では、前記ステップS103にて更新した大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値を、対応する結果表示部用保留エリアの空き記憶領域エリアのうち最初の記憶エリア、すなわち上記ステップS302にて1インクリメントした保留記憶数と対応する記憶エリアに格納する。

0125

つまり、第1始動保留記憶数RaNがセットされている場合には、前記ステップS103にて更新した大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値を、第1結果表示部用保留エリアRaの空き記憶エリアのうち最初の記憶エリア、すなわち上記ステップS302にて1インクリメントした第1始動保留記憶数RaNと対応する記憶エリアに格納する。

0126

また、第2始動保留記憶数RbNがセットされている場合には、前記ステップS103にて更新した大当たり乱数カウンタC1、大当たり種別カウンタC2及びリーチ乱数カウンタC3の各値を、第2結果表示部用保留エリアRbの空き記憶エリアのうち最初の記憶エリア、すなわち上記ステップS302にて1インクリメントした第2始動保留記憶数RbNと対応する記憶エリアに格納する。

0127

続くステップS305及びステップS306では、上作動口33又は下作動口34への入賞が発生したことをサブ側の制御装置である音声ランプ制御装置82及び表示制御装置212に認識させるとともに、保留予告を実行させるための処理である保留予告用確認処理及び保留コマンドの設定処理を実行する。その後、本情報取得処理を終了する。

0128

なお、ステップS305及びステップS306の処理により設定された保留コマンドは、後述する通常処理の外部出力処理(ステップS501)にて音声ランプ制御装置82に送信される。音声ランプ制御装置82では、上作動口33への入賞に基づき送信された保留コマンドを受信した場合には、第1保留ランプ部45を点灯させるための処理を実行する。第1保留ランプ部45は左側から順次点灯されるようになっており、例えば第1始動保留記憶数RaNが1であれば左端の第1保留ランプ部45が点灯され、第1始動保留記憶数RaNが4であれば全ての第1保留ランプ部45が点灯されるようになっている。また、下作動口34への入賞に基づき送信された保留コマンドを受信した場合には、第2保留ランプ部46を点灯させるための処理を実行する。第2保留ランプ部46は左側から順次点灯されるようになっており、例えば第2始動保留記憶数RbNが1であれば左端の第2保留ランプ部46が点灯され、第2始動保留記憶数RbNが4であれば全ての第2保留ランプ部46が点灯されるようになっている。

0129

<スルー用の通過処理>
次に、スルー用の通過処理について図20のフローチャートを参照しながら説明する。

0130

ステップS401では、入口52yから不正防止装置50に遊技球が導入されたか否かを判定する。ここで、遊技球が入口52yから導入されたか否かは(進入したか否かは)、入口52yに設けられた検知センサ211gが、遊技球を検知したか否かを判定することで行うことができる。そして、ステップS401で入口52yから導入されたと判定した場合には、ステップS402に移行して通過フラグが既に設定されているか否かを判定する。つまり、第1実施形態では、先に不正防止装置50に入球した遊技球に基づいてシャッター52kが開閉される前において、後続する遊技球が不正防止装置50に入球する場合(短時間に2個遊技球が続けて入球する場合)も考慮している。

0131

このため、通過フラグとして、第1通過フラグと、第2通過フラグとを想定しており、第1通過フラグ、第2通過フラグ、第1通過フラグ、第2通過フラグ…の順にセットする(RAM204の各種フラ格納エリア235における通過フラグ格納エリアに通過フラグを格納する)こととしている。この通過フラグは、「第1通過フラグ及び第2通過フラグの双方」がセットされていない状態で、検知センサ211gが、遊技球を検知すると格納される。そして、後述する開放準備フラグが設定されると消去される。

0132

ステップS402を実行すると、ステップS403において第1通過フラグ及び第2通過フラグの双方がセットされているか判定する。そして、ステップS403において肯定的に判定される場合には、そのままスルー用の通過処理を終了する。つまり、先に不正防止装置50に導入された遊技球に基づき、シャッター52kの開閉を行う前に、後続する2個以上の遊技球が不正防止装置50に導入された場合においては、2個目以降の遊技球に基づいてシャッター52kの開閉を行わないこととしている。但し、本実施形態において通過フラグを3個以上設け、後続する2個目以降の遊技球に基づいてシャッター52kの開閉を行うこととしてもよい。

0133

また、ステップS403において否定的に判定され、ステップS404において設定されているのが第2通過フラグであると判定される場合には、ステップS405において、設定時刻(つまり、当該第1通過フラグの設定時刻である)に関する情報が付加された状態の第1通過フラグを、通過フラグ格納エリアに設定し、本通過処理を終了する。また、ステップS402において否定的に判定される場合も、ステップS405において、設定時刻(つまり、第1通過フラグの設定時刻である)に関する情報が付加された状態の第1通過フラグを、通過フラグ格納エリアに設定し、本通過処理を終了する。

0134

また、ステップS403において否定的に判定され、ステップS404において設定されているのが第1通過フラグであると判定する場合には、ステップS406において、設定時刻(つまり、当該第2通過フラグの設定時刻である)に関する情報が付加された状態の第2通過フラグを、通過フラグ格納エリアに設定し、本通過処理を終了する。なお、設定時刻に関する情報は、例えば、MPU202に搭載されたクロック回路発信器)から取得することができる。

0135

一方、遊技球が不正防止装置50の入口52yから導入されていない場合には、ステップS402以降の処理を行うことなく、本入賞処理を終了する。なお、第1実施形態ではシャッター52kの開閉が1回行われると、1個の遊技球を特別通路SRに排出可能である旨を前提で説明しているが、複数の遊技球を特別通路SRに排出可能である場合については後述する(変形例2)。

0136

<通常処理>
次に、通常処理の流れを図21のフローチャートを参照しながら説明する。通常処理は電源投入に伴い起動されるメイン処理が実行された後に開始される処理であり、通常処理では遊技の主要な処理が実行される。その概要として、ステップS501〜S508の処理が4msec周期の定期処理として実行され、その残余時間でステップS510,S511のカウンタ更新処理が実行される構成となっている。

0137

通常処理において、ステップS501では、タイマ割込み処理又は前回の通常処理で設定したコマンド等の出力データをサブ側の各制御装置に送信する。具体的には、賞球コマンドの有無を判定し、賞球コマンドが設定されていればそれを払出制御装置97に対して送信する。また、変動用コマンド、種別コマンド、変動終了コマンド等の演出用コマンドが設定されている場合にはそれを音声ランプ制御装置82に対して送信する。

0138

次に、ステップS502では、「一定時間の間に第1種油球が所定数発射されているという異常」が発生していないかの異常監視処理を実行する。この異常監視処理に関しての詳細な説明は後述する。続くステップS503では、変動種別カウンタCSの更新を実行する。具体的には、変動種別カウンタCSを1インクリメントすると共に、カウンタ値が最大値に達した際にはカウンタ値を0にクリアする。そして、変動種別カウンタCSの更新値を、RAM204の該当するバッファ領域に格納する。

0139

続くステップS504では、払出制御装置97より受信した賞球計数信号や払出異常信号を読み込む。その後、ステップS505では、各遊技回における遊技を制御するための遊技回制御処理を実行する。この遊技回制御処理では、大当たり判定、図柄表示装置41による図柄の変動表示の設定、変動表示を行う側の結果表示部AS,BSの表示制御などを行う。遊技回制御処理の詳細は後述する。

0140

その後、ステップS506では、遊技状態を移行させるための遊技状態移行処理を実行する。詳細は後述するが、この遊技状態移行処理により、遊技状態が開閉実行モード、高確率モードなどに移行する。なお、後述する第2実施形態に示すように、電動役物を有する作動口を備えるパチンコ機では、遊技状態移行処理により、遊技状態が開閉実行モード、高確率モード、高頻度サポートモードなどに移行する。

0141

ステップS507では電役駆動処理を実行する。この電役駆動処理の詳細は後述する。その後、ステップS508では、遊技球発射制御処理を実行する。遊技球発射制御処理では、電源・発射制御装置98から発射許可信号を入力していることを条件として、所定期間(例えば、0.6sec)に1回、遊技球発射機構7Aのソレノイドを励磁する。これにより、遊技球が遊技領域に向けて打ち出される。

0142

続くステップS509では、次の通常処理の実行タイミングに至ったか否か、すなわち前回の通常処理の開始から所定時間(本実施の形態では4msec)が経過したか否かを判定する。そして、次の通常処理の実行タイミングに至るまでの残余時間内において、乱数初期値カウンタCINI及び変動種別カウンタCSの更新を繰り返し実行する(ステップS510,S511)。つまり、ステップS510では、乱数初期値カウンタCINIの更新を実行する。具体的には、乱数初期値カウンタCINIを1インクリメントするとともに、そのカウンタ値が最大値に達した際0にクリアする。そして、乱数初期値カウンタCINIの更新値を、RAM204の該当するバッファ領域に格納する。また、ステップS511では、変動種別カウンタCSの更新を実行する。具体的には、変動種別カウンタCSを1インクリメントするとともに、そのカウンタ値が最大値に達した際0にクリアする。そして、変動種別カウンタCSの更新値を、RAM204の該当するバッファ領域に格納する。

0143

ここで、ステップS501〜S508の各処理の実行時間は遊技の状態に応じて変化するため、次の通常処理の実行タイミングに至るまでの残余時間は一定でなく変動する。故に、かかる残余時間を使用して乱数初期値カウンタCINIの更新を繰り返し実行することにより、乱数初期値カウンタCINI(すなわち、大当たり乱数カウンタC1の初期値)をランダムに更新することができ、同様に変動種別カウンタCSについてもランダムに更新することができる。

0144

<遊技回制御処理>
次に、ステップS505の遊技回制御処理を図22図26のフローチャートを参照して説明する。

0145

図22に示す遊技回制御処理では、先ずステップS601にて、開閉実行モード中か否かを判定する。具体的には、RAM204の各種フラグ格納エリア235における開閉実行モードフラグ格納エリア(開閉実行状態情報記憶手段)に開閉実行モードフラグ(開閉実行状態情報)が格納されているか否かを判定する。当該開閉実行モードフラグは、後述する遊技状態移行処理にて遊技状態を開閉実行モードに移行させる場合に格納され、同じく遊技状態移行処理にて開閉実行モードを終了させる場合に消去される。

0146

開閉実行モード中である場合には、ステップS602以降の処理、すなわちステップS603〜ステップS605の遊技回開始用処理及びステップS606〜ステップS609の遊技回進行用処理のいずれも実行することなく、本遊技回制御処理を終了する。つまり、開閉実行モード中である場合には、作動口33,34への入賞が発生しているか否かに関係なく、遊技回が開始されることはない。

0147

開閉実行モード中でない場合には、ステップS602にて、メイン表示部43が変動表示中であるか否かを判定する。具体的には、第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSのいずれか一方が変動表示中であるか否かを判定する。なお、この判定は、RAM204の各種フラグ格納エリア235における変動表示中フラグ格納エリア(変動表示中情報記憶手段)に変動表示中フラグ(変動表示中情報)が格納されているか否かを判定することにより行う。変動表示中フラグは、第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSのいずれか一方について変動表示を開始させる場合に格納され、その変動表示が終了する場合に消去される。

0148

メイン表示部43が変動表示中でない場合には、ステップS603〜ステップS605の遊技回開始用処理に進む。遊技回開始用処理では、先ずステップS603にて、共通保留数CRNが「0」か否かを判定する。共通保留数CRNが「0」である場合とは、上作動口33及び下作動口34のいずれについても始動保留記憶数が「0」であることを意味する。したがって、そのまま遊技回制御処理を終了する。共通保留数CRNが「0」でない場合には、ステップS604にて第1結果表示部用保留エリアRa又は第2結果表示部用保留エリアRbに記憶されているデータを変動表示用に設定するためのデータ設定処理を実行し、さらにステップS605にてメイン表示部43における変動表示及び図柄表示装置41における変動表示を開始させるための変動開始処理を実行した後に、本遊技回制御処理を終了する。

0149

ここで、ステップS604のデータ設定処理及びステップS605の変動開始処理について、以下に詳細に説明する。

0150

先ず、データ設定処理について、図23のフローチャートを参照して説明する。

0151

データ設定処理では、先ずステップS701にて、第2結果表示部用保留エリアRbに保留記憶されている第2始動保留記憶数RbNが「0」か否かを判定する。第2始動保留記憶数RbNが「0」である場合にはステップS702〜ステップS707の第1結果表示部用のデータ設定処理を実行し、第2始動保留記憶数RbNが「0」でない場合にはステップS708〜ステップS713の第2結果表示部用のデータ設定処理を実行する。

0152

ここで、データ設定処理が実行される場合とは、既に説明したように、共通保留数CRNが1以上である場合である。この場合に、データ設定処理では、第2始動保留記憶数RbNが「0」であるか否かを判定し、「0」でない場合、すなわち第2結果表示部BSについて変動表示用の保留情報が記憶されている場合には、第1始動保留記憶数RaNが1以上であるか否かに関係なく、第2結果表示部用保留エリアRbに記憶されているデータを変動表示用として設定するようにした。これにより、第1結果表示用保留エリアRa及び第2結果表示部用保留エリアRbの両方に保留情報が記憶されている場合には、下作動口34に対応した第2結果表示部用保留エリアRbに記憶されている保留情報が優先されることとなる。

0153

第1結果表示部用のデータ設定処理では、先ずステップS702にて、第1結果表示部用保留エリアRaの第1保留記憶数RaNを1ディクリメントする。続くステップS703では共通保留数CRNを1ディクリメントする。その後、ステップS704では、第1結果表示部用保留エリアRaの第1エリアに格納されたデータを実行エリアAEに移動する。

0154

その後、ステップS705にて第1結果表示部用保留エリアRaの記憶エリアに格納されたデータをシフトさせる処理を実行する。このデータシフト処理は、第1〜第4エリアに格納されているデータを下位エリア側に順にシフトさせる処理であって、第1エリアのデータをクリアすると共に、第2エリア→第1エリア、第3エリア→第2エリア、第4エリア→第3エリアといった具合に各エリア内のデータがシフトされる。

0155

続くステップS706では、RAM204の各種フラグ格納エリア235に設けられた第2結果表示部フラグ格納エリア(第2結果表示部情報記憶手段)に第2結果表示部フラグ(第2結果表示部情報)が記憶されている場合には、それを消去し、記憶されていない場合にはその状態を維持する。第2結果表示部フラグは、今回の変動表示の開始が第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSのいずれであるかを特定するための情報である。

0156

続くステップS707では、保留エリアのデータのシフトが行われたことをサブ側の制御装置である音声ランプ制御装置82に認識させるための情報であるシフト時コマンド(シフト発生情報)を設定する。この場合、ROM203のコマンド情報記憶エリア225から、今回のデータのシフトの対象となった保留エリアが、第1結果表示部用保留エリアRaに対応していることの情報、すなわち上作動口33に対応していることの情報を含むシフト時コマンドを選定し、その選定したシフト時コマンドを音声ランプ制御装置82への送信対象のコマンドとして設定する。その後、本データ設定処理を終了する。

0157

ステップS707にて設定されたシフト時コマンドは、通常処理(図21)におけるステップS501にて、音声ランプ制御装置82に送信される。音声ランプ制御装置82では、受信したシフト時コマンドに基づいて、可変表示ユニット36の第1保留ランプ部45における表示を保留個数の減少に対応させて変更するための処理を実行する。

0158

第2結果表示部用のデータ設定処理では、先ずステップS708にて、第2結果表示部用保留エリアRbの第2保留記憶数RbNを1ディクリメントする。続くステップS709では共通保留数CRNを1ディクリメントする。その後、ステップS710では、第2結果表示部用保留エリアRbの第1エリアに格納されたデータを実行エリアAEに移動する。

0159

その後、ステップS711にて第2結果表示部用保留エリアRbの記憶エリアに格納されたデータをシフトさせる処理を実行する。このデータシフト処理は、第1〜第4エリアに格納されているデータを下位エリア側に順にシフトさせる処理であって、第1エリアのデータをクリアすると共に、第2エリア→第1エリア、第3エリア→第2エリア、第4エリア→第3エリアといった具合に各エリア内のデータがシフトされる。

0160

続くステップS712では、RAM204の各種フラグ格納エリア235に設けられた第2結果表示部フラグ格納エリア(第2結果表示部情報記憶手段)に第2結果表示部フラグ(第2結果表示部情報)が記憶されていない場合には第2結果表示部フラグを格納し、記憶されている場合にはその状態を維持する。

0161

続くステップS713では、保留エリアのデータのシフトが行われたことをサブ側の制御装置である音声ランプ制御装置82に認識させるための情報であるシフト時コマンド(シフト発生情報)を設定する。この場合、ROM203のコマンド情報記憶エリア225から、今回のデータのシフトの対象となった保留エリアが第2結果表示部用保留エリアRbに対応していることの情報、すなわち下作動口34に対応していることの情報を含むシフト時コマンドを選定し、その選定したシフト時コマンドを音声ランプ制御装置82への送信対象のコマンドとして設定する。その後、本データ設定処理を終了する。

0162

ステップS713にて設定されたシフト時コマンドは、通常処理(図21)におけるステップS501にて、音声ランプ制御装置82に送信される。音声ランプ制御装置82では、受信したシフト時コマンドに基づいて、可変表示ユニット36の第2保留ランプ部46における表示を、保留個数の減少に対応させて変更するための処理を実行する。

0163

次に、変動開始処理について、図24のフローチャートを参照して説明する。

0164

変動開始処理では、先ずステップS801にて、当否抽選モードが高確率モードであるか否かを判定する。具体的には、RAM204の各種フラグ格納エリア235に設けられた高確率モードフラグ格納エリア(高確率状態情報記憶手段)に高確率モードフラグ(高確率状態情報)が格納されているか否かを判定する。高確率モードフラグは、確変大当たり結果の発生に係る開閉実行モードの終了に際して格納され、その後に通常大当たり結果が発生した場合に消去されるフラグである。

0165

高確率モードでない場合には、ステップS802にて低確率モード用の当否テーブルを参照して当否判定を行う。具体的には、実行エリアAEに格納されている大当たり乱数カウンタC1の値が、図14(a)に示すように低確率モード用の当否テーブルにおいて大当たり当選として設定されている値と一致しているか否かを判定する。一方、高確率モードである場合には、ステップS803にて高確率モード用の当否テーブルを参照して当否判定を行う。具体的には、実行エリアAEに格納されている大当たり乱数カウンタC1の値が、図14(b)に示すように高確率モード用の当否テーブルにおいて大当たり当選として設定されている値と一致しているか否かを判定する。

0166

ステップS802又はステップS803の処理の後は、ステップS804にて、ステップS802又はステップS803における抽選の結果が大当たり当選であるか否かを判定する。大当たり当選である場合には、ステップS805〜ステップS811において、大当たり当選である場合における遊技結果を設定するための処理及び停止結果を設定するための処理などを実行する。

0167

ステップS805では、RAM204に第2結果表示部フラグが格納されているか否かを判定する。第2結果表示部フラグが格納されていない場合には、ステップS806にて第1結果表示部用の振分テーブル(図15(a)参照)を参照して振分判定を行う。具体的には、実行エリアAEに格納されている大当たり種別カウンタC2の値が、通常大当たり結果の数値範囲、2R確変大当たり結果の数値範囲、15R確変大当たり結果の数値範囲のいずれに含まれているかを判定する。一方、第2結果表示部フラグが格納されている場合には、ステップS807にて第2結果表示部用の振分テーブル(図15(b)参照)を参照して振分判定を行う。具体的には、実行エリアAEに格納されている大当たり種別カウンタC2の値が、通常大当たり結果の数値範囲、15R確変大当たり結果の数値範囲のいずれに含まれているかを判定する。

0168

ステップS806又はステップS807の処理の後は、ステップS808にて、ステップS806又はステップS807において振り分けた遊技結果が確変大当たり結果であるか否かを判定する。確変大当たり結果である場合には、ステップS809にて、確変大当たり結果が発生することとなる今回の遊技回において第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSにいずれの停止結果を表示した状態で変動表示を終了させるかを設定するための確変大当たり用の停止結果設定処理を実行する。

0169

確変大当たり用の停止結果設定処理について、図25のフローチャートを参照しながら説明する。

0170

先ずステップS901にて、ステップS806又はステップS807において振り分けた遊技結果が15R確変大当たり結果であるか否かを判定する。ここで、既に説明したように、第1結果表示部用の振分テーブルには、確変大当たり結果として、2R確変大当たり結果及び15R確変大当たり結果の複数種類の遊技結果が設定されているが、第2結果表示部用の振分テーブルには、確変大当たり結果として、15R確変大当たり結果の1種類のみが設定されている。したがって、今回の遊技回が上作動口33への遊技球の入賞に基づくものであり、第1結果表示部用の振分テーブルにおいて遊技結果の振分が行われた遊技回である場合には、ステップS901にて否定判定をする場合もあれば、肯定判定をする場合もある。一方、今回の遊技回が下作動口34への遊技球の入賞に基づくものであり、第2結果表示部用の振分テーブルにおいて遊技結果の振分が行われた遊技回である場合には、ステップS901にて必ず肯定判定をする。

0171

ステップS901にて、否定判定をした場合には、上記振り分けた遊技結果が2R確変大当たり結果であるため、ステップS902にて、停止結果テーブル記憶エリア224における2R確変用の停止結果テーブルを参照して、実行エリアAEに格納されている大当たり種別カウンタC2の値に対応した停止結果データアドレス情報を取得し、ステップS903にて、そのアドレス情報をRAM204の停止結果アドレス記憶エリアに格納する。その後、ステップS904にて、RAM204の各種フラグ格納エリア235における2R確変フラグ格納エリアに2R確変フラグ(高確率対応情報)を格納した後に、本停止結果設定処理を終了する。

0172

ステップS901にて肯定判定をした場合には、ステップS905にて、停止結果テーブル記憶エリア224における15R確変用の停止結果テーブルを参照して、実行エリアAEに格納されている大当たり種別カウンタC2の値に対応した停止結果データのアドレス情報を取得し、ステップS906にて、そのアドレス情報をRAM204の停止結果アドレス記憶エリアに格納する。その後、ステップS907にて、RAM204の各種フラグ格納エリア235における15R確変フラグ格納エリア(高確率対応特別情報記憶手段)に15R確変フラグ(高確率対応特別情報)を格納した後に、本停止結果設定処理を終了する。

0173

変動開始処理(図24)の説明に戻り、ステップS809の処理を実行した後は、ステップS813に進む。一方、ステップS806又はステップS807において振り分けた遊技結果が確変大当たり結果でない場合には、ステップS808にて否定判定をし、ステップS810に進む。ステップS810では、停止結果テーブル記憶エリア224における通常大当たり用の停止結果テーブルを参照して、実行エリアAEに格納されている大当たり種別カウンタC2の値に対応した停止結果データのアドレス情報を取得し、そのアドレス情報をRAM204の停止結果アドレス記憶エリアに格納する。その後、ステップS811にて、RAM204の各種フラグ格納エリア235における通常大当たりフラグ格納エリア(低確率対応特別情報記憶手段)に通常大当たりフラグ(低確率対応特別情報)を格納した後に、本停止結果設定処理を終了する。その後、ステップS813に進む。

0174

また、ステップS802又はステップS803における抽選の結果が大当たり当選でない場合には、ステップS804にて否定判定をし、ステップS812に進む。ステップS812では、外れ結果となる今回の遊技回において第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSにいずれの停止結果を表示した状態で変動表示を終了させるかを設定するための外れ時用の停止結果設定処理を実行する。当該外れ時用の停止結果設定処理では、停止結果テーブル記憶エリア224における外れ時用の停止結果テーブルを参照して、実行エリアAEに格納されている大当たり乱数カウンタC1の値に対応した停止結果データのアドレス情報を取得し、そのアドレス情報をRAM204の停止結果アドレス記憶エリアに格納する。その後、ステップS813に進む。

0175

ステップS813では、第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSにおける今回の遊技回の変動表示時間を設定するための変動表示時間の設定処理を実行する。変動表示時間の設定処理について、図26のフローチャートを参照しながら説明する。

0176

変動表示時間の設定処理では、先ずステップS1001にて、RAM204の抽選カウンタ用バッファ231における変動種別カウンタ用バッファに格納されている変動種別カウンタCSの値を取得し、MPU202のレジスタに記憶する。

0177

続くステップS1002では、今回の遊技回において図柄表示装置41にてリーチ表示が発生するか否かを判定する。具体的には、RAM204に、いずれかの確変大当たりフラグ又は通常大当たりフラグが格納されているか否かを判定する。いずれかのフラグが格納されている場合には、リーチ表示の発生として、ステップS1002にて肯定判定をする。また、上記各フラグのいずれもが格納されていない場合であっても、実行エリアAEに格納されているリーチ乱数カウンタC3の値がリーチ発生に対応した値である場合には、リーチ表示の発生として、ステップS1002にて肯定判定をする。なお、リーチ乱数カウンタC3の値を用いたリーチ発生の有無の特定に際しては、ROM203のリーチ判定用テーブル記憶エリアに記憶されているリーチ判定用テーブルを参照する。

0178

ステップS1002にて肯定判定をした場合には、ステップS1003にてROM203の変動表示時間テーブル記憶エリア223に記憶されているリーチ発生用変動表示時間テーブルを参照して、今回の変動種別カウンタCSの値に対応した変動表示時間情報を取得し、ステップS1004にて、その変動表示時間情報をRAM204の各種カウンタエリア234に設けられた変動表示時間カウンタエリア(変動表示時間計測手段)にセットする。その後、本設定処理を終了する。

0179

一方、ステップS1002にて否定判定をした場合には、ステップS1005にて変動表示時間テーブル記憶エリア223に記憶されているリーチ非発生用変動表示時間テーブルを参照して、今回の変動種別カウンタCSの値に対応した変動表示時間を取得し、ステップS1006にて、その変動表示時間情報を上記変動表示時間カウンタエリアにセットする。その後、本設定処理を終了する。

0180

なお、リーチ非発生時における変動表示時間情報は、共通保留数CRNの数が多いほど変動表示時間が短くなるように設定されている。但し、これに限定されることはなく、例えば、共通保留数CRNの数に依存しない構成としてもよく、共通保留数CRNの数が少ないほど変動表示時間が短くなるように設定されていてもよい。また、第2始動保留記憶数RbNが「0」である場合には、第1始動保留記憶数RaNの数が多いほど変動表示時間が短くなり、第2始動保留記憶数RbNが「1」以上である場合には、第2始動保留記憶数RbNの数が多いほど変動表示時間が短くなるように設定されていてもよい。また、第2始動保留記憶数RbNが「0」である場合には、第1始動保留記憶数RaNの数が多いほど変動表示時間が短くなり、第2始動保留記憶数RbNが「1」以上である場合には、第2始動保留記憶数RbNの数が多いほど変動表示時間が長くなる又は各保留記憶数RaN,RbNに依存することなく一定となるように設定されていてもよい。

0181

なお、普通電動役物を備えるパチンコ機10B(第2実施形態を参照)において、サポートモード(後述する)が高頻度サポートモードである状況においては低頻度サポートモードである状況よりも、保留情報の数が同一である場合で比較して、短い変動表示時間が選択されるようにリーチ非発生用変動表示時間テーブルが設定されているが、これに限定されることはなく、選択される変動表示時間が同一であってもよく、上記の関係とは逆であってもよい。

0182

さらには、リーチ発生時における変動表示時間に対して、上記構成を適用してもよく、大当たり当選時と外れリーチ時とで選択され易い変動表示時間と選択され難い変動表示時間とが異なっている構成としてもよい。また、確変大当たり用の変動表示時間テーブル、通常大当たり用の変動表示時間テーブル、外れリーチ用の変動表示時間テーブル及び完全外れ用の変動表示時間テーブルがそれぞれ個別に設定されている構成としてもよい。

0183

以上のとおり、各遊技回の変動表示時間は、リーチ発生の有無、保留情報の数及び変動種別カウンタの値をパラメータとして決定される。但し、各遊技回の変動表示時間は、他の保留情報の内容、具体的には、他の保留情報に含まれる大当たり判定用の情報、種別判定用の情報及びリーチ判定用の情報をパラメータとすることなく決定される。

0184

変動開始処理(図24)の説明に戻り、ステップS813の後は、ステップS814にて、RAM204に第2結果表示部フラグが格納されているか否かを判定する。第2結果表示部フラグが格納されていない場合には、ステップS815にて、第1変動用コマンドを設定する。第1変動用コマンドには、今回の遊技回が上作動口33への入賞に基づき取得された保留情報に係るものであることを示す情報が含まれているとともに、リーチ発生の有無の情報及び変動表示時間の情報が含まれている。一方、第2結果表示部フラグが格納されている場合には、ステップS816にて、第2変動用コマンドを設定する。第2変動用コマンドには、今回の遊技回が下作動口34への入賞に基づき取得された保留情報に係るものであることを示す情報が含まれているとともに、リーチ発生の有無の情報及び変動表示時間の情報が含まれている。

0185

ステップS815又はステップS816の処理を実行した後は、ステップS817にて種別コマンドを設定する。種別コマンドには、遊技結果の情報が含まれる。つまり、種別コマンドには、遊技結果の情報として、15R確変大当たり結果の情報、通常大当たり結果の情報、2R確変大当たり結果の情報などが含まれる。

0186

ステップS815〜ステップS817にて設定された変動用コマンド及び種別コマンドは、通常処理(図21)におけるステップS501にて、音声ランプ制御装置82に送信される。音声ランプ制御装置82では、受信した変動用コマンド及び種別コマンドに基づいて、その遊技回における演出の内容を決定し、その決定した演出の内容が実行されるように各種機器を制御する。また、音声ランプ制御装置82では、その受信した変動用コマンド及び種別コマンドをそのまま表示制御装置212に送信する。表示制御装置212では、変動用コマンド及び種別コマンドに基づいて、各遊技回に対応した図柄の変動表示が行われるように図柄表示装置41を表示制御する。

0187

その後、ステップS818にて、第1結果表示部AS及び第2結果表示部BSのうち、今回の遊技回に対応した結果表示部において絵柄の変動表示を開始させる。この場合、RAM204に第2結果表示部フラグが格納されていない場合には、今回の遊技回に対応した結果表示部が第1結果表示部ASであると特定し、第2結果表示部フラグが格納されている場合には、今回の遊技回に対応した結果表示部が第2結果表示部BSであると特定する。その後、本変動開始処理を終了する。

0188

遊技回制御処理(図22)の説明に戻り、メイン表示部43が変動表示中である場合には、ステップS606〜ステップS609の遊技回進行用処理を実行する。遊技回進行用処理では、先ずステップS606にて、今回の遊技回の変動表示時間が経過したか否かを判定する。具体的には、RAM204の変動表示時間カウンタエリアに格納されている変動表示時間情報の値が「0」となったか否かを判定する。当該変動表示時間情報の値は、上述したように、変動表示時間の設定処理(図26)においてセットされる。また、このセットされた変動表示時間情報の値は、タイマ割込み処理(図17)が起動される度に、1ディクリメントされる。

0189

変動表示時間が経過していない場合には、ステップS607にて変動表示用処理を実行する。変動表示用処理では、今回の遊技回に係る結果表示部における表示態様を変更する。その後、本遊技回制御処理を終了する。

0190

変動表示時間が経過している場合には、ステップS608にて変動終了処理を実行する。変動終了処理では、図24のステップS809,ステップS810又はステップS812のいずれかの処理にてRAM204に記憶したアドレス情報を特定し、そのアドレス情報に対応した絵柄の態様が今回の遊技回に係る結果表示部にて表示されるように当該結果表示部を表示制御する。

0191

続くステップS609では、変動終了コマンドを設定する。その後、本遊技回制御処理を終了する。ステップS609にて設定された変動終了コマンドは、通常処理(図21)におけるステップS501にて、音声ランプ制御装置82に送信される。音声ランプ制御装置82では、受信した変動終了コマンドに基づいて、その遊技回における演出を終了させる。また、当該変動終了コマンドは、音声ランプ制御装置82から表示制御装置212に送信され、表示制御装置212では当該変動終了コマンドを受信することにより、その遊技回における最終停止図柄の組み合わせを確定表示最終停止表示)させる。

0192

<遊技状態移行処理>
次に、ステップS506の遊技状態移行処理を図27及び図28のフローチャートを参照して説明する。

0193

図27に示す遊技状態移行処理では、先ずステップS1101にて、開閉実行モード中か否かを判定する。開閉実行モード中でない場合にはステップS1102に進み、1の遊技回の第1結果表示部AS又は第2結果表示部BSにおける絵柄の変動表示が終了したタイミングか否かを判定する。変動表示が終了したタイミングでない場合には、そのまま本遊技状態移行処理を終了する。

0194

変動表示が終了したタイミングである場合には、ステップS1103にて、今回の遊技回の遊技結果が開閉実行モードへの移行に対応したものであるか否かを判定する。具体的には、RAM204に、2R確変フラグ、15R確変フラグ又は通常大当たりフラグのいずれかが格納されているか否かを判定する。上記各フラグのいずれもが格納されていない場合には、そのまま本遊技状態移行処理を終了する。

0195

上記各フラグのいずれかが格納されている場合には、ステップS1104にて、今回の開閉実行モードの種別を報知するためのラウンド表示の開始処理を実行する。当該ラウンド表示の開始処理では、先ず、RAM204の停止結果アドレス記憶エリアに格納されているアドレス情報を確認する。そして、ROM203に記憶されている停止結果データ群の中から、上記アドレス情報に対応した停止結果データを特定するとともに、その特定した停止結果データからラウンド回数の内容を確認する。その後、その確認したラウンド回数の内容を、メイン表示部43におけるラウンド表示部RSに出力する。これにより、ラウンド表示部RSでは上記出力に係るラウンドの情報が表示される。

0196

続くステップS1105では、今回の開閉実行モードが高頻度入賞モードであるか否かを判定する。具体的には、RAM204に、15R確変フラグ又は通常大当たりフラグのいずれかが格納されているか否かを判定する。高頻度入賞モードでない場合、すなわち低頻度入賞モードである場合には、ステップS1106にて、RAM204の各種カウンタエリア234に設けられた第1ラウンドカウンタエリアRC1に、「2」をセットする。第1ラウンドカウンタエリアRC1は、大入賞口32aが開放された回数をカウントするためのカウンタエリアである。一方、高頻度入賞モードである場合には、ステップS1107にて、第1ラウンドカウンタエリアRC1に、「15」をセットする。

0197

ステップS1106又はステップS1107の処理を実行した後は、ステップS1108にてオープニングコマンドを設定する。この設定されたオープニングコマンドは、通常処理(図21)におけるステップS501にて、音声ランプ制御装置82に送信される。このオープニングコマンドには、高頻度入賞モード又は低頻度入賞モードのいずれであるかの情報が含まれる。音声ランプ制御装置82では、受信したオープニングコマンドに基づいて、開閉実行モードに対応した演出の内容を決定し、その決定した演出の内容が実行されるように各種機器を制御する。また、当該オープニングコマンドは、音声ランプ制御装置82から表示制御装置212に送信され、表示制御装置212では当該オープニングコマンドを受信することにより、今回の開閉実行モードに対応した表示(例えば、動画表示)が行われるように図柄表示装置41を表示制御する。

0198

一方、開閉実行モード中である場合には、ステップS1101にて肯定判定をし、ステップS1109にて大入賞口開閉処理を実行する。大入賞口開閉処理では、大入賞口32aが閉鎖中である場合には、第1ラウンドカウンタエリアRC1が「1」以上であることを条件として、可変入賞駆動部32cを駆動状態とすることで大入賞口32aを開放させる。また、大入賞口32aが開放中である場合には、当該大入賞口32aの開放から開放限度時間が経過していること又は開放限度個数が入賞していることを条件として、可変入賞駆動部32cの駆動状態を停止し、大入賞口32aを閉鎖させる。なお、開放限度時間及び開放限度個数は、既に説明したように、高頻度入賞モードと低頻度入賞モードとで異なっている。

0199

続くステップS1110では、第1ラウンドカウンタエリアRC1の値が「0」か否かを判定する。第1ラウンドカウンタエリアRC1の値が「0」でない場合には、そのまま本遊技状態移行処理を終了する。一方、第1ラウンドカウンタエリアRC1の値が「0」である場合には、ステップS1111にてエンディングコマンドを設定する。この設定されたエンディングコマンドは、通常処理(図21)におけるステップS501にて、音声ランプ制御装置82に送信される。音声ランプ制御装置82では、エンディングコマンドを受信することに基づいて、開閉実行モードに対応した演出を終了させる。また、当該エンディングコマンドは、音声ランプ制御装置82から表示制御装置212に送信され、表示制御装置212では当該エンディングコマンドを受信することにより、今回の開閉実行モードに対応した表示を終了させる。

0200

その後、ステップS1112では、開閉実行モード終了時の移行処理を実行する。ここで、開閉実行モード終了時の移行処理について、図28のフローチャートを参照して説明する。

0201

先ずステップS1201にて、RAM204に、15R確変フラグ又は2R確変フラグが格納されているか否かを判定する。いずれかのフラグが格納されている場合には、ステップS1202にて遊技状態を特定するための情報を消去するためのフラグ消去処理を実行する。具体的には、開閉実行モードフラグ、高確率モードフラグが格納されている場合には、それらを消去するとともに、既に格納されていない場合にはその状態を維持する。続くステップS1203にて、高確率モードフラグを格納する。これにより、遊技状態が、当否抽選モードが高確率モードである遊技状態に移行する。その後、本移行処理を終了する。なお、これら高確率モードは少なくとも大当たり当選が次回発生するまで維持される。その後、本移行処理を終了する。

0202

ステップS1201にて、15R確変フラグ及び2R確変フラグの両方が格納されていないと判定した場合には、通常大当たりフラグが格納されていることに基づいて今回の開閉実行モードが行われたことを意味する。この場合、ステップS1204にて、上記フラグ消去処理を実行し、本移行処理を終了する。

0203

遊技状態移行処理(図27)の説明に戻り、ステップS1112の開閉実行モード終了時の移行処理が終了した後は、ステップS1113にて、ラウンド表示の終了処理を実行する。当該処理では、メイン表示部43におけるラウンド表示部RSが消灯されるように当該ラウンド表示部RSの表示制御を終了する。

0204

その後、ステップS1114にて、開閉実行モードの終了処理を実行した後に、本遊技状態移行処理を終了する。開閉実行モードの終了処理では、2R確変フラグ、15R確変フラグ、通常大当たりフラグが格納されている場合には、それらを消去するとともに、既に格納されていない場合にはその状態を維持する。

0205

<電役駆動処理>
次に、ステップS507の電役駆動処理について図29のフローチャートを参照して説明する。この電役駆動処理は、不正防止装置50が備える1個の電動役物に関する駆動処理である。つまり、入口52yを通過した順に第1通過フラグ、第2通過フラグ、第1通過フラグ、第2通過フラグ…の順に設定するが、第1通過フラグに基く電動役物を第1電役開閉処理とし、第2通過フラグに基く電動役物を第2電役開閉処理とする。すなわち、入口52yを遊技球が連続して通過することもあるため、第1通過フラグと第2通過フラグを設けている。

0206

電役駆動処理では、ステップS1301にて通過フラグが設定されているか否かを判定する。具体的には、RAM204の各種フラグ格納エリア235における通過フラグ格納エリアに通過フラグ(第1通過フラグ、第2通過フラグ)が格納されているか否かを判定することによってステップS1301の処理を行うことができる。そして、ステップS1301の処理で否定判定される場合には電役駆動処理を終了する。

0207

ステップS1301の処理において肯定判定される場合には、第1通過フラグ及び第2通過フラグのうちの何れが先に設定された通過フラグかを判定する。つまり、ステップS1302の処理で第1通過フラグが先に設定されたと判定される場合には、ステップS1303の第1電役開閉処理を行った後、電役駆動処理を終了する。また、ステップS1302の処理で第2通過フラグが先に設定されたと判定される場合には、ステップS1304の第2電役開閉処理を行った後、電役駆動処理を終了する。次に、第1電役開閉処理及び第2電役開閉処理の内容を説明する。なお、第1電役開閉処理及び第2電役開閉処理の内容は同一である。

0208

図30に示すように、電役開閉処理では、ステップS1401にて開放許可フラグが設定されているか否かを判定する。具体的には、RAM204の各種フラグ格納エリア235における開放許可フラグ格納エリアに開放許可フラグが格納されているか否かを判定することによって、ステップS1401の処理を行うことができる。ここで、「所定時間経過後(1.5秒後)にシャッター52kの開放動作を行うことを許可することを示すフラグ」であり、第1電役開閉処理では第1開放許可フラグが設定され、第2電役開閉処理では第2開放許可フラグが設定される。

0209

第1電役開閉処理では、ステップS1401の処理で第1開放許可フラグが設定されていないと判定すると、ステップS1402の処理において、第1通過フラグを消去する処理と、第1開放許可フラグを設定する処理と、第1開放開始タイマTS1に「375(1.5秒)」を設定し、第1電役開閉処理を終了する。なお、第1開放開始タイマTS1は通常処理が起動される度に1ディクリメントされる。この第1開放開始タイマTS1は第1開放許可フラグが設定されたときを基準にシャッター52kが開放動作を開始する時期を定めるタイマであり、後述する第2開放開始タイマTS2は第2開放許可フラグが設定されたときを基準にシャッター52kが開放動作を開始する時期を定めるタイマである。

0210

第1開放許可フラグを設定されている場合には、ステップS1403の処理において、開口部52jが開放中であるか否かを判定する。開口部52jが開放中であるか否かは電動役物駆動部34bが駆動状態であるか否かで判定する。そして、ステップS1403にて開口部52jが開放中でないと判定される場合にはステップS1404に進む。ステップS1404では、第1開放開始タイマTS1の値が「0」であるか否かを判定する。そして、第1開放開始タイマTS1の値が「0」でない場合には、そのまま本電役開閉処理を終了する。これに対して、第1開放開始タイマTS1の値が「0」である場合には、ステップS1405にて、開口部52jを開放状態に制御する開放処理を実行するとともに、第1開放終了タイマTE1に「375(1.5秒)」を設定し、第1電役開閉処理を終了する。つまり、第1開放終了タイマTE1及び後述する第2開放終了タイマTE2は、電動役物駆動部34bがシャッター52kの開放動作を行ったときを基準として、電動役物駆動部34bがシャッター52kの閉鎖動作を行う時期を定めるタイマである。

0211

ステップS1403にて開口部52jが開放中であると判定される場合にはステップS1406に進む。ステップS1406では、第1開放終了タイマTE1の値が「0」であるか否かを判定する。そして、第1開放終了タイマTE1の値が「0」でない場合には、そのまま本電役開閉処理を終了する。これに対して、第1開放終了タイマTE1の値が「0」である場合には、ステップS1407にて、開口部52jを閉鎖状態に制御する閉鎖処理を実行し、本電役開閉処理を終了する。

0212

第2電役開閉処理では、ステップS1401において第2開放許可フラグが設定されていないと判定されると、ステップS1402が実行され、第2開放許可フラグが設定されていると判定されると、ステップS1403の否定判定と、ステップS1404の否定判定とを経て一旦第2電役開閉処理を終了するか、ステップS1403で否定判定と、ステップS1404の肯定判定を経て、ステップS1405の処理を実行し、第2電役開閉処理を終了する。

0213

第2開放許可フラグが設定され、ステップS1403で肯定判定される場合には、ステップS1406の肯定判定を経て、ステップS1407の処理を実行して第2電役開閉処理を終了するか、ステップS1406の否定判定を経て、第2電役開閉処理を終了する。なお、電役開閉処理は、通常処理の一部であり、4msec周期で実行される。そして、開放開始タイマTS(第1開放開始タイマTS1、第1開放開始タイマTS2)、開放終了タイマTE(第1開放終了タイマTE1、第2開放終了タイマTE2)にセットされたカウント値は、所定周期(4msec周期)で1ディクリメントされる。

0214

<異常監視処理>
次に、図31のフローチャートを参照して、通常処理のステップS502における異常監視処理について説明する。

0215

異常監視処理は一定期間(例えば、30秒)内に所定数(例えば、10球)の第1種油球が発射されていたと疑われる場合、報知処理を実行する。具体的には、一定期間(例えば、30秒)内に所定数(例えば、10球)の第1種油球が発射されたと判定した場合には、第1種油球が多数発射されている旨の報知を、音声ランプ制御装置82を通じて実行するとともに、外部端子板を通じてホールコンピュータに第1種油球が多数発射されている旨の情報を出力する。

0216

異常監視処理では、ステップS1501にて、RAM204の各種カウンタエリア234に設けられた報知期間用カウンタITCが「0」であるか否かを判定する。報知期間用カウンタITCは報知を実行する期間を定めるカウンタである。

0217

ステップS1501にて肯定判定をした場合、ステップS1502に進み、報知期間用カウンタITCに「7500」をセットするとともに、RAM204の各種カウンタエリア234に設けられた検知用カウンタTC1の値を「0」にする。ここで、検知用カウンタTC1は、一定期間(例えば、30秒)毎に第1種油球の発射個数計数するためのカウンタである。この報知期間用カウンタITC値が「0」になっていることは、検知用カウンタTC1によるカウントを30秒間行ったことを示している。なお、異常監視処理は、通常処理の一部であり、4msec周期で実行される。このため、報知期間用カウンタITC及び検知用カウンタTC1においてセットされたカウント値は、所定周期(4msec周期)で1ディクリメントされる。

0218

ステップS1501にて否定判定をした場合若しくはステップS1502の処理を実行した後にステップS1503の処理を実行する。このステップS1503の処理では排出検知に対応する検知信号が入力されているか否かを判定する。ステップS1503にて肯定した場合には、ステップS1504にてRAM204の各種カウンタエリア234に設けられた検知用カウンタTC1を「1」加算し、続くステップS1505にて検知用カウンタTC1の値が「10」となっているか否かを判定する。なお、排出検知は、凹部52hに設けられた排出センサ211fが遊技球を検知することによって実行される。

0219

ステップS1505にて否定判定をした場合にはそのまま異常監視処理を終了する。一方、ステップS1505にて肯定判定をした場合には、続くステップS1506にて報知処理を実行した後、異常監視処理を終了する。ここで、異常報知処理では、不正球検知に対応する報知実行用のコマンドを音声ランプ制御装置82に対して出力するとともに外部端子板を通じてホールコンピュータに不正検知に対応した情報を出力する。音声ランプ制御装置82では、報知実行用コマンドを受信することで、エラー表示ランプ部を点灯させるとともにスピーカ部64から警告音を出力し、更には図柄表示装置41の表示画面Gに不正球が多数発射されている旨のメッセージを表示する。

0220

以上詳述した第1実施形態のパチンコ機10によれば、センターフレーム42の下部左側に不正防止装置50を備えるため、左打ち領域Lを流下する第1種油球が下作動口34に向かって流下しても、この第1種油球を下作動口34に到達させることはない。つまり、第1実施形態のパチンコ機10によれば、不正防止装置50を備えるため、左打ち領域Lを流下して下作動口34に向かう遊技球に対して、第1種油球を取り除くために常時一定の動きをする橋状の役物(シャッター52k)と、その動作を開始するためのスイッチ(検知センサ211g)を設け、第1種油球をそのまま機外に或いはアウト口37へ向かわせる機構を遊技盤24面に設置する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 沖マイクロ技研株式会社の「 遊技機の可動役物の移動機構」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可動役物を上規定位置から落下させた際、下規定位置の落下点で確実に停止し、かつ静止させ、機構の耐久性の確保と共に遊技者の興趣を損なわせない遊技機の可動役物の移動機構を提供する。【解決手段】遊技機... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】部材個数を削減することができる遊技機を提供すること。【解決手段】被軸支手段760が電気配線DK2にかかる負荷を減らすよう変位することで、電気配線DK2の変位量自体を減らしたり、電気配線DK2の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ