図面 (/)

技術 オブジェクトの入れ替可能な動画再生システム

出願人 王公誠
発明者 王公誠
出願日 2017年3月22日 (3年9ヶ月経過) 出願番号 2017-055734
公開日 2017年11月2日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2017-200174
状態 特許登録済
技術分野 イメージ処理・作成 双方向TV,動画像配信等
主要キーワード 静止形態 進展方向 タッチモジュール システムチップ 同一ロー ショッピングリスト ファイル方式 特定立体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

オブジェクトの入れ替可能な動画再生システム法を提供することを課題とする。

解決手段

動画サーバーとコンピュータプログラム製品とを含むオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムであって、動画サーバーは、動画データベースオブジェクトデータベース画像処理モジュールとを含む。動画データベースは、1個或いは複数の素材動画を保存し、各素材動画が少なくとも1つの埋め込んだフラグメント包括し、埋め込まれたフラグメントが連続し且つ同じ局部画面を有する複数のフレーム画面を包括する。オブジェクトデータベースは、少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを保存する。画像処理モジュールは、各々少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを各素材動画のフレーム画面の局部画面上に重ね合わせることで、少なくとも1つの合成動画を形成する。コンピュータプログラム製品は、端末装置を経由してローティングされて動画サーバーに接続することで、合成動画を再生する。

概要

背景

現代視聴覚産業の盛行に伴い、映画テレビドラマからテレビ番組においていずれもプロダクトプレイスメント商品が見られ、しかしながら動画撮影し終わった後、業者との提携関係が終了、或いは動画を海外地域にライセンスする時、動画の再撮影が難しく、往々にして露出した商品にモザイクをかけることで、画面全体を壊していた。

概要

オブジェクトの入れ替可能な動画再生システム法を提供することを課題とする。動画サーバーとコンピュータプログラム製品とを含むオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムであって、動画サーバーは、動画データベースオブジェクトデータベース画像処理モジュールとを含む。動画データベースは、1個或いは複数の素材動画を保存し、各素材動画が少なくとも1つの埋め込んだフラグメント包括し、埋め込まれたフラグメントが連続し且つ同じ局部画面を有する複数のフレーム画面を包括する。オブジェクトデータベースは、少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを保存する。画像処理モジュールは、各々少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを各素材動画のフレーム画面の局部画面上に重ね合わせることで、少なくとも1つの合成動画を形成する。コンピュータプログラム製品は、端末装置を経由してローティングされて動画サーバーに接続することで、合成動画を再生する。

目的

本発明の一実施例では、動画サーバーとコンピュータプログラム製品とを包括するオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

1個或いは複数の素材動画を保存し、各前記素材動画が少なくとも1つの埋め込んだフラグメント包括し、前記埋め込まれたフラグメントが連続し且つ同じ局部画面を有する複数のフレーム画面を包括する動画データベースと、少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを保存するオブジェクトデータベースと、各々前記少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを各前記素材動画の前記フレーム画面の前記局部画面上に重ね合わせることで、少なくとも1つの合成動画を形成する画像処理モジュールと、を含む動画サーバーと、ネットワークインターフェース再生インターフェースとを包括する端末装置を経由してローティングされ、前記ネットワークインターフェースを経由して前記動画サーバーに接続して前記少なくとも1つの合成動画を取得するネットワーク通信モジュールと、前記再生インターフェースを経由して取得した前記少なくとも1つの合成動画を再生するマルチメディア再生モジュールと、を含むコンピュータプログラム製品と、を包括することを特徴とする、オブジェクトの入れ替可能な動画再生システム

請求項2

前記コンピュータプログラム製品は、マンマシンインターフェースモジュールを更に含み、前記端末装置がマンマシンインターフェースを更に含み、再生される前記合成動画内に複数の前記埋め込んだフラグメントがあり、各前記埋め込んだフラグメント内に異なる前記立体オブジェクトモデルがあり、前記合成動画の再生を終えた後、前記マンマシンインターフェースモジュールは前記マンマシンインターフェースを通じて操作画面を表示し、前記操作画面が前記合成動画内で表示する複数の前記立体オブジェクトモデルに対応する複数のオブジェクトオプションを有することを特徴とする請求項1に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項3

前記コンピュータプログラム製品は、マンマシンインターフェースモジュールを更に含み、前記端末装置がマンマシンインターフェースを更に含み、前記マンマシンインターフェースモジュールが前記マンマシンインターフェースを通じて操作画面を表示し、前記操作画面が前記少なくとも1つの立体オブジェクトモデルに対応するオブジェクトオプションを包括し、前記ネットワーク通信モジュールが前記オブジェクトオプションのトリガに応答して前記ネットワークインターフェースを経由して前記動画サーバーに再生クエリを送信することで、トリガされた前記オブジェクトオプションに対応する前記立体オブジェクトモデルを有する前記合成動画を受信し、前記マルチメディア再生モジュールは前記再生インターフェースを経由して取得した前記合成動画を再生することを特徴とする請求項1に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項4

前記コンピュータプログラム製品は、マンマシンインターフェースモジュールを更に含み、前記端末装置がマンマシンインターフェースを更に含み、前記マンマシンインターフェースモジュールが前記マンマシンインターフェースを通じて操作画面を表示し、前記操作画面が前記少なくとも1つの立体オブジェクトモデルに対応するオブジェクトオプションを包括し、前記マンマシンインターフェースモジュールが前記オブジェクトオプションのトリガに応答して複数の次の話の動画オプションを表示し、各前記次の話の動画オプションは各々トリガされた該オブジェクトオプションに対応する前記立体オブジェクトモデルを有する前記合成動画と関連することを特徴とする請求項1に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項5

前記コンピュータプログラム製品は、マンマシンインターフェースモジュールとウェブページ閲覧モジュールとを更に含み、前記端末装置がマンマシンインターフェースを更に含み、前記合成動画の再生を終えた後、前記マンマシンインターフェースモジュールが該マンマシンインターフェースを通じて操作画面を表示し、前記操作画面が少なくとも1つの購買オプションを包括し、前記少なくとも1つの購買オプションが前記合成動画内で表示する前記少なくとも1つの立体オブジェクトモデルに対応し、該ネットワーク通信モジュールが前記少なくとも1つの購買オプションのトリガに応答して前記ネットワークインターフェースを経由してショッピングサーバーにリンクし、前記ショッピングサーバーが前記ネットワークインターフェースを経由してショッピングウェブページを前記ウェブページ閲覧モジュールに提供し、前記ショッピングウェブページが該立体オブジェクトモデルに対応する商品を包括することを特徴とする請求項1に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項6

会員管理サーバーを更に含み、前記ショッピングサーバーは取引結果を前記会員管理サーバーに伝送し、前記会員管理サーバーが前記取引結果によって電子クーポンを前記端末装置に送信し、前記電子クーポンのタイプが前記ショッピングウェブページの取引完了の有無と関連することを特徴とする請求項5に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項7

前記コンピュータプログラム製品は、値引き表示モジュールを更に含み、前記マンマシンインターフェースを通じて前記電子クーポンを表示することを特徴とする請求項6に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項8

前記動画サーバーは、前記端末装置で前記合成動画を再生した再生数量を記録し、前記再生数量が閾値に達した時、電子クーポンを前記端末装置に送信することを特徴とする請求項1に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

請求項9

前記動画サーバーは、パラメータデータベースを更に含み、前記パラメータデータベースが各前記立体オブジェクトモデルの各該素材動画に対応する各前記埋め込んだフラグメントの複数の重ね合わせパラメータを包括し、前記重ね合わせパラメータが光や影の方向と放置位置と放置角度とサイズの拡大・縮小とを含むことを特徴とする請求項1に記載のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム。

技術分野

0001

本発明は、動画再生システムに関し、特に、オブジェクトの入れ替可能な動画再生システムに関する。

背景技術

0002

現代視聴覚産業の盛行に伴い、映画テレビドラマからテレビ番組においていずれもプロダクトプレイスメント商品が見られ、しかしながら動画撮影し終わった後、業者との提携関係が終了、或いは動画を海外地域にライセンスする時、動画の再撮影が難しく、往々にして露出した商品にモザイクをかけることで、画面全体を壊していた。

発明が解決しようとする課題

0003

これに鑑み、どのようにして動画内に埋め込まれている商品を便利に入れ替えるかが、視聴覚産業の大きな課題となっていた。

課題を解決するための手段

0004

本発明の一実施例では、動画サーバーとコンピュータプログラム製品とを包括するオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムを提供する。動画サーバーは、動画データベースオブジェクトデータベース画像処理モジュールとを含む。動画データベースは、1個或いは複数の素材動画を保存し、各素材動画が少なくとも1つの埋め込んだフラグメントを包括し、埋め込まれたフラグメントが連続し且つ同じ局部画面を有する複数のフレーム画面を包括する。オブジェクトデータベースは、少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを保存する。画像処理モジュールは、各々少なくとも1つの立体オブジェクトモデルを各素材動画のフレーム画面の局部画面上に重ね合わせることで、少なくとも1つの合成動画を形成する。コンピュータプログラム製品は、端末装置を経由してローティングされ、端末装置がネットワークインターフェース再生インターフェースとを含む。コンピュータプログラム製品は、ネットワーク通信モジュールマルチメディア再生モジュールとを含む。ネットワーク通信モジュールは、ネットワークインターフェースを経由して動画サーバーに接続して合成動画を取得する。マルチメディア再生モジュールは、再生インターフェースを経由して取得した合成動画を再生する。

発明の効果

0005

上記実施例の動画再生システムを通じて合成動画内の立体オブジェクトモデルを入れ替え、削除又は追加でき、動画の再撮影或いは画面にモザイクをかける必要がない。

図面の簡単な説明

0006

本発明の実施例1に係るオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムの構成を示す模式図である。
本発明の実施例1に係る動画サーバーのブロック図である。
本発明の一実施例に係る素材動画を示す模式図である。
本発明の一実施例に係る合成動画を示す模式図である。
本発明の実施例1に係るコンピュータプログラム製品のブロック図である。
本発明の実施例1に係る端末装置のブロック図である。
本発明の実施例2に係るオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムの構成を示す模式図である。
本発明の実施例2に係るコンピュータプログラム製品のブロック図である。
本発明の実施例2に係る端末装置のブロック図である。
本発明の実施例2に係る操作画面を示す模式図(一)である。
本発明の実施例2に係る操作画面を示す模式図(二)である。
本発明の実施例2に係る動画サーバーのブロック図である。

実施例

0007

図1は本発明の実施例1に係るオブジェクトの入れ替可能な動画再生システム(以下、「動画再生システム」という)の構成を示す模式図である。
動画再生システムは、動画サーバー110と、端末装置200からローティングされるコンピュータプログラム製品300とを含む。端末装置200は、スマートフォンタブレットコンピュータノートブック型コンピュータデスクトップ型コンピュータ等(例えば、スマートフォン)とすることができ、プロセッサ(例えば、システムチップ、CPU、グラフィックスプロセッサ等)と、記録媒体(例えば、ハードディスクフラッシュメモリ)と、揮発性メモリ(例えばダイナミックランダムアクセスメモリDRAM)と、通信モジュール(例えばネットワークインターフェースカード無線ネットワークモジュールモバイル通信モジュール等)と、周辺ハードウェア(例えばスピーカスクリーンタッチモジュール)等と、を含む。
通信モジュールは、インターネット115に接続できる。コンピュータプログラム製品300は、アプリケーションプログラムサーバー(図示せず)に保存して端末装置200が通信モジュールでインターネット115を経由してアプリケーションプログラムサーバーに接続してダウンロードさせるために供する。端末装置200の記録媒体は、コンピュータプログラム製品300を保存して、プロセッサでローティングして実行するために供することができる。端末装置200の通信モジュールもインターネット115を通じて動画サーバー110と接続できる。後に更に詳細に説明する。

0008

図2は、本発明の実施例1に係る動画サーバー110のブロック図である。動画サーバー110は、動画データベース111とオブジェクトデータベース112と画像処理モジュール113とを含む。図2及び図3を合わせて参照する。図3は、本発明の一実施例に係る素材動画を示す模式図である。
動画データベース111は、1個或いは複数の素材動画400を保存できる。各素材動画400は、少なくとも1つの埋め込まれたフラグメント410を包括する。埋め込んだフラグメント410は、連続し且つ同じ局部画面413を有する複数のフレーム画面411を包括する。言い換えると、素材動画400は、複数のフレーム画面(411、412)からなり、一部の連続フレーム画面411が埋め込んだフラグメント410と定義し、同じ局部画面413を包括する。ここで、局部画面413は画面の右下領域に位置することを例としているが、本発明の実施例は、この領域範囲及び位置に限られるものではない。
本実施例において、局部画面413は、テーブル面を例とする。またフレーム画面411内において、局部画面413を除いた他の領域が動的な変化を有することができ、例えば本実施例ではお化けが画面の左上から画面の右上に移動する。ただし本発明の実施例は、動画の内容を制限することはなく、またフレーム画面411内の局部画面413を除いた他の領域も同じであることで変化しないこともできる。つまりフレーム画面411全体が空景で、変化はない。ここで、図面をより一層明確にするため、埋め込んだフラグメント410内に5個のフレーム画面411のみを例示したが、埋め込んだフラグメント410内のフレーム画面411の数量がこれに限られるものではないことは、属する技術分野で通常の知識を有する者にとって明白であろう。

0009

図4は、本発明の一実施例に係る合成動画430を示す模式図である。図2及び図4を合わせて参照する。オブジェクトデータベース112は、少なくとも1つの立体オブジェクトモデル500を保存する。ここで、4種類の立体オブジェクトモデル(510、520、530及び540)を例とする。立体オブジェクトモデル510は、コップの形であり、立体オブジェクトモデル520が衣類の形であり、立体オブジェクトモデル530が口紅の形であり、立体オブジェクトモデル540が腕時計の形である。しかしながらこれらの形は、例として挙げただけでであって、本発明の実施例は、これに限られるものではない。
画像処理モジュール113は、素材動画400を処理するために用いられるものであって、具体的に言うと、各々少なくとも1つの立体オブジェクトモデル500を各素材動画400のフレーム画面411の局部画面413上に重ねて合わせ(或いは埋め込み、插入)ることで、少なくとも1つの合成動画430を形成できる。ここで、図4は、埋め込んだフラグメント410aのフレーム画面411’内のテーブル面画面中内にコップの形の立体オブジェクトモデル510を埋め込んだことを示す。また、同一素材動画400(合成動画430)は、他の埋め込んだフラグメント410も含むことができ、例えば埋め込んだフラグメント410b、410c、410dに各々異なる立体オブジェクトモデル500を埋め込むことができる。ここで、埋め込んだフラグメント410bに衣類の形の立体オブジェクトモデル520、埋め込んだフラグメント410cに口紅の形の立体オブジェクトモデル530、埋め込んだフラグメント410dに腕時計の形の立体オブジェクトモデル540を埋め込んだことを示す。ここで、立体オブジェクトモデル500は、静止形態で埋め込んだフラグメント410に埋め込まれる。しかしながら、その他の実施例において、立体オブジェクトモデルは動的形態で埋め込んだフラグメント410に埋め込ませることもでき、言い換えると、同一埋め込んだフラグメント410における複数のフレーム画面411’内の同じ立体オブジェクトモデル500は、異なる角度、寸法或いは位置に変換できることで移動、回転できる。

0010

動画データベース111は、処理済みの合成動画430を保存できる。動画データベース111で保存する合成動画430は、全ての素材動画400を各種立体オブジェクトモデル500に埋め込む様々な組み合わせを含むことができる。言い換えると、同じ素材動画400の同じ埋め込んだフラグメント410は、各種立体オブジェクトモデル500に各々埋め込まれることで、複数の合成動画430を形成できる。こうすると、予め各種立体オブジェクトモデル500と素材動画400との組み合わせを動画データベース111に保存して今後某埋め込んだフラグメント410に某立体オブジェクトモデル500を埋め込んだ合成動画430を直接選択し再生するために供することができ、リアルタイム画像処理を行う必要がないため、演算資源を追加するというニーズも避けることができる。

0011

図5及び図6は、各々本発明の実施例1に係るコンピュータプログラム製品300及び端末装置200のブロック図である。コンピュータプログラム製品300は、ネットワーク通信モジュール310とマルチメディア再生モジュール320とを含む。端末装置200は、ネットワークインターフェース210と再生インターフェース220とを含む。ネットワーク通信モジュール310は、ネットワークインターフェース210を経由して動画サーバー110に接続でき、ネットワークインターフェース210が前記通信モジュールで実現できる。
ネットワーク通信モジュール310は、動画サーバー110と通信リンク(インターネット115を経由)を確立した後、動画サーバー110から動画データベース111に保存されている少なくとも1つの合成動画430を取得できる。少なくとも1つの合成動画430を取得した後、マルチメディア再生モジュール320が再生インターフェース220によって取得した合成動画430を再生する。マルチメディア再生モジュール320は、合成動画430を復号化して再生インターフェース220を通じて合成動画430の画面及び音声を再生できる。再生インターフェース220は、前記プロセッサ、スピーカ、スクリーン等のデバイスで実現できる。

0012

上記オブジェクトの入れ替可能な動画再生システムは、ユーザーが端末装置200を操作して視聴したい合成動画430を選択して再生するため、動画サーバー110により特定立体オブジェクトモデル500を埋め込んだ合成動画430をコンピュータプログラム製品300がローディングされた端末装置200に提供できる。これら立体オブジェクトモデル500は、プロダクトプレイスメント商品とすることができ、提携業者が変わった時、立体オブジェクトモデル500を入れ替えるだけで、素材動画400を繰り返し使うことができ、動画の再撮影の必要がなく、動画制作コストを節約できる。よって、異なる国のアプリケーションプログラムストア出品又は異なる国で実行するコンピュータプログラム製品300に対し、動画サーバー110が異なるプロダクトプレイスメント商品を埋め込んだ合成動画430を提供できる。

0013

図7は、本発明の実施例2に係るオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムの構成を示す模式図である。
前記実施例1に比べると、本実施例の動画再生システムは、会員管理サーバー120とショッピングサーバー130とを更に含む。若干の実施例において、動画再生システムは、ショッピングサーバー130を含まないことができ、動画再生システムの外付けショッピングサーバー130と組み合わせてコラボレーションする。動画サーバー110、会員管理サーバー120及びショッピングサーバー130は、インターネット115を通じて互いにリンクする。
若干の実施例において、動画サーバー110、会員管理サーバー120及びショッピングサーバー130のうちの二者以上が同一サーバー内に統合されることができ、その相互通信がインターネット115を経由せずにサーバー内部で伝送できる。別の若干の実施例において、動画サーバー110、会員管理サーバー120及びショッピングサーバー130のうちの二者以上が同一ローカルエリアネットワーク内に設けることができ、その相互通信がインターネット115を経由せずにローカルエリアネットワークのみを通じて伝送できる。

0014

会員管理サーバー120は、会員管理機能を有し、ユーザーの登録ログインのために提供でき、ユーザーが合成動画を視聴した記録、お気に入りの埋め込んだ商品(立体オブジェクトモデル500)を記録でき、またショッピングサーバー130に購入記録(後記で説明)等を記録できる。

0015

図8及び図9は、本発明の実施例2に係るコンピュータプログラム製品300及び端末装置200のブロック図である。前記実施例1に比べると、本実施例の端末装置200は、マンマシンインターフェース230を更に含む。マンマシンインターフェース230は、前記スクリーン及びタッチモジュールを通じて実現できる。この外、前記実施例1に比べると、本実施例のコンピュータプログラム製品300は、マンマシンインターフェースモジュール330とウェブページ閲覧モジュール340と値引き表示モジュール350とを更に含み、後記で更に各々説明する。

0016

図10は、本発明の実施例2の操作画面610を示す模式図(一)である。図8図9図10を合わせて参照する。前記合成動画430の再生を終えた後、コンピュータプログラム製品300のマンマシンインターフェースモジュール330は、マンマシンインターフェース230を通じて操作画面610を表示し、操作画面610が該合成動画内で表示する複数の立体オブジェクトモデル510、520、530、540に対応する複数のオブジェクトオプション710、720、730、740を有する。
ユーザーは、マンマシンインターフェース230を通じて興味を持つ立体オブジェクトモデル500について対応のオブジェクトオプション710、720、730、740を選択できる。コンピュータプログラム製品300のネットワーク通信モジュール310は、オブジェクトオプション710、720、730、740のトリガ(後記においてオブジェクトオプション710をトリガすることを例として説明)に応答してネットワークインターフェース210を経由して動画サーバー110に再生クエリを送信する。動画サーバー110は、再生クエリにより、トリガされたオブジェクトオプション710に対応する立体オブジェクトモデル510を有する合成動画430を端末装置200に伝送する。前記合成動画430の伝送は、ファイル方式又はストリーム方式を用いることができる。端末装置200が全部或いは一部の合成動画430を受信した後、コンピュータプログラム製品300のマルチメディア再生モジュール320は再生インターフェース220を経由して取得した合成動画430を再生する。これを介して、ユーザーは好みによって特定立体オブジェクトモデル500を有する合成動画430を選択して視聴できる。

0017

図10に示すように、操作画面610は、少なくとも1つの購買オプション(ここで、複数の購買オプション910、920、930、940を例にする)を更に含み、各購買オプション910、920、930、940が各々前記立体オブジェクトモデル510、520、530、540に対応し、オブジェクトオプション710、720、730、740と対応して配置する(ここで、オブジェクトオプション710、720、730、740下方に位置することを例にする)。コンピュータプログラム製品300のネットワーク通信モジュール310は、購買オプション910、920、930、940のトリガ(ここで、ユーザーがマンマシンインターフェース230を通じてコップに対応する購買オプション910を選択することを例にする)に応答してネットワークインターフェース210を経由してショッピングサーバー130にリンクする。よって、ショッピングサーバー130は、ネットワークインターフェース210を経由してショッピングウェブページ(図示せず)をウェブページ閲覧モジュール340に提供できる。
ウェブページ閲覧モジュール340は、ウェブページ閲覧機能をサポートして再生インターフェース220を経由してショッピングウェブページを表示できる。ここで、ショッピングウェブページは、立体オブジェクトモデル710に対応する商品(ここでコップとする)を包括する。これを介して、ユーザーは、合成動画430内に表示する商品について直接操作画面610を通じて対応のショッピングウェブページにリンクして購買できる。

0018

購買取引を終えた後、ショッピングサーバー130は、取引結果を会員管理サーバー120に伝送できる。会員管理サーバー120は、取引結果によって電子クーポンを端末装置200に送信できる。会員管理サーバー120は、取引結果によって取引完了の有無を知ることができるため、会員管理サーバー120から送信された電子クーポンのタイプをショッピングウェブページの取引完了の有無と関連付けできる。言い換えると、取引完了の場合、電子クーポンは割引が比較的多い或いは使用制限が少ないものとすることができ、逆に、取引の未完了の場合、電子クーポンは割引が比較的少ない或いは使用制限が多いものである。
このほかに、取引結果にショッピングリストを記録できることで、管理サーバー120はショッピングリスト内の商品によってタイプに類似する電子クーポンを選択できる。また、会員管理サーバー120は、更にショッピングリストについて購買記録を作成して会員が後日調べるために供することができる。コンピュータプログラム製品300の値引き表示モジュール350は、マンマシンインターフェース230を経由して前記電子クーポンを表示できる。これを介してユーザーが電子クーポンを商店店員提示することで、再度消費時電子クーポンの値引きを受けることができる。デジタルメディアの視聴覚行為に現実消費行為を促進する効果を奏させることができる。ただし、本発明の実施例の電子クーポンは、実店舗での使用に限られるものではなく、ネットで消費する電子クーポンとすることもでき、更にデジタルプレゼントとすることができ、例えばスタンプボーナスポイント等である。
若干の実施例において、電子クーポンは、例えば1次元、2次元又は3次元のバーコード読込識別に供するフォーマットとすることができ、商店店員に適したリーダーを通じて電子クーポンを読み込ませることができる。

0019

若干の実施例において、動画サーバー110は、端末装置200の合成動画430に対する再生数量を記録でき、再生数量が閾値に達した時、電子クーポンを端末装置200に送信する。これを介してプロダクトプレイスメント商品(つまり立体オブジェクトモデル500)の露出量を増加するため、ユーザーに合成動画430を視聴するよう奨励できる。ここで、前記再生数量とは、同じ合成動画430の再生回数、全ての合成動画430の再生回数、或いは再生した合成動画430数量をいう。

0020

図11は、本発明の実施例2の操作画面620を示す模式図(二)である。図10及び図11を合わせて参照する。合成動画430の再生を終えた後、コンピュータプログラム製品300のマンマシンインターフェースモジュール330はマンマシンインターフェース230を経由して操作画面610に表示できる。ユーザーは操作画面610上の1つのオブジェクトオプション(710)を選択した後、マンマシンインターフェースモジュール330がオブジェクトオプション710のトリガに応答して別の操作画面620を表示する。操作画面620は、複数の次の話の動画オプション810、820、830、840を有し、各次の話の動画オプション810、820、830、840が各々トリガされたオブジェクトオプション710に対応する立体オブジェクトモデル510を有する1つの合成動画430と関連する。つまり、ユーザーがマンマシンインターフェース230を通じてうちのいずれか次の話の動画オプション810を選択した後、動画サーバー110は対応の合成動画430を端末装置200に伝送する。
前記対応の合成動画430は、選択した次の話の動画オプションの動画内容に対応する素材動画400内に先ほどの操作画面610で対応して選択した立体オブジェクトモデル510を埋め込んだものである。ここで、操作画面620内で表示される複数の次の話の動画オプション810が内容の異なる合成動画430に対応する。これら合成動画430は、内容の異なる素材動画400に基づくと共に少なくとも1つの同じ立体オブジェクトモデル510を埋め込むことで形成したものである。よって、ユーザーは、異なる次の話の動画オプション810を選択することによって、動画のストーリーが異なる方向に向かって進展させることで、ストーリーの進展方向を決定できる。且つ、同時に合成動画430内でお気に入りのプロダクトプレイスメント商品(立体オブジェクトモデル510)を見ることができる。

0021

図12は本発明の実施例2に係る動画サーバー110のブロック図である。実施例1との相違点は、本実施例の動画サーバー110は、パラメータデータベース114を更に含む点である。パラメータデータベース114は、各立体オブジェクトモデル500の各素材動画430に対応する各埋め込んだフラグメント410の複数の重ね合わせパラメータを包括する。重ね合わせパラメータは、光や影の方向と放置位置と放置角度とサイズの拡大・縮小とを含む。重ね合わせパラメータの設定を通じて素材動画430を立体オブジェクトモデル500に埋め込んだ後、より一層自然になる。

0022

上記をまとめると、本発明の実施例のオブジェクトの入れ替可能な動画再生システムは、動画提供者と提携業者の提携により素材動画400内に販売商品(立体オブジェクトモデル500)を埋め込み或いは入れ替える利便さを提供できる。このほかに、ユーザーは合成動画430を視聴した後、操作画面610を経由して直接販売商品のショッピングウェブページにリンクでき、気を遣って正しい商品供給源を探す必要がなく、海賊版商品の購入を避けることができる。
次に、操作画面610、620を通じてユーザーに合成動画430のドラマ進展及びその中に埋め込んだ商品を自ら決定させることができ、動画を視聴するインタラクションと面白さを増加する。また、更に会員管理サーバー120を通じて条件を付けてユーザーに電子クーポンを提供し、合成動画430を視聴した際の熱中度或いは興味を持つ埋め込んだ商品によって、異なる電子クーポンを与えてデジタルメディアの視聴覚行為に現実消費行為を促進する効果を奏させることができる。

0023

110動画サーバー
111動画データベース
112オブジェクトデータベース
113画像処理モジュール
114パラメータデータベース
115インターネット
120会員管理サーバー
130ショッピングサーバー
200端末装置
210ネットワークインターフェース
220再生インターフェース
230マンマシンインターフェース
300コンピュータプログラム製品
310ネットワーク通信モジュール
320マルチメディア再生モジュール
330 マンマシンインターフェースモジュール
340ウェブページ閲覧モジュール
350値引き表示モジュール
400素材動画
410、410a、410b、410c、410d 埋め込んだフラグメント
411、411’、412フレーム画面
413 局部画面
430合成動画
500、510、520、530、540立体オブジェクトモデル
610、620 操作画面
710、720、730、740オブジェクトオプション
800、810、820、830、840 次の話の動画オプション
910、920、930、940購買オプション

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ