図面 (/)

技術 脱色・脱染剤組成物

出願人 ホーユー株式会社
発明者 遠藤知彦都恵未飯尾栄里
出願日 2016年4月28日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2016-091957
公開日 2017年11月2日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2017-197506
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 理容室 ヘアカラーリング 酸化助剤 脱色力 美容室 酸化脱 過酸化ストロンチウム 毛髪本来
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

本発明の課題は、脱色・脱染剤組成物において、脱染性能を向上することである。

解決手段

上記課題を解決するために、(A)酸化剤、(B)ヨウ化物を含有することを特徴とする脱色・脱染剤組成物を提供する。ヨウ化物を含有することにより、脱染性能に優れた脱色・脱染剤組成物を提供することができる。

概要

背景

ヘアカラーリング製品には、毛髪染毛する染毛剤の他、毛髪の色素であるメラニンを脱色する脱色剤や、一度染毛した毛髪から染料脱染する脱染剤がある。
毛髪脱色剤は、酸化剤を含有しており、メラニンを酸化脱色するものである。一方、毛髪脱染剤は、染料を脱染する作用として、酸化作用により染料を脱染する毛髪脱色・脱染剤と、還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤がある。

酸化作用により染料を脱染する毛髪脱染剤としては、例えば、特許文献1に示すように、酸化剤と、過硫酸アンモニウム等の酸化助剤を含有し、酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物がある。この脱色・脱染剤組成物では、染料だけでなく、メラニンも酸化脱色されるため、毛髪本来の色が次第に明るくなることが知られている。

還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤としては、例えば、特許文献2に示すように、アスコルビン酸等の還元剤を含有し、還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤がある。この毛髪脱染剤は、酸化により発色した酸化染料を還元剤の還元作用により脱染するが、空気酸化による毛髪の変色や、次のヘアカラーパーマへの影響が知られている。

酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物では、その作用機構を鑑みると、還元剤を含有すると脱染力が低下すると考えられる。同様に、還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤においては、酸化剤を含有すると脱染力が低下するといえる。

概要

本発明の課題は、脱色・脱染剤組成物において、脱染性能を向上することである。上記課題を解決するために、(A)酸化剤、(B)ヨウ化物を含有することを特徴とする脱色・脱染剤組成物を提供する。ヨウ化物を含有することにより、脱染性能に優れた脱色・脱染剤組成物を提供することができる。なし

目的

本発明の課題は、酸化剤を含有し、酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物において、脱染性能を更に向上することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(A)酸化剤、(B)ヨウ化物を含有することを特徴とする脱色・脱染剤組成物

請求項2

前記(B)ヨウ化物の含有量が、0.001〜10質量%であることを特徴とする請求項1の脱色・脱染剤組成物。

請求項3

請求項1又は2に記載の脱色・脱染剤組成物を毛髪へ適用することを特徴とする脱色・脱染剤組成物の使用方法

技術分野

0001

本発明は、毛髪等を脱色・脱染するための脱色・脱染剤組成物に関する。さらに詳しくは、本発明は、ヨウ化物を含有する脱色・脱染剤組成物に関する。

背景技術

0002

ヘアカラーリング製品には、毛髪を染毛する染毛剤の他、毛髪の色素であるメラニンを脱色する脱色剤や、一度染毛した毛髪から染料を脱染する脱染剤がある。
毛髪脱色剤は、酸化剤を含有しており、メラニンを酸化脱色するものである。一方、毛髪脱染剤は、染料を脱染する作用として、酸化作用により染料を脱染する毛髪脱色・脱染剤と、還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤がある。

0003

酸化作用により染料を脱染する毛髪脱染剤としては、例えば、特許文献1に示すように、酸化剤と、過硫酸アンモニウム等の酸化助剤を含有し、酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物がある。この脱色・脱染剤組成物では、染料だけでなく、メラニンも酸化脱色されるため、毛髪本来の色が次第に明るくなることが知られている。

0004

還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤としては、例えば、特許文献2に示すように、アスコルビン酸等の還元剤を含有し、還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤がある。この毛髪脱染剤は、酸化により発色した酸化染料を還元剤の還元作用により脱染するが、空気酸化による毛髪の変色や、次のヘアカラーパーマへの影響が知られている。

0005

酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物では、その作用機構を鑑みると、還元剤を含有すると脱染力が低下すると考えられる。同様に、還元作用により染料を脱染する毛髪脱染剤においては、酸化剤を含有すると脱染力が低下するといえる。

先行技術

0006

特開2013−147467号公報
特開2005−60352号公報

発明が解決しようとする課題

0007

本発明の課題は、酸化剤を含有し、酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物において、脱染性能を更に向上することである。

課題を解決するための手段

0008

発明者は、上記課題に対して鋭意検討した結果、酸化作用により染料を脱染する脱色・脱染剤組成物に還元作用を有するヨウ化物を含有することにより、脱色・脱染剤組成物の脱染性能が向上することを見出して、本発明を完成した。
すなわち、本発明は、以下の脱色・脱染剤組成物およびその使用方法である。

0009

本発明の脱色・脱染剤組成物は、(A)酸化剤、(B)ヨウ化物を含有することを特徴とする。
この脱色・脱染剤組成物によれば、(B)ヨウ化物を含有するため、毛髪の脱染性能が向上するという効果を奏する。

0010

また、本発明の脱色・脱染剤組成物の一実施態様によれば、(B)ヨウ化物の含有量が、0.001〜10質量%であるという特徴を有する。
この特徴によれば、毛髪の脱染性能が向上するという本発明の効果がより発揮される。

0011

本発明の脱色・脱染剤組成物の使用方法は、本発明の脱色・脱染剤組成物を用いることを特徴とする。
この脱色・脱染剤組成物の使用方法によれば、脱染効果に優れた脱染処理方法を提供することができる。

発明の効果

0012

本発明によれば、毛髪等の脱染性能に優れた脱色・脱染剤組成物を提供することができる。

0013

次に、本発明を実施するための最良の形態を含めて説明する。なお、本発明の脱色・脱染剤組成物の使用方法については、以下に説明する脱色・脱染剤組成物を用いて、公知の方法により実施することができる。

0014

[脱色・脱染剤組成物]
本発明の脱色・脱染剤組成物は、(A)酸化剤、(B)ヨウ化物を含有する脱色・脱染剤組成物である。ここで、「脱色・脱染剤組成物」とは、酸化作用により染料を脱染する機能だけでなく、毛髪のメラニンを酸化分解する機能も有するものである。よって、本発明の脱色・脱染剤組成物は、脱染剤としての利用だけでなく、脱色剤としても利用することができる。また、ヨウ化物の含有量を増加すると、メラニンを酸化分解する機能(脱色力)が低下し、染料を脱染する機能(脱染力)は高まるため、ヨウ化物の含有量を調整することにより、所望の脱色力および脱染力を備えた脱色・脱染剤組成物を提供することができる。

0015

脱色・脱染剤組成物の剤型としては、特に制限されず、液状、クリーム状、ジェル状等の水分を含有する剤型や、粉末錠剤等の固体状の剤型でもよい。
なお、粉末や錠剤等の固体状の剤型は、液状等の水分を含有する剤型からなる他の剤や、水に溶解して使用する。

0016

水分を含む剤型により構成する場合には、(A)酸化剤と(B)ヨウ化物を別の剤に分けて流通し、毛髪へ適用前に混合して使用する。例えば、ヨウ化物を含む液状又はクリーム状の第1剤と、酸化剤を含む液状又はクリーム状の第2剤からなる2剤式の脱色・脱染剤組成物が挙げられる。

0017

固体状の剤型を備えた脱色・脱染剤組成物の場合には、例えば、ヨウ化物を含む粉末状の第1剤と、酸化剤を含有する液状の第2剤からなる2剤式の脱色・脱染剤組成物や、酸化剤、ヨウ化物を含む粉末状の剤を、使用前に水と混合して使用する1剤式の脱色・脱染剤組成物が挙げられる。

0018

また、脱色・脱染剤組成物を毛髪へ適用する際の形態は、どのような形態であってもよく、例えば、泡状やミスト状としてもよい。泡状とする場合には、エアゾールフォーマー容器ノンエアゾールフォーマー容器振とう容器等を使用すればよい。ミスト状とする場合には、噴霧器を使用すればよい。

0019

次に、本発明の脱色・脱染剤組成物に使用する各成分について、詳細に説明する。なお、各成分の含有量については、特に断りがない場合には、各剤を混合した脱色・脱染剤組成物中の含有量を示す。

0020

<(A)酸化剤>
酸化剤は、毛髪の内部のメラニン及び染料を分解する作用を有するものであり、酸化力を有する物質であればよい。例えば、過酸化水素過酸化尿素、過酸化メラミン過炭酸ナトリウム過炭酸カリウム、過ホウ酸ナトリウム、過ホウ酸カリウム、過硫酸アンモニウム、過硫酸カリウム過硫酸ナトリウム過酸化ナトリウム過酸化カリウム過酸化マグネシウム過酸化バリウム過酸化カルシウム過酸化ストロンチウム硫酸塩の過酸化水素付加物リン酸塩の過酸化水素付加物、ピロリン酸塩の過酸化水素付加物、過酢酸及びその塩、過ギ酸及びその塩、過マンガン酸塩臭素酸塩等が例示される。これらの中でも、過酸化水素が好ましい。

0021

酸化剤の含有量は、特に限定されないが、例えば、脱色・脱染剤組成物中に0.1〜15質量%、より好ましくは1〜9質量%である。酸化剤として過酸化水素を含有する場合、その安定性を向上させる安定化剤として、エチレングリコールフェニルエーテルフェノキシエタノール)、ヒドロキシエタンジホスホン酸リン酸クエン酸、又はその塩等を配合することが好ましい。

0022

また、過硫酸アンモニウム、過硫酸カリウム及び過硫酸ナトリウム等の過硫酸塩を酸化助剤として、他の酸化剤と共に含有してもよい。酸化助剤は、第1剤、第2剤に含有しても、第3剤として、別の剤に含有してもよい。剤型は、特に制限されず、液状、クリーム状、ジェル状等の水分を含有する剤型や、粉末、錠剤等の固体状の剤型でもよい。酸化助剤は、粉末状の第3剤として含有することが好ましい。

0023

酸化助剤の含有量は、特に限定されないが、例えば、脱色・脱染剤組成物中に1〜30質量%であり、好ましくは3〜25質量%であり、より好ましくは5〜20質量%である。

0024

<(B)ヨウ化物>
ヨウ化物は、ヨウ素を含有する化合物であり、脱染性能を促進する作用を有する。ヨウ化物としては、例えば、ヨウ化カリウムヨウ化ナトリウムヨウ化リチウム等のヨウ化物のアルカリ金属塩や、ヨウ化水素ヨウ化セシウムヨウ化銀等の化合物の他、ヨウ化ニンニクエキス等のヨウ化物を含有するエキス等が挙げられる。好ましくは、ヨウ化物のアルカリ金属塩であり、より好ましくは、ヨウ化カリウム又はヨウ化ナトリウムであり、特に好ましくはヨウ化カリウムである。

0025

本発明の脱色・脱染剤組成物は、ヨウ化物を含有することにより、染料を脱染する性能が向上する。また、酸化剤及び酸化助剤によりメラニンが酸化分解される作用を抑制するという効果もある。そのため、メラニンの分解により毛髪本来の色が次第に明るくなることを抑制しつつ、染料を脱染することができる。

0026

ヨウ化物の含有量は、特に制限されないが、例えば、脱色・脱染剤組成物中に、0.001〜10質量%であり、より好ましくは0.01〜5質量%であり、更に好ましくは0.1〜3質量%であり、特に好ましくは0.15〜2質量%である。

0027

<その他の成分>
本発明の脱色・脱染剤組成物は、上記成分(A)、(B)以外にも、必要に応じて以下の成分を含有してもよい。
その他の成分としては、例えば、アルカリ剤、油性成分、界面活性剤、アスコルビン酸、無水亜硫酸ナトリウム等の酸化防止剤、フェノキシエタノール、安息香酸ナトリウム等の防腐剤エタノール等の有機溶剤ソルビトールマルトース等の糖類、ヒドロキシエチルセルロースカルボキシビニルポリマー等の水溶性高分子ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、塩化ジアリルジメチルアンモニウム・ヒドロキシエチルセルロース等のカチオン化水溶性高分子ポリエチレングリコールジグリセリンジプロピレングリコール等の多価アルコールヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸ナトリウム水塩、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液等のキレート剤塩化ナトリウム炭酸ナトリウム等の無機塩硫酸アンモニウム硝酸アンモニウム酢酸アンモニウム、クエン酸、酒石酸乳酸リンゴ酸コハク酸フマル酸マレイン酸ピロリン酸グルコン酸グルクロン酸炭酸水素アンモニウム等のpH調整剤育毛成分植物抽出物生薬抽出物アミノ酸ペプチド尿素ビタミン類香料、及び紫外線吸収剤が挙げられる。

0028

<アルカリ剤>
アルカリ剤は、毛髪を膨張させて、酸化剤やヨウ化物の浸透を促進する作用を有するものである。アルカリ剤としては、例えば、アンモニアアルカノールアミンケイ酸塩炭酸塩炭酸水素塩メタケイ酸塩、リン酸塩、塩基性アミノ酸水酸化物等が例示される。具体的には、アルカノールアミンとしてはモノエタノールアミンジエタノールアミントリエタノールアミンモノイソプロパノールアミンアミノメチルプロパノールイソプロピルアミン等が例示され、ケイ酸塩としてはケイ酸ナトリウムケイ酸カリウム等が例示され、炭酸塩としては炭酸ナトリウム、炭酸アンモニウム炭酸マグネシウム炭酸グアニジン等が例示され、炭酸水素塩としては炭酸水素ナトリウム、炭酸水素アンモニウム等が例示され、メタケイ酸塩としてはメタケイ酸ナトリウムメタケイ酸カリウム等が例示され、リン酸塩としてはリン酸第1アンモニウム、リン酸第2アンモニウム、リン酸一水素二ナトリウムリン酸三ナトリウム等が例示され、塩基性アミノ酸としてはアルギニンリジン及びそれらの塩等が例示され、水酸化物としては水酸化カルシウム水酸化マグネシウム等が例示される。これらの中でも、アンモニア及びアルカノールアミンが好ましい。アルカリ剤は、通常、第1剤に含まれる。

0029

脱色・脱染剤組成物におけるアルカリ剤の含有量は、特に制限されないが、好ましくは0.01〜20質量%、より好ましくは0.1〜15質量%である。

0030

<油性成分>
油性成分は、例えば、高級アルコール、油脂、ロウ類炭化水素高級脂肪酸エステル類シリコーン油フッ素油等が例示される。これらの油性成分から、1種又は2種以上を選んで用いることができる。油性成分を含有することにより、毛髪の感触指通り)を向上することができる。

0033

ロウ類は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルである。例えば、ミツロウ蜜蝋)、キャンデリラロウカルナウバロウホホバ油ラノリン、鯨ロウコメヌカロウサトウキビロウ、パームロウ、モンタンロウ、綿ロウ、ベイベリーロウ、イボタロウカポックロウ、セラックロウ等が挙げられる。

0036

エステル類は、脂肪酸とアルコールとの脱水反応によって得られる化合物である。例えば、アジピン酸ジイソプロピルアジピン酸−2−ヘキシルデシル、ミリスチン酸イソプロピルミリスチン酸ミリスチルオクタン酸セチルイソオクタン酸セチル、イソノナン酸イソノニルセバシン酸ジイソプロピルパルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸2−エチルキシルエチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸ブチル、イソステアリン酸イソセチル、ラウリン酸ヘキシル、オレイン酸デシル、脂肪酸(C10−30)(コレステリルラノステリル)、乳酸ラウリル、乳酸オクチルドデシル酢酸ラノリン、ジペンタエリスリトール脂肪酸エステルモノイソステアリン酸N−アルキルグリコールラノリン誘導体等が挙げられる。

0038

上記のうち、アミノ変性シリコーンとしては、例えば、アミノプロピルメチルシロキサンジメチルシロキサン共重合体(INCI名:アミノプロピルジメチコン)、アミノエチルアミノプロピルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体(INCI名:アモジメチコン)、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体(INCI名:トリメチルシリルアモジメチコン)等が挙げられる。

0039

脱色・脱染剤組成物における油性成分の含有量は、特に限定されないが、好ましくは0.1〜30質量%、より好ましくは0.5〜20質量%、さらに好ましくは1〜10質量%である。

0040

<界面活性剤>
界面活性剤としては、ノニオン性界面活性剤カチオン性界面活性剤アニオン性界面活性剤両性界面活性剤が挙げられる。
なお、以下の記載において、POEはポリオキシエチレン鎖POPポリオキシプロピレン鎖を示し、これに続くカッコ内の数字は、その付加モル数を示している。また、アルキルに続くカッコ内の数字は、脂肪酸鎖炭素数を示している。

0041

ノニオン性界面活性剤としては、例えば、POEアルキルエーテル類、POEアルキルフェニルエーテル類、POE・POPアルキルエーテル類POEソルビタン脂肪酸エステル類、POEモノ脂肪酸エステル類、POEグリセリン脂肪酸エステル類ポリグリセリン脂肪酸エステル類、モノグリセリン脂肪酸エステル類、ソルビタン脂肪酸エステル類ショ糖脂肪酸エステル類、アルキルポリグルコシド類等が挙げられる。POEアルキルエーテル類の具体例としては、POEラウリルエーテル、POEセチルエーテル、POEステアリルエーテル、POEベヘニルエーテル、POEラノリン、POEフィトステロール等が挙げられる。

0042

脱色・脱染剤組成物におけるノニオン性界面活性剤の含有量は、特に限定されないが、好ましくは0.001〜40質量%であり、更に好ましくは0.01〜30質量%であり、特に好ましくは0.05〜20質量%である。

0043

カチオン性界面活性剤としては、例えば、モノアルキル型級アンモニウム塩ジアルキル型4級アンモニウム塩、トリアルキル型4級アンモニウム塩、ベンザルコニウム型4級アンモニウム塩、モノアルキルエーテル型4級アンモニウム塩等のアルキル4級アンモニウム塩類、アルキルアミン塩脂肪酸アミドアミン塩、エステル含有3級アミン塩アーベル型3級アミン塩等のアミン塩類アルキルピリジニウム塩、アルキルイソキノリウム塩等の環式4級アンモニウム塩類、塩化ベンゼトニウム等が挙げられる。

0044

好ましくは、アルキル4級アンモニウム塩類であり、更に好ましくは、モノアルキル型4級アンモニウム塩、ジアルキル型4級アンモニウム塩であり、特に好ましくは、モノアルキル型4級アンモニウム塩である。

0045

モノアルキル型4級アンモニウム塩としては、例えば、塩化ラウリルトリメチルアンモニウム、臭化ラウリルトリメチルアンモニウム、塩化アルキル(16,18)トリメチルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウム、臭化セチルトリメチルアンモニウム、セチルトリメチルアンモニウムサッカリン塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、臭化ステアリルトリメチルアンモニウム塩化ベヘニルトリメチルアンモニウム、ステアリルトリメチルアンモニウムサッカリン、塩化アルキル(28)トリメチルアンモニウム、塩化ジPOE(2)オレイルメチルアンモニウム、塩化ジPOEステアリルメチルアンモニウム、塩化POE(1)POP(25)ジエチルメチルアンモニウム、塩化POPメチルジエチルアンモニウム、塩化メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウム、メチル硫酸ベヘニルトリメチルアンモニウム等が挙げられる。特に好ましくは、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、塩化アルキル(16,18)トリメチルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウムである。

0046

ジアルキル型4級アンモニウム塩としては、例えば、塩化ジアルキル(12〜15)ジメチルアンモニウム、塩化ジアルキル(12〜18)ジメチルアンモニウム、塩化ジアルキル(14〜18)ジメチルアンモニウム、塩化ジココイルジメチルアンモニウム、塩化ジセチルジメチルアンモニウム、塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、塩化イソステアリルラウリルジメチルアンモニウム等が挙げられる。

0047

脱色・脱染剤組成物におけるカチオン性界面活性剤の含有量は、特に限定されないが、好ましくは0.001〜10質量%であり、更に好ましくは0.01〜5質量%であり、特に好ましくは0.05〜3質量%である。

0048

アニオン性界面活性剤としては、例えば、アルキルエーテル硫酸塩POEアルキルエーテル硫酸塩アルキル硫酸塩アルケニルエーテル硫酸塩アルケニル硫酸塩オレフィンスルホン酸塩アルカンスルホン酸塩飽和又は不飽和脂肪酸塩、アルキル又はアルケニルエーテルカルボン酸塩、α−スルホン脂肪酸塩、N−アシルアミノ酸型界面活性剤、リン酸モノ又はジエステル型界面活性剤、及びスルホコハク酸エステルが例示される。これらの界面活性剤のアニオン基対イオンは、例えばナトリウムイオンカリウムイオン、及びトリエタノールアミンのいずれであってもよい。

0049

より具体的には、ラウリル硫酸ナトリウムミリスチル硫酸ナトリウムラウリル硫酸カリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸トリエタノールアミン、セチル硫酸ナトリウム、ステアリル硫酸ナトリウム、POEラウリルエーテル硫酸ナトリウム、POEラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミン、POEラウリルエーテル硫酸アンモニウム、POEステアリルエーテル硫酸ナトリウム、ステアロイルメチルタウリンナトリウムドデシルベンゼンスルホン酸トリエタノールアミン、テトラデセンスルホン酸ナトリウムラウリルリン酸ナトリウム、POEラウリルエーテルリン酸及びその塩、N−ラウロイルグルタミン酸塩類(ラウロイルグルタミン酸ナトリウム等)、N−ラウロイルメチル−β−アラニン塩、N−アシルグリシン塩、N−アシルグルタミン酸塩、高級脂肪酸であるラウリン酸、ミリスチン酸及びこれらの高級脂肪酸の塩が例示され、1又は2種以上を使用することができる。

0050

脱色・脱染剤組成物におけるアニオン性界面活性剤の含有量は、特に限定されないが、好ましくは0.001〜10質量%、より好ましくは0.01〜5質量%、さらに好ましくは0.05〜3質量%である。

0051

両性界面活性剤としては、アミノ酸型両性界面活性剤ベタイン型両性界面活性剤が挙げられる。
アミノ酸型両性界面活性剤の具体例としては、例えば、N−ラウロイル−N’−カルボキシメチル−N’−ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム(ラウロアンホ酢酸Na)、2−アルキル−N−カルボキシメチル−N−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインウンデシルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインナトリウム、塩酸アルキルジアミノエチルグリシン、N−ヤシ油脂肪酸アシル−N'−カルボキシエチル−N'−ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム、N−ヤシ油脂肪酸アシル−N'−カルボキシエトキシエチル−N'−カルボキシエチルエチレンジアミン二ナトリウム、N−ヤシ油脂肪酸アシル−N'−カルボキシメトキシエチル−N'−カルボキシメチルエチレンジアミン二ナトリウム、ラウリルジアミノエチルグリシンナトリウム、パーム油脂肪酸アシル−N−カルボキシエチル−N−ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウムなどのグリシン型両性界面活性剤;ラウリルアミノプロピオン酸ナトリウム、ラウリルアミノジプロピオン酸ナトリウム、ラウリルアミノプロピオン酸トリエタノールアミンなどのアミノプロピオン酸型両性界面活性剤;などが挙げられる。
ベタイン型両性界面活性剤の具体例としては、例えば、ヤシ油アルキルベタインラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ミリスチルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ステアリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ステアリルジメチルベタインナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、パーム油脂肪酸アミドプロピルベタイン、ラウリン酸アミドプロピルベタイン、リシノレイン酸アミドプロピルベタイン、ステアリルジヒドロキシエチルベタインなどのアミノ酢酸ベタイン型両性界面活性剤;ラウリルヒドロキシスルホベタインなどのスルホベタイン型両性界面活性剤などが挙げられる。

0052

脱色・脱染剤組成物における両性界面活性剤の含有量は、特に限定されないが、好ましくは0.001〜10質量%、より好ましくは0.01〜5質量%、さらに好ましくは0.05〜3質量%である。

0053

脱色・脱染剤組成物における全ての界面活性剤の総含有量としては、特に限定されないが、好ましくは0.01〜50質量%であり、更に好ましくは0.05〜40質量%であり、特に好ましくは0.1〜30質量%である。

0054

以下に、実施例により本発明を具体的に説明するが、これらの実施例により本発明の技術範囲が限定されるものではない。
[脱色・脱染剤組成物(液状)の調製]
以下の表1に示す組成の第1剤、及び、第2剤からなる2剤式の脱色・脱染剤組成物を調製した。

0055

評価方法
<脱染性>
(染毛毛束の調製)
ホーユー(株)製「プロマスター(A−9/8)」(第1剤)と「プロオキサイド(6%)」(第2剤)を1:1で混合して酸化染毛剤組成物を調製した。この酸化染毛剤組成物を用いて白毛毛束を染毛処理した(浴比1:1、染毛処理時間30分間)。染毛処理された各毛束を水洗した後、シャンプー洗浄し、酸化染毛剤組成物を洗い落した。次に、各毛束にコンディショナーを塗布した。各毛束をすすいでコンディショナーを洗い流した後、各毛束の水分をタオルで拭き取り、最後にドライヤーで乾燥した。
(脱染処理方法)
表1に示す第1剤と第2剤を1:1で混合して脱色・脱染剤組成物を調製した。この脱色・脱染剤組成物を用いて上記染毛毛束を脱染処理した(浴比1:50、脱染処理時間30分間)。脱染処理された各毛束を水洗した後、シャンプーで洗浄し、脱色・脱染剤組成物を洗い落した。次に、各毛束にコンディショナーを塗布した。各毛束をすすいでコンディショナーを洗い流した後、各毛束の水分をタオルで拭き取り、最後にドライヤーで乾燥した(以下、「脱染毛束」という。)。

0056

(脱染性の評価方法)
上記の染毛毛束、並びに、実施例および比較例で得られた各脱染毛束について、分光測色計(ミノルタ株式会社製「CM−600d」)を用いてL*a*b*値を測定した。染毛毛束と各脱染毛束のL*a*b*値を対比して、色差式CIE2000)に基づいて色差ΔEを算出した。また、ΔEについて以下の基準により、脱染性を評価した。得られたΔEおよび脱染性の評価を、表1の下段に示す。
◎:色差ΔEが10以上
○:色差ΔEが9以上10未満
△:色差ΔEが8.5以上9未満
×:色差ΔEが8.5未満

0057

0058

表1の実施例1〜5と比較例1を対比すると、(A)酸化剤及び(B)ヨウ化カリウムを含有する実施例1〜5の脱色・脱染剤組成物は、(B)ヨウ化カリウムを含有しない比較例1の脱色・脱染剤組成物より、色差ΔEが大きく、優れた脱染性を有することが認められた。
また、ヨウ化物の含有量が0.1質量%以上では、特に優れた脱染性が認められた。

0059

[脱色・脱染剤組成物(クリーム状)の調製]
以下の表2に示す組成の第1剤、及び、以下に示す組成の第2剤からなる2剤式の脱色・脱染剤組成物を調製した。また、脱染性の評価については、脱染処理の浴比を1:3とした以外は、前述の液状の脱色・脱染剤組成物と同様に評価した。

0060

<第2剤>
セタノール1.2質量%
POE(30)セチルエーテル0.3質量%
POE(10)セチルエーテル 0.3質量%
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム0.25質量%
(A)過酸化水素(35%) 15.0質量%
ヒドロキシエタンジホスホン酸(40%) 0.1質量%
ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na(40%) 0.2質量%
フェノキシエタノール0.1質量%
精製水残部
合計 100質量%

0061

0062

表2を見ると、クリーム状の脱色・脱染剤組成物においても液状のものと同様、(B)ヨウ化カリウムを含有する実施例6では優れた脱染性が認められた。

実施例

0063

[処方例]
処方例として、実施例6のヨウ化カリウムの含有量を0.4質量%(脱色・脱染剤組成物における含有量として0.2質量%)に変更した第1剤を調製し、実施例6と同様にクリーム状の脱色・脱染剤組成物を調製した。脱染性は、目視により評価した。その結果、比較例2より優れた脱染性を示した。

0064

本発明の脱色・脱染剤組成物は、ヒトの頭髪、髭、眉毛すね毛等の体毛を脱色又は脱染するための脱色剤又は脱染剤として利用することができる。その他、ペット等の動物の体毛を脱色又は脱染するために利用してもよい。
本発明の脱色・脱染剤組成物は、美容室用又は理容室用の脱色・脱染剤組成物、セルフブリーチ用の脱色・脱染剤組成物に利用することができる。

0065

また、本発明の脱色・脱染剤組成物は、染毛剤等で汚染した衣服タイル等の脱染するために利用することもできる。

0066

また、本発明の脱色・脱染剤組成物の使用方法は、美容室や理容室等における毛髪の脱色処理又は脱染処理、セルフブリーチに利用することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 久保田徹の「 機能水」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】多価アミン及び/又はその塩を機能成分として含有し、水、多価アミン、多価アミンの塩の総含有量が95重量%以上である機能水。前記多価アミンは、特定のポリアミン、特定の環状アミンに由来する... 詳細

  • 株式会社資生堂の「 油中水型乳化化粧料」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】ピッカリング乳化を用いた油中水型乳化化粧料において、きしみ感の原因となる微小粉末を用いず、優れた乳化安定性と良好な使用感触を両立させた油中水型乳化化粧料を提供することを目的とする。本... 詳細

  • 三井金属鉱業株式会社の「 表面処理酸化亜鉛粒子及び塗布用組成物」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】白化しづらい紫外線遮蔽膜を形成し得る表面処理酸化亜鉛粒子及び塗布用組成物を提供すること。【解決手段】表面処理酸化亜鉛粒子は、酸化亜鉛の芯材粒子の表面に、ジベンゾイルメタン系紫外線吸収剤及び有機... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ